議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 大津市

平成25年 5月17日総務常任委員会−05月17日-01号




平成25年 5月17日総務常任委員会

              大津市議会総務常任委員会会議記録

1 日  時    平成25年5月17日(金曜日)
             午後1時25分 開議  午後1時32分 散会

2 場  所    第1委員会室

3 会議及び調査に付した事件
 1 付託案件の審査
  (1) 総務部(13:25〜13:32)
     議案第88号 専決処分の承認について(大津市市税条例の一部を改正する条例の制定について)

4 会議に出席した委員(10人)
     竹内 基二 、 船本  力 、 石黒賀津子 、 河井 昭成 、 黄野瀬明子 、
     近藤 眞弘 、 佐藤  弘 、 園田  寛 、 竹内 照夫 、 藤井 哲也

5 会議を欠席した委員   なし

6 会議に出席した説明員
 1 付託案件の審査
 (1)  総務部   計9人
     結城総務部長、提中総務部税務長、杉江総務部政策監、平石総務部管理監(市民税課長)、田村総務課長、中岡総務課長補佐、土居市民税課長補佐、上西資産税課長、中川資産税課長補佐

7 会議に出席した事務局職員
     目片議事調査課副参事、田中議会総務課主幹

8 会議を傍聴した者
 (1)  議員傍聴    なし
 (2)  一般傍聴    なし
 (3)  市政記者傍聴  なし
 (4)  執行部傍聴   なし

9 その他特記事項   なし

10 議事の経過概要    別紙のとおり


                  (議事の経過概要)
13:25〜
○竹内基二 委員長  ただいまより総務常任委員会を開会いたします。
 本日の委員会は、先ほどの本会議において当委員会に付託を受けました案件について審査いたしますので、よろしくお願いをいたします。
 次に申し上げます。
 議事運営をスムーズに行うため、委員会における発言に当たっては、各委員及び執行部におかれましては、発言を行うときには委員長との発言と同時に挙手をし、委員長から発言許可を受けた後、所属と名前を言ってから発言をしてください。
 それでは、執行部の御挨拶をお願いいたします。

◎結城 総務部長  先ほど提案いたしました議案につきまして御審議をいただくために総務常任委員会をお開きいただきまして誠にありがとうございます。
 今回提案いたしました議案につきましては、市税条例の一部改正に係る専決処分の承認でございます。議案の詳細につきましては、担当より御説明申し上げますので、何とぞ御審議のほどよろしくお願い申し上げます。
13:26〜
○竹内基二 委員長  それでは、議案第88号 専決処分の承認について(大津市市税条例の一部を改正する条例の制定について)を議題といたします。
 執行部の説明を求めます。

◎平石 総務部管理監  それでは、お手元の議案書に従いまして、議案第88号 専決処分の承認につきまして御説明を申し上げます。
 議案書の10ページをお願いいたします。
 これは大津市市税条例の一部を改正する条例の制定につきまして専決処分をいたしましたので、今議会に報告をさせていただきました。その承認を求めるものでございます。
 議案書の11ページとお手元にお配りをさせていただきました地方税法の改正に伴う市税条例の一部改正概要の資料に基づきまして御説明申し上げます。
 このたびの改正は、平成25年度の税制改正を受けました地方税法の一部を改正する法律の施行に伴いまして、所要の改正を行ったものでございます。
 まず、議案書の11ページ3行目に第57条第5項中とありますのと、さらにその4行下、第140条第4項中の部分については、資料の1項目めと2項目めにありますように、独立行政法人森林総合研究所が行う一定の事業の施行に伴い指定された仮換地等に係る固定資産税、特別土地保有税の納税義務者についての特例措置が廃止されることに伴い、該当の規定を削除したものでございます。
 なお、これまで本市内に当該事業の施行はございません。
 次に、議案書の中ほどの下ですが、附則第10条の2の見出し中とありますのと、さらにその2行下に附則第21条第1項中の部分の改正部分につきましては、資料の3項目めと4項目めにありますように、いずれも地方税法の改正に伴う市税条例の引用条項を整理したものでございます。
 続いて、議案書12ページの3行目に附則の第2条の第2項がございます。これについてでありますけれども、これは資料の一番下に記載しておりますとおり、耐震改修を行った耐震基準適合住宅に係る固定資産税減額措置に関しまして、対象となる工事費の要件が平成25年4月1日以降は、それまでの30万円以上から50万円を超えるものとされましたが、30万円以上50万円以下の工事でありましても4月1日前に契約している場合には固定資産税を減額するということとされたことに伴いまして、その適用を受けようとする者が提出をしなければならない書類に契約締結日がわかる書類を追加する規定を設けたものでございます。
 これらの改正は、平成25年4月1日から施行するものでございますけれども、議案書10ページに記載のとおり、地方税法の一部を改正する法律及び政令が平成25年3月30日に公布、その一部が4月1日から施行することとなり、市税条例の改正に係り議会の招集に時間的余裕がなかったため、去る3月30日に専決処分させていただいたものでございます。
 以上、改正内容の説明とさせていただきます。
13:30〜
○竹内基二 委員長  説明が終わりましたので、質疑に入ります。

                   (「なし」)
13:30〜
○竹内基二 委員長  質疑がないようですので、討論に入ります。

                   (「なし」)
13:30〜
○竹内基二 委員長  討論がないようですので、採決に入ります。
 お諮りいたします。
 議案第88号 専決処分の承認について(大津市市税条例の一部を改正する条例の制定について)に賛成の方は挙手願います。

                   (賛成者挙手)

○竹内基二 委員長  挙手全員であります。
 よって、議案第88号は原案のとおり承認すべきものと決しました。
 以上をもって当委員会に付託を受けました案件についての審査を終わります。
 執行部の皆さん、御苦労さんでした。
〜13:31
                   (執行部退席)
13:31〜
○竹内基二 委員長  それでは、委員長報告の確認をさせていただきます。
 先ほどの審査結果を受けて、議案第88号 専決処分の承認について、全員異議なく、原案のとおり承認すべきものと決しましたと報告します。よろしくお願いします。
 以上をもって、本日の委員会を終わります。
 委員の皆さん、御苦労さまでした。
〜13:32