議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 栗東市

平成18年 5月臨時会(第1日 5月31日)




平成18年 5月臨時会(第1日 5月31日)





 
          平成18年5月栗東市議会臨時会会議録


                    平成18年5月31日(水曜日)開会





1.議 事 日 程


  第1.会議録署名議員の指名について


  第2.会期決定について


  第3.議長の辞職許可について





1.会議に付した事件


  日程第1.会議録署名議員の指名について


  日程第2.会期決定について


  日程第3.議長の辞職許可について


  追加日程第 1.議長の選挙について


  追加日程第 2.副議長の辞職許可について


  追加日程第 3.副議長の選挙について


  追加日程第 4.議席の一部変更について


  追加日程第 5.常任委員会委員の選任について


  追加日程第 6.常任委員の委員会の所属の変更について


  追加日程第 7.地域活性化特別委員会委員の辞任許可について


  追加日程第 8.議会広報編集特別委員会委員の辞任許可について


  追加日程第 9.特別委員会委員の選任について


  追加日程第10.文教福祉常任委員会委員の辞任許可について





1.会議に出席した議員(20名)


    1番 田 村 隆 光 君    2番 國 松   篤 君


    3番 太 田 浩 美 君    4番 國 松 清太郎 君


    5番 太 田 利 貞 君    6番 久 徳 政 和 君


    7番 野 村 昌 弘 君    8番 谷 口 儀 禮 君


    9番 西 村 政 之 君   10番 川 ?   等 君


   11番 伊 藤 矢守司 君   12番 宇 野   哲 君


   13番 池 田 久 代 君   14番 ? 野 正 勝 君


   15番 三 木 敏 達 君   16番 北 野 一 郎 君


   17番 三 浦 忠一郎 君   18番 井之口 秀 行 君


   19番 馬 場 美代子 君   20番 中 前 純 一 君





1.会議に欠席した議員


   な  し





1.会議に出席した説明員


  市      長    國 松 正 一 君


  助      役    吉 岡 武 彦 君


  教育長         岩 ? 洋 子 君


  総務部長        平 田 善 之 君


  総務部理事       駒 井 義 昭 君





1.会議に出席した事務局職員


  局      長      北 野 一 郎


  次      長      青 木 春 美


  係      長      月 舘 正 一











   開会  午前9時40分


○議長(中前純一君)


 ただいまの出席議員は20名であります。


 定足数に達しております。


 よって、平成18年第3回栗東市議会臨時会は成立いたしましたので、開会いたします


 これより本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手許に配付いたしておきました別紙議事日程表のとおりでございます。


 本臨時会に出席を求めたものは、市長、助役、教育長、総務部長、総務部理事であります。


 これより日程に入ります。


 〜日程第1.会議録署名議員の指名について〜


○議長(中前純一君)


 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。


 会議規則第120条の規定により、


       8番 谷口儀禮議員


      16番 北野一郎議員


 を指名いたします。


 〜日程第2.会期決定について〜


○議長(中前純一君)


 日程第2 会期決定についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 本臨時会の会期は、本日1日限りといたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中前純一君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、会期は、本日1日限りといたします。


 次の議題は、私が関係いたしますので、議長席を副議長と交替いたします。


              (議長席を副議長と交替)


○副議長(馬場美代子君)


 ただいま議長の申し出によりまして、議長席を交替いたしましたので、よろしくお願い申し上げます。


 〜日程第3.議長の辞職許可について〜


○副議長(馬場美代子君)


 日程第3 議長の辞職許可についてを議題といたします。


 議長 中前純一君から議長の辞職願が提出されております。


 地方自治法第117条の規定により、中前純一君の退場を求めます。


                 (除斥者退場)


○副議長(馬場美代子君)


 それでは、事務局長に辞職願を朗読させます。


○事務局長(北野一郎君)


 辞職願


 今般、栗東市議会の申し合わせにより、平成18年5月31日をもって議長を辞職したいので、許可されるようお願いします。


 栗東市議会副議長 馬場美代子様


 栗東市議会議長  中前純一


○副議長(馬場美代子君)


 お諮りいたします。


 中前純一君の議長の辞職を許可することに賛成の方の挙手を求めます。


                (挙 手 多 数)


○副議長(馬場美代子君)


 挙手多数と認めます。


 よって、中前純一君の議長の辞職を許可することに決しました。


 中前純一君の入場、ご着席をお願いいたします。


               (除斥者入場・着席)


○副議長(馬場美代子君)


 中前純一君にお伝えいたします。


 先に提出されました議長の辞職願につきましては、ただいま許可することに決しましたので、ご報告いたします。


 中前純一君から議長退任のあいさつの許可を求められておりますので、これを許します。


○20番(中前純一君)


 改めまして、おはようございます。


 この1年間、本当に皆様方にお世話になりました。昨年の6月から新幹線問題の各市域の負担金問題につきまして、各関係市議会の議長さんには、県からというものの、負担金を多額に掛けることにつきましては申し訳ないということと、それから、議決をいただきましたことにつきましては、ありがとうございましたということ。これに6月、7月、8月とは追われたような感じでございます。しかしながら、草津市の当時の新庄議長さんが栗東市の議長がここまで言っているのだから、同じ出すのなら、全市が協力的に前向きに賛成してやろうやないかと議決をいただきましたので、何とか形がついたと思っております。これ皆、ひとえに皆様方のご支援のおかげだと思っております。新しい議長さんが選ばれるわけですが、引き続きまして大きな財政問題がございますので、全員一致で栗東市のために頑張っていただければありがたいと思います。そのためには、私も微力ながら全面的に協力させていただきたいと思います。今後とも何とぞよろしくご指導、ご鞭撻のほどをお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。ありがとうございました。


○副議長(馬場美代子君)


 ただいま議長が欠員となりました。


 よって、議長の選挙についてを日程に追加し、追加日程第1として議題といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(馬場美代子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議長の選挙についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。


 休憩いたします。


               休憩 午前 9時47分


               再開 午前10時08分


○副議長(馬場美代子君)


 再開いたします。


 〜追加日程第1.議長の選挙について〜


○副議長(馬場美代子君)


 追加日程第1 これより議長の選挙を行います。


 お諮りいたします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第1項の規定により、投票にいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(馬場美代子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は、投票によることに決しました。


 議場の閉鎖を命じます。


                 (議場閉鎖)


○副議長(馬場美代子君)


 ただいまの出席議員は20名であります。


 これより投票用紙を配付させます。


                (投票用紙配付)


○副議長(馬場美代子君)


 投票用紙の配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(馬場美代子君)


 配付漏れなしと認めます。


 投票箱を改めさせます。


                 (投票箱点検)


○副議長(馬場美代子君)


 異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名であります。


 投票用紙に被選挙人の氏名を記載し、点呼に応じて順次投票をお願いいたします。


 ただいまから投票を行います。


○事務局長(北野一郎君)


 それでは、氏名を申し上げます。


 1番 田村隆光議員、2番 國松 篤議員、3番 太田浩美議員、4番 國松清太郎議員、5番 太田利貞議員、6番久徳政和議員、7番 野村昌弘議員、8番 谷口儀禮議員、9番 西村政之議員、10番 川? 等議員、11番 伊藤矢守司議員、12番 宇野 哲議員、13番 池田久代議員、14番 ?野正勝議員、15番 三木敏達議員、16番北野一郎議員、17番 三浦忠一郎議員、18番 井之口秀行議員、19番 馬場美代子議員、20番 中前純一議員。


○副議長(馬場美代子君)


 投票漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(馬場美代子君)


 投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 会議規則第32条第2項の規定により、本職より開票立会人の指名をいたします。


 開票立会人に、


    13番 池田久代議員


    20番 中前純一議員


 を指名いたします。


 両議員の立会をお願いいたします。


 ただいまから開票をいたします。


                 (開  票)


○副議長(馬場美代子君)


 選挙の結果を報告いたします。


 投票総数20票


 有効投票20票


 無効投票 0票


 有効投票中


 宇野 哲議員      9票


 野村昌弘議員      8票


 國松清太郎議員     3票


 以上のとおりです。


 本選挙の法定得票数は5票であります。


 よって、宇野 哲議員が議長に当選されました。


 議場の閉鎖を解きます。


                 (議場開鎖)


○副議長(馬場美代子君)


 ただいま議長に当選されました宇野 哲議員が議場におられますので、会議規則第33条第2項の規定により、当選の告知をいたします。


 ただいま議長に当選されました宇野 哲議員から就任のごあいさつの許可を求められておりますので、これを許します。


○議長(宇野 哲君)


 ただいま皆さんのご支援を得まして、議長に就任をさせていただくことになったわけでございますが、非常に大変な時だけに身が引き締まる思いでございます。先ほど全員協議会の中でも若干触れましたけれども、財政難厳しい中、新幹線を実現させていくということが既に方針として決まっております。そういう線に沿いながら頑張っていきたいと思いますので、皆さん方に是非ご支援をいただきたいと思います。


 また、産廃の問題につきましても、まだまだ解決にほど遠いような感じをしておりますので、皆さんのお力を借りながら市、県に対して強い立場で解決を目指して頑張っていきたいというように考えておりますので、これから後、議会の円滑な運営、そうしたものにも努力をしてまいりたいと思いますので、皆さんのご協力のほどを心からお願いを申し上げまして、簡単ですが、ごあいさつに代えたい思います。ありがとうございます。


○副議長(馬場美代子君)


 議長が決定いたしましたので、これをもちまして議長席を交替いたします。


 皆さんご協力ありがとうございました。


               (議長席を議長と交替)


○議長(宇野 哲君)


 ただいま議長席を交替いたしました。


 今後の議事進行につきましては、議員皆様方の格別のご協力をいただきますようにお願いを申し上げます。


 休憩をいたします。


               休憩 午前10時22分


               再開 午前10時42分


○議長(宇野 哲君)


 それでは、再開をいたします。


 副議長 馬場美代子君から副議長の辞職願が提出されております。


 お諮りいたします。


 副議長の辞職許可についてを日程に追加し、追加日程第2として議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(宇野 哲君)


 ご異議なしの声がございますので、ご異議なしと認めます。


 よって、副議長の辞職許可についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。


 〜追加日程第2.副議長の辞職許可について〜


○議長(宇野 哲君)


 追加日程第2 副議長の辞職許可についてを議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により、馬場美代子君の退場を求めます。


                 (除斥者退場)


○議長(宇野 哲君)


 それでは、事務局長に辞職願を朗読させます。


○事務局長(北野一郎君)


 辞職願


 今般、栗東市議会の申し合わせにより、副議長を辞職したいので、許可されるようお願いいたします。


 平成18年5月31日


 栗東市議会議長 宇野 哲様


 栗東市議会副議長 馬場美代子


○議長(宇野 哲君)


 お諮りいたします。


 馬場美代子君の副議長の辞職を許可することに賛成の方の挙手を求めます。


                (挙 手 全 員)


○議長(宇野 哲君)


 挙手全員と認めます。


 よって、馬場美代子君の副議長の辞職を許可することに決しました。


 馬場美代子君の入場、ご着席をお願いいたします。


               (除斥者入場・着席)


○議長(宇野 哲君)


 馬場美代子君にお伝えいたします。


 先に提出されました副議長の辞職願につきましては、ただいま許可することに決しましたので、ご報告いたします。


 馬場美代子君から副議長退任のあいさつの許可を求められておりますので、これを許します。


○19番(馬場美代子君)


 改めまして、本当にこの1年間、皆さんにお世話になりまして、つつがなく副議長の大役を終えることが出来まして、本当にありがとうございました。まず最初にお礼申し上げます。


 同時に、私はこの1年間、いわゆる議員とは違う副議長という立場の中で様々な人との出会いを経験してまいりました。皆さん本当に財政の厳しさを口にされるわけですが、財政の厳しさは自然現象で生まれたものではありません。本当にこの政治のあり用そのものが今、示している。そして今、国も滋賀県も、そしてこの栗東市も市民の願いとは大きくかけ離れたそういう運営がされていることに私は非常に危惧を感じているところです。とりわけ新幹線新駅問題について、私はこれまで4度の大きな運動を重ねてきました。そういう中で起工式が強行されたわけですが、圧倒的市民は今でもやっぱり無駄遣いだ、要らない、財政は大丈夫か、こういう声が大きく響いています。そんな中で行われる知事選挙も非常に重要な決定になろうかと思います。引き続いて本当に市民の命と暮らしを守る市議会をつくっていくために、これからも力を尽くしていきたいと思います。お礼と共に、今後の決意も申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。


○議長(宇野 哲君)


 ただいま副議長が欠員となりました。


 よって、副議長の選挙についてを日程に追加し、追加日程第3として議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(宇野 哲君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、副議長の選挙についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。


 〜追加日程第3.副議長の選挙について〜


○議長(宇野 哲君)


 追加日程第3 これより副議長の選挙を行います。


 お諮りいたします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第1項の規定により、投票によりたいと思いますが、これにご異議ございませんでしょうか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(宇野 哲君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は、投票によることに決しました。


 議場の閉鎖を命じます。


                 (議場閉鎖)


○議長(宇野 哲君)


 ただいまの出席議員は20名であります。


 これより投票用紙を配付させます。


                (投票用紙配付)


○議長(宇野 哲君)


 投票用紙の配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(宇野 哲君)


 配付漏れなしと認めます。


 投票箱を改めさせます。


                 (投票箱点検)


○議長(宇野 哲君)


 異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名であります。


 投票用紙に被選挙人の氏名を記載し、点呼に応じて順次投票を願います。


 ただいまから投票を行います。


○事務局長(北野一郎君)


 それでは、読み上げます。


 1番 田村隆光議員、2番 國松 篤議員、3番 太田浩美議員、4番 國松清太郎議員、5番 太田利貞議員、6番久徳政和議員、7番 野村昌弘議員、8番 谷口儀禮議員、9番 西村政之議員、10番 川? 等議員、11番 伊藤矢守司議員、12番 宇野 哲議員、13番 池田久代議員、14番 ?野正勝議員、15番 三木敏達議員、16番北野一郎議員、17番 三浦忠一郎議員、18番 井之口秀行議員、19番 馬場美代子議員、20番 中前純一議員。


○議長(宇野 哲君)


 投票漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(宇野 哲君)


 投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 会議規則第32条第2項の規定により、本職より開票立会人の指名をいたします。


 開票立会人に、


     1番 田村隆光議員


     7番 野村昌弘議員


 を指名いたします。


 両議員の立会をお願いいたします。


 ただいまから開票をいたします。


                 (開  票)


○議長(宇野 哲君)


 選挙の結果を報告いたします。


 投票総数20票


 有効投票20票


 無効投票 0票


 有効投票中


 川? 等議員    9票


 ?野正勝議員    8票


 馬場美代子議員   3票


 以上のとおりであります。


 本選挙の法定得票数は5票であります。


 よって、川? 等議員が副議長に当選されました。


 議場の閉鎖を解きます。


                 (議場開鎖)


○議長(宇野 哲君)


 ただいま副議長に当選されました川?等議員が議場におられますので、会議規則第33条第2項の規定により、当選の告知をいたします。


 ただいま副議長に当選されました川?等議員から就任のごあいさつの許可を求められておりますので、これを許します。


○副議長(川? 等君)


 ただいま選挙によりまして当選をさせていただきました。大変ありがとうございます。


 1年間、議長の手助けとして一生懸命頑張りたい。そして、先ほど全員協議会でも申し上げましたように、我々議会が今何をすべか、再度原点に返って栗東市として今後どのように生きていくのかというのは、一つは国の施策が三位一体の改革で税源移譲という形の法的には通っておりますけれども、現実的に細部については、まだまだ6団体の協議も進んでいない状況の中で、本当に地域がどうして生きていくか、これが一番大きい課題じゃないか。そしてもう1点は、やはり先ほど議長があいさつの中で申し上げられましたように、やはり(株)RDエンジニアリング問題も、これもやはり解決ということをやっぱりやらなければ、本当に困っているのは地域であって、そういうことを重点に置きながら一生懸命1年間頑張りたいと思います。皆様方ご指導をよろしくお願いしたいと思います。


○議長(宇野 哲君)


 休憩いたします。


               休憩 午前10時58分


               再開 午後 1時52分


○議長(宇野 哲君)


 それでは、再開いたします。


 お諮りいたします。


 議長、副議長の交替に伴い、議席の一部変更についてを日程に追加し、追加日程第4として議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(宇野 哲君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議席の一部変更についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。


 〜追加日程第4.議席の一部変更について〜


○議長(宇野 哲君)


 追加日程第4 議席の一部変更を行います。


 議席を変更される議員諸君の氏名とその議席番号を事務局長に朗読させます。


○事務局長(北野一郎君)


 朗読いたします。変更部分のみ申し上げます。


 10番 中前純一議員、12番 馬場美代子議員、19番 川? 等議員、20番 宇野 哲議員。


 以上でございます。


○議長(宇野 哲君)


 ただいま朗読しましたとおり、議席の一部を変更いたします。


 議席の変更を願う間、しばらく休憩をいたします。


               休憩 午後1時54分


               再開 午後1時55分


○議長(宇野 哲君)


 再開いたします。


 お諮りいたします。


 先刻、議長を辞職された10番 中前純一議員におかれましては、いずれの常任委員会にも所属されておられませんので、この際、常任委員会委員の選任についてを日程に追加し、追加日程第5として議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(宇野 哲君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、常任委員会委員の選任についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。


 〜追加日程第5.常任委員会委員の選任について〜


○議長(宇野 哲君)


 追加日程第5 常任委員会委員の選任についてを議題といたします。


 委員会条例第7条第1項の規定により、本職から指名いたします。


 10番 中前純一議員を文教福祉常任委員会委員に指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま指名いたしました10番 中前純一議員を文教福祉常任委員会委員に選任することについてご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(宇野 哲君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました10番 中前純一議員を文教福祉常任委員会委員に選任することに決しました。


 お諮りいたします。


 常任委員会の所属の変更について申し出がありますので、常任委員の委員会の所属の変更についてを日程に追加し、追加日程第6として議題といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(宇野 哲君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、常任委員の委員会の所属の変更についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。


 〜追加日程第6.常任委員の委員会の所属の変更について〜


○議長(宇野 哲君)


 追加日程第6 常任委員の委員会の所属の変更についてを議題といたします。


 委員会条例第7条第3項の規定により、10番 中前純一議員を文教福祉常任委員会から総務常任委員会に、20番宇野 哲を総務常任委員会から文教福祉常任委員会にそれぞれ所属の変更をいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(宇野 哲君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、10番 中前純一議員を文教福祉常任委員会から総務常任委員会に、20番 宇野 哲を総務常任委員会から文教福祉常任委員会にそれぞれ所属の変更をすることに決しました。


 次の議題は、私が関係をいたしますので、議長席を副議長と交替いたします。


              (議長席を副議長と交替)


○副議長(川? 等君)


 ただいま議長の申し出によりまして、議長席を交替いたしましたので、よろしくお願い申し上げます。


 議長 宇野 哲君から、地域活性化特別委員会委員の辞任願が提出されております。


 お諮りいたします。


 地域活性化特別委員会委員の辞任許可についてを日程に追加し、追加日程第7として議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(川? 等君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、地域活性化特別委員会委員の辞任許可についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。


 〜追加日程第7.地域活性化特別委員会委員の辞任許可について〜


○副議長(川? 等君)


 追加日程第7 地域活性化特別委員会委員の辞任許可についてを議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により、宇野 哲君の退場を求めます。


                 (除斥者退場)


○副議長(川? 等君)


 それでは、事務局長に辞任願を朗読させます。


○事務局長(北野一郎君)


 辞任願


 今般、都合により地域活性化特別委員会委員を辞したいので、許可されるようお願いいたします。


 栗東市議会副議長 川? 等様


 地域活性化特別委員会委員 宇野 哲


 以上でございます。


○副議長(川? 等君)


 お諮りいたします。


 宇野 哲君の地域活性化特別委員会委員の辞任を許可することに賛成の方の挙手を求めます。


                (挙 手 多 数)


○副議長(川? 等君)


 挙手多数と認めます。


 よって、宇野 哲君の地域活性化特別委員会委員の辞任を許可することに決しました。


 宇野 哲君の入場、ご着席をお願いいたします。


               (除斥者入場・着席)


○副議長(川? 等君)


 宇野 哲君にお伝えいたします。


 先に提出されました地域活性化特別委員会委員の辞任願につきまして、ただいま許可することに決しましたので、ご報告いたします。


 議長 宇野 哲君から、議会広報編集特別会委員の辞任願が提出されております。


 お諮りいたします。


 議会広報編集特別会委員の辞任許可についてを日程に追加し、追加日程第8として議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(川? 等君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議会広報編集特別委員会委員の辞任許可についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。


 〜日程第8.議会広報編集特別委員会委員の辞任許可について〜


○副議長(川? 等君)


 日程第8 議会広報編集特別委員会委員の辞任許可についてを議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により、宇野 哲君の退場を求めます。


                 (除斥者退場)


○副議長(川? 等君)


 それでは、事務局長に辞任願を朗読させます。


○事務局長(北野一郎君)


 辞任願


 今般、都合により議会広報編集特別委員会委員を辞したいので、許可されるようお願いいたします。


 栗東市議会副議長 川? 等様


 議会広報編集特別委員会委員 宇野 哲


 以上でございます。


○副議長(川? 等君)


 お諮りいたします。


 宇野 哲君の議会広報編集特別委員会委員の辞任を許可することに賛成の方の挙手を求めます。


                (挙 手 多 数)


○副議長(川? 等君)


 挙手多数と認めます。


 よって、宇野 哲君の議会広報編集特別委員会委員の辞任を許可することに決しました。


 宇野 哲君の入場、ご着席をお願いいたします。


               (除斥者入場・着席)


○副議長(川? 等君)


 宇野 哲君にお伝えいたします。


 先に提出されました議会広報編集特別委員会委員の辞任願につきましては、ただいま許可することに決しましたので、ご報告いたします。


 これをもちまして議長席を交替いたします。


               (議長席を議長と交替)


○議長(宇野 哲君)


 お諮りいたします。


 地域活性化特別委員会委員及び議会広報編集特別委員会委員にそれぞれ欠員が生じましたので、この際、特別委員会委員の選任についてを日程を追加し、追加日程第9として議題といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(宇野 哲君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、特別委員会委員の選任についてを日程を追加し、議題とすることに決しました。


 〜追加日程第9.特別委員会委員の選任について〜


○議長(宇野 哲君)


 追加日程第9 特別委員会委員の選任についてを議題といたします。


 委員会条例第7条第1項の規定により、本職から指名いたします。


 地域活性化特別委員会委員に10番 中前純一議員を、議会広報編集特別委員会委員に19番 川? 等議員を指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま指名いたしました10番 中前純一議員を地域活性化特別委員会委員に、19番 川? 等議員を議会広報編集特別委員会委員に選任することについてご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(宇野 哲君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました10番 中前純一議員を地域活性化特別委員会委員に、19番 川? 等議員を議会広報編集特別委員会委員に選任することに決しました。


 休憩いたします。


               休憩 午後2時05分


               再開 午後2時13分


○議長(宇野 哲君)


 再開いたします。


 先刻、休憩中に総務常任委員会が開かれ、副委員長の互選が行われましたので、その結果を本職から報告いたします。


 総務常任委員会副委員長に中前純一議員が互選されました。


 次の議題は、私が関係いたしますので、議長席を副議長と交替いたします。


              (議長席を副議長と交替)


○副議長(川? 等君)


 ただいま議長の申し出により、議長席を交替いたしましたので、よろしくお願い申し上げます。


 お諮りいたします。


 文教福祉常任委員会委員であります議長 宇野 哲君から委員の辞任願が提出されておりますので、この際、文教福祉常任委員会委員の辞任許可についてを日程に追加し、追加日程第10として議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(川? 等君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、文教福祉常任委員会委員の辞任許可についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。


 〜追加日程第10.文教福祉常任委員会委員の辞任許可について〜


○副議長(川? 等君)


 追加日程第10 文教福祉常任委員会委員の辞任許可についてを議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により、宇野 哲君の退場を求めます。


                 (除斥者退場)


○副議長(川? 等君)


 それでは、事務局長に辞任願を朗読させます。


○事務局長(北野一郎君)


 辞任願


 今般、都合により文教福祉常任委員会委員を辞したいので、許可されるようお願いいたします。


 栗東市議会副議長 川? 等様


 文教福祉常任委員会委員 宇野 哲


 以上であります。


○副議長(川? 等君)


 お諮りいたします。


 宇野 哲君の文教福祉常任委員会委員の辞任を許可することについてご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(川? 等君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、宇野 哲君の文教福祉常任委員会委員の辞任を許可することに決しました。


 宇野 哲君の入場、ご着席を願います。


               (除斥者入場・着席)


○副議長(川? 等君)


 宇野 哲君にお伝えいたします。


 先に提出されました文教福祉常任委員会委員の辞任願につきましては、ただいま許可することに決しましたので、ご報告いたします。


 それでは、議長席を交替いたします。


               (議長席を議長と交替)


○議長(宇野 哲君)


 以上で、本臨時会に付議されました案件は全部終了いたしました。


 これをもって平成18年第3回栗東市議会臨時会を閉会いたします。


   閉会 午後2時18分








 地方自治法第123条第2項の規定により、下記に署名する。





   平成18年5月31日





 栗東市議会旧議長    中 前 純 一





 栗東市議会新議長    宇 野   哲





 栗東市議会旧副議長   馬 場 美代子





 栗東市議会新副議長   川 ?   等





 署 名 議 員     谷 口 儀 禮





 署 名 議 員     北 野 一 郎