議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 長浜市

旧長浜市議会 平成12年第3回定例会 09月07日−01号




旧長浜市議会 平成12年第3回定例会 − 09月07日−01号







旧長浜市議会 平成12年第3回定例会



          平成12年長浜市議会第3回定例会会議録

────────────────────────────────────

            平成12年9月7日(木曜日)

────────────────────────────────────

議事日程

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 会期の決定

 日程第3 諸般の報告

 日程第4 議案第70号 決算の認定および利益の処分について

      議案第71号 平成12年度長浜市一般会計補正予算(第3号)

      議案第72号 歴史文化を紹介する観光施設の設置および管理に関する条例の制定について

      議案第73号 長浜市手数料条例の一部改正について

      議案第74号 長浜市慶雲館の設置等に関する条例の一部改正について

      議案第75号 長浜市ホームヘルパー派遣手数料の徴収に関する条例の一部改正について

      議案第76号 長浜市市営住宅の設置および管理に関する条例の一部改正について

      議案第77号 長浜市火災予防条例の一部改正について

      議案第78号 長浜市民運動広場の設置および管理に関する条例の廃止について

      議案第79号 農業共済事業の合併について

      議案第80号 長浜市農業共済条例の廃止について

      議案第81号 字の区域および名称の変更について

      議案第82号 市道路線の廃止および認定について

      市長提出

────────────────────────────────────

本日の会議に付した事件

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 会期の決定

 日程第3 諸般の報告

 日程第4 議案第70号 決算の認定および利益の処分について

      議案第71号 平成12年度長浜市一般会計補正予算(第3号)

      議案第72号 歴史文化を紹介する観光施設の設置および管理に関する条例の制定について

      議案第73号 長浜市手数料条例の一部改正について

      議案第74号 長浜市慶雲館の設置等に関する条例の一部改正について

      議案第75号 長浜市ホームヘルパー派遣手数料の徴収に関する条例の一部改正について

      議案第76号 長浜市市営住宅の設置および管理に関する条例の一部改正について

      議案第77号 長浜市火災予防条例の一部改正について

      議案第78号 長浜市民運動広場の設置および管理に関する条例の廃止について

      議案第79号 農業共済事業の合併について

      議案第80号 長浜市農業共済条例の廃止について

      議案第81号 字の区域および名称の変更について

      議案第82号 市道路線の廃止および認定について

      市長提出

────────────────────────────────────

応 招 議 員 ( 22名 )

出 席 議 員 ( 22名 )

  1番 小 林   治 君       2番 藤 田 治 雄 君

  3番 越 石 範 夫 君       4番 青 木 甚 浩 君

  5番 北 川 雅 英 君       6番 押 谷 憲 雄 君

  7番 田 中 伝 造 君       8番 野 崎 幸 子 君

  9番 竹 内 達 夫 君       10番 植 田 徳 男 君

  11番 木 村 三千雄 君       12番 中 辻 光 一 君

  13番 国 友 美 丸 君       14番 押 谷 友 之 君

  15番 藤 田 勝 清 君       16番 中 野 彰 夫 君

  17番 佐 藤 啓太郎 君       18番 植 田   稔 君

  19番 籾 山 一 芳 君       20番 雀 部 高 男 君

  21番 福 島 一 夫 君       22番 林   多恵子 君

────────────────────────────────────

欠 席 議 員 ( 0名 )

────────────────────────────────────

事務局出席職員氏名

 事務局長 角 川 清 高 君     次長   香 水 平 造 君

 次長補佐 山 田 誠 次 君

────────────────────────────────────

説明のため出席した者の職氏名

 市長     川 島 信 也 君   助役     主 馬 益 夫 君

 収入役    湧 口 正 男 君   教育長    金 澤 吉 彦 君

 総務部長   古 山 賢 司 君   総務部理事  漣   藤 寿 君

 総務部理事  脇 阪 茂 彦 君   総務部理事  中 井   博 君

 健康福祉部長 田 辺 正 之 君   環境経済部長 宮 部 嘉津雄 君

 環境経済部理事田 中   宏 君   都市建設部長 勝 居 金 吾 君

 都市建設部理事西 川 洋 治 君   同和対策室長 遠 藤 雄 二 君

 病院事務局長 関   忠 臣 君   病院事務局理事中 川 博 邦 君

 教育部長   吉 田 一 郎 君   消防長    伊 吹 作 士 君

 財務課長   川 崎 節 夫 君   財務課長補佐 北 川 吉 信 君

────────────────────────────────────

    (午前10時00分 開会)



○議長(中野彰夫君) 皆さん、おはようございます。

 定刻にご参集いただきましてありがとうございます。

 これより平成12年長浜市議会第3回定例会を開催いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

────────────────────────────────────



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(中野彰夫君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において10番 植田徳男議員、13番 国友美丸議員を指名いたします。

────────────────────────────────────



△日程第2 会期の決定



○議長(中野彰夫君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 今期定例会の会期につきましては、去る9月4日開催の議会運営委員会におきまして、既にお手元に配付いたしました会期予定表のとおり協議を賜りました。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、本日から9月26日までの20日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中野彰夫君) ご異議なしと認めます。

 よって会期は20日間と決定いたしました。

────────────────────────────────────



△日程第3 諸般の報告



○議長(中野彰夫君) 日程第3、事務局長から諸般の報告をいたします。

 事務局長。



◎事務局長(角川清高君) ご報告いたします。

 まず、市長から今期定例会に提出するため議案13件の送付がありましたので、その送付書を朗読いたします。

                            長 財 第 182号

                            平成12年9月4日

長浜市議会議長 中野 彰夫 様

                          長浜市長 川島 信也

  議案の送付について

 平成12年長浜市議会第3回定例会に提出するため、次の議案を送付します。

 議案第70号 決算の認定および利益の処分について

 議案第71号 平成12年度長浜市一般会計補正予算(第3号)

 議案第72号 歴史文化を紹介する観光施設の設置および管理に関する条例の制定について

 議案第73号 長浜市手数料条例の一部改正について

 議案第74号 長浜市慶雲館の設置等に関する条例の一部改正について

 議案第75号 長浜市ホームヘルパー派遣手数料の徴収に関する条例の一部改正について

 議案第76号 長浜市市営住宅の設置および管理に関する条例の一部改正について

 議案第77号 長浜市火災予防条例の一部改正について

 議案第78号 長浜市民運動広場の設置および管理に関する条例の廃止について

 議案第79号 農業共済事業の合併について

 議案第80号 長浜市農業共済条例の廃止について

 議案第81号 字の区域および名称の変更について

 議案第82号 市道路線の廃止および認定について

 以上が送付を受けました議案でありますが、同日付、長財第184号で予算に関する説明書もあわせて提出されております。

 次に、平成12年9月4日付、長財第183号で、平成11年度長浜市病院事業会計および長浜市農業共済事業会計の各決算書、事業報告書、その他決算に関する附属書類並びに監査委員の決算審査意見書があわせて提出をされております。

 次に、平成12年9月4日付、長財第185号で、平成11年度湖北開発事業団の決算について、また同日付、長財第186号で、長浜市土地開発公社、財団法人長浜文化スポーツ振興事業団、長浜地方卸売市場株式会社、長浜地域整備株式会社および財団法人長浜曳山文化協会の平成11年度事業報告書並びに決算報告書が、地方自治法の規定によりましてそれぞれ提出をされております。これら関係書類につきましては、先般その写しを議員の皆様方にお届けをいたしております。

 次に、監査委員から、地方自治法の定めにより去る6月6日、7月7日および8月7日に実施されました定期監査報告書、5月26日、6月26日および7月26日に実施されました例月現金出納検査報告書、7月7日に実施されました財政援助団体監査報告書がそれぞれ提出され、事務局に保管をいたしております。

 以上でございます。

────────────────────────────────────



△日程第4 議案第70号から議案第82号までについて

      (決算の認定および利益の処分についてほか12件)

      市長提出



○議長(中野彰夫君) 日程第4、議案第70号から議案第82号までを一括議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 市長。



◎市長(川島信也君) (登壇)本日ここに平成12年長浜市議会第3回定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様方には公私極めてご繁多の中ご参集賜り、厚くお礼申しあげます。

 さて、去る9月1日は防災の日でありましたが、本市における防災体制の根幹をなす自主防災組織づくりの成果、あるいはさきの阪神・淡路大震災を教訓とし、行政の最重点課題としてソフト、ハード両面より整備を進めてまいりました諸施策の成果を確認すべく、8月27日に第5回目となります地域総合防災訓練を北郷里小学校グラウンドにおいて実施いたしました。

 当日は、早朝より地元自治会の皆さんを初め、消防団、地区連合婦人会、日赤奉仕団、長浜市・坂田郡医師会、自衛隊のほか、電気、ガス、電話、水道等のライフライン関係者、さらには相互応援協定を締結いたしております福井県鯖江市並びに彦根市の応援もいただき、約1,500人の皆さんの参加のもと、真剣かつ熱心に訓練に取り組んでいただいたところであります。

 当日ご参加いただきました議長様を初め、関係議員の皆様あるいは関係団体、地域の皆さん方には訓練実施につきまして多大なご尽力を賜り、厚くお礼申しあげます。

 さきの震災以降、はや5年半余りが経過いたしましたが、この間、関係の皆さん方の熱心な取り組み、あるいは行政の最重点課題として取り組みを続けてまいりました成果が、着実なものとなってきていることを強く感じるとともに、今後におきましても自主防災組織活動への支援、防災意識の高揚、さらには防災基盤の充実等に引き続き積極的に取り組んでまいりますので、議員各位におかれましても、よろしくご協力賜りますようお願いいたします。

 それでは、本日ご提案申しあげました議案についてその概要をご説明申しあげます。

 議案第70号 決算の認定および利益の処分につきましては、平成11年度長浜市病院事業会計および長浜市農業共済事業会計の決算について、監査委員の厳正なる審査を終えましたので、地方公営企業法の定めに基づき市議会のご議決を賜らんとするものであります。

 なお、詳細につきましては、後ほど収入役からご説明申しあげます。

 議案第71号 平成12年度長浜市一般会計補正予算(第3号)につきましては、補正総額2億9,100万余円であります。

 その主な内容をご説明申しあげます。

 総務費につきましては、本年5月に成立いたしました「高齢者、身体障害者等の公共交通機関を利用した移動円滑化促進法」、いわゆる交通バリアフリー法や、「長浜市障害者や高齢者に優しいまちづくり計画」等の趣旨にのっとり、長浜駅の改修を進めるに当たり、その基本的な計画を策定するための予算措置および(仮称)長浜国際バイオ技術総合大学の早期実現の推進を目的に、去る7月30日に創立いただきました大学設立推進会議の事業実施に係る予算化であります。

 民生費につきましては、現在5カ所設置いたしております地域型の在宅介護支援センターの連絡支援体制を強化するため、これらすべてを包括する基幹型在宅支援センターを、国、県等の指導、支援に基づき設置するための追加補正並びに本年4月よりスタートいたしました介護保険制度におけるサービスの利用者とサービス提供事業者の橋渡し役となり、利用者の不満や不安の解消を図るとともに、介護サービス提供者の質的な向上を図ることを目的に、介護相談員を設置するための予算措置であります。

 農林水産業費につきましては、水田における麦、大豆の生産改善対策として、県の実施要綱が制定されたことに伴います追加補正であります。

 商工費につきましては、慶雲館の庭園内の茶室が相当な老朽化を来しておりますことから、これを修復するための予算措置であります。

 土木費につきましては、市民の皆さんの身近な生活基盤であります市道路線や、河川の維持修繕および現在新設改良を進めております3市道路線について国庫補助の増額内示を受けたことに伴う追加補正並びに長浜東ロータリークラブより、同クラブの創立25周年を記念し、緑化推進にと賜りましたとうとい浄財につきまして、有効に活用させていただくための予算措置であります。

 教育費につきましては、小学校において英語を通じたコミュニケーション能力を身につけ、国際感覚をはぐくみ、国際理解と国際化に対応する能力を培うための予算措置および道路事業に関連し、長浜西中学校内の施設改修を行うための増額補正並びに来年度市内全幼稚園において実施いたします3歳児保育に係る準備経費の予算化であります。

 また、青少年の健全育成にと市内八幡中山町365番地、横浜タイヤ滋賀販売株式会社代表取締役塚田益司氏より賜りましたとうとい浄財を有効に活用させていただくための追加補正および県の道路事業に関連し、市民運動広場のフェンス等の改修工事に伴う予算措置であります。

 これらの財源といたしましては、特定財源として国庫支出金、県支出金、寄附金、諸収入を充て、一般財源としましては前年度繰越金並びに財産収入を充てることによりまして、収支の均衡を図っております。

 議案第72号 歴史文化を紹介する観光施設の設置および管理に関する条例の制定につきましては、長浜鉄道文化館の開館を契機に、既存の旧長浜駅舎や北国街道安藤家も含め、地域の歴史、文化を紹介する観光施設について所要の条例整備を行うものであります。

 議案第73号 長浜市手数料条例の一部改正につきましては、建築基準法施行令の一部改正に伴う所要の条例改正であります。

 議案第74号 長浜市慶雲館の設置等に関する条例の一部改正につきましては、慶雲館、梅の館の供用開始に伴う所要の条例改正であります。

 議案第75号 長浜市ホームヘルパー派遣手数料の徴収に関する条例の一部改正につきましては、国の運営要綱制定に伴う所要の条例改正であります。

 議案第76号 長浜市市営住宅の設置および管理に関する条例の一部改正につきましては、公営住宅法施行令の一部改正に伴う所要の条例改正であります。

 議案第77号 長浜市火災予防条例の一部改正につきましては、建築基準の性能規定化等を行う建築基準法施行令等の一部改正に伴う所要の条例改正であります。

 議案第78号 長浜市民運動広場の設置および管理に関する条例の廃止につきましては、同広場に財団法人長浜文化スポーツ振興事業団が、屋根付多目的運動広場を建設し、今般これを供用開始するに当たり、隣接の屋外施設もあわせて一体的、効果的な活用を図るため、同事業団の管理施設とすることに伴う条例廃止であります。

 議案第79号 農業共済事業の合併についておよび議案第80号 長浜市農業共済条例の廃止につきましては、いずれも農業共済事業の効果的な制度運営と一層の発展を期するため、今般、国、県の指導方針に基づき、長浜市、米原町、近江町、山東農業共済組合、東浅井農業共済組合および伊香郡農業共済組合が合併の運びとなったことに伴い、ご議決を賜らんとするものであります。

 議案第81号 字の区域および名称の変更につきましては、土地改良事業の進捗に伴い、地方自治法の規定に基づき議会のご議決をお願いするものであります。

 議案第82号 市道路線の廃止および認定につきましては、3路線の廃止と34路線の認定につきまして、道路法の規定に基づき市議会のご議決を賜らんとするものであります。

 以上、本日ご提案いたしました議案の概要についてご説明申しあげました。何とぞ慎重なるご審議の上、ご議決を賜りますようよろしくお願いいたします。



○議長(中野彰夫君) 収入役。



◎収入役(湧口正男君) (登壇)議案第70号 決算の認定および利益の処分につきまして補足説明いたします。

 まず、平成11年度長浜市病院事業会計決算についてご説明申しあげます。

 お手元の病院事業会計決算書の1ページおよび2ページをお開き願います。

 まず、収益的収入および支出につきましては、収入決算額が117億6,676万1,056円、支出決算額は114億7,818万6,638円となりました。

 次に、3ページおよび4ページの資本的収入および支出でございますが、収入におきましては、療養型病床群病棟新築、MR内視鏡施設増築工事等の設計委託料の財源であります企業債並びに企業債元金償還に伴う繰出金として受けた一般会計出資金等により、決算額は2億2,964万4,000円となり、支出につきましては、同工事の設計委託料、職員駐車場の整備、文化財発掘調査委託料などの建設工事費と、決算書の25ページに記載しております最新医療機器等の固定資産購入費の支出により、決算額は6億5,289万3,498円となり、収支状況は3ページ下段、欄外に記載のとおり、資本的収入が資本的支出額に対し不足する額4億2,324万9,498円を損益勘定留保資金で補てんしました。

 続いて、5ページの損益計算書でございます。まず、1番の医業収益の合計は107億9,489万6,669円であり、これに対します2の医業費用の合計が105億6,960万9,883円となり、この結果、医業利益が2億2,528万6,786円となりました。

 次に、3の医業外収益は9億4,245万8,362円で、これに対します4の医業外費用は8億9,283万7,140円となり、差し引き医業外利益が4,962万1,222円となりました。

 この結果、当年度は2億7,490万8,008円の純利益を計上することができました。これに前年度繰越利益剰余金9,604万1,094円を加え、当年度未処分利益剰余金は3億7,094万9,102円となった次第でございます。

 この当年度未処分利益剰余金につきましては、8ページをお開き願いたいと存じますが、(案)といたしまして記載しておりますとおり、地方公営企業法第32条第1項の規定によりまして、減債積立金として1,500万円を積み立て、さらに任意の建設改良積立金として1億5,000万円を積み立て、残りました金額2億594万9,102円を翌年度へ繰り越しさせていただきたく、よろしくお願い申しあげます。

 その他貸借対照表並びに剰余金計算書等の財務諸表を作成いたしておりますので、ごらんいただきたいと存じます。

 なお、19ページをお開き願いたいと存じますが、未収金明細書がございまして、未収金17億4,824万8,163円につきましては、平成12年8月末現在で個人の部5,542万余円を残し、すべて収納いたしたおります。

 また、20ページの未払金6億6,274万3,756円につきましては、すべて支払い済みでございます。

 次に、21ページの事業報告書で運営の状況を説明しておりますが、少子化並びに高齢化の進展と相まって、医療技術の高度化、専門化に伴い、医療ニーズの多様化が一段と要求されるなど、病院を取り巻く環境は全国自治体病院の約半数以上が赤字経営になるという極めて厳しい状況の中ではありますが、当院におきましては、多様化する医療需要に則した医療の供給、薬品、診療材料等の適正な在庫管理によりますところの効率的な購入を図るとともに、最新医療機器等の充実による医療水準の向上に努力をいたした次第でございます。

 この結果、経常収支でございますが、32ページの方をお開き願いたいと存じます。この表の中でございますように、経常収支の中から収入につきましては、入院収益が63億603万3,000円でございまして、前年度と比較して2.1%の増。外来収益が41億7,462万4,000円で、同じく5.5%の増となり、収入の合計は117億3,735万5,000円で、同じく3.3%の増となった次第でございます。

 支出につきましては、給与費が47億3,669万円で、前年度に比べ1.9%の増、それから材料費が36億8,702万5,000円と、同じく4.5%増など、最下欄のとおり、支出の合計は114億6,244万7,000円で、同じく2.9%の増となった次第です。

 以上、平成11年度長浜市病院事業会計決算の概要をご説明いたしましたが、今後とも健全経営に全力を尽くすとともに、地域医師会を初め開放型病室の登録医さんでありますとか、診療所の方々との連携を図りながら、地域医療の確保と医療水準の向上のため、職員が一丸となって努力していく所存でございますので、よろしくお願い申しあげます。

 次に、別冊の長浜市農業共済事業決算書をお開き願いたいと存じます。

 まず、決算書の1ページでございますが、収入の下段に決算額の総合計欄がございまして、収入総額は3,779万6,366円でございます。

 次に、2ページの下段の決算額の総合計、これが支出でございまして、これが3,086万2,547円と相なりました。

 次に、3ページの損益計算書をお開き願いたいと存じますが、右端の総合計欄をごらんください。区分1の共済掛金以下業務雑収入までの事業収益合計は3,768万3,762円、それから区分2の保険料以下負担金までの事業費用合計は3,086万2,547円、この結果、事業利益が682万1,215円となりました。

 次に、区分3の事業外収益合計が11万2,604円となりましたが、これは事業外費用がなかったことによります。

 この結果、最下段に記載のとおり、収益、費用を差し引き693万3,819円が当年度純利益となったところでございます。

 これの処分につきましては、4ページの中ほどに4の剰余金処分計算書(案)のそれぞれ共済勘定ごとの積立金配分のとおりとさしていただきたく存じますが、その内訳といたしましては、以下当期の欄をごらんいただきたいと存じますが、法定積立金としましては、5ページの畑作物では2万8,467円、園芸施設では1万8,121円および特別積立金としましては、4ページの農作物では水稲、麦合わせました額として684万644円、5ページの畑作物では2万8,467円、園芸施設では1万8,120円をそれぞれ積み立てさせていただきたく、よろしくお願い申しあげます。

 なお、平成11年度は共済事故が少なく、水稲共済以外に共済金の支払いはございませんでした。

 以上、両会計につきまして補足説明をいたしましたが、いずれも監査委員さんの厳正な審査を経ておる次第でございます。何とぞよろしくご審議を賜り、ご承認および適切なご意見をお願い申しあげます。



○議長(中野彰夫君) 本日の日程はこれをもって全部終了いたしました。

 お諮りをいたします。

 明8日から17日までの10日間は議案熟読のため休会いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中野彰夫君) ご異議なしと認めます。

 よって明8日から17日までの10日間は休会することに決しました。

 なお、18日の会議は午前10時に再開いたしまして、上程議案に対する質疑および一般質問を行います。

 なお、発言通告書は内容を詳細かつ具体的に記入の上、12日正午までに事務局へご提出ください。

 本日はこれをもって散会いたします。

 ご苦労さまでございました。

    (午前10時30分 散会)







 会 議 録 署 名 議 員



   議 長   中 野 彰 夫



   議 員   植 田 徳 男



   議 員   国 友 美 丸