議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 長浜市

平成28年第2回定例会 06月06日−目次




平成28年第2回定例会 − 06月06日−目次







平成28年第2回定例会



       平成28年長浜市議会第2回定例会

        一般質問発言者見出表



〇個人質問


発言
順位発言議員発言
種別発 言 要 旨 
1竹内 達夫一般
質問
1.熊本地震から何を学び、対策の強化について

(1)どう湖北地方の地震の怖さを徹底するか。防災マップの活用、地震による「液状化」当該地区の関心を高めることについて

(2)避難所の耐震工事、物資の供給について

(3)避難所の運営人材を前もってどう確保するかについて

(4)活断層上に長浜市は建物はないか

(5)地域防災力の向上のために、普段からの訓練対策の充実についてP16〜P33
2.芝生付きグラウンドゴルフ場の創設について

(1)グラウンドゴルフ愛好者は何名くらいと認識しているか

(2)高齢者がいつまでも元気に体力を維持するうえで、グラウンドゴルフの果たす役割について

(3)芝生はプレーする高齢者の身体に与える影響は大変良いとのことだが、その効果について

(4)旧長浜地域での芝生付グラウンドゴルフ場創設の必要性と具体的計画について

3.教育問題について

(1)小中教職員の長時間勤務実態、有給休暇の取得状況について

(2)長時間勤務の原因分析、解決策について

(3)全国学力・学習状況調査(学テ)の是非について

(4)全県一学区制や特色入試の弊害について

4.雇用問題について

(1)企業誘致について

(2)新年度の長浜地域の企業雇用状況について

5.農業問題について

(1)農業者の高齢化、大規模農家も規模拡大に限度があり、青年が農業に展望をもてないなど、長浜市の農業の現状をどう認識しているのか

(2)米価が上がらない限り、長浜の農業は衰退の一途だ。どうしたら米価が上がるのかを問う
2西尾 孝之一般
質問
1.大型トラックの営業ナンバーについて

(1)長浜市の営業ナンバーの認識について問う

(2)長浜市が発注する公共事業に係る大型トラックナンバーについて問う

(3)国交省も大手企業に営業ナンバーを使用しなさいと指導していると聞くが、長浜市は地元企業にどのような指導をしているのか問うP33〜P41
2.合理化事業計画について

(1)長浜市の合理化事業計画の目的についてどこまで認識しているのか問う

(2)合理化事業計画の協定書に期間が決められているが、その期間の間に企業はどれだけ力をつけたか問う

(3)厚労省からの通知についてどこまで認識をして、それを参考にして、将来にわたり、し尿等の適切な処理を確保しているのか問う
3浅見 信夫一般
質問
1.生活保護制度について

(1)資産申告書問題について

(2)申請・相談窓口における対応についてP41〜P58
2.国民健康保険について

(1)国民健康保険特別会計の収支状況について

(2)保険料率の改定等シミュレーションについて

(3)低所得者対策としての保険者支援制度について

(4)保険者努力支援制度について

3.人事評価制度について

(1)人事評価のあり方について

(2)人事評価制度に係る研修について

(3)人事評価結果の活用について

(4)教育職給料表適用職員および長浜市病院事業職員に係る人事評価について

4.長浜市街地の集中豪雨による水害対策について

(1)米川の河川改修状況について

(2)調整池や遊水地の検討状況について

(3)県等関係機関との連携について
4竹本 直隆一般
質問
1.保育行政について

(1)私立認定こども園について

(2)私立認定こども園の必要性、メリット、デメリットについて

(3)長浜市の公立保育園について

(4)公立保育園の特別保育事業について

(5)保育士の待遇改善について

(6)保育料の滞納状況について

(7)保育料の滞納整理について

(8)滞納整理の職員についてP58〜P67
2.長浜市健康推進協議会健康推進員について

(1)健康推進員さんの地域バランスについて

(2)健康推進員さんの負担について

(3)健康推進員さんの増員について
5中嶌 康雄一般
質問
1.入札・契約制度について

(1)契約事務について

(2)総合評価方式について

(3)評価項目・評価基準・配点についてP67〜P83
2.市立長浜病院の経営について

3.耕作放棄地等に対する対策について

4.補助金に頼らないまちづくりについて

(1)補助金に頼らないまちづくり

(2)自己財源の確保について

5.本市の教育力について

(1)「長浜子どものちかい」・「長浜子育て憲章」策定効果について

(2)教育の向上について

(3)学校運営協議会の運営について

(4)学力・体力向上についての教育方針について

6.投票率向上に向けた環境整備について

(1)投票率の向上に向けた投票環境の整備について

(2)期日前投票所の増設について
6佐金 利幸一般
質問
1.大学通学支援制度について

(1)新幹線通学費貸与事業について

(2)アンケート調査についてP83〜P88
2.ふるさと納税について

(1)市の考え方について

(2)H27年度の結果について

(3)H28年度商工振興事務経費について

(4)アグリビジネスについて

3.観音坂トンネル改良後について

(1)アクセス道路の進捗状況について

(2)市民の要望について
7中川 勇一般
質問
1.一部事務組合方式による共同事務の見直しについて

(1)一部事務組合方式での今日における問題・課題について

(2)事業コスト削減、効率化、透明化を図るために一部事務組合方式を見直し、事務の委託方式に移行した場合のコスト削減額について

(3)各一部事務組合の今後の課題等対応に対して、一定規模を有する長浜市として事務の委託方式への移行についてP92〜P105
2.震災等大災害に伴う学校施設等指定避難所について

(1)熊本地震では閉鎖された避難所も多くあったが、本市の場合の指定避難所について

(2)避難所でのトイレ問題と福祉避難所の確保について

3.県営ため池等整備事業「大井川地区事業計画」等の進捗状況について

(1)県営ため池等整備事業「大井川地区事業計画」及び同計画の河川上流地域関連事業の進捗状況について

4.獣害問題に対する個別的対策から総合対策への切り替えについて

(1)農作物被害を中心とした一定の部署での獣害防止対策には限界を感じているが、これまでの対策の検証について

(2)地方創生戦略を推進するうえでも居住に視点をおく全庁的取り組みが必要で、総合対策への切り替えについて

5.ユネスコ世界文化遺産及び記憶遺産の複数登録への動きもある中で、児童生徒を含む市民全体に向けた遺産登録への意識教育の推進について

(1)地域全体で承継する意味からも、市民全体に対する遺産登録への意識教育の推進について

(2)次世代を担う児童生徒への意識教育の推進また学校教育の中での位置づけを図るための教材(副読本)の作製も含めた取り組みについて
8西邑 定幸一般
質問
1.丹生ダム事業の最終検証と河川整備計画について

(1)丹生ダム最終検証に係る意見を、市長及び知事が近畿地方整備局に出されたが、地元への説明責任をどのように果たそうとされているのか問う

(2)高時川には、一定規模のダム建設が必要であると考えるが、改めて市長をはじめ当局の見解を問う

(3)湖北圏域河川整備計画の早期策定と具体的事業の進展を期待するが、目論見日程を問う

(4)湖北圏域河川整備計画で示される整備事業の内容について、流域住民・関係者の意見を聴取する機会はあるのか問う

(5)田川の河川整備計画について、一定の進展が見られる内容になることを期待するが、当局の考え方について問う

(6)流域治水推進条例公布後の、旧虎姫町における具体的な取組と成果について問うP106〜P113
2.地方公会計導入に向けての取組について

(1)平成29年度末までに、統一的な基準による財務諸表の作成を求められているが、その対応について問う

(2)固定資産台帳の整備が、急務で重要であるが、最新の整備状況について問う

(3)今後期待できる財務マネジメント、ファシリティー・マネジメントへの活用が可能なデータベースとなっているのか問う
9松本 長治一般
質問
1.二巡目の滋賀国体について

(1)国体の意義について

(2)競技種目の決定について

(3)準備状況について

(4)人材確保・組織の再編についてP113〜P124
2.長浜の活性と、その実現に向けた取り組みについて

(1)将来計画について

(2)移住・定住施策の促進について

(3)優遇策の考え方について

(4)県施設の再配置・機能の再編について

(5)新たな取り組みについて
10矢守 昭男一般
質問
1.学力向上における学校司書の配置等について

(1)学校司書の配置後の現状・貸出率と、新しい蔵書について

(2)学校司書職員の勤務時間について

(3)学校司書の小・中学校への配置についてP124〜P130
2.長浜市民庭球場での熱中症等の安全対策について

(1)熱中症や気象変動に対する安全対策について

(2)熱中症対策としての施設整備について

3.自然災害時等の対応、対策について

(1)避難場所でのソーラー蓄電池の導入について

(2)防災無線が聞き取りにくい地域等への情報伝達について

4.交通安全協会と市役所との連携について
11鋒山 紀子一般
質問
1.新生児聴覚スクリーニング検査について

(1)市内の実施医療機関の状況と医療機関との連携について

(2)検査を受けている新生児の状況と異常が発見された難聴児に対する対応について

(3)妊婦に対する制度の情報提供について

(4)検査に係る費用の公費負担についてP130〜P135
2.就学援助制度について

(1)就学援助制度の概要と目的について

(2)本市における受給の現状について

(3)制度のうち入学準備金の支給時期について

3.食品ロス削減に向けての取り組みについて

(1)本市において教育施設等における啓発について

(2)市民、事業者が一体となった削減に向けての取り組みについて

(3)本市の災害備蓄食品のフードバンクへの食品提供について
12中川 リョウ一般
質問
1.鳥獣害対策について

(1)柵の老朽化について

(2)柵の効果について

(3)西浅井町について

(4)狩猟者を増やす取り組みについて

(5)若い世代について

(6)狩猟免許取得者の数値目標について

(7)来年度からの計画についてP135〜P148
2.支所の機能と役割の見直しについて

(1)本庁への取継について

(2)専門職員の予約制度について

3.文化財の保存と活用について

(1)今後の活用について

(2)民具の整理について

(3)曳山まつりのユネスコ登録について

(4)受け入れ体制の整備について

(5)日本遺産の対応について

(6)菅浦地域について
13轟 保幸一般
質問
1.北部地域活性化計画について

(1)次年度からの次期計画も策定されると思いますが、現時点での各施策の進捗状況と行政の評価はどうかをお伺いします

(2)昨年度実施された二つの余呉地域活性化計画ワークショップの成果と今後の取り組みをお伺いします

(3)丹生ダム対策委員会から出されている地域振興に関する意見は次期計画に反映されるのかをお伺いしますP148〜P1534
2.余呉型民家の保存と集落群の景観の保全維持と活用について

(1)伝統的余呉型民家の保存についての市の考えはどうかをお伺いします

(2)日本郵政のカレンダーにもなった集落風景ですが、景観の保全維持と活用についての市の考えはどうかをお伺いします
14柴田 光男一般
質問
1.減災・防災について

(1)防災ハザードマップに基づく市の対応と取り組みについて問う

(2)指定避難所での課題について問う

(3)自主防災組織について問う

(4)災害用備蓄品について問うP153〜P159
15草野 豊一般
質問
1.職員の仕事に対する意欲について

(1)職員の士気高揚を引き出すには

(2)支所機能の脆弱化について

(3)長浜市職員のラスパイレス指数について

(4)市町合併に伴う職員間の給与格差について

(5)休日出勤の休暇振替及び時間外勤務について

(6)人事評価制度の導入について

(7)自己申告について

(8)昇格試験について

(9)級別職務分類表について

(10)常勤臨時職員の処遇についてP159〜P172
2.放課後児童クラブ等について

(1)放課後児童クラブ受け入れ学年について

(2)専用区画の面積について

(3)放課後の居場所づくりモデル事業について

(4)今後の事業の方向性について
16押谷 與茂嗣一般
質問
1.コンプライアンスのための意思疎通について

(1)アンケートから得られたことと結実について

(2)意思疎通の実態と取り組みについてP172〜P175
2.人材育成のための人事異動について

(1)人事異動の観点と基本について
17森田 義人一般
質問
1.市民の声(意見・提言等)を聞くことについて

(1)パブリックコメントについて

(2)都市計画マスタープラン市民説明会・意見交換会についてP178〜P187
2.成年後見制度について

(1)成年後見制度を利用するための手続き内容を問います

(2)現在何人の方が本制度を利用されているのか

(3)本市では今日までに財産の着服等の不正は発生しているのか

(4)後見人に占める専門職等の割合を問います

(5)後見制度支援信託制度の利用件数は何件か

(6)長浜市には成年後見制度を将来利用する可能性の高い方(予備軍)は何人かを問います
18鬼頭 明男一般
質問
1.子どもの貧困について

(1)本市の子どもの貧困率について

(2)食についてP187〜P193
2.子どもの支援について

(1)子ども食堂について

(2)学習について

(3)運動も含めた学習に関わる費用について

3.不登校について

(1)不登校について

(2)学校の取り組みについて

(3)不登校と教員の現状について
19柴田 清行一般
質問
1.JR北陸線の推進への取組みについて

(1)JR北陸線の直流化当時からの乗車人数変遷についてを問う

(2)今までの乗車増進対策について問う

(3)現在のJR側への要望について問う

(4)今後のダイヤの増便、最低でも現在のダイヤ維持についてJRとの対応や市の対策を問う

(5)SL北びわこ号は昨年開業20周年を迎え今年も運転日には満員の840名の乗客を運んで来てくれています、今後の推進政策とJR側との協議について問うP193〜P206
2.北部総合体育館と木之本運動広場の今後について

(1)プロポーザルの仕様書にも運動公園という文字をみましたが、今後の木之本運動広場をどのような規模(敷地面積)でどのような内容の運動公園にしていくのかを問う

(2)体育館の利用度の向上(各種スポーツ運用)や特殊スポーツ施設の設置(例えばボルダリングやアスレチックジムなど北部地区にあまりない施設)なども考える必要もあり、今後の利用度向上の考え方を問う

(3)北部総合体育館建設後の運営経費をどのように見積もっているのか、今後の他類似施設整備に繋がる重要な項目であり、PFIなども視野に入れた全般の今後の施設整備計画についても問う

3.木之本宿再生計画の今後の進め方について

(1)木之本を横断する北国街道・地蔵坂は国道365号・303号である事から街道を活かした町づくりの今後の進め方について問います

(2)まだまだ、たくさんの空き家利用希望者があるとお聞きします空き町家利用の政策はどのような内容でどのように進めていくのか問う

(3)本年度のゴールデンウィークの観光客数が昨年より減少したと報告を受けました、木之本宿再生計画を進める中では『住民が住みながら観光地を目指して行こう』という文字もあり今後の再生計画と観光事業は切り離せない施策の1つであることから今後の観光政策について市内全域から木之本宿をどのように観光地として作り上げていくのかを問う