議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 米原市

平成21年第3回定例会(第4日 9月25日)




平成21年第3回定例会(第4日 9月25日)





        平成21年米原市議会第3回定例会会議録(第4号)





 
1.招集年月日    平成21年9月1日





1.招集の場所    米原市議会議場





1.開会開議     平成21年9月25日   午前10時50分





1.応召議員        1番  丸 本   猛    2番  粕 渕   進


              3番  市 川 照 峯    4番  丸 本 義 信


              5番  音 居 友 三    6番  清 水 隆 ?


              7番  北 村 喜代隆    8番  北 村 喜代信


              9番  冨 田  茂    10番  小 川 孝 司


             11番  磯 ?   清   12番  鍔 田   明


             13番  滝 本 善 之   14番  力 石 春 樹


             15番  堀 川 弥二郎   16番  的 場 收 治


             17番  松 宮 信 幸   18番  谷 田 武 一


             19番  前 川   明   20番  吉 川   登


             21番  大 澤   勉   22番  竹 中 桝 夫


             23番  宮 川 忠 雄   24番  中 野 卓 治





1.不応召議員      なし





1.出席議員       24名





1.欠席議員       なし





1.会議録署名議員    17番  松 宮 信 幸   18番  谷 田 武 一





1.地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名


   市長        泉  峰  一   副市長      柴 田 高 丸


   教育長       瀬戸川 恒 雄   政策推進部長   千 代   博


   総務部長      三 原 禎 一   市民部長     平 居  俊一


   健康福祉部長    野一色 義 明   経済環境部長   谷 口 隆 一


   土木部長      藤 本   博   都市整備部長   坂 井 一 繁


   教育部長      中 谷 利 治   土木部主監    中 寺 啓 之


   地域統括監     春 日 敬 三   財政課長     要 石 祐 一


   総務課長      坪 井   修





1.職務のため議場に出席した者の職氏名


   事務局長      林   美津雄   書記       松 田   輝





1.議事日程       別紙のとおり





1.会議に付した事件   別紙のとおり


                    


                平成21年9月25日 午前10時50分開議


                      場所  米原市議場





┌───┬─────────┬───────────────────────────────────┐


│ 日程 │議案番号     │件        名                         │


├───┼─────────┼───────────────────────────────────┤


│  1│         │会議録署名議員の指名〔  番    議員.  番    議員〕    │


├───┼─────────┼───────────────────────────────────┤


│  2│         │指定管理運営業務調査特別委員会委員長報告               │


├───┼─────────┼───────────────────────────────────┤


│ 3 │認定第1号    │委員長報告                              │


│   │   〜     │                                   │


│   │認定第15号   │                                   │


│   │         │                                   │


│   │議案第68号   │                                   │


│   │   〜     │                                   │


│   │議案第77号   │                                   │


│   │         │                                   │


│   │議案第79号   │                                   │


│   │   〜     │                                   │


│   │議案第82号   │                                   │


│   │         │                                   │


│   │議案第86号   │                                   │


│   │         │                                   │


│   │議案第92号   │                                   │


├───┼─────────┼───────────────────────────────────┤


│  4│議案第93号   │追加議案の提案理由の説明                       │


│   │〜        │                                   │


│   │議案第95号   │                                   │


│   │         │                                   │


├───┼─────────┼───────────────────────────────────┤


│  5│議案第93号   │工事請負契約の締結について                      │


├───┼─────────┼───────────────────────────────────┤


│  6│議案第94号   │工事請負契約の締結について                      │


├───┼─────────┼───────────────────────────────────┤


│  7│議案第95号   │工事請負契約の締結について                      │


├───┼─────────┼───────────────────────────────────┤


│  8│         │委員長報告(所管事務調査)                      │


├───┼─────────┼───────────────────────────────────┤


│  9│         │委員会の閉会中の継続審査及び調査の件                 │


└───┴─────────┴───────────────────────────────────┘








               午前10時50分 開議


○議長(中野卓治君)


 ただいまの出席議員は、全員であります。


 定足数に達しておりますので、これより、本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において、17番議員 松宮信幸君、18番議員 谷田武一君の両名を指名いたします。


 日程第2、指定管理運営業務調査特別委員会委員長報告の件を議題といたします。


 先の定例会で付託をしておきました、米原公民館の管理運営業務委託にかかわる事項に関する検査について、指定管理運営業務調査特別委員会委員長の報告を求めます。


 大澤勉君。


○指定管理運営業務調査特別委員会委員長(大澤勉君)


 議長より指名を受けましたので、本定例会で指定管理運営業務調査特別委員会に付託を受けました調査の概要並びに結果について、ご報告を申し上げます。


 ご高承のとおり、当委員会は、去る平成21年6月に開催されました第2回定例会におきまして、指定管理者であります特定非営利活動法人FIELDにおける米原市米原公民館の管理運営業務委託に関する事項について、地方自治法第98条第1項に基づく検査の委任を受け、設置されたものであります。


 そのことから、当委員会では、米原公民館運営所管部局である教育委員会が、地方自治法第244条の2において有します、公の施設の指定管理者の管理監督権限に基づく執行状況に対し検査を行うこととし、指定管理者である特定非営利活動法人FIELDが協定書の趣旨の一部を十分理解されていないままに業務運営が進められていたという状況が見受けられていることから、会計の責任体制の整備の観点による会計処理の状況、出納関係の諸帳簿の整備状況等の事務手続を含め、公の施設の管理運営業務のあり方と、それに伴う適正な公金の取り扱い状況について、検証を行いました。


 当委員会は、設置以降、平成21年6月25日から9月17日までの間、計5回の委員会を開催し、米原公民館の管理運営に関する書類及び管理監督状況の報告を求め、執行当局からは、合計27件の関係書類及び報告の提出がありました。


 米原市では、合併以降、公の施設において、民間の管理運営ノウハウ導入により、さらなるサービスの向上と経費縮減を目指し、積極的に指定管理制度への移行がなされています。


 その結果、平成21年度は4億490万円の予算を投じて、72施設が民間の管理運営に委ねられ、米原市内の4つの公民館についても例外なく指定管理制度が導入され、それぞれ指定管理者による管理運営がなされています。


 今回、検査の対象とした米原公民館においては、平成18年度から指定管理者FIELDが公民館の管理運営業務を行い、平成18年4月1日から平成19年3月31日までは、公募による選定により管理運営を行い、平成19年4月1日から平成23年3月31日までの4年間は、特定による選定を受け、指定管理者として管理運営業務を行うこととなっています。


 米原公民館指定管理料は、平成18年度決算額2,470万円、平成19年度決算額2,562万円、平成20年度決算額2,574万円、及び21年度当初予算額は2,577万円であります。その指定管理運営の中で、当委員会の検証すべきFIELDの不明瞭な米原公民館の会計処理については、平成21年6月23日に公表された監査委員の米原公民館についての意見、要望内での平成20年4月以降の給与に関して、総勘定元帳及び給与明細の合計額と振込金額が不一致となっている。原因は、意図的な経理操作と考えられ、極めて遺憾であるとの指摘でも明らかとされています。


 執行当局からの報告を求め、今回の不明瞭な運営処理として問題が明らかになったことは、1点目、協議決定された事業計画、事業予算案とは異なる人件費流用による未協議委託料の支出。2点目、雇用されていないFIELD理事への賃金支給。3点目、未協議の委託料支出及び理事への賃金支出を会計帳簿上記載せず、当支出額を職員給与に加算して給与支給したかのように処理した会計帳簿操作の、以上、3点であります。


 現在は、各従業員の実給与支払額に合わせた給与台帳、総勘定元帳に修正し、また、不明瞭な支出としてFIELDの判断の中で、月額25万円かける11カ月分の会計業務、事業コンサル委託料と、月額15万円かける11カ月分の理事賃金の計440万円が、公民館通帳に繰戻入金され、当資金は、一時的な精算科目「仮払金」として処理が行われています。


 この問題が生じた要因として、指定管理を行う上で重要な締結事項である基本協定、年度協定に基づく的確な行政指導及び指定管理者の協定内容不理解による締結事項不履行と行政指導の軽視など、双方の努力不足、理解不足が挙げられます。


 まなび推進課が、協定違反をしたFIELDに対して、不適切な委託料支出について、毅然とした対応による明確な適正会計処理方法を指導せず、人件費に戻すことでいいのではないか、というあいまいな指導を行ったことにより、相互理解の相違が生じ、FIELD側が委託料を人件費から支出したように帳簿処理のみをすればよいという理解をしたことが、問題の生じた要因の一つと考えられます。


 しかしながら、公民館の運営管理会計の業務は、法人としてのFIELD及び職員が本来持ち得る資質と理解され、指定管理者として適切と判断されたものであり、当然、FIELD職員による内部業務であることからも、当業務を執行する職員の人件費で対応すべき業務であるにもかかわらず、そのことが理解できず、指導に従わないFIELD側に大きな問題があることは明確であり、指定管理者としての適正運営を可能とする組織体制、体質への改善が求められると考えます。


 人件費流用による委託料支出及び雇用されていないFIELD理事への賃金支給については、未協議による支出であるため、協定違反であるといえるとともに、委託料のうち、コンサル会計業務委託料は、本来、指定管理者内公民館職員が持ち合わせる支出の中で行われるべき業務であることから、委託料支出は認められるものではなく、他の委託料については認められるものかどうかを十分精査の上、不適切な委託料支出については、返還を求めるべきであります。


 雇用されていないFIELD理事への賃金支給については、議論の余地はないものです。


 また、21年度の人件費についても、昨年の予算査定時に協議された事業計画書、事業予算案の積算基礎となる職員個々の給与月額以上の給与月額が支給されており、それについても不明瞭と言わざるを得ないため、再度調査の上、不適切な支出であれば、返還対象とすべきであると考えます。


 総務省が示した指定管理制度の目的である、多様化する住民ニーズにより効果的・効率的に対応するため、公の施設の管理に民間の能力を活用しつつ、住民サービスの向上を図るとともに、経費の節減を図ることに基づき、多くの自治体が指定管理制度への導入を図り、導入に当たっては、指定管理者制度への移行が3年間という限られた期間といった実情も重なり、公の施設のあり方の十分な検討がなされることのないまま、指定管理制度への導入が進められたことは、米原市においても例外ではないと考えます。


 また、指定管理者制度は、公の施設の管理運営を指定管理者に丸投げする制度ではなく、指定管理者の指定に際し、その指定管理者を選択した自治体の説明責任が問われると同時に、指定管理者が条例違反や契約違反などの不適切な対応をした場合などについて、それらの行為に対しては、自治体の監督責任や指導責任などが生ずることとなり、あくまで自治体は、施設の設置者としての責任を負っていることは、忘れてはなりません。


 つまり、指定管理者制度では、自治体と指定管理者がそれぞれ果たすべき責任と役割を負っているというべきであります。


 このことから、条例違反や契約違反などを犯す不適切な指定管理者である場合、指定期間未満了の年度途中の指定解除を視野に入れなければなりませんが、年度途中の指定解除は、住民サービスへの影響が多大であるため、行政当局のフォローや補完体制を考える必要があります。


 行政当局のフォロー体制も含め、公の施設のあり方、住民サービスのあり方という基本に立ち返った中で、いま一度、指定管理者制度のあり方についての十分な検討をしていく必要があります。


 以上のようなことから、委員会では、お手元に配付させていただきましたとおり、執行当局に対し、1、特定非営利活動法人FIELDの体制・体質改善について。2、指定管理者に対する的確な行政指導について。3、不適切な支出の返還について。4、指定管理者制度のあり方について。


 以上の4項目について、書面をもって提言することを全会一致で決定し、提言書の提出を行った次第であります。


 さらに、FIELDにおかれましては、当委員会の提言による執行当局の指導に基づき、総会を開催され、新たな執行体制へと役員刷新を断行される努力をいただきましたことをご報告を申し上げます。


 最後になりましたが、当委員会の活動にご協力をいただきました委員各位をはじめ、関係機関各位、並びに関係職員の皆様に対し、心から感謝を申し上げます。


 以上、調査経過の詳細は、議長に提出いたしております委員会報告書をご確認いただきますようご案内申し上げ、簡略ではありますが、付託を受けておりました調査のすべてを終結しましたことのご報告とともに、指定管理者運営業務調査特別委員会よりの調査経過と結果のご報告といたします。


○議長(中野卓治君)


 ただいまの委員長報告に対し、質疑はありませんか。


                 (「質疑なし」)


○議長(中野卓治君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、質疑を終結いたします。


 ただいまの委員長報告により、指定管理運営業務調査特別委員会の事務検査については、検査を終了したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


                 (「異議なし」)


○議長(中野卓治君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、指定管理運営業務調査特別委員会の検査は、委員長報告をもって終了することに決定いたしました。


 委員の皆さん、大変ご苦労さんでございました。


 日程第3、次に、去る9月1日の本会議において、決算特別委員会及び各常任委員会に付託しておきました認定第1号から認定第15号、議案第68号から議案第77号、議案第79号から議案第82号、及び議案第86号並びに議案第92号の議案31件を一括して議題といたします。


 ただいま、議題といたしました各議案につきまして、それぞれの委員会での付託案件の審査経過と結果につきまして、各委員長からご報告をお願いいたします。


 まず、決算特別委員長よりお願いいたします。


 北村喜代隆君。


○決算特別委員長(北村喜代隆君)


 7番、北村喜代隆でございます。


 議長に指名いただきましたので、決算特別委員会に付託を受けました議案の審査の結果について、ご報告申し上げます。


 付託議案審査のため当委員会は、今定例会初日に議案を付託されて以来、各自が調査を行い、9月8日、9日、10日の3日間にわたり、山東庁舎第1委員会室で委員会を開催、歳入予算の確保状況、歳出予算の執行状況、各事業の成果状況等について、慎重審査を行いました。


 審査期間中は、10名の委員出席のもと、職務出席として議長、局長の出席、そして市長はじめ副市長、教育長、担当部長等関係職員の出席を求めました。


 当委員会に付託を受けました議案は、次のとおりであります。


 認定第1号 平成20年度米原市一般会計歳入歳出決算認定について。


 認定第2号 平成20年度米原市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について。


 認定第3号 平成20年度米原市国民健康保険直営診療所事業特別会計歳入歳出決算認定について。


 認定第4号 平成20年度米原市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定について。


 認定第5号 平成20年度米原市老人保健医療事業特別会計歳入歳出決算認定について。


 認定第6号 平成20年度米原市後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算認定について。


 認定第7号 平成20年度米原市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について。


 認定第8号 平成20年度米原市流域関連公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について。


 認定第9号 平成20年度米原市土地取得事業特別会計歳入歳出決算認定について。


 認定第10号 平成20年度米原駅東部土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定について。


 認定第11号 平成20年度米原市工業団地造成事業特別会計歳入歳出決算認定について。


 認定第12号 平成20年度米原市住宅団地造成事業特別会計歳入歳出決算認定について。


 認定第13号 平成20年度米原市駐車場事業特別会計歳入歳出決算認定について。


 認定第14号 平成20年度米原市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について。


 認定第15号 平成20年度米原市水道事業会計決算認定について。


 以上、一般会計及び特別会計13事業の歳入歳出決算認定、そして、企業会計であります水道事業会計決算認定、合わせて15件であります。


 決算状況は、まず、一般会計の決算は、歳入総額206億980万4,000円、歳入総額198億7,868万2,000円で、歳入歳出を差し引いた収支額は7億3,112万2,000円でした。翌年度に繰り越すべき財源の1億6,696万6,000円を控除した実質収支額は5億6,415万6,000円の黒字となります。


 続いて、特別会計13事業の会計決算は、歳入総額158億7,789万3,000円、歳出総額115億7,614万8,000円で、歳入歳出を差し引いた収支の総額は3億174万5,000円でした。翌年度に繰り越すべき財源1億6,874万4,000円を控除した実質収支額は1億3,300万1,000円の黒字となります。


 企業会計の水道事業会計決算は、収益合計6億7,881万5,453円、費用合計4億5,686万36円でした。収益合計から費用合計を差し引いた余剰金2億2,195万5,417円につきましては、これを減債積立金とするという説明がございました。


 このような決算状況を踏まえまして、執行部より、各議案の詳細な説明を受けた後に、質疑や意見を求めたところ、委員から各般にわたる質疑や意見が出されました。


 その後、討論を求め、続いて採決を行いました。


 すべての議案で、討論はございませんでした。


 採決については、次のとおりであります。


 賛成多数は、認定第1号 一般会計、認定第7号 農業集落排水事業特別会計、認定第9号 土地取得事業特別会計、認定第10号 米原駅東部土地区画整理事業特別会計、認定第11号 工業団地造成事業特別会計の5件で、そのほかは、総員賛成でございました。


 以上により、予算の執行、財産の管理及び基金の運用は、おおむね適正になされているものと認められるため、認定第1号から認定第15号までの決算認定について、当委員会では、いずれも認定すべきものと決しました。


 なお、当委員会における指摘要望事項として、まず、歳入についてであります。


 本市では、地方交付税は増額となっておりますが、自主財源である市税は減収であります。主要財源である市税などの未収金回収につきましては、組織的な対応強化の努力を評価いたします。


 しかし、未収金の額は、社会情勢からか、増加の傾向になります。市税は、歳入に占める割合が最も大きい自主財源でございます。収入確保と税負担の公平性確保のためにも、より一層の収益率向上を求めます。


 また、滞納額も増加していることから、適切な納税指導や滞納者への働きかけを要望いたします。


 次に、歳出では、より一層の経費削減に努力していただきたい。さらに、事業成果を検証して、効果が上がっていない事業を廃止するなど、緊急性、必要性、また費用対効果を十分検討しての執行とすること、不用額については、経費の削減によるもの以外は適時、適切な予算措置を行い、縮減することを求めます。


 20年度決算額は、合併特例債充当事業としての「地域の絆でまちづくり基金積立」などで増えております。合併特例債につきましては、県内合併団体と比べますと、発行ペースがおよそ2倍ということでございます。合併特例債の上限額からすると余裕があるものの、次の世代に負債を送るということですから、十分な注意を求めたいということです。


 また、普通交付税の増額や経費削減などによって、経常収支比率や単年度実質公債比率は改善されているものの、まだまだ高い水準ですから、引き続き健全な財政運営に努めていただきますことを求めていきたい。


 以上をもちまして、決算委員会の委員長報告といたします。


 3日間にわたりまして、慎重審査いただきました委員各位と執行部の皆さんのご尽力に厚く感謝を申し上げます。


 なお、議員各位におかれましては、慎重なる審議を賜りまして、ご承認いただきますよう、よろしくお願いいたします。


 以上でございます。


○議長(中野卓治君)


 ご苦労さまでした。


 次に、総務常任委員長よりお願いいたします。


 大澤勉君。


○総務常任委員長(大澤勉君)


 議長より指名を受けましたので、本定例会で総務常任委員会に審査の付託を受けました議案の審査経過と結果について、ご報告を申し上げます。


 受託案件審査のため当委員会は、去る9月14日、17日の両日にわたり委員会を開催いたしました。


 委員出席状況は、14日、総員出席。17日は、1名欠席により7名出席であり、職務出席として両日、議長、局長が出席し、提案説明のため、市長、副市長、教育長及び案件所管部長ほか関係職員の出席を求め、さらに委員外議員の傍聴をいただく中で委員会を開催し、慎重審査を行いました。


 本定例会におきます当委員会への付託案件は、議案第68号 平成21年度米原市一般会計補正予算(第3号)中、総務常任委員会の所管に属する事項、議案第79号 米原市税条例の一部を改正する条例について、議案第86号 湖北広域行政事務センターを組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についての3議案であります。


 まず、14日の審査状況でありますが、定足数確認後、直ちに開会を宣言し、各議案ごとに上程する中で、執行当局より詳細説明を受けた後、質疑を求め、各委員から各議案に対し、さまざまな質疑が展開されました。


 結果、議案第68号、議案第79号につきましては、質疑終結後の討論はなく、議案第68号は総員賛成、議案第79号は賛成多数で、いずれも原案のとおり可決すべきとの結果を得、審査を終結いたしました。


 次に、議案第86号の審査でありますが、本案は、湖北広域行政事務センターを構成する市町について、現行は2市3町でありますが、来年1月1日に、長浜市ほか6町が合併されますことから、構成が2市となり、そのことからの議員定数の改正、12月31日で解散される伊香郡衛生プラント組合の事務の承継を目的とした改正案であります。


 委員会の審査中、伊香郡衛生プラント組合の事務承継に関し、米原市及び新長浜市の施設運営経費の負担計画が明確でないことから、その計画を明確にするよう意見をし、その手続結果をもって審議すべきとの結果から、継続審査とし、散会いたしました。


 所管部局では、閉会中に湖北広域行政事務センターに継続審査とした要因を伝達し、さらに、現行の米原市の負担が増加することのないよう申し出がなされ、所管部局及びセンター管理者から、長浜市に対し、米原市の見解が伝えられ、合併により包含される伊香郡衛生プラント組合の各施設の運営経費は、新長浜市の負担とすることの確認がなされました。


 そのことから、17日に委員会を再開し、湖北広域行政事務センターの管理者ほか関係職員を委員会に招聘し、負担計画の確認を行い、審査いたしました。質疑終結後の討論はなく、採決の結果、賛成多数で、原案のとおり可決すべきとの結果を得た次第でありますが、執行当局におかれましては、負担割合などの協定を早急に達成されるべきであり、条例提案の不備を指摘せざるを得ません。


 主な質疑、答弁内容につきましては、議長に提出いたしております委員会報告書をもって省略させていただきますので、ご理解いただきたいと存じます。


 なお、閉会中も継続して所管事務調査を行うことを総員賛成により決定し、その旨、議長に申し出いたしましたことをご報告いたします。


 以上、まことに簡略ではありますが、総務常任委員会において慎重審査を行いました、付託案件に対します審査結果と委員会審議内容についてのご報告を申し上げ、委員長報告といたします。


○議長(中野卓治君)


 ご苦労さまでした。


 次に、教育民生常任委員長よりお願いいたします。


 丸本義信君。


○教育民生常任委員長(丸本義信君)


 教育民生常任委員会の報告をいたします。


 9月の定例議会におきまして、本委員会に付託を受けました議案の審査につきましてのご報告であります。


 委員会は、9月の15日9時半から14時50分まで審査をいたしました。


 出席委員は、全員であります。欠席委員及び一般傍聴、議員傍聴はありませんでした。職務出席として、林事務局長をお迎えいたしております。説明を求めました職員は副市長、教育長及び所管の3部8課の職員の皆様であります。3部につきましては市民部、健康福祉部、教育部であります。その他としまして、東部及び山東給食センター長、近江図書館長、市民交流プラザ館長の説明員の出席を求めております。


 審査内容につきましては、補正予算、一般会計及び特別会計を含めまして6議案であります。条例の一部改正につきましては、3議案であります。


 定足数に達しておりましたので、すぐに委員会を開催いたしまして、説明員の説明のもと、委員の皆さんのご意見及びご質問に基づきまして、審査を開始いたしました。


 詳細な審査内容につきましては、委員条例の74条に基づきまして、議長に報告をしておりますので、ここでは省略をさせていただきますので、ご理解を賜りたいと思います。


 審査の結果につきましては、議案第68号 平成21年度米原市一般会計補正予算(第3号)につきましては、当所管の審査に関する事項につきましては、賛成多数により、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第69号 平成21年度米原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、総員賛成により、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第70号 平成21年度米原市国民健康保険直営診療所事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、総員賛成により、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第71号 平成21年度米原市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、総員賛成により、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第72号 平成21年度米原市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、総員賛成により、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第73号 平成21年度米原市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、総員賛成により、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第80号 米原市国民健康保険税条例の一部を改正する条例につきましては、賛成多数により、原案のとおり可決すべきものと決しました。なお、反対討論が1件あります。


 議案第81号 米原市国民健康保険条例の一部を改正する条例につきましては、総員賛成により、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第82号 米原市放課後児童クラブ条例の一部を改正する条例につきましては、総員賛成により、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 付託を受けました議案につきましては、全議案、原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。


 以上によって、審査内容の報告を終わります。


 議員の皆さんの適切なるご判断をお願いをしたいと思います。


 なお、当委員会の閉会中の審査につきましては、所管の事項の審査ということで議長に報告を申し上げておきました。


 委員会の内容としては、以上であります。


○議長(中野卓治君)


 ご苦労さまでした。


 次に、産業建設常任委員長よりお願いいたします。


 松宮信幸君。


○産業建設常任委員長(松宮信幸君)


 それでは、議長よりご指名を受けましたので、本定例会で産業建設常任委員会に審査の付託を受けました諸案件の審査経過と結果につきまして、ご報告を申し上げます。


 付託を受けました諸案件の審査のため、委員会は、去る9月16日、全委員出席のもと、委員会を開催いたしました。職務出席といたしまして議長、局長が出席、提案説明のため副市長、教育長及び所管部長ほか関係職員の出席を求め、慎重審議を行いました。


 本委員会に付託されました議案は、議案第68号 平成21年度米原市一般会計補正予算(第3号)中、産業建設常任委員会の所管に属する事項について。


 議案第74号 平成21年度米原市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)について。


 議案第75号 平成21年度米原市流域関連公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)について。


 議案第76号 平成21年度米原駅東部土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)について。


 議案第77号 平成21年度米原市水道事業会計補正予算(第2号)について、及び議案第92号 市道の路線認定についての6件であります。


 当委員会は、定足数確認後、直ちに開会を宣言し、議案ごとに当局より詳細説明を受けた後、各議案におきまして、各委員より質疑が行われ、多数の質疑応答がありましたことを申し添えておきます。


 各議案の質疑終結後に求めた討論では、各議案とも討論はなく、その後行った挙手による採決の結果は、議案第68号、議案第76号、議案第77号については賛成多数をもって、その他のすべての議案は原案に総員賛成であり、いずれの議案も、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 また、閉会中も継続して事務調査を行うことを総員賛成により決定をし、その旨、議長に申し出いたしましたことをご報告申し上げます。


 以上、まことに簡略ではございますが、産業建設常任委員会に付託を受けました案件に対します委員会審議経過と審査結果についての委員長報告といたします。


 どうぞよろしくお願い申し上げます。


○議長(中野卓治君)


 ご苦労さまでございました。


 以上で、決算特別委員会及び各常任委員会における付託議案の審査経過と結果につきましての委員長報告が終わりました。


 これより、各委員長報告に対する質疑に入ります。


 まず、決算特別委員長報告に対する質疑はありませんか。


                 (「質疑なし」)


○議長(中野卓治君)


 質疑なしと認めます。


 次に、総務常任委員長報告に対し、質疑はありませんか。


                 (「質疑なし」)


○議長(中野卓治君)


 質疑なしと認めます。


 次に、教育民生常任委員長報告に対し、質疑はありませんか。


                 (「質疑なし」)


○議長(中野卓治君)


 質疑なしと認めます。


 次に、産業建設常任委員長報告に対し、質疑はありませんか。


                 (「質疑なし」)


○議長(中野卓治君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、質疑を終結いたします。


 次に、認定第1号 平成20年度米原市一般会計歳入歳出決算認定についてに対する討論はありませんか。


 まず、原案反対の発言を許します。


 9番 冨田茂君。


○9番(冨田茂君)


 9番、冨田です。


 議長の指名をいただきましたので、私は、日本共産党米原市議団を代表して、平成20年度一般会計認定に反対の立場から、討論に参加します。


 20年度予算では、創造から成長へ向かう「田舎都市まいばら成長予算」と命名され、一般会計で昨年比13%伸びの192億円の予算編成となりました。そして、選択と集中に徹するとして、米原駅周辺整備事業への重点的予算配分が進められてきたところであります。しかし、結果的には、米原駅東口周辺まちづくりのプロポーザル支援事業については、7月に民間企業からの事業進出提案の公募を開始しましたが、経済的環境の悪化から、募集時期を延期せざるを得なくなっています。こうした時期だからこそ、湖北の玄関口といわれる米原の駅前広場活用については、企業任せでなく、市自らがもっと主体性を持って取り組むべきではないでしょうか。また、保留地処分が全体の15%しか進んでいなく、今後の土地売却には一層の努力を求めるものであります。


 米原駅東自由通路関連事業については、今年3月に、市の通路として供用開始がされました。しかし、市が全額費用を負担しているにもかかわらず、市内の特産品の販売すら許されないJRの横暴、これには強く抗議等申し入れをさらに重ねていただきたいと思いますし、加えて、この工事が鉄道関連事業者に随意契約で行われ、積算根拠の事前提示も行われていません。このことは、全国的な課題とはいうものの、多くの関連自治体と共同して、こうした特権的な体質を打ち破っていただきたいと思います。


 米原駅の関連事業として、米原南工業団地造成事業については、計画どおりに造成工事が完了し、年度末の3月に滋賀県土地開発公社から工業団地を取得しました。この事業の目的は、成果報告書に書いてますように、効果的な物流業務の実現により、CO2の環境負荷を低減するとあります。しかし、その大もとであるJR貨物ターミナルが、平成23年度末に完成する見通しは立っていないではないですか。SILC構想の売り物であるCO2の削減にしても、今度できました新しい政権では温室効果ガスを2020年までに25%削減していると公約しており、そういうことからしても、今行われている事業が必要な事業かもしれませんが、米原市の試算でも、鉄道輸送では年間6万トン、トラック輸送での軽減は3,400トンであり、18倍の開きがありますので、JR貨物との連携ができるまでは、ほとんどこのCO2の削減効果はありません。


 また、敦賀港からの物資にも期待を寄せておられますが、敦賀港駅が中止されて以降の動きとして、敦賀港多目的国際ターミナルの2010年中の開港にあわせて貨物取扱量が増え、今までのトラック輸送ではCO2の排出量が多くなるために、貨物駅舎を改修して、船からの貨物を列車に積み替えて、関西中京地区へ輸送する計画が今進んでいると聞いてます。


 このことからも、もっと貨物ターミナルの状況を慎重に見極めて事業を進めるべきではなかったのかとの指摘をしておきたいと思います。


 工業団地への取付道路は、県道側と国道側からの2本予定されていますが、現在の国道8号からの取り付けの方については、交通量が今後、国道8号バイパスの方に移行することを考えれば、旧の国道8号の方から取り付けることについて、これを強行することは無駄な公共事業になることを指摘しておきたいと思います。


 次に、人権施設管理運営事業について、指定管理された3館の事業費の決算における執行率が全体で5,720万円もの予算に対して100%であるということに疑問を持ちます。成果報告書を見る限り、指定管理を受けている他の事業やその他の予算でも執行率100%というのは、見当たりません。いろんな事業に取り組んでいる3館が、なぜ揃って執行残が出ないのか。監査の指摘にもある米原市人権教育推進協議会活動事業補助金の予算流用が多いこととあわせて、所管課としての管理監督責任を果たしていただきたいと思います。


 また、一色区では、新たに自治会会館を建設し、人権総合センターに依拠することをやめるという新しい動きもあり、この際、3館の運営を私たち主張してます、同和施策を終了させ自立したまちづくりを進める立場から、根本的に見直すことが必要ではないでしょうか。


 資源循環型社会の構築を目指す施設として設置されましたコンポストセンターの稼働率は、平成20年度末に至っても39%の低さとなっています。


 旧伊吹町時代に計画された施設とは言え、現在は米原市の施設であり、市有地の除草作業で発生した草を産廃として高い費用で民間業者に処理を任せるのではなく、同センターを利用して稼働率を引き上げるべきです。また、市内の給食施設の残飯も当然にここで処理すべきではないでしょうか。


 私、その後、少し聞いたんですが、なお今年度に入りまして、一定の改善努力が行われており、市有地の雑草については、すべて今年度からコンポストセンターの方で処理できるようになったとか、あるいは給食の残飯についても、新しくできた東部給食センターの方から行って、そちらの方に受け入れていくということに努力されてきているらしいんですが、それでもまだ50%程度ということで聞いております。


 受け入れる側は100%できるということですが、受け入れの環境がなかなか難しいという当局の説明であります。この点については、一層の努力をお願いしたいということを指摘しておきたいと思います。


 また毎年、私、指摘してきました「中学生の海外派遣事業」については、20年度は実施されましたが、今年度は見送られています。今後、この費用については、この間、半分に削減されてきました修学旅行の補助金をもとに戻すためにぜひ使っていただきたいと思います。


 また、徴収事務関係、農林関係、開発関係などの事務の執行率が低いところが見受けられます。原因は、当然いろいろあると思いますが、基本的には職員定数が行財政改革の目標よりも早く進行し、人員不足があちこちで深刻化してきていることも一因ではないかと考えています。


 職員が、日々の日常業務に忙殺されていることが恒常化すれば、結果的にも、よい仕事も望めないし、健康管理上も問題となります。また、職員のモチベーションも下がるのではないかと思います。正規の職員で適正な職員配置ができる人員増を要望します。


 私たち日本共産党、雇用は正社員が当たり前の社会、同じ労働には同じ賃金と休暇が保障される、こういったヨーロッパでは当たり前のルールある経済社会、これをつくっていくために、行政がまず先頭を切って、そういう方向で頑張っていただきたい、このことも申し上げておきたいと思います。


 最後になりますが、平成20年度は、4月から後期高齢者医療制度が開始された年度でもあります。75歳以上の高齢者約1,300人を無条件に各種保険から追い出し、高齢者だけの医療制度に加入させ、際限のない負担増と差別医療を押し付けるという実態が明らかになり、新しい政権では、この廃止を公約しました。障害者自立支援法も廃止の方向で、今、厚生労働大臣が言明してます。生活保護の母子加算の復活など、こういった問題、今の地方自治体が主体となって直接関与する施策が大きく変わる時代となりました。新たな激動も予想されますが、職員一丸となって、希望ある米原市づくりを進めていただくことを希望しながらも、今まで述べたことや、平成20年度予算で反対討論した内容が決算に生かされていないため、本決算認定に反対することを表明しまして、討論を終わらせていただきます。


○議長(中野卓治君)


 次に、原案賛成の発言を許します。


 20番 吉川登君。


○20番(吉川登君)


 20番、吉川です。


 今、反対の討論がございましたけれども、私は、平成20年度各会計歳入歳出決算に対しての決算委員長の報告に賛成する立場で、意見を述べさせていただきます。


 先に、委員長が報告しましたように、決算は黒字です。このことは、20年度決算状況の各科目を見ても、どの科目でもマイナスはございません。過去においては、予算を残すと次年度の予算配分が削られるということで、何か使い切ってしまう、いわゆる執行率100%が最良ということで取り組まれてきた時代があります。でも、今日的には、無駄を省き透明で効率的な予算執行、そして行政改革の精神が職員に浸透してきた成果と評価できると思っています。


 日常の努力。しかし、一部には確かにご指摘のあるように、過剰な計算によることによっての予算の不用額が出ている部分もありますけれども、総体的には、やはり、この黒字というのが不用額として皆さんの努力で決算時に現れてきたんじゃないでしょうか。こうした取り組みの結果が、20年度の事業に対しての予算執行での決算として決算委員会で報告をされ、審議をしてまいりました。


 今、委員長に対して反対の意見がなされておりますが、その中で、確か米原駅口の開発整備計画、それから自由通路、それから南工業団地、いわゆるシルク、それから人権対策、それからコンポスト事業、それから職員の適正化等々反対の項目を言われましたけれども、私は、これは政策的観念から反対をされているように受け止めさせていただきました。


 当委員会といたしましても、委員長報告の中で、決算委員会として今後なすべき要望は、総合的に行政側に指摘をしております。特に、市の財政指数は、県下13市の中で12番目です。これは、19年度決算時の資料ですので、20年度では若干の改善が図られているかもしれませんが、このように非常に悪い指数です。指数は、言いますと0.62。1に近づけば近づくほど、財政は豊かになります。こういう低い状況も、やはり認識をしておくべき必要があろうと思っています。


 そして、反対される諸問題の取り組みは、次期予算委員会等で当然反映させていくということは、私は何も否定はいたしません。ですが、これまでの各種の委員会等々で行政当局の回答として、今後の取り組み等々で、米原の東口の開発事業計画等では、過去の補正時に、今後は事業費の拡大はない、そして、事業は速やかに期限内に終結をしていくと言われています。それから、コンポストの取り組みについても、先ほど言われましたけれども、運営の改善を示唆をするという回答もされています。そして、人権対策に対しても、担当部局が指摘を受け、正常な運用を今後はしていくと回答をしています。職員の適正化は、確かに心配な点でございます。過剰な削減がありますけれども、これも来年度の職員は、職員適正化計画に沿った職員確保に努めていくと明言をされています。しかしながら、米原市の100人当たりの職員数を他の市と比べると、県下13市の中で2番目に多い職員数です。これは、見過ごすことのできない点であろうとは思っています。


 しかしながら、私は、総合的に20年度決算は、財政健全化に向けて行政が行政改革をはじめ総合的な市政運営に取り組み、20年度の決算として数値で示され、その取り組みの成果として20年度の一般会計、特別会計とも黒字となっています。


 委員長の報告にありますように、私は、この決算報告に対して、賛成をするとともに、各議員の賛同をお願いをし、私の意見とさせていただきます。


○議長(中野卓治君)


 ほかに討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、認定すべきものとの報告であります。


 認定第1号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立多数であります。


 よって、認定第1号 平成20年度米原市一般会計歳入歳出決算認定については、委員長報告のとおり認定されました。


 次に、認定第2号 平成20年度米原市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定についてに対する討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、認定すべきものとの報告であります。


 認定第2号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員であります。


 よって、認定第2号 平成20年度米原市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定については、委員長報告のとおり認定されました。


 次に、認定第3号 平成20年度米原市国民健康保険直営診療所事業特別会計歳入歳出決算認定についてに対する討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、認定すべきものとの報告であります。


 認定第3号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員であります。


 よって、認定第3号 平成20年度米原市国民健康保険直営診療所事業特別会計歳入歳出決算認定については、委員長報告のとおり認定されました。


 次に、認定第4号 平成20年度米原市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定についてに対する討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、認定すべきものとの報告であります。


 認定第4号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員であります。


 よって、認定第4号 平成20年度米原市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定については、委員長報告のとおり認定されました。


 次に、認定第5号 平成20年度米原市老人保健医療事業特別会計歳入歳出決算認定についてに対する討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、認定すべきものとの報告であります。


 認定第5号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員であります。


 よって、認定第5号 平成20年度米原市老人保健医療事業特別会計歳入歳出決算認定については、委員長報告のとおり認定されました。


 次に、認定第6号 平成20年度米原市後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算認定についてに対する討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、認定すべきものとの報告であります。


 認定第6号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員であります。


 よって、認定第6号 平成20年度米原市後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算認定については、委員長報告のとおり認定されました。


 次に、認定第7号 平成20年度米原市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定についてに対する討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、認定すべきものとの報告であります。


 認定第7号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立多数であります。


 よって、認定第7号 平成20年度米原市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定については、委員長報告のとおり認定されました。


 次に、認定第8号 平成20年度米原市流域関連公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定についてに対する討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、認定すべきものとの報告であります。


 認定第8号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員であります。


 よって、認定第8号 平成20年度米原市流域関連公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定については、委員長報告のとおり認定されました。


 次に、認定第9号 平成20年度米原市土地取得事業特別会計歳入歳出決算認定についてに対する討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、認定すべきものとの報告であります。


 認定第9号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立多数であります。


 よって、認定第9号 平成20年度米原市土地取得事業特別会計歳入歳出決算認定については、委員長報告のとおり認定されました。


 次に、認定第10号 平成20年度米原駅東部土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定についてに対する討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、認定すべきものとの報告であります。


 認定第10号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立多数であります。


 よって、認定第10号 平成20年度米原駅東部土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定については、委員長報告のとおり認定されました。


 次に、認定第11号 平成20年度米原市工業団地造成事業特別会計歳入歳出決算認定についてに対する討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、認定すべきものとの報告であります。


 認定第11号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立多数であります。


 よって、認定第11号 平成20年度米原市工業団地造成事業特別会計歳入歳出決算認定については、委員長報告のとおり認定されました。


 次に、認定第12号 平成20年度米原市住宅団地造成事業特別会計歳入歳出決算認定についてに対する討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、認定すべきものとの報告であります。


 認定第12号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員であります。


 よって、認定第12号 平成20年度米原市住宅団地造成事業特別会計歳入歳出決算認定については、委員長報告のとおり認定されました。


 次に、認定第13号 平成20年度米原市駐車場事業特別会計歳入歳出決算認定についてに対する討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、認定すべきものとの報告であります。


 認定第13号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員であります。


 よって、認定第13号 平成20年度米原市駐車場事業特別会計歳入歳出決算認定については、委員長報告のとおり認定されました。


 次に、認定第14号 平成20年度米原市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定についてに対する討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、認定すべきものとの報告であります。


 認定第14号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員であります。


 よって、認定第14号 平成20年度米原市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定については、委員長報告のとおり認定されました。


 次に、認定第15号 平成20年度米原市水道事業会計決算認定についてに対する討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、認定すべきものとの報告であります。


 認定第15号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員であります。


 よって、認定第15号 平成20年度米原市水道事業会計決算認定については、委員長報告のとおり認定されました。


 次に、議案第68号 平成21年度米原市一般会計補正予算(第3号)に対する討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第68号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立多数であります。


 よって、議案第68号 平成21年度米原市一般会計補正予算(第3号)は、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第69号 平成21年度米原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)に対する討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第69号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員であります。


 よって、議案第69号 平成21年度米原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)は、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第70号 平成21年度米原市国民健康保険直営診療所事業特別会計補正予算(第1号)に対する討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第70号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員であります。


 よって、議案第70号 平成21年度米原市国民健康保険直営診療所事業特別会計補正予算(第1号)は、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第71号 平成21年度米原市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)に対する討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第71号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員であります。


 よって、議案第71号 平成21年度米原市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)は、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第72号 平成21年度米原市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)に対する討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第72号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員であります。


 よって、議案第72号 平成21年度米原市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)は、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第73号 平成21年度米原市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)に対する討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第73号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員であります。


 よって、議案第73号 平成21年度米原市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)は、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第74号 平成21年度米原市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)に対する討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第74号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員であります。


 よって、議案第74号 平成21年度米原市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)は、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第75号 平成21年度米原市流域関連公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)に対する討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第75号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員であります。


 よって、議案第75号 平成21年度米原市流域関連公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)は、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第76号 平成21年度米原駅東部土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)に対する討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第76号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立多数であります。


 よって、議案第76号 平成21年度米原駅東部土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)は、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第77号 平成21年度米原市水道事業会計補正予算(第2号)に対する討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第77号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立多数であります。


 よって、議案第77号 平成21年度米原市水道事業会計補正予算(第2号)は、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第79号 米原市税条例の一部を改正する条例についてに対する討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第79号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立多数であります。


 よって、議案第79号 米原市税条例の一部を改正する条例については、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第80号 米原市国民健康保険条例の一部を改正する条例についてに対する討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第80号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立多数であります。


 よって、議案第80号 米原市国民健康保険条例の一部を改正する条例については、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第81号 米原市国民健康保険条例の一部を改正する条例についてに対する討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第81号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員であります。


 よって、議案第81号 米原市国民健康保険条例の一部を改正する条例については、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第82号 米原市放課後児童クラブ条例の一部を改正する条例についてに対する討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第82号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員であります。


 よって、議案第82号 米原市放課後児童クラブ条例の一部を改正する条例については、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第86号 湖北広域行政事務センターを組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についてに対する討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第86号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立多数であります。


 よって、議案第86号 湖北広域行政事務センターを組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更については、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第92号 市道の路線認定についてに対する討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第92号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員であります。


 よって、議案第92号 市道の路線認定については、委員長報告のとおり可決されました。


 日程第4、市長より追加提案されました、議案第93号から議案第95号までの議案3件を一括上程し、市長から提案理由の説明を求めます。


 泉市長。


○市長(泉峰一君)


 ただいま上程されました3件の議案について、提案理由を説明いたします。


 去る9月14日に執行いたしました、制限付一般競争入札により決定いたしました落札者と3件の工事請負契約を締結することについて、米原市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得、または処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決に付すものであります。


 議案第93号は、米原駅東部土地区画整理事業駅東幹線整備工事について、山甚建設株式会社代表取締役 山口甚五郎と請負金額を1億9,299万円とする工事請負契約を締結することについて、議会の議決に付すものであります。


 議案第94号は、米原洪水対策調整池整備工事(その1)について、株式会社橋本建設代表取締役 橋本健一と請負金額を4,086万9,150円とする工事請負契約を締結することについて、議案第95号は、米原洪水対策調整池整備工事(その2)について、同じく株式会社橋本建設代表取締役 橋本健一と請負金額を1億6,388万850円とする工事請負契約を締結することについて、議会の議決に付すものです。


 以上、議案の提案理由の説明をさせていただきます。


 ご審議の上、適切な決定を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。


○議長(中野卓治君)


 提案理由の説明が終わりました。


 これにて、提案理由の説明を終結いたします。


 次の日程に入る前に先立ち、お諮りいたします。


 議案第93号から議案第95号までの議案3件につきましては、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


                 (「異議なし」)


○議長(中野卓治君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議案第93号から議案95号までの議案3件につきましては、委員会の付託を省略することに決定しました。


 日程第5、議案第93号 工事請負契約の締結についてを議題といたします。


 提案者の補足説明を求めます。


 坂井都市整備部長。


○都市整備部長(坂井一繁君)


 議案第93号 米原駅東部土地区画整理事業駅東幹線整備工事の工事請負契約の締結について、補足説明をさせていただきます。


 最初に、工事概要を説明させていただきます。


 議決をお願いいたします工事施工箇所は、米原区と梅ヶ原区に位置しますが、国道8号と東口駅前広場、そして駅前広場から国道までの県道米原停車場線について、工事施工で通行や移用の切り替えを行う必要から、同一工事施工として整備を行うものでございます。


 国道8号を駅東幹線と呼んでおりますが、駅前信号付近から南へ245メートル、丘陵地付近から南へ160メートルの2カ所で、合計延長405メートルを幅員19メートルに拡幅整備を行うものでございます。


 県道米原停車場線は、国道と駅前広場を連絡する40メートル区間について、幅員30メートルに拡幅整備を行います。東口駅前広場は、東西50メートル、南北80メートルの面積4,000平方メートルについて、今回の工事では、駅前広場造成と中間舗装までの整備を行い、上物施設や整備完了につきましては平成22年度となりますが、この駅前広場整備工事では、仮設の駅前広場を設け、工事を行います。


 この工事入札につきましては、制限付一般競争入札として、9月14日に入札参加業者10者により入札を執行いたしました。この入札の結果、滋賀県彦根市高宮町2935番地山甚建設株式会社代表取締役 山口甚五郎が落札いたしましたので、この業者と請負金額1億9,299万円で工事請負契約の締結をいたしたく、議会の議決をお願いするものでございます。


 以上ですが、よろしくお願い申し上げます。


○議長(中野卓治君)


 これをもって、提案者の補足説明を終わります。


 これより、議案第93号に対し、質疑を求めます。


 質疑はありませんか。


                 (「質疑なし」)


○議長(中野卓治君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、質疑を終結いたします。


 これより、討論を行います。


 討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、議案第93号を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立多数であります。


 よって、議案第93号 工事請負契約の締結については、原案のとおり可決されました。


 日程第6、議案第94号 工事請負契約の締結について、及び日程第7、議案第95号 工事請負契約の締結についてを一括議題といたします。


 提案者の補足説明を求めます。


 藤本土木部長。


○土木部長(藤本博君)


 議案第94号、議案第95号 米原洪水対策調整池整備工事(その1)、(その2)の工事請負契約の締結について、補足説明をさせていただきます。


 当工事は、現在、米原地区で着手しております雨水対策事業の一環として、米原警察署前に雨水調整池882トンの設置を図るもので、補助事業費の関係から、21年度完成分を(その1)、翌年度繰越事業分を(その2)として、2件の工事に分割し、契約するものでございます。


 工事概要でございますが、(その1)は、仮設工事として延長107.4メートルの土留工の施工でございます。(その2)は、土留工実施後掘削を行い、地盤が軟弱なため口径60センチ基礎杭を、深さ9メーターから11メーターの深層まで打ち込み、60個のブロックに分けたコンクリート製品の調整池を設置し、施設ゲート2基、口径250ミリの排水ポンプ4基を設置いたします。


 また、既設の仮設調整池の撤去や雨水整備等をあわせて施工するものでございます。


 この2件の工事は、一連の工事であるため、合札により1本にて制限付一般競争入札として、9月14日に入札を執行いたしました。この入札の結果、滋賀県彦根市野口町283番地の1株式会社橋本建設代表取締役 橋本健一が落札いたしましたので、この落札金額を同工事(その1)と、同工事(その2)に積算額で案分し、議案第94号 米原洪水対策調整池整備工事(その1)の請負金額を4,086万9,150円、同工事(その2)の請負金額を1億6,388万850円で、この落札業者と工事請負契約を締結することにつきまして、議会の議決をお願いするものでございます。


 以上、補足説明といたします。


 よろしくお願い申し上げます。


○議長(中野卓治君)


 これをもって、提案者の補足説明を終わります。


 これより、議案第94号並びに議案第95号に対し、質疑を求めます。


 質疑はありませんか。


                 (「質疑なし」)


○議長(中野卓治君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、質疑を終結いたします。


 これより、議案第94号に対し、討論を行います。


 討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、議案第94号を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員であります。


 よって、議案第94号 工事請負契約の締結については、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第95号に対し、討論を行います。


 討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、議案第95号を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員であります。


 よって、議案第95号 工事請負契約の締結については、原案のとおり可決されました。


 日程第8、委員長報告の件を議題といたします。


 ただいままでに、各常任委員会並びに特別委員会から、委員長報告の申し出がありませんので、今回は特にないようであれば省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


                 (「異議なし」)


○議長(中野卓治君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、委員長報告の件は省略いたします。


 日程第9、委員会の閉会中の継続審査及び調査の件を議題といたします。


 本件につきましては、米原市議会委員会条例第40条の規定により、お手元に配付いたしております各常任委員会、議会運営委員会、及び特別委員会委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査及び調査に付することに、異議ありませんか。


                 (「異議なし」)


○議長(中野卓治君)


 異議なしと認めます。


 よって、各委員会委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査及び調査に付することに決定しました。


 以上で、本日の議事日程並びに今期定例会に付議されました議案の審議は、すべて終了いたしました。


 市長より、閉会のご挨拶がございます。


 泉市長。


○市長(泉峰一君)


 平成21年の第3回定例会の閉会に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。


 議員各位におかれましては、今議会におきまして付議いたしました案件につきまして、終始熱心にご審議を賜り、いずれも原案のとおり可決、認定等、ご決定をいただきました。まずもって、厚く御礼を申し上げます。ありがとうございました。


 さて、先ほど、指定管理運営業務調査特別委員会委員長より、米原公民館の指定管理業務の管理運営に関しまして、その調査報告と調査結果に基づくご提言をいただきました。委員会におかれましては、短期間で慎重審議をいただきましたことに敬意を表するものであります。


 指定管理制度が導入され、まだ日が浅いことや、米原市においても、多くの施設を指定管理者に管理運営していただいていることから、この制度に関する運用の面では、まだまだ議論を深めなければならない部分があろうかと思っております。


 こういう意味でも、今回の特別委員会による、地方自治法第98条第1項に基づく事務検査は有意義なものであったと思いますし、委員長よりいただきましたご提言の内容につきましては、市として真摯に受け止め、改めるべき事項は、早期に適正化を図ってまいります。


 ところで、平成21年度、市では「絆で築く元気な米原市づくり」の実現を目指し、権限と責任を明確化するとともに、スリムで効率的な行政体制を確立し、4月から組織体制の一部を改編し、市政運営に取り組んでいるところであります。


 また、6月議会で政策的予算の補正をお認めいただき、市民の皆さんが、まちの活気を共感・共有できるよう、産業の元気、心の元気、体の元気、それぞれに施策展開を図っております。


 こうした中、今後、具体の事業展開や政権交代等による社会情勢の急激な変化に対応し、効果的・効率的な市政運営を図るため、10月1日付で市の行政組織機構の一部見直しをさせていただきます。


 主な内容は、3点でございます。


 1つには、水源の里振興室の設置であります。


 本年6月に制定しました「水源の里まいばら元気みらい条例」に基づき、昨日、伊吹北部の8集落の代表者の皆さんから、重点施策対象地域指定の申し出を受けました。このことにより、今後、対象地域の皆さんとの協働により、集落の点検や田舎暮らし支援等の集落対策を推進するため、政策推進部内に「水源の里振興室」を設け、これを伊吹庁舎内に置くことといたします。


 2点目は、危機管理体制の強化であります。


 大規模地震や昨今の異常気象による風水害、新型インフルエンザなど、突発的に発生する緊急事態に備え、危機管理と組織内部の統制を図るため、副市長を危機管理監として位置づけるとともに、政策秘書課内に危機管理室を設け、本市の危機事案発生時の一元管理と、迅速かつ的確な初期対応を図ってまいります。


 3点目は、経営戦略室の設置であります。


 国の政権交代による政策変更、制度改正等は、市政に大きく影響を及ぼすことが予想され、また、県においては、非常事態といわれる財政状況です。国や県の今後の予算編成状況等を迅速かつ正確に把握し、遅滞なく的確に、また積極的に市政に反映させるとともに、マニフェストの実現を図るため、政策秘書課内に経営戦略室を設置いたします。


 以上、10月1日に予定しております、組織機構の改正について、申し上げました。


 なお、水源の里振興に関しましては、来る10月7日午後6時半から、伊吹薬草の里文化センターにおきまして「水源の里まいばら市民フォーラム」を予定しております。熱血スーパー公務員と呼ばれる、農林水産省の木村俊昭さんをお迎えして、水源の里まいばらの元気なみらいづくりへの熱いメッセージをいただきますので、市民の皆さん、多数のご参加をお願いいたします。


 最後に、議員の皆様には、来月いっぱいをもちまして、4年間の市議会議員の任期を終えられることになります。


 振り返りますと、この4年間、私たち米原市にとりましては、平成17年2月と10月の二度にわたる坂田郡4町の合併という激動を経て、新生米原市としてまちづくりの基礎を固める大切な時期であったと思います。地方分権や行財政改革という全国的な流れの中で、市では、自治基本条例や総合計画の策定をはじめ、環境や福祉、都市計画など、さまざまな分野で、条例や計画をつくり上げ、これらをもとに選択と集中による施策展開を図ってまいりました。この間、議員の皆様には、市民の代表として、多くの貴重なご意見、ご提言をいただいたところであります。


 滋賀県内では最も小さな市ではありますが、現在、市内の各地で地域や団体、企業の皆さんによる、米原市ならではの協働のまちづくりが多様な形で動き出しておりますのも、議員各位からさまざまなお力添えをいただいたおかげであり、心から感謝を申し上げる次第であります。


 市といたしましては、市民の皆さんとの絆をもとに、元気な米原市を築いていくため、今後とも精いっぱい取り組ませていただく所存でありますので、議員の皆様におかれましても、今日までの貴重な経験をもとに、引き続き、格別のご支援を賜りますようお願いを申し上げます。


 議員各位の今後ますますのご健勝、ご活躍をお祈り申し上げまして、閉会に当たりましてのご挨拶とさせていただきます。


 本当にありがとうございました。


○議長(中野卓治君)


 9月1日から本日までの25日間にわたりまして、議員各位におかれましては、数多くの議案審議、まことにご苦労さまでございました。


 これをもって、平成21年米原市議会第3回定例会を閉会といたします。


 どうもご苦労さまでございました。


                午後0時35分 閉会





 本会議は、真正であることを認め、地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。





   平成21年9月25日





               米原市議会議長    中 野 卓 治





               米原市議会署名議員  松 宮 信 幸





               米原市議会署名議員  谷 田 武 一