議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 草津市

平成19年10月臨時会−10月09日-01号




平成19年10月臨時会

 平成19年10月草津市議会臨時会会議録
                    平成19年10月9日(火曜日)開会
─────────────────────────────────────
1.議 事 日 程
  第 1.仮議席の指定
  第 2.会議録署名議員の指名
  第 3.議長の選挙
  第 4.副議長の選挙
  第 5.諸般の報告
  第 6.議席の指定
  第 7.会期の決定
  第 8.議会運営委員会委員の選任
  第 9.各常任委員会委員の選任
  第10.都市経営特別委員会の設置ならびに委員の選任
  第11.地域活性化特別委員会の設置ならびに委員の選任
  第12.湖南広域行政組合議会議員の選挙
  第13.草津市農業委員会委員の推薦
  第14.議会運営委員会、各常任委員会および各特別委員会の正副委員長の互選の結果報告
  第15.議第71号
      【草津市監査委員の選任につき同意を求めることについて】
      提案説明(市長提出)
      採決
  第16.委員会の閉会中の継続審査
─────────────────────────────────────
1.会議に付議した事件
  日程第 1.仮議席の指定
  日程第 2.会議録署名議員の指名
  日程第 3.議長の選挙
  日程第 4.副議長の選挙
  日程第 5.諸般の報告
  日程第 6.議席の指定
  日程第 7.会期の決定
  日程第 8.議会運営委員会委員の選任
  日程第 9.各常任委員会委員の選任
  日程第10.都市経営特別委員会の設置ならびに委員の選任
  日程第11.地域活性化特別委員会の設置ならびに委員の選任
  日程第12.湖南広域行政組合議会議員の選挙
  日程第13.草津市農業委員会委員の推薦
  日程第14.議会運営委員会、各常任委員会および各特別委員会の正副委員長の互選の結果報

  日程第15.議第71号
        【草津市監査委員の選任につき同意を求めることについて】
        提案説明(市長提出)
        採決
  日程第16.委員会の閉会中の継続審査
─────────────────────────────────────
1.会議に出席した議員(24名)
   1番 瀬 川 裕 海 君   2番 中 嶋 昭 雄 君
   3番 杉 江   昇 君   4番 西 田 操 子 君
   5番 西 垣 和 美 君   6番 久 保 秋 雄 君
   7番 棚 橋 幸 男 君   8番 西 田   剛 君
   9番 行 岡 荘太郎 君  10番 宇 野 房 子 君
  11番 山 本   正 君  12番 奥 村 恭 弘 君
  13番 大 脇 正 美 君  14番 西 村 隆 行 君
  15番 藤 井 三恵子 君  16番 堀   義 明 君
  17番 奥 村 次 一 君  18番 中 村 孝 蔵 君
  19番 竹 村   勇 君  20番 中 島 一 廣 君
  21番 清 水 正 樹 君  22番 木 村 辰 已 君
  23番 新 庄 敏 夫 君  24番 村 田   進 君
─────────────────────────────────────
1.会議に欠席した議員
    な    し
─────────────────────────────────────
1.会議に出席した説明員
   市長             伊  庭  嘉 兵 衞  君
   副市長            山  崎  寛  治  君
   教育長            山  本  真 理 子  君
   監査委員           金  澤  郁  夫  君
   総務部長           岩  井  正  治  君
   危機管理監          奥  村     保  君
   総務部理事          田  鹿  俊  弘  君
   政策推進部長         橋  川     渉  君
   人権環境部長         中  島  直  樹  君
   健康福祉部長         多 々 良  由 利 子  君
   健康福祉部理事        加  藤  一  男  君
   産業建設部長         加  藤  俊  彦  君
   産業建設部理事        善  利  健  次  君
   水道サービスセンター所長   乙  部     茂  君
   会計管理者          矢  内  恒  夫  君
   教育委員会事務局教育部長   鎌  田  顕  道  君
   総務部総務担当理事      山  本  勝  彦  君
─────────────────────────────────────
1.議場に出席した事務局職員
   事務局長           北  川  恒  幸  君
   事務局次長          北  川  雅  夫  君
   参事             青  木     均  君
─────────────────────────────────────
◎事務局長(北川恒幸君)
 皆さん、おはようございます。
 初めに、市民憲章の唱和を行いたいと思います。
 恐れ入りますが、議員の皆様、執行部の皆様、また、傍聴席におられる皆様の御起立をお願いいたします。
     <全 員 起 立>
◎事務局長(北川恒幸君)
 私が「一つ」と申し上げますので、その後に続いて大きな声で御唱和いただきたいと思います。
 よろしくお願いします。
 私たち草津市民は、一つ、古い歴史にとけあった新しい文化をつくり、住みよいまちをきずくためにあたたかい心を持ちあって、ともにあすへの歩みを進めましょう。
 一つ、豊かな生産に努めましょう。
 一つ、高い教養を伸ばしましょう。
 一つ、明るい環境を整えましょう。
 一つ、良い風習を育てましょう。
 どうもありがとうございました。
 どうぞ御着席願います。



     開会 午前10時00分
◎事務局長(北川恒幸君)
 一般選挙後、最初の議会でございますので、議長が選出されるまでの間、地方自治法第107条の規定によりまして、年長の議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。
 出席議員中、村田 進議員が年長の議員でございます。
 村田議員が議長の職務を行いますので、御紹介申し上げます。
 村田議員、どうぞ議長席の方へお着き願います。
○臨時議長(村田進君)
 ただいま、議会事務局長から紹介をされました村田 進です。
 地方自治法第107条の規定によりまして、臨時の議長の職務を行いたいと思います。
 議長選出まで懸命に務めますので、どうぞよろしくお願いを申し上げます。
 それでは、ただいまより平成19年10月草津市議会臨時会を開催いたします。
 直ちに本日の会議を開きます。
△〜日程第1.仮議席の指定〜
○臨時議長(村田進君)
 日程第1、この際、議事の進行上、仮議席の指定を行いたいと思います。
 仮議席は、ただいま御着席の議席といたします。
△〜日程第2.会議録署名議員の指名〜
○臨時議長(村田進君)
 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定に基づき、
          1番 瀬川 裕海議員
         23番 新庄 敏夫議員
を指名いたします。
△〜日程第3.議長の選挙〜
○臨時議長(村田進君)
 日程第3、これより議長の選挙を行いたいと思います。
 選挙の方法については、投票により行いたいと思います。
 議場の閉鎖を命じます。
      「議場の閉鎖」
○臨時議長(村田進君)
 ただいまの出席議員数は、24名であります。
 これより、投票用紙を配付いたさせます。
     「投票用紙配付」
○臨時議長(村田進君)
 投票用紙の配付漏れはございませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○臨時議長(村田進君)
 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を改めさせます。
      「投票箱点検」
○臨時議長(村田進君)
 投票箱、異状なしと認めます。
 念のために申し上げます。
 投票は、単記無記名であります。
 白票は、無効といたします。
 議席にて、投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて、順次、投票をお願いいたします。
 事務局長に点呼を命じます。
◎事務局長(北川恒幸君)
 私の方から議席順にお呼びいたしますので、投票の方をよろしくお願いいたします。
     「事務局長 点呼」
 なお、臨時議長は議長席から投票をお願いします。
○臨時議長(村田進君)
 投票漏れはございませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○臨時議長(村田進君)
 投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
      「議場の開鎖」
○臨時議長(村田進君)
 ただいまから開票を行いたいと思います。
 会議規則第31条第2項の規定によりまして、立会人に、2番、中嶋昭雄議員、21番、清水正樹議員を指名いたしたいと思います。
 よって、両議員の立ち会いをお願いいたします。
      「開  票」
○臨時議長(村田進君)
 それでは、選挙の結果を御報告申し上げます。
 投票総数24票、これは先ほどの出席議員数に符号いたしております。
 そのうち、有効投票24票、無効投票ゼロ票でございます。有効投票中、木村辰已議員、17票、大脇正美議員、5票、藤井三恵子議員2票。
 以上のとおりであります。
 この選挙の法定得票数は、投票総数の4分の1、6票以上でありますので、よって、22番、木村辰已議員が議長に当選をされました。
 ただいま議長に当選をされました木村辰已議員が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定によりまして、当選の告知をさせていただきます。
 それでは、ただいま議長に当選されました木村辰已議員より就任のあいさつをお願いすることにいたします。
◆22番(木村辰已君) 登壇
 議長就任に当たりまして、一言ごあいさつ申し上げます。
 ただいま、多くの議員各位の御賛同をいただき、ここに第55代草津市議会議長に就任をさせていただきまして、まことに身の余る光栄であり、心から厚く感謝申し上げます。
 私は、もとより浅学非才でございますが、責任の重さを痛感いたしております。しかし、御推挙をいただきました本日から、より一層の研さんを重ね、伝統ある草津市議会の議長の名を汚さぬよう職務を全うしていく所存でございます。どうか皆様方の御指導、御鞭撻をいただきますよう心からよろしくお願い申し上げます。
 さて、我々地方自治体にかかわる者にとりまして、現在、最も関心事といえば、地方分権の推進であります。
 地方分権は、国と地方行政を通じる構造改革を進める上で極めて重大な課題であり、地方にできることは地方にとの方針の下、いわゆる国と地方の役割分担が見直され、ますます国の関与、国庫補助負担金の廃止・縮小等が図られ、数々の制度が進められております。特に、税財政面では、地方交付税、国庫補助負担金の見直しとあわせて、税源移譲を含めた税源配分の見直しが行われるなど、大変厳しい内容であります。地方自治体の存続そのものに対し影響を及ぼし始めたと言われておりますが、今こそ草津市の未来のためにも、この補助金等の削減に伴う税財源の確保について、行政と議会とが連携し、最善の対策を講じておかなければならないと考えております。
 このような時期に議長の大役を仰せつかったわけでございますが、議長という重責に憶することなく、誰にも負けない草津への愛着を力の糧として誠心誠意、草津市のために尽くしてまいりたい所存でございます。
 どうか、議員各位を初め、伊庭市長ならびに理事者の皆様方の絶大なる御支援、御協力をお願いを申し上げまして、言葉整いませんが、議長就任のあいさつとさせていただきます。
 どうもありがとうございました。
             (拍  手)
○臨時議長(村田進君)
 以上をもちまして、臨時議長の職務は完了いたしました。
 皆様方の温かい御協力によりまして、滞りなくその職務を果たすことができました。心から厚く御礼を申し上げます。
 それでは、木村辰已議長、どうぞ議長席にお着きを願います。
△〜日程第4.副議長の選挙〜
○議長(木村辰已君)
 どうもありがとうございました。
 それでは、日程第4、これより副議長の選挙を行います。
 選挙の方法については、投票により行います。
 議場の閉鎖を命じます。
      「議場の閉鎖」
○議長(木村辰已君)
 ただいまの出席議員数は、24名であります。
 これより、投票用紙を配付いたさせます。
     「投票用紙配付」
○議長(木村辰已君)
 投票用紙の配付漏れはありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(木村辰已君)
 配付漏れなしと認めます。
 それでは、投票箱を改めさせます。
      「投票箱点検」
○議長(木村辰已君)
 投票箱、異状なしと認めます。
 投票は、単記無記名であります。
 白票は、無効といたします。
 自席にて、投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて、順次、投票をお願いいたします。
 事務局長に点呼を命じます。
◎事務局長(北川恒幸君)
 それでは、私の方から議席順にお呼びをいたしますので、投票の方をよろしくお願いします。
      「事務局長 点呼」
 議長は議長席から投票をお願いします。
○議長(木村辰已君)
 投票漏れはありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(木村辰已君)
 投票漏れなしと認めます。
 それでは、投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
       「議場の開鎖」
○議長(木村辰已君)
 それでは、開票を行います。
 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に、3番、杉江 昇議員、19番、竹村勇議員を指名いたします。
 よって、両氏の立ち会いをお願いいたします。
       「開  票」
○議長(木村辰已君)
 それでは、選挙の結果を報告を申し上げます。
 投票総数24票、これは先ほどの出席議員数に符号いたしております。
 そのうち、有効投票24票、無効投票ゼロでございます。有効投票中、中島一廣議員、22票、久保秋雄議員、2票。
 以上のとおりであります。
 この選挙の法定得票数は、6票であります。
 よって、20番、中島一廣議員が副議長に当選されました。
 ただいま副議長に当選されました中島一廣議員が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。
 副議長に当選されました中島一廣議員より就任のあいさつをお願いすることにいたします。
◆20番(中島一廣君) 登壇
 おはようございます。
 お許しをいただき、副議長就任に当たり一言ごあいさつを申し上げます。
 このたびは、議員の皆様方の御推挙によりまして、伝統あるこの草津市議会第53代副議長に就任させていただきました。心より御礼申し上げますと同時に、心技体ともに未熟なる上、経験の浅い私に、この重責を果たすことができるのかと、正直申し上げ、一抹の不安を感じております。しかし、御推挙をいただいたからには、皆様からの温かい激励と御期待を裏切ることのないよう、自己研さんはもちろん、議長の補佐役に徹し、議会の円滑な運営に努め、草津市の名誉と輝かしい未来のために真剣に誠心誠意、努力をいたす覚悟でございます。
 さて、先ほど議長のあいさつにもありましたように、国や県からの税財源移譲等の見直しが進んでまいりました。いずれの地方自治体でも、限られた予算の中で市民が必要とする施策について、常にその成果をはかりながら推進し、市民サービスを低下させることなく、維持向上していくことが求められています。
 その点では、いよいよ地方自治体の創意と工夫による行政の運営能力が問われる時代となってきたと感じております。そして、施策の選定に際しましては、市制50歳を迎えた今、過去、現在、明日を精査した施策の費用対効果の測定が欠かせないと痛感しております。このようなときに、大役を仰せつかったわけではありますが、常に挑戦者の気持ちで前向きに草津市政の発展に寄与してまいる所存でございます。
 どうか、これまで以上に皆さんの温かい御支援と御指導を賜りますようお願い申し上げ、簡単措辞ではございますが、副議長就任に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。
 どうぞよろしくお願い申し上げます。
             (拍  手)
△〜日程第5.諸般の報告〜
○議長(木村辰已君)
 日程第5、諸般の報告をいたします。
 本臨時会の説明員としてお手元に配付いたしておきました文書のとおり、あらかじめ出席を求めておきましたので、御了承願います。
△〜日程第6.議席の指定〜
○議長(木村辰已君)
 日程第6、議席の指定を行います。
 議席は、会議規則第4条第1項の規定により、議長において指定します。
 議席は、お手元に配付しておきました「議席番号・議席配置表」のとおりであります。
△〜日程第7.会期の決定〜
○議長(木村辰已君)
 日程第7、会期の決定の件を議題といたします。
 お諮りいたします。
 本臨時会の会期は、本日1日間といたしたいと思います。
 これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(木村辰已君)
 異議なしと認めます。
 よって、本臨時会の会期は、本日1日間と決定いたしました。
△〜日程第8.議会運営委員会委員の選任〜
○議長(木村辰已君)
 次に、日程第8、議会運営委員会委員の選任の件を議題といたします。
 お諮りいたします。
 議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、お手元に配付いたしておきました一覧表のとおり、議会運営委員会委員に、それぞれ指名いたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(木村辰已君)
 異議なしと認めます。
 よって、ただいま指名いたしました議員を議会運営委員会委員に選任することに決しました。
    [議会運営委員会委員一覧表]
  奥 村 恭 弘   大 脇 正 美
  西 村 隆 行   藤 井 三恵子
  竹 村   勇   清 水 正 樹
  新 庄 敏 夫   村 田   進
△〜日程第9.各常任委員会委員の選任〜
○議長(木村辰已君)
 日程第9、各常任委員会委員の選任の件を議題といたします。
 お諮りいたします。
 各常任委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、お手元に配付いたしておきました一覧表のとおり、各常任委員会委員にそれぞれ指名いたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(木村辰已君)
 異議なしと認めます。
 よって、ただいま指名いたしました議員を、各常任委員会委員に選任することに決しました。
    [常任委員会委員一覧表]
※総務常任委員会
  瀬 川 裕 海   中 嶋 昭 雄
  久 保 秋 雄   行 岡 荘太郎
  宇 野 房 子   西 村 隆 行
  清 水 正 樹   木 村 辰 已
※文教厚生常任委員会
  杉 江   昇   西 田 操 子
  西 垣 和 美   西 田   剛
  奥 村 恭 弘   藤 井 三恵子
  中 村 孝 蔵   中 島 一 廣
※産業建設常任委員会
  棚 橋 幸 男   山 本   正
  大 脇 正 美   堀   義 明
  奥 村 次 一   竹 村   勇
  新 庄 敏 夫   村 田   進
△〜日程第10.都市経営特別委員会の設置ならびに委員の選任〜
○議長(木村辰已君)
 日程第10、都市経営特別委員会の設置ならびに委員の選任の件を議題といたします。
 お諮りいたします。
 将来にわたり、健全で、かつ人権が尊重された持続可能な自治体経営を進めるための調査研究を行うため、12人の委員をもって構成する都市経営特別委員会を設置し、審査が終了するまでの間、閉会中も継続審査できるものにしたいと思います。
 これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(木村辰已君)
 異議なしと認めます。
 よって、本件については12人の委員をもって構成する都市経営特別委員会を設置し、審査が終了するまでの間、閉会中も継続審査ができるものと決しました。
 引き続きお諮りいたします。
 ただいま設置されました都市経営特別委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、お手元に配付いたしました一覧表のとおり、それぞれ指名したいと思いますが、これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(木村辰已君)
 異議なしと認めます。
 よって、ただいま指名いたしました12人の各議員を都市経営特別委員会委員に選任することに決しました。
※都市経営特別委員会
  杉 江   昇   久 保 秋 雄
  棚 橋 幸 男   行 岡 荘太郎
  山 本   正   奥 村 恭 弘
  西 村 隆 行   堀   義 明
  清 水 正 樹   木 村 辰 已
  新 庄 敏 夫   村 田   進
△〜日程第11.地域活性化特別委員会の設置ならびに委員の選任〜
○議長(木村辰已君)
 日程第11、地域活性化特別委員会の設置ならびに委員の選任の件を議題といたします。
 お諮りいたします。
 地域活性化に向けた諸施策について調査研究を行うため、12人の委員をもって構成する地域活性化特別委員会を設置し、審査が終了するまでの間、閉会中も継続審査ができるものにしたいと思います。
 これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(木村辰已君)
 異議なしと認めます。
 よって、本件については12人の委員をもって構成する地域活性化特別委員会を設置し、審査が終了するまでの間、閉会中も継続審査ができるものと決しました。
 引き続きお諮りいたします。
 ただいま設置されました地域活性化特別委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、お手元に配付いたしました一覧表のとおり、それぞれ指名したいと思いますが、これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(木村辰已君)
 異議なしと認めます。
 よって、ただいま指名をいたしました12人の各議員を地域活性化特別委員会委員に選任することに決しました。
※地域活性化特別委員会
  瀬 川 裕 海   中 嶋 昭 雄
  西 田 操 子   西 垣 和 美
  西 田   剛   宇 野 房 子
  大 脇 正 美   藤 井 三恵子
  奥 村 次 一   中 村 孝 蔵
  竹 村   勇   中 島 一 廣
△〜日程第12.湖南広域行政組合議会議員の選挙〜
○議長(木村辰已君)
 日程第12、湖南広域行政組合議会議員の選挙を行います。
 選挙の方法につきましては、指名推選により行いたいと思いますが、これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(木村辰已君)
 異議なしと認めます。
 選挙の方法は、指名推選によることに決しました。
 お諮りいたします。
 指名の方法につきましては、本職において指名することにしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(木村辰已君)
 異議なしと認めます。
 よって、本職において指名することに決しました。
 湖南広域行政組合議会議員に、11番、山本 正議員、17番、奥村次一議員、19番、竹村 勇議員、23番、新庄敏夫議員、以上を指名いたします。
 お諮りいたします。
 ただいま本職において指名いたしました4人の議員を、湖南広域行政組合議会議員の当選人と定めることに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(木村辰已君)
 異議なしと認めます。
 ただいま指名いたしました4人の議員が湖南広域行政組合議会議員に当選されました。
 ただいま当選されました方々が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。
△〜日程第13.草津市農業委員会委員の推薦〜
○議長(木村辰已君)
 次に、農業委員会等に関する法律の第12条第2号の規定により、本市議会の推薦に係る農業委員会委員のうち、2人が現在欠員中であり、市長より後任の推薦について依頼に接しております。
 よって、日程第13、草津市農業委員会委員の推薦を行います。
 お諮りいたします。
 委員の推薦につきましては、本職の指名により推薦したいと思いますが、これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(木村辰已君)
 異議なしと認めます。
 よって、委員の推薦については、議長の指名により推薦することに決しました。
 草津市農業委員会委員に、18番、中村孝蔵議員、19番、竹村 勇議員の両議員を指名いたします。
 ただいま指名いたしました中村孝蔵議員、竹村 勇議員につきましては、地方自治法第117条の規定により、除斥の対象となりますので、退席を求めます。
     「中村孝蔵議員 退席」
     「竹村 勇議員 退席」
○議長(木村辰已君)
 お諮りいたします。
 草津市農業委員会委員に、18番、中村孝蔵議員、19番、竹村 勇議員を推薦することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(木村辰已君)
 異議なしと認めます。
 よって、18番、中村孝蔵議員、19番、竹村 勇議員を草津市農業委員会委員に推薦することに決しました。
 中村孝蔵議員および竹村 勇議員の入場を求めます。
     「中村孝蔵議員 着席」
     「竹村 勇議員 着席」
○議長(木村辰已君)
 それでは、ただいまより暫時休憩をいたしますが、休憩中に、議会運営委員会、各常任委員会および各特別委員会をお開き願いまして、委員長および副委員長を互選の上、その結果を議長まで御報告いただきたいと思います。
 暫時休憩いたします。
    休憩 午前10時45分
   ─────────────
    再開 午前11時16分
○議長(木村辰已君)
 それでは、再開いたします。
△〜日程第14.議会運営委員会および各常任委員会ならびに各特別委員会の正副委員長の互選の結果報告〜
○議長(木村辰已君)
 日程第14、議会運営委員会、各常任委員会および各特別委員会から、委員長および副委員長の互選の結果について届け出がありましたので、御報告いたします。
 委員長および副委員長の互選の結果については、お手元に配付いたしておきました正副委員長の一覧表のとおりです。
 [議会運営委員会・常任委員会・特別委員会正副委員長一覧表]
 議会運営委員会
   委員長   新 庄 敏 夫
   副委員長  奥 村 恭 弘
 総務常任委員会
   委員長   行 岡 荘太郎
   副委員長  西 村 隆 行
 文教厚生常任委員会
   委員長   西 田   剛
   副委員長  藤 井 三恵子
 産業建設常任委員会
   委員長   大 脇 正 美
   副委員長  奥 村 次 一
 都市経営特別委員会
   委員長   清 水 正 樹
   副委員長  堀   義 明
 地域活性化特別委員会
   委員長   中 村 孝 蔵
   副委員長  西 田   剛
○議長(木村辰已君)
 次に、市長より議案が提出されておりますので、これを事務局長から朗読いたします。
 事務局長。
◎事務局長(北川恒幸君)
 草総発第1082号
        平成19年10月9日
 草津市議会議長
 木 村 辰 已 様
   草津市長  伊 庭 嘉兵衞
        議案の提出について
 このことについて、地方自治法(昭和22年法律第67号)第149条第1号の規定に基づき、本日開会の草津市議会臨時会に別添のとおり議案を提出します。
 議第71号 草津市監査委員の選任につき同意を求めることについて
 以上。
○議長(木村辰已君)
 地方自治法第117条の規定により、除斥の対象になりますので、清水正樹議員の退席を求めます。
     「清水正樹議員 退席」
△〜日程第15.議第71号〜
○議長(木村辰已君)
 日程第15、議第71号議案を議題といたします。
 事務局長に議件を朗読いたさせます。
 事務局長。
◎事務局長(北川恒幸君)
 議第71号 草津市監査委員の選任につき同意を求めることについて
 以上。
○議長(木村辰已君)
 提案者の説明を求めます。
 伊庭市長。
◎市長(伊庭嘉兵衞君) 登壇
 提案理由の説明を申し上げます前に、一言ごあいさつを申し上げます。
 議員各位には、先月9日に執行されました草津市議会議員一般選挙におきまして、多くの有権者の支持を受けられ当選の栄に浴されました。改めまして、心からお祝いを申し上げますとともに、今後の御活躍をお祈りを申し上げるものでございます。
 さて、本議会は草津市議会議員改選後の初めての議会でございますが、ただいまは議長および副議長を初め、各常任委員会委員、各特別委員会委員等を選出されましたことを心からお喜びを申し上げます。
 特に、本日第55代議長に就任されました木村辰已議長、第53代副議長に就任をされました中島一廣副議長を初め、各役員の方に対しまして、心からお喜びを申し上げます。それぞれの豊富な経験と豊かな識見を十分に発揮をしていただきまして、円滑で濶達なる議会運営が図られますよう御祈念を申し上げる次第であります。
 また、今後の市政の運営につきましては、格別なる御指導と御支援を賜りますようお願いを申し上げる次第でございます。
 それでは、ただいま上程をいただきました議第71号につきまして、提案理由の説明を申し上げます。
 議第71号は、地方自治法第196条第1項の規定に基づき、議員のうちから議会の同意を得て選任をしておりました草津市監査委員の任期が議員の任期満了に伴いまして既に満了いたしておりますことから、新たに議員のうちから清水正樹さんを選任するに当たりまして、議会の同意を求めようとするものでございます。
 以上、まことに簡単でございますが、提案理由の説明を終わらせていただきます。
 何とぞ、よろしく御審議を賜り、御同意を賜りますようお願いを申し上げます。
○議長(木村辰已君)
 以上で、提案者の説明は終わりました。
 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議第71号議案は、人事案件でありますので、質疑ならびに会議規則第37条第3項の規定により委員会の付託を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。
 これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(木村辰已君)
 御異議なしと認めます。
 よって、ただいま議題となっております議第71号は、委員会付託を省略し直ちに採決することに決しました。
 それでは、これより議第71号議案を起立により採決いたします。
 お諮りいたします。
 草津市監査委員に、21番、清水正樹議員を選任することに同意することに賛成の議員の起立を求めます。
  〔起 立 多 数〕
○議長(木村辰已君)
 御着席願います。
 起立多数であります。
 よって、議第71号議案は原案のとおり同意することに決しました。
 清水正樹議員の入場を求めます。
     「清水正樹議員 着席」
△〜日程第16.委員会の閉会中の継続審査〜
○議長(木村辰已君)
 日程第16、委員会の閉会中の継続審査を議題といたします。
 議会運営委員会委員長から、会議規則第104条の規定により、お手元に配付いたしております調査項目のとおり、議会運営委員会の委員の任期中、これを閉会中の特定事件として審査に付したい旨の申し出がありました。
 お諮りいたします。
 委員長の申し出のとおり、閉会中の特定事件として審査に付することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(木村辰已君)
 御異議なしと認めます。
 よって、委員長の申し出のとおり、閉会中の特定事件として審査に付することに決しました。
 以上で、本定例会に付議された案件は、すべて議了されたものと認めます。
 この際、市長より発言の申し出がありますので、これを許します。
 伊庭市長。
◎市長(伊庭嘉兵衞君) 登壇
 ただいま、議長のお許しをいただきましたので、臨時会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 今臨時会に提案申し上げました案件は、人事案件でございましたが、原案どおり同意を賜り、まことにありがとうございました。
 さて、国におきましては、新しく福田政権が誕生し、「国民生活の安定を最優先」する考えのもと、「自立と共生」、「希望と安心」をキーワードに、「温もりのある政治」に取り組む姿勢を強調されたところでございます。
 小泉政権以来、改革路線を踏襲しつつも、協調姿勢を前面に出されたその背景には、改革に伴います格差問題や年金などで、「国民の目線」を意識した施策が求められている現状がうかがえるところとなってまいっております。
 身近な政府としての私どもの地方自治体にとりましては、こうした、いわゆる生活者起点の発想は、まさに生命線でございます。市民生活にどのような影響を与えるのか、あるいは市民福祉の向上にどうつながっていくのか、絶えずこのことを意識し、諸施策の遂行に取り組んでまいる所存でございまして、このことが、基礎自治体としての責任を果たすことになると確信をいたしておりますので、議員の皆様の御支援と御協力を賜りますよう、お願いを申し上げます。
 結びに当たりまして、議員各位におかれましては、向こう4年間の任期を、健康に十分御留意をいただき、11万7千市民の負託に応えられますよう、今後の御活躍をお祈りを申し上げまして、まことに簡単でございますが、閉会に当たりましての私のあいさつとさせていただきます。
 どうも、ありがとうございました。
○議長(木村辰已君)
 それでは、これをもちまして、平成19年10月草津市議会臨時会を閉会いたします。
 御苦労さまでした。
     閉会 午前11時25分

 草津市議会会議規則第81条の規定により、下記に署名する。

          平成19年10月9日

草津市議会臨時議長   村 田   進

草津市議会議長     木 村 辰 已

草津市議会副議長    中 島 一 廣

署名議員        瀬 川 裕 海

署名議員        新 庄 敏 夫