議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 長浜市

旧長浜市議会 平成13年第4回定例会 12月21日−04号




旧長浜市議会 平成13年第4回定例会 − 12月21日−04号







旧長浜市議会 平成13年第4回定例会



          平成13年長浜市議会第4回定例会会議録

────────────────────────────────────

            平成13年12月21日(金曜日)

────────────────────────────────────

議事日程

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 諸般の報告

 日程第3 議案第92号 教育委員会の委員の任命について

      諮問第3号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて

      諮問第4号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて

      市長提出

 日程第4 議案第77号 専決処分事項の承認を求めることについて

      議案第78号 平成13年度長浜市一般会計補正予算(第7号)

      議案第79号 平成13年度長浜市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)

      議案第80号 平成13年度長浜市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)

      議案第81号 平成13年度長浜市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)

      議案第82号 平成13年度長浜市農業共済事業会計補正予算(第1号)

      議案第83号 長浜市公益法人等への職員の派遣等に関する条例の制定について

      議案第84号 長浜市の議会の議員および長の選挙における選挙運動の公費負担に関する条例の一部改正について

      議案第85号 長浜市職員の給与に関する条例の一部改正について

      議案第86号 長浜市職員の特殊勤務手当支給に関する条例の一部改正について

      議案第87号 長浜市市営住宅の設置および管理に関する条例の一部改正について

      議案第88号 長浜市病院事業の設置等に関する条例の一部改正について

      議案第89号 長浜市下水道条例の一部改正について

      議案第90号 湖北開発事業団の解散について

      議案第91号 市道路線の廃止および認定について

      請願第4号 沖縄名護辺野古地区への新米軍基地建設計画の撤回を求める請願

      請願第5号 在沖縄米軍縮小・地位協定見直しの決議を求める請願

      各常任委員長報告

      採決

────────────────────────────────────

本日の会議に付した事件

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 諸般の報告

 日程第3 議案第92号 教育委員会の委員の任命について

      諮問第3号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて

      諮問第4号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて

      市長提出

 日程第4 議案第77号 専決処分事項の承認を求めることについて

      議案第78号 平成13年度長浜市一般会計補正予算(第7号)

      議案第79号 平成13年度長浜市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)

      議案第80号 平成13年度長浜市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)

      議案第81号 平成13年度長浜市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)

      議案第82号 平成13年度長浜市農業共済事業会計補正予算(第1号)

      議案第83号 長浜市公益法人等への職員の派遣等に関する条例の制定について

      議案第84号 長浜市の議会の議員および長の選挙における選挙運動の公費負担に関する条例の一部改正について

      議案第85号 長浜市職員の給与に関する条例の一部改正について

      議案第86号 長浜市職員の特殊勤務手当支給に関する条例の一部改正について

      議案第87号 長浜市市営住宅の設置および管理に関する条例の一部改正について

      議案第88号 長浜市病院事業の設置等に関する条例の一部改正について

      議案第89号 長浜市下水道条例の一部改正について

      議案第90号 湖北開発事業団の解散について

      議案第91号 市道路線の廃止および認定について

      請願第4号 沖縄名護辺野古地区への新米軍基地建設計画の撤回を求める請願

      請願第5号 在沖縄米軍縮小・地位協定見直しの決議を求める請願

      各常任委員長報告

      採決

────────────────────────────────────

応 招 議 員 ( 22名 )

出 席 議 員 ( 22名 )

  1番 小 林   治 君       2番 藤 田 治 雄 君

  3番 越 石 範 夫 君       4番 藤 田 勝 清 君

  5番 田 中 伝 造 君       6番 青 木 甚 浩 君

  7番 雀 部 高 男 君       8番 野 崎 幸 子 君

  9番 竹 内 達 夫 君       10番 植 田 徳 男 君

  11番 木 村 三千雄 君       12番 押 谷 友 之 君

  13番 国 友 美 丸 君       14番 中 辻 光 一 君

  15番 籾 山 一 芳 君       16番 中 野 彰 夫 君

  17番 佐 藤 啓太郎 君       18番 植 田   稔 君

  19番 押 谷 憲 雄 君       20番 北 川 雅 英 君

  21番 福 嶋 一 夫 君       22番 林   多恵子 君

────────────────────────────────────

欠 席 議 員 ( 0名 )

────────────────────────────────────

事務局出席職員氏名

 事務局長 角 川 清 高 君     次長   香 水 平 造 君

 次長補佐 山 田 誠 次 君

────────────────────────────────────

説明のため出席した者の職氏名

 市長     川 島 信 也 君   助役     主 馬 益 夫 君

 収入役    湧 口 正 男 君   教育長    金 澤 吉 彦 君

 総務部長   遠 藤 雄 二 君   総務部理事  漣   藤 寿 君

 総務部理事  脇 阪 茂 彦 君   健康福祉部長 中 川 武 司 君

 環境経済部長 中 井   博 君   環境経済部理事北 川 邦 雄 君

 都市建設部長 西 川 洋 治 君   都市建設部理事高 原 孝 次 君

 都市建設部技監小 林 喜八郎 君   同和対策室長 西 川   満 君

 病院事務局長 関   忠 臣 君   病院事務局理事中 川 博 邦 君

 教育部長   草 野 光 雄 君   消防長    田 中   宏 君

 農業委員会事務局長          財務課長   川 崎 節 夫 君

        真 壁 栄 禧 君

 財務課長補佐 北 川 吉 信 君

────────────────────────────────────

    (午前10時00分 開議)



○議長(国友美丸君) 皆さん、おはようございます。

 定刻にご参集いただきありがとうございます。

 これより本日の会議を開きます。

────────────────────────────────────



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(国友美丸君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第80条の規定より、議長において6番 青木甚浩議員、17番 佐藤啓太郎議員を指名いたします。

────────────────────────────────────



△日程第2 諸般の報告



○議長(国友美丸君) 日程第2、事務局長から諸般の報告をいたします。

 事務局長。



◎事務局長(角川清高君) ご報告いたします。

 本日付で市長から議案1件と諮問2件の送付がありましたので、その送付書を朗読いたします。

 まず、

                            長 財 第 239号

                            平成13年12月21日

長浜市議会議長 国友 美丸 様

                          長浜市長 川島 信也

  議案の追加送付について

 平成13年長浜市議会第4回定例会に提出するため、次の議案を追加送付します。

 議案第92号 教育委員会の委員の任命について

 次に、

                            長 財 第 240号

                            平成13年12月21日

長浜市議会議長 国友 美丸 様

                          長浜市長 川島 信也

  諮問の送付について

 平成13年長浜市議会第4回定例会に提出するため、次の諮問を送付します。

 諮問第3号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて

 諮問第4号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて

 以上でございますが、議案1件と諮問2件につきましては、その写しを議員の皆様方のお手元にお届けいたしております。

 以上、報告を終わります。

────────────────────────────────────



△日程第3 議案第92号について(教育委員会の委員の任命について)

      諮問第3号および諮問第4号について

      (人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてほか1件)

      市長提出



○議長(国友美丸君) 日程第3、議案第92号および諮問第3号並びに諮問第4号についてを一括議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 市長。



◎市長(川島信也君) (登壇)それでは、本日追加提案いたしました議案につきまして、ご説明申しあげます。

 議案第92号 教育委員会の委員の任命につきましては、平成6年10月から7年間教育委員として教育行政に多大なご尽力をいただきました畑下圭子氏の辞任に伴い、後任といたしまして、29年間にわたり小学校の教諭を勤められ、その後も国際交流推進のためのボランティア活動など各般にわたりご活躍され、教育行政に高いご見識をお持ちの長浜市鳥羽上町686番地、清水史子氏を任命することについて、地方教育行政の組織および運営に関する法律の定めに基づき、市議会のご同意を賜らんとするものであります。

 続きまして、諮問第3号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることにつきましては、現委員の大橋秀男氏の任期が満了することに伴い、再び同氏を推薦することについて、人権擁護委員法の規定に基づき、市議会のご同意をお願いするものであります。

 諮問第4号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることにつきましては、3期9年の長きにわたり人権擁護委員として人権行政に多大なご尽力をいただきました現委員の中村敏雄氏が任期満了をもって退任されることに伴い、後任といたしまして、高い人権意識をお持ちの長浜市西上坂町535番地、三原文雄氏を推薦することについて、人権擁護委員法の規定に基づき、市議会のご同意を賜らんとするものであります。

 以上、何とぞ慎重なるご審議の上、適正なるご議決を賜りますようよろしくお願いいたします。



○議長(国友美丸君) ただいま議題となっております議案第92号および諮問第3号並びに諮問第4号に対する質疑を行います。

 質疑のあります方は、休憩中に発言通告書をご提出ください。

 暫時休憩いたします。

    (午前10時05分 休憩)

    (午前10時17分 再開)



○議長(国友美丸君) 休憩前に引き続き再開いたします。

 発言の通告がありますので、これを許します。

 それでは、9番 竹内達夫議員。



◆9番(竹内達夫君) それでは、議案第92号 教育委員会の委員の任命についてお伺いいたします。

 ことし8月1日付の鳥羽上北町自治会発行の広報「とば上」というのがあるんですけれども、これに今回選任されております清水氏は「中国の旅行の思い出」という記事をこの広報に載せておられます。

 その内容の一部でございますけれども、「だから、南京の30万人──これは30万人の大虐殺の問題ですけれども──は、大津市民より多い人数であり、到底信じられない」と記しています。さらに、清水氏は、「中国は日本からのODAが欲しいから、戦後処理が済んでいるのにいつまでも言い立てているのではないかと勘ぐっているきょうこのごろ」とまで述べております。

 歴史的にも虐殺の事実が確定し、文部省検定の教科書にも記載されている南京大虐殺を、事実を否定する歴史観の持ち主であるということを承知の上で、今回清水氏を教育委員として選任されたのかどうか、まずお伺いいたします。

 2点目は、教育委員会設置を定めた地方行政の組織および運営に関する法律第4条には、教育委員選任の資格として「人格が高潔で、教育、学術および文化に関して識見を有する者」としております。

 先ほどの市長の説明でも、見識の高い方というふうにおっしゃっておられましたけれども、そういう立場から見まして、過去の業績や家庭生活において地域住民の皆さんから信望を得ている人であるかどうかが大変重要だと思います。私は質疑に当たりまして事前に教育長さんにはお話を申しあげてありますので、当然十分なる調査の上での選任と存じますが、見解をお伺いしたいと思います。

 以上であります。



○議長(国友美丸君) 市長。



◎市長(川島信也君) ただいまの第1問目のこの記事につきましては、私は承知をしておりませんでした。きょう承知したわけであります。

 また、人格が高潔でという云々でございますが、これにつきましても、先ほども申しあげましたように、公正な立場に立って教育について大局的な判断をなし得る人材であるというように考えておる次第でございます。また、これまでも長年にわたりまして教育経験者として教育現場の実態を熟知しておられ、これからの時代を見据えた提言や助言が得られるものと期待をいたしております。



○議長(国友美丸君) 9番。



◆9番(竹内達夫君) ただいま市長は承知しなかったと言っておられますけれども、教育長さんにちょっとお伺いしたいんですけれども、事前にこのいわゆる広報「とば上」というのはお渡ししてあったと思いますので、なぜ市長さんにその連絡ができなかったのか、少しお願いしたいと思います。

 もう一点は、過去におきまして一市民として発表されたことであっても、その文章を取り消さない限り、公人である教育委員としての発言と見られると私は当然思うんです。特に文部省の検定の教科書の記述にも反する歴史的認識を持っている人を選任することは、氏の主張を正式に容認することになるのではないかということにもなりますし、私も中学校の社会科の教科書を調べてみましたところ、南京大虐殺事件につきましては東京法令出版とか、それから大阪書籍、これは市内でも使っていると思うんですが、高校にもしっかりとこの南京虐殺の問題は書かれてまして生徒に教えられていると、こういうことですので、再度答弁を求めておきます。

 2点目は、私が申し入れましたことを不問にして調査が行われずに選任したとすれば、教育委員の遂行上支障を来す、あるいは自信を持った活動ができないのではないかと、このようにも思いますので、再度ご答弁をお願いします。



○議長(国友美丸君) 市長。



◎市長(川島信也君) 9番議員は、現在問題になっております北鳥羽上町の広報「とば上」の記事につきまして、今教育委員に任命をお願いしております清水さんの文章が南京大虐殺を否定しているようなことをおっしゃっておられますが、私がこれを読ませていただく限り、南京大虐殺は否定も肯定もしておられないと。ただ、30万人の数字が過大ではないかなという彼女は感想を持ちましたということでございまして、こういう問題につきましてはもともと言論の自由をどのように考えるかと、あるいは公人としての教育委員をどのように感じるかという大変重い内容を持っておりますし、この内容につきまして教育委員にするのにふさわしくないというようには全く考えておりません。そういうことで教育委員の方もこれは差し支えないということで私の方にこの話は来なかったものだというように考えておりまして、選定手続に瑕疵があったとは全然感じておりません。



○議長(国友美丸君) 9番。

    (「2問目」と呼ぶ者あり)

 ああ、2問目。

 教育長。



◎教育長(金澤吉彦君) 広報について市長に見せなかったというご質問でございますが、9番議員さんはきのうおいでいただいて私に資料をお見せいただきました。その時点で市長との連絡も取ったわけでございますが、いろいろ公務多忙なために直接お渡しをすることは、昨日の段階ではできませんでした。

 以上でございます。



○議長(国友美丸君) 9番。



◆9番(竹内達夫君) 私は市長にも、きのう、おとといですけれども、この選任につきましては申し入れを行ったんですよ。で、十分その調査もされて、その地域での住民の皆さんとの関係とか、そういうことも含めまして申し入れをしておいたのでありますけれども、その辺が今のあれでは十分調査の上とはというふうに思わないし。

 もう一つは、この今の南京虐殺の認識ですけれど、この教科書におきましても、この南京虐殺の大事件については「中国では虐殺数は30万人を超えると主張しています」と。これは教科書の中にもこういうふうに書かれているんですね、実際に。こういうことは決して、まあ30万人どうやということは、それは数字はわからないけど、一応戦後の極東のいわゆる裁判ですか、これでもはっきりしてるんですからね。そこら辺はちょっと、認識は非常に違うと思いますので、この辺では市長がおっしゃってるこういう方を認めるということは、こういう否定するような疑いのある人を認めたということになると私は思いますので、その点を再度お願いしたい。

 以上です。



○議長(国友美丸君) 市長。



◎市長(川島信也君) 清水さんは、日本国の長浜市で教育委員をやっていただくということでございます。

    (「もうちょっと。今わかれへんなあ、何て言うたか」と呼ぶ者あり)



○議長(国友美丸君) もうちょっとわかりやすう言うたってください。



◎市長(川島信也君) いやいや、日本の国で、日本のこの長浜市で教育委員になっていただきますんで、この虐殺の問題が中国はどういう主張をしておられるか、日本もいろいろ主張があると思いますし、それはお互いに言論の自由という範囲内でいろいろ議論すればいいわけでございまして。本人が中国旅行をして、到底大津市の人口の30万人の大虐殺があったとは信じられませんということで、この虐殺自身は別に否定も肯定もしておられないと。人数が多いということでございますし、決してそうおかしい内容ではないと思います。



○議長(国友美丸君) 以上で通告による質疑は終わりました。

 これをもって質疑を終結いたします。

 休憩。

    (午前10時28分 休憩)

    (午前10時39分 再開)



○議長(国友美丸君) 休憩前に引き続き再開いたします。

 それでは、議案第92号は総務教育常任委員会に付託いたします。

 休憩中に委員会審査をお願いいたします。

 暫時休憩いたします。

    (午前10時40分 休憩)

    (午前11時30分 再開)



○議長(国友美丸君) 休憩前に引き続き再開いたします。

 これより議案第92号について委員会審査の結果報告を求めます。

 総務教育常任委員長 押谷友之議員。



◆総務教育常任委員長(押谷友之君) 平成13年長浜市議会第4回定例会におきまして、総務教育常任委員会にご付託を受けました議案および請願の審査結果をご報告……。



○議長(国友美丸君) ちょっと待ってください。92号だけでお願いします。



◆総務教育常任委員長(押谷友之君) 済みません。

 議案第92号 教育委員会の委員の任命について議会の同意を求められ、当委員会が付託を受けました。しかしながら、同意に至るまでには判断材料が不足しており、当局の説明でもその不足分を補うに不十分と思われ、引き続いて審査する必要があるとの委員会の判断により、議案第92号は継続審査とすることに決しました。

 以上、報告を終わります。



○議長(国友美丸君) ただいまの報告に対し、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国友美丸君) 質疑なしと認めます。

 これより採決いたします。

 議案第92号について採決いたします。

 議案第92号について、総務教育常任委員長報告のとおり継続審査とすることに賛成の方はご起立願います。

    〔賛成者起立〕



○議長(国友美丸君) ご着席ください。

 起立全員であります。

 よって議案第92号は、原案のとおり継続審査とすることに決しました。

 それでは、お諮りいたします。

 ただいま議題となっております諮問第3号並びに諮問第4号については、いずれも人事案件につき、会議規則第37条第2項の規定により委員会付託を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国友美丸君) ご異議なしと認めます。

 よって諮問第3号並びに諮問第4号については、委員会付託を省略し、直ちに採決することに決しました。

 これより採決いたします。

 まず、諮問第3号について採決いたします。

 諮問第3号について、原案のとおり可と答申することにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国友美丸君) ご異議なしと認めます。

 よって諮問第3号は、原案のとおり可と答申することに決しました。

 次に、諮問第4号について採決いたします。

 諮問第4号について、原案のとおり可と答申することにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国友美丸君) ご異議なしと認めます。

 よって諮問第4号は、原案のとおり可と答申することに決しました。

────────────────────────────────────



△日程第4 議案第77号から議案第91号までについて

      請願第4号および請願第5号について

      各常任委員長報告

      採決



○議長(国友美丸君) 日程第4、議案第77号から議案第91号までおよび請願第4号並びに請願第5号について一括議題といたします。

 本件に関し、各常任委員長から委員会審査の結果報告を求めます。

 まず、総務教育常任委員長 押谷友之議員。



◆総務教育常任委員長(押谷友之君) 平成13年長浜市議会第4回定例会におきまして、総務教育常任委員会にご付託を受けました議案および請願の審査結果をご報告いたします。

 まず、議案第77号 専決処分事項の承認を求めることについて、専決第9号 平成13年度長浜市一般会計補正予算(第5号)、専決第10号 平成13年度長浜市一般会計補正予算(第6号)、第1条第1項歳入歳出予算の総額、第1条第2項のうち歳入の部全部につきましては、全員一致で承認すべきものと決しました。

 次に、議案第78号 平成13年度長浜市一般会計補正予算(第7号)、第1条第1項歳入歳出予算の総額、第1条第2項のうち歳入の部全部、歳出の部款1議会費、款2総務費(項3戸籍住民基本台帳費を除く)、款9消防費、款10教育費、第2条繰越明許費、第3条地方債の補正につきましては、全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第83号 長浜市公益法人等への職員の派遣等に関する条例の制定について、議案第84号 長浜市の議会の議員および長の選挙における選挙運動の公費負担に関する条例の一部改正につきましては、いずれも全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第85号 長浜市職員の給与に関する条例の一部改正について、議案第86号 長浜市職員の特殊勤務手当支給に関する条例の一部改正について、議案第90号 湖北開発事業団の解散につきましては、いずれも全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、請願第4号 沖縄名護辺野古地区への新米軍基地建設計画の撤回を求める請願、請願第5号 在沖縄米軍縮小・地位協定見直しの決議を求める請願につきましては、いずれも多数をもって不採択すべきものと決しました。

 以上、報告を終わります。



○議長(国友美丸君) ただいまの報告に対し、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国友美丸君) 質疑なしと認めます。

 次、健康福祉常任委員長 福嶋一夫議員。



◆健康福祉常任委員長(福嶋一夫君) 平成13年長浜市議会第4回定例会におきまして、健康福祉常任委員会にご付託を受けました議案の審査結果をご報告いたします。

 まず、議案第77号 専決処分事項の承認を求めることについて、専決第10号 平成13年度長浜市一般会計補正予算(第6号)、第1条第2項のうち、歳出の部全部につきましては、全員一致で承認すべきものと決しました。

 次に、議案第78号 平成13年度長浜市一般会計補正予算(第7号)、第1条第2項のうち歳出の部、款2総務費、項3戸籍住民基本台帳費、款3民生費、款4衛生費につきましては、全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第79号 平成13年度長浜市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)および議案第80号 平成13年度長浜市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、いずれも全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第88号 長浜市病院事業の設置等に関する条例の一部改正につきましては、全員一致で可決すべきものと決しました。

 以上、報告を終わります。



○議長(国友美丸君) ただいまの報告に対し、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国友美丸君) 質疑なしと認めます。

 次、産業建設常任委員長 田中伝造議員。



◆産業建設常任委員長(田中伝造君) それでは、平成13年長浜市議会第4回定例会におきまして、産業建設常任委員会にご付託を受けました議案の審査結果をご報告いたします。

 まず、議案第78号 平成13年度長浜市一般会計補正予算(第7号)、第1条第2項のうち歳出の部、款6農林水産業費、款7商工費、款8土木費につきましては、全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第81号 平成13年度長浜市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)および議案第82号 平成13年度長浜市農業共済事業会計補正予算(第1号)につきましては、いずれも全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第87号 長浜市市営住宅の設置および管理に関する条例の一部改正についておよび議案第89号 長浜市下水道条例の一部改正につきましては、いずれも全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第91号 市道路線の廃止および認定については、全員一致で可決すべきものと決しました。

 以上、報告を終わります。



○議長(国友美丸君) ただいまの報告に対し、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国友美丸君) 質疑なしと認めます。

 これより採決いたします。

 まず、議案第78号について採決いたします。

 議案第78号について、各常任委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国友美丸君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第78号は、各常任委員長報告のとおり可決されました。

 次、議案第77号について採決いたします。

 議案第77号について、総務教育常任委員長および健康福祉常任委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国友美丸君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第77号は、総務教育常任委員長および健康福祉常任委員長報告のとおり承認されました。

 次、議案第83号、議案第84号および議案第85号について採決いたします。

 議案第83号、議案第84号および議案第85号について、総務教育常任委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国友美丸君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第83号、議案第84号および議案第85号は、総務教育常任委員長報告のとおり可決されました。

 次、議案第86号および議案第90号について採決いたします。

 議案第86号および議案第90号について、総務教育常任委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国友美丸君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第86号および議案第90号は、総務教育常任委員長報告のとおり可決されました。

 次、議案第79号、議案第80号および議案第88号について採決いたします。

 議案第79号、議案第80号および議案第88号について、健康福祉常任委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国友美丸君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第79号、議案第80号および議案第88号は、健康福祉常任委員長報告のとおり可決されました。

 次、議案第81号、議案第82号および議案第87号について採決いたします。

 議案第81号、議案第82号および議案第87号について、産業建設常任委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国友美丸君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第81号、議案第82号および議案第87号は、産業建設常任委員長報告のとおり可決されました。

 次、議案第89号および議案第91号について採決いたします。

 議案第89号および議案第91号について、産業建設常任委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国友美丸君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第89号および議案第91号は、産業建設常任委員長報告のとおり可決されました。

 次、請願第4号について採決いたします。

 請願第4号について、総務教育常任委員長報告のとおり決することに賛成の方はご起立願います。

    〔賛成者起立〕



○議長(国友美丸君) ご着席ください。

 起立多数であります。

 よって請願第4号は、総務教育常任委員長報告のとおり不採択とすることに決しました。

 次、請願第5号について採決いたします。

 請願第5号について、総務教育常任委員長報告のとおり決することに賛成の方はご起立願います。

    〔賛成者起立〕



○議長(国友美丸君) ご着席ください。

 起立多数であります。

 よって請願第5号は、総務教育常任委員長報告のとおり不採択とすることに決しました。

 本日の日程はこれをもって全部終了いたしました。

 市長。



◎市長(川島信也君) (登壇)平成13年長浜市議会第4回定例会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつ申しあげます。

 去る12月3日に開会されました定例市議会におきましては、一般会計補正予算を初めとする諸議案につきまして、議員の皆様には慎重なご審議をいただき、一部を除きいずれも原案どおりご承認、ご議決、ご同意を賜り、まことにありがとうございました。

 この間の議案審議で賜りました貴重なご意見につきましては、十分に拝聴し、今後適正な執行に留意し、行政の運営に努めてまいりたいと考えておりますので、今後とも格段のご支援、ご協力をお願い申しあげます。

 さて、本年も残すところあとわずかとなりましたが、議員の皆様方にはご健勝にて輝かしい新春をお迎えくださいますよう心からご祈念申しあげ、お礼のごあいさつといたします。どうもありがとうございました。



○議長(国友美丸君) 以上をもちまして、平成13年長浜市議会第4回定例会を閉会いたします。

 ご苦労さまでした。

    (午前11時46分 閉会)







 会 議 録 署 名 議 員



   議 長   国 友 美 丸



   議 員   青 木 甚 浩



   議 員   佐 藤 啓太郎