議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 長浜市

平成26年第4回定例会 12月19日−04号




平成26年第4回定例会 − 12月19日−04号







平成26年第4回定例会



          平成26年長浜市議会第4回定例会会議録

────────────────────────────────────

平成26年12月19日(金曜日)

────────────────────────────────────

議事日程

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 議案第108号 専決処分事項の承認を求めることについて(専決第3号)

      議案第109号 平成26年度長浜市一般会計補正予算(第7号)

      議案第110号 平成26年度長浜市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

      議案第111号 平成26年度長浜市診療所特別会計補正予算(第3号)

      議案第112号 平成26年度長浜市介護保険特別会計補正予算(第2号)

      議案第113号 平成26年度長浜市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)

      議案第114号 平成26年度長浜市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

      議案第115号 平成26年度長浜市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)

      議案第116号 平成26年度長浜市木之本・高月水道事業会計補正予算(第1号)

      議案第117号 平成26年度長浜市病院事業会計補正予算(第1号)

      議案第118号 長浜市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の制定について

      議案第119号 長浜市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定について

      議案第120号 長浜市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定について

      議案第121号 長浜市保育所条例等の一部改正について

      議案第122号 長浜市情報公開条例等の一部改正について

      議案第123号 長浜市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について

      議案第125号 長浜市税条例の一部改正について

      議案第126号 長浜市行政財産目的外使用料条例の一部改正について

      議案第127号 長浜市国民健康保険条例の一部改正について

      議案第128号 長浜市農業集落排水処理施設条例等の一部改正について

      議案第129号 長浜市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について

      議案第130号 浅井ふれあいの里・プラザふくらの森条例の廃止について

      議案第131号 湖北地域介護認定審査会共同設置規約の変更について

      議案第132号 工事請負契約の変更について

      議案第133号 工事請負契約の変更について

      議案第134号 南郷里公民館の指定管理者の指定について

      議案第135号 西黒田公民館等の指定管理者の指定について

      議案第136号 高月公民館の指定管理者の指定について

      議案第137号 小谷城戦国歴史資料館の指定管理者の指定について

      議案第138号 湖北デイサービスセンターの指定管理者の指定について

      議案第139号 虎姫駅コミュニティハウス等の指定管理者の指定について

      議案第140号 高山キャンプ場の指定管理者の指定について

      議案第141号 大見いこいの広場の指定管理者の指定について

      議案第142号 己高庵の指定管理者の指定について

      議案第143号 財産の譲渡について

      請願第 13号 高すぎる国民健康保険料の引き下げを求める請願

      請願第 14号 子ども医療費助成制度の拡充を求める請願

      請願第 15号 米価下落影響緩和緊急対策を求める請願書

      請願第 16号 米価下落等に関する意見書の提出を求めることについて

      意見書案第7号 農業振興地域制度における農振除外要件の見直しを求める意見書

      各常任委員長報告

      質疑、討論

      採決

────────────────────────────────────

本日の会議に付した事件

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 議案第108号 専決処分事項の承認を求めることについて(専決第3号)

      議案第109号 平成26年度長浜市一般会計補正予算(第7号)

      議案第110号 平成26年度長浜市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

      議案第111号 平成26年度長浜市診療所特別会計補正予算(第3号)

      議案第112号 平成26年度長浜市介護保険特別会計補正予算(第2号)

      議案第113号 平成26年度長浜市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)

      議案第114号 平成26年度長浜市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

      議案第115号 平成26年度長浜市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)

      議案第116号 平成26年度長浜市木之本・高月水道事業会計補正予算(第1号)

      議案第117号 平成26年度長浜市病院事業会計補正予算(第1号)

      議案第118号 長浜市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の制定について

      議案第119号 長浜市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定について

      議案第120号 長浜市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定について

      議案第121号 長浜市保育所条例等の一部改正について

      議案第122号 長浜市情報公開条例等の一部改正について

      議案第123号 長浜市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について

      議案第125号 長浜市税条例の一部改正について

      議案第126号 長浜市行政財産目的外使用料条例の一部改正について

      議案第127号 長浜市国民健康保険条例の一部改正について

      議案第128号 長浜市農業集落排水処理施設条例等の一部改正について

      議案第129号 長浜市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について

      議案第130号 浅井ふれあいの里・プラザふくらの森条例の廃止について

      議案第131号 湖北地域介護認定審査会共同設置規約の変更について

      議案第132号 工事請負契約の変更について

      議案第133号 工事請負契約の変更について

      議案第134号 南郷里公民館の指定管理者の指定について

      議案第135号 西黒田公民館等の指定管理者の指定について

      議案第136号 高月公民館の指定管理者の指定について

      議案第137号 小谷城戦国歴史資料館の指定管理者の指定について

      議案第138号 湖北デイサービスセンターの指定管理者の指定について

      議案第139号 虎姫駅コミュニティハウス等の指定管理者の指定について

      議案第140号 高山キャンプ場の指定管理者の指定について

      議案第141号 大見いこいの広場の指定管理者の指定について

      議案第142号 己高庵の指定管理者の指定について

      議案第143号 財産の譲渡について

      請願第 13号 高すぎる国民健康保険料の引き下げを求める請願

      請願第 14号 子ども医療費助成制度の拡充を求める請願

      請願第 15号 米価下落影響緩和緊急対策を求める請願書

      請願第 16号 米価下落等に関する意見書の提出を求めることについて

      意見書案第7号 農業振興地域制度における農振除外要件の見直しを求める意見書

      各常任委員長報告

      質疑、討論

      採決

 追加日程 意見書案第8号 米価下落等に関する意見書

      産業建設常任委員長提案説明

      質疑、採決

────────────────────────────────────

応 招 議 員 ( 26名 )

出 席 議 員 ( 26名 )

  1番 草 野   豊 君            2番 中 川 リョウ 君

  3番 矢 守 昭 男 君            4番 石 田 節 子 さん

  5番 鋒 山 紀 子 さん           6番 東   久 雄 君

  7番 佐 金 利 幸 君            8番 山 崎 正 直 君

  9番 轟   保 幸 君            10番 柴 田 清 行 君

  11番 西 邑 定 幸 君            12番 中 川   勇 君

  13番 浅 見 勝 也 君            14番 柴 田 光 男 君

  15番 吉 田   豊 君            16番 中 嶌 康 雄 君

  17番 竹 内 達 夫 君            18番 鬼 頭 明 男 君

  19番 浅 見 信 夫 君            20番 押 谷 與茂嗣 君

  21番 西 尾 孝 之 君            22番 竹 本 直 隆 君

  23番 森 田 義 人 君            24番 松 本 長 治 君

  25番 藤 井   繁 君            26番 阪 本 重 光 君

────────────────────────────────────

欠 席 議 員 ( 0名 )

────────────────────────────────────

事務局出席職員氏名

 事務局長 伊 藤 喜久雄 君         次長   西 川   昇 君

 副参事  大 塚 邦 生 君         主幹   内 藤 長 人 君

────────────────────────────────────

説明のため出席した者の職氏名

 市長     藤 井 勇 治 君       副市長    大 塚 義 之 君

 総務部長   藤 居 茂 樹 君       企画部長   藤 原 久美子 さん

 市民生活部長 中 井 正 彦 君       健康福祉部長 川 崎 圭 司 君

 産業経済部長 北 川 雅 英 君       都市建設部長 今 井 克 美 君

 教育長    北 川 貢 造 君       教育部長   嶋 田 孝 次 君

 長浜病院事務局長               湖北病院事務局長

        柴 田 博 文 君              中 川 健 治 君

 北部振興局長 米 澤 辰 雄 君       財政課理事  且 本 安 彦 君

 財政課副参事 西 川 琢 也 君

────────────────────────────────────

    (午前10時00分 開議)



○議長(竹本直隆君) 皆さん、おはようございます。

 定刻にお集まりいただき、ありがとうございます。

 これより本日の会議を開きます。

─────────────────────



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(竹本直隆君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において押谷與茂嗣議員、鬼頭明男議員を指名いたします。

─────────────────────



△日程第2 議案第108号から議案第123号まで

      議案第125号から議案第143号まで

      請願第13号から請願第16号まで及び

      意見書案第7号について

      各常任委員長報告

      質疑、討論

      採決



○議長(竹本直隆君) 日程第2、議案第108号から議案第123号まで、議案第125号から議案第143号まで、請願第13号から請願第16号まで及び意見書案第7号についてを一括議題といたします。

 本件に関し、各常任委員長から委員会審査の結果報告を求めます。

 まず、総務教育常任委員長 東 久雄議員、登壇願います。



◆総務教育常任委員長(東久雄君) (登壇)それでは、平成26年長浜市議会第4回定例会におきまして、総務教育常任委員会に付託を受けました議案の審査結果をご報告いたします。

 まず、議案第108号 専決処分事項の承認を求めることについて(専決第3号)、平成26年度長浜市一般会計補正予算(第6号)につきましては、全員一致で承認すべきものと決しました。

 次に、議案第109号 平成26年度長浜市一般会計補正予算(第7号)のうち当委員会付託分につきましては、全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第110号 平成26年度長浜市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)、議案第112号 平成26年度長浜市介護保険特別会計補正予算(第2号)のうち人件費関係、議案第113号 平成26年度長浜市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)、議案第114号 平成26年度長浜市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)のうち人件費関係及び議案第115号 平成26年度長浜市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)のうち人件費関係につきましては、それぞれ全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第118号 長浜市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の制定について及び議案第119号 長浜市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定につきましては、賛成多数で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第121号 長浜市保育所条例等の一部改正について、議案第122号 長浜市情報公開条例等の一部改正について、議案第123号 長浜市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について、議案第126号 長浜市行政財産目的外使用料条例の一部改正について及び議案第129号 長浜市消防団員等公務災害補償条例の一部改正につきましては、それぞれ全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第132号 工事請負契約の変更について、議案第133号 工事請負契約の変更について、議案第134号 南郷里公民館の指定管理者の指定について、議案第135号 西黒田公民館等の指定管理者の指定について、議案第136号 高月公民館の指定管理者の指定について、議案第137号 小谷城戦国歴史資料館の指定管理者の指定について及び議案第141号 大見いこいの広場の指定管理者の指定につきましては、それぞれ全員一致で可決すべきものと決しました。

 以上、総務教育常任委員会の報告を終わります。



○議長(竹本直隆君) ただいまの報告に対し、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) 質疑なしと認めます。

 次に、健康福祉常任委員長 石田節子議員、登壇願います。



◆健康福祉常任委員長(石田節子さん) (登壇)平成26年長浜市議会第4回定例会におきまして、健康福祉常任委員会に付託を受けました議案の審査結果をご報告いたします。

 まず、議案第109号 平成26年度長浜市一般会計補正予算(第7号)のうち当委員会付託分につきましては、全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第111号 平成26年度長浜市診療所特別会計補正予算(第3号)につきましては、全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第112号 平成26年度長浜市介護保険特別会計補正予算(第2号)のうち、人件費関係を除く分につきましては全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第117号 平成26年度長浜市病院事業会計補正予算(第1号)につきましては、全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第120号 長浜市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定について、議案第125号 長浜市税条例の一部改正について及び議案第127号 長浜市国民健康保険条例の一部改正につきましては、それぞれ全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第131号 湖北地域介護認定審査会共同設置規約の変更について及び議案第138号 湖北デイサービスセンターの指定管理者の指定につきましては、それぞれ全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、請願第13号 高すぎる国民健康保険料の引き下げを求める請願につきましては、賛成少数で不採択とすべきものと決しました。

 次に、請願第14号 子ども医療費助成制度の拡充を求める請願につきましては、賛成少数で不採択とすべきものと決しました。

 なお、今般の委員会審査において、次の意見があったことを申しあげます。

 指定管理者に対する補償金支払いの必要性について、市が指定管理期間を短縮したことによる補償ではあるが、その主な原因としては指定管理を行う段階で瑕疵への精査、対応が不十分であったことが見受けられます。ついては、今後指定管理を行う際は業務内容を十分精査し、契約条項等をしっかり整備し、事務執行に万全を期されるよう申し添えます。

 以上、健康福祉常任委員会の報告を終わります。



○議長(竹本直隆君) ただいまの報告に対し、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) 質疑なしと認めます。

 次に、産業建設常任委員長 中嶌康雄議員、登壇願います。



◆産業建設常任委員長(中嶌康雄君) (登壇)平成26年長浜市議会第4回定例会におきまして、当産業建設常任委員会に付託を受けました議案の審査結果について報告いたします。

 まず、議案第109号 平成26年度長浜市一般会計補正予算(第7号)のうち当委員会付託分については全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第114号 平成26年度長浜市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)のうち人件費関係を除く、議案第115号 平成26年度長浜市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)のうち人件費を除く及び議案第116号 平成26年度長浜市木之本・高月水道事業会計補正予算(第1号)につきましては、それぞれ全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第128号 長浜市農業集落排水処理施設条例等の一部改正について及び議案第130号 浅井ふれあいの里・プラザふくらの森条例の廃止についてにつきましては、全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第139号 虎姫駅コミュニティハウス等の指定管理者の指定について、議案第140号 高山キャンプ場の指定管理者の指定について及び議案第142号 己高庵の指定管理者の指定についてにつきましては、それぞれ全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第143号 財産の譲渡についてにつきましては、全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、請願の審査結果を報告いたします。

 請願第15号 米価下落影響緩和緊急対策を求める請願書につきましては、賛成少数で不採択とすべきものと決しました。

 次に、請願第16号 米価下落等に関する意見書の提出を求めることについてにつきましては、全員一致で採択すべきものと決しました。

 最後に、意見書案第7号 農業振興地域制度における農振除外要件の見直しを求める意見書につきましては、賛成多数で可決すべきものと決しました。

 なお、審査の過程において豊公園長浜駅線整備事業については、地権者のみならず、隣接者また代替地を提供いただいた方々に大変とご迷惑をおかけした経緯があり、早期に完成するようにとの意見がありましたことを申し添えます。

 以上で産業建設常任委員会の報告を終わります。



○議長(竹本直隆君) ただいまの報告に対し、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) 質疑なしと認めます。

 これより討論を行います。

 討論の通告がありますので、これを許します。

 まず、浅見信夫議員、登壇願います。



◆19番(浅見信夫君) (登壇)それでは、議案第118号 長浜市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の制定について及び議案第119号 長浜市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定については、日本共産党市議団は反対の態度を表明しておりますので、以下反対理由を述べます。

 これらの条例案は、子ども・子育て新制度が来年4月から施行するに当たり施設及び事業者の各種の確認、認可基準を国が示す政省令に基づいて市が定めようとするものであります。

 これらの条例案の問題点は、保育に対する公的責任の後退が明白であるということであります。第一に、新制度ではこれまで市の責任において保育を提供する制度を介護保険のように保育認定とサービス提供というように利用者と事業者の契約による現金給付の仕組みへの変更となります。市は、保育の契約に介入をすることはできず、市の保育に対する責任が後退することになります。

 第二に、第一に関連して保育を受ける権利という視点では新制度では保育の必要性の認定と児童福祉法第24条第1項が適用される保育所については異議申し立てができ、権利が担保されていますが、同法24条第2項に適用される保育所以外の認定こども園等の直接契約の施設や事業においては条例案では利用申し込みに対する市のあっせん調整等が規定されているのみであって、それはあくまで行政指導であって行政処分とはならず、権利が担保されず、市の責任も明確ではありません。

 第三に、法や条例案で示されているように新制度では保育所、幼稚園、認定こども園などの施設に加えて新たに地域型保育の各事業が導入されようとしています。市では、家庭的保育事業等の設備運営基準について職員や保育室に係る独自基準に努力されていることは評価いたしますが、保育所等に比べて施設や事業によっては保育の多様化の名のもと格差が持ち込まれることになってしまいます。

 第四に、条例案では利用申し込みに対して施設事業者に応諾義務を負わせていますが、利用定員を超えた場合や保護者とのトラブル、保育料の滞納など正当事由として施設事業者が利用者を選考するとなっていますが、契約による利用方式は契約結果については自己責任となり、保育所等に入れないという懸念もございます。

 第五に、法や条例案により市は幼保連携型認定こども園を重視されております。新制度では、学校及び児童福祉施設としての位置づけで財源も施設型給付費に一本化した施設となります。公立幼稚園と保育所を廃止し、統合し、新たに幼保連携型認定こども園を整備する再編統合が待機児童対策も目的に全国的にも広がっております。市の公共施設等総合計画案でも、行政改革の一環として、また就学前教育の推進のもとで認定こども園の普及を図るとされています。待機児童対策や就学前教育の推進というなら、市の公的責任がしっかり及ぶ認可保育所や幼稚園の整備が求められていると思います。

 以上のとおり、問題点を挙げましたが、議案第118号及び議案第119号は子ども・子育て新制度による条例提案であり、これまで国や自治体が保育に責任を持ってきた公的保育制度を後退させるものであり、基準がさまざまな保育サービスの導入、公立保育所の廃止など、保護者や保育関係者からも懸念の声が出ているものであることから賛成することはできません。

 反対討論に対する議員各位のご賛同をお願いとして、討論といたします。

 次に、請願第13号 高すぎる国民健康保険料の引き下げを求める請願について、請願趣旨に賛成する立場から討論を行います。

 請願団体である社会保障の充実を求める会では、第3回定例会に向けて市民の切実な要求である国保料の引き下げの署名に取り組んできました。短期間の取り組みにもかかわらず、多くの市民の方々に協力をいただき、今定例会に陳情として提出されているところであります。

 請願趣旨にありますように、国による医療、介護、年金など、社会保障全分野の連続改悪で市民の暮らしや福祉に対する不満や不安は膨らみ続けており、もはや我慢も限界に来ております。憲法を生かし、全ての市民に安心の医療や福祉を保障することが緊急の課題となっており、その中で住民の福祉の増進を図ることを基本として地域における行政を自主的かつ総合的に実施する役割を広く担う地方自治体、長浜市がその役割を果たすことが求められています。

 言うまでもなく、国民健康保険は社会保障、国民保険の向上を目的として全ての市民に医療を保障するためのもので、憲法25条の規定に基づく社会保障制度であります。長浜市の国保加入世帯は1万6,856世帯と全世帯の38%を占めています。その多くの加入者は、年金生活者や自営業、非正規労働者で、平均所得は130万円です。所得に占める保険料の割合は13.5%にもなり、高過ぎる国保料を払えず、滞納のある世帯は17.5%になっており、正規の国民保険証がない世帯も増えております。そのため、病院の窓口の支払いが心配で医療にかかれない事態も生じています。

 国民健康保険は、介護保険や後期高齢者医療と比較して一般会計の繰り入れの割合が最も少ない制度である一方、加入者1人当たりの所得に対する保険料率は協会けんぽ、他の公的医療制度に比較して最も重い負担となっている状況であります。

 長浜市の国保会計特別会計の財政収支は、2008年度15%、2009年度10%の保険料の連続値上げにより最近4年間は年度平均1億3,800万円の黒字で推移しており、基金残高は約3億5,000万円となっています。国民健康保険料について、長浜市は一般会計からの繰り入れによる基金増資の手当てを行うとしながらも、医療費の伸び等を理由に来年度から国保料を引き上げる見通しを明らかにしていますが、市がなすべきことは国や県に対して国庫負担や県費補助の引き上げと国保の広域化中止を求めるとともに、市として独自に一般会計の繰り入れや基金の一部取り崩し等により保険料を引き下げ、市民が安心して医療にかかることができるために社会保障制度として払える保険料にすることであります。

 先ほどの財政収支からいっても、国保料の引き下げは可能であると思われます。

 以上の趣旨により、市議会としても市民の政策提案である請願をしっかり受けとめ、国民健康保険料引き下げという請願事項の実現が進むよう求めて、請願第13号については賛成するものであります。

 議員各位のご賛同を得て本請願を採択していただきますようよろしくお願い申しあげまして、討論といたします。よろしくお願いします。(拍手)



○議長(竹本直隆君) 次に、鬼頭明男議員、登壇願います。



◆18番(鬼頭明男君) (登壇)私は、請願第14号 子ども医療費助成制度の拡充を求める請願の賛成討論を行います。

 先日、一般質問でも取り上げました子ども医療費助成制度は、長浜市でも少子化が進む中、子育て家庭への子育て支援、少子化対策への経済的な支援は大変重要だと思います。たくさんの議員の皆さんも、子育て支援、少子化対策が大事であると考えられていると思われます。

 その子育て支援、少子化対策の一つとして子ども医療費助成制度の拡充は多くの市民の皆様からの要求であり、願いでもあります。市民の皆さんの生活はもちろんですが、特に子育て世代の親の生活はガソリン代の高騰、消費税の増税、物価の上昇などにより大変厳しい経済状態です。子どもは、病気にかかりやすく、せめて義務教育が終わるまでは病院に連れていくお金に心配しないで済むようにしてほしいと切実に感じておられます。

 また、ちょうどお金がないときに子どもが病気になり、病院に連れていくのをためらってしまうというお母さん、財布と相談しないと病院に連れていけないので情けないと嘆くお母さん、住むところによって医療助成制度が違うのはおかしいと訴えられるお母さんもおられます。

 子育て世代にとって、医療費の負担は大きいものがあります。さきにも言いましたが、所得が上がらないのに住民税、所得税などの税金が上がっている、そういう中で子育ての負担を少しでも軽くしてほしいというのは子育て世代の共通の願いです。本来なら、国が率先してやるべき内容ですが、住民の願いを受け、地方自治体がさまざまな支援策をとり、施策の充実が行われています。

 長浜市でも、国による制度創設と県での助成拡大を求めるとともに、子育て支援、少子化対策の中で市民サービスの充実を基本にした財政運営を行うべきです。

 以上の趣旨により、中学校卒業までの通院費を無料にするなど、子ども医療費拡充という請願第14号に賛成するものであります。

 市民の皆さんの声に応えるためにも、議員の皆さんの市当局への後押しが必要です。子育て支援策を積極的に拡充すべきだということをいま一度議会の意思として示すことができるよう訴えまして、賛成討論といたします。議員各位のご賛同をよろしくお願いいたします。(拍手)



○議長(竹本直隆君) 次に、竹内達夫議員、登壇願います。



◆17番(竹内達夫君) (登壇)今議場での最後の討論に立つことを私自身も大変感慨深う思っております。

 28年近くやらせていただきまして、何か心残りがあるようにも思いますけれども、また新しいところでも頑張りたいと思います。よろしくお願いします。

 さて、請願第15号 米価下落影響緩和緊急対策を求める請願書に賛成の立場で討論をいたします。

 四十数年前の水準に大暴落した米価、昨年まで10アール当たり1万5,000円の交付金が半額に7,500円になり、特に今年は気候不順によりまして長浜地域の農家の減収は13億2,000万円とこれは私の一般質問で当局が答弁された額でございます。まさに湖北の経済に与える影響は甚大でございます。

 野洲市の山仲市長は、米の乾燥器に灯油などを助成するささやかな支援だが、農業意欲を維持してもらいたいと米価下落緊急対策として補助金を支給しています。

 また、秋田県の仙北市です、そこの門脇市長さんも、1俵60キロ当たり200円の補助金を出されておりまして、米価下落によるこの減少は約7億円と、これで農家の落胆ぶりは目を覆うようであり、少しでも農家の不安を払拭できればと主食生産維持の願いを込めてこういう形の処置をとっているとこのようにも述べられております。このように、全国各地で自治体が独自で資材費の助成など、また農協自身もJAですが、農家支援を取り組んできております。

 市長は、農業は国の礎、農業は人間の生命に不可欠な食の源、生命産業である、農業の発展なくして市政発展はないと常々説いておられます。米価暴落で農家が悲鳴を上げているときにこそ、国策として対応すべきでは。湖北の農業は守れないのではないでしょうか。このままでは農家を続ける意欲がなくなり、後継者も育ちません。この際、市が独自に苦悩する農家に資材費の助成を行ってこそ農家も市が自分たちのことを本当によく考えてくれているんだと、こういうことで意欲も湧くものと考えます。

 以上を述べまして、請願第15号賛成討論といたします。議員各位のご賛同を切にお願い申しあげまして、請願第15号の賛成討論とさせていただきます。

 以上です。(拍手)



○議長(竹本直隆君) 以上で通告による討論は終わりました。

 これをもって討論を終結いたします。

 それでは、これより採決に入ります。

 まず、議案第108号について採決いたします。

 議案第108号 専決処分事項の承認を求めることについて(専決第3号)について、総務教育常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第108号については承認されました。

 次に、議案第109号について採決いたします。

 議案第109号 平成26年度長浜市一般会計補正予算(第7号)について、各常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第109号については可決されました。

 次に、議案第110号について採決いたします。

 議案第110号 平成26年度長浜市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について、総務教育常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第110号については可決されました。

 次に、議案第111号について採決いたします。

 議案第111号 平成26年度長浜市診療所特別会計補正予算(第3号)について、健康福祉常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第111号については可決されました。

 次に、議案第112号について採決いたします。

 議案第112号 平成26年度長浜市介護保険特別会計補正予算(第2号)について、総務教育常任委員長及び健康福祉常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第112号については可決されました。

 次に、議案第113号について採決いたします。

 議案第113号 平成26年度長浜市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について、総務教育常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第113号については可決されました。

 次に、議案第114号及び議案第115号について採決いたします。

 議案第114号 平成26年度長浜市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)及び議案第115号 平成26年度長浜市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)について、総務教育常任委員長及び産業建設常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第114号及び議案第115号については可決されました。

 次に、議案第116号について採決いたします。

 議案第116号 平成26年度長浜市木之本・高月水道事業会計補正予算(第1号)について、産業建設常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第116号については可決されました。

 次に、議案第117号について採決いたします。

 議案第117号 平成26年度長浜市病院事業会計補正予算(第1号)について、健康福祉常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第117号については可決されました。

 次に、議案第118号について採決いたします。

 議案第118号 長浜市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の制定について、総務教育常任委員長報告のとおり決することに賛成の方はご起立願います。

    〔賛成者起立〕



○議長(竹本直隆君) ご着席ください。

 起立多数であります。

 よって議案第118号については可決されました。

 次に、議案第119号について採決いたします。

 議案第119号 長浜市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定について、総務教育常任委員長報告のとおり決することに賛成の方はご起立願います。

    〔賛成者起立〕



○議長(竹本直隆君) ご着席ください。

 起立多数であります。

 よって議案第119号については可決されました。

 次に、議案第120号について採決いたします。

 議案第120号 長浜市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定について、健康福祉常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第120号については可決されました。

 次に、議案第121号から議案第123号までについて採決いたします。

 議案第121号 長浜市保育所条例等の一部改正について、議案第122号 長浜市情報公開条例等の一部改正について及び議案第123号 長浜市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について、総務教育常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第121号から議案第123号までについては可決されました。

 次に、議案第125号について採決いたします。

 議案第125号 長浜市税条例の一部改正について、健康福祉常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第125号については可決されました。

 次に、議案第126号について採決いたします。

 議案第126号 長浜市行政財産目的外使用料条例の一部改正について、総務教育常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第126号については可決されました。

 次に、議案第127号について採決いたします。

 議案第127号 長浜市国民健康保険条例の一部改正について、健康福祉常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第127号については可決されました。

 次に、議案第128号について採決いたします。

 議案第128号 長浜市農業集落排水処理施設条例等の一部改正について、産業建設常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第128号については可決されました。

 次に、議案第129号について採決いたします。

 議案第129号 長浜市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について、総務教育常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第129号については可決されました。

 次に、議案第130号について採決いたします。

 議案第130号 浅井ふれあいの里・プラザふくらの森条例の廃止について、産業建設常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第130号については可決されました。

 次に、議案第131号について採決いたします。

 議案第131号 湖北地域介護認定審査会共同設置規約の変更について、健康福祉常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第131号については可決されました。

 次に、議案第132号及び議案第133号について採決いたします。

 議案第132号 工事請負契約の変更について及び議案第133号 工事請負契約の変更について、総務教育常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第132号及び議案第133号については可決されました。

 次に、議案第134号から議案第137号までについて採決いたします。

 議案第134号 南郷里公民館の指定管理者の指定について、議案第135号 西黒田公民館等の指定管理者の指定について、議案第136号 高月公民館の指定管理者の指定について及び議案第137号 小谷城戦国歴史資料館の指定管理者の指定について、総務教育常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第134号から議案第137号までについては可決されました。

 次に、議案第138号について採決いたします。

 議案第138号 湖北デイサービスセンターの指定管理者の指定について、健康福祉常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第138号については可決されました。

 次に、議案第139号及び議案第140号について採決いたします。

 議案第139号 虎姫駅コミュニティハウス等の指定管理者の指定について及び議案第140号 高山キャンプ場の指定管理者の指定について、産業建設常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第139号及び議案第140号については可決されました。

 次に、議案第141号について採決いたします。

 議案第141号 大見いこいの広場の指定管理者の指定について、総務教育常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第141号については可決されました。

 次に、議案第142号及び議案第143号について採決いたします。

 議案第142号 己高庵の指定管理者の指定について及び議案第143号 財産の譲渡について、産業建設常任委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第142号及び議案第143号については可決されました。

 次に、請願第13号から請願第16号までについて採決いたします。

 まず、請願第13号について採決いたします。

 念のため申しあげます。

 請願第13号に対する健康福祉常任委員長の報告は不採択であります。

 請願第13号 高すぎる国民健康保険料の引き下げを求める請願について、健康福祉常任委員長報告のとおり不採択と決することに賛成の方はご起立願います。

    〔賛成者起立〕



○議長(竹本直隆君) ご着席ください。

 起立多数であります。

 よって請願第13号については不採択とすることに決しました。

 次に、請願第14号について採決いたします。

 念のため申しあげます。

 請願第14号に対する健康福祉常任委員長の報告は不採択であります。

 請願第14号 子ども医療費助成制度の拡充を求める請願について、健康福祉常任委員長報告のとおり不採択と決することに賛成の方はご起立願います。

    〔賛成者起立〕



○議長(竹本直隆君) ご着席ください。

 起立多数であります。

 よって請願第14号については不採択とすることに決しました。

 次に、請願第15号について採決いたします。

 念のため申しあげます。

 請願第15号に対する産業建設常任委員長の報告は不採択であります。

 請願第15号 米価下落影響緩和緊急対策を求める請願書については、産業建設常任委員長報告のとおり不採択と決することに賛成の方はご起立願います。

    〔賛成者起立〕



○議長(竹本直隆君) ご着席ください。

 起立多数であります。

 よって請願第15号については不採択とすることに決しました。

 次に、請願第16号について採決いたします。

 請願第16号 米価下落等に関する意見書の提出を求めることについて、産業建設常任委員長報告のとおり採択と決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) ご異議なしと認めます。

 よって請願第16号については採択することに決しました。

 次に、意見書案第7号について採決いたします。

 意見書案第7号 農業振興地域制度における農振除外要件の見直しを求める意見書について、産業建設常任委員長報告のとおり決することに賛成の方はご起立願います。

    (1番草野 豊君「議長、動議」と呼ぶ)

 草野議員。



◆1番(草野豊君) 農業振興地域制度における農振除外要件の見直しを求める意見書についてでございますが、決して否定するものではございませんが、継続して審議するよう求めたいと思います。よろしくお願いいたします。



○議長(竹本直隆君) 暫時休憩します。

    (午前10時49分 休憩)

    (午前10時51分 再開)



○議長(竹本直隆君) 休憩前に引き続き再開いたします。

 ただいま草野議員から継続審査の動議が提出されました。

 所定の賛成者がありますので、動議は成立いたしました。

 よって本動議を議題とし、直ちに採決をいたします。

 本動議のとおり決定することに賛成の方はご起立を願います。

    〔賛成者起立〕



○議長(竹本直隆君) 賛成者多数。

 ご着席ください。

 よって意見書案第7号につきましては閉会中の継続審査とすることに決定いたしました。

 暫時休憩します。

    (午前10時52分 休憩)

    (午前10時54分 再開)



○議長(竹本直隆君) 再開します。休憩前に引き続き再開いたします。

 ただいま産業建設常任委員長から意見書案第8号 米価下落等に関する意見書が提出されました。

 お諮りいたします。

 この際意見書案第8号を日程に追加し、議題といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) ご異議なしと認めます。

 よって意見書案第8号について日程を追加し、議題とすることに決しました。

─────────────────────



△追加日程 意見書案第8号 米価下落等に関する意見書



○議長(竹本直隆君) 意見書案第8号について議題といたします。

 意見書案第8号 米価下落等に関する意見書について、提案理由の説明を求めます。

 産業建設常任委員長 中嶌康雄議員、登壇願います。



◆産業建設常任委員長(中嶌康雄君) (登壇)提出者であります産業建設常任委員会を代表いたしまして、案文の朗読をもって提案説明とさせていただきます。

 意見書案第8号。

 米価下落等に関する意見書。

 26年産水稲の10月15日現在の全国の作況指数は「101」の平年並みで、米の需給は引き続き緩和基調で推移しています。このような状況の中で、国は26年産米の過剰米対策は行わず収入減少影響緩和対策(ナラシ)のみで対応する方針であり、26年産米は出回りからかつてない水準にまで価格が下落し、生産現場では大きな不安と混乱が広がっています。

 また、大幅な米価下落に加えて、日照不足・長雨・台風等により、10月15日現在の本県の作況指数は「97」の「やや不良」となり、本県産米の10月20日現在の1等米比率は52.8%となり、特に湖北の主要銘柄であるコシヒカリにおいては1等米比率が39.9%となっているなど水稲への質量両面で大きな被害を受けました。

 加えて、26年産米からの米の直接支払交付金の半減等による所得の減少によって、再生産可能な農業経営の継続が脅かされる等、農業者の資金繰りへの影響も懸念されます。

 27年産米以降についても、主食用米の需要の減少(トレンドで年間8万トン)や政府備蓄米の枠の減少(5万トンの減少の予定)などを踏まえると、作況によっては、需給緩和がさらに拡大することが懸念されています。とりわけ米を中心とする本市農業にとっては、農業収入及び農業経営への打撃は深刻であり、こうした状況を国が放置すれば、「農林水産業・地域の活力創造プラン」に示されている「農業・農村全体の所得を今後10年間で倍増させる」目標の実現が不可能になることは明らかです。

 記。

1 過剰米の市場隔離(備蓄米の適正水準の見直し・発展途上国等への支援等)に向けた対策や米の需要拡大に向けた消費拡大対策を講じること。

2 資金繰りに影響のある農業者に対する緊急融資等に向けた対策を早急に講じること。

3 一括管理方式による加工用米の出荷契約数量については、米の大幅な減収を踏まえ、作況指数にとらわれることなく、実態に応じた作柄による数量変更への柔軟な対応を図ること。

4 平成26年産米で予想される2割以上の収入減少に対し、平成27年度予算において国費により補填すること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

平成26年12月19日

  衆議院議長

  参議院議長

  内閣総理大臣

  農林水産大臣

  財務大臣   宛



  長 浜 市 議 会 議 長

 以上、議員各位のご賛同を賜りますようお願い申しあげ、提案説明とさせていただきます。



○議長(竹本直隆君) ただいま提案のありました意見書案に対し、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) 質疑なしと認めます。

 これより採決に入ります。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております意見書案第8号につきましては、会議規則第37条第2項の規定により委員会付託を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) ご異議なしと認めます。

 よって意見書案第8号につきましては委員会付託を省略し、直ちに採決することに決しました。

 これより採決いたします。

 意見書案第8号 米価下落等に関する意見書について、原案のとおり決することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(竹本直隆君) ご異議なしと認めます。

 よって意見書案第8号は可決されました。

 ただいま可決されました意見書案につきましては、議長から関係機関へ提出をいたします。

 なお、意見書の中での字句等の整理を要するものにつきましては、議長に一任をお願いいたします。

 本日の日程はこれをもって全部終了いたしました。

 市長。



◎市長(藤井勇治君) 閉会に当たりまして、一言ご挨拶を申しあげます。

 去る11月28日に開会されました本定例会におきまして、一般会計補正予算をはじめとする諸議案について、議員の皆様には慎重なご審議をいただき、いずれも原案どおりご議決、ご承認を賜り、まことにありがとうございました。

 会期中、議員各位からいただきましたご意見、ご指摘につきましては真摯に受けとめ、今後の行政運営に生かしてまいりたいと考えております。

 さて、さきの衆議院議員総選挙で主権者である国民により新しい議員の皆様が選ばれ、いよいよ新体制がスタートいたします。国民の負託を受けた新しい政府においては、まさに待ったなしの課題であります地方創生への取り組みをしっかりと行っていただくとともに、一刻も早い来年度予算の編成や地方財政対策、さらに景気回復に向けての経済対策や原子力安全対策と新エネルギー政策、外交安全保障など、解決すべき重要な課題にしっかり取り組むべきであると思います。

 本市におきましても、地方創生を全国のモデルとなるよう速やかに総合戦略を策定し、いち早く試作化を図ってまいりたいと考えております。

 さて、いよいよ本年も残すところ半年足らずとなりました。1年間の長きにわたり開催してまいりました黒田官兵衛博覧会がいよいよ28日にフィナーレを迎えます。この間、35万人のお客様を全国から長浜にお迎えすることができ、大いににぎわい、成功のうちに終わることができそうでございます。

 この博覧会のにぎわいは、市民ボランティアの皆様方のふるさとを愛する心やらおもてなしの心のたまものであり、博覧会を支えたこれらのまちづくりの組織は今後地域におけるまちづくり推進基盤として大いに活躍いただけるものと確信をいたしております。

 また、新庁舎もいよいよ全館完成し、28日に竣工式を迎えます。新年からは新しい長浜のシンボルとなる庁舎での業務開始となります。私をはじめとして職員一同が初心に返り、先ほど申しました地方創生の取り組みに対してもスピード感を持って市政推進のためにしっかりと着実に取り組んでまいる決意でございますので、議員の皆さんにおかれましてもさらなるご支援、ご協力を賜りますようお願いを申しあげます。

 最後になりますが、議員各位にはこの1年、本市の発展と市民福祉の増進のために多大なるご尽力を賜りましたことに対し深く敬意を表するとともに、ご健勝にて輝かしい新年をお迎えくださいますよう心からご祈念を申しあげ、お礼のご挨拶といたします。まことにありがとうございました。



○議長(竹本直隆君) 以上をもちまして平成26年長浜市議会第4回定例会を閉会いたします。

 ご苦労さまでした。

    (午前11時03分 閉会)







 会 議 録 署 名 議 員



   議 長   竹 本 直 隆



   議 員   押 谷 與茂嗣



   議 員   鬼 頭 明 男