議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 米原市

平成20年第3回定例会(第1日 9月 2日)




平成20年第3回定例会(第1日 9月 2日)





        平成20年米原市議会第3回定例会会議録(第1号)





 
1.招集年月日    平成20年 9月 2日





1.招集の場所    米原市議会議場





1.開会開議     平成20年 9月 2日   午前10時00分





1.応召議員        1番  丸 本   猛    2番  粕 渕   進


              3番  市 川 照 峯    4番  丸 本 義 信


              5番  音 居 友 三    6番  清 水 隆 ?


              7番  北 村 喜代隆    8番  北 村 喜代信


              9番  冨 田   茂   10番  小 川 孝 司


             11番  磯 崎   清   12番  鍔 田   明


             13番  滝 本 善 之   14番  力 石 春 樹


             15番  堀 川 弥二郎   16番  的 場 收 治


             17番  松 宮 信 幸   18番  谷 田 武 一


             19番  前 川   明   20番  吉 川   登


             21番  大 澤   勉   22番  竹 中 桝 夫


             23番  宮 川 忠 雄   24番  中 野 卓 治


1.不応召議員      な し





1.出席議員       24名





1.欠席議員       な し





1.会議録署名議員    19番  前 川   明   20番  吉 川   登





1.地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名


   市長        平 尾 道 雄  副市長        西 田   弘


   教育長       瀬戸川 恒 雄  政策推進部長     千 代   博


   総務部長      三 原 禎 一  市民部長       田 邉 与一郎


   健康福祉部長    小 松 博 夫  経済環境部長     野一色 義 明


   土木部長      岡   義 次  都市整備部長     坂 井 一 繁


   教育部長      中 谷 利 治  山東市民自治センター長  小 野 初 雄


   伊吹市民自治センター長 伊富貴 孝 司  米原市民自治センター長  春 日 敬 三


   近江市民自治センター長  宮 野 節 児    財 政 課 長  要 石 祐 一


   総務課長      坪 井   修





1.職務のため議場に出席した者の職氏名


   事務局長      林   美津雄  書記         松 田   輝





1.議事日程       別紙のとおり





1.会議に付した事件   別紙のとおり





平成20年米原市議会第3回定例会 議事日程 (第1号)


               平成20年9月2日 午前10時00分開議


                     場所  米原市議場


┌───┬───────┬────────────────────────────────┐


│日程 │議案番号   │件        名                      │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  1│       │会議録署名議員の指名〔  番    議員.  番    議員〕 │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  2│       │会期決定について                        │


│   │       │〔自 平成20年9月2日 至 平成20年9月 日〕       │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  3│       │諸般の報告                           │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  4│報告第9号  │平成19年度健全化判断比率について               │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  5│報告第10号 │平成19年度資金不足比率について                │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  6│諮問第 2号 │市長の提案理由の説明                      │


│   │   〜   │                                │


│   │議案第86号 │                                │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  7│諮問第 2号 │人権擁護委員候補者の推薦について                │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  8│同意第3号  │米原市固定資産評価審査委員会委員の選任について         │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  9│議案第70号 │米原市議会政務調査費の交付に関する条例等の一部を改正する    │


│   │       │条例について                          │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  10│議案第71号 │総括質疑                            │


│   │   〜   │                                │


│   │議案第77号 │                                │


│   │       │                                │


│   │認定第1号  │                                │


│   │   〜   │                                │


│   │認定第14号 │                                │


│   │       │                                │


│   │議案第78号 │                                │


│   │   〜   │                                │


│   │議案第86号 │                                │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  11│議案第71号 │議案の委員会付託                        │


│   │   〜   │                                │


│   │議案第77号 │                                │


│   │       │                                │


│   │認定第1号  │                                │


│   │   〜   │                                │


│   │認定第14号 │                                │


│   │       │                                │


│   │議案第78号 │                                │


│   │   〜   │                                │


│   │議案第86号 │                                │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  12│請願第1号  │「米原市春照地先の住友大阪セメント跡地における人工ゼオライト工場│


│   │       │「産廃工場」建設に反対する請願」について            │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  13│請願第2号  │「肥料・飼料等価格高騰に関する請願」について          │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  14│発議第1号  │米原市議会会議規則の一部を改正する規則について         │


└───┴───────┴────────────────────────────────┘








平成20年米原市議会第3回定例会 追加議事日程(第2号)


                平成20年9月2日 午前10時00分開議


                     場所  米原市議場


┌───┬───────┬────────────────────────────────┐


│日程 │議案番号   │件        名                      │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  11│       │決算特別委員会の設置について                  │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  12│       │決算特別委員会正副委員長の選任について             │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  13│議案第71号 │議案の委員会付託                        │


│   │   〜   │                                │


│   │議案第77号 │                                │


│   │       │                                │


│   │認定第1号  │                                │


│   │   〜   │                                │


│   │認定第14号 │                                │


│   │       │                                │


│   │議案第78号 │                                │


│   │   〜   │                                │


│   │議案第86号 │                                │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  14│請願第1号  │「米原市春照地先の住友大阪セメント跡地における人工ゼオライト工場│


│   │       │「産廃工場」建設に反対する請願」について            │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  15│請願第2号  │「肥料・飼料等価格高騰に関する請願」について          │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  16│発議第1号  │米原市議会会議規則の一部を改正する規則について         │


└───┴───────┴────────────────────────────────┘








             午前10時00分 開会


○議長(中野卓治君)


 ただいまの出席議員は、全員であります。


 定足数に達しておりますので、これより、平成20年米原市議会第3回定例会を開会いたします。


 議員の皆様には、平成20年米原市議会第3回定例会にご参集くださいまして、まことにご苦労さまでございます。


 今定例会は、報告2件、人権擁護委員候補者の推薦、米原市固定資産評価審査委員会委員の選任、条例の制定及び一部改正、平成19年度米原市各会計歳入歳出決算認定、平成20年度米原市各会計補正予算、並びに米原市議会会議規則の一部改正など、議案34件のほか、請願2件が提案されます。いずれも重要な案件でありますので、慎重なご審議を賜りますとともに、会議が円滑に進行しますようお願い申し上げ、開会の挨拶といたします。


 ただいまより、市長から招集の挨拶があります。


 平尾市長。


○市長(平尾道雄君)


 皆さん、おはようございます。


 9月定例会の開会に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。


 本日は、平成20年第3回定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、大変ご多用の中、ご参集をいただきました。まことにありがとうございます。


 本日は雨模様ではございますけれども、まだまだ暑さが続いております。朝夕は涼しさが感じられるところとなりました。秋の虫の声が聞こえる季節となったわけでございます。


 ところが、昨夜は静寂の中、夜のとばりの虫の声ではなくて、福田総理が突然の退陣との緊急記者会見に驚かされました。臨時国会の召集を前にして、国民の多くの皆さんが、なぜ今この時期にという思いだと思います。再度、内閣の体制を立て直して新しい布陣で国会に臨むべきとの判断をされたということでありますけれども、今後の政局や経済、外交、そして衆議院の解散総選挙に大きな影響をもたらすものと予測がされます。いずれにいたしましても、このことが、今後、私たち米原市政にどのように影響があるのか、慎重に事態の推移を見極めてまいりたいと思っています。


 さて、秋と申せば、食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋というふうに言われております。何と言っても、オリンピックの熱気覚めやらぬ今、スポーツの秋を迎えたというべきでありましょう。今回の北京オリンピックは、夏の大会では、アジアで3回目の開催でありました。8月8日から24日まで、204の国と約1万1,000人のアスリートが参加をし、28競技、302種目で熱い戦いが繰り広げられました。この世界的ビックイベントに、我が米原市からも女子ホッケーチームの一員として米原市出身の木村選手と市職員の常喜コーチが参加をされました。結果は惜しい成績ではありましたけれども、国民の皆さんの声援を受けて活躍されたことは、後進に道を開き、大きな希望を与えてくれたと思います。また、今まで余り日の当たらなかったフェンシングで、滋賀県出身の太田選手が銀メダルを獲得されたことは、水泳、柔道、体操、そしてレスリング、陸上、ソフトボールなど、日本人選手の活躍、私たち国民に大きな感動を与えてくれました。メダリストたちのインタビューを聞いていまして、個人の力だけではどうにもならない、運と縁、あるいは「ありがとう」「おかげさま」、支えてもらった人々への感謝、選手の皆さんの口から何度も出されたこの言葉と気持ちは、日本人が本来持っている心、無心にひたむきに励む姿に称賛を送る日本人の良さ、美しさというものを改めて思い出させてくれました。このところ、日本では正直、耳をふさぎたくなるような痛ましい凶悪事件の報道が続いていただけに、私自身、久しぶりにすがすがしい気持ちを味わいさせていただきました。北京オリンピック、幾つかの批判もありましたけれども、すばらしいオリンピックであったと思います。


 さらに、スポーツの秋と言えば、来る10月18日から21日にかけまして、第21回全国スポーツ・レクリエーション祭(スポレク滋賀2008)が県下各地で開催をされます。米原市では、エアロビックの競技会場となります。韓国選手団も含めて、全国から42チーム、約200人を米原市にお迎えをします。大会運営に多くの方のご協力を得て、おもてなしの心で成功にぜひ導きたいと思っています。


 また、その前日10月17日には、グリーンパーク山東において平成20年秋の巡業として米原市初の「大相撲米原場所」が開催されます。ヤマトタケルの伝説のまち米原で「白猪徒手勝負」、会場でしか味わえない大相撲の生の迫力、市民の皆さんもぜひお楽しみをいただきたいというふうに思っています。


 このほか、夢高原かっとび伊吹2008、鴨の里ふれあいマラソン、春と秋のふれあいスポーツフェスティバルなど、競技スポーツからレクリエーションスポーツまで、生涯にわたり親しめるスポーツを市民に広く普及・振興することによりまして、競技力の向上と体力づくりを図りながら、スポーツに対する市民の皆さんの意識の高揚と地域の活性化を図ってまいりたいと考えています。


 また、このスポーツ振興は、実は市民の健康づくりでもあります。健康づくりということで、本年4月より新しい健診がスタートいたしました。今回の医療保険制度改正の中心であります生活習慣病の予防に国を挙げて取り組んでいこうとするもので、米原市も、医療保険者に義務づけられております特定健診、特定保健指導を積極的に実施をしているところでございます。


 日本は今、世界に誇る長寿国となりました。しかし、一方では、寝たきりや認知症など、介護が必要になる人の割合も増えております。その原因には、脳血管疾患等の生活習慣病が多く占めています。また、平成19年度に市が実施をいたしました「生活習慣病健診」では、5人に1人がメタボリックシンドロームという結果も出ております。生活習慣病には自覚症状がないものもありまして、また、一たん身につきました生活習慣を改善していくことは大変難しいものがあります。若いときから予防のための運動、食生活の改善など、毎日の積み重ねを継続していくことが何より重要であります。


 私は、健康づくりは個人の問題だけにとどまらず、実は地域のみんなの共通の課題として取り組みをしていかなければならないと考えています。個人の体の実態に合った健康づくり、だれもが正しく、そして楽しく実践していく、身近な地域で人と人がお互いに刺激をし合いながら支え合うことができる、そういった健康づくりの仕組みをつくり上げていくことが重要だと考えています。


 そこで、米原市では、この9月から「頑張るヘルシー集落プロジェクト事業」を立ち上げました。自治会での健康づくりの取り組みを応援してまいりたい。具体的には、市の職員が積極的に地域に出向きます。集落ごとの特性を生かしながら、スポーツ指導や体力測定、ミニ健康診査など、地域のニーズに合わせた健康づくり事業を地域の皆さんと一緒に取り組んでまいりたいと思います。


 また、日常の健康づくりをサポートするバイブルとして、米原版健康手帳をヘルシー集落事業を実施されている集落には配付をさせていただきます。健診結果やヘルシー集落事業で体力測定の結果などをつづっていただき、この手帳を通しまして、市民の皆さんが健康づくりを実践していくときの共通のツールとして活用していただき、家庭や地域で健康づくりの話題を広げていただきたいと思います。地域ぐるみでスポーツや健康づくりを実践する姿を子どもたち、そして孫に伝えていくことで、健康なまち米原が次の時代につながっていきます。本当にこのまちに生まれて、そして育ってよかった、住んでよかったと思っていただける地域をつくるためにも、この「頑張るヘルシー集落プロジェクト事業」をしっかりと広げてまいりたいと思います。


 さて、今期定例会でご審議をいただきます案件でございますが、所有者から建物の寄附をいただきました「旧柏原銀行」を柏原宿の町並みにふさわしい整備を行いまして、21年4月から「柏原福祉交流センター」として活用するための「米原市柏原福祉交流センター条例」の制定をはじめといたしまして、平成19年度米原市各会計の決算認定議案、平成20年度米原市一般会計及び8つの特別会計補正予算案など、報告が2件、諮問が1件、同意が1件、認定が14件、議案が17件の合計35件の案件を提出をさせていただいております。それぞれ説明をお聞き取りいただきまして、ご理解を賜り、ご決定いただきますことをお願いを申し上げまして、開会に当たってのご挨拶とさせていただきます。


 どうぞよろしくお願いいたします。ご苦労さまでございます。


○議長(中野卓治君)


 市長の招集の挨拶が終わりました。


 直ちに、本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において、19番議員 前川明君、20番議員 吉川登君の両名を指名いたします。


 日程第2、会期の決定の件を議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期定例会の会期は、過日の議会運営委員会において協議の結果、本日より9月25日までの24日間といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」)


○議長(中野卓治君)


 異議なしと認めます。


 よって、今期定例会の会期は、24日間と決定いたしました。


 なお、会 期中の会議予定につきましては、お手元に配付いたしました日程表のとおりでありますので、ご了承をお願いいたします。


 日程第3、これより、諸般の報告を行います。


 最初に、議長の服務報告をいたします。


 報告事項につきましては、全員協議会において報告のとおりでありますので、説明を省略いたします。


 次に、本定例会の会議事件説明のため出席を求めた者は、市長、副市長、教育長、各部長、各市民自治センター長、総務課長、財政課長であります。


 以上で、諸般の報告を終わります。


 この際、議事の都合により、日程第4、報告第9号 平成19年度健全化判断比率について、及び日程第5、報告第10号 平成19年度資金不足比率についての報告2件について、一括して報告を求めます。


 三原総務部長。


○総務部長(三原禎一君)


 報告第9号 平成19年度健全化判断比率について、報告第10号 平成19年度資金不足比率についての2件につきまして、一括報告をさせていただきます。


 この報告につきましては、平成19年6月22日に公布されました「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」の規定により、平成19年度市及び一部事務組合など関係の各会計決算から「財政健全化比率」と、水道事業会計のほか対象となります各会計決算について資金不足比率を算定し、その算定した比率と算定の基礎となりました関係書類について監査委員の審査に付し、その意見を添えて、報告をするものでございます。


 報告第9号につきましては、「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」第3条第1項の規定に基づき、平成19年度一般会計等の決算に係ります実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債比率、及び将来負担比率を算定し、報告をさせていただくものでございます。算定の結果につきましては、報告書に記載のとおりでございますが、実質公債比率につきましては15.0、将来負担比率につきましては110.3となり、実質赤字比率、連結実質赤字比率につきましては赤字が発生しておりませんことから、記載すべき数値はございません。


 報告第10号 平成19年度資金不足比率につきましては、同法第22条第1項の規定に基づき、平成19年度公営企業会計に類する各会計の決算につきまして資金不足比率を算定し、報告をさせていただくものでございます。


 平成19年度におきましては、報告書に記載のとおり、対象となります水道事業会計ほか5特別会計すべてにおきまして資金不足が発生しておりませんことから、記載すべき数値はございません。


 以上、「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」の規定に基づく報告とさせていただきます。


○議長(中野卓治君)


 日程第6、市長より提出の、諮問第2号から議案第86号までの議案33件を一括上程し、市長から提案理由の説明を求めます。


 平尾市長。


○市長(平尾道雄君)


 第3回定例会に提出をいたしました議案の提案理由を説明させていただきます。


 諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦については、米原市番場719番地 酒井傳衛氏を人権擁護委員に推薦することについて、法の定めにより、議会の意見を求めるものでございます。


 同意第3号 米原市固定資産評価審査委員会委員の選任については、米原市顔戸1221番地 松井利彰氏を委員に選任することについて、法の定めにより、議会の同意を求めるものでございます。


 議案第70号 米原市議会政務調査費の交付に関する条例等の一部を改正する条例については、地方自治法の一部を改正する法律が公布されることに伴い、米原市議会政務調査費の交付に関する条例、米原市議会の議員の報酬等に関する条例、米原市特別職の職員で非常勤の者の報酬及び費用弁償に関する条例、及び米原市特別職報酬等審議会条例の改正の必要が生じたため、この案を提出するものでございます。


 議案第71号 米原市柏原福祉交流センター条例の制定については、米原市柏原2202番地に「米原市柏原福祉交流センター」を設置するため、この案を提出するものです。


 議案第72号 米原市税条例の一部を改正する条例について、及び議案第73号 米原市都市計画税条例の一部を改正する条例については、地方税法等の一部を改正する法律が平成20年4月30日に公布されたことに伴い、改正の必要が生じたため、この案を提出するものです。


 議案第74号 米原市西部デイサービスセンター条例等の一部を改正する条例については、介護保険等の一部改正に伴い、米原市西部デイサービスセンター条例、米原市北部デイサービス条例、及び米原市地域包括ケアセンターいぶき条例に改正の必要が生じたため、この案を提出するものです。


 議案第75号 米原市国民健康保険診療所条例の一部を改正する条例については、平成21年4月1日から、米原市国民健康保険近江診療所の管理を地方自治法の規定により指定管理者に行わせるため、この案を提出するものです。


 議案第76号 米原市営住宅条例の一部を改正する条例については、市営住宅から暴力団員を排除し、市営住宅の入居者等の生活の安全と平穏の確保、及び公営住宅への信頼性の向上を図るため、この案を提出するものです。


 議案第77号 米原市小集落改良住宅条例の一部を改正する条例については、小集落改良住宅から暴力団員を排除し、改良住宅の入居者等の生活の安全と平穏の確保、及び改良住宅への信頼性の向上を図るため、この案を提出するものです。


 認定第1号から認定第13号までの平成19年度米原市一般会計ほか12特別会計の各会計歳入歳出決算については、地方自治法第233条第3項の規定により、監査委員の意見及び同条第5項に定める書類を添え、議会の認定に付するものでございます。


 認定第14号 平成19年度水道事業会計決算の認定については、地方公営企業法第30条第4項の規定により、監査委員の意見及び同条第6項に定める書類を添えて、議会の認定に付するものでございます。


 議案第78号 平成20年度米原市一般会計補正予算(第2号)は、既決の歳入歳出予算に1億1,560万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を193億5,030万7,000円とし、あわせて年度内に支出が終わらないと見込まれる経費について翌年度に繰り越しし使用するため、繰越明許費を定めるほか債務負担行為、地方債について、所要の補正を行うものでございます。


 議案第79号 平成20年度米原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)は、既決の歳入歳出予算から2,273万5,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を36億5,775万円とし、翌年度の特定健康診査事業を円滑に実施するため、債務負担行為を定めるものでございます。


 議案第80号 平成20年度米原市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)は、既決の歳入歳出予算に9,353万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を29億353万7,000円とするものです。


 議案第81号 平成20年度米原市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)は、既決の歳入歳出予算に7,845万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を4億4,045万7,000円とするものです。


 議案第82号 平成20年度米原市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)は、既決の歳入歳出予算に55万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を4億5,855万5,000円とし、翌年度の健康診査事業を円滑に実施するため、債務負担行為を定めるものでございます。


 議案第83号 平成20年度米原市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)は、既決の歳入歳出予算の総額に変更はなく、歳入予算の款項の項目及び当該区分ごとの金額の補正と既決の地方債の限度額について補正を行うものでございます。


 議案第84号 平成20年度米原市流域関連公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)は、既決の歳入歳出予算に5,295万円を追加し、歳入歳出予算の総額を34億3,884万9,000円とし、年度内に支出が終わらないと見込まれる経費について翌年度に繰り越しし使用するため、繰越明許費を定めるほか地方債について、所要の補正を行うものであります。


 議案第85号 平成20年度米原市土地取得事業特別会計補正予算(第1号)は、既決の歳入歳出予算に6,481万円を追加し、歳入歳出予算の総額を1億612万4,000円とするものです。


 議案第86号 平成20年度米原駅東部土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)は、既決の歳入歳出予算の総額に変更はなく、年度内に支出が終わらないと見込まれる経費について翌年度に繰り越しし使用するため、繰越明許費を定めるものでございます。


 以上、まことに簡略ではありますが、提出議案の提案理由の説明といたします。


 ご審議の上、適切なご決定賜りますよう、よろしくお願いをいたします。


○議長(中野卓治君)


 市長の説明が終わりました。


 これにて、提案理由の説明を終結いたします。


 次の日程に入る前に先立ち、お諮りいたします。


 諮問第2号、同意第3号、及び議案第70号の議案3件については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、これに異議ありませんか。


              (「異議なし」)


○議長(中野卓治君)


 異議なしと認めます。


 よって、ただいまの議案3件につきましては、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 日程第7、諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦についてを議題といたします。


 提案者の補足説明を求めます。


 三原総務部長。


○総務部長(三原禎一君)


 諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦について、補足説明をさせていただきます。


 平成20年12月31日で任期満了により退任されます人権擁護委員 古野義次氏の後任といたしまして、米原市番場719番地 酒井傳衛氏を推薦することにつきまして、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求めるものでございます。


 酒井傳衛氏は、長年、教職員として小中学校で同和教育をはじめといたします人権教育に尽力をされてまいりました。人権につきまして、広い見識をお持ちの方でございます。人権擁護委員法に定める推薦条件に該当するものと認められますことから、人権擁護委員の候補者として推薦をしようとするものでございます。


 以上、補足説明とさせていただきます。


○議長(中野卓治君)


 これをもって、提案者の補足説明を終わります。


 これより、諮問第2号に対し、質疑を求めます。


 質疑はありませんか。


              (「質疑なし」)


○議長(中野卓治君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、質疑を終結いたします。


 これより、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり適任と認めることに賛成の諸君の起立を求めます。


               (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員であります。


 よって、諮問第2号 人権擁護委員に酒井傳衛氏を推薦する議案は、原案のとおり適任と認めることに決定いたしました。


 日程第8、同意第3号 米原市固定資産評価審査委員会委員の選任についてを議題といたします。


 提案者の補足説明を求めます。


 三原総務部長。


○総務部長(三原禎一君)


 同意第3号につきまして、補足説明をさせていただきます。


 米原市固定資産評価審査委員会委員 松井利彰氏の任期が平成20年10月5日で満了となります。引き続き、松井氏を選任することにつきまして、地方税法第423条第3項の規定によりまして、議会の同意を求めるものでございます。


 以上、簡単でございますけれども、補足説明とさせていただきます。


○議長(中野卓治君)


 これをもって、提案者の補足説明を終わります。


 これより、同意第3号に対し、質疑を求めます。


 質疑はありませんか。


              (「質疑なし」)


○議長(中野卓治君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、質疑を終結いたします。


 これより、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、同意第3号 米原市固定資産評価審査委員会委員の選任についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。


               (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、同意第3号 米原市固定資産評価審査委員会委員に松井利彰氏を選任する議案は、原案のとおり同意することに決定しました。


 日程第9、議案第70号 米原市議会政務調査費の交付に関する条例等の一部を改正する条例についてを議題といたします。


 提案者の補足説明を求めます。


 三原総務部長。


○総務部長(三原禎一君)


 議案第70号 米原市議会政務調査費の交付に関する条例等の一部を改正する条例について、補足説明をさせていただきます。


 本件につきましては、地方自治法の一部を改正する法律が平成20年6月18日に公布され、9月1日に施行されたことに伴いまして、米原市議会政務調査費の交付に関する条例のほか関係をいたします3件の条例に改正の必要が生じましたため、この案を提出するものでございます。


 米原市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正することにつきましては、地方自治法の改正により、議員活動の範囲を明確化するための規定が1項追加されましたことによりまして生じております項ずれを整理するものでございます。


 米原市議会の議員の報酬等に関する条例、米原市特別職の職員で非常勤の者の報酬及び費用弁償に関する条例、及び米原市特別職報酬等審議会条例の一部改正につきましては、改正前の地方自治法におきましては、議会の委員会・審議会等の委員の報酬の支給について一括規定をいたしておりましたものを、地方自治法の改正により、「議会の議員に支給する報酬」を「議員報酬」に名称を改めましたことと、議員報酬をその他の委員等の報酬と区別して規定するための1条が追加をされました。この法律改正に伴いまして生じます、引用しております条項のずれの整理、審議会の議員に支給する報酬を「議員報酬」に改めさせていただくものでございます。


 なお、附則によりまして、この条例は公布の日から施行するものとするものでございます。


 以上、補足説明とさせていただきます。


○議長(中野卓治君)


 これをもって、提案者の補足説明を終わります。


 これより、議案第70号に対し、質疑を求めます。


 質疑はありませんか。


              (「質疑なし」)


○議長(中野卓治君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、質疑を終結いたします。


 これより、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、議案第70号 米原市議会政務調査費の交付に関する条例等の一部を改正する条例についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


               (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第70号 米原市議会政務調査費の交付に関する条例等の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。


 日程第10、次に、総括質疑を行います。


 事前通告がございませんでしたので、総括質疑を終結いたします。


 暫時休憩をいたします。


              午前10時34分 休憩





              午前10時35分 再開


○議長(中野卓治君)


 休憩前に引き続き、会議を開きます。


 お諮りいたします。


 ただいま配付しました、決算特別委員会の設置について、及び決算特別委員会正副委員長の選出についてを日程に追加し議題といたしたいと思いますが、これに異議ありませんか。


              (「異議なし」)


○議長(中野卓治君)


 異議なしと認めます。


 よって、ただいまの2件を日程に追加し議題とすることに決定いたしました。


 日程変更の順序は、お手元に配付した追加日程表のとおりですので、ご了承願います。


 日程第11 決算特別委員会の設置についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 認定第1号から認定第14号までの議案14件につきましては、副議長を含む10名の委員をもって構成する「決算特別委員会」を設置し、これに付託の上、審査することにいたしたいと思いますが、これに異議ありませんか。


              (「異議なし」)


○議長(中野卓治君)


 異議なしと認めます。


 よって、認定第1号から認定第14号までの議案14件につきましては、副議長を含む10名の委員をもって構成する「決算特別委員会」を設置し、これに付託審査することに決定いたしました。


 お諮りいたします。


 特別委員会の委員構成について、議長において指名推薦したいと思いますが、これに異議ありませんか。


              (「異議なし」)


○議長(中野卓治君)


 異議なしと認めます。


 それでは、これより指名をいたします。


 1番 丸本猛君、2番 粕渕進君、8番 北村喜代信君、9番 冨田茂君、12番 鍔田明君、15番 堀川弥二郎君、16番 的場收治君、19番 前川明君、22番 竹中桝夫君と副議長の宮川忠雄君の10名を指名したいと思いますが、これに異議ありませんか。


              (「異議なし」)


○議長(中野卓治君)


 異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名した諸君の就任方、よろしくお願いをいたします。


 ただいま、委員指名をしました決算特別委員会につきましては、休憩中に委員会を開き、正副委員長の互選を行い、その結果をご報告いたします。


 暫時休憩をいたします。


              午前10時38分 休憩





              午前10時50分 再開


○議長(中野卓治君)


 休憩前に引き続き、会議を開きます。


 日程第12 決算特別委員会正副委員長の選出についてを議題といたします。


 決算特別委員会より、正副委員長の報告がありましたので、事務局より報告させます。


○(事務局)


 自席から失礼します。


 先刻の休憩中に決算特別委員会が開催され、正副委員長が互選されましたので、ご報告いたします。


 決算特別委員会委員長に竹中桝夫議員、同副委員長に冨田茂議員であります。


 以上、報告を終わります。


○議長(中野卓治君)


 ただいま、事務局より報告があったとおり、ご就任方、よろしくお願いいたします。


 日程第13 議案の委員会付託を行います。


 各議案の付託は、会議規則第37条第1項の規定により、お手元に配付しております議案付託表のとおり、各常任委員会へ付託いたします。


 各常任委員会において審査方、よろしくお願いをいたします。


 ただいま、付託いたしました各議案については、それぞれの委員会での審査経過と結果につきまして、9月25日の本会議において、各常任委員会委員長からご報告をお願いいたします。


 以上で、議案の委員会付託の件を終結いたします。


 日程第14、請願第1号 米原市春照地先の住友大阪セメント跡地における人工ゼオライト工場「産廃工場」建設に反対する請願についてを議題といたします。


 請願書の朗読は、省略いたします。


 紹介議員 谷田武一君より、請願の説明を求めます。


 18番 谷田武一君。


○18番(谷田武一君)


 それでは、米原市春照地先の住友大阪セメント工場跡地における人工ゼオライト「産廃工場」建設に反対する請願書について、説明をいたします。


 住友大阪セメント工場跡地については、解体工事を始める前から、土地所有者のマルア興産は、「解体後の土地利用については、人工ゼオライトの製造をする」と言っておりました。その規模については、「約年間1万トンの人工ゼオライトを製造する。そのために必要な産業廃棄物は約15万トンから20万トン」と説明をしておりました。


 これに対して市は、昨年の7月、「大量の産業廃棄物の集積や、その処理を伴う焼却炉の使用については、市民の生活環境の保全上、容認できない旨、マルア興産に通知をした」と答弁しております。しかるに、今年の5月に行った解体工事の現地踏査のときに持たれました話し合いの席で、市長及び議員に対して、マルア興産は、「解体後の事業は人工ゼオライトの製造である」と言い、産業廃棄物を焼却し、その焼却灰を原料として人工ゼオライトを製造する。また、補助燃料しても産業廃棄物を燃やすと明言をいたしました。


 この発言に対して、議員の中からは、どんな産業廃棄物を使用するのかという質問などがありましたけれども、いまだ研究中とのことで、明確な答弁は得られませんでした。ただ、現時点でわかっているものとしては、石炭焼却灰、汚泥その他の焼却灰、そして多分補助燃料だと思われますが、廃油及び廃タイヤ等が使用されるということでございました。


 今わかっているこれらの産業廃棄物だけでも、地域住民にとっては耐えられるものではありません。例えば、石炭灰は、多分どこからか搬入されるものと思われますが、非常にパウダー状の微粒子でありまして、本当に完全密閉のまま運搬されるのか、また、原料投入時、周りに対して飛散をしないかなど、不安なことがいっぱいであります。また、廃油にいたしましてもピンからキリまでありまして、自動車のエンジンから抜かれた廃油などは比較的安心できますが、危険な重金属を含んだ廃油などが使用されますと、住民の生活環境の保全が保たれません。また、廃タイヤにしましても、多量に集積をされた場合、蚊などの発生源となり、周辺住民の生活環境が悪化をするのは必然であります。


 また、建設予定地は、皆さんご存知だと思いますけれども、非常に自然豊かなところであり、米原市民の憩いの施設がたくさんあるところであります。薬草の里文化センター、幼保一元化されたいぶき幼稚園、藤の根作業所、健康プラザ愛ランド、また各種グランドやスポーツ施設等々が密集しており、道一つ隔てたところには、包括ケアセンターがあります。こんなところでの産業廃棄物焼却施設の建設はもってのほかとしか言いようがありません。また、近くには、地元農産物の直売所であります「旬菜の森」などがあり、もし、産廃の焼却施設ができたとき、農産物の売り上げに影響はあるのか、ないのか、非常に農家の人たちの心配もうなずけます。


 地域住民の皆さんは、人工ゼオライト製造は断念し、産業廃棄物を扱わない別の事業に変更していただくことを強く望んでおられます。それは、過日、伊吹・山東地域の近隣自治会長連名で反対の要望書が提出されていることでも明白であります。


 これら以上の理由により、マルア興産が米原市春照地先で計画している人工ゼオライト工場建設の中止を求め、県や市に働きかけることを請願内容とした請願書を提出いたしました。


 議員の皆さんの適切な判断を賜りまして、採択していただくようお願いいたしまして、私の提案説明とさせていただきます。


○議長(中野卓治君)


 紹介議員 谷田武一君の説明が終わりました。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております請願第1号につきましては、会議規則第85条第2項の規定により、特に環境事業対策特別委員会に付託して審査することにしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


              (「異議なし」)


○議長(中野卓治君)


 異議なしと認めます。


 よって、請願第1号 米原市春照地先の住友大阪セメント跡地における人工ゼオライト工場「産廃工場」建設に反対する請願については、環境事業対策特別委員会に付託して審査することに決定いたしました。


 日程第15、請願第2号 肥料・飼料等価格高騰に関する請願についてを議題といたします。


 請願書の朗読は、省略いたします。


 紹介議員 音居友三君より、請願の説明を求めます。


 5番 音居友三君。


○5番(音居友三君)


 議長のお許しを得ましたので、肥料・飼料等価格高騰に関する請願が提出され、私が紹介議員となりましたので、その趣旨説明をさせていただきます。


 近年、食料を原料とするバイオエタノールの生産拡大や穀物受給の構造的な逼迫、加えて投機資金の流入によりまして、肥料・飼料等の生産資材価格は高騰を続けておりまして、農業・畜産経営は、かつてない危機的な状況に直面しております。


 生産者とJAグループでは、急激な生産コストの上昇に対して、自らの努力だけでは解決できない状況であり、国及び県からの、生産者の経営安定を図る即効性のある対策や低コスト生産に向けた早急な支援措置を待たれているところであり、政府関係機関に対して、意見書の提出など必要な措置を講じていただきたいという内容の請願であります。


 特に、生産者やJAグループが望まれている支援策は、生産コストに着目しました経営安定対策の確立として、1点目は、肥料・飼料等の価格のさらなる高騰や高止まり等に対応するため、急激なコスト上昇に直接対応する新たな収入安定対策を確立すること。2点目は、生産コストの上昇分が農畜産物の販売価格に適切に転嫁されるよう、価格形成の仕組みを早急に確立すること。3点目は、野菜の生産コスト上昇を踏まえて、野菜価格安定制度の保証基準額を引き上げることです。


 また、低コスト生産に向けた支援対策の充実・強化として、1点目は、肥料価格高騰に対応するため、肥料流通の合理化と土壌分析に基づく低成分肥料の活用や施肥効率の向上等の取り組みを支援する対策を講じること。2点目は、農地・水・環境保全向上対策などの営農活動の取り組みを促進する対策を強化すること。3点目は、配合飼料価格のさらなる高騰や高止まり等の場合、即効性のある追加支援対策と配合飼料価格安定制度において、生産者の負担軽減策のための十分な予算を確保すること。4点目は、輸入飼料の依存度低減のために、自給飼料増産対策や低コスト生産に取り組む生産者への支援対策の充実とあわせて、技術開発の加速、流通コストの低減対策を強化すること。5点目は、燃油使用料を削減するヒートポンプや多重カーテンなど省エネ設備、施設整備対策を充実・強化すること。


 税対策として、農業用軽油免税制度を継続すること。さらに、肥料・飼料等価格高騰に対して、新たな税制特例を創設することです。


 また、食料増産・自給率向上対策として「骨太方針2008」に示されている「食料安全保障」の観点に立って、農業の国内生産を基本とした食料増産・自給率向上に向けた政策を国家政策として明示することであります。


 今回の請願は、このような支援策をお願いしたといった内容のものでありますので、よろしくご審議の上、適切なるご決定をいただきたいと思います。


 以上であります。


○議長(中野卓治君)


 紹介議員 音居友三君の説明が終わりました。


 ただいま議題となっております請願第2号につきましては、会議規則第85条第1項の規定により、産業建設常任委員会に付託をいたします。審査方、よろしくお願いをいたします。


 ただいま付託いたしました請願2件につきましては、委員会での審査経過と結果につきまして、9月25日の本会議において、環境事業対策特別委員長並びに産業建設常任委員長からご報告をお願いいたします。


 日程第16、発議第1号 米原市議会会議規則の一部を改正する規則についてを議題といたします。


 提案者の提案理由の説明を求めます。


 3番 市川照峯君。


○3番(市川照峯君)


 それでは、議長の指名をいただきましたので、発議第1号 米原市議会規則の一部を改正する規則についての提案理由の説明を申し上げます。


 本発議は、地方自治法第112条、及び米原市議会会議規則第14条の規定により提出するものであり、提出者は、私市川照峯、賛成者として大澤勉議員、丸本義信議員、松宮信幸議員です。


 地方自治法の一部を改正する法律が平成20年6月18日に公布されたことに伴い、法改正による引用条項の項ずれの整理を行うものでございます。


 よろしくご審議の上、適切なご決定をお願い申し上げます。


○議長(中野卓治君)


 提案理由の説明が終わりました。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております発議第1号につきましては、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思いますが、これに異議ありませんか。


              (「異議なし」)


○議長(中野卓治君)


 異議なしと認めます。


 よって、ただいまの発議第1号については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 ただいまの提案者の提案理由の説明に対し、質疑はありませんか。


              (「質疑なし」)


○議長(中野卓治君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、質疑を終結いたします。


 これより、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、発議第1号 米原市議会会議規則の一部を改正する規則についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


               (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、発議第1号 米原市議会会議規則の一部を改正する規則については、原案のとおり可決されました。


 以上で、本日の日程はすべて終了しました。


 来る9月4日の会議は、一般質問者の人数の都合により、特に午前9時に繰り上げて開きます。


 当日は、一般質問を行いますので、定刻までに出席くださるようお願いいたします。


 本日は、これにて散会いたします。


 ご苦労さまでございました。


               午前11時10分 散会





 本会議録は、真正であることを認め、地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。





  平成20年9月2日





               米原市議会議長





               米原市議会署名議員





               米原市議会署名議員