議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 京都市

平成16年 11月 京都市会改革検討小委員会(第6回) 日程単位




平成16年 11月 京都市会改革検討小委員会(第6回) − 11月25日−06号









平成16年 11月 京都市会改革検討小委員会(第6回)



第6回 京都市会改革検討小委員会記録

◯平成16年11月25日(木)

◯市会運営委員会室

◯出席委員(6名)

 小委員長 北川 明議員

 委員   井坂博文議員

 委員   大道義知議員

 委員   宮本 徹議員

 委員   加地 浩議員

 委員   倉林明子議員

◯欠席委員

 なし

◯配付資料

 協議事項(市会改革委員会)

 市会改革推進に対する申し入れ(村山祥栄議員)

 京都市会議員の表彰について

 費用弁償に係る検討資料(市バス等の利用範囲)

 市会改革に係る検討項目

 第5回市会改革委員会(16.11.15)までの各会派の意見等

 費用弁償に係る検討資料(自宅から市役所までの距離の分布)(公明党京都市会議員団)

 市会改革に関する提案(日本共産党京都市会議員団)

◯要求資料

 なし

◯特記事項

 田中セツ子議長,久保省二副議長出席

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    [午後3時5分 開会]



○小委員長(北川明) 

 ただ今から,市会改革委員会を開会致します。

 それでは,お手元の協議事項により,進めさせていただきます。

 なお,11月22日に,村山議員から私に対し,市会改革推進に対する申入れがありましたので,その写しをお手元に配付致しておきました。御承知おき願います。

 それでは初めに1の,本日のテーマであります。

 本日は,前回からの継続項目として,政務調査費の公開,海外行政調査の自粛,見直し及びその他予算要求に関連する項目で,まだ結論が出ていないものについて,引き続き御検討いただくことと致します。

 まず,(1)の政務調査費の公開について検討致します。

 それでは別紙の,第5回市会改革委員会までの各会派の意見等の24,25の政務調査費の公開のページにあります,2の(1)から(4)までの各項目について,その後,各会派で検討された結果をお聞かせ願います。

 自民党さん。



◆委員(加地浩) 

 まず,公開の対象範囲なんですけれども,前回まで京都府と同じように事務所費,事務費,人件費を除き1件5万円以上の支出を対象ということで,事務費のところについては柔軟にという意見を言っておりましたけれども,今現行,京都市の方で,その費目に事務費というものがありませんので,それに該当する通信運搬費でありますとか,備品消耗品費という分かれた項目がありますので,この事務費という一部の対象で除くところの事務費を削除致しまして,事務所費,人件費を除く5万円以上の支出を対象としたいと思います。



○小委員長(北川明) 

 共産党さん。



◆委員(井坂博文) 

 前提となる話をもう一回するようですけど,証拠書類の提出を義務付けるという点で大きく足を踏み出しました。そのうえで論点は,この間聞いておりましても,私とこの会派が主張しておりますすべての支出に対して,与党会派の皆さん共通して一部の支出で会派方式ということになっている状況です。

 その辺りを内の部屋でも報告しまして,どうしようかということなんですけれども,現時点では全部を提出すると。で,それについては,会派分,個人分も両方対象としてオープンにすべきだという風に思っています。



○小委員長(北川明) 

 公明党さん。



◆委員(大道義知) 

 その後,議論して参りまして,私ところは一部の支出について公開をするということでございます。

 同時にちょっと(4)に飛びますけれども,公明党としては会派分からということも言っておりましたけれども,皆さん方の今までの議論も聞いておりまして,会派分及び議員分含めて1件5万円以上の支出につきまして公開をすべしと,こういうことになります。

 同時に,自民党さん,今おっしゃいましたように,事務所費,人件費を除く1件5万円ということにしてはどうかということでございます。事務費に相当する項目はありますけれども,具体的に事務費というものの名称としては議会として今はございませんので,それは除外をして,人件費と事務所費を除くすべての支出について1件5万円以上の領収書を公開すると。

 これによりまして,京都府との整合性から言いますと,後発ではありますけれども,京都市が事務費を公開したことによって一歩前進ということの考え方でおります。

 以上です。



○小委員長(北川明) 

 民主・都みらいさん。



◆委員(宮本徹) 

 大体同じようなことですが。一部の支出につき提出する,ですね,(1)は。(2)は,事務所費,人件費を除く1件5万円以上の支出を対象とする。

 成果物はまだ。成果物の,皆さん言われてました。



○小委員長(北川明) 

 (3)ですね。(3),(4)はちょっと待ってください。(2)で。

 はい。



◆委員(宮本徹) 

 さっきも言いましたように,事務費に相当する名称がないというので,光熱費等とかを,もうちょっと項目を挙げてもらって。



○小委員長(北川明) 

 そしたら人件費と事務所費以外に光熱費というのを挙げるの。どうですねん。



◆委員(宮本徹) 

 人件費,事務所費を除く1件5万円以上のという形と同じで。で,事務費というのがないので。



○小委員長(北川明) 

 はっきり言って自民党さんと公明党さんと同じでよろしいですか。



◆委員(宮本徹) 

 同じです。



○小委員長(北川明) 

 では,そういうことでございますが,共産党さんにちょっとお願いがございますが,共産党さんは,細かな資料も含めて全部提出するということですが,自民,公明,民主・都みらい案に歩み寄るようなことができるかどうか,次回までに御検討を願えますか。できひんかったらできひん,できんのやったらできると,こういうことで,御検討,一度お願いを致したいと思います。

 はい。



◆委員(井坂博文) 

 委員長もそういう風におっしゃいましたので,部屋に持ち帰って検討しまして,オール・オア・ナッシングではない歩み寄りの方向も含めて検討させていただいて,次回のこの委員会で報告させてもらいます。



○小委員長(北川明) 

 では,(1)と(2)が,その部分が少し異なっておりますのでよろしくお願いします。

 これ,(3)と(4)を一括してやりたいと思いますが,自民党さん,これ検討中,検討中,これについて少し説明をお願いします。



◆委員(加地浩) 

 (3)の提出する証拠書類の扱い,今まで共産党,公明党さんからそれぞれ個人情報保護の問題や,あるいは研究中の項目が,委託先等が領収書等で公開されてしまいますと,今現在,研究中でまだ成果物が出てない段階でですね,その委託先あるいは調査している内容が漏れるというのは,会派の調査にちょっと支障を来すという御意見を賜っておりまして,やはり,我々自民党も慎重に検討致しました結果,やはり個人情報の保護については,京都市の公文書公開条例と整合性を取った形での個人情報の保護という範囲,また,研究中のもの,あるいはまだ成果物が出せない段階でのものについては,まだ出せない,出さないという形で扱っていただきたいと思います。



○小委員長(北川明) 

 共産党さん。



◆委員(井坂博文) 

 内はここに書いてありますように,個人情報で印影の問題であるとか,そういう問題については条例に規定されているとおりに非公開ということで,それ以外についてはもうオープンで。



○小委員長(北川明) 

 公明党さん。



◆委員(大道義知) 

 公明党もここに書いてありますように,今おっしゃったように調査段階での成果物等の取扱いについては,これは自主判断にもよりますけれども,やっぱり基本は飽くまで個人情報の保護に関することに限定をして,その見識でもって公開をしていくということが望ましいだろうと。

 で,御承知のとおり,個人情報の保護の条例については,議会については除外と言いますか,ありませんので,基本的にはそれに整合をしっかり図ったうえで,特に政令指定都市と違うのは,会派分と議員個人分と両方,京都市はありますのでこういう個人情報に関する公開についての指針みたいなものを市会事務局の方でマニュアル化していただくなどしていただいて,よりしっかりとした取組がそれぞれできますように,その準備をして公開に臨みたいということでございます。



○小委員長(北川明) 

 民主・都みらいさん。



◆委員(宮本徹) 

 同じような段階で,まだ検討中です。結論出ておりません。



○小委員長(北川明) 

 検討中。この委員会で,もう検討中ということは,これでもう3回ほどやってるわけですな。ですから,次の委員会で検討中という言葉はもう使わないでいただきたい。必ず一定の結論を出していただきたい。お願いをします。これはお願いをしておきます。(発言する者あり)ちょっと私,耳が遠いのでね。

 はい,どうぞ。



◆委員(大道義知) 

 今,民主・都みらいさんがお話しされていますけれど,(1),(2)について,一応,共産党さんの意見表明ございましたし,(1)と(2)については私たちと同じ考え方が民主・都みらいさんもあるわけですから,基本的にはこの(3)というのは,検討中というのは,全く白紙で検討中というのはあり得ない話だと僕は思うんですね。

 やっぱり証拠書類については個人情報保護という,これは限定せざるを得ませんし,それ以外のものがあるのかないのかということで,次回もしも議論があったら言っていただきたいと思います。



○小委員長(北川明) 

 3会派とも微調整の段階に入っておりますので,民主・都みらいさん,次回までにしっかりしたお答えを出していただくようにお願いを致します。

 次に進ませてもらってもよろしいですかな。

 はい,どうぞ。



◆委員(大道義知) 

 それからですね,24,25の中での米印が欄外にございますけれども,これの4の使途基準の見直しというのがございます。

 実は公明党として提案なんですけれども,現在の支出項目について,一定の京都市は項目を細分化して透明度を確保しておりますけれども,他都市の状況を見てますと広報費,市民に対して議員並びに会派が活動調査をしたものの成果物,そういったものを広報する,この広報費というのが費目に挙がっております。

 で,京都市で行きますと,比較をしますと図書費というのと,それから印刷費というのがありますけれども,これに相当するのは,各都市で行きますと図書費というのは資料購入費,それから印刷費というのは資料作成費となってます。

 ただ,他都市で思いますのは,資料の購入費,資料作成費,そして広報費という,この三つの費目がいわゆる3点セットになって,市民に対して調査したものをしっかりと議員の調査活動を知らしめていると,こういうものが一定,見えるわけですね。ところが,京都市のものはないわけです。

 したがって,広報費に相当する費目を新たに作ってはどうかということを提案したいと思います。これは各会派ちょっと御検討いただきたいなと思います。



○小委員長(北川明) 

 では,そのことを,今,大道さんから御意見がありましたが,名称も含めて御検討をいただくということも併せてお願いを致します。

 それでは,次回には一定のお考えを示していただくようにお願いをして,次に進ませていただきます。

 はい,どうぞ。



◆委員(加地浩) 

 (4)のその他で自民党の所が検討中となっておりますけれども,公開の対象がそれぞれ共産,公明さん,会派分,議員分両方ということで,自民党も両方ということで申し上げておきます。



○小委員長(北川明) 

 はい,分かりました。会派分も個人分も両方公開の対象ということで,了解しました。

 次に,海外行政調査の自粛,見直しについて検討致します。

 その後,各会派で検討された結果をお聞かせ願います。

 自民党さん。



◆委員(加地浩) 

 ?の旅費のことに関しましては,100万以下と申してきましたけども,海外調査の日数については,現行21日以内ということから,公明,民主さんは15日以内とおっしゃっておりますけれども,自民党としては3週間以内を2週間以内ということで14日以内ということで。



○小委員長(北川明) 

 ?から?までずっと意見をお願いします。



◆委員(加地浩) 

 ?につきましては,前回同様でございます。

 ?の事務局職員の随行についても前回同様であります。



○小委員長(北川明) 

 共産党さん。



◆委員(井坂博文) 

 ?の所で書いてますように,現下の京都市財政と市民生活の状況からすると,当面は自粛と。公明さんも,今期,任期中は自粛,見合わせるということになっておりますが,内とこも,この点では当面自粛ということで行きたいと思います。



○小委員長(北川明) 

 ちょっと共産党さんに私お尋ね致しますが,府会の方は行っておられるのですか。



◆委員(井坂博文) 

 常任委員会の海外視察については行っておられます。



○小委員長(北川明) 

 常任委員会もこの海外の結成して行くのも同じことにはなりませんか。一つの共産党としての政党としての府会は違う,市会は違う,その辺がちょっと私,理解し難いんですけど。(発言する者あり)

 前回は前回,今回は今回。だからこれ前回も同じように聞いてるんですわ。それで今回も聞いてるんです。今回は正式に聞いてるんです,私。

 はい,倉林さん。



◆委員(倉林明子) 

 共産党議員団は,それぞれの自治権というものがやっぱりあるという風に思っています。それぞれの議員団の判断があると。それぞれの議会の状況,それぞれの議会が置かれている地方自治体の状況もあると。そのうえで,それぞれの対応について違いが出ているということが,海外視察にかかわらずあるという風に御理解いただきたい。



○小委員長(北川明) 

 分かりました。私でも分かりにくいからお聞きしてるんですが,一般市民から見たら,一般府民から見たら非常に分かりにくい問題であるということは言い添えておきます。

 それでは公明党さん。



◆委員(大道義知) 

 公明党も,共産党さんとちょっと違うのは,制度として調査権,議員の海外調査権を保障するという意味で制度の見直しを言って参りましたので,100万円以内でということで,現行の120万から20万減をしたものでどうかと。

 で,今,自民党さんからありましたように14日ということでございますが,15日以内というのも確定したお話ではなくて,当初は21日間でございまして3週間でありましたので,私とこも1週間減をして2週間,いわゆる14日以内ということでございます。

 同時に,実はオンブズマンの全国比較調査のいろんな資料を見ますと,単に金額が問題になっているというよりも,どうもその調査の行き先,それから調査の行き先の決め方,こうしたことについての不明瞭さというのがそれぞれ各都市にあるようでして,私はこの際,見直すのを前提に今後は調査団で行く場合の調査先の都市の調査内容,それから調査の行程等の,そういったことに一定の何か媒体を通じましての説明責任というのを果たすように努力していくというのが非常に求められるのではないかということがありますので,それも踏まえて改革をすればいいかなと思っております。

 以上です。



○小委員長(北川明) 

 民主・都みらいさん。



◆委員(宮本徹) 

 ?,?,?,?についてですが,100万円以下で15日以内。



○小委員長(北川明) 

 14日でもいいんですか。



◆委員(宮本徹) 

 大勢に合わせます。

 ?番は,方面等はそのときの団が十二分に検討して決めればよいと思います。

 ?番は必要です。



○小委員長(北川明) 

 ただ今の御意見のとおり,自民,公明,民主・都みらいの3会派は議員一人当たりの旅費支給限度額は100万円,調査都市は,十分に調査団を編成し,事前段階でよく議論をしたうえで決定をすると,こういうことで,事務局職員の随行は必要ということで一致しておりますが,日数については,大体14日,15日という意見もありますが14日でよろしゅうございますね。こういうことで御意見が,共産党さんと3会派で分かれていますが,共産党さんは自粛する,しないは別として,制度としてこのように改革することについて,いかがでございますか。

 はい,共産党さん。



◆委員(井坂博文) 

 最初の委員会でも,私とこの立場については述べさせてもらいましたが,海外視察という調査については,私達は認めてます。必要なことだと。ただし,大道委員の方からもありましたように,市民的に,観光旅行になっているんじゃないかとか,行き先を固定しているんとちゃうかというような意見も出ているということをかんがみて,今,言ったように,財政的に市民の暮らしから考えて自粛と言っているんですけど,視察そのものについては,必要性を認めていますので,もし3会派の皆さんがおっしゃっている中身で一度,検討させていただきたいと思います。と言いますのは,私らは自粛をして,他会派の皆さんにも自粛を求めていますけど,制度そのものを廃止すべきだという風に言っているわけではないので,その自粛を求めながら,やるんであればこういうことでやったらどうですかという提案を,ある意味ではできますので,皆さん方の意見を参考にさせていただいて,部屋で議論したいと思います。で,次回ぐらいまでに,一定の結論を示したいという風に思います。



○小委員長(北川明) 

 これは3会派が一致しておりますので,共産党さんが次回に結論を出していただいて,そのお話を決めて,どうするかこうするかは,制度そのものは必要性を,存続ということに賛成をしていただいているわけですので,次回に海外行政調査の見直し,自粛については結論を出させていただくということでよろしゅうございますか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○小委員長(北川明) 

 その場合は,賛成多数にならざるを得ないということもここに書いてありますかね。(発言する者あり)いや,いい案でしたらそっちの方に乗りますけれども。

 はい。



◆委員(井坂博文) 

 現状で言えば,私達の立場は自粛ということなんですけど,見直しの中身については,一致をするのであれば一致点を探っていきたい。両方で議論をして,次回,提案をさせていただきたい。



○小委員長(北川明) 

 次回に,この改革委員会として,この案件については結論を出させていただくということでよろしゅうございますね。

 それではそのように致します。

 次に,その他予算要求に関連するものについて検討致します。

 初めに,28の退職議員処遇の見直しについてでありますが,まず,そのうち,市バス,地下鉄等の優待についてであります。

 その後,各会派で検討された結果をお聞かせ願います。

 自民党さん。



◆委員(加地浩) 

 改革ということで,色々行財政改革もしている中で,市会改革委員会も持たれてこうやって議論されている中で,退職議員の方々への処遇の見直しも項目に入ってて,我が会派でも色々検討しているわけですけど,改革しなければならない財政,予算の問題あるといえども,こういう長年,京都市の市政発展に尽くしてこられた先輩議員に対しましてのこういうのは,一気に全廃ということに対しましては,我が会派としては,全廃に対しては反対なんですけれども,ある一定の範囲の見直しは必要じゃないかということなんで,それぞれ他の会派さんは廃止の方向でということで,段階とは聞いておりません。全廃というぐらいしか聞いておりませんけれども,我が会派としては,これは見直しは一定認めても,いきなりこれを全廃ということに対しましては,ちょっと納得できないところがあります。

 今,ちょっと自民党の意見を申しましたけれども,委員長,議長の方で補足がありましたら,是非,お願いします。



○小委員長(北川明) 

 共産党さん。



◆委員(井坂博文) 

 前回,言いましたように,加地委員の思いは分からないわけではないんですけど,やはりこういう特別的な待遇というのは,押しなべて廃止をしてはどうかという意見と,経過があることだとは思うんですが,退職議員の処遇について,いわゆる議会事務局で議論をすべきことなのかというのは,前も意見が出ましたね。だから,いわゆる総務局で市長が判断をして,予算措置でこうするということにしてもらってもいいのではないかという風に思うんですよね。



○小委員長(北川明) 

 公明党さん。



◆委員(大道義知) 

 公明党も議論をして参りまして,現段階では退職議員については,この市バス,地下鉄の優待等については廃止する方向で検討をしておりますけれども,実はこれはいろんなものとリンクしていると思います。

 一つは現職議員の,例えば現職議員だけ必要だということで残して,退職議員さんだけなくすというのはいかがなものかと。むしろ血を流さなあかんのは現職議員だろうと思いますから。そういう意味での検討は必要だと思います。

 と同時に,今の制度の,退職議員の処遇の制度というのは,実は表彰制度と非常にからんでおりまして,8年,16年,24年と,こういうところで差別化がされているという問題が実はあります。したがって,また後から議論されます表彰制度を一定,改革,見直しする中で,こうしたことについての是正,見直し,これをしっかりと議論をしていきたいと思っております。

 以上です。



○小委員長(北川明) 

 共産党さんから意見が出ました,これは市会で議論をすべきことか,市長部局の総務局サイドでやるべきであるという意見が出ましたが,そのことについてはいかがですか。



◆委員(大道義知) 

 制度として残すかどうかということについては,私は今,理事が集まっておりますけれども,議論をしなくてはいけないと思います。

 ただ,それを執行するのは市長さんですから,その意見を市長さんに申し入れるという形の方が,我々も一定の意見を持って。市長さんが,例えば我々が意見が非常に分かれている中で,では市長さんお願いしますと,それに従いますかどうかということも含めてですね,非常にあいまいになりますので,改革委員会の中での一定の方向性の意見は3階に,市長さんの方に申入れはする必要がありますので,やっぱり制度としてどうなのかということについては,この場所で議論をすべきだと思います。



○小委員長(北川明) 

 分かりました。この場所で議論をして一定の結論を出して,このようにすべきであるということを申し入れると,こういうことですね。



◆委員(大道義知) 

 その方がいいのではないかと思います。



○小委員長(北川明) 

 自民党さんは,これについてはどうですか。ちょっと後先になりましたが。



◆委員(加地浩) 

 共産党さんの今,言われたことですね。今,公明党さんおっしゃられたようにですね,ある一定の方向はこの改革委員会で検討すべきでありますけれども,最終的なところでは,やはりこの制度は市長の方から退職議員の方に出されている処遇でありますので,公明党さんと同じような意見になります。



○小委員長(北川明) 

 ある一定の議論はして結論は出すべきであると,こういうことですね。ここの意見が二つに割れていたら,市長に意見は具申するべきではないわけですな。できないわけですね。そうなりますね。

 民主・都みらいさん。



◆委員(宮本徹) 

 何しろ,こういう迷うものは段階的に取り組んでいくということですね。



○小委員長(北川明) 

 廃止しない。



◆委員(宮本徹) 

 いや,方向性はそういう方向に行くとは思いますけども,段階的に。



○小委員長(北川明) 

 どのような段階で。



◆委員(宮本徹) 

 ちょっと言えませんが。



○小委員長(北川明) 

 言えない。言えないということはどういうことかな。

 はい,どうぞ。



◆委員(大道義知) 

 先ほども委員長おっしゃったように,例えばこの場所で,この制度として経過もありますね,歴史的経過もあります。それから,すぐに今日から,明日からやめるというわけにも行きません。そういうことも含めて,今後,廃止の方向でということを,例えば決めたとしますね。しかし,今,民主さんおっしゃったように段階的にとなりますと,具体的にはその年数の問題とか,具体的にタクシーチケットなのか,何を与えるかというその辺りについての裁量権は,これは市長さんにあると思うんですよ。

 ただ,そこまで我々がどうこうと言える部分ではないので,一定,全くやめずに残すのか,あるいは今後縮小していくのか,そういうことの意見集約と言うか,合意形成を図ることの方が大事ではないかと思います。



○小委員長(北川明) 

 共産党さん。



◆委員(井坂博文) 

 大道委員からの今ありましたけども,廃止すべきやという意見なんですが,色々意見を聞いたら,段階的に狭めていくという自民党さんの案もあれば,民主・都みらいみたいに具体的に言えないけど段階的にというのもあるけど,ベクトルは廃止の方向なんですよね。

 廃止の方向で見直すという点で意見集約できたら,そういう形で市長に具申するというのを改革委員会の結論の出し方にしたらいいのではないかと。これは別に両論併記じゃないと思うんですよね,残すべきというのと。廃止の方向については一致をして,そのやり方については色々意見出ていると。それは市長の判断に任せるという形のまとめ方があるんじゃないかと思うんです。



○小委員長(北川明) 

 はい,どうぞ。



◆委員(倉林明子) 

 先ほど自民党の御意見を伺ったんですが,前回の意見では廃止の方向に向けて段階的に狭めるということと,全く見直すべきでないという意見に分かれているんだということだとお聞きしていたんですが,今日のお話だと全く見直すべきではないという意見の方は,消えているということなんでしょうか。



○小委員長(北川明) 

 それは聞いてください。

 どうぞ。



◆委員(加地浩) 

 両論二つに分かれておりましたけれども,ほかの会派の方は廃止の方向でというのを使われていますけれども,ある一定の見直しが必要だということで,全く見直すべきでないという意見については取り下げます。



○小委員長(北川明) 

 取り下げる。

 はい,どうぞ。



◆委員(井坂博文) 

 加地さんに聞きたいのですけど,その段階的と言った場合に,三つですね,対象年数,市バスの関係,タクシーの関係のうち,一つを減らしていくというのか,三つのうちを激変緩和で減らしていくのか,どっちの方向での見直しの方なんですか。今,考えているのは。



○小委員長(北川明) 

 どうぞ。



◆委員(加地浩) 

 3段階ありますね,今これ。回数券,特別乗車証,タクシープリペイド。それは最初の回数券を廃止しましょうか,あるいは乗車券廃止しましょうか,その代わりタクシー残しましょうか,そういう選択肢もありですね。



○小委員長(北川明) 

 はい,どうぞ。



◆委員(大道義知) 

 私どももですね,先ほど言いましたように表彰制度と非常にリンクしている話なので,その表彰制度が一定改革見直しができた段階で,今の基準である退職議員さんの処遇についても,時間差は当然あるとしますけれども,今の3段階というのが仮に2段階になるのか,あるいは1段階になるのか,あるいはどれかがなくなるのか,そういうことも含めてだいぶ改革は進むと思うんですね。

 ですから,そういう意味での一歩,改革見直しというのが,進むということでは自民党さんに期待したいと思うんですけどね。



○小委員長(北川明) 

 ほかに御意見ございませんか。

 これ段階的に見直していくということについては,共産党さんも公明党さんも,これは御理解をいただいていると思いますが,民主・都みらいさんは廃止の方向で検討をする,これも段階的と,そやけど具体的にその内容は言えないと,こうおっしゃっておりますね。

 自民党さんも全く見直すべきでないということは取り下げして,段階的に決めていくと,こういうことでありますが,例えば段階的というのはね,非常に幅の広い言葉でしてね,だから今期2年間は現行の制度のままで行って,次期,新しい議会が構築された場合は,これは廃止をするとか。いや,これから4年間はこのまま行って,次期,新しい議会が構築されても前半2年は現行のままで後半2年からやめていくとか,色々な考え方があるわけですね。

 そういうこともすべて何もかも含めて市長部局に段階的に廃止すべきであると,こういう風に方向性だけを示して丸投げをすると,こういう方法もあるわけですね。

 その辺のところでよいわけかどうか,御意見をお聞かせいただいたらいいと思うんですが。

 はい。



◆委員(井坂博文) 

 言わせてもらえれば,現時点で私とこは廃止すべきということで言ってますので,今日の会議でちょっとそれ煮詰まりましたけど,持ち帰らせてもらって,さっきの案件と合わせて,その段階的な方法での廃止と,廃止の中身については,いわゆる市長に意見したいということ,ということでちょっと今日は持ち帰らせていただきたい。



○小委員長(北川明) 

 分かりました。

 これ,予算は,ちょっと事務局に聞きますけど,市長部局から出ているんですな,予算。議会費で出てんのか。

 はい。



◎総務課長(吉田克典) 

 議会費に付いております。



○小委員長(北川明) 

 それは議会費やから補助執行色々あるから,やっぱり総務局と話をして存続するんやったら存続するとか。

 分かりました。自民党さんがちょっと色々内容が難しいようですが,他都市の例も色々検討していただいて,次回に結論を出させていただきたいと思いますが,よろしいでしょうか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○小委員長(北川明) 

 それでは,そのように致します。

 それから,もう一つですね,優待券その他の,これは検討された結果を各会派でお聞かせいただきたいと思います。

 自民党さん。



◆委員(加地浩) 

 退職議員のところのその他の優待券,これにつきましては,特段これは予算が掛かっているものではありませんので,廃止する必要はないんじゃないかと。



○小委員長(北川明) 

 共産党さん。



◆委員(井坂博文) 

 これについては,もう廃止すべきやと思います。



○小委員長(北川明) 

 公明党さん。



◆委員(大道義知) 

 廃止すべきやというのが原則ということでありますけれども,ただ,これ当然,現職議員が廃止するということと,私とこはセットになっとりますので。



○小委員長(北川明) 

 何とセット。



◆委員(大道義知) 

 現職議員の,この同じ待遇ですね,処遇。これとセットになってるものですから,こう言うてるんですけどね,ただ退職議員さんの見直しの中で議論をするのであればちょっと単独的に考えないかんかなあという思いもあります。

 だから難しいところなんです。(発言する者あり)いや,残すものはないんですよ。ただ,両論併記になりますからね,これこそ。今,2,2やしね。



○小委員長(北川明) 

 民主・都みらいさん。



◆委員(宮本徹) 

 両論ありまして。



○小委員長(北川明) 

 次はもうこの両論はあきませんで。もう,両論を次おっしゃったら賛成の多い方に引っ付けていきますのでよろしいですね。ちょっと暴論ですけど。(発言する者あり)

 はい,どうぞ。



◆委員(井坂博文) 

 今,大道委員の方からもありましたけど,現職議員の場合には,美術館,動物園,二条城,青少年科学センター含めて,予算が付いて執行されていると,そこでいろんなことをやっていると。そこに,いうたら立入調査と言いますか,言い訳は別にして,どうなっているのかと自分の目で確かめる調査権があるから優待じゃない形で自由に出入りできるというのは分かるんですけど,退職議員の場合には,調査ということもないし,それは必要ないと思うんですけどね。現職のところはまた後で言いますけど,そこのところは柔軟,弾力的に,いわゆる代替措置を含めて検討したらいいと思うんですけど。(発言する者あり)



○小委員長(北川明) 

 そしたら,これは自民党さんと民主・都みらいさん,次回までにしっかりした結論を出していただきますように私からお願いを致しておきます。

 次は有功者表彰規則の見直しの要請ですね。これは事務局から発言の申出がありますので,これを聴くことと致します。

 吉田課長。



◎総務課長(吉田克典) 

 ただ今,お手元に,京都市会議員の表彰についてということで資料をお配りさせていただいております。

 この有功者表彰の見直しのための検討資料として,有功者表彰などの市長が表彰するもの,それと議会の議決による議会表彰,それと全国市議会議長会からの表彰について一覧表にまとめました。

 市長表彰と致しましては在職8年以上の議員に対し,4年ごとに有功者表彰が,また24年在職の議員につきましては永年議員顕彰が,更に在職35年及び45年の議員には特別表彰が贈られております。

 次に議会表彰でございますけれども,在職30年及び40年の議員の方に市会の議決により表彰がされております。

 最後になりますが,全国市議会議長会表彰として在職10年以降,5年ごとに全国市議会議長会から賞状と記念品,これはバッチでございますけれども,これが贈られております。その一覧表でございます。

 以上でございます。



○小委員長(北川明) 

 お聞き及びのとおりでございます。

 これ,市長表彰を今,議論しているんやな。(発言する者あり)それは市長のサイドで決めたらいいのと違うかな。これもおかしな話やな。だから議会表彰だけを我々はいうたらいいので市長表彰の方は市長がこれはおのずから方針で考えるべきであると。だから8年,12年,16年,20年,24年,28年,これ4年ごとにあるわな,これ。これについての御意見を求めたいと思いますが,いかがですか。

 これ市長が表彰するわけ。それを議論してたん,今まで。それちょっと議論の方向が違うのと違うかな。議会の表彰かな。これさっきのあれと一緒ですわな。

 能田次長。



◎事務局次長(能田修) 

 ただ今の委員長の問題提起でございますけれども,この29番の有功者表彰規則の見直しの要請は,議会で,市長から議会に対し,こういう表彰がなされているということをかんがみて,現下の財政事情又は記念品の在り方について議会が見直して市長に対して要請していってはどうかという項目でございますので,市長表彰ではございますけれども,議会の判断で見直しがあるのであればしていただきたい。なければそのままということになりますけれども,そういう項目でございますので御理解の程,よろしくお願い申し上げます。



○小委員長(北川明) 

 市長になり代わってあんた言うてんのか。(発言する者あり)

 はい,どうぞ。



◆委員(大道義知) 

 もう一つはですね,有功者表彰の規則というのが,明治39年に出発したときに議決で決まっているわけですね。したがって議会としてこういうことを決めたわけですよ。

 それで32年に見直して,それが規程になって,それが内規的になっておりますので,議会としても私は責任がある対応をしなくてはいけないと。で,こういう議論をして見直したものを,こういう考えを市長に要請するということで合意形成を図るべきやと思います。



○小委員長(北川明) 

 はい,倉林さん。



◆委員(倉林明子) 

 退職議員の処遇や有功者表彰,いずれも議員の処遇にかかわるものですよね。やっぱり自らが議論をしてどういう方向にするのかということは議会サイドで提案していくという方向で検討していくっていうのがいいんじゃないかと,そういう風に思いますけど。

 もう丸々固めてという形でまとまるかどうかは議論ありますけれども,先ほどの方向性だけ決めて,こういう方向で見直してはいかがかという提案は大いにしていったらどうかと思います。



○小委員長(北川明) 

 はい,ほかにございませんか。

 これはね,筋としては明治39年,それから昭和32年ですか,こういう風に有功者表彰は色々変転が歴史的経過があってこのような形になったと。しかしこれ,市長からこのような表彰制度を設けて,市長も前の前の市長,歴代の市長の中でこう流れてやってきたわけですが,市長がこれを見直してくれということは,能田次長,これはカットしてほしいと,財政状況厳しい折から,こういう意味で議会へ丸投げしてきたわけやな,これ。

 だから,本当に議会にこのような,議会と市長との友好関係を基本にしてこういう風なことを言うてきたわけでしょ。だから議会としても,これ丸投げして審議してくれというようなことは,ちょっと便宜すぎると言うか,ちょっとやっぱり。

 だからこのような形でやってほしいという,市長サイドは市長サイドのやっぱり原案を示して,そして議論をするとか。こういうことも必要ではないのかな。

 だから一遍,私としては一遍,市長サイドに押し返して原案を示せと,これぐらいのことを言う必要があるのと違うのかな。つまり,4年,4年,4年の表彰制度はとにかく何か基本の原案を示せと。ただ財政状況厳しいから議会の方で考えと,これは少し,私はおかしいのではないかと,こう思うんですけどね。あんたも市長代理みたいなもんやからあなたに聞いてるんやけど。

 はい,どうぞ。



◎事務局次長(能田修) 

 本件にかかわる項目につきましては,市長から要請のあったものではございませんので,要は議員処遇の在り方全般について議会制度上の中身を列挙した項目の一つとして事務局から考え出されたものでありまして,それをオーソライズされて議長提案ということになったものであります。

 ですから,市長からこの項目について検討してほしいと言われたことはございません。

 以上でございます。



○小委員長(北川明) 

 だから,検討してるから,これは本来,市長から提案をするべき問題であるということで,市会改革委員会で提案して議論をしているけれども,本来は市長の考え,市長サイドの考えはどのようなところにあるのかということを一遍,押し返して,一遍聞くべき必要があると,こう思うているんですわ,私。私がそう言うてるんです。

 何も市長の改革,財政状況厳しい折から,我々が酌んでやらないかんことではない。やはり市長サイドがしっかり自分の考えである程度議会に示してくる必要があるのではないかと,こう思うているんですわ,私。

 そのようにやっぱり事務局サイドで,これは言うていってもらう必要がある。こう思います。

 はい,局長。



◎市会事務局長(山本巌) 

 議会は議会でこの改革委員会で検討いただいていますので,今,その件につきましても改革の途上で長サイドとしては,この件についてはいかがな何か見解等おありかということは,事務局として一応聞いてみます。

 そのことと合わせまして,改革委員会で,こちらの方はこちらの主体性で皆さんの委員の中で検討していただければと思います。

 一応,意向はお聞き致します。



○小委員長(北川明) 

 議長。



◆議長(田中セツ子) 

 この前から頂いている他都市とのその状況の資料ですね。また,視察に行って感じたこと。そしてまた,資料頂いた中でですね,現職議員,そしてまた退職議員の処遇についてはよその他都市よりもすごく優遇な待遇になっているなという風に私は思っております。

 その中でこれだけの有功者の表彰は4年ごとにされているというのは見られへんのではないかと思っておりますし,議員の方からやっぱり見直しの案を立ててというのが,先ほどから大道委員,倉林委員からもありましたけれども,議員の方からも提案する,見直しをしていくというのがやっぱり必要ではないかなと思います。



○小委員長(北川明) 

 そういう考え方もありますけれども,これは市長の方から,これだけの表彰をしてこれだけの金額の品物をお祝いとして,有功者として,有功者がいいか功労者がいいかというような議論もありましたけど,それを逆に議員の我々の方から,他都市とかいろんなこともこんな財政状況やから,逆に市長に対して辞退をすると,こういうことですわな。辞退を,我々の方から逆に辞退をするということでやるということですから,その辺は,市長の方も財政状況厳しいからこういうことで,まあ内々の考え方を聞くと,こういうことも言えるのと違うかな。市長サイドに内々の,やっぱり,こういうことで議論をしているけれども,議論も色々と伯仲してるから,どういうような考え方を持っているのかと,内々の意見を聞くということも必要ではないかと,私はこう思うんですがね。

 はい,大道さん。



◆委員(大道義知) 

 今の委員長のお話もそのとおりだと思います。そのうえで我々が議論したものを,先ほど議長おっしゃったように要請として自粛をしていくという社会的な流れもございますし,記念品の高額な金額というものについても理解が得られないものになっていると,こういうことについて見直しは当然言うべきだと思います。

 そのうえで押し返しまして,市長さんが最後お決めくださいと,こういう形になった場合は,例えば逆にこうしますと言われて提示されたものについては,私どもは,少なくとも私自身はそれに対して反論するつもりは,反論もできないし議論もできないわけですね。要はそれでお決めされたわけですから。表彰というのは,こちらから決めて,この表彰をしてほしいというものでは,当然ないわけですから,お決めになったらそれで仕方がないと思います。

 したがってそういうことを決定していただく前の考え方としてこちらの議会の慎重な議論を上に要請をするということだけはしっかりしておかないといけないかなと。



○小委員長(北川明) 

 はい,局長。



◎市会事務局長(山本巌) 

 私が申し上げましたのは,今,大道委員の方からも申されましたように,この有功者表彰規則が,繰り返しになって申し訳ございませんが,明治39年にいわゆる市会議決になっております。

 そして昭和32年に規則が定まっております。そこで有功者と申しますのは,対象がきっちりと明記されております,規則で。本市の公益に関し,功労顕著である者,二つには市長の職にあった者,三つには8年以上市会議員の職にあった者,四つには特別職にあった者で市長が特に適当と認める者,今言いました四つの方々が第1条でいわゆる有功者の対象と定められております。したがいまして,議会の方でこの改革委員会で検討されておりますので,有功者に対する,議員さんに対する処遇についてどうされるかについては,この改革委員会で主体的に御検討いただければどうかなということで,現にやっていただいているわけですけど,申し上げた訳で,後の対象外の分については,やはり色々と議員さん以外の現実に対象になっておりますので,それは相対的にまた市長サイドが考えられるのではないかなと思います。

 したがって議会は議会としての主体的なこういう改革だということでまとめていただければという思いで申し上げた次第でございます。



○小委員長(北川明) 

 井坂さん。



◆委員(井坂博文) 

 改めてそういう説明を聞くと明治にさかのぼるわけですよね。で,昭和32年ですか。その当時というのは,もうかなり議員というのは名誉職だったと思うんです。ですから,そういう意味で有功者ということで表彰されたというような経過はあったかと思うんですけど,今日に及んでいわゆる市会議員に対する市民の皆さんの目線というのもありますし,そもそも表彰の対象にすることなのかというのは市会で議決をして規則を決めたという風になりますけど,表彰されるのはやっぱり市長サイドだと思いますので,市長の意見を聞かせていただいて,で,こちらの方からそれをどういう風に扱っていくのかということで市長に要請をしていくということで一定の結論を出していけばいいのでは,と改めて思います。



○小委員長(北川明) 

 これはほかにも有功者というのは,市会以外で表彰しているのですか。どういう範囲内で。過去にそこそこの,ちょっと一遍例を出してもらえませんか。どんな人にやってるんですか。ちょっとアバウトで結構ですから。具体的にどのような例で出しているんですか。

 はい。



◎総務課長(吉田克典) 

 詳細については今,不確かでございますけれども,今挙がっておりますように市長の職にあった者とかが対象になっておりますので,市長については有功者という風に。



○小委員長(北川明) 

 市長だけですか。



◎総務課長(吉田克典) 

 市長と特別職,副市長,収入役等でございます。



○小委員長(北川明) 

 では20年ほど,どういう人にどんな形で市会議員以外に有功者表彰したんですか。

 はい。



◎総務課長(吉田克典) 

 最近におきましては,ほとんどが市会議員さんでございますけれども,奥野元助役とか空谷元収入役などでございます。



○小委員長(北川明) 

 それはやっぱり30万ずつですか。



◎総務課長(吉田克典) 

 金額までは出ておりませんので,表彰されたということでございます。



○小委員長(北川明) 

 同じかどうかは一遍調べといてください,それは。



◎総務課長(吉田克典) 

 はい,分かりました。



○小委員長(北川明) 

 それでは一遍,内意を聞くと,こういうことでよろしいですか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○小委員長(北川明) 

 これも次回に大幅に進めさせていただきたいと思います。結論に向けてですね。

 次に,30の市バス・地下鉄特別乗車券等交付の廃止の要請についてであります。

 その後,各会派で検討された結果をお聞かせ願います。

 自民党さん。



◆委員(加地浩) 

 今,30番の市バス・地下鉄特別乗車券等交付の廃止が議題で,今まで検討中ということで,廃止と廃止すべきでないという二分としておりましたけれども,この30番と次の美術館等の京都市の施設のと,からんできた議論で我が会派ではしておりまして,別々に市バス,地下鉄の乗車券とほかの市の施設と,同じ退職議員の方々と同じような優待券というような形で何種類か頂いているわけなんですけれども,やはり市会議員として選挙で選ばれて,その市バスなり地下鉄の駅,構内視察する,あるいは市の施設を視察するという議員の権利でもありますし,そういうのをつぶさに積極的にしょっちゅう見に行くという義務でもあるという観点から,この特別乗車証についても,ちょっと31番まで踏み込みますけれども,そういう優待券というものは廃止してもらってもいいんですけれども,議員として,公明党さんが31番の所でおっしゃっている調査票,あるいは私達が今,議員証というものを頂いておりますけれども,はっきり言って私自身も今まで一切その議員証というものを使用する場面もございませんでしたけれども,そういう京都市の施設に立入調査するのにはその議員証一枚で行けるとか,議員として京都市の施設を調査する権利,権限,義務という形で担保取ったものが必要だと思います。



○小委員長(北川明) 

 共産党さん。



◆委員(井坂博文) 

 ここだけは悩ましいところで,まだ検討中なんですが,申し訳ないんですが。

 ほかの会派の皆さんの意見も聞いてます。この間,職員乗車証も廃止され,教育委員会の教員のところで買取りになっていた特別乗車証もそれに準じて廃止をされたという流れの中で,この特別乗車証だけが残っているわけですね。そのうえでこれについては別に交通局にお金が行っているわけではなくて,議会事務局が預かって渡しているというようになっています。

 ですから直接的に,敬老乗車証のように交通局に財政的に貢献しているものではないということで検討してみた場合に残る結論は,やはり議員の調査活動,京都市域の中における調査活動で市バス,地下鉄の範囲の中だけですから,それを使うという点については積極的な意義はまだあるという風に思っているんです。

 だからほかの職員乗車証なんかと同じ議論ではないという意見が出ておりますので,現時点では廃止,あるいは存続ということでいえば検討中ということになります。



○小委員長(北川明) 

 はい,分かりました。

 公明党さん。



◆委員(大道義知) 

 廃止すべきです。



○小委員長(北川明) 

 廃止しておられますな。

 民主・都みらいさん。



◆委員(宮本徹) 

 前言いましたように職員の乗車証も廃止になる方向で,やはり,廃止の方向で検討中です。



○小委員長(北川明) 

 自民と共産党さん対公明,民主・都みらいさんと,こう分かれておりますが,これは他都市の状況を見ましたり,それから私鉄のパスの廃止の状況を,これは段階的に廃止をしていきました。結局はすべて返還を致しました。そして,職員乗車証もこれは通勤費が出て職員の乗車券もなくなってきた。これはそれぞれ立場も違いますが,その辺のところを十分に踏まえて,自民党さん,共産党さん,更なる御検討をお願いをしまして,次回にこれも一定に結論を出してみたいと,このように思いますのでよろしくお願いします。

 それから,先ほどちょっと出ておりました現職議員の美術館等の入場券の配付の廃止の要請についても,これも先ほどの議論と重複しますが,これでよろしいですか。そういう形で。よろしいですね。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○小委員長(北川明) 

 ではこれも御検討の程,よろしくお願い致します。

 次に32の費用弁償の在り方の検討についてでありますが,前回の委員会で要求しました市バス等の利用範囲についての資料が提出されましたので,事務局から説明を聴くことと致します。

 吉田総務課長。



◎総務課長(吉田克典) 

 お手元に,費用弁償に係る検討資料ということで,市バス等の利用範囲ということで一応,均一区間と均一区間外という話がございましたけれども,三つに分けまして均一区間内,それと山科,醍醐方面の地下鉄東西線を使われる場合,それと均一区間外ということで,一応その範囲内に御自宅がどれだけの人数がいるかということで調査致しました。

 均一区間内には42名,それと山科,醍醐方面の地下鉄を利用されているだろうという方が9名,それと均一区間外に15名おられます。

 横に料金を書いておりますけれども,均一区間内は220円。乗り継いだ場合は350円。それから地下鉄東西線につきましては,現在,醍醐から市役所前まで260円ということになっております。市バス均一区間外につきましては,市バス等が走っていない所もございますので,一応,通常,経済的,時間的に乗られるであろうという金額を出しております。それが670円ということで,この670円に該当する地域と致しましては,左京区の岩倉,宝が池方面,それと伏見区の横大路方面になっております。

 なお,均一区間外での市バスの最高料金につきましては500円ということになっております。これは高雄,四条烏丸から高雄へ行かれる場合は500円ということになっております。

 以上でございます。



○小委員長(北川明) 

 次に,公明党さんから距離制についての提案がありますので,御説明をお願い致します。



◆委員(大道義知) 

 それではせんだっての御指摘がありましたので,公明党の方から段階支給についての御説明をしたいと思いますので,あらかじめ資料を作っていただきましたので,お配りをいただきたいと思います。

                 (市会事務局資料配付)



◆委員(大道義知) 

 よろしいですかね。それでは費用弁償につきましては地方自治法に基づきまして支給されておりまして,現在,定額支給というのが政令指定都市で非常に多い支給がされております。

 しかしこれは違法ではないというような判例もあるようですけれども,定額支給した場合に自宅から市役所への距離,先ほども説明がありましたように市バス,公共機関でもこういう形で格差が若干あるということで,支給額と実費に大きな開きがあるということもございまして,最近では都道府県が中心ではありますけれども,政令指定都市でも北九州と神戸,この二つがいわゆる段階支給,距離制に基づく費用弁償の支給制度に変えてきております。

 そこで,京都市においても一定の改革の中での論議の一つの項目として提案をしたいと思っております。京都市内を全域見ますと,この次のページにちょっとカラーでコピーがされておりますが,これを見ていただきますと,ちょっと太い丸が市役所から中心に4キロでございます。2キロ,2キロ,2キロ,2キロで2キロ増になりまして4キロ,8キロ,12キロと,こういう形で二重丸になっております。

 その中に赤い丸がたくさんピンで入っておりますけど,これが非常にシビアな点でございまして議員さんのいらっしゃる場所,御自宅でございます。

 これの1枚目のページはいわゆる直線距離,ほとんどの都市が,この定額支給している所は直線距離で測らざるを得ませんので4キロ,それから4キロから8キロ以内,それから8キロから12キロ,で,12キロ以上と,こういう形でしますと京都市議会議員の場合は,お手元の1枚目の資料のとおり,4キロ以内が23名おいでになります。それから8キロ以内が33名,それから8キロから12キロまでが9名,で,12キロ以上が1名と,こういう実態でございまして,費用弁償の一つの項目である交通費的なものということでタクシーの料金で考えますと4キロで大体1,120円が相場と,8キロで1,920円,12キロで2,720円,最遠の13.5キロは3,040円と,ちなみにこれは赤阪議員でございます。

 このように格差が若干ある中で,費用弁償の支給について議論をすべきだと。具体的には,この表を基に考えまして公明党の会派の中でも議論をしておりますけれども,おおむねやはり土地柄から言うと,北九州市のように3段階に分けた方がいいのではないかと。4キロ以内,4キロから8キロ以内,8キロ以上という3段階でございます。金額については,これも分かれるところですけど,例えば,例えばの話で御了解いただきたいのですが,それぞれの段階区分的にはその金額の差は大体1,000円程度が望ましい。各都市もそうでございます。ですから1,000円の差があるということを前提に考えますと4キロ以内で8,000円,4キロから8キロまでが9,000円,それから8キロ以上が1万円と,こういうことですれば距離制,いわゆる定額支給ではない段階支給,こうしたものに制度としてはなるのではないかと。ただしこの金額が,8,000円が固定しているものでもありませんし,9,000円にしようという話もあるかもしれません。ただ考え方として,こういうもので議論いただいてはどうかということでの今日の提案でございます。

 以上でございます。



○小委員長(北川明) 

 はい,ありがとうございました。

 お聞き及びのとおりでありますが,ただ今の説明に対して,御意見等はありませんか。

 この件については,次回にまた御意見をいただきたいと思いますが,よろしゅうございますか。それとも,前回言うている1万1,000円を1万円に平均で落としていく案かどちらかで結論を出して参りたいと思いますのでよろしくお願い致します。

 次に37の予算決算特別委員会での卓上花の廃止についてであります。

 その後,各会派で検討された結果をお聞かせ願います。

 自民党さん。



◆委員(加地浩) 

 前回どおり廃止しないです。



○小委員長(北川明) 

 共産党さん。



◆委員(井坂博文) 

 予算的には小さなものというのですが,考え方は廃止をするということで変わってません。



○小委員長(北川明) 

 公明党さん。



◆委員(大道義知) 

 廃止をしないということで。



○小委員長(北川明) 

 民主・都みらいさん。



◆委員(宮本徹) 

 廃止しない。



○小委員長(北川明) 

 一つこれは共産党さん,年間3万円,潤いとお花の持って来る香りと色と和やかさ,一つここらでいかがでございますかな。(発言する者あり)これ持ち帰らはる,そうですか。

 はい。



◆委員(井坂博文) 

 結論を出すように努力させてもらいますので。



○小委員長(北川明) 

 分かりました。

 それでは協議事項2の今後の予定であります。次回,第7回委員会は12月13日,月曜日の午後3時から行うことになっておりますが,テーマは,本日,次回に継続することと致しました政務調査費の公開,海外行政調査の自粛,見直しとその他予算要求に関連するものについて。海外行政調査の自粛,見直しは,これはいいんですかな,一定の結論が出ましたから。(発言する者あり)まだ。では次回ですわな,これもね。その他予算要求に関連するものについて引き続き検討したいと思いますが,よろしいでしょうか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○小委員長(北川明) 

 それと次回は96条の2項その他について,次回から検討項目に加えて参りたいと思いますが,いかがでしょうか。よろしいですか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○小委員長(北川明) 

 では,そのように致します。

 ほかになければこれをもってということですが,はい,どうぞ。



◆委員(井坂博文) 

 委員長に許可いただきまして,すみません,ちょっとこれを配らせていただきます。

    (市会事務局資料配付)



◆委員(井坂博文) 

 今,鋭意,精力的に検討され,一致点も大分見えてきたような気も致します。そのうえで先ほど委員長がまとめのところでおっしゃいました次回のテーマにかかわりまして,次回以降の分も含めて,共産党議員団として以下6項目のテーマを是非そ上に乗せていただきたい。

 本会議の活性化に関する公開の促進,委員会の傍聴,委員会の市長総括,現在進めています議員提出議案の促進,議会の公聴会の開催とテレビ討論会,ということで共産党議員団として提案をしたいと思いますので,是非,委員長の方でこの意を酌んでいただいてテーマの中に入れていただきたいのと,是非,各会派におきましてもこの中身で検討いただいて積極的に改革の方向での御意見などを出していただきたいという風に思いますので,提案とさせていただきます。よろしく御検討お願い致します。



○小委員長(北川明) 

 共産党さんからの提案は各会派お持ち帰りいただいて,一度色々と御検討を願いたいと思いますが,よろしゅうございますか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○小委員長(北川明) 

 それからですね,このように提案,提案,提案と出てきますと,本来のやっぱり議長から出してこられた本来の議事がなかなか進まなくなりますので,もう私に対しての提案はこれをもって打ち切らしていただきます。

 はい。



◆委員(井坂博文) 

 別にこれ41項目,85項目と外れているものはないんですよね。41の中に大体網羅されていまして,その85項目も排除せずに関連して41項目の中で議論しようという,最初の合意がございましたので,その内容の範囲の中で提案させていただいてますので,その辺は,是非。



○小委員長(北川明) 

 まだ詳しく読んでおりませんので,皆さん,また十分御検討されまして,そのようであるかないか御検討の程併せてお願いを致します。

 それでは,もうないようでございますので,これをもって散会と致します。

 12月13日,月曜日,そしてですね。散会の前にちょっと申し上げておきたいのですが,年内は一応12月13日,月曜日,午後3時からと,これが改革委員会がもう最後のようになっておりますが,これからですね,皆,各会派で討論結了とか色々議員団会議を開催されると思います。議員団会議のときには必ず改革委員会の議論も,私は13日以降も出ると思いますので,場合によっては13日以降,年内にもう一度,改革委員会をやらしていただきたいと考えております。

 また十分,事務局を通じて調整をさせていただいて,調整が出来なかった場合は来年度に送りますが,調整ができた場合は年内にもう一度やらしていただきたい。このように思っておりますので,どうぞよろしく御理解の程お願いを致しまして,本日は。

 はい。



◆委員(井坂博文) 

 今,委員長のそういう提案もありましたので,それは積極的に受け止めて,是非,委員会に御検討をお願いしたいんですけど,できましたら次回,次々回で一定,一致点でまとめた中身で中間まとめという形での報告できるような成果物としてまとめていただいて,全体に返していただくというようなことも検討していただけないかという風に思うんです。



○小委員長(北川明) 

 皆さんに一度,お諮りをさせていただきます。私一存ではできませんので。このような申出があったということも,皆さん方に御理解を賜りたいと思いますし,御承知おき願いたいと思います。

 それでは長い間御苦労様でした。散会を致します。

    [午後4時21分 散会]

小委員長 北川 明