議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 川越町

平成21年第2回定例会(第2日 6月19日)




平成21年第2回定例会(第2日 6月19日)





 
           平成21年第2回川越町定例会会議録(第2号)





召集年月日       平成21年6月19日





召集の場所       川越町役場議場





開会          平成21年6月19日





応招議員        14名


   1番 山 下 裕 矢     2番 森 谷 茂 治


   3番 伊 藤 勝 也     4番 水 越 政 治


   5番 早 川 正 幸     6番 早 川 宣 雄


   7番 石 川 奈々子     8番 松 岡 正 克


   9番 平 田 武 重    10番 平 塚   勝


  11番 寺 本 洋左右    12番 寺 本 克 磨


  13番 伊 藤   勝    14番 安 藤 邦 晃





不応招議員        0名





出席議員        14名





欠席議員         0名





地方自治法第121条規定により説明のため出席した者の氏名


   町長      川村 康治  教育長     水越 種夫


   総務部長    城田 政幸  民生部長    舘  善雄


   事業部長    清水 正己  企画情報課長  東  弘之


   総務課長    中村 正子  建設課長    浅野 廣司


   産業開発課長  山本 正孝  上下水道課長  伊藤  隆


   税務課長    寺本  修  福祉課長    加藤 和彦


   町民環境課長  舘  博司  会計管理者兼会計課長


                          小川 庸輔


   生涯学習課長  大久保雅生  健康推進課長  橋本 高明


   学校教育課長  久保田吉春





本会議に職務のため出席した者の氏名


   事務局長    寺本 康彦


   書記      駒田 憲保  書記      小崎由紀子





開議          午後1時30分





議事日程        議長は議事日程を別紙のとおり報告した。





会議録署名議員の氏名


   12番 寺 本 克 磨    13番 伊 藤   勝





町長提出議案の題目


  議案第40号 平成21年度川越町一般会計補正予算について(第1号)





議事日程


 第 1 会議録署名議員の指名


 第 2 議案第40号 平成21年度川越町一般会計補正予算(第1号)


            (総務建設常任委員会審査結果報告)


            (教育民生常任委員会審査結果報告)





               午後 1時30分 開議


○議長(安藤邦晃君) ただいまの出席議員は14名であります。


 定足数に達しておりますので、これより6月9日に引き続き会議を開きます。


 本日の議事日程はあらかじめお手元に配付したとおりであります。





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(安藤邦晃君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第119条の規定により、議長において12番、寺本克磨君と13番、伊藤勝君の両名を指名いたします。


 日程第2、議案第40号、平成21年度川越町一般会計補正予算(第1号)につきましては、提案理由の説明及び議案の質疑は6月9日の本会議において既に終えておりますので、これを省略いたします。





◎日程第2 議案第40号 平成21年度川越町一般会計補正予算(第1号)





○議長(安藤邦晃君) 日程第2、議案第40号、平成21年度川越町一般会計補正予算(第1号)は、各常任委員会に付託いたしておりましたが、既に審査を終えております。各常任委員長の報告を求めます。


 まず、総務建設常任委員長の報告を求めます。


 総務建設常任委員長、伊藤勝也君。


○総務建設常任委員長(伊藤勝也君) 去る6月11日、総務建設常任委員会を開催し、本委員会に付託された案件は、審査の結果、会議規則第77条の規定により、議案第40号、平成21年度川越町一般会計補正予算(第1号)は、原案のとおり賛成多数により可決されましたので、ご報告申し上げます。総務建設常任委員長、伊藤勝也でございました。


○議長(安藤邦晃君) 次に、教育民生常任委員長の報告を求めます。


 教育民生常任委員長、松岡正克君。


○教育民生常任委員長(松岡正克君) それでは、教育民生常任委員会の報告をいたします。


 平成21年6月15日、川越町議長、安藤邦晃様。教育民生常任委員長、松岡正克。委員会審査報告書。本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第77条の規定により報告します。


 議案第40号、平成21年度川越町一般会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決されました。以上でございます。


○議長(安藤邦晃君) これをもって教育民生常任委員長の報告を終わります。


 各委員会の諸君、大変ご苦労さまでした。


 この際、申し上げます。議案に対する提出者への質疑は、9日の本会議において既に終えております。よって、質疑は、ただいま各委員長が報告しました委員長報告に対する委員長への質疑になります。


 それでは、議案第40号について、ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


 早川正幸君。


○5番(早川正幸君) 総務建設常任委員会の関係で伊藤勝也委員長に2点ほど質問をさせていただきます。


 先ほど総務建設常任委員会に付託され、賛成多数で可決されたという報告がございました。本案件は、5月の27日の臨時議会終了後、全員協議会で執行部より資料説明があり、またその後、議員協議会が開催されまして、再度執行部から説明があり、土地購入について異議を唱える議員も多く、方向性が出ないまま6月9日の定例会で上程されて本日に至っているというのが経緯と思われます。


 質問の内容なんですけども、特に賛成をとる段階で、議事日程に書いてありますが、少数意見の尊重の精神というのがあるわけですけども、今回の案件については数度の審議、委員間での意見も交換され、重要案件と私は認識をしておるとこでございます。総務建設常任委員会にも傍聴をさせていただいて、そのときに白熱した議論もございましたが、審議内容が見えないまま、このまま採決に至るというのはいかがなものかなと思うわけでございます。少数意見の保留という手段があるわけですけども、このときに少数意見の保留を提案された委員が見えなかったのかもわかりませんけども、委員長として少数意見を保留して、この本会議でどういう意見があったかというのを皆さんに伝える必要があるんじゃないかなと思われますので、そのことについて伺いたいと思います。これが第1点でございます。


 それから第2点は、本案では、執行部の説明では資料館の建設ということで説明がございましたが、先ほどの審議の中で、委員間で意見が出、今後2年から3年かけて町民の意向を聞き、議員の意見も聞いてその目的に沿うような多目的な利用を検討していきたいという意見が出されておりますが、先ほどの報告では、附帯事項というのも今回ついてませんのでね。本来ならば附帯事項をつけて執行部サイドに我々の意見を伝える必要があるんじゃないかなと、これは拘束力はございませんが、こういう重要案件についてはそれが必要じゃなかったかなと思われます。例えば緊急避難場所を確保したらどうかとか、福祉施設を建てたらどうかとか、私は北部地域に住民票や印鑑証明をとれるような端末機器を置いて、そこがデポになるような機能を持たせたいいんじゃないかといろいろ提案をさせていただいてますが、その種の内容を附帯事項として組み入れていくべきじゃなかったかなと思われますので、この辺の議論がなかったのかどうか、委員長にお伺いしたいと思います。その2点でございます。


○議長(安藤邦晃君) 伊藤勝也君。


○総務建設常任委員長(伊藤勝也君) 先ほどの早川正幸議員の質問に対してお答え申し上げます。


 1番目の件でございますけど、結論をまず申し上げます。少数意見の留保という留保権はもちろんございます。確かにありますけど、常任委員会を開きましたところ、どの委員さんからもそういう提案がされておりませんので、必要ないというふうに判断させていただきました。


 それと、なお、委員長自身は配慮がないというような表現をされてますけど、委員長については中立の立場でございますので、そこらの誘導するような発言については委員長としてはできませんので、よろしくお願いしたい。


 それから、2件目の本案の件の土地購入の目的についてということで附帯決議をどうのこうのということですけど、これも先ほどと同じように、委員長の方から誘導するわけにございません。それから各委員の方からそのような意見も出ておりませんので、そのまま一応常任委員会では承認されましたということで、附帯決議についてはこちらの方に上程はさせていただきませんでした。以上でございます。よろしくお願いします。


○議長(安藤邦晃君) よろしいですか。


 早川正幸君。


○5番(早川正幸君) 要望はできますか。


○議長(安藤邦晃君) いや、質問もいいですよ。2回まではいいです。


○5番(早川正幸君) ありがとうございます。わかりました。先ほど伊藤委員長の説明で、そうかなと私も理解はできるとこでございます。ただ、委員長が発言できないというのは、私はそうじゃないと思ってますんでね。これは副委員長もみえますので、発言の機会、自分の意思はその常任委員会で出せるということを私は承知してますので、そういう手順を踏めばできんことはないと。ただ、今回の場合、賛否をとる段階で同数であれば委員会の委員長の決裁を問うんですけども、そうじゃない中で、できれば何か議論に加わってもらえればよかったかなと思われますので、要望します。今後の委員会運営のことで、これは必要だと私は見てますので、よろしくお願いします。


○議長(安藤邦晃君) ほかに質疑はありませんか。


 平塚議員。


○10番(平塚 勝君) 総務建設常任委員長にお伺いします。


 先日の委員会はご苦労さまでございました。覚書にありましたとおり、あとの残務整理、1年か2年かかかる、それは私は了としますし、わかります。どこの企業においても残務整理は必要であろうと思う。また組合員が若干、13人か、何人かわかりませんけど、みえる、その方々の他のエリアへ行って操業する、そういった面においてもいろいろと組合長は責任持って働く。そういった期間のなにはわかりますが、土地の価格ですね、これについては鑑定士において鑑定されたが、その鑑定の状況がやはり1年前とか、そういったものに対しての意見、内容が委員会でどのように協議されたのか、委員会で慎重審議されたと思うが、その内容についてちょっとわかりましたらお伺いしたいと思います。


○議長(安藤邦晃君) 伊藤勝也君。


○総務建設常任委員長(伊藤勝也君) 先ほどの平塚議員のお答えを差し上げたいと思います。


 鑑定料につきましては、今回は対象になっておりません。3月議会のときに鑑定料の話がされておるということで、そこで十分私は審議されておるというふうに解釈しておりますので、今回の質問に対してはお答えすることができませんので、ひとつよろしくお願いします。


○議長(安藤邦晃君) 平塚 勝君。


○10番(平塚 勝君) 大変失礼しました。そういう覚書の内容についてをちょっとお伺いしたかったもんで、委員会での話がどのように出たのかお聞きしたかったので、お聞きしただけでございます。以上で終わります。


○議長(安藤邦晃君) ほかに質疑はありませんか。


 これをもって質疑を終了いたします。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


 平田武重君。


○9番(平田武重君) 私の意見でございますけど、本件に関して私は反対に回った方でございます。それで反対した理由でございますけども、3つございまして、今、早川正幸議員が言われましたように使用目的がはっきりしなかった、それともう一つ、今、平塚議員が言われましたように価格面、それともう一つ、購入契約するのがなぜ6月なのか。これは覚書が6月がだめなら白紙に戻そうという項目が1項入っておりました。私はいろいろ常任委員会でも6月で決めなくても、本年度の予算だから9月ないし12月でいいじゃないかと、こういうことを申し上げましたけども、議会がそのまま進んでいきまして、採決になって可決したわけでございますけども、その3件の目的がはっきりしなかったために私は反対をさせていただきました。以上でございます。


○議長(安藤邦晃君) 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。


 石川奈々子君。


○7番(石川奈々子君) 私は、機会というものはそうたびたびあるものではありません。漁業組合の方々のご恩に報いるのによいチャンスではないかと思います。以上でございます。


○議長(安藤邦晃君) 次に、反対討論の発言を許します。


 早川宣雄君。


○6番(早川宣雄君) 先日の常任委員会でも意見を述べさせていただきまして、その意見が委員長報告に入ってなかったもんで、反対討論を今回させていただきます。


 川越町は不動産業者でも何もないわけでございまして、当該取得用地の利用計画が固まった段階での用地取得ならわかるわけでございますが、現時点での取得については反対するものであります。


 また、町政にかかわる議会議員として、本案が可決され用地が購入されれば、今回の事例に倣い、今後、町に不動産の購入を求めてくるケースが起きないかと心配しております。今回の用地取得により、町として、行政として、将来に向けて不要な土地を押しつけられるというようなリスクを負うことになるのではないかなと、このように思います。本件が前例とならないように願って、討論を終わります。


○議長(安藤邦晃君) 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。


 伊藤 勝君。


○13番(伊藤 勝君) 私は賛成をさせていただきます。なぜならば、今回、漁業組合の皆さんもきょう傍聴をいただいておりまして、私もびっくりしたんですが、傍聴はないというふうに思ってたんでございますが、来ていただいておったということも含めて、この39,907千円の予算執行でありますが、当然3月議会では鑑定料といたしまして予算153千円、執行額といたしまして139千650円、これを私たちが私ども議会として可決をいたしております。前町長の山田町長の提案理由にもありましたし、常任委員会で委員会付託までして私どもは議論をしたわけでございます。本来ならば、39,907千円の今回の6月度に上げられました予算については、当然私どもが賛成すべきであると私は思うわけでございます。


 なぜならば、私も20数年こういう議会議員の活動をさせていただいておりますが、川越町の海面埋め立て事業完成日記念碑という、これはちょうど写真に撮ってきまして改めてこの偉大さといいますか、それこそ大先輩の皆さんのこの完成記念碑に込められたことが、意味合いがよくわかるわけであります。時間もなんでございますが、ちょっと読み上げさせていただきます。


 川越町海面埋め立て事業完成記念碑。この埋立地167?は昭和34年の伊勢湾台風による未曾有の大災害を契機に、住民を水害から守る役目と企業誘致による地域の発展と住民福祉の願いを込めて造成されたものである。この埋め立て事業は、国、県及び当時の村議会、漁業権者等の理解と協力なくして果たせなかったが、特に次の3人の功労が大きかった。いわゆる漁業権を持ってみえる方が多大に大きな協力をされたということが記念碑に書いてあります。当時の宮田完一村長は、住民を守り、幸せにするには埋立地の造成以外にないとの信念のもとに、その実現に向かって尽力された。当時の三井不動産株式会社、江戸英雄社長は、事業費の全額、埋め立て、建てかえ等の英断をもって事業の完成に尽力された。当時の鈴村勝行川越村顧問は、当村と国、県及び三井不動産株式会社などの調整に当たり、事業の推進に尽力された。現在この埋立地には三重県北勢沿岸流域下水道北部浄化センターを初め中部電力株式会社川越火力発電所等が建設されて、地域発展に寄与している。ここに功労者に深く感謝するとともに、住民が幾久しく幸せに暮らせる願いを込め、また所期の目的が達成されることを祈念してこの碑を建立すると。埋立起工日、昭和42年11月8日。埋立完成日が昭和48年5月29日でございます。記念碑の建立は、当然私もこの中で建立のときの記念に、平成6年11月吉日でございますが、これにも参加しております。


 以上、いろいろ申し上げましたけれども、私どもが今ある、財政力もよろしいけれども、本当にそのご恩を感じたときには、ぜひともあと2年、3年、皆さんと汗を流して町民の皆さんの意見を聞きながらこの土地の活用を考えていったらいかがなものかと、こういうふうに私は思っておりますので、これは私は堂々と賛成していきます。以上でございます。


○議長(安藤邦晃君) 次に、本案に対する反対討論の発言を許します。


 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。


 これをもって討論を終了いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決であります。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


               (起 立 多 数)


○議長(安藤邦晃君) 起立多数であります。


 よって、議案第40号、平成21年度川越町一般会計補正予算(第1号)の件は、原案のとおり可決されました。


 閉会に当たって、町長より一言ごあいさつの申し出がありますので、これを許します。


 川村町長。


○町長(川村康治君) 閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 本定例会につきましては、私が町長に就任いたしまして初めての定例会になりましたが、ご審議いただきました議案等につきまして、すべて原案のとおり可決していただきまして、まことにありがとうございました。会期中に承りました意見等につきましては、今後の町政執行に当たり十分反映、対処してまいりたいと考えておりますので、一層のご指導をお願い申し上げます。


 今後におきましては、人と町が元気になるまちづくりを誠心誠意取り組んでまいる所属でございますので、今後とも議員各位のご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。これをもちまして閉会のごあいさつとさせていただきます。本当にありがとうございました。


○議長(安藤邦晃君) 以上をもって本定例会に付議された案件の審議はすべて終了いたしました。


 これにて平成21年第2回川越町議会定例会を閉会いたします。


 ご苦労さまでした。


              午後 1時56分 閉会





会議の経過を記載して、その相違のないことを証するため、ここに署名する。








川越町議会議長








川越町議会議員








川越町議会議員