議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 栗東市

平成18年 7月臨時会(第1日 7月19日)




平成18年 7月臨時会(第1日 7月19日)





 
          平成18年7月栗東市議会臨時会会議録


                   平成18年7月19日(水曜日)開会





1.議 事 日 程


  第1.会議録署名議員の指名について


  第2.会期決定について


  第3.議案第 71号 栗東市監査委員の選任につき議会の同意を求めることについ


             て の上程・審議について


  第4.議案第 72号 栗東市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定につい


             て 及び


     議案第 73号 平成18年度栗東市公共下水道事業特別会計補正予算(第1


             号)について の2議案の一括上程・審議について





1.会議に付した事件


  日程第1.会議録署名議員の指名について


  日程第2.会期決定について


  日程第3.議案第 71号 栗東市監査委員の選任につき議会の同意を求めることに


               ついて の上程・審議について


  日程第4.議案第 72号 栗東市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定に


               ついて 及び


       議案第 73号 平成18年度栗東市公共下水道事業特別会計補正予算(


               第1号)について の2議案の一括上程・審議について


  追加日程第1.特別委員会の設置について





1.会議に出席した議員(20名)


    1番 田 村 隆 光 君    2番 國 松   篤 君


    3番 太 田 浩 美 君    4番 國 松 清太郎 君


    5番 太 田 利 貞 君    6番 久 徳 政 和 君


    7番 野 村 昌 弘 君    8番 谷 口 儀 禮 君


    9番 西 村 政 之 君   10番 中 前 純 一 君


   11番 伊 藤 矢守司 君   12番 馬 場 美代子 君


   13番 池 田 久 代 君   14番 ? 野 正 勝 君


   15番 三 木 敏 達 君   16番 北 野 一 郎 君


   17番 三 浦 忠一郎 君   18番 井之口 秀 行 君


   19番 川 ?   等 君   20番 宇 野   哲 君





1.会議に欠席した議員


   な  し





1.会議に出席した説明員


  市     長     國 松 正 一 君


  助     役     吉 岡 武 彦 君


  教育長         岩 ? 洋 子 君


  総務部長        平 田 善 之 君


  総務部理事       駒 井 義 昭 君


  健康福祉部長      小 関   清 君


  環境経済部長      乾 澤   亮 君


  交通政策部兼建設部技監 廣 瀬 昌 治 君


  交通政策部長      山 本 一 正 君


  建設部長        武 村 泰 博 君


  教育部長        高 岡 正 秀 君


  関係各課長





1.会議に出席した事務局職員


  局     長       北 野 一 郎


  課     長       青 木 春 美


  係     長       月 舘 正 一








   開会  午前10時52分


○議長(宇野 哲君)


 ただいまの出席議員は20名であります。


 定足数に達しております。


 よって、平成18年第5回栗東市議会臨時会は成立いたしましたので開会します。


 これより本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手許に配付いたしておきました別紙議事日程表のとおりであります。


 日程に先立ち諸般の報告をいたします。


 会議事件報告のため出席を求めたものは、市長、助役、教育長、各部長及び関係課長であります。


 これより日程に入ります。


 〜日程第1.会議録署名議員の指名について〜


○議長(宇野 哲君)


 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。


 会議規則第120条の規定により、


       1番 田村隆光議員


      10番 中前純一議員


 を指名いたします。


 〜日程第2.会期決定について〜


○議長(宇野 哲君)


 日程第2 会期決定についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 本臨時会の会期は、本日1日限りといたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(宇野 哲君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、会期は、本日1日限りと決しました。


 〜日程第3.議案第71号 栗東市監査委員の選任につき議会の同意を求めることについて の上程・審議について〜


○議長(宇野 哲君)


 日程第3 議案第71号 栗東市監査委員の選任につき議会の同意を求めることについてを上程し、議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により、15番 三木敏達議員の退場を求めます。


                 (除斥者退場)


○議長(宇野 哲君)


 市長から提案理由の説明を求めます。


 市長。


○市長(國松正一君)登壇


 おはようございます。


 本日、平成18年第5回栗東市議会臨時会を招集いたしましところ、議員の皆様方にはご参集賜り、厚く御礼を申し上げます。


 ただいま上程をいただきました、議案第71号につきまして、提案理由の説明を申し上げる前に、お許しをいただき、市政の状況についてご報告を申し上げます。


 本月2日に執行されました滋賀県知事選挙におきまして、新幹線新駅設置凍結を公約にされた、嘉田由紀子氏が当選をされました。その後、マスメディアを通じ、本市新幹線新駅設置に関連して種々報道がなされ、議員各位をはじめ、市民の皆様には、大変なご心配をおかけしておりますことに、まずもって深くお詫びを申し上げます。


 この新駅設置につきましては、今日まで県を中心に関係市で構成する「東海道新幹線(仮称)南びわこ駅設置促進協議会」において、事業推進をしてまいりました。今後は、新知事の所信表明と滋賀県議会での審議を見極めながら促進協議会の中で議論を尽くし、最善の方策を見出してまいりたいと考えておりますので、議員各位のご理解ご協力をお願い申し上げます。


 それでは、議案につきましての提案説明をいたします。


 議案第71号 栗東市監査委員の選任につき議会の同意を求めることにつきましては、地方自治法第196条第1項の規定により、議員の内から選任する者として、栗東市荒張1196番地2 昭和15年3月31日生まれの三木敏達氏を選任するものでありますので、よろしくご同意の程お願いを致します。


○議長(宇野 哲君)


 ただいま上程されました議案第71号についての議案審議を行います。


 質疑は、会議規則第51条第1項ただし書きの規定により、これを許します。質疑の回数は3回まででありますので、ご留意下さい。また、議員、当局とも発言は、それぞれの自席でされますようお願いをいたします。


 それでは、議案第71号 栗東市監査委員の選任につき議会の同意を求めることについて質疑を行います。


 質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(宇野 哲君)


 質疑もないようでありますので、質疑はこれで終結いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、会議規則第39条第2項の規定により、委員会付託を省略し、討論の後、直ちに採決を行いたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(宇野 哲君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、委員会付託を省略し、討論の後、直ちに採決を行います。


 これより討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(宇野 哲君)


 討論もないようでありますので、討論はこれで終結いたします。


 これより採決を行います。


 お諮りいたします。


 議案第71号 栗東市監査委員の選任につき議会の同意を求めることにつきましては、原案のとおり同意することに賛成の方の起立を求めます。


                (起 立 多 数)


○議長(宇野 哲君)


 起立多数と認めます。


 よって、議案第71号は、原案のとおり同意することに決しました。


 15番 三木敏達議員の入場、ご着席をお願いいたします。


               (除斥者入場・着席)


○議長(宇野 哲君)


 15番 三木敏達議員にお伝えいたします。


 議案第71号につきましては、原案のとおり同意することに決しましたので、ご報告いたします。


 〜日程第4.議案第72号 栗東市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について 及び


       議案第73号 平成18年度栗東市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について の2議案の一括上程・審議について〜


○議長(宇野 哲君)


 日程第4 議案第72号 栗東市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について 及び 議案第73号 平成18年度栗東市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてを一括上程し、議題といたします。


 市長から提案理由の説明を求めます。


 市長。


○市長(國松正一君)登壇


 ただいま上程を賜りました、議案第72号、議案第73号の2議案につきましての提案理由の説明を申し上げます。


 議案第72号 栗東市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定につきましては、国民健康保険法の一部改正に伴ない、所要の改正を行うものであります。


 次に、議案第73号 平成18年度栗東市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5,390万円を追加し、歳入歳出予算の総額を31億162万9,000円とするものであり、借換債発行のための地方債の追加とそれに伴う歳入歳出予算の補正であります。


 以上、2議案の説明とさせて頂きます。議案に関連します資料につきましては、先にお手許に配付いたしておりますので、ご参照賜り、よろしくご審議の程、お願いを申し上げます。


 以上でございます。


○議長(宇野 哲君)


 ただいま上程されました議案第72号及び議案第73号についての議案審議を行います。


 質疑は、会議規則第51条第1項ただし書きの規定により、これを許します。質疑の回数は、3回まででありますので、ご留意下さい。また、議員、当局とも発言は、それぞれの自席でされますようお願いいたします。


 それでは、議案第72号 栗東市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行います。


 質疑はありませんか。


 3番 太田浩美議員。


○3番(太田浩美君)


 議案第72号 栗東市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について質問をいたします。


 本条例改正への影響という点では、先ほど全員協議会でお聞きしたとおりですが、高齢者の負担が増えるというのは、この条例改正だけではありませんね。国の税制改革等によって、軒並み高齢者の負担というのは、この6月から増えています。所得は変わらない。むしろ年金の支給額は減っているのに、老齢者控除の廃止とか定率減税の廃止で、住民税等支払わなければならない税金というのが2倍とか3倍、多い人では10倍とはね上がっているということが新聞等々でも報道されています。私の方にも複数の市民の方から、とても住民税が上がったので、どういうことかということで庁舎に行って説明をお聞きしたら、こういった税金が増えるのは、国の制度が変わったためなので仕方がないのだというような、すごく冷たい対応であったというふうにおっしゃっておられました。


 そこでお聞きしたいのですが、この件で来庁された方というのは、当市で何件あったのかということです。これも新聞に出てましたが、草津市で1月で1,500件あまり来られているというふうに書いてました。この辺でもすごくね、高齢者の方、負担が増えて困っておられるという状況があると思います。


 それとですね、あと高齢者への影響という点で言うと、介護保険料にも影響が出てきていると思うのですね。同じ所得でも非課税から課税に変わるということで、今年3,500円から4,200円に上がっただけでなくランクアップ、負担増の方向でランクアップ、階層が上がるという現象が起きています。そういったことで、高齢者の負担というのは、本当に雪だるま式に増えているということを言わざるを得ない状況だと思います。暮らしへの影響ということを考えると、この条例改正は、国の法律が確かに定めているものなので、勝手に内容を変えたりとかいうのは出来ないというのは存じております。しかし、別の方法で高齢者の負担を軽減するための策というのは、私は市独自で考えるべきだというふうに思いますが、この辺の市の考えをお聞きしたいと思います。


 2点お願いします。


○議長(宇野 哲君)


 健康福祉部長。


○健康福祉部長(小関 清君)


 3番 太田議員の質問にお答えします。


 2点目でございますが、この条例改正に伴います対象となる方に対する本市独自の施策をということでございますが、現在、その施策については考えておりませんので、よろしくお願いします。


○議長(宇野 哲君)


 総務部長。


○総務部長(平田善之君)


 3番 太田議員の質問にお答え申し上げます。


 税の関係につきましては、資料を持ち合わせておりませんので、詳細については後ほど報告させていただきます。


○議長(宇野 哲君)


 他にございませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(宇野 哲君)


 質疑もないようでございますので、質疑はこれで終結いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、会議規則第39条第2項の規定により、委員会付託を省略し、討論の後、直ちに採決を行いたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(宇野 哲君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、委員会付託を省略し、討論の後、直ちに採決を行います。


 これより討論を行います。


 討論はありませんか。


 3番 太田議員。


○3番(太田浩美君)登壇


 議案第72号 栗東市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について反対の討論を行います。


 本条例改正には、内容が二つございます。その内の一つは、出産に関する出産祝い金を30万円から35万円に改めるとありますが、この点については少子化対策、子育て支援ということで反対する内容ではありません。賛成でありますが、もう一つの今質問しました、高齢者にかかる負担が増える部分について、国の税制改革等で雪だるま式に高齢者に負担増になることについて、市独自の軽減策を考えていくべきだということを求めましたが、考えはないということで示されませんでした。多くの市民の願いは、やっぱり暮らしを応援する市政にしてほしいということだというふうに思います。負担増だけを押しつける本条例改正には賛成することが出来ません。


 よって、反対といたします。


 以上です。


○議長(宇野 哲君)


 他に討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(宇野 哲君)


 討論もないようですので、討論はこれで終結いたします。


 これより採決を行います。


 お諮りいたします。


 議案72号 栗東市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決することに賛成の方の挙手を求めます。


                (挙 手 多 数)


○議長(宇野 哲君)


 挙手多数と認めます。


 よって、議案第72号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議案第73号 平成18年度栗東市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について質疑を行います。


 質疑はありませんか。


 4番 國松議員。


○4番(國松清太郎君)


 先ほど全員協議会でお聞きをしたのですが、この借り換えで648万円余りがですね、儲かるということになるわけですが、依然として7%以上の地方債がたくさんあるわけですけれども、借り換えが出来ないところからの借り入れ先でというふうに思うのですが、知恵絞ってですね、このような高利の地方債の借り換え或いは一括償還ということが出来ないのかどうなのかですね、その点、当局としてどのようにお考えなのか、お答えをいただきたいと思います。


○議長(宇野 哲君)


 総務部長。


○総務部長(平田善之君)


 4番 國松議員の質問にお答え申し上げます。


 借換債の発行は制度的なものでございまして、現在、認められておりますのが、公営企業金融公庫資金で、返済の年限があと5年以上あるものということで、それと7%以上の利率という形で決められているところでございまして、他の政府資金、いわゆる旧の郵政省或いは資金運用部資金については、借り換えの特例がないという状況になっております。その中で民間の縁故資金につきましては、これは、繰上償還なり或いは利率を変動にして借り換えを出来るということはございますので、それについては、先の借り換え事例では、5年で利率を見直すということになっております。そのような中で利率の低減を図っているところでございまして、また一方、繰上償還についても、検討はさせていただきたいと、しているという状況でございます。


○議長(宇野 哲君)


 4番 國松清太郎議員。


○4番(國松清太郎君)


 旧の郵政省等ですね、国の資金には、いわゆる借り換えは出来ないということは承知しているわけですけれども、やはり金利負担というのは非常にですね、財政上大きな負担になるわけですから、やはり繰上償還等ですね、資金的な面もあると思いますけれども、やっぱり積極的に高金利は出来るだけ少なくしていくというふうに当然考えておられると思いますけれども、今後ともですね、十分な対応を求めておきたいというふうに思います。


 以上です。


○議長(宇野 哲君)


 他に質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(宇野 哲君)


 他に質疑もないようでありますので、質疑はこれで終結いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、会議規則第39条第2項の規定により、委員会付託を省略し、討論の後、直ちに採決を行いたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(宇野 哲君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、委員会付託を省略し、討論の後、直ちに採決を行います。


 これより討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(宇野 哲君)


 討論もないようですので、討論はこれで終結いたします。


 これより採決を行います。


 お諮りいたします。


 議案第73号 平成18年度栗東市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)については、原案のとおり可決することに賛成の方の挙手を求めます。


                (挙 手 全 員)


○議長(宇野 哲君)


 挙手全員と認めます。


 よって、議案第73号は、原案のとおり可決いたしました。


 お諮りいたします。


 新幹線(仮称)南びわこ駅設置についての今後の対応を検討する必要があるため、この際、特別委員会の設置についてを日程に追加し、追加日程第1として議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(宇野 哲君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、特別委員会の設置についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。


 〜追加日程第1.特別委員会の設置について〜


○議長(宇野 哲君)


 追加日程第1 特別委員会の設置についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 委員会条例第5条の規定により、新幹線(仮称)南びわ湖駅設置についての今後の対応を検討するため、7名の委員をもって構成する新幹線(仮称)南びわ湖駅設置対策特別委員会を設置し、これを付託して、調査が終了するまでの間、閉会中も調査を継続したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(宇野 哲君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、新幹線(仮称)南びわ湖駅設置対策特別委員会を設置し、付託案件の調査が終了するまでの間、閉会中も調査を継続することに決しました。


 ただいま設置されました新幹線(仮称)南びわ湖駅設置対策特別委員会の委員の選任につきましては、委員会条例第7条第1項の規定により、本職から指名いたします。


 新幹線(仮称)南びわ湖駅設置対策特別委員会委員に、1番 田村隆光議員、6番 久徳政和議員、7番 野村昌弘議員、9番 西村政之議員、12番 馬場美代子議員、14番 ?野正勝議員、15番 三木敏達議員の7名を指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま指名いたしましたとおり、新幹線(仮称)南びわ湖駅設置対策特別委員会委員に選任することについてご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(宇野 哲君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしましたとおり、新幹線(仮称)南びわ湖駅設置対策特別委員会委員に選任することに決定いたしました。


 休憩をいたします。


               休憩 午前11時15分





               再開 午前11時59分


○議長(宇野 哲君)


 再開いたします。


 以上で、本臨時会に付議されました案件は全て終了いたしました。


 市長から発言を求められておりますので、これを許します。


 市長。


○市長(國松正一君)登壇


 平成18年第5回栗東市議会臨時会の終わりにあたりまして、お許しをいただきまして一言御礼を申し上げます。


 議案第71号から議案第73号までの3議案につきまして、いずれも慎重にご審議賜りましたと共に、原案通り議決を賜りましたことに厚く御礼を申し上げます。


 さて、新幹線新駅に係る情勢につきましては、本会議冒頭に説明を申し上げた通りでありますが、議会におかれまして現状をご理解賜り、今後の対応を検討するために、先ほど新幹線(仮称)南びわ湖駅設置対策特別委員会を設置いただきましたことは、大変心強い思いでございます。厚く御礼を申し上げます。今後とも新幹線新駅設置推進につきまして、議員皆様方の格別のご協力を賜りますようお願いを申し上げます。


 梅雨明けも間近となり、夏本番を迎えます。大変暑い日が続きますが、議員の皆様方にはご自愛の上、ご活躍されますようお祈り申し上げまして、御礼のあいさつといたします。大変ありがとうございました。


○議長(宇野 哲君)


 これをもって平成18年第5回栗東市議会臨時会を閉会いたします。


   閉会 午後0時01分





 地方自治法第123条第2項の規定により、下記に署名する。





   平成18年7月19日





 栗東市議会議長  宇 野   哲





 署 名 議 員  田 村 隆 光





 署 名 議 員  中 前 純 一