議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 米原市

平成22年第1回臨時会(第1日 1月20日)




平成22年第1回臨時会(第1日 1月20日)





        平成22年米原市議会第1回臨時会会議録(第1号)





 
1.招集年月日    平成22年1月20日





1.招集の場所    米原市議会議場





1.開 会 開 議  平成22年1月20日   午前11時55分





1.応 召 議 員     1番  北 村 喜代信    2番  谷 田 武 一


              3番  丸 本 義 信    4番  清 水 隆 ?


              5番  松 宮 信 幸    6番  櫛 村 由 雄


              7番  中 野 卓 治    8番  堀 川 弥二郎


              9番  的 場 收 冶   10番  冨 田   茂


             11番  丸 本   猛   12番  岩 ? 文 松


             13番  市 川 照 峯   14番  滝 本 善 之


             15番  吉 川   登   16番  北 村 喜代隆


             17番  鍔 田   明   18番  宮 川 忠 雄


             19番  前 川   明   20番  音 居 友 三





1.不応召議員      な し





1.出 席 議 員    20名





1.欠 席 議 員    な し





1.会議録署名議員    11番  丸 本   猛   12番  岩 ? 文 松





1.地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名


   市長        泉  峰  一


   教育長       ?戸川 恒 雄  政策推進部長     千 代   博


   総務部長      三 原 禎 一  市民部長       平 居  俊一


   健康福祉部長    野一色 義 明  経済環境部長     谷 口 隆 一


   土木部長      藤 本   博  都市整備部長     坂 井 一 繁


   教育部長      中 谷 利 治  土木部主監      中 寺 啓 之


   地域統括監     春 日 敬 三  財政課長       要 石 祐 一


   総務課長      坪 井   修





1.職務のため議場に出席した者の職氏名


   事務局長      林   美津雄  書記         松 田   輝





1.議事日程       別紙のとおり





1.会議に付した事件   別紙のとおり





 平成22年米原市議会第1回臨時会 議事日程 (第1号)


                    


                平成22年1月20日 午前11時55分開議


                      場所  米原市議場


┌───┬─────────┬───────────────────────────────────┐


│ 日程 │議案番号     │件        名                         │


├───┼─────────┼───────────────────────────────────┤


│  1│         │会議録署名議員の指名〔  番    議員.  番    議員〕    │


├───┼─────────┼───────────────────────────────────┤


│  2│         │会期決定について                           │


│   │         │〔自 平成22年  月  日 至 平成22年  月  日〕       │


├───┼─────────┼───────────────────────────────────┤


│  3│         │諸般の報告                              │


├───┼─────────┼───────────────────────────────────┤


│  4│議案第1号    │市長の提案理由の説明+                         │


│   │   〜     │                                   │


│   │議案第8号    │                                   │


├───┼─────────┼───────────────────────────────────┤


│  5│議案第1号    │公の施設における指定管理者の指定について(米原市西部デイサービスセン │


│   │         │ター)                                │


├───┼─────────┼───────────────────────────────────┤


│  6│議案第2号    │公の施設における指定管理者の指定について(米原市勤労青少年ホーム)  │


├───┼─────────┼───────────────────────────────────┤


│  7│議案第3号    │公の施設における指定管理者の指定について(米原市伊吹山文化資料館)  │


├───┼─────────┼───────────────────────────────────┤


│  8│議案第4号    │公の施設における指定管理者の指定について(米原市山東B&G海洋センター  │


│   │         │)                                  │


├───┼─────────┼───────────────────────────────────┤


│  9│議案第5号    │公の施設における指定管理者の指定について(米原市伊吹B&G海洋センター  │


│   │         │、米原市伊吹第1グラウンドおよび米原市伊吹第2グラウンド)      │


├───┼─────────┼───────────────────────────────────┤


│  10│議案第6号    │公の施設における指定管理者の指定について(米原市醒井宿資料館)    │


├───┼─────────┼───────────────────────────────────┤


│  11│議案第7号    │工事請負契約の締結について                      │


├───┼─────────┼───────────────────────────────────┤


│  12│議案第8号    │財産の取得について                          │


└───┴─────────┴───────────────────────────────────┘











               午前11時55分 開会


○議長(音居友三君)


 ただいまの出席議員は、全員であります。


 定足数に達しておりますので、これより、平成22年米原市議会第1回臨時会を開会いたします。


 議員の皆様には、平成22年米原市議会第1回臨時会にご参集くださいまして、まことにご苦労さまでございます。


 今臨時会は、公の施設の指定管理者の指定6件及び、工事請負契約の締結並びに、財産の取得についての議案8件が提案されます。いずれも重要な案件でありますので、慎重なご審議を賜りますとともに、会議が円滑に進行しますようお願い申し上げまして、開会の挨拶といたします。


 ただいまより、市長から招集の挨拶があります。


 泉市長。


○市長(泉峰一君)


 皆さん、こんにちは。


 開会に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。


 本日は、第1回の臨時会を招集させていただきましたところ、議員各位におかれましては、大変ご多用の中ご参集いただきまして、まことにありがとうございます。


 この冬は暖冬の予想でありましたが、12月下旬から寒波が押し寄せました。去る1月7日には、年末からの豪雪により、特に伊吹、山東地域において、市民の生活基盤である主要幹線道路の交通確保が困難となるなど、雪害に対する警戒態勢を強化するための米原市豪雪対策本部を設置いたしました。これと連携して、水源の里推進本部としても、集落支援職員が指定地域である伊吹北部8集落について、高齢者世帯等の安否確認を緊急で行ったところであります。その際は、雪で孤立されるといったことはありませんでしたが、先週も伊吹北部では相当の積雪となっております。


 市では、今後とも雪への警戒を緩めることなく、国・県等関係機関と連携を図りながら、道路除雪をはじめとして、市民生活の確保に全力で取り組んでまいります。


 一方、おかげさまで、スキー場は若者や家族連れでにぎわいを見せており、来月の雪合戦、奥伊吹バトルも4年ぶりに開催することができそうで、私自身も楽しみにしているところです。


 さて、現在、市では、来年度予算編成、当初予算編成の最終詰めを行っているところであります。長引く不況による企業業績の悪化などの影響を受け、歳入の基幹となる市税収入は、昨年10月の予算編成方針段階での見込みからさらに落ち込み、平成21年当初と比較して、約4億8,000万円の減収となる55億円にとどまる見込みであります。地方交付税の増加には期待するものの、県の財政も危機的状況です。このような状況の中、市の来年度予算は相当厳しい編成を強いられており、職員人件費や各種補助金の削減も含め、歳出全般の見直しを行う庁内議論をしてまいりました。


 一方で、私にとりましては、初めての当初予算編成であります。市長就任後、地域に入り、市民の皆さんとさまざまな話をさせていただきました。このような中で、頑張っていただいている市民の方々への補助金等は、一律削減ではなく、説明のできる内容とすべきとの判断をいたしたところでもあります。その結果、来年度については、緊急避難として歳入不足分を市債の増額や基金取り崩しで何とか対処してまいりたいと考えております。


 現在、検討中の幾つか新しい取り組みを申し上げますと、米原市は、来月に合併後5年を迎えようとしているところですが、市民の皆さんの実感では、まだまだ一体感の持てる自治体とは言いにくいようであります。しかし、国では、地域主権が言われているように、これからは、地域が責任を持って地域を運営する時代であります。このことに対して、私は、何度も申し上げております「絆」をキーワードに地域間のつながりを強めることにより、市政の一体感の醸成に努めてまいりたいと思っております。絆には、親子、夫婦、家族、集落、学区、地域などさまざまな形態がありますが、近年、どれも弱まりつつあります。基礎となる親子の絆ということでは、5月の「母の日」、6月の「父の日」は皆様もご存じのとおりですが、7月には「親子の日」があるそうです。水源の里振興策の一環として、現在、水源の里に暮らす親子をテーマに、米原を売り出そうと準備を進めており、米原市からも「親子の日」「親子の絆」を発信していきたいと考えています。


 地域の絆ということでは、集落などしっかりとした絆で結ばれている地域は、地域力があります。この地域力が強いか弱いかによって、地域の発展に大きな差が出てくるものと思っております。この地域力を強化するため、自治会や自主防災組織による「絆マップ」を作成いただき、地域の絆と地域力を強めていきたいと思います。


 このように、来年度は合併5周年を機に、絆をテーマとした市民の結びつきや活動を盛り上げる取り組みを実施していきたいと考えております。


 また、未来の元気につながる山東地域の新グラウンドや近江体育館の建設に、来年度ぜひ着手していきたいと考えるところであります。


 さて、本日の会議では、公の施設における指定管理者の指定に係る案件をはじめ、議案8件についてのご審議をお願いするものでございます。慎重審議の上、適切なご決定を賜りますようお願いを申し上げまして、まことに簡単ではございますが、開会に当たってのご挨拶とさせていただきます。


 よろしくお願いいたします。


○議長(音居友三君)


 市長の召集の挨拶が終わりました。


 ただちに、本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において、11番議員 丸本猛君と、12番議員 岩?文松君の両名を指名いたします。


 日程第2、会期決定の件を議題といたします。


 お諮りします。


 今臨時会の会期は、過日の議会運営委員会において協議の結果、本日1日間といたしたいと思いますが、これに異議ありませんか。


                  (「異議なし」)


○議長(音居友三君)


 異議なしと認めます。


 よって、今臨時会の会期は、本日1日間と決定いたしました。


 日程第3、これより、諸般の報告を行います。


 最初に、議長の服務報告をいたします。報告事項につきましては、全員協議会にて報告のとおりでありますので、説明を省略いたします。


 次に、本臨時会の会議事件説明のため出席を求めた者は、市長、副市長、教育長、各部長、地域統括監、土木部主監、総務課長、財政課長であります。


 以上で、諸般の報告を終わります。


 日程第4、市長より提出の、議案第1号から議案第8号までの議案8件を一括上程し、市長から提案理由の説明を求めます。


 泉市長。


○市長(泉峰一君)


 それでは、提出いたしました議案について、提案理由の説明をさせていただきます。


 議案第1号から議案第6号までの6件につきましては、公の施設における指定管理者の指定について、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決に付すものです。


 議案第1号は、米原市西部デイサービスセンターの指定管理者に、社会福祉法人米原市社会福祉協議会会長 田中博夫を指定することについて。


 議案第2号は、米原市勤労青少年ホームの指定管理者に、タウンルッチ会長 西堀守弘を指定することについて。


 議案第3号は、米原市伊吹山文化資料館の指定管理者に、財団法人伊吹山麓青少年育成事業団理事長 稲村邦夫を指定することについて。


 議案第4号は、米原市山東B&G海洋センターの指定管理者に、株式会社スポーツプラザ報徳代表取締役 安藤博二を指定することについて。


 議案第5号は、米原市伊吹B&G海洋センター、米原市伊吹第1グラウンド及び米原市伊吹第2グラウンドの指定管理者に、財団法人伊吹山麓青少年育成事業団理事長 稲村邦夫を指定することについて。


 議案第6号は、米原市醒井宿資料館(旧醒井郵便局舎)及び川口家住宅(旧醒井宿問屋場)の指定管理者に、醒井区区長 大野耀也を指定することについて、議会の議決に付すものです。


 議案第7号 工事請負契約の締結については、平成20年12月19日に、北川建設株式会社代表取締役 北川正行と締結した米原駅東部土地区画整理事業地内で施工中の丘陵地造成工事(その6)の工事請負契約金額3億2,119万5,000円から2,353万500円を減額し、変更後の工事請負契約金額を2億9,766万4,500円とする変更契約を締結することについて、米原市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決に付すものです。


 議案第8号 財産の取得については、市内各小中学校職員室に設置するパソコン203台を小林事務機株式会社彦根営業所所長 尾杉次郎から2,204万8,950円で購入することについて、米原市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決に付すものです。


 以上、まことに簡略でございますが、提案理由の説明といたします。


 ご審議の上、適切なご決定を賜りますよう、よろしくお願いをいたします。


○議長(音居友三君)


 市長の説明が終わりました。


 これにて、提案理由の説明を終結いたします。


 次の日程に入る前に先立ち、お諮りいたします。


 議案第1号から議案第8号までの議案8件については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思いますが、これに異議ありませんか。


                 (「異議なし」)


○議長(音居友三君)


 異議なしと認めます。


 よって、ただいまの議案8件については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 日程第5、議案第1号 公の施設における指定管理者の指定について(米原市西部デイサービスセンター)を議題といたします。


 提案者の補足説明を求めます。


 野一色健康福祉部長。


○健康福祉部長(野一色義明君)


 議案第1号 公の施設における指定管理者の指定について(米原市西部デイサービスセンター)につきまして、補足説明させていただきます。


 この施設は、デイサービス事業と訪問介護事業を行うデイサービスセンターと高齢者の生きがい活動を行うきらめきステーションから構成される、高齢者福祉及び地域福祉の推進を目的とした施設であります。平成17年4月1日より、社会福祉法人米原市社会福祉協議会を指定管理者として指定していますが、今年度末をもって指定管理期間が満了となります。この間、適正な維持管理がなされてきましたが、公募の原則により、昨年の11月12日から12月11日を募集期間として、新たな期間の施設管理運営者を募集し、候補者選考委員会を開催し、当該施設の指定管理者の候補者として選考いただきました。


 公の施設の所在地及び名称は、米原市朝妻筑摩2483番地米原市西部デイサービスセンター。指定しようとする団体の所在地及び名称は、米原市三吉570番地社会福祉法人米原市社会福祉協議会会長 田中博夫氏であります。指定の期間は、平成22年4月1日から平成27年3月31日までの5年間とするものであります。


 以上、補足説明といたします。よろしくお願いいたします。


○議長(音居友三君)


 これをもって、提案者の補足説明を終わります。


 これより、議案第1号に対し、質疑を求めます。


 質疑はありませんか。


                 (「質疑なし」)


○議長(音居友三君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、質疑を終結いたします。


 これより、議案第1号に対し、討論を行います。


 討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(音居友三君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、議案第1号を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(音居友三君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第1号 公の施設における指定管理者の指定について(米原市西部デイサービスセンター)は、原案のとおり可決されました。


 日程第6、議案第2号 公の施設における指定管理者の指定について(米原市勤労青少年ホーム)を議題といたします。


 提案者の補足説明を求めます。


 中谷教育部長。


○教育部長(中谷利治君)


 それでは、私の方から、議案第2号の米原市勤労青少年ホームに係る、公の施設における指定管理者の指定についての補足説明を申し上げます。


 米原市勤労青少年ホームにつきましては、勤労青少年の健全な育成と福祉に関する事業を総合的に行うため、働く青少年に対し活動の場を提供することを目的とした施設であります。この施設は、平成18年10月より、タウンルッチを指定管理者として指定していますが、このたび、今年度末をもって指定期間が満了となります。勤労青少年ホームにつきましては、引き続き、地域密着型施設として特定指定による指定管理といたしたく、現在の指定管理者に意思確認を行った結果、引き続き、指定管理者の指定を受けたいという趣旨から、指定申請書が提出されました。そこで、候補者選考委員会において申請内容等を慎重に審議いたしましたところ、今までの実績が評価され、指定管理者の候補者として最適であるとの選考結果をいただきました。


 なお、公の施設の所在地及び名称は、米原市志賀谷1907番地の米原市勤労青少年ホームで、指定しようとする団体の所在地及び名称は、米原市志賀谷1510番地のタウンルッチ会長 西堀守弘であり、指定の期間は、平成22年4月1日から平成25年3月31日までの3年間といたしたく、議会の議決をお願いするものであります。


 以上、補足説明といたします。よろしくお願い申し上げます。


○議長(音居友三君)


 これをもって、提案者の補足説明を終わります。


 これより、議案第2号に対し、質疑を求めます。


 質疑はありませんか。


                 (「質疑なし」)


○議長(音居友三君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、質疑を終結いたします。


 これより、議案第2号に対し、討論を行います。


 討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(音居友三君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、議案第2号を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(音居友三君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第2号 公の施設における指定管理者の指定について(米原市勤労青少年ホーム)は、原案のとおり可決されました。


 日程第7、議案第3号 公の施設における指定管理者の指定について(米原市伊吹山文化資料館)を議題といたします。


 提案者の補足説明を求めます。


 中谷教育部長。


○教育部長(中谷利治君)


 議案第3号の、米原市伊吹山文化資料館に係る公の施設における指定管理者の指定についての補足説明を申し上げます。


 米原市伊吹山文化資料館につきましては、伊吹山に抱かれた郷土に関する資料を保存し、その活用を図り、市民文化の向上及び文化財保護思想の普及を図ることを目的とした施設であります。この施設は、平成19年4月より、財団法人伊吹山麓青少年育成事業団を指定管理者として指定していますが、このたび、今年度末をもって指定期間が満了となります。米原市伊吹山文化資料館につきましては、専門的知識を必要とする学芸部門を市の直接業務とし、館の管理運営業務を指定管理者に委ねるという一部指定管理とし、公募による指定管理といたしたく、昨年11月27日から12月18日までを募集期間として、途中、現地説明会の機会を設けながら、指定管理者の公募を行いました。その結果、現在の指定管理者である財団法人伊吹山麓青少年育成事業団1者だけの応募となりました。候補者選考委員会におきましては、今までの成果が評価され、指定管理者の候補者として適正であるとの選考結果をいただいたところです。


 なお、公の施設の所在地及び名称は、米原市春照77番地の米原市伊吹山文化資料館と米原市市場411番地の大原収蔵庫で、指定しようとする団体の所在地及び名称は、米原市春照77番地2の財団法人伊吹山麓青少年育成事業団理事長 稲村邦夫氏であり、指定の期間は、平成22年4月1日から平成27年3月31日までの5年間といたしたく、議会の議決をお願いするものであります。


 以上、補足説明といたします。よろしくお願い申し上げます。


○議長(音居友三君)


 これをもって、提案者の補足説明を終わります。


 これより、議案第3号に対し、質疑を求めます。


 質疑はありませんか。


                 (「質疑なし」)


○議長(音居友三君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、質疑を終結いたします。


 これより、討論を行います。


 討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(音居友三君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、議案第3号を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(音居友三君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第3号 公の施設における指定管理者の指定について(米原市伊吹山文化資料館)は、原案のとおり可決されました。


 日程第8、議案第4号 公の施設における指定管理者の指定について(米原市山東B&G海洋センター)を議題といたします。


 提案者の補足説明を求めます。


 中谷教育部長。


○教育部長(中谷利治君)


 それでは、議案第4号の、米原市山東B&G海洋センターに係る公の施設における指定管理者の指定についての補足説明を申し上げます。


 この施設につきましては、海洋スポーツレクリエーション等を通じて市民の体力向上と豊かな人間性を養い、青少年の健全育成を図ることを目的とした施設であります。この施設は、平成19年4月より、山東B&G育成士会を指定管理者として指定していますが、このたび、今年度末をもって指定期間が満了となります。米原市山東B&G海洋センターにつきましては、公募による指定管理といたしたく、昨年11月12日から12月11日までを募集期間として、途中、現地説明会も設けながら、指定管理者の公募を行いました。その結果、この施設につきましては、2者の応募があり、候補者選考委員会を開催し、慎重審議をいただき、提案内容において優位となりました株式会社スポーツプラザ報徳を指定管理者の候補者として適正であるとの選考結果をいただいたところです。


 なお、公の施設の所在地及び名称は、米原市柏原2293番地1の米原市山東B&G海洋センターで、指定しようとする団体の所在地及び名称は、神奈川県小田原市堀の内458番地の株式会社スポーツプラザ報徳代表取締役 安藤博二氏であり、指定の期間は、平成22年4月1日から平成27年3月31日までの5年間といたしたく、議会の議決をお願いするものであります。


 以上、補足説明といたしますので、よろしくお願い申し上げます。


○議長(音居友三君)


 これをもって、提案者の補足説明を終わります。


 これより、議案第4号に対し、質疑を求めます。


 質疑はありませんか。


 冨田議員。


○10番(冨田茂君)


 すみません。先ほどの全協でもお話はあったんですが、議事録に残しておきたいという立場から2点だけ、質問させていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


 一つは、今回のこのB&G海洋センターの指定管理を公募にされた件についてであります。この海洋センターについて、教育施設という性格がありますし、施設利用の改善で従前のこの育成士会さんが利用増を図ってこられたという観点、それから地域との協働を進めてこられたという観点、それから財団からも高い評価を受けてこられたという観点から、先に議決いただいた勤労青少年ホームのように、非公募の方法ですね、いわゆる特定指定でもよかったと思うのを、どうして公募にされたか、この点について、1点目は質問させていただきます。


 そして、2点目は、そもそも論ではありますが、教育施設を初めて民間の企業に指定管理されたことについて、その指定管理のことをどう考えておられるのか、この2点だけ質問しておきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


○議長(音居友三君)


 中谷教育部長。


○教育部長(中谷利治君)


 自席から失礼をいたします。


 まず、公募にした経緯というふうなお話でございます。この件につきましては、勤労青少年ホームにつきましては、施設の管理及びその管理に要する業務が著しく軽易であるというふうな判断をいたしまして、米原市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例第2条に、非公募にできる場合の特例があります。その特例を該当といたしました。それと、勤労青少年ホームにつきましては、タウンルッチにお願いをしておりますが、このタウンルッチにつきましては、ルッチ大学の卒業生により構成をされております。今後もルッチ大学で学んだ成果を卒業の活動につなげる場として期待がされますことから、特定指定にお願いをするものでございます。


 また、教育施設を指定管理にするのはどうかというふうなお話でございますが、その件につきましては、米原市といたしましては、民間活力を活用するという意味からも、公の施設につきましては指定管理者制度を導入することというふうに基本的に考えております。教育施設につきましても例外ではなく、一部専門性を有する施設以外は、指定管理者制度を導入していきたいというふうな基本的な考え方でおりますので、ご理解をいただきたいというふうに思います。


 以上でございます。


○議長(音居友三君)


 ほかにありませんか。


                 (「質疑なし」)


○議長(音居友三君)


 これをもって、質疑を終結いたします。


 これより、討論を行います。


 討論はありませんか。


 まず、原案反対の討論を許します。


 2番 谷田武一君。


○2番(谷田武一君)


 それでは、原案反対の立場から、討論をいたします。


 議案第4号 公の施設における指定管理者の指定にてついて(米原市山東B&G海洋センター)の指定管理者に、株式会社スポーツプラザ報徳を指定することに反対の立場から、討論をいたします。


 現在、米原市山東B&G海洋センターは、プール、体育館、運動場が一体となっております。そして、季節を問わず、スポーツ少年団から老人まで老若男女が利用している施設でございます。そればかりか、プールのない小学校、柏原小学校・柏原中学校の体育施設として学校の水泳授業に利用している教育施設でもあります。そうして、これを管理している管理者は、地元の人たちが中心となって結成されましたB&G育成士会であります。今までのB&G育成士会の運営を見てみますとき、日々努力をされて、現在では広く地域の人たちに親しまれております。このことは、毎年行われておりますB&G財団の評価でも示され、市から受け継いだときにはBランクの評価であったものが、B&G育成士会が引き継いで2年後、Aランクの評価を受けるまでになり、そうして昨年度、特Aランクの評価を受けるまでに至っております。このような経過を見たとき、なぜ公募にしたのか、不思議でなりません。地元に人たちに利用され、小中学校のプールとしても利用している施設を公募にし、そうして一営利団体に管理を任せることに、私は、教育委員会の常識を疑わざるを得ません。


 地域のために頑張り、高い評価を受けていても、営利業者のためにあっさりと切り捨てられるのであれば、これは単に米原市山東B&G海洋センターだけの問題ではなく、広く米原市内のNPOにとっても、衝撃を持って迎えられることでありましょう。これから、NPOは何を目的に運営をしていけば切り捨てられずに済むのか、全くわからなくなってくるのではないでしょうか。営利を出さないNPOと営利を出して巨額の資金を持っている営利団体が同じテーブルで競争したとき、NPOが負けるのは、はっきりとしていることであります。今後、利益を生み出せる施設においては、すべて営利団体に取って代わられる可能性があり、そうなれば、NPOの今後は、かなり難しいものとなるのではないでしょうか。


 営利団体に指定管理を任せて、本当に地域が活性化し、市民が喜べるのであるのでしょうか。今まで無料で安く利用できた施設がすべて有料となると同時に、使用料金の値上げになれば、市民にとって喜ぶべきことではございません。その点は、本当に大丈夫なのでしょうか。はっきりとした確認をとっておられるのでありましょうか。


 さて、選定理由を見ますと、B&G育成士会は、地元と密着型の運営を行い成果を上げていると書かれております。これは、市の評価であります。このような評価をしているのに、あっさりと捨てられるのはどうしてなのか、非常に疑問であります。


 スポーツプラザ施設は、施設改修を伴う意欲的計画を提示したと書いてあります。この計画がB&G育成士会からスポーツプラザ施設への切り替えであるのなら、非常にナンセンスな話であります。営利団体の会社は。資本があり、営利事業をしているから、お金のかかる計画を出してまいります。営利を求められないNPOが、そんな計画を出せるわけがありません。そんなハンデのあるところで両方を比べること自体、妥当だとは思えないのではないでしょうか。しかも、その計画の実現性に非常に疑問が残ると書かれております。もってのほかではないかと私は思います。その計画がもし実現できないとき、教育委員会はどんな責任をとっていただけるのか、選考委員会の皆さんはどんな言いわけをするのでしょうか。どう考えても、教育に携わる者のやることではないと思われます。


 私は、こんなあいまいな計画を聞いて結果を出すことに賛成することはできません。断固たる反対を表明し、討論を終わらせていただきます。


○議長(音居友三君)


 次に、原案賛成の発言を許します。


 16番 北村喜代隆君。


○16番(北村喜代隆君)


 16番、北村喜代隆でございます。


 議長の指名をいただきましたので、原案賛成の立場で発言をいたします。


 今回の指定管理者の候補者は、遠方すなわち神奈川県小田原市に本社を置いております。また、資本金1億円の株式会社ということですから、営利が目的であります。このことに不安を感じるということは自然なことではないかというふうに思うわけでありますが、皆さんのお手元にある選考委員会の選考結果によりますと、今回の候補者は、審査基準に基づく採点で優位であります。さらに、大胆で意欲的な計画を提案しているということであります。また、選考委員会では、二度にわたる慎重な審議の結果、委員全員の支持が得られたとのことでございますから、このことは、私たちも考慮すべきことではないかというふうに思います。


 今回の候補者の指定は、米原市に新しい風を吹き込む刺激剤になるのではないでしょうか。期待しております。また、柏原地域、そして米原市の活性化につながると確信しております。


 この候補者の提案内容を見ますと、これまで管理を担ってこられました山東B&G育成士会の活動に深い理解を示して、今後は、ともに事業展開していきたいということであります。これまでの事業はそのまま継続され、そして施設の利用料など利用形態も今までどおりということでございます。この候補者であるスポーツクラブ報徳のホームページで確認したのでありますが、静岡県にある2つのB&G海洋センターや市民プールなど、指定管理者として受託している実績は6件あります。指定管理者としての実績は十分あると言えます。このほか、プール監視業務、このことについては神奈川県と静岡県の21校、さらに幼稚園・保育園の水泳指導事業では9園で実施されております。知的障害者水泳指導管理業務は3施設で、このような実績や業務内容を見ますと、私は、米原市に新しい風を吹き込んでくる、こんな期待が湧き上がってくるわけであります。この候補者は、品質マネジメントシステムISO9001の認証を受けております。認証の対象は、スイミングクラブそしてスポーツクラブの企画運営ということですから、山東B&G海洋センターにおいても、高品質で組織的なサービスが期待できるはずであります。教育委員会においては、新たな管理者が育成士会との関係や地元貢献を優先した事業運営をするよう、しっかりとした行政指導をしていただきますことを申し添えまして、原案賛成の討論といたします。


 議員の皆さんにおかれましては、趣旨をご理解いただきまして、ご賛同いただきますようお願いいたします。ありがとうございました。


○議長(音居友三君)


 ほかにありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(音居友三君)


 討論を終結いたします。


 これより、議案第4号を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(音居友三君)


 お直りください。


 起立多数です。


 よって、議案第4号 公の施設における指定管理者の指定について(米原市山東B&G海洋センター)は、原案のとおり可決されました。


 日程第9、議案第5号 公の施設における指定管理者の指定について(米原市伊吹B&G海洋センター、米原市伊吹第1グラウンド及び米原市伊吹第2グラウンド)を議題といたします。


 提案者の補足説明を求めます。


 中谷教育部長。


○教育部長(中谷利治君)


 議案第5号の、米原市伊吹B&G海洋センター、米原市伊吹第1グラウンド及び米原市伊吹第2グラウンドに係る公の施設における指定管理者の指定についての補足説明を申し上げます。


 これらの施設につきましては、海洋スポーツレクリエーション等を通じて、市民の体力向上と豊かな人間性を養い、青少年の健全育成を図ることを目的とした施設であります。これらの施設は、平成19年4月より、財団法人伊吹山麓青少年育成事業団を指定管理者として指定していますが、このたび、今年度末をもって指定期間が満了となります。この施設につきましては、公募による指定管理といたしたく、昨年11月12日から12月11日までを募集期間として、途中、現地説明会を設けながら、指定管理者の公募を行いました。その結果、現在の指定管理者である財団法人伊吹山麓青少年育成事業団1者だけの応募となりました。候補者選考委員会におきましては、今までの成果が評価され、指定管理者の候補者として適正であるとの選考結果をいただいたところでございます。


 なお、公の施設の所在地及び名称は、米原市春照72番地2の米原市伊吹B&G海洋センターと米原市春照77番地1の米原市伊吹第1グラウンド及び米原市春照1852番地の米原市伊吹第2グラウンドで、指定しようとする団体の所在地及び名称は、米原市春照77番地2の財団法人伊吹山麓青少年育成事業団理事長 稲村邦夫氏であり、指定の期間は、平成22年4月1日から平成27年3月31日までの5年間といたしたく、議会の議決をお願いするものであります。


 以上、補足説明といたしますので、よろしくお願い申し上げます。


○議長(音居友三君)


 これをもって、提案者の補足説明を終わります。


 これより、議案第5号に対し、質疑を求めます。


 質疑はありませんか。


                 (「質疑なし」)


○議長(音居友三君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、質疑を終結いたします。


 これより、討論を行います。


 討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(音居友三君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、議案第5号を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(音居友三君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第5号 公の施設における指定管理者の指定について(米原市伊吹B&G海洋センター、米原市伊吹第1グラウンド及び米原市伊吹第2グラウンド)は、原案のとおり可決されました。


 日程第10、議案第6号 公の施設における指定管理者の指定について(米原市醒井宿資料館)を議題といたします。


 提案者の補足説明を求めます。


 中谷教育部長。


○教育部長(中谷利治君)


 議案第6号の、米原市醒井地区資料館に係る公の施設における指定管理者の指定についての補足説明を申し上げます。


 米原市醒井宿資料館につきましては、中山道醒井宿の歴史・文化等に関する資料を収集・保存・展示公開することを目的とした施設であります。この施設は、平成19年4月より、米原市醒井区を指定管理者として指定していますが、このたび、今年度末をもって指定期間が満了となります。この施設につきましては、引き続き、地域密着型施設として、特定指定による指定管理といたしたく、現在の指定管理者に意思確認を行った結果、引き続き、指定管理者の指定を受けたいという趣旨から、指定申請書が提出されました。そこで、候補者選考委員会において申請内容等を慎重に審議いただきましたところ、今までの実績が評価され、指定管理者の候補者として最適であるとの選考結果をいただいたところでございます。


 なお、公の施設の所在地及び名称は、米原市醒井592番地の米原市醒井宿資料館(旧醒井郵便局局舎)及び米原市醒井123番地の米原市醒井宿資料館川口家住宅(旧醒井宿問屋場)で、指定しようとする団体の所在地及び名称は、米原市醒井335番地の米原市醒井区区長 大野耀也氏であり、指定の期間は、平成22年4月1日から平成25年3月31日までの3年間といたしたく、議会の議決をお願いするものであります。


 以上、補足説明といたしますので、よろしくお願い申し上げます。


○議長(音居友三君)


 これをもって、提案者の補足説明を終わります。


 これより、議案第6号に対し、質疑を求めます。


 質疑はありませんか。


                 (「質疑なし」)


○議長(音居友三君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、質疑を終結いたします。


 これより、討論を行います。


 討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(音居友三君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、議案第6号を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(音居友三君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第6号 公の施設における指定管理者の指定について(米原市醒井宿資料館)は、原案のとおり可決されました。


 日程第11、議案第7号 工事請負契約の締結についてを議題といたします。


 提案者の補足説明を求めます。


 坂井都市整備部長。


○都市整備部長(坂井一繁君)


 議案第7号 丘陵地造成工事(その6)の工事請負契約の変更契約締結について、補足説明をさせていただきます。


 この議決をお願いいたします工事は、平成20年第4回定例会におきまして、請負金額3億2,119万5,000円で契約議決をいただき、平成22年3月1日までの工事工期で現在施工している工事でございます。この工事の岩盤掘削におきまして、現場状況に合った岩質と数量に変更を行うものです。この変更する工事は、在来の山肌法面を掘削する岩盤掘削工事で、当初設計で弾性波調査により岩盤線を推定した設計により施工を行いましたが、現場において推定した岩盤線と違うところが出てきましたため、現場の岩盤状況にあわせ、中硬岩と軟岩の当初推定掘削数量を減じるなどの変更と、その他工事の出来高精査により、2,353万500円を減額し、変更請負金額を2億9,766万4,500円とする工事請負契約の変更契約につきまして、この工事請負業者の滋賀県長浜市南高田町6番3号北川建設株式会社代表取締役 北川正行と変更契約の締結をいたしたく、議決をお願いするものでございます。


 以上、補足説明といたします。よろしくお願い申し上げます。


○議長(音居友三君)


 これをもって、提案者の補足説明を終わります。


 これより、議案第7号に対し、質疑を求めます。


 質疑はありませんか。


                 (「質疑なし」)


○議長(音居友三君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、質疑を終結いたします。


 これより、討論を行います。


 討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(音居友三君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、議案第7号を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(音居友三君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第7号 工事請負契約の締結については、原案のとおり可決されました。


 日程第12、議案第8号 財産の取得についてを議題といたします。


 提案者の補足説明を求めます。


 中谷教育部長。


○教育部長(中谷利治君)


 議案第8号 財産の取得についての補足説明を申し上げます。


 財産の取得につきましては、去る1月15日に指名競争入札を執行いたしましたところ、彦根市西沼波町171番地小林事務機株式会社彦根営業所所長 尾杉次郎氏が落札をいたしましたので、金額2,204万8,950円で購入いたしたく、議会の議決をお願いするものであります。取得する財産につきましては、市内の小学校及び中学校の職員室に配備いたします公務用パソコン203台で、先生方に1人1台のパソコンとなるよう整備をするものでございます。


 なお、整備に当たっては、文部科学省の学校情報通信技術環境整備事業費補助金の2分の1の補助金を受け、さらに、その残りの部分を地域活性化経済緊急対策臨時交付金を財源として整備するものです。


 以上、簡単でありますが、提案理由の補足説明といたします。よろしくお願いいたします。


○議長(音居友三君)


 これをもって、提案者の補足説明を終わります。


 これより、議案第8号に対し、質疑を求めます。


 質疑はありませんか。


                 (「質疑なし」)


○議長(音居友三君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、質疑を終結いたします。


 これより、討論を行います。


 討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(音居友三君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、議案第8号を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(音居友三君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第8号 財産の取得については、原案のとおり可決されました。


 以上で、本日の議事日程並びに今期臨時会に付議されました案件の審議はすべて終了いたしました。


 これをもって、平成22年米原市議会第1回臨時会を閉会といたします。


 皆さん、大変ご苦労さんでした。


              午後0時46分 閉会





 本会議録は、真正であることを認め、地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。





   平成22年1月20日





             米原市議会議長     音 居 友 三





             米原市議会署名議員   丸 本   猛





             米原市議会署名議員   岩 ? 文 松