議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 伊賀市

平成19年第5回臨時会(第1日 5月30日)




平成19年第5回臨時会(第1日 5月30日)





        平成19年第5回伊賀市議会(臨時会)会議録


         平成19年5月30日(水曜日)(第1日)


         ─────────────────────


 
  平成19年5月30日(水)午後1時30分開議


  日程第 1 会期決定について


  日程第 2 会議録署名議員の指名について


  日程第 3 議案第 72号 平成19年度三重県伊賀市住宅新築資金等貸付特別会


                計補正予算(第1号)     上 程───採 決


  日程第 4 議案第 73号 平成19年度三重県伊賀市老人保健特別会計補正予算


                (第1号)          上 程───採 決


  日程第 5 議長の辞職について


  日程第 6 議長の選挙について


  日程第 7 副議長の辞職について


  日程第 8 副議長の選挙について


  日程第 9 議会運営委員の選任について


  日程第10 議案第 74号 監査委員の選任について    上 程───採 決


  日程第11 少子高齢化対策特別委員長報告について


  日程第12 交通対策特別委員長報告について


  日程第13 農林業活性化特別委員長報告について


  日程第14 中心市街地活性化対策特別委員長報告について


  日程第15 川上ダム・下水道対策特別委員長報告について


  日程第16 人権同和・環境対策特別委員長報告について


  日程第17 伊賀市・名張市広域行政事務組合議員の選挙について


  日程第18 伊賀南部環境衛生組合議会議員の選挙について


  日程第19 三重県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙について


         ─────────────────────


〇会議に付した事件


 議事日程のとおり


         ─────────────────────


〇出席議員(34名)


  議席番号    氏   名    議席番号    氏   名


    1番  田 山 宏 弥 君   18番  中 本 徳 子 君


    2番  本 城 善 昭 君   19番  桃 井 隆 子 君


    3番  北 出 忠 良 君   20番  恒 岡 弘 二 君


    4番  木 津 直 樹 君   21番  土 井 裕 子 君


    5番  空 森 栄 幸 君   22番  中 岡 久 徳 君


    6番  渡久山 カナエ 君   23番  英   成 樹 君


    7番  前 田 孝 也 君   24番  馬 場 登代光 君


    8番  松 村 頼 清 君   25番  宮 ? 由 隆 君


    9番  森   正 敏 君   26番  森 岡 昭 二 君


   10番  森 本 さとし 君   27番  森 永 勝 二 君


   11番  今 井 博 昭 君   28番  安 本 美栄子 君


   12番  今 井 由 輝 君   29番  山 岡 耕 道 君


   13番  岩 田 佐 俊 君   30番  小 丸 勍 司 君


   14番  大 西 保 定 君   31番  森 野 廣 榮 君


   15番  奥   邦 雄 君   32番  前 川 款 昭 君


   16番  勝 矢 節 義 君   33番  本 村 幸四郎 君


   17番  坂 井   悟 君   34番  葛 原 香 積 君


         ─────────────────────


〇欠席議員(なし)


         ─────────────────────


〇説明のため出席した者


  職   名         氏     名


  市長           今 岡 睦 之 君


  副市長          権 蛇 英 明 君


  副市長          内 保 博 仁 君


  収入役          角 田 康 一 君


  理事           廣   行 雄 君


  総務部長         長谷川 正 俊 君


  総務部次長        赤 澤 行 宏 君


  総務部参事        岡 部 隆 次 君


  企画振興部長       中 嶋   孝 君


  人権政策部長       澤 田 昌 彦 君


  生活環境部長       永 持 嘉 宣 君


  健康福祉部長       槌 野 策 司 君


  産業振興部長       半 田 泰 士 君


  建設部長         上 田 耕 二 君


  水道事業管理者      濱   一 吉 君


  教育長          味 岡 一 典 君


  教育部長         森 永 喜久雄 君


  消防長          山 崎 和 憲 君


  監査委員         福 壽   勇 君


  監査委員事務局長     松 本 博 臣 君


  市民病院事務長兼事務部長 武 藤 隆 勇 君


  伊賀支所長        西 出 健一郎 君


  島ヶ原支所長       安 岡 千 明 君


  阿山支所長        中 川 重 憲 君


  大山田支所長       恵 村 孝 次 君


  青山支所長        城 山 廣 三 君


  出納室長         岡 部 洋 子 君


  財政課長         西 堀   薫 君


         ─────────────────────


〇出席事務局職員


  職   名         氏     名


  局長           松 永 彰 生 君


  次長           前 田 裕 三 君


  副参事          花 岡 穣 一 君


  庶務係長         川 出 敦 子 君


         ─────────────────────





            (午後 1時30分 開会)


○議長(安本美栄子君)


 ただいまから平成19年第5回伊賀市議会臨時会を開会いたします。


 本日、ただいまの出席議員数は34名、会議は成立いたしました。


 お諮りいたします。本日の議事日程は、お手元に配付のとおりでございます。そのように取り扱うことにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(安本美栄子君)


 ご異議なしと認め、本日の議事日程は、お手元に配付のとおりと決しました。


 この際、諸般の報告をいたします。


 地方自治法第235条の2に基づく例月出納検査結果報告、平成19年3月分でございますが、お手元に配付のとおり報告がございましたので、ご了承願います。


 さらに、この際、市長から発言を求められておりますので、これを許可いたします。


 市長。


             (市長 今岡睦之君登壇)


○市長(今岡睦之君)


 こんにちは。


 市内を囲んでおります山々の緑でございますが、日に日に濃くなってまいりました。本日はあいにくの雨模様でありますが、日中照りつける日差しも初夏を感じさせる陽気となってまいりました。


 議員の皆様には、平成19年伊賀市議会第5回臨時会にご出席を賜り、厚く御礼申し上げます。


 さて、5月6日まで行われておりました伊賀上野忍者フェスタ2007でございますが、各種イベントに多くの市民の皆様や議員の皆様がスタッフとして、またボランティアとしてご協力を賜りましたことにつきまして、厚くお礼申し上げる次第でございます。前半は天候が不順でありまして少し心配いたしておりましたが、ゴールデンウイークは快晴の日が多く、忍者フェスタのメーンとなる忍者変身処で忍者衣装を着用された方は8,278人、前年の6,646人から約25パーセント増加いたしております。この忍者衣装貸し出しの増加は、忍者衣装の数をふやしたこと及びイベントの認知度が高まったことによるものと思っております。今後もさらなる観光振興に努めてまいりたいと存じますので、ご指導、ご協力賜りますようお願い申し上げます。


 先月15日の地震発生時での対応の反省を踏まえまして、5月7日に大規模地震を想定した職員の初動訓練を抜き打ちで実施いたしました。訓練は午前5時に県中部を震源地とする地震が発生し、上野支所管内で震度5弱を観測し、家屋の倒壊や負傷者が発生しているとの想定で、消防本部、水道部及び病院等を除く係長以上の職員368人に招集をかけました。その結果、災害対策本部解散の午前7時10分までに、参集率約90パーセントに当たる332人が登庁いたしましたが、一部の職員は電話での伝達内容の誤りによりまして、参集が伝わらず、登庁できませんでした。今後は情報の混乱を防ぐために、メールなどの文書で伝達する方法を検討するとともに、職員全員に登庁基準がわかるような名刺サイズの災害時のマニュアルを作成いたしまして、常時携帯するなど、危機管理体制の確立に努めてまいりたいと存じます。


 また、5月27日でございますが、三重県との共催の土砂災害防災訓練を島ヶ原地内で実施いたしました。この訓練は豪雨による土砂災害の発生を想定いたしまして、災害発生前後の防災関係機関の情報伝達訓練、市災害対策本部及び現地災害対策本部の設置や運営、土砂災害警戒情報の発表による災害時要援護者の避難及び避難勧告の発令による避難等の訓練でございます。この訓練で島ヶ原地区の皆様146名の方、関係地区の消防団の皆さん53名の方にご協力をいただきまして、より実践的な避難訓練を行うことができました。また、この訓練の実施に際し、議会の議員の皆様にもご臨席を賜っておりまして、訓練の状況等についてごらんいただきましたことにつきまして、お礼申し上げたいと存じます。


 今後も地震だけではなく、風水害等のすべての自然災害に対する危機管理意識を高めるため、訓練を繰り返して、市民の皆様が安心して暮らせるまちづくりに全力で取り組んでいく所存でございますので、引き続き議員の皆様のご指導を賜りますようお願い申し上げます。


 なお、本日の臨時議会でございますが、議長さんを初めとして、議会内の役職の方々の選出、あるいは議会内の各種委員会の委員さんの選任などを行っていただく予定となってございますが、どうぞ市政進展のため、今後ともよろしくご指導のほどをお願い申し上げる次第でございます。


 また、私どもの方からは、平成19年度三重県伊賀市住宅新築資金等貸付特別会計補正予算(第1号)、及び平成19年度三重県伊賀市老人保健特別会計補正予算(第1号)の2議案につきましてご審議賜りますことをお願いを申し上げ、開会に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(安本美栄子君)


 これより議事に入ります。


 日程第1 会期の決定についてを議題といたします。


 本臨時会の会期は、本日1日と定めたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(安本美栄子君)


 ご異議なしと認め、本臨時会の会期は、本日1日と決しました。


 次に、日程第2 会議録署名議員の指名についてを議題といたします。


 会議規則第83条の規定により、1番 田山宏弥さん、2番 本城善昭さんの両名を指名いたします。


 次に、日程第3 議案第72号を上程いたします。


 当局の説明願います。


 市長。


             (市長 今岡睦之君登壇)


○市長(今岡睦之君)


 ただいま上程いただきました議案第72号、平成19年度三重県伊賀市住宅新築資金等貸付特別会計補正予算(第1号)につきまして、ご説明申し上げます。


 平成18年度の三重県伊賀市住宅新築資金等貸付特別会計の決算におきまして、歳入が歳出に対して8,700万8,949円の不足が生じましたため、平成19年度の貸付金元利収入をもって繰り上げ充用をするものでございます。


 内容につきましては、担当部からご説明申し上げます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。


○議長(安本美栄子君)


 澤田部長。


           (人権政策部長 澤田昌彦君登壇)


○人権政策部長(澤田昌彦君)


 失礼いたします。


 それでは、平成19年度三重県伊賀市住宅新築資金等貸付特別会計補正予算(第1号)の内容につきまして、ご説明申し上げます。


 今回の補正につきましては、平成18年度の三重県伊賀市住宅新築資金等貸付特別会計決算額の収支が8,700万8,949円の不足となったため、平成19年度の収入をもって繰り上げ充用をするものでございます。


 補正予算の内容につきましてご説明申し上げますので、予算書1ページをお開きいただきたいと存じます。


 第1条の歳入歳出予算補正といたしまして、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ8,700万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億8,556万4,000円とするものでございます。


 歳入からご説明申し上げますので、8ページ、9ページをごらんいただきたいと存じます。第3款諸収入、第1項貸付金元利収入、第1目貸付金元利収入で、補正前の額に8,700万9,000円を追加し、合計で1億7,297万6,000円とするものでございます。


 次に、歳出につきまして、10ページ、11ページをお開きいただきたいと思います。第3款前年度繰り上げ充用金、第1項第1目前年度繰り上げ充用金で、歳入と同額の8,700万9,000円を計上いたしております。これによりまして、本特別会計の補正後の予算額といたしましては、歳入歳出それぞれ1億8,556万4,000円となっております。


 以上で平成19年度三重県伊賀市住宅新築資金等貸付特別会計補正予算(第1号)についてご説明申し上げました。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。


○議長(安本美栄子君)


 説明に対し、ご質疑ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(安本美栄子君)


 ご質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。本案は、委員会付託を省略し、討論に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(安本美栄子君)


 ご異議なしと認め、討論に入ります。


 ご意見ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(安本美栄子君)


 ご意見なしと認め、採決に入ります。


 議案第72号に対し、可決することに賛成の方の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(安本美栄子君)


 全会一致でございます。よって、議案第72号は可決いたしました。


 次に、日程第4 議案第73号を上程いたします。


 当局の説明願います。


 市長。


             (市長 今岡睦之君登壇)


○市長(今岡睦之君)


 ただいま上程いただきました議案第73号、平成19年度三重県伊賀市老人保健特別会計補正予算(第1号)につきまして、ご説明申し上げます。


 平成18年度の三重県伊賀市老人保健特別会計の決算におきまして、歳入が歳出に対して5,402万8,182円の不足が生じましたため、平成19年度に精算交付されます収入をもって繰り上げ充用するものでございます。


 内容につきましては、担当部長からご説明申し上げます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。


○議長(安本美栄子君)


 健康福祉部長。


           (健康福祉部長 槌野策司君登壇)


○健康福祉部長(槌野策司君)


 失礼いたします。


 それでは、平成19年度三重県伊賀市老人保健特別会計補正予算(第1号)の内容につきまして、ご説明申し上げます。


 今回の補正は、平成18年度三重県伊賀市老人保健特別会計の決算において、歳入が歳出に対しまして5,402万8,182円の不足が生じましたため、平成19年度に精算交付される収入をもって繰り上げ充用するものでございます。


 それでは、補正予算の内容につきましてご説明申し上げますので、予算書の1ページをお開き願います。


 補正予算は、既定の歳入歳出予算に歳入歳出それぞれ7,190万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ94億8,059万6,000円とするものでございます。


 歳入からご説明申し上げますので、8、9ページをお開き願います。


 第2款国庫支出金、第1項国庫負担金、第1目医療費負担金は、補正前の額に7,970万3,000円を追加し、補正後の額を29億9,392万9,000円にしようとするもので、平成18年度分の医療費負担金精算交付額であります。


 第3款県支出金、第1項第1目県負担金は、補正前の額に219万9,000円を追加し、補正後の額を7億3,075万5,000円にしようとするもので、第2款同様、医療費に係る収入の精算交付額であります。


 第5款第1項第1目繰越金は、全額を減額いたしております。


 次に、歳出についてご説明申し上げますので、11ページをお開き願います。


 第3款諸支出金、第1項第1目償還金は、補正前の額に1,787万3,000円を追加し、補正後の額を2,787万3,000円にしようとするもので、平成18年度の医療費に係る国県支出支払い基金交付金精算返還金であります。


 第5款第1項第1目前年度繰り上げ充用金を新設し、5,402万9,000円を計上いたしております。


 以上、平成19年度三重県伊賀市老人保健特別会計補正予算(第1号)についてご説明申し上げました。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。


○議長(安本美栄子君)


 説明に対し、ご質疑ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(安本美栄子君)


 ご質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。本案は、委員会付託を省略をし、討論に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(安本美栄子君)


 ご異議なしと認め、討論に入ります。


 ご意見ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(安本美栄子君)


 ご意見なしと認め、採決に入ります。


 議案第73号に対し、可決することに賛成の方の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(安本美栄子君)


 全会一致でございます。よって、議案第73号は可決いたしました。


 暫時休憩いたします。


            (午後 1時47分 休憩)


             ─────────────


            (午後 2時27分 再開)


○副議長(坂井 悟君)


 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 ただいま議長の安本美栄子君から議長の辞職願が提出されました。


 お諮りいたします。この際、議長の辞職について日程に追加し、議題とすることにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(坂井 悟君)


 異議なしと認めます。よって、この際、議長の辞職について日程に追加し、議題とします。


 暫時休憩いたします。


            (午後 2時28分 休憩)


             ─────────────


            (午後 2時28分 再開)


○副議長(坂井 悟君)


 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 辞職願を朗読させます。


 事務局。


○議会事務局副参事(花岡穣一君)


 辞職願。私、このたび申し合わせ任期満了により、伊賀市議会議長の職を辞したくご許可くださるようお願いいたします。平成19年5月30日。安本美栄子。伊賀市議会副議長、坂井悟様。以上です。


○副議長(坂井 悟君)


 安本美栄子君の議長の辞職を許可することにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(坂井 悟君)


 異議なしと認めます。よって、安本美栄子君の議長の辞職を許可することに決しました。


 暫時休憩いたします。


            (午後 2時29分 休憩)


             ─────────────


            (午後 2時29分 再開)


○副議長(坂井 悟君)


 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 この際、安本美栄子君から発言を求められておりますので、これを許可します。


 安本美栄子君。


            (28番 安本美栄子君登壇)


○28番(安本美栄子君)


 志操堅固の精神で取り組んでまいります、こんなことを所信表明で申し上げて1年たちました。余りにも多い出来事はまさに人生の縮図と申し上げるに匹敵いたしました。テーマをはるかに超えたバッシングも受けました。でも今となっては1つのことをつくり上げ、そして1つの出来事をクリアしていくための肥やしであったかなあとも思っております。


 それよりも何よりも私に多くの知恵をかしてくれた議員の皆さん方に心からありがとう、そう申し上げたいと思います。この1年間多くの学びとそしてご協力いただきましたことに対し、心から感謝申し上げ、退任のあいさつといたします。ありがとうございました。(拍手)


○副議長(坂井 悟君)


 ただいま議長が欠員になりました。


 お諮りいたします。この際、議長の選挙についてを日程に追加し、選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(坂井 悟君)


 異議なしと認めます。よって、この際、議長の選挙についてを日程に追加し、選挙を行います。


 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第1項並びに会議規則の規定により、投票により行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(坂井 悟君)


 異議なしと認めます。よって、選挙の方法につきましては、投票によることと決しました。


 これより議長の選挙を行います。


 議場の閉鎖を命じます。


              (議 場 閉 鎖)


○副議長(坂井 悟君)


 議場が閉鎖いたしました。


 ただいまの出席議員数は34名であります。


 投票用紙を配付させます。


               (投票用紙配付)


○副議長(坂井 悟君)


 用紙の配付漏れはありませんか。


 配付漏れなしと認めます。


 次に、投票箱を改めさせます。


               (投票箱点検)


○副議長(坂井 悟君)


 異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票をお願いいたします。


 点呼を命じます。事務局長。


            (事務局長 松永彰生君登壇)


○議会事務局長(松永彰生君)


 1番 田山宏弥さん、2番 本城善昭さん、3番 北出忠良さん、4番 木津直樹さん、5番 空森栄幸さん、6番 渡久山カナエさん、7番 前田孝也さん、8番松村頼清さん、9番 森正敏さん、10番 森本さとしさん、11番 今井博昭さん、12番 今井由輝さん、13番 岩田佐俊さん、14番 大西保定さん、15番 奥邦雄さん、16番 勝矢節義さん、17番 坂井悟さん、18番 中本徳子さん、19番


 桃井隆子さん、20番 恒岡弘二さん、21番 土井裕子さん、22番 中岡久徳さん、23番 英成樹さん、24番 馬場登代光さん、25番 宮?由隆さん、26番 森岡昭二さん、27番 森永勝二さん、28番 安本美栄子さん、29番 山岡耕道さん、30番 小丸勍司さん、31番 森野廣榮さん、32番 前川款昭さん、33番 本村幸四郎さん、34番 葛原香積さん。


○副議長(坂井 悟君)


 投票漏れはありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(坂井 悟君)


 投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 議場の閉鎖を解きます。


              (議 場 開 鎖)


○副議長(坂井 悟君)


 開票を行います。


 会議規則第32条の規定により、立会人に33番 本村幸四郎君、34番 葛原香積君の両君を指名いたします。よって、両君の立ち会いをお願いいたします。


               (開   票)


○副議長(坂井 悟君)


 選挙の結果を報告いたします。


 投票総数34票、これは先ほどの出席議員数に符合しております。そのうち有効投票32票、無効投票2票。


 有効投票中、岩田佐俊さん14票、宮?由隆さん9票、森岡昭二さん9票。


 以上のとおりであります。この選挙の法定得票数は8票であります。よって、岩田佐俊君が議長に当選されました。


 ただいま議長に当選されました岩田佐俊君が議場におられます。本席から当選の告知をいたします。


 この際、岩田佐俊君の発言を許可します。


            (13番 岩田佐俊君登壇)


○13番(岩田佐俊君)


 ただいまの選挙におきまして当選人となりました。ご支持、ご支援いただきましたことを心より感謝申し上げます。


 所信表明で述べたこと、そして皆さん方からご質問をいただきましたことに対しまして、誠心誠意精いっぱい皆さん方にご指導、ご鞭撻いただきながら頑張っていきたいと思います。どうかよろしくお願い申し上げます。(拍手)


○副議長(坂井 悟君)


 議長と交代します。


 暫時休憩いたします。


            (午後 2時40分 休憩)


             ─────────────


            (午後 2時40分 再開)


○議長(岩田佐俊君)


 休憩前に引き続き会議を再開します。


 ただいま副議長の坂井悟君から、副議長の辞職願が提出されました。


 お諮りします。この際、副議長の辞職についてを日程に追加し、議題とすることにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、この際、副議長の辞職についてを日程に追加し、議題とします。


 暫時休憩します。


            (午後 2時41分 休憩)


             ─────────────


            (午後 2時41分 再開)


○議長(岩田佐俊君)


 休憩前に引き続き会議を再開します。


 辞職願を朗読させます。


○議会事務局副参事(花岡穣一君)


 辞職願。私、このたび市議会申し合わせ事項の任期満了により、伊賀市議会副議長の職を辞したいので、ご許可くださるようお願いいたします。平成19年5月30日。坂井悟。伊賀市議会議長様。以上でございます。


○議長(岩田佐俊君)


 坂井悟君の副議長の辞職を許可することにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、坂井悟君の副議長の辞職を許可することに決しました。


 暫時休憩します。


            (午後 2時42分 休憩)


             ─────────────


            (午後 2時43分 再開)


○副議長(坂井 悟君)


 休憩前に引き続き会議を再開します。


 この際、坂井悟君から発言を求められておりますので、これを許可します。


 坂井悟君。


            (17番 坂井 悟君登壇)


○17番(坂井 悟君)


 皆さん、どうもありがとう。1年2カ月という中で副議長をさせていただいて、本当に私自身、先ほどの皆さん方の所信表明を聞いてて、これでいいのかなって思います。それと同時に、やっぱり34人一つになって市民のためにどうしていくかということをまず考えていかなあかんやろなと。本当にいろんな問題で心残りも多数ございます。これから1人の議員、また34人の皆さん方とともにやっぱり二元代表制をしていかなければならないのと、それと私はつくづく思うのは、政治倫理条例は本当に6月中に改正ができたらしていかなければならないと。今の私たちの議会に対して本当に34人が365日とは言いませんけど、250日ぐらい市民に目を向けたったことがあるんかなあと、私は今でもそう思うてます。また、後、皆さん方とともに2年弱の任期がありますけども、その2年間をやっぱり今までの2年間を取り戻して、皆さんとともに市民が安心、安全、また本当に幸せな生活を送れるような伊賀市の行政、また市議会として頑張っていかなければならないと思います。本当に皆さんが一人一人心の中でこれでええのかなあって、34人とも思ってると思います。だから一生懸命頑張りたいなと。あと1年何カ月の任期の間、皆さんとともに頑張っていきたいし、また本当に任期中支えていただいた皆様方にお礼を申し上げて、退任のあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。(拍手)


○議長(岩田佐俊君)


 ただいま副議長が欠員になりました。


 お諮りします。この際、副議長の選挙についてを日程に追加し、選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 立候補者1名の場合でございますので、よって、副議長の選挙についてを日程に追加し、選挙を行います。


 お諮りします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法は、指名推選によることに決しました。


 お諮りします。小職において指名したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、小職において指名することに決しました。


 副議長に馬場登代光君を指名します。


 お諮りします。ただいま指名しました馬場登代光君を副議長の当選人と定めることにご異議ありませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名しました馬場登代光君が副議長に当選しました。


 ただいま当選されました馬場登代光君が議場におられますので、会議規則第33条第2項の規定によりまして、当選の告知をします。


 この際、馬場登代光君の発言を許可します。


            (24番 馬場登代光登壇)


○24番(馬場登代光君)


 ただいま議長より副議長の当選の指名をいただきました。


 先ほど申し上げましたように、議長を支え、正常な議会運営ができるように頑張りたいと思いますので、皆様方の絶大なるご支援、ご協力をお願い申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)


○議長(岩田佐俊君)


 暫時休憩します。


            (午後 2時50分 休憩)


             ─────────────


            (午後 2時51分 再開)


○議長(岩田佐俊君)


 お諮りします。この際、議会運営委員の選任についてを日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、議会運営委員の選任についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。


 なお、この際、ご報告いたします。


 休憩中に宮?由隆さんから議会運営委員の辞任届が提出され、委員会条例第14条の規定により、前議長においてこれを許可しております。ついては、後任の議会運営委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長により指名したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、後任の議会運営委員の選任については、議長において指名することに決しました。


 坂井悟さんをご指名申し上げます。


 暫時休憩します。


            (午後 2時52分 休憩)


             ─────────────


            (午後 3時55分 再開)


○議長(岩田佐俊君)


 本会議を再開します。


 お諮りします。会議時間を1時間延長することにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 異議なしとします。


 暫時休憩します。


            (午後 3時55分 休憩)


             ─────────────


            (午後 4時02分 再開)


○議長(岩田佐俊君)


 休憩前に引き続いて会議を再開します。


 この際、お諮りします。当局から議案第74号が提出されました。ついては、これを日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、議案第74号を日程に追加し、議題とすることに決しました。


 暫時休憩します。


            (午後 4時03分 休憩)


             ─────────────


            (午後 4時03分 再開)


○議長(岩田佐俊君)


 休憩前に引き続き、会議を再開します。


 議案第74号を上程します。


 当局の説明を求めます。


 市長。


             (市長 今岡睦之君登壇)


○市長(今岡睦之君)


 ただいま上程いただきました議案第74号、監査委員の選任についてであります。


 議員のうちから選任される監査委員に今井博昭氏を選任いたしたいと存じます。地方自治法第196条第1項の規定に基づきまして、議会のご同意を賜りますようお願い申し上げます。


○議長(岩田佐俊君)


 説明に対し、ご質疑ありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご質疑なしと認めます。


 お諮りします。本案は、委員会付託を省略し、討論に入りたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、討論に入ります。


 ご意見ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご意見なしと認めます。よって、採決に入ります。


 議案第74号に対し、同意することに賛成の方の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(岩田佐俊君)


 全会一致でございます。よって、議案第74号は同意しました。


 暫時休憩します。


            (午後 4時05分 休憩)


             ─────────────


            (午後 4時05分 再開)


○議長(岩田佐俊君)


 休憩前に引き続き会議を再開します。


 先ほど休憩中に各常任委員会が開かれ、正副委員長が互選され、決定しておりますので、この際、ご報告いたします。


 総務常任委員長に森本さとし君、同副委員長に森永勝二君、教育民生常任委員長に前田孝也君、同副委員長に渡久山カナエ君、産業経済常任委員長に木津直樹君、同副委員長に空森栄幸君、建設水道常任委員長に前川款昭君、同副委員長に森正敏君、以上のとおりであります。


 同じく休憩中に議会運営委員会が開かれ、委員長に松村頼清君、副委員長に勝矢節義君が互選され、決定しておりますので、ご報告いたします。


 次に、少子高齢化対策特別委員長報告についてを日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、少子高齢化対策特別委員長報告についてを日程に追加し、議題とします。


 少子高齢化対策特別委員長の報告を求めます。


 森野議員。


            (31番 森野廣榮君登壇)


○31番(森野廣榮君)


 ただいま議題となりました、本日開催いたしました少子高齢化対策特別委員会における協議の結果についてご報告を申し上げます。


 本特別委員会での調査事項につきましては、今後、常任委員会での所管事務調査などへ移行させ、発展的解消という事由をもって本特別委員会を廃止することについて協議を行ったところでございます。


 協議の過程におきまして委員からは、少子化対策については一定の提言もしたところでありますが、高齢化対策については施設訪問等を行った中で、その後の経過についての問い合わせもあり、今後何らかの形で意見集約も必要ではないかと思われるので、特別委員会を続行してもらいたいとのご意見や、また別の委員からは、廃止ということなので、6月議会で新たに立ち上げてはどうかなどの意見が出され、一定の賛同を得たところであります。協議の結果、本特別委員会は廃止することに決しました。


 以上、よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げます。


○議長(岩田佐俊君)


 報告に対し、ご質疑、ご意見ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご質疑、ご意見なしと認めます。よって、少子高齢化対策特別委員会は、委員長の報告どおり、廃止することにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、少子高齢化対策特別委員会は廃止することに決しました。


 次に、交通対策特別委員長報告についてを日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、交通対策特別委員長報告についてを日程に追加し、議題とします。


 交通対策特別委員長の報告を求めます。


 森永君。


            (27番 森永勝二君登壇)


○27番(森永勝二君)


 交通対策特別委員会委員長報告を行います。


 ただいま議題となりました、本日開催いたしました交通対策特別委員会における協議の結果についてご報告を申し上げます。


 本特別委員会での調査事項につきましては、今後、常任委員会での所管事務調査などへ移行させ、発展的解消という事由をもって本特別委員会を廃止することについて協議を行ったところであります。


 協議の過程におきましては委員からの特にご意見もなく、協議の結果、本特別委員会は廃止することに決しました。


 以上、よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げます。


○議長(岩田佐俊君)


 報告に対し、ご質疑、ご意見ありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご質疑、ご意見なしと認めます。よって、交通対策特別委員会は、委員長の報告どおり、廃止することにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、交通対策特別委員会は廃止することに決しました。


 次に、農林業活性化特別委員長報告についてを日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、農林業活性化特別委員長報告についてを日程に追加し、議題とします。


 農林業活性化特別委員長の報告を求めます。


 中本さん。


            (18番 中本徳子君登壇)


○18番(中本徳子君)


 ただいま議題となりました、本日開催いたしました農林業活性化特別委員会における協議の結果についてご報告を申し上げます。


 本特別委員会での調査事項につきましては、今後、常任委員会での所管事務調査などへ移行させ、発展的解消という事由をもって本特別委員会を廃止することについて協議を行ったところであります。


 協議の過程におきまして委員からは特にご意見もなく、協議の結果、本特別委員会は廃止することに決しました。


 以上、よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(岩田佐俊君)


 報告に対し、ご質疑、ご意見ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご質疑、ご意見なしと認めます。よって、農林業活性化特別委員会は、委員長の報告どおり、廃止することにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、農林業活性化特別委員会は廃止することに決しました。


 次に、中心市街地活性化対策特別委員長報告についてを日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、中心市街地活性化対策特別委員長報告についてを日程に追加し、議題とします。


 中心市街地活性化対策特別委員長の報告を求めます。


 英君。


            (23番 英 成樹君登壇)


○23番(英 成樹君)


 ただいま議題となりました、本日開催いたしました中心市街地活性化対策特別委員会における協議の結果についてご報告申し上げます。


 本特別委員会での調査事項につきましては、今後、常任委員会での所管事務調査などへ移行させ、発展的解消という事由をもって本特別委員会を廃止することにつきまして協議を行ったところであります。


 協議の過程におきまして委員からは特にご意見もなく、協議の結果、本特別委員会は廃止することに決しました。


 以上、よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げます。


○議長(岩田佐俊君)


 報告に対し、ご質疑、ご意見ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご質疑、ご意見なしと認めます。よって、中心市街地活性化対策特別委員会は、委員長の報告どおり、廃止することにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、中心市街地活性化対策特別委員会は廃止することに決しました。


 次に、川上ダム・下水道対策特別委員長報告についてを日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、川上ダム・下水道対策特別委員長報告についてを日程に追加し、議題とします。


 川上ダム・下水道対策特別委員長の報告を求めます。


 山岡君。


            (29番 山岡耕道君登壇)


○29番(山岡耕道君)


 川上ダム・下水道対策特別委員会委員長報告をいたします。


 ただいま議題となりました、本日開催いたしました川上ダム・下水道対策策特別委員会における協議の結果についてご報告申し上げます。


 本特別委員会での調査事項につきましては、今後、常任委員会での所管事務調査などへ移行させ、発展的解消という理由をもって本特別委員会を廃止することに協議を行ったところであります。


 協議の過程におきまして委員からは特にご意見もなく、協議の結果、本特別委員会は廃止することに決しました。


 以上、よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げます。


○議長(岩田佐俊君)


 報告に対し、ご質疑、ご意見ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご質疑、ご意見なしと認めます。よって、川上ダム・下水道対策特別委員会は、委員長の報告どおり、廃止することにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、川上ダム・下水道対策特別委員会は廃止することに決しました。


 次に、人権同和・環境対策特別委員長報告についてを日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、人権同和・環境対策特別委員長報告についてを日程に追加し、議題とします。


 人権同和・環境対策特別委員長の報告を求めます。


 中岡君。


            (22番 中岡久徳君登壇)


○22番(中岡久徳君)


 ただいま議題となりました、本日開催いたしました人権同和・環境対策特別委員会における協議の結果についてご報告申し上げます。


 本特別委員会での調査事項につきましては、今後、常任委員会での所管事務調査などへ移行させ、発展的解消という事柄をもって特別委員会を廃止することについて協議を行ったところであります。


 協議の過程におきまして委員からは特にご意見もなく、協議の結果、本特別委員会は廃止することに決しました。


 以上、よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げます。


○議長(岩田佐俊君)


 報告に対し、ご質疑、ご意見ありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご質疑、ご意見なしと認めます。よって、人権同和・環境対策特別委員会は、委員長の報告どおり、廃止することにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、人権同和・環境対策特別委員会は廃止することに決しました。


 次に、伊賀市・名張市広域行政事務組合議会議員の選挙についてを日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、伊賀市・名張市広域行政事務組合議会議員の選挙についてを日程に追加し、議題とします。


 お諮りします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法は、指名推選によることに決しました。


 お諮りします。組合規約第5条第1項及び第2項の規定により、議長において欠員中の議員7名を指名したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。


 北出忠良君、木津直樹君、前田孝也君、松村頼清君、森本さとし君、岩田佐俊、前川款昭君、以上7名を指名します。


 ただいま議長において指名しました7名を当選人と定めることにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました7名が伊賀市・名張市広域行政事務組合議会議員に当選されました。


 本席から会議規則第33条第2項の規定により、当選の告知をいたします。


 次に、伊賀南部環境衛生組合議会議員の選挙についてを日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、伊賀南部環境衛生組合議会議員の選挙についてを日程に追加し、議題とします。


 お諮りします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法は、指名推選によることに決しました。


 お諮りします。組合規約第5条第1項及び第2項の規定により、議長において欠員中の議員2名を指名したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。


 坂井悟君、桃井隆子君、以上2名を指名します。


 ただいま議長において指名しました2名を当選人と定めることにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名しました2名が伊賀南部環境衛生組合議会議員に当選されました。


 本席から会議規則第33条第2項の規定により、当選の告知をします。


 次に、三重県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙についてを日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、三重県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙についてを日程に追加し、議題とします。


 お諮りします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法は、指名推選によることに決しました。


 お諮りします。広域連合規約第8条第1項及び第2項の規定により、議長において欠員中の議員1名を指名したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。


 私、岩田佐俊でございます。


 ただいま議長において指名しました岩田佐俊を当選人と定めることにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岩田佐俊君)


 ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました岩田佐俊が三重県後期高齢者医療広域連合議会議員に当選しました。


 本席から会議規則第33条第2項の規定により、当選の告知をします。


 以上で本臨時会に付議されました案件は全部議了しました。


 平成19年第5回伊賀市議会臨時会はこれをもって閉会します。長らくの慎重審議ありがとうございました。


            (午後 4時20分 閉会)


             ─────────────








地方自治法第123条第2項の規定により次に署名する。


             議  長   安 本 美栄子





             副議長    坂 井   悟





             新議長    岩 田 佐 俊





             議  員   田 山 宏 弥





             議  員   本 城 善 昭