議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 長浜市

旧長浜市議会 平成14年第1回定例会 03月04日−01号




旧長浜市議会 平成14年第1回定例会 − 03月04日−01号







旧長浜市議会 平成14年第1回定例会



          平成14年長浜市議会第1回定例会会議録

────────────────────────────────────

            平成14年3月4日(月曜日)

────────────────────────────────────

議事日程

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 議席の一部変更

 日程第3 会期の決定

 日程第4 諸般の報告

 日程第5 議案第3号 平成14年度長浜市一般会計予算

      議案第4号 平成14年度長浜市国民健康保険事業特別会計予算

      議案第5号 平成14年度長浜市老人保健医療事業特別会計予算

      議案第6号 平成14年度長浜市介護保険事業特別会計予算

      議案第7号 平成14年度長浜市坂田郡介護認定審査会運営事業特別会計予算

      議案第8号 平成14年度長浜市住宅改修資金等貸付事業特別会計予算

      議案第9号 平成14年度長浜市公共下水道事業特別会計予算

      議案第10号 平成14年度長浜市農業集落排水事業特別会計予算

      議案第11号 平成14年度長浜市東上坂工業団地整備事業特別会計予算

      議案第12号 平成14年度長浜市病院事業会計予算

      議案第13号 平成13年度長浜市一般会計補正予算(第9号)

      議案第14号 平成13年度長浜市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)

      議案第15号 長浜市職員の再任用に関する条例の制定について

      議案第16号 養蚕の館の設置および管理に関する条例の制定について

      議案第17号 長浜市同和対策審議会設置条例等の廃止について

      議案第18号 長浜市事務分掌条例の一部改正について

      議案第19号 長浜市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について

      議案第20号 長浜市職員の育児休業等に関する条例の一部改正について

      議案第21号 長浜市職員の特殊勤務手当支給に関する条例の一部改正について

      議案第22号 長浜市手数料条例の一部改正について

      議案第23号 長浜市老人福祉医療費助成条例の一部改正について

      議案第24号 長浜市ホームヘルパー派遣手数料の徴収に関する条例の一部改正について

      議案第25号 長浜市市営住宅の設置および管理に関する条例および長浜市小集落改良住宅設置および管理条例の一部改正について

      議案第26号 長浜市訪問看護ステーション条例等の一部改正について

      議案第27号 長浜市健康診査料徴収条例の一部改正について

      議案第28号 長浜市市立学校の設置等に関する条例の一部改正について

      議案第29号 長浜市火災予防条例の一部改正について

      議案第30号 市道路線の廃止および認定について

      市長提出

────────────────────────────────────

本日の会議に付した事件

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 議席の一部変更

 日程第3 会期の決定

 日程第4 諸般の報告

 日程第5 議案第3号 平成14年度長浜市一般会計予算

      議案第4号 平成14年度長浜市国民健康保険事業特別会計予算

      議案第5号 平成14年度長浜市老人保健医療事業特別会計予算

      議案第6号 平成14年度長浜市介護保険事業特別会計予算

      議案第7号 平成14年度長浜市坂田郡介護認定審査会運営事業特別会計予算

      議案第8号 平成14年度長浜市住宅改修資金等貸付事業特別会計予算

      議案第9号 平成14年度長浜市公共下水道事業特別会計予算

      議案第10号 平成14年度長浜市農業集落排水事業特別会計予算

      議案第11号 平成14年度長浜市東上坂工業団地整備事業特別会計予算

      議案第12号 平成14年度長浜市病院事業会計予算

      議案第13号 平成13年度長浜市一般会計補正予算(第9号)

      議案第14号 平成13年度長浜市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)

      議案第15号 長浜市職員の再任用に関する条例の制定について

      議案第16号 養蚕の館の設置および管理に関する条例の制定について

      議案第17号 長浜市同和対策審議会設置条例等の廃止について

      議案第18号 長浜市事務分掌条例の一部改正について

      議案第19号 長浜市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について

      議案第20号 長浜市職員の育児休業等に関する条例の一部改正について

      議案第21号 長浜市職員の特殊勤務手当支給に関する条例の一部改正について

      議案第22号 長浜市手数料条例の一部改正について

      議案第23号 長浜市老人福祉医療費助成条例の一部改正について

      議案第24号 長浜市ホームヘルパー派遣手数料の徴収に関する条例の一部改正について

      議案第25号 長浜市市営住宅の設置および管理に関する条例および長浜市小集落改良住宅設置および管理条例の一部改正について

      議案第26号 長浜市訪問看護ステーション条例等の一部改正について

      議案第27号 長浜市健康診査料徴収条例の一部改正について

      議案第28号 長浜市市立学校の設置等に関する条例の一部改正について

      議案第29号 長浜市火災予防条例の一部改正について

      議案第30号 市道路線の廃止および認定について

      市長提出

────────────────────────────────────

応 招 議 員 ( 22名 )

出 席 議 員 ( 22名 )

  1番 小 林   治 君       2番 藤 田 治 雄 君

  3番 越 石 範 夫 君       4番 籾 山 一 芳 君

  5番 田 中 伝 造 君       6番 青 木 甚 浩 君

  7番 雀 部 高 男 君       8番 野 崎 幸 子 君

  9番 竹 内 達 夫 君       10番 植 田 徳 男 君

  11番 木 村 三千雄 君       12番 押 谷 友 之 君

  13番 国 友 美 丸 君       14番 中 辻 光 一 君

  15番 藤 田 勝 清 君       16番 中 野 彰 夫 君

  17番 佐 藤 啓太郎 君       18番 植 田   稔 君

  19番 押 谷 憲 雄 君       20番 北 川 雅 英 君

  21番 福 嶋 一 夫 君       22番 林   多恵子 君

────────────────────────────────────

欠 席 議 員 ( 0名 )

────────────────────────────────────

事務局出席職員氏名

 事務局長 角 川 清 高 君     次長   香 水 平 造 君

 次長補佐 山 田 誠 次 君

────────────────────────────────────

説明のため出席した者の職氏名

 市長     川 島 信 也 君   助役     主 馬 益 夫 君

 収入役    湧 口 正 男 君   教育長    金 澤 吉 彦 君

 総務部長   遠 藤 雄 二 君   総務部理事  漣   藤 寿 君

 総務部理事  脇 阪 茂 彦 君   健康福祉部長 中 川 武 司 君

 環境経済部長 中 井   博 君   環境経済部理事北 川 邦 雄 君

 都市建設部長 西 川 洋 治 君   都市建設部理事高 原 孝 次 君

 都市建設部技監小 林 喜八郎 君   同和対策室長 西 川   満 君

 病院事務局長 関   忠 臣 君   病院事務局理事中 川 博 邦 君

 教育部長   草 野 光 雄 君   消防長    田 中   宏 君

 農業委員会事務局長          財務課長   川 崎 節 夫 君

        真 壁 栄 禧 君

 財務課長補佐 北 川 吉 信 君

────────────────────────────────────

    (午前10時00分 開会)



○議長(国友美丸君) 皆さん、おはようございます。

 定刻にご参集いただきましてありがとうございます。

 これより平成14年長浜市議会第1回定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

────────────────────────────────────



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(国友美丸君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において8番 野崎幸子議員、15番 籾山一芳議員を指名いたします。

────────────────────────────────────



△日程第2 議席の一部変更



○議長(国友美丸君) 日程第2、議席の一部変更を議題といたします。

 会議規則第4条第3項の規定により、議席の一部変更をいたしたいと思います。

 その議席番号および氏名を事務局長が朗読いたします。

 事務局長。



◎事務局長(角川清高君) それでは、朗読いたします。

 4番議席に籾山一芳議員、15番議席に藤田勝清議員。

 以上でございます。



○議長(国友美丸君) お諮りいたします。

 ただいま朗読いたしましたとおり、議席の一部を変更することにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国友美丸君) ご異議なしと認めます。

 よってただいま朗読いたしましたとおり、議席の一部を変更することに決しました。

 それでは、ただいま決定いたしました議席にそれぞれご着席願います。

────────────────────────────────────



△日程第3 会期の決定



○議長(国友美丸君) 日程第3、会期の決定を議題といたします。

 今期定例会の会期につきましては、去る1日開催の議会運営委員会におきまして、既にお手元に配付いたしました会期予定表のとおりご協議賜りました。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、本日から3月25日までの22日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国友美丸君) ご異議なしと認めます。

 よって会期は22日間と決定いたしました。

────────────────────────────────────



△日程第4 諸般の報告



○議長(国友美丸君) 日程第4、事務局長から諸般の報告をいたします。

 事務局長。



◎事務局長(角川清高君) ご報告いたします。

 まず、市長から今期定例会に提出するため議案28件の送付がありましたので、その送付書を朗読いたします。

                            長 財 第 310号

                            平成14年3月1日

長浜市議会議長 国友 美丸 様

                          長浜市長 川島 信也

  議案の送付について

 平成14年長浜市議会第1回定例会に提出するため、次の議案を送付します。

 議案第3号 平成14年度長浜市一般会計予算

 議案第4号 平成14年度長浜市国民健康保険事業特別会計予算

 議案第5号 平成14年度長浜市老人保健医療事業特別会計予算

 議案第6号 平成14年度長浜市介護保険事業特別会計予算

 議案第7号 平成14年度長浜市坂田郡介護認定審査会運営事業特別会計予算

 議案第8号 平成14年度長浜市住宅改修資金等貸付事業特別会計予算

 議案第9号 平成14年度長浜市公共下水道事業特別会計予算

 議案第10号 平成14年度長浜市農業集落排水事業特別会計予算

 議案第11号 平成14年度長浜市東上坂工業団地整備事業特別会計予算

 議案第12号 平成14年度長浜市病院事業会計予算

 議案第13号 平成13年度長浜市一般会計補正予算(第9号)

 議案第14号 平成13年度長浜市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)

 議案第15号 長浜市職員の再任用に関する条例の制定について

 議案第16号 養蚕の館の設置および管理に関する条例の制定について

 議案第17号 長浜市同和対策審議会設置条例等の廃止について

 議案第18号 長浜市事務分掌条例の一部改正について

 議案第19号 長浜市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について

 議案第20号 長浜市職員の育児休業等に関する条例の一部改正について

 議案第21号 長浜市職員の特殊勤務手当支給に関する条例の一部改正について

 議案第22号 長浜市手数料条例の一部改正について

 議案第23号 長浜市老人福祉医療費助成条例の一部改正について

 議案第24号 長浜市ホームヘルパー派遣手数料の徴収に関する条例の一部改正について

 議案第25号 長浜市市営住宅の設置および管理に関する条例および長浜市小集落改良住宅設置および管理条例の一部改正について

 議案第26号 長浜市訪問看護ステーション条例等の一部改正について

 議案第27号 長浜市健康診査料徴収条例の一部改正について

 議案第28号 長浜市市立学校の設置等に関する条例の一部改正について

 議案第29号 長浜市火災予防条例の一部改正について

 議案第30号 市道路線の廃止および認定について

 以上が送付を受けました議案でございますが、予算に関する説明書もあわせて提出されております。

 次に、市長から同日付長財第312号で、平成14年度長浜地方卸売市場株式会社、財団法人長浜文化スポーツ振興事業団、長浜地域整備株式会社、財団法人長浜曳山文化協会の事業計画がそれぞれ提出され、議案および予算説明書の写しとともに先般議員の皆様方にお届けをいたしております。

 次に、今期定例会において受理いたしました請願4件についてご報告いたします。

 まず、請願第1号 坂田郡近江町宇賀野280の1、レーク伊吹農業協同組合代表理事組合長 富田茂一氏、伊香郡高月町西野1885、滋賀県農政連盟湖北連合支部支部長 川越清孝氏から、BSE(牛海綿状脳症)対策を求める請願書。

 次に、請願第2号 同じく坂田郡近江町宇賀野280の1、レーク伊吹農業協同組合代表理事組合長 富田茂一氏、伊香郡高月町西野1885、滋賀県農政連盟湖北連合支部支部長 川越清孝氏から、野菜等の実効ある輸入抑制措置等に関する請願書。

 次に、請願第3号 大津市松本2丁目10の6、日本労働組合総連合会滋賀県連合会会長 下戸 薫氏から、雇用の危機突破を求める請願書。

 次に、請願第4号 同じく大津市松本2丁目10の6、日本労働組合総連合会滋賀県連合会会長 下戸 薫氏から、安心の医療制度への抜本改革を求め負担増に反対する請願書。

 以上でございますが、請願4件につきましては、その写しを議員の皆様方のお手元に配付いたしております。

 次に、監査委員から、平成13年12月および本年2月に実施されました定期監査報告書、平成13年11月、12月および本年1月に実施されました例月現金出納検査報告書、平成13年10月に実施されました定期工事監査報告書、平成13年12月に実施されました財政援助団体監査報告書が地方自治法の定めによりそれぞれ提出され、事務局において保管をいたしております。

 以上でございます。

────────────────────────────────────



△日程第5 議案第3号から議案第30号までについて

      (平成14年度長浜市一般会計予算ほか27件)

      市長提出



○議長(国友美丸君) 日程第5、議案第3号から議案第30号までについてを一括議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 市長。



◎市長(川島信也君) (登壇)本日ここに平成14年長浜市議会第1回定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様方には公私極めてご繁多の中をお集まりいただき、厚くお礼申しあげます。

 それでは、本日ご提案いたしました諸案件のご審議をお願いするに当たりまして、その概要をご説明いたしますとともに、平成14年度の市政運営に関します所信の一端を申しあげたいと思います。

 さて、世界経済が米国経済の減速や米国における同時多発テロ事件の発生などによって同時的に減速する中で、日本経済につきましても、個人消費の低迷や設備投資の減少により景気の悪化が続いております。戦後の経済発展を支えてきた企業システムや政府の仕組みは時代の変化に対応できず、むしろ経済の重荷となっており、不景気が人々の弱気を生み、弱気が不景気を生むという悪循環の中で失業率が高まるなど、先行きに不透明感、不安感が強まってきております。このように、私たちを取り巻く社会経済環境が予想をはるかに超える速度で変化し続けている中、安定した社会を築くため、多くの分野で構造改革が求められております。こうした流れの中で、地方分権が実行の段階を迎え、住民に身近な行政サービスを提供する市町村の役割がますます重要となる中におきまして、分権型社会に適切に対処していくための取り組みをさらに進めていく必要があると強く感じております。

 また、個性豊かで活力のある地域社会を実現していくためには、市民と行政が互いの立場を尊重し合いながら、地域や市民を主体としたまちづくりを進めていくことが大切であると考えております。

 今後におきましても、市民主役の基本理念のもと、市政のあらゆる分野に多くの市民の皆さんが積極的に参画いただきまして、市民の皆さんとの協働のまちづくりをより一層推進し、長浜の個性を生かした活力のあるまちづくりを着実に進めてまいりたいと考えておりますので、市民の皆様、議員各位におかれましては、これまで以上のご理解とご協力を賜りますようお願い申しあげます。

 それでは、本市の平成14年度当初予算の概要についてご説明いたします。

 まず、政府の「平成14年度の経済見通しと経済財政運営の基本的態度」によりますと、「平成14年度は構造改革をさらに加速させることで潜在力を開花させ、民需主導型成長の実現を図るとともに、平成13年度第2次補正予算を初め、デフレ問題への取り組みなどにより、日本経済は引き続き厳しいながらも低迷を脱し、年度後半には民需中心の回復に向けて緩やかに動き出すことが期待される」とされ、経済成長率の伸びを実質0%、名目マイナス0.9%と見込んでいます。

 総務省が示しております地方財政計画につきましては、対前年比1.9%の減、一般歳出におきましてはマイナス3.3%となっており、「現下の厳しい地方財政の状況を踏まえ、引き続き徹底した行政改革を推進するとともに、歳出の徹底した見直しによる抑制と重点化を進め、効率的で持続可能な財政への転換を図ることが急務である」との予算編成の基本的な考え方が示されたところであります。

 このような中、本市の平成14年度当初予算につきましては、市税を初めとする一般財源が、長引く景気低迷等の影響を受け、対前年当初予算比で約1億2,500万円の減となりましたが、市民生活にとって早急に取り組まねばならない市民福祉の充実、環境保全、教育文化の充実、さらには産業振興や身近な都市基盤づくり等、市政の重点課題に最大限に対応いたしたところであります。その結果、一般会計の予算規模は、対前年比5.6%増の266億円となりました。これは平成15年4月に開学予定の長浜バイオ大学に対する設立補助金の18億7,000万円を計上したことがその主な要因であります。

 また、特別会計におきましては5.9%の増、企業会計におきましては、長浜病院の療養病棟建設事業の終了に伴い16%の減となり、これらを合わせました全会計の予算規模といたしましては、0.5%の減となったところであります。

 一般会計の歳入につきましては、市税が個人所得や法人収益の減少等によって、前年度当初を9,500万円程度下回ることとなりました。

 また、利子割交付金につきましても、満期利子の減少に伴い大幅な減収となったところであります。

 市債につきましては、13億7,200万円の増でありますが、地方交付税から振りかえられました臨時財政対策債および長浜バイオ大学設立推進事業債を除きますと前年度を下回り、極力発行額を抑制いたしました。

 歳出におきましては、物件費等の行政経費を可能な限り抑制しつつ、投資的経費につきましては、緊急性や投資効果を見きわめながら、重点主義に徹した配分に努めたところであります。

 続きまして、平成14年度の主要な施策の概要につきまして、基本的な行政施策の体系ごとにご説明申しあげます。

 まず、第1の柱として、市民福祉の充実を初めとする暮らしの安心についてであります。

 本市の65歳以上の人口比率は、平成14年2月現在で17.7%となっており、今後も引き続き増嵩傾向のもと推移するものと予想され、寝たきりや痴呆性など要介護老人の増加が見込まれるところであります。

 まず、介護保険制度がスタートしてから3年目に入り、第1期事業計画期間の最終年を迎えますことから、より一層適切な認定審査および質の高いサービスの提供等に努め、市民の皆さんから信頼され、安心して利用していただける制度として定着していくよう精いっぱい取り組んでまいります。

 また、総合的な地域福祉の拠点施設であります福祉ステーションを中心として、デイサービス、在宅介護支援、介護予防、生きがいづくり等の充実に努めてまいりますほか、夜間の緊急時における介護サービスを確保するため、より安心できるサービス提供の仕組みを整備し、介護家族と要介護高齢者の不安の解消を図ってまいります。

 在宅福祉サービスにつきましては、衛生材料費の支給、あるいは配食サービス事業の拡充により、在宅高齢者の生活の支援を充実してまいります。

 さらに、介護保険制度の施行により十分なサービス提供を行うための基盤整備が緊急の課題となっている中におきまして、社会福祉法人による特別養護老人ホーム等の建設事業に対して支援を行い、安定した介護サービスの確保を図ってまいります。

 障害のある人への支援につきましては、だれもが生きがいを持ち、安心して潤いのある生活を送れるよう、障害者プランや優しいまちづくりの推進を市民主導のまちづくり団体とともに図ってまいります。

 また、在宅重度障害者通所生活訓練援助事業を初め、身体障害者社会参加促進事業、グループホームや共同作業所の運営支援および「浜の子園」「ことばの教室」につきましても、引き続き取り組んでまいります。

 さらに、小規模通所授産施設の建設や共同作業所の設備整備事業を支援し、地域社会における障害者の自立と社会参加を促進してまいります。

 また、精神保健福祉事業につきましては、県からの事務委譲を受けまして地域に密着した施策の推進に努めてまいります。

 子どもの健全育成と子育て支援といたしましては、児童を取り巻く状況が少子化や核家族化の進行により大きく変化する中、子どもを安心して生み育て、子どもの人権が尊重される環境の整備が急務であります。このため、本市における子育ての現状と課題について、子どもオンブズパーソンを初め、市民の皆さんのご意見を十分取り入れながら、エンゼルプランに基づく諸施策の展開を図ってまいります。

 特に、平成14年度におきましては、ファミリー・サポートセンター事業の推進により、子育てと仕事の両立を支援してまいります。

 また、園舎を増設しました北保育園において保育定員を増員いたしますほか、民間保育所の建設事業を支援し、保育所待機児童の解消に努めてまいります。

 あわせまして子どもの虐待や家庭内暴力の防止への取り組みを引き続き推進してまいります。

 一人親家庭への支援といたしましては、家事ヘルパーや子育てヘルパーの派遣を行い、就労と子育ての両立を支援してまいります。

 市民の福祉活動や健康づくり活動への支援と充実につきましては、さまざまな活動により地域福祉を支えていただいておりますボランティア団体への支援を通し、福祉のまちづくりを進めてまいります。

 今後も、ボランティア活動のネットワーク化を促し、市民が互いに支え合える仕組みづくりへの支援を継続してまいります。

 また、市民一人一人の健康づくりを推進するため、引き続き「健康ながはま21」の策定に市民の皆さんとともに取り組んでまいりますほか、成人健診事業、老人保健事業、各種健康づくり事業の推進に努めてまいります。

 さらに、新年度から麻疹、風疹の予防接種につきまして、自己負担金を無料とし、流行の予防に努めてまいります。

 地域医療体制といたしましては、湖北地域の中核医療施設として多くの方々に利用いただいております市立長浜病院におきまして156床の療養病棟を開設し、急性期医療と慢性期医療の機能分化による医療体制の充実と、介護保険の対応病床の確保を図り、健全経営のもと、利用しやすく親しみのある病院となるよう運営に努めてまいります。

 また、長浜赤十字病院につきましても、引き続き債務負担に基づいて改築に要した事業費の助成を行ってまいります。

 次に、第2の柱として、環境保全対策などの環境重視のまちづくりについてであります。

 環境問題は、21世紀に生きる私たちに与えられた大きな課題であります。地球規模の環境問題も、その多くは日常生活や通常の事業活動から生ずる環境への負荷が原因となっており、その解決に当たりましては、市民、事業者、行政のそれぞれが環境に配慮し、協働の取り組みの中で、持続可能な循環型社会に転換させていくことが何よりも大切であります。このため、環境施策を総合的、計画的に推進するための指針である環境基本計画に基づいた施策の展開を図ってまいります。

 まず、消費者の意識とライフスタイルを見直す一手法として、家庭版ISO推進事業を実施し、身近な家庭から環境に優しい行動の実践を促進してまいります。

 また、「ポイ捨ておよびふん害の防止に関する条例」の制定により、市民の皆さんの環境美化に対する意識が高まりつつある中、自発的な清掃活動に対して支援を行う「長浜市エコフォスター事業」を実施し、地域の環境美化を促進してまいります。

 なお、従来から進めてまいりましたリサイクル活動や生ごみの有機堆肥化、省エネルギー対策としての太陽光発電装置導入奨励事業につきましても、引き続き推進してまいります。

 一方、事業者に対する取り組みといたしましては、環境負荷の少ない経済活動を目指し、ISOシリーズの認証取得に取り組む企業に対する支援を継続してまいります。

 快適な都市環境づくりといたしましては、緑の環境づくりを市民の皆さんの地域活動とともに推進するため、「緑のながはま推進事業」に取り組みますほか、緑地・公園整備といたしまして、神照運動公園、加納白山公園の整備を引き続き進めますとともに、中心市街地に不足している緑の空間を確保するため、長浜ロータリークラブ様からご寄付をいただきました尊い浄財を財源に、(仮称)金屋公園の整備に取り組んでまいります。

 快適な市民生活の基盤整備といたしましては、市道路線の新設改良工事を初め、県営事業も含めた身近な道路、街路網の整備を進めるとともに、生活に密着した河川整備に取り組んでまいります。

 また、駅前通りの景観向上等を目的としたシンボル道路整備事業を推進し、魅力ある市街地の形成を図ってまいります。

 水環境の整備といたしましては、母なる琵琶湖の水質を守り、健康で快適な環境づくりのため、下水道事業に積極的に取り組んでまいります。

 公共下水道事業につきましては、特定環境保全公共下水道を含め、約122ヘクタールの整備を進めてまいります。

 農業集落排水事業につきましては、適切な維持管理を継続し、農村部の生活環境の保全に努めてまいります。

 なお、下水道未整備地区の排水処理対策といたしましては、引き続き合併処理浄化槽の設置奨励助成を行ってまいります。

 災害に強いまちづくりといたしましては、市民が安心して暮らせるよう地域防災計画を着実に実施してまいります。

 「コミュニティー版防災総合訓練」を地域住民の皆さんとともに開催してまいりますとともに、地域における防災機能充実のため、自治会を中心とする自主防災組織や、消防団との連携支援につきましても推進してまいります。

 さらに、基盤整備といたしましては、地域防災の拠点施設である消防団の屯所整備を行いますほか、防火水槽の計画的な整備を進めてまいります。

 市民生活の安全確保につきましては、交通安全対策に積極的に取り組みますとともに、消費者の保護対策や防犯自治会の活動の充実強化等について引き続き推進してまいります。

 また、昨年制定いたしました「防犯の推進に関する条例」に基づき、市民の防犯意識の高揚を図るとともに、地域が主体となった自主防犯活動を推進してまいります。

 さらに、地域交通対策といたしましては、バス路線の運行維持対策を継続いたしますほか、市内南回り線の車両更新を補助し、路線バスの運行の安全を図ってまいります。

 次に、第3の柱として、教育文化の充実についてであります。

 貴重な地域文化に触れ、理解を深めることは、地域への愛着と誇りをはぐくむことにつながっていきます。このため、身近な地域の歴史・文化に触れ、学び、生かす機会を充実するため、文化財や郷土の歴史資料などの調査、保存、活用を引き続き推進してまいります。

 また、好評のもと編さんを進めております長浜市史につきましては、第7巻「地域文化財」を刊行いたします。

 市民文化活動の促進といたしましては、多くの文化芸術団体の皆さんの活発な活動を引き続き支援してまいります。

 未来を担う子どもたちの可能性をはぐくみ、開いていくことは社会全体の責任であり、家庭、地域、学校が一体となって新しい時代に柔軟に対応できる人材を育てていくことが必要であります。平成14年度からは学校週5日制が完全実施され、新しい学習指導要領が導入されますが、規律や倫理観を身につけるための教育の推進など、「教育改革市民会議」のご意見等も十分に拝聴しながら、引き続き市民や議員の皆様、教育関係者とともに地方からの教育改革に取り組んでまいります。

 また、全幼稚園での3歳児保育のほか、全小学校での英語教育や、整備が充実いたしました教育用コンピューターによる情報教育等について引き続き推進を図ってまいります。

 早急に対応を必要とする不登校等の問題につきましては、学校、地域、青少年センター等、緊密な連携のもと、その解決に取り組んでまいります。

 あわせて心のオアシス事業、スクールカウンセラー活用調査事業につきましても、推進を図ってまいります。

 施設整備といたしましては、老朽化の著しい長浜小学校体育館を地域に開かれた地域連携型の体育館として改築いたしますほか、北中学校に身体障害者用エレベーターを整備してまいります。

 高等教育の充実につきましては、長浜バイオ大学が、市民の皆さんや議員各位、地権者を初めとする地元の皆さん、あるいは県当局の絶大なるご支援のもと、いよいよ平成15年4月に開学の運びとなりました。平成14年度は学校施設等の整備に対する助成や大学設立の活動を支援するとともに、湖北地域が一体となった取り組みを進めてまいります。

 本市のコミュニティー活動は、自治会を中心に、地域の歴史・文化や自然景観など魅力ある地域資源を生かしながら自主的に取り組まれてきました。こうした活動が一層充実したものへとなるよう、特色あるまちづくりモデル事業への支援などにより、各地域の特性を活かした個性あるまちづくりの推進を図ってまいります。

 また、自治会館のバリアフリー改修事業に対しまして、引き続き助成を行ってまいります。

 市民の皆さんが生涯を通して余暇を楽しみ、心豊かな暮らしを送ることができるよう、多様で質の高い学習機会の提供に努めてまいりますとともに、生涯学習情報の発信についても充実を図ってまいります。

 また、たくさんの市民の皆さんに参加いただいておりますIT講習会につきましては、さらにレベルアップした講座を開講いたしますとともに、パソコンやインターネットに関する相談支援事業を実施してまいります。

 田園整備事業により建設が完了しました養蚕の館につきましては、農村の伝統文化等をテーマとした交流学習施設として広く活用を図ってまいります。

 スポーツ活動の振興につきましては、エンジョイスポーツや10回目を迎えますツーデーマーチを文化スポーツ振興事業団と連携して開催してまいります。

 次に、人権が尊重される都市づくりについてであります。同和問題につきましては、昭和44年の同和対策事業特別措置法施行以来、今日まで三十有余年にわたり、地元の皆様を初め市民の皆様のご理解やご協力、関係機関・団体の皆様の多大なご尽力によりまして同和対策事業を積極的に推進してまいりました結果、相当の成果をおさめてきたところであります。

 本市におきましては、平成10年3月に決定した「今後の同和行政に関する基本方針」に基づき、一部の経過措置を除いて既に一般対策に移行しているところですが、特別措置法がこの3月末をもって失効することに伴い、特別対策はすべて終了することとなります。

 今後はこれまでの成果が損なわれないよう、一般対策の中で残された課題の解決に取り組んでまいります。

 総合的な人権施策の推進につきましては、21世紀を人権の世紀にふさわしい時代とするため、「長浜市人権尊重都市宣言」の精神および「人権が尊重されるまち長浜をつくる条例」の制定趣旨を深く理解し、人権尊重の原則に立ってあらゆる差別の解消に向け、組織体制の充実強化を図りながら、学校や家庭、職域、地域社会における人権教育、啓発、実践活動の推進に努めてまいります。

 男女共同参画社会づくりにつきましては、昨年改定いたしましたヒュー・ウー・マンプランに基づき、身近な生活の場である地域社会から総合的な取り組みを進めてまいります。

 また、女性の悩みについての相談員の設置や、企業において女性施策担当者の設置を引き続きお願いし、女性が働きやすい職場環境の推進を図ってまいります。

 次に、第4の柱として、産業、観光の振興と都市基盤づくりについてであります。

 現在の長引く景気低迷は、地域の経済を支える産業にとってもかつてない厳しい状況であると認識いたしております。このため、地域の特性を生かした活力ある産業の振興に精いっぱい努めてまいります。

 まず、環境関連産業に加え、バイオテクノロジーなどの21世紀型新産業の創出、育成、ビジネス交流などの幅広い視点で開催されます「びわ湖環境ビジネスメッセ」に参画することにより、本市産業の活性化や新産業育成の推進を図ってまいりますとともに、産・学・官の連携による新産業の振興や、異業種交流、ISOシリーズ認証取得等の事業に対し、引き続き支援を行ってまいります。

 また、長浜バイオ大学とあわせ、新産業創出拠点の形成に向けて整備を進めております長浜サイエンスパークにつきましては、県と連携しながら企業の誘致活動に全力で取り組んでまいります。

 東上坂工業団地につきましては、残る区画について、早期に企業立地が図れるよう精いっぱい取り組んでまいります。

 商業の振興といたしましては、中心市街地のさらなる活性化を図るための調査等を行いますほか、魅力ある商店街づくり事業、にぎわいの街づくり事業に地元商店街や自治会の皆さんと力を合わせながら取り組んでまいります。

 地域の資源を生かした四季折々の個性あるイベントや、長浜をこよなく愛する多くの人々のひたむきなまちづくり活動が実を結び、近年たくさんの観光客をお迎えいたしております。今後も、魅力ある観光の創出や情報発信の強化に引き続き取り組んでまいります。

 また、曳山まつり、出世まつり、芸術版楽市楽座、北びわこ大花火大会等を市民の皆さんとともに開催してまいります。

 農業は、良質で安全かつ新鮮な食料の安定供給とする本来の使命のほか、地域社会において生産と生活が一体となった中に、固有の文化、緑と潤いに満ちた空間の創出といった多面的な役割を担っております。しかしながら、多様化する消費者ニーズ、国際化の進展の中、地域間競争の激化、担い手不足や高齢化の進行など、多くの問題を抱えております。このため、これらの問題の解決に向け、農業の自立と持続的発展を図るため、農業経営の効率化と安定化への取り組みとして、認定農業者の育成支援事業、新規就農円滑化事業、元気ある農業者経営基盤強化事業等を引き続き推進してまいります。

 また、基盤整備といたしましては、農村地域の景観保全などをテーマとした「田園整備事業」や、農村地域の生活環境等の総合的な整備を防災面に配慮しつつ展開するため、緊急防災型の農村総合整備事業に引き続き取り組んでまいります。

 労働環境の整備といたしましては、勤労者に対する福利厚生事業、融資事業を引き続き推進してまいりますほか、現下の厳しい雇用情勢の中、緊急地域雇用創出特別交付金を活用し、新たな雇用の創出に努めてまいります。

 国際交流といたしましては、本年は姉妹都市のドイツ・アウグスブルグ市から親善使節をお迎えいたしますほか、イタリア・ヴェローナ市との姉妹都市提携10周年を迎えるに当たり、記念事業を計画してまいります。

 また、市民の皆さんとともに英語圏との新たな姉妹都市交流の模索など、多様な分野で交流の輪を広げてまいりたいと考えております。

 一方、国内におきましては、友好都市の西之表市との交流や、岐阜県の西美濃地域との交流につきましても引き続き推進してまいります。

 また、在住外国人の方々の生活を支援する相談員を引き続き配置し、市民相互の交流を深めることができるよう取り組んでまいります。

 最後に、行政推進の基本方策についてご説明いたします。

 まず、市町村合併についてであります。一昨年から関係の市町長で精力的に議論を重ねてまいり、議会や産業界、住民の皆さんの中でも合併議論が活発化してきております。これまでの多くの市民、地域住民の皆さんとの話し合いの中で、少子・高齢化や地方分権が進展する中、県勢をリードし、市民一人ひとりが安心でき、豊かさと生きがいを実感できる地域づくりを進めていくためには、古くから一体的な歴史・風土の中で、「湖北は一つ」として発展してきた湖北地域1市12町が最良の合併パターンであるとの認識が次第に深まってまいっているものと確信するに至っております。

 こうした状況を踏まえ、今後とも市民の皆さんに合併の意義はもとより、湖北地域の将来像について自主的、主体的に議論をいただくとともに、議員各位を初め関係町との緊密な連携を図りながら、早期に方向性を見出せるよう最大限の努力をしてまいりたいと考えております。

 次に、情報公開につきましては、より開かれた市政の実現と市民の皆さんの市政への参画を一層促進するため、充実に努めてまいりますとともに、「広報ながはま」や市ホームページ、市政だよりの放送による広報活動に加え、わがまちメール、あるいは市民広報員の皆さんのお力を借りながら、市民の皆さんのご意見が市政に反映できるよう、引き続き広聴活動にも積極的に取り組んでまいります。

 情報化の推進につきましては、国が示しました電子自治体推進プログラムに対応するため、全庁的な情報ネットワークの基盤整備を行い、事務の効率化、迅速化を図るとともに、インターネットの活用等によって住民サービスの充実に努めてまいります。

 行政改革の推進につきましては、IT技術の活用を初め、事務事業評価システムの運用やISO環境マネジメントシステムとの連動を図りながら、地方分権の時代にふさわしい簡素で効率的な行政の確立に向け、取り組みを一層進めてまいります。

 以上、平成14年度当初予算並びに主要な施策の概要について申しあげましたが、以下、その他の案件についてご説明申しあげます。

 議案第13号 平成13年度長浜市一般会計補正予算(第9号)につきましては、総額13億7,900万余円であります。以下、その内容につきまして、概要をご説明いたします。

 総務費につきましては、職員の退職手当のほか、行政情報ネットワークの基盤整備に係る予算措置および繰越明許費の設定であります。

 また、平成12年度分の福祉関係事業の確定に伴います国県補助金等の精算返還金の予算措置であります。

 農林水産業費につきましては、国の第2次補正予算を受けて実施いたします緊急防災型の農村総合整備事業について、市内3カ所に防火水槽を整備するための予算措置および繰越明許費の設定であります。

 土木費のうち、道路橋りょう費につきましては、県営の道路事業に係る負担金の確定に伴う増額補正および臨時経済対策債の配分による財源更正であります。

 河川費につきましては、市内7カ所の河川整備に係る予算措置および臨時経済対策債の配分による財源更正並びに繰越明許費の設定であります。

 都市計画費につきましては、県営の都市計画街路事業に係る負担金の確定に伴う増額補正であります。

 教育費につきましては、職員の退職手当のほか、国の第2次補正予算を受けて実施いたします長浜小学校体育館改築事業および北中学校の身体障害者用エレベーター整備事業に係る予算措置並びに繰越明許費の設定であります。

 また、社会教育費につきましては、市民会館の外壁改修工事に係る予算措置および繰越明許費の設定であります。

 保健体育費につきましては、市民体育館の下水道接続工事、サイクリングターミナルの小浴室改修工事並びに学校給食センターの受電キュービクル改修のための予算措置および繰越明許費の設定であります。

 これらの財源といたしましては、特定財源として県支出金、市債を充て、一般財源といたしましては、市税、地方交付税を充てることによりまして収支の均衡を図っております。

 繰越明許費の補正につきましては、次年度への事業の繰り越しに伴う予算措置であります。

 議案第14号 平成13年度長浜市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、老人保健医療費拠出金および事務費拠出金の確定に伴う増額補正であります。

 議案第15号 長浜市職員の再任用に関する条例の制定につきましては、地方公務員法の定年退職者等の再任用に係る規定が改正されたことに伴い、法の規定に基づき、必要な事項について本市条例を制定するものであります。

 議案第16号 養蚕の館の設置および管理に関する条例の制定につきましては、農村の伝統文化の情報を発信し、人々の交流活動や学習活動を促進することによって、農業および農村の振興に寄与するため、養蚕の館を設置するに当たり、本市条例を制定するものであります。

 議案第17号 長浜市同和対策審議会設置条例等の廃止につきましては、地域改善対策特定事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律の執行により、同和地区を要件とする特別対策の制度を廃止することに伴い、本市条例を廃止するものであります。

 議案第18号 長浜市事務分掌条例の一部改正につきましては、総合的な人権施策の推進を行う体制を整備することに伴い、本市条例の一部を改正するものであります。

 議案第19号 長浜市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正につきましては、一般職の職員の勤務時間、休暇等に関する法律の一部改正に伴い、本市条例の一部を改正するものであります。

 議案第20号 長浜市職員の育児休業等に関する条例の一部改正につきましては、地方公務員の育児休業に関する法律の一部改正に伴い、本市条例の一部を改正するものであります。

 議案第21号 長浜市職員の特殊勤務手当支給に関する条例の一部改正につきましては、特殊勤務手当の種類の追加並びに保健婦助産婦看護婦法の一部改正に伴い、本市条例の一部を改正するものであります。

 議案第22号 長浜市手数料条例の一部改正につきましては、都市計画法および建築基準法の一部改正に伴い、所要の改正を行うものであります。

 議案第23号 長浜市老人福祉医療費助成条例の一部改正につきましては、地域改善対策特定事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律の失効に伴い、本市条例の一部を改正するものであります。

 議案第24号 長浜市ホームヘルパー派遣手数料の徴収に関する条例の一部改正につきましては、精神障害者ホームヘルプサービス事業を実施するに当たり、本市条例の一部を改正するものであります。

 議案第25号 長浜市市営住宅の設置および管理に関する条例および長浜市小集落改良住宅設置および管理条例の一部改正につきましては、地域改善対策特定事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律が平成14年3月31日をもって失効することにより、同和地区を要件とする特別対策の制度を廃止することに伴い、本市条例の一部を改正するものであります。

 議案第26号 長浜市訪問看護ステーション条例等の一部改正につきましては、保健婦助産婦看護婦法の一部改正により、看護婦等の名称が改められたことに伴う所要の改正であります。

 議案第27号 長浜市健康診査料徴収条例の一部改正につきましては、生活習慣病健診として肝炎検診を実施するにあたり、診査料の徴収に関し、本市条例の一部を改正するものであります。

 議案第28号 長浜市市立学校の設置等に関する条例の一部改正につきましては、長浜西幼稚園の移転改築に伴う所要の改正であります。

 議案第29号 長浜市火災予防条例の一部改正につきましては、消防法等の改正に伴う所要の改正であります。

 議案第30号 市道路線の廃止および認定につきましては、1路線の廃止および認定について、道路法の定めに基づき、市議会のご議決を賜らんとするものであります。

 以上が本日ご提案申しあげました諸議案でありますが、何とぞ慎重なるご審議の上、ご議決を賜りますようよろしくお願いを申しあげます。



○議長(国友美丸君) 本日の日程は、これをもって全部終了いたしました。

 お諮りいたします。

 明5日から12日までの8日間は、議案熟読のため休会いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国友美丸君) ご異議なしと認めます。

 よって明5日から12日までの8日間は休会することに決しました。

 なお、13日の会議は午前10時に再開いたしまして、各会派代表による上程議案に対する質疑および一般質問を行います。

 なお、発言通告書は内容を詳細かつ具体的に記入の上、7日正午までに事務局へご提出ください。

 本日はこれをもって散会いたします。

 ご苦労さまでした。

    (午前10時48分 散会)







 会 議 録 署 名 議 員



   議 長   国 友 美 丸



   議 員   野 崎 幸 子



   議 員   籾 山 一 芳