議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 川越町

平成25年第2回臨時会(第1日 7月11日)




平成25年第2回臨時会(第1日 7月11日)





 



           平成25年第2回川越町定例会会議録(第1号)





招集年月日       平成25年7月11日





招集の場所       川越町役場議場





開会          平成25年7月11日





応招議員        12名


   1番 松 岡 正 敬     2番 寺 本 由 美


   3番 寺 本 清 春     4番 ? 川 平 和


   5番 山 下 裕 矢     6番 森 谷 茂 治


   7番 早 川 正 幸     8番 早 川 宣 雄


   9番 石 川 奈々子    10番 松 岡 正 克


  11番 伊 藤 勝 也    12番 安 藤 邦 晃





不応招議員       なし





出席議員        応招議員に同じ





欠席議員        なし





地方自治法第121条規定により説明のため出席した者の氏名


   町長      川村 康治  副町長     城田 政幸


   教育長     草薙  明  総務課長    稲垣 良夫


   建設課長    石川 雅英  生涯学習課長  加藤 元浩


   健康推進課長  新堂愉香子





本会議に職務のため出席した者の氏名


   事務局長    寺本 幹男


   書記      加藤 寛裕  書記      諸岡 愛子





開議         午後1時30分





議事日程        議長は議事日程を別紙のとおり報告した。





会議録署名議員の氏名


   1番 松 岡 正 敬     2番 寺 本 由 美





議員提出議案の題目





町長提出議案の題目


 議案第39号 工事請負契約の締結について


 議案第40号 平成25年度川越町一般会計補正予算(第3号)





議事日程


 第 1 会議録署名議員の指名


 第 2 会期の決定


 第 3 議案第39号 工事請負契約の締結について


 第 4 議案第40号 平成25年度川越町一般会計補正予算(第3号)





              午後 1時30分 開会


○議長(安藤邦晃君) ただいまの出席議員は12名であります。


 定足数に達しておりますので、これより平成25年第2回川越町議会臨時会を開会いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程はあらかじめお手元に配付したとおりであります。





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(安藤邦晃君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第126条の規定により、議長において1番、松岡正敬君と2番、寺本由美君の両名を指名いたします。





◎日程第2 会期の決定





○議長(安藤邦晃君) 日程第2、会期の決定の件を議題といたします。


 お諮りいたします。


 本臨時会の会期は、本日1日間といたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(安藤邦晃君) 御異議なしと認めます。


 よって、会期は1日間と決しました。





◎日程第3 議案第39号 工事請負契約の締結について





○議長(安藤邦晃君) 日程第3、議案第39号、工事請負契約の締結についての件を議題といたします。


 提出者から提案理由の説明を求めます。


 川村町長。


○町長(川村康治君) 議案第39号、工事請負契約の締結につきまして、提案説明申し上げます。


 本工事は、いきいきセンターの1階及びあいあいホールの空調設備等を改修するものであります。契約金額は62,832千円で、東洋熱工業株式会社三重営業所と契約締結したく提案いたします。


 以上、御説明いたしましたが、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。


○議長(安藤邦晃君) これをもって提案理由の説明を終わります。


 議案第39号について、これより質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 石川奈々子君。


○9番(石川奈々子君) 質問させていただきます。第1期と2期はいつごろなさって、いつごろ終了されましたかということと、そして、今回、第3期の請負の契約工事が全部1期から3期までトータルでどのぐらいかかりましたかということをお尋ねします。そして、どこでもそのようにしてらっしゃいますかということをお尋ねしたいんです。


 そして、まだほかにございますが、第3期に62,832千円という工事ですが、勘定をしましたら、大小合わせて73カ所あるんですね。1カ所単純な計算で割りますと、860千円という数字になるんです。その中に、保証期限のあるものもあるんじゃないかと思われますがいかがでしょうかと。


 そして、何か大きな機械の取りかえとか、ふぐあいがどうなってるのでしょうかということです。


 そして、計画について、この計画の積立金はしていたのでしょうか、どうなんでしょうかと、ダメージの場合の計画ですね。積み立てはしてたんじゃないでしょうかということをお尋ねしたいのです。


 それから、新しくしたものに、今度新しくされるというものがあると思うんです。そうした場合、省エネタイプがあると思いますが、以前より電気消費量が変わると、どのぐらい変わるのかということ。そして、その保証期間はどうなっているでしょうかということでございます。


 そしてもう一つ、いきいきセンターのことでございますが、診察にかかるときに、空調か何かの感染対策、何かなされておられるのですかということと、そして、空調がコントロールされることによって、今よりどのぐらい改善されるのか教えていただきたいです。


 以上でございます。


○議長(安藤邦晃君) 加藤生涯学習課長。


○生涯学習課長(加藤元浩君) それでは、まずこの空調工事に関する工期でございますが、当初の計画では第1期から第4期まで計画をされております。第1期については、平成23年度から始まり、昨年度平成24年度で第2期の工事を行いました。今回、この契約を行うのは第3期でございまして、26年度、来年度最終の予定となっております。この期間において空調機等に関する設備を更新するということで、総合センター全体のリフレッシュを図るということになります。


 第1期の工事につきましては、その1、その2ということで、それぞれ分けて工事をしております。こちらについては、第1期について、落札額はトータルで40,960千、平成24年度、第2期につきましては、落札額48,210千となっております。


 続きまして、それから、このような計画につきましては、どちらでもしているのかということでございますが、これにつきましては、多額な費用がかかるということと、それから、一度に工事をやりますと、利用者の方に不便をかけると、つまり、センターの機能を停止する期間が長くなるというようなおそれもございましたので、このような期間を分けての工期とさせていただきました。


 また、電気代につきましては、使う設備の電気機器につきましては、省エネタイプのほうを採用しておりまして、電気のほうにつきましても、若干なりとも省エネタイプということで、少し使用量としては減ってきておると思います。実際に申し上げますと、平成23年度から24年度に比べて、電気の使用量でいきますと、24年度は前年比96.4%、若干減っております。また、この空調設備が本格稼働いたしましたことしの1月以降につきましては、1月から6月までのトータルで、昨年、それからことし比較いたしますと、前年比で92.9%というような数字が出てきております。それだけ省エネの効果が出ておるということが数字としては出てきておると思われます。


 それから……。以上。(「積み立ては」と呼ぶ者あり)


○議長(安藤邦晃君) 稲垣総務課長。


○総務課長(稲垣良夫君) 今回の改修工事につきまして、財源の手当についての御質問にお答えさせていただきます。財源について、これについて、特にこの事業のためにということで積み立てをしてはおりませんでしたが、やはりうちの川越町の施設の老朽化等に対応するために、公共建築物の維持基金というのを設けております。この基金を財源として事業を進めさせていただいておるようにお願いさせていただいております。以上です。


○議長(安藤邦晃君) 石川建設課長。


○建設課長(石川雅英君) まず、単価のことなんですね。単価と保証、保証につきましては、瑕疵契約の関係で、設備関係につきましては、最低1年は保証するということで契約上なっております。単価につきましては、保証の単価ちゅうことですかね、おっしゃったのは。


○9番(石川奈々子君) だから、大きいあれですね、機械と小さい機械とまざって、私1、2、3と勘定してたんですけれども、特に大きなものがあれば教えていただきたいなと思いますけれど。


○建設課長(石川雅英君) この工事の中ですか。


○9番(石川奈々子君) はい、工事の。


○建設課長(石川雅英君) いきいきセンターの関係の室外機なんかはかなり大きなもんなんですけれども、一番大きいのは、やはりあいあいホールの関係のクーリングタワーそういった関係の機械が大きいと思います。


 あと全体的にこういった、室内機はもうほぼそんなにも価格が突出して大きいとか、そういったことはないように思いますけれども。以上です。


○議長(安藤邦晃君) 新堂健康推進課長。


○健康推進課長(新堂愉香子君) 石川奈々子議員さんの御質問で、診療所のことに関する御質問に対してお答えをいたします。


 現在の診療所のほうの第一診察室と、それから処置室のほうに空調設備のふぐあいが生じまして、時々起動がとまったりするというふぐあいが出てきておりますので、今回の改修工事によりまして、その点については改善されるものと思っております。


 また、感染対策のほうといたしましては、空調設備自身に殺菌効果があるとか、そういうものではございませんが、診療所エリア、それから、それ以外のエリアというところは、ドアで仕切りがございまして、ふだんは閉めてございまして、必要に応じてあけるということになっておりますので、そこで感染防止ということで努めておりますので、御理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。


○9番(石川奈々子君) それから、空調のコントロールですね。今よりよくなるんですかということですね。うんとよくなるんですね。


○健康推進課長(新堂愉香子君) はい、省エネタイプということもございますし、機器はよくなるというふうに思っております。


○9番(石川奈々子君) はい、ありがとうございます。


○議長(安藤邦晃君) ほかに質疑はありませんか。


 早川正幸君。


○7番(早川正幸君) 今回の入札方式なんですけども、これは指名競争入札か一般競争入札か、ちょっとこの資料を見た感じではわからないんで教えてください。


 それと、もう1点は、予定価格に対して制限価格がここに資料としていただいてるんですけども、83.3で設定されてますよね。これはこの入札結果で1位から3位まで、金額が随分競っての落札決定になってますけども、落札外の3社あるわけですね。この業者に対する評価っていうか、これはどういうふうに見ていますか。以上です。


○議長(安藤邦晃君) 稲垣総務課長。


○総務課長(稲垣良夫君) 早川議員の御質問にお答えさせていただきます。


 まず、1点目の、今回の入札方法はどうかという点でございますが、今回は条件つきの公募型の一般競争入札ということで、指名競争入札とは違う方法でさせていただいております。


○7番(早川正幸君) ちょっといいですか、今の、条件つき教えてください。


○総務課長(稲垣良夫君) 条件につきましては、町内業者さん、それと準町内業者さん、それと県内業者さんというふうな区別がございまして、それぞれにつきまして、総合評定値が何点以上、それと平均の完成工事高が幾ら以上というふうな条件をつけさせていただいた上で、その条件をクリアされた業者さんにつきまして、一般競争入札に参加できますよということで、公募で募らせていただいて、どなたでも条件がクリアできれば入札に入れますというふうな入札方法をとらせていただいております。


 それと、2点目の、最低制限価格につきましても、いわゆる、落札外の業者さんは今回の入札については3社ありましたということで、これにつきましては、町のほうでどのような評価をしているかというふうなことでございますが、一般的にこの工事関係の入札につきましては、最低制限価格、これ以下の額であると、入札については落札の対象外というふうな扱いで、取り扱いをさせていただいております。したがいまして、制限価格から予定価格の範囲で最低の価格の業者さんを落札業者というふうに決定させていただいておるんですが、最低制限価格につきまして、これの計算方法というのは、うちのホームページでも、川越町の計算方法を公表させていただいております。その計算方法に基づいて、業者さんはいかに最低制限価格に近くなればなるほど、これを下回らない範囲で近くなればなるほど落札ということになりますので、それぞれの業者さんが努力をされて、いろいろ計算をしていっていただいております中で、この最低制限価格の額自体は公表しておりませんので、どうしても企業努力によって最低制限価格を下回るという業者さんも出てまいりますので、そのあたりはやむを得ないのかなというふうに考えてます。したがいまして、落札外ということをもって、それに対して悪い評価というのはなかなかできないのかなというふうには考えております。以上です。


○議長(安藤邦晃君) 早川正幸君。


○7番(早川正幸君) ありがとうございます。


 説明の意味はわかるんですけども、今回、落札外、通常でいくと、もうこの仕事は自分とことってもできんなということで、意識的にどんと安い値段をつけられるケースもあるんじゃないかと、私は過去の事例から行くとそういうケースもあるわけですけども、今回、僅差で落札外の方が3社落とされたということで、制限価格の率によって振られたというような状況があって、せっかく努力されて制限価格を下回って、少しでも安い値段を出そうとされた業者に対して、どう見るかなという評価を聞きたかったんで、それはいいです、もう回答いただかなくても。今度の最低制限価格に対する率は町のほうでどういう設定されるかというのも一つありますんで、それで振られる業者が今回3社出たという、コンマ幾つのところで出たちゅうことなんで、今回はこういう基準でやられたんでやむを得ないのかなと思います。


 以上で私の質問は終わります。


○議長(安藤邦晃君) ほかに質疑はありませんか。


 これをもって質疑を終了いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第39号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(安藤邦晃君) 御異議なしと認めます。


 よって、議案第39号については、委員会の付託を省略することに決しました。


 議案第39号について、これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。


 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終了いたします。


 これより、議案第39号、工事請負契約の締結についての件を起立により採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


               (起 立 多 数)


○議長(安藤邦晃君) 起立多数であります。


 よって、本案は、原案のとおり可決されました。





◎日程第4 議案第40号 平成25年度川越町一般会計補正予算(第3号)





○議長(安藤邦晃君) 日程第4、議案第40号、平成25年度川越町一般会計補正予算(第3号)の件を議題といたします。


 提出者から提案理由の説明を求めます。


 川村町長。


○町長(川村康治君) 議案第40号、平成25年度川越町一般会計補正予算(第3号)について提案説明申し上げます。


 本案は既定の歳入歳出予算に1,400千円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ5,923,010千円とするものであります。


 まず、歳出における内容を申し上げます。最近の全国的な風疹の流行状況を勘案し、胎児に重篤な影響を及ぼす可能性のある妊婦への感染を防止するため、風疹ワクチンを接種する費用の一部について補助するため補正計上するものであります。


 歳入につきましては、県からの補助金を補正計上するとともに、繰越金にて収支の均衡を図りました。


 以上、概要を説明いたしましたが、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。


○議長(安藤邦晃君) これをもって提案理由の説明を終わります。


 議案第40号について、これより質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 早川正幸君。


○7番(早川正幸君) 6月の常任委員会、教育民生のとこで質問もさせていただいたんですけども、国の施策で風疹ワクチンの予防接種の人が急増して、追加でワクチン不足に対して各自治体で手を打てということでの今回のこういう特別補正予算だと思うんですね。川越町にとってはいち早くそういう手を打っていただいたと私は認識してるんですけども、この風疹ワクチンの接種に伴う対象の人たち、何人ぐらいでどういう量を確保されようとしてるのか、教えていただけますか。


○議長(安藤邦晃君) 新堂健康推進課長。


○健康推進課長(新堂愉香子君) 早川議員の御質問にお答えいたします。


 川越町のほうで、今回上げさせていただいた人数といたしましては、全部で276件でございます。その内訳といたしましては、まず、対象者が妊婦を予定、また希望している女性でございまして、その方につきましては182名、それから、その妊婦の夫の方につきましては76名、それから、妊婦の同居家族の方につきましては18名の方を計上させていただきました。この算出方法につきましては、県の算出方法を参考にさせていただき出させていただきましたので、御理解いただけますよう、よろしくお願いいたします。


○議長(安藤邦晃君) ほかに質疑はありませんか。


 早川宣雄君。


○8番(早川宣雄君) 私も風疹というのは、余り聞きなれなかったんですけども、新聞、テレビ等では大阪、東京のほうが多く発生しておるというようなことで、風疹の発生の要因ちゅうのか、以前、子どものころそういう風疹予防接種しなかったがために、今に影響を受けておるのかという点と、現在、川越町では風疹ワクチンの接種を今までなされておるのかどうか、大人の方が。その点、2点をお尋ねしたいと思いますけど。


○議長(安藤邦晃君) 新堂健康推進課長。


○健康推進課長(新堂愉香子君) 早川議員の御質問にお答えいたします。


 現在、風疹ワクチンが最も発生している年代は、大体20歳代から40歳代の、特に約8割が男性の方に多く発生してございます。この方たちっていいますのは、予防接種は打っていたんですけれども、1回の接種しかしていらっしゃらなかった方が多く発生してございます。現在は定期予防接種の中で2回接種することになっておりますが、この年代の方っていうのは、1回しか接種していないということが要因。また、小さいころ、中学生の女子のみにしか打っていなかったということもございまして、それで男性の方に多く発生しているっていうふうなことが要因になってございます。


 川越町のほうといたしましては、もちろん国の要綱に従いまして接種を行ってきておりますので、打ちそびれがあったということはないと思いますが、ただ、女子のみに接種していたという方に関しましては、男性については感染の危険性もあるということになってくると思います。


○8番(早川宣雄君) ありがとうございます。


○議長(安藤邦晃君) ほかに質疑はありませんか。


 これをもって質疑を終了いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第40号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(安藤邦晃君) 御異議なしと認めます。


 よって、議案第40号については、委員会の付託を省略することに決しました。


 議案第40号について、これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。


 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終了いたします。


 これより、議案第40号、平成25年度川越町一般会計補正予算(第3号)の件を起立により採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


               (起 立 多 数)


○議長(安藤邦晃君) 起立多数であります。


 よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 以上をもって本臨時会に付議された案件の審議は全部終了いたしました。


 これにて、平成25年第2回川越町議会臨時会を閉会いたします。


 御苦労さまでした。


              午後 1時37分 閉会





会議の経過を記載して、その相違のないことを証するため、ここに署名する。








川越町議会議長








川越町議会議員








川越町議会議員