議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 川越町

平成26年第2回定例会(第2日 6月17日)




平成26年第2回定例会(第2日 6月17日)





 
           平成26年第2回川越町定例会会議録(第2号)





招集年月日       平成26年6月6日





招集の場所       川越町役場議場





開会          平成26年6月17日





応招議員        12名


   1番 松 岡 正 敬     2番 寺 本 由 美


   3番 寺 本 清 春     4番 ? 川 平 和


   5番 山 下 裕 矢     6番 森 谷 茂 治


   7番 早 川 正 幸     8番 早 川 宣 雄


   9番 石 川 奈々子    10番 松 岡 正 克


  11番 伊 藤 勝 也    12番 安 藤 邦 晃





不応招議員       なし





出席議員        応招議員に同じ





欠席議員        なし





地方自治法第121条規定により説明のため出席した者の氏名


   町長      川村 康治  副町長     城田 政幸


   教育長     稲田 正幸  企画情報課長  木村 光宏


   総務課長    稲垣 良夫  防災担当監   伊藤  仁


   町民保険課長  東  弘之  福祉課長    久保田吉春


   税務課長    藤田 仁志  建設課長    石川 雅英


   産業開発課長  寺本 康彦  上下水道課長  浅野 廣司


   環境交通課長  舘  博司  会計管理者兼会計課長


                          山本 正孝


   生涯学習課長  加藤 元浩  健康推進課長  新堂愉香子


   学校教育課長  諸岡  裕





本会議に職務のため出席した者の氏名


   事務局長    寺本 幹男


   書記      加藤 寛裕  書記      渡辺さと美





開議          午後1時30分





議事日程        議長は議事日程を別紙のとおり報告した。





会議録署名議員の氏名


   6番 森 谷 茂 治     7番 早 川 正 幸





議員提出議案の題目





町長提出議案の題目


 議案第25号 平成26年度川越町一般会計補正予算(第1号)


 議案第26号 川越町国民健康保険税条例の一部改正について


 議案第27号 川越町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正


        について


 議案第28号 川越町水道事業給水条例の一部改正について





議事日程


 第 1 会議録署名議員の指名


 第 2 議案第25号 平成26年度川越町一般会計補正予算(第1号)


            (総務建設常任委員会審査結果報告)


            (教育民生常任委員会審査結果報告)


 第 3 議案第26号 川越町国民健康保険税条例の一部改正について


            (教育民生常任委員会審査結果報告)


 第 4 議案第27号 川越町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の


            一部改正について


            (総務建設常任委員会審査結果報告)


 第 5 議案第28号 川越町水道事業給水条例の一部改正について


            (総務建設常任委員会審査結果報告)





              午後 1時30分 開議


○議長(安藤邦晃君) ただいまの出席議員は12名であります。


 定足数に達しておりますので、これより6月6日に引き続き会議を開きます。


 本日の議事日程はあらかじめお手元に配付したとおりであります。





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(安藤邦晃君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第126条の規定により、議長において6番、森谷茂治君と7番、早川正幸君の両名を指名いたします。


 この際、申し上げます。


 日程第2、議案第25号、平成26年度川越町一般会計補正予算(第1号)から日程第5、議案第28号、川越町水道事業給水条例の一部改正についてまでの4件につきましては、提案理由の説明及び議案の質疑は6月6日の本会議において既に終えておりますので、これを省略いたします。





◎日程第2 議案第25号 平成26年度川越町一般会計補正予算(第1号)


 日程第3 議案第26号 川越町国民健康保険税条例の一部改正について


 日程第4 議案第27号 川越町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正について


 日程第5 議案第28号 川越町水道事業給水条例の一部改正について





○議長(安藤邦晃君) この際、申し上げます。


 日程第2、議案第25号、平成26年度川越町一般会計補正予算(第1号)、日程第3、議案第26号、川越町国民健康保険税条例の一部改正について、日程第4、議案第27号、川越町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正について、日程第5、議案第28号、川越町水道事業給水条例の一部改正についてまでの4件を一括議題といたします。


 それでは、日程第2、議案第25号から日程第5、議案第28号までを各常任委員会に付託いたしておりましたが、既に審査を終えております。各議案について、各常任委員長の報告を求めます。


 まず、総務建設常任委員長の報告を求めます。


 総務建設常任委員長、寺本清春君。


○総務建設常任委員長(寺本清春君) それでは、報告をさせていただきます。


 去る6月の10日、総務建設常任委員会を開き、本委員会に付託された案件は3件でございます。審査の結果、次のとおり決定いたしましたので、会議規則第77条の規定により報告をさせていただきます。


 議案第25号、平成26年度川越町一般会計補正予算(第1号)、原案可決。


 議案第27号、川越町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正について、原案可決。


 議案第28号、川越町水道事業給水条例の一部改正について、原案可決。


 以上のとおり報告いたします。総務建設常任委員長、寺本清春。以上でございます。


○議長(安藤邦晃君) これをもって総務建設常任委員長の報告を終わります。


 次に、教育民生常任委員長の報告を求めます。


 教育民生常任委員長、山下裕矢君。


○教育民生常任委員長(山下裕矢君) それでは、教育民生常任委員会に付託された案件につきまして審査報告をさせていただきます。


 去る6月12日に本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第77条の規定により御報告いたします。


 議案第25号、平成26年度川越町一般会計補正予算(第1号)、議案第26号、川越町国民健康保険税条例の一部改正について、以上2案とも原案可決となったことを報告いたします。


 教育民生常任委員長、山下裕矢。


○議長(安藤邦晃君) これをもって教育民生常任委員長の報告を終わります。


 各委員会の諸君、大変御苦労さまでした。


 この際、申し上げます。


 各議案に対する提出者への質疑は6日の本会議において既に終えております。


 よって、質疑は、ただいま各委員長が報告しました委員長報告に対する委員長への質疑になります。


 議案第25号について、ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 質疑なしと認めます。


 これをもって質疑を終了いたします。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。


 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終了いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決であります。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


               (起 立 多 数)


○議長(安藤邦晃君) 起立多数であります。


 よって、議案第25号、平成26年度川越町一般会計補正予算(第1号)の件は、原案のとおり可決されました。


 議案第26号について、ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 質疑なしと認めます。


 これをもって質疑を終了いたします。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。


 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終了いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決であります。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


               (起 立 多 数)


○議長(安藤邦晃君) 起立多数であります。


 よって、議案第26号、川越町国民健康保険税条例の一部改正についての件は、原案のとおり可決されました。


 議案第27号について、ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 質疑なしと認めます。


 これをもって質疑を終了いたします。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。


 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終了いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決であります。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


               (起 立 多 数)


○議長(安藤邦晃君) 起立多数であります。


 よって、議案第27号、川越町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正についての件は、原案のとおり可決されました。


 議案第28号について、ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 質疑なしと認めます。


 これをもって質疑を終了いたします。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。


 ?川平和君。


○4番(?川平和君) 私は、実はこの案については反対をしようと思っておったんですが、5%に消費税も上がって、8%に上がって、次は10%に上がるというような状況の中で、いつ値上げをするか。消費税が上がったばっかりで、水道代も値上げをするちゅうのは、どうもいま一つ納得いかなかったんですけども、来年4月から水道代の値上げということ、また、10%に上がると、川越町の財政力指数自体が落っていってる中で、いつじゃあ値上げをするのかという問題になってくると思いますので、涙をのんで賛成したいと思います。


 ただし、自前の水が全然ないというのは、これは負の連鎖を招いていくだけと思いますので、それについてはぜひ自前の水を確保できるような努力をお願いして、賛成したいと思います。以上です。


○議長(安藤邦晃君) 次に、本案に対する反対討論の発言を許します。


 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。


 石川奈々子君。


○9番(石川奈々子君) 私は最初から賛成でございます。


 と申しますのは、ここに「愛知用水」という本を持っておりますが、私は知多半島で育ちました。知多半島はとても水不足で大変な思いをしました。その中を久野庄太郎さんという篤農家の方が一生懸命お金を愛知用水完成までに世界銀行からお金を借り、そして完成させたんです。そのおかげで今の東海市、知多半島の繁栄があるのです。


 ですから、水というのは、私はいつも思うんですけれど、三重県の方は随分潤沢にあるものですから、余りありがたみは感じてないということですけど、水は本当に大変なものなんです。ですから、その水を大事に私たちは後生の人たちに譲っていきたいと思いますので、今その財政力をそこへ使うというのは大変問題だと思いますので、値上げを賛成いたします。以上でございます。


○議長(安藤邦晃君) 次に、本案に対する反対討論の発言を許します。


 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。


 森谷茂治君。


○6番(森谷茂治君) 私は、この川越町水道事業給水条例の一部改正参考資料を検討して、総合的に判断して本案に賛成します。


 しかし、本案に関して意見を述べる機会がありませんでしたので、この場において参考資料をもとに私なりの意見を申し述べます。


 まず、参考資料1に関してですが、水道事業の赤字が続いていることから、水道料金の値上げが必要であることは理解できます。今回の改訂後も赤字幅は縮小されるものの、赤字解消には至りません。一般会計からの補助金は今後も必要だと思います。


○議長(安藤邦晃君) 森谷議員、これは賛成討論なんですけれども。


○6番(森谷茂治君) そうです。


○議長(安藤邦晃君) 討論、意見じゃなくて討論、賛成の討論なんですけれども、その辺、わきまえてお願いします。


○6番(森谷茂治君) ああ、そうですか、はい。


だから、いわゆる、何ですか、料金の値上げが必要ということは当然認めるわけですけれども、川越町においては近隣市町村に比べて、この水道料金は確かに安いです。だけど、他の市町村の中には口径40ミリ以上から料金が急激に高くなっていますので、つまり、一般家庭の水道料金は安くて事業所系の水道料金が高く設定しているというのが他の6市町村の感じになっております。


 だから、今回、この案には賛成はするんですが、今後も値上げ等が予想される中で、いわゆる私の意見になりますけど、口径25ミリ以下の基本料金の上げ幅は低くしていくように、また、従量料金にしても40立方メートル未満の上げ幅は低くしていくように考えていただきたい。つまり、一般家庭の水道料金の負担が重くならないように配慮をしていただきたいと思います。


 以上のような意見を申し添えた上で、本案に賛成いたします。


○議長(安藤邦晃君) 次に、本案に対する反対討論の発言を許します。


 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。


 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終了いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決であります。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


               (起 立 多 数)


○議長(安藤邦晃君) 起立多数であります。


 よって、議案第28号、川越町水道事業給水条例の一部改正についての件は、原案のとおり可決されました。


 閉会に当たって、町長より一言御挨拶の申し出がありますので、これを許します。


 川村町長。


○町長(川村康治君) 閉会に当たり、一言御礼を申し上げたいと思います。


 本定例会に上程させていただきました議案等、全て承認、または議決いただきましてまことにありがとうございました。


 いろんな意見等頂戴いたしまして、これも今後の町政に生かしていきたいというふうに考えておりますし、特に、先ほど賛成いただきました給水条例の一部改正につきましても、やはりいろんな面で平成18年度に値上げさせていただきまして、平成23年度に長良川水系の基本料金が上がったということで、そのときからいろいろと中のほうで議論はさせていただいて、時期的なことがありましてこのような本定例会においての上程というふうにさせていただきました。これをやはりほっておきますといろいろと赤字のほうも積み重なって、次の世代に負担をかけていくという思いもありまして、我々ができることはやはり少しでも次の世代に負の財産を軽くして贈ってやりたいというふうな思いがありますので、本当に皆さん方の御理解をいただきましてありがとうございました。


 この時期、梅雨ということで、大変体調もいろいろと対応しにくい時期でもありますし、梅雨が明けますとまた大雨、台風等の時期になります。それに対するやはり対応もしっかりとやっていきながら町政運営をさせていただきたいと思っておりますので、議員の皆様方におかれましても健康に十分御留意いただきまして、今後ともまた町政発展のために御尽力いただきますことをお願い申し上げまして、定例会閉会に当たっての御礼とさせていただきます。どうもありがとうございました。


○議長(安藤邦晃君) 以上をもって本定例会に付議された案件の審議は全て終了いたしました。


 これにて平成26年第2回川越町議会定例会を閉会いたします。御苦労さまでした。


              午後 1時47分 閉会





会議の経過を記載して、その相違のないことを証するため、ここに署名する。








川越町議会議長








川越町議会議員








川越町議会議員