議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 伊賀市

平成17年第2回臨時会(第1日 4月15日)




平成17年第2回臨時会(第1日 4月15日)





         平成17年第2回伊賀市議会(臨時会)会議録


          平成17年4月15日(金曜日)(第1日)


         ─────────────────────


 
  平成17年4月15日(金)午前10時開議


  (臨時議長)


  日程第 1 仮議席の指定について


    第 2 議長の選挙


  (議  長)


  日程第 3 議席の指定について


    第 4 会期決定について


    第 5 会議録署名議員の指名について


    第 6 副議長の選挙


    第 7 発議第  1号 伊賀市議会委員会条例の一部改正について


                          上  程────採  決


    第 8 議会運営委員の選任について


    第 9 議会運営委員会の閉会中ま継続審査の申し出について


    第10 議案第134号 監査委員の選任について


                          上  程────採  決


    第11 常任委員の選任について


    第12 伊賀市・名張市広域行政事務組合議会議員の選挙


    第13 伊賀農業共済事務組合議会議員の選挙


    第14 伊賀南部環境衛生組合議会議員の選挙


    第15 伊賀南部環境衛生組合議会議員の選挙


    第16 議案第131号 伊賀市固定資産税の特例に関する条例の制定について


                          上  程────採  決


    第17 議案第132号 専決処分の承認について


                          上  程────採  決


    第18 議案第133号 伊賀市知的障害者授産施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について


                          上  程────採  決


         ─────────────────────


〇会議に付した事件


  諸報告


  日程第 1から日程第 2


          小丸勍司議長就任あいさつ


  日程第 3から日程第 6


          山岡耕道副議長就任あいさつ


  日程第 7から日程第 8


  追加日程第9 議会運営委員会の閉会中の継続審査の申し出について


  日程第9(10)から日程第17(18)


         ─────────────────────


〇出席議員(34名)


  議席番号    氏   名    議席番号    氏   名


    1番  田 山 宏 弥 君   18番  中 本 徳 子 君


    2番  本 城 善 昭 君   19番  桃 井 隆 子 君


    3番  北 出 忠 良 君   20番  恒 岡 弘 二 君


    4番  木 津 直 樹 君   21番  土 井 裕 子 君


    5番  空 森 栄 幸 君   22番  中 岡 久 徳 君


    6番  渡久山 カナエ 君   23番  英   成 樹 君


    7番  前 田 孝 也 君   24番  馬 場 登代光 君


    8番  松 村 頼 清 君   25番  宮 ? 由 隆 君


    9番  森   正 敏 君   26番  森 岡 昭 二 君


   10番  森 本 さとし 君   27番  森 永 勝 二 君


   11番  今 井 博 昭 君   28番  安 本 美栄子 君


   12番  今 井 由 輝 君   29番  山 岡 耕 道 君


   13番  岩 田 佐 俊 君   30番  小 丸 勍 司 君


   14番  大 西 保 定 君   31番  森 野 廣 榮 君


   15番  奥   邦 雄 君   32番  前 川 款 昭 君


   16番  勝 矢 節 義 君   33番  本 村 幸四郎 君


   17番  坂 井   悟 君   34番  葛 原 香 積 君


         ─────────────────────


〇欠席議員(な し)


         ─────────────────────


〇説明のため出席した者


  職   名         氏     名


  市長           今 岡 睦 之 君


  助役           権 蛇 英 明 君


  助役           内 保 博 仁 君


  収入役          角 田 康 一 君


  総務部長         中 居 喜 芳 君


  総務部次長        松 永 彰 生 君


  総務部参事        山 崎 猛 夫 君


 (兼総務課長)


  総務部参事        赤 澤 行 宏 君


 (兼財政課長)


  企画振興部長       西 田 麒代彦 君


  人権政策部長       澤 田 昌 彦 君


  生活環境部長       濱   一 吉 君


  健康福祉部長       前 川 慶 大 君


  産業振興部長       西 田 正 美 君


  建設部長         西 澤 民 郎 君


  教育長          味 岡 一 典 君


  教育部長         安 岡 千 明 君


  消防長          山 崎 和 憲 君


  監査委員         福 壽   勇 君


  監査事務局長       内 田 健 次 君


  水道事業管理者      秋 葉 茂 能 君


  市民病院事務長      大 藪 謙 一 君


  上野支所長        長谷川 正 俊 君


  伊賀支所長        藤 島 信 義 君


  島ヶ原支所長       森 永 喜久雄 君


  阿山支所長        中 川 重 憲 君


  大山田支所長       恵 村 孝 次 君


  青山支所長        城 山 廣 三 君


  出納室長         堂 山 敏 夫 君


         ─────────────────────


〇出席事務局職員


  職   名         氏     名


  局   長        山 村 伯 二 君


  次   長        久 保 善 信 君


  副 参 事        森 田 克 義 君


  副 参 事        森 本 一 生 君


  主   任        亀 井 英 樹 君


         ─────────────────────





             (午前10時00分 開会)


○事務局長(山村伯二君)


 皆さん、おはようございます。


 一般選挙後、最初の議会でありまして、議長が選出されるまでの間、地方自治法第107条の規定によりまして、年長議員が臨時に議長の職務を行うこととなっております。


 つきましては出席議員中、今井博昭さんが年長議員でありますので、ご紹介申し上げます。


○臨時議長(今井博昭君)


 おはようございます。


 ただいまご紹介をいただきました今井博昭でございます。


 地方自治法第107条の規定により、臨時に議長の職務を行います。


 何とぞよろしくお願い申し上げます。


 臨時会を開催するに先立ち、お諮りいたします。


 報道関係者から取材・撮影などの申し出がありますが、これを許可することにご異議ありませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○臨時議長(今井博昭君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、報道関係者の取材・撮影等を許可することといたします。


 ただいまから、平成17年第2回伊賀市議会臨時会を開会します。


 本日、ただいままでの出席議員数は34名、会議は成立いたしました。


 お諮りします。


 臨時議長において作成しました議事日程は、お手元に配付のとおりであります。


 そのように取り扱うことにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○臨時議長(今井博昭君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、そのように取り扱うことに決しました。


 この際、市長から発言を求められておりますので、これを許可いたします。


 市長。


             (市長 今岡睦之君登壇)


○市長(今岡睦之君)


 おはようございます。


 平成17年第2回伊賀市議会臨時会の開会にあたりまして、一言ご挨拶申し上げたいと存じます。


 議員の皆様方におかれましては、去る3月27日に執行されました、伊賀市として初の市議会議員選挙におきまして、市民の付託を担われ、めでたくご当選の栄を得られました。本日、ここに皆様をお迎えいたしまして、議会を開催していただくことになりましたことは、誠に喜ばしく、心より皆様方にご当選のお祝いを申し上げますとともに、今後、伊賀市市政運営に格別のご指導、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。


 本日の臨時会は議長、副議長の選出、監査委員、あるいは各委員会の委員の選任、そしてまた、一部事務組合の議会議員選挙も行っていただく予定となっておりますほか、お願いさせていただいております伊賀市固定資産税の特例に関する条例の制定などの議案につきましても、よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。


 さて、この4月1日からは、個人情報保護法の全面施行、ペイオフの全面解禁などが実施されておりますほか、国会では郵政民営化法案を巡って活発な論議が行われております。


 また、市町村合併につきましては、この3月31日に合併特例法の申請期限を迎えましたが、総務省のまとめによりますと、全国の市町村数は大合併が始まる直前の平成11年3月末で3,232市町村ありましたものが、この3月31日現在で2,521市町村となってございまして、最終的には平成18年3月末までに1,822市町村に再編される予定であるというふうに発表されております。


 私どもの伊賀市も、こうした状況の中、各地域の状況、文化などを尊重しながら旧市町村間の融和を図り、汗を流し英知を結集いたしまして、行政運営にあたり10年、20年後に、今を振り返ったときに合併してよかったと、後世の方々に誇れる伊賀市にしていかなくてはならないと決意をいたしております。


 新しい伊賀市の発展に向け、本日、議会議員の皆様をお迎えできましたことは、誠に心強く、今後の議会活動を通しまして格別のご支援、ご協力を賜りますよう、重ねてお願いを申し上げさせていただきまして、ご挨拶といたします。


 どうぞよろしくお願いいたします。


○臨時議長(今井博昭君)


 これより議事に入ります。


 日程第1 仮議席の指定についてを議題といたします。


 議事の進行上、臨時議長において仮議席を指定いたします。


 ただいま皆さんがご着席の議席を仮議席といたします。


 暫時休憩いたします。


             (午前10時07分 休憩)


             ─────────────


             (午前10時55分 再開)


○臨時議長(今井博昭君)


 休憩前に引き続いて会議を再開いたします。


 日程第2 議長の選挙についてを議題といたします。


 これより議長の選挙を行います。


 議場の閉鎖を命じます。


               (議 場 閉 鎖)


○臨時議長(今井博昭君)


 議場を閉鎖いたしました。


 ただいまの出席議員数は34名であります。


 投票用紙を配付させます。


               (投票用紙配付)


○臨時議長(今井博昭君)


 投票用紙の配付漏れはありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○臨時議長(今井博昭君)


 配付漏れなしと認めます。


 次に、投票箱を改めさせます。


                (投票箱点検)


○臨時議長(今井博昭君)


 異常なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票をお願いします。


 点呼を命じます。


            (事務局長 山村伯二君登壇)


○事務局長(山村伯二君)


 1番 田山宏弥さん、2番 本城善昭さん、3番 北出忠良さん、4番 木津直樹さん、5番 空森栄幸さん、6番 渡久山カナエさん、7番 前田孝也さん、8番 松村頼清さん、9番 森正敏さん、10番 森本さとしさん、11番 今井博昭さん、12番 今井由輝さん、13番 岩田佐俊さん、14番 大西保定さん、15番 奥邦雄さん、16番 勝矢節義さん、17番 坂井悟さん、18番 中本徳子さん、19番 桃井隆子さん、20番 恒岡弘二さん、21番 土井裕子さん、22番 中岡久徳さん、23番 英成樹さん、24番 馬場登代光さん、25番 宮?由隆さん、26番 森岡昭二さん、27番 森永勝二さん、28番 安本美栄子さん、29番 山岡耕道さん、30番 小丸勍司さん、31番 森野廣榮さん、32番 前川款昭さん、33番 本村幸四郎さん、34番 葛原香積さん。


○臨時議長(今井博昭君)


 投票漏れはありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○臨時議長(今井博昭君)


 投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたしました。


 議場の閉鎖を解きます。


               (議 場 開 鎖)


○臨時議長(今井博昭君)


 開票を行います。


 会議規則第32条の規定により、立会人に33番 本村幸四郎君、34番 葛原香積君の両名を指名します。


 よって、両君の立ち会いをお願いします。


                (開   票)


○臨時議長(今井博昭君)


 選挙の結果を報告いたします。


 投票総数 34票、これは先ほどの出席議員数に符合しております。


 そのうち、有効投票   33票


      無効投票    1票


 有効投票中 小丸勍司君 22票


       中岡久徳君 11票


 以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は9票であります。


 よって、小丸勍司君が議長に当選されました。


 ただいま議長に当選されました小丸勍司君が議場におられますので、本席から当選の告知をいたします。


 この際、小丸勍司君の発言を許可します。


 小丸勍司君。


          (小丸勍司君 議長就任あいさつ)


○30番(小丸勍司君)


 失礼いたします。


 私、議長に当選をさせていただきました。身に余る光栄でございますが、その責任の重さ、これをひしひとただいま感じさせていただいております。


 若輩者でありますけれども、市民のため、そして、議員各位のご指導をいただきながら新しい伊賀市の建設に、ともにお力添えを賜りながら進んでいかさせいただきたいと存じます。


 どうぞこれからもよろしくお願い申し上げます。


 ありがとうございました。


                (拍   手)


○臨時議長(今井博昭君)


 以上で、臨時議長の職務は終わりました。


 議長と交代いたしますので、暫時休憩いたします。


             (午前11時15分 休憩)


             ─────────────


             (午前11時17分 再開)


○議長(小丸勍司君)


 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 議長において作成しました議事日程は、お手元に配付のとおりであります。


 そのように取り扱うことにご異議ありませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、お手元に配付しました議事日程により議事を進行いたします。


 次に、日程第3 議席の指定についてを議題とします。


 議席は、議長において、お手元に配付した議席表のとおり指定をいたします。


 次に、日程第4 会期決定についてを議題とします。


 お諮りいたします。


 本臨時会の会期は、本日1日と定めたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


           (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本臨時会の会期は、本日1日と決しました。


 次に、日程第5 会議録署名議員の指名についてを議題とします。


 会議録署名議員は、議長において1番、田山宏弥君、2番、本城善昭君の両名を指名します。


 次に、日程第6 副議長の選挙についてを議題とします。


 これより、副議長の選挙を行います。


 議場の閉鎖を命じます。


              (議 場 閉 鎖)


○議長(小丸勍司君)


 議場を閉鎖いたしました。


 ただいまの出席議員数は34名であります。


 投票用紙を配付させます。


               (投票用紙配付)


○議長(小丸勍司君)


 投票用紙の配付漏れはありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 配付漏れなしと認めます。


 次に、投票箱を改めさせます。


               (投票箱点検)


○議長(小丸勍司君)


 異常なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票をお願いいたします。


            (事務局長 山村伯二君登壇)


○事務局長(山村伯二君)


 1番 田山宏弥さん、2番 本城善昭さん、3番 北出忠良さん、4番 木津直樹さん、5番 空森栄幸さん、6番 渡久山カナエさん、7番 前田孝也さん、8番 松村頼清さん、9番 森正敏さん、10番 森本さとしさん、11番 今井博昭さん、12番 今井由輝さん、13番 岩田佐俊さん、14番 大西保定さん、15番 奥邦雄さん、16番 勝矢節義さん、17番 坂井悟さん、18番 中本徳子さん、19番 桃井隆子さん、20番 恒岡弘二さん、21番 土井裕子さん、22番 中岡久徳さん、23番 英成樹さん、24番 馬場登代光さん、25番 宮?由隆さん、26番 森岡昭二さん、27番 森永勝二さん、28番 安本美栄子さん、29番 山岡耕道さん、30番 小丸勍司さん、31番 森野廣榮さん、32番 前川款昭さん、33番 本村幸四郎さん、34番 葛原香積さん。


○議長(小丸勍司君)


 投票漏れはありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 投票漏れなしと認めます。投票を終了いたします。


 議場の閉鎖を解きます。


              (議 場 開 鎖)


○議長(小丸勍司君)


 開票を行います。


 会議規則第32条の規定により、立会人に33番 本村幸四郎君、34番 葛原香積君の両君を指名いたします。


 よって、両君の立ち会いをお願いいたします。


               (開   票)


○議長(小丸勍司君)


 選挙の結果をご報告申し上げます。


 投票総数 34票、これは先ほどの出席議員数に符合しております。


 そのうち、有効投票   34票


      無効投票    ゼロ


 有効投票中 山岡耕道君 22票


       岩田佐俊君 12票


 以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は9票であります。


 よって、山岡耕道君が副議長に当選されました。


 ただいま副議長に当選されました山岡耕道君が議場におられますので、本席から 当選の告知をいたします。


 山岡耕道君の発言を許可いたします。


           (山岡耕道君 副議長就任あいさつ)


○29番(山岡耕道君)


 一言お礼を申し上げます。


 皆さん方の温かいご支援をいただきまして、副議長に当選をさせていただきました。本当にありがとうございました。


 これからは微力ではございますが、議長の女房役として、また、伊賀市議会のますますの発展、また、伊賀市の発展のために一生懸命努力をいたす所存でございます。


 どうか皆さん方にはさらなる温かいご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げまして、就任のお礼にさせていただきます。


 どうもありがとうございました。


               (拍   手)


○議長(小丸勍司君)


 暫時休憩いたします。


             (午前11時35分 休憩)


             ─────────────


             (午後11時37分 再開)


○議長(小丸勍司君)


 休憩前に引き続きまして会議を再開いたします。


 次に、日程第7 発議第1号を上程いたします。


 発議案の朗読をさせます。


             (書記 発議案朗読)


○議長(小丸勍司君)


 発議者代表の説明を求めます。


 勝矢節義君。


             (16番 勝矢節義君登壇)


○16番(勝矢節義君)


 発議第1号につきまして、ご説明申し上げます。


 本案は本年3月に伊賀市議会議員選挙が行われ、4月1日から議員数が34名となったことから、伊賀市議会議委員会条例の一部を改正しようとするものであります。


 内容につきましては、第1点目は、第2条で定めてあります委員会の委員の定数を改正するもので、総務常任委員会及び教育民生常任委員会の20人を、それぞれ9人に、また、産業経済常任委員会及び建設水道常任委員会の19人を、それぞれ8人にしようとするものであります。


 第2点目は、第4条第2項で定めてあります議会運営委員会の委員の定数を7人から9人以内に、また、第7条第2項で定めてあります資格審査特別委員及び懲罰特別委員の定数を6人から8人に改正しようとするものであります。


 なお、この条例は公布の日から施行することといたしております。


 よろしくご審議の上、ご賛同賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


○議長(小丸勍司君)


 説明に対し、ご質疑ありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご質疑なしと認めます。


 お諮りします。


 本案は委員会付託を省略し、討論に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案は委員会付託を省略し、討論に入りたいと思います。


 ご意見ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご意見なしと認めます。


 よって、採決に入ります。


 発議第1号に対し、可決することに賛成の方の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(小丸勍司君)


 全会一致であります。


 よって、発議第1号は可決しました。


 暫時休憩いたします。


             (午前11時40分 休憩)


             ─────────────


             (午前11時45分 再開)


○議長(小丸勍司君)


 休憩前に引き続いて会議を再開いたします。


 次に、日程第8 議会運営委員の選任についてを議題といたします。


 委員会条例第8条第1項の規定により委員の選任を行います。


 委員の氏名を朗読させます。


             (事務局長 朗読)


○議長(小丸勍司君)


 山岡耕道君につきましては、内定をいたしておりますが、副議長に就任のため議会運営委員を下りることといたしますので、ご了承願いたいと存じます。


 お諮りいたします。


 ただいま朗読しましたとおり、委員に指名したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしましたとおり、議会運営委員に選任することに決しました。


 午餐のために午後1時まで休憩いたします。


             (午前11時46分 休憩)


             ─────────────


             (午後 2時51分 再開)


○議長(小丸勍司君)


 休憩前に引き続いて会議を再開いたします。


 先ほど来、休憩中に議会運営委員会が開かれまして、委員長に葛原香積君、副委員長に勝矢節義君が互選をされまして、決定をしておりますので、ご報告申し上げます。


 なお、議会運営委員長からお手元に配付いたしましたとおり、委員会の調査事項につきまして会議規則第106条によりまして、閉会中も継続審査することの申し出がございました。


 お諮りいたします。


 議会運営委員会の閉会中の継続審査の申し出につきまして、日程に追加をし、議題といたしたいと思いますけれども、ご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議会運営委員会の閉会中の継続審査の申し出につきまして、議題とすることに決しました。


 議会運営委員会は、本申出書のとおり、閉会中も継続審査をすることにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議会運営委員会は、閉会中も継続審査することに決しました。


 以下、日程を順次繰り下げまして、日程第9を日程第10とし、議案第134号を上程いたします。


             (森本 さとし君除斥)


 議案の朗読をさせます。


              (書記 議案朗読)


○議長(小丸勍司君)


 当局の説明を求めます。


 市長。


             (市長 今岡睦之君登壇)


○市長(今岡睦之君)


 ただいま上程いただきました、議案第134号の監査委員の選任についてでございますが、議会選出の監査委員に森本さとし氏を選任いたしたく、地方自治法第196条第1項の規定に基づきまして、議会のご同意賜りますようお願い申し上げます。


○議長(小丸勍司君)


 説明に対し、ご質疑ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご質疑なしと認めます。


 お諮りします。


 本案は委員会付託を省略し、討論に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、討論に入ります。


 ご意見ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご意見なしと認めます。


 よって採決に入ります。


 議案第134号に対し、同意することに賛成の方の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(小丸勍司君)


 全会一致であります。


 よって、議案第134号は同意いたしました。


              (森本 さとし君入場)


○議長(小丸勍司君)


 次に、日程第11 常任委員の選任についてを議題といたします。


 委員会規則第8条第1項の規定により、委員の選任を行います。


 各常任委員は、お手元に配付の名簿のとおり、議長から指名したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご異議なしと認めます、


 よって、お手元に配付のとおり、それぞれ常任委員に選任することに決しました。


 なお、ただいま選任されました各常任委員会の正副委員長が互選され、決定しておりますので、この際、ご報告を申し上げます。


 総務常任委員長に恒岡弘二君、同副委員長に森岡昭二君。


 教育民生常任委員長に前川款昭君、同副委員長に前田孝也君。


 産業経済常任委員長に奥邦雄君、同副委員長に桃井隆子君。


 建設水道常任委員長に宮?由隆君、同副委員長に松村頼清君。


 以上のとおりであります。


 次に、日程第12 伊賀市・名張市広域行政事務組合議会議員の選挙についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推薦によりたいと思いますけれど、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は、指名推薦によることに決しました。


 お諮りいたします。


 組合規則第5条第1項及び第2項の規定により、議長において議員7名を指名したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議長におきまして議員7名を指名することに決しました。


 お諮りします。


 議長におきまして、お手元に配付の一覧表のとおり指名したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、お手元に配付のとおり指名をいたします。


 伊賀市・名張市広域行政事務組合議会議員に、奥邦雄君、恒岡弘二君、宮?由隆君、小丸勍司、葛原香積君、前川款昭君、山岡耕道君、以上7名が当選されました。


 本席から会議規則第33条第2項の規定により、当選の告知をいたします。


 次に、日程第13 伊賀農業共済事務組合議会議員の選挙についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推薦によりたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は、指名推薦にしたいと思います。


 お諮りします。


 組合規則第5条第2項並びに第6条の規定によりまして、議長において議員9名を指名したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議長において議員9名を指名することに決しました。


 お諮りします。


 議長においてお手元に配付の一覧表のとおり指名したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、お手元に配付のとおり指名をいたします。


 伊賀農業共済事務組合議会議員に今井博昭君、勝矢節義君、木津直樹君、田山宏弥君、桃井隆子君、岩田佐俊君、北出忠良君、空森栄幸君、本城善昭君、以上9名が当選されました。


 本席から会議規則第33条第2項の規定により当選の告知をいたします。


 次に、日程第14 伊賀南部環境衛生組合議会議員の選挙につきましてを議題といたします。


 お諮りします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推薦によりたいと思いますが、ご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は指名推薦によることに決しました。


 お諮りします。


 組合規則第5条第2項の規定により、議長において議員4名を指名したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議長において議員4名を指名することに決しました。


 お諮りします。


 議長において、お手元に配付の一覧表のとおり指名したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、お手元に配付のとおり指名をいたします。


 伊賀南部環境衛生組合議会議員に中岡久徳君、前田孝也君、中本徳子君、森野廣榮君、以上4名が当選されました。


 本席から会議規則第33条第2項の規定により当選の告知をします。


 次に、日程第15 伊賀南部消防組合組合議会議員の選挙についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推薦によりたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は、指名推薦によることに決しました。


 お諮りします。


 組合規約第5条第1項及び第2項の規定により、議長において議員4名を指名したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議長において議員4名を指名することに決しました。


 お諮りします。


 議長において、お手元に配付の一覧表のとおり指名したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、お手元に配付のとおり指名をいたします。


 伊賀南部消防組合議会議員に今井由輝君、森正敏君、松村頼清君、森岡昭二君、以上4名が当選されました。


 本席から会議規則第33条第2項の規定により当選の告知をします。


 次に、日程第16 議案第131号を上程します。


 議案の朗読をさせます。


             (書記 議案朗読)


○議長(小丸勍司君)


 当局の説明を求めます。


 市長。


             (市長 今岡睦之君登壇)


○市長(今岡睦之君)


 ただいま上程いただきました議案第131号でございますが、伊賀市固定資産税の特例に関する条例を制定いたしたいと存じます。


 低開発地域工業開発促進法による固定資産税の課税免除につきましては、税の特例措置が適用される地区から外れたことに伴いまして、平成14年度に旧上野市、旧伊賀町、旧青山町、それぞれの議会におきまして低開発地域工業開発促進法に基づく固定資産税の特例に関する条例を廃止する条例を議決をいただいているところでございますが、この免除期間が3カ年に及ぶことから、その廃止条例の附則によりまして15・16年度の税の課税免除を行ってきたところであります。


 しかし、昨年11月の市町村合併によりまして、旧市町村で定めていた条例が新市に適用されない状態となりましたので、課税免除の最終年度にあたります平成17年度の税の課税免除及び普通交付税による減収補填の手続のため条例を制定するものでございます。


 なお、この条例は公布の日から施行することといたしております。


 よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。


○議長(小丸勍司君)


 説明に対し、ご質疑ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご質疑なしと認めます。


 お諮りします。


 本案は委員会付託を省略し、討論に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご異議なしと認めます。


  よって、討論に入ります。


 ご意見ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご意見なしと認めます。


 よって、採決に入ります。


 本案に対し、可決することに賛成の方の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(小丸勍司君)


 全会一致であります。


 よって、議案第131号は可決いたしました。


 次に、日程第17 議案第132号を上程します。


 議案の朗読をさせます。


             (書記 議案朗読)


○議長(小丸勍司君)


 当局の説明を求めます。


 市長。


○市長(今岡睦之君)


  ただいの上程いただきました議案第132号、専決処分の承認についてでございますが、地方税法の一部を改正する法律が3月25日に公布され、一部を除きまして4月1日から施行されました。


 つきましては、この法改正に伴いまして、伊賀市市税条例の一部を改正する条例につきまして、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、専決処分をいたしましたので、ご報告申し上げますとともに、ご承認賜りますようお願い申し上げます。


 改正の主な内容でございますが、地域社会の費用を住民が、その能力に応じ広く負担を分任するという応益原則及び税負担の公平という観点から、個人市民税では年齢65歳以上の者に適用しております非課税措置の段階的な廃止、短期就労者の給与支払報告書の提出の義務づけ、また、固定資産税は、被災により長期避難指示がなされた場合の被災住宅用地に対する特例措置の適用等でございます。


 この条例は、平成17年3月31日公布、一部を除きまして4月1日から施行いたしております。


 よろしくご承認賜りますようお願い申し上げます。


○議長(小丸勍司君)


 説明に対し、ご質疑ございませんか。


 森永勝二君。


○27番(森永勝二君)


 質問をしておきたいと思います。


 一つは今回の地方税制の改正ですけども、主なものはですね、一つは定率減税の半減というのと、65歳以上の者の所得125万円以下の非課税措置の廃止というのが主なものだと思うんですね。


 質問なんですけども、一つは住民税の定率減税の半減の影響ですね、金額的にどのぐらい、この伊賀市の場合あるのか、それは1点。


 もう一つは65歳以上の者の所得125万円以下の非課税措置の廃止ですけども、これの影響を受けるのが全国で、大体100万人といわれてるんですね、対象がね。この伊賀市で何人ぐらいが影響を受けるのか、その2点、質問しておきたいと思います。


○議長(小丸勍司君)


 総務部長。


             (総務部長 中居喜芳君登壇)


○総務部長(中居喜芳君)


 失礼いたします。


 2点、ご質問をいただきました。まず、1点目でございますが、定率減税で伊賀市において、どれぐらい、我々からいいますと増収といいますか、影響があるのかというご質問をいただきました。


 今現在、平成16年度でございますが、平成16年度で約3億8,400万円減税という形になっておりまして、これが2分の1ということになりますので、その半分の1億9,200万円程度が影響がある額ということになってまいります。


 それから、もう1点、お尋ねをいただきました。65歳以上の方の所得額125万円以下の非課税限度額が段階的に廃止されるわけでございますが、これで伊賀市で、どれぐらいの方が影響あるのかというご質問でございますが、今現在、平成16年度の課税実績で調査をいたしますと4,161名の方、これはあくまでも今現在の状況ということでございまして、影響を受ける可能性があるということでございますので、精査してまいりますと28万円以下の非課税のクラスに落ちてくるという、例えば扶養のとり方とかいう形でですね、そういったものになってくるケースもございますので、あくまでも可能性のある方ということでお答えをいたしておきたいという具合に思います。


 以上でございます。


○議長(小丸勍司君)


 他にご質疑ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご質疑なしと認めます。


 お諮りします。


 本案は委員会付託を省略し、討論に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、討論に入ります。


 ご意見ございませんか。


 森永勝二君。


○27番(森永勝二君)


 質問をいたしました。


 2つの回答があったわけですけども、定率減税の廃止に伴って1億9,200万円ぐらいの影響があると。それから、もう一つは65歳、125万円の廃止ですね。これによって4,200名ぐいらの方が影響を受けるということであります。


 ただ、これはこれだけに限らないんですよね。例えば、国民健康保険税とか、介護保険税全部を影響してまいります。


 したがって、高齢者の方はですね、これによって負担増というのが非常に大きなものになります。4,000名というのは、人口10万とちょっとですから、ただ、税金を払ってない部分を除きますとね。やっぱりかなりの率になるんじゃないかなと、そのように思います。


 そういう意味からも今回の専決処分ですね、これについては反対をしておきたいと思います。


○議長(小丸勍司君)


 他にご意見ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご意見なしと認めます。


 よって、採決に入ります。


 本案に対し、承認することに賛成の方の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(小丸勍司君)


 起立多数であります。


 よって、議案第132号は承認いたしました。


 次に、日程第18 議案第133号を上程します。


 議案の朗読をさせます。


             (書記 議案朗読)


○議長(小丸勍司君)


 当局の説明を求めます。


 市長。


             (市長 今岡睦之君登壇)


○市長(今岡睦之君)


 ただいま上程いただきました議案第133号でございますが、授産施設きらめき工房青山分場の設置に伴いまして「伊賀市知的障害者授産施設の設置及び管理に関する条例」の一部を改正いたしたいと存じます。


 知的障害者授産施設「きらめき工房」は、知的障害者の方の社会参加活動や生活の支援を目的といたしまして、伊賀地区社会福祉施設組合が平成13年1月、伊賀市愛田に開設いたしたものでございます。


 その後、平成14年3月に合併前の5町村で策定をされておりました伊賀地区町村障害者保健福祉計画に基づきまして、伊賀地区社会福祉施設組合と旧青山町で平成16年10月から、伊賀市阿保に「きらめき工房青山分場」の建設を進めておりまして、これにつきましては、この4月に開設いたしましたことに伴い、設置条例の一部を改正を行うものでございます。


 内容でございますが、名称及び位置の追加、定員の変更等所要の改正を行うものでございます。


 なお、この条例は、公布の日から施行することといたしております。


 よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。


○議長(小丸勍司君)


 説明に対し、ご質疑がございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご質疑なしと認めます。


 お諮りします。


 本案は委員会付託を省略し、討論に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、討論に入ります。


 ご意見ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小丸勍司君)


 ご意見なしと認めます。


 よって、採決に入ります。


 本案に対し、可決することに賛成の方の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○議長(小丸勍司君)


 全会一致であります。


 よって、議案第133号は可決いたしました。


 この際、諸般の報告をいたします。


 地方自治法第180条第1項の規定により、専決処分事項概要並びに同法第235条の2に基づく例月出納検査結果報告の平成17年1月分及び2月分でありますけれども、いずれもお手元に配付のとおり報告がございましたので、ご了承を願いたいと存じます。


 以上で、本臨時会に付議されました案件は、全部終了いたしました。


 平成17年第2回伊賀市議会の臨時会は、これをもって閉会をいたします。


 長らくの慎重審議ありがとうございました。


             (午後 3時18分 閉会)


             ─────────────








地方自治法第123条第2項の規定により次に署名する。





             議  長   小 丸 勍 司





             臨時議長   今 井 博 昭





             議  員   田 山 宏 弥





             議  員   本 城 善 昭