議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 大津市

平成25年 9月通常会議−09月02日-18号




平成25年 9月通常会議

           大津市議会9月通常会議会議録(第18号)
                              平成25年9月2日(月曜日)
────────────────────────────────────────────────
議事日程
 1 会議録署名議員の指名
 2 諸般の報告
 3 議案第132号から議案第175号まで(市長提案説明)
────────────────────────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 1 会議録署名議員の指名
 2 諸般の報告
 3 議案第132号から議案第175号まで(市長提案説明)
────────────────────────────────────────────────
会議に出席した議員(38人)
   1番    桐  田  真  人 議員      2番    八  田  憲  児 議員
   3番    近  藤  眞  弘 議員      4番    伊  藤     茂 議員
   5番    岸  本  典  子 議員      6番    黄 野 瀬  明  子 議員
   7番    伴     孝  昭 議員      8番    中  野  治  郎 議員
   9番    津  田  新  三 議員      10番    古 尾 谷  雅  博 議員
   11番    藤  井  哲  也 議員      12番    谷     祐  治 議員
   13番    山  本  哲  平 議員      14番    河  井  昭  成 議員
   15番    石  黒  賀 津 子 議員      16番    杉  浦  智  子 議員
   17番    竹  内  基  二 議員      18番    鷲  見  達  夫 議員
   19番    青  山  三 四 郎 議員      20番    園  田     寛 議員
   21番    清  水  ひ と み 議員      22番    佐  藤     弘 議員
   23番    濱  奥  修  利 議員      24番    杉  山  泰  子 議員
   25番    佐 々 木  松  一 議員      26番    塚  本  正  弘 議員
   27番    横  田  好  雄 議員      28番    北  村  正  二 議員
   29番    武  田  平  吾 議員      30番    竹  内  照  夫 議員
   31番    泉     恒  彦 議員      32番    仲  野  弘  子 議員
   33番    藤  井  重  美 議員      34番    高  橋  健  二 議員
   35番    礒  田  英  清 議員      36番    奥  村     功 議員
   37番    草  川     肇 議員      38番    船  本     力 議員
────────────────────────────────────────────────
会議に欠席した議員(0人)
────────────────────────────────────────────────
議場に出席した事務局職員
                 北   川   義   治      議会事務局長
                 山   田   純   也      議会事務局次長(議事調査課長)
                 清   水   克   士      議会総務課長
                 伊   谷   悦   子      速記
────────────────────────────────────────────────
会議に出席した説明員
                 越       直   美      市長
                 茂   呂       治      副市長
                 笠   松   拓   史      副市長
                 伊   藤   康   行      技術統括監
                 大   西   政   章      政策調整部長
                 結   城   慶   一      総務部長
                 野   村   茂   年      市民部長
                 鷲   見   徳   彦      福祉子ども部長
                 沖   野   行   英      健康保険部長
                 井   上       敏      産業観光部長
                 橋   本   光 太 郎      環境部長
                 川   端   二   郎      都市計画部長
                 井   上   善   治      建設部長
                 中   川       弘      会計管理者
                 片   岡   慶   正      市民病院長(ケアセンターおおつ所長)
                 山   本   博   志      公営企業管理者
                 富   田       眞      教育長
                 丸   山   忠   司      消防局長
────────────────────────────────────────────────
                    午前10時00分 開議
○高橋健二 議長  ただいまから平成25年9月市議会通常会議を開きます。
 今通常会議の審議期間は、本日から10月9日までの38日間といたします。
   ──────────────────────────────────────────
△会議録署名議員の指名
○高橋健二 議長  日程第1、本日の会議録署名議員の指名を行います。
 9番津田新三議員、29番武田平吾議員を指名いたします。
   ──────────────────────────────────────────
△諸般の報告
○高橋健二 議長  日程第2、諸般の報告をいたします。
 防災対策特別委員会から、委員長の互選の結果について議長の手元まで届け出がありましたので、御報告いたします。
 防災対策特別委員会委員長
  青山三四郎議員
 また、委員会条例第8条第3項の規定により、
 予算決算常任委員会委員長
  仲野 弘子議員
 以上のとおりであります。
 次に、市長から、平成24年度の大津市の一般会計及び特別会計の決算に基づく健全化判断比率並びに公営企業の決算に基づく資金不足比率について、平成24年度の大津市土地開発公社、一般財団法人大津市勤労者互助会及び公益財団法人大津市公園緑地協会の決算書並びに専決処分の報告が議会に提出されました。
 その写しは、それぞれお手元に配付しておきましたので、御了承願います。
   ──────────────────────────────────────────
△議案第132号から議案第175号まで(市長提案説明)
○高橋健二 議長  日程第3、議案第132号から議案第175号までを一括議題といたします。
   ──────────────────────────────────────────
                                       大 総 総 第 87 号
                                       平成25年9月2日
  大津市議会議長
     高  橋  健  二  様
                               大津市長 越     直  美
                  議 案 の 提 出 に つ い て
平成25年9月2日に開催される市議会本会議に次の議案を提出します。
                        記
 議案第132号 平成25年度大津市一般会計補正予算(第7号)
 議案第133号 平成25年度大津市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)
 議案第134号 平成25年度大津市駐車場事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第135号 平成25年度大津市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)
 議案第136号 平成25年度大津市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第137号 平成24年度大津市一般会計の決算の認定について
 議案第138号 平成24年度大津市国民健康保険事業特別会計の決算の認定について
 議案第139号 平成24年度大津市農業集落排水事業特別会計の決算の認定について
 議案第140号 平成24年度大津市卸売市場事業特別会計の決算の認定について
 議案第141号 平成24年度大津市財産区特別会計の決算の認定について
 議案第142号 平成24年度大津市駐車場事業特別会計の決算の認定について
 議案第143号 平成24年度大津市介護保険事業特別会計の決算の認定について
 議案第144号 平成24年度大津市堅田駅西口土地区画整理事業特別会計の決算の認定について
 議案第145号 平成24年度大津市後期高齢者医療事業特別会計の決算の認定について
 議案第146号 平成24年度大津市母子寡婦福祉資金貸付事業特別会計の決算の認定について
 議案第147号 平成24年度大津市水道事業会計の決算の認定について
 議案第148号 平成24年度大津市下水道事業会計の決算の認定について
 議案第149号 平成24年度大津市ガス事業会計の決算の認定について
 議案第150号 平成24年度大津市病院事業会計の決算の認定について
 議案第151号 平成24年度大津市介護老人保健施設事業会計の決算の認定について
 議案第152号 平成24年度大津市ガス事業会計の未処分利益剰余金の処分について
 議案第153号 平成24年度大津市病院事業会計の資本剰余金の処分について
 議案第154号 平成24年度大津市介護老人保健施設事業会計の資本剰余金の処分について
 議案第155号 大津市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第156号 大津市廃棄物の処理及び再利用の促進並びに環境の美化に関する条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第157号 大津市障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく指定障害福祉サービスの事業等の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第158号 大津市サイクリングターミナル条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第159号 大津市自転車駐車場条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第160号 大津市自動車駐車場条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第161号 大津市水道事業給水条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第162号 大津市火災予防条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第163号 工事請負契約の締結について((仮称)北部地域総合消防防災センター建設工事)
 議案第164号 工事請負契約の締結について((仮称)北部地域総合消防防災センター建設電気設備工事)
 議案第165号 工事請負契約の締結について((仮称)北部地域総合消防防災センター建設機械設備工事)
 議案第166号 工事請負契約の締結について(長等小学校大規模改修工事)
 議案第167号 工事請負契約の締結について(瀬田小学校大規模改修工事)
 議案第168号 工事請負契約の締結について(瀬田小学校大規模改修機械設備工事)
 議案第169号 工事請負契約の締結について(皇子山中学校大規模改修工事)
 議案第170号 工事請負契約の締結について(皇子山中学校大規模改修機械設備工事)
 議案第171号 工事請負契約の変更について(富士見市民センター移転新築工事)
 議案第172号 工事請負契約の変更について(伊香立中学校、真野中学校及び堅田中学校空調設備設置工事)
 議案第173号 工事請負契約の変更について(仰木中学校、日吉中学校及び唐崎中学校空調設備設置工事)
 議案第174号 工事請負契約の変更について(打出中学校、粟津中学校及び北大路中学校空調設備設置工事)
 議案第175号 工事請負契約の変更について(瀬田中学校及び瀬田北中学校空調設備設置工事)
   ──────────────────────────────────────────
○高橋健二 議長  提案者の説明を求めます。
 ──越市長。
◎越直美 市長  (登壇)本日、平成25年9月市議会通常会議を開催いただき、誠にありがとうございます。
 議案の説明に先立ちまして、諸般の報告を申し上げます。
 はじめに、子育て支援の取り組みについてであります。
 保育所の待機児童解消をはじめとする子育て支援のさらなる充実を図るため、昨年度に引き続き、私自身がプロジェクトリーダーである大津市子育て支援スマイルプロジェクトにおいて、昨年度報告書として取りまとめた内容を実施するための取り組みを進めています。幼稚園、保育園をはじめとする多様な保育施設、さらには家庭での子育ても含め、全ての場所で教育、保育の質を向上させることを目的に、現場の幼稚園教諭と保育士が共同し、乳幼児期の教育、保育の共通カリキュラムの策定に向けて、まず3歳から5歳児の幼保共通カリキュラムを今年度中に作成し、実践につなげていきたいと考えています。また、平成27年度に予定されている子ども・子育て支援新制度の本格施行を見据え、去る7月31日に第1回目の大津市子ども・子育て会議を開催し、子どもたちに質の高い幼児期の教育、保育を保障するための子ども・子育て支援事業計画の策定に向けた取り組みを進めています。まず、10月には子育て中の保護者の教育、保育、子育て支援に関する利用状況や利用希望など、ニーズを正確に把握するための調査を実施する予定です。そして、その結果を分析し、今後必要とされる事業量の見込みや提供体制等を検討してまいります。さらに、国から示された待機児童解消加速化プランを受け、株式会社等による保育所設置許可基準等の要領を定めて9月から施行することで、経営の安定性や保育の質が確保された株式会社等による保育所の設置を認めるなど、積極的に待機児童の解消を目指す取り組みを進めてまいります。
 続きまして、全ての小中学校で2学期がスタートいたしましたが、1学期を振り返って、本市のいじめ対策の取り組みについて御報告いたします。
 まず、いじめ対策推進室で受けた7月までの相談延べ件数は、4月から6月までは1カ月当たり40件から48件でありましたが、7月には96件と倍増となり、子どもからの直接相談も、当初3カ月は2件から8件であったものが、7月には23件と大幅に増加いたしました。これは6月の啓発月間の取り組みにおける子どもたちへの相談カードの配布、相談調査専門員の学校や児童クラブへの訪問による相談体制の周知など、少しずつではありますが、これまでの子どもたちへの啓発活動による成果のあらわれと認識しているところであり、今後もいじめなどで困っている子どもたちの気持ちに寄り添った相談対応を行ってまいりたいと考えております。また、大津の子どもをいじめから守る委員会は、8月末までに11回の会議を開催いたしましたが、審査案件の中で委員会が関わりを持つべき事案については、会議に加えて委員と専門員が学校や関係機関を訪問するなど、事案の解決に向けた活動を続けております。一方、いじめの防止に関する行動計画は、毎月1回のアドバイザー会議において有識者から助言をいただきながら策定を進めております。子ども議会議員とのいじめに関する意見交流や、公立小中学校の子どもたちへのアンケートによる計画への子どもの声の反映はもとより、相談調査専門員、いじめ対策担当教員など、関係者のヒアリングにより得られた意見も参考に、いじめの現状と課題の整理に加え、先進事例等も調査研究しながら、子どもたちにも内容が伝わる行動計画として、条例に定められた九つの基本施策を具体化してまいりたいと考えております。7月上旬には滋賀県警にも御協力をいただきながら、警察への相談、連絡手引を作成いたしました。8月の校長会では、その内容説明を行い、手引の活用による学校と警察の連携強化を依頼したところであります。また、関係機関連携協力会議での協議事項であった各相談機関窓口の整理につきましては、このたび本市ホームページに各機関の業務内容や相談時間帯などを整理した窓口一覧を掲載したところであり、引き続き関係機関との連携を強化し、先進的ないじめ対策の取り組みを進めてまいりたいと考えております。夏休みが終わった2学期は、子どもたちの生活環境や学習環境、また人間関係などにも変化が見られる時期であります。今後も子どもたちの見守りを継続しながら、早期にいじめを発見し、解決する取り組みを推進するため、いじめ防止市民会議の開催による地域でのさまざまな取り組みの紹介、10月のいじめ防止啓発月間での子どもたちが主体となったフォーラムの開催など、9月末に示されるいじめ対策推進法に基づく国の基本指針との整合を図りつつ、子どもたちが安心して生活し学ぶことができるまち大津の実現に向けて、さらなるいじめ対策の取り組みを推進してまいります。
 次に、本市の夏の催し等についてですが、多くの方々に御参加いただき、盛況に開催することができました。8月2日にはびわ湖大津夏まつりが大津港、なぎさ公園おまつり広場で、8月3日にはふれあい志賀夏まつりが和邇市民運動広場で、8月8日には第30回となるびわ湖大花火大会が大津港一帯で実施されました。それぞれ約1万8,000人、約8,500人、約35万人が参加、観覧され、多くの方々にお楽しみいただくことができました。地元の自治会や消防団、警察の皆様をはじめ、御尽力を賜りました関係各位に感謝申し上げます。
 また、本市は全国で10番目となる古都保存法による古都の指定を受けてから今年で10周年を迎えることとなります。その記念事業として、10月6日には子どもたち、市民及びボランティア、そして各種団体に御参画いただき、景観クルーズや景観絵画展を実施することとしております。さらに、今月21日には近江八景に見られるように、古くから南湖を挟んで関係が深く、現在も景観行政で連携を図っている草津市長とびわこ大津草津景観宣言を調印するとともに、景観施策の推進に向けた協議会の設立を予定しています。
 次に、行政改革の取り組みについてでございます。
 今年度は(後期)集中改革プランの初年度として、プランに掲げた64の取り組み項目の目標達成に向けて着実に取り組みを推進しているところであります。とりわけ補助金の見直しについては、昨年度補助制度適正化基本方針を策定いたしましたが、今年度は事務事業評価二次評価のテーマとして取り上げ、7月末から8月にかけ延べ10日間にわたり、私自らが評価者として、基本方針に基づいて78の補助金について審査を行ったところです。今後見直しが必要な補助金については、所管部局において見直しに向けた取り組みを進めるとともに、平成26年度当初予算へ反映していきたいと考えております。また、公共施設のあり方検討につきましては、去る8月21日に今年度2回目となる公共施設マネジメント推進委員会を開催いたしました。委員会での意見を踏まえ、本市における今後の公共施設マネジメントの考え方や、公共施設に係るコスト削減目標に定めた大津市公共施設マネジメント基本方針の策定に向けて取り組んでまいります。
 次に、昨年8月に本市南部地域が記録的な集中豪雨に見舞われ、道路の損壊や河川の氾濫などの災害が発生して以来1年が過ぎました。この間、本市は災害復旧工事を進める一方で、滋賀県に対し、県道の復旧や治山事業の推進を働き掛けてまいりました。今日までの取り組みによりまして、大きな土砂崩れが発生いたしました石山外畑町においては、滋賀県による治山堰堤が8月末に整備されるとともに、本市において消防水利の確保を目的に整備してまいりました耐震性貯水槽も9月には完成する見込みとなっております。また、通行止めが続いておりました石山内畑町地先の市道につきましては、8月末に復旧工事が完了し、9月から路線バスの運行を再開させることができました。今後とも、地域の皆様が安心して暮らしていただけるよう、残された工事の早期完成に引き続き全力を挙げて取り組んでまいります。
 続いて、台風シーズンに備え、懸案となっております栗原の残土処分場については、住民の皆様に安心していただけるよう去る8月5日、行政代執行による土砂崩落対策緊急工事に着手しました。のり面保護のシート設置は完了し、現在隣接河川の保全対策を行っており、今月末には完了する見込みであります。今回の工事は緊急措置であることから、抜本的な土砂流出の保全対策につきましては、現地の状況を調査した上で実施することとしており、そのための関連経費を今回の補正予算に計上しているところです。
 また、毎年防災週間のある9月に実施をしております総合防災訓練についてでございますが、今年度は来る9月22日に日吉中学校を主会場に実施いたします。今年度は原子力発電所の放射能漏れを想定した高島市からの避難者の受け入れや放射線物質による汚染検査訓練、昨年11月に締結した滋賀県市長会災害相互応援協定に基づく草津市からの応援参加による避難所運営訓練なども計画しています。さらに、本市が地域防災力の向上のために昨年度よりその養成に取り組んでいる防災士の方にも、全市から訓練に参加いただきます。今後とも、さらなる防災体制の充実と災害対応力の向上を図ってまいります。
 次に、大津クリーンセンターの操業延長につきましては、大石学区自治連合会に説明及びお願いを重ねてきたところでありますが、とりわけ大石学区の皆様には施設の整備方針の転換に対する疑義や老朽化に対する安全性の不安が大きく、本市としてもこれらの懸念を解消し、御理解をいただくことが困難と判断しましたことから、焼却施設の延長を断念いたしました。今後は市民の皆様の御理解と御協力を得てさらなるごみ減量施策を効果的に実施し、安定的なごみ処理を推進してまいります。
 続いて、ただいま提出いたしました議案につきまして御説明をいたします。
 議案第132号から議案第136号までは、いずれも平成25年度の一般会計及び特別会計の補正予算であります。
 まず、一般会計について御説明いたします。
 今回の補正予算は、総額8億3,208万6,000円の増額補正を行うものであります。
 以下、歳出の主な内容について説明をいたします。
 総務費では、平成25年度の税制改正に伴い、延滞金及び還付加算金の利率が平成26年1月1日以降に変更されることから、税総合システム等の改修経費を措置するものであります。
 民生費では、国の制度新設に伴い、民間保育所保育士の処遇改善に係る補助金を措置するほか、待機児童解消のため、民間保育園の分園整備費補助金の増額や家庭的保育室3室の改修経費、富士見市民センター跡地の活用準備経費等を措置するとともに、平成27年度から本格実施が予定されている子ども・子育て支援新制度について、保育認定や給付費審査のためのシステム開発経費を措置するものであります。また、国庫補助金の交付単価の増額による地域密着型サービス施設等への補助金をはじめ、国庫補助金の内示に伴い、障害者支援施設整備に係る補助金を増額措置するものであります。
 衛生費では、行政代執行により実施する栗原の残土処分場ののり面崩落防止等に係る対策工事について、土質調査や設計経費を措置する一方、在宅医療と介護の切れ目ない連携と一体的に支援を提供する仕組みづくりのため、県の在宅医療推進地域モデル事業の実施経費を措置するものであります。
 農林水産業費では、捕獲単価の改正に伴い、鳥獣被害防止に係る補助金を増額するとともに、地元特産品の開発試作経費を措置するものであります。
 土木費では、国庫補助金の内示に伴い、道路及び街路事業の見直しを行うほか、県都大津市の玄関口であるJR大津駅の利用者等に対するニーズ調査経費等を措置するものであります。また、明日都浜大津について、保健所機能の充実と市民の利便性向上に向けて、健康推進課、総合保健センターとの分散配置の解消による保健所窓口の一元化を図るため、におの浜にある保健所を移設するものです。また、発達障害等の子どもの幼児期からの一貫した継続的支援が図れるよう、子どもの発達に関する拠点施設を新設し、相談・支援の窓口を一本化するとともに、教育相談センターを移設し、連携を図ることにより、相談・支援体制をより充実させるための施設の再配置に係る実施設計経費を措置するものであります。
 消防費では、消防救急デジタル無線整備事業の入札実施による事業費の確定に伴い減額をするものであり、教育費では、手狭となっている下阪本小学校グラウンドの拡張に係る用地取得経費や、(仮称)瀬田南保育園及び瀬田南幼稚園の初度備品、消耗品の経費等を措置するものであります。
 また、災害復旧費については、昨年の豪雨災害により被害を受けました農地及び農道の機能回復のため、地元に対する補助金を措置するものであります。
 次に、特別会計であります。
 国民健康保険事業については、給付実績の伸びにより前期高齢者の納付金を増額するものであり、駐車場事業については、その利用促進に向けて駐車料金の1日最大料金を設定する社会実験に係る経費や、大津駅北口立体駐車場の外壁改修工事に係る実施設計費を措置するものであります。
 介護保険事業については、平成24年度の精算に伴う国庫負担金や県負担金の返還金を、後期高齢者医療事業については、収納対策に係る嘱託職員雇用経費を措置するものであります。
 引き続きまして、一般議案につきまして説明をいたします。
 まず、条例の一部改正を行おうとするものについてであります。
 議案第155号は、定年前に退職する職員の募集に係る手続等に関し必要な事項を定めるものであり、議案第156号は、産業廃棄物の処分手数料を新設するとともに、既存の廃棄物処理手数料の一部を改定するものであり、議案第157号は、条例改正に伴い、障害福祉サービスに関する基準の一部について必要な規定の整備を行うものであり、議案第158号は、サイクリングターミナルについて、サイクリングの活動拠点としての位置づけを見直し、近隣の運動公園も含めたスポーツ・レクリエーション活動の拠点としての位置づけに改めることに伴い、条例の名称を改めるほか、必要な規定の整備を行うものであります。
 議案第159号は、小野駅前自転車駐車場を有料の駐車場とするものであり、議案第160号は、期間限定で明日都浜大津公共駐車場及び大津駅南口公共駐車場の1日の駐車料金の額に上限を設けるものであり、議案第161号は、南小松の一部を水道事業の給水区域に加えるものであり、議案第162号は、政令改正に伴い、住宅用防災報知設備の設置及び維持に関する基準について、必要な規定の整備を行うものであります。
 このうち、議案第156号の廃棄物処理手数料の新設、改定につきましては、近隣市及び近隣中核市との比較も踏まえ、ごみ処理経費を勘案した適正な手数料水準とすることを目的としたものです。平成26年4月からの手数料新設、改定を契機として、さらなるごみの発生抑制、分別の徹底、地域を越えてごみが持ち込まれることの防止等が図られることを期待し、あわせて本市処理場への産業廃棄物の持ち込み規制の強化を進めてまいります。
 次に、その他の案件についてであります。
 議案第163号から議案第165号までは、(仮称)北部地域総合消防防災センターの建設工事、電気設備工事及び機械設備工事について、議案第166号は、長等小学校大規模改修工事について、議案第167号及び議案第168号は、瀬田小学校の大規模改修工事及び機械設備工事について、議案第169号及び議案第170号は、皇子山中学校の大規模改修工事及び機械設備工事について、それぞれ請負契約を締結することについて議決を求めようとするものであります。
 また、議案第171号は、富士見市民センター移転新築工事について、議案第172号から議案第175号までは、市立中学校11校に係る空調設備設置工事について、それぞれ公共工事設計労務単価の引き上げに伴い、請負契約を変更することについて議決を求めようとするものであります。
 最後に、大津市ガス事業についてでございます。
 ガス事業のあり方については、これまで数次にわたり民営化の議論が行われてきており、直近では平成24年1月に大津市ガス事業のあり方庁内検討委員会から公営で継続することが望ましいとの検討結果が出されています。このような状況を受けて、ガス事業に係る先の検討委員会は市役所内部における検討であったことから、平成24年度に外部の視点で現在の経営状態や将来の財務シミュレーション、資産評価等の調査を行いました。その結果、ガス事業はこれまで安定した事業経営を行ってきており、財務シミュレーションにおいても当分の間健全な経営状態を維持できるという結論でありました。この結果は企業局においても妥当なものであると受け止めています。これらを総合的に検討した結果、大津市ガス事業は当分の間において健全な経営を維持することができ、ガス料金が近畿の事業者で一番低い水準にあり、市民に満足いただける安定したサービスが提供できること、また市内学校園のガス空調設備助成などにより、市の一般施策にも寄与できるという利点もあることから、ガス事業を直ちに民営化すべき状況ではなく、現時点においては公営を継続すべきものと判断いたしました。しかしながら、世界のエネルギー事情も流動的でありますことから、今後ともガス事業を取り巻く経営環境の変化を注視してまいります。
 以上、何とぞ適切なる議決を賜りますようお願いを申し上げ、提案の説明といたします。
○高橋健二 議長  以上で提案者の説明を終わります。
 お諮りいたします。
 明3日から8日までの6日間は、議案調査等のため休会いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
                    (「異議なし」)
 御異議なしと認めます。
 よって、明3日から8日までの6日間は休会することに決しました。
 なお、9日は午前10時から本会議を開き、質疑並びに一般質問を行います。
 本日の議事はこれにて閉じます。
 散会いたします。
 御苦労さまでした。
                   午前10時35分 散会
   ──────────────────────────────────────────
会議録署名議員
       議   長    高  橋  健  二
                津  田  新  三
                武  田  平  吾