議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 湖南市

平成18年  2月 臨時会 02月21日−01号




平成18年  2月 臨時会 − 02月21日−01号







平成18年  2月 臨時会



        平成18年2月湖南市議会臨時会会議録

                      平成18年2月21日(火曜日)開会

1.議事日程

  第 1.会議録署名議員の指名

  第 2.会期の決定

  第 3.議案第 3号 湖南市国民健康保険診療所の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定について

  第 4.議案第 1号 湖南市国民健康保険減債基金条例の制定について

  第 5.議案第 2号 湖南市特別会計条例の一部を改正する条例の制定について

1.会議に付した事件

  日程第 1.会議録署名議員の指名

  日程第 2.会期の決定

  日程第 3.議案第 3号 湖南市国民健康保険診療所の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定について

  日程第 4.議案第 1号 湖南市国民健康保険減債基金条例の制定について

  日程第 5.議案第 2号 湖南市特別会計条例の一部を改正する条例の制定について

1.会議に出席した議員(24名)

    1番  金谷健治君      2番  山本吉宗君

    3番  松本浩有君      4番  上野雅代君

    5番  植中 都君      6番  赤祖父裕美君

    7番  伊地智良雄君     8番  上西 保君

    9番  大継健藏君     10番  望月 卓君

   11番  田中文子君     12番  坂田政富君

   13番  大久保英雄君    14番  桑原田郁郎君

   15番  鵜飼八千子君    16番  鈴木美智枝君

   17番  谷 靖啓君     18番  森  淳君

   19番  松山克子君     20番  福島清彦君

   21番  中村武治君     22番  矢野進次君

   23番  石原善春君     24番  立入 勲君

1.会議に欠席した議員

     なし

1.会議に出席した説明員

     市長                谷畑英吾君

  委任説明員

     助役                中津 勇君

     収入役               上西佐喜夫君

     教育長               奥村容久君

     代表監査委員            園田光昭君

     総務部長              小菅富夫君

     市民生活部長            川合清蔵君

     健康福祉部長            服部祥雄君

     産業建設部長            谷口忠一君

     地域調整局長

                       中村善太郎君

     (兼保健福祉課事務取扱)

     教育部長              山中恒男君

     政策監

                       中薮定次君

     (総務課長事務取扱)

     政策監

                       鎌倉康廣君

     (地域医療推進課長事務取扱)

     財務課長              谷口繁弥君

1.議場に出席した事務局職員

     局長                奥村 修君

     書記                緩利哲也君



△議長あいさつ



○議長(立入勲君) 

 皆さん、おはようございます。

 2月もはや後半に入ってまいりました。きのうは1日春を呼ぶ雨かなと思っておりますが、まだまだこれから寒くなりそうでございますが、本日の臨時会、大変皆さん方全員と言いたいところでございますが、松本議員が少し用事があって遅刻されるそうでございますので遅刻届が出ております。したがいまして、ただいま23名でこれから臨時会を始めたいと思います。

 昨年の11月に先例集の見直しを行いまして、多少質疑に対しましては今までと変わった部分がございますので、ただ、質疑の回数2回というのはそのままでございますけれども、時間制限が20分になっております。20分になったところでブザーを鳴らしていただきますので、答弁がもらえるように時間内に終わっていただきますように、それぞれ時計をお持ちかと思いますので、時計とにらめっこしながら、もうあと1分か2分のときに手を挙げていただいても答弁の時間がないということにもなりますので、その点よろしくお願いいたしたいと思います。



△開会 午前9時32分



○議長(立入勲君) 

 ただいまの出席議員は24人です。

 定足数に達しておりますので、これから平成18年2月湖南市議会臨時会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程をお手元に配付しておきましたからご了承願います。

 日程に先立ち諸般の報告をします。

 初めに、監査委員から、監査の結果についての報告がありましたので、写しをお手元に配付しておきましたからご了承願います。

 次に、去る12月定例会において可決された「湖南市市民生活を支える道路整備の推進と道路財源の確保に関する意見書」については、内閣総理大臣を初め関係大臣、関係機関に提出しておきましたからご了承願います。

 次に、本日の説明員として出席を求めました者の職・氏名の一覧表をお手元に配付しておきましたからご了承願います。

 これで諸般の報告を終わります。



△日程第1.会議録署名議員の指名



○議長(立入勲君) 

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第120条の規定によって、15番、鵜飼八千子さん、16番、鈴木美智枝さんを指名します。



△日程第2.会期の決定



○議長(立入勲君) 

 日程第2、会期の決定を議題とします。

 お諮りします。

 本臨時会の会期は、本日限りにしたいと思います。

 ご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 

 異議なしと認めます。

 したがって、会期は本日限りに決定しました。



△日程第3.議案第3号 湖南市国民健康保険診療所の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定について



○議長(立入勲君) 

 日程第3、議案第3号、湖南市国民健康保険診療所の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。

 本案について、提案理由の説明を求めます。

 市長。



◎市長(谷畑英吾君) 登壇

 おはようございます。

 議案第3号、湖南市国民健康保険診療所の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定について。

 本案は、平成17年度事務事業の見直しとして進めておりました石部医療センターのあり方につきまして、経営診断や国保運営協議会の提言を受け、平成18年度より国民健康保険診療所として適切なあり方のもと進めていくため、国民健康保険診療所の設置等に関する条例の一部改正を行うものであります。

 よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(立入勲君) 

 これから質疑を行います。

 質疑はありませんか。

 11番、田中文子さん。



◆11番(田中文子君) 

 おはようございます。

 今、市長提案によります湖南市の国民健康保険診療所の設置に関する条例のことについてですが、まず最初に私が思いましたのは、この湖南市が甲西町と石部町が合併されて、そして市となれば、これからよくなっていく、大きくなっていける、そして私たち市民の生活が暮らしを守っていただくという、この根幹が大きくなるというふうに思いましたが、この条例を見ましたとき、実はそれがこういう石部医療センターがなくなる可能性があるという、こういうふうに感じました。

 自治体の根幹は、先ほども言いましたが、住民、市民の福祉や暮らしを守ることにあると思います。その中でこのように公立の病院がまずは有床の診療所に行き、そして診療所の中の改編をして、1年後、18年度にその採算がとれるかどうか、それを見極めた上で無床の診療所になるという性急な結論を出しておられます。

 内容については、ベッドを減らして、医師や看護師を減らす、そして大部屋もなくなって、入院すれば料金が、大部屋がなくなるということは、それぞれ個室、4人部屋、2人部屋ということで料金が設定されておりますが、そのように医療にかかるということにちゅうちょせざるを得ないような状況になっております。

 住民にとっては本当に公立の病院が市内にあるということは本当に心強いものなんです。医師が適切なところに配置されていて、また看護師さんも十分におられて、そして、ふれあいバスが通るところに病院がある、このようなことは本当に安心と安全ということにも関してですが、これからこの地に住んでこの地で生きていきたいというふうに思う人にとっては、公立の病院があるということは本当に必要なことです。

 以前にもこの甲西町で8,000人の署名が集められて公立の病院をつくってほしいということがあったと聞いております。このように住民の皆さんは、私立の医院や診療所ではなくて公立の病院があってほしいと、それは切実な願いであると思います。

 昨今、高齢化社会になってきているということを言われておりますし、この湖南市でもそれは例外ではありませんが、そうなればひとり暮らしの方とか、あるいはお二人とも高齢の方の世帯がふえてきているということになっているんですが、そういうときにもやはりこの湖南市で病院がある、近くにあるということは本当に心強いことであります。また、子供にとっても親にとっても公立の病院がある。なぜ公立が欲しいかということについては、ご存じと思いますが、そのように採算を考え、効率を優先するんではなくて、これから必要となる高齢化、そういう採算だけを考えて病院経営ではなくて、採算がとれないような状態であるとか、赤字であるとかということがあっても、それは自治体が補完するという、そういう安心がある、そういうことではないでしょうか。

 ですから、こういうこれからの高齢化社会の中にあっては、ぜひともこの公立の病院を残してほしいし、石部医療センターでは手狭であるとかということであれば、これからの湖南市の医療体制をどのように市長さんは考えておられるのかどうか、将来のことをお尋ねいたします。

 また、市民の声が反映していないのではないかと思います。このようなことについてもぜひご質問させていただきますので、お答え願いたいと思います。



○議長(立入勲君) 

 健康福祉部長、答弁。



◎健康福祉部長(服部祥雄君) 登壇

 11番、田中議員さんのご質問にお答えさせていただきます。

 非常に危惧されることを言われたわけでございますが、今日まで民生常任委員会、また、閉会中の民生委員会、また、せんだっての全員協議会等々におきましても、また、昨年の12月の定例議会等におきましても一般質問がございまして、その際にもご指摘いただいた中で強調させていただきましたのは、今の病院、そして、診療所等になりましても、やはり地域医療のためには継続をしていくということでお約束をさせていただいたところでございますし、そしてまた、今のご指摘の中で、現在は病院でございますけれども、今度新たな条例制定の中では有床診療所ということでございますが、これは今日までの時代の流れに沿ってやはり社会資源が豊富になってきた。そうした中で、一つには、信頼と魅力のある部分の中でも一つでもやはり欠けておれば、患者等は新たな医療環境のよい方に行かれるというようなことでございます。

 そういうような状況の中から、やはり当初と違いまして若干入院患者、あるいは外来患者が減ってきたというような状況の中では、やはり今日の地方分権の中では行政の健全経営をしていかねばならないと。しかしながら、病院から有床診療所に変わりましても何ら今日までの機能は失うことではございませんし、むしろ今回、全員協議会でお話させていただきましたように、外来にいたしましても住民のニーズに合った夜間診療も1時間延長しまして住民の皆さん方の期待にこたえる診療をするわけでございますので、むしろ中身としましては、住民のサイドに照らした形での外来患者の診療をし、また、それと合わせて経営の効率化を図っていくということでございますので、田中議員さんの申されたことには何ら私どもの方は十分に満足いく医療を続けていきたいというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(立入勲君) 

 ほかに質疑ありませんか。

 11番、田中文子さん。



◆11番(田中文子君) 

 ご答弁ありがとうございます。

 いろいろとこの中では夜間の診療の時間を延ばすとか、そういうこともされております。また、効率化を図るためにもいろいろ医師を減らしたり、看護師を減らしたりということも考えておられます。よくわかっておりますが、今までの実績だけではなくて、これからのことを考えれば、減らすだけ、効率化だけを考えるんではなくて、そのような空きのベッドがあってもこれからのことを考えれば置いておくべきではないかと思います。それをどのようにお考えでしょうか。



○議長(立入勲君) 

 健康福祉部長、答弁。



◎健康福祉部長(服部祥雄君) 登壇

 11番の田中議員さんにお答えさせていただきますが、田中議員さんも民生委員の常任委員の一員として今日までいろんな国保の運営委員会の提言なり、あるいは病院研究協会の経営診断なり逐一勉強されてきておられるわけでございますので、いささか今回このような質問をされるのはいかがかなというふうな私自身は気がいたします。

 特にやはり先ほど申しましたように、病院から有床診療所になりましても、今までの実績を踏まえての状況を維持するわけでございますので、何ら住民に大きな負担を、あるいはサービスが低下するというものではございません。

 以上でございます。



○議長(立入勲君) 

 ほかに質疑ありませんか。

 1番、金谷健治君。



◆1番(金谷健治君) 

 私は、今回、医療改正の中にあって提出された案件については、最良の方法だと考えております。今後は、住民の医療サービスが後退しないように関係者のより一層の努力をお願いする次第でございます。ひとつよろしくお願いします。



○議長(立入勲君) 

 休憩します。



△休憩 午前9時50分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開 午前10時35分



○議長(立入勲君) 

 それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。

 ほかに質疑ありませんか。

 11番、田中文子さん。



◆11番(田中文子君) 

 議運の皆さん、ありがとうございます。発言の機会を与えていただきました。

 先ほど服部部長さんがおっしゃいましたが、民生委員会でも話はいろいろお聞きしましたが、これで賛成したというわけではないので私はいろいろ質問させていただいております。

 それから、18年度実績の中でということでここに書かれておりますが、収支改善が乏しい場合は無床診療所を含めたさらなる改善を図るということが私はひっかかっております。この湖南市になってから公立の医療体制がなくなるんではないかという、そういう危惧を持っておりますのでくちゅくちゅと言っておりましたが、ぜひともこの湖南市に医療機関がなくて遠くの方まで出かけなければならないという、そのような状況になっては、本当に病身の身である者とか、それから高齢者の方、運転とかいうことももう控えられる方も多いですから、そういう方にとってもやっぱり近くに病院があってほしいという願いはあります。ですから、そういう点でこれからの湖南市において市民の命を守るために医療機関の体制をどのようにしようとお考えになっていらっしゃるのかお聞きしたいと思います。



○議長(立入勲君) 

 健康福祉部長、答弁。



◎健康福祉部長(服部祥雄君) 登壇

 11番の田中議員さんのご質問にお答えさせていただきたいと思います。

 結果から申しますと、国民健康保険の運協のご提言をいただいた、それを尊重し、今回上げさせていただいたところでございますし、今後におきましてもやはりそれの趣旨に沿って議員の皆さん方のご同意を得ながら進めてまいりたいと、かように考えているところでございます。

 その中で特にさらなる無床診療所ということがどういうことかと申しますと、やはり今回の有床診療所に持っていきましても、病院の今日までの運営状況は何ら変わらないわけでございまして、先ほど冒頭で申しましたように、むしろ夜診の体制を住民の意向のサイドに充実をし、そして、経営改善を図っていき、収益をふやしていくということで両面的によい方向に進んでいくと。

 しかしながら、こういった実績をやはり院長、事務長初め職員一同が一丸となってそういうやはり経営改善を図っていく一方で、やはり市民の皆さん方のサービスの向上に努めるとともに、信頼をおける、あるいは魅力のある有床診療所としていくための努力がなければやはりこのまま悪化してしまうと。これは非常に私ども懸念しているわけでございますけれども、しかし、今日までの状況と言えば、やはり病院が機能ランクになってまいりました状況の中で、特に医療費が高騰する中で病院だけがもうかっているというような状況が、やはり診療のそういった報酬が引き下げになり、3年に一度のそういった診療改定がだんだんだんだんこうなってくる。ことしでも3.16%の診療の引き下げがございます。

 特に、ことしの改正なんかは、少子化対策の小児科、あるいは産婦人科の部分の診療を引き上げると、そしてまた、メリハリをつけるというような状況で、再診、あるいは初診のそういった点数についてもメリハリをつけていくというような大幅な診療改正でございますけれども、そのような状況の中から見ますと、やはり平成12年の大幅な介護保険制度によりまして、療養型、あるいは老人保健施設や、それから老人の中間施設、老人保健施設等ができまして、その辺の部分がやはり一定の病院だけで集中することなく、やはりその人の状況に応じて適切な施設に入っていただく、あるいは病院に入っていただくというような形になったというような状況でございまして、必ずしも小さいな病院が努力すれば私はいけると思いますけれども、やはり500床であり、400床であり、あるいは200床であっても、やはりそれだけの努力がなければ、廃止なり、あるいは病院のランクが落ちるというような状況で、今日まですべて民間にしましても、公的なそういった医療機関にしましてもやはり何らかの中で改善が進んできているわけです。

 しかしながら、私ども石部の医療センターにつきましては、今日まで17年たったわけでございますけれども、何ら大きな改善はなされてなかったわけでございます。むしろやはり地域の住民のための高度医療、これはやはり小回りのきく病院として進めてまいったわけでございますが、先ほど申しましたように、社会資源が豊富になってどうしてもやはり魅力の方にとりつかれて患者の方が行かれる。近隣においても、済生会や守山病院、あるいは成人病センター、日赤、滋賀医大、あるいは滋賀病院とか、大津市民病院とか、そこらの病院もやはり機能ランクをきちっと見据えた中でのビジョン計画を立て新たな改善をされてきておられるわけでございますので、そういう状況から見てやはり石部の医療センターも合併になった時点で一つのやはり大きな転換期に来ているのでなかろうかなというふうに考えているところでございます。

 そういう状況から、やはりいかにして継続性のある、やはり皆さんに信頼をおけるような形で診療を続けていくためには、やはり機能のランクをもう少し縮小して、中身のもう少し温かみのあるそういう有床診療所に持っていってはどうかという形で病院管理協会の方から診断をいただいたところでございますので、そういった趣旨を十分踏まえて、今回、条例の改正に踏み切らせていただいているわけでございます。

 そういった部分でやはり石部の医療センターが、本来の機能は当初は非常に目的を達成されておるわけでございますが、やはり月日がたつにつれて、時代の流れがたつにつれて、やはりその辺の患者の減少を見据えた中で、今後継続をしていくためにはどうしていったらええかというような一つの大きな節目であるというふうにご理解をいただきたいと、かように考えております。

 以上でございます。



○議長(立入勲君) 

 ほかに質疑ありませんか。

 1番、金谷健治君。



◆1番(金谷健治君) 

 ありがとうございます。改めて質問させていただきます。

 一応夜診の部で今まで4時半から6時までというのを4時半から7時まで延長するということになっておりますが、この時間を8時まで延長することを検討していただきたいと考えております。

 また、もう一つは、診療所になっても今までは在宅医療というものに力を入れてないような気がしていますので、在宅医療にも少し力を入れていただきたいなと思っております。いかがでしょうか。



○議長(立入勲君) 

 健康福祉部長、答弁。



◎健康福祉部長(服部祥雄君) 登壇

 今回の提言の内容につきましては、そこまでの話はございませんでしたので、今の貴重なご意見をいただきましたので、今後やはり国民健康保険の運協の方でもそういった状況をご指摘いただいた分を含めて検討をさせていただきたいなと、このように思っております。

 以上でございます。



○議長(立入勲君) 

 ほかに質問ありませんか。

 2番、山本吉宗君。



◆2番(山本吉宗君) 

 それでは、ちょっと3点ばかり質問させていただきます。

 先ほどから話が出ておりますけれども、18年度の実績を見て、乏しい状況にあった場合は無床診療所を含めたさらなる改善を行うというようなことが言われておるわけですけれども、ここで考えなきゃならないのは、今いろいろとこの方針が出されておりますけれども、これがいつ検討して、それをいつから実施するのか、これがおくれればおくれるほど18年度の実績というのは効果があらわれてこないと。そうなりますと18年度には効果があらわれてこないからこういう形で検討していくんだということになるんじゃないかと思います。

 そういう面で具体的にいろいろ出されておりますけれども、それをいつまでにそういう検討して実施を、早くしないと結果が早く出ないというように思いますので、その点のことが1点。

 それから、今の医療センターにつきましては、特に石部の市民にとっては非常に心配をされております。私は、病院から18床の診療所になる、これはある程度やむを得ないことだろうと思うんですけれども、やはりこのようになったということを石部医療センターが変わったと、また、やはり石部医療センターをどんどん利用してもらいたいというようなことで、そういう営業活動といいますか、パンフレットを出すといいますか、そういう宣伝をどんどんして利用者をふやすということが一つ必要じゃないかと思います。

 三つ目には、職員の意識改革の問題でございますけれども、きょうまでいろいろ聞いてる中で非常に対応に問題があると。これは先生、あるいは看護師いろいろおられるわけですけれども、そういう対応に問題があるように聞いております。この中にも書いておりますように、「患者中心の医療を行いながら、心の通い合う診察を行う」というように書いておりますので、やはりそういう点で患者の気持ちになって医療を行う、あるいは受付等についても本当に明るく優しく対応していく、そのことが一人一人の患者が満足して医療センターに通うことになるんではないかというように思います。

 その3点について見解をお願いしたいと思います。



○議長(立入勲君) 

 地域医療推進課長、答弁。



◎地域医療推進課長(鎌倉康廣君) 登壇

 18年度から18床の診療所にということでございます。特にその中で19年度以降についてのことでまず第1点目でご質問をいただきました。

 大体こういった病院事業につきましては、半期が済みますとおよそ運営状況がわかってくるというふうに私ども考えております。したがいまして、4月から9月いっぱいまであたりをするまで、それ以前でもある程度の状況が出てくるというふうにも思われます。そういう中でさらにどのようにしていけば収益的にも、また患者さんの皆さん方にも喜んでいただける内容が本当に行えるのかというようなことも踏まえて19年度以降も取り組んでいく必要があるのではないかなというふうな考えでおります。

 それと、二つ目で18床の診療所にするというそういう状況の中で、そういう医療の宣伝をしていってはどうかというそういう内容のご質問であったかと思いますけれども、病院事業につきましては、余り民間さんの事業のような宣伝というそういう表立ったことは実際はできないと。確かに駅なんかで病院名は書いておりますけれども、それを売り込み的なそういったことまではちょっとできないようになっておりますので、宣伝という言葉ではこれはなかなかちょっとどうかなというふうに考えております。でございますけれども、地域医療をする中で、当然喜んでいただけるということがある意味では最も大切なことではないかなというふうなことで、その点でのご理解をいただきたいなというふうに思っております。

 それから、3点目で職員の意識改革についてご質問いただいたと思っておりますが、病院の事業を取り組む中で患者さんとの当然やりとりが医療については主な事業内容になってまいります。そういう中で、医師、それから看護師、そして、病院の受付窓口、そして、投薬とかいったいろんなことがあるわけですけども、その中でいかに患者さんの思いを受けとめながら、どのような対応の仕方が一番患者さんにとっても、また、家族の方にとっても一番いいのかというあたりを十分に考えたそういう取り組みをということで、日ごろから私どもそういうことは十分させていただいています。特に、昨今、医療事故等もほかの医療機関等でもたくさんあるようですので、そういったこともないように十分そういった対応等、院内の事故の防止委員会とか、そういった対応もさせていただきながら取り組んでおるということでございますので、そういう点でのご理解をいただきたいなというふうに思っております。

 以上です。



○議長(立入勲君) 

 ほかに質疑ありませんか。

 2番、山本吉宗君。



◆2番(山本吉宗君) 

 今、答弁いただきましたけれども、1番目の18年度の問題ですけれども、半期が過ぎると大体運営状況がわかるということなんですけれども、私は早く行動を起こして、その成果を見ていかなきゃいけないと。今のお話ですと、そういうことはないだろうと思うんですけれども、何かなりゆきでやっていって、その結果を見て考えるんだというように聞こえたんですけれども、要は19年度から無床というようなことにならないためには18年度が勝負なんですよね。だからその勝負をするために本当に今から4月いうともう1カ月そこそこしかないんですけれども、その動きをはっきりとして早く19年度以降が無床ということにならないように行動を起こすべきだというように思っております。その点についてももう一度お聞きしたいと思います。

 それから、病院は宣伝というようなことはできないということらしいんですけれども、それはそれでいいんですが、非常に今の石部医療センターについては、以前から相当なうわさが流れておりましていろいろと耳にするわけでございます。ですから、今度は私が今言いましたような、いわゆる18年度に勝負するわけですから、何らかの形で市民に協力をしてもらうというようなことを訴える必要があるんじゃないかというように思います。

 今の点は回答はいいですけれども、初めに言いました半期が過ぎると運営状況が大体わかるということなんですけれども、その辺の動きについていろいろ検討材料があるわけですから、その点についてもう一度ちょっと回答をお願いしたいと思います。



○議長(立入勲君) 

 地域医療推進課長、答弁。



◎地域医療推進課長(鎌倉康廣君) 登壇

 今現在お願いをしております運営状況につきましては、毎月定例的に市の監査委員さんの方で監査を月末で受けております。でございますので前月分を大体月の中ごろあたりで今現在いわゆる収益を試算表等をつくりまして、その中で月末で監査をお受けしているという状況がございます。

 先ほど私、半年ということを申し上げましたけれども、ちなみに4月の末には3月分が出ますけれども、3月分はあくまでも前月ですのでまだ病院のものということになろうかと思いますけども、それ以後になってまいりますと、実質的な部分で月々の分が出てくるというふうに思います。

 しかしながら、月によりましていわゆる人件費のそういう関係で金額がかさんだりかさばなかったり、また、支出の部分で4月当初は特に最初に契約金で払うそういった費用もございますのでちょっと若干わかりにくい点もございますので、そういった意味で申し上げたわけですけれども、いずれにいたしましても議員さんのご質問のように、私どもとしましては18年度のその体制に向けまして全力投球していくということでございますので、その旨のご答弁をさせていただきまして終わりたいと思います。



○議長(立入勲君) 

 2番、山本吉宗君。



◆2番(山本吉宗君) 

 ちょっと今のご答弁からいきますと、毎月月末に監査があると。監査の結果で収益がわかるということなんですけれども、私はもちろん監査の結果で収益が大事であることはわかるんですが、ここにはいろいろ項目があるわけです。こうしたい、ああしたいという項目があるわけですが、その点を具体的に示してやっていただくと、その結果が監査で出てくるんじゃないかと思うんです。ですから、ちょっと私の質問に対して項目、いろいろこうやりたい、ああやりたいというのをもちろん18年度でできないものもあるかもわかりませんけれども、これはいつまでにどうやってということがないと、もちろん監査の結果を見て何か物足りない点についてはこうやれということになると思うんですけれども、まず先手をやはり打っていただきたいなというように思います。これは答弁結構です。



○議長(立入勲君) 

 ほかに質疑ありませんか。

 3番、松本浩有君。



◆3番(松本浩有君) 

 今までの説明の中でもう既に出ているかもわからんのですけれども、私、きょうどうしても急用のためにおくれてまいりましたけれども、現在この医療センターでどれぐらいの赤字になっておるということは大体わかるわけです。それがこの改善をすることによってどれぐらい改良されるのか、赤字が減らせるのか、それを一つ聞きたいのと。

 それから、この医療センターがこういうふうに24床から18床、もちろん病院形態じゃなくして診療所形態にするということは、これ19床までということですか。18床ということはこれはもう決められたことだろうと思いますけれども、これはどちらかと言いますと、医療サービスに対する低下ということにやはりつながると思うんです。それが簡単にまた例えばこれでうまく改善ができなかったら無床にしてもいいと。だんだんだんだん今、医療関係が大変経営が厳しい時代になってきているということが言えますけれども、もうすぐに医療サービスが減退するような考え方やなしに、もう少し前向きの何か考えられないかと思うんです。

 例えば、このときこそこれが公営だから医療サービス、すべての面に大変行き届いた医療ができると、サービスができると。これをもう少し監督を厳しい中にあって民間委託というんですか、民間の経営に変えてでも、余り今大変利用されている病院ならば、地域のそういうふうな大切な医療関係であるならば、民間に委託をするというふうな形に変えていくというような考え方も出てくるんじゃないかと思うんですけども、とにかくうまく経営できなかったら赤字が続くんやから、もうだんだんだんだん地域の医療がやめていくというような、サービスが落ちていくような形になるんじゃなしにですね、もっと前向きの何かを考えられないかなと、そういうふうなことを私は思うんですけれども、そういうようなことについてお考えになっていないのですか、ちょっと話し聞かせていただきたい。



○議長(立入勲君) 

 健康福祉部長、答弁。



◎健康福祉部長(服部祥雄君) 登壇

 3番議員の松本議員さんのご質問にお答えさせていただきたいと思います。

 2点申されましたので、私は民間の方につきましてのご指摘につきましてご答弁させていただきたいと思います。

 今のいろんな事情の中で、むしろ民間に早く持っていった方がええやないかというようなご指摘でございましたけれども、今日までやはり公共性という部分でやってまいりました。その中で特に今は湖南市としての立場で石部医療センターは動いているわけでございますが、当初からは、以前にもご説明させていただいたかもわかりませんけれども、やはり開業医の先生が非常に少なく、そして、跡取りもなく、先生自体も老齢になっていらっしゃるというような状況でございましたので、そういう状況の中から平成元年に診療所としてオープンしたわけでございますので、その中で特にやはり言われておりますのは、健康づくりと、それから予防という面で非常にやはり年々医療費が上がってまいりますので、そういうやはり石部医療センターとしての公共性の中で、特に健康づくりと予防事業を重点にやっていく。予防というのはやはり乳幼児からお年寄りまでの保健事業全般でございます。

 そういう事業をやはり今日まで石部医療センターは非常に学校の校医、あるいは幼稚園の園医、そういった部分で地域包括的なケアまでをやはり担っていただいていたわけでございますので、やはり国民健康保険の診療施設というものは、治療だけではなしに、そういった部分の包括的な保健・福祉・医療のそういう連続性の部分でのやはり役割を担う結局ノウハウを持っているわけでございますので、そういう部分で今日まで非常に事業として展開されてきた部分がやはり大きかったわけでございます。

 ですから、そちらの方の収益といたしましても、医業外収益というようなことで保健事業にかかわる事業は1回当たり1万何がしというようなことでございますので、やはり2時間当たりいきましても、そのようなことで1人の患者を受け持っておるとか、あるいは在宅医療、あるいは午後から検査するという部分の方がむしろ収益がもっと上がるわけでございます。しかし、それだけの社会の医療資源が少なかったわけでございますので、そういう部分のウエートが非常に大きかったと。ですから、やはりどうしても繰入金が膨らんできたというような部分もございます。

 今後におきましても、やはり公共性という部分、それから国民健康保険の診療所としての位置づけをするならば、やはり今後においても民間ということはいかがなもんかなというふうにまだ考えております。

 ですから、今回の条例改正は、有床診療所として当面はとにかく力いっぱい職員一同が意識改革、先ほど山本議員が申されましたように、そういうやはり全員がそういった気持ちで取り組んでいただくということが大事であろうというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(立入勲君) 

 地域医療推進課長、答弁。



◎地域医療推進課長(鎌倉康廣君) 登壇

 私の方からは、経営の赤字額がどのようになるかというようなご質問をいただいておりますので、そのことについて述べさせていただきたいなというふうに思います。

 石部の医療センターは、開設以来大体におきまして1億2,000万円ぐらいで長年推移してまいりました。ここ3年ほどの間にそういった繰り入れの額ではいけなくなりまして、1億5,000万円とか、また、それ以上の額にならないと収支が整わないというような状況になってまいりまして、ちなみにこの17年度におきましては、当初の見込みでは約2億円に近いぐらいのお金を繰り入れていただかないことには収支が整わないというような状況にまでなってまいったというふうに考えております。

 しかしながら、今年度、17年度は予算的には1億5,000万円の繰り入れをいただくということになっております。今現在ほぼ1年を終わろうとしているわけでございますけども、やはり1億5,000万円では少し不足するかなというような状況の中にやはりあるということはこれは申し上げられるというふうに思っております。

 しかしながら、次年度、この4月以降診療所にすることによりましてどのようになるかというようなことがやはり一つ問われるというふうになろうかと思っておりますけども、これはまだこれからまた予算等でご審議いただく内容のことでございますのでちょっと今申し上げるのはどうかなと思ったりはしますけども、あくまでも試算的には当然今年度の1億5,000万円からは、さらにいろんな職員さんの数が減ったり、そういったことで経費を見直すということも含めて数千万円は少なくて済むと。恐らくこれはあくまで試算ということでお聞きいただければというふうに思っておりますけども、5,000万円に近いような額はそれからは何とかできるんではないかなという、あくまでもきょう現在のことでございますけども、そのように考えております。

 以上でございます。



○議長(立入勲君) 

 3番、松本浩有君。



◆3番(松本浩有君) 

 大体説明していただきましたのでわかりましたけれども、少し今まで石部のこの医療センターについては、私が聞いている範囲では、少々1億円余りの赤字が出ても地域の医療としてどうしてもやっぱりやるんだという、そういうふうな考え方で進んでいるという説明を一遍聞いたことがあると思うんです。甲賀の病院の件でいろいろと会議の中でもこの石部の医療センターの話も出ておりましたので、ところがそういうふうな少し赤字が出てもこれはまた今の説明のように1億5,000万円、2億円ぐらいの赤字になるということになったら、またこれは数字が大分変わってきますけれども、しかし、もともと石部の方ではこのぐらいの赤字になってもどうしてもやっぱり行政として投入せざるを得ないというような形で進んでいるのが、そういうような形でだんだんと医療サービスが赤字が出るからといって下がってきますと、今までやっていた経営の方針と少し変わってきてるように思うんです。そういうような中において住民の皆さんが果たしてどういうふうな気持ちでそれを受けとめておられるのかということを行政としてはどういうふうな受けとめ方をしておられるか、その判断をお聞かせください。



○議長(立入勲君) 

 地域医療推進課長、答弁。



◎地域医療推進課長(鎌倉康廣君) 登壇

 ただいまのご質問は、石部の医療センターの経営的な方針、そういったことを住民の方、これは住民の方とおっしゃいましたけれども、これは多分石部の医療センターの近隣の住民の方という、今現在が石部の医療センターの患者さんといいますか、ご利用なさっておられます方は、どちらかと言いますとやはり旧の石部町区域の方が大変多うございます。そういう意味での住民の受けとめということでご質問いただいたんかなというふうにちょっと思いますけども、仮に医療センターの周辺ということで考えてみる必要があるんではないかなというふうに当然思っておるわけでございますけれども、ただ、やはり病院は住民の方の命をお預かりするそういう側面の仕事でございますので、やはり内容が、いわゆる充実が仮にできないというようなことになってまいりますと住民の方もお困りになられるわけでございます。

 しかしながら、今、私どもこういった条例改正出させていただきましたのは、いわゆる病床、ベッドのことについてが一番大きいところやというふうに今回の改正については考えております。

 外来業務については充実していくということでございます。ただ、病棟の部分で24床を18床にすると。それに伴いましてそういったベッド数が減りますので、ドクターが今現在と言いますよりも、平成17年度当初では5名医師がいらっしゃいました。ですけども、1月いっぱいで1名のドクターにつきましては退職なされておりますので、きょう現在ではドクター4名でございます。ですけれども、今までずっと大体ドクターは3名で来ておりましたし、近年になりまして4名になって、たまたま17年度だけは5名というドクターの数でございましたけれども、それはあくまでも県からの臨床医の派遣ということで1名多いということでもございますので、通常は4名やということでございます。そういう中で次年度につきましては、それが3名ということで、いわゆる開設当初の人数ということで考えていただいてもいいのではないかなというふうに思います。

 それとあと看護師の関係でございますけども、17年度では15名看護師、これは病棟の部分でございますけれども、おります。それがこの改正になりますと10名ということでございます。

 しかしながら、あくまでも石部の医療センターの病棟のいわゆる利用率につきましては、今日まで平均しまして13名前後でございます。

 きょうもちなみに17名ほど入院ございます。ところが1年通して見ますとどういうことになっているかと言いますと、ことしの夏場は少ないときで入院患者5名ほどでした。大体夏場はどうしても少のうなります。そして、冬場になるとやはりいろんな風邪等も含めて入院患者数もふえまして17名、平均するとやはり13名ということでございますので、平均するということで13名ということなんですけれども、しかし、病院はあくまでも最大時の問題がやはりございますので、一番多いのが17名ということを考えると、18名をとったということはそれでプレイができるというそういう考えのもとであるわけでございますけれども、いずれにしましてもそういう地域の方にとってご迷惑のかからないそういう内容でさせていただけるということで、実は先般も国保の運営協議会を開催させていただきまして、これらのことについてご説明もさせていただきまして、そのことについて十分理解していただいたというふうに考えています。このことについても十分にご理解、全員の方にしていただいたということを最後に申し上げまして答弁とさせていただきます。

 以上でございます。



○議長(立入勲君) 

 ほかに質疑ありませんか。

 松本議員。



◆3番(松本浩有君) 

 石部の方々からこの問題についていろいろ話聞きましたところ、そんなことは一切知らんと、何も聞いてないという人が多い。だから大変説明がちゃんと行き届いているような今答弁でしたけども、それは今からでもやはり経営としてこういうふうにどうしてもせざるを得んのだということを住民に何らかの形でもう少し徹底してやってもらわないと困る。それだけで結構です。



○議長(立入勲君) 

 6番、赤祖父裕美さん。



◆6番(赤祖父裕美君) 

 石部医療センターは、私たち石部地区の者にとってはいつでも診ていただけるという心のよりどころになっています病院です。そして、皆さんの税金をいただきながら経営をしておりますので、たくさんの方に知っていただいて、19年度はいつでも診ていただけるという、そういう体制がなくならないようにしっかりと周知していただくといいますか、合併をして1年と少しですので甲西地区の方々にはこの医療センターはもうひとつ周知ができてないのではないかなと思っています。

 そういった中で2点お伺いしたいんですけども、バス路線の見直しとか、それからまた広報に載せるとか、そういった経営努力のアイデアみたいなことを今実際何か考えておられるのか。

 そして、もう一つは、こういった18床の有床診療所になるということを石部の方々はどうなるのか心配しておられますので、そういった内容のことのご説明が今後住民に対してあるのかどうか。2点についてお聞きをいたします。



○議長(立入勲君) 

 地域医療推進課長、答弁。



◎地域医療推進課長(鎌倉康廣君) 登壇

 まず、バス路線の関係でございますけれども、医療センターは、いわゆるバスの停留所もございますし、出発点でもあるわけでございますけれども、この路線全体のことになりますと私どもの地域医療推進課ではちょっとお答えがしづらい点もございます。ただ、地域の方が医療センターを含めて利用という点では、利用していただきやすいそういう内容になれば、それは私どもとしては幸いだなというふうには考えております。

 それと、あと広報の関係でございますけれども、いわゆる患者さんの方に特にそういう医療センターのサービス全体を含めた内容を知っていただくということの取り組みはさせていただきたいなというふうに思いますし、今現在お使いいただいています方だけでなくて、まだ一度もおみえになってない方もいらっしゃると思いますので、そういったことも取り組んでまいりたいなというふうに思います。

 それと、あと私ども地域医療推進課では、ホームページの方にも医療センターの内容のこともまた載ってもございますので、またそういったことも見ていただければなというふうにも考えておりますので、そういう点でご答弁とさせていただきたいと思います。

 市民への説明ということでございますので、また広報活動等を通じましてさせていただきます。

 以上でございます。



○議長(立入勲君) 

 ほかに質疑ありませんか。

 6番、赤祖父裕美さん。



◆6番(赤祖父裕美君) 

 この1年が勝負でございますので、本当に入院施設というものがなくなってしまうと電話をしても診ていただけないということにもなってまいります。そういうことでもっと強く働きかけをしまして、ぜひともこの経営努力というところでしっかりと立て直しを図っていただきたいと思います。

 以上、終わります。



○議長(立入勲君) 

 ほかに質疑ありませんか。

 4番、上野雅代さん。



◆4番(上野雅代君) 

 お医者さんの診療方針に当局としてどこまで関与できるかということについて質疑いたします。

 私の子供が小さいころぜんそくの持病がありまして近所の開業医さんにかかっておりまして、日曜日に発作が出たときにお休みなので日赤病院の方の救急の方にまいりました。治療していただいて、そこでいただいたお薬を翌日開業医の先生にお見せしたら、「非常にその薬がいい薬を使っておられると。僕は肺炎になるときしかこの薬は使わない」とおっしゃったんです。私も初めてお医者さんの個人の考え方によって使う薬、そして、その値段がたくさん違いがあるんだなということを経験したんですが、そういったお医者さん個人のそれぞれの考え方があると思うんですが、そのへんの治療方針というか、治療内容の関与をどこまでされているのか、また、できるものなのか、お伺いしたいと思います。



○議長(立入勲君) 

 地域医療推進課長、答弁。



◎地域医療推進課長(鎌倉康廣君) 登壇

 一番大切なところのご答弁をまず最初申し上げたいと思います。

 関与という言葉をいただきましたけれども、私ども事務サイドからそういったことは医療幇助できません。

 それと、あとドクターが薬をというようなご質問内容も一部ございました。最近では新聞紙上でたくさん載っている機会も多いんですけれども、いわゆる先発薬、後発薬、いわゆるジェネリックの関係でございます。このことにつきましてはどこともの病院さんもなかなかこの扱いは難しい問題だというふうになっておりますので、私どもそういう部分については今後も十分に考えていきたいなと思っておりますけれども、先生方はやはり先発薬がいいなというようなことは私どもは聞いております。

 以上でございます。



○議長(立入勲君) 

 4番、上野雅代さん。



◆4番(上野雅代君) 

 私もそのことについてのちょっとお話は聞いたんですけれども、後発薬の方が特許も切れまして非常に飲みやすく服用しやすいように改善されている面も多いと。もちろん全く同じの場合もあるけれども、服用しやすく工夫されていると。そういう利点がないと売れないと。そういったことではやはり工夫の余地があるというか、経営内容に。そういったことではやはりお医者さんともうちょっと立ち入ってその辺のお話をすることはできないでしょうか。後発薬の方が値段的に半分から3分の1の場合もあると。そしたらやっぱり住民の方にとっても同じ効き目の薬が3分の1とか半分の値段だったら、そしてまた、購入の経費も安くなれば経営改善にもなると思うんですけれども、その辺はいかがなんでしょうか。



○議長(立入勲君) 

 地域医療推進課長、答弁。



◎地域医療推進課長(鎌倉康廣君) 登壇

 後発薬の関係のご質問をいただきましたけれども、このことは次年時のそういった取り組みに向けて関係する部分もございます。しかしながら、これが経営の体制自体にという形ではございませんので、できましたらきょうのご答弁の内容といたしましては、これは検討させていただくといいますか、そういうことぐらいで答弁させていただければなというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(立入勲君) 

 ほかに質疑ありませんか。

 13番、大久保英雄君。



◆13番(大久保英雄君) 

 何点かお伺いをします。

 先ほど鎌倉課長が申されました。私は医療センターのごく周辺に住んでいる住民の1人として、今回のこの条例改正ですね、単に条例を改正するというだけではないと、医療センターをどうするかという非常に大きな問題が含まれている。だから、この条例を私は委員会に付託をしてしっかりと論議をしてやるべきだというふうに思うわけであります。

 そこで、この条例提案の中で石部医療センターの条例を廃止をするという条例になっていますね。病院事業の設置等に関する条例は廃止をする。2番ですね、最後の方ですね。管理運営規則が当然この病院事業にもあるわけでありまして、この管理運営規則は当然廃止をするということになるわけですよね。そうすると、部長言われたように、今までと変わりませんよと、サービスも落としませんということについて、そう言ってるんだけども、病院のこの管理運営規則をなくしたらどうやってやっていくというのが私の1点目の質問です。

 しっかり担保できるのかと、今までの医療事業にかかる初期点がなくなるわけなんで、その点についてまずお聞きをしたいと思います。

 管理運営規則はなくするのか、なくするんやったらどうしてなくするということをしっかりと言っていただかないといけない。今後はどういう管理運営規則でやっていくのか、まずそれをお聞きします。

 条例はそれで結構です。

 それから、実際運営上、私はこの条例提案は非常に不親切だと思うんです。抽象的な提案が多い。この配っていただきました石部医療センター有床診療所に向けての今後の日程等について、あるいは石部医療センターの経営業務の見直しについて、これを見て「はいわかりましたよ」と言う人はこの議員の皆さんの中にもほとんどおられないと思います。何で診療所にするのか、具体的な数字が全然ない。繰り入れがどうなっていて入院患者がどうなんだと。したがって、経営分析の論点はどういうものであったんか、それをとらえて国保運営審議会全員が賛成をしていただいたというふうに先ほどおっしゃいましたけど、決してそうではなかったと思います。具体的な数字がはっきりしないと本当に審議がでけへんと思うんです。「これでわかりました」と私はなかなか言えないと思うんです。だから、具体的な数字もしっかりと出してほしい。

 それと、19年度のことです。先ほど山本議員の話にもありました。もう私は最初に無床ありきという態度が湖南市の態度としてはっきり出ているなというふうに思うんです。初めに無床ありき、だから18年度でどれだけの赤字が、赤字というのは私は許せないと思うんです。どれだけの繰り入れが減ったら無床にするのか具体的な数字も提示をしてください。

 それから、いろいろ後発医薬品の話なんかありましたけれども、私も一般質問で何回か聞きました。この医薬品の占める割合が非常に大きいというふうに言われましたので、じゃあ使ってみるように言ってくださいよというふうに言いましたら、「これはもう先生の裁量の中や」というふうに当時の山本課長はそういうふうに言うた。どういう努力をして、今まで石部のころからも結構論議にはなっていたそうであります。合併によって大きな転機だと、今。合併によってこの医療センターの入院を廃止をして無床にするといういわばチャンスだというふうに私は聞こえます。こういう形で住民の皆さんの健康保持がやられていくということについて非常に危惧をするものであります。ですから、具体的な数字、私が申し上げましたまず出していただけますでしょうか。

 先ほど松本議員も言われましたように、今度の制度改革でどれだけの数字がマイナスになるのかということがなければとても判断ができかねますので、よろしくお願いします。



○議長(立入勲君) 

 健康福祉部長、答弁。



◎健康福祉部長(服部祥雄君) 登壇

 大久保議員さんのご質問にお答えさせていただきたいと思いますが、4点ほどいただいたわけでございますが、要は病院の条例改正は逐一丁寧に書いておるけども、今回の有床診療所の国民健康保険の一部改正は非常に詳細まで書いておらないということでございますが、これは有床診療所、診療所と病院の違いでございまして、特に病院におきましての個人負担の部分については、今まで規則等で挙げておりましたのを条例化にさせていただいたという点で非常に皆さん方にわかりやすく条例の中に含めさせていただいたところでございますが、特に医療法に基づきましての中身で、特に社会保険の医療機関、社会保険局、この辺がやはり十分にその辺の有床診療所としての医療機能、診療機能、体制、その辺はすべてチェックがかかっておりまして、常時そこで内容等を審査され、そして、社会保険局の審議会でこちらの方から議会の条例が通りますと、いろんな細かい審査等を踏まえて諮問し、答申をかけられ、そして、社会保険局が有床診療所としての許可を出されると。既に滋賀県の方は現状としては病院としての機能は許可をいただいておりますが、それをあえてまた社会保険局の方の医療法に基づく部分の方が非常に運営上大事でございますので、そちらの方の中身ですべて有床診療所の石部の医療センターとしては事業運営をしていくということでございます。

 それから、二つ目でございますが、具体的な数字が出ておらないということでございますが、今日まで民生常任委員会も、市議会議員の選挙後、新たな体制で12月9日早々に国民健康保険の方から答申をいただきました。それについての内容、それから以前の経営診断の内容を具体的に説明させていただき、民生常任委員会の皆さん方にいろいろご質問をいただき、ご協議をいただいたところでございますし、また、年明けまして2月3日におきましても、そういった引き続いて民生常任委員会で具体的な数字も資料もお渡しさせていただきましたので、十分に私ども不手際がないようにと思っているところでございます。

 それから、今回の有床診療所に持っていくに当たりまして、経営改善だけが先走りして今回のこの有床診療所が一石二鳥のような言い方をされたわけでございますけれども、決して我々は地域医療という面から、やはり今までの過去の経緯を十分見極めた中で今回持っていっているわけでございますし、今日までのいろんなご意見等も国保運営委員会におきます委員さんのご意見、そしてからまた議員さんのいろんなご意見、それから市民の皆さん方のご意見等々を集約して、今回、国保の運営委員会から提言をいただいたというふうに思っておりますので、それをやはり尊重して、今回、条例制定をさせていただいたというところでございますので、ひとつその点ご理解をいただきたい、このように思います。

 以上でございます。



○議長(立入勲君) 

 ほかに質疑ありませんか。

 13番、大久保英雄君。



◆13番(大久保英雄君) 

 一番最初に私がお聞きをしました管理運営についてはどうするんですか。



○議長(立入勲君) 

 地域医療推進課長、答弁。



◎地域医療推進課長(鎌倉康廣君) 登壇

 石部の医療センターの管理運営に関する規則の関係のご質問と思っております。

 今現在も湖南市立石部医療センターの管理運営に関する規則がございます。仮に診療所になるということに決まりますと、これをこのままという形ではいかないと思っております。ただ、名称、名前の方は同じでございますので、そういう意味ではこのタイトルも含めこの内容で一部分改正する必要があるなというふうには感じておりますので、きょうの条例の一部改正議案の中には使用料とか、そういったものがこの規則の中からこちらの方へ移っておりますものを除いたり、一部改める必要があるなというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(立入勲君) 

 ほかに質疑ありませんか。

 13番、大久保英雄君。



◆13番(大久保英雄君) 

 今の管理運営規則の答弁は、条例を変えてしっかりやっていこうという当局の意思がうかがえませんね。ちょっと名前を変えて訂正して、これが通れば勝手に管理運営規則はつくりますよというふうに聞こえますし、やっぱりここで条例を変えて病院を大きく、病院をなくすと言ってるんです、病院の事業を。診療所にすると。だからそれだけのやっぱり決意がないと私はとても納得ができないわけであります。条例については、条例改正と同時に管理運営規則もしっかり変えてもらわないといけない。不備があるというふうに指摘をしておきたいと思います。

 それから、サービスを落とさないということを最初に言われました。しかし、お医者さんが減る、看護師さんも減る、それで具体的にサービスが落ちないというふうに、残った者がもう全力を挙げて頑張るんだというように理解をするわけですけども、そういうことが住民の皆さんの目に映ることをねらっておられるのか、私はちょっとわかりませんよ。しかし、5名おられたお医者さんが3名になった。看護師さんが15人が10人になったということではサービスがとても維持でけへんのと違うかというふうに思うんですが、どういう勤務状態にして効率化を図られるのかということも一つ伺いたい。

 それから、今度の改正は人間を減らすだけのリストラだと私は思います。リストラをして浮いたお金、これで繰り入れを減らしていく。まさに民間のひどい企業並みのリストラをしようとしている。

 看護師さんの5名減について、わかる範囲でどういう状況なのか。既に退職を勧告されているというふうにお聞きをしていますけども、どういう状況なのかわかる範囲で伺いたいと思います。



○議長(立入勲君) 

 地域医療推進課長、答弁。



◎地域医療推進課長(鎌倉康廣君) 登壇

 ただいまのご質問は、こういった改正をすることによって、医師、また看護師が減るということでございますが、サービスの低下にはならないということで、先ほどからも答弁させていただいておりますようにあくまでも入院が主な改正部分でございます。その入院の改正部分については、平均入院患者数で13名前後だということで、それに十分対応していけるということでございますので、そういう意味でのご理解をいただきたいなということでございます。

 それと、5名看護師が減少になるが、その方々の退職等についてどうかということのご質問でございますけども、きょう現在におきましては、看護師の中から3名の方でございますけども、家庭の事情等でいわゆる退職の願いが出ております。あくまでもこれは家庭のご事情等でございますので、そのことをご答弁申し上げまして終わらせていただきます。



○議長(立入勲君) 

 ほかに質疑ありませんか。

 12番、坂田政富君。



◆12番(坂田政富君) 

 質疑をいたします。

 この条例改定、我々は改正とは言いたくないんですが、こういう形で出されてきたところで質疑をいたしますが、一つは、経営診断の結果、また、国保審議会での経過、るるここで質疑がございました。だけど中身がきちっと見えてこない。そういうところから、私はすべてこれに関係する資料についてはご提出を願いたい、こう求めたいと思います。

 それから、経営の悪化、こういったものが強調されて、採算ペースだけがですね、こういうことが強調されてきているわけですが、これでいきますと市民の皆さんの要望が本当にこたえられるかと、こうなったときに市民の皆さんの声は何も聞かないで一方的にこういう形での実際は進めていく、こういうことになっておるわけですね。ここの点を私は指摘しときたいと思います。

 実際にやはり運営の継続、市民の願いに沿った、そういった医療の充実への努力、お金もきちっと入れていく、こういうことも実際は必要であるわけですね。これはやはりたび重なる医療法の改悪によって、現の医療法のそういうもとでも一般会計から繰り入れは当然必要となると、こういうことははっきりしておるわけですね。これが何か悪かのようにこんなふうに言われるというのは私は非常に問題だというふうに思っています。ここの点での基本的な考えをお聞きしておきたいと思います。

 それから、もう一つは、市民の健康と命を守る大事な医療行政、市民と議会での議論が非常に大事だというふうに思います。だけど、しかし、この議案が提案されるに至った経過を、先ほども申しましたように、本当に市民の皆さんに、また議会の中でどれだけ十分論議ができたか。以前は医療特別委員会、旧の甲西町の実態では、特別委員会までつくって医療問題を論議をしてまいりました。こういったことはされないで民生常任委員会や国保委員会、こういったところでのそういった説明だけ、こういうような事態、実際にはなっているのではないか、こう言わなければなりません。そういうところが指摘されますと、部長は、「不手際はないと考えると、この経過の中で」、こう言われていますね。しかし、今、大久保議員が指摘されましたように、こういった運営規則、こういったものについて、当然こういった条例を提案されるからには十分検討されてここで提示される。このことが一番大事でしょう。しかし、そういったところも示すことができない、こういうような事態ですね。これについてどう考えているのかひとつお聞かせ願いたいと思います。

 業務の縮小は、本当に実際の中身、こういうものはどういう事態が起こり出すか。例えば、今言われました非常勤の看護師を主体とする、こんなことがこの説明書の中にも書かれておるわけですし、お医者さんは5名から3名、あとどうなんやというたときに非常勤でフォローしていくと、こういうところの方向づけが、正看が15が10名になる。基本的な考えとしては、非常勤で賄っていくと、こんなことまで書かれている方向づけなんですね。

 こういきますと、実際には病床数が24から18に減っていく問題、そして、あげくの果ては、3月議会で問題になってくるであろうというふうに思いますが、指定管理者制度の導入によって実際にはこういった指定管理者のそういう制度を入れる対象としてもなってきておるでしょう。こういうところをやっぱりどう我々は考えていくかと言うならば、よりその業務が縮小されて患者はより少なくなって、また業務の見直しをして縮小する。そして、患者を追い出してしまう。こんなことになるのではないか。このことを私は非常に危惧いたします。この点についてお聞かせ願いたいと思います。

 それで、全体として、滋賀県、全国的にも非常に医療機関が少ない、中でも、この甲賀郡の医療圏も見直されるそうですけども、湖南市の医療機関そのものを見ましても非常に少ない、こういう状況に実際あるわけですね。市民の皆さんには総合的に診ていただきたい、安心できるそういう病院が必要、これが私はこの安心をまちづくりの基本としてやはり必要と、こういうふうに考えるわけですが、医療行政のそういった方向づけ、これは市長にお答え願いたい。よろしくお願いをしたいと思うんです。

 それから、これらに至って県の医療審議会、こういったところ県の意向も含めてどうなっているのか、ご報告を願いたいと思います。

 以上、よろしく。



○議長(立入勲君) 

 健康福祉部長、答弁。



◎健康福祉部長(服部祥雄君) 登壇

 非常に坂田議員さんの方から盛りだくさんのご質問をいただきましたので、私の方と、それから課長の方、それから市長の方からもお答えさせていただきたいと思います。

 一つ目には、資料の提出でございますが、これは民生文教委員会に田中議員さんもおられますし、詳細なあらゆる資料を私ども提出させていただいておりますので、私が今お答えさせていただきましたように、民生常任委員会で共産党の田中議員さんがおられますので、そこから資料を見ていただきたいと、このように思います。

 それから、市民の意見でございますけれども、市民の意見としましては、やはり一番重要なのは、議会も重要でございますし、その次にやはり国保の運営委員会でございます。ここはやはり以前にも全協で坂田議員さんが申されておりましたように、国保の被保険者、特にそういった方々がたくさんお入りいただいておりますし、あらゆる学識経験の方に入っていただいておりますので、やはりそういった重要審議の事項でございますので、その辺につきましては、今後におきましても十分にご意見を求めて尊重してまいりたいと、かように考えているところでございます。

 それから、繰入金でございますが、これはやはり先ほど私が申し上げましたように、今後におきましてもやはり公共性、特に健康づくりや予防の分での保健事業、こういった部分でのやはり繰入金等はやむを得ないというふうに考えているところでございます。あとはやはり経営は民間であろうと公共性であろうと経営意識を持って臨んでいただかなければならないというふうに考えているところでございます。

 それから、運営規則の関係でございますが、運営規則につきましては、先ほど課長が申しましたように、後日、規則についてはまたご提示をさせていただきたいと、かように考えているところでございます。

 指定管理制度におきましても、やはり今日言われておりますが、この辺につきましても国保の運協等に十分ご意見をいただきながら、また、議会の皆さん方にもご説明しながら進めさせていただきたいというふうに考えておりますが、現状としましては、当面はやはり今の現状で進めさせていただきたいというふうに思っているところでございます。

 特に、坂田議員さん申されましたように、私どもの方もやはり公共性を発揮するからには市民の皆さんが安心して暮らしていただける家庭的な医療を目指していきたいというふうに考えておりますので、特に石部の医療センターが皆さんに喜んでいただけるような医療センターであるというふうにこれからも努力してまいりたいというふうに思っております。

 以上でございます。



○議長(立入勲君) 

 地域医療推進課長、答弁。



◎地域医療推進課長(鎌倉康廣君) 登壇

 私の方からは、県の方の審議会の方向という内容のご質問をいただきました。その点につきましてご答弁させていただきたいと思います。

 私ども地域医療推進課の方では、いわゆる施設を持ちまして地域医療を推進するという立場で課の方の業務等を行っております関係上もございますので、県の会議とか、そういったことには出席いたしておりませんので、そういった状況等がわかるというようにはなっておりませんので、どのようにお答えさせていただいたらいいのかわかりませんけれども、そのこととはかけ離れますけれども、今現在、医業として言われていますのは、昨今の少子化の問題も含めまして小児の関係の先生方が大変不足といいますか、いらっしゃらないと。なっていただける方がやはり少子化の関係もあるのかもわかりませんけども、なかなかいらっしゃらないということもございますので、そういった部分でのことがあるということは聞いております。

 以上でございます。



○議長(立入勲君) 

 市長、答弁。



◎市長(谷畑英吾君) 登壇

 12番、坂田議員の質疑にお答えをいたします。

 医療行政の方向性ということでありますが、これは医療圏を基本とするものであると認識しております。



○議長(立入勲君) 

 12番、坂田政富君。



◆12番(坂田政富君) 

 最初に、市長が今、一言言われたことだけ先に再度質疑をいたします。

 先ほどの課長の答えにもありましたけれども、県の医療推進審議会ですか、こういったところのことはわからない、こういうことで言われていましたけども、私、全協でお聞きしておりますと、「県との協議はもう重ねてやってきているんだ」と、こういうことを言われましたね。それがどうして今になってここできちっとした答えが出てないのか。県の湖南市における医療の問題で、当然として私は24床の許可を得て今日まで来た。18床とする。減るわけでしょう。そこのところの私は県の見解も含めてやはりきちっと見ていく必要がある、こういうふうに思うんです。

 市長はここの医療圏の一言の答弁しかされませんでしたけれども、実際はそれでいいのか。私は、先ほどから申しましたように、医療機関が非常に少ない、こういう認識に立っています。全国的にもそれは数値的に見ても少ない、はっきりしてるわけでしょう。住民の要望は十分ある。田中議員が紹介されましたように、旧甲西町においては総合病院の建設では8,000を超える、1万近くの署名が積み上げられました。今なおそういう要望が多いわけですね。そういう点で将来まちづくりに医療行政をやっぱり中心に据えてきちっとやっていただきたい、どう考えているのか、こういうふうに聞いたのに、一言でそのことの答弁では余りにもお粗末、ここはもう一度答弁お願いします。

 最初に戻りますが、私は経営診断の結果、こういったところも含めて実際にはお金を使って税金使ってそういったところもやっていただいているわけでしょう。勝手に経営診断やってくれてるんじゃないですね。そういう点から見れば、当然としてその成果物、それはやっぱり我々自身は判断材料として見ていく必要がある。こう見るわけですが、どうでしょうか。資料をやっぱりきちっと提出していただきたい。それが民生常任委員会に渡しているとか、そんなんじゃないでしょう。本会議において一人一人の議員の権利としてその点を私は求めているわけですから、きちっとお答え願いたい、お願いします。

 それから、実際に採算ペースがどんどん強調されまして、これからいきますと業務の縮小をすることが採算ペースに乗っていくんだと、あたかもそういうふうにとれるような説明が多いですね。これは逆じゃないんですか。病院をもっと充実させて初めて採算に合う、ここのところに私はもっと力を入れていくべきだし、それが市民の皆さんの願いであるというふうに思います。

 もちろん医療法の改悪に反対していく、また迫りくるそういう医療法の改悪、どういうふうな姿勢で臨むのか非常に重要な問題だというふうに思います。そのことも含めて私は言っておりますので、今挙げられたところでも、先生は減らされるし、看護師さんは減らされるし、言うことないじゃないですか。

 そしたら、今申しましたように、資料の問題と、それから指定管理者制度の導入の問題も含めてですが、この点での実際にこれから検討ということになっていくとは思いますが、結局のところは外に仕事を出してしまう、行く行くは閉めてしまう、こういうことになるんでしょう。これははっきりこの中で方向先を明らかにしはったら、だれも立つ人いませんよ。ひとつはっきり答弁をお願いします。



○議長(立入勲君) 

 市長、答弁。



◎市長(谷畑英吾君) 

 12番、坂田議員の再質疑にご答弁申し上げます。

 先ほど申しましたのは、医療圏で見ていくということでございます。ですから、1市完結主義ではないということを申し上げたわけでございます。

 資料についてのご質疑でございますけれども、私どもといたしましては、先例事例集にのっとりまして5日前に議案をお届しているわけでございます。本会議であれこれということをおっしゃられるのは非常に遺憾なところではないかなと思っているわけでございます。

 それから、業務の縮小について採算ベースにというようなお話であります。ただ、病院を充実していく方が採算ベースに合うんではないかというご指摘、これは非常に重要なご指摘でございまして、私、甲賀病院の管理者もしております。やはり自治体病院におきまして採算ベースに乗るのは500床程度、その前後でようやく乗ってくるということでございます。

 それから、指定管理者制度の導入についてでございますけれども、現在のところは指定管理の対象にせずに直営ということを考えさせていただいているということでご理解を賜りたいと思っております。



○議長(立入勲君) 

 地域医療推進課長、答弁。



◎地域医療推進課長(鎌倉康廣君) 登壇

 1点追加でご答弁申し上げたいと思います。

 先ほど県の審議会のご質問をいただきました。私、そのことを県全体の審議会と、こういうふうに思っておりましたので、そういったものには行っておりませんというふうに言いました。でございますけども、私も石部の医療センターは、いわゆる旧の甲賀圏域でございますので、その分は行っておりますので、そのことだけを申し添えたいと思います。

 以上でございます。



○議長(立入勲君) 

 ほかに質疑ありませんか。

 23番、石原善春君。



◆23番(石原善春君) 

 平成元年に診療所から立ち上げて3年から有床という形でやられた経緯、あるいは今回、改革に向けての中身というのは、私は十分とはなくても聞かされて、なるほどなという部分があるわけでございますけども、これは1担当というより政策的な部分が多いというふうに私は思います。そういった意味から、市長さん、あるいは助役さん、特に助役さんは立ち上げのときからもうずっとかかわっておられますので、そういった意味も含めながらちょっとお聞きしたいというように思います。

 先ほどもるる出てますけども、当初石部の開業医の方が高齢化なさった、あるいはいろんな意味から地域診療がないという形で地域医療としてやってきたということで、当初から1億円、あるいは1億円を下回るときもありますし、上るときもありますけども、当時の石部の財政規模の中では大きな金額であったと。それは住民福祉の一つとして取り入れられてきた。また、そういうものをつくり上げてきたというところでございます。

 そういったところは私が言うまでもございませんけども、そういったものを考えながら、先ほど地域圏で考えるという市長のお話もございましたけども、そういうことも含めて2点お尋ねしたいというように思います。

 まず1点目は、先ほども出てましたけども、18年度一遍試してみる、それであかなんだら19年度さらに、という資料をいただいています。このようなやはりものを変えていくときにどういう形でどういうふうに推移していくんだ、あるいはどういう指標を持ってどういうふうにやっていくんやと。もちろん英知集団がやっておられるのでそんなもの十分研究されてお持ちだろうというふうに思いますけども、私の手元にはそういうものがないというだけでそれはいいんですけども、要は実際に先々こうなりますよと、来年、18年度こうします、19年度になったら、あかなんだらまた次の手を考えますということじゃなくて、石部の診療所にする、しないは別にしまして、有床、あるいは無床になってくるのかもわからない、そういうことも考えてやはり中長期的にどうしていくんやというものを示してもらわないとなかなか地域と行政とのギャップが埋まってこないというふうに私は感ずるわけです。

 ですから、この最終ページの上の5行目ぐらいからずっと10行ほど書いているんですけども、非常にこの言葉というのは私は理解しがたい。こういう形で行政が進められて本当にいいのかなと。いいと言われればそれまでですけども、それをどういうふうに市長は評価というのか、あれされているのかということが1点と。

 それから、当然垣根を低くしていこうということでいろいろとご努力をいただいています。今まで先ほど冒頭触れましたけども、石部の財政規模としてそれをカバーしてきた。それは住民サービスなり、住民福祉の一つだったよということでやってきたわけですけども、それがここへきて合併直座にすぐに改革せなあかんということで、お聞きすると2億円の持ち出しだというふうに言われていますけども、先ほどの話だと実際そのうち5,000万円ぐらいは何とかなるのかなと言いはったか言われんかわからんけども、2億円は必要ないだろうというお話を課長の方から答弁がありましたけども、そういうことを聞いてる中、それから、今回の24床から18床にすることによって数千万、具体的に言うと5,000万円とか数字がちょろちょろと出ていましたけども、そういった数字が出てる。その費用が18年度5,000万円浮くんであるとするならば、従来からの補助の部分が何もふえるわけじゃないなというふうにも言えると思うんです。そういったことをやはり見極める上でも中長期的にやっぱりきっちりと立ててどうしていくというのを示してほしいな、あるいは考えていただいておるだろうけども、この場で披露していただきたいな。

 それから、合併直座にころころころころ施策が変わっていくというのは非常にギャップが高くなりますので、先ほど申しましたけども、この負担が及ぼす市の財政への影響についてどういうふうに判断されているのかお聞かせ願いたいといふうに思います。

 以上、2点お願いします。



○議長(立入勲君) 

 市長、答弁。



◎市長(谷畑英吾君) 登壇

 23番、石原議員の質疑にお答えをいたします。

 1点目といたしまして、中長期的にどう考えるかというご質疑でございました。

 石部医療センターが設置された経過につきましては、先ほど議員がおっしゃったとおりでございますけれども、つくられた当初は周辺の開業医の状況を見極めた上で必要性があったということで設置をされてきたと理解をしているところでございます。

 それが先日もまた石部地域で1軒開業をされるということでごあいさつに来られましたけれども、そういった形で石部医療センターが設置されたときと、その周辺の環境は多分変わってきているんではないかなと思っております。

 そうした中で、やはり石部医療センターが担うべき使命、役割、そういったところが明らかにならなければならないというところでございまして、その分につきましては、公的医療機関としての医療サービスをきちんと提供していくということが大事なのではないかなと思っているわけでございます。

 先ほど来いろいろな御議論があったわけでありますけれども、医療サービスが後退するというわけではなくて、今ある医療資源をすべて使い切っていない、その部分についてやはり効率化で見直しをして、その部分で浮いたものをほかの市の施策に転換をしていくということが非常に大事なのではないかなというふうに考えているわけでございます。

 そういった点におきまして、先ほどの2点目で市の財政の影響ということとあわせましてご答弁申し上げますと、先ほど課長が申しておりましたように、来年度の繰入額が幾らぐらいになるかということでありますけれども、先般、来年度予算の案につきましては取りまとめをさせていただいたわけでありますけれども、その中で担当の課より挙がってまいりました額と見込みといたしましては、繰入額が1億円というところで現在は考えているということでございます。

 ですから、先ほど石原議員申されましたように、住民福祉という側面からやはり繰り入れというものをゼロにするというわけにはいかないと思っております。そして、健康福祉部長が答弁いたしましたように、健康増進という面においての役割という部分も担っているわけでありますので、そういった点につきましてやはり今後も経営状況というのはきちんと見ていく必要があるというふうに考えているわけでございます。

 それと、やはりこの石部医療センターというのがこれまで旧石部町の医療施設というふうに思われている節が非常に強いわけでありますけれども、実は旧甲西町地先におきましても利用者が多いわけでありまして、石部町に住んでおられた方だけが利用していたというわけではないということもありまして、先ほど医療圏において医療施設のサービスということは考えるべきだというふうに答弁をさせていただいたわけでございます。

 ですから、そういったものも含めまして甲賀病院の問題等もございますので、医療圏を含めての計画見直しということを今後は考えていく必要があろうかなと思っているわけでございます。

 以上です。



○議長(立入勲君) 

 ほかに質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 

 これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。

 討論はありませんか。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

 13番、大久保英雄君。



◆13番(大久保英雄君) 

 私は、この議案に反対する立場で討論を行います。

 長年旧石部町が大事に育ててきた医療センター、病院を廃止する。そして、有床診療所と言っていますけれども、19年度にはもう無床にするということがありありとうかがえる先ほどの質疑でありました。私は、具体的な数字を委員会ではなくて、ここに出していただいて全員の議員の皆さんのものとしてしっかり判断をしていかなければならない。市長の話にもありましたように、この医療センターは旧柑子袋、あるいは平松、針等からも受診に来られている。そういうデータも出していただきたいというふうに思います。何よりも湖南市の病院として発展させることを大きく後退をしてしまったということについて。

 もう1点は、管理運営規則が同時にしっかり整備をされていないのに早々と提出をされる。こういう拙速な議論に私はどうしてもついていけない。あるいは国保会計に移管をするというふうになっていますけれども、企業会計でしっかりと収支をはっきりさせてきたのに今度は国保会計に入れる。そうすると国保会計を今度は圧迫する。国保税の値上げにもつながりかねないというふうに思うわけであります。

 診療所に変わって初診料、あるいは再診料のことがどうなるのかいうことも質疑にはなかったわけでありますけれども、時間のせいで。私はもっと聞こうと思っていたんですが、時間のせいで大きく質疑が制限された。

 したがいまして、しっかりと質疑が不十分ということで、あるいは医療を大きく病院として発展させることを放棄をしたこの条例改正案に私は反対をいたします。

 以上です。



○議長(立入勲君) 

 次に、原案に賛成者の発言を許します。

 賛成討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 

 これで討論を終わります。

 これから議案第3号を採決します。

 議案第3号、湖南市国民健康保険診療所の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

     (起立多数)



○議長(立入勲君) 

 御着席願います。

 起立多数です。

 したがって、議案第3号、湖南市国民健康保険診療所の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決されました。



○議長(立入勲君) 

 暫時休憩いたします。

 再開は午後1時15分に再開いたします。



△休憩 午後0時16分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開 午後1時15分



○議長(立入勲君) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。



△日程第4.議案第1号 湖南市国民健康保険減債基金条例の制定について



○議長(立入勲君) 

 日程第4、議案第1号、湖南市国民健康保険減債基金条例の制定についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 市長。



◎市長(谷畑英吾君) 登壇

 議案第1号、湖南市国民健康保険減債基金条例の制定について。

 本案は、石部医療センターを平成18年度より国民健康保険診療所として運営することに伴い、現在の医療センター施設に係る起債償還のための積立金を新たに減債基金として積み立てるため、基金条例の制定を行うものであります。

 よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(立入勲君) 

 これから質疑を行います。

 質疑ありませんか。

 12番、坂田政富君。



◆12番(坂田政富君) 

 ちょっとお聞きしたいんですが、この国民健康保険減債基金の条例でございますが、これでいきますと第6条の1はどういうふうに解釈したらいいのかということですが、経済事情の著しい変動などにより財源が著しく不足する場合において、市債の償還及び利息の支払いの財源に充てると、こうありますが、ここのところの解釈、これを申しますのは、一般的にそういったところの財政事情の変動、財源が苦しくなったというように解釈する、そういう分もあるのではないかと、こう思うんですね。特定したところの問題をあらわすような文章ではないというふうに思うんですが、そこのところをひとつお聞かせ願いたいと思います。

 それから、基金の問題におきましては、16年度の決算でいきますと石部では4,900万円、旧甲西においては3,074万7,044円、こんなふうな基金というふうになっておりますが、こういったところの基金と減債基金、この部分について、今までの基金との関係をきちっと説明を願いたいと思います。



○議長(立入勲君) 

 地域医療推進課長、答弁。



◎地域医療推進課長(鎌倉康廣君) 登壇

 それでは、まず1点目の減債基金条例の中の第6条の第1号の経済事情の著しい変動等により財源が著しく不足する場合という条文についてでございますけれども、このことにつきましては、等という文言も入っておりますので、例えばの場合、病院事業、それから医療事業を進めていく中で、何か大きな災害事等々がございましたら、大変そういった場合に収益的な影響を受けたりするおそれもございます。一例でございますけども。そういった際に収入が著しく少なくなったりする場合には、市債の償還等どうしても充てざるを得ないというような場合も生じることも考えられると思いますので、そういった範疇でお考えいただいたらどうかなというふうに思います。

 それから、減債の状況でございますけれども、今日まで石部の医療センターの積立金の状況につきましては、決算書等でお示しを申し上げておりますけれども、前年度の決算書の中で申し上げますと、一応減債積立金の金額が現在6,100万円、それから利益積立が4,600万円、合わせて1億700万円ございます。そういう中でこれらの積立金についての18床の診療化後の積み立てについてということでお考えいただきたいなというふうに思っております。

 以上でございます。



○議長(立入勲君) 

 ほかに質疑ありませんか。

 12番、坂田政富君。



◆12番(坂田政富君) 

 お答え願ったわけですが、この経済的事情の著しい変動により財源が著しく不足する場合、こういうことを言われて市債の償還及び利息というふうになっておるわけですが、こういったところにおいては、今、他にもやはりそういった災害などを含めてお答えがあったわけですが、そうすれば当初に戻ってこの積み立てしていく減債基金、これの目的は一体何やと、ここをしっかりとひとつお答え願いたいと思うんです。

 一般的にこういったところの取り崩し、こういうものがされる、私は何だかんだのそういう理由がつけられてやられる可能性がある。いわゆる国保財源のそういうふうに限定する、そういう内容のものでなければならないと考えるわけですが、そういう点ではもう一度答弁をしていただきたい。変動などにとなどが入っているからという部分について言われましたけども、私は非常に当初にこういったものをつくられる理由ですね、なぜこんなものをつくらなければならないのかという問題として私は問題提起しておりますので、きちっとお答え願いたいと思います。



○議長(立入勲君) 

 地域医療推進課長、答弁。



◎地域医療推進課長(鎌倉康廣君) 登壇

 まずもって減債の目的がいかなるものかということになろうかと思いますけれども、いわゆる企業債として石部の医療センターの場合、今までお金を借りております。内容的には、本館を建てました際とか、それから医師住宅の建物とか、整形外科を整備した際での借入金が、これは18年の今年の3月末現在になりますけれども、約2億円余りまだ残っているところでございます。今日まで毎年この元金と、それから利息等を償還しておるわけですけども、金額的にも年間で返済します額がかなり利子だけでも17年度中で700万円余りというような額もかなり金額がございます。そういった額を返済していかなければならないということがございます。

 したがいまして、先ほどのような何か予測しないようなことが起こって建物が仮に4月2日に倒壊したというようになってまいりますと、当然診療事業がなかなかできなくなってまいりますので、そういった際に収益が伴わないという結果が出てまいってきてすぐにもそういう設備等も含めた改修ができないということになってまいりますと、当然この減債積立金が逆に生きてくるというようなことではなかろうかと、そういうことでございます。

 以上です。



○議長(立入勲君) 

 ほかに質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 

 これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 

 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

 これから議案第1号を採決します。

 議案第1号、湖南市国民健康保険減債基金条例の制定については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

     (起立多数)



○議長(立入勲君) 

 御着席願います。

 起立多数です。

 したがって、議案第1号、湖南市国民健康保険減債基金条例の制定については、原案のとおり可決されました。



△日程第5.議案第2号 湖南市特別会計条例の一部を改正する条例の制定について



○議長(立入勲君) 

 日程第5、議案第2号、湖南市特別会計条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 市長。



◎市長(谷畑英吾君) 

 議案第2号、湖南市特別会計条例の一部を改正する条例の制定について。

 本案は、特別会計で処理をしてきた笹ヶ谷霊園の管理を一般会計で行うよう笹ヶ谷開発特別会計を廃止するため、特別会計条例の一部を改正するものであります。

 笹ヶ谷開発特別会計につきましては、工場用地及び霊園の造成を目的として昭和55年に設置されたもので、近年は霊園もすべて貸付がなされ、管理を行うのみとなり、特別会計としての存立意義がなくなったことから、一般会計で処理することとし、あわせて霊園管理基金についても一般会計に属する基金とするものであります。

 よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(立入勲君) 

 これから質疑を行います。

 質疑はありませんか。

 13番、大久保英雄君。



◆13番(大久保英雄君) 

 1点お伺いをいたします。

 笹ヶ谷の霊園につきましては、当初この霊園が必要だということで大変な区画を整備をされて現在に至っているというふうにお聞きをしています。これからますます需要がふえるというふうに見るわけでありますけれども、この墓地の開発について、これで湖南市としては墓地の開発についてはもうやめるのか、民間に任せてしまうのか。私は市としての墓地、新たに開発計画があれば開発をしなければならないと思うわけですけども、そこに移行するべきだと思うんですが、今後の予定について伺いたいというふうに思います。



○議長(立入勲君) 

 市民生活部長、答弁。



◎市民生活部長(川合清蔵君) 登壇

 今、市長の方から提案説明がございましたように、55年に整備して今日まで944個の区画を行ってまいりましたが、さきの全員協議会でも申し上げましたように3個を残して941区画を完売いたしております。そうしたことから、今回、条例に出させていただいたような措置を講じていきたいというふうに考えているところでございますが、今後につきましては、当時開発した整備の経緯を踏まえながら、今後どうあるべきかということを今後の検討課題として取り組んでまいりたいと、かように思います。

 以上です。



○議長(立入勲君) 

 ほかに質疑ありませんか。

 13番、大久保英雄君。



◆13番(大久保英雄君) 

 お聞きをいたしました。今後については検討課題だと、会計については一般会計に移行するということなんで、市のいわゆる当局の墓地に対する姿勢というのがもう一つはっきりわからない。それで石部地域はまた別の墓地がたくさんあるわけでありますけども、せっかく旧甲西で墓地を提供してきた。高い永代管理料まで払っているわけでありますけども、今後の予測、検討課題というふうにお聞きしましたけども、収拾の方向に向かっているのか、新しく需要がある限りやっていくのか、大体のところもわかりませんか、伺いたいと思います。



○議長(立入勲君) 

 市民生活部長、答弁。



◎市民生活部長(川合清蔵君) 登壇

 この特別会計の事業と現在の特別会計の予算の中身がどのような状況になっているかということで、当初、昭和55年に特別会計を設けこの事業に取り組んできたところでございますけども、いわゆるこの事業が終着を見たということから、一般会計に組み入れていくと。ただし、剰余金については、現在ある基金と特別会計の基金を合算した管理をしていくということでございます。

 このことはさきの委員会でも自治法に基づいた予算措置の流れを取り入れさせていただいたということでございますし、今後の計画につきましては、現在の笹ヶ谷霊園の場所ではいわゆる周囲には山林は残っておるわけでございますけども、保安林等々の関係もございまして、その場所での計画は難しいようにお聞きしております。

 それと、さらに議員がご指摘のございました湖南市として旧の甲西の霊園、そして、石部の墓地等々も考慮しながら、市として今後どうあるべきかということを考えていかなければならない。

 よって、市としては、今後必要でないというわけにはいきませんので、何らかの形で取り組んでまいらなければならないというふうに考えております。

 以上です。



○議長(立入勲君) 

 ほかに質疑ありませんか。

 12番、坂田政富君。



◆12番(坂田政富君) 

 質疑をいたします。

 笹ヶ谷の開発特別会計の閉鎖、廃止、こういうことで実際のこういった議案になってきているわけですが、今、経過の報告があったわけですが、私、ちょうど議員やって間もないので30年ほど経過していると思いますね。そういう中でつくられてきたところで議論をしてきたところをちょっと紹介しますと、当初、園田町長がその当時の工事、開発をやられたわけですが、中小企業工業団地とあわせて墓地公園を開発された。そのときになぜ中小企業団地と一緒にするんだと私は本会議で質問もいたしました。する必要ないじゃないかと、墓地が必要だったら墓地だけでいいじゃないかと、こう言ったときに、中小企業団地のそういったところでの余剰金、売れたときに余剰金があれば、この使用料、こういったものへ還元していくんだと。つまり永代使用料の高いという問題を指摘して、安くせいと、こういうことを重ねて質問したら、そういうような話が出ました。

 そういうところでその経過からいきますと、実際には今度はそれが一般会計へ、高い使用料そのもので、そこの工業団地の余剰金が入れられるとか、そんな話じゃなくて、実際には墓地が非常に高いと。こういう中で余剰金が出てきた中で、それが一般会計に入れられると、こういう問題について、私はその流れからいって非常に問題だというふうに思っております。

 と申しますのは、そこに永代使用料を支払って使用されている方々への還元が妥当やと、私はこういうふうに考えています。それとももう一つは、次期そういった墓地が必要というふうに言われるのであれば、これから検討と言われていますが、今後のそういったところへの市民の皆さんの要望にこたえた墓地政策、こういったところへのやっぱり還元が必要かなと、私はこのように考えるわけですが、そこの点での流れからいきまして、こういった条例改正ですね、非常に流れから歴史を見ましてもおかしいじゃないかという疑問を持っております。それについてひとつお答えを願いたいと思います。



○議長(立入勲君) 

 市民生活部長、答弁。



◎市民生活部長(川合清蔵君) 登壇

 議員も御承知のように、剰余金につきましては、特別会計、基金会計合わせて16年度決算におきましては1億3,121万3,954円という合算の剰余金があるわけでございますが、先ほど来申し上げておりますように、この現在の霊園事業が一定の方向を見たということから、予算的な措置を自治法上に基づきまして精査するということでございますので、現在の剰余金1億3,100何がしにつきましては基金で保管をしていくと。

 今後のそうした必要か必要でないのかいうことにつきましては、今後、研究課題として取り組んでまいりたい。そうしたときにこの剰余金を投資させていただくと。

 ただ、決算・予算見ていただきますと、年間500万円程度の維持管理が必要となってくるということでございますし、約25年もすればこの剰余金がなくなってしまうということも当然考えて今後の取り組みを行ってまいらなければならないと、このように考えます。

 以上です。



○議長(立入勲君) 

 ほかに質疑ありませんか。

 12番、坂田政富君。



◆12番(坂田政富君) 

 質疑をさせていただくときに経過も私は何も作り話を言ってるんじゃございませんので、経過を見たときに当然としてそういった使用者、こういったところへのやっぱり還元は今後見ていかなきゃならんというのがはっきりするわけですが、この基金からいきますと、基金で保管すると言われますけれども、取り崩しの問題で限定されるのか、ここのところを私はお答え願いたいと申し上げておりますので、ひとつお答えください。



○議長(立入勲君) 

 市民生活部長、答弁。



◎市民生活部長(川合清蔵君) 登壇

 この基金会計につきましては、霊園に対する特別基金でございますので、今後、投資するとすれば、その事業に投資をしていくということでご理解いただきたいと思います。

 以上です。



○議長(立入勲君) 

 ほかに質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 

 これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 

 討論なしと認めます。

 これから議案第2号を採決します。

 議案第2号、湖南市特別会計条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

     (起立多数)



○議長(立入勲君) 

 御着席願います。

 起立多数です。

 したがって、議案第2号、湖南市特別会計条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決されました。

 以上で本日の日程は全部終了しました。

 会議を閉じます。

 平成18年2月湖南市議会臨時会を閉会します。



△閉会 午後1時41分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第123条第2項の規定により下記に署名する。

                            平成18年2月21日

                 湖南市議会議長   立入 勲

                 湖南市議会議員   鵜飼八千子

                 湖南市議会議員   鈴木美智枝