議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 伊賀市

平成19年第7回定例会(第6日 9月28日)




平成19年第7回定例会(第6日 9月28日)





        平成19年第7回伊賀市議会(定例会)会議録


         平成19年9月28日(金曜日)(第6日)


         ─────────────────────


 
  平成19年9月28日(金)午前10時開議


  日程第 1 議案第 83号 平成18年度三重県伊賀市一般会計歳入歳出決算の認


                定について


        議案第 84号 平成18年度三重県伊賀市国民健康保険事業特別会計


                歳入歳出決算の認定について


        議案第 85号 平成18年度三重県伊賀市簡易水道事業特別会計歳入


                歳出決算の認定について


        議案第 86号 平成18年度三重県伊賀市住宅新築資金等貸付特別会


                計歳入歳出決算の認定について


        議案第 87号 平成18年度三重県伊賀市駐車場事業特別会計歳入歳


                出決算の認定について


        議案第 88号 平成18年度三重県伊賀市老人保健特別会計歳入歳出


                決算の認定について


        議案第 89号 平成18年度三重県伊賀市介護保険事業特別会計歳入


                歳出決算の認定について


        議案第 90号 平成18年度三重県伊賀市農業集落排水事業特別会計


                歳入歳出決算の認定について


        議案第 91号 平成18年度三重県伊賀市公共下水道事業特別会計歳


                入歳出決算の認定について


        議案第 92号 平成18年度三重県伊賀市浄化槽事業特別会計歳入歳


                出決算の認定について


        議案第 93号 平成18年度三重県伊賀市サービスエリア特別会計歳


                入歳出決算の認定について


        議案第 94号 平成18年度三重県伊賀市島ヶ原財産区特別会計歳入


                歳出決算の認定について


        議案第 95号 平成18年度三重県伊賀市大山田財産区特別会計歳入


                歳出決算の認定について


        議案第 96号 平成18年度三重県伊賀市病院事業会計決算の認定に


                ついて


        議案第 97号 平成18年度三重県伊賀市伊賀下水道事業会計決算の


                認定について


        議案第 98号 平成18年度三重県伊賀市水道事業会計決算の認定に


                ついて


                         決算特別委員長報告───採 決


    第 2 議案第 99号 平成19年度三重県伊賀市一般会計補正予算(第1号)


        議案第100号 平成19年度三重県伊賀市国民健康保険事業特別会計


                補正予算(第1号)


        議案第101号 平成19年度三重県伊賀市簡易水道事業特別会計補正


                予算(第1号)


        議案第102号 平成19年度三重県伊賀市介護保険事業特別会計補正


                予算(第1号)


        議案第103号 平成19年度三重県伊賀市市街地再開発事業特別会計


                補正予算(第1号)


        議案第104号 平成19年度三重県伊賀市病院事業会計補正予算(第


                1号)


        議案第105号 平成19年度三重県伊賀市水道事業会計補正予算(第


                1号)


                         予算特別委員長報告───採 決


    第 3 議案第106号 附属機関の設置等に関する条例の制定について


        議案第107号 伊賀市長の資産等の公開に関する条例の一部改正につ


                いて


        議案第108号 伊賀市行政サービス巡回車の運行及び管理に関する条


                例の一部改正について


        議案第111号 字の区域の変更について


                         総務常任委員長報告───採 決


    第 4 議案第109号 伊賀市知的障害者授産施設の設置及び管理に関する条


                例の一部改正について


        議案第110号 伊賀市養護老人ホーム偕楽荘設置及び管理に関する条


                例の一部改正について


                       教育民生常任委員長報告───採 決


    第 5 議案第112号 市道路線の認定について


                       建設水道常任委員長報告───採 決


    第 6 請願の委員長報告について


    第 7 議案第113号 工事請負契約の締結について


        議案第114号 工事請負契約の締結について


                              一括上程───採 決


    第 8 発議第  8号 道路財源の確保と地方への配分強化を求める意見書


                (案)の提出について


                               上 程───採 決


    第 9 発議第  9号 議員の派遣について


                               上 程───採 決


    第10 発議第 10号 義務教育費国庫負担制度の存続と、負担率2分の1へ


                の復元を求める意見書(案)の提出について


                               上 程───採 決


    第11 発議第 11号 30人学級を柱にした義務教育諸学校および高等学校


                次期定数改善計画の策定、教育予算拡充を求める意見


                書(案)の提出について


                               上 程───採 決


    第12 発議第 12号 『学校安全法』(仮称)の策定をはじめとする総合的


                な学校の安全対策を求める意見書(案)の提出につい


                て


                               上 程───採 決


    第13 発議第 13号 庁舎建設問題特別委員会の設置について


                               上 程───採 決


    第14 庁舎建設問題特別委員会の閉会中の継続審査の申し出について


         ─────────────────────


〇会議に付した事件


 議事日程のとおり


         ─────────────────────


〇出席議員(33名)


 議席番号    氏   名    議席番号    氏   名


   1番  田 山 宏 弥 君   19番  桃 井 隆 子 君


   2番  本 城 善 昭 君   20番  恒 岡 弘 二 君


   3番  北 出 忠 良 君   21番  土 井 裕 子 君


   4番  木 津 直 樹 君   22番  中 岡 久 徳 君


   5番  空 森 栄 幸 君   23番  英   成 樹 君


   6番  渡久山 カナエ 君   24番  馬 場 登代光 君


   7番  前 田 孝 也 君   25番  宮 ? 由 隆 君


   8番  松 村 頼 清 君   26番  森 岡 昭 二 君


   9番  森   正 敏 君   27番  森 永 勝 二 君


  10番  森 本 さとし 君   28番  安 本 美栄子 君


  12番  今 井 由 輝 君   29番  山 岡 耕 道 君


  13番  岩 田 佐 俊 君   30番  小 丸 勍 司 君


  14番  大 西 保 定 君   31番  森 野 廣 榮 君


  15番  奥   邦 雄 君   32番  前 川 款 昭 君


  16番  勝 矢 節 義 君   33番  本 村 幸四郎 君


  17番  坂 井   悟 君   34番  葛 原 香 積 君


  18番  中 本 徳 子 君


         ─────────────────────


〇欠席議員(1名)


  11番  今 井 博 昭 君


         ─────────────────────


〇説明のため出席した者


 職   名          氏     名


  市長           今 岡 睦 之 君


  副市長          権 蛇 英 明 君


  副市長          内 保 博 仁 君


  収入役          角 田 康 一 君


  理事           廣   行 雄 君


  総務部長         長谷川 正 俊 君


  総務部次長        赤 澤 行 宏 君


  総務部参事        岡 部 隆 次 君


  企画振興部長       中 嶋   孝 君


  人権政策部長       澤 田 昌 彦 君


  生活環境部長       永 持 嘉 宣 君


  健康福祉部長       槌 野 策 司 君


  産業振興部長       半 田 泰 士 君


  建設部長         上 田 耕 二 君


  水道事業管理者      濱   一 吉 君


  教育委員長        勝 本 順 子 君


  教育長          味 岡 一 典 君


  教育部長         森 永 喜久雄 君


  消防長          山 崎 和 憲 君


  監査委員         福 壽   勇 君


  監査委員事務局長     松 本 博 臣 君


  市民病院事務長兼事務部長 武 藤 隆 勇 君


  伊賀支所長        西 出 健一郎 君


  島ヶ原支所長       安 岡 千 明 君


  阿山支所長        中 川 重 憲 君


  大山田支所長       恵 村 孝 次 君


  青山支所長        城 山 廣 三 君


  出納室長         岡 部 洋 子 君


  財政課長         西 堀   薫 君


  環境センター所長       玉 岡 佳 樹 君


         ─────────────────────


〇出席事務局職員


 職   名          氏     名


  局長           松 永 彰 生 君


  次長           前 田 裕 三 君


  副参事          花 岡 穣 一 君


  庶務係長         川 出 敦 子 君


         ─────────────────────





            (午前10時00分 開議)


○議長(岩田佐俊君)


 おはようございます。


 これより本日の会議を開きます。


 本日ただいままでの出席議員数は33名、会議は成立しました。


 お諮りします。


 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。


 そのように取り扱うことにご異議ありませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本日の議事日程は、お手元に配付のとおり決しました。


 この際、議事に入るに先立ち、諸般の報告をいたします。


 9月20日、第1回の農事組合法人「伊賀の里モクモク手づくりファーム」問題調査特別委員会が開催され、委員長に勝矢節義君が、副委員長に本村幸四郎君がそれぞれ互選され、決定しておりますので、ご報告申し上げておきます。


 これより議事に入ります。


 日程第1 議案第83号から議案第98号までの決算関係16議案を一括議題とします。


 本案に関し、決算特別委員長の報告を求めます。


 馬場登代光君。


          (決算特別委員長 馬場登代光君登壇)


○決算特別委員長(馬場登代光君)


 ただいま議題となりました議案第83号から議案第98号までの平成18年度三重県伊賀市一般会計、12特別会計及び3企業会計の決算関係16議案につきまして、当委員会における審査の経過と結果についてご報告を申し上げます。


 本特別委員会は、9月18日、19日の2日間にわたり開催し、まず正副委員長の互選を行い、委員長には私、馬場登代光、副委員長には森本さとし君を選出後、決算書、決算事項別明細書、各種決算に係る主要施策の成果報告書及び監査委員の決算審査意見書等に基づき審査を行いました。


 なお、審査方法として、一般会計の歳出は各款ごと、歳入は一括、また特別会計及び企業会計は会計ごとに一括行いました。


 それぞれの決算の概要につきましては、既に議案説明がなされておりますので、省略させていただきます。


 委員会におきましては、決算内容等について長時間にわたり委員から活発な質疑が行われ、それに対して当局からは一定の答弁がなされました。


 質疑の内容につきましては、多岐にわたっておりますので、主なものと審査を通じて出されました要望事項等を中心にご報告をさせていただきます。


 最初に、主な質疑等であります。


 まず、議案第83号の一般会計決算、歳出の議会費では、旅費及び政務調査費にかかわる旅行命令、復命はどのようになっているのか。


 総務費では、一般管理費の各支所の燃料費、光熱水費の使用量にばらつきがあるのはなぜか。ふるさと創生基金は、各支所で管理しているのか、また使用状況は。関西本線複線電化及びリニア中央エキスプレス建設の進捗状況は。職員研修について、内容は職員の希望により実施しているのか、また研修した内容を職員が共有することが重要と考えているが、どのように行っているのか。会計管理費にかかわって、特別職の出張命令や復命はどのようになっているのか。退職手当について、勧奨退職はいつまで続けるのか。住民自治協議会への財政支援を行っているが、各地域の成果はどうだったのか。非核平和推進中学生派遣委託料について、派遣した生徒たちの様子はどうであったのか。報償費の弁護士による法律相談の内容、件数等実施状況はなどの質疑がありました。


 民生費では、三重県後期高齢者医療広域連合負担金の負担基準は、また現状はどうなっているのか。生活保護の18年度の特徴は、また廃止等に対する具体的な対応は。同和行政費の中で市単独事業はどれくらいあるのか、特定地域のみが対象となっている事業があるのではないか、また一般施策への移行をすべきではないか。社会福祉費の心配事相談業務委託料の算定根拠は。社会福祉費を初めさまざまな補助金、助成金があるが、実績報告書は提出されているのか、またすべて監査しているのか。老人福祉費の外国人高齢者福祉給付金の給付内容、対象者は。民生事業活動費の生活保護世帯し尿くみ取り料補助金の支出は。民生委員活動委託料にかかわって、民生委員の活動状態は把握しているのか、また今後、民生委員の人数はどうなるのかなどの質疑がありました。


 衛生費では、保健衛生のブックスタート事業について、対象人数、開催場所は、また欠席者にはどのように対応しているのか。清掃費の弁護士業務委託料の内容は。ごみ袋の有料化にかかわって、生活保護世帯への対応は、また青山地区については今後どのように行うのか。整備された伊賀市検診センターの利用状況は。環境対策費にかかわって、不法投棄防止の巡回などの委託状況の中で阿山、青山は実績がないのはなぜか、また不法投棄された場所・件数等のデータを持っているのか。区域外一般廃棄物の受け入れ状況及び特徴は。ふるさとクリーンアップ事業委託料、計画策定委託料の内容はなどの質疑がありました。


 農林費では、農業振興地域整備促進協議会の会則はあるのか、傍聴規程はどのようになっているのか。農業総務費の土地建物借り上げ料の内容は。農業振興費の集落的農業対策モデル事業委託料、地域農業後継者対策補助金の内容は。広域農道の完成はいつか、整備が国土調査事業のおくれにより進まないと聞いているのはどうか。鳥獣防止事業について、電気さくが非常に有効である、補助要件の見直しをなされたい。地産地消事業のモデル校事業委託料について、どのように行われているのかなどの質疑がありました。


 商工費では、合併前の旧市町村ごとにある観光協会の統合はどのようになっているのか。忍者フェスタで甲賀市との手裏剣対決で伊賀市が勝ったが、甲賀市でどのようなPRをしてもらっているのか。工場誘致奨励金を支出しているが、伊賀クリエイトランドの企業立地の状況はなどの質疑がありました。


 土木費では、青山地内に建設中の清掃工場へのアクセス道路はいつごろ完成するのか。川上ダム事業について最近動きがあるが、ダム周辺整備事業はどこまで進んでいるのか。名神名阪連絡道路の進捗状況は。さくらのまち推進事業委託料について、苗木の配布方法は、また育て方の指導等は行っているのか。市道の修繕がなかなか進まないが、道路維持費の各支所への配分方法は。ダム周辺整備事業の市道阿保老川線の工事にかかわって、なぜ道路改良事業と立ち木伐採工事を分離発注したのか、また随意契約の理由はどうであったのかなどの質疑がありました。


 教育費では、就学奨励金の前年比較はどうか、また各種奨励金の支出内容は。児童生徒登下校安全サポート事業について、その内容はどのようになっているのか。中学校の給食にかかわって、給食センターから配送中に冷める等の問題があると聞いているがどうか、またどのくらいの地元産の食材を使っているのか。文化施設や体育施設等の指定管理者について、事業の実施状況を常にチェックしているのか。青少年海外派遣事業の成果は、また平成19年度は実施しないがなぜか。図書館について、図書館協議会は何をしているのか、また年間の図書の購入計画はどのようにしているのか、図書の盗難・紛失の実態とその対策は。スポーツエキスパート活用事業の内容とその成果は。中学校クラブ遠征参加補助金が支出されているが、各クラブからの要望額が足りているのかなどの質疑がありました。


 歳入では、市有土地建物貸し付けの状況は、また貸し付け条件・基準は。地方交付税の今後の見通しは、また交付税算定の際に不納欠損・収入未済金額が算定に影響するのか。市税の不納欠損額が1億を超えた額になっているが、主な内容は、また時効中断等の手続をしているのか。入湯税を納付している施設などはどこか。総務費雑入の平成17年度海外行政視察随行者補助金の納入経過はなどの質疑がありました。


 次に、議案第84号の国民健康保険事業特別会計では、不納欠損の件数について、脳ドック・簡易人間ドックの受診目標件数は、市独自の減免措置と市民への周知の方法は、今後の保険税額の見通しはなどの質疑がありました。


 次に、議案第85号の簡易水道事業特別会計、議案第86号の住宅新築資金等貸付特別会計、議案第87号の駐車場事業特別会計及び議案第88号の老人保健特別会計では、特に質疑等はありませんでした。


 次に、議案第89号の介護保険事業特別会計では、地域介護・福祉空間整備事業はどのようなものか、介護認定者数とその内訳はなどの質疑がありました。


 次に、議案第90号の農業集落排水事業特別会計では、特に質疑はありませんでした。


 次に、議案第91号の公共下水道事業特別会計では、伊賀市公共下水道全体計画見直し策定業務委託料について、どこに委託したのか、また内容及びその成果について質疑がありました。


 次に、議案第92号の浄化槽事業特別会計では、青山地区で事業開始時には個人設置したものは寄附を受け管理するようになっているが、今はどうなっているのか、公共下水道の見通しが立たない中で浄化槽設置エリアの変更はあるのかなどの質疑がありました。


 次に、議案第93号のサービスエリア特別会計では、特に質疑はありませんでした。


 次に、議案第94号の島ヶ原財産区特別会計では、計画策定委託料の内容について質疑がありました。


 議案第95号の大山田財産区特別会計では、特に質疑はありませんでした。


 続いて、業会計についてであります。


 議案第96号の病院事業会計では、医師・看護師等の条例定数は、借入金をより低利のものへの借りかえできないのか、利用者数が対前年度比大幅減となっているが、それに関してどのような議論がなされているのかなどの質疑がありました。


 次に、議案第97号の伊賀下水道事業会計及び議案第98号の水道事業会計では、特に質疑はありませんでした。


 さらに要望事項でありますが、一般会計では、庁舎管理にかかわって、思いやり駐車場や障害者駐車場の使用について適切に指導されたい。職員研修では、研修成果を職員間で共有できる仕組みをつくるとともに、プレゼンテーションの研修をふやすべきである。衛生費のブックスタート事業について、大変よい本を配布されているので今後も続けてほしい。ごみの不法投棄に関しては、捨てられる場所・件数等のデータを整理し、市民とともにできる対応を考えられたい。鳥獣害防止事業について、電気さくが最も有効である、電気さくの補助率を上げてほしい。中心市街地の一店逸品運動について、商工会議所へ委託しているが、市もいろいろ検討し取り組んでほしい。忍者フェスタで甲賀市と手裏剣対決を行ったが、今後も忍者を通じて交流を深められたい。三重県で一番大きい前方後円墳である御墓山古墳を整備するよう県へ要望されたい。中学校クラブ遠征参加補助金について、クラブ活動の意義等を考慮して補助を充実させてほしい。市税の滞納については、十分調査を行い、徴収に一層の努力と工夫をされたいなどの要望が出されたところであります。


 次に、国民健康保険事業特別会計では、脳ドック・簡易人間ドックの受診についてはより多くの方が受けられるよう啓発等に努められたいとのことでありました。


 病院事業では、医師、看護師が不足している市民病院が大変であるとのことで市民に不安が広がっている。今後の市民病院のあり方を十分検討されたいとのことでした。


 今後について、人が輝く、地域が輝く伊賀市の実現に向けて山積する諸課題の解決に積極果敢な取り組みを期待するものであります。


 また、決算審査において出された要望等を踏まえながら、可能な限り財源の確保とその効率的・重点的配分等に取り組み、事務事業の見直しや経費の節減・合理化をされ、財政運営の健全化と市民福祉のさらなる向上に一層の努力をいただきますよう切望するものであります。


 以上主な経過等のご報告を申し上げましたが、審査の結果、議案第83号の一般会計決算、議案第84号の国民健康保険事業特別会計決算及び議案第89号の介護保険事業特別会計決算の3議案については賛成多数、その他の各特別会計決算関係の10議案及び各企業会計の3議案につきましては全会一致で認定すべきものと決しました。


 よろしくご審査の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げます。


○議長(岩田佐俊君)


 報告に対し、ご質疑ありませんか。


 恒岡弘二君。


○20番(恒岡弘二君)


 ただいま多岐にわたる報告でありますので、要望事項を中心に報告がございましたですが、委員長にお尋ねをいたします。


 今般総理辞任まで発展いたしました社会保険庁年金着服問題が地方自治体にまで今及んでおりまして、国からの調査依頼が来ておりますが、この保険料横領問題について調査依頼が来ております。市民の関心度も非常に高いときでございますけれども、決算審査に当たって国民年金問題について質疑があったのかどうか、お尋ねをいたします。


○議長(岩田佐俊君)


 馬場委員長。


○決算特別委員長(馬場登代光君)


 ただいまのご質問の件につきましては、そうした詳細なる報告はございませんでしたので、当局よりご説明お願いいたします。(発言する者あり)質疑はありませんでしたので、ご説明願います。


○議長(岩田佐俊君)


 健康福祉部長。


           (健康福祉部長 槌野策司君登壇)


○健康福祉部長(槌野策司君)


 失礼いたします。国民年金保険料の着服の件と、それから国民年金問題ということで2ついただきましたと思いますので、まず国民年金の問題についてご説明させていただきたいと思います。


 この問題につきましては、さきにご質問いただいたんですけれども、詳しい内容とか市の対応については十分ご説明してなかったことについておわび申し上げたいと思います。


 まず、島ヶ原支所におきます国民年金の加入分につきましては、地方分権一括法という法律によりまして平成14年から国民年金保険料は社会保険庁が一括して管理するということになりましたもので、それによりまして市町村におきます事務処理基準が改正によりまして被保険者名簿についても廃止されたところでございます。こうしたことから島ヶ原支所におきましては国民年金加入記録簿を廃棄したものでありますが、個人の記録につきましては社会保険事務所にデータとして保存されております。他の支所につきましては、現在も保管しております。


 今問題となっております消えた年金問題につきましては、個人氏名が片仮名表示であったことや氏名、性別、生年月日が一致していないことによりまして統合できていないことによりまして5,000万件を超える年金記録が宙に浮いた、消えた問題と、年金問題となっているところであります。


 その中におきまして市の対応におきましては、年金相談では電話や窓口相談が1,000件を超えておりまして、その内容といたしましては年金問題がどうなっているのかとか、厚生年金保険から国民年金にかわった、どのようになっているのかといったさまざまな相談が寄せられております。特に納付の疑問のお持ちの方につきましては、納付記録の照会を社会保険庁に行い、またあわせまして本人へ社会保険事務所より納付記録が送付されているところであります。


 また、年金記録や確かな納付の記録がない方につきましては、ご承知のように年金記録確認第三者委員会というものが三重県におきましては7月の12日から立ち上げられて進められているところであります。


 また、社会保険庁におきましては、20年度からすべての被保険者の方に年金記録や納付内容を掲載しました年金定期郵便というものが送付されるように、今事務を進められているところであります。


 次に、国民年金保険料の伊賀市におけます着服問題調査報告でございますけれども、国民年金保険料の着服問題につきましては、先般の質問でお答えいたしましたとおり職員の処分に関する書類や懲罰委員会の記録、また島ヶ原支所や他の支所、それから本庁において確認いたしました。また、当時担当いたしておりました、一部でございますけれども、退職者の職員や在職の職員についてもこの問題について確認いたしました結果、国民年金保険料の着服があったという事実がないということでご報告をさせていただいたものでございます。以上でございます。


○議長(岩田佐俊君)


 恒岡弘二君。


○20番(恒岡弘二君)


 重要なところにつきましては詳細にわたってご説明いただきました。市民の方々も大変心配しておりますし、何もなかったということで非常にご安心をいただけたんじゃないかというふうに思わせていただきます。


 今後の点もありますが、もう一つ確認をさせていただきますけれども、今は年金につきましては扱う正式な場所が、窓口がないわけでございますが、私、業務内容の、去年発行されました一覧表を見せてもらっているんですけれども、本庁の2ページのところに健康保険課に保険年金係というのがございます。この業務内容でございますが、一つは国保、つまり国民健康保険であります。それからもう一つですが、今問題の国民年金に関することについて扱う、こういうふうにご案内がされておりますが、今後も国民年金の相談がかなり来ると思いますが、この窓口について確認をさせていただきますが、間違いがございませんか。


○議長(岩田佐俊君)


 健康福祉部長。


○健康福祉部長(槌野策司君)


 今ご質問いただきました年金の窓口でございますけれども、以前は、先ほども申し上げましたように14年までは市町村の主要な事務として取り扱っておりましたですけれども、今の相談と受け付けとというふうな形の中で間違いなく今健康保健課において年金の相談等の事務をやらさせていただいておるところでございます。以上でございます。


○20番(恒岡弘二君)


 了解しました。


○議長(岩田佐俊君)


 他にご質疑ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご質疑なしと認めます。


 よって、討論に入ります。


 ご意見ありませんか。


 森永勝二君。


○27番(森永勝二君)


 ただいま上程されています議案第83号 平成18年度三重県伊賀市一般会計歳入歳出決算の認定について、議案第84号 平成18年度三重県伊賀市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第89号 平成18年度三重県伊賀市介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について、この3議案については認定することに反対をしたいと思います。


 まず、議案第83号でございますけども、一般会計ですが、1つは、高齢者に対する公的年金による増税で約2億円の増税、定率減税の縮減による増税で2億円、合わせて4億円の増収を実施されたこと。


 2つ目は、首都機能移転問題、伊勢湾口道路建設促進の問題、それから大きな事業であります川上ダム事業、この3つの問題についてはむだな事業で予算の充当がされていること。


 3つ目は、同和事業特別措置法が失効しているにもかかわらず同和事業の推進のために生活実態調査の実施、単独事業ですが、昨年度と比べても増加している問題。4つの部落解放同盟に対して1,321万5,000円の補助金が出されている問題。こういった問題含めて同和事業については早急に終結すべきであるという態度であります。


 次に、議案第84号でございますけども、国民健康保険ですが、保険料は1世帯当たり平均11万8,400円、1人当たり6万2,900円と非常に高いものです。滞納者がふえて不納欠損も7,753万円になっております。一般会計からの充当で保険料の引き下げをすべきであります。


 次に、議案第89号の介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定でありますけども、施設に入所できない待機者の増加、制度の改悪で介護予防を導入した中で要支援1が568名、要支援2が1,110名とふえており、サービスの切り捨てが行われている問題。市の独自の利用料の軽減措置が必要だと考えています。


 そういった関係で、この3議案の決算の認定については反対をしておきたいと思います。以上です。


○議長(岩田佐俊君)


 他にご意見ありませんか。


 宮?由隆君。


○25番(宮?由隆君)


 議案第83号 平成18年度三重県伊賀市一般会計歳入歳出決算の認定について反対的な立場でご意見を申し上げます。


 まず、この中で18年度阿保老川線の改良工事の中で分離発注がなされ、そしてその中で130万の超える形の中で随意契約なされました。その質疑の中で私は、委員長に対して議会として調査権、また外部監査調査権を一任されましたところでございます。しかしながら、委員長報告には一切そのことに触れられておりません。


 よって、今後の伊賀市の分離発注、随意契約に大きく影響を及ぼすこの事業の中において私は、この認定について反対とします。議員諸公のまたご賛同をいただきたいと思います。以上でございます。


○議長(岩田佐俊君)


 他にご意見ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご意見なしと認めます。


 よって、採決に入ります。


 採決は、議案第83号、議案第84号及び議案第89号は単独で、他は一括行いたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、採決は、議案第83号、議案第84号及び議案第89号は単独で、他は一括行います。


 まず、議案第83号に対し、委員長の報告どおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(岩田佐俊君)


 起立多数であります。


 よって、議案第83号は、認定しました。


 次に、議案第84号に対し、委員長の報告どおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(岩田佐俊君)


 起立多数であります。


 よって、議案第84号は、認定しました。


 次に、議案第89号に対し、委員長の報告どおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(岩田佐俊君)


 起立多数であります。


 よって、議案第89号は、認定しました。


 次に、議案第85号から議案第88号までと議案第90号から議案第98号までの以上13議案に対し、いずれも委員長の報告どおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(岩田佐俊君)


 全会一致であります。


 よって、議案第85号から議案第88号までと議案第90号から議案第98号までの以上13議案は、いずれも認定しました。


 次に、日程第2 議案第99号から議案第105号までの予算関係7議案を一括議題とします。


 本案に関し、予算特別委員長の報告を求めます。


 馬場委員長。


          (予算特別委員長 馬場登代光君登壇)


○予算特別委員長(馬場登代光君)


 ただいま議題となりました議案第99号から議案第105号の平成19年度の一般会計、4特別会計及び2企業会計の補正予算関係7議案につきまして、当委員会における審査の経過と結果についてご報告を申し上げます。


 本特別委員会は、9月20日に開催し、正副委員長の互選を行い、委員長に私、馬場登代光、副委員長には森本さとし君を選出の上、審査を行いました。


 まず、補正予算の概要について若干申し上げます。


 最初に、議案第99号の一般会計補正予算(第1号)につきましては、既定の予算額の歳入歳出それぞれ6億3,812万2,000円を追加し、補正後の予算額を歳入歳出それぞれ425億2,207万6,000円とするものであります。


 今回の補正は、国、県の補助認証の追加または変更があった事業費の補正や過年度分精算に伴う返還金のほか、放課後児童施設整備事業、防災対策経費などについて所要額に補正しようとするものであります。


 また、債務負担行為につきましては、同和問題に関する伊賀市職員意識調査業務委託を平成20年度まで、都市マスタープラン策定業務委託を平成21年度まで設定しております。


 歳出補正の主な内容は、投資的経費では、全体で約5億2,625万円の追加を行っておりますが、国庫補助事業では上野西小学校大規模改修事業約9,251万円、まちづくり交付金事業では大森5号線道路改良事業を約3,050万円を新規計上したほか、補助認証の追加によりましてダム周辺整備事業費を4,000万円、(仮称)上野東地区中学校建設事業費を約920万円、改良住宅ストック総合改善事業費を約700万円などが追加計上されております。


 単独事業では、文化会館さまざまホール舞台照明設備費改修事業費約2億70万円、友生小学校教室改修事業費並びに普通教室棟増築事業費合計4,640万円、放課後児童施設整備事業費約2,730万円、産学官連携研究開発拠点整備事業費約2,680万円などが追加計上されております。


 物件費では、全体で約1,720万円を増額されておりますが、内訳は耐震改修促進計画策定業務委託料300万円、南消防署庁舎耐震診断業務委託料180万円、ふたば幼稚園の移転に係る経費約450万円などであります。


 積立金では、地方財政法の規定どおり平成18年度決算剰余金の補正額8,651万4,000円のうち、2分の1相当額以上の4,325万8,000円を財政調整基金に追加積み立てを行うところであります。


 補助費等では、全体で約4,640万円が増額されておりますが、コミュニティー事業助成金390万円が新規計上されたほか、社会福祉総務費、老人福祉総務費、児童福祉総務費及び母子福祉費に係る過年度国県支出金精算返還金合計で約3,970万円などが追加されております。


 扶助費では、障害者自立支援給付事業費約1,970万円が追加されるなど、扶助費全体で約2,140万円が増額されております。


 繰出金では、簡易水道特別会計繰出金約370万円増額されましたが、介護保険事業特別会計繰出金が約2,440万円減額されたため、繰出金全体では約2,040万円の減額となっております。


 出資金では、上野上水道第8次拡張事業に係る水道事業会計出資金3,300万円が追加されております。


 これら一般会計の歳出財源は、国庫支出金、市債などの特定財源をそれぞれの事業費の変更に伴う所定の増減を行い、一般財源では繰越金や過年度の国県支出金が見込まれています。


 次に、議案第100号の国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)では、事業勘定で介護給付費納付金約2,300万円、過年度国庫支出金精算返還金約5,330万円、予備費約1億3,090万円が追加計上されております。


 これらの補正予算の財源として、繰越金2億857万円を追加するなど補正後の予算額は94億3,230万7,000円となっております。


 次に、議案第101号の簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)では、簡易水道事業施設整備基金に約5,900万円を積み立てるほか、南部簡易水道管理費約1,160万円、阿波地区簡易水道改良事業費約3,000万円、統合簡易水道整備事業として我山・出屋敷・比土・古郡簡易水道再編推進事業費約2,120万円がそれぞれ追加されております。


 歳入では、国庫支出金、市債などの事業の変更に伴い事業費の所定の増減を行っているほか、繰越金5,959万6,000円を追加し、会計全体で1億2,175万6,000円の増額補正となっています。


 次に、議案第102号の介護保険事業特別会計補正予算(第1号)では、過年度国県支出金精算返還金約1億4,820万円、認定調査費等経費約240万円、任意事業費約230万円、給付費準備基金積立金約1,790万円など支払い基金交付金、繰越金などを財源として追加し、全体では1億6,947万4,000円の増額となっております。


 次に、議案第103号 市街地再開発事業特別会計補正予算(第1号)では、再開発ビルが完成するまでの間、権利者が営業を行うための仮設店舗の設置に係る設計及び工事に要する経費など市債を財源として1億3,010万円を増額補正しようとするものであります。


 次に、議案第104号の病院事業会計補正予算(第1号)では、収益的支出で医療ソーシャルワーカー設置や地域医療体制マスタープラン作成に要する経費などが計上される一方、修繕費を資本的支出に組み替え、収益的支出全体では266万2,000円の減額となっております。資本的支出では病院正面駐車場改修工事費499万3,000円を計上し、資本的収入では企業債が490万円追加発行されています。


 次に、議案第105号の水道事業会計補正予算(第1号)では、資本的支出で上野上水道第8次拡張事業費1億480万円が追加され、資本的収入では国庫支出金や企業債など事業の変更に伴う所定の増額となっています。


 以上、議案第99号から議案第105号までの一般会計、特別会計及び企業会計を合わせまして13億7,515万1,000円を増額し、補正後の全会計の予算総額は823億3,537万4,000円としようとするものであります。


 委員からは各会計において多岐にわたり質疑等があり、当局からは一定の回答がなされたところでございますが、本委員会は議員全員で構成されており、審査内容は十分ご承知のことと存じますので、質疑に関する報告は省略し、ここでは要望・意見等のご報告をさせていただきます。


 情報セキュリティーポリシーの見直しにかかわって、情報セキュリティー監査を実施されたい。障害者職場実習モデル事業の実施継続と、これを機会に障害者就労支援システムを具現化されたい。医師不足等により伊賀の医療体制が大変厳しい状況であることは理解できるが、2次救急体制を含め市民が安心できる医療圏、医療体制を整備してほしい。青山地域のごみ収集等に関して、住民に十分説明するようにされたい等の要望がありました。


 なお、市当局におかれましては、審査を通じて出された指摘事項や要望など十分留意の上、適正な予算執行がなされますよう要望するものであります。


 審査の結果、議案第103号は賛成多数で、議案第99号から議案第102号及び議案第104号から議案第105号は全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。


 よろしくご審査の上、ご賛同賜りますようお願いいたします。


○議長(岩田佐俊君)


 報告に対し、ご質疑ありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご質疑なしと認めます。


 よって、討論に入ります。


 ご意見ございませんか。


 北出忠良君。


○3番(北出忠良君)


 議案第103号につきましてですけども、私は、地権者や商売人につきましては十二分な説明や理解がなされていないと思いますので、この案件については反対いたします。


○議長(岩田佐俊君)


 他にご意見ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご意見なしと認めます。


 よって、採決に入ります。


 採決は、議案第103号は単独で、他は一括行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、採決は、議案第103号は単独で、他は一括行います。


 まず、議案第103号に対し、委員長の報告どおり可決することに賛成の方の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(岩田佐俊君)


 起立多数であります。


 よって、議案第103号は、可決しました。


 次に、議案第99号から議案第102号までと議案第104号及び議案第105号の6議案に対し、委員長の報告どおり可決することに賛成の方の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(岩田佐俊君)


 全会一致であります。


 よって、議案第99号から議案第102号までと議案第104号及び議案第105号の6議案は、いずれも可決しました。


 次に、日程第3 議案第106号から議案第108号までと議案第111号の4議案を議題とします。


 本案に関し、総務常任委員長の報告を求めます。


 森本委員長。


          (総務常任委員長 森本さとし君登壇)


○総務常任委員長(森本さとし君)


 ただいま議題となりました総務常任委員会に付託されました議案について、当委員会における審査の経過と結果についてご報告申し上げます。


 まず、議案第106号 附属機関の設置に関する条例の制定についてでございますが、要綱等による附属機関が増加する傾向にあることから、設置に当たって所定の条件を満たし、行政執行上の必要性を慎重に判断した上で要綱等により設置できるよう、附属機関の設置に関し基本となる事項を定める条例を制定するものです。


 なお、この条例は、平成20年1月1日から施行するものとのことです。


 審査に当たり委員からは、附属機関の委員の報酬は決まっているのか、また委員の選考はどのようにするのかとの質疑に対し、当局からは、委員の報酬は決まっていない、委員の選考は公募を原則とするが、案件によっては専門家を委嘱するとのことでした。


 審査の結果、本案は、全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第107号 伊賀市長の資産等の公開に関する条例の一部改正についてでございますが、郵政民営化法を初め郵政民営化関連法が平成19年10月1日から、証券取引法等の一部を改正する法律が平成19年9月30日からそれぞれ施行されることに伴い、本条例の所要の改正をするものです。


 なお、この条例は、平成19年10月1日から施行し、第2条第1項第4号の改正規定を除く同項の改正規定は証券取引法等の一部を改正する法律の施行期日にあわせ、平成19年9月30日から施行するとのことです。


 審査に当たり委員からは特に質疑もなく、本案は、全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第108号 伊賀市行政サービス巡回車の運行及び管理に関する条例の一部改正についてでございますが、現在条例では行政バス料金を路線ごとに100円または200円と定めており、大人、小児、幼児、乳児という4段階の年齢区分による料金体系に統一し、身体に障害のある方などへの料金の割引を明記し、運休日を変更、さらに大沢線を循環型としたため終点を千戸から大山田支所に変更するものです。


 なお、この条例は、平成20年1月1日から施行するとのことです。


 審査に当たり委員からは、全市的視野に立った路線、ダイヤを見直した上で値上げを検討すべきで、現状の路線で値上げするのはどうか、また地元の了解を得ているのかとの質疑があり、当局からは、とりあえず現状路線での値上げであり、空白地帯などは平成20年から22年にダイヤの見直し等、またスクールバスとの混乗、ディマンドについても一定検討の予定であり、地元に対しては支所別懇談会、タウンミーティング、パブリックコメントを経て自治会連合会、理事会等にも説明し、理解を得ているとのことでした。


 討論の中で委員からは、合併後、早期一体化を推進している中で本案は旧市町村単位の路線のまま値上げをしようとしているが、これでは市民に負担増を強いるだけではないかという反対意見が出されました。


 審査の結果、賛成多数で本案は原案どおり可決すべきものと決しました。


 最後に、議案第111号 字の区域の変更についてでございますが、県営経営体育成基盤整備事業倉部川沿岸地域の土地改良事業の施行に伴う土地改良がなされた区画に従い小字の区域を変更しようとするものです。


 なお、変更の時期は、地方自治法260条第3項の規定に基づく効力発生日とのことです。


 審査に当たり委員からは特に質疑もなく、本案は、全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。


 以上よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げます。


○議長(岩田佐俊君)


 報告に対し、ご質疑ありませんか。


 小丸勍司君。


○30番(小丸勍司君)


 委員長にお尋ねをいたします。


 議案第106号 附属機関の設置等に関する条例の制定についてでありますが、今の委員長報告には若干の説明はございますけれども、この第3条の、特に3条2項、要するに行政運営上特に必要と認める場合というのが次の各号に定める条件を満たした場合とするという中の2つ目に急施を要する場合、要するに急がなければならないという要件がございますけれども、この急がなければならないというのは基本的にどれぐらいのタイムラグを言っているのか議論をなされたのか、そのあたり委員長にお聞かせください。


○議長(岩田佐俊君)


 森本委員長。


○総務常任委員長(森本さとし君)


 タイムラグについては、そこまで突っ込んだ質疑はございませんでしたので、当局からのご説明をお願いいたします。


○議長(岩田佐俊君)


 答弁願います。


 総務部長。


           (総務部長 長谷川正俊君登壇)


○総務部長(長谷川正俊君)


 このご質問いただきました条例第3条の条件でございますけれども、合計5つございまして、今ご質問いただきました急施を要する場合と、急いで実施しなければならない市の施策というようなことでございますので、特別行政課題が変わったとか法律が変わった中での審議、附属機関を設置する場合ということでございますので、1番の条件にもダブってくる場合がございますけれども、おおむね1年間程度を考えております。


○議長(岩田佐俊君)


 小丸勍司君。


○30番(小丸勍司君)


 1年間程度というふうに今お答えをいただきましたけれども、1年間というのが果たして急施に当たるのかなというふうに私は個人的に思うんであります。1年間が急施というのは、どうも理解できないんですけれども、その1年間に設定された理由を教えてください。


○議長(岩田佐俊君)


 総務部長。


○総務部長(長谷川正俊君)


 既に設置要綱等で決まっております、例えば現在の急施を必要とする場合という、要綱の中で例を挙げさせていただきますと、昨年実施をいたしましたけども、伊賀市の花・木・鳥選定委員会とか、それから例えば障害者福祉計画の策定、これは法律が、自立支援法ができましたので、一定の期間内にその計画を策定するというような場合とか、あと市歌選考委員会とか、こういうふうな部分もございまして、大体この辺あたりが私ども今までの設置されてる要綱等の各種委員会で考えてる急施の場合かなと思っております。


○議長(岩田佐俊君)


 小丸勍司君。


○30番(小丸勍司君)


 今説明をいただいたのは既にもう決定されていることばかりでして、例えばというのにはどうも当たらない。これから将来どういうふうなケースを考えられるかというようなことになろうと思うんですが。


 それと今の第3条の5番目に民意の反映が必要な場合とありますけれども、こういう文言というのは当然のことでありまして、この民意の反映が必要な場合というのをあえてこれ挿入なさった理由というのは、何が根拠にこういう設定をなさったんですが、お尋ねいたします。委員長、よろしかったら。


○議長(岩田佐俊君)


 森本委員長。


○総務常任委員長(森本さとし君)


 行政の方からご説明を願います。


○議長(岩田佐俊君)


 総務部長。


○総務部長(長谷川正俊君)


 伊賀市の自治基本条例の中で各種委員さんについては公募の上というようなことの位置づけがございますので、その意思を反映いたしましてこの条件を定めたものでございます。


○議長(岩田佐俊君)


 小丸勍司君。


○30番(小丸勍司君)


 こういった条例制定の附属機関を設置するためには、これ民意の反映というのは当たり前のことなんですよね。その民意の反映するために設置するんですから、だからあえてここにその第3条の5番目に入れたという理由が何だといって聞いてるんですけれども、このあたりもうこれ以上お聞きいたしませんから、ひとつどうぞ、私は何となく理解できないんですよ。総務部長、民意の反映の当然のことなんですけども、ここに挿入をされている意味がちょっとまだ理解できないんですよ。もう少し、じゃあ説明してください。


○議長(岩田佐俊君)


 総務部長。


○総務部長(長谷川正俊君)


 大変ご説明不足で申しわけございません。それぞれの委員会等の審査等の過程におきまして公募市民、また市民の代表の方々の意見を反映する必要がある場合という考え方でおりまして、その基本となっておりますのが先ほど申し上げました伊賀市の自治基本条例を根拠にという考え方でございますけれども、ただこの3条につきましては1から5までの条件をすべて満たした場合という制約つきのものでございますので、この場合についてはただいまの条例の解釈の運営でいくということでございます。


○30番(小丸勍司君)


 了解。


○議長(岩田佐俊君)


 他にご質疑ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご質疑なしと認めます。


 よって、討論に入ります。


 ご意見ございませんか。


 森永勝二君。


○27番(森永勝二君)


 議案第108号 伊賀市行政サービス巡回車の運行及び管理に関する条例の一部改正について反対をしたいと思います。


 これは行政バスを100円から200円にするということでありますけども、合併後、交通計画が作成されました。議会においても交通問題の特別委員会が設置されて、一体化についての一定の議論がされました。しかし、現在それぞれの合併前の地域単位に運行されていますけれども、一体化されてるような状況になっていません。私は、具体的な改善の提起とあわせて値上げを考えるべきで、今回の値上げはむしろ利用者の負担増だけを求めるというものであると思います。そういった理由から反対をしたいと思います。


○議長(岩田佐俊君)


 他にご意見ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご意見なしと認めます。


 よって、採決に入ります。


 採決は、議案第108号は単独で、他は一括で行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、採決は、議案第108号は単独で、他は一括で行います。


 まず、議案第108号に対し、委員長の報告どおり可決することに賛成の方の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(岩田佐俊君)


 起立多数であります。


 よって、議案第108号は、可決しました。


 次に、議案第106号、議案第107号及び議案第111号に対し、委員長の報告どおり可決することに賛成の方の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(岩田佐俊君)


 全会一致であります。


 よって、議案第106号、議案第107号及び議案第111号は、いずれも可決しました。


 次に、日程第4 議案第109号及び議案第110号を一括議題とします。


 本案に関し、教育民生常任委員長の報告を求めます。


 前田委員長。


         (教育民生常任委員長 前田孝也君登壇)


○教育民生常任委員長(前田孝也君)


 ただいま議題となりました請願につきまして教育民生常任委員会における……。


○議長(岩田佐俊君)


 請願じゃございません。議案です。


○教育民生常任委員長(前田孝也君)


 失礼いたしました。ただいま議題になりました教育民生常任委員会に付託されております2議案について、当委員会における審査の経過と結果についてご報告申し上げます。


 まず、議案第109号 伊賀市知的障害者授産施設の設置及び管理に関する条例の一部改正についてでございますが、障害のある人の福祉の増進を図ることを目的として、授産施設きらめき工房を平成13年1月に、授産施設きらめき工房青山分場を平成17年の4月に設置し、市直営の管理運営を行ってまいりましたが、平成20年4月から指定管理者制度を導入しようとするため本条例の一部を改正し、同条例改正後、伊賀市の施設にかかわる指定管理者の指定手続等に関する条例の手続に従い指定管理者の候補者の選定を進めようとするものです。


 改正の主な内容でございますが、授産施設きらめき工房及び授産施設きらめき工房青山分場の管理、指定管理者が行う業務、指定の期間等を規定してるほか所要の改正を行うものです。


 なお、この条例は、公布の日から施行するものとし、うち指定管理者制度にかかわる改正規定につきましては平成20年4月1日から施行するとのことです。


 審査に当たり委員からは、指定管理者になった場合、きらめき工房職員の身分、待遇はどのようになるのかとの質問に対し、きらめき工房に勤務、通所されている方は今後指定管理者制度に変わっていく経過において一定の理解をいただいていく方向で協議を進めているとの説明でございました。


 また、第4条の法人その他の団体とはどのような団体なのかとの質問には、一般公募を行い選考委員会から市長へ報告をし、議会の議決を得て決定するシステムであり、どの団体かわからないとの説明でございました。


 さらに経費節減のために制度を移行しようとしているのかとの質問やその施設においての目的は何かとの質疑には、将来的な経費削減を考え民間部門でサービスの向上を考えての移行であるとの説明がなされました。


 この施設のランニングコストについても質問があり、個人的に1割とされているが、1年間に負担してるのは幾らかとの内容に対し、1人当たり約8万5,000円の負担である旨の説明を受けましたが、この施設は知的障害をお持ちの方に働いてもらい、つくってもらったものを売る生産活動をしていかなければならず、行政としてこういった理由で指定管理へ移行するといった明確な内容が見えない部分が感じられ、継続審査として議会でも議論をいたしたいとの意見が出ました。


 また、きらめき工房はまだスタートしたばかりの段階で、もう少し継続審査として議論すべきとの発言が多数に至り、審査の結果、議案第109号は、賛成多数で継続審査すべきものと決しました。


 続きまして、議案第110号 伊賀市養護老人ホーム偕楽荘設置及び管理に関する条例の一部改正についてでございますが、伊賀市養護老人ホーム偕楽荘は、居宅において養護を受けることが困難な高齢者の福祉の向上を図ることを目的として昭和28年11月に設置され、現在に至っており、市直営により管理運営を行っておりましたが、平成20年4月から指定管理者制度を導入しようとするため本条例の一部を改正し、同条例改正後、伊賀市の施設にかかわる指定管理者の指定手続に関する条例の手続に従い指定管理者の候補者の選定を進めるとのことでございます。


 改正の主な内容でございますが、養護老人ホーム偕楽荘の管理、指定管理者が行う業務、指定の期間を規定しているほか所要の一部を改正しようとするものです。


 なお、この条例は、平成20年4月1日から施行するとのことです。


 審査に当たり委員からは、偕楽荘の職員について市の職員が何人ぐらい勤務しており、最長と最短で何年ほどこの施設にお勤めなのかという質問に対し、職員数は11名で、最長30年9カ月、最短3年4カ月との説明がございました。


 また、職員の待遇については本人の希望を受け入れることができるのかという質問に対して、指定管理者が決定してから偕楽荘の待遇、身分が現状の基準を満たせるように職員の立場に立ち協議を進めるということでございました。


 審査の結果、本案は、賛成多数で原案どおり可決すべきものと決しました。


 以上、当委員会に付託されました2議案につきまして、よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げます。


○議長(岩田佐俊君)


 報告に対し、ご質疑ありませんか。


 森永勝二君。


○27番(森永勝二君)


 2点ほど聞いておきます。


 1点は、109号ですけども、障害者の方の家族の方の意見が、一定聞くというんか、声を大事にするかというんか、そういった立場から議論されてきてんのか、了解を得てきているのか、その点、109号について説明願います。委員長、よろしく頼みます。


○議長(岩田佐俊君)


 前田委員長。


○教育民生常任委員長(前田孝也君)


 家族との協議をされてるのか、こういうふうな話でございますけれども、すべてを賛成というか、体制をとっていくということ、これはどの問題に対しても難しい問題であろうと。こういう中で、この109号につきましては、それぞれに家族との協議もされておりまして、大体の理解を得てる、こういうふうな話も行政の方から聞かせていただいております。以上です。


○議長(岩田佐俊君)


 他にございませんか。


 坂井悟君。


○17番(坂井 悟君)


 今先ほどの委員長のお話の中で保護者、家族の方が理解してると行政から聞きましたと。その話を私はそうでないと思います。保護者の方やら本当に家族の方々は、市がやんやでしようがないでというあきらめの心の中と、それと一部分の人は賛成してると思います。そやけど半分以上の方々は、そういう思いの中で指定管理をされていくことがいいのか悪いのか、もっとやっぱり市として、行政として本当にマイノリティー、少数派の思いを受けてもうちょっと議論していかなければならないだろうなと、私はそういう思いでおります。そういうことで委員長の先ほどの答弁の中で、私はそれと違ってると保護者の方々やいろんな方々から聞かせていただいてるのをご報告を申し上げときます。


○議長(岩田佐俊君)


 他にございませんか。


 森本さとしさん。


○10番(森本さとし君)


 今、坂井議員のおっしゃったこととよく似てるんですけど、この指定管理者は一般公募ということでございます。家族が心配しておりますのは、知的障害を持ってみえる方の施設ですので、管理者の顔が見えなきゃ困る。管理者の顔の見える管理者に任せてくれるんならいいけども、一般公募で単に経費削減等々で管理者が決められるようでは困る、そういう不安が非常に保護者が持ってるわけなんです。こういう点で、継続審査になっておりますけども、もう少しやはり議論する必要があるんだなとは思います。以上です。


○議長(岩田佐俊君)


 他にございませんか。


 森岡昭二君。


○26番(森岡昭二君)


 委員長にお伺いします。議案第110号の老人ホーム偕楽荘の設置の件でございますけれども、これで偕楽荘の待遇、身分が、この報告書の中では身分が現状の基準を満たせるように職員の立場に立ち協議を進めるということですけども、もう少し具体的にこの待遇につきましてはご回答いただきたいと思います。


○議長(岩田佐俊君)


 前田委員長。


○教育民生常任委員長(前田孝也君)


 まず、さきの1つずつちょっといきたいと思いますので。


 指定管理者については、経費、これを削減するという方向とサービスの向上を高める、民間に委託したから、さてサービスが低下するという、こういう問題では私はないと思います。指定管理者といえども、これは行政の方もかかわりを持っていきますので、そのサービスの問題で指導はしていく、こういう中身であろうから、サービスを低下するということについては少し内容が違うんじゃないかなと、こういうように思います。


 それからこの偕楽荘の身分の現状維持、そして職員の立場になった協議を進める、こういったことについては、行政側からも非常に内容説明もございました。そういったところでぜひまた行政側の方でご答弁いただきたい、こういうふうに思います。以上です。


○議長(岩田佐俊君)


 健康福祉部長。


           (健康福祉部長 槌野策司君登壇)


○健康福祉部長(槌野策司君)


 今ご質問いただきました部分につきまして、職員の方がどういう形でなっていくかということだというふうに思います。


 一つとして、その身分につきまして、市の職員として残られるという方と、それからやはりずっと長く偕楽荘の方で勤めているということの中では残りたいというふうなことの方もおられるかとは思います。そうした中におきまして、もし残られるという方があるとするならば、当然指定管理という中で、その管理をされる法人の方に対しまして一定の今の職員さんの身分に対します現状の話とかいろんなことをさせていただく中で調整をさせていただきたいというふうに思います。以上でございます。


○議長(岩田佐俊君)


 森永勝二君。


○27番(森永勝二君)


 もう1点だけ教えてください。というのはこの議案第110号ですけども、養護老人ホームの指定管理でということですが、指定管理の要綱を見た場合、一応公募でというのと、もう一つは公募せずに特定の団体を指定する施設と、この2つの選び方があると思うんですよね。


 委員長に聞きたいのは、議論されていたのは何か公募だけのような議論がされてたように思うんですけども、当局がむしろ公募によって民間にするだけじゃなくて、この2番目の公募せずに特定の団体を指定する施設という方向で一定の議論がされてたんかどうか、その辺、もしなければ当局の方からこの問題についてどういう考えなのか教えてください。


○議長(岩田佐俊君)


 前田委員長。


○教育民生常任委員長(前田孝也君)


 されておりませんでしたので、当局の方で説明のほど、フォローをお願いいたします。


○議長(岩田佐俊君)


 健康福祉部長。


○健康福祉部長(槌野策司君)


 そういった議論もあったんですけれども、やはり指定管理者にかかわりましては基本的には公募するという形が本来の姿ではないかなというふうに思いましたもので、一応そういうふうな形で進めさせていただくということでさせていただきます。以上でございます。


○議長(岩田佐俊君)


 他にご質疑ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 他にご質疑なしと認めます。


 よって、討論に入ります。


 ご意見ありますか。


 森永勝二君。


○27番(森永勝二君)


 1つ目の109号でございますけども、継続審議ということであります。私は、家族の方の意見等も含めてまだもう一つすっきりしてないという点もありますので、継続にそのまま賛成をしておきたいと思います。


 議案第110号につきましては、公募ということですけども、私の考え方からしますと、やっぱり一応すべて民間で云々ということだけでなしに一定それだけの能力の持った団体、それからそういった面も含めまして、さっき言うたように市長が特別に公募でなくって特定の団体を指定してせえという考え方で進めた方がいいのではないかなという考えもいたします。


 いずれにしましても指定管理者制度につきまして私は民間へまくっていくということについては反対の立場をずっと今までも貫いてきたわけですけども、この意見を聞いた中では、ただいまの110号については反対をしておきたいと思います。以上です。


○議長(岩田佐俊君)


 他にご意見ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご意見なしと認めます。


 よって、採決に入ります。


 採決は、議案ごとに行います。


 まず、議案第109号に対し、委員長の報告どおり閉会中も継続審査することに賛成の方の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(岩田佐俊君)


 起立多数であります。


 よって、議案第109号は、閉会中も継続審査することに決しました。


 次に、議案第110号に対し、委員長の報告どおり可決することに賛成の方の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(岩田佐俊君)


 起立多数であります。


 よって、議案第110号は、可決しました。


 次に、日程第5 議案第112号を議題とします。


 本案に関し、建設水道常任委員長の報告を求めます。


 前川委員長。


         (建設水道常任委員長 前川款昭君登壇)


○建設水道常任委員長(前川款昭君)


 ただいま議題となりました建設水道常任委員会に付託されております議案第112号 市道路線の認定について、当委員会における審査の経過と結果についてご報告申し上げたいと思います。


 今回新たに2路線、延長420.07メートルを旧路線に加え、認定しようとするものであります。


 これらの道路につきましては、国道バイパスに伴う旧道移管による道路が1路線、市の道路建設計画に伴う道路が1路線となっており、各路線とも市道として管理が必要となったために認定を行おうとするものであります。


 審査に当たり委員からは特にご質疑、ご意見もなく、本案は、全会一致で可決するものと決しました。


 以上、当委員会に付託されました議案第112号につきましては、よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願いを申し上げたいと思います。


○議長(岩田佐俊君)


 報告に対し、ご質疑ありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご質疑なしと認めます。


 よって、討論に入ります。


 ご意見ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご意見なしと認めます。


 よって、採決に入ります。


 議案第112号に対し、委員長の報告どおり可決することに賛成の方の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(岩田佐俊君)


 全会一致であります。


 よって、議案第112号は、可決しました。


 次に、日程第6 請願の委員長報告についてを議題とします。


 請願第21号及び請願第26号に関し、総務常任委員長の報告を求めます。


 森本委員長。


          (総務常任委員長 森本さとし君登壇)


○総務常任委員長(森本さとし君)


 ただいま議題となりました請願につきまして、総務常任委員会における審査の経過と結果についてご報告申し上げます。


 当委員会に付託されましたのは、請願第21号 広小路駅及び西大手駅の公衆トイレの設置に関することについて及び請願第26号 広小路駅に公衆トイレの早期設置を求めることについての以上2件であります。


 各請願とも要旨につきまして請願文書表に記載のとおりでございますので、省略させていただきます。


 請願第21号及び請願第26号でございますが、審査に当たりまして、それぞれの請願者から請願を提出するまでの経緯等の説明がなされました。


 委員からは、撤去について近鉄との協議があったのか、権利関係はどうなるのか、撤去費用はどちらが持つのか、トイレ設置後の維持管理はどうするのかとの質疑が出され、請願者からは、完全な維持管理はできないが、日々の見回りや環境美化については地域で行う用意がある、また行政からは、近鉄と協議した上での撤去である、仮に市が整備するとなると権利関係は近鉄の土地を有償で借り受けることとなる、撤去費用は近鉄持ちであるが、トイレの維持管理費用は今後の協議となるとの回答でありました。


 また、これに関して銀座通りに公衆トイレがないのはどうかとの質問があり、行政からは、銀座通り拡幅工事の際、地元では総論賛成各論反対でまとまらなかったため実現しなかったが、今回は市民の要望であり、議会の態度により取り組むのによい機会であると考えているとの回答がありました。


 討論では、観光行政の見地からも緊急に設置すべきものと賛成意見が出されました。


 審査の結果、請願第21号及び請願第26号は、全会一致で原案どおり採択すべきものと決しました。


 以上で総務常任委員会に付託されました請願の委員長報告を終わらせていただきます。


 よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げます。


○議長(岩田佐俊君)


 報告に対し、ご質疑ありませんか。


 小丸勍司君。


○30番(小丸勍司君)


 この請願の文書の中で、委員長報告、ここに仮に市が整備するとなると権利関係は近鉄の土地を有償で借り受けることとなる、撤去費用は近鉄持ちであるが、トイレの維持管理費用は今後の協議となる、そういった行政の回答ということでありますけれども、このトイレの維持管理費用について今後の協議ということでありますが、ここの部分ですね、行政としては一定協議ということで、これは当然のことではありましょうけれども、行政として、特に市長、このあたり基本的にどういうふうに考えてみえるのか。協議は確かに協議でしょうけれども、一定の市長のお考えだけただしておきたいと思います。


○議長(岩田佐俊君)


 まず、森本委員長にお尋ねします。


 森本委員長。


○総務常任委員長(森本さとし君)


 市長にご答弁を要望されておりますので、市長、ご答弁お願いいたします。


○議長(岩田佐俊君)


 市長。


             (市長 今岡睦之君登壇)


○市長(今岡睦之君)


 今回まちの方々のご要望で請願をされた案件でして、基本的に議会の方で採択をされるか、本会議での話ですから、まだ予断をもって物を申すことはできませんですが、仮に議会の方で採択がされたということになりますと行政としては議会のご意思を尊重して動くということになります。


 そして物件は近鉄の土地でありますから、まずは近鉄さんに承諾をとるという話にならざるを得ないと思います。そしてこれは市に対する請願でございますから、近鉄さんに対して建ててくれという請願ではありませんので、そういう意味では市でもって対応をせざるを得ないということになります。仮に、予算等の関係もございますから、あくまでも仮定の話であります、予算等も認められて市で建設、近鉄も建設の承諾をいただいて、そして予算もお認めをいただいて建設ができたとしましたら、維持管理する必要がございます。その維持管理は、近鉄さんの土地の上に建ってるものでありますから、したがって建物そのものは市で建設すれば、市のお金を使って建設すれば、これは市の所有物であるから、第一義的には管理する責任は市にございます。ただし、土地は近鉄さんからお借りするものでありますから、どういう、またまちの人にも清掃等をお手伝いをいただく場合も出てこようと思いますから、そこのところは十分今後協議をして管理運営をしていく、そういう意味の答弁でございますので、ご理解をいただきたいと思います。


○30番(小丸勍司君)


 了解。


○議長(岩田佐俊君)


 他にご質疑ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご質疑なしと認めます。


 よって、討論に入ります。


 ご意見ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご意見なしと認めます。


 よって、採決に入ります。


 採決は、一括行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、採決は、一括行います。


 請願第21号及び請願第26号に対し、委員長の報告どおり採択することに賛成の方の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(岩田佐俊君)


 全会一致であります。


 よって、請願第21号及び請願第26号は、採択しました。


 次に、請願第22号、請願第23号、請願第24号及び請願第25号に関し、教育民生常任委員長の報告を求めます。


 前田委員長。


         (教育民生常任委員長 前田孝也君登壇)


○教育民生常任委員長(前田孝也君)


 ただいま議題となりました請願につきまして、教育民生常任委員会における審査の経過と結果についてご報告申し上げます。


 当委員会に付託されましたのは、請願22号 義務教育費国庫負担制度の存続と、負担率2分の1への復元を求めることについて、請願第23号 30人学級を柱にした義務教育諸学校および高等学校次期定数改善計画の策定、教育予算拡充を求めることについて、請願第24号 「学校安全法(仮称)」の策定をはじめとする総合的な学校の安全対策を求めることについて及び請願第25号 養鶏場による生活環境水準悪化に伴う行政指導の強化を求めることについての以上4件です。


 各請願ともに要旨につきましては、請願文書表に記載のとおりでございますので、省略させていただきます。


 まず、請願第22号、請願第23号及び請願第24号でございますが、審査に当たりまして請願者から請願を提出するまでの経緯等の説明がなされました。


 委員からは、請願に対する教育長の見解についての質疑があり、教育長より、この請願は校長会、PTA父母会、教職員組合の三者から成っており、教育委員会としても現在国庫負担率3分の1になっていますが、財政の豊かなところは教員定数が確保されているが、そうでないところは教員の定数等に削減がされるようになってきています。また、請願23号についても、生徒数は1クラス25から30人が適切人数であり、30人以下が教育効果を上げる意味でも大事です。そして請願24号については、学校は安全な場所でなければならなく、ハード・ソフトにおいて設備が充実される必要があり、請願に示すとおりであるとの見解を示しました。


 また、委員から、現在伊賀市の小・中学校で30人を超えるクラスはどれだけあるのかとの質問に対し、小学校13校で113学級のうち50学級が30人を超えている、中学では5校で92学級のうち17学級が30人を超えてるとの答弁がございました。


 審査の結果、請願第22号、23号、24号は、いずれも全会一致で採択すべきものと決しました。


 続きまして、請願第25号でございますが、審査に先立ちまして養鶏場の現地視察を行ったところであります。


 審査に当たりまして、請願者から請願を提出するまでの経緯等の説明がなされました。


 委員から、8月10日に開催された地元代表者と行政との意見交換で提案のあった事業者、行政、住民との三者協議会の設立はどのように進められているのかとの質問に対し、8月16日に業者側から三者による協議会については理解を示し、10月に三者協議会の設立へ向けて準備委員会を立ち上げて協議を進めていくと行政から報告を受けました。


 また、諏訪地区としてはどのようにしてほしいのかという質問に対し、行政として指導を強化してほしいとの要望が出されました。


 さらに10月に準備委員会を設立することの説明があったが、なぜ請願の提出に至ったのかとの質問もあり、これに対して地元からは、業者を全面的に信頼できない部分があり、地域としては少しでも早い対応をお願いしたいとの意見でした。


 こうした説明の状況において、業者、市、地域住民の三者による環境保全協定が結ばれている中で、10月の準備委員会立ち上げのやさきでもあり、もう少し三者協議会の中で住民の意見を出し合い、協議をし、解決したらどうかとの意見があり、継続審議の提案がありました。


 審査の結果、請願第25号は、賛成多数で継続審議すべきものと決しました。


 以上で教育民生常任委員会に付託されました請願の委員会報告を終わらせていただきます。


 よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願いします。


○議長(岩田佐俊君)


 報告に対し、ご質疑ありませんか。


 恒岡弘二君。


○20番(恒岡弘二君)


 請願の第25号でございますが、委員長にお尋ねをいたします。騒音と悪臭、粉じん、この被害に我慢の限界に達していると。これらがこれから健康に与える影響についてのご心配が請願の願意でございますが、このことはご審査をいただいたとおりでございます。その主な原因でございますけれども、やはり行政、諏訪地区、そしてまた農場と、いわゆる業者ですね、との協定時の安全基準数値といいますか、これが実際の現実被害の認識というんですか、この甘さにあったんではないかなと。つまり基準内の数字というのは実際に示されても、地元の人は素人でありますから、例えばはるかに実際にはかってみると低いんだと。しかし、そのにおいは本当に被害のにおいであったかということは現実に調べていない、実感していないということでございます。早期にこの三者の協議の立ち上げは当然でございますけれども、何がやっぱり原因であるんか、これは一日も早く究明していただいて問題解決を急がねばならない、そういうとこになぜこの継続することに私は意味があったのかな、また意味があるんかなということをお尋ね申し上げたいと存じます。


○議長(岩田佐俊君)


 前田委員長。


○教育民生常任委員長(前田孝也君)


 ただいまの質問につきましては、まず健康に与える影響、数値の問題が出てまいりましたので、これをお答えさせていただきます。それとこの継続する意味というもの、この2点質問があったかなと、こういうことで2点答えさせていただきます。


 まず数値でございますけれども、騒音につきましては3パターンのまずパターンがございます。そのパターンというのは、昼間8時から7時までの一つのパターンと、それから朝、夕方の6時から午前8時までの一つのパターン、それから午後7時から10時までを一つのパターンとした計測の基準というのがございます。もう一つあわせて夜間の10時から朝6時までのパターンがございます。そういったパターンの一つのパターンというのは、昼間の方が60デシベル、それから朝夕については50デシベルというふうになり、夜間については50デシベルと、これは法の中で定められております。この中で当地区のレベルにつきましては、18年の8月の1日に計測をされておりまして、それが49デシベルであった。それからあと細かいことについては、これは生活環境の方でも計測をされてる中身でございますので、ひとつ補足していただきたい、こういうふうに思います。


 それから悪臭の問題のレベルについてでございますけれども、これもppmという方向で表現されておりまして、基準値が1ppmに対して原則現場の実地のはかった現状というのは0.12ppmである、こういうふうに計測を現実問題伊賀市の方でもやっていますので、ひとつそのあたり補足していただきたい、こういうふうに思います。


 いずれにしても基準値の以下での数値でございまして、この健康に与える影響という質問につきましては、レベル以下である、こういう問題でございます。


 それからあとアンモニアの問題とかノルマル酪酸、こういったもののアンモニア以外の計測もしていますので、少しちょっと補足していただきたい、こういうふうに思います。


 それから2つ目の継続する意味があったのか、こういう内容についてでございますけれども、先ほどの請願の中では打ち合わせが8月の11日にやりましたとか、それに対して8月の16日の日にこれは業者側から文書で回答をしとるわけでございます。それからあとそれにあわせて10月に三者協議会の設立をする、準備会をする、こういう内容の中で業者が背中を向けて、要は環境対策について私どもは知りませんよ、こういう内容ではなく、前向きに協議をし、環境保全に努めようとするそういう体制があるという、こういう流れの中で三者保全協定書、伊賀市も含めてやってるわけなんですけれども、もっと業者と、それから地域が打ち合わせをするそういったものが、要は生活環境もそれぞれの方向で業者にとっても地域にとっても協議をするという中で信頼関係が生まれ、これはプラスの方向になるであろうと、もっとそういう協議をして逆にいただきたい。議会としては、そういった10月までそういう状況を見合わせて審議をしていきたい、継続をしていきたい、こういう中身であることをご理解いただきたい、こういうふうに思います。


 行政の方、数字的なもの補足お願いいたします。


○議長(岩田佐俊君)


 生活環境部長。


           (生活環境部長 永持嘉宣君登壇)


○生活環境部長(永持嘉宣君)


 18年の7月の6日に協定されました環境保全協定書の排出基準の関係でございますけれども、排出基準につきましては大きく3項目ございます。


 まず1番目は、排水基準でございますけれども、これにつきましては水素イオン濃度から燐含有量まで7項目規定がございます。排出基準の基準値につきましては、国の基準値、それから県の条例に基づく基準値等を採用しておりますけれども、とりわけ生物化学的酸素要求量、BODにつきましては、国の排出基準は日間平均で120ppmでございますけれども、県の上乗せ基準でございます20ppmをさらに上回ります10ppmで規制値を設定してございます。


 それから騒音、振動等につきましては、特に騒音の部分では国の騒音規制法の中では指定の地域に入っておりません。その他地域でございますので、この場合、県の生活環境保全条例の施行規則に基づきます排出基準を適用いたしております。振動の排出基準につきましては、国の振動規制法に基づきます排出基準を適用いたしております。


 それから悪臭の関係でございますけれども、アンモニア、ノルマル酪酸、ノルマル吉草酸、イソ吉草酸の4項目を規定してございますが、これにつきましては国の悪臭防止法の排出基準を適用いたしております。


 測定の数値につきましては、環境センターの所長からご報告申し上げます。


○議長(岩田佐俊君)


 環境センター長。


          (環境センター所長 玉岡佳樹君登壇)


○環境センター所長(玉岡佳樹君)


 環境センターの玉岡でございます。よろしくお願いいたします。


 今測定値ということで臭気、それから騒音関係でございますけれども、協定を締結いたしましてから、まず臭気につきまして18年の8月1日、アンモニアの基準値が1ppmでございますけど、0.12ppm、それからノルマル酪酸、基準値が0.01ppmのところ0.005未満ということで、基準値未満でございます。排出されておりませんでした。それからノルマル吉草酸についても同様でございます。それから19年の1月15日でございますけれど、アンモニアを測定いたしました。基準値は1ppmでございますが、0.1ppmでございました。それから19年の6月26日でございますけども、アンモニア、基準値が1ppmのところ0.14ppmでございました。同じく19年9月7日、アンモニア、基準値1ppmのとこが0.11ppm。あとノルマル酪酸、イソ吉草酸、ノルマル吉草酸については、検出されておりません。


 それから騒音の方でございますけども、同じく先ほど基準値につきましては部長の方からご説明申し上げさせていただきましたけれども、済みません、場所なんですけども、すべてこれは敷地境界ということが基準になっております。敷地境界が基準になっております。


 それから、失礼しました、騒音でございますけれども、18年8月1日で敷地境界内ではからせていただいたんですが、49.4。それから19年の6月26日、敷地境界の中ではかっておりまして51.8でございます。敷地境界であれば恐らく基準内と考えられております。それから19年の9月7日でございますけども、同じく敷地内で49デシベルということでございます。数値につきましては以上でございます。失礼しました。


○議長(岩田佐俊君)


 恒岡弘二君。


○20番(恒岡弘二君)


 詳しいご説明をいただいたんでありますし、過去にもそういう専門的な数値をご説明いただきまして、すべての関係者の皆さん方はよくご存じのことでございます。


 事健康にかかわる現状の問題でありますので、基準値よりはるかに低いから物を申せないんだとか改善の必要はないんだというふうな問題ではないと思います。そういうことで三者協定の懇談会を早期に立ち上げるような話になっておりますけれども、先ほどからお尋ねしておりますのは委員の皆さん方が、継続というのはほとんどここで願意を切るということはいけない。少し継続をしていってもう少し様子を見るということであればこれはいいんですけれども、やはり一日も早く、中身もわかっていることですし、三者協議の内容を刻時眺めているというふうな状況ではないというふうに私は思いますので、やはりどんな説明よりも毎日被害を受ける生活者でないと実際にわかりません。そういうことで現在マックスでは80万羽ということをお聞きしておりますが、既にまだその半分も達していない時期にこういうふうな被害を感じる住民の皆さん方というのは非常に将来に向かって心配をされている大きな要因であります。そういうことでやっぱり一日も早く両者の摩擦というんか、そういうことが起こらないように行政指導を一日も早く強くやっていただきたいというのが願いでございます。よろしくお願いいたします。


○議長(岩田佐俊君)


 他にご質疑ございませんか。


 森本さとし君。


○10番(森本さとし君)


 委員長にお聞きいたします。先ほどのご説明の中で、請願の提出に至った理由のところで地元からは業者を全面的に信頼できない部分があり云々と、こうあるわけなんですが、全面的に信頼できない部分というのは何か具体的な例が示されましたんですか。


○議長(岩田佐俊君)


 前田委員長。


○教育民生常任委員長(前田孝也君)


 これは話し合いの中で、これ諏訪の副区長さんがご答弁されてたわけなんですけれども、教民の委員の意見といたしまして、何で、協議は進んでるじゃないの、進んでるのにかわらず10月に三者協議会も設定されてる中でなぜ請願なのと、こういうふうな話が出まして、それにあわせて諏訪の副区長さんが説明としてそういうふうに答えたという中身でございまして、詳細については、それはもう区と業者さんの中になっていきますので、もう一つわからない内容でございます。


○議長(岩田佐俊君)


 森本さとし君。


○10番(森本さとし君)


 今お聞きしましたのは、その後で地区としては少しでも早い対応をお願いしたいということに今強く結んでおりますので、そういうふうな具体例が出されたのかどうかなと思ってお聞きしたんですが、結構でございます。


○議長(岩田佐俊君)


 山岡耕道君。


○29番(山岡耕道君)


 1点だけお聞きしたいと思いますが、この審査に当たりましていわゆる現地視察を行ったという報告いただきました。これについて委員長の方から少し内容を報告いただきたいと思います。


○議長(岩田佐俊君)


 前田委員長。


○教育民生常任委員長(前田孝也君)


 現地視察でございますけれども、教民として審査をするに至り、中身がわからない、現状がわからないという形では審査もできない、こういう流れの中で教民の委員の方に声をかけさせていただき、現地へ行こうかと、こういうお話で審査を現地でした、こういうふうな状況でございます。


○議長(岩田佐俊君)


 内容。


○教育民生常任委員長(前田孝也君)


 状況を判断させていただいた、こういうことでございます。


○議長(岩田佐俊君)


 視察した内容等をお聞きですけど、どうでしたか、視察の内容は。感想は。


○教育民生常任委員長(前田孝也君)


 視察の内容、計測器を持ってるわけでも何でもございませんので、自分たちの体で感じた次第の報告をさせていただきますと、風もなかったということで、現地の民間の一番近いところまでおりました。そのときにはやはりにおいはしてたかなと、こういう状態でございます。


 それから鶏ふんの小屋まで行ってきたんですけども、整備が業者さんきちんと対応してるなと、こういう印象を受けました。以上です。


○議長(岩田佐俊君)


 今井由輝君。


○12番(今井由輝君)


 委員長に1点お伺いいたします。この請願の中では、もう地区住民の方の生活を脅かされるようなという文章なんですけども、その脅かされるということになると、本当に生活を脅かされていくということ大変なことやと思うんですけども、その辺は委員長さん、見てきて調べていただいてどのように感じられましたか。


○議長(岩田佐俊君)


 前田委員長。


○教育民生常任委員長(前田孝也君)


 さきも申しましたように、この請願を提出されるまでの流れの中で、二、三回の日にちしか私申し上げておりませんけど、現実問題は19年の6月の22日、それから19年の7月14日、8月の10日、8月の16日、8月の21日、8月の22日、8月の27日と、それぞれにおいて業者と区との協議会がございます。接触がございます。業者も前向きに検討をし、騒音等について対策を練ってる、こういう状況の中で10月の三者協議会が開かれるという、こういうふうになってるわけでございまして、これに協議をゆだねても問題はないと、こういうふうに考えました。以上です。


○議長(岩田佐俊君)


 今井由輝君。


○12番(今井由輝君)


 それで委員長さん、今答えちょっとずれてるように思うんですけども、僕の聞きたいのは、本当に諏訪の地区へ行かれて何百メーター離れた住宅のとこでも例えばにおいとか環境調査されたように思うんですけども、そういう感触だけやったと思うんですよ、体で感じるね。機械持っていってやったわけやないから。ところがそういうことをやったり、また鶏舎の中へ見せていただいたりして、鶏ふんの場合はきちっと整理されておったということを聞くと、僕らもともと畜産屋ですんで、その辺聞いたら大体わかるんですけども、住民の生活を脅かされる、今後もうここに住んでられへんほどえらいこっちゃというふうな部分なんですわな、これ。そんなようなことがあったらえらいことですんで、それはもちろん当局としてもほっとけへんし、我々議員としてもそれやったら早速取りかからないかんわけやから、そういうことないようにですよ、ですからその辺を委員長さんはどのように思われましたか。


 そして委員長さんの答えられないところ、先ほど何デシベル、ウンデシベル、BODとか言うてますけども、それはあくまでも法的にクリアできる線だと僕は思っとるんやけども、その辺は当局から1回聞かせてほしいし、お願いします。まず委員長、先。


○議長(岩田佐俊君)


 前田委員長。


○教育民生常任委員長(前田孝也君)


 現場を見てきた中で住民の生活が即脅かされる状況というものをどういうふうに考えてるか、こういうふうな質問でございましたけど、私ども現状を見させていただく中で即住民の生活まで脅かす状態ではないというふうに私は判断しております。それからそれを言われて10月に三者協議会がございますので、それで対応できる部分である、こういうふうに考えております。以上です。


○議長(岩田佐俊君)


 他にございませんか。


 生活環境部長。


○生活環境部長(永持嘉宣君)


 排出基準につきましては、協定に基づく数値の測定結果をご報告を申し上げたわけでございますけれども、測定結果そのものはいずれも基準値以下であったということでございますけれども、いずれにいたしましても地域の皆さんが日々の生活の中で不安をお持ちということでございますので、私どもも今後協議会の中でそれぞれ協議を進めさせていただきたい、このように考えております。


○議長(岩田佐俊君)


 松村頼清君。


○8番(松村頼清君)


 少し今、委員長の報告の中でちょっと断言的な言葉があって不穏当と思いますので、少し協議したいと思いますが。


○議長(岩田佐俊君)


 申し上げます。行かれた日にやっぱり風向きによってにおいは違いますので、たまたま行った日には風向きが逆の方向でしたらしませんし、一年じゅう通していつもしてるというわけじゃないそうでございまして、たまたま行かれた日の委員長の立ってたところが風上であったというようなことではないんでしょうかと思うんですけどね。そういうように理解できませんか。(発言する者あり)


 松村君、そのように理解はできませんかね。


○8番(松村頼清君)


 ちょっと理解しがたいというか、断定するような形で今の脅かすというようなないというような発言は委員会の中で、ここは委員会の言うたらそういう審査してる中で個人的な形で委員長がこの審査会で断定的なことはちょっと不穏当でないかというふうなこと感じましたので、少しできましたら。


○議長(岩田佐俊君)


 午さんのために1時15分まで休憩します。


            (午後 0時03分 休憩)


             ─────────────


            (午後 1時15分 再開)


○議長(岩田佐俊君)


 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 前田委員長より発言を求められておりますので、許可します。


 前田委員長。


○教育民生常任委員長(前田孝也君)


 午前中の発言の中に決めつけた断定した言葉がございましたので、ご回答させていただきました、その分について不穏当な発言として削除またお願いいたします。


○議長(岩田佐俊君)


 よろしくお願い申し上げます。


 なお、申し上げます。質疑の時間、討論の時間それぞれ区別をしてご発言をいただきますよう、くれぐれもお願いを申し上げます。


 他にご質問ございませんか。


 宮?君。


○25番(宮?由隆君)


 委員長にお聞きいたします。この請願の内容でございますけども、伊賀市と、ほんで諏訪区と、そして業者と三者協定なされたところでございますけども、この協定書結ぶ経緯に至っての、例えばこれはゴルフ場跡地で議会でその跡地利用の変更とか開発の財源で出されましたけども、この協定書結ぶに当たって市はどのような調査を何年にかかってやってきたのか、またその伊勢ファームの、もとの事業所に対して視察なり現場に行かれたのか、また鶏舎の中に入られたのか、そしてまたふん尿処理場に足を運ばれてこの協定を結んだのか、どういう行政指導の中で行われたか、そういう質疑はございましたか。


○議長(岩田佐俊君)


 前田委員長。


○教育民生常任委員長(前田孝也君)


 この協定書の中身、取りつけについては、委員の中で教民の中では協議がなされておりませんので、これは行政の方で補足説明をお願いいたします。


○議長(岩田佐俊君)


 ご答弁願えますか。どなたか。


 総務部長。


           (総務部長 長谷川正俊君登壇)


○総務部長(長谷川正俊君)


 お答えをさせていただきます。


 ちょうど私、平成14年の4月から18年の3月末まで当時上野支所長をしておりまして、この伊勢農場の進出に関しましては当上野支所の産業振興課の方で取り扱っておりましたので、進出をされるというようなことも聞いておりましたので、当時の区長さんの方が市長の方にご相談に見えられまして、行政側としていろんなことをアドバイスしてほしいというようなこともございましたので、時期については不詳ではございますけれども、平成17年の秋ぐらいだったと思うんですけれども、伊勢農場関連の岡山県にございますウインドーレスの養鶏場、たしか60万羽ぐらいの計数だったと覚えておりますけれども、そこは区長さん、それから副区長さん、それから開発実行委員会の代表の方、それから私も含めまして行政職員2名と環境センターの職員が1名訪問させていただきまして視察をさせていただきました。


 平成17年の10月に工事が着工されたわけでございますけれども、この以前にいろいろ区と、それから開発実行委員会の皆様方、それから行政も入りまして、あわせて法律的な問題もございますので、市の方の顧問弁護士にも法律的な部分のご相談も申し上げながら、特にこのときには議論になっておりましたのが鳥インフルエンザの問題が他所でも起きておりましたので、それの安全策、担保をどうしていくかというのが大きな議論でございまして、もちろんただいま問題になっております悪臭、騒音につきましても当然環境の基準値を守っていただくというようなことの中で一定の数値も示させていただきまして、それでそこらを織り込んだ中で市行政、それから特に鳥の問題になってきますと県の農林政策の部分もございますし、保健所の部分もございますので、それらの連携を密にとっていくとか、また立入調査権を付与していただくとか、地区にですね、このようないろんな条項を定めを決めたものを地区と企業様とが協定されたのが、たしか平成17年の建設工事着工前だと記憶しております。


 その後、先ほどから議論になっております平成18年の7月に市、地区、それから企業が入りました三者の環境保全協定ができた、こういうような次第でございます。


○議長(岩田佐俊君)


 宮?君。


○25番(宮?由隆君)


 この伊勢農場、伊勢ファームですわね、もともとは青山地区に予定され、規制緩和の中で諏訪の地区に来たと私も、青山地区にはちょっといろいろ問題がございまして、そのときに我々も当時茨城県に視察に行かさせていただいて、そしてその施設にも立ち入らさせてもいただき、そして鶏ふんの処理のとこも行かさせていただきました。大変厳しいにおいでございました。行政は、この伊勢ファームがいいか悪いか別として、この養鶏の業界新聞に大変厳しい記事が載っておられる。そしてその中も把握、いろんな施設も行政視察、いろんな資料も集めての協定になったと思われますけれども、地域の方はあくまで素人でございます。行政としてそれだけの地域協定を三者で結ぶ以上は、大変な資料を集めて、一般の養鶏においても大変伊賀地区でもいろんなにおいの問題がしております。ましてや青山地区においては東海、北陸の中で30万羽という現状の中で、当初は10万羽でございました、規制緩和の中で急に40万羽の話が出て、それ以上のやはり調査した中で三者協定を結ぶべきではなかったのかな。今の私の質問に対する行政の答弁は、岡山県に行ったと。まだまだこの業界新聞に大変厳しい記事が載っております。大変残念だなと。私もこの請願に対して賛否するかは大変今苦慮しておるとこでございますけど、行政として今後もう少し地域住民の苦渋をのみ込んで、そして協定書をつくったときのことの反省も踏まえて頑張っていただきたいなと思いますけども、行政として今後どのように取り組んでいくのか、ご答弁よろしくお願いします。


○議長(岩田佐俊君)


 生活環境部長。


○生活環境部長(永持嘉宣君)


 午前中のご答弁の中でも申し上げました、10月に入りましたら早々に三者の協議会なるものを設立いたしまして、それぞれ対応策について細かく協議をさせていただきたいと考えておりますので、当面一日も早い協議会の立ち上げについて頑張ってまいりたいと考えております。よろしくお願いします。


○議長(岩田佐俊君)


 他にご質疑ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご質疑なしと認めます。


 よって、討論に入ります。


 ご意見ございませんか。


 安本美栄子さん。


○28番(安本美栄子君)


 請願第25号につきまして、ただいまの委員長報告に対しまして反対の立場から討論に参加をさせていただきます。


 この事業は、諏訪地区内にありますところの養鶏事業による悪臭、騒音、粉じん等環境の悪化に対して行政指導をお願いする要旨でございます。


 委員会でも申し上げたんですけれども、確かに環境測定値、基準値は超えてはいないものの諏訪地区の皆さん方の生活環境の悪化は否めないところでございます。先般私どもも現地視察をさせていただいた折、体で感じてまいりました。


 そしてまた、当局の方からは、三者、つまり諏訪地区、事業者、行政によります協議会を立ち上げて協定書の見直し等を行う、そのために10月に準備委員会を成立をしていく、そんな方向性が示されました。


 したがって、この地点でございまして、今、諏訪地域の人たちの生活改善への思いや願いを託したこの請願は採択すべきものと私は考えます。


 したがって、委員長報告されました継続審査については反対の立場をとらせていただきます。


○議長(岩田佐俊君)


 他にご意見ございませんか。


 本城善昭君。


○2番(本城善昭君)


 今、委員長報告によりますと三者協議までしばらく様子を見ようということでありますけれども、これ三者それぞれの立場が違います。加害者、伊勢農場は、世界的なやっぱり大きな……(発言する者あり)公害関係においては、加害者と被害者というふうな立場に通常は分けて考えられます。したがいまして、私は、伊勢農場は、圧倒的に強い立場にあると思います。


 これに反して諏訪地区の住民は、専門的な知識もありませんし、弱い立場に置かれてると思います。


 これに対して行政は、その諏訪地区の住民を後見、補佐する立場にあると思います。


 したがいまして、私は、この請願の趣旨は、弱い立場にある諏訪地区の住民がやっぱり強い立場の伊勢農場に立ち向かうためには、より強力な速やかな適切な指導をしてほしいというふうにこの請願の趣旨をとらえるべきだと思いますので、紹介議員の一人としても速やかな採択をお願いするところでございます。以上です。


○議長(岩田佐俊君)


 松村君。


○8番(松村頼清君)


 ただいま本城議員の発言に対しまして、加害者という発言ございました。これ公害認定もされていない事例だと思いますので、その点につきましては取り消していただきたい、このように思います。


○議長(岩田佐俊君)


 本城善昭君。


○2番(本城善昭君)


 えらい済みません。加害者については不適切な発言と認めまして、取り消しさせてもらいます。


○議長(岩田佐俊君)


 以上です。ご了解願います。


 他にございませんか。


 今井由輝君。


○12番(今井由輝君)


 先ほど委員長から報告もいただきましたんで大体様子もわかってますけども、この業者の方、生産をされる方、そしてまた市当局、地元の住民の方、やはり三者の話し合いが一番大事やし、一日も早くそうした、今こうやってやった事業をやめるとかやめんとか、そんな力でどうとかということはできませんし、やはり法的にきっちり事業者がやっておればですが、とめることもできないだろうと僕は思いますし、そこで住民の皆さん方に迷惑かかってるということであれば、やはり早速市当局もどっと入っていただいて、一日も早く地域とのわだかまりもなくして、業者の方にもしっかりやっていただいて、住民の方にもいいということをやるのが行政の責任と思いますんで、そこしっかりと早いこと、10月にできるらしいですけども、立ち上げていただいてやっていただくよう要望しておきます。


○議長(岩田佐俊君)


 他にご意見ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご意見なしと認めます。


 よって、採決に入ります。


 採決は、請願第22号、請願第23号及び請願第24号は一括で、請願第25号は単独で行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、採決は、請願第22号、請願第23号及び請願第24号は一括で、請願第25号は単独で行います。


 まず、請願第22号、請願第23号及び請願第24号に対し、委員長の報告どおり採択することに賛成の方の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(岩田佐俊君)


 起立多数でございます。


 よって、請願第22号、請願第23号及び請願第24号は、採択しました。


 続いて、請願第25号に対し、委員長の報告どおり閉会中も継続審査することに賛成の方の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(岩田佐俊君)


 起立多数でございます。


 よって、請願第25号は、閉会中も継続審査することに決しました。


 次に、請願第27号に関し、建設水道常任委員長の報告を求めます。


 前川委員長。


         (建設水道常任委員長 前川款昭君登壇)


○建設水道常任委員長(前川款昭君)


 ただいま議題となりました請願につきまして、建設水道常任委員会における審査の経過と結果についてご報告申し上げたいと思います。


 当委員会に付託されましたのは、請願第27号 伊賀市公共下水道「上野処理区」の早期着工を求めることについてであります。


 要旨につきましては請願文書表に記載のとおりでございますので、省略させていただきます。


 審査に当たりましては、請願者から請願を提出するまでの経緯を詳細に説明がなされました。


 委員会からは特にご審議、ご意見もなく、請願第27号は、全会一致で採択するべきものと決しました。


 以上で建設水道常任委員会に付託されました請願の委員長報告を終わらさせていただきます。


 よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(岩田佐俊君)


 報告に対し、ご質疑ありませんか。


 森野廣榮君。


○31番(森野廣榮君)


 請願書の中にもうたわれておりますけれども、処理場予定区の隣接地の同意等ということの中で、委員会の中で処理場に予定されております隣接地である服部地区との協議について現在の状況について質疑が行われたかどうかお尋ねさせていただきます。


○議長(岩田佐俊君)


 前川委員長。


○建設水道常任委員長(前川款昭君)


 ただいま質問いただきましたが、討議がなされませんでしたので、当局でお答えいただいたら思います。


○議長(岩田佐俊君)


 答弁願います。


 建設部長。


            (建設部長 上田耕二君登壇)


○建設部長(上田耕二君)


 処理場につきましての関係地区ということでとらまえておりまして、当該地区といいますか、いわゆる居所といいますか、住所は三田地内でございます。予定しております処理場の場所につきましては。したがって、これは当該地区ということで、それから隣接地区ということで服部ということでとらまえておりまして、この両地区にご説明に上がっております。三田地区、服部地区とも最終的によろしいとは言っていただいてませんが、順調に話をさせていただいてるということで、理解はまだしていただいてません。理解はしていただいてませんが、要するにもう門が閉まってるというか、そういうような状況ではございませんので、これからも鋭意ご相談をお願い申し上げたい、こう思っております。よろしくお願い申し上げます。


○議長(岩田佐俊君)


 他にございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご質疑なしと認めます。


 よって、討論に入ります。


 ご意見ありませんか。


 森野廣榮君。


○31番(森野廣榮君)


 請願27号に対しまして反対の立場で意見を申し上げさせていただきます。


 伊賀市公共下水道上野処理区の整備につきましては理解もいたしておりますが、答申されました処理場につきましては三田地内にある水道部所有の公有地とのことでございます。水道部所有地につきましては、以前水道取水地に近く、水源保護地との理由で府中地区におけます農業集落排水第1処理場の建設に行政は反対をされました。他の場所を探すこととなり、供用開始が2年ほどおくれました。


 隣接をしております服部地区といたしましては、このような事情の中で行政も現在まで1度だけ説明に来られましたけれども、住民の合意形成が得られておらず、まだまだ受け入れられる状況ではございませんので、私の立場といたしまして請願に対し反対をいたします。


○議長(岩田佐俊君)


 他にご意見ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご意見なしと認めます。


 よって、採決に入ります。


 請願第27号に対し、委員長の報告どおり採択することに賛成の方の起立求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(岩田佐俊君)


 起立多数であります。


 よって、請願第27号は、採択しました。


 次に、日程第7 議案第113号及び議案第114号を一括上程します。


 当局の説明を求めます。


 市長。


             (市長 今岡睦之君登壇)


○市長(今岡睦之君)


 ただいま上程いただきました議案第113号及び第114号の工事請負契約の締結についてでございます。


 伊賀市の上野地区校区再編計画に基づきまして、昨年度から用地取得、造成工事等を進めてまいりました(仮称)上野東地区中学校の校舎棟を印代及び服部地内に建設するものでございます。


 契約の内容といたしまして、建築主体工事、機械設備工事及び電気設備工事の3つの工事に分けてございまして、このうち建築主体工事及び機械設備工事につきまして去る9月19日に入札を行いました結果、建築主体工事につきましては松塚・谷特定建設工事共同企業体が9億3,975万円で、機械設備工事につきましては川崎設備興業株式会社三重営業所が1億7,850万円で落札いたしましたので、工事請負契約の締結につきまして地方自治法第96条第1項第5号の規定に基づきまして議会の議決をお願いいたしたいと存じます。


 施設の概要でございますが、鉄筋コンクリートづくり一部鉄骨造、地上2階建て、延べ面積6,050.48平方メートルで、普通教室が12、特別教室が12のほか多目的ホールやオープンスペースなどを備えた施設になってございます。


 よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。


○議長(岩田佐俊君)


 説明に対し、ご質疑ありませんか。


 本村君。


○33番(本村幸四郎君)


 ただいま市長の方からご説明いただいた114号についてお尋ねをしておきたいと思います。


 この入札につきましては、これがどうというわけじゃございませんけど、まず2社で入札を行われたその経緯等について、どうして2社になったのか、2社で、うちの条例でいくと3社以上入札だという形になっとると思うんですけど、そこら辺をちょっと説明していただけますか。


○議長(岩田佐俊君)


 ご答弁願います。


 担当理事。


             (理事 廣 行雄君登壇)


○理事(廣 行雄君)


 ただいまのご質問にお答えをいたしたいと思います。


 この入札に関しましては、ちょっと長いですけども、お許しいただきたいと思います、まず参加業者に対しまして入札参加資格申請書という形で市の求めた条件に対しまして参加意思の申請をしていただく手続をとりました。そういうことでそれが公告期間でございまして、8月の24日まで公告をいたしまして、その結果が2社の応募となりました。


 そういうことで2社の資格審査を担当で行いまして、入札参加資格審査会におきまして2社の審査及び今後の対応についてご審査をいただきました。当初の参加資格につきましては、工事金額が2億2,000万ということで高額でもございます。そういうことで実績を求めまして、業者の選定を行うような形をとりまして、なおかつ行政におきましては15社以上の市の基準によりまして参加が可能ということになっておりますので、参加業者の枠を県外まで広げました。そういうことで一応日本すべての方の対象にした形で一般競争入札を行いました。


 その結果が2社ということになりましたので、審査をいたしました結果、これ以上の枠の拡大というのは、県外を求めてますので、もう不可能である。それから基準等、施工実績等も求めておりますので、2社以外にあと15社の中から13社あるわけですけども、その方については入札の参加希望をされておりませんので、指名をすることもできませんし、そういうことでございましたので、1社の場合は1社随契という形でなるわけですけども、2社でございましたので、伊賀市の会計規則第88条に入札者の指名という欄がございます。その中で本来は3名以上が指名ということになるわけでございますが、今申し上げましたような事情によりまして特別な場合、事情のあるときは3社以外でもよろしいよという条項がございますので、それにのっとりまして指名競争入札で実施をさせていただいたところでございます。


○議長(岩田佐俊君)


 本村幸四郎君。


○33番(本村幸四郎君)


 今ご説明いただきゃ、もうそのとおり、それもできると思うんですけれども、私いわゆる入札要綱、条例、3社以上という形で、ほかのなんいうても15社、13社という一般入札ですわな、競争入札についてあるわけですけれども、今回のこの入札に、今全体として、ほかの入札もそうですけれども、入札希望者が少ないんですよな、一般的に。仕事がないないと言う割には、今インターネットで入札結果表が公開されてますけれども、非常に少ない。ややもすると3社、4社という形が非常に出てるということで、市民的の業界の皆さん方から見ても非常に不思議な現象だと言われてる部分があるんです。


 そんな中で、この工事が2社で行われたという形になって、それで地域の地元の皆さん方のこういう設備関係の皆さん方から私もちょっといろいろ話を聞きますと入札資格条件が1億5,000万以上の資格ということですから、地域の者は今回には加入することができなかった。そういうことでこれ2社になった、いわゆる県外業者の中でもう2社しかない。だけどもうちで一応入札は3社以上となってるけども、いわゆる建設業法では、今さっき言われたように話していくとこれでもできるとなってるんですな。そうなってくると建設業法を持っていくなればこれいいんですけども、うちで決めてる3社以上という、それはどちらが優先するんですか。私は、業界、業法で決めるのとちがって地方で定めてるその条例の方が優先するべきじゃないかと思うんですけど、そこら辺どうですか。うちは3社以上と、業法でいくと2社以上だったらできるとなってるでしょう。そこら辺の見解どうですか。


○議長(岩田佐俊君)


 担当理事。


○理事(廣 行雄君)


 今申し上げました特別な場合、3社以外でもできると申し上げましたのは、伊賀市会計規則第88条1項のただし書きによりまして実施をさせていただいたところです。


 今ご指摘のように、本来は一般競争入札といいますのは途中で中止して実施するような案件ではございませんで、入札しましたら業者さんには幾ら、どのだけの人数の方が参加されてるかは札を入れて開札するまではわからないようになっています。そういうことで競争性、公正、透明性を確保できるという制度でございます。ただ、伊賀市の場合は、その点が今まで一度もこういうような状況がありませんでしたので、ということは中止するような案件がなかったので、すべて成立をしていたという状況がありましたので、今そういう要綱の不備ということがある意味では出てきました。そういうことでやらせていただいたのは会計規則に基づいてやらせていただきました。ただし、実施要綱については見直す必要があるということで今改正をする予定で進めてるとこでございます。


○議長(岩田佐俊君)


 本村幸四郎君。


○33番(本村幸四郎君)


 今おっしゃることも大体理解するんだが、これ市長にお伺いしておきたいんですけれども、今日の一つのこういう公共事業のあり方に対して地域の活性化ということと、私も聞いておりますとこういう形の企業体ですな、こういう今電気関係やとか設備等とか本体工事で分割発注されとるんですけども、今後まだ大きい仕事が予定されるんですわな、今後においても。そういうような場合において、こういう本体工事はJV、いわゆるジョイントがしてるけど、こういうような点にしていくと大きい工事になっていくと地域の地元業者の参加資格がなくなるんですな、今回でも。地元は参加資格がなかったわけですから、したかったんだけども参加できなかったと言ってるわけですよ。こういうような点について今この問題を通して、市長、いかがお考えですか。


○議長(岩田佐俊君)


 市長。


             (市長 今岡睦之君登壇)


○市長(今岡睦之君)


 今回一般競争入札で入札をしたんですが、応募が少なかったということで、本来こういった制度が公募型の指名競争とか、あるいは一般競争入札が採用されるに至りました経緯としましては、やはり談合問題が一番大きな原因になってまして、国も地方も理想は一般競争、だれでも参加できる競争して参加できる入札方法が望ましいということで、今回規模が大きいものですから全国レベルのどなたでも参加できる入札方法をとります。


 ちなみに2社しか申し込みがなかったんですが、落札率が設計価格の75パーセントであります。したがって、2社ではありますけれど、通常言われてるように90パーセントとか95パーセントとかと、そんな価格ではございませんですから、談合疑惑とかというのは今回の場合はないと思う。


 一般的に地域との関係でございます。実はこれも発注前にいろいろ議論して、地域だけでできないのかというふうな思いもありました。しかし、現在の当方の規則の中ではできないということ、実績がありますので、しかるにどうしたらいいのかという議論の中で、ちょっと数字は記憶が、後ほど担当からお答え申し上げますが、この地元の人件費も含め、多分この機械物というのは大きな業者が、大量取引のあるところが購入したのが多分安く入ると思います。空調の機械とかそういったもの。だけど取りつけの人件費とかそういったものについては多分地域で調達した方が利口に落札業者も上がるのかなという思いもありまして、そういうことも視野に入れながら、40パーセントであったのか30か50か、とにかく地元を相当の比率で使うような条件で入札をいたしているというふうな状況でございます。建築本体の工事も30パーセントとか40パーセントの地元を利用するというんですか、使うという条件で入札をしております。その数字については、担当からお答え申し上げたいと思います。


○議長(岩田佐俊君)


 ご答弁願います。


 担当理事。


○理事(廣 行雄君)


 地元の業者さんの参加につきましては、審査会の中でも何とか参加できるような方法がないかということで審査をいたし、協議をいたしたところでございますが、結果から申し上げましたら結局分割発注はできないということで今回のような形になりました。なおかつ地元の業者さんの参加につきましては、入札の条件の中に下請に出す場合は、本体につきましては地元に3割の仕事を出す。機械設備につきましては4割の量の下請と、直営でされれば別ですけども、下請の場合はそういう条項を定めて発注条件ということになっておりましたので、審査会としても分割できない場合であればもう4割もあるようでしたらそれでええやないかと、今回のところはそういう形での決着となりました。今後はそういう形での、議員さんもお話ありましたような参加できるような方法を探っていかなきゃならんというふうには考えております。


○議長(岩田佐俊君)


 本村幸四郎君。


○33番(本村幸四郎君)


 今回についていろいろあくとかあかんとは言ってないんですけども、市長にお尋ねするのは、いわゆる躯体工事はJVを組ませてるでしょう。この設備工事にしたってJV方式を組めば、そういう条件があれば実績が上がるわけですよね。1億5,000万といったら、年間で1億5,000万という業者は地元にもいっぱいおりますけれども、単品で1億5,000万というのは今までないもんですから、地元の人が参加資格がないわけですよな。ですから私は、設備工事、こういうもんだから電気工事なんかメンテナンスの問題があるでしょう。大阪のやら東京の業者がやっちゃった。後で1年後、2年後にいろいろ物事そうするときには東京からどこか経由してメンテナンスをしないと電気が消えた、水道がどうしたこうしたということがあるもんですから、設備や電気工事、こういうような工事については地域の人が責任か、いわゆるメンテナンスには有利な体制があるわけだ。それは価格で談合するという問題は別ですけども、地域の業者が参加できる環境をやはり考えていくならば、もう少し、どの方法がええかわかりませんよ、いわゆるJVで、A社とB社とで1億5,000万なり2億なりという形ですると地元の人もグループ化していけば参加資格が出る。また、今の躯体工事みたいに大手ゼネコンと地元とがJV比率でやって、今回はそれができたから躯体工事においてはそういうもんができた。全体はそれがなかったから東小学校のとこが地域からかなり苦情が出てきたわけでしょう。ですから設備や電気工事についても今後そういう、価格的競争は大いにしてもらわなきゃ困りますけれども、参加資格がより意欲をそぐようなシステムというのは問題があると思いますので、その点について今後の取り組みについて市長の考えを聞いておきたいと思います。


○議長(岩田佐俊君)


 市長。


             (市長 今岡睦之君登壇)


○市長(今岡睦之君)


 おっしゃるとおりでありまして、この工事だけではなくって、例えばコンサルなんかへの委託業務を最近は大型化と申しますか、なっております。したがって、地元単独ではなかなか参加できないような決まりになってまして、そういう意味では地元の業務で、仕事でありながら地元の人になかなか参加してもらいにくいということは大変つらいことでございますので、今回も実は発注の、特に電気の場合は地元が参加できるように、たしかぐらいの金額だったと思うんですが、機械につきまして地元が単独参加できないということで、ジョイントでなぜいけないのかみたいな少し話をして研究をしてくれという話をしたんですが、最終的にできないという話が審査会等でありまして、したがって今言いましたように2億近くのやつの40パーセントぐらいは地元でやってもらうというふうな方法をとりました。


 今後は、おっしゃいますようにできるだけ地元の人も一緒に、単独でいけないということであれば地元同士のジョイントとか、あるいは大手と地元とのジョイントで参加できるとか、そういう方法も少し発注基準の中で研究も重ねてやっていくべきだというふうに思っております。


○議長(岩田佐俊君)


 建設部長。


            (建設部長 上田耕二君登壇)


○建設部長(上田耕二君)


 ご指摘のとおりでございます。


 ただ、電気屋さんとかいうことになりますと、今回の場合もそうですが、億単位、2億とかいうふうな単位になりますと一定の結果は、今の件の場合は2社でございましたですが、当初はやっぱり15社、20社というふうな枠組みができる想定のあれが必要です、制度がですね。そうしますとなかなか地元でJVの子といいますか、JVの構成員ということになるわけですが、地元で15社、20社の構成員を確保するというのが少しつらい部分ございます。そうするとJVがその規定の数だけがつくれない、こういうふうなことが初めから想定される部分もございます。したがって、その辺のことも今後の課題ですけども、議論をいたしました経過としましてはございません。結果的に今回こうなったということでございまして、これも今後の課題だと思っております。


○議長(岩田佐俊君)


 他にご質疑ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご質疑ないと認めます。


 お諮りします。


 本案は、委員会付託を省略し、討論に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、討論に入ります。


 ご意見ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご意見なしと認めます。


 よって、採決に入ります。


 採決は一括行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、採決は、一括行います。


 議案第113号及び議案第114号に対し、可決することに賛成の方の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(岩田佐俊君)


 起立多数であります。


 よって、議案第113号及び議案第114号は、可決しました。


 会議の途中でございますが、暫時休憩します。


            (午後 1時57分 休憩)


             ─────────────


            (午後 2時35分 再開)


○議長(岩田佐俊君)


 休憩前に引き続き会議を再開します。


 日程第8 発議第8号 道路財源の確保と地方への配分強化を求める意見書(案)の提出についてを議題とします。


 発議者代表の説明を求めます。


 森本さとし君。


            (10番 森本さとし君登壇)


○10番(森本さとし君)


 ただいま議題となりました発議第8号は、朗読をもって提案とさせていただきます。


 道路財源の確保と地方への配分強化を求める意見書(案)


 道路は、国民生活や経済・社会活動を支える最も具体的な社会基盤である。活力があり、安全で安心できる国土の実現には、全国民共有の社会基盤である道路を計画的に整備・維持することが重要である。


 しかしながら、地方における道路整備はまだまだ不十分で、伊賀地域の高規格道路を含めた道路整備は、三重県全体から見た場合かなりおくれており、産業・経済活動に影響が出ている状況である。中部・関西圏などの都市を初めとする地域間交流・連携など、産業経済の発展を促進するため、当地域にとって名神高速道路・新名神高速道路と名阪国道を結ぶ南北の地域高規格道路ネットワークの早期整備が最重要課題である。また、南北幹線軸の一般国道422号、東西幹線軸の一般国道163号を初めとして、県が管理する国道は市民の日常生活を支える幹線道路であるにもかかわらず、その整備水準は低く、早急な整備が地域振興を図る上で不可欠の条件となっている。


 こうした中、昨年12月に「道路特定財源の見直しに関する具体策」が閣議決定された道路特定財源について道路歳出を上回る税収は一般財源とすると示されたところである。


 しかし、地方においては、必要な道路整備・維持を図る上で、これまでも道路特定財源に加えて多額の一般財源を充当しているところである。


 よって、国においては、道路特定財源の見直しに当たって、地方の実情や意見を十分に踏まえ、下記の事項について取り組まれるよう強く要望する。


 記。1、地方が真に必要とする道路整備と今後増大する道路の維持管理のための道路財源を確保すること。


 2、おくれている地方の道路整備を地方公共団体が主体的に行うため、国の道路歳出を上回る道路特定財源については、道路整備のための財源として確保し、一般財源とすることなく地方公共団体への配分割合を高めるなど、地方の道路整備財源を充実すること。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。


 平成19年9月28日、三重県伊賀市議会


 衆参両院議長、内閣総理大臣、国土交通大臣、財務大臣あて。


 以上、よろしくご賛同賜りますようお願い申し上げます。


○議長(岩田佐俊君)


 説明に対し、ご質疑ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご質疑なしと認めます。


 お諮りします。


 本案は、委員会付託を省略し、討論に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、討論に入ります。


 ご意見ございませんか。


 森永勝二君。


○27番(森永勝二君)


 ただいま上程されました発議8号 道路財源の確保と地方への配分強化を求める意見書(案)に反対するものであります。


 ガソリンにかかる揮発油税や自動車重量税などの道路特定財源は、国の分だけでも3.4兆円、地方の分を含めると5.7兆円にも上ります。


 道路特定財源は、1953年に国道、県道の舗装率5パーセントしかなく、整備が急務だという理由でつくられた制度であります。舗装率が96パーセントを超えた現在もこの制度を続ける理由は全くありません。使途が限定されているために、税収がふえればふえた分だけ道路をつくるというように、むだを拡大する原因の一つになっています。道路特定財源を廃止し、社会保障財源にも使えるようにします。これによって公共事業の予算自体についても、道路優先の固定的な配分を改めて生活密着型事業への配分をふやすことができるようになります。


 以上の理由から発議8号については反対をしておきます。


○議長(岩田佐俊君)


 他にご意見ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご意見なしと認めます。


 よって、採決に入ります。


 本案に対し、可決することに賛成の方の起立求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(岩田佐俊君)


 起立多数であります。


 よって、発議第8号は、可決しました。


 次に、日程第9 発議第9号 議員の派遣についてを議題とします。


 お諮りします。


 本案については、会議規則第39条第2項の規定により、提案説明を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、提案説明を省略いたします。


 さらにお諮りいたします。


 本案は、委員会付託を省略し、討論に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、討論に入ります。


 ご意見ございませんか。


 北出忠良君。


○3番(北出忠良君)


 私は、地方議員として海外視察については反対、自粛すべきであると考えてる一人でございます。


 そういった中で、この日中議員連盟ですが、こういった形は任意の議員連盟でもございますので、こういった形の中やはり税金を使うというような形は賛成できませんので、行くのであれば実費で行くべきである、このように考えております。


 そういった形の中で、経費をこの議会費の中から旅費として使用することに反対するものであります。以上です。


○議長(岩田佐俊君)


 他にご意見ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご意見なしと認めます。


 よって、採決に入ります。


 本案に対し、可決することに賛成の方の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(岩田佐俊君)


 起立多数であります。


 よって、発議第9号は、可決しました。


 お諮りします。


 ただいま英成樹君ほか5名から、発議第10号 義務教育費国庫負担制度の存続と、負担率2分の1への復元を求める意見書(案)の提出についてが提出されました。


 これを日程に追加し、議題としたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、発議第10号を日程に追加し、議題とします。


 発議者代表の説明を求めます。


 英成樹君。


            (23番 英 成樹君登壇)


○23番(英 成樹君)


 ただいま議題となりました発議第10号は、朗読をもって提案とさせていただきます。


 義務教育費国庫負担制度の存続と、負担率2分の1への復元を求める意見書(案)


 政府の「三位一体改革」の中、昨年3月「国の補助金等の整理及び合理化に伴う義務教育費国庫負担法等の一部を改正する等の法律」が成立し、制度は存続されたものの、負担率は2分の1から3分の1に引き下げられました。


 「骨太方針2007」では、「地方分権改革推進法」に基づいて、「新分権一括法案」を3年以内に国会に提出することを明記し、このため国と地方の役割等について検討を進めるとしています。また、「地方財政全体が地方分権にかなった姿になるよう、国・地方の財政状況を踏まえつつ、国庫補助負担金、地方交付税、税源移譲を含めた税源配分の見直しの一体的な改革に向け地方債を含め検討する」ともしています。このような地方分権改革推進の中、義務教育費国庫負担制度について議論の対象となることは必至であり、同制度の存続は予断を許さない状況です。


 義務教育費国庫負担制度は、義務教育の機会均等とその水準の維持・向上及び地方財政安定のため、国が必要な財源を保障するとの趣旨で確立されたものであり、これまで学校教育に大きな役割を果たしてきたところです。その時々の国や地方の財政状況に影響されることのない、確固とした義務教育費国庫負担制度によって、未来を担う子供たちに豊かな教育を保障することは、社会の基盤づくりにとって極めて重要なことです。


 以上の理由から、義務教育費国庫負担制度が存続され、国庫負担率が2分の1へ復元されるよう強く要望します。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。


 平成19年9月28日、三重県伊賀市議会


 衆参両院議長、内閣総理大臣、総務大臣、財務大臣、文部科学大臣あてでございます。


 以上でございます。どうぞよろしくご賛同賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(岩田佐俊君)


 説明に対し、ご質疑ありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご質疑なしと認めます。


 お諮りします。


 本案は、委員会付託を省略し、討論に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、討論に入ります。


 ご意見ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご意見なしと認めます。


 よって、採決に入ります。


 本案に対し、可決することに賛成の方の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(岩田佐俊君)


 全会一致であります。


 よって、発議第10号は、可決しました。


 お諮りします。


 ただいま勝矢節義君ほか5名から、発議第11号 30人学級を柱にした義務教育諸学校および高等学校次期定数改善計画の策定、教育予算拡充を求める意見書(案)の提出についてが提出されました。


 これを日程に追加し、議題にしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、発議第11号を日程に追加し、議題とします。


 発議者代表の説明を求めます。


 勝矢節義君。


            (16番 勝矢節義君登壇)


○16番(勝矢節義君)


 ただいま議題となりました発議第11号を朗読をもって提案とさせていただきます。


 30人学級を柱にした義務教育諸学校および高等学校次期定数改善計画の策定、教育予算拡充を求める意見書(案)


 少人数学級が実施されている学校では、「子供たちが落ちついて学校生活を送れるようになった」「一人一人にきめ細かな指導ができるようになった」「子供が意欲的に取り組んでいる」といった保護者・教職員からの声が多くあります。しかし、下限25人の制約があり、一部の学級は依然として30人以上であります。


 政府は「骨太2006」の中で、教職員定数について、今後5年間で1万人程度の純減を確保するとし、「2007」もその方針に変わりはありません。昨年6月に成立した行政改革推進法では「自然減を上回る教職員の純減」「子供の数の減少を反映した削減」が打ち出され、教職員の定数改善は厳しい状況と言わざるを得ません。


 日本の教育予算は、GDP総額のうち教育機関への支出がOECD加盟国の平均6.1パーセントに対し最低レベル4.7パーセントとなっております。安倍内閣は「教育再生」を前面に押し出していますが、教育条件整備のための教育予算増額は行わず、効率化を徹底し、成果主義を基本にめり張りをつける予算づくりを求めていま。


 山積する教育課題の解決を図り、未来を担う子供たち一人一人を大切にした教育を進めるためには、学級編制基準の引き下げや教育条件整備のための教育予算の増額が必要です。国は、30人学級を柱にした義務教育諸学校および高等学校次期定数改善計画を早急に策定し、実施することが重要です。


 以上の理由から、30人学級を柱にした義務教育諸学校および高等学校次期定数改善計画の策定、教育予算の増額を行うよう強く要望します。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。


 平成19年9月28日、三重県伊賀市議会


 衆参両院議長、内閣総理大臣、総務大臣、財務大臣、文部科学大臣あてでございます。


 以上、よろしくご賛同賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(岩田佐俊君)


 説明に対し、ご質疑ありませんか。


 森岡昭二君。


○26番(森岡昭二君)


 文言で一つ、内閣変わりましたんで、「安倍内閣は」、これは「国は」という表現の仕方の方がいいかと思いますが、いかがですか。


○議長(岩田佐俊君)


 今ご指摘ございましてんけども、よろしいですか。いいですね。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 了承しました。ありがとうございます。


 他にご質疑ありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご質疑なしと認めます。


 お諮りします。


 本案は、委員会付託を省略し、討論に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、討論に入ります。


 ご意見ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご意見なしと認めます。


 よって、採決に入ります。


 本案に対し、可決することに賛成の方の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(岩田佐俊君)


 全会一致であります。


 よって、発議第11号は、可決しました。


 お諮りします。


 ただいま中本徳子君ほか5名から、発議第12号 『学校安全法』(仮称)の策定をはじめとする総合的な学校の安全対策を求める意見書(案)の提出についてが提出されました。


 これを日程に追加し、議題としたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、発議第12号を日程に追加し、議題とします。


 発議者代表の説明を求めます。


 中本徳子君。


            (18番 中本徳子君登壇)


○18番(中本徳子君)


 ただいま議題となりました発議第12号は、朗読をもって提案とさせていただきます。


 『学校安全法』(仮称)の策定をはじめとする総合的な学校の安全対策を求める意見書(案)


 近年、学校への「不審者」の侵入による殺傷事件、震災や大雨などによる自然災害、O157を初めとした健康被害、通学路での誘拐事件など、学校内外で子供たちが被害者となるさまざまな事件や事故が発生しています。


 各地で震度5を超える地震が起こり、被害が出ています。地震はいつ、どこで発生するかわからず、東海地震、東南海地震といった大規模な地震発生も危惧されています。1日のほとんどを園・学校で過ごす子供たちが、安心・安全に学ぶことができるよう、各自治体においては、耐震補強対策はもちろん、総合的な安全対策が図られなくてはなりません。


 そのためには、まず、学校の安全な環境の整備を進めていくための法的整備が必要です。国や行政の役割・責任、財政上の措置、学校、家庭、地域、関係機関等のそれぞれの役割、学校の安全最低基準等、基本的な措置を明記した「学校安全法」(仮称)を国が制定することが緊急の課題です。そして、被害を未然に防止し、実際に起こった場合には被害拡大の防止、被害者の精神的なケアを行うなど、学校内外が協働して総合的な学校の安全対策を進めていくことが求められます。


 以上の理由から、子供たちが安心して学校に通い、安全が保たれた中で学校教育が行えるよう『学校安全法』(仮称)の制定を初めとする総合的な学校の安全対策を強く要望します。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。


 平成19年9月28日、三重県伊賀市議会


 衆参両院議長、内閣総理大臣、総務大臣、財務大臣、文部科学大臣あて。


 以上、よろしくご賛同賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(岩田佐俊君)


 説明に対し、ご質疑ありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご質疑なしと認めます。


 お諮りします。


 本案は、委員会付託を省略し、討論に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、討論に入ります。


 ご意見ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご意見なしと認めます。


 よって、採決に入ります。


 本案に対し、可決することに賛成の方の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(岩田佐俊君)


 全会一致であります。


 よって、発議第12号は、可決しました。


 お諮りいたします。


 ただいま葛原香積君ほか6名から、発議第13号 庁舎建設問題特別委員会の設置についてが提出されました。


 これを日程に追加し、議題としたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、発議第13号を日程に追加し、議題とします。


 発議者代表の説明を求めます。


 葛原香積君。


            (34番 葛原香積君登壇)


○34番(葛原香積君)


 ただいま議題となりました発議第13号でございますが、11日から始まりました本会議の一般質問の中でも議題となり、市長さんの方から目標は大体、平成でいいますと24年、2012年を目途に計画しているということで、庁内の方で検討委員会も発足され、その概要もでき上がったと聞かされておりますし、また今後は学識経験者、また市民代表、市民の団体等の皆さん方も含めた検討委員会を発足するということも明言されております。


 その時期をとらえて、私ども議会といたしましても特別委員会を設置したいということで提案させていただきます。


 提案理由といたしましては、提案のこの設置につきましての趣旨書に従いまして朗読をもって説明をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。


 総合計画において、行政需要に的確に対応し、市民サービスの向上を図るため、新庁舎の建設について総合的な視点から検討するとあります。


 現庁舎は、耐震性能は満たされておらず、建設後40数年が経過していることから既存設備等は既に耐用年数が経過しているとともに、建物の構造面から来るバリアフリーへの対応不足などから市民へのサービス、行政能率の低下を来しております。さらに、想定される東海、東南海・南海地震など大規模な災害時の本庁舎としての指揮中枢機能、災害復興拠点機能を備えているとは言えません。


 ついては、議会として、市民の安心・安全な暮らしを支える庁舎の建設に関して、位置、規模、資金計画などを含めた調査、研究及び審査を行うことを目的に、地方自治法第110条による「庁舎建設問題特別委員会」を設置しようとする。


 なお、本特別委員会は、議員10人で構成いたしたい。


 よろしくご賛同の上、全会一致のご賛同を賜りますようお願い申し上げます。


○議長(岩田佐俊君)


 説明に対し、ご質疑ありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 本案は、委員会付託を省略し、討論に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、討論に入ります。


 ご意見ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご意見なしと認めます。


 よって、採決に入ります。


 本案に対して可決することに賛成の方の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(岩田佐俊君)


 全会一致であります。


 よって、発議第13号は、可決しました。


 会議の途中でございますけども、暫時休憩いたします。


            (午後 3時02分 休憩)


             ─────────────


            (午後 3時22分 再開)


○議長(岩田佐俊君)


 休憩前に引き続き会議を再開します。


 お諮りします。


 先刻来設置されました庁舎建設問題特別委員会委員の選任については、議長において指名したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本特別委員会委員については、議長において指名いたします。


 議席番号順に申し上げます。北出忠良君、松村頼清君、今井由輝君、大西保定君、桃井隆子君、恒岡弘二君、土井裕子君、馬場登代光君、森岡昭二君、葛原香積君、以上10名を指名いたします。


 暫時休憩します。


            (午後 3時23分 休憩)


             ─────────────


            (午後 3時35分 再開)


○議長(岩田佐俊君)


               〔テープ中断〕続き会議を再開いたします。


 先ほど休憩中に庁舎建設問題特別委員会が開催され、正副委員長が互選され、決定いたしておりますので、この際ご報告いたします。


 委員長に葛原香積君、副委員長に恒岡弘二君、以上のとおりであります。


 なお、庁舎建設問題特別委員長から、お手元に配付いたしましたように委員会の調査事項について、会議規則第106条により、閉会中も継続審査することの申し出がありました。


 お諮りいたします。


 庁舎建設問題特別委員会の閉会中の継続審査の申し出についてを日程に追加し、議題としたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、庁舎建設問題特別委員会の閉会中の継続審査の申し出についてを議題とすることに決しました。


 庁舎建設問題特別委員会は、本申し出のとおり閉会中の継続審査することにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、庁舎建設問題特別委員会は、閉会中も継続審査することに決しました。


 以上で本定例会に付議されました案件は、すべて議了いたしました。


 去る9月6日に開会いたしました平成19年第7回伊賀市議会定例会は、これをもって閉会いたします。


 長らくの慎重審議ありがとうございました。


            (午後 3時37分 閉会)


             ─────────────


地方自治法第123条第2項の規定により次に署名する。





             議  長   岩 田 佐 俊





             議  員   空 森 栄 幸





             議  員   渡久山 カナエ