議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 米原市

平成19年第3回定例会(第1日 9月 4日)




平成19年第3回定例会(第1日 9月 4日)





        平成19年米原市議会第3回定例会会議録(第1号)





 
1.招集年月日    平成19年 9月 4日





1.招集の場所    米原市議会議場





1.開会開議     平成19年 9月 4日   午前10時40分





1.応召議員        1番  丸 本   猛    2番  粕 渕   進


              3番  市 川 照 峯    4番  丸 本 義 信


              5番  音 居 友 三    6番  清 水 隆 ?


              7番  北 村 喜代隆    8番  北 村 喜代信


              9番  冨 田   茂   10番  小 川 孝 司


             11番  磯 崎   清   12番  鍔 田   明


             13番  宮 川 忠 雄   14番  力 石 春 樹


             15番  堀 川 弥二郎   16番  的 場 收 治


             17番  松 宮 信 幸   18番  谷 田 武 一


             19番  前 川   明   20番  吉 川   登


             21番  大 澤   勉   22番  竹 中 桝 夫


             23番  中 野 卓 治   24番  滝 本 善 之





1.不応召議員      な し





1.出席議員       23名





1.欠席議員        1番  丸 本   猛





1.会議録署名議員    22番  竹 中 桝 夫   23番  中 野 卓 治





1.地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名


   市長        平 尾 道 雄  副市長        西 田   弘


   教育長       瀬戸川 恒 雄  政策推進部長     千 代   博


   総務部長      三 原 禎 一  市民部長       小 野 初 雄


   健康福祉部長    小 松 博 夫  経済環境部長     野一色 義 明


   土木部長      岡   義 次  都市整備部長     坂 井 一 繁


   教育部長      清 水 克 章  山東市民自治センター長  寺 村 正 己


   伊吹市民自治センター長 伊富貴 孝 司  米原市民自治センター長  中 川 喜美夫


   近江市民自治センター長 宮 野 節 児  財政課長       中 谷 利 治


   総務課長      北 村   剛





1.職務のため議場に出席した者の職氏名


   事務局長      林   美津雄  書記         松 浦 正 剛








平成19年米原市議会第3回定例会 議事日程 (第1号)


                平成19年9月4日 午前10時00分開議


                     場所  米原市議場


┌───┬───────┬────────────────────────────────┐


│日程 │議案番号   │件        名                      │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  1│       │会議録署名議員の指名〔  番    議員.  番    議員〕 │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  2│       │会期決定について                        │


│   │       │〔自 平成19年9月4日 至 平成19年9月 日〕       │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  3│       │諸般の報告                           │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  4│報告第5号  │専決処分の報告について                     │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  5│議案第77号 │市長の提案理由の説明                      │


│   │〜      │                                │


│   │議案第91号 │                                │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  6│議案第77号 │総括質疑                            │


│   │〜      │                                │


│   │議案第79号 │                                │


│   │       │                                │


│   │認定第1号  │                                │


│   │〜      │                                │


│   │認定第14号 │                                │


│   │       │                                │


│   │議案第80号 │                                │


│   │〜      │                                │


│   │議案第91号 │                                │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  7│議案第77号 │議案の委員会付託                        │


│   │〜      │                                │


│   │議案第79号 │                                │


│   │       │                                │


│   │認定第1号  │                                │


│   │〜      │                                │


│   │認定第14号 │                                │


│   │       │                                │


│   │議案第80号 │                                │


│   │〜      │                                │


│   │議案第91号 │                                │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  8│請願第3号  │「米原市の図書館を引き続き市が直接管理運営することを求める請願」│


│   │       │について                            │


└───┴───────┴────────────────────────────────┘








平成19年米原市議会第3回定例会 追加議事日程(第2号)


                平成19年9月4日 午前10時00分開議


                     場所  米原市議場


┌───┬───────┬────────────────────────────────┐


│日程 │議案番号   │件        名                      │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  7│       │決算特別委員会の設置について                  │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  8│       │決算特別委員会正副委員長の選任について             │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  9│       │議案の委員会付託                        │


│   │議案第77号 │                                │


│   │〜      │                                │


│   │議案第79号 │                                │


│   │       │                                │


│   │認定第1号  │                                │


│   │〜      │                                │


│   │認定第14号 │                                │


│   │       │                                │


│   │議案第80号 │                                │


│   │〜      │                                │


│   │議案第91号 │                                │


│   │議案第141号│                                │


│   │       │                                │


│   │       │                                │


│   │       │                                │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│ 10│請願第3号  │「米原市の図書館を引き続き市が直接管理運営することを求める請願」│


│   │       │について                            │


└───┴───────┴────────────────────────────────┘








             午前10時40分 開会


○議長(滝本善之君)


 皆さん、おはようございます。


 ただいまの出席議員は、23名であります。


 定足数に達しておりますので、これより、平成19年米原市議会第3回定例会を開会いたします。


 議員の皆様には、平成19年米原市議会第3回定例会にご参集くださいまして、まことにご苦労さまでございます。


 今定例会は、専決処分の報告、条例の一部改正、平成18年度米原市各会計歳入歳出決算認定、平成19年度米原市各会計補正予算、公の施設における指定管理者の指定など議案30件のほか、請願1件が提案されます。いずれも重要な案件でありますので、慎重なご審議を賜りますとともに、会議が円滑に進行いたしますようお願い申し上げ、開会の挨拶といたします。


 ただいまより、市長より招集の挨拶があります。


 平尾市長。


○市長(平尾道雄君)


 9月定例会の開会に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げたいと思います。


 本日は、平成19年第3回の定例会ということで招集をいたしましたところ、議員各位におかれましては、ご多用の中ご参集いただきました。ありがとうございます。


 さて、記録的な暖冬と春からの少雨に引き続きまして、今年の夏は、本当に日本列島全体が記録的ないわゆる猛暑、これに見舞われました。


 先月の16日には、埼玉県の熊谷市の方、そして岐阜県の多治見市の方で40.9度という国内最高気温を更新するなど、全国各地で過去最高の気温を記録し、いわゆる熱中症による死者も相次いだということでございます。また、これと同じ日に、実は、海洋研究開発機構と宇宙航空研究開発機構の共同チームの方から、北極海を覆っていますあの氷の面積が、人工衛星による観測が始まりました1978年以来、最小になったと。このペースで減少が進んでいけば、地球温暖化はさらに加速をして、異常気象の頻発など気象システムそのものに大きな変化を及ぼすおそれがあるということが発表をされていました。


 この夏の猛暑も、この海氷の減少の延長線上にあるんではないかというふうに思います。地球温暖化は私たちの人類の予測を相当早いペースで進んでいる、このように印象を強く受けているところでございます。


 さらに、この夏、全国各地では自然災害が猛威を振るいました。あの参議院選挙のさなか、7月16日午前10時13分、新潟県の中越沖地震は、柏崎そして長岡市ほか震度6強を観測いたしました。これまでに11名もの尊い命が失われ、多くの方が負傷をし、4,200棟を超えます住宅の全半壊被害など、避難所生活、そして仮設住宅への入居を余儀なくされるなどの事態で、阪神淡路大震災以来の大惨事というふうになりました。


 また、梅雨前線によります大雨につきましても、熊本県の美里町では、災害救助法が適用される大規模災害という形で、7月14日から15日にかけましては、7月に日本に上陸した台風としては過去最強の台風4号という形で、九州南部を中心に各地で土砂災害、浸水被害が発生し、被災地では今でも多くの災害復旧が続いているというふうに聞いています。


 一方、海外でも異常気象が相次いでいます。先月15日には、南米ペルーの太平洋岸でマグニチュードが7.9という強い地震が発生するなど、多くの方が、これまた尊い命をなくされました。これらの災害でお亡くなりになられました方々とご遺族に対しまして、心からお悔やみを申し上げますとともに、被害に遭われました皆さんにお見舞いを申し上げまして、一日も早い回復と復興ができますよう、心からお祈りを申し上げているところでございます。


 私は、このたびのこの地震とか、あるいは台風によります自然災害の猛威を目の当たりにいたしまして、改めて、市民の皆さんの生命と財産を守る立場にある者として、災害への備え、そして災害に強いまちづくりへの重要性を痛感しているところでございます。


 こうした中、米原市では、7月の21日でありました。職員の災害時の初動体制の確立を図ることを目的に、初めての図上訓練を実施をいたしました。想定は、日本列島に停滞をいたします梅雨前線の影響で土砂災害の発生が心配される中、東南海地域を震源とする地震が発生し、米原・近江地区を震度6弱、そして山東・伊吹地区では震度5強が観測されるという想定でありました。午前9時半に米原市民体育館に災害応急対策の1号配備体制を敷きまして、各班の約半数が参集いたしました。地震による建物の全半壊、死傷者の発生など、市内各所で甚大な被害を受け、あわせて土砂災害、危険箇所での土石流の発生による道路・電気・電話等のライフラインの甚大な被害が起こったという被害想定のもとで、災害時の応急対策についての活動内容の検討と訓練を行ったものでございます。当日は、先ほど申し上げました台風4号と新潟県中越沖の地震の直後であったためもありまして、職員はなお一層の緊張感の中での訓練となりました。訓練を通して、実際の災害の際に対策本部が設置されると、近江庁舎と各庁舎間の情報の収集、これの伝達を確実に行う体制が必要であることや、避難経路の確保、そして避難施設の安全確保、さらには被害地区との情報が遮断された場合の対策、初期活動においては、市民ボランティアをはじめ、日ごろの自治会組織での訓練や自主防災の組織化が需要であるといったさまざまな課題が見えてまいりました。この図上訓練で得られました問題、そして課題は、来月の14日、伊吹地域におきまして実施予定をしております「総合防災訓練」にぜひとも生かしていきたいというふうに思っています。


 さらに、全国各地の被災地での復興に向けました取り組みなど、生の情報を収集し、今後10年間の耐震改修の目標を設定する「耐震改修促進計画」と職員の「緊急初動マニュアル」の策定を進め、安全で、そして安心なまちづくりを進めてまいりたい、かように思っています。


 合併3年目を迎えましたあの6月定例議会では、総合計画基本構想を承認いただき、合併後初めて、いわゆる標準装備が整いました。来年度に向けまして、総合計画をもとにした新しい事務事業体系の構築であるとか、部局別の重点目標の設定作業を現在進めております。事業の目的、達成目標を明確にし、市民の皆さんに対する説明責任を徹底し、さらにこれについて、職員の意識の改革を図ることを目的に、試行的ではありますが、代表的な事務事業の実施状況の検証、そして評価をいたします「行政評価システム」を導入してまいりたい、このようにも考えています。


 総合計画の振興管理と行政評価、これに基づきます次年度の重点目標の設定、そして事業化のための予算編成という一連の過程を市民の皆さんとともに構築してまいりたい、かように考えております。


 さらに今後、総合計画に連動いたしまして、財政計画を策定し、議会や市民の皆さんにお示しをしていきたいというふうに思っています。


 なお、来年度の当初予算編成につきましては、各部局別に一般財源の上限を示しながら、部局ごとに目標達成に向けました事業の優先順位をつけ、精査を行い、限りある財源を有効に使う「市民満足度の向上」を図ってまいりたい、かように思っております。


 さて、今期定例会には、既存条例の一部改正、平成18年度米原市各会計の決算認定議案、そして平成19年度の米原市一般会計及び7つの特別会計補正予算案など、報告1件、認定14件、議案15件、合計30の案件を提出させていただきました。それぞれ説明をお聞き取りいただきまして、ご審議いただきますようお願い申し上げまして、開会に当たっての挨拶とさせていただきます。


 よろしくお願いをいたします。


○議長(滝本善之君)


 市長の挨拶が終わりました。


 ただちに、本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において、22番議員 竹中桝夫君と23番議員 中野卓治君の両名を指名いたします。


 日程第2、会期決定の件を議題といたします。


 お諮りをいたします。


 今期定例会の会期は、過日の議会運営委員会において協議の結果、本日より9月26日までの23日間といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」)


○議長(滝本善之君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、今期定例会の会期は、23日間と決定いたしました。


 なお、今期中の会議予定につきましては、お手元に配付いたしました日程表のとおりでありますので、ご了承をお願いいたします。


 日程第3、これより、諸般の報告を行います。


 最初に、議長の服務報告をいたします。


 報告事項につきましては、全員協議会において報告のとおりでありますので、説明を省略いたします。


 次に、本定例会の会議事件説明のため出席を求めた者は、市長、副市長、教育長、各部長、各市民自治センター長、総務課長、財政課長であります。


 以上で、諸般の報告を終わります。


 日程第4、報告第5号 専決処分の報告についての報告を求めます。


 三原総務部長。


○総務部長(三原禎一君)


 報告第5号 専決処分の報告をいたします。


 本件は、公用車による自動車事故により、相手方に与えた損害の賠償額を決定し、和解することにつきまして、地方自治法第180条第1項の規定による議会の指定に基づき、被害者救済のため早期に和解する必要があったことから、7月13日に専決処分をいたしたものでございます。


 同条第2項の規定により、報告するものでございます。


 事件の概要につきましては、裏面の専決処分書をご覧をいただきたいと思います。平成19年6月22日に、米原市志賀谷地先におきまして、停車中の相手方車両に追突し、損害を与えましたことから、相手方車両の損失17万6,035円を賠償することで和解が成立することとなりましたため、議会の指定に基づき、専決処分をさせていただいたものでございます。


 以上、専決処分の報告といたします。


○議長(滝本善之君)


 日程第5、市長より提出の、議案第77号から議案第91号までの議案30件を一括上程し、市長から提案理由の説明を求めます。


 平尾市長。


○市長(平尾道雄君)


 それでは、今第3回定例会に提出をいたしました議案の総括説明をさせていただきます。


 議案第77号 米原市行政手続条例の一部を改正する条例については、滋賀県知事の権限に属する事務の処理の特例に関する条例の全部改正に伴い、米原市行政手続の条例の一部を改正する必要が生じたため、この案を提出するものでございます。


 議案第78号 米原市消防団員等公務災害補償条例等の一部を改正する条例につきましては、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の公布に伴い、米原市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する必要が生じたため、この案を提出するものです。


 議案第79号 米原市都市計画法に基づく開発許可等の基準に関する条例の一部を改正する条例については、都市計画法の一部改正に伴い、米原市都市計画法に基づく開発許可等の基準に関する条例の一部を改正する必要が生じたため、この案を提出するものです。


 続いて、決算の認定をお願いする件でございます。


 認定第1号 平成18年度米原市一般会計歳入歳出決算認定について。


 認定第2号 平成18年度米原市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について。


 認定第3号 平成18年度米原市国民健康保険直営診療所事業特別会計歳入歳出決算認定について。


 認定第4号 平成18年度米原市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定について。


 認定第5号 平成18年度米原市老人保健医療事業特別会計歳入歳出決算認定について。


 認定第6号 平成18年度米原市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について。


 認定第7号 平成18年度米原市流域関連公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について。


 認定第8号 平成18年度米原市土地取得事業特別会計歳入歳出決算認定について。


 認定第9号 平成18年度米原駅東部土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定について。


 認定第10号 平成18年度米原市工業団地造成事業特別会計歳入歳出決算認定について。


 認定第11号 平成18年度米原市住宅団地造成事業特別会計歳入歳出決算認定について。


 認定第12号 平成18年度米原市駐車場(事業)特別会計歳入歳出決算認定について。


 認定第13号 平成18年度米原市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について。


 認定第14号 平成18年度米原市下水道事業会計決算(書)および剰余金処分計算書案の認定について。


 以上、一般会計ほか12特別会計及び1事業会計について、監査委員の意見及び主要な施策の成果を説明する書類、その他関係書類を添えまして、認定に付すものでございます。


 議案第80号であります。平成18年度米原市一般会計補正予算(第3号)は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3億4,843万1,000円を追加し、予算の総額をそれぞれ180億8,152万6,000円とするほか、地方債の追加及び変更を行うものでございます。


 議案第81号 平成19年度米原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ886万5,000円を追加し、予算の総額をそれぞれ36億5,141万5,000円とするものでございます。


 議案第82号 平成19年度米原市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4,788万5,000円を追加し、予算の総額をそれぞれ28億2,788万5,000円とするものでございます。


 議案の第83号 平成19年度米原市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,146万4,000円を追加し、予算の総額をそれぞれ38億8,346万4,000円とするものでございます。


 議案第84号 平成19年度米原市流域関連公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5万1,000円を追加し、予算の総額をそれぞれ28億37万円とするものです。


 議案の第85号 平成19年度米原駅東部土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ134万3,000円を追加し、予算の総額をそれぞれ20億5,105万9,000円とし、あわせて地方債の変更を行うものでございます。


 議案第86号 平成19年度米原市住宅団地造成事業特別会計補正予算(第1号)は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,767万円を追加し、予算の総額をそれぞれ1億7,317万円とするものです。


 議案第87号 平成19年度米原市水道事業会計補正予算(第2号)は、資本的収支において資本的収入の総額に559万6,000円を追加し、補正後の資本的収入総額を5億5,182万1,000円とし、資本的支出の総額に531万9,000円を追加し、補正後の資本的支出総額を7億1,658万3,000円とするものでございます。


 議案(第)88号 公の施設における指定管理者の指定につきましては、平成19年10月1日から、米原北公園及び湯谷公園の指定管理者に米原区を指定したいので、この案を提出するものです。


 議案(第)89号 公の施設における指定管理者の指定でございます。平成19年10月1日から、賀目山児童公園の指定管理者に賀目山区を指定したいので、この案を提出するものです。


 議案の第90号 公の施設における指定管理者の指定について。平成19年10月1日から、園原児童公園の指定管理者に春照区を指定したいので、この案を提出するものです。


 議案(第)91号 公の施設における指定管理者の指定について。平成19年10月1日から、伊吹ケ丘児童公園の指定管理者に伊吹ケ丘区を指定したいので、この案を提出するものでございます。


 以上、よろしくご審議をお願いいたします。


○議長(滝本善之君)


 市長の説明が終わりました。


 これにて、提案理由の説明を終結いたします。


 日程第6、これより、総括質疑を行います。


 総括質疑は、事前に通告がありませんのでしたので、これにて、総括質疑を終結いたします。


 暫時休憩いたします。


             午前11時01分 休憩


             午前11時03分 再開


○議長(滝本善之君)


 休憩前に引き続き、会議を開きます。


 ただいま、市長の提案理由の説明の中で、市長より発言の訂正の申し出がございますので、これを許可いたします。


 平尾市長。


○市長(平尾道雄君)


 大変失礼をいたします。


 認定の第14号のところ、平成18年度米原市水道事業会計決算と言うべきところを米原市下水道事業会計決算と申し上げました。水道事業会計ということで、訂正をお願いいたしたいと思います。


 さらにもう1点、議案の80号、平成19年度米原市一般会計補正予算と言うべきところを平成18年度と申し上げてしまいました。平成19年度米原市一般会計補正予算でございます。訂正方、よろしくお願いいたします。


 大変失礼いたしました。


○議長(滝本善之君)


 それでは、お諮りをいたします。


 ただいま、配付しました「決算特別委員会の設置について」及び「決算特別委員会正副委員長の選任について」を日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」)


○議長(滝本善之君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、ただいまの2件を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。


 日程変更の順序は、お手元に配付した追加日程表のとおりでありますので、ご了承をお願いいたします。


 日程第7 決算特別委員会の設置についてを議題といたします。


 お諮りをいたします。


 認定第1号から認定第14号までの議案14件につきましては、副議長を含む10名の委員をもって構成する「決算特別委員会」を設置し、これに付託の上、審査することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」)


○議長(滝本善之君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、認定第1号から認定第14号までの議案14件につきましては、副議長を含む10名の委員をもって構成する「決算特別委員会」を設置し、これに付託審査することに決定いたしました。


 お諮りをいたします。


 決算特別委員会の委員構成について、議長において指名推薦いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」)


○議長(滝本善之君)


 ご異議なしと認めます。


 それでは、これより指名いたします。


 3番 市川照峯君、4番 丸本義信君、5番 音居友三君、7番 北村喜代隆君、11番 磯崎清君、15番 堀川弥二郎君、16番 的場收治君、18番 谷田武一君、19番 前川明君と、副議長の中野卓治君の10名を指名いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」)


○議長(滝本善之君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました諸君の就任方、よろしくお願いをいたします。


 ただいま、委員指名いたしました決算特別委員会につきましては、休憩中に委員会を開き、正副委員長の互選を行い、その結果をご報告願います。


 暫時休憩いたします。


             午前11時05分 休憩


             午前11時20分 再開


○議長(滝本善之君)


 休憩前に引き続き、会議を開きます。


 日程第8 決算特別委員会正副委員長の選任についてを議題といたします。


 決算特別委員会より、正副委員長の報告がありましたので、事務局より報告をさせます。


 事務局。


○事務局(林美津雄君)


 自席から失礼します。


 先刻の休憩中に決算特別委員会が開催され、正副委員長が互選されましたので、ご報告いたします。


 決算特別委員会委員長に谷田武一議員、同副委員長に丸本義信議員であります。


 以上、報告を終わります。


○議長(滝本善之君)


 ただいま、事務局より報告があったとおり、よろしくご就任方、お願いをいたします。


 日程第9 議案の委員会付託を行います。


 各議案の付託は、会議規則第37条第1項の規定により、お手元に配付いたしております議案付託表のとおり、各常任委員会へ付託いたします。各常任委員会において審査方よろしくお願いをいたします。


 ただいま、付託いたしました各議案につきましては、それぞれの委員会での審査経過と結果につきまして、9月26日の本会議において、各委員会委員長からご報告をお願いいたします。


 以上で、議案の委員会付託の件を終結いたします。


 日程第10 請願第3号を議題といたします。


 請願書の朗読は、省略をいたします。


 紹介議員 清水隆?君より、請願の説明を求めます。


 清水隆?君。


○6番(清水隆?君)


 米原市の図書館を、引き続き市が直接管理運営することを求める請願書が出されましたので、私、紹介議員となりましたので、若干の説明をさせていただきたいと思います。


 ご承知のように、山東図書館はですね、3万人規模の図書館では住民一人当たりの貸出本数が全国第1位。近江図書館は、1万人未満で全国第3位という華々しい成果を上げているわけですね。


 滋賀県という県は、1970年代の前半までは、滋賀県自身が自称「文化後進県」と言われておったようであります。その当時は、図書館が2館しかなかったようです。その後、武村県政になってからなんですけれども、優秀な図書行政に精通された方が滋賀県に来られてですね、図書行政を全県的に広げられたと。そういうような中で、山東図書館や近江図書館が誕生していったわけでありますけれども、今や、まさに、滋賀県は、図書館行政では全国で第1位にのし上がるほどの成果を上げておるわけですね。ですから、文化後進県が文化先進県になっておると言われるゆえんだろうと思うんです。文化というのは、歴史を先取りすると言われます。それほど大切なものであります。これは、やはり公立図書館として、県の指導のもとにですね、全県的にこの図書行政が広められてきた大きな成果だと思います。ですから、滋賀県は、いまだ指定管理制度を導入せよというような形にはなっておりません。にもかかわらず、米原市だけが先取りするような形で指定管理者制度を導入しようとする。


 で、図書館というのは、図書館法の第17条にもはっきり明記されているんですけれども、貸出は一切無料になってます。有償にしてはならないという規定がありますので、指定管理をやるとなりますと、それなりのやっぱり、指定管理料というものを払わなければ、まともな図書行政は進まないと思うんですね。人件費を削減する、経費を削減するという、そういう形での図書館を指定管理に回すということであれば、図書を借りに来るお客さんが少なければ少ないほど、経費は削減できるわけです。今のように多くの住民の方が図書を利用されるようなことになればですね、司書のたくさん要るし、職員もたくさん要るというような形になってくるんです。ですから、これはもう「もろ刃のやいば」でですね、図書館がはやれば経費が高くつく。図書館が廃れていけば経費は少なくて済む、その辺をどの辺に求めるかというような形になろうと思うんですけれども、指定管理にしてやればですね、どうしたってやっぱり、経費削減とか人件費削減というような形になっていけば、今のような形の図書行政は維持できないと思うわけです。ですから、引き続きですね、市は直接管理をする、運営をすると、こういう制度を維持していただきたいという内容でございますので、よろしくご審議の上、適切なご決定をいただきたいと思います。


 以上であります。


○議長(滝本善之君)


 紹介議員の清水隆?君の説明が終わりました。


 ただいま、議題となっております請願第3号につきましては、会議規則第85条の規定により、総務教育常任委員会に付託をいたします。


 審査方、よろしくお願いいたします。


 ただいま、付託をいたしました請願1件につきましては、委員会での審査経過と結果につきまして、9月26日の本会議において、総務教育常任委員長からご報告をお願いいたします。


 以上で、本日の日程はすべて終了いたしました。


 来る9月5日は、午前9時30分より本会議を開き、一般質問を行いますので、定刻までにご出席方お願いをいたします。


 なお、本日は、冷房が故障いたしまして、まことに申しわけございませんでした。明日までには何とか修理ができるように努力させますので、ご理解をいただきたいと思います。


 本日は、これにて散会をいたします。


 ご苦労さんでございました。


             午前11時26分 散会