議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 米原市

平成17年第4回定例会(第1日12月 9日)




平成17年第4回定例会(第1日12月 9日)





        平成17年米原市議会第4回定例会会議録(第1号)





 
1.招集年月日    平成17年12月9日





1.招集の場所    米原市議会議場





1.開会開議     平成17年12月9日   午前10時00分





1.応召議員        1番  丸 本   猛    2番  粕 渕   進


              3番  市 川 照 峯    4番  丸 本 義 信


              5番  音 居 友 三    6番  清 水 隆 ?


              7番  北 村 喜代隆    8番  北 村 喜代信


              9番  冨 田   茂   10番  小 川 孝 司


             11番  磯 崎   清   12番  鍔 田   明


             13番  宮 川 忠 雄   14番  力 石 春 樹


             15番  堀 川 弥二郎   16番  的 場 収 治


             17番  松 宮 信 幸   18番  谷 田 武 一


             19番  前 川   明   20番  吉 川   登


             21番  大 澤   勉   22番  竹 中 桝 夫


             23番  中 野 卓 治   24番  滝 本 善 之





1.不応召議員      な し





1.出席議員       全 員





1.欠席議員       な し





1.会議録署名議員     3番  市 川 照 峯    4番  丸 本 義 信





1.地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名


   市長        平 尾 道 雄  助役        西 田   弘


   教育長       瀬戸川 恒 雄  政策推進部長    嶌 田 忠 夫


   総務部長      石 田 英 雄  市民部長      伊富貴 孝 司


   健康福祉部長    岡 田   勉  経済環境部長    野一色 義 明


   土木部長      中 川 喜美夫  都市整備部長    飛 戸 利 勝


   教育部長      小 野 初 雄  山東市民自治センター長 清 水 克 章


   伊吹市民自治センター長 今 中 佐 公  米原市民自治センター長 宮 野 節 児


   近江市民自治センター長 山 本 一 幸  消防長       吉 田 繁 之


   主監・会計課長   吉 田   博





1.職務のため議場に出席した者の職氏名


   事務局長      古 川 光 男  書記        竹 内 義 裕





平成17年米原市議会第4回定例会 議事日程 (第1号)


                平成17年12月9日 午前10時00分開議


                     場所  米原市議会議場


┌───┬───────┬────────────────────────────────┐


│ 日程│議案番号   │件        名                      │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  1│       │会議録署名議員の指名〔  番    議員.  番    議員〕 │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  2│       │会期決定について                        │


│   │       │〔自 平成17年12月9日 至 平成17年12月 日〕          │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  3│       │諸般の報告                           │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  4│諮問第2号〜  │市長の提案理由の説明                      │


│   │議案第340号  │                                │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  5│諮問第2号   │人権擁護委員候補者の推薦について                │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  6│議案第293号  │平成16年度山東町・伊吹町・米原町合併協議会会計歳入歳出決算認定│


│   │       │について                            │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  7│議案第294号  │平成17年度米原市・近江町合併協議会会計歳入歳出決算認定について│


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  8│議案第325号  │琵琶湖東北部広域市町村圏協議会規約の変更について        │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  9│議案第326号  │琵琶湖東北部広域市町村圏協議会規約の変更について        │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│ 10│議案第327号  │長浜米原介護認定審査会を共同設置する地方公共団体の数の増加および│


│   │       │規約の変更について                       │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│ 11│議案第328号  │長浜米原介護認定審査会を共同設置する地方公共団体の数の減少および│


│   │       │規約の変更について                       │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│ 12│議案第329号  │長浜米原介護認定審査会を共同設置する地方公共団体の数の増加および│


│   │       │規約の変更について                       │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│ 13│議案第330号  │湖北広域行政事務センター規約の変更について           │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│ 14│議案第331号  │長浜水道企業団規約の変更について                │


└───┴───────┴────────────────────────────────┘





┌───┬───────┬────────────────────────────────┐


│ 日程│議案番号   │件        名                      │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│ 15│議案第295号〜 │総括説明                            │


│   │議案第324号、 │                                │


│   │議案第332号〜 │                                │


│   │議案第340号  │                                │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│ 16│議案第295号〜 │総括質疑                            │


│   │議案第324号、 │                                │


│   │議案第332号〜 │                                │


│   │議案第340号  │                                │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│ 17│議案第295号〜 │議案の委員会付託                        │


│   │議案第324号、 │                                │


│   │議案第332号〜 │                                │


│   │議案第340号  │                                │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│ 18│請願第3号  │「日本国民に食の安全と安心を保障し、国内の畜産を守るために、ア │


│   │       │メリカ産牛肉などの輸入再開を行わないよう求める請願」について  │


└───┴───────┴────────────────────────────────┘





平成17年 米原市議会第4回定例会 付議案件表





┌─────────┬──────────────────────────────────┐


│  議案番号   │件            名                    │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 諮問第2号   │人権擁護委員候補者の推薦について                  │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第293号  │平成16年度山東町・伊吹町・米原町合併協議会会計歳入歳出決算認定につ│


│         │いて                                │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第294号  │平成17年度米原市・近江町合併協議会会計歳入歳出決算認定について  │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第295号  │米原市長期継続契約に関する条例の制定について            │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第296号  │米原市都市計画法に基づく開発許可等の基準に関する条例の制定について │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第297号  │米原市手数料条例の一部を改正する条例について            │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第298号  │米原市公共下水道使用料条例の一部を改正する条例について       │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第299号  │米原市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例について   │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第300号  │米原市簡易水道事業に地方公営企業法を適用する条例の制定について   │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第301号  │米原市水道事業給水条例の一部を改正する条例について         │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第302号  │米原市立集会所条例の一部を改正する条例について           │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第303号  │米原市近江いきいき健康館条例の一部を改正する条例について      │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第304号  │米原市甲津原交流施設条例の一部を改正する条例について        │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第305号  │米原市農業集落多目的集会施設条例の一部を改正する条例について    │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第306号  │米原市春照自然休養村管理センター条例の一部を改正する条例について  │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第307号  │米原市琵琶湖干拓資料館条例の一部を改正する条例について       │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第308号  │米原市勤労者余暇利用施設条例の一部を改正する条例について      │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第309号  │米原市青少年旅行村条例の一部を改正する条例について         │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第310号  │米原市林業振興施設条例の一部を改正する条例について         │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第311号  │米原市生涯学習センター条例の一部を改正する条例について       │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第312号  │米原市体育施設条例の一部を改正する条例について           │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第313号  │公の施設における指定管理者の指定について(米原市伊吹健康プラザ愛らん│


│         │ど デイサービスセンター)                     │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第314号  │公の施設における指定管理者の指定について(米原市北部デイサービスセン│


│         │ター)                               │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第315号  │公の施設における指定管理者の指定について(米原市山東健康福祉センター│


│         │デイサ―ビスセンター)                       │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第316号  │公の施設における指定管理者の指定について(米原市米原地域福祉センター│


│         │ゆめホール)                            │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第317号  │公の施設における指定管理者の指定について(米原市近江地域福祉センター│


│         │やすらぎハウス)                          │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第318号  │公の施設における指定管理者の指定について(米原市ボランティアセンター│


│         │三島荘)                              │


└─────────┴──────────────────────────────────┘





┌─────────┬──────────────────────────────────┐


│  議案番号   │件            名                    │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第319号  │公の施設における指定管理者の指定について(米原市立米原保育園)   │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第320号  │公の施設における指定管理者の指定について(米原市近江母の郷コミュニテ│


│         │ィハウス)                             │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第321号  │公の施設における指定管理者の指定について(グリーンパーク山東)   │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第322号  │公の施設における指定管理者の指定について(米原市醒井水の宿駅)   │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第323号  │公の施設における指定管理者の指定について(米原市米原公民館)    │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第324号  │公の施設における指定管理者の指定について(米原市近江公民館)    │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第325号  │琵琶湖東北部広域市町村圏協議会規約の変更について          │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第326号  │琵琶湖東北部広域市町村圏協議会規約の変更について          │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第327号  │長浜米原介護認定審査会を共同設置する地方公共団体の数の増加および規約│


│         │の変更について                           │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第328号  │長浜米原介護認定審査会を共同設置する地方公共団体の数の減少および規約│


│         │の変更について                           │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第329号  │長浜米原介護認定審査会を共同設置する地方公共団体の数の増加および規約│


│         │の変更について                           │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第330号  │湖北広域行政事務センター規約の変更について             │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第331号  │長浜水道企業団規約の変更について                  │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第332号  │平成17年度米原市一般会計補正予算(第8号)について        │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第333号  │平成17年度米原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)について│


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第334号  │平成17年度米原市国民健康保険直営診療所事業特別会計補正予算(第2号│


│         │)について                             │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第335号  │平成17年度米原市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)について  │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第336号  │平成17年度米原市老人保健医療事業特別会計補正予算(第3号)について│


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第337号  │平成17年度米原市流域関連公共下水道事業特別会計補正予算(第5号)に│


│         │ついて                               │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第338号  │平成17年度米原駅東部土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)につ│


│         │いて                                │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第339号  │平成17年度米原市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)に│


│         │ついて                               │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│議案第340号  │市道の路線認定について                       │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│請願第 3 号  │「日本国民に食の安全と安心を保障し、国内の畜産を守るために、アメリカ│


│         │産牛肉などの輸入再開を行わないよう求める請願」について       │


└─────────┴──────────────────────────────────┘








              午前10時00分 開会


○議長(滝本善之君)


 おはようございます。


 議員の皆様には、平成17年米原市議会第4回定例会にご参集を賜りまして、まことに御苦労様でございます。


 今議会は、合併協議会決算認定、各種条例の一部改正および制定、公の施設に係る指定管理者の指定、平成17年度米原市一般会計および特別会計補正予算など49件の議案のほか、請願が1件提案されます。いずれも重要な案件でございますので、慎重なご審議を賜りますとともに、議会が円滑に進行いたしますようお願い申し上げ、開会の挨拶とさせていただきます。


 ただいまの出席議員は24名全員であります。


 定足数に達しておりますので、これより、平成17年米原市議会第4回定例会を開催いたします。


 ただいまより、市長から招集の挨拶があります。


 平尾市長。


○市長(平尾道雄君)


 改めまして、おはようございます。


 定例会の開会に当たりまして、ご挨拶を申し上げたいと思います。


 第4回の定例会を招集いたしましたところ、議員の皆さんにおかれましては、大変ご多用の中、ご出席をいただきました。まずもって御礼を申し上げたいと思います。  まことにありがとうございます。


 時はすべての人に等しく流れております。早くも師走となりました。振り返ってみますと、私たちにとってこの1年はまことに歴史的な年でありました。2度の合併ということで町は市になりました。町民は市民ということになりました。


 これは、地方自治体のあり方や市民自治などについて、多くの部分で旧来の慣性、あるいは延長意識を自ら変えていかなければならないという意識転換をスタートさせる年でもあったと思います。


 さて、米原市というステージはできましたものの、真の、まさにその環境というのは一段と厳しさを増していることはご案内のとおりであります。


 過日、「地方分権を実現する中央決起大会」が東京で開催をされました。責任のある立場の方から次のような発言がありました。


 「財政改革の具体論では、歳出削減か税制改正かの方法論はこれからだ。」


「国の平成18年度予算編成では、既得権・聖域、これなく歳出の点検がより一層厳しくならざるを得ない。」というご発言がありました。大変印象的な言葉として今も記憶に残っているところでございます。


 いわゆる三位一体の改革の大筋も見えてまいりました。地方の行財政運営の影響はまさに必至であります。


 今、平成18年度予算編成を進めるに当たり、職員の意識改革を求め、議論を重ねているところであります。私は、職員に「これは予算編成ではありません。仕事編成として取り組んでほしい。」というふうに申し上げています。


 市役所の仕事、予算がつかないとできないのか。職員が配置されているという、そのことがマンパワー、市民サービスとして市民は市役所職員に期待を大きく寄せておられる。今大事なことは、予算の大小、事業の規模の大小ではない。このことの議論よりも職員のかかわり、このことによって市の団体、市の事業、そして米原市が、何よりも市役所がどのように変わろうとしているのか、また、変わり始めているのか、そのことが重要ではないか、このような問いかけをしているところであります。


 行政改革は、合併効果を将来展望に市民に示し、公平なそして真の市民満足度を高めるために避けられないハードルであると、あるいは試練であるというふうに考えています。


 従来の発想とは異なる非連続の新しい価値、ルールがこれを生み出すこと、あらゆる分野で求められている、そういう時代にいるというふうに考えています。制度を守ることが仕事だとする姿勢、職員に新しい制度設計、これができないのかどうか。新しい時代の風を受け止めることが今ほど必要な時はないというふうに訴えています。


 行財政、このことを進める上では行政推進のあり方、大いに議論をすべきときがまいりました。新たな時代の潮流を感知し、より効率的なそして効果的な市民サービスの向上に資する、このことの判断を勇気を持って責任を持って取り入れていきたい。その円滑な運営に議会のご理解を得ながら進めていきたいというふうに思っています。


 過日と言いますよりも、昨日の新聞にありましたが、日経新聞には、今まさに次世代、次の世代への希望が持てる新たな時代への扉を開くためにも、官僚自らが過去を断ち切るリセットボタンを押す、その時にあると評される記事が昨日の日経新聞にありました。まさにそういった意味では、待ったなしの私たちへの態度・姿勢を求める時代が足元に来ています。


 今期の市議会改選によりまして、初定例議会でもありまして、市長は改めて「施政方針を述べるべきだ。」とのご意見もございましたが、今ほどの予算編成の私の思いの一端を述べさせていただくに留めまして、年度も後期ということに至りつつありますので、新年度予算の説明に合わせまして、その機会を得たいと考えておりますので、ご理解を賜りたいと思います。


 さて、今期定例会に提出しました議案は、人事案件が1件、合併協議会決算認定2件、条例制定・一部改正18件、指定管理者指定についての12件、協議会等の規約変更7件、補正予算8件、市道の路線認定1件、計49議案でございます。


 このような上記議案につきましては、上程の際の説明や委員会での説明をお聞き取りいただきまして、適切な議決を賜りますことをお願い申し上げまして、まことに簡単ではございますが、開会に当たっての私の挨拶とさせていただきます。


 どうぞよろしくお願いをいたします。


○議長(滝本善之君)


 直ちに、本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


  日程第1


○議長(滝本善之君)


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において3番議員 市川照峯君、4番議員 丸本義信君の両名を指名いたします。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


  日程第2


○議長(滝本善之君)


 日程第2、会期決定の件を議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期定例会の会期は、過日の議会運営委員会において協議の結果、本日より12月22日までの14日間といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


                 (「異議なし」)


○議長(滝本善之君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、今期定例会の会期は14日間と決定いたしました。


 なお、今期中の会議予定につきましては、お手元に配付いたしました日程表のとおりでありますので、ご了承をお願いいたします。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


  日程第3


○議長(滝本善之君)


 日程第3、これより、諸般の報告を行います。


 最初に、議長の服務報告をいたします。報告事項につきましては、全員協議会において報告のとおりでありますので、省略いたします。


 次に、本定例会の会議事件説明のため出席を求めた者は、市長、助役、教育長、各部長、各自治センター長、消防長、主監・会計課長であります。


 以上で、諸般の報告を終わります。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


  日程第4


○議長(滝本善之君)


 日程第4、市長より提出の諮問第2号から議案第340号までの議案49件を一括上程し、市長から提案理由の説明を求めます。


 平尾市長。


○市長(平尾道雄君)


 それでは、提出をいたしました49議案につきまして、提案理由の説明を申し上げます。


 諮問の第2号は、人権擁護委員候補者の推薦についての人事案件でございます。平成18年3月末日任期の委員を再任候補者として推薦することにつき、議会の意見を求めるものでございます。


 議案の第293号 平成16年度山東町・伊吹町・米原町合併協議会会計歳入歳出決算認定および議案の第294号 平成17年度米原市・近江町合併協議会会計歳入歳出決算認定についての2議案は、地方自治法施行令の規定によります監査委員の意見をつけ議会の認定に付すものでございます。


 議案第295号 米原市長期継続契約に関する条例の制定についてでございます。この議案は、地方自治法および同法施行令の一部改正によりまして、同法の定めるところにより条例で長期継続契約、いわゆる債務負担行為を要することなく翌年度にわたり契約を提携することができることとされたことに伴いまして、当該条例を制定するものでございます。


 議案の第296号 米原市都市計画法に基づく開発許可等の基準に関する条例の制定について。米原市が開発許可等の事務について県から権限委譲を受けます平成18年2月1日よりその事務を行うに当たりまして、開発許可等の各種基準について条例を制定する必要があるため、この案を提出するものでございます。


 議案の第297号 米原市手数料条例の一部を改正する条例でございます。平成18年の2月1日より都市計画法に基づきます開発許可等の事務が県から委譲されることに伴いまして、地方自治法に基づき徴収する手数料の額を条例で定めるものでございます。


 議案の第298号であります。米原市公共下水道使用料条例の一部を改正する条例。これは、平成18年の4月1日より米原市公共下水道使用料の統一を図るため、この案を提出するものでございます。


 議案の第299号であります。米原市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例でございます。平成18年4月1日より、米原市伊吹簡易水道事業に地方公営企業法を適用いたしまして、米原市水道事業に統一するため、この案を提出するものでございます。


 議案の第300号であります。米原市簡易水道事業に地方公営企業法を適用する条例の制定については、平成18年4月1日より、米原市伊吹簡易水道事業に地方公営企業法を適用するに当たって、米原市の簡易水道事業すべてに地方公営企業法を適用することとし、当該条例の全部を改正する方式で、この案を提出するものでございます。


 議案第301号であります。米原市水道事業給水条例の一部を改正する条例でございます。平成18年4月1日より米原市水道料金の統一を図るとともに、米原市伊吹簡易水道事業に地方公営企業法を適用し、米原市伊吹簡易水道事業条例を廃止するため、この条例を提出するものでございます。


 次に、議案の第302号から第312号までの11議案につきましては、公の施設の管理に関する地方自治法の改正以降、全国的に制度導入に向けた取り組みや検討が進められ、公共施設の管理運営のあり方が大きく変わろうとしています。米原市におきましても、市の公共施設の適正管理を図るため、指定管理者制度の導入を視野に条件整備として、下記のとおり各施設管理関係条例の一部改正を提案するものであります。


 詳細は、上程の都度、関係部長から補足説明をいたさせます。


 続きまして、議案の第313号から議案の第324号の12議案は、指定管理者制度の導入に関しまして、関係条例の一部改正を9月議会で議決をいただき、以降、米原市公の施設に係る指定管理者の指定手続に関する条例・規則に基づき事務を進めてまいりましたが、去る11月15日開催の候補者の選考委員会から最適者としての選考の結果報告を受けたことから、この報告に基づきまして、次の各施設につきまして指定管理者を指定いたしたく、議会の議決をお願いするものでございます。


 詳細は、それぞれ上程の都度、関係部長から補足説明をいたさせます。


 続きまして、議案の第322号から議案の第331号の7議案でございます。他市町の合併に関する協議会等の規約改正につきまして、議会の議決を必要とするため提出をいたすものでございます。


 議案の第325号 琵琶湖東北部広域市町村圏協議会規約の変更につきまして、これは、愛知郡秦荘町および同郡愛知川町ならびに長浜市・浅井町・びわ町が合併によりまして、琵琶湖東北部広域市町村圏協議会を脱退するため、同協議会規約を変更することについて、地方自治法の規定によりまして関係地方公共団体の議決が必要であり、この案を提出するものでございます。


 議案の第326号 琵琶湖東北部広域市町村圏協議会規約の変更、これも平成18年2月13日から愛知郡秦荘町および同郡愛知川町の区域をもって設置されます愛荘町ならびに長浜市・浅井町・びわ町の区域をもって設置されます長浜市を同広域市町村圏協議会に加入させることによりまして、同協議会規約を変更することについて、地方自治法の規定によりまして関係地方公共団体の議決が必要であり、この案を提出するものでございます。


 議案の第327号 長浜米原介護認定審査会を共同設置する地方公共団体の数の増加および規約の変更についてでございます。平成18年の1月1日共同設置する長浜米原介護認定審査会に浅井町・虎姫町・湖北町・びわ町を加えることについて、長浜米原介護認定審査会共同設置規約を変更するため、地方自治法の規定によりまして関係地方公共団体の議決が必要なため、この案を提出するものでございます。


 議案の第328号であります。長浜米原介護認定審査会を共同設置する地方公共団体の数の減少および規約の変更についてでございます。これも、平成18年2月12日共同設置をいたします長浜米原介護認定審査会から長浜市・浅井町・びわ町を脱退させることにつき、長浜米原介護認定審査会共同設置規約を変更するため、地方自治法の規定によりまして関係地方公共団体の議決が必要なため、この案を提出するものでございます。


 議案の第329号であります。長浜米原介護認定審査会を共同設置する地方公共団体の数の増加および規約の変更でございます。これも、平成18年2月13日共同設置する長浜米原介護認定審査会に長浜市を加えることにつき、長浜米原介護認定審査会共同設置規約を変更するため、地方自治法の規定によりまして関係地方公共団体の議決が必要なため、この案を提出するものでございます。


 次に、議案の第330号であります。湖北広域行政事務センターの規約変更でございます。長浜市・東浅井郡浅井町および同郡びわ町を平成18年2月13日で廃し、その区域をもって長浜市が設置されることに伴いまして、湖北広域行政事務センター規約の変更について、地方自治法の規定によりまして関係地方公共団体の議決が必要なため、この案を提出するものでございます。


 議案の第331号でございます。長浜水道企業団規約の変更について。長浜市・東浅井郡浅井町および同郡びわ町を平成18年2月13日付をもって廃し、その区域をもって長浜市が設置されることに伴い、地方自治法に基づきます合併前の長浜市の脱退議決と、合併後の長浜市の加入議決をすることについて、合併議決に先立ちまして企業団規約の一部改正することにつきまして、地方自治法の規定によりまして関係地方公共団体の議決が必要なため、この案を提出するものでございます。


 続きまして、議案の第332号から議案第339号の8議案、これは、一般会計をはじめ各会計補正予算でございます。


 議案の第332号 平成17年度米原市一般会計補正予算(第8号)につきましては、予算の総額に歳入歳出それぞれ7億1,820万円を追加し、歳入歳出予算総額を190億4,694万4,000円と定め、あわせて債務負担行為補正および地方債補正について定めるものでございます。


 議案の第333号 平成17年度米原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)につきましては、予算の総額、歳入歳出それぞれ6,889万7,000円を追加し、歳入歳出予算総額を27億6,804万5,000円と定めるものでございます。


 議案の第334号であります。平成17年度米原市国民健康保険直営診療所事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、予算の総額、歳入歳出それぞれ3,868万円を追加し、歳入歳出予算の総額を4億7,754万2,000円と定めるものでございます。


 議案の第335号であります。平成17年度米原市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)につきましては、予算の総額、歳入歳出それぞれ700万円を追加し、歳入歳出予算の総額を22億8,939万1,000円と定めるものでございます。


 議案の第336号 平成17年度米原市老人保健医療事業特別会計補正予算(第3号)につきましては、補正予算の総額に歳入歳出それぞれ1万7,000円を追加し、予算総額を36億72万6,000円と定めるものでございます。


 議案の第337号であります。平成17年度米原市流域関連公共下水道事業特別会計補正予算(第5号)であります。予算の総額に歳入歳出それぞれ1,332万3,000円を追加し、予算総額を34億3,768万6,000円と定め、あわせて地方債の変更について定めるものでございます。


 議案の第338号であります。平成17年度米原駅東部土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)でございます。予算の総額から歳入歳出それぞれ3億6,289万7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を9億7,437万4,000円と定め、あわせまして債務負担行為および地方債の変更について定めるものでございます。


 議案の第339号であります。平成17年度米原市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)でございます。予算の総額から歳入歳出それぞれ3,898万3,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を3,601万7,000円と定めるものでございます。


 次に、議案の第340号 市道の路線認定でございます。市道の路線を認定することにつきまして、道路法の規定によりましてこの案を提出いたすものでございます。


 以上、多くの議案がありまして、総括提案説明もまことに簡略、概要のみの説明とさせていただきました。


 議員の皆さんにおかれましては、限られた時間の中で大変御苦労をおかけいたすと思いますけども、何とぞ慎重なご審議の上、適切な議決を賜りますことをお願い申し上げまして、説明とさせていただきます。


 よろしくお願いをいたします。


○議長(滝本善之君)


 市長の説明が終わりましたので、これにて、提案理由の説明を終結いたします。


 次の日程に入るに先立ち、お諮りいたします。


 諮問第2号から議案第294号までの議案3件ならびに、議案第325号から議案第331号までの議案7件、計議案10件については、会議規則第37条第2項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


                 (「異議なし」)


○議長(滝本善之君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、ただいまの議案10件については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


 日程第5


○議長(滝本善之君)


 それでは、日程第5、諮問第2号を議題といたします。


 提案者の説明を求めます。


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 それでは、ご上程いただきました諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦につきまして補足説明をさせていただきます。


 平成18年3月31日で任期満了となります委員の世森等氏について、引き続き人権擁護委員をお願いするため、人権擁護委員法(昭和24年法律第139号)第6条第3項の規定によりまして、議会の意見を求めるものでございます。


 どうぞよろしくお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 これをもって、提案者の補足説明を終わります。


 これより、諮問第2号に対し質疑を求めます。


 質疑はありませんか。


                 (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、質疑を終結いたします。


 これより、討論を行います。


 討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦についてを採決いたします。


 この採決は、起立によって行います。


 本案は、原案のとおり適任と認めることに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、諮問第2号は、原案のとおり適任と認めることに決定いたしました。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


  日程第6〜日程第7


○議長(滝本善之君)


 この際、議事の都合により、日程第6、議案第293号と日程第7、議案第294号の議案2件を一括議題といたします。


 提案者の説明を求めます。


 嶌田政策推進部長。


○政策推進部長(嶌田忠夫君)


 議案第293号 平成16年度山東町・伊吹町・米原町合併協議会会計歳入歳出決算認定について、補足説明をさせていただきます。


 決算の概要について、平成16年度山東町・伊吹町・米原町合併協議会会計歳入歳出決算概要によりご説明いたします。


 決算書3ページをお開きください。


 会計期間は、平成16年4月1日から平成17年2月13日までであります。


 歳入は、負担金として各町からの負担金が2,810万218円。県支出金は、市町村合併検討事業費補助金として166万6,000円。繰越金は、前年度繰越金で656万1,152円。諸収入は、近江町からの合併共通経費として負担いただきました63万130円で、歳入総額2,966万7,500円であります。


 続きまして、歳出は、決算書ページ、4ページから5ページをお開きください。


 運営費として、合併協議会の運営経費と事務局経費で460万2,039円。事業費は、新市まちづくり計画の策定や協議会だより、ホームページ等による啓発と条例整備、電算システム構築等の新市準備経費で2,506万5,461円であります。歳出総額2,966万7,500円であります。


 本協議会の決算につきましては、平成17年9月5日に米原市監査委員による監査を受けており、係数は正確であると認められておりますので、ご報告申し上げ、以上、簡単でありますが、補足説明といたします。


 よろしくお願い申し上げます。


 続きまして、議案第294号 平成17年度米原市・近江町合併協議会会計歳入歳出決算認定について、補足説明をさせていただきます。


 決算の概要について、平成17年度米原市・近江町合併協議会会計歳入歳出決算概要により説明を申し上げます。


 決算書の3ページをお開きください。


 会計の期間は、平成17年4月1日から平成17年9月30日までであります。


 歳入は、負担金として各市町からの負担金が310万円。県支出金は、市町村合併検討事業費補助金として40万8,000円。繰越金は、前年度繰越金で98万5,620円。諸収入は、預金利子で13円であります。歳入総額449万3,633円であります。


 歳出は、決算書の4ページ・5ページでございます。


 運営費として、合併協議会の運営経費と事務局経費で33万7,306円。事業費は、協議会だより、ホームページ等による啓発等で150万8,895円であります。歳出総額184万6,201円であります。


 歳入歳出差引残額264万7,432円につきましては、米原市に引き継ぐものであります。


 本協議会の決算につきましては、平成17年11月25日に米原市監査委員による監査を受けており、係数は正確に処理されていると認められておりますので、ご報告を申し上げ、以上、簡単でありますが、補足説明とさせていただきます。


 よろしくお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 これをもって、提案者の補足説明を終わります。


 これより、ただいまの2議案に対し一括して質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


                 (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、質疑を終結いたします。


 これより、討論を行います。


 討論はありませんか。


 清水議員。


○6番(清水隆?君)


 山東・伊吹・米原については別に討論するつもりはないんですけれども、近江町と米原市については、ちょっと討論したいんですが、それ、今やっていいんですか。


○議長(滝本善之君)


 結構です。


 清水議員。


○6番(清水隆?君)


 米原市・近江町合併協議会会計歳入歳出決算の認定について、私は反対の立場で討論いたします。


 もとより、私はこの合併には反対でございましたので、近江町における予算にも反対してまいりました。その関係で、筋を通す意味で反対をしておきます。


 要するにですね、この合併というのは構造改革路線の中でですね、自治体のリストラというのが本命にあったと思うんです。そんな中で、リストラを進めていく中で、規制緩和をし、市場万能主義にこの行政もつき進めていくというところにあると思います。そういうような中で弱者に対してはですね、自立自助という言葉を並び立てて、それによって我慢をさせると。自分のことは自分でしなさいと。行政にねだるというようなことはしてはならないというような、そういう意識を植え付けていくというようなことが、この構造改革路線の中で自治体にも押し付けられてまいりましたし、市民にもそういうことが押し付けられて来ているわけであります。そんな中でですね、住民の暮らしというのは、この合併が進んでも決して私はいい方向に行かないと思うんです。行政サービスが自立自助の名のもとに徐々に切り縮められていくことも目に見えていると思うんです。で、弱肉強食の社会に自治体も陥れていくと。強いものが栄えて弱いものが我慢させられるというような方向に、そういう攻撃が強まってくると思うんです。


 しかし、現実問題として米原市と近江町は合併しましたので、もうそのことについてとやかく言うつもりはありませんが、私はこの中で米原市の議員となった以上、この弱肉強食路線に対しては、断固として反対をしてですね、市民の暮らしを守るために今後とも全力で頑張っていく決意であります。ということを申しあげまして、反対討論といたします。


○議長(滝本善之君)


 それでは、議案第294号に対する賛成討論の方、おられますか。


                 (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 よって、討論を終結いたします。


 これより、議案第293号 平成16年度山東町・伊吹町・米原町合併協議会会計歳入歳出決算認定についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり認定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立多数です。


 よって、議案第293号は、原案のとおり認定されました。


 次に、議案第294号 平成17年度米原市・近江町合併協議会会計歳入歳出決算認定についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり認定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立多数です。


 よって、議案第294号は、原案のとおり認定されました。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


  日程第8〜日程第9


○議長(滝本善之君)


 この際、議事の都合により、日程第8、議案第325号と日程第9、議案第326号の議案2件を一括議題といたします。


 提案者の説明を求めます。


 嶌田政策推進部長。


○政策推進部長(嶌田忠夫君)


 議案第325号 琵琶湖東北部広域市町村圏協議会規約の変更について、補足説明を申し上げます。


 琵琶湖東北部広域市町村圏協議会規約の一部を改正する規約につきましては、別紙お手元資料に新旧対照表を添付しておりますが、その対照表のとおり、第3条の構成市町のうち長浜市・秦荘町・愛知川町・浅井町およびびわ町を削り、平成18年2月13日から施行するものであります。このことにより、構成市町村数は2市9町となります。


 以上、簡単ですが、補足説明とさせていただきます。


 続きまして、議案第326号につきまして、補足説明を申し上げます。


 琵琶湖東北部広域市町村圏協議会規約の一部を改正する規約につきましては、別紙新旧対照表のとおり、第3条の構成市町に長浜市・愛荘町を加えます。第5条につきましては、事務所の位置について彦根市元町4番2号、彦根市役所を、「会長職にある市町村長が属する市町庁舎」と改めます。


 この規約は、平成18年2月13日から施行するものであります。


 このことによりまして、構成市町村数は3市10町となります。


 以上、まことに簡単でございますが、補足説明とさせていただきます。


 よろしくご審議をお願いいたします。


○議長(滝本善之君)


 これをもって、提案者の補足説明を終わります。


 これより、ただいまの2議案に対し一括して質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


                 (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、質疑を終結いたします。


 これより、討論を行います。


 討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、議案第325号 琵琶湖東北部広域市町村圏協議会規約の変更についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第325号は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第326号 琵琶湖東北部広域市町村圏協議会規約の変更についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第326号は、原案のとおり可決されました。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


  日程第10〜日程第12


○議長(滝本善之君)


 この際、議事の都合により、日程第10、議案第327号から日程第12、議案第329号までの議案3件を一括議題といたします。


  提案者の説明を求めます。


  岡田健康福祉部長。


○健康福祉部長(岡田勉君)


  議案第327号 長浜米原介護認定審査会を共同設置する地方公共団体の数の増加および規約の変更についての補足説明をさせていただきます。


  介護保険法第14条の規定に基づく介護認定審査会を地方自治法第252条の7第1項の規定により、米原市・長浜市により共同設置しているところでございますが、平成18年1月1日より浅井町・虎姫町・湖北町およびびわ町を加えようとするもので、この長浜米原介護認定審査会共同設置規約の一部を改正するものでございます。


  規約の改正内容は、新旧対照表のとおりで、名称を「長浜米原東浅井介護認定審査会」とし、関係する条文の整備を行い、併せて、認定審査会の執務場所の位置を「長浜市宮司町1181番地の2長浜市保健センター分室内」から「長浜市八幡東町632番地長浜市役所東別館内」とするものでございます。


  付則で、平成18年1月1日施行とし、認定審査会の委員の任期の経過措置を規定するものでございます。


  これにより、介護認定審査会の構成団体は、米原市・長浜市・浅井町・虎姫町・湖北町およびびわ町の2市4町となります。


  次に、議案第328号 長浜米原介護認定審査会を共同設置する地方公共団体の数の減少および規約の変更についての補足説明をさせていただきます。


  米原市・長浜市・浅井町・虎姫町・湖北町およびびわ町により共同設置する介護認定審査会から、長浜市・浅井町およびびわ町の合併により、合併前日の平成18年2月12日に脱会させようとするもので、この介護認定審査会共同設置規約の一部を改正するものでございます。


  規約の改正内容は、新旧対照表のとおりで、名称を「米原東浅井介護認定審査会」とし、関係する条文の整備を行うものでございます。


  付則で、平成18年2月13日施行とするものでございます。


 次に、議案329号 長浜米原介護認定審査会を共同設置する地方公共団体の数の増加および規約の変更についての補足説明をさせていただきます。


  共同設置する介護認定審査会に長浜市・浅井町およびびわ町の合併による新・長浜市を加えようとするもので、この長浜米原介護認定審査会共同設置規約の一部を改正するものでございます。


 規約の改正内容は、新旧対照表のとおりで、名称を「長浜米原東浅井介護認定審査会」とし、関係する条文の整備を行い、付則で、平成18年2月13日施行とするものでございます。


 これにより、介護認定審査会の構成団体は、米原市・長浜市・虎姫町・湖北町の2市2町となります。


 以上、議案第327号から議案第329号までの補足説明とさせていただきます。


 よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


  これをもって、提案者の補足説明を終わります。


  これより、ただいまの3議案に対し、一括して質疑に入ります。


  質疑はありませんか。


  大澤議員。


○21番(大澤勉君)


  21番、大澤です。自席から失礼をいたします。


  ただいまの3件につきましては、旧長浜坂田認定審査会、そして、東浅井郡の審査会が、新たに長浜坂田そして東浅井のすべての地域で審査会を持とうとされるものでございますけれども、そのことについての有無はないわけでございますけども、湖北医師会等々との関連は、審査会、非常に大切な要素を持ち合わせております。その意味で、湖北医師会等との協議経過と結果についてお尋ねをしておきたいのと、審査員の配置状況、どれだけの審査員の数になるのか、ならびにそれぞれ審査員が地域によって分担業務を行おうとされているのか、一括して、統合して行おうとされておられるのか、今後の計画についてお尋ねをしておきたいと思います。


  以上です。


○議長(滝本善之君)


  岡田健康福祉部長。


○健康福祉部長(岡田勉君)


  今回、長浜市・浅井・びわ、1市2町の合併によりまして、それぞれ別に審査会を持っておりました、浅井が2分されることによって、浅井郡としては、そこら辺のバランスが欠けるというようなことで、長浜米原介護審査会の方へ申し入れがございました。


  そのような中で、当然、議員ご指摘の医師会等につきましては、このことについて十分協議をしてまいりまして、理解をいただいているというように私は聞き及んでおります。


  また、審査会の方法につきましても、いわゆる東浅井郡の方がそれだけ増えますので、事務量的に増えるということでございます。審査事務が増えるということでございますけども、そこら辺の部分につきましては、担当者の中で十分論議をしていただきまして、東浅井の医師会の方へのお願いもいたしまして、何とかいけるというようなことで聞き及んでおります。


  十分な答弁になっておりませんけども、ご理解を賜りたいと思います。


○議長(滝本善之君)


  大澤議員、よろしいですか。


  21番、大澤議員。


○21番(大澤勉君)


  再度、まだ計画としては、検討中ということなんですか。


  要するに、審査会を統合するということは、決定を条例で決定していって、業務の状況については、今後検討していくということなんですか。非常にこれはね、大切な問題で、業務を地域ごとに分担する手法もありますし、やはり審査会、身近な、それぞれの審査を受ける皆さんの審査を行うわけですから、身近な地域で身近な審査員が審査をされるという部分と、それで統合しながら全ての業務、地域を全てで行うというのは、大分手法が違うんですね。そのことについても、まだ検討はされてないんですか。


○議長(滝本善之君)


  岡田健康福祉部長。


○健康福祉部長(岡田勉君)


  当然、そこら辺の部分は、事務担当レベルでは検討していると聞き及んでおりますけれども、ご説のとおり、そこら辺の部分は大変重要でございますので、そこら辺に遺漏のないように進めてまいりたいと思います。


  以上でございます。


○議長(滝本善之君)


  ほかにありませんか。


                 (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


  ないようですので、これをもって、質疑を終結いたします。


  これより、討論を行います。


  討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


  討論なしと認めます。


  討論を終結いたします。


  これより、議案第327号 長浜米原介護認定審査会を共同設置する地方公共団体の数の増加および規約の変更についてを採決いたします。


  本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


  お直り下さい。


 起立全員です。


  よって、議案第327号は、原案のとおり可決されました。


  次に、議案第328号 長浜米原介護認定審査会を共同設置する地方公共団体の数の減少および規約の変更についてを採決いたします。


  本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


  お直り下さい。


 起立全員です。


  よって、議案第328号は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第329号 長浜米原介護認定審査会を共同設置する地方公共団体の数の増加および規約の変更についてを採決いたします。


  本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


  お直り下さい。


 起立全員です。


  よって、議案第329号は、原案のとおり可決されました。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


  日程第13


○議長(滝本善之君)


 日程第13、議案第330号を議題といたします。


  提出者の説明を求めます。


  野一色経済環境部長。


○経済環境部長(野一色義明君)


  議案第330号 湖北広域行政事務センター規約の変更につきまして、補足説明をさせていただきます。


  長浜市と東浅井郡浅井町および同郡びわ町の合併効力が、平成18年2月13日から生ずる旨、地方自治法第7条第7項の規定に基づき告示されました。


  つきましては、長浜市・東浅井郡浅井町および同郡びわ町を平成18年2月13日で廃し、その区域をもって長浜市が設置されることに伴い、湖北広域行政事務センター組織市町から、浅井町・びわ町を削除するとともに、当センター議会の議員定数を、平成18年2月13日および平成18年7月31日付で改正することから、湖北広域行政事務センター規約の改正を行うものであります。


  新旧対照表をご覧いただきたいと思います。


  第3条および第4条の表中の「浅井町」および「びわ町」を削除し、第6条中、議員の定数「24人」を「22人」に、「長浜市 8人」を「長浜市 10人」に改め、「浅井町 2人」および「びわ町 2人」を削るものでございます。


  この規約の改正は、県の許可を要することから、付則で、「この規約は、許可の日から施行する。」としております。


  さらに、付則で、第6条の規定の適用につきまして、平成18年2月13日から同年7月31日までの間、議員定数「22人」を「24人」とし、「長浜市 10人」とあるのを「長浜市 12人」とする経過措置も設けております。


  以上、補足説明とさせていただきます。


  よろしくお願いいたします。


○議長(滝本善之君)


  これをもって、提案者の補足説明を終わります。


  これより、議案第330号に対し、質疑を求めます。


  質疑はありませんか。


                 (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


  質疑なしと認めます。


  これをもって、質疑を終結いたします。


  これより、討論を行います。


  討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


  討論なしと認めます。


  討論を終結いたします。


  これより、議案第330号 湖北広域行政事務センター規約の変更についてを採決いたします。


  本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


  お直り下さい。


 起立全員です。


  よって、議案第330号は、原案のとおり可決されました。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


  日程第14


○議長(滝本善之君)


 日程第14、議案第331号を議題といたします。


 提案者の説明を求めます。


 中川土木部長。


○土木部長(中川喜美夫君)


  議案第331号 長浜水道企業団規約の変更につきまして、補足説明をさせていただきます。


  本議案につきましては、来年予定されている長浜市・浅井町およびびわ町の合併に伴い、長浜水道企業団に一部事務組合として参加している構成団体に一部変更が生じることから規約の一部を変更するものであります。


  具体的には、合併により、新・長浜市が発足されましても、合併前の旧・長浜エリアのみが引き続き一部事務組合として長浜水道企業団に参加するもので、旧・浅井町および旧・びわ町エリアについては、新・長浜市が単独で水道事業を行うことになります。


  これに伴い、長浜水道企業団規約を市町村の合併の特例に関する法律第9条の2第2項において準用する地方自治法第290条の規定により、関係地方公共団体の議会の議決が必要となりますので、本案を提出するものでございます。


  詳細については、次のページ、去年の、裏面の改正規約および新旧対照表をご覧いただきたいと存じますが、第3条の共同処理する事務について、区域を明確にするため、「長浜市」の後に「(平成18年2月13日合併前の長浜市の区域に限る。)」を追加するものであります。


  付則として、この規約は、平成18年2月13日から施行するものであります。


  以上、簡単ではございますが、議案第331号の補足説明とさせていただきます。


  よろしくご審議の上、議決賜りますようお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


  これをもって、提案者の補足説明を終わります。


  これより、議案第331号に対し、質疑を求めます。


  質疑はありませんか。


                 (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


  質疑なしと認めます。


  これをもって、質疑を終結いたします。


  これより、討論を行います。


  討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


  討論なしと認めます。


  討論を終結いたします。


  これより、議案第331号 長浜水道企業団規約の変更についてを採決いたします。


  本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


  お直り下さい。


 起立全員です。


  よって、議案第331号は、原案のとおり可決されました。


 これより、暫時休憩をいたします。


               午前10時55分 休憩


              ――――――――――――


              午前11時05分 再開


○議長(滝本善之君)


 休憩前に引き続き、会議を開きます。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


 日程第15


○議長(滝本善之君)


 日程第15、これより、総括説明を行います。


 議案第295号から議案第324号までの議案30件、ならびに議案第332号から議案第340号までの議案9件、計39件を一括議題といたします。


 まず、議案第295号の説明を求めます。


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 ただいまご上程いただきました議案第295号 米原市長期継続契約に関する条例の制定についての補足説明をさせていただきます。


 本議案につきましては、地方自治法および地方自治法施行令の一部改正によりまして、条例で長期継続契約、債務負担行為を要することなく翌年度にわたり締結することができる契約を定めることができるとされたことに伴いまして、本市、長期継続契約に関する条例の制定をお願いするものでございます。


 以上、簡単でございますけどもよろしくお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第296号から議案第301号までの議案6件の説明を求めます。


 中川土木部長。


○土木部長(中川喜美夫君)


 それでは、議案第296号から議案第301号まで6議案を一括して補足説明を申し上げます。


 まず、議案第296号 米原市都市計画法に基づく開発許可等の基準に関する条例の制定と、議案第297号 米原市手数料条例の一部を改正する条例については関連しますので、2議案を併せて説明申し上げます。


 なお、議案第297号につきましては、先ほど全員協議会におきまして配付させていただきました議案書により、ご審議を賜りたいと存じますが、都市計画法に基づく開発許可等の権限につきましては、許認可事務の迅速化による住民サービスの向上化を図るため、来年の2月1日に滋賀県から米原市に委譲されることが10月14日の県議会において議決されました。


 これを受け、今回本議会におきまして、米原市として委譲を受けるための条例の提案をさせていただくものであります。


 議案第296号については、開発許可等の基準に関するもので開発を抑制する市街化調整区域の規制の緩和措置について定めるものでございます。


 内容につきましては、米原市での事例がないことから、当面は県の条例であります趣旨・第1条から委任・第7条まで準拠させていただきます。


 次の議案第297号については、開発許可等の手数料を地方自治法第228条第1項に基づき、徴収する金額を条例に追加するものでございます。


 金額につきましては、算定の根拠となる事務実績がなく、すべて県の手数料の額と同額とさせていただくものでございます。


 なお、今後、許可の実績を重ねる中で適正な時期に見直しを行い、米原市に合った内容に修正していく所存でございます。


 引き続き、議案第298号 米原市公共下水道使用料条例の一部を改正する条例について補足説明を申し上げます。


 本市の公共下水道使用料については、旧町の使用料金で徴収を行っておりますが、合併により市民負担の公平性と事務の効率化の面から、先ほど市長の提案説明にありましたとおり、平成18年度からの使用料を改正、統一を図るため、一般市民の代表や議会の代表の方で組織された下水道事業審議会で慎重に審議をいただいた答申に基づき決定するものであります。


 本来は、算定期間内における経費の必要額を確保するべきでございますが、合併に伴う混乱の回避、現在の厳しい社会情勢などを十分考慮し、過度の市民負担にならないように、旧4町の平均単価を基準にして定めるよう答申をいただいております。


 それでは、条例の一部改正につきまして、新旧対照表によりご説明申し上げますので、ご覧いただきたいと存じます。


 現行は、旧4町においてそれぞれ異なった使用料金であります。改正後は、使用料体系の基本料金および汚水・従量制・累進制等は、料金体系については従来どおりとして基本料金を改正しております。


 ご覧のとおり、一般排水の基本料金を10立方までを1,281円に、超過料金としては4ランク別に分けております。750立方を超える分については特定排水として、公衆浴場排水については旧米原町の使用料と同じであります。


 備考としまして、一般排水・特定排水・公衆浴場排水、それぞれの詳細説明と端数処理の取り扱いについてであります。


 付則としまして、条例の施行期日等の経過措置を定めるものでございます。


 引き続きまして、議案第299号 米原市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例および議案第300号 米原市簡易水道事業に地方公営企業法を適用する条例の制定については関連がありますので、一括して説明申し上げます。


 両条例とも、合併協議の折に、平成18年度からは旧伊吹町の簡易水道事業について地方公営企業法を適用の上、上水道の企業会計を一本化し、事務処理の効率化を図ることになっており、今回改正するものであります。


 まず、議案第299号につきましては、次のページをご覧いただきたいと存じます。


 条例改正案の詳細内容と新旧対照表でございますが、対照表の改正後欄にありますとおり、第3条第3項中、米原地域と山東地域の給水人口の次に、伊吹地域簡易水道の給水人口である甲津原簡易水道200人、伊吹北部簡易水道1,175人、伊吹南部簡易水道4,980人をそれぞれ加えるものであります。


 第4項では、米原地域と山東地域の最大給水量の次に、伊吹地域簡易水道の最大給水量として甲津原簡易水道120立方、伊吹北部簡易水道500立方、伊吹南部簡易水道3,027立方をそれぞれ加えるものであります。


 付則として、この条例は平成18年4月1日から施行するものであります。


 次に、議案第300号 米原市簡易水道事業に地方公営企業法を適用する条例について説明申し上げますので、議案書の裏面をご覧いただきたいと存じます。


 旧山東町の柏原簡易水道については、以前から地方公営企業法の適用を受けており、今回、伊吹3カ所の簡易水道を地方公営企業法の適用を受けることにより、これですべての簡易水道が法適用となります。


 そこで、今回の条例改正案は、地方公営企業法第2条第3項および地方公営企業施行令第1条第2項の規定に基づき、米原市の簡易水道事業に地方公営企業法の規定の全部を適用するものであります。


 付則として、この条例は平成18年4月1日から施行するものであります。


 引き続き、議案第301号 米原市水道事業給水条例の一部を改正する条例について説明させていただきます。


 本案についても、合併協議の折に、平成18年度には水道料金を統一することになっていることから、改正をするものであります。あわせまして、米原市伊吹簡易水道事業に地方公営企業法を適用し、米原市伊吹簡易水道条例を廃止し、本条例に一本化するものであります。


 詳細については、議案書の3ページにあります新旧対照表で説明申し上げますので、ご覧いただきたいと存じます。


 改正後欄の第2条中、給水の現行区域に、伊吹区域である甲津原・北部・南部それぞれ3カ所の簡易給水区域を加えるものであります。


 次ページの第10条中、工事費の算出については、伊吹ヶ丘の水道施設は合併以前に工事が完了しており、区域内で給水装置工事を申し込まれる場合は、既に工事費として29万8,000円をいただくことになっていることから、ただし書き部分を加えるものであります。


 第28条の料金につきましては、先ほど市長の提案説明にありましたとおり、一般市民の代表、議会の代表および有識者方10名で組織した水道運営審議会において慎重に審議をいただいた答申に基づき決定した、旧3町を統一しました別表の料金のとおりとするものであります。


 第31条の特別な場合における料金の算定は、旧山東町区域で適用していた条文で統一させていただきました。


 第34条の加入分担金につきましては、別表2のとおりでありますが、これも審議会の答申結果に基づき、旧3町の加入分担金を統一するものであります。


 最終ページにあります付則として、この条例は平成18年4月1日から施行するものであります。


 米原市伊吹簡易水道事業条例は、廃止します。


 また、経過措置として、3項で、廃止前の条例でなされた処分・手続その他の行為について新条例でなされたものとみなし、第4項で、罰則について新条例でなされたものとみなすことにしております。


 第5項では、旧料金の適用がいつまでになるのかを規定するものであります。


 なお、期日の説明は省略させていただきます。


 第6項では、伊吹簡易水道事業の区域について、前項と同様の経過措置をとるものであります。


 以上、議案第296号から議案第301号まで6議案、それぞれの補足説明とさせていただきます。


 よろしくご審議の上、議決賜りますようお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第302号の説明を求めます。


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 それでは、議案第302号 米原市立集会所条例の一部を改正する条例につきまして補足説明をさせていただきます。


 平成18年4月1日より、米原市立集会所の管理を地方自治法第244条の2第3項の規定により、指定管理者に行わせるため条例の一部を改正するものでございます。


 詳細につきましては、改正案の後のページにあります新旧対照表によりご説明をいたしたいと思います。


 指定管理を行うに当たって必要な条項を加えるため、第2条の後に開館時間および休館日を第3条第4条に定め、5条から9条までは項ずれおよび追加条項に伴う読み替えによる改正でございます。


 第10条および第11条につきましては指定管理者の管理、第11条に指定管理者の管理の基準を定めるものでございます。


 なお、付則といたしまして、この条例は平成18年4月1日から施行するもので、ただし、指定管理に関するものにつきましては公布の日から施行するものとするものでございます。


 以上、簡単でございますけども、補足説明とさせていただきます。


 どうぞよろしくお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第303号の説明を求めます。


 岡田健康福祉部長。


○健康福祉部長(岡田勉君)


 議案第303号 米原市近江いきいき健康館条例の一部を改正する条例についての補足説明をさせていただきます。


 近江いきいき健康館は、平成16年3月1日より介護予防と健康保持増進のための活動と普及啓発を図るため設置されているもので、旧近江町との合併により米原市に引き継いだところでございます。


 一部改正条例の内容につきましては、新旧対照表により説明をさせていただきますので、ご覧いただきたいと存じます。


 改正後の第3条開館時間、第4条休館日については、指定管理者制度導入により規則で規定していたものを条例で規定するものでございます。


 第7条利用料金については、米原市使用料条例に規定されていたものを指定管理者制度導入により本条例に規定するものでございます。


 第12条指定管理者による管理、第13条指定管理者の管理の基準等、第14条利用料金の収受については、地方自治法第224条の2第3項および米原市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例に基づきまして、指定管理者に行わせるため追加するものでございます。


 付則で、施行期日を平成18年4月1日とすることと、それまでの経過措置を規定するものでございます。


 以上、簡単ですが、補足説明とさせていただきます。


 よろしくご審議のほどお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第304号から議案第310号までの議案7件の説明を求めます。


 野一色経済環境部長。


○経済環境部長(野一色義明君)


 議案第304号から議案第310号までの7議案について、補足説明をさせていただきます。


 まず、議案第304号ですが、米原市甲津原交流施設条例の一部を改正する条例につきまして、補足説明をさせていただきます。


 米原市甲津原交流施設は、憩いの場を提供することにより都市住民と地域住民の交流の促進を図ることを目的とした施設で、甲津原交流センター・甲津原アグリコテージ・甲津原交流広場と奥伊吹ふるさと伝承館とを総称したものであります。


 現在、これらの施設管理は甲津原区に委託しているところであります。米原市甲津原交流施設において指定管理者制度が導入できるよう条件整備をすることから、米原市甲津原交流施設条例の一部を改正するものであります。


 新旧対照表をご覧いただきたいと存じます。


 まず、訂正してお詫び申し上げます。


 新旧対照表の4ページ目で、改正後の条文の第15条の書いてあるページでございますけども、綴じ方が表裏逆になっておりまして、まことに申しわけございません。お詫び申し上げます。


 それでは、新旧対照表によりご説明いたします。


 第12条の米原市甲津原区に管理委託する条文を削除し、改正後の第3条利用時間、第4条開館日および開場日については、指定管理者制度導入により規則で規定していたものを条例で規定するものであります。第8条利用料金については、本条例に利用料金を定めることから条文の整備をするものです。


 第14条に指定管理者による管理、15条に指定管理者の管理の基準、第16条利用料金の収受については、地方自治法第244条の2の第3項および米原市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例に基づき、指定管理者に行わせるためそれぞれ追加し規定するものであります。


 付則で、この条例は平成18年4月1日から施行することとし、条例施行前に指定管理者の指定手続ができるようにも規定しております。


 続きまして、議案第305号 米原市農業集落多目的集会施設条例の一部を改正する条例につきまして、補足説明をさせていただきます。


 農業集落多目的集会施設は、農業の振興と豊かな農村づくりを推進するため設置されたものであり、多目的集会所と広場・テニスコート・グランドゴルフ場から成っており、この施設管理は上板並区に委託しております。そこで、米原市農業集落多目的施設において指定管理者制度の導入ができるよう、施設の管理の条件整備をすることから、米原市農業集落多目的集会施設の施設条例の一部を改正するものであります。


 新旧対照表によりご説明申し上げます。


 第10条の米原市上板並区に管理委託する条文を削除し、改正後の第3条開館日、第4条休館日について、指定管理者制度により規定するものであります。


 第12条に指定管理者による管理、第13条に指定管理者の管理の基準等については、地方自治法第244条の2の第3項および米原市公の施設に係る指定管理者の指定手続に関する条例に基づき、指定管理者に行わせるためそれぞれ追加し規定するものであります。これも先ほどと同じく、平成18年4月1日から施行するものであり、条例施行前に指定管理者の指定手続ができるように規定もしております。


 続きまして、議案第306号 米原市春照自然休養村管理センター条例の一部を改正する条例につきまして、補足説明をさせていただきます。


 この施設は、観光・農林漁業や地域の振興を目指すもので、現在は米原市春照区に管理委託しております。春照自然休養村管理センターにおいて指定管理者制度が導入できるよう、施設の管理の条件整備をすることから、米原市春照自然休養村管理センター条例の一部を改正するものであります。


 新旧対照表によりご説明させていただきます。


 第9条の米原市春照区に管理委託する条文を削除し、改正後の第3条開館日、第4条の休館日については、指定管理者制度導入により規則で規定していたものを条例で規定するものであります。


 第8条利用料金については、本条例に利用料金を定めることから、条文の整備をするものであります。


 第12条に指定管理者に関する管理、第13条に指定管理者の管理の基準等、第14条に利用料金の収受については、地方自治法第244条の2の第3項および米原市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例に基づき、指定管理者に行わせるためそれぞれ追加し規定するものであります。


 付則で、この条例は平成18年4月1日から施行するとし、条例施行前に指定管理者の指定手続ができるよう規定するものでございます。


 続きまして、議案第307号 米原市琵琶湖干拓資料館条例の一部を改正する条例につきまして、補足説明をさせていただきます。


 入江内港を中心に琵琶湖周辺内港干拓事業により採集された遺物や干拓事業に関する資料の保管展示がされており、現在入江干拓土地改良区に管理を委託しております。米原市琵琶湖干拓資料館において指定管理者制度の導入ができるよう、施設の管理の条件整備をすることから、米原市琵琶湖干拓資料館条例の一部を改正するものであります。


 新旧対照表をご覧いただきたいと存じます。


 第5条の入江干拓土地改良区に管理委託する条文を削除し、改正後の第3条開館日、第4条休館日については、指定管理者制度導入により、規則で規定していたものを条例で規定するものであります。


 第7条に指定管理者による管理、第8条に指定管理者の管理の基準については、地方自治法第244条の2の第3項および米原市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例に基づき、指定管理者に行わせるためそれぞれ追加し規定するものであります。


 付則で、この条例は平成18年4月1日から施行することとし、条例施行前に指定管理者の指定手続ができるよう規定もしております。


 次に、議案第308号 米原市勤労者余暇利用施設条例の一部を改正する条例につきまして、補足説明をさせていただきます。


 勤労者の市民の方々の健康増進および余暇利用を図る施設として設置され、現在上野区に管理委託しております上野運動場と、大清水区に管理委託しております大清水運動場がこの条例に該当いたします。米原市勤労者余暇利用施設において指定管理者制度が導入できるよう、施設の管理の条件整備をすることから、米原市勤労者余暇利用施設条例の一部を改正するものであります。


 新旧対照表をご覧いただきたいと存じます。


 第8条の米原市上野区および米原市大清水区にそれぞれ管理委託する条文を削除し、改正後の第3条利用時間、第4条開場日については、指定管理者制度導入により規則で規定していたものを条例で規定するものであります。


 第10条に指定管理者による管理、第11条に指定管理者の管理の基準については、地方自治法第244条の2第3項および米原市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例に基づき、指定管理者に行わせるためそれぞれ追加し規定するものであります。


 付則で、この条例は平成18年4月1日から施行することとし、条例施行前に指定管理者の指定手続ができるよう規定もするものでございます。


 続きまして、議案第309号 米原市青少年旅行村条例の一部を改正する条例につきまして、補足説明をさせていただきます。


 奥伊吹の豊かな自然を活用し、青少年の健全な心身の育成や規律ある生活や協調の精神を体得するということをねらいに設置されております。このため、青少年旅行村は、奥伊吹スキー場の敷地内にあり、ゲレンデを利用してキャンプ場として運営しております。甲津原区に管理委託しておりますが、実際はそこから奥伊吹観光株式会社へ再委託されておるところであります。米原市青少年旅行村において指定管理者制度が導入できるよう、施設の管理の条件整備をすることから、米原市青少年旅行村条例の一部を改正するものであります。


 新旧対照表によりご説明いたします。


 第11条の米原市甲津原区に管理委託する条文を削除し、改正後の第3条利用時間、第4条開会日については、指定管理者制度導入による規則で規定していたものを条例で規定するものであります。


 第7条利用料金については、本条例に利用料金を定めることから、条文の整備をするものであります。


 第13条に指定管理者による管理、第14条に指定管理者の管理の基準、第15条に利用料金の収受については、地方自治法第244条の2第3項および米原市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例に基づき、指定管理者に行わせるためそれぞれ追加し規定するものであります。


 付則で、これも同じく、平成18年4月1日から施行することとし、条例施行前に指定管理者の指定手続ができるよう規定もするものでございます。


 引き続きまして、議案第310号 米原市林業振興施設条例の一部を改正する条例につきまして、補足説明をさせていただきます。


 この条例の制定につきましては、去る9月開催の平成17年米原市議会第3回定例会において、米原市と近江町の合併に伴い議決をいただいたところであります。


 林業振興施設は、多和田会館と申しまして、林業の振興と住民の生活・文化の自主的向上を目的とするもので、現在、米原市多和田区に管理委託いたしております。


 米原市林業振興施設において指定管理者制度が導入できるよう、条件整備をすることから、米原市林業振興施設条例の一部を改正するものであります。


 新旧対照表によって説明させていただきます。


 第9条の米原市多和田区に管理委託する条文を削り、第4条で開館時間、第5条で休館日、第11条で指定管理者による管理および第12条で指定管理者の管理の基準を規定するものであります。


 付則として、平成18年4月1日から施行することとし、条例施行前に指定管理者の指定手続ができるよう規定もするものでございます。


 以上で、補足説明とさせていただきます。


 どうかよろしくお願いいたします。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第311号と議案第312号の議案2件の説明を求めます。


 小野教育部長。


○教育部長(小野初雄君)


 それでは、議案第311号 米原市生涯学習センター条例の一部を改正する条例、議案第312号 米原市体育施設条例の一部を改正する条例の補足説明を申し上げます。


 まず、議案第311号は、米原市生涯学習センターのうち柏原生涯学習センター、そして議案第312号におきましては、体育施設をいずれも平成18年4月1日より地方自治法第244条の2第3項の規定および米原市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例によりまして、施設の管理を指定管理者に行わせることができるよう条例の一部改正を提案するものでございます。


 まず、議案第311号の方からご説明申し上げます。


 新旧対照表をご覧いただきたいと思います。


 改正後の第3条、第4条でございますが、これはいずれも規則の方から利用時間、休館日を定めるものでございます。


 以下、2条ずつ繰り下げを行いまして、第7条でございますが、生涯学習センターは、大原生涯学習センターと柏原生涯学習センター2館がございますが、大原生涯学習センターにおきましては、現行どおり直営で管理を考えております。


 第8条につきましては、冒頭申し上げましたように、柏原生涯学習センターを指定管理に出そうとするもので、その利用料金を定めるものでございます。


 そして13条指定管理者による管理、そして14条指定管理者の管理の基準等、そして15条の利用料金の収受につきましては、新たに3条を追加するものでございます。


 施行につきましては、平成18年4月から施行させていただく予定でございます。


 続きまして、議案第312号でございます。


 これにつきましても、新旧対照表の方でご説明を申し上げます。


 3条の利用時間、そして4条の休場日でございますが、これにつきましても規則の方から2条追加をするものでございます。


 また、12条の指定管理による管理、そして13条から14条につきまして、指定管理者の管理の基準等という2条につきましては、新たに加えることとしたものでございます。


 付則につきまして、冒頭申し上げましたように、平成18年の4月から施行しようとするものでございます。


 以上、簡単でございますけども、補足説明とさせていただきます。


 よろしくお願いいたします。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第313号から議案第319号までの議案7件の説明を求めます。


 岡田健康福祉部長。


○健康福祉部長(岡田勉君)


 それでは、まず初めに議案第313号、公の施設における指定管理者の指定について(米原市伊吹健康プラザ愛らんど デイサービスセンター)についての補足説明をさせていただきます。


 伊吹健康プラザ愛らんどは、デイサービスセンターと保健センター・在宅介護支援センターの3センターとボランティア室・ふれあい交流室などを備えた複合施設として、平成12年4月に開設してきたところでございます。開設以来、デイサービスセンターについては、管理委託制度により社会福祉協議会に委託してきたものですが、今回、平成15年度の改正地方自治法の施行により、指定管理者制度による指定管理者を指定するため、指定管理者の公募を実施し、選考委員会において指定管理者の候補として選考いただいたところでございます。


 1つとして、公の施設の所在地は、米原市春照56番地。名称は、米原市伊吹健康プラザ愛らんど デイサービスセンターです。


 2つ、指定しようとする団体の所在地は、米原市三吉570番地。名称は、社会福祉法人・米原市社会福祉協議会会長 藤居正氏です。


 3、指定の期間ですけれども、平成18年4月1日から平成23年3月31日までの5カ年間とするものです。


 次に、議案第314号 公の施設における指定管理者の指定でございますけれども、米原市北部デイサービスセンターについてでございます。


 北部デイサービスセンターにつきましては、本年、いぶき幼稚園北分園を増改築し、デイサービスを提供するため整備を図ってきたものですが、今回、指定管理者を指定するため、指定管理者の公募を実施し、選考委員会において指定管理者の候補者として選考いただいたところでございます。


 1つ、公の施設の所在地でございますけれども、米原市大久保885番地。名称は、米原市北部デイサービスセンターです。


 2、指定しようとする団体の所在地は、米原市三吉570番地。名称は、社会福祉法人・米原市社会福祉協議会会長、藤居正氏でございます。


 3、指定の期間でございますけれども、平成18年1月1日から平成23年3月31日までの5年3カ月間とするものでございます。


 次に、議案第315号 公の施設における指定管理者の指定について(米原市山東健康福祉センター デイサービスセンター)についてでございますけれども、山東健康福祉センターは、デイサービスセンター・保健センター・在宅介護センターの3センターから成り、そのほかに図書館・ベルホール310などとの併用の複合施設として平成13年4月に開設してきたところでございます。開設以来、デイサービスセンターについては、管理委託制度により社会福祉法人・青祥会に委託してきたものですが、今回、平成15年の改正地方自治法の施行により指定管理者制度による指定管理者を指定するため、公募を実施し、選考委員会において指定管理者の候補として選考いただいたところでございます。


 1つ、公の施設の所在地は、米原市長岡1050番地1。名称は、米原市山東健康福祉センター デイサービスセンターです。


 2つ、指定しようとする団体の所在地でございますけれども、長浜市加田町字清水2995番地。名称は、社会福祉法人・青祥会理事長、畑下嘉之氏です。


 3、指定の期間は、平成18年4月1日から平成23年3月31日までの5カ年間とするものです。


 次に、議案第316号 公の施設における指定管理者の指定について(米原市米原地域福祉センター ゆめホール)についてでございます。


 米原地域福祉センターは、地域福祉支援センター・デイサービスセンターから成る施設として平成9年4月に開設してきたところでございます。開設以来、デイサービスセンターについては、管理委託制度により社会福祉協議会に委託し、地域福祉支援センターは直営として管理し、その後平成14年度より社会福祉協議会に管理委託してきたものです。今回、平成15年度の改正地方自治法の施行により指定管理者制度による指定管理者を指定するため、公募を実施し、選考委員会において指定管理者の候補として選考いただいたところでございます。


 1つ、公の施設の所在地は、米原市三吉570番地。名称は、米原市米原地域福祉センター ゆめホールです。


 2、指定しようとする団体の所在地は、米原市三吉570番地。名称は、社会福祉法人・米原市社会福祉協議会会長、藤居正氏でございます。


 3、指定の期間は、平成18年4月1日から平成23年3月31日までの5カ年間とするものです。


 次に、議案第317号 公の施設における指定管理者の指定について(米原市近江地域福祉センター やすらぎハウス)についてでございます。


 近江地域福祉センターは、地域福祉支援センター・デイサービスセンターから成る施設として平成4年5月に開設してきたところでございます。開設以来、デイサービスセンターについては、管理委託制度により社会福祉協議会に委託し、地域福祉支援センターは直営として管理してきたところでございますが、今回、平成15年度の改正地方自治法の施行により指定管理者制度による指定管理者を指定するため、指定管理者の公募を実施しまして、選考委員会において指定管理者の候補として選考いただいたところでございます。


 1、公の施設の所在地は、米原市顔戸21番地2。名称は、米原市近江地域福祉センター やすらぎハウスです。


 2、指定しようとする団体の所在地は、米原市三吉570番地。名称は、社会福祉法人・米原市社会福祉協議会会長、藤居正氏です。


 3、指定期間は、平成18年4月1日から平成23年3月31日までの5カ年間とするものです。


 次に、議案第318号 公の施設における指定管理者の指定について(米原市ボランティアセンター三島荘)についてでございますが、ボランティアセンター三島荘は、昭和49年12月に老人福祉センターとして開設し、平成13年4月よりボランティアセンターとして設置してきたところでございます。開設当初より、管理委託制度により社会福祉協議会に委託してきたものですが、今回、平成15年度の改正地方自治法の施行によりまして指定管理者制度による指定管理者を指定するため、指定管理者の選考委員会において指定管理者の候補として選考いただいたところでございます。


 1つ、公の施設の所在地は、米原市池下428番地。名称は、米原市ボランティアセンター三島荘です。


 2、指定しようとする団体の所在地は、米原市三吉570番地。名称は、社会福祉法人・米原市社会福祉協議会会長、藤居正氏です。


 3、指定の期間は、平成18年4月1日から平成21年3月31日までの3年間とするものです。


 次に、議案第319号 公の施設における指定管理者の指定について(米原市立米原保育園)についてでございますが。米原市立米原保育園は、昭和48年4月に公立認可を受け、昭和63年4月に園舎を改築し、現在地に移設しました。平成15年4月に公設民営に移行し、社会福祉法人・大樹会に委託をしてまいりましたが、今回、平成15年度の改正地方自治法の施行により指定管理者制度による指定管理者を指定するため、指定管理者の選考委員会において指定管理者の候補として選考いただいたところでございます。


 1つ、公の施設の所在地は、米原市米原677番地。名称は、米原市立米原保育園です。


 2、指定しようとする団体の所在地は、彦根市野田山町1098番地。名称は、社会福祉法人・大樹会理事長、嶋田葉子氏でございます。


 3、指定の期間は、平成18年4月1日から平成21年3月31日までの3カ年間とするもので、以上の議案第313号から議案第319号までの7議案について、米原市の公の施設における指定管理者の指定について、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決が必要とされているため、この案をお願いするものでございます。


 以上、簡単ですが、7議案の補足説明とさせていただきます。


 よろしくご審議のほどお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第320号から議案第322号までの議案3件の説明を求めます。


 野一色経済環境部長。


○経済環境部長(野一色義明君)


 議案第320号から議案第322号までの3議案につきまして、補足説明をさせていただきます。


 まず、議案第320号 公の施設における指定管理者の指定について(米原市近江母の郷コミュニティハウス)につきましての補足説明をさせていただきます。


 近江母の郷コミュニティハウスは、JR坂田駅周辺における交通の円滑化と利用者の利便性の向上、地域産業と文化諸活動の推進を図る施設として、近江町商工会と近江町生涯現役センターに管理委託をしてきました。今回、平成15年の改正地方自治法の施行により指定管理者制度による指定管理者を指定するため、指定管理者の選考委員会において指定管理者の候補者として選考いただいたところであります。


 公の施設の所在地は、米原市宇賀野840番地1。名称は、米原市近江母の郷コミュニティハウス。


 指定しようとする団体の所在地は、米原市宇賀野839番地。名称は、近江生涯現役センター理事長、豊田清一氏であります。


 指定の期間は、平成18年4月1日から平成21年3月31日までの3年間とするものであります。


 次に、議案第321号 公の施設における指定管理者の指定について(グリーンパーク山東)につきまして、補足説明をさせていただきます。


 グリーンパーク山東は、文化スポーツの振興と市民の健康の増進を図るとともに、市民の文化的な生活の向上を資する施設として、財団法人グリーンパーク山東に管理委託してきました。今回、平成15年の改正地方自治法の施行により指定管理者制度による指定管理者を指定するため、指定管理者の公募を実施し、選考委員会において指定管理者の候補者として選考いただいたところであります。


 公の施設の所在地は、米原市池下80番地1地先。名称は、グリーンパーク山東。


 指定しようとする団体の所在地は、米原市甲津原530番地。名称は、奥伊吹観光株式会社、代表取締役、草野丈治氏であります。


 指定の期間は、平成18年4月1日から平成23年3月31日までの5年間とするものであります。


 次に、議案第322号公の施設における指定管理者の指定について(米原市醒井水の宿駅)につきまして、補足説明をさせていただきます。


 米原市醒井水の宿駅は、観光および産業の振興を図るとともに、来訪者と地域住民が憩い、安らぎ、交流する拠点施設として、1階はテナントとして有限会社・居醒が使用し、2階のギャラリー等および屋外公衆トイレは、市が直接維持管理してきました。今回、平成15年の改正地方自治法の施行により指定管理者制度による指定管理者を指定するため、指定管理者の公募を実施し、選考委員会において指定管理者の候補として選考いただいたところであります。


 公の施設の所在地は、米原市醒井688番地10。名称は、米原市醒井水の宿駅。


 指定しようとする団体の所在地は、米原市醒井688番地10。名称は、有限会社・居醒、代表取締役、江竜謙一氏であります。


 指定の期間は、平成18年4月1日から平成23年3月31日までの5年間とするものであります。


 議案第320号から議案第322号までの3議案、いずれにつきましても、米原市の公の施設における指定管理者の指定について、地方自治法第244号の2の第6項の規定により議会の議決が必要とされるため、この案を提出するものであります。


 以上で、補足説明とさせていただきます。


 どうかよろしくお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第323号と議案第324号の議案2件の説明を求めます。


 小野教育部長。


○教育部長(小野初雄君)


 それでは、議案第323号公の施設における指定管理者の指定について(米原公民館)について、および議案第324号公の施設における指定管理者の指定について(近江公民館)についての補足説明をさせていただきます。


 今回、平成15年の改正地方自治法の施行によりまして、指定管理者制度による指定管理者を指定するため、指定管理者の公募を実施し、選考委員会において指定管理者の候補者として選考いただいたところでございます。


 まず、議案第323号の米原公民館でございますが、公の施設の所在地は、米原市下多良三丁目3番地。名称は、米原市米原公民館でございます。


 2としまして、指定しようとする団地の所在地は、米原市入江782番地4。名称は、FIELD、代表者、濱川めぐみ氏でございます。


 3番、指定の期間は、平成18年4月1日から平成19年3月31日までとするもので、米原市の公の施設における指定管理者の指定について、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決が必要とされているため、この案を提出するものでございます。


 続きまして、議案第324号の近江公民館でございますが、1番目としまして、公の施設の所在地は、米原市顔戸1513番地。名称は、米原市近江公民館でございます。


 2番、指定しようとする団体の所在地は、米原市新庄517番地。名称は、おうみ地域人権・文化・スポーツ振興会、代表者、前川伊助氏でございます。


 3番、指定の期間は、平成18年4月1日から平成19年3月31日までとするもので、米原市の公の施設における指定管理者の指定について、地方自治法第244条の2第6項の規定によりまして議会の議決が必要とされているため、この案を提出するものでございます。


 以上で、補足説明を終わります。


 よろしくお願いいたします。


○議長(滝本善之君)


 議事の都合上、暫時休憩をいたします。


 午後1時から再開の予定です。


 よろしくお願いします。


                午後0時00分 休憩


              ――――――――――――


               午後1時00分 再開


○議長(滝本善之君)


 それでは、休憩前に引き続き、会議を開きます。


 次に、議案第332号の説明を求めます。


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 それでは、ご上程いただきました議案第332号 平成17年度米原市一般会計補正予算(第8号)について補足説明をさせていただきます。


 歳入歳出予算の補正中、歳入におきましては、市債における合併特例債の追加、合併特例債を予算計上することに伴います既充当財源の整理によります財政調整基金、公共施設整備基金繰入金の減額、その他制度改正、事業費の変更などによる国県支出金の調整等が歳入予算の補正の主なものでございます。


 続きまして、歳出予算におきましては、生活保護費、中山間直接支払交付金、湖北広域行政事務センターの負担金、米原駅東部土地区画整理事業特別会計繰出金、市道の新設改良費をはじめといたします補正予算(第7号)以降に生じました新たな財源需要への対応による追加と、人事院勧告によります給与改定等および職員の退職長期休養に伴う人件費の不要額、入札執行や事業費精査により生じてまいりました不要額、下水道会計予算の補正に伴う繰出金等を減額するとともに、合併特例債の予算計上に伴う財源更正により生じる既充当財源の不要額を後年度の起債償還に備え、市債管理基金へ積み立てるものでございます。


 補正予算書の1ページ、第1条にありますように、既定の予算額に7億1,820万円を追加いたしまして、補正後の歳入歳出予算の総額を190億4,694万4,000円といたすものでございます。


 なお、歳入歳出予算の款項の区分および当該区分ごとの補正の金額は、補正予算書2ページから4ページの第1表歳入歳出予算補正に記載のとおりでございます。


 第2条、債務負担行為の補正につきましては、5ページの第2表債務負担行為の補正にありますように、米原駅東西自由通路事業(在来線部分)、米原駅橋上化整備補償、米原駅東西自由通路事業(新幹線部分)の関連3事業の期間および限度額について追加いたすものでございます。


 第3条地方債の補正につきましては、6ページの第3表地方債の補正の上段の項に掲げておりますとおり、合併特例債について起債の目的・限度額・方法・利率および償還の方法について定め、総額で20億1,870万円を追加するほか、下段の変更の項に掲げておりますとおり、合併特例債借入れによる既定の起債限度額の減額およびその他起債対象事業費の変更に伴う限度額の所定の変更により10億3,360万円減額いたしまして、差引起債総額9億8,510万円を増額いたすものでございます。


 以上、ご審議の上適切なご決定を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


 以上でございます。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第333号と議案第334号の議案2件の説明を求めます。


 伊富貴市民部長。


○市民部長(伊富貴孝司君)


 ただいま、ご提案いただきました議案第333号 平成17年度米原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)ならびに議案第334号 平成17年度米原市国民健康保険直営診療所事業特別会計補正予算(第2号)につきまして、補足説明いたします。


 まず、議案第333号でございますが、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ6,889万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ27億6,804万5,000円にしようとするものでございます。


 歳出の主な内容ですが、2ページの第1表の歳出にありますとおり、1款の総務費でございますが、調整交付金資料作成業務とともに、資格関係システム変更の業務委託に伴う経費162万3,000円の追加と、2款の保険給付費では、一般被保険者の療養給付費の増加による今後の不足見込額5,861万円を追加すること。さらに、9款では、旧町における療養給付費等の負担金精算に伴う国庫負担金の返還金866万3,000円でございます。


 歳入につきましては、療養給付費増加に伴う国県の負担金および補助金追加見込額。4款は前年度の退職者療養給付費精算による追加分1,541万円。8款は歳出項目の調整交付金資料作成業務の経費分でございます。9款では財政調整のための前年度繰越金のうち2,314万7,000円を追加するものでございます。


 次に、議案第334号でございますが、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,868万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4億7,754万2,000円にしようとするものでございます。


 歳出の主な内容ですが、2ページの第1表歳出にありますとおり、1款総務費は、職員の給与に関する条例の改正に伴う人件費の減額補正。2款の医業費は、各診療所における医薬材料費の不足見込分、臨床検査委託料の追加3,907万2,000円でございます。


 歳入につきましては、各診療所における患者数の増加等による診療報酬を充当いたしました。


 以上、まことに簡単ではございますが、平成17年度米原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)ならびに平成17年度米原市国民健康保険直営診療所事業特別会計補正予算(第2号)の説明とさせていただきます。


 よろしくお願いいたします。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第335号の説明を求めます。


 岡田健康福祉部長。


○健康福祉部長(岡田勉君)


 議案第335号 平成17年度米原市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)についての補足説明をさせていただきます。


 補正予算1ページをご覧いただきたいと思います。


 平成17年度米原市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)につきましては、第1条にありますように、歳入歳出予算の総額に、今回歳入歳出それぞれ700万円を追加補正し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ22億8,939万1,000円とするものでございます。


 次に、7ページの方をお開きいただきたいと思います。


 まず、歳出の補正でございますけれども、1款1項1目一般管理費におきまして700万円を追加するものでございます。これは、介護保険法の改正によりこの制度改正に対応するための電算処理システムの改修に係る委託料をお願いするものでございます。


 次に、5ページをお開きいただきたいと思います。


 歳入でございますけれども、3款2項2目介護事業費補助金57万円を見込み、7款1項1目一般会計繰入金643万円を追加するものでございます。


 以上、簡単でございますけれども、議案第335号 平成17年度米原市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)の補足説明とさせていただきます。


 よろしくご審議のほどお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第336号の説明を求めます。


 伊富貴市民部長。


○市民部長(伊富貴孝司君)


 議案第336号 平成17年度米原市老人保健医療事業特別会計補正予算(第3号)について、補足説明いたします。


 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ36億727万6,000円にしようとするものでございます。


 歳出の主な内容ですが、2ページの第1表の歳出にありますとおり、2款の医業諸費は、財源更正で予算の増減はありません。


 3款の諸支出金は、旧近江町分の平成16年度の国県負担金の精算と旧近江町の一般会計精算分でございます。


 歳入は、1款から6款まですべてが旧近江町の打ち切り決算剰余金確定に伴う医療給付費や医療支給費の精算によるものでございます。


 以上、まことに簡単ではございますが、平成17年度米原市老人保健医療事業特別会計補正予算(第3号)の補足説明とさせていただきます。


 よろしくお願いいたします。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第337号の説明を求めます。


 中川土木部長。


○土木部長(中川喜美夫君)


 それでは、議案第337号 平成17年度米原市流域関連公共下水道事業特別会計補正予算(第5号)について補足説明を申し上げます。


 主な補正の要因は、旧近江町打ち切り決算に伴う補正と流域下水道建設負担金の補正でございます。


 歳入歳出予算の補正につきましては、歳入歳出予算の総額にそれぞれ1,332万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ34億3,768万6,000円とするものでございます。


 詳細については、事項別明細書で説明申し上げますので、4ページをご覧いただきたいと存じます。


 歳入については、分担金および負担金の減額補正は、旧近江町打ち切り決算に伴う補正で当該項目を補正減とし、あわせて決算剰余金を決算ベースで補正するものであります。


 繰入金の減額補正は、下水道特別会計の収支差額によるものでございます。


 諸収入の増額補正は、旧近江町打ち切り決算剰余金、消費税還付金、過年度収入の補正でございます。


 市債の増額補正は、流域下水道建設負担金の増による増額でございます。


 次に、歳出については、総務費の増額補正は、旧近江町打ち切り決算に伴う消費税の還付に伴う補正でございます。


 公共下水道事業費の増額補正は、人件費の補正と工事請負費で、旧近江町打ち切り決算により9月未執行額の確定による減額補正および流域下水道建設負担金の増額補正でございます。


 次に、3ページをご覧いただきたいと思います。


 第2表地方債補正でございますが、流域下水道事業の補正前の限度額2億1,200万円を補正後において2億2,670万円とするものでございます。


 起債の方法・利率・償還の方法は、変更がございません。


 その他、添付資料として10ページには給与費明細書、12ページには地方債の前々年度末における現在高ならびに前年度末および当該年度末における現在高の見込みに関する調書をつけておりますので、後ほどご覧いただきたいと存じます。


 以上、まことに簡単ではございますが、議案第337号の補足説明とさせていただきます。


 よろしくご審議の上、議決賜りますようお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第338号の説明を求めます。


 飛戸都市整備部長。


○都市整備部長(飛戸利勝君)


 それでは、議案第338号 平成17年度米原駅東部土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)につきまして補足説明をさせていただきます。


 歳入歳出の補正でございますが、歳入歳出の予算の総額からそれぞれ3億6,289万7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ9億7,437万4,000円とさせていただくものでございます。


 今回の補正の主な内容でございますけれど、近江鉄道の移設補償費につきまして、年度内の移転完了が困難という状況にありますことから、国庫補助金の変更要綱によりまして、今回減額の内示がありましたので、補正をお願いするものでございます。


 それでは、事項別明細書の歳出から説明をさせていただきたいと思いますので、9ページをお開き願いたいと思います。


 総務管理費でございますが、調査費の9万5,000円の減額につきましては、嘱託職員等の社会保険料でございます。


 次に、土地区画整理事業費の賃金79万8,000円につきましては、臨時職員の賃金でございまして、需用費17万円、それから役務費16万5,000円の増額につきましては、補償事業に伴います協議等の増加によりましての増でございます。


 委託料の1億2,961万円につきましては、近江鉄道の移設用地に隣接する区画道路の築造につきまして、近江鉄道の移設工事と同時施工の必要があることから、近江鉄道に工事を委託するものでございます。


 工事請負費の7,903万4,000円につきましては、この減額につきましては、委託料への科目更正ということでございます。


 それから、補償補填および賠償金でございますが、物件移転補償費の228万9,000円の減につきましては補償費の精査によるもので、近江鉄道移設補償金4億1,062万6,000円につきましては、年度内の移転完了ができないということから減額させていただくものでございます。


 次に、7ページをお開きください。


 歳入でございますが、国庫補助金2億350万円の減額につきましては、地方道路整備臨時交付金の内示によるもので県費補助金8,199万3,000円の減額につきましては、国庫補助金の減額に伴うものでございます。


 一般会計より繰入金3,099万6,000円をお願いいたしまして、市債の1億840万円の減額につきましては、国庫補助金・県補助金の減額によるものでございます。


 恐れ入りますけど、3ページをお開き願いたいと思います。


 第2表の債務負担行為でございます。


 米原駅東部土地区画整理事業、近江鉄道の移設補償の期間を平成18年度から19年度に延長させていただくもので、限度額・金額の変更はございません。


 なお、4ページにつきましては、第3表の地方債の補正でございまして、起債の目的は土地区画整理事業で、補正前の限度額1億8,400万円を全額減額し、ゼロに変更させていただくものでございます。


 以上、簡単ではございますが、議案第338号 平成17年度米原駅東部土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)の補足説明とさせていただきます。


 よろしくご審議いただき、議決賜りますようお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第339号の説明を求めます。


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 それでは、ご上程いただきました議案第339号 平成17年度米原市住宅資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)につきましてご説明を申し上げます。


 今回の補正につきましては、住宅新築資金等貸付金元利収入および持家住宅建設資金の元利収入が、当初予定いたしておりました額が見込めず歳入不足となるため、諸収入の減額と一般会計からの繰入金の増額をお願いするものでございます。


 第1条で、歳入歳出予算総額から歳入歳出それぞれ3,898万3,000円を減額いたしまして、歳入歳出総額をそれぞれ3,601万7,000円といたすものでございます。


 3ページの事項別明細書によりご説明を申し上げます。


 歳出からご説明をいたします。


 住宅新築資金等償還事業費で、諸収入の貸付金の収入減により基金積立ができないため3,873万3,000円を減額し、あわせて予備費25万円を減額いたすものでございます。


 歳入について5ページをお開き願いたいと思います。


 一般会計繰入金208万2,000円の増につきましては、公債費3,601万7,000円の特定財源として計上いたしておりました諸収入であります住宅新築資金等貸付金および持家住宅建設資金貸付金の減額により歳入の財源不足を生じるため、増額をお願いいたすものでございます。


 前年度繰越金につきましては、額の確定に伴いまして54万6,000円の増額をいたすものでございます。


 次に、諸収入において住宅新築資金等貸付金元利収入について、未償還者に対しまして随時償還指導に努力いたしておりますが、償還が見込めず2,692万1,000円を減額いたすものでございます。


 また、持家住宅建設資金貸付金についても同様に1,469万円を減額いたすものでございます。


 以上、簡単でございますけども、議案第339号 平成17年度米原市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)の補足説明とさせていただきます。


 どうぞよろしくお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第340号の説明を求めます。


 中川土木部長。


○土木部長(中川喜美夫君)


 それでは、議案第340号 市道の路線認定につきまして補足説明を申し上げます。


 市道の路線認定は、道路法第8条第2項の規定に基づき議会の議決を求めるものでございます。


 恐れ入りますが、次ページ裏面の表および位置図をご覧いただきたいと存じます。


 まず、路線番号217号の賀目山団地12号線については、起点側の市道入江上多良線と終点側の市道下多良6−30号線を結ぶ道路であり、本路線は、道路改良計画の事前協議を経て地権者の寄付および民間施工により築造された、団地内の生活道路として位置づけられた道路であります。


 詳細につきましては、別添位置図をご覧いただきたいと存じますが、起終点を記載してあります地番とする幅員6メーター、延長74メーターの道路でございます。


 次に、路線番号第218号の磯ホトヒラ線につきましては、起点側の主要地方道大津能登川長浜線と終点側の琵琶湖管理道路を結ぶ道路であります。本路線は、以前より彦根市から認定についての協議があり、彦根市側は既に県道から管理用道路まで市道認定されており、将来は彦根プリンスホテル等を含む外周道路としての利便性を鑑み、米原市維持管理を明確にするため認定するものでございます。


 詳細については、別添地図をご覧いただきたいと存じますが、起終点を記載してあります地番とする幅員6.5メーターから7.5メーター、延長66.5メーターの道路でございます。


 次に、路線番号第3198号の曲谷7号線につきましては、以前は曲谷区内の生活道路でありました旧の主要地方道・山東本巣線で旧県道であります。


 このたび、県からの払い下げによる市道の認定でございます。


 詳細につきましては、別添地図をご参照いただきたいと存じますが、新設された同県道を結ぶ起終点を記載しております地番とする幅員3.2メーター、延長249メーターの道路でございます。


 次に、路線番号第3199号の曲谷8号線につきましては、先の曲谷7号線と同様の曲谷区内を縦断する区内道路であり、主要地方道・山東本巣線を起終点とする旧県道でございます。


 このたび、県から払い下げによる市道認定でございます。


 詳細につきましては、別添地図をご参照いただきたいと存じますが、起終点を記載してあります地番とする幅員3.5メーター、延長585メーターの道路でございます。


 以上の4路線は、いずれも市道の認定基準に基づく認定路線でございます。


 議員各位におかれましては、よろしくご審議の上議決賜りますようお願い申し上げ、補足説明とさせていただきます。


○議長(滝本善之君)


 説明が終わりましたので、これにて総括説明を終結いたします。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


 日程第16


○議長(滝本善之君)


 日程第16、これより、総括質疑を行います。


 議案第295号から議案第324号までの議案30件ならびに議案第332号から議案第340までの議案9件、計39件に対し質疑を求めます。


 なお、議案は後ほど各常任委員会に付託いたしますので、全体もしくは各議案の総括的な問題について質疑をお願いいたします。


 また、質疑のある方は、議案番号を言ってから発言をお願いいたします。


 質疑はありませんか。


 6番、清水議員。


○6番(清水隆?君)


 議案の313から319にかけてですけども、指定管理者でですね、ほとんどが社協に任されるわけでありますけれども、社協といえば外郭団体で、今まで市当局と最も密接な関係にあった外郭団体であると思うんです。そういうところに当然今までは業務委託という形であったけれども、指定管理者制度に基づいて指定管理者をお願いするということですけども、なぜこういうものに対して公募という形をとられるのか。私は、公募じゃなくて、最も信頼できるそういう組織であれば、公募じゃなくて、やはり指定すると、業者を指定するという形で十分だろうと思うんですけれども、それがなぜ公募という形をとられたのか。


 そしてもう1つはですね、319号の米原保育園ですけれども、これを公募でやるのが本来の姿だろうと思うのに、この保育園の指定管理者については、これは指定業者としてお願いをするということですね。これを指定でやられたということじゃなくて、こういう保育園なんかはなぜ公募でやられないのか。その辺が、ちょっと私解せないんですけけれども、説明をお願いしたいということと、もう1つは、同じ社協に指定管理者としてお願いをするのに、中には大久保の北部デイサービスセンターは、期間が5年3カ月になると。それから、その他の中には5年あるいは3年というような期限がばらばらなんですね。なぜこう期限がばらばらになってくるのか、その辺について説明を願いたいと思います。


 以上です。


○議長(滝本善之君)


 岡田健康福祉部長。


○健康福祉部長(岡田勉君)


 清水議員さんの質問にお答えをしてまいりたいというふうに思っております。


 今回の指定についてでございますけれども、米原市で持っておりますところの公の施設の管理検討委員会という組織がございまして、その中でいろいろと論議をして、今回の部分について公募にするか、指定にするかという協議をさせていただきました。その中で、この施設については指定で行きますよと。これについて公募で行きますよということで決定させてもらったということでございます。


 基本的には、公募ということを原則としながら、そして、ものによりましては特定指定ということで進めさせてもらいました。


 今ほど、健康福祉に係りますところの保育所の話がございましたんですけれども、ここにつきましては、説明でもさせてもらいましたように、公設民営で15年の4月ということで、そういう管理委託制度の中でやらせていただきました。実施してむなしいというようなこともありますし、原因として大樹会にお願いしたときにも大変受け手がなかったというふうに旧米原町の方からちょっと聞いております。そういったことから、今回、米原保育園につきましては大樹会を特定指定にしたということでございます。


 それと、もう1点、北部デイサービスセンターの方のご質問があったように思っております。これについては、なぜ5年と3カ月であるのかということでございます。これにつきましては、この施設を17年度、今年度、いぶき幼稚園の北分舎を増園して整備をしてまいりました。そして、9月の定例議会におきまして1月1日から事業開始するということで、新規施設でございましたので、これにつきましては1月1日をもって指定管理者制度を使っていくということでございますので、他の施設と比べまして3カ月が余計長くなるというような結果でございますので、よろしくご理解を賜りたいと思います。


 以上でございます。


○議長(滝本善之君)


 清水隆?議員。


○6番(清水隆?君)


 米原保育園の、この指定のことについては理解できます。そして、北部デイサービスだけが1月1日から新しく開設するいうことで5年3カ月ということについては理解できるんですけどね、今まで業務委託をしていたわけですね。各地域にあるデイサービスセンターなんかを社協に業務委託しとったわけですね。


 で、社協というのは行政と最も密接につながりがあってお互いに信頼し合いながらやってきた組織ですわね。そういうところへ、私は公募によって選ぶというよりも、むしろ指定管理者として業者を指定するという形でとらえるのが、だれが考えても当たり前のようなように思うんですね。それをなぜ、いくら基本が公募だからといっても、こういうところを実際公募いう形で、もし民間の業者にとられてしまったならば、社協そのものの権威にも大きな影響を及ぼすと思うんですね。社協というのは、そういうことをやるためにできたような組織でもありますので、そういうとこに私は外郭団体でもあるし、やはり信頼が置けるような組織だと思うんです。そういうとこにやはりきちっと指定していくというのが、私は本来の姿だろうと思うんですけども、それを、何ゆえ公募という形をとられるのか、その辺を聞きたいわけです。


○議長(滝本善之君)


 平尾市長。


○市長(平尾道雄君)


 今回、指定管理をいたした関係の中で、公募を原則にすると今説明いたしました。その中で、社会福祉協議会、外郭団体であって地域に密着している、非常にお互いの関係をよく理解し得てる団体だということのお話がありましたが、私は、むしろ介護保険の事業認定者ということでは、社会福祉協議会といえども、これは民間事業者として当然競争原理の中でサービスの提供をしていただきたい。そういう思いの中で公募をさせてもらいました。


 結果として、現実の指定業者という形になったわけでありまして、むしろ、清水議員がおっしゃったように、社会福祉協議会だから、市の外郭団体だから指定をするという立場ではなくて、社会福祉協議会といえども介護事業認定者という点では民間との競争原理の中でサービスの質を高めてほしいと、そういう思いもありまして公募をさせていただいたということでございますので、ご理解いただきたいと思います。


○議長(滝本善之君)


 清水隆?議員。


○6番(清水隆?君)


 今の市長の答弁ですけど、確かにわかるんですけどもね、社協というのは、今までからも地域から理事さんが出てきて、いわばある意味ではガラス張りでやられてるわけですね。そういう組織だからこそ、地域住民がある程度信頼も置いてると思うんです。何か不正なことがあればすぐチェックできると。しかし、これがもし年月が過ぎていってですね、公募という形ですから社協じゃなくてほかの民間のそういうデイサービスなんかを扱うような組織なんかがもし指定管理者になってしまえば、結局もう営利目的で中の会計のことも余り一般の住民がチェックすることができませんから、かなり営利の方に走っていってしまうと思うんですね。そうなった場合、私、社協そのものの組織も揺らいでくると思うし、こういうやっぱり今までの行政と社協との関係というものはきちっとこれからも密接につながりを持ってやっていくべきだと思うんですね。そういう関係から言うならば、指定で行くのが私は一番ベターじゃないかなと思うわけです。


 そういう点について、どう思われます。


○議長(滝本善之君)


 平尾市長。


○市長(平尾道雄君)


 ここは、もう意見がすれ違いになるので簡単に申し上げますが、先ほども申し上げましたように、私は、その介護保険の事業メニュー等については、必ずしも清水議員がおっしゃるように、民間であれば営利追求で何かだめなようなお話ですが、私は、決してそうでないと。民間であろうが社会福祉協議会、各そういう社会福祉法人のところであっても、それはサービスの質としては同じものを提供してもらう。むしろ、そういう形の中で指定管理者制度を運営してくということの方が市民の期待に応えられるという判断をしておりますので、ご理解いただきたいと思います。


○議長(滝本善之君)


 そのほか、ございませんか。


 7番、北村喜代隆議員。


○7番(北村喜代隆君)


 7番、北村です。


 議案第296号、それと297号に関連してです。


 この都市計画法に基づくその事務事業の移管というのは、実は合併することによって、その市に与えられる権限ということで、私はその合併によるメリットだというふうに住民さんたちに説明してまいりました。そういう中でですね、今、ここに挙がってる内容は、県で今までやられてたわけですけども、それがまだ県のままやりますよということなんですけども、いつになったら、これが米原市に合うような形になるのか、その辺の見通しをお伺いしたいと思います。


○議長(滝本善之君)


 中川土木部長。


○土木部長(中川喜美夫君)


 自席から失礼します。


 北村議員のご質問にお答えしたいと思います。


 この今現在の権限委譲につきましては、まだ米原市として本当は行政としての特例で認められた条件でございまして、まだ私ども県内では最小の市でございまして、それだけの資質の向上もございませんので、今のところ、先ほど答弁申し上げましたように、事前に十分マスターしていって、これからそういう力をつけて持っていきたいと。特に、来年度からSILC構想等につきましても、かなりの人材の資質の向上ということも兼ねまして、特に今年は都市計画課に人材を多くもらいまして、今も現在、県庁に職員を送りまして、来年2月1日には権限委譲するということで、まず権限委譲して、それから県の内容等も十分踏まえて、熟練した職員をつけまして、早く一連の特定行政所となれるように努力したいと思います。


 なお、今後は都市計画法の中に、今ほどいろいろ社会問題になっておりますけども、建築確認申請書を受けましてやるのが本来の姿でございますが、まだ米原市におきましてはそれだけの力量がございませんので、今後を踏まえてそういう努力をしてまいりたいと思います。


 以上です。


○議長(滝本善之君)


 7番、北村喜代隆議員。


○7番(北村喜代隆君)


 市長のおっしゃる今までの「あれもこれも」から「あれかこれか」というときに、その地域の発展を目指して取り組んでいくときにですね、やはりできるところはどんどん開発していくようなことが望まれるんではないかというふうに思います。


 そういった中でですね、そのポイントが50メートル以内に50以上の敷地の建物の連檐とか、あるいは市外区域からの1キロメートル以内の範囲内にというような、そういう基準がありますけども、そういった部分の見直しを一部することによってですね、今まで建物が建てられなかったところに建てられるようになると思いますし、あるいは、ほかの県でもやられてますけども、4メーター道路に面するところとか、そういうような基準を入れていけばいいんじゃないかというふうに思ってます。


 で、この辺の「あれもこれも」から「あれかこれか」という中で、市長はこの基準をどのように、いつごろというふうにお考えでしょう。


○議長(滝本善之君)


 平尾市長。


○市長(平尾道雄君)


 今ほど北村議員がご質問されている思いはですね、実は私も大変厳しく思っています。と言いますのは、権限委譲を受けるという点では、本当の意味での自立型の市役所行政やっていきたいという点で、私は市長に就任すると同時にこのことは県の住宅課にお願いをして、できるだけ早く権限委譲を受けたい、そういう市になりたいということで、この事務を進めてまいりました。


 で、今ほど現課から出てますのが、結果としてご指摘のとおり、県並みのルールになってるという点では、内容的にはつぶさにいろいろ聞いてますが、要するところ、事業のいわゆる事務内容の実績でありますとか、事例の実績、これらがないという点におきましては、やはり担当部局においても大いに不安を持っています。そういう点では、私は担当部局とも話をしているんですが、できるだけ早くですね、実績も上げ、職員の能力も高めることによって、市民の皆さんの期待に応えられるような、米原モデルと言いますか、オリジナルな開発許可等もしていける能力を蓄えたいと思いますので、いつまでかと言われますと厳しいですが、私は、これはやっぱり前向きに積極的に取り組んでいく、そういう姿勢で行きたいと思いますので、よろしくご理解いただきたいと思います。


○議長(滝本善之君)


 そのほか、ございませんか。


 9番、冨田茂議員。


○9番(冨田茂君)


 9番、冨田です。


 今の都市計画法の権限委譲を受ける件ですが、それと深くかかわる例えば都市計画による線引きですね、これが線引きすらできていないところが本市ではございますわね。そういう中で、一部のその線引きされた地域を対象にした委譲を受けるという点では、その辺と整合性がどう詰められていくかいう問題もありますし、しかも、その都市計画法の開発許可と一体となる建築確認申請事務はまだ本市ではやられてませんわね。やられてないという、そういう状況の中で、私はもう少し全体をきちっと見て進めた方がいいんじゃないかという意見を持っているとこなんです。それと同時に例えば里道・水路なんかも今、市から来ましたし、いろんな点で例えば土木関係、建設関係の部局に大変な仕事の量が多いと思うので、その辺の執行体制も含めて、やっぱりこれは総括的にきちっとベテランを配置するなり、研修もやってるということですが、その辺について、ぜひそういう配慮をされてると思うんやけど、市長が例えばバランスのとれた開発をしようと思うたら、1日も早く線引きそのものを見直さなあかんと思うてるんですけど、その辺についてどういう考えを持っておられるか、ぜひお尋ねしたいと思います。


 よろしくお願いします。


○議長(滝本善之君)


 平尾市長。


○市長(平尾道雄君)


 今ほどの都市計画の見直しの関係につきましては、既に都市計画のサイドで彦根・長浜都市計画区域の中での作業を始めていただいてるというふうに承知をしておりますし、その中で、まずはやっぱり都市計画のマスタープランをつくっていくとか、いわゆる旧の山東・伊吹エリアでの杳として灯がなかったという中も含めて、米原市全体で市街化区域あるいは調整区域の仕切りの仕方も含めてですね、これは大いに議論をして早く答えを出していきたいと。そうすることが、先ほど来出てます米原版と言いますか、米原独自の都市計画に基づく開発許可あるいは規制、このことが的確にできていけるというふうに思っています。


 それと、職員の問題ですが、おっしゃるとおり、なかなかやっぱり専門性なり、ベテランの職員の配置というのは、いまだ追いついてない状況にあります。そういう点では、部分的には県等の人的な支援も受けながらというふうに考えておりますので、よろしくお願いいたしたいと思います。


○議長(滝本善之君)


 そのほか、ございませんか。


 12番、鍔田明議員。


○12番(鍔田明君)


 12番、鍔田でございます。


 先ほどの清水議員に関連している指定管理者制度の問題でございますが、1点だけお尋ねをいたしたいのは、指定管理者制度を導入されるわけでございますけど、この指定管理者制度を導入した場合に、直営で運営を行う場合と、どれだけの経費が節減になっていくのか、その辺について、私も委員会の委員でございますので、次の委員会の開催までに資料を提供していただきたいと思います。


 前回の全協の資料によりますと、この指定管理者制度を導入するということにつきましては、この背景は、市の財政の収入の減少と行政のコスト減につながると、こういうことでございましたので、その辺の数字を出していただきたいとお願いをしておきたいと思います。


 さらに、一般会計の補正予算でお聞きしたいわけでございますけど、今回の補正におきましては7億1,820万円を追加されまして、歳入歳出を190億4,694万4,000円とされるわけでございますが、歳入におきましては、先ほどの説明によりますと、合併特例債を充てると、こういうことでございましたが、この市債全体を見ますと、平成17年度予算におきますところの合計金額は35億2,700万円というふうに理解しているわけでございますが、この35億2,700万円が予算に占める割合、これはどのぐらいになっているのか。さらに、この累積市債につきましては237億5,742万円ということで理解をしているわけでございますが、この起債に対する償還計画がしっかりできているかどうかという点についてお尋ねをいたしたいと思います。


 さらに、歳出におきまして7億6,000万円の基金積立がされているわけでございますが、新しい米原市の基金全体が幾らになっているのか、そしてどういう基金がどれだけ積立されているのか、また教えていただきたいと思います。


 さらに、前回の全協におきまして勤勉手当の制度のことでご質問したわけでございますけど、この制度が今回12月までにできるというふうに聞いておったわけでございますが、しっかりと制度を作成いたしまして勤勉手当を支払っておられるのかどうかという点。


 さらに、もう1点、339号議案の中で、米原市住宅新築資金の貸付事業の特別会計につきましては、持家住宅が1,469万円と住宅新築資金が2,692万1,000円の未納と申しますか、徴収ができてないと、こういうことでございましたが、できなかった理由についてお尋ねをいたしたいと思います。


 以上です。


○議長(滝本善之君)


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 ちょっと資料を持ち合わせてない部分につきましては、後ほどまた委員会でご報告させていただきたいと思いますので、ご容赦をいただきたいと思います。


 まず、一般会計でご質問いただきました市債につきましての、今回の補正の全体予算額に占める市債の割合でございますが、全体予算額が190億円、市債が35億2,000万円ということでございまして、18.5%の利率になっております。また、今回、市債の管理準備基金に7億6,000万円ほど積立てをさせていただきますが、これにつきましての基金全体の、それぞれの基金につきましての明細につきましては、ちょっと手持ち資料持っておりませんので、委員会の方で提出をさせていただきたいと思います。


 それから、勤勉手当の方法につきましては、今回作成をいたしておりますので、これにつきましてもご報告をさせていただきたいというふうに思います。


 それから、住宅新築資金の未償還分の徴収につきましては、先ほども提案理由でご説明させていただきましたとおり、それぞれ未償還の方々に対しましてはご指導なり、また誓約等をとらせていただきまして指導いたしているところでございますが、なかなか困窮家庭等もおられまして、償還に応じていただけないというふうなことで滞っているのが実情でございます。なお一層、未償還者に対しまして償還指導をいたしまして、償還に努力をさせていただきたいというふうに考えておりますので、ご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 鍔田議員。


○12番(鍔田明君)


 委員会で資料を提出していただきたいと思うわけでございますが、今ほどの持家住宅と住宅新築資金の関係でございますけど、いろいろと償還指導は確かにしていただいてるというふうに思うわけでございますが、額にいたしますとこの未償還金というのは相当な額でございます。


 旧町意識を出しますと失礼かと思いますが、旧米原町におきましては、償還できない人と償還したくてもそういう経済的な事情でできない人とか、あるいは償還に対して猶予とか免除とかいう、そういう条例もございました。で、その辺の、したくでもできない人とか、あるいは収入が急に止まってできないという、そういう償還ができない人の理由をはっきりと調査をして、それで例えば、1カ月に5万円なら5万円ずつ償還される、計画的にそういう形をとっていったらどうかと、そういう議論もあったわけでございますし、その人に合った収入で返済をしていってもらったらどうかというような議論もございました。そういうことを参考にしていただきまして、借りておられるわけでございますので、借りた人に対しましては必ず返してもらうというふうに、その辺のご指導もひとつお願いしたいと思います。


○議長(滝本善之君)


 よろしいですね。


 そのほか、ございませんか。


                 (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


 質疑なしと認めます。


 質疑がないようですので、これにて総括質疑を終結いたします。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


  日程第17


○議長(滝本善之君)


 日程第17、議案の委員会付託を行います。


 各議案の付託は、会議規則第37条第1項の規定により、お手元に配付いたしております議案付託表のとおり、各常任委員会へ付託いたします。


 各常任委員会において審査方、よろしくお願いをいたします。


 ただいま、付託いたしました各議案につきましては、それぞれの委員会での審査経過と結果につきまして、12月22日の本会議において各常任委員会委員長からご報告をお願いいたします。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


  日程第18


○議長(滝本善之君)


 日程第18、請願第3号を議題といたします。


 請願書の朗読は省略いたします。


 紹介議員、冨田茂君より請願の説明を求めます。


 冨田茂君。


○9番(冨田茂君)


 それでは、請願第3号 日本国民に食の安全と安心を保障し、国内の畜産を守るためにアメリカ産牛肉などの輸入再開を行わないように求める請願書について、紹介議員を代表して提案説明をさせていただきます。


 昨日のテレビなり本日の新聞報道によれば、政府は、食品安全委員会の答申を受けて今月12日にもアメリカ・カナダ産の牛肉輸入再開を決定し、年内にもアメリカ産牛肉が日本の港に到着できる、こういう状況に持っていこうと今着々と進められているところでございます。


 そもそも、アメリカ産牛肉の輸入再開は、アメリカ政府の対日圧力のもとで進められてきました。2003年の12月23日にアメリカでBSE感染牛が発生してから、アメリカ政府の日本政府に対する対応は極めて早いものがありました。発生後6日後の12月29日の二国間協議の中でアメリカは、日本の全頭検査導入の要求を拒否するとともに輸入再開に向けての協議を早くもその段階から要請してきました。


 そして、2004年10月の日米合意では、両国は可能な限り速やかに牛肉貿易を再開できるよう努力すると明記がされました。さらに、米国上院の超党派議員グループは、日本が今年12月15日までに米国産牛肉を輸入しないときは日本に3,600億円相当の対日報復関税をかける法案まで提出して圧力をかけています。また、先の京都での首脳会談では、できるだけ早い時期の再開を小泉首相がブッシュに約束をしているところでございます。


 ところが皆さん、EUでは、米国から様々な制裁を受けながらも、米国の牛の飼育に際してホルモン剤の使用が認められている、このことを理由に食肉の安全確保の保障がないと一貫して米国産牛肉の輸入を現在まで禁止してきています。


 EUと対比したときに、日本政府の異常な対米従属ぶりが浮き彫りになっているのではないでしょうか。そもそも、食品安全委員会プリオン専門調査会の答申そのものを見たときにも、BSE汚染の危険性は国産牛肉と同等かという、こういう政府の諮問に対して、データが質・量とも不明なことが多く、科学的同等性を評価することは困難、こういうことをおっしゃっています。その一方で、20カ月以下の牛肉に限定して危険部位を除去することを遵守して輸入した場合はリスク差は小さい、こういう明らかに矛盾した答申が出されたんですね。


 この答申をもって輸入再開がされるとしたら、国民の安全と健康が大きく脅かされることになりかねません。さらに、これを受け入れれば、30カ月以下の牛肉についても輸入再開を求める、これはもうアメリカが常々言ってますので、そういう圧力が一層強まることは明白ではないでしょうか。


 皆さん、事は国民の命と健康にかかわっている大きな問題だと思います。新聞の世論調査でも国民の67%が米国産牛肉の輸入再開に反対しています。BSEは、何グラムなら食べてもよいという安全域はこれにはありません。日本政府は、全頭検査や餌の完全規制など日本と同等の安全対策がなければ輸入再開はしないという確固とした態度が必要なのではないでしょうか。


 また、このことが、将来を展望すれば日本とアメリカなどの畜産農家を守ることにもつながると私は確信しております。


 以上の理由から、今度の2つの請願事項、1つが全頭検査など現行BSE検査体制の継続とともに、日本と同水準の検査体制が実施されない限り、アメリカ産などの牛肉輸入再開を行わないこと。2つ目に、「科学的評価は困難」としつつ、「リスクの差は小さい」などと矛盾した答申案または答申をもとに輸入再開を行わないこと。 この2つの請願事項について、ぜひとも議員各位の皆さんの慎重審議とそしてご採択をよろしくお願いを申し上げまして、私の提案の説明とさせていただきます。


 以上です。


○議長(滝本善之君)


 紹介議員、冨田茂君の説明が終わりました。


 ただいま、議題となっております請願第3号につきましては、会議規則第85条の規定により、産業建設常任委員会に付託をいたします。


 審査方、よろしくお願いをいたします。


 ただいま、付託いたしました請願1件につきましては、委員会の審査経過と結果につきまして12月22日の本会議において産業建設常任委員長からご報告をお願いいたします。


 以上で、本日の日程はすべて終了いたしました。


 本日は、これにて散会いたします。


 来る12月15日は、午前9時30時より本会議を開き、一般質問を行いますので、定刻までにご出席方よろしくお願いをいたします。


 御苦労さんでした。





               午後2時06分 散会