議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 長浜市

旧長浜市議会 平成12年第3回定例会 09月26日−04号




旧長浜市議会 平成12年第3回定例会 − 09月26日−04号







旧長浜市議会 平成12年第3回定例会



          平成12年長浜市議会第3回定例会会議録

────────────────────────────────────

            平成12年9月26日(火曜日)

────────────────────────────────────

議事日程

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 諸般の報告

 日程第3 議案第83号 平成11年度長浜市歳入歳出決算認定について

      議案第84号 教育委員会の委員の任命について

      議案第85号 教育委員会の委員の任命について

      諮問第3号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて

      市長提出

      一部採決

 日程第4 決算特別委員会の設置および委員の選任について

      委員会付託

 日程第5 議案第70号 決算の認定および利益の処分について

      議案第71号 平成12年度長浜市一般会計補正予算(第3号)

      議案第72号 歴史文化を紹介する観光施設の設置および管理に関する条例の制定について

      議案第73号 長浜市手数料条例の一部改正について

      議案第74号 長浜市慶雲館の設置等に関する条例の一部改正について

      議案第75号 長浜市ホームヘルパー派遣手数料の徴収に関する条例の一部改正について

      議案第76号 長浜市市営住宅の設置および管理に関する条例の一部改正について

      議案第77号 長浜市火災予防条例の一部改正について

      議案第78号 長浜市民運動広場の設置および管理に関する条例の廃止について

      議案第79号 農業共済事業の合併について

      議案第80号 長浜市農業共済条例の廃止について

      議案第81号 字の区域および名称の変更について

      議案第82号 市道路線の廃止および認定について

      議案第83号 平成11年度長浜市歳入歳出決算認定について

      各常任委員長および決算特別委員長報告

      採決

 日程第6 大学誘致推進特別委員会の付託事件の追加と名称変更について

 日程第7 意見書案第1号 道路特定財源の一般財源化阻止と道路事業の推進に関する意見書

      議員提出

────────────────────────────────────

本日の会議に付した事件

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 諸般の報告

 日程第3 議案第83号 平成11年度長浜市歳入歳出決算認定について

      議案第84号 教育委員会の委員の任命について

      議案第85号 教育委員会の委員の任命について

      諮問第3号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて

      市長提出

      一部採決

 日程第4 決算特別委員会の設置および委員の選任について

      委員会付託

 日程第5 議案第70号 決算の認定および利益の処分について

      議案第71号 平成12年度長浜市一般会計補正予算(第3号)

      議案第72号 歴史文化を紹介する観光施設の設置および管理に関する条例の制定について

      議案第73号 長浜市手数料条例の一部改正について

      議案第74号 長浜市慶雲館の設置等に関する条例の一部改正について

      議案第75号 長浜市ホームヘルパー派遣手数料の徴収に関する条例の一部改正について

      議案第76号 長浜市市営住宅の設置および管理に関する条例の一部改正について

      議案第77号 長浜市火災予防条例の一部改正について

      議案第78号 長浜市民運動広場の設置および管理に関する条例の廃止について

      議案第79号 農業共済事業の合併について

      議案第80号 長浜市農業共済条例の廃止について

      議案第81号 字の区域および名称の変更について

      議案第82号 市道路線の廃止および認定について

      議案第83号 平成11年度長浜市歳入歳出決算認定について

      各常任委員長および決算特別委員長報告

      採決

 日程第6 大学誘致推進特別委員会の付託事件の追加と名称変更について

 日程第7 意見書案第1号 道路特定財源の一般財源化阻止と道路事業の推進に関する意見書

      議員提出

 日程追加 議案第86号から議案第89号までについて

────────────────────────────────────

応 招 議 員 ( 22名 )

出 席 議 員 ( 22名 )

  1番 小 林   治 君       2番 藤 田 治 雄 君

  3番 越 石 範 夫 君       4番 青 木 甚 浩 君

  5番 北 川 雅 英 君       6番 押 谷 憲 雄 君

  7番 田 中 伝 造 君       8番 野 崎 幸 子 君

  9番 竹 内 達 夫 君       10番 植 田 徳 男 君

  11番 木 村 三千雄 君       12番 中 辻 光 一 君

  13番 国 友 美 丸 君       14番 押 谷 友 之 君

  15番 藤 田 勝 清 君       16番 中 野 彰 夫 君

  17番 佐 藤 啓太郎 君       18番 植 田   稔 君

  19番 籾 山 一 芳 君       20番 雀 部 高 男 君

  21番 福 島 一 夫 君       22番 林   多恵子 君

────────────────────────────────────

欠 席 議 員 ( 0名 )

────────────────────────────────────

事務局出席職員氏名

 事務局長 角 川 清 高 君     次長   香 水 平 造 君

 次長補佐 山 田 誠 次 君

────────────────────────────────────

説明のため出席した者の職氏名

 市長     川 島 信 也 君   助役     主 馬 益 夫 君

 収入役    湧 口 正 男 君   教育長    金 澤 吉 彦 君

 総務部長   古 山 賢 司 君   総務部理事  漣   藤 寿 君

 総務部理事  脇 阪 茂 彦 君   総務部理事  中 井   博 君

 健康福祉部長 田 辺 正 之 君   環境経済部長 宮 部 嘉津雄 君

 環境経済部理事田 中   宏 君   都市建設部長 勝 居 金 吾 君

 都市建設部理事西 川 洋 治 君   同和対策室長 遠 藤 雄 二 君

 病院事務局長 関   忠 臣 君   病院事務局理事中 川 博 邦 君

 教育部長   吉 田 一 郎 君   消防長    伊 吹 作 士 君

 財務課長   川 崎 節 夫 君   財務課長補佐 北 川 吉 信 君

────────────────────────────────────

    (午前10時00分 開議)



○議長(中野彰夫君) 皆さん、おはようございます。

 定刻にご参集賜りまして、ありがとうございます。

 これより本日の会議を開きます。

────────────────────────────────────



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(中野彰夫君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において10番 植田徳男議員、13番 国友美丸議員を指名いたします。

────────────────────────────────────



△日程第2 諸般の報告



○議長(中野彰夫君) 日程第2、事務局長から諸般の報告をいたします。

 事務局長。



◎事務局長(角川清高君) ご報告いたします。

 市長から今期定例会に提出するため、平成12年9月22日付で議案の追加送付がありましたので、その送付書を朗読いたします。

                            長 財 第 207号

                            平成12年9月22日

長浜市議会議長 中野 彰夫 様

                          長浜市長 川島 信也

  議案の追加送付について

 平成12年長浜市議会第3回定例会に提出するため、次の議案を追加送付します。

 議案第83号 平成11年度長浜市歳入歳出決算認定について

 以上でありますが、同日付長財第208号で平成11年度決算等に関する報告書、平成12年9月14日付長監第45号で監査委員の決算審査意見書があわせて提出されております。これらの議案および関係書類につきましては、先般その写しを議員の皆様方にお届けをいたしております。

 次に、市長から本日付で議案2件および諮問1件の追加送付がありましたので、その送付書を朗読いたします。

                            長 財 第 210号

                            平成12年9月26日

長浜市議会議長 中野 彰夫 様

                          長浜市長 川島 信也

  議案の追加送付について

 平成12年長浜市議会第3回定例会に提出するため、次の議案を追加送付します。

 議案第84号 教育委員会の委員の任命について

 議案第85号 教育委員会の委員の任命について

 次に、

                            長 財 第 211号

                            平成12年9月26日

長浜市議会議長 中野 彰夫 様

                          長浜市長 川島 信也

  諮問の送付について

 平成12年長浜市議会第3回定例会に提出するため、次の諮問を送付します。

 諮問第3号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて

 以上でありますが、これらの議案および諮問の写しにつきましては、議員の皆様方のお手元に配付いたしております。

 次に、議員提出議案1件が提出されましたので、その送付書を朗読いたします。

                            平成12年9月26日

長浜市議会議長 中 野 彰 夫 様

                     提出者 長浜市議会議員

                          中 辻 光 一

                          田 中 伝 造

                          小 林   治

                          青 木 甚 浩

                          植 田 徳 男

                          植 田   稔

                          雀 部 高 男

   議案の提出について

 平成12年長浜市議会第3回定例会において、長浜市議会会議規則第14条の規定により、次の議案を提出します。

                  記

意見書案第1号 道路特定財源の一般財源化阻止と道路事業の推進に関する意見書

 以上でありますが、この議案の写しにつきましても議員の皆様方のお手元に配付いたしております。

 以上でございます。

────────────────────────────────────



△日程第3 議案第83号から議案第85号までおよび諮問第3号について

      (平成11年度長浜市歳入歳出決算認定についてほか3件)

      市長提出

      一部採決



○議長(中野彰夫君) 日程第3、議案第83号から議案第85号までおよび諮問第3号についてを一括議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 市長。



◎市長(川島信也君) (登壇)それでは、本日追加提案いたしました議案につきましてご説明申しあげます。

 議案第83号 平成11年度長浜市歳入歳出決算認定につきましては、平成11年度の一般会計および8つの特別会計の決算について収入役において調整し、監査委員の厳正なる審査を終えましたので、地方自治法の定めに基づき、市議会のご議決を賜らんとするものです。

 なお、詳細につきましては、後ほど収入役からご説明申しあげます。

 議案第84号 教育委員会の委員の任命につきましては、現委員の金澤吉彦氏の任期が満了するため、再び同氏を選任することについて、地方教育行政の組織および運営に関する法律の規定に基づき、市議会のご同意を賜らんとするものであります。

 議案第85号 教育委員会の委員の任命につきましては、昭和63年10月より3期12年の非常に長きにわたり、教育委員としてその重責を担われ本市教育行政に多大なご尽力を賜りました現委員の吉井源長氏が9月30日をもって退任されることに伴い、今般新たに長浜市保多町185番地、大塚陽一氏を選任することについて、地方教育行政の組織および運営に関する法律の規定に基づき、市議会のご同意を賜らんとするものであります。

 大塚氏は、昭和29年に長浜市立東中学校教諭を振り出しに長浜市立東中学校長、滋賀県教育委員会同和教育指導課長等を経られた後、滋賀県総合教育センター所長等を歴任され、その後も滋賀県教育委員会審議委員、滋賀県スポーツ振興事業団理事等の要職をお務めになるなど、教育行政全般にわたり卓越した手腕と豊富な経験をお持ちであり、今後のより一層のご活躍を期待するところであります。

 続きまして、諮問第3号 人権擁護委員の推薦につきましては、現委員の野口アヤ子氏の任期が満了することに伴い、再び同氏を推薦することにつき、人権擁護委員法の規定に基づき、市議会のご同意をお願いするものであります。

 以上、何とぞ慎重なるご審議の上、適正なるご議決を賜りますようよろしくお願いいたします。



○議長(中野彰夫君) 収入役。



◎収入役(湧口正男君) (登壇)議案第83号 平成11年度長浜市一般会計および8特別会計の歳入歳出決算認定に係る案件につきまして、補足説明さしていただきます。

 これから申しあげますのは、白い表紙の平成11年度歳入歳出決算書と黄色い表紙の平成11年度主要な施策の成果および基金の運用状況の調書でもってご説明さしていただきとう存じますので、ご用意願います。

 まず、一般会計からご説明申しあげます。

 決算書の1ページ、2ページとあわせて主要な施策の成果等の調書の9ページをごらんいただきたいと存じます。

 まず、歳入ですが、決算額は決算書1、2ページ最下段の合計に記載のとおり、予算現額290億4,066万898円、調定額288億5,884万5,125円に対し、収入済額は265億7,068万7,045円となり、主要な施策の成果等の9ページ、平成11年度の増減額最下段の合計欄にありますように、前年度に比べまして40億6,457万余円、18.1%の増となりました。

 以下、その主な増減につきましては、引き続き主要な施策の成果等の比較表で申しあげますと、歳入の大宗であります1番市税につきましては、その総額は85億6,108万余円で、前年度に比べ2,520万余円、0.3%の微増となりました。その表には出てございませんが、税目別では市民税は1億2,905万余円、3.7%の減となりましたが、固定資産税、都市計画税等で1億5,426万余円、3.0%の増となったものでございます。

 もとへ戻りますが、その他前年度に比べまして増となりました主なものは、恒久減税の実施に伴う地方税の減収の一部補てんを目的に創設された7番地方特例交付金が2億733万余円、以下普通および特別交付税の高い伸びに伴う8番地方交付税8億4,240万余円並びに12番国庫支出金4億5,750万余円、13番県支出金2億5,537万余円、18番諸収入2億9,744万余円、19番市債におきましては、地域総合整備事業債や臨時経済対策債等の発行による18億3,770万円等でございます。

 次に、決算書2ページの収入未済額についてご説明申しあげます。

 収入未済額は、最下段記載のとおり22億6,546万余円でございますが、これは4ページの歳出欄の西部福祉ステーションや幼稚園施設整備事業等の翌年度繰越額20億1,155万余円の未収入特定財源として17億7,528万余円があり、これを差し引きますと実質は4億9,018万余円となります。その大部分を市税が占めますが、収納率は94.7%でございました。

 次に、決算書3ページ、4ページ、主要な施策の成果等の10ページの歳出についてご説明申しあげます。

 歳出決算額は、決算書3、4ページ最下段合計の予算現額290億4,066万898円に対し、支出済額は260億5,365万8,598円となりましたが、この額は主要な施策の成果等10ページの平成11年度の増減額最下段の合計にありますように、前年度に比べ39億7,019万余円、18.0%の増となりました。

 なお、決算書4ページの記載のとおり、翌年度へ繰り越しました額は13事業で20億1,155万6,069円となった次第でございます。

 以下、主要な施策の成果等の調書により、前年度と比べた各款別の主な増減理由を申しあげますと、まず2番総務費28億6,026万余円の増でございますが、高等教育機関誘致推進のための基金積立、曳山博物館建設事業、市営田村駅東駐車場整備事業等によったものでございます。

 次に、3番民生費6億223万余円の増におきましては、北部福祉ステーション建設、介護保険円滑導入基金積立、少子化対策基金積立等でございます。

 6番農林水産業費1億2,585万余円の増につきましては、田園整備事業等の事業執行によるものです。

 7番商工費6億6,840万余円の増におきましては、慶雲館梅の館整備事業、ふるさと融資貸付事業等により増となりました。

 8番土木費5億6,139万余円の減におきましては、一部補助道路、街路等の整備が完了したことなどに伴うものです。

 9番消防費1億5,762万余円の減におきましては、昨年度ははしごつき消防ポンプ自動車更新等の大型の執行額があったことから、本年度分はその分が減ったことによるものです。

 10番教育費3億5,610万余円の増におきましては、南郷里小学校耐震診断補強整備事業、長浜小学校改築事業、神田幼稚園改築事業、社会体育施設整備事業等により増となりました。

 12番公債費におきましては、1億750万余円の増となっております。

 以上でございますが、もとより平成11年度は新総合計画のスタートの年次として同計画の5つの柱を中心に据え、各事業に取り組んでまいりました。その概要につきましては、主要な施策の成果等の調書の5ページから8ページに、一般会計分として記載をしておりますので、お目通しを願いたいと存じます。

 その結果、歳入歳出差し引き残額につきましては、決算書4ページ欄外に記載のとおり5億1,702万8,447円となり、引き続き黒字決算となったところでございます。

 なお、全体の執行率は89.7%でございますが、翌年度繰越額を差し引きますと96.6%となります。

 次に、決算書15ページの実質収支に関する調書についてご説明申しあげます。

 歳入差引残額から、4番翌年度へ繰り越すべく財源の(1)継続費逓次繰越額と(2)繰越明許費繰越額を差し引いた5番の実質収支額は2億8,075万4,000円となったところでございます。

 続きまして、特別会計についてご説明申しあげます。

 これからは、以下同じパターンになりますが、決算の額等につきましては決算書で、前年度との比較につきましては主要な施策の成果等の調書で表示されている項目をもとにご説明申しあげますので、ご面倒でもよろしくお願いします。

 それでは、まず国民健康保険事業特別会計についてでございますが、決算書16ページから19ページ、主要な施策の成果等70ページをお開きください。歳入決算額ですが、決算書の18ページ、19ページ最下段の合計に記載のとおり、予算現額34億4,370万6,000円、調定額38億7,073万7,944円に対し、収入済額は35億1,228万5,443円となり、前年度に比べまして1億5,757万余円、4.7%の増となりました。その主な増減の内容でございますが、国民健康保険税2,513万余円の増、3番国庫支出金9,643万余円の増、4番療養給付費交付金8,941万余円の増等でございます。

 次に、歳出決算額は決算書20、21ページ最下段の合計に記載のとおり、予算現額34億4,370万6,000円に対し、支出済額は34億2,094万7,500円で、前年度に比べ2億7,949万余円、8.9%の増となりました。その主なものといたしまして、2番保険給付費が1億821万余円の増、3番老人保健拠出金が2億1,790万余円の増、6番基金積立金は9,972万余円の減となったところでございます。

 したがいまして、歳入歳出差引残額は、決算書21ページ欄外に記載のとおり9,133万7,943円となり、引き続き黒字決算となりました。しかしながら、黒字額は大幅に減少しており、高齢化の急速な進展や医療保険制度が抱えている構造的な問題もあり、財政状況は長期的に見て安定しているとは言いがたい状況にございます。

 なお、平成12年度から国保税より国保料への変更など構造改革を行ったところですが、今後とも健康づくり事業の充実を図るなど、本会計の健全な運営に努めてまいりたいと考えております。

 次に、老人保健医療事業特別会計でございますが、決算書23ページ、24ページ、主要な施策の成果等は74ページをごらんください。歳入決算額は、決算書23、24ページ最下段の合計に記載のとおり、予算現額45億6,561万3,000円、調定額43億6,250万2,066円に対し、収入済額は43億6,188万2,066円となり、前年度に比べ3億1,078万余円、7.7%の増となりました。

 歳出決算額は、決算書25、26ページ最下段の合計の予算現額45億6,561万3,000円に対し、支出済額は43億4,763万6,955円となり、前年度に比べ3億2,192万余円、8.0%の増となりました。

 歳入歳出差引残額は、決算書26ページ欄外に記載のとおり1,424万5,111円となり、翌年度に繰り越しましたが、これは平成11年度歳入における支払基金交付金等の概算交付によるもので、平成12年度に精算されるものでございます。

 次に、住宅改修資金等貸付事業特別会計でございますが、決算書28ページ、29ページ、主要な施策の成果等77ページをお開きください。歳入決算額は、決算書28、29ページ、最下段の合計に記載のとおり、予算現額6,300万円、調定額2億7,401万4,584円に対し、収入済額は9,691万3,505円となり、前年度に比べ1,655万余円、14.6%の減となりました。

 また、歳出決算額は、決算書30、31ページ最下段の合計の予算現額6,300万円に対し、支出済額は6,053万8,470円となり、前年度に比べ1,090万余円、15.3%の減となった次第です。

 なお、前年度に引き続き欄外に記載のとおり3,637万5,035円の黒字となりました。今後とも貸付金の収納に努力してまいりたいと存じます。

 次に、公共下水道事業特別会計でございますが、決算書33、34ページ、主要な施策の成果等79ページをお願いします。歳入決算額は、決算書33、34ページ最下段の合計に記載のとおり、予算現額58億1,760万円、調定額56億6,667万4,536円に対し、収入済額は48億4,200万414円となり、前年度に比べ5億4,147万円、12.6%の増となり、歳出決算額は決算書35、36ページ最下段の合計の予算現額58億1,760万円に対し、支出済額は47億9,550万414円となり、前年度に比べ5億3,087万余円、12.4%の増となり、歳入歳出差引残額は、欄外に記載のとおり4,650万円となりました。

 なお、決算書34ページの収入未済額8億2,436万余円の主なものは、36ページ歳出での翌年度繰越額8億6,000万円の未収入特定財源8億1,350万円でございます。

 なお、平成11年度は、管路延長2万1918.66メーター、整備面積130.88ヘクタールの事業執行を行いました結果、年度末では846.51ヘクタールが整備済みとなり進捗率は61.56%となった次第でございます。

 次に、農業集落排水事業特別会計でございますが、決算書38ページ、39ページ、主要な施策の成果等81ページをお開きください。歳入決算額は、決算書38、39ページ最下段の合計に記載のとおり、予算現額2億3,057万8,800円、調定額2億1,666万9,390円に対し、収入済額は2億1,666万9,390円となり、前年度に比べ2億1,685万余円、50.0%の減となりました。

 歳出決算額は、決算書40、41ページ最下段の合計の予算現額2億3,057万8,800円に対し、支出済額は2億1,666万9,390円となり、これも前年度に比べ2億1,685万余円、50.0%の減となっています。いずれも、これは事業計画の最終段階による事業費の減によるものでございます。

 なお、農業集落排水事業は、平成11年度末現在、今処理区、鳥羽上処理区、常喜本庄処理区、泉国友郷処理区、八条処理区、神田処理区および西黒田南処理区の合計7処理区で供用開始しているところでございます。

 次に、東上坂工業団地整備事業特別会計でございますが、決算書43、44ページ、主要な施策の成果等83ページをお開きください。歳入決算額は、決算書43、44ページ最下段の合計に記載のとおり、予算現額1,100万円、調定額631万4,102円に対し、収入済額は631万4,102円となり、また歳出決算額は、45、46ページ最下段の合計の予算現額1,100万円に対し、支出済額は631万4,102円となり、前年度に比べて歳入歳出ともに4,899万余円、88.6%の減となった次第です。引き続き企業立地の促進に努めてまいりたいと存じます。

 次に、地域振興券交付事業特別会計でございますが、決算書48、49ページ、主要な施策の成果等85ページをお願いします。歳入決算額は、決算書48、49ページ最下段の合計に記載のとおり、予算現額3億1,405万円、調定額3億356万5,000円に対し、収入済額は3億356万5,000円となり、歳出決算額は、決算書50、51ページ最下段の合計の予算現額3億1,405万円に対し、支出済額は3億356万5,000円となりました。

 最後に、長浜市・坂田郡の1市4町で共同設置いたしました長浜市坂田郡介護認定審査会運営事業特別会計でございますが、決算書53ページ、54ページ、主要な施策の成果等87ページをお願いします。歳入決算額は、決算書53、54ページ最下段の合計に記載のとおり、予算現額2,500万円、調定額738万3,910円に対し、収入済額は738万3,910円となり、歳出決算額は、決算書55、56ページ最下段の合計の予算現額2,500万円に対し、支出済額は738万3,910円となりました。

 以上、一般会計および特別会計8会計の決算概要について補足説明をいたしましたが、詳細につきましては決算事項別明細書および主要な施策の成果および基金運用状況並びに財産に関する調書をごらんいただきたいと存じます。

 なお、これら決算につきましては、別冊監査意見書のとおり監査委員さんの厳正なご審査を賜り、また年間を通じて監査をいただいているところでございます。今後とも、より一層厳正かつ的確な財務会計事務の執行に努めてまいりたいと存じますので、何とぞよろしくご承認、ご議決賜りますようお願い申しあげまして、補足説明といたします。



○議長(中野彰夫君) ただいま議題となっております議案のうち議案第84号、議案第85号および諮問第3号に対する質疑を行います。

 質疑のあります方は、休憩中に発言通告書をご提出ください。

 暫時休憩いたします。

    (午前10時38分 休憩)

    (午前11時06分 再開)



○議長(中野彰夫君) 休憩前に引き続き再開いたします。

 発言の通告がありませんので、質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第84号、議案第85号および諮問第3号につきましては、いずれも人事案件につき、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中野彰夫君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第84号、議案第85号および諮問第3号については、委員会付託を省略し、直ちに採決することに決しました。

 これより採決をいたします。

 まず、議案第84号について採決いたします。

 議案第84号について、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中野彰夫君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第84号は、原案のとおり同意することに決しました。

 次、議案第85号について採決いたします。

 議案第85号について、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中野彰夫君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第85号は、原案のとおり同意することに決しました。

 次に、諮問第3号について採決をいたします。

 諮問第3号について、原案のとおり可と答申することにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中野彰夫君) ご異議なしと認めます。

 よって諮問第3号は、原案のとおり可と答申することに決しました。

────────────────────────────────────



△日程第4 決算特別委員会の設置および委員の選任について

      委員会付託



○議長(中野彰夫君) 日程第4、決算特別委員会の設置および委員の選任についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案中、議案第83号 平成11年度長浜市歳入歳出決算認定につきましては、9人の委員をもって構成する決算特別委員会を設置し、これに付託の上審査することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中野彰夫君) ご異議なしと認めます。

 よって本件につきましては、9人の委員をもって構成する決算特別委員会を設置し、これに付託の上審査することに決しました。

 お諮りをいたします。

 ただいま設置いたしました決算特別委員会の委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において2番 藤田治雄議員、6番 押谷憲雄議員、7番 田中伝造議員、8番 野崎幸子議員、12番 中辻光一議員、15番 藤田勝清議員、19番 籾山一芳議員、20番 雀部高男議員、22番 林 多恵子議員、以上9人を指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中野彰夫君) ご異議なしと認めます。

 よってただいま指名いたしました方々を決算特別委員に選任することに決しました。

 それでは、これより議案第83号に対する質疑を行います。

 質疑のある方は、休憩中に発言通告書をご提出ください。

 暫時休憩をいたします。

    (午前11時11分 休憩)

    (午前11時11分 再開)



○議長(中野彰夫君) 休憩前に引き続き再開いたします。

 発言の通告がありませんので、質疑なしと認めます。

 それでは、議案第83号につきましては、決算特別委員会に付託いたします。

 休憩中に決算特別委員会をお開きいただき、正・副委員長の互選並びに委員会審査をお願いいたします。互選の結果を本職あてへご報告願います。

 なお、本件の審査結果報告につきましては、日程第5であわせてお願いをいたします。

 それでは、暫時休憩をいたします。

    (午前11時12分 休憩)

    (午前11時29分 再開)



○議長(中野彰夫君) 休憩前に引き続き再開いたします。

 決算特別委員会から正・副委員長互選の結果報告がありましたので、ご報告申しあげます。

 決算特別委員長に15番 藤田勝清議員、同副委員長に20番 雀部高男議員、以上であります。

────────────────────────────────────



△日程第5 議案第70号から議案第83号までについて

      各常任委員長および決算特別委員長報告

      採決



○議長(中野彰夫君) 日程第5、議案第70号から議案第83号までについてを一括議題といたします。

 本件に関し、各常任委員長および決算特別委員長から委員会審査の結果報告を求めます。

 まず、総務教育常任委員長 藤田治雄議員。



◆総務教育常任委員長(藤田治雄君) 平成12年長浜市議会第3回定例会におきまして、総務教育常任委員会にご付託を受けました議案の審査結果をご報告いたします。

 まず、議案第71号 平成12年度長浜市一般会計補正予算(第3号)、第1条第1項歳入歳出予算の総額、第1条第2項のうち歳入の部全部、歳出の部款2総務費、款10教育費につきましては、全員一致可決すべきものと決しました。

 次、議案第73号 長浜市手数料条例の一部改正について、議案第77号 長浜市火災予防条例の一部改正については、いずれも全員一致可決すべきものと決しました。

 次、議案第78号 長浜市民運動広場の設置および管理に関する条例の廃止については、全員一致可決すべきものと決しました。

 次、議案第81号 字の区域および名称の変更については、全員一致可決すべきものと決しました。

 以上、報告を終わります。



○議長(中野彰夫君) ただいまの報告に対して、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中野彰夫君) 質疑なしと認めます。

 次、健康福祉常任委員長 藤田勝清議員。



◆健康福祉常任委員長(藤田勝清君) 平成12年長浜市議会第3回定例会におきまして、健康福祉常任委員会にご付託を受けました議案の審査結果を報告いたします。

 まず、議案第70号 決算の認定および利益の処分についてのうち1、平成11年度長浜市病院事業会計決算につきましては、多数をもって認定すべきものと決しました。

 次に、議案第71号 平成12年度長浜市一般会計補正予算(第3号)につきましては、全員一致をもって可決すべきものと決しました。

 次に、議案第75号 長浜市ホームヘルパー派遣手数料の徴収に関する条例の一部改正につきましては、多数をもって可決すべきものと決しました。

 以上、報告を終わります。



○議長(中野彰夫君) 休憩します。

    (午前11時32分 休憩)

    (午前11時33分 再開)



○議長(中野彰夫君) 再開します。

 健康福祉常任委員長。



◆健康福祉常任委員長(藤田勝清君) ただいま報告の中で一部抜けておりましたので、訂正いたします。

 議案第71号 平成12年度長浜市一般会計補正予算(第3号)、そのうち第1条第2項のうち歳出の部、款3民生費につきましても多数をもって可決すべきものと決しました。

 以上でございます。終わります。

    (「全員一致じゃろう」と呼ぶ者あり)

 済みません、全員一致で可決すべきものと決しました。訂正します。



○議長(中野彰夫君) ただいまの報告に対し、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中野彰夫君) 質疑なしと認めます。

 次に、産業建設常任委員長 中辻光一議員。



◆産業建設常任委員長(中辻光一君) 平成12年長浜市議会第3回定例会におきまして、産業建設常任委員会にご付託を受けました議案の審査結果をご報告いたします。

 まず、議案第70号 決算の認定および利益の処分についてのうち2、平成11年度長浜市農業共済事業会計決算につきましては、全員一致で認定すべきものと決しました。

 次に、議案第71号 平成12年度長浜市一般会計補正予算(第3号)、第1条第2項のうち歳出の部、款6農林水産業費、款7商工費、款8土木費につきましては、全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第72号 歴史文化を紹介する観光施設の設置および管理に関する条例の制定について、議案第74号 長浜市慶雲館の設置等に関する条例の一部改正についておよび議案第76号 長浜市市営住宅の設置および管理に関する条例の一部改正につきましては、いずれも全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第79号 農業共済事業の合併についておよび議案第80号 長浜市農業共済条例の廃止につきましては、いずれも全員一致で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第82号 市道路線の廃止および認定につきましては、全員一致で可決すべきものと決しました。

 以上、報告を終わります。



○議長(中野彰夫君) ただいまの報告に対し、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中野彰夫君) 質疑なしと認めます。

 次に、決算特別委員長 藤田勝清議員。



◆決算特別委員長(藤田勝清君) 平成12年長浜市議会第3回定例会におきまして、決算特別委員会にご付託を受けました議案の審査結果を報告いたします。

 議案第83号 平成11年度長浜市歳入歳出決算認定につきましては、審査が終了していないため、閉会中も継続して審査すべきものと決しました。

 以上、報告を終わります。



○議長(中野彰夫君) ただいまの報告に対し、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中野彰夫君) 質疑なしと認めます。

 これより討論に入ります。

 討論の通告がありますので、これを許します。

 議案第70号、議案第74号、議案第75号、議案第79号および議案第80号に対する討論の通告がありますので、これを許します。

 8番 野崎幸子議員、登壇願います。



◆8番(野崎幸子君) (登壇)議案第70号 決算の認定および利益の処分について、平成11年度長浜市病院事業会計決算について認定することに反対の立場で討論を行います。

 市民が安心して医療が受けられ、そこで働く人々が余裕を持って患者さんと対応できる職場になっているかが問われています。我が党の市議団は、この問題を繰り返し取り上げてきました。人手不足、多忙、疲労などで医療ミスやニアミスが起こらない対策、また医師や看護婦の労働条件の改善などを要求してきました。11年度決算では、職員全体では28人ふえ、そのうち看護婦さんも23人をふやし、一定の改善の努力はされていますが、しかし外来で昨年より7,706人、入院で1,647人もふえており、患者増加に見合う人員配置ができているとは言えません。曜日によっては、いまだに医師、看護婦で昼食もとれないという状態は改善されていないままです。平成11年度の病院事業会計決算が医師、看護婦を初め職員全員の皆さんの並々ならぬ努力により2億7,400万円の純利益となっていますが、働く人の特に医師や看護婦さんの厳しい労働実態の改善が必要です。労働条件の改善は、大病院での医療ミスが報じられている中で、このようなミスを未然に防ぐことにもつながります。病院の使命と言うべき患者本位の医療にしていくためにも、さらなる労働条件の改善が急務です。よって議案第70号 平成11年度長浜市病院事業会計決算の認定に反対することを表明します。

 次に、議案第74号 長浜市慶雲館の設置等に関する条例の一部改正について、慶雲館で行われている盆梅展は、雪の降るこの湖北のまち長浜にとって、あのかぐわしい梅の香りと清楚な花が春を待つ人々の心を慰めてくれます。鉢植えという限られた面積の中で見事に花を咲かせるさまは、お世話をしてくださる人への感謝と梅のたくましい生命力に感激させられます。市民だけでなく京阪神からの観光客もふえ、人気が高まっています。その反面、長引く不況のもとで国民の暮らしは大変厳しい状況に置かれ、たとえ100円の値上げでもこのような時期には控えるべきです。安藤家やボタンの総持寺でも200円から300円という手ごろな値段が市民に気軽に利用されている秘訣ではないでしょうか。公共料金の値上げで春を待つ市民を初め入場者の楽しみを奪うようなことは避けるべきで、よって議案第74号に反対するものです。

 続いて、議案第75号 長浜市ホームヘルパー派遣手数料の徴収に関する条例の一部改正について、介護保険制度が始まって以来さまざまな矛盾が噴出していますが、深刻な問題は利用料が高いため必要なサービスが受けられないお年寄りが続出していることです。その上10月から保険料徴収が始まれば、たとえ当面1年間は半額でも低所得者には二重の打撃となっていることは明らかです。利用料が高いために結局お嫁さんや娘さんが仕事をやめて介護をせざるを得なくなったり、おふろへ入るのを我慢したりという状態が起きているのです。このような状態を改善するのが本筋ではないでしょうか。たとえ少額でもホームヘルパーの手数料を値上げするべきではないと考え、議案第75号に反対です。

 次に、議案第79号 農業共済事業の広域合併、議案第80号 長浜市農業共済条例の廃止について、合併により賦課金負担が5割増しになる農家が出るなど負担がふえるだけで何の利益もなく、農家の意見も聞かないまま合併するなど怒りの声が出ています。合併の真のねらいは、政府が補助金を大幅に削減することと行政が委託されていた事務の取りやめ、市補助金をカットし農家負担にすることにそのねらいがあることは明白です。高齢者が農業を支えている現状から農家の負担をふやすことは許されません。

 よって第75号、第79号、第80号の議案に反対し、私の討論を終わります。



○議長(中野彰夫君) 以上で通告による討論は終わりました。

 これをもって討論を終結いたします。

 これより採決をいたします。

 まず、議案第71号について採決いたします。

 議案第71号について、各常任委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中野彰夫君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第71号は、各常任委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第70号について採決をいたします。

 議案第70号について、健康福祉常任委員長および産業建設常任委員長報告のとおり決することに賛成の方はご起立願います。

    〔賛成者起立〕



○議長(中野彰夫君) ありがとうございます。ご着席ください。

 起立多数であります。

 よって議案第70号は、健康福祉常任委員長および産業建設常任委員長報告のとおり認定されました。

 次、議案第73号、議案第77号、議案第78号および議案第81号について採決いたします。

 議案第73号、議案第77号、議案第78号および議案第81号について、総務教育常任委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中野彰夫君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第73号、議案第77号、議案第78号および議案第81号は、総務教育常任委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第75号について採決いたします。

 議案第75号について、健康福祉常任委員長報告のとおり決することに賛成の方はご起立願います。

    〔賛成者起立〕



○議長(中野彰夫君) ありがとうございました。ご着席ください。

 起立多数であります。

 よって、議案第75号は、健康福祉常任委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第72号について採決いたします。

 議案第72号について、産業建設常任委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中野彰夫君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第72号は、産業建設常任委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第74号について採決いたします。

 議案第74号について、産業建設常任委員長報告のとおり決することに賛成の方はご起立願います。

    〔賛成者起立〕



○議長(中野彰夫君) ありがとうございました。ご着席ください。

 起立多数であります。

 よって議案第74号は、産業建設常任委員長報告のとおり可決されました。

 次、議案第76号について採決いたします。

 議案第76号について、産業建設常任委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中野彰夫君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第76号は、産業建設常任委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第79号について採決いたします。

 議案第79号について、産業建設常任委員長報告のとおり決することに賛成の方はご起立願います。

    〔賛成者起立〕



○議長(中野彰夫君) ありがとうございました。ご着席ください。

 起立多数であります。

 よって議案第79号は、産業建設常任委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第80号について採決いたします。

 議案第80号について、産業建設常任委員長報告のとおり決することに賛成の方はご起立願います。

    〔賛成者起立〕



○議長(中野彰夫君) ありがとうございました。ご着席ください。

 起立多数であります。

 よって議案第80号は、産業建設常任委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第82号について採決いたします。

 議案第82号について、産業建設常任委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中野彰夫君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第82号は、産業建設常任委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第83号について採決いたします。

 議案第83号について、決算特別委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中野彰夫君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第83号は、決算特別委員長報告のとおり継続審査とすることに決しました。

────────────────────────────────────



△日程第6 大学誘致推進特別委員会の付託事件の追加と名称変更について



○議長(中野彰夫君) 日程第6、大学誘致推進特別委員会の付託事件の追加と名称変更についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 本年6月2日に設置いたしました大学誘致推進特別委員会に付託事件として、「大学と提携したバイオ関連企業の誘致集積を図るための周辺施設整備について調査研究を行う」ことを追加するとともに、名称を「大学等誘致推進特別委員会」に変更したいと思います。これにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中野彰夫君) ご異議なしと認めます。

 よって大学誘致推進特別委員会の付託事件の追加と名称変更につきましては可決されました。

────────────────────────────────────



△日程第7 意見書案第1号について(道路特定財源の一般財源化阻止と道路事業の推進に関する意見書)

      議員提出



○議長(中野彰夫君) 日程第7、意見書案第1号を議題といたします。

 これより意見書案第1号について、提案理由の説明を求めます。

 7番 田中伝造議員、登壇願います。



◆7番(田中伝造君) (登壇)それでは、提出いたしました意見書案第1号につきまして、提出者を代表いたしまして議案の説明をいたします。

 なお、案文の朗読をもちまして、提案説明とさせていただきます。

 意見書案第1号

    道路特定財源の一般財源化阻止と道路事業の推進に関する意見書

 今、我が国は、少子高齢化の急速な進行、産業経済構造の急激な変化を経験し、戦後最大の危機に直面しているとも言われています。

 このような状況下にあっても、今後の日本を発展させていくためには、ひと、もの、情報の円滑な交流が一層進むよう配慮していくことが望まれます。

 こういったことから道路は、住民の生活・福祉の向上、経済・文化の交流の推進を図る上で欠くことのできない施設であり、生活や経済・社会活動の多くを道路に依存している地域社会においては、重要な役割を果たす施設であります。

 この中にあって、長浜市は滋賀県の北部に位置し、近畿、東海、北陸の経済圏の接点にあり、湖北地域の中心都市として今日まで栄えてきました。また、北陸自動車道の長浜インターを有するなど、交通の要所として利用も多く、また近年の急激な交通量の増加に伴い、本市を通過する車両も増加の一途をたどっており、市内では交通混雑、遅滞が慢性化し、交通事故の多発など市民の日常生活にも支障を来しており、本来の道路機能は著しく低下しているのが現状であります。

 今冬期においては、積雪による高速道路の通行どめに伴い、一般道路への大型車などの乗り入れが相次ぎ、市内の生活道路はパニック状態となりました。

 このため、本市においては新たな県土を支える拠点都市として広域交通網や地域交通体系の整備が急がれており、活力ある地域社会の形成と安全で快適な市民生活を目指し、「活力に満ちた風格あるまちづくり」に努めております。そのためには、計画的に着実な整備が求められています。

 よって、政府におかれては、地方における道路整備の緊急かつ重要性を深く認識いただき、下記事項について特段の配慮をされるよう強く要望します。

                  記

1、「新道路整備五箇年計画」に基づき、円滑に道路整備を推進していくため、引き続き道路特定財源制度および道路整備特別会計制度を堅持すること。

2、受益者負担の原則により導入された道路特定財源は、道路利用者から徴されたものであり、全額を道路整備に充当し、一般財源化は行わないこと。

3、地域間の連携と交流をさらに強化し、豊かで活力ある地域経済圏を構築するため、第二名神高速道路から市町村道に至る道路網の整備を推進すること。

4、地方の道路財源を確保すること。

 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。

平成12年9月26日

  衆議院議長

  参議院議長

  内閣総理大臣

  大蔵大臣     宛

  建設大臣

  自治大臣

  (滋賀県知事)

                             長浜市議会議長

 以上、議員各位のご賛同をよろしくお願い申しあげます。



○議長(中野彰夫君) ただいまの説明に対し、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中野彰夫君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております意見書案第1号につきましては、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中野彰夫君) ご異議なしと認めます。

 よって意見書案第1号については、委員会付託を省略し、直ちに採決することに決しました。

 これより採決をいたします。

 意見書案第1号について、原案のとおり決することに賛成の方はご起立願います。

    〔賛成者起立〕



○議長(中野彰夫君) ありがとうございました。ご着席ください。

 起立多数であります。

 よって意見書案第1号は、原案のとおり可決されました。

 ただいま議決されました意見書につきましては、本職から国会および関係機関へ提出いたします。

 なお、意見書の中で字句等の整理を要するものにつきましては、議長にご一任ください。

 暫時休憩いたします。

    (午前11時56分 休憩)

    (午後0時05分 再開)



○議長(中野彰夫君) 休憩前に引き続き再開いたします。

 ただいまお手元に配付いたしましたように、市長から追加議案の送付がありました。

 事務局長から送付書を朗読いたします。

 事務局長。



◎事務局長(角川清高君) それでは、朗読いたします。

                            長 財 第 212号

                            平成12年9月26日

長浜市議会議長 中野 彰夫 様

                          長浜市長 川島 信也

  議案の追加送付について

 平成12年長浜市議会第3回定例会に提出するため、次の議案を追加送付します。

 議案第86号 (仮称)湖北農業共済組合設立委員の選任について

 議案第87号 (仮称)湖北農業共済組合設立委員の選任について

 議案第88号 (仮称)湖北農業共済組合設立委員の選任について

 議案第89号 (仮称)湖北農業共済組合設立委員の選任について

 以上でございます。



○議長(中野彰夫君) お諮りいたします。

 ただいま市長から提案のありました議案第86号から議案第89号までにつきましては、この際日程に追加し、議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中野彰夫君) ご異議なしと認めます。

 よってこの際、議案第86号から議案第89号までについてを日程に追加し、議題とすることに決しました。

    〔7番 田中伝造議員退席〕

────────────────────────────────────



△日程追加 議案第86号から議案第89号までについて



○議長(中野彰夫君) 議案第86号から議案第89号までについてを一括議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 市長。

    〔8番 野崎幸子議員、9番 竹内達夫議員退席〕



◎市長(川島信也君) (登壇)それでは、ただいま追加提案いたしました議案につきましてご説明申しあげます。

 議案第86号、議案第87号、議案第88号、議案第89号につきましては、いずれも先ほどご議決を賜りました農業共済事業の合併に関連し、農業災害補償法の規定による(仮称)湖北農業共済組合設立委員の選任につきまして、議会のご議決をお願いするものであります。

 まず、議案第86号につきましては長浜市七条町472番地、井関英隆氏を、議案第87号につきましては長浜市祗園町446番地、前川重雄氏を、議案第88号につきましては長浜市地福寺町6番34号、辻野久男氏を、議案第89号につきましては長浜市常喜町543番地、田中傳造氏を、それぞれ(仮称)湖北農業共済組合設立委員に選任することにつきまして、市議会のご議決をお願いするものであります。

 以上、何とぞ慎重なるご審議の上、適正なるご議決を賜りますようよろしくお願いいたします。



○議長(中野彰夫君) ただいま提案のありました議案第86号から議案第89号までに対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中野彰夫君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第86号から議案第89号までにつきましては、いずれも人事案件につき、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中野彰夫君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第86号から議案第89号までにつきましては、委員会付託を省略し、直ちに採決することに決しました。

 これより採決をいたします。

 議案第89号について採決をいたします。

 議案第89号について、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中野彰夫君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第89号は、原案のとおり同意することに決しました。

    〔7番 田中伝造議員入場〕



○議長(中野彰夫君) 次に、議案第86号について採決いたします。

 議案第86号について、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中野彰夫君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第86号は、原案のとおり同意することに決しました。

 次に、議案第87号について採決をいたします。

 議案第87号について、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中野彰夫君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第87号は、原案のとおり同意することに決しました。

 次に、議案第88号について採決をいたします。

 議案第88号について、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中野彰夫君) ご異議なしと認めます。

 よって議案第88号は、原案のとおり同意することに決しました。

    〔8番 野崎幸子議員、9番 竹内達夫議員入場〕



○議長(中野彰夫君) 本日の日程は、これをもって全部終了いたしました。

 市長。



◎市長(川島信也君) (登壇)平成12年長浜市議会第3回定例会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申しあげます。

 去る9月7日に開会されました定例市議会におきましては、一般会計補正予算を初めとする諸議案につきまして、議員の皆様には慎重なご審議をいただきまことにありがとうございました。

 この間の議案審議で賜りました貴重なご意見につきましては、十分に拝聴し、今後適正な執行に留意し、市政の運営に努めてまいりたいと考えておりますので、今後とも格段のご支援、ご協力をお願い申しあげます。

 最後になりましたが、議員の皆様方におかれましてはご自愛いただき、今後もますますご健勝にてご活躍いただきますよう心より祈念いたしまして、簡単ではございますが、閉会に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。



○議長(中野彰夫君) 以上をもちまして、平成12年長浜市議会第3回定例会を閉会いたします。

 ご苦労さんでございました。

    (午後0時14分 閉会)







 会 議 録 署 名 議 員



   議 長   中 野 彰 夫



   議 員   植 田 徳 男



   議 員   国 友 美 丸