議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 草津市

平成18年12月定例会−12月05日-01号




平成18年12月定例会

 平成18年12月草津市議会定例会会議録
                    平成18年12月5日(火曜日)開会
─────────────────────────────────────
1.議 事 日 程
  第 1.会議録署名議員の指名
  第 2.諸般の報告
  第 3.会期の決定
  第 4.議第110号から議第127号まで
      【平成18年度草津市一般会計補正予算(第3号) 他17件】
      提案説明(市長提出)
─────────────────────────────────────
1.会議に付議した事件
  日程第 1.会議録署名議員の指名
  日程第 2.諸般の報告
  日程第 3.会期の決定
  日程第 4.議第110号から議第127号まで
        【平成18年度草津市一般会計補正予算(第3号) 他17件】
        提案説明(市長提出)
─────────────────────────────────────
1.会議に出席した議員(23名)
   1番 西 田   剛 君   2番 行 岡 荘太郎 君
   3番 奥 村 次 一 君   4番 大 脇 正 美 君
   5番 奥 村 恭 弘 君   6番 西 村 隆 行 君
   7番 中 村 孝 蔵 君   8番 竹 村   勇 君
   9番 中 島 一 廣 君  10番 山 本   正 君
  11番 勝 部 増 夫 君  12番 清 水 和 廣 君
  13番 横 江 孚 彦 君  14番 山 本 正 行 君
  15番 堀   義 明 君  16番 平 田 淳 一 君
  17番 木 村 辰 已 君  18番 奥 村 芳 正 君
  19番 新 庄 敏 夫 君  20番 村 田   進 君
  21番 福 井 太加雄 君  22番 石 坂 昭 典 君
  23番 西 川   仁 君
─────────────────────────────────────
1.会議に欠席した議員
    な    し
─────────────────────────────────────
1.会議に出席した説明員
   市長             伊  庭  嘉 兵 衞  君
   監査委員           金  澤  郁  夫  君
   助役             山  崎  寛  治  君
   収入役            山  岡  晶  子  君
   教育長            山  本  真 理 子  君
   総務部長           岩  井  正  治  君
   危機管理監          奥  村     保  君
   総務部理事          田  鹿  俊  弘  君
   政策推進部長         橋  川     渉  君
   人権環境部長         中  島  直  樹  君
   健康福祉部長兼水道サービスセンター所長
                  多 々 良  由 利 子  君
   産業建設部長         加  藤  俊  彦  君
   出納室長           矢  内  恒  夫  君
   教育委員会事務局教育部長   鎌  田  顕  道  君
   総務部総務担当理事      山  本  勝  彦  君
─────────────────────────────────────

1.議場に出席した事務局職員
   事務局長           北  川  恒  幸  君
   事務局次長          上  田  純  一  君
   副参事            青  木     均  君
─────────────────────────────────────
◎事務局長(北川恒幸君)
 皆さん、おはようございます。
 初めに、市民憲章の唱和を行いたいと思います。
 恐れ入りますが、議員の皆様、執行部の皆様、また、傍聴席におられる皆様の御起立をお願いいたします。
     <全 員 起 立>
◎事務局長(北川恒幸君)
 私が「一つ」と申し上げますので、その後に続いて大きな声で御唱和をいただきたいと思います。
 よろしくお願いします。
 私たち草津市民は、一つ、古い歴史にとけあった新しい文化をつくり、住みよいまちをきずくために温かい心を持ちあって、ともにあすへの歩みを進めましょう。
 一つ、豊かな生産に努めましょう。
 一つ、高い教養を伸ばしましょう。
 一つ、明るい環境を整えましょう。
 一つ、良い風習を育てましょう。
 どうもありがとうございました。
 どうぞ御着席願います。


    開会 午前10時01分
○議長(福井太加雄君)
 皆さん、おはようございます。
 これより、平成18年12月草津市議会定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。
 これより、日程に入ります。
△〜日程第1.会議録署名議員の指名〜
○議長(福井太加雄君)
 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定に基づき、
         4番 大脇 正美議員
        19番 新庄 敏夫議員
 以上の両議員を指名いたします。
△〜日程第2.諸般の報告〜
○議長(福井太加雄君)
 日程第2、諸般の報告をいたします。
 本定例会の説明員として、お手元に配付いたしておきました文書のとおり、あらかじめ出席を求めておきましたので、御了承願います。
△〜日程第3.会期の決定〜
○議長(福井太加雄君)
 日程第3、会期の決定の件を議題といたします。
 お諮りいたします。
 今期定例会の会期は、本日から12月22日までの18日間といたしたいと思います。
 これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(福井太加雄君)
 御異議なしと認めます。
 よって、今期定例会の会期は、本日から12月22日までの18日間と決定いたしました。
 次に、市長より議案が提出されておりますので、事務局長より報告いたします。
 事務局長。
◎事務局長(北川恒幸君)
 草総発第1310号
        平成18年12月5日
 草津市議会議長
  福 井 太加雄 様
      草津市長  伊 庭 嘉兵衞
      議案の提出について
 このことについて、地方自治法(昭和22年法律第67号)第149条第1号の規定に基づき、本日開会の草津市議会定例会に別添のとおり議案を提出します。
 議第110号 平成18年度草津市一般会計補正予算(第3号)
       他17件
 以上。
△〜日程第4.議第110号から議第127号まで〜
○議長(福井太加雄君)
 日程第4、議第110号から議第127号までの議案18件を一括議題といたします。
 事務局長より議件を報告いたします。
 事務局長。
◎事務局長(北川恒幸君)
 議第110号 平成18年度草津市一般会計補正予算(第3号) 他 補正予算2件
 議第113号 草津市副市長定数条例案 他 条例案9件
 議第123号 契約の変更につき議決を求めることについて 他 一般議案4件
 以上。
○議長(福井太加雄君)
 提案者の説明を求めます。
 伊庭市長。
◎市長(伊庭嘉兵衞君) 登壇
 皆さん、おはようございます。
 本日、ここに12月定例市議会を招集をいたしましたところ、議員各位には御出席を賜りまして、まことにありがとうございます。
 それでは、ただいま上程をいただきました議案を説明をさせていただきます前に、平成19年度当初予算の編成時期となってまいりましたので、これに臨みます私の基本的な考え方について、まず申し述べをさせていただきます。
 近年、我が国の社会・経済は大きく変貌を遂げてまいりましたが、この底流にあるのは、私なりに考えますと、大きく5点あるというふうに思っております。
 まず第1点目は、「少子・高齢化」であります。
 我が国は、現在、人口減少局面に入っておりますが、今後の日本社会は、少子化と高齢化が同時に進行し、今世紀半ばには、3人に1人が高齢者であるという「超高齢化社会」となる見通しとなっております。この対応が、今後、必要になっていくのではないかというふうに考えております。
 また、第2点目は、「量的な拡大」を指向し「右肩上がりの経済」が終えんをし、「質を重視」した「真の豊かさを実感できる社会」が求められるようになったことであります。今年の流行語となりました「品格」という言葉も、相通ずることと感じております。
 3点目は、画一的・集団的な、「標準的なもの」が消失をし、価値観やライフスタイルの「多様化」が進み、若者を中心に、そのことが顕著になってきたところであります。
 第4点目といたしましては、経済のグローバル化によります生活、文化、就労、教育等へのさまざまな分野への影響が顕著であることとなっております。
 第5点目は、「公共や行政に対する住民の意識」が変化をし、新しい公共のあり方が求められるようになってきたこと等と地方分権の進展が挙げられると、このように思っております。
 以上のように、近年の我が国の社会・経済の構造変化は顕著な現状となっておりますことから、私は、この変化に呼応して、積極果敢に持続可能な社会、経済をつくり上げていこうという視点と気概が不可欠ではないかと考えておるところでございます。それぞれの地域が自らの意思で創意工夫をして、独自の個性に根差した魅力づくりを行うことが重要になっております。
 幸いにして、我が草津市には、「活気や元気」といった面において他の都市にすぐれる大きなアドバンテージと広い意味での地の利があります。これらを最大限に活用し、本市ならではの特色を生かし、人々を引きつける魅力と活力にあふれたまちづくりを目指していきたいと考えております。
 さて、最近の我が国の経済情勢と政策を確認をいたしますと、11月の22日に発表されました政府の月例経済報告では、平成14年の2月から始まりました景気の拡大は58カ月連続となり、昭和40年から45年まで続いた「いざなぎ景気」の57カ月を超えたところであります。
 しかしながら、個人消費は、伸びが「鈍化」から「横ばい」へと下方修正され、それとともに基調判断も、「回復している」から「個人消費に弱さが見られるものの回復している」と、平成16年の12月以来、23カ月ぶりに下方修正がなされたところであります。
 さらに、国においては、「骨太の方針2006」に基づき、財政健全化の努力を今後も継続するとされ、来年度予算の概算要求基準においても、公共事業関係費や物件費を対前年度予算比で3%削減することや、地方向けの国庫補助金を前年度予算額以内に抑制することなど、歳出全般にわたります国では徹底した見直しを行うとともに、基礎的な財政収支、いわゆるプライマリーバランスの改善を図り、国債の発行額を抑制するとされております。
 このような国の状況において、本市の来年度の財政状況でありますが、まず、歳入につきましては、その根幹であります市税収入では、定率減税の撤廃や景気回復等によります個人市民税の伸びが期待できますものの、法人市民税については、一部法人の大幅な減収の影響が相当甚大であるとの見通しでございます。
 さらに、普通交付税につきましても、引き続き不交付となる見込みでございまして、地方特例交付金の半減や減税補てん債が皆無となってしまうこと等を勘案をいたしますと、歳入全体といたしましては、今年度より相当の減少をするものと見込んでいるところでございます。
 一方、歳出におきましては、扶助費等の社会保障関係費が増加する等、いわゆる義務的経費が増嵩している上に、産業政策や教育環境の充実等、さまざまな行政需要への対応も不可欠であることに加え、企業誘致や子育て環境の充実等、「来るべき少子・高齢社会に備えた明日への投資」も念頭に置いた施策を推進する必要があり、歳入歳出とも非常に厳しい財政運営を強いられるものと考えております。
 また、従来の「3カ年実施計画」を、計画と予算のより密着した連動を図る意味におきましても、今年度からは「財政運営計画」を策定することとしております。現段階では策定の途上でありますが、その途中経過を申し上げますと、歳入の大幅な減少により、不交付団体である本市におきましても、平成19年度から21年度の3年間におきまして、約33億円の収支不足に陥る見込みでございます。
 このような財政状況の中で、これから本格的な新年度予算の編成に取り組んでまいりますが、非常に厳しい財政環境の中で、限られた財源を有効に活用するために、職員一人一人が知恵を出し合い、本市の重点課題に積極的に対応してまいりたいと考えております。
 本市が、名実ともに「自立し発展する自治体」となるためには、「改革なくして自立なし、変化を求め挑戦する」という積極的な姿勢で、平成19年度の予算編成に当たってまいりたいと考えております。
 それでは、議第110号から議第127号までの各議案について、提案理由の説明を申し上げます。
 議案の内容といたしましては、補正予算が3件、条例案件が10件、そして一般議決案件5件、合計18件でございます。
 それでは、順次、説明を申し上げます。
 まず、議第110号から議第112号までの3議案は、いずれも平成18年度の一般会計ならびに特別会計2会計の補正予算でございまして、今回の補正予算は、予算編成後の諸事情の変化、また国・県の補助金の内示の変更に伴いまして、早急に実施すべき事務事業につきまして所要の措置を講じようといたすものでございます。
 補正予算の規模といたしましては、一般会計では3億677万3,000円、国民健康保険事業特別会計および財産区特別会計の2特別会計で1,068万1,000円、合計いたしまして3億1,745万4,000円の増額となっております。
 これらの主な内容といたしまして御説明申し上げますと、民生費は、老人福祉医療補助費および後期高齢者医療広域連合運営費、ならびに児童健全育成事業費として「のびっ子」渋川の運営委託料に係ります債務負担行為を、また土木費では、市街地再開発事業費として渋川一丁目2番地区市街地再開発事業費を減額し、公園整備事業費としてロクハ公園整備費、消防費では湖南広域行政組合の消防負担金を追加計上いたすものであります。また、職員費につきましては、退職予定者の増加に伴います退職手当の追加計上を行うものでございます。
 なお、これらに見合います歳入といたしましては、繰入金のほか国庫支出金、繰越金、市債等を充当することといたしております。
 次に、特別会計でございますが、国民健康保険事業特別会計では、高額療養費の現物支給を70歳未満まで拡大することに対しますシステムの改修費を、また財産区特別会計では、青地町財産区および三ツ池財産区への繰出金を追加計上するものであります。
 次に、議第113号から議第122号までは条例案件でございます。
 まず、議第113号は、第28次地方制度調査会の「地方の自主性・自律性の拡大及び地方議会のあり方に関する答申」におきまして、「地方公共団体が自らの判断で適切なトップマネジメント体制を構築できるよう、出納長・収入役を廃止するとともに、現行の副知事・助役の制度を見直すこと等が適当」とされたことを受けまして、去る6月に地方自治法の改正が行われました。これに伴いまして、副市長を設置することについて新たな条例を制定しようとするものでございます。
 次に、議第114号では、渋川地区に建設を進めております複合施設の新設に伴います渋川市民センターの設置に当たり、市役所出張所設置条例の一部を改正しようとするものでございます。
 次に、議第115号は、地方自治法の改正によります収入役、吏員制度の廃止等を受けまして、これらに関係をいたします現七つの条例を一括して改正しようとするものでございます。
 次に、議第116号につきまして、地方自治法の改正によりまして、監査委員の定数の法定化等の見直しが行われましたので、監査委員条例の一部を改正しようとするものであります。
 次に、議第117号は、複合施設の新設に伴いまして、「児童デイサービスセンター」および「障害者福祉センター」を、新たに重要な公の施設として位置づけるべく、条例の一部を改正しようとするものでございます。
 次に、議第118号は、複合施設への渋川公民館の新設に伴い、公民館条例の一部を改正しようとするものでございます。
 次に、議第119号は、橋岡会館の改築に伴いまして位置の変更を行うため、隣保館条例の一部を改正しようとするものでございます。
 次に、議第120号は、複合施設のうち、心身障害児等の心身の機能の向上と保護者の育児支援を図るために、現行の「湖の子教室」を発展させ、新たに「児童デイサービスセンター」を開設するに当たりまして、設置条例を制定しようとするものでございます。
 次に、議第121号は、橋岡老人いこいの家の廃止に伴いまして、老人いこいの家条例の一部を改正しようとするものでございます。
 次に、議第122号は、複合施設のうち、障害者の自立支援等を図るため、多機能型のサービス拠点施設として、新たに「障害者福祉センター」を開設するに当たりまして、設置条例を制定しようとするものであります。
 次の議第123号から議第127号までの5議案は、一般議案でございまして、議第123号は、大江霊仙寺線旧草津川工区道路改良工事請負契約の契約金額の変更を行うに当たりまして、議会の議決を求めるものでございます。
 次に、議第124号は、複合施設に開設をいたします「のびっ子」渋川の管理運営を指定管理者に行わせるに当たりまして、その指定につき議決を求めるものでございます。
 次に、議第125号は、渋川一丁目2番地区第1種市街地再開発事業の実施に伴いまして、字の区域および名称の変更を行うに当たりまして、議決を求めるものでございます。
 次に、議第126号は、湖南広域行政組合規約の変更を行うに当たりまして、関係市が協議することにつき議決を求めるものでございます。
 次に、議第127号は、高齢者の医療の確保に関する法律の規定に基づき、平成20年度から後期高齢者医療制度のスタートに伴いましての事務の処理は、都道府県の区域ごとにすべての市町村が加入する広域連合が行うこととなりますので、滋賀県後期高齢者医療広域連合の設立および規約の設定に関し、県下の市町が協議することにつき議会の議決を求めるものでございます。
 以上、まことに簡単でございますが、提案理由の説明を終わらせていただきます。
 何とぞ、よろしく御審議を賜り、適切なる議決を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。
○議長(福井太加雄君)
 以上で、本日の議事日程は全部終了いたしました。
 お諮りいたします。
 明6日から13日までの8日間は、議案熟読調査のため休会いたしたいと思います。
 これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(福井太加雄君)
 御異議なしと認めます。
 よって、明6日から13日までの8日間は休会することに決しました。
 なお、12月14日は午前10時から本会議を再開し、上程議案に対する質疑および一般質問を行います。
 本日は、これにて散会いたします。
 御苦労さんでした。
    散会 午前10時20分
   ────────────




草津市議会会議規則第81条の規定により、下記に署名する。

          平成18年12月5日

草津市議会議長     福 井 太加雄

   署名議員     大 脇 正 美

   署名議員     新 庄 敏 夫