議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 近江八幡市

平成18年第1回 4月臨時会 04月28日−01号




平成18年第1回 4月臨時会 − 04月28日−01号







平成18年第1回 4月臨時会



        平成18年第1回(4月)近江八幡市議会臨時会



                    平成18年4月28日(金) 午前9時30分開会

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1. 議 事 日 程

   第1 会議録署名議員の指名

   第2 会期の決定

   第3 議案の上程(提案理由説明)

      議第64号〜議第65号

   第4 質疑

   第5 委員会付託

   第6 委員会審査報告

   第7 討論・採決

   第8 諸般の報告

   第9 議長の辞職許可

   第10 選第1号 議長の選挙

   第11 副議長の辞職許可

   第12 選第2号 副議長の選挙

   第13 各常任委員会委員の改選

   第14 議会運営委員会委員の選任

   第15 行政改革特別委員会委員の選任

   第16 広域環境対策特別委員会委員の選任

   第17 選第3号 東近江行政組合議会議員の選挙

   第18 議案の上程(提案理由説明)

      議第66号

   第19 質疑

   第20 委員会付託

   第21 委員会審査報告

   第22 討論・採決



1. 会議に付議した事件

   日程第1 会議録署名議員の指名

   日程第2 会期の決定

   日程第3 議案の上程(提案理由説明)

        議第64号〜議第65号

   日程第4 質疑

   日程第5 委員会付託

   日程第6 委員会審査報告

   日程第7 討論・採決

   日程第8 諸般の報告

   日程第9 議長の辞職許可

   日程第10 選第1号 議長の選挙

   日程第11 副議長の辞職許可

   日程第12 選第2号 副議長の選挙

   日程第13 各常任委員会委員の改選

   日程第14 議会運営委員会委員の選任

   日程第15 行政改革特別委員会委員の選任

   日程第16 広域環境対策特別委員会委員の選任

   日程第17 選第3号 東近江行政組合議会議員の選挙

   日程第18 議案の上程(提案理由説明)

        議第66号

   日程第19 質疑

   日程第20 委員会付託

   日程第22 討論・採決



1. 会議に出席した議員(23名)

   1番  深 井 博 正 君        2番  川 崎 益 弘 君

   3番  中 村   巧 君        4番  加 藤 昌 宏 君

   5番  池 上 知 世 君        6番  有 村 國 俊 君

   7番  小 川 廣 司 君        8番  矢 掛   弘 君

   9番  中 谷 哲 夫 君        10番  井 上 伊 織 君

   11番  川 村 裕 治 君        12番  小 林 良 一 君

   13番  高 木 健 三 君        14番  坂 井 千代枝 君

   15番  塩 田 善 弥 君        16番  前 出 幸 久 君

   17番  井 上 栄一郎 君        19番  山 本 英 夫 君

   20番  相 馬   学 君        21番  西 居   勉 君

   22番  大 橋 正 光 君        23番  辻     恪 君

   24番  友 清 尚 昭 君



1. 会議に欠席した議員(1名)

   18番  福 本 匡 志 君



1. 会議に出席した説明員(19名)

   市長      川 端 五兵衞 君  代表監査委員  福 井 二 郎 君

   助役      岡 田 三 正 君  収入役     永 福 敏 一 君

   教育長     國 松 嘉 仲 君  政策監     玉 本 邦 雄 君

   文化政策部長  立 岡 功 次 君  文化政策部理事 桂 田 俊 夫 君

   総務部長    中 江 義 一 君  市民環境部長  村 田 一 幸 君

   市民環境部理事 森   健市郎 君  健康福祉部長  西 川 秀 一 君

   産業経済部長  北 川 誠 次 君  人権政策室長  立 花 初 美 君

   教育部長    向 井 美津男 君  病院事業管理者 澤 田 克 徳 君

   市民病院事務長 土 田 康 人 君  財政課長    山 田 義 和 君

   秘書広報課長  今 江 政 彦 君



1. 議場に出席した事務局職員(4名)

   事務局長    大 森 喜 三

   事務局次長   木 村 正 善

   副主幹     山 下 彰 人

   副主幹     杉 浦 寿 廣







               午前9時30分 開会



○副議長(川村裕治君) 皆さんおはようございます。

 本日、18番福本匡志君より欠席の届け出を受けておりますのでご報告いたします。

 本日の会議は議長が欠席でありますので、地方自治法第106条第1項の規定により、私が議長の職務を行います。円滑なる運営につきまして、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 本日招集されました平成18年第1回近江八幡市議会臨時会をただいまから開会します。

 直ちに本日の会議を開きます。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 会議録署名議員の指名



○副議長(川村裕治君) それでは、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員に、

 13番 高木 健三君

 14番 坂井千代枝さん

 15番 塩田 善弥君

の3名を指名します。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 会期の決定



○副議長(川村裕治君) 次に、日程第2、会期の決定を議題とします。

 お諮りします。

 本臨時会の会期は、本日1日間にしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(川村裕治君) ご異議なしと認めます。よって、本臨時会の会期は本日1日間と決定しました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 議案の上程(提案理由説明)

      議第64号〜議第65号



○副議長(川村裕治君) 次に、日程第3、議案の上程を行います。

 議第64号及び議第65号を一括上程し、件名を事務局から朗読させます。

 議会事務局長大森喜三君。



◎事務局長(大森喜三君) 朗読いたします。

 平成18年第1回(4月)近江八幡市議会臨時会提出議案

議第64号 専決処分の承認を求めることについて

     (1) 平成17年度近江八幡市一般会計補正予算(第7号)

     (2) 近江八幡市税条例の一部を改正する条例の制定について

     (3) 近江八幡市都市計画税条例の一部を改正する条例の制定について

     (4) 近江八幡市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について

議第65号 武佐汚水枝線(友定町1工区)管渠築造工事請負契約の変更につき議決を求めることについて

 以上であります。



○副議長(川村裕治君) 次に、提案理由の説明を求めます。

 市長川端五兵衞君。

             〔市長 川端五兵衞君 登壇〕



◎市長(川端五兵衞君) 皆さんおはようございます。

 本日、平成18年第1回近江八幡市議会臨時会を招集させていただきましたところ、議員の皆様方におかれましては公私まことにご多端の中をご出席を賜りまして、心から感謝を申し上げる次第でございます。また、常日ごろから市政発展のためにそれぞれの分野でご活躍をいただいておりますことに対しましても、心から感謝申し上げる次第であります。

 さて、近江八幡の水郷が我が国の重要文化的景観の第1号に選定されましてからは初めての春の行楽シーズンを迎えましたが、全国的に報道をいただいたためか、八幡堀や水郷を訪れる観光客が例年以上に多くなっているようでございます。折しも4月22日には、かって八幡堀で昭和20年代ごろまで行われておりました船によるお嫁入りが、市民団体の皆さんのご協力によりまして再現されまして、新郎新婦は昔を懐かしむ近所の人たちや訪れた観光客の皆さんによって祝福されるとともに、その様子が新聞、テレビで大きく報道されたところでありました。

 また、当日の夕方には、尾賀商工会議所会頭をはじめ市民有志の皆様が発起人となられまして、重要文化的景観の選定報告会が開催されまして、文化審議会の文化的景観の委員会の委員長をお務めになられておられます京都大学の金田章裕先生によります講演がありました。また、議会の皆様方におかれましても、まげてご出席を賜りまして、まことにありがとうございました。報告会には、かって八幡堀の修景保存にご尽力を賜りました前県立大学学長の西川幸治先生や立命館大学の教授の山崎先生をはじめ、当時の青年会議所のメンバーや地元住民の皆さん、そして現在の西の湖の姿を残すためにご尽力いただいた皆さんなど、今回の重要文化的景観の選定を陰で支えていただいた方々に多数ご参画をいただきまして、当時の思い出話や新たなる景観再生に向けた今後の取り組みなど、熱く語り合うひとときとなりました。本当に皆様方ご苦労さまでございました。

 なお、新しい文化財のジャンルであります重要文化的景観の意義や今後のあり方を全国規模で考えるために、7月をめどに協議会を立ち上げまして、本市から全国に向けて情報発信してまいりたいと存じますので、ご理解、ご支援のほどをよろしくお願いを申し上げます。

 次に、市民の皆さんが待ち望んでおられました市立総合医療センターがいよいよ完成いたしまして、去る24日にPFI近江八幡株式会社のご主催によりまして、竣工式が盛大に開催されました。議員各位をはじめ懇話会などの委員の皆様や建設地の提供者など、計画から建設に至りますまでご尽力を賜りました関係者の皆様方に、改めてこの場をおかりいたしまして、心から厚く御礼を申し上げる次第でございます。秋の開院に向けて、万全を期して努力をしていきたいと思っております。

 ご承知のとおり、当センターは設計から建設、運営まですべてをPFIで行うという全国初の事業でありまして、厚生労働省をはじめ行政機関はもとより、医療関係者など各方面から注目をいただいております。我が国におきます先進事例といたしまして大きな成果を将来に残せますように、関係者一同英知を絞って運営に取り組んでまいりますので、引き続きご支援、ご協力のほどお願い申し上げます。

 さて、本日提案をさせていただきます案件は、専決処分が4件、契約案件1件であります。いずれも慎重なるご審議をいただきまして、ご承認、ご可決賜りますようお願いを申し上げたいと存じます。

 それでは、本日提案いたします議案につきましてご説明を申し上げます。

 議第64号専決処分の承認を求めることにつきましては、地方自治法第179条第1項の規定に基づきまして、去る3月31日付をもって専決処分をさせていただいたものであります。

 平成17年度近江八幡市一般会計補正予算(第7号)につきましては、歳入歳出において特別交付税が3月14日に確定いたしましたことと、3月31日に市税、地方譲与税や市債等が確定いたしましたことにより、市税、地方譲与税、株式等譲渡所得割交付金、地方消費税交付金、地方交付税、市債等と繰入金との財源調整を行うとともに、歳出予算について建築管理事業等の財源組み替えを行ったものでございます。

 第2表の地方債の補正につきましては、それぞれの事業量に応じ追加させていただいたものであります。

 なお、基金は重要な財源でございますので、今後のまちづくりの財源として有効に活用してまいりたいと考えているところでありますので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 続きまして、条例関係でありますが、近江八幡市税条例の一部を改正する条例の制定につきましては、地方税法等の一部を改正する法律が施行されましたことに伴いまして、個人市民税の均等割及び所得割に係る非課税限度額の引き下げ、固定資産の評価替に伴います土地の負担調整の見直し、さらには条、項の移動に伴う改正等、本市においても所要の改正を行ったものであります。

 近江八幡市都市計画税条例の一部を改正する条例の制定につきましては、同じく地方税法等の一部を改正する条例が施行されましたことに伴いまして、都市計画税におきましても固定資産の評価替に伴います土地の負担調整の見直しに伴う所要の改正を行ったものであります。

 近江八幡市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定につきましては、地方税法等の一部を改正する法律の施行による公的年金等控除の見直し、老年者控除の廃止等に伴います被保険者の保険料の激変緩和措置を行うため、本市におきましても所要の改正を行ったものであります。

 以上、予算1件、条例3件の計4件につきまして緊急を要しましたので、地方自治法の規定に基づき専決処分をいたしましたので、ここにご報告申し上げますとともに、議会の承認方よろしくお願いを申し上げる次第であります。

 次に、議第65号武佐汚水枝線(友定町1工区)でありますが、管渠築造工事請負契約の変更につき議決を求めることにつきましては、平成17年9月29日議会の議決を経て締結いたしました武佐汚水枝線管渠築造工事請負契約について、最上流に当たります公共汚水桝の設置箇所が、当初予定しておりました箇所より変更となり、本管の布設延長が延びることになったため、契約金額の変更をいたしたく提案するものであります。

 以上、専決処分をはじめ2議案につきましてご審議をいただきまして、ご可決賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。ありがとうございました。



○副議長(川村裕治君) 以上で提案理由の説明を終わりました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4 質疑



○副議長(川村裕治君) 次に、日程第4、質疑に入ります。

 それでは、ただいま上程しました議第64号及び議第65号について質疑のある方は、後刻休憩中に事務局へ発言通告をお願いします。

 休憩します。

               午前9時42分 休憩

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

               午前9時42分 再開



○副議長(川村裕治君) 再開します。

 発言通告がありませんので、質疑なしと認めます。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5 委員会付託



○副議長(川村裕治君) 次に、日程第5、委員会付託に入ります。

 それでは、ただいま議題となっております議第64号及び議第65号については、お手元に配付しました議案付託表のとおり、総務常任委員会及び環境経済常任委員会に審査を付託します。

 総務常任委員会及び環境経済常任委員会は直ちに委員会を開催され、後刻委員会の審査報告をお願いいたします。

 なお、総務常任委員会は第1委員会室で、環境経済常任委員会は第3委員会室でそれぞれ開議されますのでよろしくお願いします。

 休憩します。

               午前9時43分 休憩

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

               午前10時22分 再開



○副議長(川村裕治君) 再開します。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第6 委員会審査報告



○副議長(川村裕治君) 次に、日程第6、委員会審査報告に入ります。

 各常任委員会に審査を付託していました諸案件を一括議題とし、各常任委員会の報告を求めます。

 まず、総務常任委員会の報告を求めます。

 21番西居勉君。

             〔21番 西居 勉君 登壇〕



◆21番(西居勉君) 総務常任委員会の審査報告を行います。

 本臨時会において当委員会に付託された案件を審査のため、先ほど委員会を開き、当局の説明を求め慎重に審査した結果、次のとおり決しましたので報告いたします。

議第64号 専決処分の承認を求めることについてのうち

     (1) 平成17年度近江八幡市一般会計補正予算(第7号)

は、原案を承認すべきものと決しました。

議第64号 専決処分の承認を求めることについてのうち

     (2) 近江八幡市税条例の一部を改正する条例の制定について

は、賛成多数で原案を承認すべきものと決しました。

議第64号 専決処分の承認を求めることについてのうち

     (3) 近江八幡市都市計画税条例の一部を改正する条例の制定について

は、原案を承認すべきものと決しました。

 以上で総務常任委員会の審査報告を終わります。皆さんのご賛同をよろしくお願いいたします。



○副議長(川村裕治君) 次に、環境経済常任委員会の報告を求めます。

 9番中谷哲夫君。

             〔9番 中谷哲夫君 登壇〕



◆9番(中谷哲夫君) それでは、環境経済常任委員会の審査報告を行います。

 本臨時会において当委員会に付託されました案件を審査のため、先ほど委員会を開き、当局の説明を求め慎重に審査した結果、次のとおり決しましたので報告をいたします。

議第64号 専決処分の承認を求めることについてのうち

     (4) 近江八幡市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について

は、原案を承認すべきものと決しました。

議第65号 武佐汚水枝線(友定町1工区)管渠築造工事請負契約の変更につき議決を求めることについて

は、原案を可決すべきものと決しました。

 以上で環境経済常任委員会の審査報告を終わります。議員の皆様方のご賛同をよろしくお願いをいたします。



○副議長(川村裕治君) ただいまの審査報告に対して質疑はありませんか。

             (「なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(川村裕治君) 質疑がないようでありますので、以上で委員会の審査報告を終わります。

 討論のある方は、後刻休憩中に事務局へ発言通告をお願いします。

 休憩します。

               午前10時26分 休憩

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

               午前10時29分 再開



○副議長(川村裕治君) 再開します。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第7 討論・採決



○副議長(川村裕治君) それでは、日程第7、討論・採決に入ります。

 討論を行います。1名より発言通告がありましたので、これを許します。

 7番小川廣司君の発言を許します。

 7番小川廣司君。

             〔7番 小川廣司君 登壇〕



◆7番(小川廣司君) 日本共産党を代表して反対討論を行います。

 議第64号専決処分の承認を求めることについてのうち、(2)近江八幡市税条例の一部を改正する条例の制定についてに反対します。

 本条例の改正は多岐にわたっていますが、第24条第2項と附則第5条第1項の改正について反対するものです。

 これはいずれも個人住民税に関係するもので、第24条第2項の改正は、均等割の非課税限度額の配偶者または扶養親族がある場合加算される加算額が減額されるものであり、附則第5条第1項の改正は、所得割の非課税限度額の引き下げとなるものです。これらの改正は、生活保護基準が下がったため変わるものでありますが、いずれも低所得者の税負担が重くなるもので、当条例の改正に賛成できません。

 議員皆様のご賛同を賜りますことをお願いし、反対討論を終わります。



○副議長(川村裕治君) 以上で討論を終わり、これより採決します。

 まず、反対討論のある案件を起立により採決します。

 議第64号のうち(2)を採決します。

 お諮りします。

 議第64号専決処分の承認を求めることについてのうち、(2)近江八幡市税条例の一部を改正する条例の制定については、総務常任委員会の審査報告のとおり原案を承認することに賛成の諸君の起立を求めます。

             〔起立多数〕



○副議長(川村裕治君) ご着席ください。起立多数と認めます。よって、議第64号のうち(2)は原案を承認することに決しました。

 次に、反対討論のない案件を採決します。

 まず、議第64号のうち(1)を採決します。

 お諮りします。

 議第64号専決処分の承認を求めることについてのうち、(1)平成17年度近江八幡市一般会計補正予算(第7号)は、総務常任委員会の審査報告のとおり原案を承認することにご異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(川村裕治君) ご異議なしと認めます。よって、議第64号のうち(1)は原案を承認することに決しました。

 次に、議第64号のうち(3)及び(4)の2件を一括採決します。

 お諮りします。

 議第64号専決処分の承認を求めることについてのうち、(3)近江八幡市都市計画税条例の一部を改正する条例の制定について、(4)近江八幡市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について、以上2件は総務及び環境経済の各常任委員会の審査報告のとおり原案を承認することにご異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(川村裕治君) ご異議なしと認めます。よって、議第64号のうち(3)及び(4)の2件は原案を承認することに決しました。

 次に、議第65号を採決します。

 お諮りします。

 議第65号武佐汚水枝線(友定町1工区)管渠築造工事請負契約の変更につき議決を求めることについては、環境経済常任委員会の審査報告のとおり原案を可決することにご異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(川村裕治君) ご異議なしと認めます。よって、議第65号武佐汚水枝線(友定町1工区)管渠築造工事請負契約の変更につき議決を求めることについては、原案を可決することに決しました。

 休憩します。

               午前10時34分 休憩

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

               午前10時34分 再開



○副議長(川村裕治君) 再開します。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第8 諸般の報告



○副議長(川村裕治君) 次に、日程第8、諸般の報告を行います。

 東近江行政組合議会議員の辞職願が、深井博正君、小川廣司君から同組合の議長に提出され、許可されました。

 また、議会運営委員会委員の辞任願が、加藤昌宏君、中谷哲夫君、小林良一君、前出幸久君、井上栄一郎君、山本英夫君、大橋正光君、友清尚昭君から議長に、行政改革特別委員会委員の辞任願が、深井博正君、中村巧君、加藤昌宏君、小川廣司君、中谷哲夫君、井上伊織君、小林良一君、井上栄一郎君、西居勉君、辻恪君、友清尚昭君から議長に、広域環境対策特別委員会委員の辞任願が、川崎益弘君、池上知世さん、有村國俊君、矢掛弘君、高木健三君、坂井千代枝さん、塩田善弥君、前出幸久君、山本英夫君、相馬学君、大橋正光君から議長にそれぞれ提出され、いずれも許可されましたので報告をいたします。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第9 議長の辞職許可



○副議長(川村裕治君) このたび、福本匡志君から議長の辞職願が副議長に提出されました。よって、日程第9、議長の辞職許可を議題とします。

 事務局長に辞職願を朗読させます。

 議会事務局長大森喜三君。



◎事務局長(大森喜三君) 朗読いたします。

辞職願

 今般、都合により議長の職を辞したく存じますので、許可されるよう願い出ます。

平成18年4月28日

近江八幡市議会

  副議長 川村裕治様

 近江八幡市議会

  議長 福 本 匡 志

 以上でございます。



○副議長(川村裕治君) お諮りします。

 福本匡志君の議長辞職を許可することにご異議ございませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(川村裕治君) ご異議なしと認めます。よって、福本匡志君の議長辞職を許可することに決しました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第10 選第1号 議長の選挙



○副議長(川村裕治君) それでは、日程第10、選第1号議長の選挙を行います。

 選挙は投票により行います。

 議場の閉鎖を命じます。

             〔議場閉鎖〕



○副議長(川村裕治君) ただいまの出席議員数は23名であります。

 投票用紙を配付させます。

             〔投票用紙配付〕



○副議長(川村裕治君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

             (「なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(川村裕治君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

             〔投票箱点検〕



○副議長(川村裕治君) 異状なしと認めます。

 なお、念のために申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人1名を記載願います。

             〔投票記載〕



○副議長(川村裕治君) それでは、点呼に従って順次投票願います。

 事務局長に点呼を命じます。

 議会事務局長大森喜三君。



◎事務局長(大森喜三君) 点呼いたします。

             〔局長氏名点呼、投票〕



○副議長(川村裕治君) 投票漏れはありませんか。

             (「なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(川村裕治君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了します。

 投票箱の閉鎖を命じます。

             〔投票箱閉鎖〕



○副議長(川村裕治君) 議場の閉鎖を解きます。

             〔議場開鎖〕



○副議長(川村裕治君) 会議規則第31条第2項の規定により、開票立会人に13番高木健三君、14番坂井千代枝さんを指名します。

 両人の立ち会いを求めます。

 開票を行います。

             〔開  票〕



○副議長(川村裕治君) 選挙の結果を報告します。

 投票総数 23票

 これは先ほどの出席議員数と符合しています。

 そのうち

 有効投票 23票

 無効投票 0票

 有効投票中

  大橋 正光君 14票

  山本 英夫君 6票

  小川 廣司君 3票

 計23票、以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は6票であります。よって、法定得票数を超え、かつ最高得票数でありました大橋正光君が議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました大橋正光君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をします。

 議長に当選されました大橋正光君のごあいさつをお願いします。

             〔22番 大橋正光君 登壇〕



◆22番(大橋正光君) ただいまは議員各位皆様方のご推挙をいただきまして、議長を拝命することになりました。ありがとうございます。身に余る光栄であると同時に、身の引き締まる思いでございます。特に、平成18年度は全国自治体病院協議会の副会長を預からねばならないということも言われておりますし、不安がいっぱいでございますが、議員各位のご支援をよろしくお願い申し上げるものでございます。

 さきの議会でも議論されました三位一体改革のもとに、財源の今後は乏しい時代を迎えるんではないかなと。そんなとき、当局が出されている財政経営計画では、この17年度末基金が約60億円強、それが4年後の21年には底をつくという厳しい財政事情の中で、今日までの行政改革を思い切った断行をしなけれならない時代を迎えつつありますし、大きな課題ではないかと思いますが、一方、先ほど竣工されました、またこの秋開院予定の近江八幡市総合医療センターの今後の動向も注目しなければならない大きな時期を迎えております。議員各位のさらなるご支援とご鞭撻いただくことをお願い申し上げるものでございます。

 また、議会と当局におきましては、よく車の両輪のごとくと申されますように、相互が協力し合い、均衡ある運営をしなければならない思いがいたします。そのためには、川端市長をはじめ当局皆様方のさらなるご支援とご高配を賜りますようお願いいたしまして、まことに措辞ではございますが、議長就任のごあいさつにさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)



○副議長(川村裕治君) それでは、これをもちまして議長と交代しますので、その場で休憩といたします。

               午前10時49分 休憩

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

               (新議長と交代)

               午前10時50分 再開



○議長(大橋正光君) 再開します。

 ただいまから議事運営を務めさせていただきますので、皆様方の格別なるご協力をよろしくお願い申し上げます。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第11 副議長の辞職許可



○議長(大橋正光君) ただいま副議長川村裕治君から副議長の辞職願が提出されました。よって、日程第11、副議長の辞職許可を議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により、川村裕治君の退席を求めます。

             〔副議長 川村裕治君 退席〕



○議長(大橋正光君) 事務局長に辞職願を朗読させます。

 議会事務局長大森喜三君。



◎事務局長(大森喜三君) 朗読いたします。

辞職願

 今般、都合により副議長の職を辞したく存じますので、許可されるよう願い出ます。

平成18年4月28日

近江八幡市議会

  議長 大橋正光様

 近江八幡市議会

  副議長 川 村 裕 治

 以上でございます。



○議長(大橋正光君) お諮りします。

 川村裕治君の副議長辞職を許可することにご異議ございませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大橋正光君) 異議なしと認めます。よって、川村裕治君の副議長辞職を許可することに決しました。

 川村裕治君の入場を許します。

             〔11番 川村裕治君 入場〕



○議長(大橋正光君) 11番川村裕治君にお伝えします。

 さきに提出されました副議長の辞職願は、ただいま許可されましたので、ご報告いたします。

 川村裕治君より副議長退任のあいさつを許されたい趣旨の申し出がございましたので、これを許します。

             〔11番 川村裕治君 登壇〕



◆11番(川村裕治君) お許しをいただきまして、一言副議長退任の御礼のごあいさつを申し上げます。

 昨年4月の臨時議会におきまして、先輩議員並びに同僚議員の多数の皆様方のご推挙を賜りまして副議長に就任させていただきました。この1年間、福本議長さんの賢明なご配慮とご指導のもとに、また議員各位と当局のご支援とご協力のおかげでつつがなく過ごさせていただきましたことに対しまして、厚く御礼を申し上げます。

 この1年は、私にとりまして大変貴重な経験をさせていただきました。本日、福本議長さんとご一緒にごあいさつができなかったことだけが心残りでございます。これからは、健全な自治体運営が行われるように、議会としての役割も非常に重要であると認識いたしております。あすからは一議員として、力足らずではございますが、公平、公正をモットーに活動してまいりたいと思います。

 私こと浅学不敏ではございますが、今後とも変わらぬご指導とご鞭撻賜りますようお願いいたしまして、簡単ではございますが、御礼のあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第12 選第2号 副議長の選挙



○議長(大橋正光君) それでは、日程第12、選第2号副議長の選挙を行います。

 選挙は投票により行います。

 議場の閉鎖を命じます。

             〔議場閉鎖〕



○議長(大橋正光君) ただいま出席議員数は23名であります。

 投票用紙を配付させます。

             〔投票用紙配付〕



○議長(大橋正光君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

             (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大橋正光君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

             〔投票箱点検〕



○議長(大橋正光君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人1名を記載願います。

             〔投票記載〕



○議長(大橋正光君) それでは、点呼に従って順次投票願います。

 事務局長に点呼を命じます。

 事務局長大森喜三君。



◎事務局長(大森喜三君) 点呼いたします。

             〔局長氏名点呼、投票〕



○議長(大橋正光君) 投票漏れはありませんか。

             (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大橋正光君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了します。

 投票箱の閉鎖を命じます。

             〔投票箱閉鎖〕



○議長(大橋正光君) 議場の閉鎖を解きます。

             〔議場開鎖〕



○議長(大橋正光君) 会議規則第31条第2項の規定により、開票立会人に15番塩田善弥君、16番前出幸久君を指名します。

 両人の立ち会いを求めます。

 開票を行います。

             〔開  票〕



○議長(大橋正光君) 選挙の結果を報告します。

 投票総数 23票

 これは先ほどの出席議員数と符合しています。

 そのうち

 有効投票 23票

 無効投票 0票

 有効投票中

  塩田 善弥君 15票

  井上 伊織君 5票

  小川 廣司君 3票

 計23票、以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は6票であります。よって、法定得票数を超え、かつ最高得票数でありました塩田善弥君が副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました塩田善弥君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をします。

 副議長に当選されました塩田善弥君のごあいさつをお願いします。

 塩田善弥君。

             〔15番 塩田善弥君 登壇〕



◆15番(塩田善弥君) 議長のお許しをいただきましたので、一言御礼のごあいさつを申し上げます。

 ただいまにおきましては、議員の多くの皆様方のご推挙をいただきまして、副議長の重責をお預かりすることになりました。浅学非才の身、もとよりそのような器ではございませんけれども、一生懸命、また精いっぱい務めさせていただきますので、どうか皆様方のご指導をよろしくお願いを申し上げるところでございます。

 また、微力ではございますけれども、大橋議長を助けながら、市民の皆様により信頼される議会運営、また議会の活性化に向けまして一生懸命努力をしてまいりたいと思いますので、議員の皆様方、また川端市長をはじめ当局の皆様方のご協力、ご鞭撻をお願いを申し上げまして、甚だ簡単でございますけれども、就任のごあいさつとさせていただきます。本当にありがとうございました。(拍手)



○議長(大橋正光君) ここで休憩します。

               午前11時6分 休憩

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

               午前11時25分 再開



○議長(大橋正光君) 再開します。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第13 各常任委員会委員の改選



○議長(大橋正光君) 次に、日程第13、各常任委員会委員の改選を議題とします。

 お諮りします。

 各常任委員会委員につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、総務常任委員会委員に、有村國俊君、小川廣司君、井上伊織君、高木健三君、井上栄一郎君、西居勉君、以上6名を。

 教育厚生常任委員会委員には、深井博正君、川崎益弘君、中谷哲夫君、坂井千代枝さん、塩田善弥君、友清尚昭君、以上6名を。

 建設病院常任委員会委員には、加藤昌宏君、池上知世さん、川村裕治君、小林良一君、相馬学君、辻恪君、以上6名を。

 環境経済常任委員会委員には、中村巧君、矢掛弘君、前出幸久君、福本匡志君、山本英夫君、大橋正光、以上6名をそれぞれ指名したいと思いますが、これに異議ございませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大橋正光君) 異議なしと認めます。よって、ただいま指名した方々をそれぞれの常任委員会委員に選任することに決しました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第14 議会運営委員会委員の選任



○議長(大橋正光君) 次に、日程第14、議会運営委員会委員の選任を議題とします。

 お諮りします。

 議会運営委員会委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、加藤昌宏君、中谷哲夫君、小林良一君、高木健三君、前出幸久君、山本英夫君、相馬学君、友清尚昭君、以上8名を指名したいと思いますが、これに異議ございませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大橋正光君) 異議なしと認めます。よって、ただいま指名した方々を議会運営委員会委員に選任することに決しました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第15 行政改革特別委員会委員の選任



○議長(大橋正光君) 次に、日程第15、行政改革特別委員会委員の選任を議題とします。

 お諮りします。

 行政改革特別委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、中村巧君、加藤昌宏君、池上知世さん、小川廣司君、矢掛弘君、川村裕治君、小林良一君、高木健三君、井上栄一郎君、西居勉君、辻恪君、以上の11名を指名したいと思いますが、これに異議ございませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大橋正光君) 異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました11名の方々を行政改革特別委員会委員に選任することに決しました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第16 広域環境対策特別委員会委員の選任



○議長(大橋正光君) 次に、日程第16、広域環境対策特別委員会委員の選任を議題とします。

 お諮りします。

 広域環境対策特別委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、深井博正君、川崎益弘君、有村國俊君、中谷哲夫君、井上伊織君、坂井千代枝さん、前出幸久君、福本匡志君、山本英夫君、相馬学君、友清尚昭君の以上11名を指名したいと思いますが、これに異議ございませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大橋正光君) 異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました11人の方々を広域環境対策特別委員会委員に選任することに決しました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第17 選第3号 東近江行政組合議会議員の選挙



○議長(大橋正光君) 次に、日程第17、選第3号東近江行政組合議会議員の選挙を行います。

 お諮りします。

 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思いますが、これに異議ございませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大橋正光君) 異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 引き続きお諮りします。

 議長から指名することにご異議ございませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大橋正光君) 異議なしと認めます。よって、議長から指名することに決しました。

 矢掛弘君、川村裕治君の2名を指名します。

 お諮りします。

 ただいま指名しました2人を東近江行政組合議会議員の当選人と定めることにご異議ございませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大橋正光君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名しました2人を東近江行政組合議会議員の当選人と決定いたしました。

 会議規則第32条第2項の規定により、本席から当選人に当選の告知をします。

 それでは、各常任委員会、議会運営委員会及び各特別委員会は、後刻休憩中に委員会を開催され、委員長及び副委員長の互選をお願いします。

 なお、総務常任委員会は第1委員会室で、教育厚生常任委員会は第3委員会室で、建設病院常任委員会は第4委員会室で、環境経済常任委員会は第5委員会室で、また行政改革特別委員会は第1委員会室で、広域環境対策特別委員会は第5委員会室で、議会運営委員会は議長応接室でそれぞれ開催します。

 休憩します。

               午前11時31分 休憩

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

               午後0時11分 再開



○議長(大橋正光君) 再開します。

 先ほど休憩中に各常任委員会及び各特別委員会の委員長及び副委員長の互選が行われましたので、その結果を報告します。

 総務常任委員会委員長高木健三君、副委員長小川廣司君。

 教育厚生常任委員会委員長深井博正君、副委員長坂井千代枝さん。

 建設病院常任委員会委員長池上知世さん、副委員長相馬学君。

 環境経済常任委員会委員長矢掛弘君、副委員長中村巧君。

 行政改革特別委員会委員長川村裕治君、副委員長井上栄一郎君。

 広域環境対策特別委員会委員長有村國俊君、副委員長福本匡志君。

 以上のとおりであります。

 議会運営委員会の委員長及び副委員長の互選の結果を報告します。

 議会運営委員会委員長に友清尚昭君、副委員長に中谷哲夫君。

 以上のとおりであります。

 なお、議会運営委員会委員長から、同委員会において、地方自治法第109条の2第3項に掲げる所管事項を、同条第4項の規定により、同委員会に委員の任期中、閉会中の特定事件として審査したい旨の申し出があります。

 お諮りします。

 同委員長からの申し出のとおり、同委員会に地方自治法第109条の2第3項に掲げる所管事項を、同条第4項の規定により、同委員の任期中、閉会中の特定事件として審査に付したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大橋正光君) 異議なしと認めます。よって、本件については同委員長の申し出のとおり、同委員会に地方自治法第109条の2第3項に掲げる所管事項を、同条第4項の規定により、同委員の任期中、閉会中の特定事件として審査に付すことに決しました。

 行政改革特別委員会及び広域環境対策特別委員会の各委員長から、委員会において審査中の事件について、会議規則の規定により、なお調査の必要があるので閉会中の継続審査に付したいとの申し出があります。各特別委員会委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査に付すことにしたいと思いますが、これに異議ございませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大橋正光君) ご異議なしと認めます。よって、本件については各特別委員会委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査に付すことに決しました。

             〔21番 西居 勉君 退場〕

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第18 議案の上程(提案理由説明)

       議第66号



○議長(大橋正光君) 次に、日程第18、議案の上程を行います。

 議第66号を上程し、件名を事務局から朗読させます。

 議会事務局長大森喜三君。



◎事務局長(大森喜三君) 朗読いたします。

議第66号 近江八幡市監査委員の選任につき同意を求めることについて

 以上であります。



○議長(大橋正光君) なお、本件については地方自治法第117条の規定により、21番西居勉君が除斥の対象になっております。同議員は既に退席されております。

 それでは、提案理由の説明を求めます。

 市長川端五兵衞君。

             〔市長 川端五兵衞君 登壇〕



◎市長(川端五兵衞君) 提案理由のご説明を申し上げます。

 議第66号近江八幡市監査委員の選任につき同意を求めることにつきましては、市議会議員の中から選任いたします監査委員に、西居勉氏を選任いたしたく、同意を求めるものでございます。

 以上の議案につきまして、よろしくご審議を賜りましてご可決いただきますようお願い申し上げ、提案理由の説明といたします。ありがとうございました。



○議長(大橋正光君) 以上で提案理由の説明を終わりました。

 それでは、ただいま上程しました議第66号について質疑のある方は、後刻休憩中に事務局へ発言通告をお願いします。

 休憩します。

               午後0時16分 休憩

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

               午後0時16分 再開



○議長(大橋正光君) 再開します。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第19 質疑



○議長(大橋正光君) 日程第19、質疑に入ります。

 発言通告がありませんので、質疑なしと認めます。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第20 委員会付託



○議長(大橋正光君) 次に、日程第20、委員会付託に入ります。

 お諮りします。

 ただいま議題となっています議第66号については、会議規則の規定により委員会付託を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大橋正光君) ご異議なしと認めます。よって、議第66号は委員会付託を省略することに決しました。

 討論のある方は、後刻休憩中に事務局へ発言通告をお願いします。

 休憩します。

               午後0時16分 休憩

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

               午後0時16分 再開



○議長(大橋正光君) 再開します。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第22 討論・採決



○議長(大橋正光君) それでは、日程第22、討論・採決に入ります。

 発言通告がありませんので、討論なしと認め、これより採決します。

 議第66号を起立により採決します。

 お諮りします。

 議第66号近江八幡市監査委員の選任につき同意を求めることについては、原案に同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

             〔起立多数〕



○議長(大橋正光君) ご着席願います。起立多数と認めます。よって、議第66号は原案に同意することに決しました。

 ここで、除斥人の入場を許します。

             〔21番 西居 勉君 入場〕



○議長(大橋正光君) この場で休憩します。

               午後0時17分 休憩

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

               午後0時17分 再開



○議長(大橋正光君) 再開します。

 以上で本日の日程の全部を終了し、本臨時会に付議されました案件はすべて議了しました。

 ここで市長のごあいさつをいただきます。

 市長川端五兵衞君。

             〔市長 川端五兵衞君 登壇〕



◎市長(川端五兵衞君) 閉会に当たりまして、一言御礼のごあいさつを申し上げます。

 本日、平成18年第1回臨時会を招集させていただきましたところ、提案させていただきました議案につき慎重なるご審議をちょうだいし、全案とも原案どおりご承認、ご可決賜り、まことにありがとうございました。

 また、本日は正・副議長さんをはじめ各常任委員会及び特別委員会などの役員改選も終えられまして、新たな議会構成のもとで今後の運営をしていただくわけでございますが、福本匡志議長様、川村裕治副議長様におかれましては、1年間大変ご苦労さまでございました。これからも貴重なるご経験を生かされまして、市政発展のためにご尽力賜りますようお願いを申し上げます。

 また、新たにご就任をされました大橋正光議長様、塩田善弥副議長様におかれましては、今後のご指導をよろしくお願い申し上げます。

 各議員におかれましても、当局に対しましてはなお一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 今臨時会の審議におきまして、議員の皆様からごちょうだいいたしました貴重なご意見、ご提言につきましては、これを真摯に受けとめまして、今後の市政運営に当たり適正かつ慎重に生かしてまいりたいと存じます。

 さて、平成17年度に取り組んでおりました近江八幡の歴史第2巻「匠と技」がいよいよ完成いたしまして、来る5月6日土曜日に市文化会館におきまして、刊行記念の特別講演会を開催する運びとなりました。当日は、市史編さん委員の森谷尅久先生や木村至宏先生をはじめ、また地元からはヨシ博物館館長の西川嘉廣先生がそれぞれテーマに沿ったご講演をいただく予定でおります。第1巻の「街道と町なみ」に引き続き、美しい図や写真を用いまして、近江八幡が生み出した匠の世界と技の伝承をどなたにも楽しく読んでいただけるような作品が完成いたしましたので、ぜひぜひご購入をいただきますとともに、講演会にも多数ご出席を賜りたいなと思っておる次第でございます。

 間もなく5月を迎えますが、ことしは朝夕肌寒い日がまだまだ続いております。議員の皆様方におかれましては、この上とも健康には十分ご留意をいただきまして、ご活躍されますことをお祈りいたしまして、閉会のあいさつとさせていただきます。本日はまことにありがとうございました。



○議長(大橋正光君) 平成18年第1回臨時会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつ申し上げます。

 本臨時会におきましては、皆様方の格別のご協力をいただき、重要案件の審議並びに役員改選を終え、ここに無事閉会の運びとなりましたことに対しまして、衷心より厚く御礼申し上げます。

 また、本日は議員の皆様方のご推挙をいただき、図らずも私が議長の重責を担わせていただくことになり、大変身の引き締まる思いでございます。この上は、皆様方のご指導をいただきながら、議会の円滑な運営に誠心誠意努力してまいる所存でございますので、皆様方の一層のご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 さて、現下の地方自治体を取り巻く社会経済環境は、国や県の財政構造改革や少子・高齢化社会の到来、環境問題など対応するために、これまで以上に行政改革への積極的な取り組みが求められております。本市におきましては、昨年3月に第5次行政改革大綱及びその実施計画を定められたところであり、今後はこの大綱に基づき、簡素で効率的かつ効果的な行政運営とともに、市民サービスの向上に努められ、実効性の高い行政改革を推進されるようお願い申し上げるものでございます。

 また、議会におきましても、地方分権が一層進む中、地方議会の機能強化や議会の活性化が求められているところでございまして、今後ともこうした課題に対応するため、さらなる取り組みを進めてまいる所存でございますので、市長をはじめ当局の皆様方のご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 昨今は不順な気候が続いておりますが、ようやく野山の緑が日増しにまぶしく感じられる好季節になりました。議員の皆様方におかれましては、この上ともご健勝で、市政の発展に、市民福祉の向上ためにご尽力賜りますようお願い申し上げ、閉会に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。

 それでは、これをもちまして平成18年第1回近江八幡市議会臨時会を閉会させていただきます。

 皆様方大変ありがとうございました。

 ご苦労さんです。

               午後0時24分 閉会

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





 会議規則第81条の規定により下記に署名する。

  平成18年4月28日



      近江八幡市議会前副議長

           川 村 裕 治



      近江八幡市議会議長

           大 橋 正 光



      署 名 議 員

           高 木 健 三



      署 名 議 員

           坂 井 千代枝



      署 名 議 員

           塩 田 善 弥