議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 川越町

平成17年第2回定例会(第2日 6月21日)




平成17年第2回定例会(第2日 6月21日)





 



        平成17年第2回川越町定例会会議録(第2号)





召集年月日    平成17年6月21日





召集の場所    川越町役場議場





開会       平成17年6月21日





応招議員     14名


   1番 安 藤 邦 晃     2番 早 川 正 幸


   3番 早 川 宣 雄     4番 石 川 奈々子


   5番 松 岡 正 克     6番 平 田 武 重


   7番 平 塚   勝     8番 寺 本 克 磨


   9番 川 村 康 治     10番 飯 田 勝 祐 


   11番 伊 藤   勝     12番 山 下   勝


   13番 小 澤 喜八郎     14番 寺 本 洋左右





不応招議員        0名





出席議員        14名





欠席議員         0名





地方自治法第121条規定により説明のため出席した者の氏名


   町長      山田 信博  収入役      陣田 喜哉


   教育長     水越 種夫  総務部長     舘  善雄


   民生部長    加藤志保子  事業部長     清水 正己


   企画情報課長  城田 政幸  総務課長     寺本  修


   建設課長    渡辺 辰巳  産業開発課長   森田  昭


   上下水道課長  小山 秀夫  税務課長     森川 正美


   福祉課長    橋本 高明  町民環境課長   山本 正孝


   会計課長    大久保雅生  生涯学習課長   加藤 和彦


   健康推進課長  小川 庸輔  学校教育課長   伊藤  隆





本会議に職務のため出席した者の氏名


   事務局長    山下 健次


   書記      渡辺 信照  書記       小林由美子





開議          午後1時30分





議事日程        議長は議事日程を別紙のとおり報告した。





会議録署名議員の氏名


   4番 石川奈々子        5番 松岡正克





議員提出議案の題目


   発議第 6号 第二名神高速道路(四日市〜亀山間)の早期整備を求める意見書


   発議第 7号 幹線道路整備の財源を求める意見書





町長提出議案の題目


   議案第37号 平成17年度川越町一般会計補正予算(第1号)


   議案第38号 平成17年度川越町老人保健特別会計補正予算(第1号)


   議案第39号 平成17年度川越町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)


   議案第40号 平成17年度川越町水道事業会計補正予算(第1号)


   議案第41号 川越町人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定について


   議案第42号 川越町福祉医療費の助成に関する条例の一部改正について


   議案第43号 川越町消防団員等公務災害補償条例の一部改正について


   議案第44号 川越町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部


          改正について 


   議案第45号 工事請負契約の締結について


   議案第46号 工事請負契約の締結について


   議案第47号 工事請負契約の締結について


  


議事日程


  第 1 会議録署名議員の指名


  第 2 議案第37号 平成17年度川越町一般会計補正予算(第1号)


             (総務建設常任委員会審査結果報告)


             (教育民生常任委員会審査結果報告)


  第 3 議案第38号 平成17年度川越町老人保健特別会計補正予算(第1号)


             (教育民生常任委員会審査結果報告)


  第 4 議案第39号 平成17年度川越町公共下水道事業特別会計補正予算(第1


              号)


             (総務建設常任委員会審査結果報告)


  第 5 議案第40号 平成17年度川越町水道事業会計補正予算(第1号)


             (総務建設常任委員会審査結果報告)


  第 6 議案第41号 川越町人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定に


             ついて


             (総務建設常任委員会審査結果報告)


  第 7 議案第42号 川越町福祉医療費の助成に関する条例の一部改正について


             (教育民生常任委員会審査結果報告)


  第 8 議案第43号 川越町消防団員等公務災害補償条例の一部改正について


             (総務建設常任委員会審査結果報告)


  第 9 議案第44号 川越町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例


             の一部改正について


             (総務建設常任委員会審査結果報告)


  第10 議案第45号 工事請負契約の締結について


  第11 議案第46号 工事請負契約の締結について


  第12 議案第47号 工事請負契約の締結について


  第13 発議第 6号 第二名神高速道路(四日市〜亀山間)の早期整備を求める意


             見書の提出について


  第14 発議第 7号 幹線道路整備の財源確保を求める意見書の提出について


  第15 議会運営委員会の閉会中の継続審査について





               午後 1時30分 開会


○議長(寺本洋左右君) ただいまの出席議員は14名であります。


 定足数に達しておりますので、これより6月10日に引き続き会議を開きます。


 本日の議事日程はあらかじめお手元に配付したとおりでございます。





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(寺本洋左右君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第119条の規定により、議長において4番、石川奈々子君と5番、松岡正克君の両名を指名いたします。


 この際、申し上げます。


 日程第2、議案第37号、平成17年度川越町一般会計補正予算(第1号)から日程第9、議案第44号、川越町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正についてまでの8件につきましては、提案理由の説明及び議案の質疑は6月10日の本会議において既に終えておりますので、これを省略いたします。





◎日程第 2 議案第37号 平成17年度川越町一般会計補正予算(第1号)


 日程第 3 議案第38号 平成17年度川越町老人保健特別会計補正予算(第1号)


 日程第 4 議案第39号 平成17年度川越町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)


 日程第 5 議案第40号 平成17年度川越町水道事業会計補正予算(第1号)


 日程第 6 議案第41号 川越町人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定について


 日程第 7 議案第42号 川越町福祉医療費の助成に関する条例の一部改正について


 日程第 8 議案第43号 川越町消防団員等公務災害補償条例の一部改正について


 日程第 9 議案第44号 川越町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正について





○議長(寺本洋左右君) この際、申し上げます。


日程第2、議案第37号、平成17年度川越町一般会計補正予算(第1号)、日程第3、議案第38号、平成17年度川越町老人保健特別会計補正予算(第1号)、日程第4、議案第39号、平成17年度川越町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)、日程第5、議案第40号、平成17年度川越町水道事業会計補正予算(第1号)、日程第6、議案第41号、川越町人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定について、日程第7、議案第42号、川越町福祉医療費の助成に関する条例の一部改正について、日程第8、議案第43号、川越町消防団員等公務災害補償条例の一部改正について、日程第9、議案第44号、川越町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正についてまでの8件を一括議題といたします。


それでは、日程第2、議案第37号から日程第9、議案第44号までを各常任委員会に付託いたしておりましたが、既に審査を終えております。各議案について各常任委員長の報告を求めます。


まず、総務建設常任委員長の報告を求めます。


総務建設常任委員長、安藤邦晃君。


○総務建設常任委員長(安藤邦晃君) 総務建設常任委員会の審査報告を申し上げます。


 本委員会は、6月14日(火)午前9時より役場3階会議室において本委会委員7名、町長、収入役、総務部長、事業部長、総務課長、企画情報課長、建設課長、上下水道課長、関係職員、議会事務局長及び事務局職員の出席のもと、本委員会に付託された下記の案件6件を所管課の課長より詳細な説明を受け、慎重に審査を行いました。


                   記


 議案第37号 平成17年度川越町一般会計補正予算(第1号)


 歳入 (所管事項)


 歳出 (1款)議会費、(2款)総務費、(7款)土木費、


   (8款)消防費


議案第39号 平成17年度川越町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)


議案第40号 平成17年度川越町水道事業会計補正予算(第1号)


議案第41号 川越町人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定について


議案第43号 川越町消防団員等公務災害補償条例の一部改正について


議案第44号 川越町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正について


以上、6案件すべて総員をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。


  川越町議会議長 寺本洋左右様


                        総務建設常任委員会委員長 安藤邦晃


以上です。


○議長(寺本洋左右君) これをもって総務建設常任委員長の報告を終わります。


 次に、教育民生常任委員長の報告を求めます。


 教育民生常任委員長、寺本克磨君。


○教育民生常任委員長(寺本克磨君) 教育民生常任委員会審査結果報告を行います。


 川越町議会議長 寺本洋左右様


                        教育民生常任委員会委員長 寺本克磨


 本委員会に付託されました案件は、審査の結果、次のとおり決定しましたので、会議規則第77条の規定により、報告いたします。


 開催日時:6月16日午前9時から川越町役場3階会議室、出席者:本委員会委員7名全員、議長、町長、収入役、教育長、民生部長、福祉課長、学校教育課長、生涯学習課長、総務課長、関係職員、それから議会事務局長、事務局職員、以上、出席者でございます。


 付託案件についてでありますが、


議案第37号、平成17年度川越町一般会計補正予算(第1号)


 歳入 (所管事項)


 歳出 (3款)民生費、(9款)教育費


議案第38号、平成17年度川越町老人保健特別会計補正予算(第1号)


議案第42号、川越町福祉医療費の助成に関する条例の一部改正について


審査内容及び結果であります。


当委員会に付託されました案件は3議案でありました。各議案についてそれぞれ所管の課長より詳細な説明を受け、各委員から活発な質疑があり、慎重に審査いたしました。その結果、議案第37号、議案第38号、議案第42号は、賛成多数により原案のとおり可決すべきものと決しました。


以上でございます。


○議長(寺本洋左右君) これをもって教育民生常任委員長の報告を終わります。


 各委員会の諸君、大変ご苦労さまでございました。


 この際、申し上げます。


 各議案に対する提出者への質疑は10日の本会議において既に終えております。よって、質疑はただいま各委員長が報告いたしました委員長報告に対する委員長への質疑になります。


 それでは、議案第37号について、ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 平塚 勝さん。


○7番(平塚 勝君) 12ページ、15節、14ページ、13節委託料、19ページ、金額はわずかですけど、12節の役務費についてご説明願います。


○議長(寺本洋左右君) 平塚議員、再度ちょっとすいません。今のページ数ちょっと……。


○7番(平塚 勝君) 12ページの15節、それから14ページの13節の委託料、それから19ページの12節の役務費です。よろしくお願いします。


○議長(寺本洋左右君) 安藤委員長、各委員会の委員長が説明いただくようになってますから、委員長、お願いします。


○1番(安藤邦晃君) 12ページの15節の工事請負費の防災行政無線増設工事の4468千円の件ですね、一つ目が。これたしか行政無線……。23号線の南福崎の東側の防災無線の増設をする予定の防災無線の工事費だそうですけれども、それが何か……。


○7番(平塚 勝君) 基本的にはさね、これ協議したもとはどういうふうに協議されたかと。何か別にね、新設やるということで何基ということで、こういう地域に新設するというだけやったんか、もともとそういったところにそういったものがどうやったという協議はどのようにちょっとされたかというね、ちょっと聞きたかったんです。


○1番(安藤邦晃君) これに関しての質問はございませんでした。説明は新しく増設をするということでございますけども。


○7番(平塚 勝君) だけやったんやね。


 次は……。


○1番(安藤邦晃君) 14ページ、委託料。


○7番(平塚 勝君) そういうような内容でちょっとお聞きしたいということですね。


○1番(安藤邦晃君) 14ページの委託料ですね。平成17年3月定例会の平成16年度一般会計補正予算、債務負担等を変更し、予算減額した2,440千円を(聴取不能)補正をするものであるということ。


○7番(平塚 勝君) それは理事者側に聞いとることやね。大体わかっとんのやけどさ、この工期の策定についてはプロジェクトつくって協議して進めているのか、従来どおりのやり方か、ちょっとその辺は知りたかったもんでね。


それで次、金額は少ないですけどね。


○1番(安藤邦晃君) 役務費の土地鑑定手数料ですか。豊田地区の防火水槽整備。


○7番(平塚 勝君) それは提案説明のあったわな。


○1番(安藤邦晃君) そうですね。


○7番(平塚 勝君) これ鑑定料は払うわな。


○1番(安藤邦晃君) そうですね。


○7番(平塚 勝君) それでその鑑定士は津の方とかちょっと聞いたんやけどさ、うちの役場の鑑定士はやってないんですな。


○1番(安藤邦晃君) ちょっとその辺は……。


○7番(平塚 勝君) はい、わかりました。もう結構です。


○1番(安藤邦晃君) よろしいですか。


○7番(平塚 勝君) はい。


○議長(寺本洋左右君) ほかに質疑ございませんか。


 質疑なしと認めます。


 これをもって質疑を終了いたします。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。


 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終了いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


               (起 立 多 数)


○議長(寺本洋左右君) 起立多数であります。


 よって、議案第37号、平成17年度川越町一般会計補正予算(第1号)の件は、原案のとおり可決されました。


 議案第38号について、ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 質疑なしと認めます。


 これをもって質疑を終了いたします。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。


 賛成討論なしと認めます。


 これをもって質疑を終了いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


               (起 立 多 数)


○議長(寺本洋左右君) 起立多数であります。


 よって、議案第38、平成17年度川越町老人保健特別会計補正予算(第1号)の件は、原案のとおり可決されました。


 議案第39号について、ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 質疑なしと認めます。


 これをもって質疑を終了いたします。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。


 賛成討論なしと認めます。


 これをもって質疑を終了いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


               (起 立 多 数)


○議長(寺本洋左右君) 起立多数であります。


 よって、議案第39号、平成17年度川越町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)の件は、原案のとおり可決されました。


 議案第40号について、ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 質疑なしと認めます。


 これをもって質疑を終了いたします。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。


 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終了いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


               (起 立 多 数)


○議長(寺本洋左右君) 起立多数であります。


 よって、議案第40号、平成17年度川越町水道事業会計補正予算(第1号)の件は、原案のとおり可決されました。


 議案第41号について、ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 質疑なしと認めます。


 これをもって質疑を終了いたします。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。


 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終了いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


(起 立 多 数)


○議長(寺本洋左右君) 起立多数であります。


 よって、議案第41号、川越町人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定についての件は、原案のとおり可決されました。


 議案第42号について、ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 質疑なしと認めます。


 これをもって質疑を終了いたします。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。


 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終了いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


               (起 立 多 数)


○議長(寺本洋左右君) 起立多数であります。


 よって、議案第42号、川越町福祉医療費の助成に関する条例の一部改正についての件は、原案のとおり可決されました。


 議案第43号について、ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 質疑なしと認めます。


 これをもって質疑を終了いたします。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。


 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終了いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


               (起 立 多 数)


○議長(寺本洋左右君) 起立多数であります。


 よって、議案第43号、川越町消防団員等公務災害補償条例の一部改正についての件は、原案のとおり可決されました。


 議案第44号について、ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 質疑なしと認めます。


 これをもって質疑を終了いたします。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。


 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終了いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


               (起 立 多 数)


○議長(寺本洋左右君) 起立多数であります。


 よって、議案第44号、川越町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正についての件は、原案のとおり可決されました。


 暫時休憩いたします。


              午後 1時58分 休憩


              午後 3時49分 再開


○議長(寺本洋左右君) 休憩前に引き続き、会議を再開いたします。





◎日程第10 議案第45号 工事請負契約の締結について


 日程第11 議案第46号 工事請負契約の締結について


 日程第12 議案第47号 工事請負契約の締結について





○議長(寺本洋左右君) この際、申し上げます。


 日程第10、議案第45号、工事請負契約の締結について、日程第11、議案第46号、工事請負契約の締結について、日程第12、議案第47号、工事請負契約の締結についてまでの3件を一括議題といたします。


 事務局職員をして議案を朗読いたさせます。


               (事務局長 朗読)


○議長(寺本洋左右君) 提出者から提案理由の説明を求めます。


 山田町長。


○町長(山田信博君) 議案第45号から議案第47号までの工事請負契約の締結につきまして、一括して提案説明を申し上げます。


 川越町新庁舎建設工事の工事請負契約の締結であり、工事概要は、建築面積が3,780.18?、延床面積が9,534.47?、地上4階、塔屋、プレストレスコンクリート造(一部鉄骨造)、基礎の免震構造、エレベーター2台、エスカレーター2台の建築工事、外溝工事を行うものであります。


 契約金額は2,504,250千円で、株式会社鴻池組三重営業所と契約いたしたく提案をいたします。


 議案第46号、川越町新庁舎電気設備工事の工事請負契約の締結であり、工事概要は、川越町新庁舎建設工事に伴う電気設備工事を行うものであります。


 契約金額467,250千円で、栗原工業株式会社三重営業所と契約いたしたく提案をいたします。


 議案第47号、川越町新庁舎機械設備工事の請負契約の締結であり、工事概要は、川越町新庁舎建設工事に伴う空調換気設備工事及び給排水衛生設備工事を行うものであります。


 契約金額376,950千円で、ダイダン株式会社三重営業所と契約いたしたく提案をいたします。


 以上、ご説明をいたしましたが、何とぞよろしくご審議のほどお願いを申し上げます。


○議長(寺本洋左右君) これをもって提案理由の説明を終わります。


 議案第45号から議案第47号までの3件について、これより質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 早川正幸議員。


○2番(早川正幸君) 先ほど町長提案いただいた建築面積、延面積のことなんですけども、前に川越庁舎建設基本設計コンペ説明書類ていうのをいただいてますけども、このときの建築面積、延面積より、例えば建築面積でいきますと318?、延面積でいきますと770?、増えとると思われますけども、この増えた理由っていうのがわかればお教えいただきたいと思います。


○議長(寺本洋左右君) 渡辺建設課長。


○建設課長(渡辺辰巳君) 早川正幸議員の質問にお答えいたします。


 建築面積につきましては、1階駐車場部分の車庫及び消防用の倉庫及びエレベーター室が、当初は開口部分で、駐車場の緩和措置で建築面積に入らないということでしたんですが、こういうものが拠出に当たるということで建築面積になりました。そのために増えました。


 それと、延床面積につきましては、先ほどの拠出に当たる車庫、エレベーター室等のものと4階、議会フロアに当初予定しておりました電気室を塔屋、屋上に上げた部分と議場の面積の拡張に伴う面積でございます。


 以上です。


○議長(寺本洋左右君) 早川議員。


○2番(早川正幸君) わかりましたんでありがとうございます。


○議長(寺本洋左右君) ほかに。


 早川宣雄議員。


○3番(早川宣雄君) 工事請負契約、上程されまして、今後着工されて、平成19年1月まで滞りなく工事が進捗することを我々祈るわけでございますけども、先般の全員協議会の場で、できる限り地元の業者、また地元の資材を使うようにこちらの要望しましたし、行政側のそういうようなお考えを持っておるというようなことで伺っておりますが、2点ほどお伺いしたいのは、地元業者でも本店、本拠が川越町内にある業者、また本社は川越町外で支店等が川越町内にある業者、業者でもいろいろあるわけでございまして、そのような業者の色分けっちゅうか、優先順位をどのように考えてみえるのかないうのが1点と、これから行政もどこまで立ち入って、どのように元請業者さんと話し合うのか、なかなかこれは微妙な問題である、また公正にやっていただく必要があるというようなことで、どのような方法で地元の業者を紹介なり斡旋なりされるお考えなのか、この2点お伺いしたいと思いますが。


○議長(寺本洋左右君) 清水部長。


○事業部長(清水正己君) お答えをいたします。


 一応ですね、公募の条件でもありましたように、地域、地元に経済波及効果のある施工経過により施工できるものということになっておりまして、今回それの3業者が決定をいたしました。


 この方法を業者には十分検討いただいて、それらの施工計画を出していただくということになるわけなんですが、一応先ほどの色分けにつきましてはですね、一番影響力があるのか本店のある業者いう形で順番をとらさせていただきたいと思います。


 次には本店が川越町でそろわない場合、支店の業者に移っていくと。支店の業者でない場合には、付近、近隣の取り引きとなる業者さんへ移っていくということになるわけです。それらの業者の紹介につきましては、川越町の指名競争入札受付簿というのがありまして、そこらの業種、例えば建築、土木、舗装、水道といろいろとありますけども、それらの業者を公表しまして、その中で取り引きをしていただくと。中には既に民間の営業といたしまして営業努力をしてみえる業者もありますんで、その辺のところも加味をされて決めていただくということになろうかと思いますので、ひとつよろしくお願いをいたします。


 以上です。


○議長(寺本洋左右君) 早川宣雄議員。


○3番(早川宣雄君) 今のこの入札価格等の問題についてもそうでございますが、私、先ほども申し上げましたように、やはり地元業者を使っていただく、それについてはある程度、公正、公明正大といいますか、ある程度、行政も中立でやっていただきたいなと。どういう業者がどういう仕事にあったか、いつでも閲覧できるぐらいの、やはりそういうような書類ぐらいは整えていただいて、後刻、黒いうわさとか、いろいろ不透明感が出ないような方法でご検討いただく。それについては業者との窓口、事業部長なら事業部長1本に絞るとか、行政の窓口は一本化するなり、いろいろ方法を考えていただきまして、そういうような懸念の起こらないようにこれから工事進めていただきたいなと、このように思っておりますので、よろしくお願いを申し上げます。


 以上です。


○議長(寺本洋左右君) ほかに質疑ありませんか。


 松岡正克議員。


○5番(松岡正克君) あのですね、この工事は川越町が始まって以来の大変巨額な工事と思います。それで先般見せていただきましたけども、かなり金が抑えられとんで、手抜き工事があるかなという懸念もいたします。ですので、この検査はだれが当たるのか。


 従来、1件見ましたけども、北小学校でかなり汚い工事が行われてきましたので、今後、川越町の職員はだれが当たるのか。それから恐らく日本設計も当たっていただける思いますけど、できたら、だれが当たるのか教えていただきたいと思います。


○議長(寺本洋左右君) 清水部長。


○事業部長(清水正己君) お答えをいたします。


 一応、検査要項というのが川越町決めてありまして、それの中の運用では事業部長が検査員の事例簿もらったものの中から選ぶということで毎回検査を決めております。


 今回の工事、非常に大きい工事ということもありまして、一応まだ決めてはおりませんけれども、それなりの責任のある立場の者1名と、そして、やはり今回、非常に範囲が広いということでもございますので、もう1人、補助の検査員という形で、2名を指名して検査に当たっていきたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いをいたします。


 以上です。


○議長(寺本洋左右君) 松岡正克議員。


○5番(松岡正克君) 先般、北小学校でかなり汚い工事が見つかりましたので、我々もこの新庁舎に対しては厳しい目で見ていきますので、よろしくお願いいたします。


 終わりです。


○議長(寺本洋左右君) ほかに質疑はございませんか。


 これをもって質疑を終了いたします。


 議案第45号について、これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。


 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終了いたします。


 これより、議案第45号、工事請負契約の締結についての件を起立により採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


               (起 立 多 数)


○議長(寺本洋左右君) 起立多数であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


 議案第46号について、これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。


 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終了いたします。


 これより、議案第46号、工事請負契約の締結についての件を起立により採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


               (起 立 多 数)


○議長(寺本洋左右君) 起立多数であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


 議案第47号について、これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。


 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終了いたします。


 これより、議案第47号、工事請負契約の締結についての件を起立により採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


               (起 立 多 数)


○議長(寺本洋左右君) 起立多数であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





◎日程第13 発議第6号 第二名神高速道路(四日市〜亀山間)の早期整備を求める意見書の提出について





○議長(寺本洋左右君) 日程第13、発議第6号、第二名神高速道路(四日市〜亀山間)の早期整備を求める意見書の提出についての件を議題といたします。


 事務局職員をして議案を朗読いたさせます。


               (事務局長 朗読)


○議長(寺本洋左右君) 提出者から提案理由の説明を求めます。


 安藤邦晃君。


○1番(安藤邦晃君) ただいま事務局の方から説明をさせていただきましたが、真ん中の方の「四日市〜亀山間」て言われたと思うんですけど、これ「菰野間」ですんで訂正をさせていただきまして、何とぞご賛同のほどよろしくお願いをいたします。


○議長(寺本洋左右君) これをもって提案理由の説明を終わります。


 これより質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 早川宣雄議員。


○3番(早川宣雄君) このような意見書とか請願等については、なかなか依頼を受けた方、大変、取り扱いに苦慮されると思うんでございますけども、今回の議案についても、川越町民にはあまり直接的に影響のないというような意見書でございまして、果たして、この意見書を川越町議会が取り上げるべきものかどうかというのを私、甚だ異論を持っておるわけでございます。


 それでまず、この2議案とも安藤議員が提出者ということで、この発議に至った経緯をまずお伺いしたいと思うんですが、二つとも含めてで結構でございますけど、どっからどのような依頼を受けて上程になったのか。


○議長(寺本洋左右君) 安藤邦晃議員。


○1番(安藤邦晃君) これはね、県の町村議会の方から議会の方へ来ておるということで、それで同じ、例えばこの次の案件、熊野の方ですか、あまり我々は関係はないようなんですけれども、同じ県民といたしまして、今の菰野の方ですとあまり利用も我々にとってはないかもわかりませんけれども、また私等、川越町が同じようなまた別の件で意見書などを出したときに助けていただけるんじゃないかということも含めまして、この意見書を出させていただくことになりました。


 以上です。


○議長(寺本洋左右君) ほかに。


 早川正幸議員。


○2番(早川正幸君) 最初の第二名神高速道の早期整備なんですけども、これは随分以前から、特に菰野町長さんが一生懸命促進をされている状況もこれありということで、議会として早川宣雄議員が言われました、直接的にはあまり恩恵を受ける状況はないかもわかりませんけども、今あるとすればですね、大阪方面、阪神地区に対して相当バイパスされて、今の名阪国道より、はるかに早く行けるんじゃないかなと。川越インターから乗って向こうへ行くのには私はいいかなと思われる分もございましてですね、川越インターの整備もぜひ進めていただく中で、そういう位置付けからいきますと、早期整備をしてほしい状況であると私自身は判断しております。


 この意見書を出すに当たって町長はどうお考えなんか、川越町の、関係ないかもわかりませんけども、何かご意見があればちょっと伺って、後押しを逆にね、いただく状況、川越にメリットがあるよという受け止め方をされているのか、ちょっと今回どうかなというのがあるのか、その辺もちょっと含めてお聞きするのはおかしいですかね。もし聞けるんであればお聞きしたいなと思いますけども。


○議長(寺本洋左右君) じゃ、これはちょっと私の方からですね、答弁させていただきます。


 あのですね、これは名神高速の促成準備何とか委員会ちゅうのがありましてですね、これ町長と建設課長の方に結局は依頼がありまして、議会の方にひとつぜひ賛同願いたい、推進業務としてやっていただきたいと強い要望がありましてありましたので、私どもも地域からはあまり関係がないという考えもあると思いますが、何かの件でまたお願いせないかんというような事態も発生すると思いましたので引き受けさしていただいて、安藤議員に私がお願いしたような次第でございます。ひとつご理解を願いたいと思います。


 以上でございます。


 ほかに。


 さきに小澤副議長。


○副議長(小澤喜八郎君) 確かに道路をつくって交通の緩和に役に立っていただくのはいいと思うんですけども、ただ、離れたところであって、こういう離れたところの意見書提出については地元住民との対立とかそういうね、うちらの我が町においても、道路をつくるときには地元住民との間にかなりそういう公団ないし等々の対立がありましたけども、そういうあれがなければ結構なんですけども、もしそういう対立のあるところへ、いい加減なあれで意見書を、あるとすればね、意見書を出すのはどうかなと思うんですけど、そこのところはどういうふうに現状はなっているのか。


○議長(寺本洋左右君) 安藤邦晃議員。


○1番(安藤邦晃君) この今の四日市〜亀山間に関しての地権者とのそういったトラブル等は聞いておりません。


 以上です。


○副議長(小澤喜八郎君) ないていうことであればね、交通緩和に役立っていただくために大いに賛成なんですけども、もし地元とのそういう対立があるということところがあればね、今度また、先ほど議長が言われたように、我が町においても何かの形で助けていただけるっていうところがあるっていう、そういう面で出すので、対立のあるとこへこれが出すと、逆に仇になってしまうっていうところがありましたもんでちょっとお聞きした次第で、もしなければ賛成です。


○議長(寺本洋左右君) 平田武重議員。


○6番(平田武重君) 私も賛成者の1人でございますけども、この第二名神高速道路ですね、この四日市〜亀山間が生きることによりまして、今つくっております岐阜の方から来ている東海環状線、これができればかなり全県的にメリットがあるんじゃないかと、こういうことで私も賛成させていただきたい1人でございます。


 以上でございます。


○議長(寺本洋左右君) ほかに質疑ございませんか。


 これをもって質疑を終了いたします。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。


 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終了いたします。


 これより、発議第6号、第二名神高速道路(四日市〜亀山間)の早期整備を求める意見書の提出についての件を起立により採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


               (起 立 多 数)


○議長(寺本洋左右君) 起立多数であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





◎日程第14 発議第7号 幹線道路整備の財源確保を求める意見書の提出について





○議長(寺本洋左右君) 日程第14、発議第7号、幹線道路整備の財源確保を求める意見書の提出についての件を議題といたします。


 事務局職員をして議案を朗読いたさせます。


               (事務局長 朗読)


○議長(寺本洋左右君) 提出者から提案理由の説明を求めます。


 安藤邦晃君。


○1番(安藤邦晃君) ただいま事務局職員が朗読されたとおりでございます。何とぞご賛同のほどをよろしくお願いをいたします。


○議長(寺本洋左右君) これをもって提案理由の説明を終わります。


 これより質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 質疑なしと認めます。


 これをもって質疑を終了いたします。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。


 石川奈々子君。


○4番(石川奈々子君) 高齢者が多く住んでおられる地域でもありますし、そして、三重県の中でも経済がとても低迷している。その上にこのたびの災害で陸の孤島になってしまったという、そのような大変な地域でございまして、「命の道」、最後の辺に書いてございます「地域発展をもたらす道」ということで、ぜひ、同じ県民としてつくってあげたらいいと思いまして、私は賛成いたします。


○議長(寺本洋左右君) ほかにございませんか。


 これをもって討論を終了いたします。


 これより、発議第7号、幹線道路整備の財源確保を求める意見書の提出についての件を起立により採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


               (起 立 多 数)


○議長(寺本洋左右君) 起立多数であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





◎日程第15 議会運営委員会の閉会中の継続調査について





○議長(寺本洋左右君) 日程第15、議会運営委員会の閉会中の継続調査についての件を議題といたします。


 事務局職員をして議案を朗読いたさせます。


               (事務局長 朗読)


○議長(寺本洋左右君) それでは、議会運営委員長から所管事務のうち会議規則第73条の規定により、お手元に配付いたしました事項について閉会中において調査したい旨の申し出があります。


 お諮りいたします。


 委員長からの申し出を承認することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(寺本洋左右君) ご異議なしと認めます。


 よって、委員長からの申し出を承認することに決しました。


 閉会に当たって町長より一言ごあいさつの申し出がありますので、これを許します。


 山田町長。


○町長(山田信博君) 閉会に当たり一言ごあいさつを申し上げます。


 本定例会におきましては、3月の骨格から政策予算を440,000千円ぐらい計上いたしまして、皆様方のご期待に沿いたいというふうに思っておりますし、また新しく新庁舎の方も今日議決いただきましたので、住民にこの庁舎がよっかたと言われるように、職員ともども一生懸命頑張りますので、皆様方のご支援をお願いしたいと思います。


 夏も暑くなってきますので、皆様方のご慈愛をしていただき、そしてまた町政発展のためにご協力いただきますことをお願いを申し上げまして、簡単でございますが、ごあいさつにかえさせていただきます。


 本日は本当にどうもありがとうございました。


○議長(寺本洋左右君) 以上をもって本定例会に付議された案件の審議はすべて終了いたしました。


 これにて、平成17年第2回川越町議会定例会を閉会いたします。


ご苦労さまでございました。


              午後 4時30分 閉会





会議の経過を記載して、その−相違のないことを証するため、ここに署名する。








川越町議会議長








川越町議会議員








川越町議会議員