議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 京都府

2012.05.24 平成24年少子・高齢社会対策特別委員会5月臨時会[ 配付資料 ]




2012.05.24 : 平成24年少子・高齢社会対策特別委員会5月臨時会[ 配付資料 ]


                 少子・高齢社会対策特別委員会 出席要求理事者名簿




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃         【 府民生活部 】2名         ┃ ┃      【 農林水産部 】2名       ┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┫ ┣━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┫
┃   府民生活部男女共同参画監    │ 長 濱 英 子 ┃ ┃   農村振興課参事    │ 住 谷 康 生 ┃※
┠───────────────────┼─────────┨ ┠──────────────┼─────────┨
┃     男女共同参画課長      │ 荒 田   豊 ┃ ┃   担い手支援課長    │ 出 口 恒 彦 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┛ ┗━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃         【 文化環境部 】1名         ┃ ┃      【 建設交通部 】1名       ┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┫ ┣━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┫
┃      文化政策課参事      │ 森 下   衛 ┃※┃   住 宅 課 長    │ 田 中 政 幸 ┃※
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┛ ┗━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃         【 健康福祉部 】9名         ┃ ┃      【 教育委員会 】2名       ┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┫ ┣━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┫
┃    健康福祉部こども政策監    │ 栗 山 元 伸 ┃ ┃   指導部教育企画監   │ 田 中 太 郎 ┃※
┠───────────────────┼─────────┨ ┠──────────────┼─────────┨
┃   健康福祉部高齢社会対策監    │ 岩 永 美 好 ┃※┃    社会教育課長    │ 丸 川   修 ┃
┃ (地域包括ケア推進プロジェクト長) │         ┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┛
┠───────────────────┼─────────┨ ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  健康福祉部副部長(福祉担当)   │ 藪   善 文 ┃ ┃      【 公安委員会 】2名       ┃
┠───────────────────┼─────────┨ ┣━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┫
┃      高齢者支援課長      │ 岡 本 吉 弘 ┃※┃   生活安全部次長    │ 山 根 弘 行 ┃※
┠───────────────────┼─────────┨ ┃(生活安全企画課長事務取扱)│         ┃
┃      医療企画課長       │ 豊 福 淳 之 ┃※┠──────────────┼─────────┨
┃(あんしん医療制度構築プロジェクト長)│         ┃ ┃    交通部次長     │ 小 林 文 彦 ┃※
┠───────────────────┼─────────┨ ┃ (交通企画課長事務取扱) │         ┃
┃     介護・地域福祉課長     │ 河 島 幸 一 ┃※┗━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┛
┠───────────────────┼─────────┨
┃      こども未来課長      │ 北 島 則 子 ┃
┠───────────────────┼─────────┨
┃      家庭支援課長       │ 佐々木 雅 子 ┃
┠───────────────────┼─────────┨          (5部・教育・公安委員会 計19名)
┃      健康対策課参事      │ 東 中 真 美 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┛                   ※ 新任理事者


        平成24年5月府議会臨時会

       少子・高齢社会対策特別委員会
           報 告 事 項



(健康福祉部)

 ○京都府障害者・高齢者権利擁護支援センターの設置について


               (案)
                          平成24年5月 日


 京都府議会議長 近 藤 永太郎 殿




            少子・高齢社会対策特別委員長 佐 川 公 也




        少子・高齢社会対策特別委員会中間報告書

 平成23年5月府議会臨時会から現在に至るまで、本委員会が調査活動してき
た状況について、別紙のとおり中間報告いたします。

(別紙)

        少子・高齢社会対策特別委員会中間報告書


1 本委員会の設置目的
  少子高齢化を迎えた状況の下、子どもを安心して生み、育てることのでき
 る環境を整備する子育て支援に関する施策及び高齢者が安心して暮らすこと
 のできる長寿社会づくりに関する施策について調査する。

2 本委員会の活動状況
 (1) 委員会の開催について
  ○ 平成23年6月14日、第4委員会室において、関係理事者から所管事項
   に係る事務事業概要及び運営目標について説明を聴取した。
  ○ 平成23年7月6日、第4委員会室において、関係理事者から平成23年
   度アクションプランの検討・推進状況として、「ワーク・ライフ・バラ
   ンス(仕事と生活の調和)推進プラン(仮称)」、「老後も安心して暮ら
   せる地域包括ケアシステム推進プラン〜医療・介護・福祉一体型あんし
   ん社会の構築〜」、「総合リハビリテーション推進プラン」、「介護・福
   祉サービス人材確保プラン」、「未来っ子いきいき応援プラン」、「きょ
   うと不妊治療支援プラン」、「きょうと健康長寿日本一プラン〜がん総
   合対策の推進〜」について説明を聴取した。
    また、「福祉医療制度の見直し」について説明を聴取し、これらに対
   する質疑を行った。
    次に、本委員会の所管事項に係る質疑を行った。
  ○ 平成23年10月5日、第4委員会室において、関係理事者から平成23年
   度アクションプランの検討状況として、「ワーク・ライフ・バランス(仕
   事と生活の調和)推進プラン(中間案)」について説明を聴取し、これ
   に対する質疑を行った。
    次に、本委員会の所管事項に係る質疑を行った。
  ○ 平成23年12月14日、第4委員会室において、関係理事者から平成23年
   度アクションプランの検討状況として、「仕事と生活の調和(ワーク・
   ライフ・バランス)推進プラン(最終案)」について説明を聴取した。
    また、「第6次京都府高齢者健康福祉計画(中間案)」の検討状況、「福
   祉医療制度の見直しに関する第一次提言」、「宇治市における児童虐待
   事件に係る対応状況」について説明を聴取し、これらに対する質疑を行
   った。
    次に、本委員会の所管事項に係る質疑を行った。
  ○ 平成24年3月19日、第4委員会室において、関係理事者から「第6次
   京都府高齢者健康福祉計画(最終案)」、「児童虐待事件に係る外部検証
   委員会の開催」について説明を聴取し、これらに対する質疑を行った。
   次に、本委員会の所管事項に係る質疑を行った。

  ○ 平成24年5月 日、第4委員会室において、___________
   ________________________________
   _________。


 (2) 管外調査の実施について
  ○ 調査日 :平成23年8月2日
    調査先 :株式会社ロック・フィールド(兵庫県神戸市)
    調査事項:女性が安心して仕事に取り組める環境づくり(企業内保育
         室)の取組について
     株式会社ロック・フィールドでは、平成13年に、事業所の一つであ
    る静岡ファクトリー内に保育室を設置し、平成18年には、神戸本社に
    も「元気の木保育室」を設置した。神戸本社の保育施設「元気の木保
    育室」は、定員30名で、現在、一歳半から就学前までの子ども12名が、
    5名の保育士と一緒に一日を過ごしている。「元気の木保育室」は、
    正社員、パートを問わず、従業員であれば利用資格があり、保育士と
    の面談、試し保育を経て、保育室を利用することができるとのことで、
    その取組状況について調査を行った。

  ○ 調査日 :平成23年8月2日
    調査先 :兵庫県立淡路景観園芸学校(兵庫県淡路市)
    調査事項:高齢者福祉に係る園芸療法及び園芸療法士育成について
     兵庫県では、阪神淡路大震災の復興事業を展開していく中で、花と
    緑が被災者に対し大きな心の支えとなった経験を踏まえ、花と緑が持
    つ人を癒す力を活用できる園芸療法士の育成に力を入れている。淡路
    景観園芸学校では、高齢者福祉の観点から、園芸療法と園芸療法士の
    育成に取り組んでおり、その活動状況や園芸療法ガーデンなどの施設
    について調査を行った。

  ○ 調査日 :平成23年8月3日
    調査先 :特定非営利活動法人徳島インターネット市民塾
         (徳島県徳島市)
    調査事項:インターネットを活用した高齢者見守り事業について
     特定非営利活動法人徳島インターネット市民塾では、徳島大学地域
    創生センター等と協働して、ICT機器を使った高齢者見守りシステ
    ム「とくったー」を開発し、平成22年度から運用を始めた。「とくっ
    たー」は、スマートフォン(携帯電話と携帯情報端末機能がついた小
    型端末)を使って、ツイッターなどインターネットサービスを活用し、
    地域のコミュニケーションを活性化させ、高齢者の情報を地域社会が
    共有する仕組を提供しており、その取組状況について調査を行った。

3 本委員会の所管に係る主な動き
 ○ 平成23年6月1日、住み慣れた地域で24時間、365日安心して暮らして
  いける社会を築くために、医療、介護、福祉のサービスを切れ目なく一体
  的に提供する地域包括ケアシステムの実現のため、「京都地域包括ケア推
  進機構」が設立された。
 ○ 平成23年10月1日、認知症の高齢者とその家族が、地域において安心し
  て生活を継続できるよう地域包括ケアの取組として、京都府立医科大学附
  属病院等が認知症疾患医療センターに指定された。
 ○ 平成23年12月1日、在宅で療養している高齢者を対象に、かかりつけ医
  を通じて入院を希望する病院等をあらかじめ登録する「在宅療養あんしん
  病院登録システム」の受付が始まった。
 ○ 平成23年12月20日、「子育て期の多様な働き方モデル創造プラン」を改
  定し、中小企業の取組への支援等を加えた「仕事と生活の調和(ワーク・
  ライフ・バランス)推進プラン」が策定された。
 ○ 平成24年3月23日、平成18年10月の長岡京市事件以降に起こった6件の
  児童虐待事件を検証し、取り組むべき方向性等について外部有識者により
  議論がされた、児童虐待事件に係る外部検証委員会による、「これからの
  児童虐待対応への提言」が取りまとめられた。
 ○ 平成24年3月30日、老人福祉法第20条の9及び介護保険法第118条の規
  定により「老人福祉計画」及び「介護保険事業支援計画」を一体的に定め
  た、「第6次京都府高齢者健康福祉計画」が策定された。

4 残された主な課題
  本委員会の設置目的に掲げられた諸課題について、調査検討を進めた結果、
 解決された課題もあるが、なお引き続き審査及び調査を要する次のような課
 題が残されていると考える。
 ○ 「京都府子育て支援条例」の趣旨に沿った子どもを生み育てやすい環境
  整備の一層の推進
 ○ 「第6次京都府高齢者健康福祉計画」等に基づいた高齢者の健康づくり・
  介護予防及び社会参加の促進
 ○ 「第3次京都府雇用創出・就業支援計画」等に基づく若年者や高齢者の
  就業機会の創出・拡大、地域社会を支える人材の育成・確保及び地域にお
  ける雇用開発等の取組の一層の推進
 ○ 「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)推進プラン」等に基
  づくワーク・ライフ・バランスの実現に向けた取組の一層の推進
 ○ 農山村地域の将来にわたる維持と持続的発展に向けた取組の一層の推進
 ○ 生涯学習環境整備の一層の推進