議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 東近江市

平成17年第5回臨時会(第11号 8月19日)




平成17年第5回臨時会(第11号 8月19日)





 



          平成17年第5回東近江市議会臨時会会議録


           平成17年8月19日(金曜日)午後3時13分開会


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


議事日程


 第1 諸般の報告


 第2 会議録署名議員の指名


 第3 会期の決定


 第4 議案第103号から議案第161号まで 提案説明(市長提出)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


本日の会議に付した事件


 1 諸般の報告


 1 会議録署名議員の指名


 1 会期の決定


 1 議案第103号から議案第161号まで 提案説明(市長提出)


    議案第103号 平成16年度八日市市一般会計歳入歳出決算


    議案第104号 平成16年度八日市市住宅新築資金等貸付金特別会計歳入歳出決算


    議案第105号 平成16年度八日市市早期療育事業特別会計歳入歳出決算


    議案第106号 平成16年度八日市市国民健康保険特別会計歳入歳出決算


    議案第107号 平成16年度八日市市老人保健特別会計歳入歳出決算


    議案第108号 平成16年度八日市市介護保険特別会計歳入歳出決算


    議案第109号 平成16年度八日市市介護保険認定審査事業特別会計歳入歳出決算


    議案第110号 平成16年度八日市市公設地方卸売市場特別会計歳入歳出決算


    議案第111号 平成16年度八日市市下水道事業特別会計歳入歳出決算


    議案第112号 平成16年度八日市市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算


    議案第113号 平成16年度八日市市水道事業会計決算


    議案第114号 平成16年度永源寺町一般会計歳入歳出決算


    議案第115号 平成16年度永源寺町国民健康保険(事業勘定)特別会計歳入歳出決算


    議案第116号 平成16年度永源寺町国民健康保険(施設勘定)特別会計歳入歳出決算


    議案第117号 平成16年度永源寺町老人保健事業特別会計歳入歳出決算


    議案第118号 平成16年度永源寺町東部簡易水道特別会計歳入歳出決算


    議案第119号 平成16年度永源寺町相谷簡易水道特別会計歳入歳出決算


    議案第120号 平成16年度永源寺町南部簡易水道特別会計歳入歳出決算


    議案第121号 平成16年度永源寺町中西部簡易水道特別会計歳入歳出決算


    議案第122号 平成16年度永源寺町御池簡易水道特別会計歳入歳出決算


    議案第123号 平成16年度永源寺町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算


    議案第124号 平成16年度永源寺町介護保険(保険事業勘定)特別会計歳入歳出決算


    議案第125号 平成16年度永源寺町有線放送特別会計歳入歳出決算


    議案第126号 平成16年度五個荘町一般会計歳入歳出決算


    議案第127号 平成16年度五個荘町国民健康保険特別会計歳入歳出決算


    議案第128号 平成16年度五個荘町老人保健特別会計歳入歳出決算


    議案第129号 平成16年度五個荘町介護保険特別会計歳入歳出決算


    議案第130号 平成16年度五個荘町学校給食事業特別会計歳入歳出決算


    議案第131号 平成16年度五個荘町下水道事業特別会計歳入歳出決算


    議案第132号 平成16年度五個荘町水道事業会計決算


    議案第133号 平成16年度愛東町一般会計歳入歳出決算


    議案第134号 平成16年度愛東町国民健康保険特別会計(事業勘定)歳入歳出決算


    議案第135号 平成16年度愛東町国民健康保険特別会計(施設勘定)歳入歳出決算


    議案第136号 平成16年度愛東町老人保健事業特別会計歳入歳出決算


    議案第137号 平成16年度愛東町介護保険特別会計歳入歳出決算


    議案第138号 平成16年度愛東町農村下水道事業特別会計歳入歳出決算


    議案第139号 平成16年度愛東町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算


    議案第140号 平成16年度湖東町一般会計歳入歳出決算


    議案第141号 平成16年度湖東町国民健康保険事業特別会計(事業勘定)歳入歳出決算


    議案第142号 平成16年度湖東町国民健康保険事業特別会計(直診勘定)歳入歳出決算


    議案第143号 平成16年度湖東町老人保健事業特別会計歳入歳出決算


    議案第144号 平成16年度湖東町介護保険事業特別会計歳入歳出決算


    議案第145号 平成16年度湖東町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算


    議案第146号 平成16年度湖東町下水道事業特別会計歳入歳出決算


    議案第147号 平成16年度東近江市一般会計歳入歳出決算


    議案第148号 平成16年度東近江市住宅新築資金等貸付金特別会計歳入歳出決算


    議案第149号 平成16年度東近江市早期療育事業特別会計歳入歳出決算


    議案第150号 平成16年度東近江市国民健康保険(事業勘定)特別会計歳入歳出決算


    議案第151号 平成16年度東近江市国民健康保険(施設勘定)特別会計歳入歳出決算


    議案第152号 平成16年度東近江市老人保健特別会計歳入歳出決算


    議案第153号 平成16年度東近江市介護保険特別会計歳入歳出決算


    議案第154号 平成16年度東近江市介護保険認定審査事業特別会計歳入歳出決算


    議案第155号 平成16年度東近江市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算


    議案第156号 平成16年度東近江市下水道事業特別会計歳入歳出決算


    議案第157号 平成16年度東近江市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算


    議案第158号 平成16年度東近江市公設地方卸売市場特別会計歳入歳出決算


    議案第159号 平成16年度東近江市水道事業会計決算


    議案第160号 専決処分事項の承認を求めることについて(平成17年度東近江市一般会計補正予算(第1号))


    議案第161号 東近江市営住宅条例の一部を改正する条例の制定について


 1 追加日程


 1 委員長報告(質疑・討論・表決)


    議案第161号


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


出席議員


  1番  井上喜久男議員   2番  河並義一議員


  3番  今若羊治議員    4番  丁野永正議員


  5番  澤田康弘議員    7番  畑 重三議員


  8番  小森幸三議員    9番  大橋保治議員


 10番  日下山 幸議員  11番  北川満雄議員


 13番  吉岡源左衛門議員 14番  植田久米治議員


 17番  平木昭一議員   18番  藤本健一議員


 19番  馬場憲一議員   20番  深尾俊幸議員


 21番  横山榮吉議員   22番  川嶋重剛議員


 23番  畑 博夫議員   24番  山田みを子議員


 25番  西澤善三議員   26番  青山弘男議員


 27番  松本光郎議員   28番  國領みつ子議員


 29番  大橋政善議員   30番  寺村義和議員


 32番  鈴村重史議員   33番  中村 肇議員


 34番  松岡 勲議員   35番  太田康博議員


 36番  大洞共一議員   37番  山本 清議員


 38番  森田粂一議員   39番  中村 昇議員


 40番  藤野道春議員   43番  密谷要一郎議員


 44番  小林源嗣議員   45番  小嶋柳太郎議員


 46番  西澤和子議員   47番  奥居清一郎議員


 48番  太田禎彦議員   49番  森澤文夫議員


 50番  田中佐平議員   51番  寺村茂和議員


 52番  中澤正孝議員   53番  加川泰正議員


 54番  市田治夫議員   55番  古谷良衛議員


 58番  加藤勝彦議員   59番  谷田市郎議員


 60番  松野幸夫議員   61番  小林 優議員


 63番  高村与吉議員   64番  西澤英治議員


 65番  吉澤克美議員   66番  諏訪一男議員


 67番  高橋辰次郎議員  68番  野村秀一郎議員


 69番  野田清司議員   70番  杉山忠蔵議員


 71番  豆田昇一郎議員


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


欠席議員


  6番  福島與一議員   12番  西村一民議員


 15番  松下和一郎議員  16番  中島定一郎議員


 41番  植田 勲議員   56番  西村吉平議員


 57番  志井 弘議員   62番  井上 孝議員


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


議場に出席した事務局職員


                  事務局長   奥  学


                  事務局次長  西村文夫


                  書記     北邑清治


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


会議に出席した説明員


          市長             中村功一


          助役             久田元一郎


          収入役            種村善五郎


          教育委員会委員長       足立 進


          監査委員           福井嘉廣


          教育長            岡井眞壽美


          政策監            森野才治


          総務部長           奥田敬一郎


          企画部長           山口 豪


          市民部長           高野治幸


          人権部長           灰谷羊一


          生活環境部長         山路良夫


          健康福祉部長兼福祉事務所長  松下重夫


          産業振興部長         染谷克己


          都市整備部長         中島政夫


          水道部長兼水道事業所長    山中庄次


          永源寺支所長         川戸善男


          五個荘支所長         北川純一


          愛東支所長          小倉安男


          湖東支所長          中澤日出司


          教育部長           野村彭彦


          総務部次長兼都市経営改革室長 西田紀雄


          監査委員事務局長       岩佐光雄


     午後3時13分 開会


○議長(高村与吉) ただいまから、平成17年第5回東近江市議会臨時会を開会します。


 ただいまの出席議員数は61名であり、定足数に達しておりますので本日の会議を開きます。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−





△日程第1 諸般の報告





○議長(高村与吉) 日程第1は「諸般の報告」であります。


 まず監査委員から地方自治法の規定により、平成16年度旧1市4町(八日市市、永源寺町、五個荘町、愛東町、湖東町)の一般会計・特別会計決算及び基金運用状況並びに企業会計審査意見書及び平成16年度東近江市一般会計・特別会計決算及び基金運用状況並びに企業会計審査意見書が議会に提出されておりますから御了承願います。


 なおそれぞれの意見書の写しは、さきに配付のとおりであります。


 その他のことにつきましては、事務局長から報告させます。


○議会事務局長(奥学) 御報告申し上げます。


 地方自治法の規定により本臨時会の説明員としてあらかじめ出席を求めておきましたのは、お手元に配付の文書のとおりでありますので御了承願います。


 次に8月12日付東総第223号、市長名で議案の送付がありました。議案第103号から議案第161号までの59件であります。


○議長(高村与吉) 報告は終わりました。


 市長から発言を求められておりますので、ここで許可します。


 市長。


○市長(中村功一) 平成17年第5回東近江市議会臨時会の開会に当たりまして一言ごあいさつを申し上げます。


 本日、臨時会を招集いたしましたところ、御多忙の中御出席を賜りまことにありがとうございます。


 議員の皆様には御健勝にて市政進展のため、日々御活躍をいただいておりますことを心からお喜びを申し上げます。


 このところ比較的大きな地震が多いように思われます。去る16日にも宮城県沖を震源とした8.16宮城地震が発生をいたしました。本県におきましても、東南海・南海地震、また琵琶湖西岸断層帯などを抱え、今後の防災対策にも万全を期していかなければならないと強く感じております。


 次にアスベスト対策についてでありますが、さきの第4回臨時会の冒頭で申し上げておりましたように、本市の公共施設におきますアスベストの使用状況につきましては調査を行ってまいりました。その結果、中央公民館、これは八日市公民館と併設となっておりますが、この大ホール、ロビー等、また五個荘公民館大ホールにて吹きつけ材に白石綿が含有されていることが判明をいたしました。


 このため、市では関係部局による調整会議を開催し検討を進める中、8月12日、庁議を行いまして、これら二つの施設につきましてはアスベストを撤去するまでの間、市民の安心・安全確保を最優先し、8月13日より休館の措置をとることを決定いたしました。その他、アスベスト含有の可能性のある施設につきましては、分析結果が出るまでそれぞれの箇所への一般立ち入りを中止し、その結果により対応策を講じてまいりたいと考えております。


 なお休館によります利用者への対策、市民からの相談への対応など、総合的な対策を図ってまいりたいと考えております。大変御不便をおかけすることになりますが、御理解と御協力をお願いを申し上げます。


 去る8月9日、小泉純一郎首相は衆議院解散総選挙を断行されることを決定されました。衆議院選の日程は8月30日公示、9月11日の投開票と定められ、暑い真夏の激しい選挙戦が繰り広げられることになります。合併後、初の国政選挙を迎えます本市は、区割り変更がされないため2区と4区に分かれての投票となりますことから、市民の皆さんへ十分な周知も行う必要があろうと考えております。


 直接の要因は、郵政民営化法案にあると言われておりますが、構造改革の是非をめぐる考え方の違いが浮き彫りにされました。そんな選挙であると言われております。いずれにいたしましても、日本が世界で輝きを持ちながら平和を求め、また今後も競争力のある国として国民がより豊に、より幸せに生活していくためにどのような方向を目指すのか、その進路を決定する重要な選挙であると思っております。各党、各候補者の主張を十分に伺い、それぞれが悔いのない審判を下ろされることを期待するところであります。


 本日、御提案いたします案件は、平成16年度決算を中心とする59議案であります。御案内のとおり、平成16年度は平成17年2月11日から東近江市として市制施行を行いました関係上、それまでの八日市市、永源寺町、五個荘町、愛東町、湖東町の旧1市4町の部分決算、また東近江市としての決算の承認をお願いするものであります。一般会計、特別会計、事業会計、それぞれ会計ごとに決算を提出しておりますので、大変多くの数となってまいりました。どうか慎重に御審議をいただき、適切な御決定を賜りますようお願いを申し上げまして、開会に当たりましてのごあいさつといたします。どうぞよろしくお願いいたします。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−





△日程第2 会議録署名議員の指名





○議長(高村与吉) 日程第2 「会議録署名議員の指名」を行います。


 会議録署名議員は会議規則第81条の規定により、21番横山議員、22番川嶋議員を指名します。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−





△日程第3 会期の決定





○議長(高村与吉) 日程第3 「会期の決定」を議題とします。


 お諮りします。


 今回の臨時会の会期は、本日から29日までの11日間とすることに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(高村与吉) 御異議なしと認めます。


 よって会期は11日間と決定しました。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−





△日程第4 議案第103号から議案第161号まで





○議長(高村与吉) 日程第4 議案第103号から議案第161号までを一括議題とします。


 提出者から提案理由の説明を求めます。


 市長。


○市長(中村功一) 本日御提案申し上げております議案第103号から議案第161号までの各議案について御説明を申し上げます。


 議案第103号から議案第112号、また議案第114号から議案第131号並びに議案第133号から議案第158号までの54議案につきましては、平成16年度八日市市及び永源寺町、五個荘町、愛東町、湖東町並びに東近江市それぞれの一般会計及び各特別会計歳入歳出決算の認定の議案でありまして、地方自治法第233条第3項の規定に基づき議会の認定に付するものであります。なおこれからの決算の概要につきましては、後ほど収入役から説明を申し上げますが、平成16年度八日市市、五個荘町及び東近江市、それぞれの水道事業会計決算につきましては、地方公営企業法第30条第4項の規定に基づき議会の認定に付するものでありますので、私の方から順次御説明を申し上げます。


 まず別冊の平成16年度八日市市水道事業会計決算書の1ページをお開きいただきたいと思います。議案第113号、平成16年度八日市市水道事業会計決算の認定を求めることについてであります。


 旧八日市市の水需要は伸び悩んでおりまして、水道事業の経営は非常に厳しいものがあります。その要因といたしましては、先行き不透明を払拭できない経営状況でありますとか、企業の経費節減による節水、一般家庭におきます節水意識の定着や環境を重視した商品の開発などによるものではないかと考えております。


 2月10日での決算となりましたので、1カ月平均で前年度対比をしますと、営業収益中での給水収益は1.2%の伸びにとどまりました。事業費用は、委託料や工事費の支出は残っておりますが、県水受水費が値下げされたことにより8.2%の減少となり、また維持管理経費の節減にも努めました。


 一方、公共下水道事業に伴う配水管の布設替えや低区第2配水池築造工事などによる減価償却費は8.9%の増加となりました。この結果、損益勘定で5,445万1,280円の純利益となり、前年度繰越欠損金が2億5,572万750円であるため、2億126万9,470円を平成16年度において東近江市へ未処理欠損金として繰り越すことの承認をいただこうとするものであります。


 次に平成16年度五個荘町水道事業会計決算書の表紙をお開きください。議案第132号、平成16年度五個荘町水道事業会計決算の認定を求めることについてであります。


 旧五個荘町の水需要も、八日市市と同じ要因によりまして平成13年度以降伸び悩んでおります。そして水道事業の経営は大変厳しいものがあります。このような中、平成16年4月からの県水受水費値下げ、また平成18年度から企業債償還が減少することなどを踏まえ、水道料金の値下げを実施したところであります。結果、給水収益は、前年度の同時期と対比いたしますと17.5%の減となり、事業費用の県水受水費は7.7%の減となりました。損益勘定では757万3,592円の純損失となり、前年度繰越利益剰余金95円を差し引いた757万3,497円を平成16年度において東近江市へ未処理欠損金として繰り越すことの承認をいただこうとするものであります。


 次に平成16年度東近江市水道事業会計決算書の1ページをお開きください。議案第159号、平成16年度東近江市水道事業会計決算の認定を求めることについてであります。


 東近江市の水道事業は、合併に伴い旧八日市市と旧五個荘町の地域を統合するに当たり、厚生労働大臣に合併創設事業認可を受け運営をいたしております。


 水の需要でありますが、依然として伸び悩んでおり、水道事業の経営は非常に厳しい状況であります。


 収益総額では、資本的収入予算に計上していた工事負担金を収益的収入予算における受託工事収益に切り替えたことで、対前年度比39.5%の増となりましたが、給水収益は対前年度比2.2%の減となっております。事業費用は、経費の節減に努めましたが、県水受水費や公共下水道事業に伴う配水管布設替えによる減価償却費の増加で、事業費用全体では28.4%の増加となり、当年度は1億132万1,718円の純損失となりました。結果、当年度の未処理欠損金は、平成16年度旧八日市市から繰越欠損金2億126万9,470円と旧五個荘町からの繰越欠損金757万3,497円を合わせますと3億1,016万4,685円となり、次年度へ未処理欠損金として繰り越すことの承認をいただくものであります。


 続きまして、平成17年度東近江市一般会計補正予算書及び補正予算事項別明細書の1ページをお開きいただきたいと存じます。


 議案第160号、平成17年度東近江市一般会計補正予算(第1号)は、来る9月11日に執行されます衆議院議員総選挙の経費や、市有施設でのアスベスト使用実態調査に基づく採取サンプルの分析等に要する経費であります。これらは8月8日付で専決処分を行ったものでございまして、5,107万円を増額し歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ328億4,607万円と定めたものであり、今回専決処分の承認を求めるものであります。


 次に第5回東近江市議会臨時議会議案の1ページをお開きいただきたいと思います。議案第161号でありますが、東近江市市営住宅条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 市営建部日吉団地第2期建て替え工事が竣工するのに伴いまして、公営住宅及び駐車場を別表に加えたく条例の改正をお願いするものであります。


 以上、御説明申し上げましたけれども、どうぞよろしく慎重なる御審議をいただきまして原案決定をいただきますようによろしくお願いを申し上げます。


○議長(高村与吉) 収入役。


○収入役(種村善五郎) 本日提案申し上げました議案第103号から議案第112号、議案第114号から議案第131号、議案第133号から議案第158号までの平成16年度八日市市一般会計ほか53会計の歳入歳出決算の認定に係る案件につきまして御説明を申し上げます。


 さて我が国の経済は、長期にわたる低迷から自立的回復により踊り場的状況を脱するところまでに来ている昨今、緩やかではありますが景気好転の気配がうかがえる状況ではないかと思慮いたしております。また一方では、少子高齢化や情報化への対応、地方分権や三位一体の改革など地方自治体を取り巻く環境も大きく変化をしてまいりました。


 そうした中、平成16年度におきましては、1市4町の合併という一大事業が実現し、新しく東近江市が誕生した記念すべき年度であります。これまでそれぞれの地域で特色のある、また活力に満ちた地域づくりを目指して施策を進めてまいりましたが、今新たな一歩を踏み出した東近江市では、より発展的継続と向上を目指し、市民参加のまちづくりや規模拡大に対応できるようさまざまな整備を進めてまいったところでございます。


 それではまず合併するまでの旧1市4町の各会計決算につきまして順次御説明を申し上げます。お手元の平成16年度八日市市各会計歳入歳出決算書を御覧をいただきたいと思います。


 まず議案第103号、平成16年度八日市市一般会計歳入歳出決算でありますが、歳入歳出決算額は2ページから7ページまでにそれぞれ記載のとおりでございます。歳入歳出差引残額は8ページに記載のとおり4億9,122万4,013円の剰余となり、東近江市へ引き継ぐことといたしました。


 歳入について御説明を申し上げます。歳入決算総額は124億3,910万4,465円であり、収入率は71.4%でありました。その主な項目であります市税につきましては総額54億330万2,730円であり、歳入総額に占める割合は43.4%となっております。


 そのほか決算書の2ページから5ページに記載の歳入科目につきまして、主なものといたしましては、地方消費税交付金で3億6,757万5,000円、地方特例交付金で2億5,018万8,000円、地方交付税9億1,491万7,000円、国庫支出金で6億4,914万1,980円、県支出金で3億551万851円、基金繰入金9億3,736万6,180円、市債14億6,380万円などであります。


 次に6ページ及び7ページの歳出についてであります。歳出決算総額は119億4,788万452円で歳出予算執行率は68.6%でございます。


 歳出の主なものといたしましては、総務費で市町村合併推進事業費、OA諸経費、まちづくり推進事業費などを、民生費におきましては児童手当、生活保護費などの扶助費、民間保育所運営事業費など、衛生費は中部清掃組合や衛生プラント組合の負担金、ごみ収集業務委託料などを、農林水産業費では神田地区土地改良事業費、地域用水機能増進事業費などであります。


 商工費では小口簡易融資資金預託金、中心市街地活性化対策事業費などを、土木費では道路新設改良事業費、コミュニティバス運行業務委託料、蛇砂川推進事業費、街路事業の用地取得費や物件補償費、布引運動公園整備事業などであります。


 消防費は、東近江行政組合の消防分担金が主な支出でございます。


 教育費の主な事業では、御園小学校プール改築工事、中学校空調設備設置工事、子供センターひばりの土地建物購入費、社会体育施設管理運営委託料などであります。


 次に公債費は、長期借入債元利償還金、一時借入金利子の支払いを行ったものでございます。


 諸支出金につきましては、布引山霊苑管理基金積立金などの基金積立金と法人市民税等の過誤納還付金であります。


 なお予備費は215万8,000円を必要科目へ充当いたしました。


 続きまして議案第104号から議案第112号までの八日市市各特別会計歳入歳出決算につきましては、一括して御説明申し上げますので、よろしくお願いいたします。


 まず各特別会計におけます歳入歳出決算額につきましては、さきにお手元へ配付いたしております歳入歳出決算実質収支一覧表(1)に記載のとおりでございますので、御覧いただきたく存じます。


 なお早期療育事業特別会計及び農業集落排水事業特別会計につきましては黒字決算であり、剰余金を東近江市へ引き継ぎました。


 また住宅新築資金等貸付金特別会計ほか5会計につきましては、歳入不足の赤字決算となったところでございます。この不足額は、合併の事由により生じた債務等でございますので、全額を一時借入金にて補てんをいたしました。


 特に下水道事業特別会計は、収入率が26.7%と低く、歳入不足の要因となったところでございますが、これは国庫補助金や市債が年度末に集中するためでございます。


 続きまして平成16年度永源寺町一般会計歳入歳出決算書及び事項別明細書を御覧をいただきたいと思います。


 まず議案第114号、平成16年度永源寺町一般会計歳入歳出決算でありますが、歳入歳出決算額は2ページから13ページまでにそれぞれ記載のとおりでございます。


 歳入歳出差引残額は13ページに記載のとおり1億8,346万1,687円の剰余となり、東近江市へ引き継ぎをいたしました。


 歳入決算総額は40億8,663万7,925円であり、収入率は73.2%でありました。


 その主な項目でありますが、町税につきましては総額が4億8,632万6,470円であり、歳入総額に占める市税の割合は11.9%となってございます。なお地方税法の規定によりまして町税で22万5,100円並びに負担金で4万7,870円をそれぞれ不納欠損処分といたしました。


 その他決算書の2ページから7ページに記載の歳入科目について、主なものといたしましては地方交付税13億287万9,000円、国庫支出金3億3,394万8,639円、県支出金1億146万3,571円、基金繰入金6億767万5,069円、町債8億3,690万円などであります。


 次に8ページ及び13ページの歳出であります。歳出決算総額は39億317万6,238円で歳出予算執行率は69.9%であります。


 歳出の主なものといたしましては、総務費で合併事業負担金、温泉試掘工事費、町営駐車場用地購入費などであります。


 次に民生費では特別養護老人ホーム建設補助金など、衛生費では中部清掃組合や衛生プラント組合の負担金などであります。


 農林水産業費につきましては、中山間地域総合整備事業費、フォレスト・コミュニティ事業費、林道整備や木造交流施設整備事業費などであり、土木費では町道蛭谷君ヶ畑線道路改良工事費、水道送配水管布設替補償費など、消防費につきましては東近江行政組合の消防負担金が主な支出でございます。


 教育費の主な支出は、山上小学校改築工事費、永源寺中学校グラウンド整備工事、学童保育所用の建物購入費などであります。


 災害復旧費では林業施設の災害復旧費や町道蛭谷君ヶ畑線災害復旧工事費などであります。


 公債費につきましては長期借入債の元利償還金及び繰上償還金、一時借入金利子の支払いを行ったものでございます。


 引き続きまして議案第115号から議案第125号までの各特別会計歳入歳出決算について一括して御説明を申し上げます。


 各特別会計におきます歳入歳出決算につきましても、さきの説明で御覧をいただきました歳入歳出決算実質収支一覧表(1)に記載のとおりでございますので、再度御覧をいただきたいと存じます。


 まず国民健康保険(施設勘定)特別会計ほか8会計につきましては黒字決算であり、剰余金を東近江市へ引き継ぎました。また国民健康保険(事業勘定)特別会計及び御池簡易水道特別会計につきましては、歳入不足の赤字決算となりました。この不足額は合併の事由により生じた債務であるため、全額を一時借入金にて補てんをいたしました。


 次に歳入に関しまして、関係法令に基づき国民健康保険(事業勘定)特別会計で71万619円を、また中西部簡易水道特別会計で28万3,830円の不納欠損処分をいたしました。


 なお御池簡易水道特別会計の歳入不足につきましては、予算現額に対する収入率が3.3%と低いことが要因でありますが、これは国庫補助金及び町債の歳入が年度末の収入となるためであります。また支出では主に水道施設新設事業に係る工事費などであります。


 続きまして平成16年度五個荘町歳入歳出決算書を御覧をいただきたいと存じます。


 まず議案第126号、平成16年度五個荘町一般会計歳入歳出決算でありますが、歳入歳出決算額は2ページから11ページまでにそれぞれ記載のとおりでございます。


 歳入歳出差引残額は12ページに記載のとおり1億3,271万3,743円の歳入不足となりました。この不足額は合併の事由により生じた債務でございますので、全額を一時借入金で補てんをいたしております。


 歳入について御説明申し上げます。歳入決算総額は38億5,145万2,178円であり、収入率は66.7%でありました。


 その主な項目でありますが、町税につきましては総額が12億4,174万5,781円であり、歳入総額に占める市税の割合は32.2%となってございます。


 その他、決算書の2ページから7ページに記載の歳入科目について、主なものといたしましては地方交付税9億9,850万2,000円、国庫支出金8,432万8,332円、県支出金7,985万5,483円、基金繰入金で3億7,077万5,572円、町債5億270万円などであります。


 次に8ページから11ページの歳出につきまして、歳出決算総額は39億8,416万5,921円で歳出予算執行率は69%でございます。


 支出の主なものは、総務費では町制50周年記念誌作成費、庁舎駐車場用地購入費、合併事業負担金などであります。


 次に民生費では老人福祉施設「老人憩いの家生きがい荘」の建設事業費のほか、福祉医療助成事業などを、衛生費は中部清掃組合や衛生プラント組合の負担金などであります。


 農林水産業費におきましては地域用水機能増進事業で五個荘町北公園整備事業費や絆の森整備事業費などであります。


 また商工費では主に近江商人屋敷の維持管理経費などを、土木費は町道小幡竜田線道路新設改良事業費のほか、町道改良、舗装、補修工事費、中央公園用地の購入費などであります。


 消防費につきましては東近江行政組合の消防負担金が主な支出でございます。


 教育費の主なものといたしましては現在建設中の五個荘小学校改築工事費、伝統的建造物群保存地区の修景事業、公有財産購入費、補助金などでございます。


 以上で議案第126号、五個荘町一般会計歳入歳出決算の説明を終わりまして、次に議案第127号から議案第131号までの五個荘町各特別会計歳入歳出決算につきまして一括御説明を申し上げます。


 各特別会計の歳入歳出決算につきましては、さきの御説明で御覧いただきました歳入歳出決算実質収支一覧表(1)に記載のとおりでございますので、よろしくお願いいたします。


 なお五個荘町におけます特別会計のうち、介護保険特別会計、学校給食事業特別会計及び下水道事業特別会計につきましては黒字決算であり、剰余金を東近江市へ引き継ぎをいたしました。


 また国民健康保険特別会計、老人保健特別会計につきましては歳入不足となりましたので、全額を一時借入金で補てんいたしております。


 続きまして平成16年度愛東町一般会計歳入歳出決算を御覧をいただきたいと存じます。


 まず議案第133号、平成16年度愛東町一般会計歳入歳出決算でありますが、歳入歳出決算額は2ページから6ページまでにそれぞれ記載のとおりでございます。歳入歳出差引残額は7ページに記載のとおり3,168万5,759円の剰余となりまして東近江市へ引き継ぎをいたしたところでございます。


 まず歳入についてでございますが、歳入決算額は31億3,937万384円であり、収入率は80.7%でありました。


 歳入の主な項目でございます町税につきましては総額が5億5,783万6,071円であり、歳入総額に占める市税の割合は17.8%となっております。なお町税におきましては、地方税法の規定に基づきまして1万4,077円を不納欠損処分といたしました。


 その他決算書の2ページから4ページに記載の歳入科目につきまして、主なものといたしましては地方交付税で8億5,443万9,000円、県支出金で3億2,286万4,098円、基金繰入金5億6,584万3,000円、町債4億2,630万円などであります。


 次に5ページ及び6ページの歳出につきましては、歳出決算総額といたしまして31億768万4,625円で歳出予算執行率は79.9%であります。


 歳出の主なものといたしましては、総務費で合併事業負担金、防犯灯設置工事、合併50周年記念事業費や愛東町庁舎の閉庁イベント経費などであります。


 次に民生費は障害者支援事業費や民間保育所運営事業費などを、衛生費におきましては湖東広域衛生管理組合負担金、菜の花館太陽光発電施設設置工事費などが主な支出でございます。


 また農林水産業費におきましては、バイオマス利活用施設整備事業に係ります工事費、用地購入費、マーガレットステーション改修工事費などであり、土木費では町道青山・園線道路改良工事費、土砂災害相互通報システム工事費などであります。


 消防費につきましては、愛知郡広域行政組合の消防負担金及び消防自動車購入費が主な支出でございます。


 教育費の主な支出といたしましては、愛東北小学校体育館・プール実施設計委託料、文化センターのバリアフリー化改修並びに資料室建築工事費、運動公園改修工事費及び駐車場用地購入費などであります。


 公債費につきましては、長期借入債の元利償還金及び繰上償還金、一時借入金利子の支払いでございます。


 引き続きまして議案第134号から議案第139号までの愛東町各特別会計歳入歳出決算につきましては、さきの説明で御覧をいただきました歳入歳出決算実質収支一覧表、これは(2)に記載のとおりでございます。


 なお国民健康保険特別会計(施設勘定)のほか2会計につきましては黒字決算でございまして、剰余金を東近江市へ引き継ぐことといたしました。一方におきまして、国民健康保険特別会計(事業勘定)のほか2会計につきましては赤字決算となりましたことから、合併の事由により生じた債務であるため全額を一時借入金で補てんをいたしたものでございます。


 続きまして平成16年度湖東町歳入歳出決算書を御覧をいただきたいと存じます。


 まず議案第140号、平成16年度湖東町一般会計歳入歳出決算でありますが、歳入歳出決算額は2ページから9ページまでにそれぞれ記載のとおりでございます。歳入歳出差引残額は8ページに記載のとおり2億5,379万9,570円の剰余となり、東近江市へ引き継ぎをいたしました。


 歳入について、歳入決算総額は37億8,898万162円であり、収入率は85.1%でありました。


 その主な項目についてでございますが、町税につきましては総額が11億6,179万4,158円であり、歳入総額に占める市税の割合は30.7%となっております。なお地方税法の規定に基づきまして、町税におきまして1,938万3,650円、使用料におきましては24万2,680円をそれぞれ不納欠損処分といたしました。


 その他決算書の2ページから5ページに記載の歳入科目につきまして、主なものといたしましては地方交付税で8億8,532万6,000円、国庫支出金で5,709万3,987円、県支出金で5,419万8,420円、基金繰入金7億2,989万5,000円、町債2億7,520万円などであります。


 次に6ページから9ページの歳出についてでございます。歳出決算総額は35億3,518万590円で歳出予算執行率は79.4%でございます。


 歳出の主なものといたしましては、総務費では景観形成事業費、電算システム開発保守委託料、合併事業負担金などであり、民生費では障害者支援事業費や児童手当等の扶助費などであります。


 また衛生費で主な支出といたしましては、湖東広域衛生管理組合負担金など、農林水産業費は水田営農対策事業費、ほ場整備事業補助金などであります。


 土木費では町道改良事業、舗装、補修工事費のほか、ひばり公園の照明整備工事費や駐車場用地購入費などであります。


 消防費につきましては、愛知郡広域行政組合の消防負担金、防火水槽設置工事費、消防自動車購入費などが主な支出でございます。


 教育費の主な支出といたしましては、中学校校舎関連工事費、生涯教育振興事業団活動補助金、公民館施設改修工事費、探検の殿堂増築工事費、社会体育施設改修工事費などであります。


 公債費は長期借入債の元利償還金及び繰上償還金、一時借入金の利子でございます。


 次に議案第141号から議案第146号までの各特別会計歳入歳出決算について一括して御説明を申し上げます。


 こちらの方におきましても、さきの御説明で御覧いただきました歳入歳出決算実質収支一覧表(2)の記載のとおりでございますので、再度御覧をいただきたく存じます。


 なお国民健康保険特別会計(事業勘定)のほか4会計につきましては黒字決算であり、剰余金を東近江市へ引き継ぐとともに、下水道事業特別会計におきましては、収入におきまして町債が年度末の収入となることから歳入不足の赤字決算となったものでございまして、この不足額は合併の事由により生じた債務でございますので、全額を一時借入金で補てんをいたしたところでございます。


 なお歳出では流域下水道事業負担金及び長期借入金の元利償還金が主なものでございます。


 主な収入の中で、国民健康保険事業特別会計(事業勘定)で745万7,940円、介護保険事業特別会計で13万5,600円及び農業集落排水事業特別会計で309万7,430円を関係法令に基づきそれぞれ不納欠損処分をいたしてございます。


 次に合併後の東近江市におきます各会計の決算につきまして御説明を申し上げます。それではお手元の平成16年度東近江市各会計歳入歳出決算書を御覧をいただきたいと存じます。ちょっと薄いものでございますのでよろしくお願いいたします。


 まず議案第147号、平成16年度東近江市一般会計歳入歳出決算でございますが、歳入歳出決算額は2ページから9ページまでにそれぞれ記載のとおりでございます。歳入歳出差引残額は9ページに記載のとおり10億4,686万1,153円となり黒字決算となりました。


 歳入決算総額は113億3,958万3,305円であり、収入率は92.6%でございます。


 その主な項目についてでございます。市税につきましては、総額は14億3,120万6,619円であり、歳入総額に占める市税の割合は12.6%となっております。なお地方税法の規定に基づきまして6,460万1,618円を不納欠損処分といたしました。


 そのほか決算書の2ページから5ページに記載の歳入科目について、主なものといたしましては地方交付税で10億647万7,000円、国庫支出金で14億289万1,176円、県支出金12億1,687万8,580円、市債29億3,390万円などであります。


 なお諸収入につきましては26億3,262万2,215円でありますが、旧市町平成16年度決算剰余金や市町村職員退職手当組合返還金が主な収入でございます。


 次に6ページ及び9ページの歳出についてでございます。歳出決算総額は102億9,272万2,152円で歳出予算執行率は84%であります。総じて旧市町からの事業費や合併に伴います庁舎、情報システム等の整備事業費などであります。


 それではまず総務費でありますが、情報システム推進事業費、市町村合併管理事業費、CATV調査設計業務委託料、東庁舎用地購入費などが主な支出であります。また翌年度繰越額700万円は、東部振興会館設計委託事業費を翌年度へ繰り越したものでございます。


 民生費につきましては、主に福祉医療費や生活保護費などの扶助費、民間保育所運営支援事業費など、衛生費では中部清掃組合や衛生プラント組合の負担金、ごみ収集業務委託料、合理化事業計画支援精算負担金などであります。


 農林水産業費におきましては、農業用排水管理事業費、農業用地整備事業費、木造交流施設整備事業工事費などであります。この中で翌年度繰越額2億5,314万6,000円は、一般土地改良事業費、神田地区土地改良事業費、中山間地域総合整備事業費、君ヶ畑瀬川線林道整備事業費及び木造交流施設整備事業費を翌年度へ繰り越したものでございます。


 土木費におきましては、道路新設改良事業に係る工事費、用地購入費、蛇砂川推進事業物件移転補償金、街路事業用地の購入費、布引運動公園及び五個荘中央公園の整備工事費などであります。このうち翌年度繰越額1億4,380万3,000円は、土砂災害情報相互通報システム整備事業費、市道蛭谷君ヶ畑線道路改良事業費及び建部日吉団地第2期建替事業費を翌年度へ繰り越したものでございます。


 消防費では消防自動車購入費、地域防災計画策定業務委託料などであり、教育費におきましては五個荘小学校校舎建築工事費、御園小学校プール改築工事費、伝統的建造物群保存地区整備事業費などであります。また翌年度繰越額1億7,400万円は、五個荘小学校校舎建築事業費を翌年度へ繰り越したものでございます。


 公債費につきましては歳出総額の18.6%を占めておりまして、長期借入金の元利償還金と一時借入金の利子償還金でございます。


 諸支出金につきましては、退職手当基金への積立金のほか旧市町の一時借入金返済金でございます。


 予備費は1,827万7,000円を必要科目へそれぞれ充当いたしました。


 次に10ページの実質収支に関する調書についてでございますが、歳入歳出差引額から翌年度への繰越経費充当財源を差し引いた実質収支額は9億9,862万2,153円であり黒字決算となりました。


 以上で議案第147号、東近江市一般会計歳入歳出決算の説明を終わらせていただきまして、続きまして議案第148号から議案第158号までの東近江市各特別会計歳入歳出決算につきましては、さきにお配りをしておりますように歳入歳出決算実質収支一覧表(2)に記載のとおりでございますので、再度御覧をいただきたく存じます。


 まず住宅新築資金貸付金特別会計及び老人保健特別会計につきましては歳入不足となりましたので、この不足全額を翌年度歳入繰上充用金にて補てんをいたしたところでございます。


 次に早期療育事業特別会計ほか8会計につきましては、それぞれ黒字決算であり剰余金を翌年度へ繰り越しをいたしました。


 なお国民健康保険(事業勘定)特別会計は652万2,000円を、老人保健特別会計で116万9,000円の予備費を必要科目へ充当いたしてございます。また関係法令の規定によりまして国民健康保険(事業勘定)特別会計で8,535万8,904円を、介護保険特別会計で207万6,170円を不納欠損処分といたしました。


 次に下水道事業特別会計におけます翌年度繰越額1,180万円は、公共下水道事業費(三津屋汚水幹線)を翌年度へ繰り越したものでございます。なお下水道事業特別会計につきましては、歳入歳出差引額から繰越明許費繰越額の70万円を差し引いた1,474万7,685円が実質収支額でございます。


 また農業集落排水事業特別会計につきましては、予備費8,000円を必要科目へ充当いたしてございます。


 なお旧市町及び東近江市の財産の状況につきましては、各決算書及び事項別明細書に記載しております財産に関する調書のとおりでございますので、お目通しをいただきたいと存じます。


 結びに当たりまして、今回は東近江市及び旧1市4町の決算ということで提出いたしました案件も多く、決算書並びに附属書類がたくさんございますので、提出をいたしております事項別明細書、主要施策の成果並びに審査意見書を参照の上、慎重なる御審議を賜りまして各決算の御認定を賜りますようお願いを申し上げまして、説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いします。


○議長(高村与吉) 説明は終わりました。


 ただいま議題となっております議案第103号から議案第161号までについて、ただいまから質疑に入ります。質疑はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(高村与吉) 質疑なしと認め質疑を終了します。


 ただいま議題となっております議案第103号から議案第161号までの議案については、さらに慎重審議のため、さきに配付しております委員会付託表のとおりそれぞれ所管の委員会に付託します。


 お諮りします。


 ただいま委員会付託表のとおりそれぞれ所管の委員会に付託した議案中、議案第161号は休憩中に審査を願い、日程を追加し本日委員長報告をしていただきたいと思いますが、これに御異議ございませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(高村与吉) 御異議なしと認めます。


 よって本案は、休憩中に審査を願い、日程を追加し本日委員長報告をお願いすることに決しました。


 暫時休憩します。


     午後4時05分 休憩


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


     午後4時22分 再開


○議長(高村与吉) ただいまから会議を再開します。


 ここで産業建設常任委員会委員長から委員会審査報告書が提出されましたので、さきに御決定願いましたとおり日程を追加し議案第161号を議題とします。


 議案第161号について産業建設常任委員会委員長の報告を求めます。


 産業建設常任委員会委員長、森田議員。


○産業建設常任委員長(森田粂一議員) 先ほど産業建設常任委員会に付託いただきました案件につきまして、休憩中に担当部課長等の出席を求めまして21名出席のもとに慎重に審査をいたしました。その経過と結果について御報告申し上げます。


 議案第161号、東近江市営住宅条例の一部を改正する条例の制定についてであります。本案は市営建部日吉団地第2期建築工事の竣工に伴い、公営住宅及び駐車場を別表に加えるものであります。


 委員より別表の記載順に対しまして相違があるのではないかという質疑がございましたが、担当者の適切な説明を了として採決の結果、全員賛成で原案どおり可決することに決しました。


 以上でございます。


○議長(高村与吉) 委員長の報告は終わりました。


 委員長報告に対し質疑ありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(高村与吉) 質疑なしと認め質疑を終結します。


 議案第161号について討論、採決を行います。


 討論ありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(高村与吉) 討論を終結します。


 採決します。


 本案に対する委員長報告は可決であります。


 本案を委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(高村与吉) 御異議なしと認めます。


 よって本案は委員長報告のとおり可決することに決しました。


 お諮りします。


 委員会審査のため、明日から8月28日までの9日間休会することに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(高村与吉) 御異議なしと認めます。


 よって明日から8月28日までの9日間休会することに決定しました。


 8月29日は午前9時30分から本会議を開きます。


 本日はこれで散会いたします。


     午後4時26分 散会


    地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。


              平成17年8月19日


           東近江市議会議長  高村与吉


             同   議員  横山榮吉


             同   議員  川嶋重剛