議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 米原市

平成17年第3回定例会(第1日 9月 6日)




平成17年第3回定例会(第1日 9月 6日)





        平成17年米原市議会第3回定例会会議録(第1号)





 
1.招集年月日    平成17年9月6日





1.招集の場所    米原市議会議場





1.開会開議     平成17年9月6日   午前10時00分





1.応召議員        1番  大 澤   勉    2番  堀 川 弥二郎


              3番  丸 本 義 信    4番  佐 藤 幸 夫


              5番  中 西   均    6番  佐 野 栄 一


              7番  宮 川 忠 雄    8番  力 石 春 樹


              9番  伊賀並 秀 雄   10番  西 川 敏 輝


             11番  山 田   滋   12番  竹 中 桝 夫


             13番  小 川 孝 司   14番  古 城 章 弘


             15番  吉 川 民 雄   16番  櫛 村 由 雄


             17番  谷 田 武 一   18番  鹿 取   豊


             19番  児 玉 正 昭   20番  鹿 取 孝 史


             21番  和 田 倬 也   22番  辻 井 与 志


             23番  松 宮 信 幸   24番  磯 崎   清


             25番  市 川 照 峯   26番  畑 中 孝 夫


             27番  三田村   定   28番  梅 野 幸 雄


             29番  西 堀 守 弘   30番  前 川   明


             31番  三田村 信 雄   32番  吉 川   登


             33番  矢 野 幸 雄   34番  土 田   明


             35番  中 野 卓 治   36番  小 川 茂 雄


             37番  冨 田   茂   38番  山 根 時 男


             39番  丸 本   猛   40番  中 川 英 継


             41番  川 崎 敏 夫   42番  滝 本 善 之





1.不応召議員      な し





1.出席議員       41名





1.欠席議員       14番  古 城 章 弘





1.会議録署名議員    23番  松 宮 信 幸   24番  磯 崎   清





1.地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名


   市長        平 尾 道 雄  助役        西 田   弘


   教育長       瀬戸川 恒 雄  政策推進部長    嶌 田 忠 夫


   総務部長      石 田 英 雄  健康福祉部長    岡 田   勉


   経済環境部長    野一色 義 明  都市整備部長    中 川 喜美夫


   教育部長      小 野 初 雄  山東市民自治センター長 清 水 克 章


   伊吹市民自治センター長 今 中 佐 公  米原市民自治センター長 伊富貴 孝 司


   主監兼会計課長   吉 田   博  総務課長      林  美津雄


   財政課長      三 原 禎 一





1.職務のため議場に出席した者の職氏名


   事務局長      古 川 光 男  書記        田 中 美 緒





平成17年第3回定例会 議事日程 (第1号)


                平成17年9月6日 午前10時00分開議


                     場所  米原市議会議場


┌───┬───────┬────────────────────────────────┐


│ 日程│議案番号   │件        名                      │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│ 1 │       │会議録署名議員の指名〔  番    議員.  番    議員〕 │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│ 2 │       │会期決定について〔自 平成17年9月6日  至 平成17年9月 日〕│


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│ 3 │       │諸般の報告                           │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│ 4 │諮問第1号〜 │市長の提案理由の説明について                  │


│   │議案第270号  │                                │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│ 5 │諮問第1号  │人権擁護委員候補者の推薦について                │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│ 6 │議案第115号  │専決処分の承認を求めることについて(平成17年度米原市一般会計補 │


│   │       │正予算(第2号))                       │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│ 7 │議案第116号  │米原市・近江町合併協議会の廃止について             │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│ 8 │議案第117号  │滋賀県市町土地開発公社定款の変更について            │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│ 9 │議案第118号  │坂田広域行政組合の解散につき議決を求めることについて      │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│10 │議案第119号  │坂田広域行政組合の解散に伴う財産処分につき議決を求めることについ│


│   │       │て                               │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│11 │議案第120号  │彦根市・米原市・近江町造林組合規約の変更について        │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│12 │議案第121号  │彦根市・米原市・近江町山林組合規約の変更について        │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│13 │議案第122号  │滋賀県市町村職員退職手当組合規約の変更について         │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│14 │議案第123号  │滋賀県市町村職員退職手当組合規約の変更について         │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│15 │議案第124号  │滋賀県市町村職員退職手当組合規約の変更について         │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│16 │議案第125号  │滋賀県市町村職員退職手当組合規約の変更について         │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│17 │議案第126号  │滋賀県市町村職員退職手当組合規約の変更について         │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│18 │議案第127号  │滋賀県市町村交通災害共済組合規約の変更について         │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│19 │議案第128号  │長浜坂田介護認定審査会共同設置規約の変更について        │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│20 │議案第129号  │湖北広域行政事務センター規約の変更について           │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│21 │議案第130号  │長浜水道企業団規約の変更について                │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│22 │議案第131号〜 │総括説明                            │


│   │議案第270号  │                                │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│23 │議案第131号〜 │総括質疑                            │


│   │議案第270号  │                                │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│24 │議案第131号〜 │議案の委員会付託                        │


│   │議案第270号  │                                │


└───┴───────┴────────────────────────────────┘





平成17年第3回定例会 追加議事日程 (第1日・第2号)


                平成17年9月6日 午前10時00分開議


                     場所  米原市議会議場


┌───┬───────┬────────────────────────────────┐


│ 日程│議案番号   │件        名                      │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│24 │       │決算特別委員会の設置について                  │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│25 │       │決算特別委員会正副委員長の選任について             │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│26 │議案第131号〜 │                                │


│   │議案第270号  │議案の委員会付託                        │


│   │       │                                │


└───┴───────┴────────────────────────────────┘





   平成17年 米原市議会第3回定例会 付議案件表


┌─────────┬──────────────────────────────────┐


│  議案番号   │件            名                    │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 諮問第  1号  │人権擁護委員候補者の推薦について                  │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第115号  │専決処分の承認を求めることについて(平成17年度米原市一般会計補正予│


│         │算(第2号))                           │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第116号  │米原市・近江町合併協議会の廃止について               │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第117号  │滋賀県市町土地開発公社定款の変更について              │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第118号  │坂田広域行政組合の解散につき議決を求めることについて        │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第119号  │坂田広域行政組合の解散に伴う財産処分につき議決を求めることについて │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第120号  │彦根市・米原市・近江町造林組合規約の変更について          │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第121号  │彦根市・米原市・近江町山林組合規約の変更について          │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第122号  │滋賀県市町村職員退職手当組合規約の変更について           │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第123号  │滋賀県市町村職員退職手当組合規約の変更について           │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第124号  │滋賀県市町村職員退職手当組合規約の変更について           │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第125号  │滋賀県市町村職員退職手当組合規約の変更について           │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第126号  │滋賀県市町村職員退職手当組合規約の変更について           │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第127号  │滋賀県市町村交通災害共済組合規約の変更について           │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第128号  │長浜坂田介護認定審査会共同設置規約の変更について          │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第129号  │湖北広域行政事務センター規約の変更について             │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第130号  │長浜水道企業団規約の変更について                  │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第131号  │米原市総合計画審議会条例の制定について               │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第132号  │山東町美しいまちづくり条例の一部を改正する条例について       │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第133号  │米原市消防手数料条例の制定について                 │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第134号  │米原市消防本部および消防署条例の制定について            │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第135号  │米原市火災予防条例の制定について                  │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第136号  │米原市火災予防条例の一部を改正する条例について           │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第137号  │米原市長職務執行者の給与および旅費に関する条例を廃止する条例について│


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第138号  │米原市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例について │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第139号  │米原市役所位置設定条例の一部を改正する条例について         │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第140号  │米原市公告式条例の一部を改正する条例について            │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第141号  │米原市情報公開条例の一部を改正する条例について           │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第142号  │米原市電子計算組織に係る個人情報保護条例の一部を改正する条例について│


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第143号  │米原市行政手続条例の一部を改正する条例について           │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第144号  │米原市事務分掌条例の一部を改正する条例について           │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第145号  │米原市職員定数条例の一部を改正する条例について           │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第146号  │米原市職員の再任用に関する条例の一部を改正する条例について     │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第147号  │米原市職員の分限に関する条例の一部を改正する条例について      │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第148号  │米原市職員の定年等に関する条例の一部を改正する条例について     │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第149号  │米原市職員の懲戒の手続および効果に関する条例の一部を改正する条例につ│


│         │いて                                │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第150号  │米原市職員の服務の宣誓に関する条例の一部を改正する条例について   │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第151号  │米原市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について│


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第152号  │米原市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例について   │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第153号  │米原市公益法人への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例につい│


│         │て                                 │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第154号  │米原市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部│


│         │を改正する条例について                       │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第155号  │米原市職員の厚生制度に関する条例の一部を改正する条例について    │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第156号  │米原市議会の議員の報酬等に関する条例の一部を改正する条例について  │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第157号  │米原市特別職の職員で非常勤のものの報酬および費用弁償に関する条例の一│


│         │部を改正する条例について                      │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第158号  │米原市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について      │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第159号  │米原市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例について  │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第160号  │米原市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例について     │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第161号  │米原市市民自治センター設置条例の一部を改正する条例について     │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第162号  │米原市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例について    │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第163号  │米原市永年勤続消防団員報償基金条例の制定について          │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第164号  │米原市特別会計条例の一部を改正する条例について           │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第165号  │米原市使用料条例の一部を改正する条例について            │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第166号  │米原市手数料条例の一部を改正する条例について            │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第167号  │米原市税外収入金に係る督促等に関する条例の一部を改正する条例について│


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第168号  │米原市財産の交換、譲与、無償貸与等に関する条例の一部を改正する条例に│


│         │ついて                               │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第169号  │米原市財政調整基金条例の一部を改正する条例について         │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第170号  │米原市市債管理基金条例の一部を改正する条例について         │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第171号  │米原市土地開発基金条例の一部を改正する条例について         │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第172号  │米原市公共施設等整備基金条例の一部を改正する条例について      │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第173号  │米原市まちづくり事業基金条例の一部を改正する条例について      │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第174号  │米原市交通対策促進基金条例の一部を改正する条例について       │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第175号  │米原市福祉対策基金条例の一部を改正する条例について         │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第176号  │米原市ふるさと水と土保全基金条例の一部を改正する条例について    │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第177号  │米原市国民健康保険事業特別会計財政調整基金条例の一部を改正する条例に│


│         │ついて                               │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第178号  │米原市国民健康保険直営診療所事業特別会計財政調整基金条例の一部を改正│


│         │する条例について                          │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第179号  │米原市介護給付費等準備基金条例の一部を改正する条例について     │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第180号  │米原市交通安全対策会議条例の一部を改正する条例について       │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第181号  │米原市消防団条例の一部を改正する条例について            │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第182号  │米原市消防賞じゅつ金および殉職者特別賞じゅつ金条例の一部を改正する条│


│         │例について                             │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第183号  │米原市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について    │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第184号  │米原市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正す│


│         │る条例について                           │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第185号  │米原市防災会議条例の一部を改正する条例について           │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第186号  │近江町との合併に伴う米原市税条例および米原市都市計画税条例の適用の経│


│         │過措置に関する条例の制定について                  │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第187号  │米原市税条例の一部を改正する条例について              │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第188号  │米原市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について        │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第189号  │米原市印鑑条例の一部を改正する条例について             │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第190号  │米原市児童デイサービス事業所条例の制定について           │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第191号  │米原市ホームヘルパー派遣手数料徴収条例の一部を改正する条例について │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第192号  │米原市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例について  │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第193号  │米原市社会福祉法人の助成に関する条例の一部を改正する条例について  │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第194号  │米原市近江いきいき健康館条例の制定について             │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第195号  │米原市訪問看護ステーション条例の制定について            │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第196号  │米原市介護保険条例の一部を改正する条例について           │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第197号  │米原市保育の実施に関する条例の一部を改正する条例について      │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第198号  │米原市保育所保育費用徴収条例の一部を改正する条例について      │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第199号  │米原市放課後児童クラブ条例の一部を改正する条例について       │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第200号  │米原市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例について        │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第201号  │米原市老人福祉医療費助成条例の一部を改正する条例について      │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第202号  │米原市国民健康保険診療所条例の一部を改正する条例について      │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第203号  │米原市国民健康保険条例の一部を改正する条例について         │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第204号  │米原市保健センター条例の一部を改正する条例について         │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第205号  │米原市工場等設置促進条例の一部を改正する条例について        │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第206号  │米原市林業振興施設条例の制定について                │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第207号  │米原市環境保全に伴う旅館等建築の規制に関する条例の一部を改正する条例│


│         │について                              │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第208号  │米原市建設事業負担金徴収条例の制定について             │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第209号  │米原市法定外公共物管理条例の一部を改正する条例について       │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第210号  │米原市自転車等駐車場条例の一部を改正する条例について        │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第211号  │米原市駐車場条例の一部を改正する条例について            │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第212号  │米原市公園条例の一部を改正する条例について             │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第213号  │米原市下水道条例の一部を改正する条例について            │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第214号  │米原市下水道事業審議会条例の一部を改正する条例について       │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第215号  │米原市公共下水道使用料条例の一部を改正する条例について       │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第216号  │米原市公共下水道事業に係る受益者の負担に関する条例の一部を改正する条│


│         │例について                             │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第217号  │米原市立学校設置条例の一部を改正する条例について          │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第218号  │米原市立幼稚園保育料徴収条例の一部を改正する条例について      │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第219号  │米原市教育センター条例の一部を改正する条例について         │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第220号  │米原市立学校給食センター条例の一部を改正する条例について      │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第221号  │米原市公民館条例の一部を改正する条例について            │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第222号  │米原市立図書館条例の一部を改正する条例について           │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第223号  │米原市近江はにわ館条例の制定について                │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第224号  │米原市体育施設条例の一部を改正する条例について           │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第225号  │米原市文化財保護条例の一部を改正する条例について          │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第226号  │米原市職員の寒冷地手当に関する条例の一部を改正する条例について   │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第227号  │米原市北部デイサービスセンター条例の制定について          │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第228号  │米原市米原地域福祉センター条例の一部を改正する条例について     │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第229号  │米原市伊吹生きがいセンター条例の一部を改正する条例について     │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第230号  │米原市ボランティアセンター三島荘条例の一部を改正する条例について  │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第231号  │米原市立保育所条例の一部を改正する条例について           │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第232号  │米原市山東健康福祉センター条例の一部を改正する条例について     │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第233号  │米原市伊吹健康プラザ愛らんど条例の一部を改正する条例について    │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第234号  │米原市地域資源活用施設条例の一部を改正する条例について       │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第235号  │米原市近江母の郷文化センター条例の制定について           │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第236号  │米原市近江母の郷コミュニティハウス条例の制定について        │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第237号  │グリーンパーク山東条例の一部を改正する条例について         │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第238号  │平成16年度山東町各会計歳入歳出決算認定について          │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第239号  │平成16年度伊吹町各会計歳入歳出決算認定について          │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第240号  │平成16年度米原町各会計歳入歳出決算認定について          │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第241号  │平成16年度米原市各会計歳入歳出決算認定について          │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第242号  │平成16年度山東町水道事業会計決算書及び剰余金処分計算書案の認定につ│


│         │いて                                │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第243号  │平成16年度米原町水道事業会計決算書及び剰余金処分計算書案の認定につ│


│         │いて                                │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第244号  │平成16年度米原市水道事業会計決算書及び剰余金処分計算書案の認定につ│


│         │いて                                │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第245号  │平成17年度米原市一般会計補正予算(第3号)について        │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第246号  │平成17年度米原市一般会計補正予算(第4号)について        │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第247号  │平成17年度米原市一般会計補正予算(第5号)について        │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第248号  │平成17年度米原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について│


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第249号  │平成17年度米原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)について│


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第250号  │平成17年度米原市国民健康保険直営診療所事業特別会計補正予算(第1号│


│         │)について                             │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第251号  │平成17年度米原市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)について  │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第252号  │平成17年度米原市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)について  │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第253号  │平成17年度米原市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)について│


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第254号  │平成17年度米原市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)について│


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第255号  │平成17年度米原市伊吹簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)について│


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第256号  │平成17年度米原市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)について│


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第257号  │平成17年度米原市流域関連公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)に│


│         │ついて                               │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第258号  │平成17年度米原市流域関連公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)に│


│         │ついて                               │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第259号  │平成17年度米原駅東部土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)につ│


│         │いて                                │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第260号  │平成17年度米原市住宅団地造成事業特別会計補正予算(第1号)について│


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第261号  │平成17年度米原市訪問看護事業特別会計について           │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第262号  │平成17年度米原市水道事業会計補正予算(第2号)について      │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第263号  │米原市醒井水の宿駅条例の一部を改正する条例について         │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第264号  │米原市勤労青少年ホーム条例の一部を改正する条例について       │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第265号  │米原市伊吹薬草の里文化センター条例の一部を改正する条例について   │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第266号  │米原市民交流プラザ条例の一部を改正する条例について         │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第267号  │米原市B&G海洋センター条例の一部を改正する条例について      │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第268号  │米原市柏原宿歴史館条例の一部を改正する条例について         │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第269号  │米原市伊吹山文化資料館条例の一部を改正する条例について       │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第270号  │米原市醒井宿資料館条例の一部を改正する条例について         │


└─────────┴──────────────────────────────────┘








              午前10時00分 開会


○議長(滝本善之君)


 議員の皆様には、平成17年米原市議会第3回定例会にご参集くださいまして、まことに御苦労様でございます。


 今議会は、近江町との合併関連議案や、平成16年度山東町・伊吹町・米原町および米原市各会計決算認定、平成17年度米原市一般会計および特別会計補正予算など計157件の議案が提案されます。


 いずれも重要な案件でありますので、慎重なご審議を賜りますとともに、会議が円滑に進行いたしますようお願い申し上げ、開会のご挨拶といたします。


 ただいまの出席議員は41名であります。


 定足数に達しておりますので、これより、平成17年第3回米原市議会定例会を開催いたします。


 ただいまより、平尾市長から招集の挨拶があります。


 平尾市長。


○市長(平尾道雄君)


 改めまして、おはようございます。


 平成17年度の第3回の定例会の開会にあたりまして、一言ご挨拶を申し上げたいと思います。


 議員の皆様におかれましては、大変お忙しい時期にこのようにご出席をいただきまして、まことにありがとうございます。


 既に報道されてますように、台風14号は九州に上陸をいたしました。今夜半から近畿地方に最も接近し、この滋賀県地方も暴風圏域に入るのではないかということで、職場では対応を迫られている状況にあります。


 かと言っても台風でございまして、まさに台風一過ということで、秋の訪れも日ごとに足元から押し寄せてきてると言いますか、粛々と季節が変わってまいりました。


 ご案内のように、今年の夏、日差しが厳しく、長く感じられましたが、いよいよ実り豊かな季節を迎えようという状況にもございます。


 おかげさまでこの夏、そして初秋という状況の中におきましては、この台風結果にもよりますけれども、今のところ米原市民の皆さんに大きな事故や災害ということがなく、これまた平穏な状況が続いてまいりました。そういった意味でもこの台風14号、大変緊張をして、この状況を見守っているという状況でございます。


 議員各位におかれましては、各般につきましてもいろいろとご協力を賜りたいと思います。


 ところで、私は市政の円滑な運営と並行いたしまして、この米原市誕生以後、調整を続けてまいりました合併後の近江庁舎への事務配置、新米原市の組織・機構、これらを協議会で確認をいたしまして、具体的な事務調整などを米原市と近江町の合併に向けた事務項目につきまして、去る8月5日の最終になりました第3回の合併協議会に報告し、これの了承をいただいたところでございます。


 合併協議会といたしましては、すべての任務を終えていただきました。委員の皆さんに大変御苦労をおかけしました。


 敬意を表し、また感謝を申し上げたいと思います。


 いよいよ10月1日、来月でございます。4万2,000人の新米原市の誕生となります。


 原課では最終準備段階に入っております。このことは、市民・町民の理解はもとより、本日ここにお集まりの米原市議会の皆さん方の大変合併に対する熱い思い、その賜物であり、ひとしおの感慨を共有させていただいております。


 心から御礼を申し上げ、なお一層新市米原市誕生に向け、皆さん方のご努力・ご尽力を賜りたいと思っています。


 そういう中で、市長といたしましては、新市創生への決意を新たにしているという状況でございます。


 さて、国政におきましては、これまた郵政民営化関連法案が参議院で否決をされました。同日、衆議院は解散され、既に8月30日に公示、9月11日投票ということでの日程で衆議院議員の選挙、総選挙が行われております。この選挙につきまして、我が米原市におきましても、米原市議会議員の初回の選挙日程、これも既に調整が済まされておりまして、来月の中旬からそれぞれ選挙活動が展開されるという状況にあります。


 まさに、国民そして米原市民の政治への関心は高まっているというふうに期待をしておるところでございます。


 また、8月9日であったと思いますが、政府日銀は景気動向につきまして、昨年の11月からいわゆる踊り場状況、これの脱却を宣言しております。国内景気が上昇基調に戻る見通しを発表いたしております。


 一方で、原油価格の上昇傾向でありますとか、国政の不透明感、中国・アメリカ等の海外経済の動向など、国内景気への懸念要因も指摘をされております。


 さらに、17年度末の国と地方のいわゆる長期債務残高774兆円が見込まれており、国の一般会計の約4分の1を占めます社会保障費は毎年1兆円程度増えると、このように言われております。


 そういった観点からも、行財政改革は避けて通れない状況にございます。


 このことから、私は健全な地方財政を推進していく上で、多くの課題について横断的な解決が迫られていると思いますし、この解決なくして明るい展望に期待が持てないと、そういった危機的な状況にあると思いますし、このことを議会とともに、共通の理解をしていきたいと思っております。


 平成16年度の旧3町の各会計決算、そして平成16年度の米原市各会計決算監査を終えまして、最終日に監査委員から概要の報告をいただきました。あわせまして、平成16年度の普通会計決算統計の分析も踏まえまして考察をいたしますと、本市の財政状況は極めて厳しい状況にあるという認識を持っております。


 合併協議のいわゆるスタート時点から、最も効果的行政改革の有効な手段として、市町村合併、このことを私は合併の大きな課題として認識をしてまいりました。


 そういう意味では、厳しい財政事情の現実の中で、繰り返し新市・米原市としては、聖域なき行政改革に果敢に実践をし、取り組んでいかなければ、合併の効果は期待できない、そういう認識でもございます。


 予算・決算という市の主要事業につきましては、市民の皆さんに提供するということ、そして、私たちの持っています既成の概念と言いますか、制度、この取り組みにとらわれることなく、合併というステージから新たな行財政の改革という、いわゆる行革のステージに移行しなければならないなと考えております。


 なお、そういった観点として、私は先の6月議会で認定をいただきました、本年度予算の情報につきまして、市民の皆さんに提供していくために、予算説明書ということで、みんなにわかるみんなの米原予算という、予算書の説明書をこの9月の9日に発送をし、発行をいたしたいと思っております。


 今年度は二度の市町村合併を経験するという特殊な合併年度でもございます。


 若干の矛盾点を包括しながらも、平成17年度予算編成をはじめといたします今後の行財政方針、できるだけ早く示したいと考えておりますし、このことによりまして、情報提供するという中で、市民の皆さんとともに議論も進めていきたいと思っております。


 今期定例会に提出をさせていただきました平成16年度の各会計決算の審査、その他議案審議の中で、私は、私や担当部長から説明を今後申し上げ、議員各位の皆さんの意見も賜りながら、新年度18年度に向かっての行財政運営方針も新たに定めてまいりたいというふうに考えております。


 非常に重要な議会議論というふうに認識をしておりますので、よろしくお願いいたします。


 提出議案は、近江町との合併に関連する条例の制定でありますとか、既設条例の一部改正、平成16年度各町各会計歳入歳出決算、平成17年度各会計補正予算などでございます。


 その数も新規条例制定15件を含みます総数で157件、非常に多くの議案審議ということで大変御苦労をおかけすることになります。


 慎重にご審議をいただくと同時に、適切なる議決・認定を賜りますようお願いを申し上げまして、まことに簡単ではございますが、開会にあたってのご挨拶とさせていただきます。


 なお、本年は、これまたご案内のとおり、5年に一度のいわゆる国勢調査年度であります。毎回10月1日を基準日といたしております。この日が近江町との合併の日ということでもございます。


 議員の皆さんにおかれましても、間接的に市民の皆さんへの国勢調査の啓発、これにつきましてもご協力いただきますことをつけ加えてお願いを申し上げまして、開会にあたってのご挨拶とさせていただきます。


 御苦労様でございます。


 どうぞよろしくお願いをいたします。


○議長(滝本善之君)


 直ちに、本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


  日程第1


○議長(滝本善之君)


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において23番議員 松宮信幸君、24番議員 磯崎清君の両名を指名いたします。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


  日程第2


○議長(滝本善之君)


 日程第2、会期決定の件を議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期定例会の会期は、過日の議会運営委員会において協議の結果、本日より9月27日までの22日間といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


                 (「異議なし」)


○議長(滝本善之君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、今期定例会の会期は22日間と決定いたしました。


 なお、今期中の会議予定につきましては、お手元に配付いたしました日程表のとおりでありますので、ご了承をお願いいたします。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


  日程第3


○議長(滝本善之君)


 日程第3、これより、諸般の報告を行います。


 最初に、議長の服務報告をいたします。報告事項につきましては、全員協議会において報告のとおりでありますので、省略をいたします。


 次に、本定例会の会議事件説明のため出席を求めた者は、市長、助役、教育長、各部長、各自治センター長、主監会計課長、総務課長および財政課長であります。


 以上で、諸般の報告を終わります。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


  日程第4


○議長(滝本善之君)


 日程第4、市長より提出の諮問第1号から議案第270号までの議案157件を一括上程し、市長から提案理由の説明を求めます。


 平尾市長。


○市長(平尾道雄君)


 それでは、提出をいたしました157の案件につきまして、提案理由の説明を申し上げます。


 今回は、近江町との合併に関連する条例の制定や既設条例の一部を改正する条例など、提出議案数が大変多いことから、全議案を読み上げますと時間を要しますので、議員の皆さんにご心労をおかけすることになります。


 お手元に「市長総括提案説明書(議案名)一覧表」というのを届けさせていただいてると思います。


 まことに勝手ではございますが、全議案名の読み上げを省略させていただきたくご容赦をお願いを申し上げておきたいと思います。


 さて、多くの合併に関連する議案であり、ここで4月以降の米原市と近江町の合併への経過を報告させていただきたいと思います。


 ご案内のとおり、米原市と近江町の合併につきましては、平成17年の4月の28日、滋賀県知事から地方自治法の第7条第1項の規定によりまして、平成17年10月1日から坂田郡近江町を廃し、その区域を米原市に編入する旨、処分を決定され、平成17年の5月20日総務省告示第598号で地方自治法第7条第7項に基づく告示があり、法律手続はすべて完了いたしております。


 以降、今日まで米原市と近江町合併協議会、合併協定書、協議確認後の事務事業の調整を進めまして、地方税の取扱い、一般職の職員身分の取扱い、使用料・手数料の取扱いなど、主要14項目につきまして最終調整報告を、先ほど開会のご挨拶で申し上げましたように、8月5日の段階で第3回合併協議会ということで報告をし、すべてを了承されました。これにより、米原市・近江町合併協議会は、目的を完遂をいたしました。本年、この9月30日をもって解散することとし、その手続議案も提案をさせていただいております。


 このような経過状況を踏まえまして、今期定例会に提案いたしました多くの議案は、新市誕生のための市条例整備や旧3町の決算、米原市の2カ月間の決算、さらに近江町からの引継ぎによります補正予算など、10月1日合併による新・米原市政の円滑な運営に資するための基礎となる議案であり、慎重なご審議をお願いをいたしたいと思います。


 それでは、説明に入らせていただきます。


 人事関係では、資料1ページでございます。


 諮問第1号は、本年12月末で任期満了となります人権擁護委員を再任候補者として推薦することについて、議会の同意をお願いするものでございます。


 同じく資料の1ページ。補正予算専決処分についてであります。


 議案の第115号、平成17年度米原市一般会計補正予算(第2号)については、市議会を招集する暇がなく、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分をいたしましたので、同条第3項の規定により報告をし、承認を求めるものでございます。


 平成17年度米原市一般会計補正予算(第2号)は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,840万円を追加し、歳入歳出予算の総額を160億9,840万円と定めるものでございます。


 続きまして、資料の1ページに記載をしております協議会・組合規約の変更関係でございます。


 議案第116号から議案第130号までの15件につきましては、米原市と近江町の合併などに伴いまして、米原市が加わります協議会や組合の定款、規約等の変更について議決をお願いするものでございます。


 議案第116号は、米原市・近江町合併協議会の開催に関する議案で、議案第118号、119号は、坂田広域行政組合の解散に関する議案でございます。


 続きまして、同じく資料の1ページの条例関係でございます。


 議案の第131号、米原市総合計画審議会条例の制定については、地方自治法第138条の4第3項の規定に基づき、米原市総合計画審議会を設置するための提案でございます。


 同じく、議案の第132号、山東町美しいまちづくり条例の一部を改正する条例につきましては、都市計画法に基づきます開発許可の権限委譲を受ける予定であることから、米原市開発行為指導要綱の整備が必要となり、本条例との整合を図るため、この案を提出するものでございます。


 次に、資料の1ページ、2ページ、3ページにかけての議案第133号から議案第237号までの105件、および議案の第263号から議案第270号までの8件の計113件につきましては、近江町との合併に伴い、施設や制度を引き継ぐため、必要な条例の制定と既設の市条例について、条文の追加、削除、修正など、それぞれ市条例の一部を改正する条例として提案をいたすものでございます。


 さらに、一部の条例におきましては、市の公共施設の適正管理を図るため、指定管理者制度の適用を前提に条例の一部改正も提案させていただきましたが、新規制定の条例案について説明を申し上げます。


 資料の1ページの議案の第133号、米原市消防手数料条例の制定について、議案第134号、米原市消防本部および消防署条例の制定について、議案第135号、米原市火災予防条例の制定について、この3件は、坂田広域行政組合の解散に伴いまして米原市で新たな条例の設置が必要となるため、この提案をいたすものでございます。


 次に、資料2ページの議案の第163号、米原市永年勤続消防団員報償基金条例の制定につきましては、近江町の制度を合併後の新市に適用するため提案をいたすものでございます。


 同じく、資料の2ページでございます。


 議案第186号、近江町との合併に伴う米原市税条例および米原市都市計画税条例の適用の経過措置に関する条例の制定につきましては、合併協議会において、いわゆる不均一課税の特例措置適用が確認されております。合併前の近江町区域における市税条例および市都市計画税条例の適用について経過措置を定めるため、提案をいたすものでございます。


 同じく、議案の第190号、米原市児童デイサービス事業所条例の制定については、坂田広域行政組合の解散によりまして、事務事業が市に引き継がれるため、これを提案をいたすものでございます。


 同じく、資料の2ページから3ページに記載されています議案の第194号、米原市近江いきいき健康館条例の制定について、議案第195号、米原市訪問看護ステーション条例の制定について、議案第206号、米原市林業振興施設条例の制定について、議案第208号、米原市建設事業負担金徴収条例の制定について、議案第223号、米原市近江はにわ館条例の制定について、議案第235号、米原市近江母の郷文化センター条例の制定について、議案第236号、米原市近江母の郷コミュニティハウス条例の制定について、この7件につきましては、合併によります近江町の施設、制度を米原市に引き継ぐことから、これを提案いたすものでございます。


 なお、議案の208号は平成17年度近江町事業に適用いたすものでございます。


 次に、資料の3ページの議案第227号、米原市北部デイサービスセンター条例の制定につきましては、今年度施設が整備をされます。このことに伴いまして、管理運営の適正を図るため、条例の制定を提案いたすものでございます。


 続きまして、決算の認定をお願いする案件でございます。


 議案の第238号、平成16年度山東町各会計歳入歳出決算認定につきましては、旧山東町の一般会計および6特別会計につきまして、合併日の前日をもって打ち切り決算をしたものであり、これの認定を求めるものでございます。


 議案の第239号、平成16年度伊吹町各会計歳入歳出決算認定につきましては、旧伊吹町の一般会計および7特別会計につきまして、合併の日の前日をもって打ち切り決算をしたものであり、これの認定を求めるものでございます。


 議案の第240号、平成16年度米原町各会計歳入歳出決算認定につきましては、旧米原町の一般会計および8特別会計につきまして、合併日の前日をもって打ち切り決算をしたものであり、これの認定を求めるものでございます。


 議案の第241号、平成16年度米原市各会計歳入歳出決算認定につきましては、一般会計外12特別会計決算について認定を求めるものでございます。


 議案の第242号、平成16年度山東町水道事業会計決算書および剰余金処分計算書案の認定についてであります。


 議案の第243号、平成16年度米原町水道事業会計決算書および剰余金処分計算書案の認定についてでございます。


 議案第244号、平成16年度米原市水道事業会計決算書および剰余金処分計算書案の認定についてであります。


 続きまして、議案の第245号から議案第262号は、各会計補正予算についてでございます。


 今回の補正予算は、10月1日の近江町との合併に伴いまして、近江町から引き継ぎます事務事業に係る歳入歳出予算等の補正、坂田広域行政組合の解散に伴いまして、同組合から引き継ぎます事務事業に係る歳入歳出決算等の補正および合併関連経費はじめ、新たに需要が生ずるなど、既定の各会計予算の過不足を補うための歳入歳出補正予算について、それぞれ個別に同時に提案をさせていただくものであり、順次説明を申し上げます。


 議案の第245号、平成17年度米原市一般会計補正予算(第3号)は、第1条にありますように、歳入歳出予算に近江町から引き継ぎます歳入歳出予算19億2,654万9,000円を追加をいたしまして、歳入歳出予算の総額を180億2,494万9,000円と定め、第2条におきまして債務負担行為、限度額の変更、第3条では地方債の追加、変更について定めをいたすものでございます。


 議案の第246号、平成17年度米原市一般会計補正予算(第4号)。


 これは、解散をいたします坂田広域行政組合から引き継ぎます歳入歳出予算8,553万円を追加し、歳入歳出予算総額を181億1,047万9,000円とするものでございます。


 議案第247号、平成17年度米原市一般会計補正予算(第5号)は、第1条で歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億1,195万円を追加し、歳入歳出予算の総額を183億2,242万9,000円と定めまして、第2条で債務負担行為の追加、第3条では地方債の借入限度額の追加をするものでございます。


 議案第248号でございます。


 平成17年度米原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)は、既定の歳入歳出予算に近江町から引き継ぎます歳入歳出予算3億2,829万円を追加し、歳入歳出予算の総額を26億9,829万円とするものでございます。


 議案の第249号でございます。


 平成17年度米原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)は、歳入歳出予算に85万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を26億9,914万8,000円とするものです。


 議案の第250号であります。


 平成17年度米原市国民健康保険直営診療所事業特別会計補正予算(第1号)は、既定の歳入歳出予算に近江町から引き継ぎます歳入歳出予算に6,586万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を4億3,886万2,000円とするものでございます。


 議案の第251号、平成17年度米原市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)は、既定の歳入歳出予算に近江町から引き継ぐ歳入歳出予算3億682万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を22億1,482万3,000円とするものでございます。


 議案の第252号、平成17年度米原市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)は、歳入歳出予算に6,756万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を22億8,239万1,000円とするものでございます。


 議案の第253号であります。


 平成17年度米原市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)は、既定の歳入歳出予算に近江町から引き継ぐ歳入歳出予算4億3,588万2,000円を追加いたしまして、歳入歳出総額を35億8,188万2,000円とするものでございます。


 議案の第254号、平成17年度米原市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)は、歳入歳出予算に2,537万7,000円と追加し、歳入歳出予算の総額を36億725万9,000円とするものでございます。


 議案の第255号であります。


 平成17年度米原市伊吹簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)は、既定の歳入歳出予算に121万円を追加し、歳入歳出予算総額を1億6,821万円とするものでございます。


 議案の第256号、平成17年度米原市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)は、既定の歳入歳出予算に34万円を追加し、歳入歳出予算総額を5億1,534万円とするものでございます。


 議案の第257号、平成17年度米原市流域関連公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)は、既定の歳入歳出予算に近江町から引き継ぎます歳入歳出予算10億1,161万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を34億1,706万7,000円とするものであります。


 議案の第258号、平成17年度米原市流域関連公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)は、既定の歳入歳出予算に1,000万円を追加し、歳入歳出予算の総額を34億2,706万7,000円とするものでございます。


 議案の第259号、平成17年度米原駅東部土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)は、第1条は既定の歳入歳出予算から3,055万円を減額し、歳入歳出予算の総額を13億3,945万円とし、第2条で地方債の借入限度額を変更いたすものでございます。


 議案の第260号、平成17年度米原市住宅団地造成事業特別会計補正予算(第1号)は、既定の歳入歳出の款・項の区分および区分ごとの金額を変更するものでございます。


 議案の第261号でございます。


 平成17年度米原市訪問看護事業特別会計につきましては、近江町から歳入歳出予算を引き継ぎ、新たに特別会計を設置し、その歳入歳出予算の総額を985万6,000円といたすものでございます。


 議案の第262号、平成17年度米原市水道事業会計補正予算(第2号)につきましては、第1条として、平成17年度米原市水道事業会計の補正予算(第2号)につきましては、次に定めるところによります。


 第2条では、収益的収入および支出でございます。


 収入の水道事業収益につきましては、合併に伴う経費として一般会計から補助金75万円を計上し、歳出の水道事業費用につきましては、原水および浄水費として委託料483万9,000円、配水および給水費として、委託料および工事請負費合わせまして355万円、総係費として印刷製本費75万円、合わせて913万9,000円を計上いたしました。


 第3条では、資本的収入および支出でありますが、資本的収入につきましては、合併に伴う経費として一般会計からの補助金650万円を計上し、資本的支出につきましては、配水設備改良費として庁舎移転に伴います水道監視用コンピューターの移転経費650万円を計上させていただきました。


 簡単ではございますが、議案第262号の説明といたしたいと思います。


 以上、多くの議案であり、総括提案説明も簡略に、その概要のみを説明させていただきました。


 議員の皆さんにおかれましては、限られた時間の中で大変な御苦労をおかけすることになります。何とぞご慎重なご審議を賜りまして、適切な可決・認定を賜りますようお願いを申し上げまして、提案内容の説明とさせていただきます。


 よろしくお願いをいたします。


○議長(滝本善之君)


 市長の説明が終わりましたので、これにて、提案理由の説明を終結いたします。


 次の日程に入るに先立ち、お諮りいたします。


 日程第5、諮問第1号から日程第21、議案第130号までの議案17件については、会議規則第37条第2項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


                 (「異議なし」)


○議長(滝本善之君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、ただいまの議案17件については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


  日程第5


○議長(滝本善之君)


 日程第5、諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦についてを議題といたします。


 提案者の説明を求めます。


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 ただいまご上程いただきました諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦につきましての補足説明をさせていただきます。


 平成17年12月31日で任期満了となります委員の古野義次氏につきまして、引き続き人権擁護委員をお願いをするため、人権擁護委員法第6条第3項の規定により意見を求めるものでございます。


 どうぞよろしくお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 これをもって、提案者の補足説明を終わります。


 これより、諮問第1号に対し質疑を求めます。


 質疑はありませんか。


                 (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、質疑を終結いたします。


 これより、討論・採決を行います。


 討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり適任と認めることに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、諮問第1号は、原案のとおり適任と認めることに決定いたしました。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


  日程第6


○議長(滝本善之君)


 日程第6、議案第115号 専決処分の承認を求めることについて(平成17年度米原市一般会計補正予算(第2号))を議題といたします。


 提案者の説明を求めます。


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 議案第115号 専決処分の承認を求めることについて(平成17年度米原市一般会計補正予算(第2号))でございます。


 この補正予算につきましては、衆議院の解散に伴い、9月11日に執行予定の衆議院議員総選挙費用執行費用に係る一般会計補正予算を専決処分させていただきましたので、その承認を求めるものでございます。


 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,840万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ160億9,840万円とするものでございます。


 歳入につきましては、衆議院議員総選挙市町村交付金の1,840万円を追加いたしまして、歳出では、衆議院議員総選挙執行に係る投票立会人等の報酬、職員の時間外手当、選挙関係の消耗品、印刷代、ポスター掲示場の設置・撤去費、ポスター掲示場の借上料等を計上いたしております。


 どうぞよろしくお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 これをもって、提案者の補足説明を終わります。


 これより、議案第115号に対し質疑を求めます。


 質疑はありませんか。


                 (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、質疑を終結いたします。


 これより、討論・採決を行います。


 討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、議案第115号 専決処分の承認を求めることについて(平成17年度米原市一般会計補正予算(第2号))を採決いたします。


 本案を、原案のとおり承認することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第115号は、原案のとおり承認することに決定されました。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


  日程第7〜日程第8


○議長(滝本善之君)


 この際、議事の都合により、日程第7、議案第116号と日程第8、議案第117号の議案2件を一括議題といたします。


 提案者の説明を求めます。


 嶌田政策推進部長。


○政策推進部長(嶌田忠夫君)


 それでは、議案第116号につきまして補足説明をいたします。


 米原市と近江町は平成17年10月1日に合併をいたします。


 建設計画の策定、その他合併に関する協議が終了したため、地方自治法第252条の6の規定により、平成17年9月30日をもって米原市・近江町合併協議会を廃止することについて、議会の議決を求めるものでございます。


 以上、簡単ですが、補足説明とさせていただきます。


 ご審議をよろしくお願いを申し上げます。


 続きまして、議案第117号 滋賀県市町土地開発公社定款の変更についてでありますが、当該公社設立団体である市町の廃置分合に伴い、設立団体に増減が生じました。そこで、定款の変更については、公有地の拡大の推進に関する法律第14条第2項の規定に基づきまして、設立団体の議会の議決が必要であるため、滋賀県市町土地開発公社定款の一部を改正するものでございます。


 まず、定款第1条につきましては、別紙新旧対照表第1条関係の別表1の設立団体のうち「近江町」を削り、別表2において「近江町の20万円」を削り、米原市の出資額を80万円に改めるものであります。


 第1条の規定は、滋賀県知事の認可後、平成17年10月1日から施行するものであります。


 第2条につきましては、別紙新旧対照表第2条関係の別表1の設立団体のうち「蒲生町・能登川町」を削り、別表2において「蒲生町・能登川町の20万円」を削ります。この変更に伴い、第20条の第2項中の基本財産額960万円を920万円に改めるものであります。


 第2条の規定は、滋賀県知事の認可後、平成18年1月1日から施行するものであります。


 第3条につきましては、別紙新旧対照表第3条関係の別表1の設立団体のうち「秦荘町・愛知川町」を「愛荘町」に改め、「浅井町・びわ町」を削り、別表2において「秦荘町の20万円、愛知川町の20万円」を「愛荘町40万円」に改め、「浅井町の20万円、びわ町の20万円」を削ります。


 この変更に伴い、第20条第2項中の基本財産額920万円を880万円に改めるものであります。


 第3条の規定は、滋賀県知事の認可後、平成18年2月13日から施行するものであります。


 第4条につきましては、別紙新旧対照表第4条関係の別表1の設立団体のうち「志賀町」を削り、別表2において「志賀町の20万円」を削ります。


 この変更に伴い、第20条第2項中の基本財産額880万円を860万円に改めるものであります。


 第4条の規定は、滋賀県知事の認可後、平成18年3月20日から施行するものであります。


 以上、簡単ですが、補足説明といたします。


 適切なご審議を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 これをもって、補足説明を終わります。


 これより、ただいまの2議案を一括して質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


                 (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、質疑を終結いたします。


 これより、討論・採決を行います。


 討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、議案第116号 米原市・近江町合併協議会の廃止についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第116号は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第117号 滋賀県市町土地開発公社定款の変更についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第117号は、原案のとおり可決されました。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


  日程第9〜日程第18


○議長(滝本善之君)


 議事の都合により、日程第9、議案第118号から日程第18、議案第127号までの議案10件を一括議題といたします。


 提案者の補足説明を求めます。


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 それでは、議第118号から127号までの10件につきましての補足説明をさせていただきます。


 まず、議案第118号 坂田広域行政組合の解散につき議決を求めることについてでございます。


 坂田郡近江町を廃止し米原市に編入することに伴い、坂田広域行政組合を解散する必要があるため、この案を提出するものでございます。


 解散年月日は、平成17年9月30日。解散後の事務は、米原市が継承する内容となっております。


 続きまして、議案第119号 坂田広域行政組合の解散に伴う財産処分につき議決を求めることについてでございます。


 坂田広域行政組合の解散に伴い、同組合が保有する財産処分の必要があるため、この案を提出するものでございます。


 坂田広域行政組合が保有する財産は、米原市が継承するというものでございます。


 次に、議案第120号 彦根市・米原市・近江町造林組合規約の変更についてでございます。


 米原市と近江町の合併に伴い、彦根市・米原市・近江町造林組合規約を変更する必要が生じました。そのため、この案を提出するものでございます。


 規約中の「近江町」の名称を削除し、組合の議会の定数を15名を8名に改めることとし、内訳は、彦根市は4名を2名に、米原市は3名を6名に、近江町の6人を削除するものでございます。


 また、組合経費の徴収または利得金の分配の割合につきまして、米原市は2,703分の468を2,703分の1,981に改め、近江町の2,703分の1,513を削除する改正、そのほか、条文・文言の整理を行うものでございます。


 続きまして、議案第121号 彦根市・米原市・近江町山林組合規約の変更についてでございます。


 米原市と近江町の合併に伴い、彦根市・米原市・近江町山林組合規約を変更する必要が生じました。そのため、この案を提出するものでございます。


 規約中の「近江町」の名称を削除し、組合の議会の定数を14名を7名に改め、内訳は、米原市は5名を6名に、近江町の8名を削除するものでございます。


 また、組合経費は、利得金の分配の割合について、米原市は1,181分の425を1,181分の1,146に改め、近江町の1,181分の721を削除し、そのほか、条文・文言の整理を行うものでございます。


 続きまして、議案第122号 滋賀県市町村職員退職手当組合規約の変更についてでございます。


 平成17年9月30日をもって、坂田郡近江町および坂田広域行政組合が滋賀県市町村職員退職手当組合から脱退することにより、組合を組織する地方公共団体の数が減少するため、この案を提出するものでございます。


 別表中の「近江町」と「坂田広域行政組合」の名称を削除するものでございます。


 続きまして、議案第123号 滋賀県市町村職員退職手当組合規約の変更についてでございます。


 平成17年12月31日をもって、蒲生郡蒲生町および神崎郡能登川町が滋賀県市町村職員退職手当組合から脱退することにより、組合を組織する地方公共団体の数が減少するため、この案を提出するものでございます。


 別表中の「蒲生町」と「能登川町」の名称を削除するものでございます。


 続きまして、議案第124号 滋賀県市町村職員退職手当組合規約の変更についてでございます。


 平成18年2月12日、をもって東浅井郡浅井町および同郡びわ町が滋賀県市町村職員退職手当組合から脱退することにより、組合を組織する地方公共団体の数が減少するため、この案を提出するものでございます。


 別表中の「浅井町」と「びわ町」の名称を削除するものでございます。


 続きまして、議案第125号 滋賀県市町村職員退職手当組合規約の変更についてでございます。


 平成18年2月13日から愛知郡秦荘町および同郡愛知川町が廃止され、その区域をもって愛荘町が設置されることにより、組合を組織する地方公共団体の数に増減があるため、この案を提出するものでございます。


 別表中の「秦荘町」・「愛知川町」を「愛荘町」に改めるものでございます。


 続きまして、議案第126号 滋賀県市町村職員退職手当組合規約の変更についてでございます。


 平成18年3月19日をもって、滋賀郡志賀町が滋賀県市町村職員退職手当組合から脱退することにより、組合を組織する地方公共団体の数が減少するため、この案を提出するものです。


 別表中の「志賀町」の名称を削除するものでございます。


 続きまして、議案第127号 滋賀県市町村交通災害共済組合規約の変更についてでございます。


 平成17年10月1日から滋賀県市町村交通災害共済組合の本部の位置を移転することに伴い、規約の変更を行うため、この案を提出するものでございます。


 事務所の位置を、「大津市京町三丁目4番22号 滋賀会館内」から「大津市京町四丁目3番28号 厚生会館内」に改めるものでございます。


 以上、10件の補足説明とさせていただきます。


 どうぞよろしくお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 これをもって、提案者の補足説明を終わります。


 これより、ただいまの10議案に対し、一括して質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


                 (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、質疑を終結いたします。


 これより、討論・採決を行います。


 討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、議案第118号 坂田広域行政組合の解散につき議決を求めることについてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第118号は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第119号 坂田広域行政組合の解散に伴う財産処分につき議決を求めることについてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第119号は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第120号 彦根市・米原市・近江町造林組合規約の変更についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第120号は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第121号 彦根市・米原市・近江町山林組合規約の変更についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第121号は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第122号 滋賀県市町村職員退職手当組合規約の変更についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第122号は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第123号 滋賀県市町村職員退職手当組合規約の変更についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第123号は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第124号 滋賀県市町村職員退職手当組合規約の変更についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第124号は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第125号 滋賀県市町村職員退職手当組合規約の変更についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第125号は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第126号 滋賀県市町村職員退職手当組合規約の変更についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第126号は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第127号 滋賀県市町村交通災害共済組合規約の変更についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第127号は、原案のとおり可決されました。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


日程第19


○議長(滝本善之君)


  日程第19、議案第128号を議題といたします。


  提案者の補足説明を求めます。


  岡田健康福祉部長。


○健康福祉部長(岡田勉君)


  議案第128号 長浜坂田介護認定審査会共同設置規約の変更についての補足説明をさせていただきます。


  介護保険法第14条の規定に基づく介護認定審査会を平成11年7月15日より、長浜市・山東町・伊吹町・米原町および近江町により、地方自治法第257条の7第1項の規定により共同設置してまいりました。


 本年2月14日、米原市制施行日に当たりまして、長浜市と米原市、および近江町による共同設置がされてきたところでございます。


 今回、この長浜坂田介護認定審査会共同設置規約を、米原市と近江町との合併により、平成17年10月1日をもって長浜市・米原市による共同設置とする数の減少、名称を「長浜米原介護認定審査会」とする条文整備をするため、規約の変更について議会の議決を求めるものでございます。


  以上、簡単でございますけれども、補足説明とさせていただきます。


  よろしくご審議のほど、お願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


  これをもって、提案者の補足説明を終わります。


  これより、議案第128号に対し質疑を求めます。


  質疑はありませんか。


                 (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


  質疑なしと認めます。


  これより、討論・採決を行います。


  討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


  討論なしと認めます。


  討論を終結いたします。


  これより、議案第128号 長浜坂田介護認定審査会共同設置規約の変更についてを採決いたします。


  本案を、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


  お直りください。


  起立全員です。


  よって、議案第128号は、原案のとおり可決されました。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


日程第20


○議長(滝本善之君)


 日程第20、議案第129号を議題といたします。


  提案者の補足説明を求めます。


  野一色経済環境部長。


○経済環境部長(野一色義明君)


  議案第129号 湖北広域行政事務センター規約の変更に関する協議につきまして、補足説明をさせていただきます。


  平成17年10月1日の米原市と近江町との合併に伴い、湖北広域行政事務センター組織市町から「近江町」を削除するとともに、当センター議会の議員定数を平成17年10月1日および17年11月1日付けで改正することから、湖北広域行政事務センター規約の改正を行うものであります。


  新旧対照表をご覧いただきたいと思います。


  第3条および第4条の表中の「近江町」を削除し、第6条中、「近江町2人」を削除し、議員の定数「26人」を「24人」に改正しようとするものでございます。


  この規約は、県の許可を要することから、付則で「この規約は、許可の日から施行する。」としております。


  さらに、付則で第6条の規定の適用につきまして、平成17年10月1日から同年10月31日までの間、議員定数「24人」を「26人」とし、「米原市6人」とあるのを「米原市8人」とする経過措置を設けております。


  以上で、補足説明とさせていただきます。


  よろしくお願いいたします。


○議長(滝本善之君)


  これをもって、提案者の補足説明を終わります。


  これより、議案第129号に対し質疑を求めます。


  質疑はありませんか。


                 (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


  質疑なしと認めます。


  これより、討論・採決を行います。


  討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


  討論なしと認めます。


  討論を終結いたします。


  これより、議案第129号 湖北広域行政事務センター規約の変更についてを採決いたします。


  本案を、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


  お直りください。


  起立全員です。


  よって、議案第129号は、原案のとおり可決されました。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


日程第21


○議長(滝本善之君)


 日程第21、議案第130号を議題といたします。


  提案者の補足説明を求めます。


  中川都市整備部長。


○都市整備部長(中川喜美夫君)


  それでは、議案第130号 長浜水道企業団規約の変更について、補足説明をさせていただきます。


  本議案の趣旨につきましては、今回の合併に伴い、今日まで近江町が長浜水道企業団に一部事務組合として参画し、水道水の供給を受けていることから、合併後の米原市においても近江町エリアについては、今後も引き続き米原市として一部事務組合に参加する必要がございます。


  従いまして、長浜水道企業団規約を変更するもので、市町村の合併に関する特例に関する法律第9条の2第2項において準用する地方自治法第290条の規定により、関係地方公共団体の議会の議決が必要となるため、本案を提出するものでございます。


  次のページの改正規約でございますが、そのページの新旧対照表により説明を申し上げます。


  第2条の組織については、「近江町」を「米原市」に改めます。


  第3条の共同処理する事務については、区域を明確にするもので、「長浜市、米原市(平成17年10月1日合併前の近江町区域に限る。)および虎姫町における」を追加するものであります。


  第5条の組織および選挙については、議会の議員について、「近江町3人」を「米原市3人」に訂正するものであります。


  付則としまして、この規約は、平成17年10月1日から施行するものでございます。


  以上、まことに簡単でございますが、議案第130号の補足説明とさせていただきます。


  よろしくご審議の上、承りますようお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


  これをもって、提案者の補足説明を終わります。


  これより、議案第130号に対し質疑を求めます。


  質疑はありませんか。


                 (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


  質疑なしと認めます。


  これより、討論・採決を行います。


  討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


  討論なしと認めます。


  討論を終結いたします。


  これより、議案第130号 長浜水道企業団規約の変更についてを採決いたします。


  本案を、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


  お直りください。


  起立全員です。


  よって、議案第130号は、原案のとおり可決されました。


 暫時休憩いたします。20分から始めます。


               午前11時05分 休憩


              ――――――――――――


              午前11時20分 再開


○議長(滝本善之君)


 休憩前に引き続き、会議を開きます。


 市長提出の資料で一部訂正がありますので、局長から報告させます。


○事務局長(古川光男君)


 失礼します。


 先ほど、市長が説明された中の総括説明資料、議案名一覧表という2枚つづりの資料があると思います。その中で、最後のページの真ん中に、議案第245号から議案第262号まで予算関係が掲載されておりますけども、その中で最後の方の議案第261号、平成17年度米原市訪問看護事業特別会計について、これは補足説明が都市整備部長になっておりますが、これは健康福祉部長でありまして、それから、担当課は高齢福祉課と訂正させていただきます。


 それから、次の第262号の担当課も財政課ではなくて、水道課ということで訂正をお願いしたいと思います。


 以上でございます。


○議長(滝本善之君)


 それでは、会議を開かせていただきます。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


  日程第22


○議長(滝本善之君)


 日程第22、これより総括説明を行います。


 議案第131号から議案第270号までの議案140件を一括議題といたします。


 まず、議案第131号と議案第132号の議案2件の説明を求めます。


 嶌田政策推進部長。


○政策推進部長(嶌田忠夫君)


 それでは、議案第131号 米原市総合計画審議会条例の制定について説明をさせていただきます。


 米原市の総合計画を作成するため、地方自治法第138条の4第3項に基づき、米原市の総合計画を諮問する附属機関を設置するものであります。


 この条例は、総合計画を諮問する市の附属機関として審議会を設置するものでありますが、主な点は、第2条では、審議事項を1点・総合計画の策定に関すること、2点・総合計画に関する調査に関すること、3点・その他市長が特に必要と認めた事項とし、第3条では、審議会の委員は30名以内で組織し、識見を有する者、公募による市民代表、その他市長が必要と認める者により構成することとしています。


 また、第4条では、委員の任期は総合計画を答申するまでとしています。


 そして、第7条で、審議会には部会を置くことができることとし、必要に応じ部会において協議することができることとしています。米原市として最初の総合計画の策定であり、多くの市民の意見を取り入れながらも、市の方向性を十分協議し、よりよい計画を目指したいと考えております。


 以上、簡単ですが、補足説明とさせていただきます。


 ご審議を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


 続きまして、議案第132号 山東町美しいまちづくり条例の一部を改正する条例についてご説明を申し上げます。


 このたび、都市計画法に基づく開発許可の権限委譲を受ける準備を進めていることと、近江町との合併を控えていることから、米原市開発指導要綱の整備が必要となりました。つきましては、本条例との整合性を図る必要があるため、山東町美しいまちづくり条例の一部を改正する条例案を提出するものであります。


 旧山東町において施行されておりました山東町美しいまちづくり条例につきましては、第1章から第8章までが美しいまちづくりを進めていく仕組みの部分であり、第9章から第12章までが開発事業に伴う手続きの部分となっています。


 その中で、旧条例第13条の規定による美しいまちづくり団体に大野木地区が認定されておりまして、同条例第22条の規定による協創地区に柏原地区の街なみ環境事業認定区域が指定されているという実態があります。


 総合計画をはじめとする諸計画が定められてから、本条例の検討が必要でないかと思いますが、このたびの米原市開発行為指導要綱の策定に伴い、開発事業の手続きの部分を省くことといたしたく、山東町美しいまちづくり条例の一部を改正する条例案を提出するものであります。


 以上、簡単でございますが、補足説明とさせていただきます。


 適切なご審議を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第133号から議案第136号までの議案4件の説明を求めます。


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 続きまして、議案第133号から136号まで4件の補足説明をさせていただきます。


 まず、議案第133号 米原市消防手数料条例の制定についてでございます。


 平成17年10月1日、坂田広域行政組合の解散による事務の継承のため、米原市消防手数料条例を制定するためでございます。


 第1条では、条例の趣旨。第2条では、消防法の規定による許可に係る手数料納付の件。第3条では、米原市火災予防条例の規定による検査に係る手数料納付の件。第4条では、火災罹災等に係る証明の手数料納付の件を定めております。


 第5条では、手数料の還付、減免その他徴収につきましては、米原市手数料条例の規定を準用することを定めているものでございます。


 続きまして、議案第134号 米原市消防本部および消防署条例の制定についてでございます。


 平成17年10月1日、坂田広域行政組合の解散による事務の継承のため、米原市消防本部および消防署条例を制定するため、この案を提出するものでございます。


 第1条では、条例の趣旨。第2条では、消防本部および消防署を設置することを定めております。


 続きまして、議案第135号 米原市火災予防条例の制定についてでございます。


 平成17年10月1日、坂田広域行政組合の解散による事務の継承のため、米原市火災予防条例を制定するため、この案を提出するものでございます。


 第1章第1条では、総則を定めております。


 第3章は、第3条から第29条までで構成しており、火を使用する設備の位置、構造および管理の基準等を定めております。


 第4章は、第30条から第34条の2までで構成しており、指定数量未満の危険物および規定可燃物の貯蔵および取扱いの技術上の基準等を定めております。


 第5章は、第35条から第42条までで構成しており、避難管理について定めております。


 第6章では、第43条から第48条までで構成しており、雑則としております。


 第7章は、第49条・第50条で構成しており、罰則について定めております。


 続きまして、議案第136号でございます。


 米原市火災予防条例の一部を改正する条例につきましてでございます。消防法等の一部改正および住宅用防災機器の設置および維持に関する条例の制定に関する基準を定める省令の制定に伴い、火災予防条例の一部改正を平成17年12月1日を施行日として行う必要が生じました。


 また、住宅に住宅用防災警報機器等の設置・維持が義務づけられることに伴い、その設置・維持の基準ならびに既存住宅への適用時期について、住民の理解を得るための普及啓発を行うため、改正消防法の施行日である平成18年6月1日までのでき得る限り早い時期に全国の市町村等が火災予防条例の改正を行うことが必要であるという国の指針を受け、米原市火災予防条例の制定と並行して、米原市火災予防条例の一部を改正する条例について、この案を提出いたすものでございます。


 改正条例は、第1条から第3条までで構成しております。


 第1条は、消防法の一部が改正されたことに伴い規定可燃物を貯蔵し、また取り扱う場所の位置、構造および設備の技術上の基準を整備し、また合成樹脂類の火災拡大防止を図るため、貯蔵および取扱いの技術上の基準の強化、再生資源燃料について防火対策、貯蔵取扱いの技術上の基準の強化を行うものでございます。


 この改正は、平成17年12月1日から施行するものでございます。


 第2条は、消防法による消防用設備とは別に、住宅用防災警報機また住宅用防災報知設備の設置を義務づけることになりました。設置については、周知の期間が必要なことから、この改正は平成18年6月1日から施行するものでございます。


 第3条は、住宅用防災警報機等の設置、免除の対象が定められることによる改正をするものであります。


 この改正は、平成19年4月1日から施行するものでございます。


 以上、4件につきましての補足説明とさせていただきます。


 どうぞよろしくお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第137号から議案第162号までの議案26件の説明を求めます。


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 続きまして、議案第137号から第162号までの26件の補足説明をさせていただきます。


 まず、議案第137号でございます。


 米原市長職務執行者の給与および旅費に関する条例を廃止する条例についてでございます。


 この条例につきましては、米原市長職務執行者に関して条例の規定が不要となったため、この案を提出いたすものでございます。


 続きまして、議案第138号 米原市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例についてでございます。


 10月1日、近江町との合併に伴い、合併の前日までに合併前の近江町議会政務調査費の交付に関する条例の規定によりなされた処分、手続、その他の行為はこの条例の相当規定によりなされたものとみなすことを付則に設けるものでございます。


 なお、次からの提出議案につきましても、近江町との合併および坂田広域行政組合の解散に伴う、このような経過措置を定めるものが多くありますので、これらの議案につきましては、補足説明について合併に伴う経過措置というような表現で説明をさせていただきたいと思いますので、ご了承いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


 まず、議案第139号でございます。


 米原市役所位置設定条例の一部を改正する条例についてでございます。


 近江町との合併に伴い、庁舎の位置に「米原市役所近江庁舎」を加える改正でございます。


 続きまして、議案第140号でございます


米原市公告式条例の一部を改正する条例についてでございます。


 条例の公布について、掲示場に掲示する方法のほかに、市公報に登載する方法により変えることができることとし、また、掲示場に「米原市役所近江庁舎掲示場」を加える改正でございます。


 議案第141号でございます。


 米原市情報公開条例の一部を改正する条例についてでございます。


 合併に伴い、情報公開の実施機関に「消防長」を加える改正と合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 次に、議案第142号でございます。


 米原市電子計算組織に係る個人情報保護条例の一部を改正する条例についてでございます。


 合併に伴い、電子計算組織により個人情報を処理する事務の範囲に「消防長」を加える改正と合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 次に、議案第143号でございます。


 米原市行政手続条例の一部を改正する条例についてでございます。


 これについては、合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 続きまして、議案第144号 米原市事務分掌条例の一部を改正する条例についてでございます。


 米原市の事務分掌において、合併に伴い新たに市民部・土木部を設置する改正でございます。


 続きまして、議案第145号 米原市職員定数条例の一部を改正する条例についてでございます。


 合併に伴い、市長の事務部局の職員の定数を300人から400人に、教育委員会の事務部局および教育機関の職員の定数を85人から110人に、企業職員の定数を10人から12人に改め、また、消防職員の定数を61人に定めるものでございます。


 議案第146号 米原市職員の再任用に関する条例の一部を改正する条例について、続きまして、議案第147号 米原市職員の分限に関する条例の一部を改正する条例について、続きまして、議案第148号 米原市職員の定年等に関する条例の一部を改正する条例について、続きまして、議案第149号 米原市職員の懲戒の手続および効果に関する条例の一部を改正する条例についての4議案につきましては、合併による経過措置を設けるものでございます。


 続きまして、議案第150号 米原市職員の服務に関する条例の一部を改正する条例についてでございますが、これにつきましては、合併に伴い、消防職員用の宣誓書を設ける改正でございます。


 続きまして、議案第151号 米原市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例につきましてから議案第152号 米原市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例について、議案第153号 米原市公益法人への職員の派遣に関する条例の一部を改正する条例について、議案第154号 米原市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例について、


議案第155号 米原市職員の厚生制度に関する条例の一部を改正する条例について、


議案第156号 米原市議会の議員の報酬等に関する条例の一部を改正する条例について、続きまして、議案第157号 米原市特別職の職員で非常勤の者の報酬および費用弁償に関する条例の一部を改正する条例につきましてまで、7議案につきましては、合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 続きまして、議案第158号 米原市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてでございますが、給与から控除することができるものとして、条例で定めているものに団体契約による損害保険料と職務の遂行において市長が特に必要と認める組織の会費等を加えるとともに、合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 次に、議案第159号 米原市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例についてでございます。


 合併に伴い、米原市職員の特殊勤務手当の種類に消防職員の特殊勤務手当の項目を加えるとともに、合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 次に、議案第160号 米原市職員の旅費に関する条例の一部を改正する条例につきましては、合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 続きまして、議案第161号 米原市市民自治センター設置条例の一部を改正する条例につきましては、合併に伴いまして「近江市民自治センター」を加えるものでございます。


 続きまして、議案第162号 米原市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例につきましては、合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 以上、26件の補足説明とさせていただきます。


 どうぞよろしくお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第163号から議案第179号までの議案17件の説明を求めます。


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 続きまして、議案第163号から議案第179号までの17件につきましての補足説明をさせていただきます。


 議案第163号でございます。


 米原市永年勤続消防団員報償基金条例の制定についてでございます。合併前の近江町において設置されていた永年勤続消防団員報償基金を合併後、米原市の基金として継承するため、基金条例を制定するものでございます。なお、合併に伴う経過措置を設けております。


 続きまして、議案第164号 米原市特別会計条例の一部を改正する条例でございます。合併前の近江町で実施している訪問看護事業を米原市が継承することに伴い、他の経理と区分し、経理の適正化と円滑な事業の運営を図るため特別会計を設けるものでございます。


 続きまして、議案第165号 米原市使用料条例の一部を改正する条例についてでございます。近江町との合併に伴い、使用料を徴収する施設として、第2条に3施設を加えるほか、それぞれの施設の使用料を定めるため別表の整備をするものでございます。また、合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 続きまして、議案第166号 米原市手数料条例の一部を改正する条例についてでございますが、合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 議案第167号 米原市税外収入金に係る督促等に関する条例の一部を改正する条例についてでございます。延滞金の算出に関する文言の整理と、うるう年における期間率の算出方法に関する規定の整備および合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 続きまして、議案第168号 米原市財産の交換、譲与、無償貸与等に関する条例の一部を改正する条例についてでございます。


 一連の戦後処理の中で、市に帰属することになっている自治体が管理する土地および地縁団体認定前に自治会が取得した土地のうち、旧町の名義で登記された土地について、地縁団体認可自治会への登記名義回復の事務簡素化を図るための規定の整備、普通財産および物品の無償減額貸与を市長の判断に委ねることができる規定を整備するものでございます。


 また、あわせて合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 続きまして、議案第169号から第179号の11件につきましては、近江町との合併および坂田広域行政組合の解散による、それぞれの基金に属する現金および有価証券の処分につきましては、地方自治法第7条第4項の規定による近江町との協議により、米原市の基金に帰属させることと定めることについて、あわせて合併に伴う経過措置として付則に定めるものでございます。


 次に、読み上げます条例がその分でございます。


 議案第169号 米原市財政調整基金条例の一部を改正する条例について。


 議案第170号 米原市市債管理基金条例の一部を改正する条例について。


 議案第171号 米原市土地開発基金条例の一部を改正する条例について。


 議案第172号 米原市公共施設等整備基金条例の一部を改正する条例について。


 議案第173号 米原市まちづくり事業基金条例の一部を改正する条例について。


 議案第174号 米原市交通対策促進基金条例の一部を改正する条例について。


 議案第175号 米原市福祉対策基金条例の一部を改正する条例について。


 議案第176号 米原市ふるさと水と土保全基金条例の一部を改正する条例について。


 議案第177号 米原市国民健康保険事業特別会計財政調整基金条例の一部を改正する条例について。


 議案第178号 米原市国民健康保険直営診療所事業特別会計財政調整基金条例の一部を改正する条例について。


 議案第179号 米原市介護給付費等準備基金条例の一部を改正する条例についてでございます。


 これらにつきましては、先ほど申し上げました近江町との合併および坂田広域行政組合の解散によるそれぞれの基金に属する現金および有価証券の処分について、米原市の基金に帰属させることを定めることについて、および合併に伴う経過措置として付則に定めるものでございます。


 以上でございます。


 どうぞよろしくお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第180号から議案第185号までの議案6件の説明を求めます。


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 続きまして、議案第180号から第185号の6件につきましての補足をさせていただきます。


 議案第180号 米原市交通安全対策会議条例の一部を改正する条例につきましてでございます。合併に伴う市民部の設置に伴い、「総務部防災安全課」を「市民部防災安全課」に改めるものでございます。


 続きまして、議案第181号 米原市消防団条例の一部を改正する条例についてでございます。合併に伴いまして、米原市消防団の団員の定数を684名から862名に改めるとともに、合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 続きまして、議案第182号 米原市消防賞じゅつ金および殉職者特別賞じゅつ金条例の一部を改正する条例についてでございます。合併に伴いまして、消防賞じゅつ金および殉職者特別賞じゅつ金の授与の対象者を「消防団員および消防吏員」とするものでございます。また、合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 続きまして、議案第183号 米原市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例についてでございます。


 水防法および土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律の一部を改正する法律が平成17年5月2日に公布されたことに伴い、条ずれが生じたことによる第1条および第2条の改正とともに、合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 議案第184号 米原市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例についてでございます。これにつきましては、合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 続きまして、議案第185号 米原市防災会議条例の一部を改正する条例についてでございます。合併に伴いまして「坂田消防本部消防長および市消防団長」という名称を「消防長および消防団長」に改めるものでございます。


 以上、6件の補足説明とさせていただきます。


 どうぞよろしくお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第186号から議案第189号までの議案4件の説明を求めます。


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 続きまして、議案第186号から議案第189号の4件の補足をさせていただきます。


 議案第186号 近江町との合併に伴う米原市税条例および米原市都市計画税条例の適用の経過措置に関する条例の制定についてでございます。


 近江町との合併に伴い、米原市税条例および米原市都市計画税条例の適用の経過措置を定める条例を新たに制定するため、この案を提出するものでございます。


 第1条では、合併前の近江町の区域における米原市税条例および米原市都市計画税条例の適用についての経過措置の趣旨を定めております。


 第2条から第7条までは、米原市の各税に関する経過措置について定めております。


 第8条については、罰則に関する適用の経過措置を定めております。


 第9条につきましては、市長への委任規定を定めておるものでございます。


 続きまして、議案第187号 米原市税条例の一部を改正する条例についてでございます。合併に伴いまして、固定資産評価審査委員会委員の定数を3名から4名に改めるものでございます。


 続きまして、議案第188号 米原市国民健康保険税条例の一部を改正する条例についてでございます。国民健康保険税の所得割を算定する際の率を適用する関係町に近江町を加えるとともに、付則第12項に近江町との合併に伴う経過措置を、付則第13項に入院・入所中の被保険者に係る住所地特例の取扱いについて、効力を有する期間の規定を定めるものでございます。


 また、別表1については、合併前の近江町を加えた不均一課税の税率表とするものでございます。


 続きまして、議案第189号 米原市印鑑条例の一部を改正する条例については、


合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 以上、4件の補足とさせていただきます。


 どうぞよろしくお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 ここで、暫時休憩いたします。


 再開は、午後1時より再開いたしますので、よろしくお願いいたします。


               午前11時53分 休憩


              ――――――――――――


              午後1時00分  再開


○議長(滝本善之君)


 休憩前に引き続き、会議を開きます。


 議案第190号から議案第204号までの議案15件の説明を求めます。


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 それでは、引き続きまして、議案第190号から第204号までの15件の補足説明をさせていただきます。


 まず、議案第190号 米原市児童デイサービス事業所条例の制定についてでございます。


 近江町との合併および坂田広域行政組合の解散による事務を継承し、米原市において児童デイサービス事業を実施するため、この条例を制定するもものでございます。


 第1条では、目的。第2条では、事業所の名称を米原市子ども療育センターひまわり教室。位置・米原市宇賀野505番地と定めております。


 第3条では事業所の実施する事業の内容、第4条では事業の実施地域、第5条では利用者の範囲、第6条・第7条で利用料と利用料の免除、第8条で委任規定を定めるものでございます。


 次に、議案第191号 米原市ホームヘルパー派遣手数料徴収条例の一部を改正する条例について、議案第192号 米原市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例について、議案第193号 米原市社会福祉法人の助成に関する条例の一部を改正する条例について、以上3件は合併による経過措置を設けるものでございます。


 次に、議案第194号 米原市近江いきいき健康館条例の制定についてでございます。合併に伴いまして、近江町の施設を米原市に引き継ぐため、この条例を制定するものでございます。


 近江いきいき健康館は、要介護状態にならない、または状態の悪化を防止する介護予防事業や生活習慣病等の予防のための運動指導を実施する施設でございます。


 次に、議案第195号 米原市訪問看護ステーション条例の制定についてでございます。近江町との合併に伴い、近江町の施設を米原市に引き継ぐため、この条例を制定するものでございます。


 訪問看護ステーションは、主治医の指示により看護師・理学療法士が訪問して、疾病・負傷等により、継続して療養を受ける状態にある家庭における療養生活を支援し、心身の機能の維持回復を目指すものでございます。


 議案第196号 米原市介護保険条例の一部を改正する条例についてでございます。保険料の督促等については、米原市税外収入金に係る督促等に関する条例を適用することと、合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 次に、議案第197号 米原市保育の実施に関する条例の一部を改正する条例について、同じく議案第198号 米原市保育所保育費用徴収条例の一部を改正する条例ついての2件につきましては、合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 続きまして、議案第199号 米原市放課後児童クラブ条例の一部を改正する条例についてでございます。合併に伴いまして、近江町内の2カ所の放課後児童クラブを加える改正と、合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 続きまして、議案第200号 米原市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例について、同じく議案第201号 米原市老人福祉医療費助成条例の一部を改正する条例につきましては、合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 続きまして、議案第202号 米原市国民健康保険診療所条例の一部を改正する条例についてでございます。これは、合併に伴いまして、近江町の国民健康保険近江診療所を米原市の施設として引き継ぐための改正、および合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 続きまして、議案第203号 米原市国民健康保険条例の一部を改正する条例につきましてでございます。合併に伴いまして、米原市国民健康保険運営協議会の委員の定数を、被保険者を代表する委員、保険医または保険薬剤師を代表する委員、公益を代表する委員、それぞれにおいて3名から4名に改める改正、および合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 議案第204号 米原市保健センター条例の一部を改正する条例についてでございます。合併に伴いまして、近江保健センターを加え、保健センター事業の文言整理を行うとともに、合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 以上、15件の補足説明とさせていただきます。


 どうぞよろしくお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第205号から議案第216号までの議案12件の説明を求めます。


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 続きまして、議案第205号から第216号までの12件の補足説明をさせていただきます。


 議案第205号 米原市工場等設置促進条例の一部を改正する条例でございます。これにつきましては、合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 次に、議案第206号 米原市林業振興施設条例の制定についてでございます。合併に伴いまして、近江町の林業振興施設「多和田会館」を米原市に引き継ぐため、この条例を制定するものでございます。


 続きまして、議案第207号 米原市環境保全に伴う旅館等建築の規制に関する条例の一部を改正する条例についてでございます。これにつきましては、合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 続きまして、議案第208号 米原市建設事業負担金徴収条例の制定についてでございます。合併に伴いまして、合併前の近江町の区域において実施する市道新設改良および維持に関する事業に要する費用に充てるため、当該事業により利益を受ける受益者から負担金を徴収するため、この条例を制定するものでございます。


 続きまして、議案第209号 米原市法定外公共物管理条例の一部を改正する条例でございます。これにつきましては、合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 続きまして、議案第210号 米原市自転車等駐車場条例の一部を改正する条例についてでございます。合併に伴いまして、坂田駅前駐輪場を米原市の施設として引き継ぐための改正、および合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 次に、議案第211号 米原市駐車場条例の一部を改正する条例でございます。


 米原駅東部土地区画整理事業等に伴いまして、米原市駐車場のうち、米原市大藪第1駐車場から第4駐車場と米原市西駐車場を閉鎖する改正、また近江町との合併に伴い、坂田駅前駐車場を米原市の施設として引き継ぐ改正、および合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 続きまして、議案第212号 米原市公園条例の一部を改正する条例でございます。近江町との合併にあたり、対象となります公園が都市公園法による都市公園としての位置づけを明確にし、公園維持管理のための財源確保を図るため、公園を都市公園に改めるものでございます。


 続きまして、議案第213号 米原市下水道条例の一部を改正する条例についてでございます。これにつきましては、合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 続きまして、議案第214号 米原市下水道事業審議会条例の一部を改正する条例についてでございます。合併に伴いまして、米原市下水道審議会の委員の数を10名から12名に改めるものでございます。内訳は、市議会の議員は3名から4名に、受益者代表は4名から5名にそれぞれ改めるものでございます。


 次に、議案第215号 米原市公共下水道使用料条例の一部を改正する条例についてでございます。合併に伴いまして、用語の定義において合併前の近江町の区域に給水する長浜水道企業団水道条例に規定する共用給水装置を加えるとともに、公共下水道に排除した汚水の排出量の算定において長浜水道企業団条例に基づく水道水の使用水量を適用することとするものでございます。また、あわせて合併に伴う経過措置を設けております。


 次に、議案第216号でございます。


 米原市公共下水道事業に係る受益者の負担に関する条例の一部を改正する条例についてでございます。合併にあわせまして、公共下水道事業に係る受益者負担金の項目を加えまして、あわせて合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 以上、12件の補足説明とさせていただきます。


 どうぞよろしくお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第217号から議案第220号までの議案4件の説明を求めます。


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 議案第217号から第220号までの4件の補足説明をさせていただきます。


 議案第217号 米原市立学校設置条例の一部を改正する条例でございます。合併に伴いまして、近江町の学校施設を米原市の施設として引き継ぐために、別表の小学校・中学校・幼稚園の区分ごとに、それぞれ近江町の学校施設を加えるものでございます。


 続きまして、議案第218号 米原市幼稚園保育料徴収条例の一部を改正する条例でございます。これにつきましては、合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 次に、議案第219号 米原市教育センター条例の一部を改正する条例でございます。合併に伴いまして、米原市教育センターの位置が山東庁舎内に移ることによりまして、教育センターの位置を米原市長岡1206番地に改めるものでございます。


 次に、議案第220号 米原市立学校給食センター条例の一部を改正する条例でございます。合併に伴いまして、学校給食センターを「学校給食共同調理場および単独校調理場」に改め、各施設の名称に近江町の各学校を加え、業務についての文言を整理いたしております。


 また、学校給食運営委員会の委員数を15名以内から17名以内に改めるものでございます。


 以上、4件の補足説明とさせていただきます。


 どうぞよろしくお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第221号と議案第222号の議案2件の説明を求めます。


 小野教育部長。


○教育部長(小野初雄君)


 それでは、議案第221号および議案第222号の補足説明を申し上げます。


 まず、第221号の製本にちょっとミスがございましたので、訂正の方をお願いを申し上げたいと思います。


 この議案書に添付しております新旧対照表、裏から2枚目が裏表を誤りまして製本しておりますので、お許しいただいて訂正の方をよろしくお願いをしたいと思います。


 まず、第221号の提案理由でございますが、近江町との合併および平成18年4月1日から米原市公民館の管理を指定管理者に行わせる条件整備をするために提案するものでございます。


 新旧対照表の方をご覧をいただきたいと思いますが、新たに合併によりまして近江公民館を付け加えをするものでございます。


 また、指定管理者の関係で第4条・第5条の2条で利用時間・休館日を設けるものでございます。


 また、17条から3条、指定管理者によります管理、指定管理者によりますその管理の基準等、利用料金の収受につきましての条文を加えるものでございます。


 引き続きまして、第222号でございますが、これも第221号と同様に、近江町との合併および18年4月1日から指定管理者制度の導入に条件整備をするために一部改正をお願いするものでございます。


 これも、新旧対照表にありますように、近江図書館を第2条に加えさせていただきます。


 また、第4条・第5条ということで、職員の3条・6条までの3条を加えさせていただきたいと考えております。


 また、第12条・第13条の2条を加えさせていただくように改正をお願いするものでございます。


 以上でございます。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第223号から議案第226号までの議案4件の説明を求めます。


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 続きまして、議案第223号から第226号までの4件につきましての補足説明をさせていただきます。


 議案第223号 米原市近江はにわ館条例の制定についてでございます。合併に伴いまして、近江町のはにわ館を米原市の施設に引き継ぐため、この条例を制定するものでございます。


 はにわ等、出土した文化財の情報提供や地域文化資料の整備、調査・研究、文化情報の提供を行う施設でございます。


 続きまして、議案第224号 米原市体育施設条例の一部を改正する条例でございます。合併に伴いまして、近江町の体育施設を米原市の施設として引き継ぐため、近江グラウンドと双葉体育館を加え、あわせて合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 続きまして、議案第225号 米原市文化財保護条例の一部を改正する条例についてでございます。合併に伴いまして、米原市文化財保護審議会の委員数を6名以内から8名以内に改め、あわせて合併に伴う経過措置を設けるものでございます。


 次に、議案第226号 米原市職員の寒冷地手当に関する条例の一部を改正する条例についてでございます。平成16年の人事院勧告で廃止となり、経過措置により2年間据え置きになっております、この寒冷地手当の支給につきまして、合併前の旧地域ごとに金額が異なっていたものを統一するとともに、寒冷地手当に関する条例を平成18年3月31日をもって廃止するものでございます。


 以上、4件の補足説明とさせていただきます。


 どうぞよろしくお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第227号から議案第233号までの議案7件の説明を求めます。


 岡田健康福祉部長。


○健康福祉部長(岡田勉君)


 議案第227号から議案第233号までの議案7件の補足説明をさせていただきます。


 まず初めに、議案第227号でございますけれども、米原市北部デイサービスセンター条例の制定についてでございます。


 高齢化がますます高くなりますところの米原市北部地域の高齢者にデイサービスを提供するために本条例を制定し、平成18年1月1日から事業を実施しようとするものでございます。名称につきましては、米原市北部デイサービスセンターとしまして、米原市大久保885番地で、現在伊吹幼稚園北分園を増改築し、整備をしているところでございます。


 利用者の料金につきましては、介護保険法の規定によりまして厚生労働大臣が定める額で、通常は介護報酬の1割という額でございます。


 施設管理の運営につきましては、地方自治法第244条の2第3項および米原市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例に基づきまして、指定管理者に管理をさせようとするものでございます。


 付則では、条例施行日前に指定管理者の指定手続を行う規定を定めているものでございます。


 次に、議案第228号でございます。


 米原市米原地域福祉センター条例の一部を改正する条例についてですけれども、今回、近江町との合併および指定管理者制度の導入のために、今回の条例の一部改正を行うものでございます。


 新旧対照表をご覧いただきたいと思いますけれども、まず、第1条関係でございますけれども、題名につきまして「米原市米原地域福祉センター条例」を「米原市地域福祉センター条例」とするものでございます。


 第1条で、「米原市米原地域福祉センター」を「米原市米原地域福祉センター ゆめホール」とし、「米原市近江地域福祉センター やすらぎハウス」を追加するものでございます。


 位置につきましては、米原市顔戸21番地の2でございます。


 第2条につきましては、題名の改正に伴うところの字句の改正でございますし、改正後の4条・5条につきましては、指定管理者制度の導入に伴いまして、規則で規定していたものを条例に規定することとするものでございます。


 次に、改正後の14条・15条・16条、これらにつきましては、地方自治法第244条の2第3項および米原市公の施設に関する指定管理者の手続等に関する条例に基づきまして、指定管理者に行わせるため追加するものでございます。


 付則で、近江町との合併に伴う経過措置、そして施行期日を平成18年4月1日とすること、それまでの経過措置を規定するものでございます。


 次に、2条関係でございますけれども、改正後の第8条のデイサービスセンターの利用料金ですが、これにつきましても通所介護によりますところの介護報酬となるところでございます。


 第8条の2、地域福祉支援センターの利用料金ですが、設置目的以外に使用する場合は、別表に定めるところによりまして利用料金を徴収するという規定を定めるものでございます。


 16条の第2号については、字句の改正を行い、条文の整備をするものでございます。


 次に、議案第229号 米原市伊吹生きがいセンター条例の一部を改正する条例についてでございますけれども、これにつきましても新旧対照表をご覧いただきたいと思います。


 改正後の第3条・第4条につきましては、指定管理者制度導入に伴いまして、今回、条例で規定するということでございます。


 6条の利用の許可、これにつきましては、米原市の使用料条例に規定されていたというものでございますけれども、今回、指定管理者制度導入に伴いまして、本条例に規定するというものでございます。


 第8条の利用料金につきましては、本条例に利用料を定めることから条文の整備をすることでございます。


 第10条・第12条、これらにつきましては、米原市使用料条例に規定されていたものを指定管理者制度導入を見込みまして、本条例に規定するものでございます。


 第14条・第15条・第16条につきましても、指定管理者の指定手続に関する条例または、このことによりまして指定管理者に行わせるために追加するものでございます


付則につきましては、18年4月1日ということでございますし、それまでの経過措置を規定しているものでございます。


 議案第230号でございますけれども、米原市ボランティアセンター三島荘条例の一部を改正する条例についてでございます。


 新旧対象表によりまして、説明させていただきます。


 改正後の第3条の開館時間、第4条の休館日、これらにつきましては、指定管理者制度導入に伴いまして、規則で規定していたものを条例で規定するというものでございます。


 第7条の利用料金につきましては、指定管理者制度の導入に伴いまして、米原市使用料条例に規定されていたものを本条例に規定するものでございます。


 第9条の許可の取消し、第11条の原状回復の義務、これらにつきましても、使用料条例に規定されていたものを本条例に規定するものでございます。


 第13条・第14条・第15条、これらにつきましては、地方自治法の定めるところによりますところの指定管理者、また、米原市公の施設に係る指定管理者の手続に関する条例に基づきます指定管理者に行わせるために追加するものでございます。


 付則で施行期日を18年4月1日というふうにしておりますし、それまでの経過措置を規定しております。


 次に、議案第231号 米原市立保育所条例の一部を改正する条例についてでございます。これにつきましても、近江町との合併および指定管理者制度導入のための、今回、条例の一部改正を行うものでございます。


 新旧対照表をご覧いただきたいと思いますけれども、第2条につきましては、現在、近江町にございます公立保育園2カ所を米原市立の保育園として条例の項目に追加するものであります。


 名称を「米原市立近江ひがし保育園」、「米原市立近江にし保育園」とし、位置につきましては、米原市能登瀬1322番地の1、米原市宇賀野290番地で保育を実施するものでございます。


 改正後の第3条・第4条につきましては、指定管理者制度導入に伴いまして規則から条例の方で規定するものでございます。


 次に、改正後の第5条・第6条、これらにつきましては、指定管理者の管理基準でございますけれども、地方自治法第244条の2第3項および米原市公の施設に係る指定管理者の手続等に関する条例に基づきまして、管理者に行わせるために追加するものでございます。


 なお、第5条の第2項につきましては、指定管理者が管理する保育所を定めるものでございまして、今回、米原市立米原保育園を改めて規定するものでございます。


 付則で18年4月1日からの施行日とし、指定管理者の手続等につきましては、条例施行前に行うという規程を定めているものでございます。


 次に、議案第232号でございますけれども、米原市山東健康福祉センター条例の一部を改正する条例についてでございます。


 これにつきましても新旧対照表をご覧いただきたいと思いますけれども、改正後の第4条・第5条につきましては、指定管理者制度導入に伴いまして、規則で規定していたものを条例で規定するというものでございます。


 第6条の利用料金につきましては、介護保険の規定により通所介護の介護報酬というものでございます。


 次に、改正後の第8条の指定管理者による管理、第9条の指定管理者の管理の基準等、第10条の利用料金の収受、これらにつきましては自治法の第244条の2の第3項および米原市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例に基づきまして、指定管理者に行わせるために追加するものでございます。


 付則につきましては、施行期日を18年4月1日というふうに定めておりますのと、条例施行前に規定手続を行うことができるという規定を定めているものでございます。


 次に、議案第233号 米原市伊吹健康プラザ愛らんど条例の一部を改正する条例についてでございますけれども、これにつきましても新旧対照表により説明いたします。


 改正後の第4条の開館時間、第5条の休館日、これらにつきましても、先ほどの条例と同じように、指定管理者制度の導入によりまして、規則で規定していたものを条例で規定するというものでございます。


 第6条に利用料金について定めておりますし、第7条・第8条・第9条・第10条・第11条・第12条・第13条・第17条、これらにつきましては、今回の条例改正に伴うところの条ずれによる改正でございます。


 次に、改正後の第14条の指定管理者による管理、第15条の指定管理者の管理の基準等、第16条の利用料金の収受、これらにつきましては、先ほどから説明させてもらいましたものと同じように、地方自治法第244条の2第3項および米原市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例に基づきまして、指定管理者に行わせるために追加するものでございます。


 付則で施行期日を18年4月1日とすることと、そして条例施行前に指定管理者に指定手続を行う規定を定めるものでございます。


 以上、簡単でございますけれども、7件の補足説明とさせていただきます。


 よろしくご審議のほどお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第234号から議案第237号までの議案4件、および議案第263号の説明を求めます。


 野一色経済環境部長。


○経済環境部長(野一色義明君)


 議案第234号から議案第237号および議案第263号の5議案の補足説明をさせていただきます。


 まず、議案第234号 米原市地域資源活用施設条例の一部を改正する条例につきまして、補足説明をさせていただきます。


 現在の米原市地域資源活用施設条例は、指定管理者に関することを規定しておりますが、米原市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例が制定されておりまして、この条例との整合性を図ることから今回、米原市地域資源活用施設条例の一部を改正するものでございます。


 指定管理者に関することを規定した条例と重複する条項につきましては削除し、制度導入に必要な条件等に関しましては、追加して規定するものでございます。


 この条例は17年の10月1日から施行するというものでございます。


 続きまして、議案第235号 米原市近江母の郷文化センター条例の制定につきまして、補足説明をさせていただきます。


 平成17年10月1日の米原市と近江町の合併により、近江町の施設を受け継ぐとともに指定管理者制度の導入ができるように条件整備をするため、米原市近江母の郷文化センター条例を制定するものであります。この施設は、伝統工芸や文化諸活動の推進を図り、地域特産品の情報発信と住民交流の活性化により産業振興を図ることを目的とした施設の設置でありまして、その設置条例で、施設の名称および位置につきましては、「米原市近江母の郷文化センター」、「米原市宇賀野1364番地1」であります。


 この条例は、17年10月1日から施行するものでございます。


 近江町との合併に伴い、経過措置も設けておるものでございます。


 続きまして、議案第236号 米原市近江母の郷コミュニティハウス条例の制定につきまして、補足説明をさせていただきます。


 同じく、平成17年10月1日の米原市と近江町の合併により、近江町の施設を受け継ぐとともに、指定管理者制度の導入ができるよう条件整備を行うために米原市近江母の郷コミュニティハウス条例を制定するものであります。


 この施設は、JR坂田駅周辺における交通の円滑化と利用者の利便性の向上を図り、地域産業と文化諸活動の推進に寄与することを目的とした施設でありまして、その設置条例であります。


 施設の名称および位置につきましては、「米原市近江母の郷コミュニティハウス」、「米原市宇賀野840番地1」でございます。


 付則で、17年10月1日から施行するというふうにしておりますのと、近江町との合併に伴う経過措置も設けているものでございます。


 続きまして、議案第237号 グリーンパーク山東条例の一部を改正する条例につきまして、補足説明をさせていただきます。


 グリーンパーク山東において、指定管理者制度の導入ができるよう施設の管理の条件整備を条例で規定することから、グリーンパーク山東条例の一部を改正するものであります。


 付則で、18年4月1日から施行するということで、それまでの経過措置等は条例施行前に指定管理者の指定手続ができるように規定しております。


 次に、議案第263号 米原市醒井水の宿駅条例の一部を改正する条例につきまして、補足説明をさせていただきます。


 米原市醒井水の宿駅において、施設全体を含めて指定管理者制度が導入できるよう管理の条件の整備を条例で規定することから、米原市醒井水の宿駅条例の一部を改正するものであります。


 付則で、18年の4月1日から施行するとしておりまして、それまでの経過ということで、条例施行前に指定管理者の指定手続ができるように規定もしているものでございます。


 以上、簡単でありますけども、補足説明とさせていただきます。


 どうかよろしくお願いいたします。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第264号から議案第270号までの議案7件の説明を求めます。


 小野教育部長。


○教育部長(小野初雄君)


 それでは、議第264号から議第270号の7件の補足説明をさせていただきます。


 まず、ちょっと訂正の方をお願いをしたいんですが、議案第264号の米原市勤労青少年ホーム条例の一部を改正する条例でございますが、その3行目に括弧書きで、平成17年米原市条例第130号となっておりますのを131号に訂正をお願いしたいと思います。


 それから、もう1カ所訂正をお願いしたいんですが、議案第267号でございますが、米原市B&G海洋センター条例の一部を改正する条例でございます。これの2ページ目でございますが、第15条の3項が2つございます。下の方の3項を4項に、また4項を5項に訂正をしていただくようよろしくお願いいたします。


 これらの7議案でございますが、いずれも平成18年4月1日より地方自治法第244条の2第3項の規定、および米原市公の施設に係る指定管理の指定手続等に関する条例によりまして、施設の管理を指定管理者に行わせることができるよう条件整備をするための一部改正でございます。


 まず、議案第264条の説明から申し上げます。


 新旧対照表の方をご覧いただきたいと思いますが、第4条・第5条ということで、開館時間および休館日を規則の方から2条を加えております。また、後は条ずれの関係で条文の変更もございますが、大きな改正では、第13条および第14条の関係でございます。指定管理による管理、また指定管理者の管理の基準等をつけ加えるものでございます。


 続きまして、議案第265号 米原市伊吹薬草の里文化センター条例の一部を改正する条例についてでございます。


 これも、新旧対照表でご説明申し上げます。


 第4条を規則の方から追加をさせていただきます。会館時間および休館日ということでございます。後は、条文のずれによりますところの改正等でございまして、新たに第14条・第15条・第16条、指定管理者による管理、また指定管理者の管理の基準等、それから利用料金の収受につきましては、新たに3条を加えるものでございます。


 続きまして、議案第266号でございます。


 米原市民交流プラザ条例の一部を改正する条例についてでございます。


 これも新旧対照表をご覧いただきたいと思います。


 これも、規則の方から開館時間および休館日、第4条・第5条をこちらに持ってきてございます。


 また、その次のページでございますが、第14条から第16条までの3条を加えさせていただいております。


 続きまして、議案第267号 米原市B&G海洋センター条例の一部を改正する条例についてでございます。


 これも新旧対照表をご覧いただきたいと思います。


 これも、同様に第5条・第6条、この2条を規則の方から開館時間・休館日を持ってきております。


 また、第9条では、現行は第7条でございましたが、利用料金の字句の訂正をさせていただいております。


 また、第15条から第17条までの3条を新たに加えさせていただいております。


 これは、他の条例同様、指定管理者による管理また指定管理者の管理の基準等、そして利用料金の収受でございます。


 続きまして、議案第268号でございます。


 米原市柏原宿歴史館条例の一部を改正する条例についてでございます。


 これも新旧対照表の方をご覧いただきたいと思います。


 これも、他の条例同様、第3条で開館時間、第4条で休館日の2条を新たに規則の方から追加をしてございます。


 また、次ページの第14条・第15条・第16条でございます。これも、他の条例同様、3条を追加をいたしております。


 それから、議案第269号でございます。


 米原市伊吹山文化資料館条例の一部を改正する条例についてでございます。これも新旧対照表をご覧いただきたいと思いますが、他の条例同様、開館時間第4条、それから休館日第5条の2条を追加をさせていただいております。


 また、第6条につきましては字句の変更、第8条につきましても別表を加えたことに伴いますところの改正をお願いするものでございます。


 そして、第11条・第13条につきましては、条ずれの関係での条番号の改正をさせていただくものでございます。


 また、第15条・第16条・第17条の3条につきましては、他の条例同様、指定管理者による管理、それから指定管理者の管理の基準等、そして利用料金の収受の3条を加えるものでございます。


 続きまして、議案第270号でございます。


 米原市醒井宿資料館条例の一部を改正する条例についてでございますが、これも新旧対照表の方をご覧いただきたいと思います。


 これも、第3条で開館時間、第4条で休館日の2条を加えさせていただいております。


 また、次ページになりますが、第7条につきましては、別表を加えたところによりますところの字句の改正、そして第10条・第12条につきましては、条が繰り下がったことによります条番号の変更、そして、第13条・第14条・第15条・第16条につきましては、他の条例同様、指定管理者による管理、それから指定管理者の管理の基準等、そして利用料金の収受を加えるものでございます。


 以上、簡単でございますが、補足説明を終わらせていただきます。


 よろしくお願いいたします。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第238号から議案第241号までの議案4件の説明を求めます。


 吉田主監・会計課長。


○主監・会計課長(吉田博君)


 説明に入るまでに、初めにお断りをさせていただきます。


 今回は、合併による打ち切り決算で特殊な決算書となっており、しかも、平成16年度旧3町と新市での一般特別会計の決算認定ということで、多岐にわたっていることから、決算書・事項別明細書によりまして、予算現額・調定額・債務の内容・金額は省略させていただき、主な事柄についてのみ収入支出済額を説明させていただきますので、よろしくお願いいたします。


 また、決算に関する資料といたしまして、主要施策の成果、財産に関する調書等につきまして、一般会計・特別会計ともに各課別旧町種別に別冊等で詳しく示しておりますので、これも後ほど見ていただき、省略させていただきますので、よろしくご理解方お願いいたします。


 それでは、第238号議案、平成16年度山東町一般会計・特別会計歳入歳出決算の認定についての補足説明をいたします。


 まず最初に、山東町の決算書、一般会計ですが、11ページをご覧いただきたいと思います。


 ページ11の歳入でございます。


 町税ですが、6つの税を合わせまして、合併までの納期の関係もありまして、収入済額は13億6,456万4,810円で、町民税4億3,951万7,274円、固定資産税は8億3,327万6,763円となりました。


 次に、地方譲与税ですが、所得譲与税・自動車重量譲与税・地方道路譲与税合わせまして5,816万6,000円となっております。


 ページ13の利子割交付金でございます。725万1,000円で消費税と合わせまして課税される地方消費税のうち市町村へ交付される地方消費税交付金は9,413万円となっています。


 自動車取得税交付金は2,625万3,000円でございます。


 次に、恒久的な減税の実施に伴う減収補てんのため創設されました地方特例交付金は5,265万5,000円となりました。


 次に、ページ15の地方交付税でございます。11億1,711万7,000円で、その内訳につきましては、普通交付税10億9,662万7,000円、特別交付税は2,049万円となっております。


 次に、分担金および負担金の負担金でございます。5,610万2,676円で、保育所の保育料負担金や老人保護措置費負担金、また老人保護保健事業等の保健衛生負担金が主なものでございます。


 使用料および手数料の使用料は1,305万596円で、社会教育施設使用料、幼稚園保育料などでございます。


 次に、ページ19の国庫支出金ですが、国庫負担金は9,541万1,034円で、その主なものは保育所措置費、児童手当、国保基盤安定負担金、老人福祉施設保護者負担金などの民生費国庫負担金が主なものでございます。


 国庫補助金の4,432万5,000円の主なものは、農林水産関係の地域材料促進対策事業補助金等でございます。


 次に、ページ21、県支出金でございます。


 県負担金9,765万9,015円は、保育所措置費1,949万5,000円、国民健康保険の基盤安定負担金362万6,270円など、民生費の県負担金が主なものでございます。


 県補助金3,484万3,118円につきましては、民生費関係では福祉医療費助成事業や保育所関係の各事業、老人および社会福祉関係事業で1,869万6,610円。


 ページ23では、農林水産業費関係は、とも補償の推進事業補助等が農業振興事業などでございます。


 次に、林業振興事業などで1,298万1,143円となっております。


 ページ25の委託金でございます。2,809万2,203円は、県民税の徴収委託金、参議院議員の選挙委託金などでございます。


 ページ27、財産売払収入756万110円は、土地建物売払収入等でございます。


 ページ29、繰入金の基金繰入金は5億6,351万2,000円で、これは、主に財政調整基盤繰入金、そして教育施設整備基金、公共施設等整備基金繰入金、地域福祉基金繰入金、ふるさと基金繰入金等となっています。


 また、繰越金の前年度繰越金は2億1,216万3,816円でございました。


 次に、ページ31ページの雑入でございます。1億4,740万140円の主なものは、ページ34の湖北農業共済組合の財政調整基金受入金、地域海洋センター助成金、ページ35の学校給食保護者負担金などでございます。


 続いて、町債でございます。2億9,110万円で、その内訳は、臨時財政対策債が2億7,070万円、臨時地方道路整備事業債明許分で2,040万円でございます。


 以上が、歳入の概要でございまして、歳入合計は予算現額61億8,002万8,000円。調定額で46億6,529万5,984円。歳入済額で42億6,527万9,351円。収入未済額は4億1万6,633円となりました。


 37ページをお願いします。


 歳出の方の説明をさせていただきます。


 議会費でございます。


 議会費は6,763万4,603円。議員報酬、職員給与、物件等でございます。


 ページ39からページ65の総務費の総務管理費6億7,951万912円は、人件費・物件費のほか、ページ48の行政放送番組制作委託料と行政放送経費、ページ54の町民交流プラザ運営経費、ページ55の新市電算システム構築負担金等合併関連経費などでございます。


 次のページ55からの徴税費8,132万4,368円は、人件費および賦課徴収に係る経費等でございます。


 ページ59からの戸籍住民基本台帳費2,787万2,950円は、人件費および住基ネットワーク事業、戸籍情報高度化事業などの経費でございます。


 ページ65から75までの民生費の社会福祉費5億4,110万841円は、主なものとしまして職員人件費のほか、ページ68の社会福祉協議会等の社会福祉団体助成経費、家族介護支援慰労金支給事業等の介護予防生活支援事業経費、ページ74の施設訓練支援経費等の障害者支援事業経費でございます。


 ページ75の国保特別会計事業直診勘定繰出金などでございます。


 次に、ページ75から79までの児童福祉の3億4,495万5,129円は、ページ78で地域子育て支援センター事業、放課後児童保育事業、保育所入所児童運営費、児童手当のほか保育所関係経費などでございます。


 次に、ページ79から87の衛生費ですが、保健衛生費の4億1,297万1,119円は、主に長浜赤十字病院改築補助、老人保健医療特別会計繰出金、湖北広域行政事務センター負担金、簡易水道維持管理負担金などでございます。


 ページ89からの農林水産業費の農業費1億2,885万632円は、農業委員会経費、地域とも補償推進事業補助、県単独小規模土地改良事業のほか、各種農業振興推進事業経費などでございます。


 ページ97の林業費でございます。2,779万8,228円は、林道維持管理経費や緑化対策経費等でございます。


 ページ99ページ、商工費の7,017万790円につきましては、商工会シルバー人材センターの補助、小口簡易資金の預託ほか、ホタルサミット山東運営委託経費などでございます。


 次に、ページ105の土木費でございます。


 道路橋梁費2億5,250万2,521円は、町道維持補修工事のほか、防災監視システム設置工事、ページ106の市場池下線測量設計委託や町道富田団地線道路改良工事のほか単独道路改良事業、これらに伴う用地購入、物件移転補償費などでございます。


 ページ109の都市計画費でございます。2億7,967万1,080円は、街なみ環境整備計画策定業務委託や流域関連公共下水道事業特別会計繰出金などでございます。


 消防費でございます。


 消防費の1億9,496万6,780円は、坂田郡広域行政組合負担金、消防団員報酬、ページ112の消防団員公務災害補償および退職報償掛金などでございます。


 ページ113からの教育費でございますが、教育総務費7,699万2,093円は、職員人件費のほか、各種協議会負担金や心の教育相談事業などが主なものでございます。


 ページ119の小学校費6億3,774万1,680円は、小学校の教育振興および維持管理経費等でございます。主に平成16年度におきましては、コンピューター機器整備や大原小学校の校舎改築事業などを行っております。


 次に、ページ123の中学校費5,505万円につきましては、中学校の教育振興および維持管理経費で、平成16年度におきましては、主に大東中学校の体育館耐力度調査やコンピューター機器等の整備、学校教具・教材備品の整備等を行っております。


 ページ127の幼稚園費でございます。4,751万2,688円ですが、人件費のほか、天狗の丘公園管理委託等でございました。


 ページ129から139の社会教育費1億5,380万9,072円は、人件費のほか、生涯学習などの社会教育事業、社会教育施設の維持管理経費、中央公民館の施設改修工事などでございます。


 ページ139の保健体育費1億7,982万3,125円は、生涯スポーツ振興事業、ページ142の社会体育施設維持管理、ページ143の学校給食業務関係経費でございます。


 公債費は、元金・利子合わせて2億6,757万6,850円となりました。


 諸支出金の基金費3,152万1,000円は、各基金への積み立てをいたしたもので、主なものとして、減債基金500万円、交通対策促進基金に1,120万円、上水道軟水化整備基金に1,500万円等を積み立てております。したがいまして、ページ151の歳出合計といたしましては、予算現額61億8,002万8,000円、支出済額46億3,601万9,439円。不用額15億4,400万8,561円となりました。


 なお、歳入歳出差引額の不足額37万740円は、合併の事由により生じた債務で一時借入金を充用しております。


 次に、特別会計の方に移らさせていただきます。


 平成16年度の山東町の国民健康保険特別会計繰入金決算につきまして、説明をさせていただきます。


 ページ160の歳入ですが、主なものとして国民健康保険税の収入済額は2億4,957万3,771円となりました。


 国庫支出金のうち国庫負担金につきましては、療養給付費ならびに高額医療費共同事業負担金等などに要する費用について、国が定率の算出基準に基づきまして負担をするもので、1億5,043万7,000円となっています。


 国庫補助金の財政調整交付金につきましては、普通・特別調整交付金合わせまして1,372万3,000円になりました。


 次に、ページ162の療養給付費交付金につきましては、社会保険診療報酬支払基金から交付されまして1億6,138万8,680円となっています。


 繰入金の他会計繰入金は5,269万1,000円で、繰越金は7,753万6,596円。ページ164の歳入合計といたしましては7億2,048万6,539円となりました。


 次に、歳出の主なものにつきましては、166ページの総務費は、国保運営事業を行っていくための一般的経費で2,144万7,247円となっています。内訳としましては、国保電算システムの年間保守料、国保連合会のレセプト処理負担金、共同電算処理手数料が主なものとなっています。


 ページ168の保険給付費につきましては、5億127万6,513円となっており、内訳は、一般・退職被保険者に分けて、療養諸費・高額療養費別に計上してあります。


 ページ170の老人保健拠出金につきましては1億7,908万1,398円となり、介護納付金につきましては、介護保険の財源として3,969万6,404円を社会保険診療報酬支払基金に支出しています。


 次に、共同事業拠出金につきましては、高額医療費の共同事業費として、国保連合会に1,211万6,283円を支出しております。


 歳出合計といたしましては7億8,486万8,450円になりました。


 続いて、診療施設勘定について説明をいたします。


 ページ181の歳入につきましては、診療収入が1億307万7,561円で、国民健康保険診療報酬収入1,619万9,260円、老人保健診療報酬収入4,981万4,119円となっています。一部負担金の収入として窓口一部負担金1,833万3,884円となり、歳入合計といたしましては1億7,336万2,470円となりました。


 次に、ページ185の歳出の方に移ります。


 総務費1億1,978万251円の内訳につきましては、歯科衛生士の報酬費、一般職員・臨時医師・看護師等の人件費を支出してございます。


 ページ187の委託料につきましては、診療所の保守管理料を支出しています。


 工事請負費については、大原診療所最新補強工事等を実施した経費でございます。


 次に、ページ189の医業費5,047万3,599円の主なものとしましては、医薬品購入費が4,166万5,923円で、したがいまして、ページ191の歳出合計は1億7,158万6,571円となりました。


 次に、山東町の老人保健の医療特別会計歳入歳出決算の説明をさせていただきます。


 ページ198の歳入につきましては、歳出で出てまいります老人医療に要する費用について、医療保険の各保険者からの拠出金として支払基金交付金5億5,243万9,000円と国庫支出金2億6,806万9,000円が、次に、繰入金の一般会計からの繰入金につきましては、それぞれ決められている一定の負担割合に応じまして8,664万4,000円を、繰越金については、15年度の決算により繰越額が確定しまして1,758万196円の収入済額となっています。


 歳入合計といたしましては9億9,017万8,716円となりました。


 次に、ページ202の歳出について主なものは、医療諸費といたしまして9億1,564万3,023円。その内訳は、医療給付費8億8,019万1,477円、医療費支給費では、老人医療費支給費1,785万2,103円、老人保健高額医療費628万4,418円をそれぞれ支出しております。


 歳出の合計といたしましては9億2,995万8,821円となりました。


 次に、山東町の農業集落排水事業特別会計の説明をさせていただきます。


 209ページをお願いします。


 歳入の主なものにつきましては、農村下水道使用料2,945万5,200円、一般会計繰入金は1,797万6,000円で、下水道事業債として農業集落排水事業平準化債2,460万円。


 歳入合計としては7,319万5,747円となっています。


 211ページの歳出としましては、主に維持管理費では汚泥の引き抜き清掃委託で958万725円、公債費では、元金・利子合わせて4,345万6,834円が主なものでございます。


 歳出としましては6,904万2,406円となりました。


 次に、山東町の流域関連公共下水道特別会計歳入歳出決算の説明をさせていただきます。


 ページ218の歳入については、負担金では、下水道受益者負担金は5,720万2,640円、国庫支出金の国庫補助金は、公共下水道事業補助金2億3,455万円の収入。また、一般会計繰入金は2億7,202万7,000円となっています。繰越金は2,012万318円。ページ220の町債は、下水道事業債と上水道平準化債合わせまして1億5,780万円で、歳入合計といたしまして8億1,403万4,538円となりました。


 次に、歳出の主なものといたしまして、ページ222の総務管理費で5,860万7,807円となり、主なものとして琵琶湖の流域下水道事業負担金が2,561万5,000円、流域下水道の維持管理負担金が2,580万4,952円を支出しております。


 続いて、ページ224の管渠築造費6億9,517万8,295円は、人件費のほか汚水管渠工事・舗装復旧工事を実施し、間田・野一色・小田地先の44ヘクタールの面整備を行い、整備済み区域面積は392ヘクタールといたしました。


 ページ226の公債費は、元金・利子合わせて1億2,982万3,427円で、歳出合計としましては8億8,556万1,243円となりました。


 次に、山東町工業団地造成事業特別会計歳入歳出決算の説明をさせていただきます。


 ページ231をお開き願いたいと思います。


 歳入については、財産売払収入は新市で収入がされ、繰越金のみの10万8,079円となっています。


 歳出は、一般管理費の旅費等で2万9,170円となりました。


 次に、山東町介護保険特別会計決算の説明をさせていただきます。


 ページ240の歳入でございますが、介護保険給付費に要する費用につきましては、介護保険の各被保険者の保険料を国・県・町がそれぞれ割合に応じて負担することになっておりまして、給付の負担割合も決まっており、保険料の徴収額は8,950万9,660円となっております。


 国庫支出金としては、国庫負担金の介護給付費負担金、国庫補助金の調整交付金を合わせまして1億1,899万2,000円を収入しております。


 支払基金交付金につきましては、2号被保険者分保険料として1億5,477万1,000円が交付されています。


 県支出金としては6,452万7,000円を収入、ページ242の繰入金としましては、一般会計からの介護給付費繰入金および事務費繰入金合わせまして8,825万9,000円を繰り入れしております。


 歳入合計5億3,098万2,245円となりました。


 次に、歳出の主なものを説明いたします。


 ページ244をお開きください。


 総務費2,289万2,267円は、人件費のほか委託料では、介護保険のシステム委託料。負担金については、長坂介護保険運営協議会負担金・国保連合会負担金をそれぞれ支出しています。


 ページ246の介護保険給付につきましては、介護保険サービスに係る保険給付費分として4億7,625万2,327円を支出、歳出合計といたしまして5億299万2,914円となりました。


 以上が、山東町の一般会計・特別会計の決算についての補足説明でございます。


○議長(滝本善之君)


 ちょっとすみません。暫時休憩します。


                午後2時12分 休憩


              ――――――――――――


               午後2時20分 再開


○議長(滝本善之君)


 休憩前に引き続き、会議を開きます。


 吉田主監・会計課長。


○主監・会計課長(吉田博君)


 議長の方から先ほどお話ししていただきましたので、私の方はもう後、簡単にさせていただきますので、ご理解のほどお願いします。


 それでは、次に、伊吹町の方の第239号議案、平成16年度伊吹町一般会計・特別会計歳入歳出決算の認定についての補足説明をいたします。


 歳入でございますが、歳入合計は、予算現額が59億4,481万2,000円、調定額は46億7,578万8,295円、収入済額は45億2,869万6,937円、収入未済額は1億4,709万1,358円となりました。


 歳出の方でございますが、歳出の合計といたしましては、予算現額59億4,481万2,000円、支出済額は42億4,461万5,034円、不用額は17億19万6,966円になりました。


 次に、平成16年度の伊吹町の国民健康保険特別会計歳入歳出決算の説明をさせていただきます。


 歳入の方でございますが、歳入合計といたしまして4億5,432万9,066円となりました。


 また、歳出合計といたしましては4億5,410万7,365円となりました。


 続いて、直診勘定についての説明をいたします。


 歳入でございますが、まず、歳入合計は3億344万2,620円となりました。


 歳出でございます。歳出の合計は3億895万7,843円となりました。


 次に、伊吹町の老人保健医療事業特別会計の決算の説明をさせていただきます。


 歳入でございますが、歳入合計といたしまして4億5,957万597円となりました。


 歳出合計は4億8,228万9,480円となりました。


 次に、伊吹町の介護保険特別会計決算でございます。


 歳入でございます。歳入の合計は2億5,214万5,831円となりました。


 歳出では、歳出合計として2億3,829万3,477円となりました。


 次に、伊吹町の簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の説明をさせていただきます。


 まず、歳入の合計といたしましては1億485万2,978円となりました。


 歳出合計では7,481万8,902円となりました。


 次に、伊吹町の下水道事業特別会計歳入歳出決算の説明をさせていただきます。


 歳入でございますが、歳入合計といたしまして2億7,376万6,223円となりました。


 歳出合計では2億407万4,645円となりました。


 次に、伊吹町の農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の説明をさせていただきます。


 歳入合計といたしましては1億6,514万4,288円となりました。


 歳出としましては7,490万1,660円となりました。


 次に、伊吹町住宅団地造成事業特別会計歳入歳出決算の説明をさせていただきます。


 歳入合計といたしましては3億5,422万1,000円となりました。


 歳出合計では2億7,251万9,030円となりました。


 以上が、伊吹町の一般会計・特別会計の歳入歳出決算の認定についての説明とさせていただきます。


 次に、第240号議案、平成16年度米原町一般会計・特別会計歳入歳出決算の説明をさせていただきます。


 まず、歳入の方の合計でございます。歳入合計は、予算現額75億144万7,000円、調定額は54億5,755万9,330円、収入済額は53億438万5,122円、収入未済額は1億5,317万4,208円となりました。


 次に、歳出の方の合計でございます。歳出合計は、予算現額75億144万7,000円、支出済額48億456万9,464円、不用額26億9,687万7,536円になりました。


 次に、特別会計に移らさせていただきます。


 平成16年度の米原町住宅新築資金等貸付事業特別会計の説明をさせていただきます。


 歳入合計は5,236万5,401円。


 また、歳出の方でございますが2,668万8,620円となりました。


 次に、平成16年度米原駅東部土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の説明をさせていただきます。


 まず、歳入合計といたしまして8億5,086万4,637円となりました。


 歳出合計では13億1,277万747円となりました。


 次に、平成16年度の米原町土地取得事業特別会計歳入歳出決算の説明をさせていただきます。


 歳入ですが、一般会計の繰入金のみで4,357万5,545円となりました。


 歳出の方では、公債費のみで4,357万5,545円となりました。


 次に、平成16年度の米原町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の説明をさせていただきます。


 歳入合計といたしまして8億3,055万9,957円でした。


 歳出合計では8億9,697万6,899円となりました。


 続いて、直診勘定の方に移らさせていただきます。


 直診勘定の歳入合計は9,622万2,161円となりました。


 また、歳出合計では9,736万7,796円となりました。


 次に、米原町老人保健医療特別会計歳入歳出決算の説明をさせていただきます。


 歳入合計といたしまして10億602万6,444円となりました。


 また、歳出の合計では9億9,081万2,043円となりました。


 次に、米原町介護保険特別会計歳入歳出決算の説明をさせていただきます。


 歳入でございますが、歳入合計といたしまして5億8,827万2,319円となりました。


 歳出合計では5億3,700万2,042円となりました。


 次に、米原町駐車場事業特別会計歳入歳出決算の説明をさせていただきます。


 歳入については、歳入総額は1,513万2,353円となりました。


 また、歳出では、歳出合計381万6,398円になりました。


 次に、米原町流域関連公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の説明をさせていただきます。


 歳入合計といたしまして9億4,703万5,015円となりました。


 また、歳出合計といたしましては8億1,328万6,309円となりました。


 以上で、米原町の一般会計・特別会計の歳入歳出決算の説明とさせていただきます。


 最後に、平成16年度の米原市一般会計特別会計決算についての説明をさせていただきます。


 報告の前に少し説明をさせていただきますが、新市の平成16年度の決算の特殊性について説明させていただきます。


 平成16年度の米原市の予算は、11月から12月にかけて作成しておりまして、予算額は基本的に旧3町の残額1.5か月分を計上しておりまして、合併を間近に控えたこの時期は、旧町の事業の執行中であり、支払いについても予算執行の把握ができにくい状態であり、通常の1年を通じた決算と違いまして、今回の決算調製では多くの不用額が計上してあったり、また、流用・充用が数多くあるという調製になっています。


 以上のように、2月14日の合併によりまして、1.5ヶ月間という短期間で過去に例のない特殊な決算状況になっていることをご理解いただきたいと思います。


 それでは、第241号議案、平成16年度米原市一般会計・特別会計歳入歳出決算の説明をさせていただきます。


 まず、歳入の合計といたしましては、予算現額72億8,400万円。調定額は64億8,723万1,775円。歳入済額63億2,431万8,767円。不納欠損額は2,482万7,165円。収入未済額は1億3,808万5,843円となりました。


 次に、歳出の合計でございます。予算現額72億8,400万円。支出済額52億6,044万319円。繰越明許費は15億6,701万9,000円。不用額は4億5,654万681円となりました。


 次に、特別会計に移らさせていただきます。


 平成16年度米原市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の説明をさせていただきます。


 歳入合計といたしましては6億7,928万6,220円となりました。


 次に、歳出の合計としましては4億9,874万352円となっています。


 次に、診療所事業特別会計の説明をさせていただきます。


 歳入合計といたしましては1億3,727万2,664円となりました。


 また、歳出合計では9,759万5,286円となっています。


 次に、平成16年度の米原市の介護保険特別会計決算の説明をさせていただきます。


 歳入の合計といたしまして4億6,966万4,267円。


 また、歳出合計といたしましては4億998万4,103円となりました。


 次に、米原市老人保健医療特別会計歳入歳出決算の説明をさせていただきます。


 歳入合計といたしましては7億2,070万6,727円。


 また、歳出合計といたしましては6億9,081万2,861円となりました。


 次に、平成16年度伊吹簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の説明をさせていただきます。


 歳入の合計でございます。6,710万1,310円でした。


 また、歳出合計といたしましては5,241万2,885円となりました。


 次に、米原市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の説明をさせていただきます。


 歳入合計といたしまして2億6,538万645円となりました。


 また、歳出合計では2億1,531万1,428円となりました。


 次に、米原市流域関連公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の説明をさせていただきます。


 歳入合計といたしまして14億8,156万4,401円となりました。


 また、歳出合計では12億6,985万4,663円となりました。


 次に、米原駅東部土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の説明をさせていただきます。


 歳入合計では7億7,402万4,890円になりました。


 また、歳出合計は7億6,901万4,951円となりました。


 次に、米原市工業団地造成事業特別会計歳入歳出決算の説明をさせていただきます。


 歳入合計は1億9,672万6,709円となりました。


 また、歳出合計といたしまして1億9,664万7,800円となっています。


 次に、米原市住宅団地造成事業特別会計歳入歳出決算の説明をさせていただきます。


 歳入合計といたしまして1億1,236万1,970円となりました。


 歳出合計では1億1,207万2,656円となりました。


 次に、米原市駐車場事業特別会計歳入歳出決算の認定についての説明をさせていただきます。


 歳入の合計といたしまして1,404万7,277円。


 また、歳出合計では1,253万3,793円となりました。


 次に、米原市住宅新築資金等貸付事業特別会計の説明をさせていただきます。


 歳入の合計は2,723万6,368円となりました。


 また、歳出ですが、公債費のみで2,668万8,620円となりました。


 以上で、平成16年度の決算の説明を終わらせていただきます。


 よろしくご審議賜りまして、ご認定くださいますようお願い申し上げます。


 大変雑駁な説明で申しわけありませんが、よろしくお願いいたします。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第242号から議案第244号までの議案3件の説明を求めます。


 中川都市整備部長。


○都市整備部長(中川喜美夫君)


 それでは、議案第242号から議案第244号までの3議案を一括して補足説明申し上げます。


 まず、議案第242号 平成16年度山東町水道事業会計決算書および剰余金処分計算書案の認定につきまして、ご説明申し上げます。


 まず、1ページから2ページにかけての決算報告書につきましては14ページ以降の詳しく記入した附属書類がございますので、それで申し上げますので14ページをお開き願います。


 まず、事業収入に関する事項につきましては、すべて税抜きで表示しております。


 営業収益および営業外収益を合わせた水道事業収益は2億4,630万3,157円となりました。それに対して、事業費用に関する事項は、営業用および営業外費用を合わせた水道事業費用は1億6,386万2,196円となりました。予備費は支出しておりません。


 収入から支出を差し引いた本年度の純利益は、下段に記載のとおり8,244万961円の黒字となっております。旧山東町打ち切り決算利益剰余金として新市に引き継いでおります。


 15ページをご覧ください。


 資本的収入に関する事項は、工事負担金ほか会計補助金など国庫補助金を合わせた資本的収入は1億1,453万918円となりました。


 また、資本的支出に関する事項は、建設改良費および企業債償還金を合わせまして資本的支出は2億2,421万1,479円となりました。


 資本的収入が資本的支出額に対して不足する額は1億968万561円となります。


 その補てん財源としましては16ページの明細書をご覧ください。


 過年度損益勘定留保資金から7,643万6,698円と、減債積立金の取り崩しが2,772万7,000円、および当年度分の消費税資本的収支調整額から551万6,863円をそれぞれ合わせた1億968万561円で補てんするものであります。


 次に、3ページへお戻り願いたいと思いますが、損益計算書について説明申し上げます。


 下から3行目に、先ほど申し上げました当年度純利益は8,244万961円であります。前年度繰越利益剰余金はありません。したがいまして、当該年度未処分利益剰余金は8,244万961円となりました。


 次に、これの処分については6ページをお開きください。


 当年度未処分利益剰余金8,244万961円は、新市繰越利益剰余金として全額新市に引き継ぐものでございます。


 以上でございます。


 引き続きまして、議案第243号 平成16年度米原町水道事業会計決算書および剰余金処分計算書案の認定について、補足説明を申し上げます。


 1ページをお開き願います。


 収益的収入および支出でございますが、報告の数値はすべて税込みの金額でございます。


 収入の水道事業収益は、営業収益・営業外収益および特別利益を合わせまして、合計決算額が5億571万5,362円となり、予算額に比べ2億384万9,362円の増となりました。それに対して事業費用は、営業費用・営業外費用、特別損失と予備費を合わせまして、合計決算額が3億9,723万1,899円となり、予算額に比べて1億5,110万2,899円の減となりました。


 収入から支出を差し引いた本年度純利益は、税抜きで9,700万1,811円の黒字となっております。新市に引き継ぐものでございます。


 次のページをお開き願います。


 資本的収入は、企業債と工事負担金を合わせまして、合計金額が2億884万8,120円となり、予算額に比べ3億6,669万4,880円の減となりました。


 資本的支出は、建設改良費と企業債償還金と合わせまして、合計決算額が3億2,889万3,980円となりました。


 結果、資本的収入が資本的支出額に対して不足する額は1億2,004万5,860円となります。


 その補てん財源としまして、24ページの明細書をご覧ください。


 過年度分損益勘定留保資金1億603万656円と、当年度分消費税および地方消費税資本的収支調整額1,401万5,204円で補てんするものでございます。


 次に、3ページへお戻り願います。


 損益計算書については、下から3行目に、先ほど申し上げました当年度の純利益は9,700万1,880円であります。これに前年度繰越利益剰余金1,636万6,137円を加えた当年度未処分利益剰余金は1億1,336万7,948円となりました。


 次に、これの処分については、5ページをお願いします。


 当年度未処分利益剰余金1億1,336万7,948円は、新市繰越利益剰余金として全額新市に引き継ぐものでございます。


 以上でございます。


 引き続きまして、議案第244号 平成16年度米原市水道事業会計決算書および剰余金処分計算書案の認定について、補足説明を申し上げます。


 1ページから2ページにかけての決算報告については、13ページ以降の詳しく記載した附属書類がございますので、13ページをご覧ください。


 事業収益に関する事項については、すべて税抜きで表示してございます。


 営業収益・営業外収益および特別利益を合わせた水道事業収益は1億764万138円となりました。それに対して事業費用に関する事項については、営業費用・営業外費用および特別損失を合わせた水道事業費用は8,107万9,072円となりました。予備費は支出ございません。


 収入から支出を差し引いた本年度の純利益は、下段に記載のとおり2,656万1,066円の黒字となっております。


 次に、14ページの資本的収入に関する事項は、工事負担金、企業債、県補助金および出資金を合わせた資本的収入は1億1,687万4,735円となりました。


 また、資本的支出に関する事項は、建設改良費および企業債償還金を合わせた資本的支出は1億546万3,947円となりました。


 収入から支出を差し引きますと1,141万788円の黒字となっております。


 次に、15ページの補てん財源明細書をご覧ください。


 変更になったところは、前ページの資本的収入および支出に関する黒字額1,141万788円については、建設改良積立金として翌年度へ繰越しをいたしております。


 次に、3ページをお開きください。


 損益計算書についてご説明いたします。


 下から3行目に、先ほど説明申し上げた当年度純利益は2,656万1,066円であります。それに旧町の繰越利益剰余金を合わせた当年度未処分利益剰余金は2億2,236万9,975円となります。


 次に、これについての処分については6ページをご覧ください。


 当年度未処分利益剰余金2億2,236万9,974円は、減債積立金として8,333万1,000円を、建設改良積立金として1億3,903万8,974円をそれぞれ処分を行うものでございます。


 以上、まことに簡単ではございますが、3議案の補足説明とさせていただきます。


 よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 なお、平成16年度山東町・伊吹町・米原町および米原市各会計決算に関し、監査委員による決算監査の総括意見についての報告は、お手元に配付したとおりであります。


 以上で、監査委員の報告とさせていただきます。


 なお、今、部長さん、いろいろと補足説明をいただいておりますけれども、非常に細部までやっていただいております。もっと簡単に、これ常任委員会に付託される案件ですので、簡潔明瞭に意見を述べていただきたい、説明をしていただきたいと思います。


 次に、議案第245号から議案第247号までの議案3件の説明を求めます。


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 それでは、議案第245号から第247号の補正予算につきまして、ご説明を申し上げます。


 まず、議案第245号 米原市一般会計補正予算(第3号)についてでございますが、これにつきましては、10月1日近江町との合併に伴いまして近江町から引き継ぎます事務事業に係る歳入歳出予算等の補正を行うものでございます。


 歳入歳出予算の補正につきましては、近江町の一般会計既定予算額から9月末日の執行見込額を控除した額を基本とし、合併協議、事務事業の一元化による調整結果による増減額および新たな需要、状況の変化等により過不足が生じる予算について所要の調整を加え、補正予算として調製したものでございます。


 また、打ち切り決算に伴い生じる歳入歳出予算額の乖離および歳出予算の追加による歳入予算の不足する額につきましては、市税4,063万9,000円および平成17年度打ち切り決算による余剰金2億3,492万4,000円を計上し、収支の均衡を保つこととし、第1条に歳入歳出予算補正額を19億2,654万9,000円とし、補正後の歳入歳出予算額を180億2,494万9,000円と定めるものでございます。


 第2条で、滋賀県信用保証協会小規模企業者小口簡易融資保証債務損失補償の額を規定の1,496万円から1,672万円に変更するものでございます。


 また、第3条では、合併推進事業債1億円の追加と事業変更に伴う追加および許可額内示に伴う減税補てん債、臨時財政対策債の追加をそれぞれ行うものでございます。


 続きまして、議案第246号 米原市一般会計補正予算(第4号)でございます。


 坂田広域行政組合の解散に伴い、引き継ぐこととなる常備消防事業および障害児通園事業に係る所要額、合わせて8,553万円を歳入歳出予算に追加し、歳入歳出予算の総額を181億1,047万9,000円とするものでございます。


 また、打ち切り決算時に組合の財政調整基金を取り崩さず、米原市に帰属することとしたこと、打ち切り決算に伴う歳入歳出の乖離については、打ち切り決算に伴う余剰金と基金繰入金を予算計上することにより、歳入歳出予算の均衡を保つことで調整したものでございます。


 続きまして、議案第247号 米原市一般会計補正予算(第5号)についてでございます。


 第1条の歳入歳出予算の補正につきましては、7月の人事異動に伴う給与費について関係歳出予算の補正、事務機器等の移設、ネットワークの整備等近江町との合併関連経費に係る経費、当初予算成立後状況の変化などにより生じる予算の過不足について所要の補正をするものでございます。


 特に、近江町との合併により4分庁となることから、それぞれの庁舎の窓口における市民サービスの低下を克服するため、テレビ会議システムを導入する経費などについて追加するものでございます。


 以上、合わせ、歳入歳出予算の総額に2億1,195万円を追加し、歳入歳出予算の総額を183億2,242万9,000円とするものでございます。


 第2条では、計画策定業務が2カ年に及ぶことから債務負担行為の追加、第3条では、計画の変更に伴います地方債の借入限度額の変更をするものでございます。


 以上、予算計上いたしてございます事務事業の詳細につきましては、それぞれ所管の常任委員会において、所管の部・課からご説明申し上げますので、よろしくご審査賜りますようお願い申し上げます。


 以上でございます。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第248号から議案第254号までの議案7件の説明を求めます。


 岡田健康福祉部長。


○健康福祉部長(岡田勉君)


 議案第248号から議案第254号までの議案7件の補足説明をさせていただきます。


 まず、議案第248号でございますけれども、米原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、10月1日の近江町との合併に伴い、近江町から引き継ぎます事務事業に係る歳入歳出予算の補正を行うものでございます。


 歳入歳出予算の補正につきましては、近江町の国民健康保険事業特別会計既定予算額から9月末日の執行見込額を控除した額を基本とし、合併協議、事務事業の一元化による調整結果による増減額および新たな需要、状況の変化等により過不足が生じる予算について所要の調整を加え、調製したものでございます。


 歳入歳出予算、補正額を3億2,829万円とし、補正後の歳入歳出予算額を26億9,829万円と定めるものでございます。


 次に、議案第249号 米原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、歳入歳出予算の補正につきましては、10月以降のレセプト点検、臨時職員の賃金85万8,000円を追加し、補正後の歳入歳出予算を26億9,914万8,000円と定めるものでございます。


 次に、議案第250号 米原市国民健康保険直営診療所事業特別会計補正予算(第1号)でございますけれども、10月1日の近江町との合併に伴い、近江町から引き継ぎます事務事業に係る歳入歳出予算の補正を行うものでございます。


 歳入歳出予算の補正につきましては、近江町の国民健康保険事業特別会計施設勘定の既定予算額から9月末日の執行見込額を控除した額を基本とし、合併協議、事務事業の一元化による調整結果による増減額および新たな需要、状況の変化等により過不足が生じる予算についての所要の調整を加え、調製したものでございます。


 歳入歳出予算の補正額を6,586万2,000円とし、補正後の歳入歳出予算を4億3,886万2,000円と定めるものでございます。


 次に、議案第251号 米原市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)については、10月1日の近江町との合併に伴い、近江町から引き継ぎます介護保険事業に係る歳入歳出予算の補正を行うものでございます。


 歳入歳出予算の補正につきましては、近江町の介護保険事業特別会計既定予算額から9月末日の執行見込額を控除した額を基本とし、合併協議、事務事業の一元化による調整結果による増減額および、介護保険法の改正により新たな保険給付が生じることから不足額が生じる予算について所要の調整を加え、補正予算を調製したものでございます。


 歳出の保険給付費につきましては、8月利用分から翌年2月分までの7カ月分の保険給付を見込んでおります。


 歳入につきましては、介護保険の特別徴収につきましては半年分、普通徴収につきましては7カ月分ということで、歳出の保険給付費に見合う国・県支払基金、一般会計の負担割合に応じて歳入額を見込んでおります。


 歳入歳出それぞれ3億682万3,000円を追加し、予算の総額を22億1,482万3,000円とするものです。


 次に、議案第252号 平成17年米原市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)ですが、歳出で、介護保険法の改正により本年10月より新たに施行されることとなった保険給付費等を追加し、歳入では、歳出の保険給付に見合うそれぞれの負担割合による負担額を追加し、介護給付費準備基金繰入金を給付費の財源として取り崩し、また、繰越金を歳出返還金および繰出金の財源として追加するものでございます。


 歳入歳出それぞれ6,756万8,000円を追加し、予算の総額を22億8,239万1,000円とするものでございます。


 次に、議案第253号 米原市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、10月1日の近江町との合併に伴い、近江町から引き継ぎます事務事業に係る歳入歳出予算の補正を行うものでございます。


 補正の内容につきましては、近江町の老人保健特別会計既定予算額から9月末日の執行見込額を控除した額を基本とし、事務事業の一元化等によります増減額、新たな需要、状況の変化等々を勘案しながら調製したものでございます。


 歳入歳出予算の補正額を4億3,588万2,000円とし、補正後の歳入歳出予算を35億8,188万2,000円と定めるものでございます。


 次に、議案第254号 米原市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)については、歳入歳出予算の補正につきましては、平成16年度の老人保健医療給付費等の精算により生じますところの経費につきまして、所要の補正を行うものでございます。


 そのことにより、歳入歳出予算の総額に2,537万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を36億725万9,000円とするものでございます。


 以上、簡単ではございますが、7件の補足説明とさせていただきます。


 よろしくご審議のほどお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第255号から議案第259号までの議案5件の説明を求めます。


 中川都市整備部長。


○都市整備部長(中川喜美夫君)


 それでは、議案第255号から議案第259号までの5議案について、一括して補足説明をさせていただきます。


 まず、議案第255号 平成17年度米原市伊吹簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)について、今回の補正は、主に合併による水道課が近江庁舎に移転することに伴う費用であります。また、そのほか、合併後の業務統一の中で、今年度中に対応しなければならない補正をお願いするものであります。


 歳入歳出にそれぞれ121万円を追加し、総額を1億6,821万円とするものでございます。


 5ページをお開きください。


 歳入でございますが、前年度繰越金を121万円計上いたしております。


 7ページをお開きください。


 支出につきましては、需用費の消耗品として水道メーターボックスの中にある止水栓の透水を防止するためのキャップ購入費用として36万円を計上いたしております。


 委託料は、事務所移転に伴い、旧伊吹町の水道施設の遠隔監視用のパソコンを移動する費用50万円およびメーター止めの量水器を撤去するための費用25万円、合わせて75万円を計上させていただいております。


 諸支出金の償還金につきましては、漏水等の減免による過年度の償還として10万円を計上いたしております。


 以上であります。


 引き続き、議案第256号 平成17年度米原市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)について補足説明を申し上げます。


 今回の補正は、近江町との合併によるもので、下水道課の庁舎移転に伴います農業集落排水処理施設の遠隔監視器の移設に係る費用と、農業集落排水資源循環統合事業補助金確定による財源更正のための歳入歳出予算額の補正を行うものでございます。


 予算書の3ページをご覧ください。


 歳入でございますが、バイオマスの輪づくり補助金の確定により、繰入金を80万円減額し、県支出金として80万円を計上いたしております。


 また、繰越金として34万円を計上するものであります。


 次に、歳出でございますが、総務費で冒頭申し上げました農業集落排水処理施設の機器の移設業務委託費用として34万円を計上するものでございます。


 以上であります。


 引き続き、議案第257号 平成17年度米原市流域関連公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について補足説明を申し上げます。


 今回の補正につきましては、近江町との合併に伴い追加補正を行うものでございます。


 予算書の1ページをお開き願います。


 歳入歳出予算の補正といたしまして、歳入歳出それぞれ10億1,161万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ34億1,706万7,000円とするものでございます。


 それでは、歳入歳出予算について事項別明細書により説明させていただきますので、5ページをお開き願います。


 歳入でありますが、分担金および負担金で8,213万2,000円を、使用料および手数料で5,771万3,000円を、国庫支出金で2億6,200万円を、諸収入で7,467万円を、市債で5億3,510万円をそれぞれ計上いたしまして、歳入合計で10億1,161万5,000円の追加補正でございます。


 次に、歳出でございますが、総務費として7,420万円を、主なものとしては、受益者負担金等前納報奨金、施設維持管理経費、流域下水道維持管理負担金等であります。


 公共下水道事業費として7億9,468万8,000円を、主なものとしては、職員5名分の人件費や委託料、工事請負費、負担金補助および交付金、補償補てんおよび賠償金等でございます。


 公債費として、元金・利子等で1億4,222万7,000円を、予備費として50万円を計上しまして、合わせて歳出合計は10億1,161万5,000円の追加補正でございます。


 次に、4ページの第2表地方債の補正でございますが、借入限度額において流域下水道事業を2億1,200万円に、公共下水道事業を4億4,550万円に、特定環境保全下水道事業を4億3,690万円に、資本費平準化債を2億230万円にそれぞれ補正するものでございます。


 次に、20ページをお開き願います。


 今回の補正により、地方債の当年度末の現在高見込みについては記載のとおりでございます。


 以上でございます。


 引き続き、議案第258号 平成17年度米原市流域関連公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)について補足説明を申し上げます。


 今回の主な補正は、滋賀統合物流センター開発計画区域の公共下水道への編入に伴い、米原市全体の下水道計画の見直し、および事業認可に関する検討業務に係る追加補正を行うものでございます。


 歳入歳出予算の補正としまして、歳入歳出それぞれ1,00万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ34億2,706万7,000円とするものでございます。


 以上でございます。


 最後に、議案第259号 平成17年度米原駅東部土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)について補足説明をさせていただきます。


 歳入歳出予算の補正でございますが、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ3,055万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ13億3,945万円とさせていただくものでございます。


 今回の主な補正内容は、国庫補助金の減額内示によるものでございます。


 それぞれ事項別明細については記載のとおりでございますので、内容につきましては省略させていただきます。


 まことに簡単ではございますが、5議案の補足説明とさせていただきます。


 よろしくご審議をいただき、議決賜りますようお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第260号の説明を求めます。


 嶌田政策推進部長。


○政策推進部長(嶌田忠夫君)


 議案第260号 平成17年度米原市住宅団地造成事業特別会計補正予算(第1号)について、補足説明を申し上げます。


 今年度分譲を行っております南川住宅団地におきまして、団地内に防犯灯およびごみ集積所の設置を行いたく、1款1項1目の造成費について工事請負費80万円を増額し、3款1項1目の繰出金について減額補正をお願いするものであります。


 予算書は5ページ・6ページをお開きいただきたいと思います。


 南川住宅団地造成事業の造成費として、ごみ集積所設置工事費47万、防犯灯設置工事費33万、合計80万円を増額計上させていただき、一般会計への繰出金80万円を減額するものであります。


 まことに簡単でございますが、補足説明とさせていただきます。


 よろしくお願いいたします。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第261号の説明を求めます。


 岡田健康福祉部長。


○健康福祉部長(岡田勉君)


 議案第261号 米原市訪問看護事業特別会計については、10月1日の近江町との合併に伴い、近江町から引き継ぎます訪問看護事業に係る歳入歳出予算を定めるものでございます。


 近江町の訪問看護事業特別会計既定予算額から9月末日の執行見込額を控除した額を基本とし、10月以降見込まれる歳入歳出の所要の調整を加えまして予算として調製したものでございます。


 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ985万6,000円と定めるものでございます。


 以上、簡単ではございますが、補足説明とさせていただきます。


 よろしくご審議のほどお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 次に、議案第262号の説明を求めます。


 中川都市整備部長。


○都市整備部長(中川喜美夫君)


 それでは、議案第262号 平成17年度米原市水道事業会計補正予算(第2号)について補足説明をさせていただきます。


 今回の補正は、主に合併に伴い水道課が近江庁舎に移転することに伴う費用でございます。それ以外についても、緊急で対応しなければならない費用をお願いするものでございます。


 第1条は、米原市の水道事業会計補正予算(第2号)でございます。


 第2条は、収益的収入および支出でございますが、3ページをお開きください。


 収入の事業収益は、合併に伴う経費として一般会計からの補助金75万円を計上しております。


 支出の水道事業費用は、原水および浄水費として説明事項にありますとおり、委託料483万9,000円を、配水および給水費として委託料280万円、工事請負費75万円、合わせて355万円を計上しております。


 総係費として、トータルで913万9,000円の補正をお願いするものでございます。


 次のページをお開きください。


 資本的収入および支出でありますが、資本的収入は、合併に伴う経費として一般会計から補助金650万円を計上し、資本的支出は配水設備改良費として調査移転に伴う水道の監視用コンピューター移転に伴う経費として650万円を計上させていただきました。


 以上、まことに簡単でございますが、議案第262号の補足説明とさせていただきます。


 よろしくご審議の上、議決賜りますようお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 以上、説明が終わりましたので、これにて、総括説明を終結いたします。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


  日程第23


○議長(滝本善之君)


 日程第23、これより総括質疑を行います。


 議案第131号から議案第270までの議案140件を一括議題といたします。


 議案140件に対し、質疑はありませんか。


 37番、冨田茂君。


○37番(冨田茂君)


 37番、冨田です。


 1点お伺いしたいと思います。


 指定管理者制度の導入の件ですが、今回の条例の一部改正や条例制定の中に、例えば図書館とか公民館、福祉施設、それからその他の観光文化施設等、すべて条例の中でこの指定管理者制度がうたわれてきました。


 そこで、お尋ねしたいんですが、18年の4月1日が施行日になってますが、すべてこの条例に基づいて指定管理者制度を導入し民間に任せるつもりなのか、それとも、現在、直営であっても条例上今後において必要が生じたときに適用できるよう、条件の整備をされたのみなのかどうか、まず最初にその点、確認したいのでよろしくお願いしたいと思います。


○議長(滝本善之君)


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 ただいまお尋ねの件でございますけども、今回の条例改正につきましては、条件整備を整えていこうということで提案をさせていただいたものでございます。


 よろしくご理解賜りますようお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 37番、冨田茂君。


○37番(冨田茂君)


 それなら、わざわざ付則に、18年4月から実施するけども、それ以前に必要な手続きができる、いわゆる今年17年度中に指定管理者制度が導入できるような手続きができると付則にうたってますわね。これ、わざわざうたってる条例については、今年度中にそれをして、条件整備だけやったら要らないのにわざわざうたってるところについては、そういう今の指定管理者制度を18年4月から実施するためにわざわざ付則にそれを入れられたかどうかと、図書館なんかは今年の10月1日に施行月日がなってますが、図書館の場合は、例えば近江図書館が既に10月1日にうたってるいうことは、指定管理者制度が導入されて民間に任されているということで10月1日になってるんか、その2点だけ再度確認したいと思います。


 よろしくお願いします。


○議長(滝本善之君)


 林総務課長。


○総務課長(林美津雄君)


 図書館につきましては、今の合併に伴います条例改正がありましたので、日付を10月の1日としたものでございます。


 もう1点の方、ちょっと冨田議員、よろしくお願いします。


○37番(冨田茂君)


 すみません。


 条例の付則がありますね。


 付則の中で、18年4月1日から施行するけど、それ以前に必要な手続きが今年度中にできるとうたってるのが幾つかというか、ほとんどそうなってるんですけども、これは何のためにわざわざ入れられたんか、条件整備だけなら、今年度中にそんな準部が要らないのに、わざわざそれを入れられてるいうことがわからないので。


○議長(滝本善之君)


 平尾市長。


○市長(平尾道雄君)


 付則の関係につきましてはですね、平成18年4月からの施行というふうに本条ではうたっておりますが、所要の準備につきましては、本年度中から開始するものがあります。すなわち、公募をする、あるいは審査をするという所要の事務につきましては行う施設等もございますので、付則でうたったものだということでご理解いただきたいと思います。


○議長(滝本善之君)


 冨田茂君。


○37番(冨田茂君)


 例えば、具体的に227号で、北部デイサービスセンター条例の制定とございますね、それの付則を読んでみますと、指定管理者に必要な手続きその他の行為については、この条例施行前においても第9条および第10条の規定により行うことができるということで、施行前においてもそういうことができるということで、この場合ですと、18年の1月1日、今年度から例えばデイサービスセンターについては指定管理者を導入すると、そういうことで解釈させていただいてよろしいですか。


 わかりました。


○議長(滝本善之君)


 よろしいですか。


 ほかにございませんか。


 29番、西堀議員。


○29番(西堀守弘君)


 私も同じ指定管理者制度についてお伺いしたいんですけど、実は、議案第221号から270号まで20件ほどあります。その中で、この表現方法が今、冨田議員が言われたように、二通りある。もう1つ、私はあると思うんですが、例えば、近江町のはにわ館なんかは、これの導入については全く条例を変えてないというように三通り、今回の議案の中にはとれる内容があると思います。


 ですから、この公の施設の指定管理者を導入するにあたって、導入する部分と直営で行う部分と両方考えられているんかなと、こういうふうに思うんですけど、その辺の線引きはどのようにされてるのか、お伺いしたいと思います。


○議長(滝本善之君)


 林総務課長。


○総務課長(林美津雄君)


 最初の質問のはにわ館でございますけども、御存じのとおり、近江町の図書館と一体的な建物に建ってます。図書館の方につきましては、今回上げておりまして、はにわ館については、そこら辺の建物の整理をしながら今後考えていきたいと思ってます。


 また、直営の話があったんですけども、すべてあと12月の議会に、残りの建物についても上げていきたいと。例えば、地域に地縁団体か自治会にお願いする建物もあるかと思いますので、そこら辺の整理につきましては、12月の議会にこの指定管理者という形で上程していきたいと思います。


 よろしくお願いします。


○議長(滝本善之君)


 西堀議員。


○29番(西堀守弘君)


 私も指定管理者制度導入については、やぶさかではないんですけど、ただ、例えば、このルッチプラザとか図書館、あるいは公民館という施設におきましては、ボランティア活動によりまして、例えば花を生けたり、あるいは植栽をやったり、切符のもぎりを応援してもらったり、掃除をしてもらったりというようなことで、地域との協働があって初めて成り立っているようなところがございます。


 また、グリーンパーク山東などは、ある程度地域住民との協力関係がないとなかなか難しいんではないかなと、こういうふうに思いますので、その導入にあたってはケース・バイ・ケースで検討していただくことが大事ではないかなと、こういうふうに思います。と言いますのは、今までせっかくこういうふうに協働ができていたところを、これを導入したことによって全くボランティアの方からの協力が、当然営利業者を入れることになりますので、ボランティアでそこを応援しようという気持ちの方は全くなくなると思いますので、そういう点からしますと、ぜひその辺の判断はきちっと立てていただいて、導入に踏み切るか、踏み切らないか決めていただきたいと、こういうふうに思います。


 そのことについての考えをお伺いしたいと思いますが。


○議長(滝本善之君)


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 議員仰せのとおり、そのことにつきましては十分検討してまいりたいというふうに考えておりますので、よろしくご理解賜りたいと思います。


○議長(滝本善之君)


 よろしいですか。


 そのほか、ございませんか。


 大澤議員。


○1番(大澤勉君)


 1番、大澤です。


 この131から270すべてに総括しての質疑というのは、非常に困難です。


 私、条例だけの関係で質疑をさせていただきたいと思いますが、議長、よろしいですか。


○議長(滝本善之君)


 結構です。


○1番(大澤勉君)


 それでは、改正、そして新たな制定も含めて非常に110本以上に及ぶ条例の案件があるわけなんですけれども、この合併に伴う経過措置としての条例改正、これはやぶさかでないと思っております。


 また、この条例につきましてはですね、米原市がスムーズに新市がスタートできるようにということで専決執行されたものでもございます。また、政令に基づくものとか、合併協議に基づくもの等々でされているんですが、その執行をするための規則であったり、細則であったり、また要綱であったりというものにつきまして、非常に事務方が一生懸命調整をしてくれたと思うんですけれども、そのことについて、合併後、市民の皆さんから非常にサービスが低下したとかいうようなことで苦言をいただいている部分もありますし、この新市がスタートしてから非常に短期間の間にそれを調整していただいたものを、この米原市にとって適正な条例、なおかつ施行による規則等々が適正であるかどうかというのを、これは見直しであったりすべきことが必要であると思います。


 そうしたことについて、市長にお尋ねしたいんですが、そのことについてですね、一たん条例について、また規則、要綱について定めたものですが、それを再度米原市にとってバランスよく、アンバランスな規則であるのかどうか、また市民にとって、これが適切な規則であるのかどうか等々についてもですね、さらに調整をされる意向があるのかどうかをお聞かせいただきたいと思います。


 また、今回、事務分掌につきましても提案がありました。これは、近江町の皆さんと合併ができるということでの配慮が多分に見え隠れするような、どうも事務分掌の設定じゃなかろうかというような危惧をいたしております。


 というのは、市長が本日の招集挨拶にもお話しされましたけれども、行財政改革をどんどん進めていきたいというようなお話をされました。また、横断的な組織機構の中でしっかりとした市の体制をつくりたいというお話もされました。そういう上では、今回、事務分掌等々につきましても非常に、この合併をし、また分庁方式をとるがゆえにどうしてもそうした形に持っていかざるを得ないというふうなお気持ちが見え隠れしているのがあるんじゃないかと。現実、米原市そのものでも運営できている事務分掌機構であります。それをわざわざ分離し、部を拡大し、さらにはそこに事務分掌を振り分けていくというようなテクニックについては、いささか逆行しているんじゃないかなと思います。


 そういうことについても、分庁形式をとって、その後ですね、再度その機構についても見直しをしていく可能性についてもどのようなお考えをお持ちか、お尋ねしたいと思います。


○議長(滝本善之君)


 平尾市長。


○市長(平尾道雄君)


 1点目の合併協議の事務的調整内容について不都合、アンバランスがあれば見直しをするのかということですが、このことにつきましては、私は先月の谷田議員の質問であったかと思いますが、あくまでも合併の段階での調整は調整であって、その結果が市民の皆さんやら行政の執行上不都合があるということが明らかになればですね、このことは改めるにやぶさかでないというふうな考え方をしております。


 具体的に、私もいろいろと市民の皆さんから声を聞いています。


 で、この部分については、本当に合併して結果としてよくなってないよということを聞く部分が幾つかあります。この点については、もちろん議会と議論をしながら、私はやっぱり、せめて18年度当初に少しやっぱり「こう変えました。」ということを議会との同意を得ながらしていきたい点も幾つかございます。そういう姿勢でございます。


 それと、2点目の行財政改革を進めると言いつつも、近江町との合併時に、率直な言い方をしますと、組織としては肥大化させてしまったんではないかと、このことをどうするのかという率直なお尋ねだと思います。私も全くその分を否定できないという状況にあることは認めざるを得ないと思います。しかしながら、私は内示の段階で職員には訓示をいたしました。


 あくまでも10月1日の組織機構、そして人事配置は合併時の組織機構であって、人事配置とならざるを得なかったと。そういう意味では、9月1日内示段階から、そして10月1日からまさに目標は6カ月、この間に合併時を超えて行革職場に変えていきたいので、まさにそこから見直しを始めてほしいということを申し上げています。


 多分、ご指摘の内容は、市民部等の新たな部の創設に伴ってですね、医療と保険分野を現状の健康福祉部から切り離した内容じゃないかと思いますが、このことについても随分内部では議論をさせてもらいました。


 ただし、問題として私が取り組ませてもらいましたのは、いわゆるその福祉医療の中での資格の問題とか給付、さらには税務行政との一体化という点については、市民部という中で取り組むことも一応是ではないかということで、必ずしもその医療と福祉分野が切り離されたとかですね、そのことによって全体としての執行体制に課題が、あるいは問題が出るというふうには思っておりません。むしろ、市民の要望に応える、あるいは事務の効率化という点では現在の医療給付と納税指導、このことを一元化するセクションを置くということにおいて、国保あるいは直診の診療所等についての対応を市民要望に応える内容で進めたいというふうに考えておりますので、ともかくもこれで出発させていただきたいというふうに思いますので、ご理解いただきたいと思います。


○議長(滝本善之君)


 よろしいですか。


○1番(大澤勉君)


 結構です。


 細部にわたりましては委員会で質問したいと思います。


○議長(滝本善之君)


 そのほかは、ございませんか。


 丸本議員。


○3番(丸本義信君)


 3番、丸本です。


 先ほどの指定管理者制度に戻るかもわかりませんが、法の精神によりますと、設置の目的は効率的な達成ということで、いわゆるその官から民という部分だと思いますが、必ずしも民が効率的な部分ではないと思うんですが、その中で、先ほど、すべての公の施設を指定管理者制度の対象にするという回答がありました。直営の施設というのはあり得ないことになるんですか。


 それともう1つ、指定手続きにおきましては、市長権限の部分が少し高いと、透明性を欠く部分がある。その中身としましては、検討委員会、それが内部職員で構成されているという部分に透明性が非常に欠くのではないかという部分が指摘されますが、その点についてお答えをお願いしたい。


○議長(滝本善之君)


 平尾市長。


○市長(平尾道雄君)


 指定管理の問題につきまして、この総括質問で幾つかお尋ねがありましたので、この際、明確にお答えをしておきたいと思いますが、指定管理制度といいますのは、いわゆる民間事業者における施設、公的な施設を管理するという目的の中には、もちろん効率化、あるいは経費的な節減の問題等もありますが、私は、そのことも一言として持っておりますが、むしろ身近な施設を市民の皆さんがもっと身近なところで運営ができる、そういう点で官から民へという思いをさせていただいてます。そういった点では、直営のものはないのかというご質問ですが、当然結果として、これは公が担っていかなければならないものが当然出てくると思います。しかしながら、そのことが、今決めかねているという状態の中で、すべての公の施設について指定管理者制度が受け入れられる、あるいはそれが進められる条件整備としての条例改正をさせていただいたということでございましたので、すべてが指定管理者制度で民に移していくんだというふうな考えではございませんので、ご理解をいただきたいと思います。


 それと、そのことを決めていくプロセスに行政内部だけではどうかという話、当然であります。私は、公募をする、あるいは指定管理の審査をする点につきましても、議会も含めて市長権限だけでないところでの意見も賜りながら、事を進めていきたいというふうに思っておりますので、ぜひご協力をお願いいたしたいと思います。


○議長(滝本善之君)


 丸本議員、よろしいですね。


 27番、三田村議員。


○27番(三田村定君)


 27番、三田村です。


 今の指定管理者制度の問題、市長の回答で大体わかったんですが、私は、必ずしもこれは悪い制度ではないというふうに思っているんですが、運用次第ではそういうことになるということだと思うんですね。


 今出てるのは、ストレートに民間、民間という言葉が出てますが、地方自治法の244の2項でやってるわけでしょう。これにもそう書いてます。それから、今年の2月にできた条例にありますね。米原市の公の施設に係る指定管理者の指定手続に関する条例というのがあるわけですから、これをやっていくとね、むやみやたらに誰でも指定管理者になれるわけではありませんわね。公共的団体というふうになってます。で、公共的団体は、また、この行政解釈の中で必ずしもこういうものではないというふうに書かれてるわけですけども、ここのとこの解釈を間違うと、僕は一番問題になってくると思う。で、必ずしもそれは法人を言うわけでもないというふうに書いてますから、非常に幅の広い解釈ができるようになってます。


 そこでですね、やはり先ほどからも意見が出てますように、少なくとも、これの目的というのは、市長さっきおっしゃってるように、公の施設の効率的運営についてということで地方自治法が決めてるわけですから、それを米原市のこの条例に書いてるわけですね。これをやっぱりきちっと運用していくという中でね、やはりこの指定管理者制度の中で、単なる変な指名入札制度みたいな話じゃなしに、やっぱり先ほどもおっしゃってるように、地方公共団体に最も協力的な地元に近い人をやっぱり選定をしてくという形でないと、非常に問題が出てくるし、それから、もう1つは、そう簡単に引き受ける人が誰でもかれでもあるわけやない、サービスが今よりも低下させてはいけないと書いてある。条例の4条か何かにね。指定管理者制度を取り入れたときには。そうなると、そう簡単に今よりもコストの安いので受け取ったるいう人が、僕はそれほどぞろぞろと、先ほどの話やないけども、相当のボランティアの力でも借りられる管理者でないと、そう簡単にはいかないような気がするわけなんです。したがって、そこら辺のところは十分に、当然今よりもコストが安なることが条件でなかったら何のために指定管理者制度をとってるのかわかりませんから、そういうことを十分に吟味していけば、僕はそれほど問題は出てこんと思いますけども、これを今回の条例だけをばあーっと読むと、ストレートにそのことだけを見ると、これは大変なことになるぞと。住民サービスの低下を含めてね。ここは、やっぱり運用のときにぜひ十分に条例に基づいてやっていただくと。それから、先ほどもおっしゃってるように、何条でしたか、これは議会にかけることになってますね。指定管理者を指定したいときには、議会の承認を得ることになってるわけですから、その辺のところは行政が一方的にやれるわけやないというふうに僕は解釈してるんですけども、その辺のことは間違いでなかったら、もしご回答があれば、市長の方からお願いします。


○議長(滝本善之君)


 平尾市長。


○市長(平尾道雄君)


 そこら、ちょっと私、まだ不勉強のところがあるんですが、この指定管理者制度は単なる契約ではないわけです。行政処分であります。


 そのことに伴いましては、議会の議決が必要でありますので、今、三田村議員おっしゃったような手続きの中で公明正大に事を進めていきたいと思います。


 ただ、私は、既成の概念として、今までこうであるから、このままでいいんだということにはならない。そのことは、この時代に行政改革も含めて大いに議論をしていくべきだろうということで、公の施設について指定管理がどこでも導入できる条件整備だけは、まずはしておきたい。そのことの上に立って公募をする、あるいは公募をしたとしても、本当にそれがふさわしいのかどうか、そのことが地域で受け入れられるのかどうか、この点も含めて議論をして結論を出していきたいというふうに思っておりますので、よろしくお願いいたします。


○議長(滝本善之君)


 ほかに、ございませんか。


 梅野議員。


○28番(梅野幸雄君)


 28番、梅野です。


 条例の関係で1つお伺いしたいと思いますけども、議第158号の中で、職員の給与に関することで条例の改正がなされようとされておりますが、その中で、第3項と第4項、第3項については、1つの追加、いわゆる生命保険、団体保険に対するところの生命保険の控除、それから新しく今度は損害保険が控除されるというふうになっております。それからまた、第4項の関係では、市長が指定する云々というようなことで、何か組織としての会費等を徴収するときには控除できるということになっておるわけでございますけれども、これらの関係については、もちろん労働基準法的な話を申し上げますと、24条の関係が大いに関係してくるわけでございますけれども、地方公務員については、その労働基準法の適用がなされないということになっておりまして、条例で決められるということについては、別にいいとは思いますし、そういったような意味でいわゆる条例で定められると思いますが、こういったような、給料から控除するということにつきまして、なぜこういったようなことになったのか、そこら辺のところをひとつお聞かせ願いたいというふうに思います。


 いわゆるその職員からの要望があったのか、また、極端な話が、損害保険ということになっておりますので、損害保険会社の方からの何か要望があったのか、そこら辺のとこもちょっと聞きたいというふうに思います。


 なぜ、このようなことが改正されたのか、その意味についてお伺いしたいと思います。


○議長(滝本善之君)


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 ただいまの158号の給与条例の改正でございますけれども、今回、近江町と合併いたしますと、近江町の条例の中に損保会社が控除の対象になってるというものがございます。それに伴いまして、今回、近江町との合併に伴いまして、条例の改正を行いたいというものでございます。


 また、第4項の追加でございますけども、ただいま、県の職員が私どもの米原市の方へも出向派遣で職務に当たっております。そういう中で、県では控除できていたものが米原市では控除ができないというふうな事例も出てまいりますので、今回、あわせて1項を追加して、その対策をしてまいりたいというふうに考えているところでございます。


 また、新たに新規でそういった控除をする場合には、慎重を期してまいりたいというふうに考えておりますので、ご理解賜りますようよろしくお願いいたします。


○議長(滝本善之君)


 よろしいですか。


 梅野議員。


○28番(梅野幸雄君)


 控除の関係につきましては、基準法の関係で賃金は全額通貨で払うというのが大原則になっておりますので、むやみやたらにこういったような控除の関係をするときには、今ほど総務部長が言いましたように、ひとつ慎重にやってほしいというふうに考えます。


 それから、この問題と一つ離れまして、もう1点お聞きしたいのがあるわけですけれども、自治法の168条の関係によりますと、収入役は市町村において1人置くという言い切り方がされております。ところが、当市におきましては、3月議会でしたか、6月議会で、収入役は置かないということで議会でも承認をしておりますので、このことについてはやぶさかではありませんけれども。


○議長(滝本善之君)


 梅野議員、すみません。


 総括質疑なんで、この質疑については一般質問とか、そういう形でお願いしたいんですわ。基本的に、趣旨説明は3月議会で市長からきちっとされてますし、総括質疑に当たりませんので、恐れ入りますけど、この分は省かせていただきます。


○28番(梅野幸雄君)


 わかりました。


 だから、そのことの兼掌が云々ということにつきましては、もうこれ以上のことは私は言わないつもりでございますけれども、ただ一つ言っておきたいのは、ただいま予算なんかが説明がされました。補正予算がそれぞれ提案がされたわけでございますけれども、一般の経費と、それから特別会計を合わせましてもちょっと計算しただけで300億円を越えるというような大きな予算になってまいりました。したがいまして、そういったような予算は恐らく指定金融機関をはじめ、その他の金融機関を通じて出たり入ったりするということになってまいると思います。


 したがいまして、そういったような金融機関に対するところの、いわゆる目を光らす必要が出てくるように思います。したがいまして、施行令の中でも収入役がそういったような金融機関を定期的に、または臨時に検査をしなさいということが明確に定められておるわけでございます。そのことについて、収入役として兼掌されておる助役さんの考え方、そういったものをお聞かせ願いたいというふうに思います。


○議長(滝本善之君)


 梅野議員、すみません。


 意味はわかりますけれども、基本的に総括的な質疑ですので、この全体の予算についての質疑はお受けしますけども、収入役とか、そういう問題とはちょっと意味が違うと思いますので、この問題はまた一般質問等で、どこかまた別のところで質問をしていただければ、ありがたいと思います。


○28番(梅野幸雄君)


 総予算の予算編成が提示されまして、その予算編成の金額を受けてのお話を申し上げておるわけです。


○議長(滝本善之君)


 収入役の問題につきましては、3月議会で全議員さんが承認をして、すべてが進んでおりますので、今、収入役をどうのこうのという話はないと思うんです。


○28番(梅野幸雄君)


 収入役さんの兼掌について、とやかくということは言いませんということでお断りをして、金融機関に対するところの検査の関係について、どのような考えを持ってこれから進めようとされておるのか。


○議長(滝本善之君)


 ちょっと理解できませんので。


 総括的な質疑とちょっと離れてきましたので。


○28番(梅野幸雄君)


 これは、一般質問の中でも恐らくできないと思います。一般質問止められると思いますよ。


○議長(滝本善之君)


 一般質問はできます。


 自分の意見を述べていただいたら結構ですので、ただ、ここは総括的な質疑ということですので、一応却下をさせていただきます。


 中野議員。


○35番(中野卓治君)


 1つだけお願いしたいと思います。


 今の指定管理者制度の導入にあたってですね、どういいますか、内部職員だけでこういうことを決められては、開かれた行政を目指すという市長のあれがちょっとおかしいんじゃないかと思うんですが、その辺、検討委員会のメンバーの中によく入れていただくことをお願いしたいと思います。


 以上です。


○議長(滝本善之君)


 その点につきましては、先ほど、市長が答弁したと思います。


 検討委員会に一般の人を入れるということでご理解いただきたいと思います。


 市長。


○市長(平尾道雄君)


 指定管理者の手続きにつきましては、まず公募をするということで、行政内部で議論をします。その後、公募に応じて審査を行います。ここらあたりで結果として議会の議決を得るわけでございますから、議会とも相談をするという範囲で今日は答弁をさせていただきたいと思います。


 以上でございます。


○議長(滝本善之君)


 三田村議員。


○27番(三田村定君)


 細かい話になってきてやめとこうと思うたんやけど、今の条例改正を見ると、4から9条までやったか、市長とあるは教育委員会というふうに読み替えるか何か書いてましたな。はっきり言って。そんなもんやってくと、果たして教育委員会は一体どういう結論を出しとんのか、その中からまたこの住民を公募して審査するとかどうとか、僕は、審査やなしに運用をもっときちっとしたものをつくって出してもらえば、そういうことは解消していくと思うんやで。この条例だけ見てるとそういうことになると、僕が言ってるのはそういうことなんですよ。はっきり言って。


 今回出た中で、大半と言えるぐらい教育委員会に属するやつが、所管事項のものがありますわな。あれは、条例ずうっと読んでいったら、条例の中の下の方に最後に書いてましたね。市長とある場合は、4条から6条までかしらんと、11条から何条までやらは皆、指定管理者を指定する場合の手続きやらいろんなことが書いてる。そこのところは、教育委員会所管事項は、教育委員会というふうに読み替えると、こう書いてある。はっきり言うて。


 この条例というのは、やっぱりもう少し各委員会で十分やってもらえりゃいいと思うけども、僕は問題点だけを総括の中で提起していきますから、そこのとこをもう少し丁寧に各委員会で説明をしてもらいたいということだけ注文しときます。


○議長(滝本善之君)


 よろしいですね。


 質疑も出尽くしたようですので、これにて総括質疑を終結いたします。


 暫時休憩をいたします。


                午後3時58分 休憩


              ――――――――――――


               午後4時10分 再開


○議長(滝本善之君)


 休憩前に引き続き、会議を開きます。


 お諮りをいたします。


 決算特別委員会の設置について、および正副委員長の選任についてを日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


                 (「異議なし」)


○議長(滝本善之君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、ただいまの2件を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。


 日程変更の順序は、お手元に配付した追加日程表のとおりですので、ご了承をお願いいたします。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


  日程第24


○議長(滝本善之君)


 日程第24、決算特別委員会の設置についてを議題といたします。


 議案第238号から議案第244号の議案7件につきましては、議長を除く全員の委員をもって構成する決算特別委員会を設置し、それぞれ旧町ごとに分科会を設置すること、また、米原市については旧山東町3名、旧伊吹町2名、旧米原町3名、計8名からなる分科会を設置し、これに付託の上、審査することにいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


                 (「異議なし」)


○議長(滝本善之君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議案第238号から議案第244号までの議案7件については、議長を除く全員の委員をもって構成する決算特別委員会を設置し、4分科会に分かれて付託審査することに決定いたしました。


 決算特別委員会における4分科会の委員構成について、議長に一任とさせていただきたいと思いますが、ご異議ありませんか。


                 (「異議なし」)


○議長(滝本善之君)


 異議なしと認めましたので、お手元に用意しました決算特別委員会委員名簿のとおりいたしたいと思います。


 分科会会長については、互選に基づき指名したいと思いますので、次の休憩中に各分科会ごとに互選方お願いをいたします。


 暫時休憩をいたします。


                    休憩


              ――――――――――――


                   再開


○議長(滝本善之君)


 休憩前に引き続き、会議を開きます。


 ただいま、分科会会長が互選されましたので、事務局より朗読させます。


 事務局。


○事務局長(古川光男君)


 自席から失礼いたします。


 それでは、報告をさせていただきます。


 旧山東町の分科会会長に佐藤議員、それから旧伊吹町分科会会長に大澤議員、それから旧米原町分科会会長に冨田議員、それから平成16年度の米原市分科会長に川崎議員、以上の4名でございます。


○議長(滝本善之君)


 お諮りをいたします。


 ただいま、事務局が朗読いたしました4名を決算特別委員会各分科会会長に指名いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


                 (「異議なし」)


○議長(滝本善之君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま、朗読いたしました4名の諸君を決算特別委員会分科会長に選任することに決定いたしました。


     ―――――――――――――――――――――――――――――――


  日程第25


○議長(滝本善之君)


 日程第25、決算特別委員会正副委員長の選任についてを議題といたします。


 決算特別委員会正副委員長の選任につきましては、ただいま選任されました決算特別委員会分科会長4名の互選によることといたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


                 (「異議なし」)


○議長(滝本善之君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、決算特別委員会正副委員長の選任については、分科会長4名の互選とすることに決定いたしました。


 ただいま、選任いたしました決算特別委員会分科会長4名の方は、次の休憩中に決算特別委員会正副委員長の互選を行い、その結果をご報告願います。


 暫時休憩いたします。


                    休憩


              ――――――――――――


                   再開


○議長(滝本善之君)


 休憩前に引き続き、会議を開きます。


 決算特別委員会における正副委員長の互選の結果について報告がありましたので、事務局より報告をさせます。


 事務局。


○事務局長(古川光男君)


 失礼します。


 決算特別委員会委員長に大澤議員、同じく副委員長に佐藤議員。


 以上でございます。


○議長(滝本善之君)


 ただいま、事務局より報告のありましたとおり、両名を決算特別委員会正副委員長に選任することに決定いたしました。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


  日程第26


○議長(滝本善之君)


 日程第26、議案の委員会付託を行います。


 各議案の付託は、お手元に配付いたしております議案付託表のとおり、それぞれの常任委員会、特別委員会へ付託いたします。


 各委員会、特別委員会において審査方よろしくお願いをいたします。


 ただいま、付託いたしました各議案につきましては、それぞれの委員会での審査経過と結果につきまして9月27日の本会議において各常任委員会委員長、決算特別委員会委員長からご報告をお願いいたします。


 以上で、本日の日程はすべて終了いたしました。


 本日はこれにて散会をいたします。


 来る9月14日は、午前9時30時より本会議を開き一般質問を行いますので、定刻までにご出席方お願いをいたします。


 大変御苦労さんでございました。





               午後4時34分 散会