議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 米原市

平成18年第2回定例会(第4日 6月23日)




平成18年第2回定例会(第4日 6月23日)





        平成18年米原市議会第2回定例会会議録(第4号)





 
1.招集年月日    平成18年6月8日





1.招集の場所    米原市議会議場





1.開会開議     平成18年6月23日    午前11時23分





1.応召議員        1番  丸 本   猛    2番  粕 渕   進


              3番  市 川 照 峯    4番  丸 本 義 信


              5番  音 居 友 三    6番  清 水 隆 ?


              7番  北 村 喜代隆    8番  北 村 喜代信


              9番  冨 田   茂   10番  小 川 孝 司


             11番  磯 崎   清   12番  鍔 田   明


             13番  宮 川 忠 雄   14番  力 石 春 樹


             15番  堀 川 弥二郎   16番  的 場 収 治


             17番  松 宮 信 幸   18番  谷 田 武 一


             19番  前 川   明   20番  吉 川   登


             21番  大 澤   勉   22番  竹 中 桝 夫


             23番  中 野 卓 治   24番  滝 本 善 之





1.不応召議員    な し





1.出席議員     全 員





1.欠席議員     な し





1.会議録署名議員    7番  北 村 喜代隆    8番  北 村 喜代信





1.地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名


   市長        平 尾 道 雄  助役        西 田   弘


   教育長       瀬戸川 恒 雄  政策推進部長    石 田 英 雄


   総務部長      岡 田   勉  市民部長      小 野 初 雄


   健康福祉部長    小 松 博 夫  経済環境部長    野一色 義 明


   土木部長      寺 村 正 己  都市整備部長    飛 戸 利 勝


   教育部長      清 水 克 章  山東市民自治センター長 今 中 佐 公


   伊吹市民自治センター長 伊富貴 孝 司  米原市民自治センター長 中 川 喜美夫


   近江市民自治センター長 宮 野 節 児  財政課長      三 原 禎 一


   総務課長      林   美津雄





1.職務のため議場に出席した者の職氏名


   事務局長      古 川 光 男  書記        竹 内 義 裕








                平成18年6月23日 午前10時30分開議


                     場所  米原市議会議場


┌───┬───────┬────────────────────────────────┐


│ 日程│議案番号   │件        名                      │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  1│       │会議録署名議員の指名〔  番    議員.  番    議員〕 │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  2│議案第94号〜 │委員長報告                           │


│   │議案第115号  │                                │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  3│請願第1号  │委員長報告                           │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  4│請願第2号  │委員長報告                           │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  5│請願第3号  │委員長報告                           │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  6│請願第4号  │委員長報告                           │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  7│       │委員長報告(所管事務調査)                   │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│   │       │                                │


│  8│       │委員会の閉会中の継続審査及び調査の件              │


│   │       │                                │


└───┴───────┴────────────────────────────────┘








               午前11時23分 開議


○議長(滝本善之君)


 皆さん、おはようございます。


 ただいまの出席議員は24名であります。


 定足数に達しておりますので、これより、本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において7番議員 北村喜代隆君・8番議員 北村喜代信君の両名を指名いたします。


 日程第2、去る6月8日の本会議において、それぞれの常任委員会に付託いたしておきました議案第94号から議案第115号までの議案22件を一括議題といたします。


 ただいま、議題といたしました各議案につきまして、それぞれの委員会での付託案件の審査経過と結果につきまして、各委員長からご報告をお願いいたします。


 まず、総務教育常任委員長よりお願いいたします。


 大澤勉委員長。


○総務教育常任委員長(大澤勉君)


 議長よりご指名を受けましたので、本定例会で総務教育常任委員会に審査の付託を受けました議案の審査経過と結果についてのご報告を申し上げます。


 付託議案審査のため、当委員会は、去る6月14・15の両日にわたって、ともに総委員が出席、及び職務出席として、議長、副議長、局長が出席をいただき、市長、助役、教育長、所管部長ほか関係職員の出席を求め、慎重審査を行いました。


 当委員会付託案件は、議案第94号 米原市自治基本条例の制定について。


 議案第97号 米原市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例について。


 議案第98号 米原市税条例の一部を改正する条例について。


 議案第100号 米原市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例について。


 議案第101号 米原市体育施設条例の一部を改正する条例について。


 議案第102号 米原市B&G海洋センター条例の一部を改正する条例についての条例制定及び改正案件が6件でございます。


 さらに、議案第103号 公の施設における指定管理の指定について(市山東公民館・市民体育館・市山東グラウンド分)。


 議案第104号 公の施設における指定管理の指定について(市勤労青少年ホーム分)の指定管理案件2件。


 議案第105号 平成18年度市一般会計補正予算(第1号)中、総務教育常任委員会の所管に関する事項の補正予算案件1件。


 その他、議案第114号 高速自動車国道における救急業務に係る関係関連事務の受託について。


 議案第115号 和解することについて(独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構から購入した土地の埋設物の処理に関する件)2件を含みます11件であります。


 まず、14日、提案案件の審査を行いまして、すべての議案について当局より詳細説明を受けた後、質疑を求め、各委員より各般にわたり質疑が展開され、質疑終結後の討論は各議案ともなく、採決を行いました。


 採決における表決の結果は、議案第98号及び第101号の2件は賛成多数、他の議案については総員賛成をもって、すべての案件とも原案を可決すべきとの結果でありました。


 以上、まことに簡略ではありますが、総務教育常任委員会において慎重審査を行いました付託案件に対します審査結果をご報告を申し上げ、委員長報告といたします。


○議長(滝本善之君)


 御苦労さまでございました。


 次に、健康福祉常任委員長よりお願いいたします。


 磯崎清委員長。


○健康福祉常任委員長(磯崎清君)


 議長よりご指名を受けましたので、健康福祉常任委員会の委員長報告を行います。


 今期定例会におきまして、本委員会に付託を受けました諸案件について、去る6月16日に、市長、助役、担当部長ほか関係職員の出席を求め委員会を開き、慎重に審査いたしました結果をご報告申し上げます。


 本委員会に付託されました議案は、議案第99号 米原市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について。


 議案第105号 平成18年度米原市一般会計補正予算(第1号)中、健康福祉常任委員会の所管に関する事項。


 議案第106号 平成18年度米原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)。


 議案第107号 平成18年度米原市国民健康保険直営診療所事業特別会計補正予算(第1号)。


 議案第108号 平成18年度米原市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)。


 議案第109号 平成18年度米原市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)の議案6件であります。


 執行部からの説明を受け、質疑を行いました結果、議案第99号・議案第105号・議案第106号・議案第107号・議案第108号・議案第109号の6議案は、挙手採決の結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上をもって、委員長報告を終わります。


 議員各位の慎重な審査をいただきまして可決いただきますよう、よろしくお願いします。


○議長(滝本善之君)


 ご苦労さまでございました。


 次に、産業建設常任委員長よりお願いいたします。


 市川照峯委員長。


○産業建設常任委員長(市川照峯君)


 産業建設常任委員会委員長報告を行います。


 今期定例会において本委員会に付託を受けました諸案件について、去る6月20日に、市長、助役、担当部長ほか関係職員の出席のもと委員会を開き、慎重に審査いたしました結果をご報告申し上げます。


 本委員会に付託されました議案は、議案第95号 米原市環境基本条例の制定について。


 議案第96号 米原市公害防止条例の制定について。


 議案第105号 平成18年度米原市一般会計補正予算(第1号)中、産業建設常任委員会の所管に属する事項。


 議案第110号 平成18年度米原市流域関連公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)。


 議案第111号 平成18年度米原市工業団地造成事業特別会計補正予算(第1号)。


 議案第112号 平成18年度米原市水道事業会計補正予算(第1号)及び、議案第113号 市道の路線認定についての7件でありました。


 採決の結果、いずれも全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上でございます。


○議長(滝本善之君)


 大澤委員長。


○総務教育常任委員長(大澤勉君)


 自席から失礼をいたします。


 今の委員長報告の中で、賛成多数をもって原案を可決すべきものと決しました議案番号につきまして、98号及び101号と申し上げたようでございます。まことに申しわけございません。98号及び103号に報告修正並びに議事修正をお願いを申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 大澤総務教育常任委員長より、発言の内容において修正申告がございました。これを認めます。


 以上で、各常任委員会における付託議案の審査経過と結果につきましての委員長報告が終わりました。


 これより、各委員長報告に対する質疑に入ります。


 まず、総務教育常任委員長報告に対し、質疑はありませんか。


               (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


 質疑なしと認めます。


 次に、健康福祉常任委員長に対し、質疑はありませんか。


               (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


 質疑なしと認めます。


 次に、産業建設常任委員長に対し、質疑はありませんか。


               (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、質疑を終結いたします。


 これより、討論を行います。


 まず、議案第94号に対する討論はありませんか。


 まず、原案に対して反対の発言を許します。


 4番、丸本義信君。


○4番(丸本義信君)


 議案第94号 米原市自治基本条例の制定についての反対の立場から討論を行います。


 3月議会への上程の見送りから今日まで、旧町区域ごとでの懇談会やパブリックコメント制度による市民公開されました。また、議会においても所管の委員会において審査され、前文から成り第1章から第11章、付則にまとめられた努力には敬意を表しますが、私なりに判断いたしますところ、自治とは自分で自分のことを処置すること、社会生活を自主的に営むことであり、公民自治としてのみずからが律する一定の規範とするものが必要と考えます。基本的要素は、1まちづくり理念、2市民の定義、3市民の基本的権利と義務、4行政の基本的な責務と地域経営の原則、5行政と市民との関係、6制定と改正の手続であろうかと存じます。


 自治基本条例の制定は、百年の計であります。自治体の最高規範でありますが、上位法・憲法の範囲であり、超えることはできません。上程の条例の中において、市、市長、議会、職員、議員の責務については述べられておりますが、市民の基本的権利と義務の責務の内容が希薄に感じます。主権、権利、保護、保障、協働等が記述されるならば、権利と義務は一対のものであり、当然市民の責務についても記述すべきと思われます。


 今日社会において権利主張が目立ち、義務の希薄さを感じる昨今でありますので、なおさら自治基本条例のある近隣市・彦根市や他の自治体の条例には市民の権利と同時に責務を明記され、今議会に上程されます環境基本条例の5条にも市民等の責務が記述されております。市民の認知度も低く、また厳しい財政難時代に対応できることへの心構えから考えますと、議案内容に諸手を挙げて賛成するには、いささか憂慮され、賛成に至らずの思いから反対といたします。


○議長(滝本善之君)


 次に、原案賛成の発言を許します。


 原案賛成の方、おられますか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 この採決は、起立によって行います。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第94号は、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立多数です。


 よって、議案第94号 米原市自治基本条例の制定については、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第95号に対する討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第95号は、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第95号 米原市環境基本条例の制定については、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第96号に対する討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第96号は、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第96号 米原市公害防止条例の制定については、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第97号に対する討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第97号は、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第97号 米原市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例については、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第98号に対する討論はありませんか。


 清水隆?君。


○6番(清水隆?君)


 6番議員の清水です。


 私は、議案第98号 米原市税条例の一部を改正する条例案につきまして、反対の立場で討論いたします。


 総括質疑でも申し上げましたように、低所得者に税率をたくさんかけるというとんでもないやり方だと思います。税源移譲というのであれば、本来国税として扱っておったうちの一部をですね、地方に税源移譲するというのなら話はわかりますけれども、低所得者からがっぽり取り上げてですね、それで税源移譲だなんていうのはとんでもないやり方だと思います。


 定率減税も半分になりましたし、来年からこれが全廃になると。それで、税の計算上ですね、200万円の課税所得ですね、これ以下の人たちは今まで5%でよかったわけです。それが倍になるわけですね。この中には、今まで税金一銭も払うことの要らなんだ年金生活者なんかも全部含まれるわけです。年金生活者も直撃されます。


 今、全国の市町村のですね、税務担当課に対して物すごい抗議やら、その問い合わせの電話が殺到しとるそうです。恐らく米原市の市民部にもそういう電話が殺到してることと思います。ひどい人の中には倍、ひどいのになると3倍、4倍、最高では8倍ぐらいとられるという人があるそうです。しかも、これだけで終わるわけじゃないわけですね。各種控除の見直しも将来行われるであろうと言われています。


 ですから、もう低所得者からむしり取るように税金を取るというやり方。あすはわが身であります。もう既にこの議場におられる人の中には、この税改正によってがっぽり取られるという人も出てきておると思いますし、ひな壇に並んでおられる執行部の方も、あすはわが身であります。


 こんな改正案なんていうものは、とんでもないやり方で、ぜひもとへ戻すべきであるという立場を表明して、反対討論といたします。


○議長(滝本善之君)


 次に、原案賛成の発言を許します。


 賛成の方、おられますか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 これをもって、討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第98号は、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立多数です。


 よって、議案第98号 米原市税条例の一部を改正する条例については、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第99号に対する討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第99号は、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立多数です。


 よって、議案第99号 米原市国民健康保険条例の一部を改正する条例については、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第100号に対する討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第100号は、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第100号 米原市非常勤消防団員等に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例については、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第101号に対する討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第101号は、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立多数です。


 よって、議案第101号 米原市体育施設条例の一部を改正する条例については、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第102号に対する討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第102号は、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立多数です。


 よって、議案第102号 米原市B&G海洋センター条例の一部を改正する条例については、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第103号に対する討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第103号は、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立多数です。


 よって、議案第103号 公の施設における指定管理者の指定について(米原市山東公民館・米原市民体育館・米原市山東グラウンド)は、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第104号に対する討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第104号は、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立多数です。


 よって、議案第104号 公の施設における指定管理者の指定について(米原市勤労青少年ホーム)は、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第105号に対する討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する各委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第105号は、各委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第105号 平成18年度米原市一般会計補正予算(第1号)は、各委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第106号に対する討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第106号は、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第106号 平成18年度米原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)は、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第107号に対する討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第107号は、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第107号 平成18年度米原市国民健康保険直営診療所事業特別会計補正予算(第1号)は、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第108号に対する討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第108号は、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第108号 平成18年度米原市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)は、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第109号に対する討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第109号は、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第109号 平成18年度米原市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)は、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第110号に対する討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第110号は、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第110号 平成18年度米原市流域関連公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)は、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第111号に対する討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第111号は、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第111号 平成18年度米原市工業団地造成事業特別会計補正予算(第1号)は、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第112号に対する討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第112号は、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第112号 平成18年度米原市水道事業会計補正予算(第1号)は、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第113号に対する討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第113号は、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第113号 市道の路線認定については、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第114号に対する討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第114号は、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第114号 高速自動車国道における救急業務に係る関係関連事務の受託については、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議案第115号に対する討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものとの報告であります。


 議案第115号は、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第115号 和解することについて(独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構から購入した土地の埋設物の処理に関する件)は、委員長報告のとおり可決されました。


 議事の都合により、暫時休憩いたします。


 開会は、午後1時といたします。


             午前11時56分 休憩





             午後 1時00分 再開


○議長(滝本善之君)


 休憩前に引き続き、会議を開きます。


 日程第3 請願第1号を議題といたします。


 請願第1号についての健康福祉常任委員会での審査経過と結果について、委員長より報告をお願いいたします。


 磯崎清委員長。


○健康福祉常任委員長(磯崎清君)


 議長よりご指名を受けましたので、健康福祉常任委員会委員長報告を行います。


 今期定例会におきまして、本委員会に付託を受けました請願について、去る6月16日に委員会を開き、慎重に審査いたしました結果をご報告申し上げます。


 本委員会に付託されました請願第1号 伊吹地域において公立・公営の学童保育の速やかな設置を求める請願についての1件であります。


 審議の中で、委員から、学童保育は住民の願いであり早期に設置をすることが必要であるという意見、また整備が整っていない他学区においても整合性が図られるように行政に対して要望をすべきだとの意見もありました。


 最後に、請願第1号を採決の結果、全員異議なく、採択すべきものと決しました。


 以上をもって、委員長報告を終わります。


 議員各位の慎重な審査をいただきまして、可決いただきますようよろしくお願いいたします。


○議長(滝本善之君)


 御苦労さまでした。


 ただいまの委員長の報告に対し、質疑はありませんか。


               (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


 質疑なしと認めます。


 質疑を終結いたします。


 これより、討論を行います。


 請願第1号に対する討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 これをもって、討論を終結いたします。


 これより、請願第1号 伊吹地域における公立・公営の学童保育の速やかな設置を求める請願についてを採決いたします。


 請願第1号に対する委員長の報告は、採択とすべきものであります。


 請願第1号は、原案のとおり採択することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、請願第1号は、採択することに決定いたしました。


 日程第4 請願第2号を議題といたします。


 請願第2号についての総務教育常任委員会での審査経過と結果について、委員長よりご報告をお願いいたします。


 大澤勉委員長。


○総務教育常任委員長(大澤勉君)


 議長よりご指名を受けましたので、ただいま議題となっております請願第2号 近江体育館の安全確保を求める請願について、付託を受けておりました総務教育常任委員会での審査内容、そして結果についてご報告を申し上げます。


 当委員会では、審査のため去る15日、この請願につきまして、近江体育館施設の現状を把握する必要から現地踏査を開いたところでございます。各委員がそれぞれ現地の現状把握に努めていただいたところでございます。


 そうした現地踏査の後、机上審査を行い、請願については委員会内に紹介議員がおられるということでございまして、紹介議員として願意についての説明を受けたところでございます。そして質疑等を行い、審査を終結し、採決を行いました。採決の結果は、この請願は採択をすべきとの全員の意見一致を見たところでございます。


 以上、報告を終わります。


○議長(滝本善之君)


 御苦労さまでした。


 ただいまの委員長の報告に対し、質疑はありませんか。


               (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


 質疑なしと認めます。


 質疑を終結いたします。


 これより、討論を行います。


 まず、請願第2号に対する討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 これをもって、討論を終結いたします。


 これより、請願第2号 近江体育館の安全確保を求める請願についてを採決いたします。


 請願第2号に対する委員長の報告は、採択とすべきものであります。


 請願第2号を、原案のとおり採択することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、請願第2号は、採択とすることに決定いたしました。


 日程第5 請願第3号を議題といたします。


 請願第3号についての総務教育常任委員会での審査経過と結果について、委員長よりご報告をお願いいたします。


 大澤勉委員長。


○総務教育常任委員長(大澤勉君)


 続いて、ご指名を受けましたので、ただいま議題となりました請願第3号 パートタイム労働者・有期契約労働者の適正な労働条件の整備及び均等待遇実現を求める請願について、総務教育常任委員会での審査経過、結果についてご報告を申し上げます。


 本請願につきましては、願意を熟知する上で非常に大切な問題が、パート労働法に即した近隣管内の雇用状況の把握というのが非常に大切になってくるという意見が委員会内で交わされました。その状況把握のために、さらに調査継続して審査をすべきとの結果を得ましたので、その意見に基づき、議長に継続審査の旨を申しておきました。


 議員諸兄におかれましては、ご理解を賜りまして、継続審査にご協力をいただきたいと思います。


 以上。


○議長(滝本善之君)


 御苦労さまでした。


 請願第3号に対する委員長の報告は、継続審査とすべきものであります。


 請願第3号を、委員長報告のとおり継続審査とすることにご異議ありませんか。


 それでは、ご異議があるそうでございますので、これより、請願第3号 パートタイム労働者・有期契約労働者の適正な労働条件の整備及び均等待遇実現を求める請願についてを採決いたします。


 請願第3号は、委員長報告のとおり継続審査とすることに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立多数です。


 よって、請願第3号は、委員長報告のとおり継続審査とすることに決定いたしました。


 日程第6 請願第4号を議題といたします。


 請願第4号についての総務教育常任委員会での審査経過と結果について、委員長よりご報告をお願いいたします。


 大澤勉委員長。


○総務教育常任委員長(大澤勉君)


 続いて、議長のご指名を受けましたので、ただいま議題となりました請願第4号 最低賃金の引き上げを求める請願について、付託を受けました総務教育常任委員会での審査経過、結果についてご報告を申し上げます。


 本請願につきましても、先にご報告を申し上げました請願第3号と同様に、願意そのものも同様の願意であります。そうしたことから、請願第3号との整合も含め、最低賃金法に基づく滋賀県最低賃金の規定に応じた管内の支給額の状況等もしっかり把握しながら、願意に基づいた慎重審査をすべきであるという結果で、皆さんの総意で継続審査という結果を得ました。


 以上のことにつきまして、議長の方に継続審査の申し出をいたしておきましたので、議員諸兄のご理解をよろしくお願いしたいと思います。


○議長(滝本善之君)


 ご苦労さまでした。


 請願第4号に対する委員長の報告は、継続審査とすべきものであります。


 これより、請願第4号 最低賃金の引き上げを求める請願についてを採決いたします。


 請願第4号は、委員長報告のとおり継続審査とすることに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立多数です。


 よって、請願第4号は、委員長報告のとおり継続審査とすることに決定いたしました。


 暫時休憩いたします。その場でお待ちください。


             午後1時10分 休憩





             午後1時12分 再開


○議長(滝本善之君)


 休憩前に引き続き、会議を開きます。


 お諮りいたします。


 ただいま、お手元に配付いたしましたとおり、追加議案2件と、議員発議による決議2件及び意見書4件が提出されました。


 よって、この際これを日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」)


○議長(滝本善之君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議案2件並びに決議2件及び意見書4件を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。


 日程変更の順序は、お手元に配付した追加日程表のとおりでありますので、ご了承願います。


 日程第7 市長より追加提案されました議案第116号及び議案第117号の議案2件の提案理由の説明を求めます。


 平尾市長。


○市長(平尾道雄君)


 それでは、本日追加提案をいたしました2案件について、概要を申し上げます。


 議案第116号 米原市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例についてであります。


 この件につきましては、刑事施設及び受刑者の処遇等に関する法律の一部改正に伴いまして、米原市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する必要が生じたため、この案を提出するものでございます。


 続きまして、議案第117号 工事請負契約の締結についてでございます。


 大東中学校体育館改築工事の請負契約を締結したいので、米原市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定によりまして、この案を提出するものでございます。


 以上、簡略ではございますが、提案の説明とさせていただきます。


 よろしくお願いをいたします。


○議長(滝本善之君)


 市長からの提案理由の説明が終わりました。


 次の日程に入るに先立ち、お諮りをいたします。


 議案第116号及び議案第117号の議案2件、並びに決議第1号と決議第2号の2件、及び意見書第1号から意見書第4号までの4件につきましては、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」)


○議長(滝本善之君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議案第116号と議案第117号の議案2件、決議第1号と決議第2号の2件、及び意見書第1号から意見書第4号までの4件については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 日程第8 議案第116号を議題といたします。


 提案者の補足説明を求めます。


 小野市民部長


○市民部長(小野初雄君)


 議案第116号 米原市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の補足説明をいたします。


 今回の改正は、刑事施設及び受刑者の処遇等に関する法律の一部改正に伴いまして、米原市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する必要が生じたために改正をしようとするものでございます。


 新旧対照表によりまして、ご説明を申し上げます。


 第8条第1号中、監獄を刑事施設に改めようとするものでございます。語句の改正をお願いするものでございます。付則といたしまして、この条例は公布の日から施行するものでございます。


 以上、簡単でございますが、ご説明とさせていただきます。


 ご理解いただきまして、議決賜りますようよろしくお願いいたします。


○議長(滝本善之君)


 提案者の説明が終わりました。


 議案第116号に対し、質疑はありませんか。


               (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


 質疑なしと認めます。


 質疑を終結いたします。


 これより、討論を行います。


 議案第116号に対する討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、議案第116号 米原市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例についてを採決いたします。


 この採決は、起立によって行います。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第116号は、原案のとおり可決されました。


 次に、日程第9 議案第117号を議題といたします。


 提案者の補足説明を求めます。


 清水教育部長。


○教育部長(清水克章君)


 それでは、議案第117号 大東中学校体育館改修工事の工事請負契約の締結につきまして、補足説明をいたします。


 まず、皆さんのお手元の方へ配付しております図面等をご覧いただきたいと思います。


 まず、工事場所でありますが、位置図をご覧いただきたいと思います。山東地域の三島池の北側に丸印で表示している場所が建設場所でございます。


 次に、工事の概要でありますが、平面図、立面図をご覧いただきたいと思います。改築する建物の構造は、アリーナ部分は鉄筋コンクリート造り、格技場部分は鉄骨造りとなっています。


 建物面積は、1階が2,165平米、2階が457平米で、延べ床面積が2,622平米でございます。


 なお、施設の概要につきましては、アリーナ1,150平米、ステージ150平米、格技場351平米、ランニングコース・トレーニング室・器具室等を計画しております。


 改築に向けての整備計画の基本方針は、1点目としまして、中学校でのバスケットボールのコートを2面確保することと、2点目としまして、学習指導要領に沿えるよう体育授業に伝統的な武道(柔道・剣道等)を取り入れることができること、3点目に、地域に開放できる施設として地域の健康づくり、生涯スポーツの拠点として新しい時代に合った体育館づくりを目指しております。


 工事施工に当たっては、現在の体育館を解体撤去し、既に買収済みの東側用地と合わせて、現在地を中心に建設しようとするものでございます。


 格技場につきましては、床は木質仕様とし、剣道やエアロビクスダンスなどに使用し、畳を固定し、柔道にも使える多目的な機能を備えた兼用格技場として計画しております。


 新しい試みとしては、体育館2階の通路をランニングコースに活用し、アリーナと格技場を一体化し、施設の有効活用とコスト削減を図っています。


 体育館の概要は、勾配屋根を持つデザインで、外部の仕上げ及び色彩については日本百名山の一つであります伊吹山を背景とし、鳥獣保護区特別保護地区内の工作物であることから、自然景観に配慮した色彩で仕上げたいと思っております。


 その他にクラブ室が151平米と、倉庫66平米も同時に整備することとしております。


 以上、まことに簡単ではありますが、補足説明といたします。


 よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 補足説明が終わりました。


 それでは、議案第117号に対し、質疑はありませんか。


               (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


 質疑なしと認めます。


 質疑を終結いたします。


 これより、討論を行います。


 議案第117号に対する討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、議案第117号 工事請負契約の締結について(大東中学校体育館改築工事)を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第117号は、原案のとおり可決されました。


 日程第10 決議第1号 伊吹地域における放課後児童対策事業の速やかな実施を求める決議(案)を議題といたします。


 決議書(案)の朗読は、省略いたします。


 提出者の提案理由の説明を求めます。


 13番 宮川忠雄君。


○13番(宮川忠雄君)


 ただいま、議長のご指名によりまして、提案理由を説明させていただきます。


 伊吹地域における放課後児童保育対策事業の速やかな実施を求める決議(案)についてであります。


 放課後児童クラブの設置されていないのは、伊吹地域だけであります。既に設置されている他の6カ所については、既に定員オーバーの状況下にあり、利用者が年々急増しているということであります。そのために、その必要性を再認識するとともに、時代の要請でもあります。特に、このような事業に対しては学区単位での新たな見直しも必要かと思われるのであります。


 当事案に対しては、既に本年2月27日付にて議長あてに陳情書も出されており、また今回、伊吹地域の住民の多くの方々から署名により請願が出され、いかに地域の方々の悲願であるかがうかがい知れるところであります。


 本事業は、次世代支援事業の重要事業でもありますとともに、市町の子育て支援事業の重要施策としても位置付けされております。このようなことから、以上のことを踏まえ、行政の責務でもあります。


 かかる事情を踏まえ、速やかに実施について取り組まれるよう強く要望し、議決・決議いただきますようよろしくお願い申し上げます。


 以上であります。


○議長(滝本善之君)


 提案理由の説明が終わりました。


 ただいまの提出者の提案理由の説明に対し、質疑はありませんか。


               (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


 質疑なしと認めます。


 これより、討論を行います。


 決議第1号に対する討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 決議第1号を、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、決議第1号 伊吹地域における放課後児童対策事業の速やかな実施を求める決議(案)は、原案のとおり可決されました。


 決議第1号は、米原市長に提出をさせていただきます。


 日程第11 決議第2号 近江体育館の安全確保及び米原地区・近江地区における総合型スポーツ施設の整備促進を求める決議(案)を議題といたします。


 決議書(案)の朗読は、省略いたします。


 提出者の提案理由の説明を求めます。


 2番 粕渕進君。


○2番(粕渕進君)


 それでは、2番目の、近江体育館の安全確保及び米原地区・近江地区における総合型スポーツ施設の整備促進を求める決議ということで、このような決議案を提出させていただきます。


 提出者は、私、粕渕でございまして、賛成していただきました議員は北村喜代隆議員、それから鍔田明議員、竹中桝夫議員でございます。


 先ほどは、この請願をご採択いただきまして、本当にありがとうございました。


 また、委員会の皆さんには、ご視察も行っていただきまして、現状をつぶさに見ていただきました。本当にありがとうございました。


 先ほどの全協でもいろいろご意見をいただきまして、ありがとうございました。そういうご意見を参考にさせていただきまして、この決議案を提出させていただくような次第でございます。


 御承知のとおり、この近江体育館は各種スポーツ団体が広く利用いたしておりますが、残念ながら本年の3月に外壁がはがれ落ちて、もう少しで人身事故が発生するというような非常事態が発生いたしまして、それをきっかけに市民の間から改築を求める声が盛り上がってまいったような次第でございまして、そのようなことで、このような請願をされまして、それにつきましてご採択賜りました。今回のこの決議をぜひとも皆さんのご理解を賜りまして、この議会の方で可決いただきますようお願い申し上げるような次第でございます。


 この案を通していただきまして、ぜひ近江地区の皆さんに安心して施設をご利用いただけるような願いを持ちまして、この決議案の提出をさせていただきました。どうぞよろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 提案理由の説明が終わりました。


 ただいまの提出者の提案理由の説明に対し、質疑はありませんか。


               (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


 質疑なしと認めます。


 これより、討論を行います。


 決議第2号に対する討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 決議第2号を、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、決議第2号 近江体育館の安全確保及び米原地区・近江地区における総合型スポーツ施設の整備促進を求める決議(案)は、原案のとおり可決されました。


 決議第2号は、米原市長並びに米原市教育委員会委員長に提出をさせていただきます。


 日程第12 意見書第1号 医療制度の改善を求める意見書(案)を議題といたします。


 意見書(案)の朗読は、省略いたします。


 提出者の提案理由の説明を求めます。


 6番 清水隆?君。


○6番(清水隆?君)


 6番、清水です。


 医療制度の改善を求める意見書(案)を提出させていただきましたので、内容の若干の説明をさせていただきたいと思います。


 今日も全協の席上で、市民部長の方からも説明があったと思いますけれども、高齢者医療制度がですね、大幅に変わります。一番大きな変化があるというのは、後期高齢者といいまして、75歳以上の高齢者の医療制度が新たにまた創設されます。これ、国会の方で実は可決成立しているんですけれども、一遍に変わるわけじゃないんです。一遍にできないもんですから、平成26年までかかってですね、経過措置なんかがとられて徐々に徐々に変わっていきます。そして、退職者医療制度というのが、これが将来的には廃止になるわけですね。


 で、どういう形で変わっていくのかといいますと、今ですと、息子さんの扶養家族になって、いわゆる年金の収入が非常に少ないので息子さんの扶養家族になっている方があります。こういう人は、息子さんが健康保険払っておられるということで、保険料は免除になっています。ところが、こういう人でもですね、75歳になると新たな後期高齢者医療制度というのが発足することによって、今まで払うこと要らなんだのに、こういう方でも掛金を払わなければならないと。段階によって違うと思うんですけど、ちょっと聞いたところによりますと、年間2万円ぐらい払わんならんと。しかも、この保険料の取り方もですね、自分から払えという形をとると払いようらんやつがおるのでということで、介護保険に味をしめて年金から差し引くと。だから、問答無用で結局医療保険を払わされると。


 先ほどから、この地方税の改正のことなんかでも言いましたけれども、今まで税金を払わなくてよかったような人からも税金は取る。そして、医療保険でまた保険料を取る。その上に、今度の改正の中で強調されとるのが、ホテルコストです。介護保険ででも同じことがやられとるわけですけれども、入院した場合ですね、入院せんと家におったときには食事代も部屋代も自分で払うとるんだから、病院へ行ったって部屋代と食事代は、これはもう保険の対象外とすると、こういうことになるわけですね。今まででしたら、それは全部保険の中で見てくれたわけです。ところが、食事代と部屋代というのは、まめな者やったら家で全部自分で払うとるやないかと。医者へ行ったさかいいうて、そんなもんは免除されるというようなことはあかんというのでですね、全部保険対象外で100%取られることになるわけですね。こうなってくると、税金はようけ取られる。医療費はむちゃくちゃ取られるという形になってですね、もう金のない者は医者にも行けんと、こういうような制度に変えられつつあるわけです。


 で、これから年々負担が増えてくるわけです。一遍にやれませんから徐々に徐々にやっていきます。真綿で首を絞めるようにこれから6年かけて変えていくわけです。その間にですね、一応、法律は通ったけれども、これはもう何としてもやめささなあかんという形の声を上げていくべきだと思うんです。そういう意味で、この意見書をぜひ皆さん方のご賛同を得まして、ぜひ意見書が出せるようにお願いをいたしまして、私の説明といたします。


○議長(滝本善之君)


 これをもって、提案理由の説明を終わります。


 ただいまの提出者の提案理由の説明に対し、質疑はありませんか。


               (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


 質疑なしと認めます。


 質疑を終結いたします。


 これより、討論を行います。


 意見書第1号に対する討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 意見書第1号 医療制度の改善を求める意見書(案)は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立少数です。


 よって、意見書第1号は、否決されました。


 日程第13 意見書第2号 介護保険制度の改善を求める意見書(案)を議題といたします。


 意見書(案)の朗読は、省略いたします。


 提出者の提案理由の説明を求めます。


 9番 冨田茂君。


○9番(冨田茂君)


 9番、冨田です。


 それでは、意見書第2号 介護保険制度の改善を求める意見書(案)について、提案説明をさせていただきます。


 この介護保険見直し法案は、昨年の162通常国会で成立してます。その内容ですが、もっぱら介護への国の財政支出を抑制するために、高齢者のサービス利用を制限して、国民の負担を一層増やすというものになってます。その一つは、在宅介護サービスの利用を制限して、多くの高齢者から生活の支えとなっているホームヘルプなどの介護サービスを取り上げようとしていることです。政府は、まともな根拠も示さないで、サービス事業がかえって本人の能力実現を妨げるなどと言って、要支援・要介護度1の人の介護サービスを切り捨てようとしてますが、実際には、きちんと介護を受けている人の方が状況が悪化しない、これが現場の共通した声になってるんですね。


 2つ目は、介護サービスの利用料の大幅な値上げが行われます。


 そして、3つ目には、これはこれからですが、20歳から介護保険料を徴収して、それに伴って介護保険と障害者の支援費制度を統合していく、こういうことも計画されているのであります。


 そもそも、この保険料・利用料が高い最大の理由というのは、介護保険が導入されたときに、政府が介護保険に対する国庫負担の割合をそれまでの50%から25%へと大幅に引き上げた、ここが原因であって、国の責任が重大ではないかと思っているところでございます。


 保険料や利用料のあり方も、応能負担の方向を見直すことが必要ではないでしょうか。負担は能力に応じて、給付は平等にということが、社会保障制度のもともとの大原則ではないかと思っております。


 それからもう一つですけど、この10月1日から介護保険法の改悪に伴いまして、介護施設の居住費と食費が保険給付の対象からはずれて、原則として利用者の全額自己負担となりました。対象となったのは、生活の場であります特別養護老人ホーム、それからリハビリ中心の老人保健施設、医療ケアを受けられる介護保険療養型医療施設の3つの施設です。これ、市町村民税非課税世帯で年金などの収入が80万円以下の人を除いて、入所者の多くが月数万円程度の値上げと、これによってなってきました。政府は、低所得者に配慮してると言ってますが、実際は年金を上回る負担となる人もたくさんいます。


 今回の改悪について、介護保険制度を将来にわたって維持していくためにという政府の説明ですが、利用者への負担増を、同じ要介護でも在宅で生活する人と施設で生活する人の不均衡を見直し、そして施設と在宅のバランスをとるものとも理由づけしてますが、そもそも国の負担は変えずに、国民に負担を押しつけている政府のやり方は、到底認められるものではありません。負担増によって、必要なサービスをあきらめてしまう事態が広がっていることがあってはならないと思っております。


 そういう立場から、この私の意見書の事項1、2、これの朗読は省略しますが、この2項について、国の方に意見を出していきたいということで、提出をさせていただきました。


 議員各位のご協力をよろしくお願いして、提案説明とさせていただきます。


 以上です。


○議長(滝本善之君)


 提案理由の説明が終わりました。


 ただいまの提出者の提案理由の説明に対し、質疑はありませんか。


               (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


 質疑なしと認めます。


 質疑を終結いたします。


 これより、討論を行います。


 意見書第2号に対する討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 意見書第2号 介護保険制度の改善を求める意見書(案)は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立少数です。


 よって、意見書第2号は、否決されました。


 日程第14 意見書第3号 教育基本法の改正について国民的な議論を踏まえた慎重な審議を求める意見書(案)を議題といたします。


 意見書(案)の朗読は、省略いたします。


 提出者の提案理由の説明を求めます。


 9番 冨田茂君。


○9番(冨田茂君)


 それでは、引き続きまして、意見書第3号 教育基本法の改正について国民的議論を踏まえた慎重な審議を求める意見書(案)について、提案の説明をさせていただきたいと思います。


 まず、提案の説明をする前に、この意見書の記以降の国に出す内容の中で、一番下に書かれてます2番ですが、教育基本法の改正について今国会での採決を急がず、慎重に審議することとの項目がございますが、ご承知のように、今度の第164通常国会において継続審議と既になりました。私が提出したときは審議中でありましたので、こういう文章で出させていただきましたが、そういう経過から、この第2項については削除ということで、提案者として説明をさせていただきたいと思いますので、2項は削除して提案するということでご了解を得たいと思いますので、よろしくお願いいたします。


 それでは、この教育基本法の改正の問題でありますが、教育基本法というのは、教育の憲法といわれるほど重みのある法律であります。政府は、基本法を全面的に改正する理由として、時代の要請に応えるため、こういうことを言っています。ところが、政府の文章のどこを見ても、現在の基本法のどこが時代の要請に応えられなくなっているのか、一つの事実も根拠も挙げられていません。今は、子どもの非行や、いわゆる学校の荒れ、学力の問題、高い学費による進学の断念や中途退学、さまざまな問題を解決することは、当然国民も願っているところでございます。


 しかし、皆さん、これらの問題の原因は、教育基本法にあるのではなく、歴代の政府が基本法の民主的な理念を棚上げにして、それを逆行する競争と管理の教育を押しつけてきたところにこそあるのではないでしょうか。


 それからもう一つ、幾つもあるんですが省略させてもらって、最後にもう一つですけど、この教育基本法を全面的につくりかえる、このねらいは、それだったらどこにあるのでしょうか。


 教育基本法の改定は、憲法を変えて海外で戦争する国をつくろうとする動きと一体のものだと思っています。憲法改定を進める勢力のいう愛国心とは、戦争をする国に忠誠を誓えということにほかなりません。そのために、教育を利用しようというのです。それは、前文から、憲法と教育基本法が一体のものであることを明記した言葉を削除し、平和を希求する人間の育成という理念を取り去っていることからも明らかではないでしょうか。


 以上の立場から、私は、とは言っても、この議員各位の皆さんにも多くの意見があるところは承知しておりますし、国会でもさまざまな議論がされているところは当然のことであります。


 そういう立場から、教育基本法の改正に関する与党協議会の審議内容を明らかにして、国民的議論を踏まえて十分に審議を尽くすこと、このことだけのことについて、政府に意見を求めたいと、こういう立場から、提出させていただきましたので、議員各位のご理解のもと、ぜひ採択をお願いしたくお願い申し上げまして、提案の説明とさせていただきます。


 以上です。


○議長(滝本善之君)


 提案理由の説明が終わりました。


 ただいまの提出者の提案理由の説明に対し、質疑はありませんか。


 大澤勉君。


○21番(大澤勉君)


 ただいま、提案者から提案理由の説明がありました。


 で、今定例会において意見書ということで本日取り上げられたんですけれども、上程された内容の中の2項を削除して提案するということであります。であるならば、修正議案として提案されるなり、今議会に提案されている内容は2項も含まれた意見書であるから審議に値しないと私は思います。


 よって、この2項を削除しながら提案したいということであれば、この意見書第3号については廃案とされるべき方策をとられるべきと思いますけども、その件について審議をお願いしたい。


○議長(滝本善之君)


 動議に賛成の方、おられますか。


 賛成者がおられます。動議は成立いたしました。


 お諮りをいたします。


 ただいま、大澤議員から、今提出されました教育基本法の改正についての、いわゆる2項目が削除という形で今提案されたので。


 暫時、休憩します。


 意見書第3号につきまして、基本的に修正案を出すか、出さないんであれば廃案にするか、どちらかということでございますので、それを一応採決させていただきます。それに対してイエスかノーか。それから、修正案を提出するかということでございますので、修正案を提出する議員がおられましたら、動議を出していただいて、賛成議員をつくっていただいて、新たに修正案を提出していただくと。そして、そこでそれについて採決するということで、日程上そういう格好で進めさせていただきますので、よろしいでしょうか。ご理解いただけますか。


             午後1時46分 休憩





             午後2時24分 再開


○議長(滝本善之君)


 休憩前に引き続き、会議を開きます。


 先ほど、大澤議員の方から冨田議員の提案に対しまして、意見書第3号でございますけれども、2項を削除されたということに対しまして、動議が提出されました。その動議は、賛成者がおられましたので、成立をいたしました。それによりまして、大澤議員はその意見書に対して修正案を提出するか、それとも廃案にするかという問題点で提起されました。それにつきまして、この動議に対して採決を行います。


 この動議を賛成と思われる方の起立を願います。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立多数です。


 よって、この動議は成立いたしました。


 続きまして、それでは、この問題につきまして、ほかに何かございますか。


 清水隆?君。


○6番(清水隆?君)


 緊急動議を提出いたします。


○議長(滝本善之君)


 賛成者、おられますか。


 動議を認めます。


○6番(清水隆?君)


 長引いて申しわけないんですけれども、緊急動議を出しました手前上、多少の説明をさせていただきます。


 冨田議員が提出されたものは、一応廃案になりましたんで、2項を削除いたしまして、再提出させていただきます。


 どうか皆さん、この教育基本法は、愛国心という言葉が使われていますけども、愛国心いうのは、これはもうだれしも当たり前のことであって、国を愛さんような人はだれもありません。これは、しかし、心の問題です。心の問題をですね、法律に書き上げるということが、そもそもこれ問題になっているんであって、法律に書かれておるんで、おまえは愛国心がないという形で、結局は戦前のように強制的にやらされるというような形になっていくわけで、心の問題を別に法律に書き上げる必要はないということを強調しているわけであります。


 とにかく、慎重に審議していただきたいと。ああせい、こうせい言うてるわけじゃありません。結果的にはどうなるやわかりません。しかし、これはもう大事な問題で、国民的議論をしなければならない問題だと思います。まだ十分国民に浸透しているとはいえません。


 そういうことで、ひとつよろしくお願いいたします。


 とにかく、そういうことです。よろしくお願いいたします。


○議長(滝本善之君)


 ただいま、清水議員から動議が提出されました。


 この問題を日程に追加し、議題とすることにご異議ございませんか。


               (「異議なし」)


○議長(滝本善之君)


 異議なしと認めます。


 それでは、この修正動議が成立をいたしました。


 それでは、ここで提案理由の説明をもう一度お願いします。


 清水隆?君。


○6番(清水隆?君)


 それでは、提案させていただきます。


 先ほど、冨田議員が提案された中での2項を削除して提案させていただきますので、よろしくお願いいたします。


○議長(滝本善之君)


 提案理由の説明が終わりました。


 それでは、質疑はありませんか。


               (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


 質疑なしと認めます。


 質疑を終結いたします。


 これより、討論を行います。


 討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 意見書第3号 教育基本法の改正について国民的議論を踏まえた慎重な審議を求める意見書(案)は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立少数です。


 よって、意見書第3号は、否決されました。


 日程第15 意見書第4号 米原市民生活を支える道路整備の推進と道路財源の確保に関する意見書(案)を議題といたします。


 意見書(案)の朗読は、省略いたします。


 提出者の提案理由の説明を求めます。


 17番 松宮信幸君。


○17番(松宮信幸君)


 それでは、議長のお許しを得ましたので、意見書第4号 米原市民生活を支える道路整備の推進と道路財源の確保に関する意見書(案)の提案理由の説明をさせていただきます。


 この米原市民生活を支える道路整備の推進と道路財源の確保に関する意見書については、昨年12月の第4回定例会において可決をいただき、各関係方面に対し、地域の実情として地方自治法第99条の規定により意見書を提出し、要望を行ったところでございます。そうした中で、政府与党は、昨年末に道路特定財源の見直しに関する基本方針を公表し、道路特定財源制度について一般財源化を図ることを前提として、現在見直しの作業が進められているところでございます。


 道路は、市民生活の日常生活や経済、社会活動を支える最も基礎的な社会資本であり、活力ある社会や災害に強いまちづくりを推進する上で、その整備・充実は必要不可欠でございます。


 本市においても総合計画、道路網整備計画を策定し、新市道路ネットワークの整備、市道の体系的な整備が計画されています。今後、地域の自立に向けた社会資本の整備を行うため、道路財源は十分確保される必要があり、また、地方の道路整備の着実に推進できる方向を議論するべきであると考えるところでございます。よって、国並び国会におかれては、次の2項目について特段の配慮をいただくよう、強く求めるものでございます。


 1 道路の特定財源は、制度の趣旨を踏まえ道路財源に充てる財源として確保するとともに、地方への財源移譲も含め、その配分割合を増やすなど、地方における道路整備を着実に推進できるよう、充実を図ること。


 2 道路整備に関する市民のニーズは依然として高いことを踏まえ、19年度予算編成においては、受益者負担に基づく道路特定財源により必要な予算を確保することであります。


 この米原市民生活を支える道路整備の推進と道路財源の確保に関する意見書は、地方自治法第99条の規定により改めて提出しようとするものであります。意見書の内容は、お手元に配付のとおりでございます。


 なお、意見書の提出先は衆参両院議長並びに内閣総理大臣ほか関係大臣とします。


 議員諸氏におかれましては、本意見書(案)の趣旨を十分にご理解賜り、ぜひとも賛同いただきますようにお願いを申し上げ、提案理由の説明とさせていただきます。


 よろしくお願いします。


○議長(滝本善之君)


 提案理由の説明が終わりました。


 ただいまの提出者の提案理由の説明に対し、質疑はありませんか。


               (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


 質疑なしと認めます。


 質疑を終結いたします。


 これより、討論を行います。


 討論はありませんか。


               (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、採決いたします。


 意見書第4号 米原市民生活を支える道路整備の推進と道路財源の確保に関する意見書(案)は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立多数です。


 よって、意見書第4号は、原案のとおり可決されました。


 意見書第4号は、両院議長並びに内閣総理大臣ほか関係大臣に提出をいたします。


 日程第16 委員長報告の件を議題といたします。


 ただいままでに各常任委員会並びに特別委員会から委員長報告の申し出がありませんので、今回特にないようであれば省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」)


○議長(滝本善之君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、委員長報告の件は、省略をいたします。


 日程第17 委員会の閉会中の継続審査及び調査の件を議題といたします。


 本件につきましては、米原市議会委員会条例第40条の規定により、お手元に配付いたしております各常任委員会、議会運営委員会、及び特別委員会委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査及び調査に付することにご異議ありませんか。


               (「異議なし」)


○議長(滝本善之君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、各委員会委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査及び調査に付することに決定いたしました。


 以上で、本日の議事日程並びに今期定例会に付議されました議案の審議はすべて終了いたしました。


 市長より、閉会の挨拶がございます。


 平尾市長。


○市長(平尾道雄君)


 第2回の6月定例会の閉会に当たりまして、一言御礼を申し上げたいと思います。


 今期定例会に提案をさせていただきました議案29件につきましては、慎重なご審議の上、提案のとおりご決定を賜りましたこと、まずもって厚く御礼を申し上げます。


 今議会で可決をいただきました自治基本条例の前文に、「合併によって私たちは新しい力を手に入れました。まちづくりの条件が整った。」とあります。地方分権改革の歴史的な転換期にある今、市民の身近な地方自治体の役割、責任はますます大きくなってまいっております。


 私は、市民の皆さんが新しい米原らしさをスタートさせる、市民の決意、まちづくりへの厚い志を示す自治基本条例が制定されるという米原市議会の歴史的な議決に、本会議場での感動を共有させていただきましたとともに、改めて米原市政運営の責任を痛感しているところでございます。


 また、懸案となっておりました石炭ガラ問題につきましても、解決の道筋にご賛同いただきました。区画整理事業そして米原駅周辺整備事業、また物流特区事業の推進に大きく弾みがつくものと確信をしているところでございます。


 議会中に開催をされました第1回の天の川ほたるまつりも全国各地から大勢の方が米原市内に訪れていただくことになりました。そして、市民ボランティアの皆さんに支えられながら、無事にこれを開催することができました。ご協力いただきました市民そしてボランティアの皆さんに厚く御礼を申し上げたいと思います。


 本当にありがとうございました。


 蛍は、私たちに大きなやすらぎを与えますとともに、自然環境に保全されている地域への証でもあると思います。ほたるまつりを通じて、生活環境の整備や観光、そして文化の交流、これを促進し、活力あるまちづくりに努めていきたい。この力強い市民の動きが多く生まれています。私は、この市民の皆さんのエネルギーをこのほたるまつりの中で幾つか確認をさせていただきました。


 それでは、暑さはいよいよ本番でございます。議員の皆さんにおかれましては、ご自愛いただきまして、議会活動・議員活動を通じて今後ともより一層のご支援を賜りますようお願い申し上げ、閉会に当たりましてのご挨拶とさせていただきます。


 本当にご苦労さまでございました。ありがとうございます。


○議長(滝本善之君)


 6月8日から本日までの16日間にわたりまして、議員各位におかれましては、数多くの議案審議、まことに御苦労さまでございました。


 これをもって、平成18年米原市議会第2回定例会を閉会いたします。


 ご苦労さんでございました。





              午後2時38分 閉会