議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 米原市

平成19年第2回定例会(第1日 6月 7日)




平成19年第2回定例会(第1日 6月 7日)





        平成19年米原市議会第2回定例会会議録(第1号)





 
1.招集年月日    平成19年 6月 7日





1.招集の場所    米原市議会議場





1.開会開議     平成19年 6月 7日   午前10時00分





1.応召議員        1番  丸 本   猛    2番  粕 渕   進


              3番  市 川 照 峯    4番  丸 本 義 信


              5番  音 居 友 三    6番  清 水 隆 ?


              7番  北 村 喜代隆    8番  北 村 喜代信


              9番  冨 田   茂   10番  小 川 孝 司


             11番  磯 崎   清   12番  鍔 田   明


             13番  宮 川 忠 雄   14番  力 石 春 樹


             15番  堀 川 弥二郎   16番  的 場 收 治


             17番  松 宮 信 幸   18番  谷 田 武 一


             19番  前 川   明   20番  吉 川   登


             21番  大 澤   勉   22番  竹 中 桝 夫


             23番  中 野 卓 治   24番  滝 本 善 之





1.不応召議員      な し





1.出席議員       全 員





1.欠席議員       な し





1.会議録署名議員    14番  力 石 春 樹   15番  堀 川 弥二郎





1.地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名


   市長        平 尾 道 雄  副市長        西 田   弘


   教育長       瀬戸川 恒 雄  政策推進部長     千 代   博


   総務部長      三 原 禎 一  市民部長       小 野 初 雄


   健康福祉部長    小 松 博 夫  経済環境部長     野一色 義 明


   土木部長      岡   義 次  都市整備部長     坂 井 一 繁


   教育部長      清 水 克 章  山東市民自治センター長  寺 村 正 己


   伊吹市民自治センター長 伊富貴 孝 司  米原市民自治センター長  中 川 喜美夫


   近江市民自治センター長 宮 野 節 児  財政課長       中 谷 利 治


   総務課長      北 村   剛





1.職務のため議場に出席した者の職氏名


   事務局長      林   美津雄  事務局次長      山 田 英 喜








平成19年米原市議会第2回定例会 議事日程 (第1号)


                平成19年6月7日 午前10時00分開議


                     場所  米原市議場


┌───┬───────┬────────────────────────────────┐


│日程 │議案番号   │件        名                      │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  1│       │会議録署名議員の指名〔  番    議員.  番    議員〕 │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  2│       │会期決定について                        │


│   │       │〔自 平成19年6月7日 至 平成19年6月 日〕         │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  3│       │諸般の報告                           │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  4│報告第1号  │繰越明許費について                       │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  5│報告第2号  │予算繰越計算書について                     │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  6│報告第3号  │滋賀県市町土地開発公社の事業計画および決算に関する書類の提出につ│


│   │       │いて                              │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  7│報告第4号  │財団法人伊吹山麓青少年育成事業団の事業計画および決算に関する書類│


│   │       │の提出について                         │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│ 8 │諮問第1号  │市長の提案理由の説明                      │


│   │〜      │                                │


│   │議案第75号 │                                │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  9│諮問第1号  │人権擁護委員候補者の推薦について                │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│ 10│同意第3号  │米原市固定資産評価員の選任について               │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│ 11│承認第1号  │専決処分の承認を求めることについて(米原市税条例の一部を改正する│


│   │       │条例)                             │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│ 12│承認第2号  │専決処分の承認を求めることについて(米原市都市計画税条例の一部を│


│   │       │改正する条例)                         │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│ 13│承認第3号  │専決処分の承認を求めることについて(米原市国民健康保険税条例の一│


│   │       │部を改正する条例)                       │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│ 14│承認第4号  │専決処分の承認を求めることについて(平成18年度米原市一般会計補│


│   │       │正予算(第7号))                       │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│ 15│議案第56号 │総括質疑                            │


│   │〜      │                                │


│   │議案第75号 │                                │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│ 16│議案第56号 │議案の委員会付託                        │


│   │〜      │                                │


│   │議案第75号 │                                │


└───┴───────┴────────────────────────────────┘








             午前10時00分 開会


○議長(滝本善之君)


 ただいまの出席議員は、24名全員であります。


 定足数に達しておりますので、これより、平成19年米原市議会第2回定例会を開会いたします。


 議員の皆様には、平成19年米原市議会第2回定例会にご参集くださいまして、まことにご苦労さまでございます。


 今定例会は、各種報告、人事案件の諮問及び同意、専決処分の承認、条例の制定及び一部改正、平成19年度米原市各会計補正予算など議案30件が提案されます。いずれも重要な案件でありますので、慎重なご審議を賜りますとともに、会議が円滑に進行いたしますようお願い申し上げ、開会の挨拶といたします。


 ただいまより、市長から招集の挨拶があります。


 平尾市長。


○市長(平尾道雄君)


 6月定例会の開会に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。


 本日は、平成19年第2回の定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、ご多用のところご参集いただき、まことにありがとうございます。


 伊吹山から霊仙山系にわたります山並みの青葉がまぶしく生える季節となってまいりました。市内の田園も緑を増しまして、日に日に稲が力強く育っている状況にあります。


 そして来週の11日からは、天の川ほたるまつりが実行委員会を中心にボランティアの皆さんをはじめ、多くの方々のご協力で1週間にわたって開催されるところでございます。


 さて、今年の冬は、記録的な豪雪となった昨年とは一転して記録的な暖冬でございました。この影響としては、雪解け水が少なかったことに加えまして、この4月に入ってからも雨が少なく、彦根地方気象台によりますと、滋賀県の1月から5月の降水量は平年の5割強にとどまっています。このため、4月、5月の琵琶湖の水位は平年を30センチ前後下回る状況で推移しており、今日現在では、マイナス15センチというふうな状況下にあります。


 そういう状況で、先月の24日には、守山市と野洲市沖におきまして、2年ぶりに赤潮の兆候が確認されたと報道がございました。


 この暖冬と少雨、まさに私たちの生活に迫りくる地球温暖化の現象のあらわれでありまして、温暖化は琵琶湖の水位だけでなく、水質にも影響を与えております。さらに今後、夏場にかけましては渇水が心配され、水稲や夏野菜の生育への影響も気になるところでございます。


 ただいま、ドイツの北部のハイリゲンダムではサミットが開催をされています。ここでの主要課題は温暖化ガス削減問題、安倍首相は2050年までの世界の温暖化ガス排出量半減を主張しておられます。


 私たちも生活を変える工夫がいります。「どれだけ多く」ではなくて「どれだけ少ないもので暮らすのか」、このように新聞はコメントを加えています。


 ここにも、私たちが今、向き合っていますまちづくりへの姿勢、従来型、既存の思考では明日は開けないという思いとも重なるのではないでしょうか。


 さて、最近の我が国の経済動向は、5月の月例経済報告で「景気は、生産の一部に弱さが見られるものの回復している。」との基調判断がされ、引き続き、戦後最長となる景気回復が続いているというふうに言われています。


 また、バブル期並みと言われた新卒の就職戦線の改善が追い風となりまして、4月の完全失業率も9年ぶりに3%台まで改善するなど、雇用情勢の改善も進んでいるというふうに言われています。


 しかしながら、もとより中小企業は大変厳しい状況が続いております。大企業においても、収益は設備投資や研究開発への投資、そして敵対的買収への対応策として株主への配当という形で使われておりまして、業績の伸びが従業員の賃金アップへつながっておらず、個人消費が伸び悩む中で、景気回復が戦後最長と言われましても、市民の実感としては「ぴんと来ない」というのが実情ではないでしょうか。


 このような中で、地方分権や三位一体改革の一つとして、所得税から住民税への移行によりまして、総額3兆円の税源移譲が行われました。1月の行われた所得税の減額とあわせまして、今月(6月)からは住民税の増額が行われているところでございます。しかしながら、国庫補助金や地方交付税などは大幅に削減されまして、地方財政は大きな影響を受けています。


 また、昨年12月には第2期の分権改革といたしまして、地方分権改革推進法が成立し、去る先月末には丹羽地方分権推進委員会委員長から安部総理大臣に「地方分権改革推進に当たっての基本的な考え方」が提出されました。この中では「平成の大合併により基礎自治体の体制整備が進んだ今こそ、中央政府と対等・協力の関係にある地方政府の確立を目指して次なる分権改革、これは自治行政権のみならず自治財政権、そして自治立法権を有する完全自治体を目指す取り組みである。」とされています。


 私は、本当の意味の地方分権、地方主権とは、だれもが住みなれた地域で生き生きと暮らしていける社会を目指して基礎的な自治体である市町村にできる限りの権限と財源を移譲し、人々の知恵と工夫と参加によって、暮らしを支える新しい形の公共サービスをつくり出し、豊かな自治を目指していくことだというふうに考えています。


 このため、米原市では合併3年目を迎えたこの平成19年を「創造元年」と位置づけ、豊かな自治実現を目指しまして、市民の皆さんとの協働によって、市民サービスが多様な姿で展開されるまちづくりを始動したところでございます。


 5月には、8部局4センターから、合計34項目の重点目標を市民の皆さんに公表し、職員一丸となって職務に取り組むことをお約束させていただきました。


 市役所が実行する取り組みを市民の皆さんに向かって宣言をし、今後、進捗状況や達成状況も公表させていただきます。市民と行政がお互いの立ち位置を変えて、市民評価の中で仕事を進めることで、市民の皆さんとともに語り、ともに米原スタンダードモデル、政策をつくっていく、米原市のまちづくりを進めてまいりたいというふうに思っています。


 今議会には、米原市の今後10年間のまちづくりの到達目標を示します、米原市の設計図「米原市総合計画基本構想」を提案させていただきたいと思っています。昨年備わりました自治基本条例、さらには行財政改革とともに、豊かな自治の実現への標準装備の一つとなっているものでございます。


 この基本構想の策定に当たりましては、市民の皆さんが中心になって総合計画審議会で集中的な議論をしていただく中で、新市のまちづくり計画をもとに、自治基本条例の理念に基づいた、まちづくりの方向性と手法を具現化するとともに、市民の視点で政策を体系化していただきました。


 この中で、環境分析の手法により導き出されました米原市の強みを生かして「広域的な交流・都市機能の整備」、そして「豊かな自然と自然の恵みの活用」、さらに「次代を担う人材育成の推進」といった3つの点につきまして重点的に取り組み、米原市の体力向上につなげる戦略的地域経営、これを進めてまいりたいと考えているものでございます。


 今期定例会でご審議いただきます案件は、ただいま申し上げました「総合計画の基本構想」、さらには、旧山東地域に適用されておりました「蛍保護条例」を米原市全域に拡大をし、米原市の豊かな自然環境を象徴する蛍の保護を通して、恵まれた自然環境を保全し、後世に引き継ぐことを目指します「米原市蛍保護条例」、また滋賀県の面積の約6分の1を占めます琵琶湖について、等距離線方式により市町の境界画定を決定することについて意見を求める議案など、報告4件、諮問1件、同意1件、承認4件、議案20件の、合計30案件についてご審議をいただきます。


 それぞれ慎重なるご審議を賜りますようお願いいたしまして、開会に当たってのご挨拶とさせていただきます。


 よろしくお願いいたします。


○議長(滝本善之君)


 市長の挨拶が終わりました。


 ただちに、本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において、14番議員 力石春樹君と15番議員 堀川弥二郎君の両名を指名いたします。


 日程第2、会期決定の件を議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期定例会の会期は、過日の議会運営委員会において協議の結果、本日より6月22日までの16日間といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


              (「異議なし」)


○議長(滝本善之君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、今期定例会の会期は、16日間と決定いたしました。


 なお、会期中の会議予定につきましては、お手元に配付いたしました日程表のとおりでありますので、ご了承をお願いいたします。


 日程第3、これより、諸般の報告を行います。


 最初に、議長の服務報告をいたします。


 報告事項につきましては、全員協議会にて報告のとおりでありますので、説明を省略いたします。


 次に、本定例会の会議事件説明のため出席を求めた者は、市長、副市長、教育長、各部長、各市民自治センター長、総務課長、財政課長であります。


 以上で、諸般の報告を終わります。


 日程第4、報告第1号 繰越明許費についての報告を求めます。


 三原総務部長。


○総務部長(三原禎一君)


 報告第1号 繰越明許費について。


 地方自治法第213条第1項の規定に基づき、予算の繰越をした歳出予算の経費について、平成19年第1回定例会において繰越明許費として議決された一般会計ほか4特別会計における各繰越事業について、同法施行令第146条第2項の規定により、別紙繰越計算書を調製し報告するものでございます。


 会計及び事業ごとの金額並びにその財源につきましては、別紙繰越計算書に記載のとおりでございます。


 以上、報告といたします。


○議長(滝本善之君)


 日程第5、報告第2号 繰越計算書についての報告を求めます。


 岡土木部長。


○土木部長(岡義次君)


 報告第2号 予算繰越計算書について。


 平成18年度米原市水道事業会計のうち建設改良費等に係る予算を、別紙のとおり翌年度に繰り越したので、地方公営企業法第26条第3項の規定により、報告するものでございます。


 内容につきましては、別紙のとおりでございます。


 以上でございます。


○議長(滝本善之君)


 日程第6、報告第3号 滋賀県市町土地開発公社の事業計画及び決算に関する書類の提出についての報告を求めます。


 千代政策推進部長。


○政策推進部長(千代博君)


 報告第3号 滋賀県市町土地開発公社の事業計画及び決算に関する書類の提出について、ご報告申し上げます。


 地方自治法第243条の3第2項の規定に基づきまして、その経営状況を説明する書類として、平成19年度の事業計画書、収支予算書及び資金計画書と、平成18年度の事業報告書及び財務諸表に決算監査報告書を添えて提出するものでございます。


 平成19年度の事業計画でございますが、土地の取得、造成につきましては、構成市町から新規事業の申し出予定がないため、年度中に新規事業の申し出があった場合には即応するとしております。


 また、公社保有土地のうち、1万91平方メートルの土地の処分を予定しております。


 収入支出予算の総額は、それぞれ3億3,062万円となっております。


 次に、平成18年度の事業概要については、期末の土地保有状況が13万8,152.88平方メートルとなっております。


 また、財務諸表は、事業収支において1,130万4,253円の損失でありますが、事業外収支は3万8,058円の利益となりました。


 以上の結果、平成18年度は1,126万6,195円の純損失を計上しております。


 以上、報告とさせていただきます。


○議長(滝本善之君)


 日程第7、報告第4号 財団法人伊吹山麓青少年育成事業団の事業計画及び決算に関する書類の提出についての報告を求めます。


 清水教育部長。


○教育部長(清水克章君)


 それでは、報告第4号 財団法人伊吹山麓青少年育成事業団の事業計画及び決算に関する書類の提出について、報告させていただきます。


 これは、地方自治法第243条の3第2項の規定に基づきまして、平成18年度決算に関する書類及び平成19年度事業計画を別冊のとおり報告させていただくものでございます。


 まず、事業報告書の5ページから7ページをお開きいただきますと、収支決算書を添付しておりますので、ご覧をいただきたいと思います。


 それから、19年度事業計画予算書等につきましては、8ページ以降に記載されておりますので、ご覧をいただきたいと思います。


 以上、まことに簡単でございますが、報告第4号の説明とさせていただきます。


○議長(滝本善之君)


 日程第8、市長より提出の、諮問第1号から議案第75号までの議案26件を一括上程し、市長から提案理由の説明を求めます。


 平尾市長。


○市長(平尾道雄君)


 それでは、提案理由の説明を申し上げます。


 まず、諮問の第1号 人権擁護委員候補者の推薦については、人権擁護委員 膽吹秀憲氏の任期は平成19年の9月30日で満了となりますが、後任として、米原市村居田865番地 山中紘氏を推薦することについて意見を求めたいので、この案を提出するものでございます。


 次の、同意第3号です。米原市固定資産評価員の選任については、4月の人事異動によりまして、本田仁美を税務課長といたしましたので、米原市固定資産評価員に選任することについて同意を得たいので、この案を提出するものでございます。


 承認の第1号 専決処分の承認を求めることについて(米原市税条例の一部を改正する条例)は、地方税法等の一部改正する法律等が平成19年3月30日に公布されたことに伴いまして、緊急に米原市税条例を改正する必要が生じました。このため、米原市税条例の一部を改正する条例を専決処分をいたしましたので、これを報告し承認を得るため、この案を提出するものでございます。


 承認の第2号です。専決処分の承認を求めることについて(米原市都市計画税条例の一部を改正する条例)です。


 地方税法等の一部を改正する法律等が平成19年3月30日に公布されたことに伴いまして、緊急に米原市都市計画税条例を改正する必要が生じました。このため、米原市都市計画税条例の一部を改正する条例を専決処分いたしましたので、これを報告し承認を得るため、この案を提出するものでございます。


 次に、承認の第3号です。専決処分の承認を求めることについて(米原市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)です。


 地方税法等の一部改正をする法律等が平成19年3月30日に公布されたことに伴い、緊急に米原市国民健康保険税条例を改正する必要が生じました。このため、米原市国民健康保険税条例の一部を改正する条例を専決処分いたしましたので、これを報告し承認を得るため、この案を提出するものでございます。


 承認の第4号です。専決処分の承認を求めることについて(平成18年度米原市一般会計補正予算(第7号))です。


 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4億2,367万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ179億9,401万3,000円とする、平成18年度米原市一般会補正予算(第7号)を専決処分いたしましたので、これを報告し承認を得るため、この案を提出するものでございます。


 議案の第56号です。米原市蛍保護条例の制定については、山東地域を対象として適用されていました蛍保護条例の適用範囲を市内全域に拡大をし、米原市の豊かな自然環境を象徴する蛍の保護を通じて、市民等の環境保全意識を高め、活力ある緑豊かなまちづくりを目指す、米原市蛍保護条例を制定するため、この案を提出するものでございます。


 議案の第57号です。米原市子ども家庭サポートセンター条例の制定については、児童の成長、少年及び若者の自立に関する相談並びに支援活動を総合的かつ効果的に行う米原市子ども家庭サポートセンターを設置するため、この案を提出するものでございます。


 議案の第58号です。米原市税条例の一部を改正する条例。


 地方税法等の一部を改正する法律、地方税法施行令等の一部を改正する政令、地方税法施行規則等の一部を改正する省令、地方税法等の一部を改正する等の法律が、この平成19年3月30日に公布されました。米原市税条例の一部を改正する必要があるため、この案を提出するものでございます。


 議案の第59号です。米原市都市計画税条例の一部を改正する条例です。


 地方税法等の一部を改正する法律等が平成19年3月30日に公布され、米原市都市計画税条例の一部を改正する必要があるため、この案を提出するものでございます。


 次に、議案の第60号です。米原市放課後児童クラブ条例の一部を改正する条例については、平成19年7月1日から、児童が放課後などの時間を過ごす、遊びや生活の場として、既存の放課後児童クラブを核に、その充実・拡大を図るため、この案を提出するものでございます。


 議案の第61号 米原市都市公園条例の一部を改正する条例については、平成19年10月1日から、米原市都市公園として新たに5施設を追加し、地方自治法第244条の2第3項の規定によりまして、当該施設の管理を指定管理者に行わせるため、この案を提出するものでございます。


 議案の第62号 米原市総合計画基本構想については、米原市総合計画基本構想を定めるに当たり、地方自治法第2条第4項の規定により、議会の議決が必要とされるため、この案を提出するものでございます。


 議案の第63号です。平成19年度米原市一般会計補正予算(第1号)は、歳入歳出予算の総額にそれぞれ7億5,309万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ177億3,309万5,000円とするものでございます。


 議案の第64号です。平成19年度米原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)は、歳入歳出予算の総額からそれぞれ1,245万円を減額し、歳入歳出予算の総額を36億4,255万円とするものでございます。


 議案の第65号です。平成19年度米原市国民健康保険直営診療所事業特別会計補正予算(第1号)は、歳入歳出予算の総額からそれぞれ391万8,000円を減額し、歳入歳出予算それぞれを2億5,808万2,000円とするものでございます。


 議案の第66号です。平成19年度米原市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)は、歳入歳出予算の総額に増減はなく、国庫補助金、支払基金交付金、県補助金、繰入金の科目間において金額更正を行うものでございます。


 議案の第67号です。平成19年度米原市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)は、歳入歳出予算の総額にそれぞれ1,300万円を追加し、歳入歳出予算それぞれを38億5,200万円とするものでございます。


 議案の第68号です。平成19年度米原市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)は、歳入歳出予算総額からそれぞれ2万6,000円を減額し、歳入歳出予算総額それぞれ2億6,197万4,000円とするものでございます。


 議案の第69号です。平成19年度米原市流域関連公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)は、歳入歳出予算の総額からそれぞれ968万1,000円を減額し、歳入歳出予算それぞれを28億31万9,000円といたすものでございます。


 議案の第70号です。平成19年度米原駅東部土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)は、歳入歳出予算の総額にそれぞれ71万6,000円を追加し、歳入歳出予算それぞれ20億4,971万6,000円といたすものでございます。


 議案の第71号です。平成19年度米原市工業団地造成事業特別会計補正予算(第1号)は、歳入歳出予算の総額に523万9,000円を追加し、歳入歳出予算それぞれを7,293万9,000円といたすものでございます。


 議案(第)72号です。平成19年度米原市水道事業会計補正予算(第1号)は、収益的収支においては、水道事業費用の総額から460万6,000円を減額し、水道事業費用の総額を6億1,045万3,000円とし、また、資本的収支においては、資本的収入の総額は変わらず、企業債を3,830万円減額し、一般会計からの出資金3,830万円を充当し、資本的支出においては3万2,000円を減額し、資本的支出総額を7億1,126万4,000円といたすものでございます。


 議案の(第)73号です。損害補償の額を定め和解することについては、平成19年2月6日に、米原市下多良3丁目3番地先において発生をいたしました、公用車対物事故事件について、市が負担をする損害賠償の額を定め、相手方と和解をしたいので、地方自治法第96条第1項第12号及び第13号の規定によりまして、この案を提出するものでございます。


 議案の(第)74号です。損害賠償の額を定め和解することについては、平成19年3月19日に、米原市上平寺地先において発生をいたしました、公用車対物事故事件について、市が負担をする損害賠償額の額を定め、相手方と和解をしたいので、地方自治法第96条第1項第12号及び第13号の規定によりまして、この案を提出するものでございます。


 最後に、議案の第75号であります。市町境界の決定に関する意見については、滋賀県知事から意見を求められた、琵琶湖における米原市と彦根市及び長浜市との境界決定案について、地方自治法第9条の2第3項の規定により、関係市町の議会の議決が必要とされるため、この案を提出するものでございます。


 以上、諮問1件、同意1件、承認4件、議案20件でございます。


 よろしくご審議いただきますようお願いいたします。


○議長(滝本善之君)


 市長の説明が終わりました。


 これにて、提案理由の説明を終結いたします。


 次の日程に入るに先立ち、お諮りいたします。


 諮問第1号の議案1件、同意第3号の議案1件、及び承認第1号から承認第4号までの議案4件、計議案6件については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


              (「異議なし」)


○議長(滝本善之君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、ただいまの議案6件については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 日程第9 諮問第1号を議題といたします。


 諮問第1号に対し、質疑を求めます。


 質疑はありませんか。


              (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、質疑を終結いたします。


 これより、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、諮問第1号 米原市人権擁護委員候補者の推薦についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり適任と認めることに賛成の諸君の起立を求めます。


               (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、諮問第1号 人権擁護委員に山中紘氏を推薦する議案は、原案のとおり適任と認めることに決定いたしました。


 日程第10 同意第3号を議題といたします。


 同意第3号に対し、質疑を求めます。


 質疑はありませんか。


              (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、質疑を終結いたします。


 これより、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、同意第3号 米原市固定資産評価員の選任についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。


               (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、同意第3号 米原市固定資産評価員に本田仁美氏を選任する議案は、原案のとおり同意することに決定いたしました。


 この際、議事の都合により、日程第11 承認第1号から日程第13 承認第3号までの議案3件を一括議題といたします。


 ただいまの3議案に対し、一括して質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


              (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、質疑を終結いたします。


 これより、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、承認第1号 専決処分の承認を求めることについて(米原市税条例の一部を改正する条例)を採決いたします。


 本案は、原案のとおり承認することに賛成の諸君の起立を求めます。


               (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、承認第1号は、原案のとおり承認されました。


 次に、承認第2号 専決処分の承認を求めることについて(米原市都市計画税条例の一部を改正する条例)を採決いたします。


 本案は、原案のとおり承認することに賛成の諸君の起立を求めます。


               (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、承認第2号は、原案のとおり承認されました。


 次に、承認第3号 専決処分の承認を求めることについて(米原市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)を採決いたします。


 本案は、原案のとおり承認することに賛成の諸君の起立を求めます。


               (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立多数です。


 よって、承認第3号は、原案のとおり承認されました。


 日程第14 承認第4号を議題といたします。


 承認第4号に対し、質疑を求めます。


 質疑はありませんか。


              (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、質疑を終結いたします。


 これより、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、承認第4号 専決処分の承認を求めることについて(平成18年度米原市一般会計補正予算(第7号))を採決いたします。


 本案は、原案のとおり承認することに賛成の諸君の起立を求めます。


               (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、承認第4号は、原案のとおり承認されました。


 次に、日程第15 総括質疑を行います。


 事前通告がございませんでしたので、総括質疑を終結いたします。


 日程第16 議案の委員会付託を行います。


 各議案の付託は、会議規則第37条第1項の規定により、お手元に配付いたしております議案付託表のとおり、各常任委員会へ付託いたします。各常任委員会において審査方よろしくお願いいたします。


 ただいま、付託をいたしました各議案につきましては、それぞれの委員会での審査経過と結果につきまして、6月22日の本会議において、各常任委員会委員長からご報告をお願いいたします。


 以上で、議案の委員会付託の件を終結いたします。


 以上で、本日の日程はすべて終了いたしました。


 来る6月11日は、午前9時30分より本会議を開き、一般質問を行いますので、定刻までにご出席方お願いをいたします。


 本日は、これにて散会いたします。


 ご苦労さまでございました。





             午前10時36分 散会