議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 米原市

平成19年第4回定例会(第1日12月 4日)




平成19年第4回定例会(第1日12月 4日)





        平成19年米原市議会第4回定例会会議録(第1号)





 
1.招集年月日    平成19年12月 4日





1.招集の場所    米原市議会議場





1.開会開議     平成19年12月 4日   午前10時05分





1.応召議員        1番  丸 本   猛    2番  粕 渕   進


              3番  市 川 照 峯    4番  丸 本 義 信


              5番  音 居 友 三    6番  清 水 隆 ?


              7番  北 村 喜代隆    8番  北 村 喜代信


              9番  冨 田   茂   10番  小 川 孝 司


             11番  磯 崎   清   12番  鍔 田   明


             13番  滝 本 善 之   14番  力 石 春 樹


             15番  堀 川 弥二郎   16番  的 場 收 治


             17番  松 宮 信 幸   18番  谷 田 武 一


             19番  前 川   明   20番  吉 川   登


             21番  大 澤   勉   22番  竹 中 桝 夫


             23番  宮 川 忠 雄   24番  中 野 卓 治





1.不応召議員      な し





1.出席議員       24名





1.欠席議員       な し





1.会議録署名議員    12番  鍔 田   明   13番  滝 本 善 之





1.地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名


   市長        平 尾 道 雄  副市長        西 田   弘


   教育長       瀬戸川 恒 雄  政策推進部長     千 代   博


   総務部長      三 原 禎 一  市民部長       小 野 初 雄


   健康福祉部長    小 松 博 夫  経済環境部長     野一色 義 明


   土木部長      岡   義 次  都市整備部長     坂 井 一 繁


   教育部長      清 水 克 章  山東市民自治センター長  寺 村 正 己


   伊吹市民自治センター長 伊富貴 孝 司  米原市民自治センター長  中 川 喜美夫


   近江市民自治センター長 宮 野 節 児  財政課長       中 谷 利 治


   総務課長      北 村   剛





1.職務のため議場に出席した者の職氏名


   事務局長      林   美津雄  書記         松 浦 正 剛





1.議事日程       別紙のとおり





1.会議に付した事件   別紙のとおり








平成19年米原市議会第4回定例会 議事日程 (第1号)


                平成19年12月4日 午前10時00分開議


                     場所  米原市議場


┌───┬───────┬──────────────────────────────┐


│日程 │議案番号   │件        名                    │


├───┼───────┼──────────────────────────────┤


│  1│       │会議録署名議員の指名〔12番鍔田明議員.13番滝本善之議員〕│


├───┼───────┼──────────────────────────────┤


│  2│       │会期決定について                      │


│   │       │〔自 平成19年12月4日 至 平成19年12月21日〕  │


├───┼───────┼──────────────────────────────┤


│  3│       │諸般の報告                         │


├───┼───────┼──────────────────────────────┤


│  4│報告第7号  │専決処分の報告について                   │


├───┼───────┼──────────────────────────────┤


│  5│諮問第2号  │市長の提案理由の説明                    │


│   │   〜   │                              │


│   │議案第117号│                              │


├───┼───────┼──────────────────────────────┤


│  6│諮問第2号  │人権擁護委員候補者の推薦について              │


├───┼───────┼──────────────────────────────┤


│  7│諮問第3号  │人権擁護委員候補者の推薦について              │


├───┼───────┼──────────────────────────────┤


│  8│諮問第4号  │人権擁護委員候補者の推薦について              │


├───┼───────┼──────────────────────────────┤


│  9│同意第6号  │米原市固定資産評価審査委員会委員の選任について       │


├───┼───────┼──────────────────────────────┤


│ 10│同意第7号  │米原市固定資産評価審査委員会委員の選任について       │


├───┼───────┼──────────────────────────────┤


│ 11│同意第8号  │米原市固定資産評価審査委員会委員の選任について       │


├───┼───────┼──────────────────────────────┤


│   │       │                              │


├───┼───────┼──────────────────────────────┤


│日程 │議案番号   │件        名                    │


├───┼───────┼──────────────────────────────┤


│ 12│議案第99号 │総括質疑                          │


│   │   〜   │                              │


│   │議案第117号│                              │


├───┼───────┼──────────────────────────────┤


│ 13│議案第99号 │議案の委員会付託                      │


│   │   〜   │                              │


│   │議案第117号│                              │


├───┼───────┼──────────────────────────────┤


│ 14│発議第5号  │米原市議会の議員の定数を定める条例の一部を改正する条例につい│


│   │       │て                             │


└───┴───────┴──────────────────────────────┘








               午前10時05分 開会


○議長(中野卓治君)


 皆さん、おはようございます。


 ただいまの出席議員は、24名全員であります。


 定足数に達しておりますので、これより、平成19年米原市議会第4回定例会を開会いたします。


 議員の皆様には、平成19年米原市議会第4回定例会にご参集くださいまして、まことにご苦労さまでございます。


 今定例会は、専決処分の報告、各種条例の制定・一部改正、平成19年度米原市各会計補正予算、公の施設における指定管理者の指定など、議案26件と発議1件が提案されます。いずれも重要な案件でありますので、慎重なご審議を賜りますとともに、会議が円滑に進行いたしますようお願い申し上げ、開会の挨拶といたします。


 ただいまより、市長から招集の挨拶があります。


 平尾市長。


○市長(平尾道雄君)


 皆さん、おはようございます。


 本年度最後となります第4回の米原市議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、ご多用のところご参集いただきました。まことにありがとうございます。


 平成19年度も残すところ1カ月足らずということになりました。今年はおくれておりました冬が先月の下旬でありますか、足早にやってまいりました。伊吹山も、一晩で三合目あたりまで雪が積もりました。その後、寒さも小休止ということでありますが、このような本日を迎えております。


 明日5日には、奥伊吹スキー場で冬山開き安全祈願祭が行われます。道路の除雪体制についても、これを整えております。いよいよ本格的な冬到来ということでございます。


 ただいま、市では、次年度に向けまして、分権と自治、そして地域間競争の時代にふさわしい自立した行政経営の確立に向けまして予算編成方針を定めて、現在、これの編成作業を進めているところでございます。


 改めて申し上げますと、本市の来年度の財政見通しでございますが、歳入では、景気の回復傾向はございますものの、市税の収入はほぼ横ばいでございます。国庫補助金、負担金や地方交付税は縮小の傾向にあります。県におきましても、非常事態とも言えます財政危機の中で、聖域を設けない新たな財政構造改革プログラムの策定作業に取り組まれております。現状の確保さえ期待できない厳しい状況でございます。


 歳出におきましては、都市基盤の整備や少子高齢化の進展に伴います経費が増大をしており、市債、いわゆる市の借入金の残高が平成22年度にはピークを迎えるという見込みであることなど、現下の財政運営は依然として厳しいものがございます。


 このような中ではありますけれども、平成20年度の施策の方向につきましては、6月議会で議決をいただきました総合計画基本構想の将来像「自然きらめきひと・まちときめく交流のまち」の実現を目指しまして、実質的なスタートの年にしたいと思っています。米原市の特色や強みを生かしたまちづくりから優先的に取り組みます戦略的地域経営を進めてまいる所存でございます。具体的には、米原市の都市ブランドの構築と新たな企業の立地促進、そして豊かな自然や希少生物の町の宝としての保全活用など、施策の展開、そして少子化・子育て対策の継続実施、さらには、子どもからお年寄りまで、市民がいつまでも生き生きと暮らすことができる健康をキーワードにした事業展開、これをぜひ検討してまいりたいと思っています。


 財政の健全化に向けましては、財政見通しを踏まえて中長期的な視点で、今まで以上に踏み込んだ歳入確保と歳出削減を余儀なくなれているところではございますが、一般財源ベースで、各部局に独自の知恵と工夫を求めます枠配分方式を採用いたしまして、市民満足度の向上を目指し、米原市にとって市民にとって今、何が必要なのか。何をなすべきかという施策の優先度に応じた一層の選択と集中、これによります総合計画、財政計画とリンクした財政調整基金に頼らない年間予算の編成をぜひ行いたい、かように考えているところでございます。


 ところで、先月の10日・11日の2日間にわたりまして、大津で天皇皇后両陛下のご臨席を仰ぎまして、全国豊かな海づくり大会が開催されました。私も中野議長ともども開会式に出席をさせていただきました。この大会は、魚や貝など水産資源の維持培養等、それらの生物が住みます海や湖の環境保全に対する意識を高めるために、昭和56年から、海のある都道府県で開催されているものでございますが、第27回となりました今回は、「このEQ\*jc2\*"Font:MS明朝"\*hps10\o\ad(\s\up10(うみ),湖)守る約束未来のために」というテーマで、内水面での初めての開催となったものであります。式典の開会式では、天皇陛下は、50年近く前、シカゴ市長から贈られましたブルーギルを日本に持ち帰ったことを明らかにされ、食用魚として期待の大きかったブルーギルが琵琶湖の生態系を脅かしていることについて、心を痛めているというふうに述べられました。また、葦の生い茂る地帯の造成や湖岸の清掃、周辺の山々の植林など、多くの人々が協力をして、最近は湖の環境もよくなってきていると聞きます。再び、魚影豊かな湖となることを期待していますとのお言葉がございました。


 私たちが住みます米原市では、伊吹山そして霊山を水源とする多くの水が姉川や天野川などの河川となって琵琶湖に注いでいます。この大会を機に、琵琶湖の水源を預かる私たち米原市といたしましても、多様な在来生物が生息する美しい琵琶湖や、米原の自然を未来の世代に引き継いでいけますよう、環境基本条例や蛍保護条例の理念に基づきまして、自然環境の保全、そして活用や循環型社会の構築など、市民の皆さんとともにさまざまな取り組みを進めてまいる必要性を改めて痛感をいたした次第でございます。


 いま1点、市では10月の20日でございました。交通事故の減少を願いまして、市民の皆さんとともに安全・安心の米原市を目指しての合い言葉に「交通安全市民大会」を開催させていただきました。しかしながら、10月の29日から11月の16日の間に、市内で4件の交通死亡事故が相次いで発生するなど、年間では、昨年の2名を大幅に上回ります12名もの尊い命が奪われております。そのうち8件が正面衝突による事故、センターラインを越えて反対車線に飛び出しての事故ということで、ちょっとした油断から取り返しのつかない大事故が起こっております。こうした状況から、11月20日には、緊急に米原市交通死亡事故抑止対策会議会を開催し、米原警察署によります交通取り締りの強化とともに、交通安全協会、安全運転管理者協会等の関係機関におきまして、のぼり旗での啓発や、伊吹山テレビなどによります市民の皆さんへの交通事故抑止への呼びかけを強化しているところでございます。


 12月1日からは、年末の交通安全運動が実施されておりますが、年末から年始にかけましては、何かとあわただしくなってまいりますし、飲酒の機会も増えてまいります。また、積寒期間に入りまして、例年の路面凍結などによる事故も多発することが予想されます。市民の皆さんには、飲酒運転は絶対にしない、させない、許さないということも交通ルールとして守っていただき、ゆとりある運転に心がけていただきますよう、改めてお願いをいたしたいと思います。


 あわせまして、この12月に入りまして、空気は乾燥しております。暖房を入れる機会も増えてまいります。暖房器具の周りに燃えやすいものを置かない、寝る前には暖房器具の切り忘れをしないなど、火災予防にはぜひともご注意をお願いいたしたいと思います。


 さて、今期定例会には、米原市工場等誘致条例の制定、平成19年度米原市一般会計補正予算案、公の施設における指定管理者の指定など、報告を1件、諮問3件、同意3件、議案19件の合計26件の案件を提出させていただきました。それぞれ説明をお聞き取りいただきまして、ご理解賜りましてご決定いただきますようお願いをいたしまして、開会に当たってのご挨拶とさせていただきます。


 よろしくお願いをいたします。


○議長(中野卓治君)


 市長の招集の挨拶が終わりました。


 ただちに、本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において、12番議員 鍔田明君と13番議員 滝本善之君の両名を指名いたします。


 日程第2、会期決定の件を議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期定例会の会期は、過日の議会運営委員会において協議の結果、本日より12月21日までの18日間といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」)


○議長(中野卓治君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、今期定例会の会期は、18日間と決定いたしました。


 なお、今期中の会議予定につきましては、お手元に配付いたしました日程表のとおりでありますので、ご了承をお願いいたします。


 日程第3、これより、諸般の報告を行います。


 最初に、議長の服務報告をいたします。


 報告事項につきましては、全員協議会にて報告のとおりでありますので、説明を省略いたします。


 次に、本定例会の会議事件説明のため出席を求めた者は、市長、副市長、教育長、各部長、各市民自治センター長、総務課長、財政課長であります。


 以上で、諸般の報告を終わります。


 日程第4、報告第7号 専決処分の報告についての報告を求めます。


 三原総務部長。


○総務部長(三原禎一君)


 専決処分について、ご報告をさせていただきます。


 報告第7号 専決処分の報告について


 損害賠償請求事件について、損害賠償額を定め和解することについて、地方自治法第180条第1項の規定による議会の指定に基づき、11月7日に専決処分をいたしましたので、同条第2項の規定により、報告するものでございます。


 相手方、事件の概要、損害賠償の額、その他和解条項につきましては、裏面専決処分書に記載のとおりでございます。


 平成19年5月29日に、市道春照14号線で発生をいたしました道路側溝ふたの破損に起因いたします歩行中の転倒事故による負傷の治療費といたしまして8,250円を損害賠償とすることで和解をさせていただいたものでございます。


 以上、専決処分の報告とさせていただきます。


○議長(中野卓治君)


 日程第5、市長より提出の、諮問第2号から議案第117までの議案25件を一括上程し、市長から提案理由の説明を求めます。


 平尾市長。


○市長(平尾道雄君)


 それでは、第4回定例会に提出をいたしました議案の総括説明をさせていただきます。


 諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦については、米原市伊吹729番地中村壽江氏を人権擁護委員に推薦することについて、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求めるものでございます。


 諮問第3号 人権擁護委員候補者の推薦については、同じく米原市入江283番地7圓花順子氏を人権擁護委員に推薦することについて、法の定めにより議会の意見を求めるものでございます。


 諮問第4号 人権擁護委員候補者の推薦についても、米原市米原562番地6田辺とも子氏を人権擁護委員に推薦することについて、法の定めにより議会の意見を求めるものでございます。


 同意第6号 米原市固定資産評価審査委員会委員の選任については、米原市上平寺188番地三宅敏子氏を委員に選任することについて議会の同意を求めるものでございます。


 同意第7号 米原市固定資産評価審査委員会委員の選任については、米原市朝日633番地1堀武氏を委員に選任することについて議会の同意を求めるものでございます。


 同意第8号 米原市固定資産評価審査委員会委員の選任については、米原市三吉32番地古野光員氏を委員に選任することについて議会の同意を求めるものでございます。


 議案第99号 米原市工場等誘致条例の制定については、現行の米原市工場等設置促進条例が平成20年3月31日をもって失効することから、引き続き企業誘致の取り組みを推進するため、新たな省令措置として米原市工場等誘致条例を制定するものでございます。


 議案第100号 米原市情報公開条例の一部を改正する条例については、平成19年10月1日から郵政民営化に伴い、日本郵政公社の文言を削る必要があるため、この案を提出するものでございます。


 議案第101号 米原市個人情報保護条例の一部を改正する条例につきましても、平成19年10月1日の郵政民営化に伴い、日本郵政公社の文言を削る必要があるため、この案を提出するものでございます。


 議案第102号 政治倫理の確立のための米原市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例については、郵政民営化及び証券取引法の一部改正に伴い改正が必要となったため、この案を提出するものです。


 議案第103号 米原市の議会の議員及び長の選挙における選挙運動用自動車の使用及び選挙運動用ポスターの作成の公費負担に関する条例の一部を改正する条例については、地方公共団体の長の選挙における選挙運動用ビラ作成に係る費用を公費負担とするため、この案を提出するものでございます。


 議案第104号 米原市農業委員会の選挙による委員の定数に関する条例の一部を改正する条例については、農業委員会の選挙による委員の定数を現在の20人から22人に変更するため、この案を提出するものです。


 議案第105号 米原市市営住宅条例の一部を改正する条例については、老朽化した米原市梅ヶ原1389番地の5戸の市営住宅を廃止するため、この案を提出するものです。


 議案第106号 米原市立図書館条例の一部を改正する条例については、山東図書館の開館時間を変更するため、この案を提出するものです。


 議案第107号 平成19年度米原市一般会計補正予算(第5号)は、既決の歳入歳出予算の2億4,215万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を183億2,368万2,000円とするものです。あわせて、債務負担行為等地方債の補正を行うものでございます。


 議案第108号 平成19年度米原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)は、既決の歳入歳出予算に8,872万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を37億4,014万2,000円とするものです。


 議案第109号 平成19年度米原市国民健康保険直営診療所事業特別会計補正予算(第2号)は、既決の歳入歳出予算に541万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を2億6,350万円とするものです。


 議案第110号 平成19年度米原市介護保険事業特別会計補正予算(第4号)は、既決の歳入歳出予算に179万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を28億2,968万4,000円とするものです。


 議案第111号 平成19年度米原市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)は、既決の歳入歳出予算から822万6,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を2億5,374万8,000円とするほか、地方債の補正を行うものでございます。


 議案第112号 平成19年度米原市流域関連公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)は、既決の歳入歳出予算から326万5,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を27億9,710万5,000円とするほか、繰越明許費の設定及び地方債の補正を行うものです。


 議案第113号 平成19年度米原駅東部土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)は、歳入歳出予算の変更はなく、米原駅東部土地区画整理事業費について繰越明許費の設定を行うものでございます。


 議案第114号 平成19年度米原市工業団地造成事業特別会計補正予算(第2号)は、既決の歳入歳出予算から297万5,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を6,996万4,000円とするものです。


 議案第115号 平成19年度米原市水道企業会計補正予算(第3号)は、既決の資本的収入に1億1,150万7,000円を追加し、補正後の資本的収入を6億6,332万8,000円とし、既決の資本的支出に1億2,149万7,000円を追加し、補正後の資本的支出を8億3,808万円とするほか、既決の企業債の限度額に5,460万円を追加し、補正後の企業債限度額を2億1,870万円とするものでございます。


 議案第116号 公の施設における指定管理者の指定について(米原市山東公民館、米原市民体育館、及び米原市山東グラウンド)は、平成20年4月1日から山東公民館、市民体育館、山東グラウンドの指定管理者に特定非営利活動法人カモンスポーツクラブ理事長宮永敏孝を引き続き指定したいので、地方自治法第244条の2第6項の規定により、この案を提出するものでございます。


 議案第117号 公の施設における指定管理者の指定について(和ふれあいセンター)でございますが、平成20年4月1日から、和ふれあいセンターの指定管理者に特定非営利活動法人学びゅ〜人理事長本田正春を指定したいので、法の定めによりこの案を提出するものでございます。


 以上、まことに簡略でありますが、提出議案の総括説明といたします。ご審議の上、適切なご決定賜りますよう、よろしくお願いをいたします。


○議長(中野卓治君)


 市長の説明が終わりました。


 これにて、提案理由の説明を終結いたします。


 次の日程に入るに先立ち、お諮りいたします。


 諮問第2号から諮問第4号までの議案3件、及び同意第6号から同意第8号までの議案3件、計議案6件については、会議規則第37条第3項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」)


○議長(中野卓治君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、ただいまの議案6件については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 この際、議事の都合により、日程第6 諮問第2号から日程第8 諮問第4号までの「人権擁護委員会候補者の推薦について」の議案3件を一括議題といたします。


 提案者の説明を求めます。


 三原総務部長。


○総務部長(三原禎一君)


 ただいま、議題とされました諮問第2号・3号・4号の3件につきまして、一括補足説明をさせていただきます。


 これら諮問3件につきましては、いずれも人権擁護委員を推薦することにつきまして、議会の意見を求めるものでございます。


 諮問第2号は、平成20年3月31日で任期満了となり退任されます人権擁護委員石川洋子氏の後任として、米原市伊吹729番地中村壽江氏を推薦することについて、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求めるものでございます。


 中村壽江氏は、医療現場や高齢者の介護における人権問題につきまして広い知識をお持ちの方でございます。


 続きまして、諮問第3号でございますが、同じく平成20年3月31日で任期満了により退任する人権擁護委員清水秀子氏の後任として、米原市入江283番地7圓花順子氏を推薦することにつきまして、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求めるものでございます。


 圓花順子氏は、教育現場におきまして、児童の人権擁護や人権教育に尽力され、特に子どもの人権につきまして広い見識をお持ちでございます。


 続きまして、諮問第4号は、同じく平成20年3月31日で任期満了により退任をされます人権擁護委員一ノ宮了祐氏の後任といたしまして、米原市米原562番地6田辺とも子氏を推薦することにつきまして、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求めるものでございます。


 田辺とも子氏は、長年栄養士として医療現場でお勤めの後、退職後はボランティアとして発展途上国における栄養指導を中心とした海外支援に従事されるなど、国際的な観点からの人権問題につきまして深い知識をお持ちの方でございます。


 以上、推薦をさせていただこうといたします3人の候補者につきましては、いずれも人権擁護委員法に定めました「人格、識見高く、広く社会の実情に通じ、人権擁護に理解があり、地域における自由人権思想の普及高揚に資する者」と期待されます。人権擁護委員法第6条第3項の推薦条件に該当するものと認められますことから、人権擁護委員の候補者として推薦をさせていただこうとするものでございます。


 以上、補足説明とさせていただきます。


○議長(中野卓治君)


 これをもって、提案者の補足説明を終わります。


 これより、ただいまの3議案に対し一括して質疑を行います。


 質疑はありませんか。


               (「質疑なし」)


○議長(中野卓治君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、質疑を終結いたします。


 これより、ただいまの3議案に対し一括して討論を行います。


 討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり適任と認めることに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員であります。


 よって、諮問第2号 人権擁護委員に中村壽江氏を推薦する議案は、原案のとおり適任と認めることに決定いたしました。


 次に、諮問第3号 人権擁護委員候補者の推薦についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり適任と認めることに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員であります。


 よって、諮問第3号 人権擁護委員に圓花順子氏を推薦する議案は、原案のとおり適任と認めることに決定いたしました。


 次に、諮問第4号 人権擁護委員候補者の推薦についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり適任と認めることに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員であります。


 よって、諮問第4号 人権擁護委員に田辺とも子氏を推薦する議案は、原案のとおり適任と認めることに決定いたしました。


 この際、議事の都合により、日程第9 同意第6号から日程第11 同意第8号までの「米原市固定資産評価審査委員会委員の選任について」の議案3件を一括して議題といたします。


 提案者の説明を求めます。


 三原総務部長。


○総務部長(三原禎一君)


 ただいま、議題とされました同意3件につきまして、補足説明をさせていただきます。


 同意第6号・7号・8号、いずれも米原市固定資産評価審査委員会委員の選任について議会の同意を求めるものでございます。


 同意第6号は、委員の鈴木博氏の任期が平成20年3月23日で満了となりますことから、その後任として米原市上平寺188番地三宅敏子氏を選任することにつきまして、地方税法第423条第3項の規定により議会の同意を求めるものでございます。


 三宅敏子氏は、司法書士、土地家屋調査士として固定資産の評価につきまして広い学識経験をお持ちの方でございます。そういったことから、選任をさせていただくものでございます。


 同意第7号は、同じく委員・堀武氏の任期が平成20年3月23日で満了となりますが、引き続き選任をさせていただくことにつきまして、法の定めによりまして議会の同意を求めるものでございます。


 堀武氏は、旧町の職員といたしまして長年固定資産評価に従事し、固定資産評価につきまして広い知識と経験をお持ちの方でございます。


 同意第8号は、同じく委員古野光員氏の任期が平成20年3月23日で満了となりますが、引き続き選任をさせていただくことにつきまして、法の定めるところにより議会の同意を求めるものでございます。


 古野光員氏は、金融機関で長年融資をご担当され、固定資産評価につきまして広い知識と経験をお持ちの方でございます。


 以上、補足説明とさせていただきます。


○議長(中野卓治君)


 これをもって、提案者の補足説明を終わります。


 これより、ただいまの3議案に対し一括して質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               (「質疑なし」)


○議長(中野卓治君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、質疑を終結いたします。


 これより、ただいまの3議案に対し一括して討論を行います。


 討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 これをもって、討論を終結いたします。


 これより、同意第6号 米原市固定資産評価審査委員会委員の選任についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員であります。


 よって、同意第6号 米原市固定資産評価審査委員会委員に三宅敏子氏を選任する議案は、原案のとおり同意することに決定しました。


 次に、同意第7号 米原市固定資産評価審査委員会委員の選任についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員であります。


 よって、同意第7号 米原市固定資産評価審査委員会委員に堀武氏を選任する議案は、原案のとおり同意することに決定しました。


 次に、同意第8号 米原市固定資産評価審査委員会委員の選任についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立全員であります。


 よって、同意第8号 米原市固定資産評価審査委員会委員に古野光員氏を選任する議案は、原案のとおり同意することに決定いたしました。


 日程第12、これより総括質疑を行います。


 総括質疑は、事前に通告がありませんでしたので、これにて、総括質疑を終結いたします。


 日程第13、議案の委員会付託を行います。


 各議案の付託は、会議規則第37条第1項の規定により、お手元に配付いたしております議案付託表のとおり、各常任委員会へ付託いたします。各常任委員会において審査方よろしくお願いいたします。


 ただいま、付託をいたしました各議案につきましては、それぞれの委員会での審査経過と結果につきまして、12月21日の本会議において、各常任委員会委員長からご報告をお願いいたします。


 以上で、議案の委員会付託の件を終結いたします。


 日程第14、発議第5号 米原市議会の議員の定数を定める条例の一部を改正する条例についてを議題とします。


 提出者の提案理由の説明を求めます。


 13番 滝本善之君。


○13番(滝本善之君)


 議長のお許しをいただきましたので、発議第5号 米原市議会の議員の定数を定める条例の一部を改正する条例についての提案理由の説明を申し上げます。


 本発議は、地方自治法第112条及び米原市議会会議規則第14条の規定によりまして提出するものであり、現在、24人と定められております議員の定数を、この後告示される市議会議員一般選挙以降、20人に定数変更するものであります。この件につきましては、粕渕進議員、吉川登議員のご賛同を得て、私滝本善之が提出をさせていただくものでございます。


 本来、米原市の法定議員数は26人でありますが、平成17年10月の米原市と近江町合併時に、合併協議会で定数を24名と定められて現在に至っておりますが、国の構造改革に伴い、各自治体においては厳しい行財政改革を強いられております。その中において、全国の市町村議会の動向を見たとき、多くの議会が定数削減を実施するとともに、滋賀県内の市町議会においても定数削減が進められております。米原市議会としては、議会本来の機能を低下させないことを念頭に、本年4月より検討を重ねてまいりました。その中での意見として、米原市は合併後日も浅く、定数削減は市民の意見を十分反映できないんではないか、さらには、この定数削減は、段階的に削減した方がいいのではないか等、意見がありましたが、行政改革が進む中において、議会においても意思を明確に示し、開かれた議会の構築に向けた議会改革と市民生活に軸足を置いた議会活動の充実こそが、市民の負託にこたえるものと考えます。


 以上のことより、市民が認める議会制民主主義の実践のため、20名での議会運営が適切、妥当な議員数と判断し、提案するものでございます。


 なお、この改正案は施行後、最初にその期日を告示される一般選挙から適用するものといたします。


 以上の提案に対し、議員諸兄のご賛同を賜りますよう、よろしくお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。


○議長(中野卓治君)


 提案理由の説明が終わりました。


 ただいまの提出者の提案理由の説明に対し、質疑はありませんか。


               (「質疑なし」)


○議長(中野卓治君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、質疑を終結いたします。


 これより、討論を行います。


 発議第5号に対する討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(中野卓治君)


 討論なしと認めます。


 これをもって、討論を終結いたします。


 これより、発議第5号 米原市議会の議員の定数を定める条例の一部を改正する条例についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(中野卓治君)


 お直りください。


 起立多数であります。


 よって、発議第5号は、原案のとおり可決されました。


 以上で、本日の日程はすべて終了いたしました。


 来る12月6日は、午前9時30分より本会議を開き、一般質問を行いますので、定刻までにご出席方お願いいたします。


 本日は、これにて散会いたします。


 ご苦労さまでした。


              午前10時25分 散会





 本会議は、真正であることを認め、地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。





   平成19年12月4日





               米原市議会議長





               米原市議会署名議員





               米原市議会署名議員