議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 高島市

平成23年 12月 定例会 12月16日−05号




平成23年 12月 定例会 − 12月16日−05号









平成23年 12月 定例会



          平成23年12月高島市議会定例会(第5号)

                       平成23年12月16日(金曜日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程 第5号

                         平成23年12月16日(金)

                             午前10時00分開会

第1 議第75号 公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについて(今津東コミュニティセンター)

第2 議第76号 公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについて(高島デイサービスセンター)

第3 議第77号 公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについて(安曇川デイサービスセンター)

第4 議第78号 公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについて(安曇川老人福祉センター)

第5 議第79号 公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについて(朽木ふれあいセンター・朽木ふれあいセンター浴室棟)

第6 議第80号 公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについて(新旭健康づくりセンター「いきいき元気館」)

第7 議第81号 公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについて(高島市今津あいあいタウン地域交流センター)

第8 議第82号 公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについて(高島市新旭総合福祉センター「やすらぎ荘」)

第9 議第83号 公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについて(高島市安曇川多目的グラウンド)

第10 議第84号 公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについて(高島市健康の森梅ノ子運動公園)

第11 議第85号 公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについて(今津南浜中浜農業共同作業所)

第12 議第86号 公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについて(今津川尻農業共同作業所)

第13 議第87号 公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについて(今津椋川多目的研修集会施設)

第14 議第88号 公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについて(今津新田生活改善センター)

第15 議第89号 公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについて(今津角川生活改善センター)

第16 議第90号 公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについて(安曇川上古賀農民研修センター)

第17 議第91号 公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについて(安曇川上古賀農機具格納庫)

第18 議第92号 公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについて(安曇川長尾共同集出荷施設)

第19 議第93号 公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについて(安曇川三尾里農畜産物処理加工施設)

第20 議第94号 公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについて(安曇川庄堺農業構造改善センター)

第21 議第95号 公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについて(新旭井ノ口共同作業所)

第22 議第96号 公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについて(新旭針江籾調整施設共同作業所)

第23 議第97号 公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについて(新旭川原市籾調整施設共同作業所)

第24 議第98号 公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについて(新旭北畑農業用集出荷施設)

第25 議第99号 公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについて(新旭田井農機具格納庫)

第26 議第100号 公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについて(今津酒波多目的集会施設)

第27 議第101号 損失補償金支払請求事件の和解について

第28 議第102号 市道の路線の変更につき議決を求めることについて

第29 議第103号 高島市特別職の職員で非常勤のものの報酬および費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例案

第30 議第104号 高島市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例案

第31 議第105号 高島市立マキノ東小学校図書整備基金条例および高島市マキノ白谷温泉施設整備基金条例を廃止する条例案

第32 議第106号 高島市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例案

第33 議第107号 高島市指定管理施設管理基金条例案

第34 議第108号 高島市暴力団排除条例案

第35 議第109号 高島市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例案

第36 議第110号 高島市デイサービスセンターの設置および管理に関する条例等の一部を改正する条例案

第37 議第111号 高島市立学校の設置等に関する条例の一部を改正する条例案

第38 議第112号 高島市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例案

第39 議第113号 高島市農林業集落排水処理施設の設置および管理に関する条例の一部を改正する条例案

第40 議第114号 高島市道の駅施設「藤樹の里あどがわ」の設置および管理に関する条例の一部を改正する条例案

第41 議第115号 高島市ガリバー青少年旅行村の設置および管理に関する条例の一部を改正する条例案

第42 議第116号 平成23年度高島市一般会計補正予算(第4号)案

第43 議第117号 平成23年度高島市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)案

第44 議第118号 平成23年度高島市農林業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)案

第45 議第119号 平成23年度高島市下水道事業特別会計補正予算(第2号)案

第46 議第120号 平成23年度高島市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)案

第47 議第121号 平成23年度高島市訪問看護ステーション事業特別会計補正予算(第1号)案

第48 議第122号 平成23年度高島市水道事業会計補正予算(第1号)案

第49 議第123号 平成23年度高島市病院事業会計補正予算(第2号)案

第50 議第124号 平成23年度高島市介護老人保健施設事業会計補正予算(第1号)案

第51 議第125号 高島市駐車場の設置および管理に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例案

第52 請願第1号 米軍関係者による事故・事件における第一次裁判権放棄の「密約」の破棄と「日米地位協定」の見直しを日本政府に求める意見書の採択についての請願

第53 議員派遣の件

第54 閉会中の管外における委員会活動等に対する出張命令の件

本日の会議に付した事件

第1 日程第1の件

第2 日程第2の件

第3 日程第3の件

第4 日程第4の件

第5 日程第5の件

第6 日程第6の件

第7 日程第7の件

第8 日程第8の件

第9 日程第9の件

第10 日程第10の件

第11 日程第11の件

第12 日程第12の件

第13 日程第13の件

第14 日程第14の件

第15 日程第15の件

第16 日程第16の件

第17 日程第17の件

第18 日程第18の件

第19 日程第19の件

第20 日程第20の件

第21 日程第21の件

第22 日程第22の件

第23 日程第23の件

第24 日程第24の件

第25 日程第25の件

第26 日程第26の件

第27 日程第27の件

第28 日程第28の件

第29 日程第29の件

第30 日程第30の件

第31 日程第31の件

第32 日程第32の件

第33 日程第33の件

第34 日程第34の件

第35 日程第35の件

第36 日程第36の件

第37 日程第37の件

第38 日程第38の件

第39 日程第39の件

第40 日程第40の件

第41 日程第41の件

第42 日程第42の件

第43 日程第43の件

第44 日程第44の件

第45 日程第45の件

第46 日程第46の件

第47 日程第47の件

第48 日程第48の件

第49 日程第49の件

第50 日程第50の件

第51 日程第51の件

第52 日程第52の件

第53 日程第53の件

第54 日程第54の件

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

会議に出席した議員(20名)

    1番 粟津まりさん      2番 森脇 徹君

    3番 福井節子さん      4番 石田 哲君

    5番 大西勝巳君       6番 万木 豊君

    7番 廣本昌久君       8番 秋永安次君

    9番 前川 勉君       10番 橋本恒夫君

    11番 澤本長俊君       12番 山川恒雄君

    13番 大日 翼君       14番 小島洋祐君

    15番 八田吉喜君       16番 梅村彦一君

    17番 宮内英明君       18番 駒井芳彦君

    19番 清水日出夫君      20番 渡邊近治君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

会議に欠席した議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

会議に出席した説明員

               市長             西川喜代治君

               副市長            竹脇義成君

               教育長            高橋博志君

               総務部長           金谷一夫君

               政策部長           澤 孝彦君

               市民環境部長         早川庄吉君

               健康福祉部長         森脇 博君

               産業経済部長         拝藤正彦君

               土木交通部長         高島成弘君

               上下水道部長         八田人志君

               教育部長           北川伊久男君

               病院事務部長         山本 均君

               病院建設部長         駒井和久君

               消防長            山下 勇君

               政策部次長          古谷和美さん

               市民環境部次長        高木 正君

               健康福祉部次長        桑原 聡君

               健康福祉部次長        山田善嗣君

               産業経済部次長        古谷傳平君

               土木交通部次長        山本博和君

               主席教育次長         富永雄教君

               総務部管理官         狩野之彦君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

会議に出席した事務局職員

               議会事務局長         仁賀久宣

               議事課長           清水豊彦

               議事課参事          西川 彰

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前10時00分 開会



○議長(大西勝巳君) 

 議場内の皆さん、改めましておはようございます。

 さて、12月定例会も開催当時から比べますと寒さも一段と厳しくなってまいりましたきょうこのごろでございます。

 皆様方には、今議会、活発なご審議を賜りながら、本定例会、最終日を迎えました。議員各位、執行部の皆さんには、それぞれの立場でご多忙な中、ご出席を賜りまして、まことにご苦労さまでございます。

 それでは、早速でございますが、本日の会議を開きます。本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付のとおりであります。

 これより日程に入ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第75号から議第102号(公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについて外27議案)委員長報告



○議長(大西勝巳君) 

 日程第1、議第75号公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについてから日程第28、議第102号市道の路線の変更につき議決を求めることについての28議案を一括議題といたします。

 これより、各常任委員長の報告を求めます。

 まず、総務常任委員長の報告を求めます。

 10番、橋本恒夫君。



◆10番(橋本恒夫君) 

 おはようございます

 それでは、総務常任委員会の委員長報告をいたします。

 去る11月28日に開催されました今期定例会本会議におきまして、総務常任委員会が付託を受けました議第75号に係る議決案件の審査の経過と結果の報告を申し上げます。

 まず、審査の経過から報告申し上げます。去る11月29日午前10時より、当市議会会議室におきまして、委員全員出席のもと総務常任委員会を開会いたしました。審査の方法は、関係職員に説明員として出席を求め、詳細に補足説明を受けた後、質疑を重ね、慎重に審査を進めた次第であります。

 付託を受けました議案は、議第75号公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについての計1件であり、その内容等について審査した次第であります。

 次に、審査の内容と審査結果については、お手元に配付されております委員会審査報告書のとおりであり、付託を受けました議第75号については全員賛成で可決すべきものと決しました。

 以上、総務常任委員会の審査結果の報告といたします。



○議長(大西勝巳君) 

 次に、文教福祉常任委員長の報告を求めます。

 16番、梅村彦一君。



◆16番(梅村彦一君) 

 文教福祉常任委員長報告をいたします。

 今期定例会において、文教福祉常任委員会が付託を受けました議案の審査経過並びに結果についてご報告を申し上げます。

 当委員会が付託を受けました議第76号から議第84号に係る議決案件9議案の審査に当たっては、去る11月30日と12月5日の2日間にわたり、委員全員の出席のもと委員会を開催いたしました。

 審査結果につきましては、お手元に配付の委員会審査報告書のとおりであります。

 9議案については、公の施設の指定管理者の指定に係る案件であり、指定管理者としての適否を判断するため、候補者の選定経過、指定管理料や納付金の妥当性などを中心に質疑が行われたところであります。採決の結果は、議第80号は賛成多数で、また議第76号から議第79号及び議第81号から議第84号までの8議案は全員賛成により、いずれも原案のとおり可決すべきものと決定したところであります。

 以上、文教福祉常任委員会の審査結果の報告を終わります。



○議長(大西勝巳君) 

 次に、産業建設常任委員長の報告を求めます。

 2番、森脇徹君。



◆2番(森脇徹君) 

 それでは、産業建設常任委員会の委員長報告をいたします。

 去る11月28日の本会議におきまして、産業建設常任委員会が付託を受けました議案の審査結果についてご報告を申し上げます。

 当委員会が付託を受けました議決案件は、議第85号から議第102号までの18議案であります。この付託を受けました18議案につきましては、去る12月1日午後1時から、市役所3階会議室におきまして、委員7名の出席のもと委員会を開き、審査を行いました。

 議案の審査に当たりましては、当局に説明員の出席を求め、委員の疑義に対して説明を求め、慎重に審査をいたしました。

 議第85号から議第100号までの公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについての16議案は、平成24年4月1日から平成29年3月31日までの5年間の指定管理者の指定について、地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき議会の議決を求められた議案であり、その対象とする施設のすべてが地域の集会所や農業作業所などの施設でありまして、非公募による指定管理者候補の選定議案であり、審査の結果、全員賛成で原案のとおり可決すべきものと決定いたした。

 次に、議第101号損失補償金支払請求事件の和解についてにおきましては、滋賀県信用農業協同組合連合会と高島市との間で係争中の株式会社マキノ・ドーマーにかかわる損失補償金支払請求事件の和解について、本年7月13日に大津地方裁判所より解決金1億3,358万968円の支払いを条件とする和解勧告がなされ、地方自治法第96条第1項第12号の規定によりまして、議会の議決を求められたものであります。

 この審査の中では、和解後における株式会社マキノ・ドーマーの解散、求償について質疑などがなされたところであります。審査の結果、全員賛成で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議第102号市道の路線の変更につき議決を求めることについてにおきましては、市道横道八ツ渕線の路線認定を短縮するものでありまして、審査の結果、全員賛成で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上をもちまして、産業建設常任委員会の報告を終わります。



○議長(大西勝巳君) 

 以上で、各常任委員長の報告は終わりました。

 ただいまの報告に対する質疑を行います。

 順次発言を許します。

          (質疑なし)

 質疑がないものと認め、これをもって質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第75号から議第102号(公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについて外27議案)討論・採決



○議長(大西勝巳君) 

 これより、討論、採決を行います。

 お諮りいたします。議第80号については、討論の通告がありませんので、討論を省略し、直ちに裁決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」)

 異議なしと認めます。よって、議第80号については討論を省略し、直ちに裁決することに決定いたしました。

 これより、議第80号公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについてを裁決いたします。

 本案に対する文教福祉常任委員長の報告は可決すべきものであります。本案は、文教福祉常任委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君は起立を願います。

          (起立全員)

 ありがとうございました。起立全員です。よって、議第80号公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについては、文教福祉常任委員長の報告のとおり可決されました。

 お諮りいたします。議第75号から議第79号及び議第81号から議第102号までの27議案については、討論の通告がありませんので、討論を省略し、直ちに一括し採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」)

 異議なしと認めます。よって、27議案については、討論を省略し、直ちに一括して採決することに決定いたしました。

 これより、27議案を一括して採決いたします。

 議第75号公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについてから議第79号公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについて及び議第81号公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについてから議第102号市道の路線の変更につき議決を求めることについてまでの27議案に対する総務常任委員長、文教福祉常任委員長及び産業建設常任委員長の報告は、可決すべきものであります。27議案は、総務常任委員長、文教福祉常任委員長及び産業建設常任委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君は起立を願います。

          (起立全員)

 ありがとうございました。起立全員です。よって、議第75号公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについてから議第79号公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについて及び議第81号公の施設の指定管理者の指定につき議決を求めることについてから議第102号市道の路線の変更につき議決を求めることについてまでの27議案は、総務常任委員長、文教福祉常任委員長及び産業建設常任委員長の報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第103号から議第115号(高島市特別職の職員で非常勤のものの報酬および費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例案外12議案)委員長報告



○議長(大西勝巳君) 

 次に、日程第29日、議第103号高島市特別職の職員で非常勤のものの報酬および費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例案から日程第41、議第115号高島市ガリバー青少年旅行村の設置および管理に関する条例の一部を改正する条例案の13議案を一括議題といたします。

 これより、各常任委員長の報告を求めます。

 まず、総務常任委員長の報告を求めます。

 10番、橋本恒夫君。



◆10番(橋本恒夫君) 

 去る11月28日に開会されました今期定例会本会議におきまして、総務常任委員会が付託を受けました議第103号外5件に係る条例案件の審査の経過と結果の報告を申し上げます。

 まず、審査の経過からご報告申し上げます。去る11月29日午前10時より、当市議会会議室におきまして、委員全員出席のもと総務常任委員会を開会いたしました。審査の方法は、関係職員に説明員として出席を求め、詳細に補足説明を受けた後、質疑を重ね、慎重に審査を進めた次第であります。

 付託を受けました6議案は、議第103号高島市特別職の職員で非常勤のものの報酬および費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例案、議第104高島市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例案、議第105号高島市立マキノ東小学校図書整備基金条例および高島市マキノ白谷温泉施設整備基金条例を廃止する条例案、議第106号高島市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例案、議第107号高島市指定管理施設管理基金条例案、議第108号高島市暴力団排除条例案の計6件であります。それぞれ変更、廃止、新設しようとする条例の内容等について審査した次第であります。

 次に、審査の内容と審査結果については、お手元に配付されております委員会審査報告書のとおりであり、付託を受けました議第103号、議第104号、議第105号、議第106号、議第108号については全員賛成、議第107号については賛成多数で可決すべきものと決しました。

 以上、総務常任委員会の審査結果の報告といたします。



○議長(大西勝巳君) 

 次に、文教福祉常任委員長の報告を求めます。

 16番、梅村彦一君。



◆16番(梅村彦一君) 

 文教福祉常任委員長報告を申し上げます。今期定例会において、文教福祉常任委員会が付託を受けました条例案件の議案の審査経過並びに結果についてご報告を申し上げます。

 当委員会が付託を受けました議第109号から議第112号に係る条例案件4議案の審査に当たっては、去る11月30日と12月5日の2日間にわたり、委員全員の出席のもとに委員会を開催いたしました。

 審査結果につきましては、お手元に配付の委員会審査報告書のとおりであります。採決の結果は、議第110号及び議第112号は賛成多数で、また議第109号及び議第111号は全員賛成により、いずれも原案のとおり可決すべきものと決定したところであります。

 以上、文教福祉常任委員会の審査結果の報告を終わります。



○議長(大西勝巳君) 

 次に、産業建設常任委員長の報告を求めます。

 2番、森脇徹君。



◆2番(森脇徹君) 

 それでは、産業建設常任委員会の委員長報告をいたします。

 去る11月28日の本会議におきまして、産業建設常任委員会が付託を受けました議案の審査結果についてご報告を申し上げます。

 当委員会が付託を受けました条例案件は、議第113号、議第114号及び議第115号の3議案であります。この付託を受けました3議案につきましては、去る12月1日午後1時からと12月7日午前10時からの2日間にわたり、市役所3階会議室におきまして、委員7名の出席のもと委員会を開き、審査を行いました。

 議案の審査に当たりましては、当局に説明員の出席を求め、委員の疑義に対して説明を求め、慎重に審査をいたしたところであります。

 議第113号高島市農林業集落排水処理施設の設置および管理に関する条例の一部を改正する条例案につきましては、日爪地区農業集落排水処理施設について、平成24年4月1日をもって公共下水道の接続により本条例から当該処理施設を削除するものでありまして、審査の結果、全員賛成で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議第114号高島市道の駅施設「藤樹の里あどがわ」の設置および管理に関する条例の一部を改正する条例案については、道の駅「藤樹の里あどがわ」について、指定管理者から利用料金及びその他当該施設の利用による料金の一部を納付金として徴収することができるよう所要の改正を行うもので、審査の結果、全員賛成で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議第115号高島市ガリバー青少年旅行村の設置および管理に関する条例の一部を改正する条例案につきましては、議第114号と同様に、ガリバー青少年旅行村について、指定管理者から利用料金の一部を納付金として徴収することができるよう所要の改正を行うほか、当該施設の大規模改修工事による一部施設の用途変更に伴う使用料などの改正を行うものでありまして、審査の結果、全員賛成で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上をもちまして、産業建設常任委員会の報告を終わります。



○議長(大西勝巳君) 

 以上で、各常任委員長の報告は終わりました。ただいまの報告に対する質疑を行います。

 順次発言を許します。

          (質疑なし)

 質疑がないものと認め、これをもって質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第103号から議第115号(高島市特別職の職員で非常勤のものの報酬および費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例案外12議案)討論・採決



○議長(大西勝巳君) 

 これより、討論、採決を行います。

 まず、議第107号高島市指定管理施設管理基金条例案に対する討論を行います。本案に対しましては討論の通告書が提出されております。

 まず、反対討論を許します。

 2番、森脇徹君。



◆2番(森脇徹君) 

 ただいま討論に付されました議第107号高島市指定管理施設管理基金条例案に反対討論いたすものであります。

 私ども日本共産党市議団は、収益や剰余金を暦年計上できる市施設は、指定管理ではなく直営で、雇用と運営の安定で市収入を確かなものにすべきと提起してきたところであります。

 今回の基金条例案制定の背景ともなっております道の駅「藤樹の里あどがわ」に関して言えば、選定委員会と市長選定の不透明さ、不公平さを指摘されながら、執行者は原案議決にこだわりまして、当市議団は指定案を取り下げ、直営での管理運営を提起いたしましたが議決され、収益施設の指定管理と納付金となっているわけであります。

 反対の2点目は、公施設の指定管理者を定め、かつ納付金契約を定めるのであれば、公契約条例の制定と雇用の継続確約が必要だと考えるものであります。施設管理で法令遵守は当然でありますが、特に収益施設で公募に出す場合、従業員の雇用条件のありようが経営収益を左右する要因ともなり、法遵守を言いながら法ぎりぎりの不安定な労働者待遇となることが危惧されるからであります。

 3点目は、社会福祉施設における収益施設からの納付金も本基金条例案の対象にして積み立てる条例案となっています。社会福祉法人が管理運営した経理決算で剰余金を計上するとき、その使い道は、法と省令通知に基づき、社会福祉、公益にしか使えません。しかし条例案は、納付金をもとにした基金管理において、その使途を市指定管理者に管理を行わせる施設の整備及び維持管理費に取り崩し、使うものであります。このことは、社会福祉施設以外の指定管理施設一般に使うこととなり、私どもは法と通知の趣旨に反する疑義を指摘したところであります。拡大解釈は疑問であります。

 4点目は、県下でも指定管理施設から自治体への納付金と基金制度を定めている市・町は限られており、県施設管理の担当にお聞きしましても、草津の集客施設の1つであり、納付金の定義や基金を積み立てての使途について極めて慎重であります。市・町では基金醸成は限定されています。それは、財政運用上で新たな特定財源を創設することになるからであります。財政政策上も市民的議論が必要であると考えるものであります。

 よって、市指定管理施設管理基金条例案に賛意を表せないものであります。反対討論といたすものであります。

 以上であります。



○議長(大西勝巳君) 

 次に、賛成討論を許します。

 8番、秋永安次君。



◆8番(秋永安次君) 

 ただいま討論に付されました議第107号高島市指定管理施設管理基金条例案の制定について、賛成の立場で討論を行います。

 本条例は、指定管理者から納付される納付金を積み立てる基金を新たに設置し、指定管理施設を適正に維持、改修するために必要な財源を確保しようとするものであります。納付金を受ける市としては、その財源を将来どのように使うのか、使途目的を明確にし、市としての説明責任を果たすことが重要であると考えます。また、指定管理者に対しても納付金について理解が得やすいと考えるものであります。

 非常に厳しい財政状況の中、こうして納付されたお金が基金に積み立てられ、将来、基金の設置目的に沿って指定管理施設の維持、改修の財源として有効活用されることは、健全な財政運営を行う上でも効果があると考えるものであります。

 この基金の設置によって、市が指定管理者との信頼関係を深め、より一層市民サービスの向上が図られることを期待し、本条例案に賛成するものであります。議員各位におかれましてもご賛同いただきますようお願いをいたしまして、私の賛成討論といたします。



○議長(大西勝巳君) 

 これをもって、討論を終結いたします。

 これより、議第107号高島市指定管理施設管理基金条例案を採決いたします。

 本案に対する総務常任委員長の報告は可決すべきものであります。本案は、委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君は起立を願います。

          (起立多数)

 ありがとうございました。起立多数です。よって、議第107号高島市指定管理施設管理基金条例案は、総務常任委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議第110号高島市デイサービスセンターの設置および管理に関する条例等の一部を改正する条例案に対する討論を行います。本案に対しましては、討論の通告書が提出されております。

 まず、反対討論を許します。

 3番、福井節子さん。



◆3番(福井節子さん) 

 ただいま議題となりました議第110号公の施設の指定管理において、社会福祉施設であっても土地建物の使用料として下限条件つきでの条件での納付金を上納させる条例案で、委員長報告では可決すべきものとの報告でありましたが、委員会の中でも議論されましたように、社会福祉施設本来の目的から市が納付金を上納させることは問題があるとの考えから反対せざるを得ません。

 社会福祉事業や公益事業で上がった剰余金から土地建物使用料として納付していただくとのことですが、福祉施設の剰余金は観光施設などと違い、単なる利益ではありません。社会福祉施設の事業を利用する利用者から徴収する利用料はサービスに対する対価であり、経営努力され生み出した剰余金は次の事業を展開するため、また、さらにサービスの充実を図るために使われるべき剰余金であり、認定を受けられた利用者に還元すべきものです。社会福祉法26条にも、また通達でも、剰余金は社会福祉事業または公益事業に充てることとされています。県内でも納付金を設定している福祉施設がありましたが、指定管理料を支払っており、これは当然のことと思います。

 本来、福祉施設の運営は行政の責任において行っていくべきものを民間にゆだねてきています。その場合でも、基本的には行政の施設や用具の貸与、維持管理費負担など支援なしでは成り立たず、収益を追求するようになってしまえば市民の皆さんが安心して利用できなくなります。

 また、納付金の下限額は施設の使用料としての額面であるとの説明でしたが、質疑でも提起しましたように、納付金の定義を施設使用料に置きかえることは適切でないと考えます。また、下限納付金の施設使用料積算で複合施設も単独施設も一律に使用料額面を定めることはおかしいという疑義も提起されています。

 経営改革課は、社会福祉法人に賃貸する場合は営利団体に賃貸する額面に比べ相当に軽減していると答えておられます。しかし、デイサービス施設の場合、市がおっしゃる収益を生み出す施設、建物だけではなく、庭や空き地など収益を生まない面積まで施設使用料に含めています。年次契約でのこうした点の変更を提起しておきたいと思います。

 以上のことから、反対といたします。



○議長(大西勝巳君) 

 次に、賛成討論を許します。

 6番、万木豊君。



◆6番(万木豊君) 

 ただいま討論に付されました議第110号高島市デイサービスセンターの設置および管理に関する条例等の一部を改正する条例案につきまして、賛成の立場から討論いたします。

 今回の条例改正案は、高島市デイサービスセンター、高島市今津あいあいタウン地域交流センター及び高島市新旭総合福祉センターにおいて、指定管理者制度による施設運営から生じる利益のうち、その一部を納付金として徴収することができるよう、それぞれの施設の設置及び管理に関する条例について必要な改正を行うものです。

 現在、指定管理者制度に係る納付金については市と指定管理者とで取り交わす協定書により定めていますが、本条例改正によりまして納付金の根拠がより明確になり、適正な指定管理者制度の運用が図られると考え、本条例改正案に賛成するものであります。

 議員各位におかれましてもご賛同いただきますようお願いをいたしまして、私の賛成討論といたします。



○議長(大西勝巳君) 

 これをもって討論を終結いたします。

 これより、議第110号高島市デイサービスセンターの設置および管理に関する条例等の一部を改正する条例案を採決いたします。

 本案に対する文教福祉常任委員長の報告は可決すべきものであります。本案は、委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君は起立を願います。

          (起立多数)

 ありがとうございます。起立多数です。よって、議第110号高島市デイサービスセンターの設置および管理に関する条例等の一部を改正する条例案は、文教福祉常任委員長の報告のとおり可決されました。

 お諮りいたします。議第111号については、討論通告がありませんので、討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」)

 異議なしと認めます。よって、議第111号については討論を省略し、直ちに採決することに決定いたしました。

 これより、議第111号高島市立学校の設置等に関する条例の一部を改正する条例案を採決いたします。

 本案の議決については、地方自治法第244条の2第2項の規定によりまして、出席議員の3分の2以上の者の賛成を必要とします。ただいまの出席議員は20人であります。その3分の2は14人であります。

 議第111号に対する文教福祉常任委員長の報告は可決すべきものであります。本案は、文教福祉常任委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君は起立願います。

          (起立全員)

 ありがとうございます。起立全員です。以上のとおり、賛成は3分の2以上です。よって、議第111号高島市立学校の設置等に関する条例の一部を改正する条例案は、文教福祉常任委員長の報告のとおり可決されました。

 お諮りいたします。議第112号については、討論の通告がありませんので、討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」)

 異議なしと認めます。よって、議第112号については討論を省略し、直ちに採決することに決定をいたしました。

 これより、議第112号高島市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例案を採決いたします。

 本案に対する文教福祉常任委員長の報告は可決すべきものであります。本案は、文教福祉常任委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君は起立を願います。

          (起立多数)

 ありがとうございます。起立多数です。よって、議第112号高島市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例案は、文教福祉常任委員長の報告のとおり可決されました。

 お諮りいたします。議第103号から議第106号、議第108号、議第109号及び議第113号から議第115号までの9議案については、討論の通告がありませんので、討論を省略し、直ちに一括して採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」)

 異議なしと認めます。よって、9議案については討論を省略し、直ちに一括して採決することに決定をいたしました。

 これより、9議案を一括して採決いたします。

 議第103号高島市特別職の職員で非常勤のものの報酬および費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例案から議第106号高島市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例案、議第108号高島市暴力団排除条例案、議第109号高島市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例案及び議第113号高島市農林業集落排水処理施設の設置および管理に関する条例の一部を改正する条例案から議第115号高島市ガリバー青少年旅行村の設置および管理に関する条例の一部を改正する条例案までの9議案に対する総務常任委員長、文教福祉常任委員長及び産業建設常任委員長の報告は可決すべきものであります。9議案は、総務常任委員長、文教福祉常任委員長及び産業建設常任委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君は起立願います。

          (起立全員)

 ありがとうございます。起立全員です。よって、議第103号高島市特別職の職員で非常勤のものの報酬および費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例案から議第106号高島市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例案、議第108号高島市暴力団排除条例案、議第109号高島市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例案及び議第113号高島市農林業集落排水処理施設の設置および管理に関する条例の一部を改正する条例案から議第115号高島市ガリバー青少年旅行村の設置および管理に関する条例の一部を改正する条例案までの9議案は、総務常任委員長、文教福祉常任委員長及び産業建設常任委員長の報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第116号から議第124号(平成23年度高島市一般会計補正予算第4号案外8議案)委員長報告



○議長(大西勝巳君) 

 次に、日程第42、議第116号平成23年度高島市一般会計補正予算(第4号)案から日程第50、議第124号平成23年度高島市介護老人保健施設事業会計補正予算(第1号)案までの9議案を一括議題といたします。

 これより、予算常任委員長の報告を求めます。

 7番、廣本昌久君。



◆7番(廣本昌久君) 

 それでは、予算常任委員会より委員長報告をいたします。

 11月28日開会の今期定例会本会議で付託を受けました議第116号平成23年度高島市一般会計補正予算(第4号)案から議第124号平成23年度高島市介護老人保健施設事業会計補正予算(第1号)案までの9議案に係る審査の経過と結果についてご報告申し上げます。

 去る12月13日午前10時から、当市議会議場におきまして、委員全員の出席のもと予算常任委員会を開催し、市長ほか関係職員に説明員として出席を求め、所管する部署ごとに審査を進めていただきました。

 審査内容の詳細は、全委員にご出席いただいておりますので省略させていただきます。

 次に、付託を受けました9議案の審査結果を申し上げます。お手元に配付されております委員会審査報告書のとおり、議第116号平成23年度高島市一般会計補正予算(第4号)案、議第117号平成23年度高島市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)案、議第118号平成23年度高島市農林業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)案、議第119号平成23年度高島市下水道事業特別会計補正予算(第2号)案、議第120号平成23年度高島市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)案、議第121号平成23年度高島市訪問看護ステーション事業特別会計補正予算(第1号)案、議第122号平成23年度高島市水道事業会計補正予算(第1号)案、議第123号平成23年度高島市病院事業会計補正予算(第2号)案及び議第124号平成23年度高島市介護老人保健施設事業会計補正予算(第1号)案の9議案につきましては、いずれも全員賛成をもって可決すべきものと決しました。

 以上、予算常任委員会の審査結果の報告といたします。



○議長(大西勝巳君) 

 以上で、予算常任委員長の報告は終わりました。

 ただいまの報告に対する質疑を行います。順次発言を許します。

          (質疑なし)

 質疑がないものと認め、これをもって質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第116号から議第124号(平成23年度高島市一般会計補正予算第4号案外8議案)討論・採決



○議長(大西勝巳君) 

 これより、討論、採決を行います。

 お諮りいたします。議第116号から議第124号まで9議案については、討論の通告がありませんので、討論を省略し、直ちに一括して採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」)

 異議なしと認めます。よって、9議案については討論を省略し、直ちに一括して採決することに決定いたしました。

 これより、9議案を一括して採決いたします。

 議第116号平成23年度高島市一般会計補正予算(第4号)案から議第124号平成23年度高島市介護老人保健施設事業会計補正予算(第1号)案までの9議案に対する予算常任委員長の報告は可決すべきものであります。9議案は、予算常任委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君は起立を願います。

          (起立全員)

 ありがとうございます。起立全員です。よって、議第116号平成23年度高島市一般会計補正予算(第4号)案から議第124号平成23年度高島市介護老人保健施設事業会計補正予算(第1号)案までの9議案は、予算常任委員長の報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第125号(高島市駐車場の設置および管理に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例案)提案説明



○議長(大西勝巳君) 

 次に、日程第51、議第125号高島市駐車場の設置および管理に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例案を議題といたします。

 本案について、提出者の説明を求めます。

 西川市長。



◎市長(西川喜代治君) 

 それでは、議第125号高島市駐車場の設置および管理に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例案につきまして、提案理由をご説明申し上げます。

 本案は、本年9月定例会で可決いただきました高島市駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について、その施行期日を平成24年1月5日から平成24年4月1日に改めるものでございます。

 改正に至った経緯につきましては、一時利用駐車場における整備工事のうち管理機器整備工事の入札執行を10月28日に予定していましたが、指名した業者の8者中7者が辞退したことから入札会を取りやめ、その後、入札参加の意思があった1者に対し随意契約することを前提に見積書の徴取等を行いましたが、11月10日に辞退届が提出された次第であります。

 このような事態になりましたことは、機器製作期間の見込みが甘かったことや機器納入ルートの検証等が十分でなかったことが原因であると認識しているところであります。

 このことを真摯に受けとめ、担当部に対して設計内容を精査するとともに工事期間の見直しを行うよう指示し、去る12月12日に再度入札を執行したところ、株式会社きんでん高島営業所が落札されたものでございます。

 以上のことから、当初予定していました来年1月5日からの供用開始は困難であることから、供用開始を来年4月1日からといたしたく、施行期日の改正をお願いするものでございます。

 なお、当該駐車場における舗装工事が完了した後は、しばらく無料開放するとともに、立て看板や広報紙、防災無線により利用者の皆様に対して丁寧に周知してまいります。

 最後に、市民の皆様に不便をおかけすることに対しまして、深くおわびを申し上げます。

 以上、議第125号につきまして、ご審議いただきますようよろしくお願い申し上げ、提案説明とさせていただきます。



○議長(大西勝巳君) 

 以上で、提出者の説明は終わりました。

 これより、議第125号に対する質疑を行います。質疑をされる方はありますか。

          (質疑なし)

 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議第125号については、会議規則第37条第3項の規定によって委員会付託を省略し、本会議において審議いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」)

 異議なしと認めます。よって、議第125号ついては委員会付託を省略することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第125号(高島市駐車場の設置および管理に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例案)討論・採決



○議長(大西勝巳君) 

 これより、議第125号について討論、採決を行います。

 これより、議第125号に対する討論を行います。討論される方はありますか。

          (討論なし)

 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 これより、議第125号高島市駐車場の設置および管理に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例案を採決いたします。

 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君は起立願います。

          (起立全員)

 ありがとうございます。起立全員です。よって、議第125号高島市駐車場の設置および管理に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例案は、原案のとおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△請願第1号(米軍関係者による事故・事件における第一次裁判権放棄の「密約」の破棄と「日米地位協定」の見直しを日本政府に求める意見書の採択についての請願)委員長報告



○議長(大西勝巳君) 

 次に、日程第52、請願第1号米軍関係者による事故・事件における第一次裁判権放棄の「密約」の破棄と「日米地位協定」の見直しを日本政府に求める意見書の採択についての請願を議題といたします。

 これより、総務常任委員長の報告を求めます。

 10番、橋本恒夫君。



◆10番(橋本恒夫君) 

 総務常任委員会の審査結果をご報告申し上げます。

 去る11月28日に開会されました今期定例会本会議におきまして、総務常任委員会が付託を受けました請願第1号米軍関係者による事故・事件における第一次裁判権放棄の「密約」の破棄と「日米地位協定」の見直しを日本政府に求める意見書の採択についての請願に係る審査の経過と結果の報告を申し上げます。

 まず、審査の経過からご報告申し上げます。去る11月29日午前10時より、当市議会会議室におきまして、委員全員の出席のもと総務常任委員会を開会いたしました。審査の方法は、請願の紹介議員である森脇議員から請願の説明を受けた後、各委員からは請願の趣旨、提出者の意向などについて質疑が交わされ、審査を進めてまいりました。質疑の後、委員から意見陳述をいただき、討論、採決へと進めてまいりました。討論においては賛成討論が行われました。

 このような審査経過を踏まえて、採決をとりましたところ、採択すべきものは賛成少数でありました。よって、請願第1号米軍関係者による事故・事件における第一次裁判権放棄の「密約」の破棄と「日米地位協定」の見直しを日本政府に求める意見書の採択についての請願は、お手元に配付されています請願審査報告書のとおり不採択とすべきものと決した次第であります。

 以上、総務常任委員会の審査結果の報告といたします。



○議長(大西勝巳君) 

 以上で、総務常任委員長の報告は終わりました。

 ただいまの報告に対する質疑を行います。順次発言を許します。

          (質疑なし)

 質疑がないものと認め、これをもって質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△請願第1号(米軍関係者による事故・事件における第一次裁判権放棄の「密約」の破棄と「日米地位協定」の見直しを日本政府に求める意見書の採択についての請願)討論・採決



○議長(大西勝巳君) 

 これより、討論、採決を行います。本案に対しては、討論の通告書が提出されております。

 まず、反対討論を許します。

 19番、清水日出夫君。



◆19番(清水日出夫君) 

 ただいま審議中の請願第1号について、私はこれから述べます2点の観点から委員長の報告どおり決すべきものと考え、討論をいたします。

 まず、請願内容でございますけれども、日米の地位協定などに係るものでございます。私は一定の理解はいたしますが、まず第1点目、本請願は11月17日に議長あて提出されたものであります。しかし、議員各位もご承知のとおり、その後、11月24日に日米の両政府が地位協定運用の見直しに合意したと大きく報道がなされたところでございます。このような観点から、いわゆる願意の改善がなされたということでございます。

 次、2点目でございますけれども、これは大事なことでございます。私たち議員は、即決案件を除きまして、議案等につきましては所管の委員会にゆだねているわけでございます。今回の委員会の審議における各委員の発言の内容は、会議録を読ませていただきましたけれども、委員会の審議結果を尊重するということが基本原則ではなかろうかというふうに考えます。よって、私は委員長の報告どおり決すべきものと考え、討論といたします。よろしくお願い申し上げます。



○議長(大西勝巳君) 

 次に、賛成討論を許します。

 1番、粟津まりさん。



◆1番(粟津まりさん) 

 それでは、請願第1号米軍関係者による事故・事件における第一次裁判権放棄の「密約」の破棄と「日米地位協定」の見直しを日本政府に求める意見書の採択についての請願に対する賛成の討論をさせていただきます。

 請願書にもあるように、ことしの1月に沖縄市で公務中の米軍属の男性が運転する乗用車が対向車線に進入し、軽乗用車に正面衝突いたしました。当時19歳の青年を死亡させる、こういう痛ましい事件が発生をいたしました。しかし、3月に那覇地方検察庁沖縄支部は公務中を理由に不起訴処分といたしました。これに対して、死亡した青年の母親が不起訴は不当として那覇検察審査会に審査を申し立て、同審査会は起訴相当と議決をいたしました。

 これを受けて、沖縄県民のみならず全国でも米軍属の裁判権問題に大きな関心が高まりました。国会でもこの問題が取り上げられて、2006年から2010年の5年間に少なくとも62件が日本でもアメリカでも裁判を受けていないという、そういう事実が明らかになりました。これは、日米地位協定で米軍人・軍属による公務中の犯罪はアメリカ側に第一次裁判権があると規定されていることから、アメリカ側が公務証明書を発行すれば日本の検察当局は不起訴にしてきたからであります。軍人は軍法会議で裁かれますけれども、軍属は軍法会議にかけることが禁じられているため、日本でもアメリカでも裁判を受けない、そういう事態が生まれております。

 こうした犯罪がだれからも裁かれないことに対して、沖縄県民はもとより国民が怒りの声を上げて、地位協定の見直しを求める世論が大きく広がってまいりました。

 そういう情勢の中で、11月24日、玄葉外務大臣が記者会見し、在日米軍に勤務する軍属による公務中の事件・事故で日本人被害者が死亡またはそれに類する被害を受けた場合、日本側の裁判権行使の要請に対してアメリカ側が好意的考慮を払うという日米地位協定の運用改善を行うということを日米の合同委員会でアメリカ側と一致したという発表をいたしました。この合意は、一歩前進ではあるものの、日米地位協定そのものの改定ではなく、対象となります犯罪を死亡またはそれに類するものと限定し、また裁判権の行使についても、アメリカ側に第一次裁判権を認めたままアメリカの好意的な配慮による同意が必要とされており、あくまでもアメリカ側の裁量次第というものとなっております。

 沖縄の事故で亡くなられた青年のお母さんは、起訴されたことにほっとしていますが、これで終わりではありません、公務中であろうと公務外であろうと日本国内での犯罪は当然日本の裁判所で裁くよう日米地位協定を変えてほしいというふうにコメントされております。

 戦後66年、また沖縄が復帰して39年が経過をいたしました。この間、人権が踏みにじられてきた実態を、この亡くなられた青年の遺族が悲しみの中から声を上げ、それを多くの沖縄県民、また国民が支えてきたことが、大きく事態を一歩前へ進めたものだというふうに考えます。さらにこれを確かなものにするためには、日米地位協定の抜本的な見直し、改正が求められるというふうに私は考えるところであります。

 以上で、この請願を採択することに賛成の意見とさせていただきます。以上です。



○議長(大西勝巳君) 

 これをもって討論を終結いたします。

 これより、請願第1号米軍関係者による事故・事件における第一次裁判権放棄の「密約」の破棄と「日米地位協定」の見直しを日本政府に求める意見書の採択についての請願を採決いたします。

 本案に対する総務常任委員長の報告は不採択とすべきものであります。本案を採択することに賛成の諸君は起立を願います。

          (起立少数)

 ありがとうございます。起立少数です。よって、請願第1号米軍関係者による事故・事件における第一次裁判権放棄の「密約」の破棄と「日米地位協定」の見直しを日本政府に求める意見書の採択についての請願は、不採択とすることに決定されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員派遣の件



○議長(大西勝巳君) 

 次に、日程第53、議員派遣の件を議題といたします。

 お諮りいたします。会員規則第160条第1項の規定による議員の派遣については、お手元に配付いたしました議員派遣の件のとおり決定することにご異議ございませんか。

          (「異議なし」)

 異議なしと認めます。よって、会議規則第160条第1項の規定による議員の派遣については、お手元に配付をいたしました議員派遣の件のとおり決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の管外における委員会活動等に対する出張命令の件



○議長(大西勝巳君) 

 次に、日程第54、閉会中の管外における委員会活動等に対する出張命令の件を議題といたします。

 お諮りいたします。閉会中において各常任委員会、議会運営委員会及び各特別委員会が行う所管事項の調査、研究及び視察研修、並びに県及び市議会議長会等が行う各種会議、研修会等への参加など、議員の派遣及び委員会活動等に伴う議員の管外出張について、その出張命令を本職に一任願いたいと思います。これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」)

 異議なしと認めます。よって、閉会中における委員会活動等に伴う議員の管外出張の命令は、本職に委任をされました。

 以上で、本日の日程を全部終了し、今期定例会の会議に付された事件はすべて議了いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長あいさつ



○議長(大西勝巳君) 

 高席からでございますが、閉会に当たりまして一言ごあいさつをさせていただきます。

 去る11月28日に開会されました今期定例会は、条例案件のほか、指定管理者の指定議案、各会計補正予算案など多くの重要な議案がありましたが、各常任委員会で慎重かつ熱心にご審議を賜りまして、本日ここに無事閉会する運びとなりました。これもひとえに議員各位のご協力によりますものと深く感謝を申し上げますとともに、心からお礼を申し上げる次第でございます。

 市長をはじめ執行部におかれましては、本会議や委員会での審議の間、常に真摯な態度で臨んでいただいたところでございます。そのご精励に対しまして感謝を申し上げる次第でございます。

 今定例会の議案審議や一般質問を通じまして各議員から開陳されました意見、提言を意にとどめていただきまして、今後の市政執行に反映されますことをお願い申し上げます。

 定例会が終了いたしますと、来年度の予算編成に鋭意取り組まれるものと思います。厳しい財政状況でありますが、確かな見通しのもと、何よりも市民の幸せと市の発展につながる施策の充実に職員一丸となって英知を結集されまして、なお一層のご努力をお願い申し上げるものでございます。

 間もなく年の瀬を迎えるわけでございますが、高島市及び市民の皆様にとって平穏な年末年始であることを願うところでもございます。

 最後になりましたが、慌ただしさに加え寒さも一段と加わってまいります。お体に十分留意され、輝かしい新年をご壮健で迎えられることをご祈念いたしますとともに、ことし1年間の議会運営のご協力に対しまして心から感謝を申し上げ、12月定例会の閉会に当たりましてのごあいさつとさせていだきます。本当にどうもありがとうございました。

 ここで、市長のごあいさつをお願いいたします。

 西川市長。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ



◎市長(西川喜代治君) 

 平成23年高島市議会12月定例会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 議員の皆様におかれましては、去る11月28日から本日までの長きにわたり、提案申し上げました議案について慎重かつ精力的にご審議いただき、厚く御礼を申し上げます。

 本定例会の一般質問では、市内中学校でのいじめ事件、原子力防災、また北川ダムと安曇川河道改修の課題など多くのご質問をいただきました。

 いじめ事件につきましては、学校、PTA、教育委員会、そして市民の皆様とともに連携を密にし、いじめ根絶に向けて取り組んでまいります。

 また、原子力防災においては、福井県敦賀市、美浜町、おおい町、高浜町に立地する14基の原子炉から30キロ圏内にある当市にとりましては、市民の生命、財産を守るという大変重要な責務がございます。原子力発電事業者に安全対策を徹底するよう強く申し入れるともに、滋賀県や他の自治体とも協議し、安全協定の締結や避難計画策定などの防災対策を強力に推進してまいります。

 1月に入りますと、北川ダム、安曇川河道改修についての県によります最終の報告の場が持たれます。一日でも早く市民の皆様の安全が確保できるよう、県による地域別懇談会のご意見によりまして市としての方向づけをしてまいりたいと考えております。

 一方、より適切な医療サービスの提供を目的に整備しています高島総合病院本棟の外回りの足場が取り払われ、外観をごらんいただけるようになりました。既存の南病棟の改修にはあと1年ほどかかりますが、来春5月の開院に向け、内装と外装の一部と医療機器、什器備品の搬入を残すのみでございます。災害拠点病院、救急指定病院としての機能が一日も早く発揮され、また医師、看護師の確保に努め、市民の皆様に安心してご利用いただける病院として充実してまいります。

 また、安曇川地域の私立幼稚園、保育園の園舎の建てかえにつきましても、平成25年4月に3園そろって開園に向けて計画的に進めているところでございます。

 さて、年が明けますと来年度予算の本格的な編成作業に入ります。限られた財源ではございますが、施策の緊急度、重要度を総合的に判断し、重点的かつ戦略的に配分することとしています。そして、びわ湖源流の郷たかしまを活性化戦略のキーワードとして、将来に夢と希望が持てる地域社会の構築を目標に据え、市民生活の安全・安心を守り、地域経済を支える施策を立案し、実行してまいります。

 いよいよ師走も押し迫り、残すところあと2週間余りとなってまいりました。議員各位には、冬本番を目の前にしてくれぐれもご自愛くださいまして、輝かしい新年をお迎えいただきますことを心よりご祈念申し上げまして、簡単でございますが、閉会に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。本当にどうもありがとうございました。



○議長(大西勝巳君) 

 市長、ありがとうございました。

 これをもって、平成23年12月高島市議会定例会を閉会いたしたいと思います。長期間ご苦労さまでございました。

     午前11時18分 閉会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−