議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 大津市

平成25年 6月通常会議−06月03日-10号




平成25年 6月通常会議

          大津市議会6月通常会議会議録(第10号)
                              平成25年6月3日(月曜日)
────────────────────────────────────────────────
議事日程
 1 会議録署名議員の指名
 2 会期の決定
 3 諸般の報告
 4 議案第94号から議案第118号まで(市長提案説明)
────────────────────────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 1 会議録署名議員の指名
 2 会期の決定
 3 諸般の報告
 4 議案第94号から議案第118号まで(市長提案説明)
────────────────────────────────────────────────
会議に出席した議員(38人)
   1番    桐  田  真  人 議員      2番    八  田  憲  児 議員
   3番    近  藤  眞  弘 議員      4番    伊  藤     茂 議員
   5番    岸  本  典  子 議員      6番    黄 野 瀬  明  子 議員
   7番    伴     孝  昭 議員      8番    中  野  治  郎 議員
   9番    津  田  新  三 議員      10番    古 尾 谷  雅  博 議員
   11番    藤  井  哲  也 議員      12番    谷     祐  治 議員
   13番    山  本  哲  平 議員      14番    河  井  昭  成 議員
   15番    石  黒  賀 津 子 議員      16番    杉  浦  智  子 議員
   17番    竹  内  基  二 議員      18番    鷲  見  達  夫 議員
   19番    青  山  三 四 郎 議員      20番    仲  野  弘  子 議員
   21番    清  水  ひ と み 議員      22番    佐  藤     弘 議員
   23番    濱  奥  修  利 議員      24番    杉  山  泰  子 議員
   25番    佐 々 木  松  一 議員      26番    塚  本  正  弘 議員
   27番    横  田  好  雄 議員      28番    北  村  正  二 議員
   29番    武  田  平  吾 議員      30番    竹  内  照  夫 議員
   31番    泉     恒  彦 議員      32番    園  田     寛 議員
   33番    藤  井  重  美 議員      34番    高  橋  健  二 議員
   35番    礒  田  英  清 議員      36番    奥  村     功 議員
   37番    草  川     肇 議員      38番    船  本     力 議員
────────────────────────────────────────────────
会議に欠席した議員(0人)
────────────────────────────────────────────────
議場に出席した事務局職員
                 北   川   義   治      議会事務局長
                 山   田   純   也      議会事務局次長(議事調査課長)
                 清   水   克   士      議会総務課長
                 伊   谷   悦   子      速記
────────────────────────────────────────────────
会議に出席した説明員
                 越       直   美      市長
                 茂   呂       治      副市長
                 笠   松   拓   史      副市長
                 伊   藤   康   行      技術統括監
                 大   西   政   章      政策調整部長
                 結   城   慶   一      総務部長
                 野   村   茂   年      市民部長
                 鷲   見   徳   彦      福祉子ども部長
                 沖   野   行   英      健康保険部長
                 井   上       敏      産業観光部長
                 橋   本   光 太 郎      環境部長
                 川   端   二   郎      都市計画部長
                 井   上   善   治      建設部長
                 中   川       弘      会計管理者
                 北   村   善   隆      市民病院事務局長
                 山   本   博   志      公営企業管理者
                 富   田       眞      教育長
                 丸   山   忠   司      消防局長
────────────────────────────────────────────────
                    午前10時04分 開会
○横田好雄 議長  ただいまから平成25年市議会定例会を開会いたします。
 直ちに6月通常会議を開きます。
   ──────────────────────────────────────────
△会議録署名議員の指名
○横田好雄 議長  日程第1、本日の会議録署名議員の指名を行います。
 1番桐田真人議員、38番船本 力議員を指名いたします。
   ──────────────────────────────────────────
△会期の決定
○横田好雄 議長  日程第2、会期の決定の件を議題といたします。
 お諮りいたします。
 今期定例会の会期は、本日から平成26年4月30日までの332日間といたしたいと思います。
 これに御異議ございませんか。
                    (「異議なし」)
 御異議なしと認めます。
 よって、会期は332日間と決定いたしました。
 また、6月通常会議の審議期間は、本日から6月21日までの19日間といたします。
   ──────────────────────────────────────────
△諸般の報告
○横田好雄 議長  日程第3、諸般の報告をいたします。
 市長から、平成24年度の大津市の一般会計及び特別会計の繰越明許費繰越計算書、平成24年度大津市一般会計事故繰越し繰越計算書、平成24年度大津市の水道事業会計及び病院事業会計の継続費繰越計算書、平成24年度の大津市の水道事業会計、下水道事業会計、ガス事業会計及び病院事業会計の予算繰越計算書、児童クラブの間食費及び市民病院の診療費用等に係る債権の放棄について、水道料金に係る債権の放棄について並びに専決処分の報告が議会に提出されました。
 その写しは、それぞれお手元に配付をしておきましたので、御了承願います。
   ──────────────────────────────────────────
△議案第94号から議案第118号まで(市長提案説明)
○横田好雄 議長  日程第4、議案第94号から議案第118号まで一括議題といたします。
   ──────────────────────────────────────────
                                       大総総第56号
                                     平成25年6月3日
  大津市議会議長
     横  田  好  雄  様
                              大津市長 越     直  美
                  議 案 の 提 出 に つ い て
平成25年6月3日開会の6月通常会議に次の議案を提出します。
                        記
 議案第 94号 平成25年度大津市一般会計補正予算(第3号)
 議案第 95号 平成25年度大津市一般会計補正予算(第4号)
 議案第 96号 平成25年度大津市財産区特別会計補正予算(第1号)
 議案第 97号 平成25年度大津市下水道事業会計補正予算(第1号)
 議案第 98号 大津市附属機関設置条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第 99号 大津市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第100号 大津市手数料条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第101号 大津市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第102号 大津市社会福祉審議会条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第103号 大津市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第104号 工事請負契約の締結について(富士見市民センター移転新築工事)
 議案第105号 工事請負契約の締結について(伊香立中学校、真野中学校及び堅田中学校空調設備設置工事)
 議案第106号 工事請負契約の締結について(仰木中学校、日吉中学校及び唐崎中学校空調設備設置工事)
 議案第107号 工事請負契約の締結について(打出中学校、粟津中学校及び北大路中学校空調設備設置工事)
 議案第108号 工事請負契約の締結について(瀬田中学校及び瀬田北中学校空調設備設置工事)
 議案第109号 工事請負契約の変更について(瀬田南幼稚園園舎改築及び(仮称)瀬田南保育園園舎新築工事)
 議案第110号 物品の購入について
 議案第111号 工事委託契約の変更について(都市計画道路8・7・6号膳所駅南北連絡道路整備工事)
 議案第112号 指定管理者の指定について
 議案第113号 市道の路線の認定について
 議案第114号 市道の路線の変更について
 議案第115号 琵琶湖流域下水道協議会の設置に関する協議について
 議案第116号 大津市土地開発公社を解散することについて
 議案第117号 第三セクター等改革推進債の起債に係る許可の申請について
 議案第118号 名誉市民の表彰について
   ──────────────────────────────────────────
○横田好雄 議長  提案者の説明を求めます。
 ──越市長。
◎越直美 市長  (登壇)本日、平成25年大津市議会定例会が開催されるに当たりまして、議員各位の御参集を賜り、誠にありがとうございます。
 まず、本市職員が外郭団体等の会計口座から金銭を横領していたことにつきましては、公務員としてあるまじき行為であり、市民の皆様方や関係団体の信頼を損ねることとなり、心より深くおわびを申し上げます。
 これまで公金外現金については、公金外現金事務処理要領や公金、準公金取扱マニュアル確認実施要領に基づいて適切な取り扱いと定期的な点検作業を行ってまいりましたが、今回の事件を受け、再発防止の仕組みの強化を指示し、綱紀粛正の徹底を図りました。具体的には、これまでの所属長によるチェックに加え、各部局のコンプライアンス推進員である政策監、次長等による再点検を実施し、さらには庁内に事件の原因究明と再発防止策を検討するための公金外現金横領事件再発防止検討委員会を設置し、事件の背景を徹底的に分析し、専門家の意見も聞きながら実効的な今後の対策を講じてまいります。本件につきましては、去る5月29日に関係職員の処分を行いましたが、今後二度とこのようなことを起こさないよう再発防止に全力で取り組んでまいります。
 続きまして、市議会におかれましては、議会機能のさらなる充実及び強化を図り、突発的な事態にも迅速かつ適切に対応されるため、定例会の開催回数を年1回とし、その会期を通年とされましたことに対しまして、私といたしましても、地方分権が一層進む中で、さまざまな情勢に対応される積極的な議会運営姿勢のあらわれであると感じております。今後とも格別の御支援と御協力をお願い申し上げます。
 それでは、6月通常会議に提案いたします議案の説明に先立ちまして、諸般の報告を申し上げます。
 本日、市内中学校のうち8校でスクールランチ事業を開始する運びとなりました。スクールランチ事業は、保護者のお弁当づくりの負担軽減を図り、かつ安全で栄養のバランスに配慮した昼食を提供することによって、成長期にある中学生の心身の健全な育成に役立てることを目的として実施いたします。堅田、日吉、皇子山、打出、粟津、石山、青山、瀬田北の中学校8校で実施となりますが、残る給食未実施の8校につきましても、今後の実施校の生徒や保護者等へのアンケート調査を踏まえ、学校や事業者と協議を行い、利用者の立場に立ってさらなる改善等を図った上で、今年度の2学期以降に実施することを検討してまいりたいと考えております。
 さらに、子育て支援につきましては、瀬田地域で初めての公立保育園となる(仮称)瀬田南保育園を瀬田南幼稚園に併設し、定員60名の保育園として来年4月の開園を目指しております。加えて、民間保育園で6カ所、定員600名の施設整備を行い、合わせて660名の入所定員を拡大することにより、待機児童ゼロを目指す取り組みに力を注いでまいります。
 また、多様な保育ニーズに対応する一環として、病気になった子どもを預けられる病児保育につきましては、これまで北部の1カ所だけで対応してまいりましたが、本年4月から瀬田地域において1カ所開設したところであり、さらに9月からは中部地域においても1カ所開設する予定をしております。このことによりまして、市域3カ所での病児保育施設が整備でき、充実が図れるものと考えています。
 一方、家庭的保育室や一時預かり保育についても拡充を図り、幼保一体化の推進や保育所整備などとあわせまして、市民が利用しやすい多様な保育サービスの提供に努め、さらなる子育て支援施策の充実を図ってまいります。
 続いて、4月1日に施行されました大津市子どものいじめの防止に関する条例に基づくいじめ対策につきまして、去る5月17日の5月市議会臨時会以降の取り組みについて御報告いたします。
 まず、5月29日に本市の主催でいじめ対策関係機関連絡協力会議を開催いたしました。滋賀県警をはじめ滋賀弁護士会、滋賀県教育委員会、中央子ども家庭相談センターなどの関係機関、本市教育委員会の相談機関、またいじめ対策推進室兼務職員が一堂に会し、いじめ防止に関して各機関の今後の連携について協議いたしました。また、5月30日には、大津の子どもをいじめから守る委員会委員や相談調査専門員が学校訪問を行い、学校現場への支援、連携について、校長やいじめ対策担当教員と意見交換を行ったところであります。これ以降も、6月のいじめ防止啓発月間に係る取り組みや、市民会議開催などの方策を積極的に展開してまいりたいと考えております。
 次に、観光施策についてであります。
 いにしえの都である大津、京都、奈良の3市が観光分野で連携を目指すみやこサミットの第3回目の会議が去る5月20日、奈良市の西大寺で開催され、京都市長、奈良市長とともに意見交換を行いました。前回のサミットで議題となり、今後も取り組みを充実させることとなっておりました外国人観光客向け多言語コールセンター事業について、同日付で本市においてもサービスを開始いたしました。今回のサミットでは、観光振興とボランティアをテーマに、観光ボランティアと行政が連携を深めていくことや、市民が地元の歴史や文化を学び、愛着を持つことで、来訪者に対するおもてなしの意識や行動を高めていただくことの大切さ等について議論し、次回以降、観光ボランティアの交流も含めて開催するなど、市民活動の活性化について共通認識を図ることができました。このことについては、昨年度策定いたしました大津市観光交流基本計画アクションプラン後期においても、市民による大津の魅力再発見の推進を観光交流推進の方向性として掲げているところでもあります。今年度はインターネットを活用した観光情報発信事業や、本市の食をテーマとしたびわ湖大津のお土産大集合の開催等も計画しており、さらなる観光振興に努めてまいります。
 続いて、観光の季節には特に著しい交通混雑が発生していました国道161号西大津バイパスの全線4車線供用について申し上げます。
 同バイパスは、これまで順次4車線化されてきましたが、残る坂本−下阪本間の2.8?については、4車線化工事が完成し、来る6月15日の供用開始により、坂本から横木までの全線11?が4車線化されることとなりました。同日には皇子が丘公園体育館において開通式典を挙行する予定です。今回、全線4車線化されることにより、懸案であった交通混雑の緩和や交通事故の減少が図られ、さらには観光の基幹道路として地域の活性化に寄与することなど、その効果を期待しております。
 続きまして、平成25年度の大津市国民健康保険の保険料率につきましては、平成24年度大津市国民健康保険事業特別会計の決算において、平成25年度への繰越金が約7億5,000万円となる見込みとなりましたことを受け、保険料を負担する被保険者への影響に鑑み、繰越金のうち6億円を平成25年度保険料算定における財源とすることで、保険料率を据え置くことといたしました。また、今年度から著しく収入が少ないなど、生活困窮の状態にあり、保険料の納付が困難な適用条件を満たす世帯に対し、新たに保険料の2分の1を限度として減額する規定を設けたところです。今後も収納率向上や医療費適正化への対策、保健事業等を推進し、国民健康保険財政の健全運営に努めてまいります。
 今年は近畿地方で5月28日に梅雨入りが発表されましたが、本格的な台風や豪雨などの発生時期を前に、去る5月30日、昨年の大津市南部豪雨で大きな被害があった箇所を中心に防災パトロールを実施しました。この災害の教訓から、昨年度大津市地域防災計画において、市の災害対応体制や情報収集、伝達体制、職員の動員体制について見直しを行ったところですが、今後も市民の生命と財産を守るため、集中豪雨や台風、地震などの自然災害に対する事前の備えに万全を期すとともに、各部局の連携を密にして、災害発生時の迅速な対応が図られるよう努めてまいります。
 次に、節電に対する取り組みについてであります。
 梅雨が明けますと本格的な夏を迎えることとなりますが、本市では昨年度夏の電力の逼迫に際しまして、最大使用電力や電力使用量を2010年夏比15%以上削減する目標を掲げ、積極的な節電対策を実施して、いずれも削減目標を達成いたしました。今年度につきましては、国から数値目標を設定した節電要請はありませんが、電力の安定供給のために、算定上組み込まれている節電量を着実に定着させるため、関西広域連合で設定されている削減目安なども考慮し、本市として2010年夏比9%の削減目標を設定して節電の取り組みを進めてまいります。
 次に、平成24年度の各会計の決算見込みにつきましては、既に出納閉鎖を終え、現在計数整理を行っているところですが、その概要について御報告いたします。
 まず、一般会計でありますが、特に長引く景気の低迷により扶助費が増大する中で、前年度に引き続き新たな雇用創出を目的とした滋賀県の交付金の活用、さらには国の補正予算の積極的な活用などにより、市民サービスの向上に鋭意努めてまいりました結果、各分野における事業の円滑な執行を図ることができました。歳入のうち市税につきましては、長引く経済不況とデフレの影響から、前年度実績に比べ減収となる見込みでありますが、滞納整理を積極的に進めた結果、予算額と比べて増収となる見込みであります。また、地方交付税は減収となりますが、臨時財政対策債が前年度から増加したことなどにより、財政調整基金をはじめとする基金の取り崩しを抑制し、必要な財源を確保することができたものであります。
 一方、歳出におきましては、待機児童の解消を図るための民間保育所施設整備補助金、教育環境整備のための小中学校校舎の耐震化及び大規模改修、中心市街地活性化に向けた大津駅西地区の土地区画整理事業、膳所駅周辺整備事業など市民福祉の向上をはじめ、安全・安心なまちづくり、にぎわいのあるまちづくりに積極的に取り組んでまいりました。また、中期財政計画と行政改革プランの取り組みを着実に実行するなど、さらなる経費の抑制と効率化に努めてまいりました結果、実質収支は35年連続の黒字決算となる見込みであります。
 続いて、特別会計であります。
 まず、国民健康保険事業特別会計でありますが、歳入は保険料収納の強化や特別調整交付金の増額等により、予算額と比べ増収となる一方、歳出では、医療費の増加が見込みより下回ったことから、実質収支は黒字決算となる見込みであります。
 その他の特別会計につきましては、概ね収支均衡が図れる見込みであります。
 次に、企業会計でありますが、まず病院事業会計では、外来患者数が増加に転じるなど、入院、外来とも医業収益は前年度に対し微増となりましたが、材料費の増加や退職手当の増加に伴い、約2億3,000万円の赤字決算となる見込みであります。
 介護老人保健施設事業会計につきましては、入所者数は増加しましたが、介護報酬改定の影響等で減収となりました。しかしながら、経費が減少したことにより約1,400万円の黒字決算となる見込みであります。
 水道事業会計につきましては、給水量が前年度を下回り、給水収益が減少するなど厳しい財政状況でしたが、土地の売却益を計上したことなどにより、約3億7,000万円の黒字決算となる見込みであります。
 下水道事業会計につきましては、有収水量、使用料収益とも前年度並みとなり、約9億4,000万円の黒字決算となる見込みであります。
 ガス事業会計につきましては、販売量が前年度を下回りましたが、経費が減少したことなどにより、約18億3,000万円の黒字決算となる見込みであります。
 以上が平成24年度の決算見込みであります。
 政府の経済対策等によって景気は緩やかに持ち直していますが、本市における雇用、所得環境はいまだ厳しい状態が続いており、本市の財政状況も市税収入の伸びが見込めない大変厳しい状況にあると考えております。今後も引き続き、国、県の動向を的確に見極めながら、中期財政計画や後期集中改革プラン等に基づき、健全財政の堅持と市民サービスの維持向上を基本とした行財政運営に努めてまいります。
 続いて、ただいま提出いたしました議案につきまして説明をいたします。
 議案第94号から議案第97号は、いずれも平成25年度の一般会計、特別会計及び企業会計の補正予算であります。
 はじめに、一般会計について説明いたします。
 議案第94号は、滋賀県から譲与された比良げんき村にある宿泊棟並びに人工登はん壁に係る指定管理者管理委託料を中心に、総額217万5,000円の増額補正を行うものであります。あわせて、平成25年度から平成27年度までの委託契約の締結に当たり、債務負担行為を追加するものであります。
 議案第95号は、総額45億9,432万3,000円の増額補正を行うものであります。
 以下、歳出の主な内容について説明をいたします。
 総務費では、第三セクター等改革推進債を活用し、大津市土地開発公社の解散に向けて、同公社の長期借入金を金融機関に代位弁済する経費を措置するものであります。
 民生費では、平成25年8月からの生活保護基準の見直しに伴い生活保護システム等の改修経費を、衛生費では、さらなるごみ減量を推進するため、ごみ減量実施プランの策定経費を措置するものであります。
 商工費では、滋賀県の緊急雇用創出特別推進事業補助金を活用した観光施設の現状調査等に係る臨時職員の雇用経費を措置するものであり、土木費では、先般の下水道の不正使用事案を受け、下水道の不正使用対策等の実施に係る下水道事業会計への繰出金を措置するものであります。
 教育費では、今年度から実施いたします中学校スクールランチ事業について、衛生面での安全性を徹底するため、配送、保管用物品の購入費を措置するものであります。
 債務負担行為については、バリアフリーの一層の推進のため、エスカレーターを増設するに当たり、都市計画道路8・7・6号膳所駅南北連絡道路整備工事を追加するものであります。
 次に、特別会計及び企業会計についてであります。
 財産区特別会計については、財産区の基金を繰り入れ、大江から池グラウンド整備事業等の地区公共事業を実施するため、公共事業助成金900万円の増額をするものであります。
 下水道事業会計については、下水道の不正使用の再発防止対策等の経費を措置するとともに、これらに係る繰入金及び下水道使用料の追徴分等について措置するものであります。
 引き続きまして、一般議案につきまして説明をいたします。
 まず、条例の一部改正を行おうとするものについてであります。
 議案第98号は、四つの附属機関を廃止するものであり、議案第99号及び議案第100号は、動物の愛護及び管理に関する法律の一部改正に伴い、関係条例について必要な規定の整備を行うものであります。
 議案第101号は、市民病院に形成外科を新設することについて、議案第102号は、子ども・子育て支援法に基づく事項を社会福祉審議会において審議することについて、議案第103号は、新たに196の都市公園の管理を指定管理者に行わせることについて、それぞれ関係条例について所要の改正を行うものであります。
 次に、その他の案件についてであります。
 議案第104号は、富士見市民センター移転新築工事について、議案第105号から議案第108号までは、中学校11校に係る空調整備設置工事について、それぞれ請負契約を締結することについて議決を求めようとするものであります。
 議案第109号は、瀬田南幼稚園園舎改築及び(仮称)瀬田南保育園園舎新築工事に係る請負契約を変更することについて、議案第110号は、消防救急デジタル無線機器を購入することについて、議案第111号は、都市計画道路8・7・6号膳所駅南北連絡道路整備工事に係る委託契約を変更することについて、議案第112号は、大津市比良げんき村の宿泊棟及び人工登はん壁に係る指定管理者を指定することについて、議案第113号及び議案第114号は、市道の路線の認定及び変更について、それぞれ議決を求めようとするものであります。
 議案第115号は、琵琶湖流域下水道協議会の設置に関する協議について、議案第116号は、大津市土地開発公社を解散することについて、議案第117号は、第三セクター等改革推進債の起債に係る許可の申請をすることについて、それぞれ議会の議決を求めようとするものであり、議案第118号は、2期8年の間、大津市長を務められた目片 信氏を名誉市民として表彰することについて、議会の同意を求めようとするものであります。
 最後に、議案第116号の大津市土地開発公社の解散についてでございますが、同公社は昭和48年11月の設立以降、右肩上がりの高度経済成長の時代において、本市の事業費を抑制し、社会資本の整備を図るために大きな役割を果たしてきました。しかしながら、バブル経済が崩壊し、全国的に土地価格が下落して資産価値が減少するとともに、本市の財政状況も悪化し、事業化の遅延等によって公社保有の土地が長期保有となり、これまで公社の健全化に向けた取り組みを進めてまいりました。こうした中、外部の有識者で組織された大津市土地開発公社経営検討委員会において、存廃を含めた今後の公社のあり方の協議が重ねられ、昨年11月1日に同委員会から解散を求める提言書をいただきました。これを受けて本市として再度の検証を行いましたところ、これ以上将来の財政負担を増やすことなく債務の解消を図るには、平成25年度までに発行が認められている第三セクター等改革推進債を活用して、同公社を解散させることが適当であると判断したものであります。
 以上、何とぞ適切なる議決を賜りますようお願いを申し上げ、提案の説明といたします。
○横田好雄 議長  以上をもって提案者の説明を終わります。
 ただいま議題となっております各議案のうち、議案第94号及び議案第112号については、お手元に配付をいたしております議案付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。
 後刻休憩中に委員会をお開き願い、ただいま付託いたしました議案の審査をお願いいたします。
 なお、再開後、各常任委員会委員長から委員会審査の結果報告を求めます。
 暫時休憩いたします。
                   午前10時41分 休憩
   ──────────────────────────────────────────
                   午前11時34分 開議
○横田好雄 議長  再開いたします。
 委員会審査報告書が提出されましたので、委員会審査の結果報告を各常任委員会委員長に求めます。
 その順位は、教育厚生常任委員会草川 肇委員長、予算決算常任委員会高橋健二委員長、以上報告の順位により御登壇願います。
 ──教育厚生常任委員会草川 肇委員長。
◎教育厚生常任委員会(草川肇委員長) (登壇)先ほどの本会議において、当教育厚生常任委員会に付託を受けました案件について、休憩中に委員会を開き、慎重に審査いたしました結果を御報告申し上げます。
 議案審査でありますが、議案第112号 指定管理者の指定については、全委員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上をもって委員長報告を終わります。
○横田好雄 議長  予算決算常任委員会高橋健二委員長。
◎予算決算常任委員会(高橋健二委員長) (登壇)先ほどの本会議において、当予算決算常任委員会に付託を受けました案件について、休憩中に委員会及び分科会を開き、慎重に審査いたしました結果を御報告申し上げます。
 議案審査でありますが、議案第94号 平成25年度大津市一般会計補正予算(第3号)は、全委員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上をもって委員長報告を終わります。
○横田好雄 議長  以上で委員長報告を終わります。
 ただいま議題となっております議案第94号 平成25年度大津市一般会計補正予算(第3号)、議案第112号 指定管理者の指定について、以上2件を一括採決いたします。
 お諮りいたします。
 委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。
                    (「異議なし」)
 御異議なしと認めます。
 よって、各議案は委員長報告のとおり決しました。
 引き続きお諮りいたします。
 明4日から9日までの6日間は、議案調査等のため休会いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
                    (「異議なし」)
 御異議なしと認めます。
 よって、明4日から9日までの6日間は休会することに決しました。
 なお、10日は午前10時から本会議を開き、質疑並びに一般質問を行います。
 本日の議事はこれにて閉じます。
 散会いたします。
 御苦労さまでございました。
                   午前11時39分 散会
   ──────────────────────────────────────────
会議録署名議員
       議   長    横  田  好  雄
                桐  田  真  人
                船  本     力