議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 湖南市

平成17年 11月 臨時会 11月07日−01号




平成17年 11月 臨時会 − 11月07日−01号







平成17年 11月 臨時会



        平成17年11月湖南市議会臨時会会議録

                      平成17年11月7日(月曜日)開会

1.議事日程

  第 1.仮議席の指定

  第 2.議長の選出

  〔追加〕

  第 1.議席の指定

  第 2.会議録署名議員の指名

  第 3.会期の決定

  第 4.副議長の選挙

  第 5.議発議案第6号 湖南市議会委員条例の一部を改正する条例の制定について

  第 6.常任委員会委員の選任

  第 7.議会運営委員会委員の選任

  第 8.甲賀広域行政組合議員の選挙

  第 9.公立甲賀病院組合議員の選挙

  第10.議案第88号 湖南市特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について

  第11.議案第89号 湖南市職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について

  第12.議案第90号 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて

  第13.議案第91号 監査委員の選任につき同意を求めることについて

  第14.議員派遣について

  第15.委員会の閉会中の調査の申し出について

1.会議に付した事件

  臨時議長紹介

  市長あいさつ

  諸般の報告

  日程第 1.仮議席の指定

  日程第 2.議長の選出

  追加日程第 1.議席の指定

  追加日程第 1.会議録署名議員の指名

  追加日程第 3.会期の決定

  追加日程第 4.副議長の選挙

  追加日程第 5.議発議案第6号 湖南市議会委員条例の一部を改正する条例の制定について

  追加日程第 6.常任委員会委員の選任

  追加日程第 7.議会運営委員会委員の選任

  追加日程第 8.甲賀広域行政組合議会議員の選挙

  追加日程第 9.公立甲賀病院組合議会議員の選挙

  追加日程第10.議案第88号 湖南市特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について

  追加日程第11.議案第89号 湖南市職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について

  追加日程第12.議案第90号 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて

  追加日程第13.議案第91号 監査委員の選任につき同意を求めることについて

  追加日程第14.議員派遣について

  追加日程第15.委員会の閉会中の調査の申し出について

1.会議に出席した議員(24名)

    1番  金谷健治君      2番  山本吉宗君

    3番  松本浩有君      4番  上野雅代君

    5番  植中 都君      6番  赤祖父裕美君

    7番  伊地智良雄君     8番  上西 保君

    9番  大継健藏君     10番  望月 卓君

   11番  田中文子君     12番  坂田政富君

   13番  大久保英雄君    14番  桑原田郁郎君

   15番  鵜飼八千子君    16番  鈴木美智枝君

   17番  谷 靖啓君     18番  森  淳君

   19番  松山克子君     20番  福島清彦君

   21番  中村武治君     22番  矢野進次君

   23番  石原善春君     24番  立入 勲君

1.会議に欠席した議員

     なし

1.会議に出席した説明員

     市長                谷畑英吾君

  委任説明員

     助役                中津 勇君

     収入役               上西佐喜夫君

     教育長               奥村容久君

     代表監査委員            園田光昭君

     総務部長              小菅富夫君

     市民生活部長            川合清蔵君

     健康福祉部長            服部祥雄君

     産業建設部長            谷口忠一君

     地域調整局長

                       中村善太郎君

     (兼保健福祉課事務取扱)

     教育部長              山中恒男君

     改革推進課長            倉田幸夫君

     財務課長              谷口繁弥君

     都市計画課長            高田 薫君

1.議場に出席した事務局職員

     局長                奥村 修君

     書記                緩利哲也君



△開会 午前10時10分



◎議会事務局(奥村修君) 

 それでは、皆さん、おはようございます。

 ただいまから臨時会の段取りをさせていただきます。

 今臨時会は、一般選挙後初めての議会でありますので、議長が選挙されるまでの間、地方自治法第107条の規定により出席議員の中で年長の議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。

 つきましては、出席議員中、松本浩有議員が年長の議員でありますので、ご紹介を申し上げます。

 松本議員、議長席の方へご登壇をお願い申し上げます。

     (年長議員 松本議員、議長席に着く)



○臨時議長(松本浩有君) 

 ただいまご紹介いただきました松本浩有であります。

 地方自治法第107条の規定により、臨時に議長の職務を行います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 開会に先立ちまして、市長のごあいさつを行います

 お願いします。

 市長。

     (市長あいさつ)



◎市長(谷畑英吾君) 

 おはようございます。本日11月臨時会を招集いたしましたところ、去る10月23日に執行されました湖南市最初の市議会議員一般選挙において、市民の皆さんの厳粛な信託を得られた24人の市議会議員の皆さんがこの議事堂にご参集いただくことができました。

 まずは、厳しい選挙戦を勝ち抜かれました皆様方に対しまして、衷心よりお祝いを申し上げます。

 さて、議会制の発祥は、1265年のイギリスであったと言われますが、議会ができた理由は2つであったそうであります。1つは国王が貴族に租税を課すために一堂に貴族の代表を集めて議論させ、そこで認められればそのほかの議員、貴族全員の合意も取れたものみなす、つまり民を問うのでなく、徴税の方便としたことであります。

 もう1つは、貴族の側が国王に勝手に課税されてはたまらないと、自分たちで特権、つまり既得権益を守るために議会の招集を望んだということです。当時も今もヨーロッパは契約社会ですから、契約公開の手段としての議会制が誕生したことになります。当初は、上院である貴族院が力を持っていましたが、しばらくすると下院である庶民院が貴族院を圧倒し始めます。

 しかし、この庶民院を構成する議員も庶民ではなく、純貴族や封建地主であり、こうした人々がローマ教会と対立する国王ヘンリー八世を支援し宗教改革をなし遂げ、議会の地位を確立したとされております。

 それに対し、かの女王エリザベス一世は、絶対君主でありながら議会の言論の自由を尊重し、言論の府たる議会を生み出しました。その後、普通選挙制を採用するに至り、議会を通じて表れる意思が一般市民の意思を代表するようになりましたが、やはり議会における出生の秘密は課税の是非を問う、すなわち予算議決権にあると言えます。

 我が国においても戦前に陸軍大将林銑十郎が内閣を組織し、低姿勢のままに予算を通過させた直後、食い逃げ解散と言われる懲罰解散をしましたが、その選挙の結果が解散前とほぼ同じであり、総辞職せざるを得なかった歴史があります。議会の意思は軍部内閣をも止めることができるほど強力であったということであり、予算議決権の重要性はここにあると思います。

 ところで、長らく低迷しておりました我が国経済は、東証株価が1万4,000円台を回復したことに象徴されるがごとく、着実に力をつけつつあるように見受けられます。滋賀県においても有効求人倍率が1を前後するなど、ようやく経済も安定性を見せるようになってまいりました。

 しかし、民間経済の復活にどうしてもワンテンポおくれるのが公経済の宿命であります。特に、我が国全体の財政が硬直化し、いわゆる三位一体の改革が加速度を増す兆しを見せる中において、これまで湖南工業団地の果実の上にあぐらをかき、漫然と支出を増やしてきた旧甲西町、財政力指数が低く、国の財政移転に大きく依存して、身の丈以上の財政出動を図ってきた旧石部町、それぞれが抱えた課題は、満1歳の誕生日を迎えた湖南市の双肩にずしりと重くのしかかっております。限られた財源は無数の水道の蛇口からちょろちょろと流れ続け、貯水量を減らし続けるとともに、全体の水圧を低めることで、本当に困ってる市民に水が行き届かないという可能性を生み出しております。

 先ほど申しましたささやかな景気会回復は、財政回復にはほど遠いのが現状であり、貯水量を増やし、水圧を高める高めるためには、むだな蛇口を閉じる必要も生じてまいります。

 賢明な議員の皆さんは、既にご理解をいただいていると思いますが、合併をすることができなかった余呉町の生き残りを掛けた核燃料廃棄物処理施設誘致騒ぎや、合併初年度に大きな予算を組んだ甲賀市や高島市の方針転換など、極めて厳しい地方財政の状況は、本市財政にも例外なく及んでまいります。無責任な財政出動、予算編成は現役世代のみならず、将来世代の市民に対する責任を果たすことにはなりません。

 こうした財政危機に対応するべく、平成18年度予算編成においてはこれまでのような積み上げ要求方式や前例踏襲方式や取りやめ、各部局長に大胆に予算編成権限と責任を渡す、部局枠予算編成方式をとることといたしました。

 市長としての方針は明確に示すとともに、各部局長の才覚と力量により、効果的かつ効率的な予算編成を行ってまいります。来年度も今年に増して極めて厳しい予算となることが予想されますが、予算案の編成状況につきましては、あらかじめ議員の皆さんにも説明の機会を設けていきたいと考えておりますので、編成までに十分な議論を期待するものであります。

 予算に限らず各種計画や新しい条例案などにつきましても、これまで以上で十分に情報を提供し、市議会としての責任ある議論をお願いするものでありますが、新たな取り組みともなりますため、事務当局にふなれな点が生じる可能性もありますことをあらかじめおわび申し上げたいと思います。

 いずれにいたしましても、議会におかれましては、今ここだけが良ければそれでよいという刹那的な考え方ではなく、あらゆる事態が複雑に絡み合う社会でのあらゆる側面への影響を理解し、10年後、20年後の湖南市を見通した上での建設的かつ大局的な議論をお願い申し上げまして、初議会の招集に際してのごあいさつといたします。

 どうかこれからもよろしくお願いを申し上げます。



○臨時議長(松本浩有君) 

 ありがとうございました。

 それでは、開議の宣告をいたします。

 ただいま出席議員は24人です。

 定数に達しておりますので、これから、平成17年11月湖南市議会臨時会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程をお手元に配付しておきましたから、ご了承願います。



△日程第1.仮議席の指定



○臨時議長(松本浩有君) 

 日程第1、仮議席の指定を行います。

 仮議席はただいま着席の議席とします。



△日程第2. 議長の選挙



○臨時議長(松本浩有君) 

 日程第2、議長の選挙を行います。

 選挙は投票で行います。

 議場の閉鎖を命じます。

     (議場を閉める)



○臨時議長(松本浩有君) 

 ただいまの出席議員数は24人であります。

 次に立会人を指名します。

 会議規則第32条第2項の規定によって、1番、金谷健治議員及び2番、山本吉宗議員を指名します。



○臨時議長(松本浩有君) 

 投票用紙を配布します。

 投票は単記無記名です。白紙は無効といたします。

     (投票用紙の配布)



○臨時議長(松本浩有君) 

 投票用紙の配布漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○臨時議長(松本浩有君) 

 配布漏れなしと認めます。

 投票箱を点検します。

     (投票箱の点検)



○臨時議長(松本浩有君) 

 異常なしと認めます。

 ただいまから投票を行います。

 議席番号1番から順番に投票願います。

     (投票)



○臨時議長(松本浩有君) 

 投票漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○臨時議長(松本浩有君) 

 投票漏れなし、と認めます。

 投票を終了いたします。

 開票を行います。

 1番、金谷健治議員及び2番、山本吉宗議員開票の立会人をお願いします。

     (開票)



○臨時議長(松本浩有君) 

 選挙の結果を報告します。

 投票総数24票

 有効投票24票

 無効投票 0票

 有効投票のうち、

 立入 勲議員19票、坂田政富議員3票、石原善春議員1票、森 淳議員1票

 以上のとおりです。

 この選挙の法定得票数は6票です。

 よって、立入 勲議員が議長に当選されました。



○臨時議長(松本浩有君) 

 それでは、議場の閉鎖を解きます。

     (議場を開く)



○臨時議長(松本浩有君) 

 ただいま議長に当選されました立入 勲議員が議場におられますので、会議規則第33条第2項の規定によりまして、当選の告示をします。

 立入 勲議員、就任のごあいさつをお願いします。

 壇上の方へお願いします。



○新議長(立入勲君) 登壇

 今回の議会人事におきまして、議員の皆様方の温かなご支援とご協力をいただきまして、私が議長という大役を仰せつかりました。もとより微力な者ではございますが、合併後の湖南市の発展のために全力を尽くして頑張ってまいりたいと思っております。

 そしてまた、議員の皆様方並びにまた執行部の皆様方のご指導とご協力をいただきながら中立、公正な立場で議会運営に努めてまいりたいと、このように考えておりますので、どうかひとつ皆様方の温かな、またご支援、ご協力をお願いいたしまして、まことに簡単ではございますが、今回の就任に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。

 どうも皆様、ありがとうございました。



○臨時議長(松本浩有君) 

 以上で、臨時議長の職務を終了しました。

 ご協力ありがとうございました。

 それでは、立入 勲議長、自席によろしくお願いいたします。

 議長席の方によろしくお願いいたします。

 どうもありがとうございました。

     (議長 議長席に着く)



○議長(立入勲君) 

 それでは、このあと、引き続き議会人事を行いますので、説明員の方は、改めてご連絡させていただくまでご退席ください。

 休憩します。

 なお、議員の皆様は、副議長選挙立候補の意思表示確認を行いますので、議員控室にお集まりください。



△休憩 午前10時37分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開 午前11時03分



○議長(立入勲君) 

 休憩前に引き続き、会議を開きます。



△諸般の報告



○議長(立入勲君) 

 この際、諸般の報告をします。

 監査委員から平成17年8月分及び9月分に関する例月出納検査の結果報告がありましたので、写しをお手元に配布しておきましたからご了承願います。

 次に、市長から、委任専決処分事項の報告について、提出がありましたので、あらかじめ配布しておきましたからご了承願います。

 次に、本臨時会の説明員として出席を求めました者の職、氏名の一覧表をお手元に配布しておきましたからご了承願います。

 これで、諸般の報告を終わります。



○議長(立入勲君) 

 お諮りします。

 この際、別紙議事日程表のとおり日程を追加し、議題としたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 

 異議なしと認めます。

 よって、別紙のとおり日程を追加し、議題とすることに決定しました。



△追加日程第1.議席の指定



○議長(立入勲君) 

 追加日程第1、議席の指定を行います。

 議席は会議規則第4条第1項の規定によりお手元に配りました議席表のとおり指定します。



△追加日程第2.会議録署名議員の指名



○議長(立入勲君) 追加日程第2、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は会議規則第120条の規定によって1番、金谷健治議員及び2番山本吉宗議員を指名します。



△追加日程第3.会期の決定



○議長(立入勲君) 

 追加日程第3、会期の決定を議題とします。

 お諮りします。

 本臨時会の会期は、本日限りにしたいと思います。

 ご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 

 異議なしと認めます。

 従って、会期は本日限りと決定しました。



△追加日程第4.副議長の選挙



○議長(立入勲君) 

 副議長の選挙を行います。

 選挙は投票で行います。

 議場の閉鎖を命じます。

     (議場を閉める)



○議長(立入勲君) 

 ただいまの出席議員数は24人であります。

 次に、立会人を指名します。

 3番、松本浩有議員及び4番、上野雅代議員を指名します。



○議長(立入勲君) 

 投票用紙を配布します。

 投票は単記無記名です。白紙は無効といたします。

     (投票用紙の配布)



○議長(立入勲君) 

 投票用紙の配布漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 

 配布漏れなしと認めます。

 投票箱を点検します。

     (投票箱の点検)



○議長(立入勲君) 

 異常なしと認めます。

 ただいまから投票を行います。

 議席番号1番から順番に投票願います。

     (投票)



○議長(立入勲君) 

 投票漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 

 投票漏れなし、と認めます。

 投票を終了いたします。

 開票を行います。

 3番、松本浩有議員及び4番、上野雅代議員、開票の立ち合いをお願いいたします。

     (開票)



○議長(立入勲君) 

 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数24票

 有効投票24票

 無効投票 0票

 有効投票のうち、福島清彦議員19票、大久保英雄議員3票、森 淳議員2票

 以上のとおりです。

 この選挙の法定得票数は6票です。

 よって、福島議員が副議長に当選されました。



○議長(立入勲君) 

 議場の閉鎖を解きます。

     (議場を開く)



○議長(立入勲君) 

 ただいま、副議長に当選されました福島議員が議場におられます。会議規則第33条第2項の規定により、当選の告知をします。

 福島議員、就任のごあいさつをお願いいたします。



◆新副議長(福島清彦君) 登壇

 皆様方のご好意とご推挙によりまして、第2代目になるんですか、湖南市の副議長という大任を仰せつかることになりました。大変身が引き締まる思いがいたしております。

 先ほど、全員協議会において立候補表明の中で3点ほど申し上げましたそれに少しでも近づけるように努力をしてまいる所存でございます。議員各位の皆様方のご協力をよろしくお願いを申し上げ、お礼の言葉と今後の私の抱負にさせていただきます。

 どうもありがとうございました。



△追加日程第5.議発議案第6号 湖南市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について



○議長(立入勲君) 追加日程第5、議発議案第6号、湖南市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 22番、矢野進次議員。



◆22番(矢野進次君) 提案理由の説明をさせていただきます。

 ただいま議題となりました議発議案第6号、湖南市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定についての提案説明を行います。本件につきましては、湖南市発足当時の議員在任特例期間が終了し、議会定数が36人から24人に変更となったことに伴い常任委員会の委員定数を改正する必要があるため改正するものであります。本条例の改正により常任委員会の定数は、総務、民生、文教、産業建設各常任委員会とも9人から6人になります。

 議員各位におかれましては本案の趣旨をご理解いただきまして、よろしくご賛同賜りますようお願い申し上げ、提案説明といたします。以上です。



○議長(立入勲君) これから質疑を行います。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 質疑なしと認めます。

 これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。

 討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

 これから議発議案第6号を採決します。

 議発議案第6号、湖南市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定については原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

     (全員起立)



○議長(立入勲君) ご着席願います。

 全員起立です。

 したがって、議発議案第6号、湖南市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定については原案のとおり可決されました。

 暫時休憩します。

 この後、議長室におきまして選考委員会を開催しますので選考委員の方は議長室へお集まりください。



△休憩 午前11時06分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開 午前11時22分



△追加日程第6.常任委員会委員の選任について



○議長(立入勲君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 追加日程第6、常任委員会委員の選任を行います。

 お諮りします。

 常任委員の選任については委員会条例第8条第1項の規定によってお手元に配布しました名簿のとおり指名したいと思います。

 ご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 異議なしと認めます。

 従って、常任委員会委員はただいま指名しましたとおり専任することに決定しました。

 この際お諮りします。

 議長である私から常任委員会委員を辞退させていただきたく、お願い申し上げます。ご承知のとおり議長をつかさどる立場にあり、議会全体をおさめる立場でもありますので、行政実例に照らし、文教常任委員会委員を辞退したいと思います。本件に対してご同意いただきたいと思います。

 ご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 異議なく、ご同意いただきましたので、文教常任委員会委員を辞退させていただきました。



△追加日程第7.議会運営委員会委員の選任について



○議長(立入勲君) 追加日程第7、議会運営委員会委員の選任を行います。

 お諮りします。

 議会運営委員会委員の専任については委員会条例第8条第1項の規定によってお手元に配布しました名簿のとおり指名したいと思います。

 ご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 異議なしと認めます。

 従って、議会運営委員会委員はただいま指名しましたとおり選任することに決定しました。



△追加日程第8.甲賀広域行政組合議会議員の選挙について



○議長(立入勲君) 追加日程第8、甲賀広域行政組合議会議員の選挙を行います。選挙は投票によって行います。

 投票に関しましてお諮りします。

 甲賀広域行政組合議会議員の選挙につきましては、5名のうち2名は正副議長とし、他の3名は選挙で定めることに申し合わせができています。

 したがって、5名のうち2名は正副議長をあて、他の3名を3名連記、無記名投票による選挙で決定したいと思います。

 ご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 異議なしと認めます。

 正副議長を除く3名を選挙で決めることに決定しました。

 議場の閉鎖を命じます。

     (議場を閉める)



○議長(立入勲君) ただいまの出席議員は24名であります。

 次に、立会人を指名します。

 会議規則第32条第2項によって、5番、植中 都議員及び6番議員、赤祖父裕美議員を指名します。



○議長(立入勲君) 投票用紙を配布します。

 投票は3名連記無記名です。

 議長、副議長は除いてください。

 白紙は無効といたします。

     (投票用紙の配布)



○議長(立入勲君) 

 投票用紙の配布漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 

 配布漏れなしと認めます。

 投票箱を点検します。

     (投票箱の点検)



○議長(立入勲君) 

 異常なしと認めます。

 ただいまから投票を行います

 議席第1号から順番に投票願います。

     (投票)



○議長(立入勲君) 

 投票漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 

 投票漏れなし、と認めます。

 投票を終了いたします。

 開票を行います。

 5番、植中 都議員及び6番、赤祖父裕美議員、開票の立ち会いをお願いいたします。

     (開票)



○議長(立入勲君) 

 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数 72票

 有効投票 64票

 無効投票 8票

 有効投票のうち、

 矢野進次議員 18票

 鈴木美智枝議員 18票

 石原善春議員 17票

 田中文子議員 6票

 松本浩有議員5票

 以上のとおりです。

 よって、矢野進次議員、鈴木美智枝議員、石原善春議員が甲賀広域行政組合議会議員に当選されました。



○議長(立入勲君) 

 議場の閉鎖を解きます。

     (議場を開く)



○議長(立入勲君) 

 ただいま、甲賀広域行政組合議会議員に当選されました矢野進次議員、鈴木美智枝議員、石原善春議員、福島清彦議員、立入 勲議員が議場におられます。

 会議規則第33条第2項の規定により当選の告知をします。



△追加日程第9.公立甲賀病院組合議会議員の選挙について



○議長(立入勲君) 

 追加日程第9、公立甲賀病院組合議会議員の選挙を行います。

 当該選挙につきましては、申し合わせにより、甲賀広域行政組合議会議員と公立甲賀病院組合議会議員は、同一人とすることになっております。

 お諮りします。

 公立甲賀病院組合議会議員の選挙につきましては、地方自治法第118条第2項の規定によって指名推せんにしたいと思います。

 ご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 

 異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法については、指名推せんを行うことに決定しました。

 指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。

 ご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議長が指名することに決定しました。



○議長(立入勲君) 

 公立甲賀病院組合議会議員に矢野進次議員、鈴木美智枝議員、石原善春議員、福島清彦議員、立入 勲議員を指名します。

 お諮りします。

 ただいま指名しました矢野進次議員、鈴木美智枝議員、石原善春議員、福島清彦議員、立入 勲議員を公立甲賀病院組合議会議員の当選人と定めることに、ご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 

 異議なしと認めます。

 したがって、ただいま指名しました矢野進次議員、鈴木美智枝議員、石原善春議員、福島清彦議員、立入 勲議員が公立甲賀病院組合議会議員に当選されました。



○議長(立入勲君) 

 ただいま、公立甲賀病院組合議会議員に当選されました矢野進次議員、鈴木美智枝議員、石原善春議員、福島清彦議員、立入 勲議員が議場におられます。

 会議規則第33条第2項の規定により当選の告知をします。



○議長(立入勲君) 

 暫時休憩をします。

 休憩中に議会運営委員会及び各常任委員会を開催します。

 はじめに、議会運営委員会を行いますので、委員の方は、議長室へお願いします。

 議会運営委員会終了後、各常任委員会を開催します。

 委員長、副委員長の互選及び広報委員の選出をお願いします。

 会議場は、総務常任委員会は議員控室、民生常任委員会は第1委員会室、文教常任委員会は第2委員会室、産業建設常任委員会は第3委員会室です。

 よろしくお願いいたします。

 なお、常任委員会終了後、各常任委員長と会派代表者の方は、広報委員の確認を行いますので、議長室にお集まりいただきますようお願い申し上げます。

 以上、休憩します。



△休憩 午後1時43分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開 午後3時00分



○議長(立入勲君) 

 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 先ほど、各常任委員会及び議会運営委員会が開かれ、各委員長、副委員長及び広報委員会委員が決まりましたので、ご報告いたします。

 総務常任委員長に森 淳議員、副委員長に山本吉宗議員

 民生常任委長に鈴木美智恵議員、副委員長に植中 都議員

 文教常任委員長に松山克子議員、副委員長に赤祖父裕美議員

 産業建設常任委員長に中村武治議員、副委員長に望月 卓議員

 議会運営委員長に石原善春議員、副委員長に松本浩有議員

 広報委員会委員に伊地智良雄議員、植中 都議員、山本吉宗議員、大久保英雄議員、桑原田郁郎議員

 を選任しましたので、報告します。

 以上、報告を終わります。



△日程第10.議案第88号 湖南市特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について



○議長(立入勲君) 

 追加日程第10、議案第88号、湖南市特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。

 本案について、提案理由の説明を求めます。

 市長。



◎市長(谷畑英吾君) 登壇

 議案第88号、湖南市特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、本案は人事院勧告により一般職の給与改定に準じて、特別職の職員の給与等を改定するものであります。改定の内容は、期末手当について年間0.05月を引き上げるもので、平成17年10月1日からの適用となっております。

 よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(立入勲君) 

 これから質疑を行います。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 

 質疑なしと認めます。

 これで質疑を終わります。



○議長(立入勲君) 

 これから討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 

 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。



○議長(立入勲君) 

 これから議案第88号を採決します。

 議案第88号、湖南市特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり決定することに、賛成の方は起立願います。

     (起立多数)



○議長(立入勲君) 

 ご着席願います。

 起立多数です。

 したがって、議案第88号、湖南市特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例制定については、原案のとおり可決されました。



△追加日程第11.議案第89号 湖南市職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について



○議長(立入勲君) 

 追加日程第11、議案第89号 湖南市職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。

 本案について、提案理由の説明を求めます。

 市長。

     (市長の説明)



◎市長(谷畑英吾君) 登壇

 議案第89号、湖南市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について、本案は人事院勧告による国家公務員の給与改定に準じて、湖南市の職員の給与等を改定するものであります。

 本年4月における官民の給与実態の調査結果において、公務員給与が民間給与を1,389円、0.36%上回り、またボーナスにおける調査結果においては、民間の年間平均支給月数が4.46月分相当であり、公務員の特別給の年間支給月数4.40月分を上回ってたものであります。

 改定の内容は、扶養手当については、配偶者の額を500円引き下げ、各給料表についても国と同様マイナス改定するものです。

 また、勤勉手当については、年間0.05月分を引き上げますが、平成17年4月1日に受けた給与に官民格差率を乗じた額を期末手当から差し引くものです。実施時期は平成17年12月1日から適用しますが、第2条の規定については、勤勉手当引き上げ分0.05月分を6月と12月の支給日時におのおの0.25月分を振り分けるものであり、平成18年4月1日から適用するものです。

 よろしくご審議のうえ、ご決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(立入勲君) 

 これから質疑を行います。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 

 質疑なし、と認めます。

 これで質疑を終わります。



○議長(立入勲君) 

 これから、討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 

 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。



○議長(立入勲君) 

 これから議案第89号の採決を行います。

 議案第89号、湖南市職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定については、原案どおり決定することに賛成の方は起立願います。

     (起立多数)



○議長(立入勲君) 

 ご着席願います。

 起立多数です。

 したがって、議案第89号、湖南市職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例くの制定については、原案どおり可決されました。



△追加日程第12、議案第90号 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて



○議長(立入勲君) 

 追加日程第12、議案第90号 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについてを議題とします。

 本案について、提案理由の説明を求めます。

 市長。



◎市長(谷畑英吾君) 登壇

 議案第90号、教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて、本案は平成17年11月17日をもって任期満了となる麻生喬之氏の後任とて、野呂昶氏を任命いたしたく、議会の同意を求めるものであります。

 野呂氏は、東寺に平成6年から在住されており、関西大学法学部を卒業後、詩人、児童文学者として全国的な活躍をされています。特に平成元年より氏の作品が小学校国語教科書に上掲され、学校教育にも深いかかわりを持っていただいております。また、講師として龍谷大学で児童文学、仏教文学を、京都の種智院大学で人間と文学の講座を持っておられます。本市の市民憲章制定委員会の委員長として、市民憲章の制定にもご尽力をいただきました。人格も高潔円満で、児童文学者としても高い評価を受けられ、専門的な経験を持っておられることから、教育委員会委員に適任であると考えております。

 よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(立入勲君) 

 これから質疑を行います。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 

 質疑なしと認めます。

 これで質疑を終わります。



○議長(立入勲君) 

 これから討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 

 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。



○議長(立入勲君) 

 これから議案第90号を採決します。

 議案第90号 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについては原案どおり決定することに賛成の方は起立願います。

     (起立多数)



○議長(立入勲君) 

 ご着席願います。

 起立多数です。

 したがって、議案第90号、教育委員会委員の任命につき同意を求めることについては、原案どおり可決されました。



○議長(立入勲君) 

 お諮りします。

 ただいま、市長から議案第91号及び議会運営委員長から委員会の閉会中の調査の件の申し出が提出されました。

 提出されました案件と議員派遣の件を別紙議事日程のとおり日程に追加し、直ちに議題にしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 

 異議なしと認めます。

 よって、議案第91号、議員派遣の件について、委員会の閉会中の調査の件の申し出についてを日程に追加し、追加日程第13、14、15号として、直ちに議題にすることに決定しました。



△追加日程第13、議案第91号 監査委員の選任につき同意を求めることについて



○議長(立入勲君) 

 追加日程第13、議案第91号 監査委員の選任につき同意を求めることについてを議題とします。

 地方自治法第117条の規定によって、23番、石原議員の退場を求めます。

     (石原議員、退場)



○議長(立入勲君) 

 本案について、提案理由の説明を求めます。

 市長。



◎市長(谷畑英吾君) 登壇

 議案第91号、監査委員の選任につき同意を求めることについて、本案は議員のうちから選任する湖南市監査委員について、平成17年10月31日をもって任期満了となった大隅三郎氏の後任として、石原善春氏を選任いたしたく、地方自治法第196条の規定により議会の同意を求めるものであります。

 よろしくご審議の上、御決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(立入勲君) 

 これから質疑を行います。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 

 質疑なしと認めます。

 これで質疑を終わります。



○議長(立入勲君) 

 これより討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 

 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。



○議長(立入勲君) 

 これから、議案第91号を採決します。

 議案第91号、監査委員の選任につき同意を求めることについては、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

     (起立多数)



○議長(立入勲君) 

 ご着席願います。

 起立多数です。

 したがって、議案第91号、監査委員の選任につき、同意を求めることについては、原案のとおり可決されました。

 23番、石原議員の入場を求めます。

     (石原議員、入場)



△追加日程第14、議員派遣の件について



○議長(立入勲君) 

 追加日程第14、議員派遣の件についてを議題とします。

 本件について、会議規則第121条の規定により、お手元に配布しておきました文書のとおり派遣したいと思います。

 ご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 

 異議なしと認めます。

 したがって、別紙のとおり派遣することに決定しました。



△追加日程第15、委員会の閉会中の調査の申し出



○議長(立入勲君) 

 追加日程第15、委員会の閉会中の調査の申し出についてを議題とします。

 お手元に配布しておきました文書のとおり、議会運営委員長から閉会中における調査の申し出があります。

 お諮りします。

 委員長からの申し出のとおり、閉会中の調査とすることに、ご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(立入勲君) 

 異議なしと認めます。

 したがって、委員会の閉会中の調査とすることに決定しました。



○議長(立入勲君) 

 以上で、本臨時会の会議に付されました事件はすべて終了しました。

 これで本日の会議を閉じます。

 平成17年11月湖南市議会臨時会を閉会します。



△閉会 午後3時15分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第123条第2項の規定により下記に署名する。

                              平成17年11月7日

                 湖南市議会議長   立入 勲

                 湖南市議会議員   金谷健治

                 湖南市議会議員   山本吉宗