議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 川越町

平成19年第2回定例会(第2日 6月19日)




平成19年第2回定例会(第2日 6月19日)





 
          平成19年第2回川越町定例会会議録(第2号)





召集年月日       平成19年6月19日





召集の場所       川越町役場議場





開会          平成19年6月19日





応招議員      14名


   1番 伊 藤 勝 也     2番 水 越 政 治


   3番 早 川 正 幸     4番 早 川 宣 雄


   5番 石 川 奈々子     6番 平 田 武 重


   7番 平 塚   勝     8番 寺 本 洋左右


   9番 寺 本 克 磨    10番 川 村 康 治


  11番 飯 田 勝 祐    12番 伊 藤   勝


  13番 安 藤 邦 晃    14番 松 岡 正 克





不応招議員        0名





出席議員        14名





欠席議員         0名





地方自治法第121条規定により説明のため出席した者の氏名


   町長      山田 信博  収入役     陣田 喜哉


   教育長     水越 種夫  総務部長    山下 健次


   民生部長    舘  善雄  事業部長    清水 正己


   企画情報課長  城田 政幸  総務課長    山本 正孝


   産業開発課長  森川 正美  建設課長    寺本  修


   上下水道課長  橋本 高明  税務課長    久保田吉春


   町民環境課長  加藤 和彦  福祉課長    東  弘之


   会計課長    大久保雅生  生涯学習課長  小山 秀夫


   学校教育課長  伊藤  隆  健康推進課長  小川 庸輔


本会議に職務のため出席した者の氏名


   事務局長    森田  昭


   書記      藤田 仁志  書記      小崎由紀子





開議          午後1時30分





議事日程        議長は議事日程を別紙のとおり報告した。





会議録署名議員の氏名


   5番 石 川 奈々子     6番 平 田 武 重





議員提出議案の題目





町長提出議案の題目


  議案第37号 平成19年度川越町一般会計補正予算(第1号)


  議案第38号 川越町消防団員等公務災害補償条例の一部改正について


  議案第39号 川越町立川越学校給食共同調理場設置条例の一部改正について


  議案第43号 工事請負契約の締結について





議事日程


 第 1 会議録署名議員の指名


 第 2 議案第37号 平成19年度川越町一般会計補正予算(第1号)


            (総務建設常任委員会審査結果報告)


            (教育民生常任委員会審査結果報告)


 第 3 議案第38号 川越町消防団員等公務災害補償条例の一部改正について


            (総務建設常任委員会審査結果報告)


 第 4 議案第39号 川越町立川越学校給食共同調理場設置条例の一部改正について


            (教育民生常任委員会審査結果報告)


 第 5 議案第43号 工事請負契約の締結について


 第 6 議会運営委員会の閉会中の継続調査について





              午後 1時30分 開議


○議長(松岡正克君) ただいまの出席議員は14名であります。


 定足数に達しておりますので、これより、6月8日に引き続き会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(松岡正克君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第119条の規定により、議長において5番、石川奈々子君と6番、平田武重君の両名を指名いたします。


 この際、申し上げます。


 日程第2、議案第37号、平成19年度川越町一般会計補正予算(第1号)から、日程第4、議案第39号、川越町立川越学校給食共同調理場設置条例の一部改正についてまでの3件につきましては、提案理由の説明及び議案の質疑は、6月8月の本会議において既に終えておりますので、これを省略いたします。





◎日程第2 議案第37号 平成19年度川越町一般会計補正予算(第1号)


 日程第3 議案第38号 川越町消防団員等公務災害補償条例の一部改正について


 日程第4 議案第39号 川越町立川越学校給食共同調理場設置条例の一部改正について





○議長(松岡正克君) この際、申し上げます。


 日程第2、議案第37号、平成19年度川越町一般会計補正予算(第1号)、日程第3、議案第38号、川越町消防団員等公務災害補償条例の一部改正について、日程第4、議案第39号、川越町立川越学校給食共同調理場設置条例の一部改正についてまでの3件を一括議題といたします。


 それでは、日程第2、議案第37号から日程第4、議案第39号までを各常任委員会に付託いたしておりましたが、既に審査を終えております。各議案について、各常任委員長の報告を求めます。


 まず、総務建設常任委員長の報告を求めます。


 総務建設常任委員長、寺本克磨君。


○総務建設常任委員長(寺本克磨君) 総務建設常任委員長、寺本克磨でございます。


 報告いたします。


 総務建設常任委員会審査報告書。川越町議会議長、松岡正克様。総務建設常任委員会委員長、寺本克磨。


 審査報告。本委員会に付託されました案件は、審査の結果、次のとおり決定しましたので、会議規則第77条の規定により報告いたします。日時及び場所、19年6月12日午前6時から4階会議室。出席者、本委員会委員7名全員です。町長、収入役、総務部長、事業部長、総務課長、建設課長、及び関係職員、議会事務局長、事務局職員。付託案件。1、議案第37号、平成19年度川越町一般会計補正予算(第1号)。歳入、所管事項。歳出、2款、総務費。2、議案第38号、川越町消防団員等公務災害補償条例の一部改正について。審査の内容及び審査報告。当委員会に付託されました案件は2議案であります。各議案について、それぞれの所管の各課長より詳細な説明を受けた後、各委員より活発な質疑があり、慎重に審査しました。その結果、賛成多数にて、本案は、原案のとおり可決すべきものと決しました。以上でございます。


○議長(松岡正克君) これをもって、総務建設常任委員長の報告を終わります。


 次に、教育民生常任委員長の報告を求めます。


 教育民生常任委員長、早川宣雄君。


○教育民生常任委員長(早川宣雄君) 委員会審査報告を行います。


 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第77条の規定により報告します。


 また、当日、飯田勝祐君より教育民生常任副委員長の辞任願が提出されましたので、委員会に諮り、辞任願は、当分の間委員長預かりと決しましたので、あわせて報告します。


 審査結果、議案第37号、平成19年度川越町一般会計補正予算(第1号)、原案可決。議案第39号、川越町立川越学校給食共同調理場設置条例の一部改正について、原案可決。


 以上、報告いたします。


○議長(松岡正克君) これをもって、教育民生常任委員長の報告を終わります。


 各委員会の諸君、大変ご苦労さんでした。


 この際、申し上げます。


 各議案に対する提出案の質疑は、8日の本会議において既に終えております。よって、質疑は、ただいま各委員長が報告いたしました委員長報告に対する委員長への質疑になります。


 それでは、議案第37号について、ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。


 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。


 これより討論に入ります。まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。


 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終了いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


               (起 立 多 数)


○議長(松岡正克君) 起立多数であります。よって、議案第37号、平成19年度川越町一般会計補正予算(第1号)の件は、原案のとおり可決されました。


 議案第38号について、ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。


 これより討論に入ります。まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。


 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終了いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決であります。本案は、委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


               (起 立 多 数)


○議長(松岡正克君) 起立多数であります。よって、議案第38号、川越町消防団員等公務災害補償条例の一部改正についての件は、原案のとおり可決されました。


 議案第39号について、ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。


 これより討論に入ります。まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。


 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終了いたします。


 本案に対する委員長の報告は、可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


               (起 立 多 数)


○議長(松岡正克君) 起立多数であります。よって、議案第39号、川越町立川越学校給食共同調理場設置条例の一部改正についての件は、原案のとおり可決されました。





◎日程第5 議案第43号 工事請負契約の締結について





○議長(松岡正克君) 日程第5、議案第43号、工事請負契約の締結についての件を議題といたします。


 提出者から提案理由の説明を求めます。


 山田町長。


○町長(山田信博君) 議案第43号の提案説明を申し上げます。


 本工事は、平成18年度に竣工した新給食センター敷地の東に隣接して、町立児童館を建設するものであります。建物は鉄骨づくり平家建てで、合計延べ面積が617.78平方メートルとなっております。契約金額は163,275千円で、松岡建設株式会社と契約締結したく、提案をいたしました。


 以上ご説明いたしましたが、何とぞよろしくご審議のほどをお願いをいたします。


○議長(松岡正克君) これをもって提案理由の説明を終わります。


 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。


 どうぞ、早川君。


○3番(早川正幸君) 今回、工事の締結についての質疑ですので、前に設計段階で、この児童館のつくる理由とかというのは、これは説明があったと思われますけども、今回指名競争入札にされた理由ですね。地域公募型とは聞いているんですけども、指名入札と地域公募型の一般競争入札と、どういう基準でこれを振り分けされて決めるのかというのが、わかれば、1点、教えてください。


 それと、辞退されている業者さんがみえるわけですけども、この辞退された理由、どういう理由で辞退されたか。


 あと、今回、川北の地域の児童館ということですけども、南の計画があるのかないのか。時期がわかれば、その辺のことも含めて、以上、3点お願いします。


○議長(松岡正克君) 山本総務課長。


○総務課長(山本正孝君) まず1点目、辞退の理由について説明いたします。


 辞退の理由につきましては、入札業者より事前に入札の辞退届がございまして、辞退の理由といたしましては、積算の結果、予定価格の範囲内に見積価格が達しないというような理由でございました。


 それから、もう1点の入札、地域公募型の入札につきましては、地域公募型の入札をしまして、地域要件あるいは技術要件、それと県の経営事項審査の結果の点数によって、今回指名の方法を行ってございます。地域要件につきましては、四日市、桑名建設事務所管内に建設業法に基づく本店または支店、営業所を有する者を対象にしてございます。技術要件についても、建設業法に基づきます特定建設業の許可を受けている者等を条件として、今回、地域公募型指名競争入札の方で執行をしているわけでございます。


○町長(山田信博君) 南のことですけれども、南については、もしできたら今年中に、今年の19年度中に用地等の手当ての事前ができれば、そういう考え方も持っておりますし、また、これもやはり今までの児童館を要するに見るということも一つはありますけども、今後は1小学校に1ということの関係で、国等の補助等も見合わせていくべきではないかということも考えておりますので、近い将来には南の方にも建てていきたいということを思っております。以上です。


○議長(松岡正克君) 早川正幸君。


○3番(早川正幸君) ありがとうございました。説明を聞いてよくわかりました。


 今回、学童クラブと入居が同居ということもありますし、将来的に児童センターですか、に川越町も恐らく構想としてはあると思われますんで、いい教育の場所として大いに頑張っていただきたいなと思います。以上で終わります。


○議長(松岡正克君) ほかに質疑ありませんか。


 石川奈々子君。


○5番(石川奈々子君) 図書と資料コーナーがありますが、これは開館予定はどのようになっておられますか。第1点ですね。


 それから、建物の割合に広場が少ないということがどのようになっているのか。建物、敷地、緑地のバランスですけれど、どのようにお考えでしょうか。


 それから、定員ですね。何人ぐらいですかということと。


 それから、工場にも緑化法というのがありますけれど、川越町は緑が少ないものですから、住宅と隣接しているところとか、外周には、町の施設には緑化が欲しいと思いますけど、どのようになさっておられるかということと。


 もう一つ最後に、先ほど言いましたが、私、あそこに10分ほどとまって見ておりました。そうしましたら、かなりの車が通りました。たまたまよく通ったのかもわかりませんけれど、10分ぐらいで10台の車が通りました。信号、退避車線もありませんので、どのようにお考えですか。以上です。


○議長(松岡正克君) どなたか回答をお願いします。


 福祉課長。


○福祉課長(東 弘之君) 石川議員のご質問にお答えします。


 開館予定につきましては、平成20年の4月1日を予定しております。


 広場につきましては、ちょっと近隣の同規模のところへ行きましたけれど、今回の当町の広場の広さは、他の町と比べましてかなり広いものと思っております。


 それと、施設の利用定員でしたね。施設の利用定員につきましては、児童館の国の施設基準につきましては、保育所などと違いまして定員に関する基準はございませんが、消防法による収容人員は128名ということでございます。


○5番(石川奈々子君) それから、いいですか。もう一つ、済みません。これはでき上がってから……。


○議長(松岡正克君) もう一度答えてやってください。


 石川奈々子君。


           (「これは工事契約か」と呼ぶ者あり)


○5番(石川奈々子君) ええ、工事契約だと思いますが、今ここで質問させていただきますけれども、開館は20年4月ということですけれども、皆さんが大変期待しておられますので、日曜日開館するのか、月曜日はお休みになるのか、ちょっと朝日との対比がありますのでお伺いしたいと思います。皆さんに答えたいと思いますので、この際に質問させていただきます。


○議長(松岡正克君) 東福祉課長。


○福祉課長(東 弘之君) 今回、当町の児童館の休館日並びに開館時間につきましては、今後、町の子育て支援に関します関係機関の皆様のご意見をいただきながら、今言われましたように、近隣市町村の状況などを検討して運営規則等を作成いたしまして、皆様にお示しさせていただきたいと思っております。


 なお、近隣の児童館につきましては、休館日は、ほとんどのところが1週間のうち1日ということで、プラス祝日、年末年始となっております。


 それと開館時間につきましては、大半のところが午前9時から午後6時までというふうでございます。以上でございます。


○議長(松岡正克君) ほかに質疑はありませんか。


○5番(石川奈々子君) ありがとうございました。皆さんに尋ねられますので、伺いたいと思いました。以上です。


○議長(松岡正克君) 平塚 勝君。


○7番(平塚 勝君) 契約についてお伺いします。


 契約のときに、下請の業者、そういった者の条件というのは、そういうのは契約の内容に含まれておるのかないのか。わかっておったらちょっとご答弁願います。


○議長(松岡正克君) 清水事業部長。


○事業部長(清水正己君) 下請についてお答えをいたします。


 まず、今回の請負契約の条件につきましては、下請の条件はございません。ただ、施工に当たりまして、下請の届けを出して承認を得るという手続はありますので、ひとつよろしくお願いをいたします。以上です。


○議長(松岡正克君) ほかに質疑はありませんか。


 寺本洋左右君。


○8番(寺本洋左右君) 今回のこの児童館の補助金の内示が5月の末には報告できるという話を聞いとったんですが、この補助金は大体何%ぐらいの補助金が出るか、答弁願います。


○議長(松岡正克君) 東福祉課長。


○福祉課長(東 弘之君) 今回の施設整備につきましての補助金につきましては、ご指摘のとおり、5月30日付で国から補助金の交付決定を受けております。種類は、児童厚生と福祉施設整備補助金でございまして、国県合わせまして23,708千円でございます。以上でございます。


○議長(松岡正克君) ほかに質疑はありませんか。


 伊藤 勝君。


○12番(伊藤 勝君) 2点ほどお尋ねをいたします。


 第1点目につきましては、これは地域型公募制ということでの指名競争入札でございます。私も一般質問では、とにかく第三者機関の監視制度を設けてほしいと、こういう一般質問をさせていただいておりますが、指名競争に対する考え方をどう思っておるのか、第1点に聞きたいんです。


 それから2点目につきましては、私ども、平成18年1月に、そういう、非常に収賄事件で事故がありました。で、あの、いわゆる収賄罪で逮捕された。こんなことは二度あってはならないことでございまして、私の尋ねたいことは、一般的にも官製談合防止法がございますように、あっせん利得処罰法もございます。そういう不正談合、いわゆるそういったことが起きたときには指名停止処分というのは、非常に全国的に高まっております。当町はどう考えておられるか。


 この2点を聞きます。


○議長(松岡正克君) 伊藤 勝君にお尋ねします。この件は、工事請負契約に関係しておりますか。


○12番(伊藤 勝君) はい、重要なことだと思っておりますので、関連質問でお願いします。


○議長(松岡正克君) どなたか。


 町長。


○町長(山田信博君) 伊藤議員が言われるのは、一般質問のときに当然答弁してございましたので、それをご理解をいただきたいということと、そして、これは公募制ですのでね、こちらが指名しておりません。公募制で、先ほど部長が言いましたように、こういう形でこういう手法で公募するという形ですので、今、伊藤議員の言われたことは当てはまらないと思いますし、そして、過日のそういう収賄罪、それについても当てはまらないというふうに思っておりますので、ご理解をいただきたいと思います。以上です。


○議長(松岡正克君) 伊藤 勝君。


○12番(伊藤 勝君) 当てはまるとかはまらんということを私は聞いておりません。いわゆる私どもはこの工事に関して、また、入札にかかわることに関しては、議員は非常に関心も当然していかなきゃいけないし、そういうことから、一般競争入札をどういうふうにこれから将来考えていくかということを聞いておるんです。これは関係あるとかないとか、そういう談合があったとかないとかは関係ないことでございますけれども、将来の方向性でそういうことを考える、こういうことの質問なんですが、直接それは考えてみれば、関係あるとかないとかということになりますけれども、しかし、やっぱり入札のことはこれから大事ですので、その方向性がもしわかればちょっと聞きたいと思います。


○議長(松岡正克君) 清水部長。


○事業部長(清水正己君) 指名競争入札の関係にお答えをいたします。


 今現在、実務者レベルの関係で調節をしておりますところがあります。といっていいますのも、現在の川越町の建設工事要領ということで定まっておりますけれども、それが、今現在のところ、5,000千円以上が地域公募型指名競争入札という形で適用をしております。5,000千円まではといいますと、指名競争入札を現在適用をしております。これを、できたら事業部といたしましては、本年度中に法的な整備が整えば、条件つき一般競争入札に切り替えしていってほしいと。すべての工事についてそういった適用で方向性を定めていきたいというふうにお願いをしておりまして、現在、この各近隣の市町村のそうした入札の執行状況をちょっと勉強しまして調査をしている最中でございますので、ひとつよろしくお願いをいたします。以上です。


○議長(松岡正克君) 伊藤 勝君。


○12番(伊藤 勝君) 今、事業部長が答弁ありましたように、やはりそういう答弁をこれからいただきたいと思います。以上です。


○議長(松岡正克君) ほかに質疑はありませんか。


 早川宣雄君。


○4番(早川宣雄君) 今回の入札に参加業者は9社、1社辞退ということでございますが、入札参加業者の具体的な募集方法というんか、も、官報か建設業界紙に掲載するだけなのか、その辺についてお伺いしたいのと。


 現在、今、部長は5,000千とおっしゃいましたが、5,000千以上の入札参加資格を持っておる業者は、現在何社あるのか、こういう点をお伺いしたいのと。


 それと、現在、予定価格を公表、当町はしておるわけでございますが、この公表については、功罪相半ばするものがあろうかなと、このように思っております。今回の落札率も97.3%と、非常に落札率が高いように私は受けとめております。参考までに、三重県下の入札について、予定価格を公表しておる県、市、町の割合等を把握してみえたらお伺いしたい。


○議長(松岡正克君) 山本総務課長。


○総務課長(山本正孝君) お答えします。


 まず、工事の公表の件でございますが、これにつきましては、ホームページと、それから建設新聞の方でしております。


 それで、あと、資格のある者については、ちょっと今わかりません。


○4番(早川宣雄君) 現在、登録してみえる業者ってあるのんと違いますか。


○総務課長(山本正孝君) 登録業者はございます。


○4番(早川宣雄君) 何社あって、今回9社だったのかちゅうこと。


○総務課長(山本正孝君) 登録業者はありますけれども、その方が全員全部資格があるかないかちゅう件数は、今ちょっと持ってませんけども、今回その資格がある方は、その条件が地域条件がついてございますので、それに合致すればどなたでも参加できるという形になってございます。


 それと、あと、予定価格の公表でございますけれども、当然、当町においては公表はしてございます。それで、三重県下どのぐらいの割合で公表しているかということにつきましても、今、資料を持っていませんので、ちょっとわかりません。


○4番(早川宣雄君) ああ、そうですか。また後で結構ですので、お願いします。


○議長(松岡正克君) ほかに質疑はありませんか。


 これをもって質疑を終了いたします。


 これより討論に入ります。まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。


 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終了いたします。


 これより、議案第43号、工事請負契約の締結についての件を起立にて採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


               (起 立 多 数)


○議長(松岡正克君) 起立多数であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。





◎日程第6 議会運営委員会の閉会中の継続調査について





○議長(松岡正克君) 日程第6、議会運営委員会の閉会中の継続調査についての件を議題といたします。


 それでは、議会運営委員長から、所管事務のうち、会議規則第73条の規定により、お手元に配付いたしました事項について閉会中において調査したい旨の申し出があります。


 お諮りします。


 委員長からの申し出を承認することにご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○議長(松岡正克君) 異議なしと認めます。よって、委員長からの申し出を承認することに決しました。


 閉会に当たって町長より一言ごあいさつの申し出がありますので、これを許します。


 山田町長。


○町長(山田信博君) 19年度の6月ということで、これは恐らく川越町の歴史の中で大きな汚点を残したということは間違いございません。


 それで、やはり公人としての考え方を十分反省して議員の皆様の辞職勧告決議案を出された以上、真剣に考えていただきたいということと、もう1点、6月の3日に、国土交通大臣杯ということで、全国・離島交流ゲートボール親善大会が佐渡でございました。全国で川越町が優勝してまいりました。これも本当に川越町にとってはいいことである。その反面、悪いこともあった。これは本当に町民が皆怒っておると思います。そういうことを素直に受けて、やはり決断をすべきときは決断をすべきというふうに我々は思っておりますので、今後の町政につきましては、議員各位の、そしてまた住民の福祉向上のためにも、職員一同、そして議員一同も頑張っていただきたいということで、お礼を申し上げたいと思います。


 以上、終わります。


○議長(松岡正克君) 以上をもって、今定例会に付議された案件の審議はすべて終了いたしました。


 これにて平成19年第2回川越町議会定例会を閉会いたします。ご苦労さまでした。


               午後 2時05分 閉会





会議の経過を記載して、その相違のないことを証するため、ここに署名する。








川越町議会議長








川越町議会議員








川越町議会議員