議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 伊賀市

平成20年第1回臨時会(第1日 1月15日)




平成20年第1回臨時会(第1日 1月15日)





        平成20年第1回伊賀市議会(臨時会)会議録


         平成20年1月15日(火曜日)(第1日)


         ─────────────────────


 
 平成20年1月15日(火)午前10時開議


 日程第 1 会期決定について


 日程第 2 会議録署名議員の指名について


 日程第 3 発議第1号 前総務部長問題調査特別委員会の設置について


                               上 程───採 決


 日程第 4 議案第1号 伊賀市知的障害者授産施設の設置及び管理に関する条例の一


             部を改正する条例の一部改正について


                               上 程───採 決


 追加日程 前総務部長問題調査特別委員会の閉会中の継続審査の申し出について


                               上 程───採 決


         ─────────────────────


〇会議に付した事件


 議事日程のとおり


         ─────────────────────


〇出席議員(31名)


 議席番号    氏   名    議席番号    氏   名


    1番  田 山 宏 弥 君   20番  恒 岡 弘 二 君


    2番  本 城 善 昭 君   21番  土 井 裕 子 君


    3番  北 出 忠 良 君   22番  中 岡 久 徳 君


    5番  空 森 栄 幸 君   23番  英   成 樹 君


    7番  前 田 孝 也 君   24番  馬 場 登代光 君


    8番  松 村 頼 清 君   25番  宮 ? 由 隆 君


    9番  森   正 敏 君   26番  森 岡 昭 二 君


   10番  森 本 さとし 君   27番  森 永 勝 二 君


   12番  今 井 由 輝 君   28番  安 本 美栄子 君


   13番  岩 田 佐 俊 君   29番  山 岡 耕 道 君


   14番  大 西 保 定 君   30番  小 丸 勍 司 君


   15番  奥   邦 雄 君   31番  森 野 廣 榮 君


   16番  勝 矢 節 義 君   32番  前 川 款 昭 君


   17番  坂 井   悟 君   33番  本 村 幸四郎 君


   18番  中 本 徳 子 君   34番  葛 原 香 積 君


   19番  桃 井 隆 子 君


         ─────────────────────


〇欠席議員(3名)


    4番  木 津 直 樹 君   11番  今 井 博 昭 君


    6番  渡久山 カナエ 君


         ─────────────────────


〇説明のため出席した者


 職   名          氏     名


  市長           今 岡 睦 之 君


  副市長          内 保 博 仁 君


  収入役          角 田 康 一 君


  理事           廣   行 雄 君


  総務部長         赤 澤 行 宏 君


  総務部参事        岡 部 隆 次 君


  企画振興部長       中 嶋   孝 君


  人権政策部長       澤 田 昌 彦 君


  生活環境部長       永 持 嘉 宣 君


  健康福祉部長       槌 野 策 司 君


  産業振興部長       半 田 泰 士 君


  建設部長         上 田 耕 二 君


  水道事業管理者      濱   一 吉 君


  教育長          味 岡 一 典 君


  教育部長         森 永 喜久雄 君


  消防長          山 崎 和 憲 君


  監査委員         福 壽   勇 君


  市民病院事務長兼事務部長 武 藤 隆 勇 君


  伊賀支所長        西 出 健一郎 君


  島ヶ原副支所長      池 口 法 行 君


  阿山支所長        中 川 重 憲 君


  大山田支所長       恵 村 孝 次 君


  青山支所長        城 山 廣 三 君


  出納室長         岡 部 洋 子 君


  財政課長         西 堀   薫 君


         ─────────────────────


〇出席事務局職員


 職   名           氏     名


  局長            松 永 彰 生 君


  次長            前 田 裕 三 君


  副参事           花 岡 穣 一 君


         ─────────────────────





            (午前10時00分 開会)


○議長(岩田佐俊君)


 おはようございます。


 ただいまから平成20年第1回伊賀市議会臨時会を開会いたします。


 本日ただいままでの出席議員数は31名、会議は成立いたしました。


 お諮りします。


 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。


 そのように取り扱うことにご異議ありませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本日の議事日程は、お手元に配付のとおり決しました。


 さらにこの際、市長から発言を求められておりますので、これを許可します。


 市長。


             (市長 今岡睦之君登壇)


○市長(今岡睦之君)


 おはようございます。


 本日、平成20年伊賀市議会第1回臨時会を招集させていただきましたところ議員の皆様方にはご多忙の中、ご出席を賜り、まことにありがとうございます。


 また、平素市政各般にわたりましてご指導、ご支援を賜っておりますこと厚くお礼申し上げます。


 さて、前総務部長問題でございますが、議員全員懇談会等でご説明をさせていただきましたように、長谷川被告は昨年知人から約530万円をだましとったとして詐欺と有印公文書偽造及び同行使の疑いで起訴されたことに加え、別の市民から約780万円をだましとった別件の詐欺罪で追起訴されました。


 これらの事件に関しまして私といたしましては、長谷川被告を市の重要ポストである総務部長に任命したことにつきまして任命責任が重大であると考えております。


 また、長谷川被告が督促状を保留したことと、さらに税の減免の事務手続に不備があったこと及び税を徴収する際に職員1人で現金の授受を行っていたこと等につきまして、行政組織として正常なチェック機能が働いていなかったことでございまして、組織管理上の問題として極めて重大であると認識いたしております。私には組織のトップといたしましての監督責任があると考えております。


 さらに、このような不祥事により市政に対しまして市民の皆様の信頼を著しく損なうことになりましたことにつきましても、本当に申しわけなく思っております。


 なお、具体的な再発防止策でございますが、まず督促状の留保の件でありますが、現在は税務課長の決裁で行っておりましたが、督促状発行後から発送までの間に入金があった場合等、新たな理由が発生した場合を除いて市長決裁にするよう事務決裁規定を改正いたしました。


 また、税の減免につきましてでございますが、今後、市税条例第51号第5号の全各号のほか特別の理由があるものを適用いたしまして、減免する場合の決裁につきましても市長決裁とするようにいたしましたほか、条例等の規定に基づかず慣例によって本人からの申請等を省いて行っている事務等があれば条例等に基づいた手続を行うよう徹底いたしたいと存じております。


 さらに税の徴収につきましては、現金の授受がある場合、必ず職員2人以上で行うようにいたしたいと存じます。


 また、部長級及び次長級の職員につきましては、昨年末よりコンプライアンス研修の受講を再度命じまして、受講後の伝達研修を行わせているほか、今後は全庁挙げて市民の信頼回復に努めるべく、再発防止に向け事務事業の見直しの取り組みを強化してまいりたいと存じます。


 なお、長谷川被告の第1回公判が来る18日に開かれる予定と伺っておりまして、今後の裁判にも注目してまいりたいと考えておりますが、いずれにいたしましても今後とも議会の皆様方のさらなるご指導をお願い申し上げたいと存じます。


 また、本日の臨時会に際しまして、急ではございますが、私どもの方から伊賀市知的障害者授産施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の一部改正につきまして議案を追加上程させていただきたいと存じますので、よろしくご審議賜りますようお願い申し上げ、開会に当たってのごあいさつとさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。


○議長(岩田佐俊君)


 これより議事に入ります。


 日程第1 会期の決定についてを議題とします。


 本臨時会の会期は、本日1日と定めたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本臨時会の会期は、本日1日と決しました。


 次に、日程第2 会議録署名議員の指名についてを議題とします。


 会議規則第83条の規定により、議長において、9番 森正敏君、10番 森本さとし君の両名を指名いたします。


 次に、日程第3 発議第1号、前総務部長問題調査特別委員会の設置についてを議題とします。


 発議者代表の説明を求めます。


 発議者代表、中本徳子君。


            (18番 中本徳子君登壇)


○18番(中本徳子君)


 ただいま議題となりました発議第1号、前総務部長問題調査特別委員会の設置についてでございますが、前総務部長の逮捕は、私たち議員を含め市民を驚愕させた事件でありますが、いまだ全貌が明らかにされておらず、早期に真相が解明され、行政として市民への説明責任を果たされんことを望むものであります。


 その中において昨年暮れ、新たに前総務部長の着服が発覚したが、市長等においては被害を受けた市民からその事実を知らされつつも、その後、何ら善後策も講じず放置してきたのではないかとの疑念が生じたところであります。


 ついては市議会として市民への説明責任を果たすがため関係者等から事情を聴取するなど、その事実関係の調査を行うことを目的に地方自治法第110条による前総務部長問題調査特別委員会を設置しようとするものです。


 なお、本特別委員会は、議員6人で構成するものです。


 以上、よろしくご賛同賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(岩田佐俊君)


 説明に対し、ご質疑ありませんか。


 葛原香積君。


○34番(葛原香積君)


 この発議者代表にお尋ねいたします。


 これ結構かと思うんでございますけども、関係者等から事情を聴取するなどその事実関係の調査を行うことを目的と、こういうふうに書いてあるんですけども、関係者といいますと一般市民、また特に行政、またそれにかかわった者ということでございますけれども、その関係者とはどの範囲を指すのか、その点明確に答弁願います。


○議長(岩田佐俊君)


 中本徳子君。


○18番(中本徳子君)


 この調査特別委員会の立ち上げにつきましては、私たち会派代表者1名ずつが出て構成をいたしております。その中から議長から今回この説明を受けましたので私たちは賛同することにいたしましたので、今質問をいただきましたこの中身につきましては、調査特別委員会を立ち上げていただいた後にまたご検討いただいたらと思っております。


○議長(岩田佐俊君)


 他にございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 他にご質疑なしと認めます。


 お諮りします。


 本案は、委員会付託を省略し、討論に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、討論に入ります。


 ご意見ございませんか。


 葛原香積君。


○34番(葛原香積君)


 会派代表者で検討され、議運で承認されておりますので、一応、また告示されておりますので、賛成の立場をとりますけども、以後の動きがちょっと変わってきたようでございますので、今も市長さんからの発言もございましたように、私も仄聞いたしますと18日に津地方裁判所におきまして初公判が開催されると聞かせておりまして、これも私も確認させていただきました。そういう、これ告示になってからの出来事でございますので、一部変わってきたこと事実でございますけども、これ調査特別委員会となりますと先ほども質問させていただきましたように、委員会で決めるということでございますけども、行政対処、一応やはり行政も責任があると思うんで、行政、それから民間、今も新聞等でご案内のように70歳何がしの人というようなことも出ておりますので、それもわかりませんけれども、それ調査対象になってるんだろうと思います。また、それを疑惑を、いろいろ関係者ということになりますけども、こういうことを踏まえるということになりますと司法当局が、既に司直がもう第1回公判という形になってるわけですけど、公判を受けて新聞等でご案内いただけなけりゃわかりませんけれども、第1回公判まで進んでるということは我々特別委員会という段階以上にもう、いろいろ聞かせていただきますと書類等も押さえられておるということも聞かされておりますので、今この時期に私はするよりも第1回公判等が出て、行政対応が非常にまずかったと、市長さんも明言されておりますけど、そういうことを中心に議会は今後、市行政においてこのようなことがないようのための手だてとして調査を進めていくならばいいわけですけども、公判を控えておるこの時期になぜやるのかということについてはいささか私は疑念を生じざるを得ません。


 したがいまして、全般を通じていくならばこの公判が終わり次第もう少し状況を見てするべきだと思いますので、私は、一応会派で決めていただいたか知りませんけれども、今の時期ということでは反対の立場をとらせていただきます。


○議長(岩田佐俊君)


 他にございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 他にご意見なしと認めます。


 よって、採決に入りますが、数の間違いがあるといけませんので、私が着席と言うまで立っていただきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。


 それでは、発議第1号に対し、可決することに賛成の方の起立求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(岩田佐俊君)


 着席願います。ご協力ありがとうございました。


 起立多数であります。


 よって、発議第1号は、可決しました。


 お諮りいたします。


 本特別委員会の委員につきましては、議長において指名いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本特別委員会の委員は、議長において指名いたします。


 北出忠良君、大西保定君、土井裕子君、英成樹君、宮?由隆君、山岡耕道君、以上6名を指名いたします。


 特別委員会開催のため暫時休憩いたします。


            (午前10時15分 休憩)


             ─────────────


            (午前10時30分 再開)


○議長(岩田佐俊君)


 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 この際、お諮りいたします。


 ただいま当局から議案第1号が提出されました。


 ついてはこれを日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議案第1号を日程に追加し、議題とすることに決しました。


 ちょっと資料の配付をさせていただきます。


 当局の説明を求めます。


 市長。


             (市長 今岡睦之君登壇)


○市長(今岡睦之君)


 ただいま追加で上程いただきました議案第1号でございますが、伊賀市知的障害者授産施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の一部改正につきましてご説明申し上げます。


 伊賀市知的障害者授産施設きらめき工房及びきらめき工房青山分場につきましては、計画では平成20年4月1日から指定管理者制度を導入いたすべく、昨年の12月定例会におきまして条例改正案をご議決をいただいたところでございますが、その後、利用者の皆様及びその保護者の皆様など関係者の皆様と話し合いを進めてまいりまして、一定のご理解はいただいているところではございますが、利用者の方の利便性の向上やサービスの質の向上など、保護者の皆様や関係者が安心できる運営の仕組みづくりの構築など、公募に向けましての条件等の整備が十分でないことやタイムスケジュールを考えるとき、平成20年4月1日からの指定管理者制度の導入は困難と判断をいたしまして、指定管理者制度導入の期日を向こう1年間延長いたしたく、今次の臨時会におきまして条例の一部改正をお願いをいたしたいと存じます。


 その内容でありますが、改正条例の施行期日を平成21年4月1日に改正いたしたいと存じます。


 今後は、早い時期の指定管理者の公募に向けまして作業を進め、平成21年4月までには円滑に移行できるよう、十分時間をかけて指定管理者や関係者の皆様とさらに話し合いを進めまして、保護者の皆様や関係者の皆様に安心していただけるよう努めてまいりたいと存じます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。


○議長(岩田佐俊君)


 説明に対し、ご質疑ございませんか。


 坂井君。


○17番(坂井 悟君)


 障害者の自立支援ということで指定管理もやむを得ないと思います。その中で本当に今の状況の中で市が把握してるのか把握してないのか。今きらめき工房、また青山分場、阿山町の指定管理の問題、いろいろあると思います。その中でやっぱりグループホームという付随した施設がある。障害者のグループホーム。その中でそれを切り離した形で市としては今後の運営状況をどうお考えになってんのか、お伺いいたします。


○議長(岩田佐俊君)


 市長。


             (市長 今岡睦之君登壇)


○市長(今岡睦之君)


 現在グループホームは、社会福祉協議会が面倒見るというか、タッチをしております。本来ですと生活の場でありますから、授産の場と生活の場が同じグループと申しますか、組織が管理をしていくのが理想でございますので、今後1年間かけてこれまた保護者の方のご意見等も伺ってまいらなければいけませんし、社会福祉協議会の方の意向というものも無視できませんものですから、この1年間の間に調整をしてまいりたいというふうに思っております。


○議長(岩田佐俊君)


 坂井君。


○17番(坂井 悟君)


 そのように調整をしていただき、同一の指定管理者がすることがやっぱり障害者の自立支援につながると思います。そういった形で市の方も協力を精いっぱい、またこれから眺めながら、私これ5年という指定管理の期間を設けるより2年ぐらいにして市がやっぱり監査という形でやっていかなければ、ややもすると違う形になる可能性もあると思います。


 それと公募型一般競争入札の中で、やっぱり前回の指定管理の中で1社しか来なかったで1社に決まりましたって、そういった形と違うて1社しか来なかったらもっと門広げたら、北海道から沖縄まで広げたらもっと違う形で公募が来ると思います。そういった形で公正公平な私は公募型の一般競争を望んでおりますので、その分も含めて考えていただきたいと思います。それは要望として言って終わらせていただきます。


○議長(岩田佐俊君)


 他にご質疑ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご質疑なしと認めます。


 お諮りします。


 本案は、委員会付託を省略し、討論に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、討論に入ります。


 ご意見ございませんか。


 森永勝二君。


○27番(森永勝二君)


 いずれにしましても指定管理者制度へ移行させていくということで、1年間延期ということですけども、基本的に私は指定管理者制度への移行は反対ですので、反対をしておきたいと思います。


○議長(岩田佐俊君)


 他にご意見ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご意見なしと認めます。


 よって、採決に入りますが、着席と言うまで立ってください。


 議案第1号に対し、可決することに賛成の方の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(岩田佐俊君)


 着席願います。


 起立多数であります。


 よって、議案第1号は、可決しました。


 先ほど休憩中に前総務部長問題調査特別委員会が開催され、委員長に山岡耕道君、副委員長に宮?由隆君が互選され、決定しておりますので、ご報告いたします。


 なお、前総務部長問題調査特別委員長から、お手元に配付いたしましたとおり特別委員会の調査事項について会議規則第106条により閉会中も継続審査することの申し出がありました。


 お諮りいたします。


 前総務部長問題調査特別委員会の閉会中の継続審査の申し出についてを日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、前総務部長問題調査特別委員会の閉会中の継続審査の申し出について議題とすることに決しました。


 前総務部長問題調査特別委員会は、本申し出のとおり閉会中も継続審査することにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、前総務部長問題調査特別委員会は、閉会中も継続審査することに決しました。


 以上で本臨時会に付議されました案件は全部議了しました。


 平成20年第1回伊賀市議会臨時会は、これをもって閉会します。ご苦労さんでした。


            (午前10時40分 閉会)


             ─────────────


地方自治法第123条第2項の規定により次に署名する。





             議  長   岩 田 佐 俊





             議  員   森   正 敏





             議  員   森 本 さとし