議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 米原市

平成17年第2回臨時会(第1日 7月27日)




平成17年第2回臨時会(第1日 7月27日)





        平成17年米原市議会第2回臨時会 議事日程 (第1号)


 
               平成17年7月27日 午前10時30分開議


                     場所  米原市議会議場


┌───┬───────┬────────────────────────────────┐


│ 日程│議案番号   │件        名                      │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  1│       │会議録署名議員の指名〔  番    議員.  番    議員〕 │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  2│       │会期決定について                        │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  3│       │諸般の報告                           │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  4│推薦第4号  │米原市農業委員会委員の推薦について(常喜 共三氏)       │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  5│推薦第5号  │米原市農業委員会委員の推薦について(児玉 正昭氏)       │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  6│推薦第6号  │米原市農業委員会委員の推薦について(河内 正道氏)       │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  7│議案第110号│市長の提案理由の説明                      │


│   │〜      │                                │


│   │議案第114号│                                │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  8 │議案第110号│工事請負契約の締結について                   │


│   │       │((仮称)息郷地域総合センター建設工事)            │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│  9 │議案第111号│工事請負契約の締結について                   │


│   │       │((仮称)人権総合センター建設工事)              │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│ 10 │議案第112号│平成17年度米原市一般会計補正予算(第1号)について      │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│ 11 │議案第113号│平成17年度米原市流域関連下水道事業特別会計補正予算      │


│   │       │(第1号)について                       │


├───┼───────┼────────────────────────────────┤


│ 12 │議案第114号│平成17年度米原市水道事業会計補正予算(第1号)について    │


└───┴───────┴────────────────────────────────┘





   平成17年 米原市議会第2回臨時会 付議案件表





┌─────────┬──────────────────────────────────┐


│  議案番号   │件            名                    │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 推薦第 4 号 │米原市農業委員会委員の推薦について(常喜 共三氏)         │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 推薦第 5 号 │米原市農業委員会委員の推薦について(児玉 正昭氏)         │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 推薦第 6 号 │米原市農業委員会委員の推薦について(河内 正道氏)         │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第110号 │工事請負契約の締結について((仮称)息郷地域総合センター建設工事) │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第111号 │工事請負契約の締結について((仮称)人権総合センター建設工事)   │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第112号 │平成17年度米原市一般会計補正予算(第1号)について         │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第113号 │平成17年度米原市流域関連公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)に │


│         │ついて                               │


├─────────┼──────────────────────────────────┤


│ 議案第114号 │平成17年度米原市水道事業会計補正予算(第1号)について       │


└─────────┴──────────────────────────────────┘








              午前10時40分 開会


○議長(滝本善之君)


 議員の皆様には、平成17年米原市議会第2回臨時会にご参集くださいまして、まことに御苦労様でございます。


 今期臨時会は、平成17年度米原市一般会計および特別会計補正予算や契約議決、農業委員会委員推薦など8件の議案が提案されます。


 いずれも慎重なご審議を賜りますとともに、議事が円滑に進行いたしますようお願いを申し上げ、開会のご挨拶といたします。


 ただいまの出席議員は39名であります。定足数に達しておりますので、これより平成17年米原市議会第2回臨時会を開催いたします。


 ただいまより、市長から招集の挨拶があります。


 平尾市長。


○市長(平尾道雄君)


 改めまして、おはようございます。


 臨時会ということでの開会に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。


 梅雨空も明けたということで本格的な夏の到来ということになりました。連日蒸し暑い日が続いております。


 議員の皆さん方にはご壮健にて議員活動にご精進賜っております。厚く御礼を申し上げますとともに心から敬意を表したいと思います。


 また、日頃の市政運営ということで、様々にご指導も賜っております。衷心より感謝を申し上げます。ありがとうございます。


 なお、ご覧のとおり、台風7号ということで市当局といたしましても警戒態勢の準備等も予定をしておりましたが、東海・関東方面ということで当方に被害等もなかったということでございます。


 なお、この間、地域では「やいと祭」をはじめ、様々な地域イベントに議員各位がご参加され、あるいはご尽力されているお姿にも接しさせていただきました。大変御苦労様でございます。と同時に、地域に新しい賑わいを議員各位がつくっておられるということにつきましても、心から敬意を表したいと思います。


 さて、今議会、臨時議会ということでは、任期満了に伴います米原市の農業委員会委員のうち、議会による委員の推薦をいただく案件に引き続きまして、執行部の方といたしましては、工事請負の契約締結につきまして、議会の議決をお願いする案件が2件、さらに平成17年度の米原市一般会計補正予算(第1号)、同じく米原市流域関連公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)、さらに水道事業会計補正予算(第1号)について、ご審議・議決を賜りたく、提案をさせていただくことになりました。


 特に、合併年度ということで、様々特殊な事情があるとはいいながらも、去る6月24日に第2回の定例会を済ませた直後に、平成17年度各会計予算につきまして補正ということで大変心苦しく存じております。しかしながら、状況の変化等これありということで、それぞれご説明を申し上げますので、ぜひともお聞き取りをいただきまして、ご理解を賜りましてご審議賜りたいと思います。よろしくお願い申し上げます。


 まことに簡単でございますが、開会に当たってのお願いとご挨拶ということでございます。よろしくお願いいたします。


 本日は御苦労様でございます。


○議長(滝本善之君)


 直ちに、本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


  日程第1


○議長(滝本善之君)


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において、21番議員 和田倬也君、22番議員 辻井与志君の両名を指名いたします。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


  日程第2


○議長(滝本善之君)


 日程第2、会期決定の件を議題といたします。


 お諮りをいたします。


 本臨時会の会期は、本日の1日間といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


                 (「異議なし」)


○議長(滝本善之君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、今期臨時会の会期は本日1日間と決定いたしました。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


  日程第3


○議長(滝本善之君)


 日程第3、これより諸般の報告を行います。


 最初に、議長の服務報告をいたします。


 報告事項につきましては、全員協議会において報告のとおりでありますので省略をいたします。


 次に、本臨時会の会議事件、説明のため出席を求めた者は、市長、助役、教育長、各部長、各自治センター長、主監・会計課長、総務課長および財政課長であります。


 以上で、諸般の報告を終わります。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


  日程第4


○議長(滝本善之君)


 日程第4、推薦第4号 米原市農業委員会委員の推薦についてを議題といたします。


 この農業委員会委員の推薦につきましては、現在の委員の任期が7月19日をもって満了のため、農業委員会等に関する法律第12条第1項第2号の規定により、議会より市長に推薦するものであります。


 お諮りをいたします。


 推薦の方法は、議長による指名推薦といたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


                 (「異議なし」)


○議長(滝本善之君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議長による指名推薦とすることに決しました。


 お諮りをいたします。


 推薦第4号、本議会が推薦する農業委員に常喜共三氏を推薦したいと思いますが、これに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、常喜共三氏を推薦することに決定いたしました。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


  日程第5


○議長(滝本善之君)


 日程第5、推薦第5号 米原市農業委員会委員の推薦についてを議題といたします。


 ここで、地方自治法第117条の規定による議員の除斥に該当いたしますので、児玉正昭君の退席を求めます。


               (児玉正昭議員 退場)


○議長(滝本善之君)


 お諮りいたします。


 推薦第5号、本議会が推薦する農業委員に児玉正昭君を指名いたしたいと思いますが、これに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、児玉正昭君を推薦することに決定いたしました。


 ここで、児玉正昭君の除斥を解きます。


               (児玉正昭議員 入場)


     ――――――――――――――――――――――――――――――


  日程第6


○議長(滝本善之君)


 日程第6、推薦第6号 米原市農業委員会委員の推薦についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 推薦第6号、本議会が推薦する農業委員に河内正道氏を推薦いたしたいと思いますが、これに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


 お直りください。


 起立全員です。


 よって、河内正道氏を推薦することに決定いたしました。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


  日程第7


○議長(滝本善之君)


 日程第7、市長より提案されました議案第110号から議案第114号までの議案5件について、市長より提案理由の説明を求めます。


 平尾市長。


○市長(平尾道雄君)


 それでは、提出議案の総括説明をいたします。


 議案の第110号であります。


 工事請負契約の締結でございますが、仮称であります息郷地域総合センター建設工事の請負契約を締結したいということで、米原市議会の議決に付すべき契約および財産の取得または処分に関する条例により、これを提案させていただくものでございます。


 同じく、議案第111号ということで、これも工事請負契約の締結でございます。仮称の人権総合センター建設工事の請負契約、これを締結したいということで、議会に付すべき契約および財産の取得または処分に関する条例に基づいての提案でございます。


 次からは、補正予算でございます。


 議案の第112号でございます。


 平成17年度の米原市一般会計補正予算(第1号)ということで、歳入歳出それぞれ1,500万円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額をそれぞれ160億8,000万円と定めるものでございます。


 内容につきましては、実は6月16日にご案内のように、滋賀県知事から滋賀県経済振興特別区域の認定を受けました。いわゆるSILC事業、このことを早急に推進するために、アクセス道路の協議を進めたいということで、資料作成等のために、測量設計委託料についての補正内容でございます。よろしくお願いいたします。


 次に、議案第113号ということで、平成17年度米原市流域関連公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)ということで、これにつきまして、歳入歳出それぞれ3,345万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ24億545万2,000円と定めるものでございまして、地方債の追加の内容でございます。


 同じく、議案の第114号ということで、平成17年度米原市水道事業会計補正予算(第1号)ということで、第2条で資本的収入額、資本的支出額に対する不足額2億1,782万8,000円を2億1,790万2,000円ということで、引継留保資金の2億1,187万円を2億1,194万4,000円に改め、資本的収入の第2項の企業債を新たに設けるということでの補正内容でございます。


 それぞれ資本的収入および支出の予定額を補正するとともに、第5条ということで企業債を設けまして、利率償還等の方法を定めるものでございます。


 以上、提案の説明とさせていただきます。


 よろしくお願いをいたします。


○議長(滝本善之君)


 市長からの提案理由の説明が終わりました。


 次の日程に入るに先立ち、お諮りいたします。


 日程第8、議案第110号から日程第12、議案第114号までの議案5件につきましては、会議規則第37号第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


                 (「異議なし」)


○議長(滝本善之君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議案第110号から議案第114号までの議案5件については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


 日程第8〜日程第9


○議長(滝本善之君)


 この際、議事の都合により日程第8、議案第110号と日程第9、議案第111号の議案2件を一括議題といたします。


 提案者の補足説明を求めます。


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 それでは、私の方から議案第110号、議案第111号につきまして補足説明をさせていただきます。


 まず、議案第110号でございますけども、(仮称)息郷地域総合センター建設工事に伴う工事請負契約の締結についてでございます。


 (仮称)息郷地域総合センター建設工事の指名競争入札を、去る7月22日に、指名業者9者によりまして執行をいたしました。開札の結果、長浜市山階町353番地の8、たちばな建設株式会社、代表取締役 松岡義隆氏が2億7,615万円で落札をいたし、仮契約をいたしたところでございます。


 今回の(仮称)息郷地域総合センター建設工事につきましては、地域総合センター、いわゆる隣保館といたしまして、同和問題の解決をはじめ様々な人権問題解決に向けた行政の責務を明確にし、一般対策として位置づけられた第二種社会福祉施設の隣保館として、平成18年度からの開設に向け建設をいたすものでございます。


 米原市議会の議決に付すべき契約および財産の取得または処分に関する条例第2条の規定に基づきまして、工事請負契約を締結することについて議会の議決を求めるものでございます。


 建設現場につきましては、米原市三吉1076番地、現在の三吉会館の跡地でございますが、三吉会館解体後に鉄筋コンクリート造2階建て、建築面積は409.19平米、延床面積は687.06平米を建設いたすものでございます。


 三吉会館解体工事および造成・外溝工事もこれに含まれているものでございます。


 どうぞよろしくお願い申し上げます。


 続きまして、第111号でございます。


 (仮称)人権総合センター建設工事に伴う工事請負契約の締結についてでございます。


 (仮称)人権総合センター建設工事の指名競争入札を、これも同じく去る7月22日に指名業者11者で執行をいたしました。


 開札の結果、米原市下多良字堂ノ前54、名工建設株式会社米原営業所、所長 谷村賢治氏が4億4,100万円で落札をいたしまして、仮契約をいたしたところでございます。


 今回の(仮称)人権総合センター建設工事につきましては、米原市の新市まちづくり計画の中で、人権教育の推進などを図るため、啓発活動や情報発信の拠点および地域の交流などを目指し、平成18年度からの開設に向け建設をするものでございます。


 これも同じく米原市議会の議決に付すべき契約および財産の取得または処分に関する条例第2条の規定に基づき、工事請負契約を締結することについて議会の議決を求めるものでございます。


 なお、工事概要につきましては、施設の用途は人権センター、男女共同参画センター、さらには少年センターの機能を持つ複合施設として、引き続き指定管理者制度を活用し、展開してまいりたいというふうに考えているところでございます。


 工事現場につきましては、米原市一色444番地に一色老人憩いの家の跡地に鉄筋コンクリート造2階建て、建築面積は759.67平米、延床面積は1,046.19平米を建設するものでございます。外溝工事および一色教育集会所の解体工事もこれに含まれているものでございます。


 以上、簡単でございますけども補足説明とさせていただきます。


 どうぞよろしくお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 これをもって、補足説明を終わります。


 これより、質疑に入ります。


 まず、議案第110号に対し質疑はありませんか。


 佐藤議員。


○4番(佐藤幸夫君)


 4番、佐藤。


 今、2件の工事請負契約が出ましたが、この工事表が今ここへ出ております。


 落札価格が111号・110号ともに出ておりますが、これの落札率はいくらであったかということをお聞きしたいと思います。


 ということは、現在、住民オンブズマンやなんかが、いろいろと問題にして考えておることは、落札率がいかにも似合わんようなものではないのかということが全国的にもはやっております。


 まあ、300円出しゃあ、これの情報開示もしていただけるわけですが、300円というみみっちいこと言うとらんと、住民が一番関心を持っておる落札率というものはいくらかということを公示にも書いてもらってもいいんじゃないかと。私は議員でありながらそれもわからず、こういう議会で問い合わせなければ出てこないということではなく、新しい平尾市政の目玉としてでも、これを開示をしていただきたいと、そのように思うんですが、それには何か不都合があるんでしょうか。その点をお聞かせ願いたいと思います。


○議長(滝本善之君)


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 入札の率につきましては、公表する項目には入ってないというふうに私、存じておりますので、それと、今日ここへの手持ち資料として私も今現在、手持ち持っておりませんので、よろしくお願い申し上げたいと思います。


○議長(滝本善之君)


 佐藤議員。


○4番(佐藤幸夫君)


 これはね、やはり新しい市政として住民に安心感を与えるということで、そういう道を選んでいっても何も不都合はないんではないだろうかと。ところによっては、これを公表しているところもあります。そういう中において、今担当者自体も、この落札率も知らないと、わからないと、資料がないと言われるような状況ではどんな不測の事由がもしもあったとしたならば、後からつつかれて、わざわざ300円出して開示を求めて来いと住民に言うような体制で、後から出た場合にどうするんかと、そういうようなことですので、この現時点で提出された契約につきましても、落札率をお聞かせ願いたいと思います。


○議長(滝本善之君)


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 今、お尋ねのように予定価格等につきましては公表している団体もございますが、現在、米原市では予定価格等につきましても公表をいたしておらない状況でございます。


 で、今後そういうふうなことをしてはどうかというお尋ねでございますけども、これにつきましては、今後近隣市町等の状況等も勘案しながら検討してまいりたいというふうに考えております。


 以上でございます。


○議長(滝本善之君)


 よろしいですか。


 そのほか、ございませんか。


 37番 冨田議員。


○37番(冨田茂君)


 37番、冨田です。


 ちょっと今の件に関して先に一言言っておきたいんですけども、予定価格なんていうのは、当然もうほとんどの自治体が公表しているんですから、公表すべきだと当然思いますし、ましてや、最低制限価格まで公表している自治体も出てきてるところですので、この本市が予定価格も公表しないいうのは、もう全然遅れているということを指摘しながら、私の質問をさせていただきたいと思います。


 今回の議案110号ですが、次の議案に出てきます一色地域総合センターですね、こちらの方が市全体をあまねく網羅する人権総合センターとされているわけですから、こちらの三吉の地域の、この隣保館については、将来的には当然自治会に移管していくというふうに私は認識しているんですね。そうであれば、この設計の段階から当然三吉区の自治事務のスペースを設けていくべきだと思うんですが、これはかねがね主張してるんですけども、そういう区の自治事務を携わるスペースがこの設計書の図書の中では見当たらないんですが、そういう考えはございませんのかどうかということと、そして将来的な、その自治会への移管計画、これを持っておられるかどうかを教えていただきたいと思います。


 よろしくお願いします。


○議長(滝本善之君)


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 移管業務につきましては、これにつきましては、現在、ここがいわゆる第二種社会福祉施設の隣保館としての位置づけとして対応しておりますので、その移管についての計画は、現在は持っておらないところでございます。


 それと、もう1点、事務所スペースにつきましては、地域の方々と協議をしながら進めておりますので、この中での活用をお願いしているというふうなことで私は理解をいたしております。


 以上でございます。


○議長(滝本善之君)


 37番 冨田議員。


○37番(冨田茂君)


 第二種社会福祉事業であります隣保館事業と区の自治事務は、当然区別すべきだと思ってますので、よろしくお願いしたいと思います。


 以上です。


○議長(滝本善之君)


 そのほか、ございませんか。


 それでは次に、議案第111号に対し質疑はありませんか。


 矢野議員。


○33番(矢野幸雄君)


 人権センターの財源措置についてお伺いをしたいと思います。


 実は、予算審議の段階で説明があったと思いますが、この施設につきましては財政措置を得ることができない。まるきり一般財源で建設するんだということであったと思いますが、そうした中で、でき得ることなら合併特例債の許可を得て活用していきたいというようなお話があったと思うんですが、その後どのようなことになっているのかお伺いしたいと思います。


 特例債の許可を得られますと、償還費に対して70%かの援助があるというようなことも聞いておりますので、単独でやってしまう場合と特例債を活用させていただく場合とでは大きな差がございますので、私の思いとしては、何としても特例債の活用ができるようになればええがなという思いを持っております。その経過なり協議の現状について、できればご説明を願いたいと思います。


 よろしくお願いします。


○議長(滝本善之君)


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 今、議員お尋ねの件につきまして、合併特例債につきまして申請をいたしたところでございます。


 これにつきましては、何としても特例債をお願いするように要望してまいりたいというふうに考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 矢野議員。


○33番(矢野幸雄君)


 ただ、要望ということでございますけども、まだ協議に入っておられないんですか。もし協議に入っておられるんなら、その経過、厳しい現状にあるのか、可能性があるのか、そういったことについての説明をお願いしたいと思います。


○議長(滝本善之君)


 三原財政課長。


○財政課長(三原禎一君)


 ただいまの経過でございますけれども、当初、予算のこの説明の中でも申し上げましたとおり、合併特例債の申請をいたしております。


 その中で、先週でございますけれども、県におきまして、総務省の方へこの計画を持って上がっていただいております。今後、総務省の方で内容につきまして審議をいただき、ご決定をいただくものというふうに理解をさせていただいておりますので、よろしくお願い申し上げます。


○33番(矢野幸雄君)


 今の段階では、可能性があるというふうに理解してよろしゅうございますね。


 それともう1点、市になってからですね、こういった建物が、これから学校の建設あるいは大改造といった事業があると思うんですが、この担当される課はどの課がされるのか。こういったことに対する技術を有しておられる課が担当されるのか。従来のように学校なら教育委員会、あるいは同和関係なら同和の担当といったところが施設の建設を担当されているというような経過がございましたけれども、これからはどのような方向で取り組みされるのか、もう1点お伺いいたします。


○議長(滝本善之君)


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 この人権センターにつきまして、また地域総合センターにつきましては、人権協働課が担当いたします。


 で、お尋ねのように、先般の地域包括ケアセンターにつきましては、地域包括センター準備室等で担当いたしておりますし、醒井小学校の改築につきましては教育委員会部局で担当いたしております。それぞれの担当課が建築につきましては担当いたすこととなっております。


 以上でございます。


○議長(滝本善之君)


 矢野議員。


○33番(矢野幸雄君)


 それでございますと、合併しても従来と何ら変わらないように思えるわけでございますが、やっぱり合併して大きくなった以上はですね、やっぱり専門家を配置して自信を持って、設計はともかくとして、監理監督ができるような課をつくっていただいて万全を期していただくことが適当ではないかなというふうに思いますので、これは希望としてお願いをしておきたいと思います。


 以上でございます。


○議長(滝本善之君)


 そのほか、ございませんか。


 37番 冨田議員。


○37番(冨田茂君)


 37番、冨田です。


 今回の人権総合センターについては、人権教育全体とかあるいは男女共同参画センターなんかの事業も行われるということで建てられると、今説明を受けましたが、その場合に、市の方でも現在人権協働課の方で同様の事務を所管しておられます。で、こちらの人権総合センターの方はNPOで運営していかれるんですけども、そういう今の現在、市が行っている男女参画とかそういう事務も全部そちらの方に移管されるということで判断しておいていいんでしょうか、伺います。


○議長(滝本善之君)


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 すべてと申し上げますと、またあれやと思うんですけども、人権協働課本課で対応する部分、また出先等で対応する部分、少年センターにつきましてはそちらの方で現在、旧の米原小学校跡地によります少年センターをそちらの方に入っていただくというふうに計画をいたしておりますが、人権教育、男女協働関係の事務につきましては、それぞれ本課と連携を持ちながら進めてまいりたいというふうに考えております。


 以上でございます。


○議長(滝本善之君)


 よろしいですか。


 質疑も出尽くしたようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。


 これより、討論・採決を行います。


 議案第110号に対し討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、議案第110号 工事請負契約の締結について((仮称)息郷地域総合センター建設工事)を採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


お直りください。


 起立多数です。


 よって、議案第110号は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第111号に対し討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、議案第111号 工事請負契約の締結について((仮称)人権総合センター建設工事)を採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


お直りください。


 起立多数です。


 よって、議案第111号は、原案のとおり可決されました。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


 日程第10


○議長(滝本善之君)


次に、日程第10、議案第112号を議題といたします。


 提案者の補足説明を求めます。


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 それでは、議案第112号、平成17年度米原市一般会計補正予算(第1号)について補足説明をさせていただきます。


 先の第2回定例会の中でも市長がご報告申し上げたところでございますが、旧米原町が計画し、市が引き継ぎ県へ申請いたしておりました滋賀県統合物流センター事業いわゆるSILC構想でございますけども、去る6月16日に滋賀県経済振興特別区域の認定を受けたところでございます。このことにより、滋賀県の全面的な支援のもと事業を推進できるようになりましたが、一方で事業完了の時期につきましても必然的に決定されることとなり、平成21年秋の完成を目指し事業を推進することとなりました。


 企業地は、JR東海道新幹線とJR琵琶湖線にはさまれた農地でございます。事業を進めるにつきましては、まず都市計画の変更手続きが必要で、そのためには取り付け道路の位置決定が必要となります。取り付け道路建設に当たりましては、JRとの協議が必要となりますことに加え、先ほども述べましたとおり、時間的制約もあることから、一日も早く取り付け道路の設計に着手しなければなりません。したがいまして、JR西日本との協議に必要な計画書を作成するための調査設計費の予算の追加補正をしようとするものでございます。


 予算書の7ページ、8ページをご覧いただきたいと思います。


 歳出中、第8款土木費、第2項道路橋梁費、第2目道路新設改良費、第13節委託料に測量設計委託料1,500万の追加補正をお願いするものでございます。


 歳入につきましては、5ページ、6ページをご覧いただきたいと思います。


 今ほども申し上げました歳出予算の補正に充てる財源といたしまして、繰越金を同額1,500万円計上いたすものでございます。


 以上、審議の上、適正なご決定をお願い申し上げます。


 よろしくお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


 これをもって、提案者の補足説明を終わります。


 これより、議案第112号に対し質疑を求めます。


 質疑はありませんか。


 37番 冨田議員。


○37番(冨田茂君)


 37番、冨田です。


 この21年の秋までに取り付け道路の完成を目指すための、今回JR協議のための概略設計のための調査費ということで解釈していいんでしょうね。


 で、その場合ですけども、私たち、旧の米原町の議員は、アンダーであそこをSILCへアクセスするということで、概算23億の工事費ということでお聞きしてたんですけど、どうもお聞きしてますと、今回の工法については高架の場合も考えられるということをお聞きしたもので、そもそも市の方針としてアンダーか高架か、それ自体の工法も含めて今回調査設計委託されるのですか。アンダーと決めて、それに対してJRとの協議のための設計図書をつくられるのを委託されるんですか。どちらですか。教えてください。


○議長(滝本善之君)


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 これは、ご質問にございましたように、従前の計画ではアンダーの計画がされておるところでございますが、都市計画の協議上、下打ち合わせを今やっている段階でございますけども、その段階でそういったアンダーで行くケース、それからまた、上行くケース、そういった資料等を提出せいというような、協議の中で出てきましたので、今回調査費をお願いするというような経緯になったわけでございます。


 以上でございます。


○議長(滝本善之君)


 37番 冨田議員。


○37番(冨田茂君)


 県の方への提出資料として、アンダーも高架も提出せいということで今回されるというのはわかりましたけど、もともと市としては、今の都市計画上の資料提出のためのことというのはわかりましたが、市の計画としては、アンダーで行くいうことでずっと言っておられたんですけど、その市の基本方針そのものも、今回は白紙に戻しておられるんかどうかいうことが一番聞きたいわけなんです。


 それと同時に、アンダーの場合で23億と大まかな試算を私は聞いてたんですけど、あそこ、高架にしたら非常にほ場整備の方をループで回さないかん関係から、軟弱地域ですわね。指示杭だけでも相当打っていかないかんし、とてもやないけど、こんな予算で行けないということもあります。しかも、これはインフラ整備ですので、市が独自に道路を建設して、そしてSILCに提供するわけではないですけど、そういう事業を促進するための市の事業ですから、これはもう大変な費用を伴う設計をやるわけですから、その辺はある程度市がきちんと方針を持って設計に調査させるべきだと私は思っているんですが、その辺、変わってきてるのかどうかについて再度質問したいと思います。


 よろしくお願いします。


○議長(滝本善之君)


 平尾市長。


○市長(平尾道雄君)


 今ほどの冨田議員の、このSILCのアクセス道路の関係でございますが、ご発言のように、従来、米原市あるいは米原町ということでアンダーの計画を持っておりました。現在、その計画につきましても未だ堅持をしておりますが、ご案内のように、当該場所は軟弱地盤と同時にJR線を越える、あるいはくぐるというふうな状況下にございます。つきましては、県との協議もございますが、すべからくJR西日本鉄道当局との協議も必要なことになっております。そういった点で、私ども、両案併記の中での調査検討をして、極めて効率的しかもスピーディーな工事内容の結果を得たいということで今回測量設計費1,500万を予算計上したということでございますので、ご理解いただきたいと思います。


○議長(滝本善之君)


 冨田議員。


○37番(冨田茂君)


 もう1点質問しておきたいんですけども、そのSILCの建設用地そのものですが、私、3月の一般質問でも行ってたんですけども、県道彦根・米原線、そして今計画されています国道8号バイパス、これが完成してきた暁に、その間であれば2方向からの道路接続もありますし、非常に場所的にもJRをまたがんでもええし、経費はほとんど要らないんですけども、そこの用地は優良農地であり、市の計画が狂うてくるいうこともお聞きしてましたけども、これだけの費用とこれだけの経費がかかってくるんであれば、私はそれも1つの選択肢として当然残しておくべきだと今でも思ってるんですが、その辺については、全くもうそういう余地は持たれないということでしょうか。どうですか。


○議長(滝本善之君)


 平尾市長。


○市長(平尾道雄君)


 この件につきましても、従来から議員との議論はさせていただいてる経過がございますので、もう少し詳しく述べさせていただきますと、SILC構想、現在17ヘクタールを該当予定地として計画しております。この地域が、今ほどご案内のように、アクセス道路、JR等をくぐらなければならない等の問題がございます。


 そういった意味では、現状の彦根・米原線ということの県道沿い等の優良農地等を活用すれば、アクセス道路等の必要はないというふうなご判断もあったかと思いますが、私どもとしましては、17ヘクタールすべてがSILC用地として関係するかどうかということについては、将来的にはもう少し大きな規模での構想を持っております。そういった点では、第一義的には農地転用すなわち市街化調整区域から市街化区域への編入、そして農用地利用から市街地利用というふうな形のことを農政当局との協議をしていく上では、まず第一義的にはこの17ヘクタールの用地転換を進めていきたい。そのことに必要なアクセス道路計画を持ってるということでございますし、現状の中で言いますと、SILC構想そのものの波及的効果から言いますと、周辺地域での農地転用、今後も可能性がございますので、第一義的な場面としての現在の地域を先行的に進めていきたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いいたします。


○議長(滝本善之君)


 冨田議員。


○37番(冨田茂君)


 もう1点伺っておきたいんですけども、このアクセス道路をつくるときに、JRと県道彦根・米原線が非常に近接しています関係上、ループで一旦ずっと優良農地を潰さないかんですわね。その潰さないかん優良農地はどの程度、四、五ヘクタールあるんじゃないですか。どの程度見込んでおられるか教えていただけませんでしょうか。それだけの農地を潰して、高架なら高架で、全部潰してやれるんであれば、もうそれだけでもどう言うんですかね、その段階から潰すんであれば、そこにつくる方が私はいいというのがかねがねの主張なんですけど、それは意見が違うのはわかりましたけども、少なくともどの程度それでアンダーにしても高架にしても優良農地を潰すんでしょうか。教えていただきたいと思います。


 何ヘクタールぐらい。


○議長(滝本善之君)


 石田総務部長。


○総務部長(石田英雄君)


 そのことにつきましては、今回の調査設計の比較検討の中で、そういうふうな資料も作成する予定にはなってるというように思いますので、今、議員がお尋ねのとこは概略でございますけども、私の感じておりますのは、ざーっとですけども、端田も入れますと、四、五ヘクタールぐらいあるんじゃないかなというふうに思いますけども、そういったことにつきましても、この調査の中で比較検討の中に入ってくるというふうに思いますので、そのことが出てまいりましたら、またご説明申し上げたいというふうに思います。


 以上でございます。


○議長(滝本善之君)


 平尾市長。


○市長(平尾道雄君)


 先ほどのご質問の中で1点お答えをし忘れてた点がございます。


 道路整備について、先ほど23億というふうな概略の以前の数字をご発言いただきましたが、現状でこの道路事業そのものをすべて米原市側の負担という形では考えておりません。


 結果的に、SILC事業がいわゆる滋賀県全体での新しい経済波及効果を狙うという点では、滋賀県の全面的な支援も得たいと思っておりますし、現在新たに創設されています道整備交付金等の国の支援も得た上でのインフラ整備、このようなスタンスで道路整備をやっていきたいというふうに思っておりますので、ご理解をいただきたいと思います。


○議長(滝本善之君)


 ほかに、ありませんか。


                 (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


 質疑も出尽くしたようですので、これをもって質疑を終結いたします。


 これより、討論・採決を行います。


 討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、議案第112号 平成17年度米原市一般会計補正予算(第1号)についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


お直りください。


 起立多数です。


 よって、議案第112号は、原案のとおり可決されました。


      ――――――――――――――――――――――――――――――


 日程第11〜日程第12


○議長(滝本善之君)


この際、議事の都合により日程第11、議案第113号と日程第12、議案第114号の議案2件を一括議題といたします。


 提案者の補足説明を求めます。


 中川都市整備部長。


○都市整備部長(中川喜美夫君)


 それでは、議案第113号および議案第114号を一括して補足説明をさせていただきます。


 まず、流域関連公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、過去に借り入れをいたしております下水道事業債のうち、下水道事業の資本費および使用料が全国平均を上回り、かつ高金利の企業債について借り換えの制度がございます。そこで、該当企業債の借り換えについて申請をいたしておりましたところ、借換債の額の決定を受けましたので、今回、歳入歳出予算および地方債の額の追加補正を行うものでございます。


 詳細につきましては、予算書の8ページ、9ページをご覧いただきたいと思います。


 借り換えの許可がございましたのは、公営企業金融公庫から平成3年に借り入れております4件の下水道事業債で、繰上償還の費用3,345万2,000円を歳出第3款、第1項公債費、第1目元金に追加いたすものでございます。


 同じく予算書6、7ページをご覧いただきたいと思いますが、歳入では、借換債の許可により、新たに借り入れます下水道事業債で3,330万円を、第8款第1項第1目の下水道事業債に追加いたしますとともに、繰上償還額の許可額との差額15万2,000円につきましては、第6款第1項第1目の繰越金を計上して、その財源に充てるものでございます。


 続きまして、議案第114号 平成17年度米原市水道事業会計補正予算(第1号)について説明をさせていただきます。


 この補正につきましては、過去に上水道事業で借り入れをしております起債のうち、7.5%以上の高金利のものにつきましては、低金利に借り換えを行う臨時特例措置がございます。今回、滋賀県湖北地方振興局長より6月30日付で570万円の起債許可予定額の決定を受けましたので、それぞれ追加補正を行うものでございます。


 詳細につきましては、1ページをご覧いただきたいと思いますが、第1条で、平成17年度米原市水道事業会計の補正予算(第1号)については、次のように定めるものでございます。


 第2条の資本的収入については企業債で当初は予算計上しておりませんが、借り換えのため、新たに第2項を設けまして570万円を補正し、資本的収入の合計額を3億8,142万1,000円とします。


 資本的支出については企業債償還金で577万4,000円を増額補正いたしまして、資本的支出の合計額は5億9,932万3,000円になります。


 資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額の2億1,782万8,000円を2億1,790万2,000円に改め、補てん財源の引継留保資金についても2億1,187万円から2億1,194万4,000円に改めるものでございます。


 第5条につきましては企業債の条項を追加し、目的、限度額、起債の方法、利率および償還の方法を定めるものでございます。


 目的は、上水道高金利対策借換債であります。


 借入限度額は570万円でございます。


 起債の方法は証書借入、利率は3.5%以内と定めます。


 償還の方法につきましては、借入先の融資条件に従うものでございます。


 以上、まことに簡単ではございますが、議案第113号および議案第114号の補足説明とさせていただきます。


 よろしくご審議を賜り、議決いただきますようお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


これをもって、補足説明を終わります。


 これより、議案第113号に対し質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 大澤議員。


○1番(大澤勉君)


 今、一括説明がございました。


 一括説明を受けた上で、財政課長にちょっとお尋ねをしたいんですけれども、十数年前からこうした公債費の負担を軽減していくのが行政の中での財政硬直化を防止するための対策として取り入れられてきたわけでございます。


 で、今回の説明では、新たにその許可を得られた借り換え措置という説明でありましたけれども、合併前の各自治体でもその公債費比率抑制については借り換え措置の中で積極的な取り組みをされてきたと思うんですけれども、合併後いろいろと旧町の起債状況を把握された上で可能な借り換え措置のある政府資金以外の拘束力のない起債について借り換え可能かどうかの検察は、すべて起債について行われたでしょうか、その辺お伺いしたいと思います。


○議長(滝本善之君)


三原財政課長。


○財政課長(三原禎一君)


 今ほどのご質問でございますけれども、いわゆる政府資金以外の借入れについての利率の見直し作業が全部終わっているかというご質問かと思いますけれども、私ども、新市になりましてから検証はいたしておるつもりでございますけれども、まだすべて見直せた段階ではございません。


 今後、財政計画とあわせまして、その辺のところもすべて見直しをさせていただきまして、借り換え可能なものにつきましては借り換えをさせていただきたいと、そのように考えております。


 で、今回の借り換えにつきましては、県の許可がありました借換債、その後制度を活用いたしまして、公営企業金融公庫からの借入れの残りのものを借り換えるものでございますので、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


○議長(滝本善之君)


1番 大澤議員。


○1番(大澤勉君)


 積極的な取り組みをお願いしたいと思うんです。


 旧伊吹町での取り組み経過としては、すべての見直しをしていただき、十数年前からそれを取り組んできたわけなんですけれども、いわゆる低金利の市中銀行であったり、関連金融機関への移管を100%近く終わってると思うんです。


 このことについては、やっぱり積極的な取り組みをすることによって数千万円の、伊吹町自治体だけでも数千万円のやはり公債費の軽減を図れたということは間違いない事実でございますので、全市的にやはり取り組んでいただきたいと思いますので、よろしくお願いします。


○議長(滝本善之君)


ほかに、ありませんか。


 これより、議案第114号に対し質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


                 (「質疑なし」)


○議長(滝本善之君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、質疑を終了いたします。


 これより、討論・採決を行います。


 議案第113号に対し、討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、議案第113号 平成17年度米原市流域関連公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第113号は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第114号について討論はありませんか。


                 (「討論なし」)


○議長(滝本善之君)


 討論なしと認めます。


 討論を終結いたします。


 これより、議案第114号 平成17年度米原市水道事業会計補正予算(第1号)についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(滝本善之君)


お直りください。


 起立全員です。


 よって、議案第114号は、原案のとおり可決されました。


 以上で、本日の議事日程ならびに今期臨時会に付議されました案件の審議はすべて終了いたしました。


 閉会に際し、市長より挨拶をお願いします。


 平尾市長。


○市長(平尾道雄君)


 臨時会の閉会に当たりまして、一言お礼のご挨拶を申し上げたいと思います。


 本日の臨時会に提案をさせていただきました議案5件について慎重なご審議の上、提案のとおり可決を賜りました。


 まずもって厚く御礼を申し上げます。


 契約締結について議決をいただきました施設整備事業につきましては、工事の安全かつ円滑な進捗に万全を期し、設置目的に沿えるよう工期内完成を図りたく存じます。


 また、各会計補正予算につきましては、冒頭申し上げましたとおり、本予算成立直後の補正にもかかわりませず格別のご理解を賜りました。まことにありがとうございます。


 過日の議会全員協議会で担当から報告・説明をさせていただいておりますけれども、滋賀県統合物流センターが計画の期間内に具現化されるにつきましては、解決しなければならない課題がたくさんございます。でき得る限り早い時期に地元の皆さんに事業内容を説明させていただき、着実な推進を図りたいというふうに存じておりますので、よろしくお願いをいたします。


 それでは、いよいよ暑さも本番となります。議員の各位におかれましては、それぞれご自愛をいただきまして、また議会活動を通じて今後ともより一層のご支援を賜りますことをお願い申し上げまして、閉会の挨拶とさせていただきます。


 本日は、まことにありがとうございました。


○議長(滝本善之君)


 これをもって、平成17年米原市議会第2回臨時会を閉会といたします。


 大変御苦労さんでございました。





              午前11時40分 閉会