議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 東近江市

平成20年第3回定例会(第 7号 6月 5日)




平成20年第3回定例会(第 7号 6月 5日)





 



          平成20年第3回東近江市議会定例会会議録


               平成20年6月5日(木曜日)午前10時21分開会


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


議事日程


 第1 諸般の報告


 第2 会議録署名議員の指名


 第3 会期の決定


 第4 議案第61号から議案第82号まで 提案説明(市長提出)


 追加日程


    議会運営委員補充の件


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


本日の会議に付した事件


 1 諸般の報告


 1 会議録署名議員の指名


 1 会期の決定


 1 議案第61号から議案第82号まで 提案説明(市長提出)


    議案第61号 専決処分事項の承認を求めることについて(平成19年度東近江市一般会計補正予算(第7号))


    議案第62号 専決処分事項の承認を求めることについて(平成19年度東近江市国民健康保険(施設勘定)特別会計補正予算(第2号))


    議案第63号 専決処分事項の承認を求めることについて(東近江市手数料条例の一部を改正する条例の制定について)


    議案第64号 専決処分事項の承認を求めることについて(東近江市税条例及び東近江市都市計画税条例の一部を改正する条例の制定について)


    議案第65号 平成20年度東近江市一般会計補正予算(第1号)


    議案第66号 平成20年度東近江市老人保健特別会計補正予算(第1号)


    議案第67号 平成20年度東近江市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)


    議案第68号 平成20年度東近江市下水道事業特別会計補正予算(第1号)


    議案第69号 平成20年度東近江市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)


    議案第70号 平成20年度東近江市水道事業会計補正予算(第1号)


    議案第71号 東近江市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定について


    議案第72号 東近江市老人生きがい福祉施設条例の一部を改正する条例の制定について


    議案第73号 東近江市手数料条例の一部を改正する条例の制定について


    議案第74号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画を定めることにつき議決を求めることについて


    議案第75号 東近江市土地開発公社定款の変更につき議決を求めることについて


    議案第76号 東近江市固定資産評価員の選任につき同意を求めることについて


    議案第77号 人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについて


    議案第78号 専決処分事項の承認を求めることについて(平成20年度東近江市住宅新築資金等貸付金特別会計補正予算(第1号))


    議案第79号 平成20年度東近江市住宅新築資金等貸付金特別会計補正予算(第2号)


    議案第80号 (仮称)東近江市立八日市南第二小学校新築工事(建築工事)請負契約の締結につき議決を求めることについて


    議案第81号 (仮称)東近江市立八日市南第二小学校新築工事(電気設備工事)請負契約の締結につき議決を求めることについて


    議案第82号 (仮称)東近江市立八日市南第二小学校新築工事(機械設備工事)請負契約の締結につき議決を求めることについて


 1 追加日程


 1 議会運営委員補充の件


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


出席議員


  1番  加藤正明議員    2番  周防清二議員


  3番  畑 重三議員    4番  澤田康弘議員


  5番  河並義一議員    6番  大澤 貢議員


  7番  西村武一議員    8番  井上喜久男議員


  9番  杉田米男議員   10番  大橋市三議員


 11番  山田みを子議員  12番  畑 博夫議員


 13番  川嶋重剛議員   14番  横山榮吉議員


 15番  西澤善三議員   16番  寺村義和議員


 17番  前田清子議員   18番  石原藤嗣議員


 19番  鈴村重史議員   20番  中村 肇議員


 21番  田中信弘議員   22番  青山弘男議員


 23番  宮部庄七議員   24番  田郷 正議員


 25番  寺村茂和議員   26番  川南博司議員


 27番  小林 優議員   28番  諏訪一男議員


 29番  吉澤克美議員   30番  野村秀一郎議員


 31番  藤田淳子議員   32番  野田清司議員


 33番  豆田昇一郎議員


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


欠席議員


 なし


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


議場に出席した事務局職員


                        事務局長   高野治幸


                        事務局次長  中野修司


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


会議に出席した説明員


          市長                 中村功一


          副市長                久田元一郎


          収入役                種村善五郎


          教育委員会委員長           川副美知子


          監査委員               福井嘉廣


          教育長                小川脩哲


          病院事業管理者            中條 忍


          政策監                山口 豪


          総務部長               中嶋喜代志


          企画部長               金山昭夫


          市民人権部長             西田紀雄


          生活環境部長             村山邦博


          こども未来部長            大西幸男


          健康福祉部長兼福祉事務所長      灰谷羊一


          産業振興部長             居原田善嗣


          都市整備部長             本多文夫


          水道部長兼水道事業所長        門谷英郎


          教育部長               澤田喜一郎


          地域医療管理監            西村文夫


     午前10時21分 開会


○議長(小林優) ただいまから平成20年第3回東近江市議会定例会を開会いたします。


 ただいまの出席議員数は33名で、定足数に達しておりますので、本日の会議を開きます。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−





△日程第1 諸般の報告





○議長(小林優) 日程第1は、「諸般の報告」であります。


 まず、市長から、地方自治法の規定により、平成19年度東近江市繰越明許費繰越計算書、平成19年度東近江市水道事業会計予算繰越計算書、東近江市土地開発公社の平成19年度決算報告書、平成20年度事業計画及び予算書、財団法人東近江市地域振興事業団の平成19年度決算報告書、平成20年度事業計画書及び収支予算書、財団法人愛の田園(まち)振興公社の平成19年度事業報告並びに収支決算報告書、平成20年度事業計画並びに収支予算書、東近江ケーブルネットワーク株式会社の第2期(平成19年度)事業報告書及び決算報告書、第3期(平成20年度)事業予定書及び業務予定書が議会に提出されました。


 さきに配付しておきましたから、御了承を願います。


 次に、監査委員から地方自治法の規定により、平成20年の2月分から4月分までの現金出納検査結果が議会に提出されておりますので、御了承願います。


 また、市長から、専決処分の報告が議会に提出されておりますから、御了承願います。


 その他のことにつきましては、事務局長から報告させます。


 事務局長。


○議会事務局長(高野治幸) 御報告申し上げます。


 地方自治法の規定により本定例会の説明員としてあらかじめ出席を求めておきましたのは、お手元に配付の文書のとおりでありますので、御了承願います。


 次に、5月27日付東総第82号、市長名で議案の送付がありました。議案第61号から議案第77号までの17件であります。


 また、6月3日付東総第109号、市長名で議案の送付がありました。議案第78号から議案第82号までの5件であります。


○議長(小林優) 報告は終わりました。


 市長から発言を求められておりますので、ここで許可します。


 市長。


○市長(中村功一) 議員の皆様におかれましては、御健勝にて御活躍をいただいておりますことをお喜び申し上げます。


 平年より早い梅雨入りとなりましたが、鈴鹿の山並みも深い緑へと彩りを変え、伊庭内湖では、ヨシの若芽も日増しに力強さを増す中、越年をしたムラサキが白い可憐な花をつける季節と相なってまいりました。


 本日、平成20年第3回市議会定例会を招集いたしましたところ、御多忙の中、御出席をいただきまして、誠にありがとうございます。


 さて、去る5月2日から3日にかけて、ミャンマーに大型サイクロンが襲来をいたしました。


 相次いで、12日午後には、中国において四川省を震源といたしますマグニチュード8の地震が発生し、甚大な被害の状況が相次いで報道をされております。


 これに対し、友好都市として長年交流を行っております常徳市へは、直ちに翌朝、被害状況の確認を行い、「1分程度の揺れに見舞われたということでありまして、大きな被害がなかった」という様な報告を受けたところであります。


 この地震では、日々、刻々と被害状況が伝えられており、数日後、常徳市におきましても、常徳市から職員派遣を行うと、さらに献血や支援物資、募金の窓口が開設されたというふうな連絡を受けました。


 本市におきましても、いち早く窓口に両被災地への義援金の募金箱を設置し、市民の皆様の善意をお願いしているところでありますが、先般、常徳市へは議員の皆様の善意の募金や市職員、国際交流協会からの義援金を合わせまして、送金をさせていただいたところであります。


 皆様の温かい御支援に感謝申し上げますとともに、災害で犠牲になられた方々に哀悼の意を表し、多くの被災者の皆様が一日も早く平穏な日々を取り戻されることを願うところであります。


 不意の災害に備え、本市でも日々防災施策を進めているところであります。


 偶然、今回の災害と時期が重なったわけでありますが、先日には地震と洪水のハザードマップを全戸に配布させていただいたところであります。


 防災対策にはこれで十分ということはないわけでありまして、今後も引き続き安全・安心のまちづくりに努めてまいりたいと考えております。


 先日、新緑の色濃い鈴鹿の山中に国道421号、石榑トンネル工事の視察をいたしました。


 工事は現在、三重県側から1,785メートル、滋賀県側からも752メートルまで掘り進められておりまして、進捗率はおおむね60%となっております。


 また、本トンネルにつながる黄和田工区におきましても、幾つかの深い渓谷をまたぐ橋梁工事や道路拡張工事が順調に進んでおりまして、中部圏域からの基幹道路の輪郭が日に日に確かなものとなって見えてまいりました。


 滋賀県側の玄関口となります本市におきましても、完成を見据えた施策の展開をより一層進めてまいりたいと考えておる次第であります。


 昨年度末より、国会審議が難航しておりました「道路特定財源」も、本年度におきましては一定確保されたところであり、来年度からの「一般財源化」の動きの中、地方発展の要であります道路整備の財源確保は今後とも必要でありまして、国政の動向を十分注視してまいりたいと考えております。


 本年度の市の事業におきましては、総合計画を着実に推進するため、二つのプロジェクトを中心に据えた予算を議決いただいております。


 「安心・安全の地域社会づくり」は市民生活の根幹をなすものであり、とりわけ地球的課題でもあります環境保全、地球温暖化防止施策に取り組むことといたし、「東近江市環境マネジメントシステムえこ・すまいる」を6月3日にスタートいたしました。


 「えこ・すまいる」は、市役所の日常業務の中におきまして、省エネルギー・CO2の削減を率先して進め、結果を市民の皆様に公開することにより、職員の環境意識の一層の高揚並びに環境自治体を目指すものであります。


 本市は、県内の6分の1の農地を有する近江米の一大産地であります。市域の多くは、豊かな田園風景が広がる自然環境の中にあります。


 この時期は、田植えも終わり、早苗が風に揺れる季節でありますが、本市におきましても、平成19年度から新しい農業施策として始めました「世代をつなぐ農村まるごと保全向上対策」に取り組んだところであります。


 昨年度におきましては、148集落で共同作業の取り組みを行っていただき、営農活動につきましては1,817ヘクタールの農地でその取り組みを行っていただいているところであります。


 本年度は2,147ヘクタールの取り組みを予定しておりまして、本市の田園風景や豊かな自然を次代に引き継ぐためにも、環境に配慮した農業の一層の取り組みをお願いするところであります。


 故事に「文章は経国の大業、不朽の盛事」という言葉がございます。合併後4年目を迎え、現在、本庁舎・各支所庁舎で保管をしております文書や資料は合併前における旧市町の貴重な記録であると考えております。


 これら大切な資料を整理保存するため、本年度、湖東支所庁舎に「公文書センター開設準備室」を設置し、職員を配置したところであります。


 今後におきましても、一元管理による書類の散逸を防ぐとともに、情報公開の迅速化を目指すものであります。


 また、市民の皆様や団体から御寄附をいただきました「こども未来夢基金」により事業化をいたしました「ブックスタート」の絵本の贈呈を去る5月1日に八日市図書館で行ったところであります。


 この事業は、乳幼児に読み聞かせを行うことにより、お子さんの情操教育に役立てていただこうとするもので、東近江市の未来を担う子どもたちが心豊に育っていただくことを期待するものであります。


 今年も、5月24日、25日には、新緑イベントを多くの市民の皆様に御尽力をいただき開催をいただいたところであります。


 特に「2008年八日市大凧まつり」では、新しく製作された「喜鷹生(共生)」の大凧が、その雄姿が大空高く舞い上がり、来場者の方々から大きな歓声をいただいたところであります。


 また、多くの作家が各地から集まる「アート・ギャラリーヘムスロイド2008」は、新緑と音楽の中で開催され、訪れた方々と作家との真剣で、また笑顔に満ちた交流の時間を過ごされておられました。


 一方、「花フェスタ2008in愛の田園(まち)」では、コンテナ花壇やハンキングバスケットの作品コンテスト、コンサートやバザーが行われ、花に囲まれた時間を楽しんでいただいたところであります。


 これらの会場には、当市を訪れていただいていた統營(とんよん)文化院文化交流使節団の方々にも参加をいただき、東近江市の歴史や文化に触れていただく絶好の機会となったところであります。


 また、これらの「祭り」をはじめとする市の歴史・文化・行事など多くの情報を一つにまとめました合併後最初の書籍であります『東近江市百科』を先日発刊いたしました。


 改めて、市域に広がる文化資源の多さを思い、これらを市民の皆様とともに共有し、次代に引き継ぐことの大切さを感じたところであります。


 本日御提案申し上げます案件は、報告事項2件、専決処分事項の承認5件、予算関係7件、条例関係3件、工事契約の議決3件、その他議決案件2件、人事案件2件、合計24件であります。


 どうか慎重に御審議をいただきまして、適切なる御決定を賜りますようお願い申し上げまして、開会に当たりましてのごあいさつといたします。


 どうかよろしくお願いいたします。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−





△日程第2 会議録署名議員の指名





○議長(小林優) 日程第2 「会議録署名議員の指名」を行います。


 会議録署名議員は会議規則第81条の規定により、26番川南議員、28番諏訪議員を指名します。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−





△日程第3 会期の決定





○議長(小林優) 日程第3 「会期の決定」を議題とします。


 お諮りします。


 今回の定例会の会期は、本日から27日までの23日間とすることに御異議ございませんか。


 (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小林優) 御異議なしと認めます。


 よって、会期は23日間と決定しました。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−





△日程第4 議案第61号から議案第82号まで





○議長(小林優) 日程第4 議案第61号から議案第82号までを一括議題と致します。


 提出者から提案理由の説明を求めます。


 市長。


○市長(中村功一) 本日、御提案申し上げました議案第61号から議案第82号までの各議案につきまして、説明を申し上げます。


 議案第61号から議案第64号までの4議案につきましては、平成19年度東近江市一般会計補正予算並びに平成19年度東近江市国民健康保険(施設勘定)特別会計補正予算及び条例の一部改正についての専決処分事項の承認を求めるものであります。


 まず、平成19年度東近江市各会計補正予算書及び補正予算事項別明細書1ページをお開きいただきたいと思います。


 議案第61号、平成19年度東近江市一般会計補正予算(第7号)は、歳出におきましては、こども未来夢基金など各種基金への積み立て及び各事業の市債変更による財源振替を行ったものであります。


 一方、歳入につきましては、地方譲与税をはじめ県税交付金、地方交付税の確定及び減債基金の一部繰り戻しに伴う補正でありまして、4,291万5,000円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ466億1,173万円と定めたものであります。


 続きまして、29ページであります。議案第62号、平成19年度東近江市国民健康保険(施設勘定)特別会計補正予算(第2号)は、診療所管理運営基金利子分の積み立てに係る補正でありまして、309万4,000円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ3億2,393万2,000円と定めたものであります。


 これらは3月31日付で専決処分を行ったものであり、本議会の承認を求めるものであります。


 次に、第3回東近江市議会定例会議案の7ページをお開きいただきたいと思います。


 議案第63号、東近江市手数料条例の一部を改正する条例は、戸籍法及び住民基本台帳法の一部改正に伴い、本市条例を改正したものであります。


 当該条例の一部改正につきましては、平成20年4月16日付で専決処分を行ったものであり、本議会の承認を求めるものであります。


 続きまして、11ページ、議案第64号、東近江市税条例及び東近江市都市計画税条例の一部を改正する条例につきましては、地方税法の一部改正に伴い、本市条例をそれぞれ改正したものであります。


 なお、当該条例の一部改正につきましては、平成20年4月30日付で専決処分を行ったものであり、本議会の承認を求めるものであります。


 次に、別冊の平成20年度東近江市各会計補正予算書及び補正予算に関する説明書の2ページをお開きいただきたいと思います。


 議案第65号、平成20年度東近江市一般会計補正予算(第1号)は、4億7,379万4,000円を増額補正しようとするものであります。


 歳出の主なものにつきましては、衛生費では、発達支援センター及び療育施設整備に係ります設計料1,000万円を、労働費では、シルバー人材センターヘのシニア労働力活用事業費補助金等750万円を、農林水産業費では、鳥獣対策事業に100万円を計上するものであります。


 また、教育費では、地域ぐるみの学校安全体制整備の推進や子どもの健康をはぐくむ総合食育推進事業、不登校児童生徒訪問相談員派遣事業などに取り組むとともに、八日市文化芸術会館改修工事などに1億8,298万2,000円を、公債費では、過去に借り入れました地方債について、昨年度に引き続き補償金なしで繰上償還が認められましたので、2億1,381万5,000円を計上するものであります。


 一方、歳入につきましては、国・県支出金7,006万2,000円をはじめ繰入金2億2,741万5,000円、繰越金3,381万7,000円、市債1億4,250万円を計上し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ409億2,379万4,000円と定めるものであります。


 次に、37ページ、議案第66号、平成20年度東近江市老人保健特別会計補正予算(第1号)は、国・県支出金等の精算に伴います返還金2,500万円を増額補正しようとするものであります。


 次に、47ページ、議案第67号から議案第70号までの各特別会計、水道事業会計補正予算につきましては、過去に借り入れました地方債について、昨年度に引き続き補償金なしで繰上償還が認められましたので、それぞれ償還金を増額補正するものであります。


 先ほどご覧いただきました第3回東近江市議会定例会議案の21ページをご覧いただきたいと思います。


 議案第71号から議案第73号までの3議案につきましては、各条例の一部改正についてであります。


 まず、議案第71号、東近江市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例につきましては、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部改正に伴い、本市条例もこれに準じて改正するものであります。


 次に、24ページ、議案第72号、東近江市老人生きがい福祉施設条例の一部を改正する条例につきましては、効率的な施設運営を行うため、老人生きがい福祉施設のうち、東近江市五個荘高齢者能力活用センターの管理について指定管理者制度を導入するものであります。


 27ページ、議案第73号、東近江市手数料条例の一部を改正する条例につきましては、建築基準法の一部改正によりまして、確認審査及び検査の厳格化が図られたことによる事務量の増加に伴い、審査手数料の額を県と統一するとともに、東近江市五個荘金堂伝統的建造物群保存地区における建築基準法の制限の緩和に関する条例に基づく特例許可申請に対する審査手数料を追加するためのものであります。


 次に、32ページでありますが、議案第74号、辺地に係る公共的施設の総合整備計画を定めるにつき議決を求めることにつきましては、永源寺東部地区7町に係る公共的施設の総合的かつ計画的な整備を促進するため、平成20年度から平成24年度までの5年間の総合整備計画を定めることについて、市議会の議決を求めるものであります。


 39ページ、議案第75号、東近江市土地開発公社定款の変更につき議決を求めることにつきましては、土地開発公社経理基準要綱の一部改正に伴い、東近江市土地開発公社定款の一部を変更することについて、市議会の議決を求めるものであります。


 続きまして、人事案件でありますが、41ページ、議案第76号であります。東近江市固定資産評価員の選任につき同意を求めることにつきましては、固定資産評価員山本與三吉(やまもと よそきち)氏は、平成20年6月27日をもって辞職をされますので、新たに西田紀雄(にしだ としお)を選任することについて、市議会の同意を求めるものであります。


 43ページ、議案第77号、人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることにつきましては、人権擁護委員のうち平成20年9月30日をもって任期満了となる野瀬タマエ(のせ たまえ)氏の後任に山中多美枝(やまなか たみえ)氏を、白木駒治(しらき こまじ)氏の後任に山川平兵衛(やまかわ へいべえ)氏を委員に推薦いたしたく、また福永林子(ふくなが しげこ)氏は同日をもって任期満了となりますが、引き続き委員に推薦いたしたく、市議会の意見を求めるものであります。


 別冊の平成20年度東近江市住宅新築資金等貸付金特別会計補正予算書及び補正予算に関する説明書(その2)の1ページをお開きいただきたいと思います。


 議案第78号、平成20年度東近江市住宅新築資金等貸付金特別会計補正予算(第1号)につきましては、平成19年度におきまして住宅新築資金、住宅改修資金、宅地取得資金、持家建設資金の4資金にかかわりまして、元利収入が予算計上額に対し歳入不足が生じましたため、地方自治法施行令第166条の2の規定に基づき、平成20年度予算で繰上充用をしようとするものであります。


 次に、13ページ、議案第79号、平成20年度東近江市住宅新築資金等貸付金特別会計補正予算(第2号)につきましては、さきの他会計と同様に、過去に借り入れました地方債について、補償金なしで繰上償還が認められましたので、増額補正するものであります。


 続きまして、第3回東近江市議会定例会議案(その2)の1ページをお開きいただきたいと思います。


 議案第80号から議案第82号の3件につきましては、(仮称)八日市南第二小学校新築工事に係る契約案件であります。


 まず、議案第80号、(仮称)東近江市立八日市南第二小学校新築工事(建築工事)請負契約の締結を行うことにつきまして、市議会の議決を求めるものであります。


 主要工事として、建築工事、プール工事及び外構工事であり、契約金額は18億3,435万円、契約の相手方を株式会社奥田工務店東近江支店支店長 鈴村崇朗(すずむら たかお)とするものであります。


 次に3ページ、議案第81号、(仮称)東近江市立八日市南第二小学校新築工事(電気設備工事)請負契約の締結を行うことにつきまして、市議会の議決を求めるものであります。


 契約金額は、2億3,089万5,000円、契約の相手方を三宝電機株式会社滋賀営業所所長 西森茂男(にしもり しげお)とするものであります。


 5ページ、議案第82号、(仮称)東近江市立八日市南第二小学校新築工事(機械設備工事)請負契約の締結を行うことにつきましても、市議会の議決を求めるものであります。


 契約金額は、2億8,024万5,000円、契約の相手方を株式会社アプコ 代表取締役 松村達夫(まつむら たつお)とするものであります。


 以上、説明を申し上げました。どうか慎重なる御審議をいただきまして、適切な御決定をいただきますようお願い申し上げます。


 (青山議員 除斥)


○議長(小林優) 次に、議会運営委員会委員の青山議員より、本日付で委員辞任の申し出がありました。


 お諮りいたします。


 委員会条例第14条の規定により、議会運営委員会委員辞任の申し出を許可することとしてよろしいですか。


 (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小林優) 御異議なしと認めます。


 よって、青山議員の議会運営委員会委員辞任を許可することといたします。


 (青山議員 復席)


○議長(小林優) お諮りいたします。


 議会運営委員の欠員に伴い、この際、議会運営委員補充の件を日程に追加し、議題することに御異議ありませんか。


 (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小林優) 御異議なしと認めます。


 よって、議会運営委員補充の件を日程に追加し、議題とすることに決定しました。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


△追加日程 議会運営委員補充の件


○議長(小林優) 「議会運営委員補充の件」を議題といたします。


 お諮りいたします。


 議会運営委員会委員の補充選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、お手元に配付しました一覧表のとおり指名することに御異議ありませんか。


 (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小林優) 御異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名しました諸君を議会運営委員会の委員に選任することに決定しました。


     議会運営委員会委員一覧表








議会運営委員会


畑 重三・河並義一


大澤 貢・杉田米男


畑 博夫・鈴村重史


田中信弘・寺村茂和


野田清司








 (青山議員・横山議員 除斥)


○議長(小林優) 次に、総務常任委員会委員の青山議員及び産業建設常任委員会委員の横山議員より、委員会条例第8条第2項の規定により、6月2日付で委員会所属変更申し出がありました。


 お諮りいたします。


 申し出のとおり、青山議員及び横山議員の委員会所属の変更をすることに御異議ありませんか。


 (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小林優) 御異議なしと認めます。


 よって、青山議員の委員会所属を総務常任委員会から産業建設常任委員会に、横山議員の委員会所属を産業建設常任委員会から総務常任委員会に変更することに決定しました。


 (青山議員・横山議員 復席)


○議長(小林優) 次に、議案第76号及び議案第77号について、ただいまから質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小林優) 質疑なしと認め、質疑を終了します。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第76号及び議案第77号については人事案件でありますので、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決することに御異議ありませんか。


 (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小林優) 御異議なしと認めます。


 よって、議案第76号及び議案第77号については、委員会付託及び討論を省略して、直ちに採決することに決しました。


 議案第76号を採決いたします。


 本案は、これに同意することに御異議ありませんか。


 (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小林優) 御異議なしと認めます。


 よって、本案は同意することに決しました。


 次に、議案77号を採決いたします。


 本案は、原案のとおりとすることに御異議ありませんか。


 (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小林優) 御異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおりといたします。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


○議長(小林優) 以上で、本日の議事日程は全部終了いたしました。


 お諮りいたします。


 議案等熟読のため、明日から6月15日までの10日間、休会することに御異議ありませんか。


 (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小林優) 御異議なしと認めます。


 よって、明日から6月15日までの10日間、休会することに決定しました。


 6月16日は午前9時30分から本会議を開き、代表質問を行います。


 本日はこれにて散会いたします。


 御苦労さまでございました。


     午前10時57分 散会


   地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。


             平成20年6月5日


          東近江市議会議長  小林 優


            同   議員  川南博司


            同   議員  諏訪一男