議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 草津市

平成20年 7月臨時会−07月11日-01号




平成20年 7月臨時会

         平成20年7月草津市議会臨時会会議録
                    平成20年7月11日(金曜日)開会
─────────────────────────────────────
1.議 事 日 程
  第 1.会議録署名議員の指名
  第 2.諸般の報告
  第 3.会期の決定
  第 4.議第61号から議第63号まで
      【平成20年度草津市一般会計補正予算(第2号)他2件】
      提案説明(市長提出)
      議案に対する質疑
      各常任委員会に付託
      各常任委員長の報告
      同報告に対する質疑・討論・採決
─────────────────────────────────────
1.会議に付議した事件
  日程第 1.会議録署名議員の指名
  日程第 2.諸般の報告
  日程第 3.会期の決定
  日程第 4.議第61号から議第63号まで
        【平成20年度草津市一般会計補正予算(第2号)他2件】
        提案説明(市長提出)
        議案に対する質疑
        各常任委員会に付託
        各常任委員長の報告
        同報告に対する質疑・討論・採決
─────────────────────────────────────
1.会議に出席した議員(24名)
   1番 瀬 川 裕 海 君   2番 中 嶋 昭 雄 君
   3番 杉 江   昇 君   4番 西 田 操 子 君
   5番 西 垣 和 美 君   6番 久 保 秋 雄 君
   7番 棚 橋 幸 男 君   8番 西 田   剛 君
   9番 行 岡 荘太郎 君  10番 宇 野 房 子 君
  11番 山 本   正 君  12番 奥 村 恭 弘 君
  13番 大 脇 正 美 君  14番 西 村 隆 行 君
  15番 藤 井 三恵子 君  16番 堀   義 明 君
  17番 奥 村 次 一 君  18番 中 村 孝 蔵 君
  19番 竹 村   勇 君  20番 中 島 一 廣 君
  21番 清 水 正 樹 君  22番 木 村 辰 已 君
  23番 新 庄 敏 夫 君  24番 村 田  進  君
─────────────────────────────────────
1.会議に欠席した議員
    な    し
─────────────────────────────────────
1.会議に出席した説明員
   市長             橋  川     渉  君
   副市長            山  岡  晶  子  君
   教育長            山  本  真 理 子  君
   監査委員           横  井  忠  雄  君
   総務部長           岩  井  正  治  君
   危機管理監          片  岡     忍  君
   政策推進部長         鎌  田  顕  道  君
   政策推進部理事        林  田  久  充  君
   人権環境部長         北  川  恒  幸  君
   健康福祉部長         矢  内  恒  夫  君
   健康福祉部理事        加  藤  一  男  君
   産業建設部長         中  島  直  樹  君
   産業建設部理事        善  利  健  次  君
   水道サービスセンター所長   多 々 良  由 利 子  君
   会計管理者          稲  田  秀  明  君
   教育委員会事務局教育部長   奥  村     保  君
   総務部総務担当理事兼法令遵守監筒  井  光  雄  君
─────────────────────────────────────
1.議場に出席した事務局職員
   事務局長           上  寺  和  親  君
   課長             中  野  和  彦  君
   参事             青  木     均  君
─────────────────────────────────────
◎事務局長(上寺和親君)
 皆さん、おはようございます。
 初めに、市民憲章の唱和を行いたいと思います。
 恐れ入りますけれども、議員の皆様、執行部の皆様、また、傍聴席におられる皆様の御起立をお願いいたします。
     <全 員 起 立>
◎事務局長(上寺和親君)
 私が「一つ」と申し上げますので、その後に続いて大きな声で御唱和いただきたいと思います。
 よろしくお願いいたします。
 私たち草津市民は、一つ、古い歴史にとけあった新しい文化をつくり、住みよいまちをきずくためにあたたかい心を持ちあって、ともにあすへの歩みを進めましょう。
一つ、高い教養を伸ばしましょう。
一つ、明るい環境を整えましょう。
一つ、良い風習を育てましょう。
 どうもありがとうございました。
 どうぞ御着席願います。



    開会 午前10時00分
○議長(木村辰已君)
 皆さん、おはようございます。
 これより、平成20年7月草津市議会臨時会を開会いたします。
 日程に入る前に、新たに就任されました山岡晶子副市長および横井忠雄監査委員から発言を求められておりますので、これを許します。
 山岡副市長。
◎副市長(山岡晶子君) 登壇
 議長のお許しをいただきましたので、一言ごあいさつを申し上げます。
 議員の皆様には、5月定例市議会本会議におきまして、副市長に就任させていただくに当たりまして御同意を賜り、まことにありがとうございました。高いところからではございますが、厚く御礼申し上げます。
 もとより、非力な私でございます。このような大役を仰せつかる身ではなく、この重責を担わせていただくことに対しまして、私自身、その責任の重さに心が押しつぶされるような思いで、去る6月2日から仕事につかせていただいて1カ月余りが過ぎました。
 その間、議員の皆様はもとより、本当に思いもかけないくらいの多くの市民の皆様から、身に余る温かい心のこもったお励ましの言葉を賜りました。ただただ感謝の思いでいっぱいでございます。
 皆様のおかげで元気と勇気をいただきました。私は、誰にも負けないくらい、この草津のまちが好きです。そして、大切に思っております。この草津市のために、そして、これまでに多くの方々から私に賜りました言葉では言い尽くせないくらいの御恩に報いるべく、微力ではございますが、私の力の限り一生懸命に、この重責を担わせていただく覚悟でございます。
 橋川市長のもと、職員全員が力と心を一つにして、市民の方々のお心、願いをしっかりと受けとめさせていただき、市民の方々の目線で、そして、市民の方々のお力をいただきながら、草津のまちづくりに精いっぱい取り組んでまいりたいと存じております。
 どうか議員の皆様方、そして市民の皆様方におかれましては、今までにも倍しての御支援、御指導、御厚情を賜りますことを心からお願い申し上げまして、まことに簡単でございますが、ごあいさつとさせていただきます。
 どうぞよろしくお願い申し上げます。
○議長(木村辰已君)
 横井監査委員。
◎監査委員(横井忠雄君) 登壇
 皆さん、おはようございます。
 ただいま、木村議長様の方から発言のお許しをいただきましたので、監査委員就任に当たりまして一言ごあいさつを申し上げます。
 私の監査委員の選任議案につきましては、先の5月定例議会におきまして、議員の皆様の御同意を賜りまして、まことにありがとうございました。厚く御礼を申し上げます。
 6月2日に就任をさせていただきまして、改めて、その責任の重さに身の引き締まる思いでございます。今後は、公費の適正な執行のもと、市民福祉の増進に向けた行政運営に努めていただきますように、公平・公正をモットーに監査業務を遂行してまいる所存でございます。
 議員の皆様方におかれましては、今までに増しての御指導、御鞭撻を賜りますように心からお願い申し上げまして、簡単ではございますが、ごあいさつとさせていただきます。
 どうもありがとうございました。
 どうぞよろしくお願いいたします。
○議長(木村辰已君)
 これより、日程に入ります。
△〜日程第1.会議録署名議員の指名〜
○議長(木村辰已君)
 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定に基づき、
         10番 宇野 房子議員
         13番 大脇 正美議員
以上の議員を指名いたします。
△〜日程第2.諸般の報告〜
○議長(木村辰已君)
 日程第2、諸般の報告をいたします。
 平成19年度草津市一般会計および特別会計繰越明許費繰越計算書、平成19年度草津市一般会計および特別会計事故繰越し繰越計算書、平成19年度草津市水道事業会計予算繰越計算書、専決処分の報告について、草津市土地開発公社にかかる経営状況説明書類が、地方自治法および地方公営企業法の規定に基づき、それぞれ議会に提出されておりますので、お手元に配付いたしておきました。
 次に、本臨時会の説明員として、お手元に配付いたしておきました文書のとおり、あらかじめ出席を求めておきましたので、御了承願います。
△〜日程第3.会期の決定〜
○議長(木村辰已君)
 日程第3、会期の決定の件を議題といたします。
 お諮りいたします。
 本臨時会の会期は、本日1日間といたしたいと思います。
 これに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(木村辰已君)
 御異議なしと認めます。
 よって、本臨時会の会期は、本日1日間と決定いたしました。
 次に、市長より議案が提出されておりますので、事務局長より報告いたします。
 事務局長。
◎事務局長(上寺和親君)
 草総発第891号
         平成20年7月11日
 草津市議会議長
  木村 辰已 様
      草津市長  橋 川   渉
     議案の提出について
 このことについて、地方自治法(昭和22年法律第67号)第149条第1号の規定に基づき、本日開会の草津市議会臨時会に別添のとおり議案を提出します。
議第61号 平成20年度草津市一般会計補正予算(第2号)
      他2件
 以上。
△〜日程第4.議第61号から議第63号まで〜
○議長(木村辰已君)
 日程第4、議第61号から議第63号までの議案3件を一括議題といたします。
 事務局長より議件を報告いたします。
 事務局長。
◎事務局長(上寺和親君)
 議第61号 平成20年度草津市一般会計補正予算(第2号)
 議第62号 契約の締結につき議決を求めることについて
 議第63号 指定管理者の指定につき議決を求めることについて
 以上。
○議長(木村辰已君)
 提案者の説明を求めます。
 橋川市長。
◎市長(橋川渉君) 登壇
 皆さん、おはようございます。
 緊急にお諮り申し上げたい事案が生じましたので、本日ここに臨時市議会を招集いたしましたところ、議員各位には御出席をいただきまして、厚く御礼申し上げます。
 提案理由の御説明に入らせていただく前に、このたび議会におかれましては、クールビズの推進を図るため、今議会から夏季期間中の本会議においてノーネクタイ、ノー上着の軽装を決められ、環境問題へのさらなる取り組みをしていただきました。我々執行部側も軽装で出席しておりますので、よろしくお願いを申し上げます。
 それでは、ただいま上程をいただきました議第61号から議第63号までにつきまして、提案理由の御説明を申し上げます。
 まず、議第61号は、平成20年度一般会計の補正予算でございまして、今回の補正予算は、当初予算および肉付け補正予算編成後におきます諸事情の変化に伴い、早急に実施すべき事務事業につきまして、所要の措置を講じようとするものでございます。補正予算規模といたしましては、一般会計で1億6,809万2,000円の同額補正となったところでございます。
 この内容でございますが、諸支出金として、法人市民税に係る市税過誤納還付金を追加計上するものでございます。また、これに見合う歳入といたしましては、その全額について財政調整基金繰入金を充当するものでございます。
 次の議第62号および議第63号は、一般議案でございまして、まず議第62号は、芦浦隣保館増築および既存隣保館大規模修繕工事建築請負契約を締結するに当たりまして、議会の議決を求めるものでございます。
 次に、議第63号は、公の施設であります草津駅東自転車駐車場の指定管理者を指定するに当たり議会の議決を求めるものでございます。
 以上、まことに簡単でございますが、提案理由の説明を終わらせていただきます。
 何とぞよろしく御審議をいただき、適正なる議決を賜りますようお願いを申し上げます。
○議長(木村辰已君)
 それでは、これより議第61号から議第63号までの議案3件に対する質疑を行います。
 ただいまのところ通告はございません。
 質疑はございませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(木村辰已君)
 質疑なしと認めます。
 よって、質疑を終結いたします。
 ただいま議題となっております議第61号から議第63号までの議案3件は、お手元に配付いたしておきました議案付託表のとおり、それぞれ所管の各常任委員会に付託いたします。
 ただいまから暫時休憩いたしますので、休憩中に各常任委員会をお開き願い、付託案件の御審査をお願いいたします。
 それでは、これより暫時休憩いたします。
    休憩 午前10時13分
   ─────────────
    再開 午前10時58分
○議長(木村辰已君)
 それでは、再開いたします。
 各常任委員長より、委員会審査報告書が提出されておりますので、議第61号から議第63号までの議案3件を一括議題とし、各常任委員長の報告を求めます。
 総務常任委員長、行岡荘太郎議員。
◆9番(行岡荘太郎君) 登壇
 本臨時会におきまして、総務常任委員会に付託を受けました案件2件について、本日、午前10時15分から委員会を開会し、慎重に審査を行いました結果の御報告を申し上げます。
 議第61号、平成20年度草津市一般会計補正予算(第2号)、議第62号、契約の締結につき議決を求めることについて、以上2件につきましては、全員賛成で原案のとおり可決するものと決しました。
 以上をもちまして、本臨時会におきまして総務常任委員会に付託を受けました案件2件の審査の結果について、報告を終わります。
 何とぞ議員各位の御賛同を賜りますよう、よろしくお願いいたします。
○議長(木村辰已君)
 次に、産業建設常任委員長、大脇正美議員。
◆13番(大脇正美君) 登壇
 おはようございます。
 本臨時会におきまして、産業建設常任委員会に付託を受けました案件1件について、本日、午前10時15分から委員会を開会し、慎重に審査を行いました結果の御報告を申し上げます。
 議第63号、指定管理者の指定につき議決を求めることにつきましては、全員賛成で原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上をもちまして、本臨時会におきまして産業建設常任委員会に付託を受けました案件1件の審査の結果について、報告を終わります。
 何とぞ議員各位の御賛同を賜りますよう、よろしくお願いいたします。
○議長(木村辰已君)
 以上で、各常任委員長の報告は終わりました。
 これより、各常任委員長の報告に対する質疑を行います。
 ただいまのところ通告はございません。
 質疑はございませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(木村辰已君)
 質疑なしと認めます。
 よって、質疑を終結いたします。
 次に、討論を行います。
 討論の通告がございますので、これを許します。
 15番、藤井三恵子議員。
◆15番(藤井三恵子君)
 おはようございます。
 私、日本共産党草津市会議員団を代表いたしまして、今議会に上程されました議第63号、指定管理者の指定につき議決を求めることについての議案に対して反対討論を行います。
 ただいま産業建設常任委員会の委員長の報告では、全員賛成ということでございましたので、その点についても、含めて討論を行わせていただきたいと思います。
 そもそも指定管理者制度とは、皆さんも御承知のように、公の施設の管理運営を自治体などの公共団体だけではなく、営利企業やNPO、地域団体を含む民間事業者にも任せることのできる仕組みであります。
 2003年の地方自治法の改正によりまして可能となった制度であり、2006年9月現在で、指定管理者制度が導入されている施設は、全国で6万1,565となっております。
 指定を受けた団体別で見れば、社会福祉法人などの公共的団体が45%、財団法人・社団法人が36%、株式会社や有限会社は11%となっております。
 その点で見れば、今回の提案管理者は社団法人草津市勤労者福祉サービスセンターでありますから問題はないわけでありますが、しかし幾つかの点で問題と考える点がございますので、指摘をしたいと思います。
 一つ目には、この指定管理者の選定のあり方であります。
 前回の公募では、7者が手を挙げて、今回は2者であった。そのうち、これまで駐輪場の運営のノウハウを持った管理会社は、実績点は少し高いものの、全体では利用促進提案や管理運営費の額の適正化と経営管理に関する計画の欄で差がつき、結果として事業者がかわって社団法人草津市勤労者福祉サービスセンターというふうになりました。
 この会は、皆さんも御承知のように、市内の中小企業の経営促進と経営者や家族、社員の互助的な運営を主に進められている団体であり、そうした団体の指定管理ということについて、今後の駐輪場の運営が問われるのではないでしょうか。
 また、コスト面で言えば、これまでの3年間の契約金額が約3,560万円だったものが、今回、2年8カ月の契約期間で差があるものの、一方は約2,710万円、一方は約2,590万円ということで、少ない金額を提示した方が契約を取りつけるという結果になっております。先の契約金からすると、年間1,200万円、一昨年、平成18年の12月議会で先輩議員の西川議員が指定管理の問題について取り上げましたが、今回の提案の予算にしても大分低く見積もられております。
 また、指定管理者制度の大きなウエートとして、経費削減が目的とされる部分が大きいということを指摘しておきたいと思います。
 事業内容を見ましても、内容変更がないとするならば、人件費が少なくなるのか、管理人数を削減するのかにつながるのではないでしょうか。
 こうした公益施設の管理運営は、市民、利用者から見れば市が管理していると見られるのであって、公の施設の設置者としての責任が生じてきます。その点が、委員会の中で議論を拝聴させていただきましたが、明らかにされておりません。
 問題の二つ目には、指定管理者を選定する際の自治体の基準が問題となります。
 政府が通知した選定基準では、1.住民の平等利用の確保、2.施設効用の最大化、3.管理経費の縮減、4.管理を安定的に行う物的・人的能力の保有を挙げています。
 特に、今回の事例では、提携的サービス施設として駐輪場運営をどうするのかが問われるわけですが、効率的、効果的に運営ができるのかが問われます。
 今回の提案の対象は、まさに実績のない団体であり、応募の資格の3の有料自転車等駐車場の管理および運営を安全かつ円滑に行うことができると認められる団体であることとされていることからも、問題ではないでしょうか。
 私の調査では、今までの管理をされていた財団法人自転車駐車場整備センターでも、雇用をされている方は派遣労働でありました。この契約期間が過ぎれば、どうなるのか心配をされておりましたが、管理会社が変わって継続して働けるようになっています。しかし、働く条件などは何も示されておらず、この議決を待ってからということでありました。
 このように、管理先が変わっても、結局、そうしたノウハウを持たない団体では、専門外ということから派遣などの会社に頼らざるを得ない状況ではないでしょうか。二重の派遣などという問題も社会問題となっております。そうした体制を地方自治体が許すようでは、いけないと思います。
 三つ目に、指定管理者は兼業禁止の対象でないために、首長、いわゆる市長や町長、また、議員と指定管理者との癒着が問題視されています。
 こうした中で、議員や元議員が指定管理団体の役員や長に名を連ねて運営の中心になっているというのでは、対外的に見ても変な推測をされかねません。
 これまで、草津市においても民間団体の理事を兼務していた元助役、現職の県議の加重収賄罪での逮捕という、まさに大変な事件がありました。こうした問題に対しても、日本共産党草津市会議員団は、厳しく真相糾明と再発防止の観点で主張してきた経緯があります。
 総務常任委員会でも指摘させていただきましたように、議員と、また行政とのかかわりの問題、今後の倫理上の問題などについて検討もいただきたいという意見を上げましたけれども、これまで三つの角度で意見を述べさせていただいてまいりましたが、市民から私に対しても、草津市の管理上の問題や企業とのつながりについてなど、議員のあり方についての御指摘を受けることがあります。こうした市民の目に対して、しっかりとした返答ができるようにしたいと思いますし、今後は政治倫理条例の検討もされているとお聞きしております。そういうときだからこそ、十分審議が必要であると思います。
 議会としても、公正明大な選定基準の見直しと、草津市政や議員自らの姿勢を正すことこそ、そうした不信感を一掃することにつながるのではないでしょうか。今後の選定委員会のあり方についても、しっかりとした判断を求め、皆さんと御一緒に清潔な市政を求めて頑張っていきたいと思いますし、今回の提案に対して、そういった点で幾つか問題点を指摘をさせていただき、私の反対の討論とさせていただきます。
○議長(木村辰已君)
 以上で、通告による討論は終わりました。
 ほかに討論はございませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(木村辰已君)
 討論なしと認めます。
 よって、討論を終結いたします。
 それでは、ただいま議題となっております各議案を順次起立により採決いたします。
 それでは、まず議第61号議案の採決を行います。
 お諮りいたします。
 議第61号、平成20年度草津市一般会計補正予算(第2号)について、総務常任委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
     〔起 立 全 員〕
○議長(木村辰已君)
 御着席願います。
 起立全員であります。
 よって、議第61号議案については、総務常任委員長の報告のとおり決しました。
 次に、議第62号議案の採決を行います。
 地方自治法第117条の規定により、除斥の対象になりますので、23番、新庄敏夫議員の退席を求めます。
    「新庄敏夫議員 退席」
○議長(木村辰已君)
 お諮りいたします。
 議第62号、契約の締結につき議決を求めることについて、総務常任委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
     〔起 立 全 員〕
○議長(木村辰已君)
 御着席願います。
 起立全員であります。
 よって、議第62号議案については、総務常任委員長の報告のとおり決しました。
 新庄敏夫議員の入場を求めます。
    「新庄敏夫議員 着席」
○議長(木村辰已君)
 次に、議第63号議案の採決を行います。
 地方自治法第117条の規定により、除斥の対象になりますので、17番、奥村次一議員、8番、西田 剛議員の退席を求めます。
    「奥村次一議員 退席」
    「西田 剛議員 退席」
○議長(木村辰已君)
 お諮りいたします。
 議第63号、指定管理者の指定につき議決を求めることについて、産業建設常任委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
     〔起 立 多 数〕
○議長(木村辰已君)
 御着席願います。
 起立多数であります。
 よって、議第63号議案については、産業建設常任委員長の報告のとおり決しました。
 奥村次一議員、西田 剛議員の入場を求めます。
    「奥村次一議員 着席」
    「西田 剛議員 着席」
○議長(木村辰已君)
 以上で、本日の臨時会に付議されました案件は、すべて議了されたものと認めます。
 この際、市長より発言の申し出がありますので、これを許します。
 橋川市長。
◎市長(橋川渉君) 登壇
 ただいま議長から発言のお許しをいただきましたので、臨時市議会の閉会に当たりまして一言ごあいさつを申し上げます。
 先ほどは、議第61号から議第63号までの各議案につきまして、原案どおりの議決を賜りまして、ありがとうございました。
 さて、一昨日、北海道洞爺湖サミットが閉幕いたしましたが、特に環境問題については、主要各国が活発な議論、意見交換をされ、世界を挙げて地球環境の保全、温暖化の防止に取り組むことが確認がされました。
 本市におきましても、今年の4月に施行いたしました「愛する地球のために約束する草津市条例」に基づいて、市民の皆様と協働し地球温暖化防止の取り組みを進めるため、6月25日に、市内の14事業所との間で、愛する地球のために約束する協定を締結したところであり、より一層の地球環境問題への意識の高まりを期待するものでございます。
 また、先月、岩手・宮城内陸地震が発生し、山崩れや土砂災害の発生、家屋の倒壊で、多くのとうとい人命が失われるなど、甚大な被害が出ました。想像を絶する光景に愕然とし、自然の力、怖さを改めて感じさせられました。犠牲になられた方々の御冥福を心からお祈りするものでございます。
 本市におきましても、市民の皆様が安全に安心して暮らしていただけるよう、地域の皆様とともに災害に強いまちづくりを一層推進していかなければならないと考えておりますので、議員の皆様の御支援、御協力を賜りますようお願いを申し上げまして、まことに簡単でございますが、閉会に当たりましてのあいさつとさせていただきます。
 どうもありがとうございました。
○議長(木村辰已君)
 それでは、これをもちまして、平成20年7月草津市議会臨時会を閉会いたします。
 御苦労さまでした。
    閉会 午前11時17分
   ─────────────

 草津市議会会議規則第81条の規定により、下記に署名する。

         平成20年7月11日

草津市議会議長     木 村 辰 已

   署名議員     宇 野 房 子

   署名議員     大 脇 正 美