議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 長浜市

平成28年第1回定例会 03月24日−05号




平成28年第1回定例会 − 03月24日−05号







平成28年第1回定例会



          平成28年長浜市議会第1回定例会会議録

────────────────────────────────────

平成28年3月24日(木曜日)

────────────────────────────────────

議事日程

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 諸般の報告

 日程第3 議案第50号 公平委員会の委員の選任について

      議案第51号 監査委員の選任について

      市長提案説明、質疑

      採決

 日程第4 議案第5号 平成28年度長浜市一般会計予算

      議案第6号 平成28年度長浜市国民健康保険特別会計予算

      議案第7号 平成28年度長浜市国民健康保険特別会計(直診勘定)予算

      議案第8号 平成28年度長浜市後期高齢者医療保険特別会計予算

      議案第9号 平成28年度長浜市介護保険特別会計予算

      議案第10号 平成28年度長浜市休日急患診療所特別会計予算

      議案第11号 平成28年度長浜市公共下水道事業特別会計予算

      議案第12号 平成28年度長浜市農業集落排水事業特別会計予算

      議案第13号 平成28年度長浜市簡易水道事業特別会計予算

      議案第14号 平成28年度長浜市病院事業会計予算

      議案第15号 平成28年度長浜市老人保健施設事業会計予算

      議案第16号 平成27年度長浜市一般会計補正予算(第7号)

      議案第17号 平成27年度長浜市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

      議案第18号 平成27年度長浜市診療所特別会計補正予算(第1号)

      議案第19号 平成27年度長浜市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)

      議案第20号 長浜市行政不服審査法施行条例の制定について

      議案第21号 行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

      議案第22号 地方公務員法及び地方独立行政法人法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

      議案第23号 長浜市公共施設等整備基金条例の制定について

      議案第24号 スポーツ及び文化に係る事務の管理及び執行に関する条例の制定について

      議案第25号 長浜市市民活動センター条例の制定について

      議案第26号 長浜市消費生活センターの組織及び運営等に関する条例の制定について

      議案第27号 長浜市事務分掌条例の一部改正について

      議案第28号 長浜市職員定数条例の一部改正について

      議案第29号 長浜市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正について

      議案第30号 長浜市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について

      議案第31号 長浜市手数料条例の一部改正について

      議案第32号 長浜市国民健康保険条例の一部改正について

      議案第33号 長浜市介護保険条例等の一部改正について

      議案第34号 長浜市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について

      議案第35号 長浜市山間へき地医療体制強化基金条例の一部改正について

      議案第36号 長浜市過疎地域における固定資産税の課税免除に関する条例の一部改正について

      議案第37号 長浜市指定地域密着型サービス事業者等の指定に関する基準を定める条例の一部改正について

      議案第38号 長浜市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について

      議案第39号 長浜市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部改正について

      議案第40号 長浜市番号法に基づく個人番号の利用等に関する条例の一部改正について

      議案第41号 冨田人形会館条例の廃止について

      議案第42号 長浜市特別養護老人ホーム等管理運営基金条例の廃止について

      議案第43号 長浜市過疎地域自立促進計画の策定について

      議案第44号 きのもと交遊館の指定管理者の指定について

      議案第45号 虎姫時遊館の指定管理者の指定について

      議案第46号 余呉文化ホール等の指定管理者の指定について

      議案第47号 財産の譲渡について

      議案第48号 財産の譲渡について

      議案第49号 財産の貸付けについて

      請願第1号 TPP(環太平洋連携協定)交渉に関する意見書の提出を求める請願

      請願第2号 TPP協定を国会で批准しないことを求める請願

      各常任委員長報告

      質疑、討論

      採決

────────────────────────────────────

本日の会議に付した事件

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 諸般の報告

 日程第3 議案第50号 公平委員会の委員の選任について

      議案第51号 監査委員の選任について

      市長提案説明、質疑

      採決

 日程第4 議案第5号 平成28年度長浜市一般会計予算

      議案第6号 平成28年度長浜市国民健康保険特別会計予算

      議案第7号 平成28年度長浜市国民健康保険特別会計(直診勘定)予算

      議案第8号 平成28年度長浜市後期高齢者医療保険特別会計予算

      議案第9号 平成28年度長浜市介護保険特別会計予算

      議案第10号 平成28年度長浜市休日急患診療所特別会計予算

      議案第11号 平成28年度長浜市公共下水道事業特別会計予算

      議案第12号 平成28年度長浜市農業集落排水事業特別会計予算

      議案第13号 平成28年度長浜市簡易水道事業特別会計予算

      議案第14号 平成28年度長浜市病院事業会計予算

      議案第15号 平成28年度長浜市老人保健施設事業会計予算

      議案第16号 平成27年度長浜市一般会計補正予算(第7号)

      議案第17号 平成27年度長浜市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

      議案第18号 平成27年度長浜市診療所特別会計補正予算(第1号)

      議案第19号 平成27年度長浜市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)

      議案第20号 長浜市行政不服審査法施行条例の制定について

      議案第21号 行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

      議案第22号 地方公務員法及び地方独立行政法人法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

      議案第23号 長浜市公共施設等整備基金条例の制定について

      議案第24号 スポーツ及び文化に係る事務の管理及び執行に関する条例の制定について

      議案第25号 長浜市市民活動センター条例の制定について

      議案第26号 長浜市消費生活センターの組織及び運営等に関する条例の制定について

      議案第27号 長浜市事務分掌条例の一部改正について

      議案第28号 長浜市職員定数条例の一部改正について

      議案第29号 長浜市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正について

      議案第30号 長浜市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について

      議案第31号 長浜市手数料条例の一部改正について

      議案第32号 長浜市国民健康保険条例の一部改正について

      議案第33号 長浜市介護保険条例等の一部改正について

      議案第34号 長浜市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について

      議案第35号 長浜市山間へき地医療体制強化基金条例の一部改正について

      議案第36号 長浜市過疎地域における固定資産税の課税免除に関する条例の一部改正について

      議案第37号 長浜市指定地域密着型サービス事業者等の指定に関する基準を定める条例の一部改正について

      議案第38号 長浜市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について

      議案第39号 長浜市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部改正について

      議案第40号 長浜市番号法に基づく個人番号の利用等に関する条例の一部改正について

      議案第41号 冨田人形会館条例の廃止について

      議案第42号 長浜市特別養護老人ホーム等管理運営基金条例の廃止について

      議案第43号 長浜市過疎地域自立促進計画の策定について

      議案第44号 きのもと交遊館の指定管理者の指定について

      議案第45号 虎姫時遊館の指定管理者の指定について

      議案第46号 余呉文化ホール等の指定管理者の指定について

      議案第47号 財産の譲渡について

      議案第48号 財産の譲渡について

      議案第49号 財産の貸付けについて

      請願第1号 TPP(環太平洋連携協定)交渉に関する意見書の提出を求める請願

      請願第2号 TPP協定を国会で批准しないことを求める請願

      各常任委員長報告

      質疑、討論

      採決

 追加日程 委員会提出議案第2号 長浜市議会委員会条例の一部を改正する条例

      議会運営委員長提案説明

      質疑、討論

      採決

      意見書案第2号 TPP(環太平洋連携協定)交渉に関する意見書

      産業建設常任委員長提案説明

      質疑、採決

────────────────────────────────────

応 招 議 員 ( 26名 )

出 席 議 員 ( 25名 )

  1番 佐 金 利 幸 君            2番 中 川   勇 君

  3番 山 崎 正 直 君            4番 草 野   豊 君

  5番 中 川 リョウ 君            6番 矢 守 昭 男 君

  7番 轟   保 幸 君            8番 西 邑 定 幸 君

  9番 浅 見 勝 也 君            10番 松 本 長 治 君

  11番 森 田 義 人 君            12番 石 田 節 子 さん

  13番 吉 田   豊 君            14番 中 嶌 康 雄 君

  15番 柴 田 光 男 君            16番 阪 本 重 光 君

  17番 藤 井   繁 君            18番 竹 本 直 隆 君

  19番 柴 田 清 行 君            20番 竹 内 達 夫 君

  21番 鬼 頭 明 男 君            22番 浅 見 信 夫 君

  23番 東   久 雄 君            24番 鋒 山 紀 子 さん

  26番 押 谷 與茂嗣 君

────────────────────────────────────

欠 席 議 員 ( 1名 )

  25番 西 尾 孝 之 君

────────────────────────────────────

事務局出席職員氏名

 事務局長 中 井 正 彦 君         次長   細 川   顕 君

 副参事  大 塚 邦 生 君         主幹   内 藤 長 人 君

────────────────────────────────────

説明のため出席した者の職氏名

 市長     藤 井 勇 治 君       副市長    大 塚 義 之 君

 総務部長   且 本 安 彦 君       総合政策部長 藤 原 久美子 さん

 市民協働部長 米 澤 辰 雄 君       市民生活部長 寺 村 治 彦 君

 産業経済部長 北 川 雅 英 君       都市建設部長 今 井 克 美 君

 北部振興局長 佃   光 広 君       教育長    北 川 貢 造 君

 教育部長   嶋 田 孝 次 君       会計管理者  平 尾 真 弓 さん

 長浜病院事務局長               湖北病院事務局長

        柴 田 博 文 君              西 川   昇 君

 防災危機管理監藤 本 茂 良 君       健康福祉部理事横 井 弘 隆 君

 財政課長   藤 居   敏 君       財政課副参事 西 川 琢 也 君

────────────────────────────────────



    (午前10時00分 開議)



○議長(浅見勝也君) 皆さんおはようございます。

 定刻にご参集いただき、まことにありがとうございます。

 会議に先立ち、ご報告を申しあげます。

 本日の会議に、西尾孝之議員から欠席の届けを受けておりますので、ご報告をいたします。

 これより本日の会議を開きます。

─────────────────────



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(浅見勝也君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において西邑定幸議員、藤井 繁議員を指名いたします。

─────────────────────



△日程第2 諸般の報告



○議長(浅見勝也君) 日程第2、事務局長から諸般の報告をいたします。

 議会事務局長。



◎事務局長(中井正彦君) 議案の追加送付についてご報告いたします。

 今期定例会に提出するため、平成28年3月18日付長財第113号で藤井勇治市長から浅見勝也議長宛てに議案2件の追加送付がありました。

 案件は、議案第50号 公平委員会の委員の選任について外1件であります。

 これらの議案の写しにつきましては、先般議員の皆様のお手元に配付いたしております。

 以上、報告を終わります。

─────────────────────



△日程第3 議案第50号及び議案第51号について

      市長提案説明、質疑

      採決



○議長(浅見勝也君) 日程第3、議案第50号及び議案第51号についてを議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 市長。



◎市長(藤井勇治君) (登壇)本日、追加でご提案させていただきました議案についてご説明申しあげます。

 議案第50号につきましては、現公平委員会委員の漣 藤寿氏が任期満了することに伴い、同氏を再び公平委員会の委員に選任することにつきまして、地方公務員法の規定に基づき、市議会のご同意をお願いするものであります。

 議案第51号につきましては、現監査委員の三田俊雄氏が任期満了することに伴い、同氏を再び監査委員に選任することにつきまして、地方自治法の規定に基づき、市議会の同意をお願いするものであります。

 以上、本日ご提案申しあげました諸議案であります。何とぞご同意を賜りますようよろしくお願いを申しあげます。



○議長(浅見勝也君) ただいま議題となっております議案第50号及び議案第51号に対する質疑を行います。

 質疑のある方は、発言通告書を提出願います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) 発言の通告がありませんので、質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第50号及び議案第51号につきましては、人事案件につき、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第50号及び議案第51号につきましては、委員会付託を省略し、直ちに採決することに決しました。

 これより採決いたします。

 まず、議案第50号について採決いたします。

 議案第50号 公平委員会の委員の選任について、原案のとおり同意することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第50号につきましては、原案のとおり同意することに決しました。

 次に、議案第51号について採決いたします。

 議案第51号 監査委員の選任について、原案のとおり同意することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第51号は原案のとおり同意することに決しました。

─────────────────────



△日程第4 議案第5号から議案第49号までについて

      請願第1号及び請願第2号について

      各常任委員長報告

      質疑、討論

      採決



○議長(浅見勝也君) 日程第4、議案第5号から議案第49号まで並びに請願第1号及び請願第2号についてを一括議題といたします。

 本件に関し、各常任委員長から委員会審査の結果報告を求めます。

 まず、総務教育常任委員長 浅見信夫議員、登壇願います。

 総務教育常任委員長。



◆総務教育常任委員長(浅見信夫君) (登壇)平成28年長浜市議会第1回定例会におきまして、総務教育常任委員会に付託を受けました議案の審査結果をご報告いたします。

 まず、議案第5号 平成28年度長浜市一般会計予算のうち当委員会付託分については、全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第6号 平成28年度長浜市国民健康保険特別会計予算のうち人件費関係、議案第7号 平成28年度長浜市国民健康保険特別会計(直診勘定)予算のうち人件費関係、議案第9号 平成28年度長浜市介護保険特別会計のうち人件費関係、議案第11号 平成28年度長浜市公共下水道事業特別会計予算のうち人件費関係、議案第12号 平成28年度長浜市農業集落排水事業特別会計予算のうち人件費関係及び議案第13号 平成28年度長浜市簡易水道事業特別会計予算のうち人件費関係につきましては、それぞれ全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第16号 平成27年度長浜市一般会計補正予算(第7号)のうち当委員会付託分につきましては全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第20号 長浜市行政不服審査法施行条例の制定について、議案第21号 行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について、議案第22号 地方公務員法及び地方独立行政法人法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について、議案第23号 長浜市公共施設等整備基金条例の制定について、議案第24号 スポーツ及び文化に係る事務の管理及び執行に関する条例の制定について、議案第25号 長浜市市民活動センター条例の制定について、議案第27号 長浜市事務分掌条例の一部改正について、議案第28号 長浜市職員定数条例の一部改正について、議案第29号 長浜市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正について、議案第30号 長浜市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について、議案第34号 長浜市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について、議案第40号 長浜市番号法に基づく個人番号の利用等に関する条例の一部改正について及び議案第41号 冨田人形会館条例の廃止につきましては、それぞれ全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第43号 長浜市過疎地域自立促進計画の策定について、議案第44号 きのもと交遊館の指定管理者の指定について、議案第45号 虎姫時遊館の指定管理者の指定について、議案第46号 余呉文化ホール等の指定管理者の指定について、議案第47号 財産の譲渡について及び議案第49号 財産の貸付けにつきましては、それぞれ全員一致で可決すべきものと決しました。

 以上、総務教育常任委員会の報告を終わります。



○議長(浅見勝也君) ただいまの報告に対し、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) 質疑なしと認めます。

 次に、健康福祉常任委員長 中川 勇議員、登壇願います。

 健康福祉常任委員長。



◆健康福祉常任委員長(中川勇君) (登壇)平成28年長浜市議会第1回定例会におきまして、当健康福祉常任委員会に付託を受けました議案の審査結果についてご報告いたします。

 まず、議案第5号 平成28年度長浜市一般会計予算のうち当委員会付託分につきましては、全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第6号 平成28年度長浜市国民健康保険特別会計予算(人件費関係を除く)につきましては、賛成多数で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第7号 平成28年度長浜市国民健康保険特別会計(直診勘定)予算(人件費関係を除く)につきましては、全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第8号 平成28年度長浜市後期高齢者医療保険特別会計予算及び議案第9号 平成28年度長浜市介護保険特別会計予算(人件費関係を除く)につきましては、それぞれ賛成多数で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第10号 平成28年度長浜市休日急患診療所特別会計予算、議案第14号 平成28年度長浜市病院事業会計予算及び議案第15号 平成28年度長浜市老人保健施設事業会計予算につきましては、それぞれ全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第16号 平成27年度長浜市一般会計補正予算(第7号)のうち当委員会付託分につきましては、全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第17号 平成27年度長浜市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)及び議案第18号 平成27年度長浜市診療所特別会計補正予算(第1号)につきましては、それぞれ全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第26号 長浜市消費生活センターの組織及び運営等に関する条例の制定について、議案第32号 長浜市国民健康保険条例の一部改正について、議案第33号 長浜市介護保険条例等の一部改正について、議案第35号 長浜市山間へき地医療体制強化基金条例の一部改正について、議案第36号 長浜市過疎地域における固定資産税の課税免除に関する条例の一部改正について、議案第37号 長浜市指定地域密着型サービス事業者等の指定に関する基準を定める条例の一部改正について、議案第38号 長浜市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について、議案第39号 長浜市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部改正について及び議案第42号 長浜市特別養護老人ホーム等管理運営基金条例の廃止についてにつきましては、それぞれ全員一致で可決すべきものと決しました。

 最後に、議案第48号 財産の譲渡についてにつきましては、全員一致で可決すべきものと決しました。

 なお、今般の委員会審査における当常任委員会としての意見を申し述べます。

 まず、議案第7号 平成28年度長浜市国民健康保険特別会計(直診勘定)予算(人件費関係を除く)の審査におきまして、山間へき地等の医療体制を担っている診療所運営の維持、確保を行うための財政面からの支援は当然と考えますが、その前提として、患者と医師等との信頼関係の構築(関係部署職員の過疎化等対応への意識形成を含む)は、何よりも重要であることを十分考慮し、運営に当たるべきとの意見、次に、議案第9号 平成28年度長浜市介護保険特別会計予算(人件費関係を除く)の審査において、平成28年4月からの介護保険サービスの再編移行を直前に控えてもなお一部関係者から不安の声が聞こえており、これら不安等を払拭するため、利用者をはじめ、関係事業所等との意見交換など、さらに意思疎通をしっかり図るべきとの意見がありました。

 以上2点について、市当局におかれてはこのことを真摯に受けとめ、それぞれの対応に検討を行い、善処されるよう申し添えます。

 以上で健康福祉常任委員会の報告を終わります。



○議長(浅見勝也君) ただいまの報告に対し、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) 質疑なしと認めます。

 次に、産業建設常任委員長 西邑定幸議員、登壇願います。

 産業建設常任委員長。



◆産業建設常任委員長(西邑定幸君) (登壇)平成28年長浜市議会第1回定例会におきまして、当産業建設常任委員会に付託を受けました議案の審査結果について報告をいたします。

 まず、議案第5号 平成28年度長浜市一般会計予算のうち当委員会付託分につきましては、全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第11号 平成28年度長浜市公共下水道事業特別会計予算(人件費関係を除く)、議案第12号 平成28年度長浜市農業集落排水事業特別会計予算(人件費関係を除く)及び議案第13号 平成28年度長浜市簡易水道事業特別会計予算(人件費関係を除く)につきましては、それぞれ全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第16号 平成27年度長浜市一般会計補正予算(第7号)のうち当委員会付託分につきましては、全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第19号 平成27年度長浜市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)につきましては、全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第31号 長浜市手数料条例の一部改正につきましては、全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、請願第1号 TPP(環太平洋連携協定)交渉に関する意見書の提出を求める請願につきましては、賛成多数で採択すべきものと決しました。

 最後に、請願第2号 TPP協定を国会で批准しないことを求める請願につきましては、賛成少数で不採択とすべきものと決しました。

 なお、今般の委員会審査における当常任委員会としての意見を申しあげます。

 まず、議会及び市民に対する情報開示、情報提供が総じて不十分であるとの意見、特に各種事業計画の策定と実施においてはさまざまなメディアを介してわかりやすい情報発信に心がけられたいとの意見。

 次に、インバウンド事業の推進については、各関係部門間のさらなる連携と事業の充実が必要。

 なお、パンフレット、看板等のおもてなしツールの各国語対応等について一定の基準を設けるべきとの意見。

 さらに、雪寒事業については、住民本位の視点に立って、さらなる充実を図られるようにとの意見がありました。

 当局においては、これらの意見を十分考慮の上、事業を進められるよう申し添えます。

 以上で産業建設常任委員会からの報告を終わります。



○議長(浅見勝也君) ただいまの報告に対し、質疑はございませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) 質疑なしと認めます。

 これより討論に入ります。

 討論の通告がありますので、これを順次許します。

 まず、浅見信夫議員、登壇願います。

 浅見信夫議員。



◆22番(浅見信夫君) (登壇)それでは、議案第5号 平成28年度長浜市一般会計予算については、日本共産党市議団は賛成の態度を表明しておりますので、以下、その理由を簡潔に述べます。

 市の一般会計予算案は約511億円で、前年度比0.4%減、このうち公債費の繰上償還約10億円を除くと、前年度比1.8%の減となっています。

 市は、合併特例措置の終結に向けた財政計画に基づき、持続可能な財政運営を堅持し、まち・ひと・しごと創生総合戦略の推進を重点に置いて予算を編成したとしております。

 予算案は、平成27年度補正予算を加えて14カ月予算となっており、曳山まつりユネスコ無形文化遺産登録関連事業や多子世帯保育料負担軽減事業、市民で支える小学校給食費補助事業、地域づくり協議会活動支援、長浜駅周辺整備事業などの主要事業を計上するほか、新規事業も数多く、少子化対策の推進など地方創生のテーマに基づく各種事業など、評価すべき事業も多々あります。

 とりわけ、多子世帯保育料負担軽減事業は、幼稚園、保育所の保育料について、これまでの対象年齢を撤廃し、所得に関係なく全ての第2子児童を半額、第3子以降を無償とするもので、子育てに係る負担を軽減する施策として市民からも高く評価されているところであります。

 また、市民で支える小学校給食費補助事業についても同じことが言えるだろうというふうに思います。

 私は、滋賀自治体問題研究所の皆さんとともに、滋賀における合併検証の検討の中で合併自治体の財政の資金繰り度の経過も見てまいりましたけれども、この間、長浜市の財政運営は実質収支は毎年黒字で推移し、財政調整基金は確保しながら債務残高は大幅に減らしています。財政運営としては、県下の合併自治体と比較して、長浜市は堅実に運営されているというふうに思います。

 しかし、予算は言うまでもなく、財政の収支状況や財政の弾力性がどうかというなどの視点も大切でありますが、何よりも財政が市民ニーズに合っているかどうかが最も大切な視点で、市民生活向上につながるものでなければならないと思います。

 平成28年度の予算案は、引き続き市民税や地方交付税など、市の自主的な判断で使用できる一般財源の総額は歳入の70.1%と確保されていることから、その一般財源を市民サービスにシフトした振り分け方に工夫することにより、今回の保育料負担軽減や小学校給食費の無料化が実現しましたように、さらに子ども医療費の助成の拡充など社会保障の充実や住宅リフォーム助成など市民向けサービスの充実、市民負担の軽減、公務員人件費抑制の解消などのためにその一般財源を使うことが求められているというふうに思います。

 以上のように、平成28年度長浜市一般会計予算案は合併時の膨大な負債残高の解消や合併による地方交付税の減収の犠牲を市民や周辺地域に押しつけるという一面もありますが、今回市民ニーズに応える一歩を踏み出したものとなっており、市民サービスのさらなる充実を求めて賛成したいというふうに思います。

 以上のような理由で、議案第5号について賛成するものですが、市が引き続き地方自治体の本旨である市民福祉の増進、生活条件の向上、安全・安心のまちづくりを進めるという視点に立って行財政運営を行っていただきたいことを重ねて申しあげまして、討論といたします。(拍手)



○議長(浅見勝也君) 次に、鬼頭明男議員、登壇願います。

 鬼頭議員。



◆21番(鬼頭明男君) (登壇)それでは、議案第6号 平成28年度長浜市国民健康保険特別会計予算、議案第8号 平成28年度長浜市後期高齢者医療保険特別会計予算、議案第9号 平成28年度長浜市介護保険特別会計予算については、日本共産党市議団は反対の態度を表明していますので、以下、反対の理由を簡潔に述べます。

 国民健康保険について、特別会計予算案では保険料率2.3%の引き上げを見込んでおります。平成20年度、21年度、2年連続で保険料が25%も引き上がり、市は議会で保険料について市民負担は限界に達していると繰り返し答弁し、平成26年度は財政調整基金を取り崩し、保険料を据え置く措置をとりましたが、27年度は5.4%の引き上げを行いました。

 市は、市民の医療セーフティーネットであり、約4割の世帯が加入している国民健康保険を財政的に守る立場から、国保財政悪化の最大の原因である国庫負担率の引き下げをもとに戻すことを強く国に求めるとともに、国民健康保険という社会保障制度の保険者である市として一般会計からの繰り入れを増やすことや国の財政支援の措置を活用して保険料を据え置くか引き下げるべきであります。

 後期高齢者医療制度については75歳以上の高齢者に重い保険料負担と差別医療を押しつける医療制度で、一日も早い撤廃が求められます。

 保険料については、2年ごとに引き上げが行われ、平成26年度から県後期高齢者医療広域連合は約6%の引き上げを行い、年6万5,888円となっています。28年度はさらに上がる見込みでございます。

 国民健康保険の広域化にあわせて、後期高齢者の医療制度にかわり、地域保険を国民健康保険に一本化する議論をしておりますけれども、差別医療の拡大やさらなる重い保険料負担を高齢者に課すのではなく、後期高齢者医療制度は廃止し、75歳以上の医療費は国の責任で無料化とする制度を確立するように、市は強く国へ要望すべきです。

 介護保険については、平成27年度から第6期ゴールドプランながはま21が実施され、事業費の伸びにより、介護保険料は65歳以上の第1号被保険者の基準額は現行から14.5%と大幅に引き上げられ月額で5,820円となり、年額6万9,840円となります。介護保険が始まった第1期の保険料の約2倍となっています。

 政府が一昨年6月、医療介護総合法を強行可決し、多くの高齢者を介護サービスから除外し、利用者に大幅な負担増を押しつけるなど、公的介護保障を土台から掘り起こす改悪を行ったことに多くの国民は怒りと不安を抱いております。

 昨年8月からは介護保険改定による利用者負担が引き上げられ、補足給付の縮減で施設入居者の補助が引き下げられます。さらに介護保険料は上がり続け、高齢者の生活を圧迫する要因ともなっています。

 市では、介護予防や認知症予防などの先駆者の取り組みや要支援者1、2のサービスにかかわる介護予防・日常生活支援総合事業が実施されていますが、入所の要介護3以上の限定、利用者抑制を引き起こさせる利用料の引き上げなど、介護サービスの後退とともに、介護保険料の大幅値上げのみが実施されるのでは、介護を必要とする高齢者が安心して地域で暮らし続けられる保証はありません。

 以上のような趣旨、理由で、議案第6号、議案第8号、議案第9号について反対するものであります。

 市が地方自治体の本旨である市民の福祉の増進、生活の向上、安心・安全のまちづくりを進めるという視点に立って行財政運営を行っていただきたいことを申しあげるとともに、反対討論に反対する議員各位のご賛同をお願いいたしまして、討論といたします。どうかよろしくお願いいたします。(拍手)



○議長(浅見勝也君) 次に、竹内達夫議員、登壇願います。

 竹内議員。



◆20番(竹内達夫君) TPP(環太平洋連携協定)交渉に関する意見書の提出を求める請願に反対の立場で討論いたします。

 安倍政権は、昨年10月のTPP交渉の大筋合意に続いて、今年2月4日にはTPP協定の署名、調印に突き進み、今国会での批准を強行しようとしています。

 もともとTPP交渉の参加は2012年暮れの総選挙で自民党が掲げたウソつかない、TPP断固反対、ブレない、日本を耕す自民党と、こういう公約に真っ向から反しております。

 また、交渉に参加する際、国会では米、牛肉、豚肉、乳製品など重要農産物は交渉から除外し、それが確保できない場合、脱退も辞さない、国民への十分な情報を行う、食の安全・安心を損なわない、国の主権を損なうISD条項は合意しないなど8項目を決議いたしました。

 ところが、TPP協定大筋合意では、農林水産物では除外するとした重要農産物の30%で関税を撤廃し、米には特別輸入枠の7万8,400トンの設定、牛肉、豚肉では関税の大幅引き下げを受け入れています。

 全国の農協組合長の92%が国会決議は守られていないと日本農業新聞のアンケートに答えているのは当然です。重要農産物以外でも野菜や果物、林産物のほとんどで関税が撤廃され、農林水産物の撤廃率が81%という史上最大の輸入自由化であります。これにより、農産物の生産額は1兆円減少するという試算も出ております。

 ところが、JA全中は、安倍政権の恫喝、TPPに反対すれば農業分野に金は出さない、これに屈しまして、批准阻止の旗をおろしました。JA県中央会もこの方針のもと、協定内容を詳しく明示せよ、国内対策を万全に、批准阻止は言わないということで、3月のこの議会に請願が出された背景がございます。

 請願の趣旨及び理由で、大筋合意の内容は農林水産物の重要5品目への特別輸入枠の設定や段階的な関税削減、撤廃となっており、国会決議を逸脱している、生産現場には不安の声が広がっている、TPPは単に農業問題だけでなく、食の安全・安心、医療、保険、ISD条項など国民の生活の根本に大きな不安を抱かせるとともに、国や地域の形を大きく変える重要な内容を含んでいるとしながら、請願第1号は大筋合意を前提に、1、TPP交渉の合意内容に関する情報公開、2、国会決議が遵守できているか厳格に精査を求めております。

 政府は、秘密保持を貫き、明らかに国会決議違反です。厳格な精査を求めるなど、への突っ張りにもならないのではないでしょうか。

 2012年3月議会で北びわこ農業協同組合から請願されましたTPPによる影響を国民に詳細に情報開示することなく、国民の総意を得られないTPP交渉への参加方針は即時撤回すること、我が国の食料安全保障の観点から必要な関税による国産農畜産品の保護や国民皆保険制度など国民の生命に直結する重要な制度、仕組みを堅持する方針を明確にすることは、この請願は全会一致で採択されております。

 2014年から新議員になられました皆さんは別といたしまして、他議員の各位は、これは4年前のことであります、国民に詳細に情報を開示することなく、国民の総意を得ないTPP交渉への参加方針は即時撤回することでありました。情報開示しないままTPP交渉に参加し、昨年10月、突如大筋合意が発表されました。

 これを中心的に進めてきたのは、企業からたっぷりと賄賂をもらって、大臣を辞任した甘利元TPP担当大臣であります。

 このことを申しあげまして、請願第1号の反対討論としたいと思います。良識ある議員各位のご賛同を切にお願いいたします。

 以上であります。(拍手)



○議長(浅見勝也君) 次に、中川 勇議員、登壇願います。

 中川 勇議員。



◆2番(中川勇君) (登壇)それでは、私のほうからは請願第1号 TPP(環太平洋連携協定)交渉に関する意見書の提出を求める請願について採択すべき立場から賛成討論をさせていただきます。

 請願書の趣旨及び理由の記載にありますとおり、昨年10月5日、TPP閣僚会合において大筋合意されたのを受けまして、その内容が農林水産物の重要5品目への特別輸入枠の設定や段階的な関税削減、撤廃となっており、国会決議が実現されていないとの懸念がある中、生産現場には不安と怒りの声が広がっています。

 このことを受け、JAグループ滋賀では、これまで政府・与党等への働きかけとして大筋合意を踏まえた緊急要請やJAグループ滋賀役職員集会での特別決議、滋賀県農業団体等TPP対策会議の開催などが行われ、さらに今後の対応として広く県民に対しての広報製作、国民理解促進運動の展開や情報収集強化と適時、的確な情報発信など、粘り強い運動を展開することとされ、その運動の一環として今回意見書の提出を求める請願という要請活動に至っているものでございます。

 請願項目の内容につきましては、議員各位におかれましてもそれぞれの地域で農業者等の皆さんからいろいろご意見などをお聞きいただいていることと存じますが、先にも述べましたように、適時、適時においてのJAグループ滋賀全体での統一した行動として請願項目をまとめられ、提出されたものでございます。

 JAグループ滋賀におきましては、この後においても情勢の変化等に応じていろいろ取り組み、行動等がなされるとお聞きいたしております。

 議員各位におかれましては、こうした事情を十分ご理解、ご勘案いただき、請願第1号に対しまして、ぜひとも議員皆さんからのご賛同を賜りたくお願い申しあげまして、賛成の討論とさせていただきます。(拍手)



○議長(浅見勝也君) では、最後に竹内達夫議員、登壇願います。

 竹内議員。



◆20番(竹内達夫君) (登壇)続きまして、請願第2号 TPP協定を国会で批准しないことを求める請願に賛成の立場で討論いたします。

 3月6日、政府はTPP協定の承認案と関連法案の閣議決定と国会上程を強行いたしましたが、国民の強い反対を無視したこのやり方は、断固許すことはできません。

 先ほどの請願第1号の反対討論でも述べましたので多くを語らなくとも十分おわかりと存じますが、これまでの国会論戦を通じて、TPPが二重に国会決議違反であることは明白であります。

 TPP交渉過程を明らかにすることが不可欠でありますが、政府はあくまで秘密保持を貫き、交渉の過程については明らかにできないと国会で繰り返し答弁をしております。

 私は、今議会の一般質問でも明らかにしましたとおり、アメリカ国内の動向は全く不透明で、大統領選挙の候補者の中でTPP推進は少数派にすぎず、議会承認が大統領選挙後というのが大方の見方であります。

 ところが、政府は日本が率先して動くことで早期発効に向けた機運を高めたいと公言しております。これは、TPPに反対する内外の世論に対する挑戦であり、断じて許すことはできません。TPP協定の批准は後戻りができない関税撤廃の道であり、先進国なら農を守れ、自民党の裏切りは重大、だまし討ちだと各地の農業組合長は安倍農政に怒っております。

 最近、私の知人が農機具も古くなり、今さら新しくするのはもうできない、高齢化でもあり、もうやっていけないと5ヘクタールを手放しました。TPP協定が批准されなくとも、今日の日本農業は危機的な状況にあり、大農家は苗も肥料も農機具も販路も農協に頼らなくなっています。この上に、TPP協定が批准されれば、中小農家はほとんどなくなります。

 安倍政権は、地方創生とか10年で農業所得を倍増すると言っていますが、TPPで国会決議を実質的に反故にした譲歩を続け、所得のセーフティネットを廃止、農協など農業関連組織を解体してどうやって地方創生や農業所得の倍増ができるのでしょうか。

 大筋合意は、人の健康よりも大企業利益を優先するものであり、農産物の大幅譲歩、食の安全は守られない、輸出を当て込んだ攻めの農業が日本農業を救うなど、全くうそを皆さんしっかりと見抜いていただきたいと思います。

 TPP批准は、日本農業を破壊し、伝統も文化もコミュニティもなくしてしまいます。

 申すまでもなく、議会は討論の場であります。請願に討論もしないで黙って反対など許されません。十分な議論が議会改革であり、議会の権威を高めるものと考えます。

 共産党市議団が新年度一般会計予算を賛成したのは歴史的なことであります。議員各位もこうしたこともお考えいただきまして、共産党を除く時代はもう過去のものであります。十分ご認識いただきまして、ご賛同いただきますようよろしくお願いいたします。(拍手)



○議長(浅見勝也君) 以上で通告による討論は終わりました。

 これをもって討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 まず、議案第5号について採決いたします。

 議案第5号 平成28年度長浜市一般会計予算について、各常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第5号については可決されました。

 次に、議案第6号について採決いたします。

 採決は電子採決により行います。

 電子採決は賛成者を白の表示、反対者を青の表示となります。

 議案第6号 平成28年度長浜市国民健康保険特別会計予算について、総務教育常任委員長及び健康福祉常任委員長報告のとおり決することに賛成の方は賛成ボタンを、反対の方は反対ボタンを押してください。

 表決漏れはございませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) 表決漏れなしと認め、確定いたします。

 賛成は21人で、多数であります。

 よって、議案第6号については可決されました。

 次に、議案第7号について採決いたします。

 議案第7号 平成28年度長浜市国民健康保険特別会計(直診勘定)予算について、総務教育常任委員長及び健康福祉常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第7号については可決されました。

 次に、議案第8号について採決いたします。

 採決は電子採決により行います。

 議案第8号 平成28年度長浜市後期高齢者医療保険特別会計予算について、健康福祉常任委員長報告のとおり決することに賛成の方は賛成ボタンを、反対の方は反対ボタンを押してください。

 表決漏れはございませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) 表決漏れなしと認め、確定いたします。

 賛成は21人で、多数であります。

 よって、議案第8号については可決されました。

 次に、議案第9号について採決いたします。

 採決は電子採決により行います。

 議案第9号 平成28年度長浜市介護保険特別会計予算について、総務教育常任委員長及び健康福祉常任委員長報告のとおり決することに賛成の方は賛成ボタンを、反対の方は反対ボタンを押してください。

 表決漏れはございませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) 表決漏れなしと認め、確定いたします。

 賛成は21人で、多数であります。

 よって、議案第9号については可決されました。

 次に、議案第10号について採決いたします。

 議案第10号 平成28年度長浜市休日急患診療所特別会計予算について、健康福祉常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第10号については可決されました。

 次に、議案第11号から議案第13号までについて採決いたします。

 議案第11号 平成28年度長浜市公共下水道事業特別会計予算、議案第12号 平成28年度長浜市農業集落排水事業特別会計予算及び議案第13号 平成28年度長浜市簡易水道事業特別会計予算について、総務教育常任委員長及び産業建設常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第11号から議案第13号までについては可決されました。

 次に、議案第14号及び議案第15号について採決いたします。

 議案第14号 平成28年度長浜市病院事業会計予算及び議案第15号 平成28年度長浜市老人保健施設事業会計予算について、健康福祉常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第14号及び議案第15号については可決されました。

 次に、議案第16号について採決いたします。

 議案第16号 平成27年度長浜市一般会計補正予算(第7号)について、各常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第16号については可決されました。

 次に、議案第17号及び議案第18号について採決いたします。

 議案第17号 平成27年度長浜市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)及び議案第18号 平成27年度長浜市診療所特別会計補正予算(第1号)について、健康福祉常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第17号及び議案第18号については可決されました。

 次に、議案第19号について採決いたします。

 議案第19号 平成27年度長浜市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)について、産業建設常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第19号については可決されました。

 次に、議案第20号から議案第25号までについて採決いたします。

 議案第20号 長浜市行政不服審査法施行条例の制定について、議案第21号 行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について、議案第22号 地方公務員法及び地方独立行政法人法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について、議案第23号 長浜市公共施設等整備基金条例の制定について、議案第24号 スポーツ及び文化に係る事務の管理及び執行に関する条例の制定について及び議案第25号 長浜市市民活動センター条例の制定について、総務教育常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第20号から議案第25号までについては可決されました。

 次に、議案第26号について採決いたします。

 議案第26号 長浜市消費生活センターの組織及び運営等に関する条例の制定について、健康福祉常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第26号については可決されました。

 次に、議案第27号から議案第30号までについて採決いたします。

 議案第27号 長浜市事務分掌条例の一部改正について、議案第28号 長浜市職員定数条例の一部改正について、議案第29号 長浜市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正について及び議案第30号 長浜市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について、総務教育常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第27号から議案第30号までについては可決されました。

 次に、議案第31号について採決いたします。

 議案第31号 長浜市手数料条例の一部改正について、産業建設常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第31号については可決されました。

 次に、議案第32号及び議案第33号について採決いたします。

 議案第32号 長浜市国民健康保険条例の一部改正について及び議案第33号 長浜市介護保険条例等の一部改正について、健康福祉常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第32号及び議案第33号については可決されました。

 次に、議案第34号について採決いたします。

 議案第34号 長浜市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について、総務教育常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第34号については可決されました。

 次に、議案第35号から議案第39号までについて採決いたします。

 議案第35号 長浜市山間へき地医療体制強化基金条例の一部改正について、議案第36号 長浜市過疎地域における固定資産税の課税免除に関する条例の一部改正について、議案第37号 長浜市指定地域密着型サービス事業者等の指定に関する基準を定める条例の一部改正について、議案第38号 長浜市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について及び議案第39号 長浜市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部改正について、健康福祉常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第35号から議案第39号までについては可決されました。

 次に、議案第40号及び議案第41号について採決いたします。

 議案第40号 長浜市番号法に基づく個人番号の利用等に関する条例の一部改正について及び議案第41号 冨田人形会館条例の廃止について、総務教育常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第40号及び議案第41号については可決されました。

 次に、議案第42号について採決いたします。

 議案第42号 長浜市特別養護老人ホーム等管理運営基金条例の廃止について、健康福祉常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第42号については可決されました。

 次に、議案第43号から議案第47号までについて採決いたします。

 議案第43号 長浜市過疎地域自立促進計画の策定について、議案第44号 きのもと交遊館の指定管理者の指定について、議案第45号 虎姫時遊館の指定管理者の指定について、議案第46号 余呉文化ホール等の指定管理者の指定について及び議案第47号 財産の譲渡について、総務教育常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第43号から議案第47号までについては可決されました。

 次に、議案第48号について採決いたします。

 議案第48号 財産の譲渡について、健康福祉常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第48号については可決されました。

 次に、議案第49号について採決いたします。

 議案第49号 財産の貸付けについて、総務教育常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第49号については可決されました。

 次に、請願第1号及び請願第2号について採決いたします。

 まず、請願第1号について採決いたします。

 採決は電子採決により行います。

 念のため申しあげます。

 請願第1号に対する産業建設常任委員長の報告は採択であります。

 請願第1号 TPP(環太平洋連携協定)交渉に関する意見書の提出を求める請願について、産業建設常任委員長報告のとおり決することに賛成の方は賛成ボタンを、反対の方は反対ボタンを押してください。

 表決漏れはございませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) 表決漏れなしと認め、確定いたします。

 賛成は21人で、多数であります。

 よって、請願第1号については採択することに決しました。

 次に、請願第2号について採決いたします。

 採決は電子採決により行います。

 念のため申しあげます。

 請願第2号に対する産業建設常任委員長の報告は不採択であります。

 請願第2号 TPP協定を国会で批准しないことを求める請願について、産業建設常任委員長報告のとおり決することに賛成の方は賛成ボタンを、反対の方は反対ボタンを押してください。

 表決漏れはございませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) 表決漏れなしと認め、確定いたします。

 賛成は21人で、多数であります。

 よって、請願第2号については不採択とすることに決しました。

 ここで暫時休憩いたします。

    (午前11時05分 休憩)

    (午前11時06分 再開)



○議長(浅見勝也君) 休憩前に引き続き再開いたします。

 ただいま議会運営委員長から委員会提出議案第2号 長浜市議会委員会条例の一部を改正する条例が、また産業建設常任委員長から意見書案第2号 TPP(環太平洋連携協定)交渉に関する意見書が提出されました。

 お諮りいたします。

 この際、委員会提出議案第2号及び意見書案第2号を日程に追加し、議題といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) ご異議なしと認めます。

 よって、委員会提出議案第2号及び意見書案第2号についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。

─────────────────────



△追加日程 委員会提出議案第2号 長浜市議会委員会条例の一部を改正する条例について

      議会運営委員長提案説明

      質疑、討論

      採決

      意見書案第2号 TPP(環太平洋連携協定)交渉に関する意見書について産業建設常任委員長提案説明

      質疑、採決



○議長(浅見勝也君) まず、委員会提出議案第2号についてを議題といたします。

 委員会提出議案第2号 長浜市議会委員会条例の一部を改正する条例について、提出者から提案理由の説明を求めます。

 議会運営委員長 柴田光男議員、登壇願います。

 議会運営委員長。



◆議会運営委員長(柴田光男君) (登壇)提出委員会を代表いたしまして、委員会提出議案第2号 長浜市議会委員会条例の一部を改正する条例について、提案理由を説明いたします。

 長浜市議会委員会条例の一部改正につきましては、今般長浜市事務分掌条例の一部改正が行われることに伴い、改正内容にあわせ、常任委員会の所管を定める条例第2条の一部改正を行うものであります。

 以上、議員各位のご賛同をよろしくお願い申しあげ、提案理由の説明といたします。



○議長(浅見勝也君) ただいま提案のありました委員会提出議案第2号に対する質疑を行います。

 質疑のある方は発言通告書を提出願います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) 発言の通告がありませんので質疑なしと認めます。

 これより討論に入ります。

 討論のある方は発言通告書を提出願います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) 討論の通告がありませんので討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております委員会提出議案第2号につきましては、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) ご異議なしと認めます。

 よって、委員会提出議案第2号につきましては、委員会付託を省略し、直ちに採決することに決しました。

 これより採決いたします。

 委員会提出議案第2号 長浜市議会委員会条例の一部を改正する条例について、原案のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) ご異議なしと認めます。

 よって、委員会提出議案第2号は原案のとおり可決されました。

 次に、意見書案第2号についてを議題といたします。

 意見書案第2号 TPP(環太平洋連携協定)交渉に関する意見書について、提案理由の説明を求めます。

 産業建設常任委員長 西邑定幸議員、登壇願います。

 産業建設常任委員長。



◆産業建設常任委員長(西邑定幸君) 提出者であります産業建設常任委員会を代表いたしまして、案文の朗読を持って提案説明とさせていただきます。

 意見書案第2号。

 TPP(環太平洋連携協定)交渉に関する意見書。

 10月5日に、米国・アトランタで開催されていたTPP閣僚会合において、TPP交渉は大筋合意に至りました。その内容は、農林水産物の重要5品目への特別輸入枠の設定や段階的な関税削減・撤廃となっており、国会決議の内容を逸脱しているとの懸念があるなか、生産現場には不安の声が広がっています。

 また、政府は、TPP大筋合意を受けて、与党の協議等を経て、11月25日に「総合的なTPP関連政策大綱」(以下、「大綱」という。)を決定されました。

 なお、大綱では、米の需給悪化に繋がらないようTPPの輸入量相当の国産米を備蓄米として買い入れること、麦の経営所得安定対策を着実に実施すること、並びに牛肉・豚肉についてマルキンを法制化すること等、早急に対策を示してほしいという生産現場の不安の声に対して最低限の国内対策は示されていますが、十分に応える内容にはなっていません。

 さらにTPPは、単に農業問題だけではなく、食の安全・安心、医療、保険、ISD条項など、国民の生活の根本に大きな不安を抱かせるとともに、国や地域のかたちを大きく変える重要な内容を含んでいます。

 以上の趣旨から、次の2点について、強く要請致します。

 記。

 1 農業者のみならず消費者など広く国民に対して、TPP交渉の合意内容に関する情報を公開すること。

 2 TPPの合意内容について、国会決議が遵守できているか、厳格に精査するとともに、TPPの影響に関する農業者の不安を払拭するための万全な国内対策を実施すること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

平成28年3月24日

  衆議院議長

  参議院議長

  内閣総理大臣

  農林水産大臣   宛



  長 浜 市 議 会 議 長

 以上、議員各位のご賛同を賜りますようお願い申しあげ、提案説明といたします。



○議長(浅見勝也君) ただいま提案のありました意見書案第2号に対し、質疑はございませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) 質疑なしと認めます。

 ただいま議題となっております意見書案第2号につきましては、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) ご異議なしと認めます。

 よって、意見書案第2号につきましては、委員会付託を省略し、直ちに採決することに決しました。

 これより採決いたします。

 採決は電子採決により行います。

 意見書案第2号 TPP(環太平洋連携協定)交渉に関する意見書について、原案のとおり決することに賛成の方は賛成ボタンを、反対の方は反対ボタンを押してください。

 表決漏れはございませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浅見勝也君) 表決漏れなしと認め、確定いたします。

 賛成は21人で、多数であります。

 よって、意見書案第2号については原案のとおり可決しました。

 ただいま可決されました意見書案第2号につきましては、議長から関係機関へ提出をいたします。

 なお、意見書の中で字句等の整理を要するものにつきましては、議長に一任をお願いいたします。

 本日の日程はこれをもって全部終了いたしました。

 市長。



◎市長(藤井勇治君) 平成28年長浜市議会第1回定例会の閉会に当たりまして、一言ご挨拶を申しあげます。

 本定例会におきましては、平成28年度当初予算をはじめ、一般会計補正予算や条例の制定、改正など、長時間にわたり慎重なるご審議を賜り、いずれもご議決をいただきまして厚くお礼を申しあげます。

 この間の議案審議に賜りまして、貴重なご意見につきましては十分に拝聴いたしまして、今後適正な執行に留意し、市政の運営に努めてまいりたいと考えております。

 さて、来年度は人口減少及び地域経済の活力回復など、我が長浜市にとって待ったなしの困難な課題が待ち受けております。地方を取り巻く状況は、経済状況については昨日の内閣府発表の月例経済報告において、景気はこのところ弱さも見られるが、穏やかな回復基調が続いているとされたものの、その先行きは海外経済の不確実性の高まりや金融資本市場の変動の影響に留意する必要があるとし、不透明な状況にございます。

 また、大きな動きとしてさまざまな政策分野については人口減少に歯止めをかけ、地域経済を活性化させるため、国をはじめ、地方自治体それぞれがその存亡をかけて地方創生の取り組みに本腰を入れ、必死に取り組んでいるところでございます。

 本議会冒頭において、私は施政方針に関する所信を述べさせていただきましたが、来年度においては長浜曳山まつりのユネスコ無形文化遺産登録に至る取り組みや日本の祭りinながはま2016の開催、また今月18日に本市の観音文化の発信を行うべき国の地方創生加速化交付金事業の事業採択を受けました実りの文化がつなぐ東京上野発地方循環型創生事業について、先日台東区長をお招きして情報発信拠点のオープニングをいたしましたところ、大変多くの方々にお越しをいただきました。ぜひとも議員の皆さんにも一度お越しをいただくようお願いをいたすところでございます。

 今後は、これらを契機として、台東区とも連携を図り、魅了するまちの創造に向けた取り組みも進めてまいりたいと考えております。

 さらに、大変大きな決断をいたしました小学校給食費の完全無料化をはじめとする子育て世代から選ばれるまちを目指した施策を重点的に推進し、将来の我が長浜市の姿を見据え、市民の誰もがいきいきと輝ける活躍できるまちの実現に向けて、議員各位をはじめ、市民の皆さんとともにオール長浜体制でこの難局を乗り切ってまいる覚悟でございますので、皆様の絶大なるご支援とご協力を賜りますようお願いを申しあげる次第でございます。

 最後になりましたが、伊吹山をはじめ、湖北の山々も雪が解け、季節はすっかりと春めいてまいりました。

 議員各位には、ますますご健勝にてご活躍あらんことを心からお祈り申しあげ、甚だ簡単でございますが、閉会のご挨拶といたします。どうもありがとうございました。



○議長(浅見勝也君) 以上をもちまして平成28年長浜市議会第1回定例会を閉会といたします。

 皆様長期間の会期、ご苦労さまでございました。

    (午前11時20分 閉会)







 会 議 録 署 名 議 員



   議 長   浅 見 勝 也



   議 員   西 邑 定 幸



   議 員   藤 井   繁