議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 伊賀市

平成20年第5回臨時会(第1日 4月25日)




平成20年第5回臨時会(第1日 4月25日)





        平成20年第5回伊賀市議会(臨時会)会議録


         平成20年4月25日(金曜日)(第1日)


         ─────────────────────


 
 平成20年4月25日(金)午後1時30分開議


 日程第 1 会期決定について


 日程第 2 会議録署名議員の指名について


 日程第 3 議案第78号 上野文化ホール条例の廃止について


                             上 程───採 決


 日程第 4 議案第79号 伊賀市スポーツ振興審議会に関する条例の一部改正に


              ついて


                             上 程───採 決


         ─────────────────────


〇会議に付した事件


 議事日程のとおり


         ─────────────────────


〇出席議員(32名)


 議席番号    氏   名    議席番号    氏   名


   1番  田 山 宏 弥 君   18番  中 本 徳 子 君


   2番  本 城 善 昭 君   19番  桃 井 隆 子 君


   3番  北 出 忠 良 君   20番  恒 岡 弘 二 君


   4番  木 津 直 樹 君   21番  土 井 裕 子 君


   5番  空 森 栄 幸 君   22番  中 岡 久 徳 君


   6番  渡久山 カナエ 君   23番  英   成 樹 君


   7番  前 田 孝 也 君   24番  馬 場 登代光 君


   9番  森   正 敏 君   26番  森 岡 昭 二 君


  10番  森 本 さとし 君   27番  森 永 勝 二 君


  11番  今 井 博 昭 君   28番  安 本 美栄子 君


  12番  今 井 由 輝 君   29番  山 岡 耕 道 君


  13番  岩 田 佐 俊 君   30番  小 丸 勍 司 君


  14番  大 西 保 定 君   31番  森 野 廣 榮 君


  15番  奥   邦 雄 君   32番  前 川 款 昭 君


  16番  勝 矢 節 義 君   33番  本 村 幸四郎 君


  17番  坂 井   悟 君   34番  葛 原 香 積 君


         ─────────────────────


〇欠席議員(2名)


   8番  松 村 頼 清 君   25番  宮 ? 由 隆 君


         ─────────────────────


〇説明のため出席した者


 職   名          氏     名


  市長           今 岡 睦 之 君


  教育長          味 岡 一 典 君


  副市長          内 保 博 仁 君


  教育部長         松 永 彰 生 君


  収入役          角 田 康 一 君


  消防長          山 ? 和 憲 君


  契約監理室理事      松 本 博 臣 君


  消防理事         東   庸 介 君


  総合危機管理室理事    森 永 喜久雄 君


  監査委員         福 壽   勇 君


  総務部長         赤 澤 行 宏 君


  監査委員事務局長     澤 井   修 君


  総務部次長        森 岡 良 夫 君


  市民病院事務長兼事務部長 武 藤 隆 勇 君


  企画振興部長       中 嶋   孝 君


  伊賀支所長        橋 本 光 平 君


  人権政策部長       堀     忍 君


  島ヶ原支所長       池 口 法 行 君


  生活環境部長       淺 井 広 太 君


  阿山支所長        猪 田   勉 君


  産業振興部長       半 田 泰 士 君


  大山田支所長       増 森 和 吉 君


  建設部長         中 森   寛 君


  青山支所長        城 山 廣 三 君


  水道事業管理者      濱   一 吉 君


  出納室理事兼出納室長   堂 山 敏 夫 君


  水道部長         住 澤 博 文 君


  財政課長         西 堀   薫 君


  教育委員長        勝 本 順 子 君


         ─────────────────────


〇出席事務局職員


 職   名           氏     名


  局長           前 田 裕 三 君


  副参事          稲 森 洋 幸 君


  次長           奥 井 平 和 君


  庶務係長         川 出 敦 子 君


         ─────────────────────





            (午後 1時30分 開会)


○議長(森岡昭二君)


 ただいまから、平成20年第5回伊賀市議会臨時会を開会いたします。


 本日、ただいまの出席議員数は32名、会議は成立いたしました。


 お諮りします。本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。そのように取り扱うことにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(森岡昭二君)


 ご異議なしと認めます。よって、本日の議事日程は、お手元に配付のとおりと決しました。


 この際、市長から発言を求められておりますので、これを許可します。


 市長。


             (市長 今岡睦之君登壇)


○市長(今岡睦之君)


 失礼します。目には新緑が優しく、空にはこいのぼりが悠々と泳いでいるのが見かけられます。さわやかな薫風がまことに気持ちよい季節になりました。本日、平成20年第5回伊賀市議会臨時会をお願いさせていただきましたところ、議員の皆様方にはご多忙のところご出席を賜り、まことにありがとうございます。また、平素市政各般にわたりましてご指導、ご支援を賜っておりますことにつきましても、厚く御礼申し上げる次第でございます。


 さて、4月1日から伊賀上野NINJAフェスタ2008が始まっております。議員の皆様方には、忍者変身処、忍者道場などでボランティアでお手伝いをいただいておりまして大変お世話になっておりますことともに、本日PRのため忍者衣装の着用についてご配意いただきまして、重ねて御礼申し上げる次第でございます。


 NINJAフェスタのにぎわい状況でございますが、観光客の皆様が忍者衣装に着がえる忍者変身処の利用者数であります。4月20日現在2,200人となりまして、前年比約63パーセント増となっております。この利用者がふえている理由でございますが、近年の観光のスタイルが観光施設などを見て回る観光から地域の素材を体験する地域そのものを味わう観光に変化を来しておりまして、忍者体験が観光客の皆様のそうしたニーズにこたえていることが主な要因ではないかと思っております。


 また、伊賀には忍者以外にもたくさんの観光資源がございます。国土交通省が策定いたしました地域観光マーケティング促進スキームによりますと、そういった伊賀にしかない観光魅力、すなわちオンリーワン資源を発掘するとともに、それを観光商品に組み込み、市場に積極的に流通させていく攻めの観光振興策が求められているところであります。


 その振興策でありますが、まず1つ目といたしまして、伊賀市内のすべての観光施設、イベントの情報をまとめて全国に発信する情報発信基地をつくること。2つ目といたしまして、伊賀市の特産品の流通がなされるような環境整備が必要であります。そのためには市内各所で販売されている特産品を1カ所に集めまして、伊賀市に来られた観光客の方々がそこへ行けば伊賀市の特産品すべてが手に入るような場所をつくるとともに、その特産品を全国に情報発信していく必要があると考えております。とりわけ忍者は情報の収集、発信を得意とするプロ集団であったわけでございますから、こういった観光情報の情報発信基地や特産品の販売場所を観光客が一番多く集まります中心市街地内に設置することが、忍びのまち伊賀市の今後の観光振興に有効な手段であると考えております。あわせまして、市内各地の農産物等を加工して付加価値をつけた特産品を市民の皆様、観光関係者の皆さん、商業関係者、農林業関係者及び行政が協力いたしまして、市場に流通させることができれば、農山村地域の活性化にもつながってまいりますし、観光客を含めた交流人口が増加することによりまして中心市街地の活性化を推進し、観光振興のみならず、伊賀市の全体の活性化のために大きな効果が得られると期待いたしているところでございます。


 今申し上げましたように、今年度は伊賀市を活性化するためのさまざまな事業がスタートする年でございます。これらの事業を成功させるため一生懸命市政に取り組んでまいる所存でございますので、今後とも議会の皆様方のさらなるご指導、ご協力をお願い申し上げる次第でございます。


 なお、本日の臨時会でありますが、上野文化ホール条例の廃止について、及び伊賀市スポーツ振興審議会に関する条例の一部改正についての2議案につきまして、どうぞよろしくご審議賜りますことをお願い申し上げ、開会に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。


○議長(森岡昭二君)


 これより議事に入ります。


 日程第1 会期の決定についてを議題とします。


 本臨時会の会期は、本日1日と定めたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(森岡昭二君)


 ご異議なしと認めます。よって、本臨時会の会期は、本日1日と決しました。


 次に、日程第2 会議録署名議員の指名についてを議題とします。


 会議規則第83条の規定により、議長において、19番 桃井隆子君、20番 恒岡弘二君の両名を指名いたします。


 次に、日程第3 議案第78号を上程します。


 当局の説明を求めます。


 市長。


             (市長 今岡睦之君登壇)


○市長(今岡睦之君)


 ただいま上程いただきました議案第78号でございますが、上野文化ホール条例を廃止いたしたいと存じます。


 上野文化ホールは、旧上野市当時の昭和53年から文化の振興及び普及により健全な市民生活の育成に資することを目的に設置されたものでありまして、最盛期には多くの市民の皆様にご利用いただきまして、文化振興に大きな成果を上げてきた施設でございます。しかしながら、近年では老朽化が進み、バリアフリーへの対応がなされていないことなどから市民の皆様に使いづらい施設となってしまいました。年間利用者もわずかとなっている状況でございます。また、今後も引き続き市民の皆様方にご利用いただくためには大規模な修繕も必要となってこようかと思われます。一方、上野市駅前地区市街地再開発事業によりまして、数年後には産業会館の除却が決定しているところでございまして、この際、上野文化ホールを廃止する方が妥当であると判断いたしたため、上野文化ホール条例の廃止をいたしたいと存じます。


 なお、この条例は、公布の日から施行することといたしております。よろしくご審議賜り、ご可決賜りますようお願い申し上げます。


○議長(森岡昭二君)


 説明に対し、ご質疑ございませんか。


 奥邦雄君。


○15番(奥 邦雄君)


 物申す。ただいまご発案の段について、いささかながらお尋ねいたしたき儀がござり、昨年度のホールの利用状況はいかがなものか、まずどのような団体が使用されておられたのか、またその利用回数はいかほどのものか、さらに利用された人数は何名となっておるのか、以上のことについてお答えをちょうだいいたしたい。よろしくお願い申し上げ候。


○議長(森岡昭二君)


 答弁願います。


 企画振興部長。


           (企画振興部長 中嶋孝君登壇)


○企画振興部長(中嶋 孝君)


 失礼をいたします。上野文化ホールの利用状況についてのご質問にお答えをいたします。


 昨年度の上野文化ホールの利用状況ですが、老人クラブ総会等5事業、延べ1,500名の方にご利用いただいております、ニンニン。


○議長(森岡昭二君)


 他にご質疑ございませんか。


 空森栄幸君。


○5番(空森栄幸君)


 ご発案の段について、それがしにもいささかお尋ねしたき儀がござる。


 くだんのホールは伊賀市が近々計画する市街地再開発の区域に立地しておると認識しておるが、このたびの条例の廃止と再開発事業の関連についてつまびらかにされたい。よろしくお願い申し上げ候。


○議長(森岡昭二君)


 企画振興部長。


○企画振興部長(中嶋 孝君)


 本条例の廃止と再開発事業の関連についてのご質問にお答えを申し上げます。


 上野文化ホールにつきましては、上野市駅前再開発事業によりまして都市再開発法第87条の規定により、平成20年3月27日の権利返還期日をもって借家権が消滅いたしておりますが、同法第95条の規定により、明け渡し期日までの占有継続が認められているところでございます。したがいまして、伊賀市が文化ホールとしての使用を継続することは可能ではございますが、老朽化等によりまして、今後もホールを引き続き市民の皆様にご利用いただくためには大規模な修繕が必要となってくることから、この際、上野文化ホールの廃止をいたしたいと考えております、ニンニン。


○議長(森岡昭二君)


 他にご質疑ありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(森岡昭二君)


 ご質疑なしと認めます。


 お諮りします。本案は、委員会付託を省略し、討論に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(森岡昭二君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、討論に入ります。ご意見ありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(森岡昭二君)


 ご意見なしと認めます。


 よって、採決に入ります。


 議案第78号に対し、可決することに賛成の方の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(森岡昭二君)


 全会一致であります。よって、議案第78号は、可決しました。


 次に、日程第4 議案第79号を上程します。


 当局の説明を求めます。


 市長。


             (市長 今岡睦之君登壇)


○市長(今岡睦之君)


 ただいま上程いただきました議案第79号、伊賀市スポーツ振興審議会に関する条例の一部を改正いたしたいと存じます。


 改正の理由及び内容でございますが、住民サービスの向上と事務処理の効率化を図るため、教育委員会事務局の組織の見直しを行いました結果、従来、生涯学習課に設置しておりましたスポーツ振興室を4月1日から新たにスポーツ振興課として新設いたしましたことに伴いまして、所要の改正をいたしておりますほか、会議の議事に係る規定におきまして、他の条例等との表現方法の統一を図るための改正を行っております。


 なお、この条例は公布の日から施行し、改正後の伊賀市スポーツ振興審議会に関する条例の規定は、平成20年4月1日から適用することといたしております。どうぞよろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。


○議長(森岡昭二君)


 説明に対し、ご質疑ありませんか。


 葛原香積君。


○34番(葛原香積君)


 議案第79号、スポーツ振興審議会に関する条例の一部改正について当局に質問申す。


 ご提案の件について、幾分ただしたい儀がござる。平成19年度審議会の状況について、まず開催の状況はいかがなものか、またその委員の構成は一体どういった方法か、さらに主な審議内容はどのようなものか、以上のことについてご回答をちょうだいいたしたく候。よろしく願い奉り候。


○議長(森岡昭二君)


 教育長。


            (教育長 味岡一典君登壇)


○教育長(味岡一典君)


 お答え申す。


 平成19年度における伊賀市スポーツ振興審議会の開催状況についてでござるが、昨年度は1回開催いたしたところでござる。


 次の委員の構成についてでござるが、スポーツ振興に係る関係機関、団体の代表者、及び公募による市民の代表者であり、15名を任命しておるところでござる。具体的には、伊賀市体育協会、伊賀市スポーツ少年団、伊賀市体育指導委員、伊賀市自治会連合会、伊賀市小中学校長会、伊賀市健康づくり推進委員会、高齢者スポーツ団体、伊賀市社会福祉協議会、障害者スポーツ、女性スポーツ実践者、上野商工会議所、企業スポーツ、体育施設利用者、地域スポーツクラブ代表者等となっておるところでござる。また、公募については、地域を代表して3名の方を任命いたしておるところでござる。


 主な審議内容についてでござるが、スポーツ審議会で審議いただく内容については、伊賀市スポーツ審議会に関する条例第2条、任務に規定いたしておるとおり、基本計画の策定の審議のほか、施設設備の整備計画、事業の実施及び奨励などについて調査審議をいただき、教育委員会へ建議していただくこととなっておる次第でござる。なお、19年度に審議いただいた主な内容は、社会体育施設条例の一部改正について審議をいただいたところでござる。


 その内容でござるが、社会体育施設利用料金について、現状は体育館及び運動広場、テニスコート等の類似施設の利用区分等において料金が不明瞭であったところから、料金の統一化と適切な料金体系を図ることを目指して、本年度中に条例改正を行うことをお諮りし、審議いただいたものでござる。議会の皆様には、後日、議案として上程させていただきたく存ずるので、よろしくご審議賜りたくお願い申し上げる。


 また、年間の伊賀市社会体育関係の事業についてもお諮りし、委員の皆様方のご意見をいただきながら、効果的な事業の取り組みをいたすことといたしておる次第でござる。以上です。


○議長(森岡昭二君)


 他にございませんか。


 中本徳子君。


○18番(中本徳子君)


 議案第79号、スポーツ振興審議会に関する条例の一部改正についてお尋ね申す。ご説明いただいた件について、いま少しお伺いいたしたい。


 新旧対照表にある臨時委員について、どのような位置づけでどういった方々がなられるのか、また臨時委員を選ぶ場合とは一体いかなるときが想定されるのか、さらに、現在ただいま審議会に臨時委員はお見えになるのか、以上のことについてご答弁を賜りたく候。よろしくお願い奉る。


○議長(森岡昭二君)


 教育長。


○教育長(味岡一典君)


 お答え申し上げる。


 臨時委員については、特別な事項を調査審議するため必要があるときに任命することとし、調査審議を終了したときにその任期を終わるものとしてござる。審議に関係する組織、団体などの学識経験者、及び関係機関職員を臨時委員として任命いたしてござる。また、他の委員と同様に議決権を有してござる。


 さて、次に臨時委員の任命についてでござるが、スポーツ振興にかかわり、例えば伊賀市スポーツ振興計画に基づく特別な事項を調査審議するために必要がある場合、任命することといたしてござるが、現在は臨時委員に任命した委員はござらぬ次第でござる。


○議長(森岡昭二君)


 ほかにご質疑ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(森岡昭二君)


 ご質疑なしと認めます。


 お諮りします。本案は、委員会付託を省略し、討論に入りたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(森岡昭二君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、討論に入ります。ご意見ありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(森岡昭二君)


 ご意見なしと認めます。


 よって、採決に入ります。


 議案第79号に対し、可決することに賛成の方の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(森岡昭二君)


 全会一致であります。よって、議案第79号は可決しました。


 以上で本臨時会に付議されました案件は全部議了しました。


 平成20年第5回伊賀市議会臨時会はこれをもって閉会します。ご苦労さまでございました。


            (午後 1時50分 閉会)


             ─────────────


地方自治法第123条第2項の規定により次に署名する。





             議  長   森 岡 昭 二





             議  員   桃 井 隆 子





             議  員   恒 岡 弘 二