議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 甲賀市

平成19年  1月 臨時会(第1回) 01月25日−01号




平成19年  1月 臨時会(第1回) − 01月25日−01号









平成19年  1月 臨時会(第1回)



       平成19年第1回甲賀市議会臨時会会期日程

                         1月25日(1日間)



月日
曜日
会議名等
審議内容


1.25

本会議
(第1日)
報告第1号
議案第1号〜議案第2号



      平成19年第1回甲賀市議会臨時会会議録(第1号)

 平成19年1月25日 午前10時00分 平成19年第1回甲賀市議会臨時会第1日目の会議は、甲賀市議場に招集された。

1.出席議員

     1番  山岡光広        2番  林 勝彦

     3番  松本昌市        4番  朏 藤男

     5番  鵜飼 勲        6番  土山定信

     7番  木村泰男        8番  酒巻昌市

     9番  藤井克宏       10番  辻 金雄

    11番  小松正人       12番  石川善太郎

    13番  加藤和孝       14番  野田卓治

    15番  福西義幸       16番  伴 資男

    17番  辻 重治       18番  河合定郎

    19番  村山庄衛       20番  中西弥兵衛

    21番  安井直明       22番  友廣 勇

    23番  白坂萬里子      24番  岩田孝之

    25番  葛原章年       26番  今村和夫

    27番  中島 茂       28番  橋本律子

    29番  山川宏治       30番  服部治男

2.欠席議員

         (なし)

3.職務のため議場に出席した者

    議会事務局長    稲葉則雄  議会事務局長補佐  原田義雄

    書記        藤村加代子 書記        平岡鉄朗

4.地方自治法第121条の規定により、説明のため出席した者

    市長        中嶋武嗣  助役        今井恵之助

    収入役       南  清  代表監査委員    相川良和

    教育長       宮木道雄  総務部長      村山富一

    企画部長      田中喜克  財政部長      杉本 忠

    市民環境部長    中山鉄雄  健康福祉部長    古川六洋

    産業経済部長    服部金次  建設部長      倉田清長

    上下水道部長    渡辺久雄  水口支所長     小山田忠一

    土山支所長     松山 仁  甲賀支所長     辻 正喜

    甲南支所長     大谷 完  信楽支所長     中西好晴

    教育委員会事務局長 倉田一良  監査委員事務局長  森田則久

    農業委員会事務局長 橋本光興  水口市民病院事務部長

                              富田博明

5.議事日程

  日程第1       会議録署名議員の指名

  日程第2       会期の決定

  日程第3 報告第1号 議会の委任による専決処分の報告について

  日程第4 議案第1号 平成18年度甲賀市一般会計補正予算(第6号)

  日程第5 議案第2号 契約の変更締結につき議決を求めることについて

6.議事の経過

          (開会 午前10時00分)



○議長(服部治男) これより、平成19年第1回甲賀市議会臨時会を開会いたします。

 ただいまの出席議員は、30名であります。

 よって、これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程については、お手元に配付したとおり編成いたしましたので、ご報告申し上げますとともに、ご了承賜りたいと存じます。

 これより、日程に入ります

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録の署名議員は、会議規則第81条の規定により、

  11番 小松正人議員及び

  12番 石川善太郎議員を指名いたします。

 日程第2、会期の決定の件を議題といたします。

 去る1月22日に議会運営委員会が開催され、本臨時会の会期について協議いただいております。その結果、議会運営委員長より、本臨時会の会期については、本日1日間とすることが適当である旨の報告をいただいております。

 お諮りいたします。

 議会運営委員長からの報告のとおり、本臨時会の会期は、本日1日間といたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(服部治男) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は本日1日間と決定いたしました。

 ここで、議案審議に先立ち、市長からあいさつの申し出がありますので、発言を許します。

 市長。



◎市長(中嶋武嗣) おはようございます。

 新玉の心を新たな中に、本日、平成19年甲賀市議会第1回臨時議会を開会をさせていただきましたところ、議員各位にはご参集をいただき、心から感謝を申し上げたいと思います。年末・年始をまたぎ、さまざまな分野でご活動をいただいておりますことに敬意を表する次第でございます。

 本日25日は、初天神であります。私も、早朝より山村天神にお参りをし、9万5,700人の市民の皆さんの幸せと安全をお祈りし、あわせて、学問事始の日を市民の皆さんとともにかみしめ、文化の薫り高き甲賀市として伸びていくことを祈願してまいりました。新鮮な思いで、ことしも市勢発展のために全力を尽くす所存でございます。

 さて、12月定例会において議決賜りました甲賀市法令順守の推進条例の4月施行に先立ち、職員の共有認識を深めるため、去る1月10日と17日の2日間、延べ4回に分けて、臨時的任用職員を含めて全職員を対象に研修会を実施いたしました。

 研修会では、条例の概要説明とともに、県警察本部刑事部捜査二課から川島不当要求対策官を講師に招き、自治体コンプライアンスと不当要求についてと題した講演をいただきましたが、またとないよい機会でありますことから、議会をはじめ関係諸団体にご案内申し上げ、議員各位にも数多くご参加を賜ったところであります。

 私も、17日、午後に出席をし、開会のあいさつの中で、いかなる不当要求にも応じないという態度は、特定するだれのものでもなく市民そのもののためであり、回り回って自分を守るためのものであり、市行政全体に毅然としたる態度で臨むことが、市民からの信頼も不動のものとなり、その大もとは、ならぬことはならぬというその心構えであり、理事者、職員一同が緊張感を持って日々の行動につなげ、職場風土の改善に努めていくべきと申してまいりました。

 次に、平成19年予算編成についてでありますが、いよいよ作業も大詰めの段階を迎えております。基本方針では、一般会計予算における歳入の積み上げ額から345億円を基準といたしておりましたが、三位一体の改革による影響が随所に見られ、特に地方交付税では予想を大幅に下回ることから、下方修正を行わなければならない状況となっております。目下、財政担当課においては最終的な調整を行っておりますものの、相当に厳しい予算になることは必至であり、新年度を控えまして、事務事業の見直しとともに効率的な組織機構や人事配置について熟慮をし、備えを整えてまいりたいと考えております。

 ところで、私は本年の仕事始めに当たり、職員に三つのことを呼びかけました。その一つは市民の目を恐れろということ、二つ目は生あることを喜べ、三つ目は機転をきかせということであります。恐れるということは、決して怖がるという意味ではなく、恐れ多いの恐れでありまして、常に納税者たる市民を敬い、謙虚な姿勢を大事にして、当たり前以上の成果を上げるような努力と生命のありがたみということを喜びながら、十分に意識しながら業務に精励すること。さらには、現場や現況を常時把握をし、どのような事態が生じようとも適切な行動がとれるよう、鋭い観察力や幅広い知識、さまざまな情報力や問題意識などを研ぎ澄ましてほしいということを伝えたところであります。これらは、輝かしい甲賀市の未来をつくる職員として常に意識をしていかなければならないものであり、この一年を通じて全職員にしっかりと浸透をさせていきたいと考えております。

 本日、ご提案申し上げますのは、専決処分の報告案件1件、平成18年度一般会計補正予算案件1件、契約の変更締結につき議決を求める案件の1件の計3議案につきましてご審議をお願いするものであります。

 各議案の詳細につきましては、上程いただきました際にご説明申し上げますが、議決をいただきました上は、速やかに所定の処理を行う必要がございますので、何とぞよろしくご審議賜りますようにお願いを申し上げまして、開会のごあいさつとさせていただきます。



○議長(服部治男) 日程第3、報告第1号 議会の委任による専決処分の報告についての件を議題といたします。

 報告を朗読させます。

          (書記報告朗読)



○議長(服部治男) 報告の説明を求めます。

 市長。



◎市長(中嶋武嗣) 報告第1号 議会の委任による専決処分の報告について、その内容を申し上げます。

 去る平成17年12月10日、甲賀市水口町ひのきが丘地先の市道笹が丘伴中山線において、市有自動車での市側の不注意により発生した交通事故によるもので、この事故の相手方である甲賀市水口町山1640番地345に在住の野原由香利さんとの和解及び損害賠償額を67万5,499円に定めることについて、地方自治法第180条第1項により専決処分をいたしましたので、同条第2項の規定に基づき報告するものであります。

 損害賠償額の内訳は、車両損害金が44万8,302円、介護福祉車両のリース代が8万1,900円、同乗者を含む相手方の治療費、通院交通費、休業損害及び慰謝料が14万5,297円であります。

 以上、報告第1号の説明といたします。

 よろしくお願いいたします。



○議長(服部治男) これより、報告第1号 議会の委任による専決処分の報告について質疑を行います。

 質疑はありませんか。

          (「なし」の声あり)



○議長(服部治男) 質疑なしと認めます。

 以上で質疑を終了し、報告第1号の報告を終わります。

 この際、日程第4、議案第1号 平成18年度甲賀市一般会計補正予算(第6号)の件及び日程第5、議案第2号 契約の変更締結につき議決を求めることについての2件を一括議題といたします。

 議案を朗読させます。

          (書記議案朗読)



○議長(服部治男) 提案理由の説明を求めます。

 市長。



◎市長(中嶋武嗣) 議案第1号 平成18年度甲賀市一般会計補正予算(第6号)及び議案第2号 契約の変更締結につき議決を求めることについてを一括上程をしていただきましたので、その提案理由を申し上げます。

 今回の補正予算(第6号)につきましては、2件の繰越明許費を定めるものであり、土木費の単独道路新設改良事業、市道次郎九郎線におきましては、公図訂正並びに用地交渉に時間を要したため、また、教育費のあいこうか市民ホール改修事業におきましては、昨年7月の施設移管以降、計画を定め短期間で改修完了を目指し事業を進めてまいりましたが、年度内の完了が見込めなくなったため、明許繰り越しをさせていただくものであります。

 次に、議案第2号 契約の変更締結につき議決を求めることについて、その提案理由を申し上げます。

 本事業は、水口町の市街地中央部の浸水対策を図ることを目的に、雨水幹線整備を進めているものであります。平成17年度及び18年度施工区間は、近江鉄道に近接するため、鉄道施設に対する安全確保と列車事故の防止に努めることが必要であることから、当初17年度事業費分を繰越明許として承認をいただきながら、平成18年3月27日に近江鉄道本線水口石橋から水口城南中央雨水幹線工事その1を、近江鉄道株式会社取締役社長、岸 邦之と1億3,327万1,250円で随意契約により締結をいたしました。

 今回、工事の進捗にあわせ、今年度中に完成が必要な到達立坑までの区間41.06メートルを平成18年度分として追加するもので、この追加により、甲賀市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例に規定する額を超えることから、同条例第2条及び地方自治法第96条第1項から第1項第5号の規定に基づき、契約の変更締結につき議決を求めるものであります。

 変更いたします主な内容は、2メートル角のボックスカルバートの敷設工事を41.06メートル追加することによる増額で、4,545万300円を追加し、変更後の契約金額を1億7,872万1,550円とするものであります。

 以上、議案第1号及び議案第2号の説明といたします。

 よろしくご審議の上、ご決定賜りますようにお願い申し上げます。



○議長(服部治男) 以上をもって、提案理由の説明を終わります。

 暫時、休憩いたします。

 再開は、10時30分といたします。

          (休憩 午前10時14分)

          (再開 午前10時30分)



○議長(服部治男) 休憩前に引き続き、会議を再開いたします。

 これより、議案第1号 平成18年度甲賀市一般会計補正予算(第6号)について質疑を行います。

 質疑はありませんか。

          (「なし」の声あり)



○議長(服部治男) 質疑なしと認めます。

 以上で質疑を終了いたします。

 お諮りいたします。

 本案については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(服部治男) ご異議なしと認めます。

 よって、本案については委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論を行います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

 討論はありませんか。

          (「なし」の声あり)



○議長(服部治男) 討論なしと認めます。

 以上で討論を終了いたします。

 これより、議案第1号についての件を採決いたします。

 本案は、原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(服部治男) 起立全員であります。

 よって、本案は、原案のとおり可決することに決定いたしました。

 次に、議案第2号 契約の変更締結につき議決を求めることについて質疑を行います。

 質疑はありませんか。

 21番、安井議員。



◆21番(安井直明) ただいま上程されております議案第2号 契約の変更締結につき議決を求めることについて、質問をいたします。

 ただいま、市長の提案説明の中で、追加工事の変更内容等につきましては説明でわかりましたが、なぜこの変更契約をしなければならないようになったのか、この経過につきまして詳細な説明を求めます。



○議長(服部治男) 上下水道部長。



◎上下水道部長(渡辺久雄) それでは、安井議員のご質問にお答えをさせていただくわけでございますけども、若干お時間をいただきまして、まず概要について説明をさせていただきたいと存じます。

 ちょっと遠くからでございますので、読みにくいかもしれませんけれども、お手元に配付の資料を少し拡大したものでございますけれども、この資料によりまして説明をさせていただきます。

 まず、青色の着色でございます。それと、この部分につきましては平成17年度で、当初3月27日に契約をいたしました1億3,000万円余りの契約の工事の分でございます。

 今回、この赤色で着色をいたしました18年度分の一部として、今回、契約締結で提案をさせていただくという予定のものでございます。また、黄色につきましても、18年度事業分として、これから発注の予定というようなところでございます。この分につきましては、主に城南街道というところでございます。それと、この黒色でございますけれども、これは16年度繰り越しということで、既にこの工事については完成をいたしております。

 ただいまご質問にございました、なぜこの契約をしなければならないのかということでございますけれども、まず今回の当初計画につきましては、17年度の年度末でございましたですけれど、契約させていただいたわけでございます。これは、その予算の範囲の中でまず契約をさせていただいて工事を進めようという思いの中で当初契約をさせていただきました。その中で1点疑問に思われるかもしれませんけれども、ここに到達立坑を設置を、この17年度工事としてさせていただきました。当然、そこまでいける全体の予算でなかったために、こういった契約になったということで、まずご理解を賜りたいと思います。

 以上、十分でございませんけれども、そういった点もお含みをいただきながら答弁とさせていただきます。



○議長(服部治男) 安井議員。



◆21番(安井直明) この議案第2号で、私どもの手元に平面図をいただいておりまして、若干、今、ご説明の色が違うんですが、資料の色でいいますと、青の点線部分でございます。この部分については、今のご説明で18年度でこれから発注していくということなんですが、この18年度で発注するということであれば、今、追加契約されてる部分も当初18年度で施工というふうに理解していいんですか。この両方を18年度で当初からされるという予定だったのかどうか、予算的にいえば、これ17年度は繰り越しされ18年の3月27日契約ということで、今、お聞きしたわけですが、この追加契約分と、これは赤で、今、示されている部分ですが、この青の部分は当初から18年度で施工したいというふうに思っておられたという理解でいいのかどうか、その点について、もう一度確認しておきたいと思います。



○議長(服部治男) 上下水道部長。



◎上下水道部長(渡辺久雄) はい、仰せのとおりでございます。

 以上でございます。



○議長(服部治男) ほかに質疑はありませんか。

          (「なし」の声あり)



○議長(服部治男) 質疑なしと認めます。

 以上で質疑を終了いたします。

 お諮りいたします。

 本案については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(服部治男) ご異議なしと認めます。

 よって、本案については委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論を行います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

 討論はありませんか。

          (「なし」の声あり)



○議長(服部治男) 討論なしと認めます。

 以上で討論を終了いたします。

 これより、議案第2号についての件を採決いたします。

 本案は、原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(服部治男) 起立全員であります。

 よって、本案は、原案のとおり可決することに決定いたしました。

 これをもって、本臨時会に付議されました案件の審議は、全部終了いたしましたので、平成19年第1回甲賀市議会臨時会を閉会いたします。

 閉会に当たり、市長よりあいさつの申し出がありますので、これを許します。

 市長。



◎市長(中嶋武嗣) 平成19年甲賀市議会第1回臨時会の閉会に当たり、執行部を代表いたしまして、一言御礼申し上げます。

 ただいまは、ご提案申し上げました3議案に対し、慎重審議の上、いずれも原案どおりお認めをいただき、ありがとうございました。

 さて、平成19年度予算につきましては、始末という考えを基調に編成作業を進めておりますが、過去2回の通年予算編成を経験いたしました市政運営の中でも、ある意味では一番厳しい編成になると予測をされます。物事に始まりと終わりがありますように、各施策におきましても、時代の求めに応じて新たな施策を立てていくことも必要である一方、目的に達したものや効果が一定以上見込めないものにつきましては廃止し、私といたしましては、施策の優先度・緊急度を見きわめながら全体を整理していくことが大切であると考えております。

 始末と申し上げますと、一般的に倹約とか、けちるとか、そのような印象でありますが、決してそうではなく、全体を見渡して将来を予測し、必要なものとそうでないものに仕分けを行ってコンパクトな行政運営を目指す概念として位置づけ、当市の自主・自立に向けた備えとするものであります。

 総合計画をスタートさせる年に、人 自然 輝きつづける あい甲賀という将来像の実現に向けては特徴あるアイデアが不可欠であり、厳しい予算ながらも、それぞれの事務事業に知恵を絞り、工夫を凝らせることが今後の当市の持続的発展を可能にするものであり、各部局のマニフェスト作成も視野に入れ、市民の視点に立った施策立案をしながら、実のある平成19年度に精いっぱい努力をしてまいる決意であります。

 今や、地方自治を取り巻く状況は、過去の常識をはるかに超えた速さで日々変化をいたしております。ゆえに、危機感と緊張感を張り詰めなければならない年になることは間違いないものと思われますことから、議員各位におかれましても、市民の代表として、引き続きなお一層のご理解とご支援を賜りますようにお願いを申し上げ、閉会のごあいさつとさせていただきます。

 大変ありがとうございました。



○議長(服部治男) この後、11時から第1委員会室において全員協議会を開催いたしますので、議員の皆さんはご参集を願います。

 ご苦労さんでございました。

          (閉会 午前10時40分)

 この会議録の内容が正確であることを証するため、地方自治法123条第2項の規定により署名する。

            甲賀市議会  議長

              同    議員

              同    議員