議事ロックス -地方議会議事録検索-


滋賀県 大津市

平成25年 5月臨時会−05月17日-09号




平成25年 5月臨時会

           大津市議会5月臨時会会議録(第9号)
                              平成25年5月17日(金曜日)
────────────────────────────────────────────────
議事日程
 1 会議録署名議員の指名
 2 会期の決定
 3 議席の一部変更
 4 議案第84号から議案第88号まで
 5 議長の辞職
 6 議長の選挙
 7 副議長の辞職
 8 副議長の選挙
 9 会議案第5号から会議案第7号まで
 10 諸般の報告
 11 各常任委員会委員の選任
 12 議会運営委員会委員の選任
 13 交通対策特別委員会の調査項目の一部変更
 14 各特別委員会委員の選任
 15 公共施設対策特別委員会の設置及び委員の選任
 16 委員会の閉会中の継続審査
 17 議案第89号から議案第93号まで
────────────────────────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 1 会議録署名議員の指名
 2 会期の決定
 3 議席の一部変更
 4 議案第84号から議案第88号まで
 5 議長の辞職
 6 議長の選挙
 7 副議長の辞職
 8 副議長の選挙
 9 会議案第5号から会議案第7号まで
 10 諸般の報告
 11 各常任委員会委員の選任
 12 議会運営委員会委員の選任
 13 交通対策特別委員会の調査項目の一部変更
 14 各特別委員会委員の選任
 15 公共施設対策特別委員会の設置及び委員の選任
 16 委員会の閉会中の継続審査
 17 議案第89号から議案第93号まで
────────────────────────────────────────────────
会議に出席した議員(38人)
   1番    桐  田  真  人 議員      2番    八  田  憲  児 議員
   3番    伴     孝  昭 議員      4番    伊  藤     茂 議員
   5番    岸  本  典  子 議員      6番    黄 野 瀬  明  子 議員
   7番    近  藤  眞  弘 議員      8番    鷲  見  達  夫 議員
   9番    竹  内  基  二 議員      10番    古 尾 谷  雅  博 議員
   11番    藤  井  哲  也 議員      12番    谷     祐  治 議員
   13番    山  本  哲  平 議員      14番    河  井  昭  成 議員
   15番    石  黒  賀 津 子 議員      16番    杉  浦  智  子 議員
   17番    津  田  新  三 議員      18番    中  野  治  郎 議員
   19番    横  田  好  雄 議員      20番    仲  野  弘  子 議員
   21番    清  水  ひ と み 議員      22番    佐  藤     弘 議員
   23番    濱  奥  修  利 議員      24番    杉  山  泰  子 議員
   25番    佐 々 木  松  一 議員      26番    塚  本  正  弘 議員
   27番    青  山  三 四 郎 議員      28番    北  村  正  二 議員
   29番    武  田  平  吾 議員      30番    竹  内  照  夫 議員
   31番    泉     恒  彦 議員      32番    園  田     寛 議員
   33番    藤  井  重  美 議員      34番    高  橋  健  二 議員
   35番    礒  田  英  清 議員      36番    奥  村     功 議員
   37番    草  川     肇 議員      38番    船  本     力 議員
────────────────────────────────────────────────
会議に欠席した議員(0人)
────────────────────────────────────────────────
議場に出席した事務局職員
                 北   川   義   治      議会事務局長
                 山   田   純   也      議会事務局次長(議事調査課長)
                 清   水   克   士      議会総務課長
                 伊   谷   悦   子      速記
────────────────────────────────────────────────
会議に出席した説明員
                 越       直   美      市長
                 茂   呂       治      副市長
                 笠   松   拓   史      副市長
                 伊   藤   康   行      技術統括監
                 大   西   政   章      政策調整部長
                 結   城   慶   一      総務部長
                 野   村   茂   年      市民部長
                 鷲   見   徳   彦      福祉子ども部長
                 沖   野   行   英      健康保険部長
                 井   上       敏      産業観光部長
                 橋   本   光 太 郎      環境部長
                 川   端   二   郎      都市計画部長
                 井   上   善   治      建設部長
                 中   川       弘      会計管理者
                 片   岡   慶   正      市民病院長
                 山   本   博   志      公営企業管理者
                 富   田       眞      教育長
                 丸   山   忠   司      消防局長
────────────────────────────────────────────────
                    午後1時00分 開会
○青山三四郎 議長  ただいまから平成25年5月市議会臨時会を開会いたします。
 直ちに本日の会議を開きます。
   ──────────────────────────────────────────
△会議録署名議員の指名
○青山三四郎 議長  日程第1、本日の会議録署名議員の指名を行います。
 10番古尾谷雅博議員、29番武田平吾議員を指名いたします。
   ──────────────────────────────────────────
△会期の決定
○青山三四郎 議長  日程第2、会期の決定の件を議題といたします。
 お諮りいたします。
 本臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
                    (「異議なし」)
 御異議なしと認めます。
 よって、本臨時会の会期は本日1日と決定いたしました。
   ──────────────────────────────────────────
△議席の一部変更
○青山三四郎 議長  日程第3、議席の一部変更の件を議題といたします。
 議会構成の変更により、議席を一部変更いたしたいと思います。
 お諮りいたします。
 お手元に配付いたしました議席表のとおり、議席を一部変更することに御異議ありませんか。
                    (「異議なし」)
 御異議なしと認めます。
 よって、議席を一部変更することに決しました。
 それでは、ただいま決定いたしました議席にそれぞれ御着席願います。
                  (各議員、新議席に着席)
   ──────────────────────────────────────────
新  議  席
   1番    桐  田  真  人 議員      2番    八  田  憲  児 議員
   3番    近  藤  眞  弘 議員      4番    伊  藤     茂 議員
   5番    岸  本  典  子 議員      6番    黄 野 瀬  明  子 議員
   7番    伴     孝  昭 議員      8番    中  野  治  郎 議員
   9番    津  田  新  三 議員      10番    古 尾 谷  雅  博 議員
   11番    藤  井  哲  也 議員      12番    谷     祐  治 議員
   13番    山  本  哲  平 議員      14番    河  井  昭  成 議員
   15番    石  黒  賀 津 子 議員      16番    杉  浦  智  子 議員
   17番    竹  内  基  二 議員      18番    鷲  見  達  夫 議員
   19番    青  山  三 四 郎 議員      20番    仲  野  弘  子 議員
   21番    清  水  ひ と み 議員      22番    佐  藤     弘 議員
   23番    濱  奥  修  利 議員      24番    杉  山  泰  子 議員
   25番    佐 々 木  松  一 議員      26番    塚  本  正  弘 議員
   27番    横  田  好  雄 議員      28番    北  村  正  二 議員
   29番    武  田  平  吾 議員      30番    竹  内  照  夫 議員
   31番    泉     恒  彦 議員      32番    園  田     寛 議員
   33番    藤  井  重  美 議員      34番    高  橋  健  二 議員
   35番    礒  田  英  清 議員      36番    奥  村     功 議員
   37番    草  川     肇 議員      38番    船  本     力 議員
   ──────────────────────────────────────────
△議案第84号から議案第88号まで
○青山三四郎 議長  日程第4、議案第84号から議案第88号までを一括議題といたします。
   ──────────────────────────────────────────
                                       大総総第43号
                                     平成25年5月17日
  大津市議会議長
     青  山  三 四 郎  様
                              大津市長 越     直  美
                 議 案 の 提 出 に つ い て
平成25年5月17日開会の市議会臨時会に次の議案を提出します。
                       記
 議案第84号 大津市立野外活動施設条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第85号 損害賠償の額を定めることについて
 議案第86号 損害賠償の額を定めることについて
 議案第87号 損害賠償の額を定めることについて
 議案第88号 専決処分の承認について(大津市市税条例の一部を改正する条例の制定について)
   ──────────────────────────────────────────
○青山三四郎 議長  提案者の説明を求めます。
 ──越市長。
◎越直美 市長  (登壇)本日、平成25年5月市議会臨時会を開会するに当たりまして、議員各位の御参集を賜り、誠にありがとうございます。
 市長就任後2年目に入りまして年度も改まり、執行部も新たな体制といたしました。本市職員が一丸となり、全ての部局において新しいことに攻めの姿勢で積極的に取り組む平成25年度にしたいと考えております。今年度は、特に重点分野につきまして体制の整備を図ったところであり、大津市総合計画第3期実行計画のスタートの年度として着実に施策を推進してまいります。議員各位におかれましては、格別の御理解と御協力をお願い申し上げます。
 まず、諸般の報告を申し上げます。
 はじめに、先の2月市議会定例会におきまして可決いただき4月1日から施行されました大津市子どものいじめの防止に関する条例に基づいて、子どもが安心して生活し、学ぶことができる環境をつくるために総合的ないじめ対策をスタートさせましたので、その施行状況について御報告申し上げます。
 まず、市民部にいじめ対策推進室を設置し、滋賀県警察本部から職員を迎えて警察関係機関との連携を強化するとともに、専門的な知識と経験を有する4名の常駐の相談調査専門員が直接相談の対応に当たっており、4月末現在でいじめ等の相談件数が25件、不登校等いじめ以外の相談件数が15件、合わせて40件の相談を受け、対応をしております。学校など教育現場で発生した事案につきましても漏れのないよう情報共有を図っており、同じく4月末現在、第一報で35件、継続、完結を含めると48件が教育委員会から報告されています。これらの相談や事案につきましては、条例第14条に規定される大津の子どもをいじめから守る委員会において、学識経験者等の5人の委員が直接相談はもとより、教育委員会からの報告事案のうち審査対象とされた事案について相談調査専門員とケース検討を実施しております。それとともに、いじめの解決に向けた今後の対応方法について調査、審査、調整を行っていただいているところです。去る4月5日に第1回委員会を開催し、これまで3回の委員会で事案審査をいただいておりますが、委員にも学校現場に赴いていただき、教員との懇談なども実施していただくこととしています。
 また、条例第9条に規定されるいじめの防止に関する行動計画の策定につきましては、去る4月25日に第1回大津市いじめの防止に関する行動計画策定アドバイザー会議を開催いたしました。いじめの未然防止や早期発見、解決について、いじめ対策推進室、教育委員会、アドバイザー会議委員の3者が連携を密にし、さらに市民意見も取り入れ、本市として行動計画を策定していきたいと考えております。条例第10条では6月と10月をいじめ防止啓発月間と定めており、懸垂幕設置やポスター掲示による啓発を実施いたします。特に、来月の6月15日には保護者等市民向けフォーラムの開催を予定しているところであり、社会全体で子どもをいじめから守り、いじめ防止に向けた取り組みを推進してまいります。
 一方、子どもからのいじめの直接相談を充実するには、本市にいじめ対策推進室が設置されたことをできるだけ多くの子どもたちに知らせることが大切であります。このことから、既に市立小中学校、幼稚園及び公民の保育園、市内県立高校をはじめ、私立学校等の児童・生徒など全ての子どもたちへ相談チラシを配布し、周知、啓発を図っていますが、新たに子どもたち一人ひとりが携帯できるいじめ相談専用カードを作成して6月の啓発月間に合わせて配布するとともに、学校以外の生活の場である児童クラブにも5月27日の富士見児童クラブ訪問を皮切りに順次、相談調査専門員が訪問することにより、一層の周知を行ってまいります。また、教育委員会には、学校におけるいじめ事案に専門的に取り組むため新たに学校安全推進室を設置したところであり、いじめや暴力行為等の問題行動に対して関係機関と連携し、児童・生徒が安心して学ぶことができる環境を確保してまいります。
 各学校では、今年度から専任化しましたいじめ対策担当教員が児童・生徒の小さな変化も見逃すことのないよう毎日校内の巡回や担任等との情報交換を行うことにより、いじめを早期に発見する取り組みを進め、4月には35件のいじめの疑い事案を把握しております。これらの事案は全て学校長、教頭、生徒指導担当、いじめ対策担当、担任などで構成するいじめ対策委員会において情報の一元化や対応方針について検討しており、組織としていじめの早期発見、早期対応に努めています。加えて、18クラス以上の大規模校、あるいはいじめ事案の認知率が高い学校には養護教員を複数配置するとともに、各種研修等を実施することにより教員一人ひとりが観察力や人権意識を磨いて子どもと向き合い、支えるためのスキル向上を目指してまいります。学校安全推進室には、いじめ対策等専門員として学校現場に精通し、多くの知見と豊富な経験を持つ校長OBを配置し、各学校が抱えるいじめや不登校、暴力行為など生徒指導上の諸課題の解決に向けた支援を行っています。いじめ対策等専門員は、いじめ事案の対応に係る指導やいじめ対策担当教員の活動状況、学校におけるさまざまな諸課題の把握のため、4月には21校を訪問し、学校長と意見交換をいたしました。
 また、教育相談センター等で実施しているこれまでの相談活動にあわせまして、去る4月15日からは夜間の電話相談を受け付けるおおつ子どもナイトダイヤルを開設し、24時間いつでも子どもたちが困ったときに電話相談できる体制を整えたところであり、4月末現在で6件の相談があったところです。さらに、滋賀県警察、また他の関係機関との連携を深めて、本市の取り組みが全国の先進事例となるよう全力を傾注してまいります。
 次に、子育て支援のさらなる充実に向け幼保一体化を推進し、質の高い就学前教育、保育の実現を目指して、福祉子ども部に幼保連携推進室を設置しました。幼保連携推進室においては、昨年度に子育て支援スマイルプロジェクトで取りまとめた待機児童解消のための施策推進や幼保共通カリキュラムの策定、平成27年4月に本格施行が予定される子ども・子育て支援新制度への対応準備などを行ってまいります。また、幼稚園教諭と保育士が合同で研修する機会を設けることとし、その中で実施する公開保育などを通じて職員の交流促進や人材の育成を図ります。さらに、去る4月12日には子育て支援をテーマに滋賀県・大津市連携会議を明日都浜大津で開催し、県知事と待機児童解消策や保育士の人材確保について意見交換をして、連携していくことを確認したところです。未来を担う子どもたちのために、幼稚園と保育園の垣根を越えて環境を整備することで、子育てするなら大津でと言われるよう子育て支援施策を着実に進めてまいります。
 次に、これまで政策調整部にあった行政改革推進室を人事や財政を所管する総務部に行政改革推進課として移管し、行財政改革を一体的に推進できる体制整備を図りました。行政改革推進課では、本年度からスタートした後期集中改革プランに掲げる64の項目の目標達成に向けて取り組んでまいりますが、中でも補助金の見直し推進につきましては、昨年度に策定した大津市補助制度適正化基本方針に基づき全庁挙げて現在、交付基準等の見直しに取り組んでおり、その結果を平成26年度予算に反映してまいりたいと考えております。また、公共施設のあり方について具体的検討を進めるため公共施設マネジメント推進室を設置し、これまで取りまとめた公共施設の現状や課題をもとに、本年度は市全体の施設総量の検討や施設の更新、サービスの優先度、施設整備の考え方など、将来的な本市公共施設のあり方を示した基本方針の作成に取り組んでまいります。
 次に、リサイクルセンター木戸の開設についてでございます。
 リデュース、リユース、リサイクルの3Rを推進し、ごみ減量や資源循環を啓発していく拠点施設として、去る3月28日にプレオープンイベントを開催し、4月2日に開所いたしました。家庭で不要となった子ども用品を展示し、必要とする方に提供するリユースコーナーをはじめ、不要となったものの再利用方法を学ぶ教室などを定期的に開催しております。プレオープンイベントには約300名、開所以降4月末現在で講座受講者を含め約860名の方に御来場いただいており、さらに多くの市民の皆様に御利用いただき、ごみ減量意識の向上につなげていきたいと考えております。
 去る3月27日には市議会議員の皆様をはじめ多くの関係者の方々に御臨席を賜り、膳所駅周辺整備推進事業の起工式を挙行いたしました。事業が完成いたしますと、JR膳所駅舎の橋上化及び接続する南北の新連絡通路全てがバリアフリー化されることになり、駅の南北どちら側からも安全で快適に利用していただけるようになります。地域の皆様からも大きな期待を寄せられており、早期の完成を目指し、着実に事業を推進してまいりたいと考えています。
 次に、平野小学校において、1年生から4年生を対象にした英語授業、ハッピーEタイムを開始いたしました。5、6年生については平成23年度から必修化されましたが、4年生以下においては本市独自の取り組みとして同校をモデル校として導入したものです。楽しみながらネーティブの英語に触れてもらいたいと願っており、モデル校における成果を見ながらさらに充実させていければと考えております。
 引き続きまして、ただいま提出いたしました議案につきまして説明をいたします。
 まず、条例の一部改正を行おうとするものについてであります。
 議案第84号は、滋賀県から譲与を受ける旧県立比良山岳センターの宿泊棟及び人工登はん壁を大津市比良げんき村の施設として位置づけるとともに、当該施設の使用に係る利用料金の上限額を定めるものです。この施設は、旧志賀町の自然を生かしたまちづくりを進めるという合併建設計画の観点及び市民スポーツの振興を図るため、平成23年12月21日の滋賀県との基本合意に基づき滋賀県から譲与を受けることとなっております。旧滋賀県立山岳センター及び人工登はん壁は滋賀県施行の改修工事も3月末に完了し、夏の繁忙期はもとより、リニューアルされた施設を一日も早く市民の利用に供するために当初の予定を早め、平成25年6月に開設いたしたく、5月市議会臨時会に公の施設設置とする大津市立野外活動施設条例の一部を改正する条例案を提案するものです。
 次に、その他の案件についてであります。
 議案第85号から議案第87号までは、大津市石山外畑町におけるガス施設の設置及び管理の瑕疵による事故に関し、損害賠償の額を定めることについて議決を求めようとするものです。
 議案第88号は、地方税法及び地方税法施行令の一部改正に伴い、法令所定の要件を満たす住宅の耐震改修工事に係る契約を昨年度までに行った者が固定資産税の減額の適用を受けようとする場合に提出を要する書類を追加すること等に関し、大津市市税条例を改正することについて専決処分したので、議会の承認を求めようとするものであります。
 以上、何とぞ適切なる議決を賜りますようお願いを申し上げ、提案の説明といたします。
○青山三四郎 議長  以上をもって提案者の説明を終わります。
 ただいま議題となっております議案第84号から議案第88号までについては、お手元に配付いたしております議案付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。
 後刻、休憩中に委員会をお開き願い、ただいま付託いたしました議案の審査をお願いいたします。
 なお、再開後、各常任委員会委員長から委員会審査の結果報告を求めます。
 暫時休憩いたします。
                   午後1時21分 休憩
   ──────────────────────────────────────────
                   午後2時04分 開議
○青山三四郎 議長  再開いたします。
 委員会審査報告書が提出されましたので、委員会審査の結果報告を各常任委員会委員長に求めます。
 その順位は、教育厚生常任委員会武田平吾委員長、施設常任委員会礒田英清委員長、総務常任委員会竹内基二委員長、以上の順位により御登壇願います。
 ──教育厚生常任委員会武田平吾委員長。
◎教育厚生常任委員会(武田平吾委員長) (登壇)先ほどの本会議において、当教育厚生常任委員会に付託を受けました案件につきまして、休憩中に委員会を開催し、慎重に審査いたしました結果を御報告申し上げます。
 議案審査でありますが、議案第84号 大津市立野外活動施設条例の一部を改正する条例の制定については、全委員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上をもって委員長報告を終わります。
○青山三四郎 議長  施設常任委員会礒田英清委員長。
◎施設常任委員会(礒田英清委員長) (登壇)先ほどの本会議において、当施設常任委員会に付託を受けました諸案件について、休憩中に委員会を開き、慎重に審査いたしました結果を御報告申し上げます。
 議案審査でありますが、議案第85号 損害賠償の額を定めることについて、議案第86号 損害賠償の額を定めることについて、議案第87号 損害賠償の額を定めることについて、以上3件はいずれも全委員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上をもって委員長報告を終わります。
○青山三四郎 議長  総務常任委員会竹内基二委員長。
◎総務常任委員会(竹内基二委員長) (登壇)先ほどの本会議において、当総務常任委員会に付託を受けました案件について、休憩中に委員会を開き、慎重に審査いたしました結果を御報告申し上げます。
 議案審査でありますが、議案第88号 専決処分の承認については、全委員異議なく原案のとおり承認すべきものと決しました。
 以上をもって委員長報告を終わります。
○青山三四郎 議長  以上で委員長報告を終わります。
 ただいま議題となっております議案第84号 大津市立野外活動施設条例の一部を改正する条例の制定について、議案第85号 損害賠償の額を定めることについて、議案第86号 損害賠償の額を定めることについて、議案第87号 損害賠償の額を定めることについて、議案第88号 専決処分の承認について、以上5件を一括採決いたします。
 お諮りいたします。
 委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。
                    (「異議なし」)
 御異議なしと認めます。
 よって、各議案は、委員長報告のとおり決しました。
 暫時休憩いたします。
                   午後2時10分 休憩
   ──────────────────────────────────────────
                   午後2時10分 開議
○津田新三 副議長  再開いたします。
   ──────────────────────────────────────────
△議長の辞職
○津田新三 副議長  日程第5、議長の辞職の件を議題といたします。
 議長青山三四郎議員から議長の辞職願が提出されております。
 お諮りいたします。
 青山三四郎議員の議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。
                    (「異議なし」)
 御異議なしと認めます。
 よって、青山三四郎議員の議長の辞職を許可することに決しました。
                 (青山三四郎議員入場・着席)
○津田新三 副議長  19番青山三四郎議員にお伝えいたします。
 先に提出されました議長の辞職願につきましては、ただいま議会の許可が得られましたので、御報告申し上げます。
 青山三四郎議員から議長退任の挨拶を求められておりますので、これを許します。
 ──青山三四郎議員。
   ──────────────────────────────────────────
△議長退任挨拶
◆19番(青山三四郎議員) (登壇)お許しをいただき、退任に当たり一言御礼の御挨拶を申し上げます。
 昨年の臨時市議会におきまして、議員の皆様方の御推挙を賜り、第85代大津市議会議長の要職を預かり、はや1年の歳月が経過いたしました。浅学非才な身ですが、この間、議長としての職務を全うさせていただくことができましたのは、津田副議長をはじめ議員の皆様、そして越市長をはじめ執行部の皆様方の温かい御理解、御協力のたまものと心から厚く御礼を申し上げます。
 振り返ってみますと、この1年間、市議会ではさまざまな事柄に取り組んでまいりました。全国的にも注目を集めたいじめ問題では、子どものいじめの防止に関する条例の議員提案を目指して議論を重ね、2月議会において条例の制定をして、子どもたちをいじめから守る体制の整備に資することができました。さらに、一昨年、龍谷大学と締結したパートナーシップ協定に基づき、一般質問における質問力向上をテーマとした議員研修会を開催し、我々議員もさらなる資質向上に努めるなど、議会改革にも邁進してまいりました。
 このように、議長として大変充実した1年を過ごすことができましたのも皆様方の御支援、御協力のたまものであり、改めて心から厚く感謝の意を表する次第であります。本日から一議員に戻りますが、大津市政のますますの発展のために全力を傾注してまいる所存でございますので、皆様方には今後とも御指導、御鞭撻のほどよろしくお願いを申し上げまして、議長退任に当たりましての御礼の御挨拶とさせていただきます。皆さん本当にありがとうございました。(拍手)
   ──────────────────────────────────────────
△議長の選挙
○津田新三 副議長  日程第6、これより議長の選挙を行います。
 議場の閉鎖を命じます。
                     (議場閉鎖)
 ただいまの出席議員数は38人であります。
 投票用紙を配付いたします。
                    (投票用紙配付)
 投票用紙の配付漏れはありませんか。
                    (「な し」)
 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を改めます。
                    (投票箱点検)
 異状なしと認めます。
 念のため申し上げます。投票は単記無記名とし、白票は無効といたします。
 自席にて投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、事務局長の点呼により、順次投票願います。
               (北川議会事務局長氏名点呼、投票)
 副議長は、局長をして投票いたします。
                    (副議長投票)
 投票漏れはありませんか。
                    (「な し」)
 投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
                     (議場開鎖)
 開票を行います。
 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に10番古尾谷雅博議員、29番武田平吾議員を指名いたします。
 よって、両議員の立ち会いをお願いいたします。
                     (開 票)
 選挙の結果を報告いたします。
 投票総数38票。
 これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。
 そのうち、有効投票38票、無効投票0票。
 有効投票中、
  横田 好雄議員 36票
  谷  祐治議員 2票
 以上のとおりであります。
 この選挙の法定得票数は10票であります。
 よって、横田好雄議員が議長に当選されました。
 ただいま議長に当選されました横田好雄議員が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により本席から当選の告知をいたします。
 議長に当選されました横田好雄議員から発言を求められておりますので、これを許します。
 ──横田好雄議員。
   ──────────────────────────────────────────
△議長就任挨拶
○横田好雄 議長  (登壇)それでは、お許しをいただきまして、一言御礼の御挨拶を申し上げます。
 議員の皆様方に信任を得まして第86代議長に就任をさせていただきましたことは、誠に光栄であり、身の引き締まる思いであります。
 さて、現在、地方自治体においては新しい時代にふさわしい分権社会の構築が叫ばれており、議会においてもさらなる改革が求められているところであります。大津市議会といたしましても、これまでも市民に開かれた議会や政策立案能力向上のための取り組みを進めてきたところでございます。とりわけ東日本大震災以降、特に大津市におきましては、昨年8月に南部集中豪雨災害に見舞われたこともあり、議会の業務継続計画の策定が重要課題であると考えております。来る5月30日に予定されている議員研修会を議論のキックオフとして、二元代表制の一翼を担う議会が非常時にも機能不全に陥らないよう万全の備えをしておく必要性があると認識をいたしております。そして、これからの改革を通じて大津市民の安心・安全のまちづくり推進に向けて、また中核市のトップリーダーを目指して議会が一丸となって努力をしていきたいと考えております。
 つきましては、議員各位の御支援、御指導を仰ぎながら、よりよい議会運営を目指して努力していきますことを申し添え、簡単粗辞ではございますが、議長就任に当たりましての御礼の御挨拶とさせていただきます。(拍手)
○津田新三 副議長  それでは、横田好雄議長、議長席へお着き願います。
                (横田好雄議長、議長席に着く)
                  (津田新三副議長除斥)
   ──────────────────────────────────────────
△副議長の辞職
○横田好雄 議長  日程第7、副議長の辞職の件を議題といたします。
 副議長津田新三議員から副議長の辞職願が提出をされております。
 お諮りいたします。
 津田新三議員の副議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。
                    (「異議なし」)
 御異議なしと認めます。
 よって、津田新三議員の副議長の辞職を許可することに決しました。
                 (津田新三副議長入場・着席)
○横田好雄 議長  9番津田新三議員にお伝えをいたします。
 先に提出されました副議長の辞職願につきましては、ただいま議会の許可が得られましたので、御報告申し上げます。
 津田新三議員から副議長退任の挨拶を求められておりますので、これを許します。
 ──津田新三議員。
   ──────────────────────────────────────────
△副議長退任挨拶
◆9番(津田新三議員) (登壇)お許しをいただきましたので、退任に当たり一言お礼の御挨拶を申し上げます。
 昨年の臨時議会におきまして、多数の議員の皆様の御推挙をいただきまして副議長に就任して以来、はや1年が経過をいたしました。この間、青山議長の補佐役として、誠に微力ではございましたが、議長をはじめ議員の皆様方、執行部の皆様方の御支援、御協力によりまして、その重責を大過なく果たすことができました。皆様方の御厚情に対し、改めて心から厚くお礼を申し上げます。ありがとうございました。
 さて、この1年間を振り返りますと、予算決算常任委員会が設置され、私はその初代委員長として前年の決算内容をより慎重に審査し、その結果を次年度の予算編成に反映することができる体制をスタートさせることができました。また、同じく私が委員長を務めた議会活性化検討委員会では、通年議会の導入や議会報告会の実施など、より市民に開かれた議会を目指し、さまざまな改革の検討を進めてまいりました。
 こういった数々の貴重な経験をさせていただきましたことは、私にとって大きな財産であり、今後の議員活動に生かしてまいる所存でございます。本日ただいまからは一議員に戻りますが、今後とも大津市政のさらなる発展のために全力を尽くしてまいる覚悟でありますので、皆様方には今までと変わらぬ御指導、御鞭撻を賜りますよう、心からお願い申し上げます。
 この1年間、何かと支えていただき、いろいろと御指導賜りました皆様方に重ねて厚くお礼申し上げまして、退任に当たりましての挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)
   ──────────────────────────────────────────
△副議長の選挙
○横田好雄 議長  日程第8、これより副議長の選挙を行います。
 議場の閉鎖を命じます。
                     (議場閉鎖)
 ただいまの出席議員数は38人であります。
 投票用紙を配付いたします。
                    (投票用紙配付)
 投票用紙の配付漏れはありませんか。
                    (「な し」)
 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を改めます。
                    (投票箱点検)
 異状なしと認めます。
 念のために申し上げます。投票は単記無記名とし、白票は無効といたします。
 自席にて投票用紙に被選挙人の氏名を記入の上、事務局長の点呼により、順次投票願います。
               (北川議会事務局長氏名点呼、投票)
 議長は、局長をして投票いたします。
                     (議長投票)
 投票漏れはありませんか。
                    (「な し」)
 投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
                     (議場開鎖)
 これより開票を行います。
 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に10番古尾谷雅博議員、29番武田平吾議員を指名いたします。
 よって、両議員の立ち会いをお願いいたします。
                     (開 票)
 選挙の結果を御報告いたします。
 投票総数38票。
 これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。
 そのうち、有効投票38票、無効投票0票。
 有効投票中、
   高橋 健二議員 38票
 以上のとおりであります。
 この選挙の法定得票数は10票であります。
 よって、高橋健二議員が副議長に当選されました。
 ただいま副議長に当選されました高橋健二議員が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により本席から当選の告知をいたします。
 副議長に当選されました高橋健二議員から発言を求められておりますので、これを許します。
 ──高橋健二議員。
   ──────────────────────────────────────────
△副議長就任挨拶
○高橋健二 副議長  (登壇)お許しをいただきまして、一言御礼の御挨拶を申し上げます。
 ただいま議員の皆様方の御信任を賜り、第83代大津市議会副議長の要職をお与えいただきましたことは誠に身に余る光栄であり、心から深く感謝を申し上げる次第でございます。また、同時にその責務の重大性を改めて痛感するものでありますが、横田議長の補佐役として与えられました重責を果たすため、最大限の努力をしてまいる所存であります。さらに、昨年度から議会活性化検討委員会で検討を重ねてきた議会のICT化構想の実現など、市民への説明責任や議会運営の効率化を図るため、精力的に取り組んでまいる所存であります。
 どうか議員の皆様方、そして執行部の皆様方には、なお一層の御指導、御鞭撻を賜りますよう何とぞよろしくお願い申し上げ、誠に言葉足りませんが、副議長就任に際しましてのお礼の御挨拶とさせていただきます。皆さん本当にありがとうございました。(拍手)
○横田好雄 議長  暫時休憩いたします。
                   午後2時57分 休憩
   ──────────────────────────────────────────
                   午後2時59分 開議
○横田好雄 議長  再開いたします。
   ──────────────────────────────────────────
△会議案第5号から会議案第7号まで
○横田好雄 議長  日程第9、会議案第5号から会議案第7号までを一括議題といたします。
   ──────────────────────────────────────────
会議案第5号
       大津市議会定例会の回数を定める条例の一部を改正する条例の制定について
 上記の議案を地方自治法第109条第6項及び大津市議会会議規則第14条第2項の規定により、次のとおり提出します。
    平成25年5月17日
   大津市議会議長
    横  田  好  雄  様
                   提出者
                      議会運営委員会  委員長  竹  内  照  夫
          大津市議会定例会の回数を定める条例の一部を改正する条例
 大津市議会定例会の回数を定める条例(昭和31年条例第17号)の一部を次のように改正する。
 次の表の改正前の欄に掲げる規定を同表の改正後の欄に掲げる規定に下線で示すように改正する。
┌──────────────────────┬──────────────────────┐
│                      │                      │
│          改正前          │          改正後          │
│                      │                      │
├──────────────────────┼──────────────────────┤
│ 地方自治法(昭和22年法律第67号)第102条第 │ 地方自治法(昭和22年法律第67号)第102条第 │
│                      │                      │
│2項の規定による大津市議会の定例会の回数は、│2項の規定による大津市議会の定例会の回数は、│
│                      │                      │
│毎年4回とする。              │毎年1回とする。ただし、都合によりこれを変更│
│   ̄ ̄                  │   ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄│
│                      │することができる。             │
│                      │ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄             │
└──────────────────────┴──────────────────────┘
   附 則
 この条例は、公布の日から施行する。
(提案理由)
 議会機能の更なる充実及び強化を図り、議会が主導的かつ機能的に活動できるようにするとともに、突発的な事態にも迅速かつ適切な対応を行える環境を整備するため、定例会の回数を年1回とすることについて、所要の改正を行うもの。
   ──────────────────────────────────────────
会議案第6号
          大津市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について
 上記の議案を地方自治法第109条第6項及び大津市議会会議規則第14条第2項の規定により、次のとおり提出します。
    平成25年5月17日
   大津市議会議長
    横  田  好  雄  様
                   提出者
                      議会運営委員会  委員長  竹  内  照  夫
              大津市議会委員会条例の一部を改正する条例
 大津市議会委員会条例(昭和31年条例第16号)の一部を次のように改正する。
 次の表の改正前の欄に掲げる規定を同表の改正後の欄に掲げる規定に下線で示すとおり改正する。
┌──────────────────────┬──────────────────────┐
│                      │                      │
│          改正前          │          改正後          │
│                      │                      │
├──────────────────────┼──────────────────────┤
│ (常任委員の所属、常任委員会の名称、委員定│ (常任委員の所属、常任委員会の名称、委員定│
│                      │                      │
│数及びその所管)              │数及びその所管)              │
│                      │                      │
│第2条 −略−               │第2条 −略−               │
│                      │                      │
│2 常任委員会の名称、委員の定数及び所管は、│2 常任委員会の名称、委員の定数及び所管は、│
│                      │                      │
│ 次のとおりとする。            │ 次のとおりとする。            │
│                      │                      │
│ (1) 総務常任委員会 10人         │ (1) 総務常任委員会 10人         │
│                      │                      │
│  ア 政策調整部の所管に属する事項    │  ア 政策調整部の所管に属する事項    │
│                      │                      │
│  イ 総務部の所管に属する事項      │  イ 総務部の所管に属する事項      │
│                      │                      │
│                      │  ウ 市民病院の所管に属する事項     │
│                      │   ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     │
│                      │  エ 介護老人保健施設ケアセンターおおつの│
│                      │   ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄│
│                      │   所管に属する事項           │
│                      │    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           │
│  ウ 消防局の所管に属する事項      │  オ 消防局の所管に属する事項      │
│   ̄                   │   ̄                   │
│  エ 出納室の所管に属する事項      │  カ 出納室の所管に属する事項      │
│   ̄                   │   ̄                   │
│  オ 議会、選挙管理委員会、監査委員の所管│  キ 議会、選挙管理委員会、監査委員の所管│
│   ̄                   │   ̄                   │
│   に属する事項             │   に属する事項             │
│                      │                      │
│  カ 他の常任委員会の所管に属しない事項 │  ク 他の常任委員会の所管に属しない事項 │
│   ̄                   │   ̄                   │
│ (2) 教育厚生常任委員会 10人       │ (2) 教育厚生常任委員会 10人       │
│                      │                      │
│  ア 福祉子ども部の所管に属する事項   │  ア 福祉子ども部の所管に属する事項   │
│                      │                      │
│  イ 健康保険部の所管に属する事項    │  イ 健康保険部の所管に属する事項    │
│                      │                      │
│  ウ 市民病院の所管に属する事項     │                      │
│   ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     │                      │
│  エ 介護老人保健施設ケアセンターおおつの│                      │
│   ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄│                      │
│   所管に属する事項           │                      │
│    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           │                      │
│  オ 教育委員会の所管に属する事項    │  ウ 教育委員会の所管に属する事項    │
│   ̄                   │   ̄                   │
│ (3)〜(5) −略−             │ (3)〜(5) −略−             │
│                      │                      │
└──────────────────────┴──────────────────────┘
   附 則
 この条例は、公布の日から施行する。
(提案理由)
 予算決算常任委員会を除く4常任委員会の付託案件に係る審議時間の均衡を図るため、常任委員会の所管の一部を変更することについて、所要の改正を行うもの。
   ──────────────────────────────────────────
会議案第7号
           大津市議会会議規則の一部を改正する規則の制定について
 上記の議案を地方自治法第109条第6項及び大津市議会会議規則第14条第2項の規定により、次のとおり提出します。
    平成25年5月17日
   大津市議会議長
    横  田  好  雄  様
                   提出者
                      議会運営委員会  委員長  竹  内  照  夫
              大津市議会会議規則の一部を改正する規則
 大津市議会会議規則(昭和31年議会規則第1号)の一部を次のように改正する。
 次の表の改正前の欄に掲げる規定を同表の改正後の欄に掲げる規定に下線で示すように改正する。
┌─────────────────────┬─────────────────────┐
│                     │                     │
│         改正前         │         改正後         │
│                     │                     │
├─────────────────────┼─────────────────────┤
│(一事不再議)              │(一事不再議)              │
│                     │                     │
│第15条 議会で議決された事件については、同│第15条 議会で議決された事件については、同│
│                     │                     │
│ 一会期中は再び提出することができない。 │ 一会期中は再び提出することができない。た│
│                     │                     ̄│
│                     │ だし、事情の変更があったときはこの限りで│
│                     │  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄│
│                     │ ない。                 │
│                     │  ̄ ̄ ̄                 │
└─────────────────────┴─────────────────────┘
   附 則
 この規則は、公布の日から施行する。
(提案理由)
 定例会の回数を1回とすることにより、会期中に議決した事件と同一の事件を提出できない期間が長くなることから、一事不再議の原則について、所要の改正を行うもの。
   ──────────────────────────────────────────
○横田好雄 議長  お諮りいたします。
 ただいま議題となっております会議案第5号 大津市議会定例会の回数を定める条例の一部を改正する条例の制定について、会議案第6号 大津市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について、会議案第7号 大津市議会会議規則の一部を改正する規則の制定について、以上3件は委員会提出議案でありますので、会議規則第37条第2項及び第3項の規定により、提案者の説明及び委員会付託を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。
 これに御異議ございませんか。
                    (「異議なし」)
 御異議なしと認めます。
 よって、各会議案は、提案者の説明及び委員会付託を省略し、直ちに採決することに決しました。
 これより会議案第5号 大津市議会定例会の回数を定める条例の一部を改正する条例の制定について、会議案第6号 大津市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について、会議案第7号 大津市議会会議規則の一部を改正する規則の制定について、以上3件を一括採決いたします。
 お諮りいたします。
 原案のとおり決することに御異議ございませんか。
                    (「異議なし」)
 御異議なしと認めます。
 よって、各会議案は原案のとおり決しました。
   ──────────────────────────────────────────
△諸般の報告
○横田好雄 議長  日程第10、諸般の報告をいたします。
 草川 肇議員及び濱奥修利議員から監査委員の辞職願が市長に提出され、承認された旨の通知がありましたので、御報告いたします。
 また、防災対策特別委員会委員の泉 恒彦委員、河井昭成委員、桐田真人委員、佐藤 弘委員、竹内基二委員、塚本正弘委員、中野治郎委員、八田憲児委員、濱奥修利委員、船本 力委員、古尾谷雅博委員、交通対策特別委員会委員の伊藤 茂委員、奥村 功委員、岸本典子委員、北村正二委員、草川 肇委員、近藤眞弘委員、鷲見達夫委員、仲野弘子委員、藤井重美委員、横田好雄から辞任願が議長に提出されましたので、委員会条例第13条の規定により許可いたしました。
 以上、報告いたします。
   ──────────────────────────────────────────
△各常任委員会委員の選任
○横田好雄 議長  日程第11、各常任委員会委員の選任の件を議題といたします。
 お諮りいたします。
 総務常任委員会、教育厚生常任委員会、生活産業常任委員会、施設常任委員会及び予算決算常任委員会の各常任委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、お手元に配付をいたしております名簿のとおり指名いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
                    (「異議なし」)
 御異議なしと認めます。
 よって、各常任委員会の委員は、名簿のとおり選任することに決しました。
 なお、後刻休憩中に各常任委員会をお開き願い、委員長及び副委員長を互選の上、その結果を議長の手元まで御報告願います。
             ┌────────────────┐
             │  総務常任委員会(10人)   │
             ├────────────────┤
             │   礒  田  英  清    │
             ├────────────────┤
             │   北  村  正  二    │
             ├────────────────┤
             │   桐  田  真  人    │
             ├────────────────┤
             │   鷲  見  達  夫    │
             ├────────────────┤
             │   塚  本  正  弘    │
             ├────────────────┤
             │   中  野  治  郎    │
             ├────────────────┤
             │   仲  野  弘  子    │
             ├────────────────┤
             │   藤  井  重  美    │
             ├────────────────┤
             │   船  本     力    │
             ├────────────────┤
             │   山  本  哲  平    │
             └────────────────┘

             ┌────────────────┐
             │ 教育厚生常任委員会(10人)  │
             ├────────────────┤
             │   河  井  昭  成    │
             ├────────────────┤
             │   岸  本  典  子    │
             ├────────────────┤
             │   黄 野 瀬  明  子    │
             ├────────────────┤
             │   草  川     肇    │
             ├────────────────┤
             │   佐  藤     弘    │
             ├────────────────┤
             │   竹  内  基  二    │
             ├────────────────┤
             │   谷     祐  治    │
             ├────────────────┤
             │   伴     孝  昭    │
             ├────────────────┤
             │   古 尾 谷  雅  博    │
             ├────────────────┤
             │   横  田  好  雄    │
             └────────────────┘

             ┌────────────────┐
             │ 生活産業常任委員会(9人)  │
             ├────────────────┤
             │   泉     恒  彦    │
             ├────────────────┤
             │   近  藤  眞  弘    │
             ├────────────────┤
             │   杉  浦  智  子    │
             ├────────────────┤
             │   杉  山  泰  子    │
             ├────────────────┤
             │   高  橋  健  二    │
             ├────────────────┤
             │   竹  内  照  夫    │
             ├────────────────┤
             │   津  田  新  三    │
             ├────────────────┤
             │   濱  奥  修  利    │
             ├────────────────┤
             │   藤  井  哲  也    │
             └────────────────┘

             ┌────────────────┐
             │  施設常任委員会(9人)   │
             ├────────────────┤
             │   青  山  三 四 郎    │
             ├────────────────┤
             │   石  黒  賀 津 子    │
             ├────────────────┤
             │   伊  藤     茂    │
             ├────────────────┤
             │   奥  村     功    │
             ├────────────────┤
             │   佐 々 木  松  一    │
             ├────────────────┤
             │   清  水  ひ と み    │
             ├────────────────┤
             │   園  田     寛    │
             ├────────────────┤
             │   武  田  平  吾    │
             ├────────────────┤
             │   八  田  憲  児    │
             └────────────────┘

             ┌────────────────┐
             │ 予算決算常任委員会(37人)  │
             ├────────────────┤
             │   青  山  三 四 郎    │
             ├────────────────┤
             │   石  黒  賀 津 子    │
             ├────────────────┤
             │   泉     恒  彦    │
             ├────────────────┤
             │   礒  田  英  清    │
             ├────────────────┤
             │   伊  藤     茂    │
             ├────────────────┤
             │   奥  村     功    │
             ├────────────────┤
             │   河  井  昭  成    │
             ├────────────────┤
             │   岸  本  典  子    │
             ├────────────────┤
             │   北  村  正  二    │
             ├────────────────┤
             │   黄 野 瀬  明  子    │
             ├────────────────┤
             │   桐  田  真  人    │
             ├────────────────┤
             │   草  川     肇    │
             ├────────────────┤
             │   近  藤  眞  弘    │
             ├────────────────┤
             │   佐 々 木  松  一    │
             ├────────────────┤
             │   佐  藤     弘    │
             ├────────────────┤
             │   清  水  ひ と み    │
             ├────────────────┤
             │   杉  浦  智  子    │
             ├────────────────┤
             │   杉  山  泰  子    │
             ├────────────────┤
             │   鷲  見  達  夫    │
             ├────────────────┤
             │   園  田     寛    │
             ├────────────────┤
             │   高  橋  健  二    │
             ├────────────────┤
             │   竹  内  照  夫    │
             ├────────────────┤
             │   竹  内  基  二    │
             ├────────────────┤
             │   武  田  平  吾    │
             ├────────────────┤
             │   谷     祐  治    │
             ├────────────────┤
             │   塚  本  正  弘    │
             ├────────────────┤
             │   津  田  新  三    │
             ├────────────────┤
             │   中  野  治  郎    │
             ├────────────────┤
             │   仲  野  弘  子    │
             ├────────────────┤
             │   八  田  憲  児    │
             ├────────────────┤
             │   濱  奥  修  利    │
             ├────────────────┤
             │   伴     孝  昭    │
             ├────────────────┤
             │   藤  井  重  美    │
             ├────────────────┤
             │   藤  井  哲  也    │
             ├────────────────┤
             │   船  本     力    │
             ├────────────────┤
             │   古 尾 谷  雅  博    │
             ├────────────────┤
             │   山  本  哲  平    │
             └────────────────┘
   ──────────────────────────────────────────
△議会運営委員会委員の選任
○横田好雄 議長  日程第12、議会運営委員会委員の選任の件を議題といたします。
 お諮りいたします。
 議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、お手元に配付いたしております名簿のとおり指名いたしたいと思います。
 これに御異議ございませんか。
                    (「異議なし」)
 御異議なしと認めます。
 よって、議会運営委員会の委員は、名簿のとおり選任することに決しました。
 なお、後刻休憩中に議会運営委員会をお開き願い、委員長及び副委員長を互選の上、その結果を議長の手元まで御報告願います。
             ┌────────────────┐
             │  議会運営委員会(7人)   │
             ├────────────────┤
             │   泉     恒  彦    │
             ├────────────────┤
             │   礒  田  英  清    │
             ├────────────────┤
             │   佐  藤     弘    │
             ├────────────────┤
             │   杉  浦  智  子    │
             ├────────────────┤
             │   鷲  見  達  夫    │
             ├────────────────┤
             │   竹  内  照  夫    │
             ├────────────────┤
             │   竹  内  基  二    │
             └────────────────┘
   ──────────────────────────────────────────
△交通対策特別委員会の調査項目の一部変更
○横田好雄 議長  日程第13、交通対策特別委員会の調査項目の一部変更の件を議題といたします。
 お諮りいたします。
 本議会において設置いたしております交通対策特別委員会の調査項目をこの際、道路等交通インフラの整備及び公共交通に関する諸問題に変更いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
                    (「異議なし」)
 御異議なしと認めます。
 よって、交通対策特別委員会の調査項目については、道路等交通インフラの整備及び公共交通に関する諸問題に決しました。
   ──────────────────────────────────────────
△各特別委員会委員の選任
○横田好雄 議長  日程第14、各特別委員会委員の選任の件を議題といたします。
 お諮りいたします。
 防災対策特別委員会及び交通対策特別委員会の各特別委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、お手元に配付いたしております名簿のとおり指名いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
                    (「異議なし」)
 御異議なしと認めます。
 よって、各特別委員会の委員は、名簿のとおり選任することに決しました。
             ┌────────────────┐
             │ 防災対策特別委員会(12人)  │
             ├────────────────┤
             │   青  山  三 四 郎    │
             ├────────────────┤
             │   石  黒  賀 津 子    │
             ├────────────────┤
             │   奥  村     功    │
             ├────────────────┤
             │   岸  本  典  子    │
             ├────────────────┤
             │   北  村  正  二    │
             ├────────────────┤
             │   草  川     肇    │
             ├────────────────┤
             │   近  藤  眞  弘    │
             ├────────────────┤
             │   清  水  ひ と み    │
             ├────────────────┤
             │   鷲  見  達  夫    │
             ├────────────────┤
             │   谷     祐  治    │
             ├────────────────┤
             │   仲  野  弘  子    │
             ├────────────────┤
             │   藤  井  哲  也    │
             └────────────────┘

             ┌────────────────┐
             │ 交通対策特別委員会(12人)  │
             ├────────────────┤
             │   泉     恒  彦    │
             ├────────────────┤
             │   礒  田  英  清    │
             ├────────────────┤
             │   黄 野 瀬  明  子    │
             ├────────────────┤
             │   佐 々 木  松  一    │
             ├────────────────┤
             │   佐  藤     弘    │
             ├────────────────┤
             │   杉  山  泰  子    │
             ├────────────────┤
             │   竹  内  基  二    │
             ├────────────────┤
             │   武  田  平  吾    │
             ├────────────────┤
             │   津  田  新  三    │
             ├────────────────┤
             │   八  田  憲  児    │
             ├────────────────┤
             │   古 尾 谷  雅  博    │
             ├────────────────┤
             │   山  本  哲  平    │
             └────────────────┘
   ──────────────────────────────────────────
△公共施設対策特別委員会の設置及び委員の選任
○横田好雄 議長  日程第15、公共施設対策特別委員会の設置及び委員の選任の件を議題といたします。
 お諮りいたします。
 公共施設の整備、マネジメント及び長寿命化に関する諸問題を審査するため、この際12人の委員をもって構成する公共施設対策特別委員会を設置し、これを閉会中の継続審査に付したいと思います。
 これに御異議ございませんか。
                    (「異議なし」)
 御異議なしと認めます。
 よって、本件については、12人の委員をもって構成する公共施設対策特別委員会を設置し、これが審査のため閉会中の継続審査に付することに決しました。
 引き続き、お諮りいたします。
 ただいま設置されました公共施設対策特別委員会の委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、お手元に配付をいたしております名簿のとおり指名いたしたいと思います。
 これに御異議ございませんか。
                    (「異議なし」)
 御異議なしと認めます。
 よって、公共施設対策特別委員会の委員は、名簿のとおり選任することに決しました。
 なお、後刻休憩中に各特別委員会をお開き願い、委員長及び副委員長を互選の上、その結果を議長の手元まで御報告願います。
             ┌────────────────┐
             │公共施設対策特別委員会(12人) │
             ├────────────────┤
             │   伊  藤     茂    │
             ├────────────────┤
             │   河  井  昭  成    │
             ├────────────────┤
             │   桐  田  真  人    │
             ├────────────────┤
             │   杉  浦  智  子    │
             ├────────────────┤
             │   園  田     寛    │
             ├────────────────┤
             │   竹  内  照  夫    │
             ├────────────────┤
             │   塚  本  正  弘    │
             ├────────────────┤
             │   中  野  治  郎    │
             ├────────────────┤
             │   濱  奥  修  利    │
             ├────────────────┤
             │   伴     孝  昭    │
             ├────────────────┤
             │   藤  井  重  美    │
             ├────────────────┤
             │   船  本     力    │
             └────────────────┘
 本日の会議時間は、議事の都合により、あらかじめこれを延長いたします。
 暫時休憩いたします。
                   午後3時08分 休憩
   ──────────────────────────────────────────
                   午後4時30分 開議
○横田好雄 議長  再開いたします。
 各常任委員会、議会運営委員会及び各特別委員会から、委員長及び副委員長の互選の結果について議長の手元まで届け出がありましたので、御報告いたします。
          総務常任委員会委員長
           北村 正二議員
          同副委員長
           桐田 真人議員
          教育厚生常任委員会委員長
           草川  肇議員
          同副委員長
           黄野瀬明子議員
          生活産業常任委員会委員長
           近藤 眞弘議員
          同副委員長
           濱奥 修利議員
          施設常任委員会委員長
           石黒賀津子議員
          同副委員長
           奥村  功議員
          議会運営委員会委員長
           竹内 照夫議員
          同副委員長
           礒田 英清議員
          防災対策特別委員会委員長
           仲野 弘子議員
          同副委員長
           岸本 典子議員
          交通対策特別委員会委員長
           八田 憲児議員
          同副委員長
           武田 平吾議員
          公共施設対策特別委員会委員長
           藤井 重美議員
          同副委員長
           伴  孝昭議員
 また、委員会条例第8条第3項の規定により、
          予算決算常任委員会委員長
           高橋 健二議員
          同副委員長
           竹内 照夫議員
 以上のとおりであります。
   ──────────────────────────────────────────
△委員会の閉会中の継続審査
○横田好雄 議長  日程第16、委員会の閉会中の継続審査を議題といたします。
 議会運営委員会委員長から会議規則第74条の規定により、お手元に配付をいたしております調査項目のとおり、議会運営委員会の委員の任期中、これを閉会中の特定事件として審査いたしたい旨の申し出があります。
 お諮りいたします。
 委員長の申し出のとおり、閉会中の特定事件として審査に付することに御異議ありませんか。
                    (「異議なし」)
 御異議なしと認めます。
 よって、委員長の申し出のとおり、閉会中の特定事件として審査に付することに決しました。
             ┌────────────────────┐
             │議会運営委員会の閉会中の所管事務調査項目│
             │1. 議会の運営に関する問題       │
             │2. 議長の諮問に関する問題       │
             └────────────────────┘
   ──────────────────────────────────────────
△議案第89号から議案第93号まで
○横田好雄 議長  日程第17、議案第89号から議案第93号までを一括議題といたします。
   ──────────────────────────────────────────
                                       大総総第44号
                                     平成25年5月17日
  大津市議会議長
     横  田  好  雄  様
                              大津市長 越     直  美
                議 案 の 追 加 提 出 に つ い て
平成25年5月17日開会の市議会臨時会に次の議案を追加提出します。
                       記
 議案第89号 南大萱財産区管理会財産区管理委員の選任について
 議案第90号 牧財産区管理会財産区管理委員の選任について
 議案第91号 桐生財産区管理会財産区管理委員の選任について
 議案第92号 監査委員の選任について
 議案第93号 監査委員の選任について
   ──────────────────────────────────────────
○横田好雄 議長  提案者の説明を求めます。
 ──越市長。
◎越直美 市長  (登壇)ただいま追加提出いたしました議案につきまして説明をいたします。
 議案第89号は、南大萱財産区管理会財産区管理委員の稲田武兵衞氏が辞任されましたので、その後任の委員として稲田庄太朗氏を選任することについて、議案第90号は、牧財産区管理会財産区管理委員の中野辰美氏が辞任されましたので、その後任の委員として古家輝二氏を選任することについて、議案第91号は、桐生財産区管理会財産区管理委員の古川嘉男氏が辞任されましたので、その後任の委員として山本明男氏を選任することについて、議案第92号、議案第93号は、市議会議員のうちから選任する監査委員にそれぞれ中野治郎氏及び船本 力氏を選任することについて、議会の同意を求めようとするものです。
 以上、何とぞ適切なる議決を賜りますようお願いを申し上げ、提案の説明といたします。
○横田好雄 議長  以上をもって提案者の説明を終わります。
 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議案第89号 南大萱財産区管理会財産区管理委員の選任について、議案第90号 牧財産区管理会財産区管理委員の選任について、議案第91号 桐生財産区管理会財産区管理委員の選任について、議案第92号 監査委員の選任について、議案第93号 監査委員の選任について、以上5件はいずれも人事案件でありますので、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
                    (「異議なし」)
 御異議なしと認めます。
 よって、各議案は委員会付託を省略し、直ちに採決することに決しました。
 これより議案第89号 南大萱財産区管理会財産区管理委員の選任についてを採決いたします。
 お諮りいたします。
 これに同意することに賛成の方は御起立願います。
                    (賛成者起立)
 御着席願います。
 起立全員であります。
 よって、議案第89号は同意することに決しました。
 次に、議案第90号 牧財産区管理会財産区管理委員の選任についてを採決いたします。
 お諮りいたします。
 これに同意することに賛成の方は御起立願います。
                    (賛成者起立)
 御着席願います。
 起立全員であります。
 よって、議案第90号は同意することに決しました。
 次に、議案第91号 桐生財産区管理会財産区管理委員の選任についてを採決いたします。
 お諮りいたします。
 これに同意することに賛成の方は御起立願います。
                    (賛成者起立)
 御着席願います。
 起立全員であります。
 よって、議案第91号は同意することに決しました。
                   (中野治郎議員除斥)
 次に、議案第92号 監査委員の選任についてを採決いたします。
 お諮りいたします。
 これに同意することに賛成の方は御起立願います。
                    (賛成者起立)
 御着席願います。
 起立全員であります。
 よって、議案第92号は同意することに決しました。
              (中野治郎議員入場、船本 力議員除斥)
 次に、議案第93号 監査委員の選任についてを採決いたします。
 お諮りいたします。
 これに同意することに賛成の方は御起立願います。
                    (賛成者起立)
 御着席願います。
 起立全員であります。
 よって、議案第93号は同意することに決しました。
                   (船本 力議員入場)
 以上をもって本日の議事は全部終了いたしました。
 これをもって平成25年5月市議会臨時会を閉会いたします。
 御苦労さまでございました。
                   午後4時39分 閉会
   ──────────────────────────────────────────
会議録署名議員
       議   長    青  山  三 四 郎
       議   長    横  田  好  雄
       副 議 長    津  田  新  三
                古 尾 谷  雅  博
                武  田  平  吾