議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 栗東市

平成17年 5月臨時会(第1日 5月31日)




平成17年 5月臨時会(第1日 5月31日)





 
          平成17年5月栗東市議会臨時会会議録


                     平成17年5月31日(火曜日)開会





1.議 事 日 程


  第1.会議録署名議員の指名について


  第2.会期決定について


  第3.議長の辞職許可について





1.会議に付した事件


  日程第1.会議録署名議員の指名について


  日程第2.会期決定について


  日程第3.議長の辞職許可について


  追加日程第1.議長の選挙について


  追加日程第2.副議長の辞職許可について


  追加日程第3.副議長の選挙について


  追加日程第4.議席の一部変更について


  追加日程第5.各常任委員会委員の選任について


  追加日程第6.議会運営委員会委員の選任について


  追加日程第7.議会50年史編纂特別委員会委員の辞任許可について


  追加日程第8.議会50年史編纂特別委員会委員の選任について


  追加日程第9.湖南広域行政組合議会議員の選挙について





1.会議に出席した議員(20名)


    1番 田 村 隆 光 君    2番 國 松   篤 君


    3番 太 田 浩 美 君    4番 國 松 清太郎 君


    5番 馬 場 美代子 君    6番 谷 口 儀 禮 君


    7番 西 村 政 之 君    8番 川 ?   等 君


    9番 太 田 利 貞 君   10番 野 村 昌 弘 君


   11番 伊 藤 矢守司 君   12番 宇 野   哲 君


   13番 池 田 久 代 君   14番 ? 野 正 勝 君


   15番 三 木 敏 達 君   16番 中 前 純 一 君


   17番 北 野 一 郎 君   18番 井之口 秀 行 君


   19番 久 徳 政 和 君   20番 三 浦 忠一郎 君





1.会議に欠席した議員


   な  し





1.会議に出席した説明員


  市      長    國 松 正 一 君


  助      役    吉 岡 武 彦 君


  収入役         三 木 源 司 君


  教育長         里 内   勝 君


  総務部長        平 田 善 之 君





1.会議に出席した事務局職員


  局      長      中 村 洋 三


  次      長      北 野 一 郎


  係      長      月 舘 正 一











    開会  午前9時30分


○議長(三浦忠一郎君)


 ただいまの出席議員は20名であります。


 定足数に達しております。


 よって、平成17年第3回栗東市議会臨時会は成立いたしましたので、開会いたします。


 これより本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手許に配付いたしておきました別紙議事日程表のとおりであります。


 本臨時会に出席を求めたものは、市長、助役、収入役、教育長、総務部長であります。


 これより日程に入ります。


 〜日程第1.会議録署名議員の指名について〜


○議長(三浦忠一郎君)


 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。


 会議規則第120条の規定により、


       1番 田村隆光議員


      10番 野村昌弘議員


 を指名いたします。


 〜日程第2.会期決定について〜


○議長(三浦忠一郎君)


 日程第2 会期決定についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 本臨時会の会期は、本日1日限りといたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(三浦忠一郎君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、会期は、本日1日限りと決定いたしました。


 次の議題は、私が関係いたしますので、議長席を副議長と交替いたします。


            (議長席を副議長と交替)


○副議長(久徳政和君)


 ただいま議長の申し出によりまして議長席を交替いたしましたので、よろしくお願い申し上げます。


 〜日程第3.議長の辞職許可について〜


○副議長(久徳政和君)


 日程第3 議長の辞職許可についてを議題といたします。


 議長 三浦忠一郎さんから議長の辞職願が提出されております。


 地方自治法第117条の規定により、三浦忠一郎さんの退場を求めます。


            (除斥者退場)


○副議長(久徳政和君)


 それでは、事務局長に辞職願を朗読させます。


○事務局長(中村洋三君)


 辞職願


 今般、栗東市議会の申し合わせにより、平成17年5月31日をもって議長を辞職したいので、許可されるようお願いします。


 栗東市議会副議長 久徳政和様


 栗東市議会議長 三浦忠一郎


○副議長(久徳政和君)


 ただいまのとおりの辞職願であります。


 お諮りいたします。


 三浦忠一郎さんの議長の辞職を許可することに賛成の方の挙手を求めます。


            (挙 手 全 員)


○副議長(久徳政和君)


 挙手全員と認めます。


 よって、三浦忠一郎さんの議長の辞職を許可することに決しました。


 三浦忠一郎さんの入場、着席をお願いいたします。


            (除斥者入場・着席)


○副議長(久徳政和君)


 三浦忠一郎さんにお伝えいたします。


 先に提出されました議長の辞職願につきましては、ただいま許可することに決しましたので、ご報告いたします。


 三浦忠一郎さんから議長退任のあいさつの許可を求められておりますので、これを許します。


○20番(三浦忠一郎君)


 ただいま許可をいただきましたので、ごあいさつを申し述べたいと存じます。


 ちょうど1年前、非常に厳しい中にも係わりませず、1年間議長職を務めさせていただきまして、本当に皆様方のご理解とご協力を得る中で、ここに大過なく1年間過ごさせていただきましたこと、心より厚く御礼を申し上げさせていただくところでございます。


 それぞれの定例会におきましても、本当に厳しいまちの状況の中にありまして、本当に皆様方におかれましても慎重なる審査、審議を賜る中で、それぞれの定例会に緊張感のある中で進めていただきまして、協力を得る中で今日まで出来てまいりまして、本当にひとえに皆様方のおかげと重ねて御礼を申し上げるところでもございます。これからは1議員として、市におきましては非常に厳しい状況の中、そしてまた、住民のニーズは非常に多様化にも富んでおります。そうした中で、今、最大の市のプロジェクトでありますところの新幹線の新駅は、何としてでもやり遂げねばならない、私はそういう思いでいっぱいでございます。これからも1議員として、それらそれぞれのプロジェクト、そしてまた、市民の願いについて一つ一つ精一杯私の力のある限り頑張らせていただきたい。また、そのために皆さん方のこれからも更なるご協力をご理解を得る中で進めてまいりたい、このように思わせていただいておりますので、温かい目で三浦忠一郎を見守っていただきますことをよろしくお願いを申し上げまして、まことに簡単でございますが、退任方々御礼のあいさつに代えさせていただきます。どうもありがとうございました。


○副議長(久徳政和君)


 大変お世話になりまして、ありがとうございました。


 ただいま議長が欠員となりました。


 よって、議長の選挙についてを日程に追加し、追加日程第1として議題としたいと存じますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(久徳政和君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議長の選挙についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。


 休憩いたします。


   休憩 午前 9時39分





   再開 午前10時05分


○副議長(久徳政和君)


 それでは、再開いたします。


 〜追加日程第1.議長の選挙について〜


○副議長(久徳政和君)


 追加日程第1 これより議長の選挙を行います。


 お諮りいたします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第1項の規定により、投票によりたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(久徳政和君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は、投票によることに決しました。


 議場の閉鎖を命じます。


            (議場閉鎖)


○副議長(久徳政和君)


 ただいまの出席議員は20名であります。


 これより投票用紙を配付させます。


    (投票用紙配付)


○副議長(久徳政和君)


 投票用紙の配付漏れはございませんか。


            (「なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(久徳政和君)


 配付漏れなしと認めます。


 投票箱を改めさせます。


             (投票箱点検)


○副議長(久徳政和君)


 異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名であります。


 投票用紙に被選挙人の氏名を記載し、点呼に応じて順次投票をお願いいたします。


 ただいまから投票を行います。


            (事務局長点呼 投票)


○事務局長(中村洋三君)


 1番 田村隆光議員、2番 國松 篤議員、3番 太田浩美議員、4番 國松清太郎議員、5番 馬場美代子議員、6番 谷口儀禮議員、7番 西村政之議員、8番 川? 等議員、9番 太田利貞議員、10番 野村昌弘議員、11番伊藤矢守司議員、12番 宇野 哲議員、13番 池田久代議員、14番 ?野正勝議員、15番 三木敏達議員、16番 中前純一議員、17番 北野一郎議員、18番 井之口秀行議員、19番久徳政和議員、20番 三浦忠一郎議員。


○副議長(久徳政和君)


 投票漏れはございませんか。


            (「なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(久徳政和君)


 投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 会議規則第32条第2項の規定により、本職より開票立会人の指名をいたします。


 開票立会人に、


    6番 谷口儀禮議員


   10番 野村昌弘議員


 をお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。


 ただいまから開票をいたします。


            (開  票)


○副議長(久徳政和君)


 それでは、選挙の結果を報告いたします。


 投票総数20票


 有効投票20票


 無効投票 0票


 有効投票中


 中前純一議員     11票


 三木敏達議員      9票


 以上のとおりであります。


 本選挙の法定得票数は5票であります。


 よって、中前純一議員が議長に当選されました。


 議場の閉鎖を解きます。


            (議場開鎖)


○副議長(久徳政和君)


 ただいま議長に当選されました中前純一議員が議場におられますので、会議規則第33条第2項の規定により、当選の告知をいたします。


 ただいま議長に当選されました中前純一議員から就任のごあいさつの許可を求められておりますので、これを許します。


○議長(中前純一君)


 先ほども全員協議会のところで申し上げたのですけれども、本当にいろいろとご心配をかけたこと、心よりお詫び申し上げます。にも係わりませず、このような議長という名誉ある職責に選んでいただきましたこと、心よりこれまた感謝申し上げる次第でございます。


 議長である前に当然議員であります。議員である前に1市民であります。市長もよく申されますように、市民の目線で、市民が主役のまちづくり、このことを念頭にたたき込んでこれからの議会運営に臨んでまいりたいと思います。まことに至らぬ者ではございますけれども、よろしくご指導、ご鞭撻のほどお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。本日は、どうもありがとうございました。


○副議長(久徳政和君)


 議長が決定いたしましたので、これをもちまして議長席を交替いたします。ご協力ありがとうございました。


            (議長席を議長と交替)


○議長(中前純一君)


 ただいま議長席を交替いたしました。今後の議事進行につきまして、議員皆様方の格別のご協力をいただきますようよろしくお願い申し上げます。


 休憩いたします。


   休憩 午前10時18分





   再開 午前10時34分


○議長(中前純一君)


 再開いたします。


 副議長 久徳政和君から副議長の辞職願が提出されております。


 お諮りいたします。


 副議長の辞職許可についてを日程に追加し、追加日程第2として議題といたしいと思いますが、これにご異議ございませんか。


○議長(中前純一君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、副議長の辞職許可についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。


 〜追加日程第2.副議長の辞職許可について〜


○議長(中前純一君)


 追加日程第2 副議長の辞職許可についてを議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により、久徳政和君の退場を求めます。


            (除斥者退場)


○議長(中前純一君)


 それでは、事務局長に辞職願を朗読させます。


○事務局長(中村洋三君)


 辞職願


 今般、栗東市議会の申し合わせにより、副議長を辞職したいので、許可されるようお願いします。


 栗東市議会議長 中前純一様


 栗東市議会副議長 久徳政和


○議長(中前純一君)


 お諮りいたします。


 久徳政和君の副議長の辞職を許可することに賛成の方の挙手を求めます。


            (挙 手 多 数)


○議長(中前純一君)


 挙手多数と認めます。


 よって、久徳政和君の副議長の辞職を許可することに決しました。


 久徳政和君の入場、ご着席をお願いいたします。


   (除斥者入場・着席)


○議長(中前純一君)


 久徳政和君にお伝えいたします。


 先に提出されました副議長の辞職願につきましては、ただいま許可することに決しましたので、ご報告いたします。


 久徳政和君から副議長退任のあいさつの許可を求められておりますので、これを許します。


○19番(久徳政和君)


 一言ごあいさつ申し上げます。


 1年間、皆様のご協力によりまして、副議長の席を大過なく過ごさせていただきました。これもひとえに皆様方のご協力、ご指導の賜物と心より厚く御礼申し上げます。


 この1年間、議長を支える中で、内外共にいろんな経験をさせていただきまして、本当に議員生活の中でも貴重な経験を積ませていただくことが出来ました。ただ、こうした難しい時期であることから、本当に皆様方の活発なるご議論をいただき、一つ一つ大事なことをお決めいただいたわけでございますが、その中で市民の方からこれを見ていただきますと、本当によく理解いただけたかなと。少し分かりにくいところがあったのではなかろうかなというふうに今、反省しているところでございます。


 こうしたことから、今後、1議員といたしまして、その辺を踏まえ、より市民に分かりやすい議会となるようなことに心がけて精進、努力させていただきたいと思います。今後も変わらぬ皆様方のご支援、ご指導のほどをよろしくお願い申し上げ、お礼の言葉といたします。どうもありがとうございました。


○議長(中前純一君)


 この1年のご労苦に対して、副議長に心から敬意を表するものでございます。ご苦労さまでした。


 ただいま副議長が欠員となりました。


 よって、副議長の選挙についてを日程に追加し、追加日程第3として議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中前純一君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、副議長の選挙についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。


 〜追加日程第3.副議長の選挙について〜


○議長(中前純一君)


 追加日程第3 これより副議長の選挙を行います。


 お諮りいたします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第1項の規定により、投票によりたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中前純一君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は、投票によることに決しました。


 議場の閉鎖を命じます。


            (議場閉鎖)


○議長(中前純一君)


 ただいまの出席議員は20名であります。


 これより投票用紙を配付させます。


            (投票用紙配付)


○議長(中前純一君)


 投票用紙の配付漏れはございませんか。


            (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中前純一君)


 配付漏れなしと認めます。


 投票箱を改めさせます。


            (投票箱点検)


○議長(中前純一君)


 異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名であります。


 投票用紙に被選挙人の氏名を記載し、点呼に応じて順次投票をお願いします。


 ただいまから投票を行います。


            (事務局長点呼 投票)


○事務局長(中村洋三君)


 1番 田村隆光議員、2番 國松 篤議員、3番 太田浩美議員、4番 國松清太郎議員、5番 馬場美代子議員、6番 谷口儀禮議員、7番 西村政之議員、8番 川? 等議員、9番 太田利貞議員、10番 野村昌弘議員、11番伊藤矢守司議員、12番 宇野 哲議員、13番 池田久代議員、14番 ?野正勝議員、15番 三木敏達議員、16番 中前純一議員、17番 北野一郎議員、18番 井之口秀行議員、19番久徳政和議員、20番 三浦忠一郎議員。


○議長(中前純一君)


 投票漏れはございませんか。


            (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中前純一君)


 投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 会議規則第32条第2項の規定により、本職より開票立会人の指名をいたします。


 開票立会人に、


   11番 伊藤矢守司議員


   13番 池田久代議員


 よろしくお願いします。


 ただいまから開票をいたします。


             (開  票)


○議長(中前純一君)


 選挙の結果をご報告いたします。


 投票総数20票


 有効投票19票


 無効投票 1票


 有効投票中


 馬場美代子議員     10票


 太田利貞議員      9票


 以上のとおりであります。


 本選挙の法定得票数は5票であります。


 よって、馬場美代子議員が副議長に当選されました。


 議場の閉鎖を解きます。


                 (議場開鎖)


○議長(中前純一君)


 ただいま副議長に当選されました馬場美代子議員が議場におられますので、会議規則第33条第2項の規定により、当選の告知をいたします。


 ただいま副議長に当選されました馬場美代子議員から就任のごあいさつの許可を求められておりますので、これを許します。


○副議長(馬場美代子君)


 ただいまの選挙で、皆さんのご理解とご協力をいただきまして、副議長という大役に当選をさせていただきました。最初にありがとうございました。お礼申し上げます。


 私、議員をさせていただいて今6期目、23年目に入りました。この間、一貫して住民が主人公、この言葉と議会の民主的運営、こういうことをモットーにして頑張ってまいりました。現在もご承知のように、今、100億円負担中止を求める会の皆さんと一緒に、この新幹線問題で本当に市民の声が活かされる市政をと運動を行っています。一つだけその運動の中で、市民の声をご紹介をして、私の副議長としての責任をしていく上での立場を明らかにしておきたいと思います。


 ある高齢者の女性が、敬老祝い金のことでこんな話をされました。馬場さん、金額は半分でもいい、1,000円でもいい、だけれども、あの敬老祝い金を毎年持って来てもらうと、今年も生きていて良かったのだ。来年まで生きていていいのだと、こう思えてた。本当にうれしかった。だけれども、10年に1回、もう生きてられないな、そんな思いがしている。こうおっしゃいました。私は今まさに地方自治体が何をしなければならないのか。公の果たす役割、そういう市民の声を本当に大事にしていきたいというふうに思っています。


 いろいろ考え方の違いはあることもあろうと思いますが、議会の民主的運営という点では一致出来ると思いますので、どうぞご協力よろしくお願いしたいと思います。議長を補佐して頑張っていきたいと思います。どうもありがとうございました。


○議長(中前純一君)


 休憩をいたします。


   休憩 午前10時52分





   再開 午後 2時23分


○議長(中前純一君)


 それでは、再開いたします。


 お諮りいたします。


 議長、副議長の選挙に伴い、議席の一部変更についてを日程に追加し、追加日程第4として議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中前純一君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議席の一部変更についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。


 〜追加日程第4.議席の一部変更について〜


○議長(中前純一君)


 追加日程第4 議席の一部変更を行います。


 議席を変更される議員諸君の氏名と、その議席番号を事務局長に朗読させます。


○事務局長(中村洋三君)


 5番 太田利貞議員、6番 久徳政和議員、7番 野村昌弘議員、8番 谷口儀禮議員、9番 西村政之議員、10番川? 等議員、16番 北野一郎議員、17番 三浦忠一郎議員、19番 馬場美代子議員、20番 中前純一議員。


 以上でございます。


○議長(中前純一君)


 ただいま朗読いたしましたとおり、議席の一部を変更いたします。


 議席の変更を願う間、しばらく休憩いたします。


   休憩 午後2時24分





   再開 午後2時26分


○議長(中前純一君)


 それでは、再開させていただきます。


 各常任委員会委員及び議会運営委員会委員の任期が来る6月4日をもって満了することから、この際、委員会条例第7条第2項の規定により、各常任委員会委員の選任について及び議会運営委員会委員の選任についてを日程に追加し、追加日程第5及び追加日程第6として議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中前純一君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、各常任委員会委員の選任について及び議会運営委員会委員の選任についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。


 〜追加日程第5.各常任委員会委員の選任について〜


○議長(中前純一君)


 追加日程第5 各常任委員会委員の選任についてを議題といたします。


 各常任委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、本職から指名いたします。


 まず、総務常任委員会委員に、2番 國松 篤議員、5番 太田利貞議員、10番 川? 等議員、12番 宇野 哲議員、18番 井之口秀行議員、19番馬場美代子議員の6名を、環境建設常任委員会委員に、4番 國松清太郎議員、6番 久徳政和議員、7番 野村昌弘議員、8番 谷口儀禮議員、11番 伊藤矢守司議員、14番 ?野正勝議員、16番 北野一郎議員の7名を、文教福祉常任委員会委員に、1番 田村隆光議員、3番 太田浩美議員、9番 西村政之議員、13番 池田久代議員、15番三木敏達議員、17番 三浦忠一郎議員、20番 中前純一議員の7名を、それぞれ指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま指名いたしましたとおり、それぞれの常任委員会委員に選任することについて、ご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中前純一君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしましたとおり、それぞれの常任委員会委員に選任することに決定いたしました。


 〜追加日程第6.議会運営委員会委員の選任について〜


○議長(中前純一君)


 追加日程第6 議会運営委員会委員の選任についてを議題といたします。


 議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、本職から指名いたします。


 議会運営委員会委員に、3番 太田浩美議員、6番 久徳政和議員、8番 谷口儀禮議員、11番 伊藤矢守司議員、14番 ?野正勝議員、18番 井之口秀行議員の6名を指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま指名いたしましたとおり、議会運営委員会委員に選任することについて、ご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中前純一君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしましたとおり、議会運営委員会委員に選任することに決定いたしました。


 なお、委員会条例第4条及び第4条の2第3項の規定により、ただいま選任されました各常任委員会委員及び議会運営委員会委員の任期は、来る6月5日からとなりますので、念のため申し添えておきます。


 6番 久徳政和議員から議会50年史編纂特別委員会委員の辞任願が提出されております。


 お諮りいたします。


 議会50年史編纂特別委員会委員の辞任許可についてを日程に追加し、追加日程第7として議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中前純一君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議会50年史編纂特別委員会委員の辞任許可についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。


 〜追加日程第7.議会50年史編纂特別委員会委員の辞任許可について〜


○議長(中前純一君)


 追加日程第7 議会50年史編纂特別委員会委員の辞任許可についてを議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により、久徳政和議員の退場を求めます。


            (除斥者退場)


○議長(中前純一君)


 それでは、事務局長に辞任願を朗読させます。


○事務局長(中村洋三君)


 辞任願


 今般、都合により、議会50年史編纂特別委員会委員を辞したいので、許可されるようお願いします。


 栗東市議会議長 中前純一様


 議会50年史編纂特別委員会委員 久徳政和


○議長(中前純一君)


 お諮りいたします。


 久徳政和議員の議会50年史編纂特別委員会委員の辞任を許可することに賛成の方の挙手を求めます。


             (挙 手 全 員)


○議長(中前純一君)


 挙手全員と認めます。


 よって、久徳政和議員の議会50年史編纂特別委員会委員の辞任を許可することに決しました。


 久徳政和議員の入場、ご着席をお願いいたします。


            (除斥者入場・着席)


○議長(中前純一君)


 久徳政和議員にお伝えいたします。


 先に提出されました議会50年史編纂特別委員会委員の辞任願につきましては、ただいま許可することに決しましたので、ご報告いたします。


 お諮りいたします。


 議会50年史編纂特別委員会委員の辞任により、委員会に欠員が生じましたので、この際、議会50年史編纂特別委員会委員の選任についてを日程に追加し、追加日程第8として議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中前純一君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議会50年史編纂特別委員会委員の選任についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。


 〜追加日程第8.議会50年史編纂特別委員会委員の選任について〜


○議長(中前純一君)


 追加日程第8 議会50年史編纂特別委員会委員の選任についてを日程に追加し、議題といたします。


 議会50年史編纂特別委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、本職から指名いたします。


 議会50年史編纂特別委員会委員に、19番 馬場美代子議員を指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま指名いたしました19番 馬場美代子議員を議会50年史編纂特別委員会委員に選任することについて、ご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中前純一君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました19番 馬場美代子議員を議会50年史編纂特別委員会委員に選任することに決しました。


 お諮りいたします。


 湖南広域行政組合議会議員でありますが、2番 國松 篤議員、4番 國松清太郎議員、10番 川? 等議員、15番 三木敏達議員から辞職願が提出されておりますので、この際、湖南広域行政組合議会議員の選挙についてを日程に追加し、追加日程第9として議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中前純一君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、湖南広域行政組合議会議員の選挙についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。


 〜追加日程第9.湖南広域行政組合議会議員の選挙について〜


○議長(中前純一君)


 追加日程第9 湖南広域行政組合議会議員の選挙についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選の方法によりたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中前純一君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。


 お諮りいたします。


 指名の方法については、本職において指名することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中前純一君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本職において指名いたします。


 湖南広域行政組合議会議員に、2番 國松 篤議員、9番 西村政之議員、14番 ?野正勝議員、17番 三浦忠一郎議員を指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま本職において指名いたしましたとおり当選人と定めることについて、ご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中前純一君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました2番 國松 篤議員、9番 西村政之議員、14番 ?野正勝議員、17番 三浦忠一郎議員が湖南広域行政組合議会議員に当選されました。


 ただいま湖南広域行政組合議会議員に当選されました2番 國松 篤議員、9番 西村政之議員、14番 ?野正勝議員、17番 三浦忠一郎議員が議場におられますので、会議規則第33条第2項の規定により、当選の告知をいたします。


 以上で、本臨時会に付託されました案件は全部終了いたしました。


 これをもって平成17年第3回栗東市議会臨時会を閉会いたします。


   閉会 午後2時37分





 地方自治法第123条第2項の規定により、下記に署名する。





   平成17年5月31日





 栗東市議会旧議長  三 浦 忠一郎





 栗東市議会新議長  中 前 純 一





 栗東市議会旧副議長 久 徳 政 和





 栗東市議会新副議長 馬 場 美代子





 署 名 議 員   田 村 隆 光





 署 名 議 員   野 村 昌 弘