議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 志摩市

平成19年第3回定例会(第1号 9月13日)




平成19年第3回定例会(第1号 9月13日)





 
         平成19年(2007年)第3回志摩市議会(定例会)会議録


                   第 1 号


              平成19年9月13日(木曜日)





                会議に出欠席の議員氏名


出席議員26名


    1番  小 田 幸 道         2番  ? 口 三代和


    3番  森 本 雅 太         4番  出 間 敏 和


    5番  西 ? 甚 吾         6番  廣 岡 安 吉


    7番  中 村 八 郎         8番  杉 本 三八一


   10番  野 名 澄 代        11番  山 下   弘


   12番  松 尾 忠 一        13番  森 本 紘 正


   14番  小 河 光 昭        15番  坂 口   洋


   16番  上 村 繁 子        17番  西 尾 種 生


   18番  三 橋 文 夫        19番  大 口 秀 和


   20番  森     昶        21番  ? 岡 英 史


   22番  山 際   優        23番  畑   美津子


   24番  谷 口   覚        25番  中 川 弘 幸


   26番  杉 木 弘 明





欠席議員1名


    9番  小 森   仁





             職務のため出席した事務局職員の職氏名


 議会事務局長    磯 和 範 好     議事課長    舟 戸   裕


 議事係長      平 井   正     議事係     水 谷   聖





               会議に出席した説明員の職氏名


 市長        竹 内 千 尋     副市長     小山? 幸 夫


 会計管理者     松 野 壽 範     総務部長    谷 崎   豊


 参事兼市長公室長  西 井 久 芳     企画部長    竹 内 勇 記


 産業振興部長    西 井 一 夫     参事兼観光戦略室長


                               向 井 長 良


 建設部長      中 村 達 久     健康福祉部長  宮 本 源 光


 生活環境部長    西 村   仁     上下水道部長  山 ? 哲 也


 病院事業部長    中 村 和 三     総務部調整監兼総務課長


                               山 本 美 弘


 教育委員長     大 東 弘 郎     教育長     前 田 藤 彦


 教育部長      松 井 浩 三     代表監査委員  山 川 泰 規





                  議事日程第1号


              平成19年9月13日 (木曜日)


                 午 前 9 時 開 議





     諸般の報告


 日程第 1 会議録署名議員の指名


 日程第 2 会期の決定について


 〔日程第3〜日程第23 上程・説明〕


 日程第 3 議案第 83号 志摩市長の資産等の公開に関する条例の一部改正につい


               て


 日程第 4 議案第 84号 志摩市個人情報保護条例の一部改正について


 日程第 5 議案第 85号 志摩市立国民健康保険病院事業の設置等に関する条例の


               一部改正にについて


 日程第 6 議案第 86号 志摩市立国民健康保険病院事業診療所の設置及び管理に


               関する条例の一部改正について


 日程第 7 議案第 87号 平成19年度志摩市一般会計補正予算(第3号)につい


               て


 日程第 8 議案第 88号 平成19年度志摩市老人保健特別会計補正予算(第2号


               )について


 日程第 9 議案第 89号 平成19年度志摩市介護保険特別会計補正予算(第1号


               )について


 日程第10 議案第 90号 平成19年度志摩市介護サービス事業特別会計補正予算


               (第1号)について


 日程第11 議案第 91号 平成19年度志摩市水道事業会計補正予算(第1号)に


               ついて


 日程第12 認定第  1号 平成18年度志摩市一般会計歳入歳出決算認定について


 日程第13 認定第  2号 平成18年度志摩市国民健康保険特別会計歳入歳出決算


               認定について


 日程第14 認定第  3号 平成18年度志摩市老人保健特別会計歳入歳出決算認定


               について


 日程第15 認定第  4号 平成18年度志摩市介護保険特別会計歳入歳出決算認定


               について


 日程第16 認定第  5号 平成18年度志摩市下水道事業特別会計歳入歳出決算認


               定について


 日程第17 認定第  6号 平成18年度志摩市公共駐車場整備特別会計歳入歳出決


               算認定について


 日程第18 認定第  7号 平成18年度志摩市公共用地取得整備特別会計歳入歳出


               決算認定について


 日程第19 認定第  8号 平成18年度志摩市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳


               入歳出決算認定について


 日程第20 認定第  9号 平成18年度志摩市介護サービス事業特別会計歳入歳出


               決算認定について


 日程第21 認定第 10号 平成18年度志摩市水道事業会計決算認定について


 日程第22 認定第 11号 平成18年度志摩市下水道事業会計決算認定について


 日程第23 認定第 12号 平成18年度志摩市立国民健康保険病院事業会計決算認


               定について





                  会議に付した事件





 日程第 1 会議録署名議員の指名


 日程第 2 会期の決定について


 〔日程第3〜日程第23 上程・説明〕


 日程第 3 議案第 83号 志摩市長の資産等の公開に関する条例の一部改正につい


               て


 日程第 4 議案第 84号 志摩市個人情報保護条例の一部改正について


 日程第 5 議案第 85号 志摩市立国民健康保険病院事業の設置等に関する条例の


               一部改正について


 日程第 6 議案第 86号 志摩市立国民健康保険病院事業診療所の設置及び管理に


               関する条例の一部改正について


 日程第 7 議案第 87号 平成19年度志摩市一般会計補正予算(第3号)につい


               て


 日程第 8 議案第 88号 平成19年度志摩市老人保健特別会計補正予算(第2号


               )について


 日程第 9 議案第 89号 平成19年度志摩市介護保険特別会計補正予算(第1号


               )について


 日程第10 議案第 90号 平成19年度志摩市介護サービス事業特別会計補正予算


               (第1号)について


 日程第11 議案第 91号 平成19年度志摩市水道事業会計補正予算(第1号)に


               ついて


 日程第12 認定第  1号 平成18年度志摩市一般会計歳入歳出決算認定について


 日程第13 認定第  2号 平成18年度志摩市国民健康保険特別会計歳入歳出決算


               認定について


 日程第14 認定第  3号 平成18年度志摩市老人保健特別会計歳入歳出決算認定


               について


 日程第15 認定第  4号 平成18年度志摩市介護保険特別会計歳入歳出決算認定


               について


 日程第16 認定第  5号 平成18年度志摩市下水道事業特別会計歳入歳出決算認


               定について


 日程第17 認定第  6号 平成18年度志摩市公共駐車場整備特別会計歳入歳出決


               算認定について


 日程第18 認定第  7号 平成18年度志摩市公共用地取得整備特別会計歳入歳出


               決算認定について


 日程第19 認定第  8号 平成18年度志摩市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳


               入歳出決算認定について


 日程第20 認定第  9号 平成18年度志摩市介護サービス事業特別会計歳入歳出


               決算認定について


 日程第21 認定第 10号 平成18年度志摩市水道事業会計決算認定について


 日程第22 認定第 11号 平成18年度志摩市下水道事業会計決算認定について


 日程第23 認定第 12号 平成18年度志摩市立国民健康保険病院事業会計決算認


               定について





                 午前9時00分 開議


                   開 会・開 議





○議長(杉木弘明) おはようございます。


 ただいまの出席議員数は25名であります。


 地方自治法第113条の規定により、定足数に達しておりますので、これより、平成19年第3回志摩市議会定例会を開会いたします。


 直ちに、本日の会議を開きます。


 報告事項を申し上げます。


 9番、小森 仁議員は、一身上の都合により本日の会議を欠席する旨の届け出がありました。


 以上で、報告を終わります。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付のとおりであります。





                諸 般 の 報 告





○議長(杉木弘明) 日程に入るに先だち諸般の報告をいたします。


 諸般の報告については、お手元に配付したとおりであります。また、3常任委員長からそれぞれ視察研修報告書が提出されました。お手元に配付した報告書の写しのとおりであります。


 本定例会の一般質問者として、小田幸道議員はじめ16名より発言の通告があります。本定例会の提出案件等説明者及び補足説明者の職、氏名はお手元に配付した名簿のとおりであります。


 なお、その他参考資料についても、お手元に配付してありますので、よろしくご活用願います。


 以上で、諸般の報告を終わります。





               招 集 あ い さ つ





○議長(杉木弘明) 市長から、本定例会招集のあいさつを受けます。


 竹内市長。


               (市長 竹内千尋 登壇)


○市長(竹内千尋) 皆さんおはようございます。


 本日、志摩市議会第3回定例会を招集をさせていただきましたところ、議員の皆さま方におかれましては、ご健勝にてご出席をいただきましてまことにありがとうございます。


 9月に入り、運動会シーズンとなりました。市内各幼稚園、小・中学校で運動会が既になされたところもありますが、予定をされておりますし、また来月6日には合併後はじめて志摩市民運動会の開催を予定をしております。現在、参加チームを募集をしておりますので、ぜひ多くの方にご参加をいただき、楽しい秋の1日をともに過ごしていただきたいと思っております。また、秋は台風シーズンでもあるということで、先週も志摩地方への直撃は免れたものの台風9号の影響もありまして、東日本・北日本ではかなりの被害が出ております。さらに気を引き締めて防災に当たっていきたいと考えておりますので、皆様方にもご協力のほど何とぞよろしくお願いをいたします。


 さて、本定例会においては、条例改正の議案が4件、補正予算についての議案が5件、決算認定について12件、合わせて21件の提案をさせていただいております。


 秋とはいえ、まだまだ暑さの続く中の開会であり、議会日程も来月半ばまで、1カ月の長丁場でございますので、どうぞ、皆様方には体調維持に十分ご留意をしていただきながら、ご審議を賜りますようお願い申し上げまして、招集のごあいさつとさせていただきます。


○議長(杉木弘明) 以上で、あいさつを終わります。





                会議録署名議員の指名





○議長(杉木弘明) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。


 本議会の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、8番、杉本三八一議員、19番、 大口秀和議員の以上2名を指名いたします。





                会 期 の 決 定





○議長(杉木弘明) 日程第2 会期の決定についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 本定例会の会期は、本日から10月12日までの30日間といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(杉木弘明) 異議なしと認めます。


 よって、本定例会の会期は、30日間と決定いたしました。





                   議案83号





○議長(杉木弘明) 日程第3 議案第83号 志摩市長の資産等の公開に関する条例の一部改正についてを議題といたします。





                 提 案 説 明





○議長(杉木弘明) 本案について、提案理由の説明を求めます。


 市長。


               (市長 竹内千尋 登壇)


○市長(竹内千尋) 議案第83号 志摩市長の資産等の公開に関する条例の一部改正について、提案理由の説明を申し上げます。


 本案は郵政民営化法をはじめとした郵政民営化関連法案が原則として平成19年10月1日に施行されることに伴い、条例表記上の整備の必要が生じたために、条例の一部を改正しようとするものであります。


 詳細につきましては、市長公室長より説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認賜りますようよろしくお願いを申し上げます。





                 補 足 説 明





○議長(杉木弘明) 補足説明を許します。


 市長公室長。


○参事兼市長公室長(西井久芳) ただいま上程となりました議案第83号について補足説明を申し上げます。


 郵政民営化関連法案の施行により、平成19年10月1日に日本郵政公社が解散し、日本郵政株式会社・郵便事業株式会社・郵便局株式会社・郵便貯金銀行・郵便保険会社に分社化されることになり、「郵便局」「郵便貯金」「郵便振替」「郵便為替」などの郵政事業に関する用語の見直しが必要となりました。また証券取引法も一部改正により、「証券」の字句がつく用語は原則として「金融商品」がつく字句に置きかえられましたので、これに伴う用語の見直しが必要になりました。


 それでは、条文の説明をさせていただきます。市長公室議会資料?1の新旧対照表も合わせてご参照いただきたいと存じます。改正の内容といたしましては、当該条例中第2条第1項、第4号中「貯金(普通貯金を除く)及び郵便貯金(通常郵便貯金を除く)」を「及び貯金(普通預金を除く)」「貯金及び郵便貯金」を「及び貯金」に改めます。


 同項第5号は金銭信託が有価証券に含まれることになるため、これを削ります。


 同項第6号中、「証券取引法」を「金融商品取引法」に、「証券取引所」を「金融商品取引所」に、「証券業協会」を「認可金融商品取引協会」に改め、同項を第5号とします。


 以下、同項第7号から第10号までを1号ずつ繰り上げます。附則につきましては、施行期日につきまして、交付の日から施行するというものです。


 ただし、第2条の第1項の改正規定は、第4号の改正規定を除き証券取引法等の一部を改正する法律(平成18年法律第65号)の施行の日から施行するというものです。改正後の条例の規定は、ただし書きの改正規定を除き、平成19年10月1日から適用するというものでございます。また経過措置といたしまして、改正後の条例第2条第1項第4号の規定の適用につきましては、施行日の日前に有していた郵便貯金(通常郵便貯金を除く)及び郵政民営化法等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成17年法律第102号)、附則第3条第10号に規定する旧郵便貯金(通常郵便貯金を除く)は、預金とみなすというものでございます。


 以上で補足説明を終わります。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。


○議長(杉木弘明) 以上で提出者の説明を終わります。





                  議案第84号





○議長(杉木弘明) 日程第4 議案第84号 志摩市個人情報保護条例の一部改正についてを議題といたします。





                 提 案 説 明





○議長(杉木弘明) 本案について、提案理由の説明を求めます。


 市長。


               (市長 竹内千尋 登壇)


○市長(竹内千尋) 議案第84号 志摩市個人情報保護条例の一部改正について、提案理由の説明を申し上げます。


 この条例は志摩市個人情報保護制度について、罰則規定を設けたく条例の一部の改正を行うものであります。


 詳細につきましては、総務部長より説明をさせますので、ご審議の上、ご承認賜りますようお願いを申し上げます。





                 補 足 説 明





○議長(杉木弘明) 補足説明を許します。


 総務部長。


○総務部長(谷崎 豊) 議案第84号 志摩市個人情報保護条例の一部改正について、補足説明を申し上げます。


 今回提案の条例の一部改正につきましては、志摩市個人情報保護に関しまして、罰則の規定を加えることによる条例の一部改正でございます。これまでも各地方公共団体が保有する個人情報保護につきましては、適切な取り扱いをするよう指導がなされてきましたが、依然として個人情報が漏えいする事案、特に個人情報の取り扱いを外部に委託した場合に、外部委託先や再委託先から個人情報が漏えいする事案が発生いたしております。


 このような事案の発生は、住民の行政に対する信頼を著しく損なうものであり、このたび再発防止のため、徹底した対策を実施するよう総務省から通達があり、罰則規定を具備した条文整備をさせていただいたものでございます。


 それでは、条文に従って説明をさせていただきます。総務課議会資料?1の新旧対照表も合わせてごらんいただきますようお願いをいたします。


 目次中、第5章雑則第30条から第36条の次に、第6章罰則第37条から42条を加えるとありますのは、新たに第6章へ、罰則規定を追加するためのものでございます。第2条第3号では、第6章の罰則を規定する際に、実施機関の職員を明確化するため、その旨を規定をいたしております。また、「図面」を「図画」へ改めております。


 同条第5条は、電子計算機で処理されておる電磁的記録としての大量の個人情報を電子個人情報ファイルと定義するものでございます。第12条に加えます1項は、地方自治法第244条の2、第3項により公の施設の管理を指定管理者に行わせる場合に、委託の場合と同様に実施機関、指定管理者、指定管理業務に従事するものが負う義務を定めたものでございます。


 第20条第2項第1号中「図面」を「図画」に改めております。


 第6章、罰則では個人情報保護制度におきまして、その義務に違反した場合、特にプライバシーの侵害が大きい実施機関の職員、受託業務従事者、受託者、審査会の委員等に対して罰則を設けることで、侵害に対する予防措置を講じるとともに、義務の履行を担保しようとしたものでございます。具体的には第37条は個人の秘密に属する事項を含む個人情報が大量に電子計算処理されている電子個人情報ファイルは特に保護する必要があるため、本条に定める行為を行った実施機関の職員等及び受託業務の従事者等に罰則する義務を定めたものでございまして、2年以下の懲役または100万円以下の罰金に処するものでございます。


 第38条は、公文書に記録されている個人情報が不正な利益を図る目的で提供されたり盗用されたりすることのないように、本条に定める行為を行った実施機関の職員等及び委託業務の従事者等に対する罰則を定めたものでございまして、1年以下の懲役または50万円以下の罰金に処するものでございます。


 第39条は、実施機関の職員が職務に関係しないのに職権を乱用して住民から個人情報を収集することがないように罰則を定めたものでございまして、1年以下の懲役または50万円以下の罰金に処するものでございます。


 第40条は、いわゆる両罰規定でございます。法人などの事業主体の代表者や従業者などが業務に関して違反行為をした場合に、直接の違反者を罰するほか、その事業主体をも罰することを認めている規定でございます。


 第41条は、個人情報保護審査会委員の守秘義務違反につきまして罰則を規定したものでございまして、1年以下の懲役または50万円以下の罰金に処するというものでございます。


 第42条は、身分を偽る等の不正な手段により開示請求を行い開示決定に基づいて個人情報の開示を受けた場合、その者に過料を処することを定めたものでございまして、5万円以下の過料に処するというものでございます。


 附則につきましては、この条例は公布の日から施行するものとするものでございます。なお、罰則規定を設ける際には、検察庁との協議が必要なため、以上のことを津地方検察庁と協議を行ったところ、「本条例の一部改正について特段の意見はない」との通知がありましたので、申し添えたいと思います。


 以上で、補足説明を終わります。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願いを申し上げます。





○議長(杉木弘明) 以上で提出者の説明を終わります。





                  議案第85号





○議長(杉木弘明) 日程第5 議案第85号 志摩市立国民健康保険病院事業の設置等に関する条例の一部改正についてを議題といたします。





                 提 案 説 明





○議長(杉木弘明) 本案について、提案理由の説明を求めます。


 市長。


               (市長 竹内千尋 登壇)


○市長(竹内千尋) 議案第85号 志摩市立国民健康保険病院事業の設置等に関する条例の一部改正について、提案理由の説明を申し上げます。


 本案につきましては、志摩市立国民健康保険病院事業の統合を図るため、大王病院の診療科目に外科を加え、病床数を一般病床50床、療養型病床40床に、前島病院の病床数を療養型病床20床に改めたく提案をするものであります。


 詳細につきましては、病院事業部長より説明をさせますので、ご審議の上、ご承認賜りますようお願いを申し上げます。





                 補 足 説 明





○議長(杉木弘明) 補足説明を許します。


 病院事業部長。


○病院事業部長(中村和三) 議案第85号 志摩市立国民健康保険病院事業の設置等に関する条例の一部改正について、補足説明を申し上げます。


 本案は、志摩市立国民健康保険病院事業の統合を図るため、大王病院の診療科目に外科を加え、病床数を一般病床50床、療養型病床40床に、前島病院の一般病床50床を廃止し療養型病床20床に改めるとともに、別表第2の個室使用料についても廃止するため条例の一部改正をしようとするための提案であります。


 それでは、条文の内容について説明をさせていただきます。病院事業部議会?1の新旧対照表を添付していますのでご参照ください。


 第3条第2項第1号につきましては、ア、内科の次に、イ、外科を加え、ウ、整形外科、エ、消化器科、オ、循環器科、カ、リハビリテーション科とするものです。


 第3条第3項第1号、ア、療養型病床を一般病床に改め、同号にイ、療養型病床40床を加えております。


 第3条第3項第2号、ア、一般病床50床を削り、同号イ中、24床を20床に改め、同号イを同号ア、療養型病床20床としております。


 次の別表第1につきましては、郵政民営化法案の施行に伴うもので、使用料等の額、第11条の別表第1に簡易保険関係診断書・証明書を1通3,150円とあります。その別表第1に(注)として次のように加えるものであります。(注)簡易保険とは郵政民営化法等の施行等に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成17年法律第102号)附則第3条第11号に規定する旧簡易生命保険契約をいうとしています。


 また、個室使用料の別表第2につきましては、別表第2中、「本館病棟2,100円」及び「第1病棟1,050円」を削除しております。


 附則、1.この条例は三重県知事の許可のあった日から施行する。ただし、別表第1の改正規定は、公布の日から施行する。


 2.この条例(前項ただし書きに規定する改正規定に限る。)による改正後の志摩市立国民健康保険病院事業の設置等に関する条例の規定は平成19年10月1日から適用するとしております。なお、大王病院につきましては、10月1日から療養病床40床が増築される間、療養病床30床、一般病床20床で運営をしてまいります。


 以上で、補足説明を終わります。ご審議の上ご承認賜りますようお願い申し上げます。


○議長(杉木弘明) 以上で提出者の説明を終わります。





                  議案第86号





○議長(杉木弘明) 日程第6 議案第86号 志摩市立国民健康保険病院事業診療所の設置及び管理に関する条例の一部改正についてを議題といたします。





                 提 案 説 明





○議長(杉木弘明) 本案について、提案理由の説明を求めます。


 市長。


               (市長 竹内千尋 登壇)


○市長(竹内千尋) 議案第86号 志摩市立国民健康保険病院事業診療所の設置及び管理に関する条例の一部改正について、提案理由の説明を申し上げます。


 本案につきましては、郵政民営化法等の施行に伴い、別表の一部改正をお願いするものであります。


 詳細につきましては、病院事業部長より説明をさせますので、ご審議の上、ご承認賜りますようお願いを申し上げます。





                 補 足 説 明





○議長(杉木弘明) 補足説明を許します。


 病院事業部長。


○病院事業部長(中村和三) 議案第86号 志摩市立国民健康保険病院事業診療所の設置及び管理に関する条例の一部改正について、補足説明を申し上げます。


 本案は郵政民営化法等の施行に伴い、別表の一部改正を必要とするための提案であります。


 それでは、条文の内容について説明をさせていただきます。


 使用料等第7条の別表に(1)診断書料及び文書の中に簡易保険関係診断書1通につき3,150円とあります。その別表に(注)として次のように加えるものであります。


 (注)簡易保険とは郵政民営化法等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成17年法律第102号)附則第3条第11号に規定する旧簡易生命保険契約をいうとしています。


 附則として、この条例は公布の日から施行し改正後の志摩市立国民健康保険病院事業診療所の設置及び管理に関する条例の規定は、平成19年10月1日から適用するというものです。


 以上で、補足説明を終わります。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。


○議長(杉木弘明) 以上で提出者の説明を終わります。





                  議案第87号





○議長(杉木弘明) 日程第7 議案第87号 平成19年度志摩市一般会計補正予算(第3号)についてを議題といたします。





                 提 案 説 明





○議長(杉木弘明) 本案について、提案理由の説明を求めます。


 市長。


               (市長 竹内千尋 登壇)


○市長(竹内千尋) 議案第87号 平成19年度志摩市一般会計補正予算(第3号)について、提案理由の説明を申し上げます。


 本案は、既定の歳入歳出予算総額に、歳入歳出それぞれ2億966万5,000円を追加をして、歳入歳出予算の総額をそれぞれ251億2,268万8,000円とするものであります。


 詳細につきましては、総務部長より説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願いを申し上げます。





                 補 足 説 明





○議長(杉木弘明) 補足説明を許します。


 総務部長。


○総務部長(谷崎 豊) ただいま上程となりました議案第87号 平成19年度志摩市一般会計補正予算(第3号)についてご説明を申し上げます。


 予算書の2ページをお開きをいただきたいと思います。


 まず第1表 歳入歳出予算補正の歳入でございますけれども、第9款の地方特例交付金で、1,553万6,000円の減額、第10款の地方交付税で1億3,968万9,000円の減額、第12款の分担金及び負担金で334万4,000円の増額、第14款の国庫支出金で7,038万6,000円の増額、第15款の県支出金で2,444万円の増額、第18款の繰入金で4,895万8,000円の増額、第19款の繰越金で1億1,166万5,000円の増額、第20款の諸収入で179万7,000円の増額、第21款の市債で1億430万円の増額であります。


 歳入合計といたしまして2億966万5,000円の増額補正でございます。


 3ページをお願いいたします。


 次に、歳出でございますが、第1款の議会費で10万4,000円の減額、第2款の総務費で5,449万4,000円の増額、第3款の民生費で9,969万円の増額、第4款の衛生費で157万1,000円の増額、第5款の農林水産業費で164万9,000円の増額、第6款の商工費で30万円の減額、第7款の土木費で1,041万円の増額、第9款の教育費で2,352万2,000円の増額、第10款の災害復旧費で2,001万9,000円の増額、第12款の予備費で128万6,000円の減額補正でございます。歳出合計といたしまして、歳入と同額の2億966万5,000円の増額補正でございます。


 4ページをお願いいたします。


 第2表地方債補正につきましては、それぞれの市債の限度額につきまして、事業の変更や額の確定に伴います変更を行うものでございます。


 それでは、次に、歳入歳出予算の主な内訳につきましてご説明を申し上げます。


 8ページ及び9ページをお願いいたします。


 まず、歳入でございます。第9款地方特例交付金につきましては、普通交付税の算定に伴い交付額が確定いたしましたので、1目地方特例交付金で25万2,000円の減額、2目特別交付金で1,528万4,000円の減額となっております。


 第10款地方交付税でございますが、普通交付税は算定により交付額が確定されたため、1億6,968万9,000円の減額となっております。また、特別交付税につきましては、地方独自のプロジェクトをみずから考え前向きに取り組む地方公共団体に対しまして、今年度から3年間で単年度3,000万円を特別交付税で措置を講じる新しい制度でございます。「頑張る地方応援プログラム」へ新規及び既存の事業で構成をいたしました健やか・安心子育てプロジェクトと、御食つ国プロジェクトの2本を申請したことによりまして、3,000万円を増額をいたしております。


 第12款分担金及び負担金、1項分担金1目農林水産業費分担金でございますけれども、来年度への延期により事業を中止したために、和具漁港県単漁港改良事業分担金を93万3,000円減額いたしております。また3目災害復旧費分担金につきましては、7月に発生をいたしました台風4号による災害復旧に伴いまして、国補農地災害復旧費及び市単農地災害復旧費にかわります受益者分担金といたしまして、農地災害復旧費分担金を175万円計上いたしております。また、国補農業用施設災害復旧費及び市単農業用施設災害復旧費にかかります受益者分担金といたしまして、施設災害復旧事業分担金を252万5,000円計上いたしております。


 第14款国庫支出金、2項国庫補助金、2目民生費国庫補助金のうち、老人福祉費補助金につきましては、補助協議申請をいたしておりました厚生労働省の老人保健事業の内示を受けまして、高齢者虐待防止に関します調査研究事業補助金といたしまして、老人保健事業推進費等補助金を976万5,000円計上いたしております。また、歳出でも説明させていただきますが、介護保険費補助金では民間事業者の参入を促進し、公的介護施設等の基盤整備を推進することを目的といたしまして、事業者に対しまして補助金を交付するために、国から受けます交付金であります地域介護・福祉空間整備等交付金を6,000万円計上いたしております。4目土木費国庫補助金の都市計画費補助金につきましては、当初予算では50棟を見込んでいました木造住宅耐震診断支援事業の実施棟数を7月に発生をいたしました新潟中越沖地震の報道などを受けまして、今後増加をする見込みといたしまして20棟を追加をするために、木造住宅耐震診断支援事業補助金を45万円増額をいたしております。


 10ページ・11ページをお願いいたします。


 第15款県支出金、2項県補助金、2目民生費県補助金につきましては、事業実績及び精算により障害者自立支援法施行円滑化事務等特別支援事業補助金を177万4,000円の減額、また障害者自立支援法の施行に伴いまして事業所のより一層の安定的な運営を確保するために緊急的な激変緩和措置といたしまして、事業運営円滑化事業補助金945万9,000円、通所サービス利用促進事業補助金を808万6,000円計上いたしております。4目農林水産業費県補助金の農業費補助金では今年度から南張地区で実施をいたしております農地・水環境保全向上対策事業に対しまして、推進交付金が交付されることになりましたために、農地・水・環境保全向上対策推進交付金を29万5,000円計上いたしております。5目土木費県補助金の都市計画費補助金につきましては、土木費国庫補助金でもご説明をいたしましたが、木造住宅耐震診断支援事業費補助金といたしまして22万5,000円を、また耐震補強補助事業補助金といたしまして62万円を増額をいたしております。8目災害復旧費県補助金でありますが、農地及び農業用施設災害復旧事業にかかります補助金といたしまして、現年度災害復旧事業費補助金を1,044万9,000円計上いたしております。


 3項県委託金、1目総務費委託金の選挙費委託金につきましては、参議院議員選挙の執行に伴いまして実績額の精査によりまして、参議院議員選挙費委託金を343万3,000円減額いたしております。また、参議院議員選挙啓発推進委託金を9万8,000円計上いたしております。


 第18款繰入金、1項基金繰入金、1目財政調整基金繰入金につきましては、歳入歳出の補正額の調整といたしまして、4,000万円増額いたしております。


 4目大王地区真珠養殖漁業振興基金繰入金につきましては、船越真珠養殖漁業協同組合が実施をいたします船台購入事業の財源に充当するために33万1,000円を計上いたしております。


 15目船越地区振興基金繰入金でありますが、船越自治会からの申請によりまして防災備蓄品の購入などの財源に充当するために270万円を計上いたしております。


 2項特別会計繰入金、1目特別会計繰入金につきましては、前年度の決算確定に伴いまして精算によりまして、1,655万1,000円を減額をいたしております。


 2目介護保険特別会計繰入金につきましても、前年度の決算確定に伴う精算によりまして2,247万8,000円を増額いたしております。


 第19款繰越金の前年度繰越金でございますが、現年度決算の確定に伴う余剰金の確定によりまして1,166万5,000円を増額をいたしております。


 12ページ・13ページをお願いいたします。


 第20款諸収入、3目雑入では、前年度に申請をいたしておりました軽スポーツ・ニュースポーツの交流大会を通して健康相談や健康指導を実施する長寿社会づくりソフト事業の交付の内示を受けましたので、111万8,000円を計上いたしております。


 第21款市債、3目農林水産業債の農道整備事業債ではふるさと農道緊急整備事業への一般単独事業債への地域財政事業債を充当いたしましたために510万円を増額いたしております。また、漁港整備事業債につきましては、安乗漁港関連道整備事業の施行内容の変更によります事業費増額によりまして、起債充当額を120万円増額をするものでございます。


 4目土木債でありますが、歳出で計上いたしております国・県公共土木事業市町村負担金につきまして、三重県予算が骨格から本予算編成になったことによりまして、事業の配当額が確定をいたしましたので起債の充当額も変更となりました。港湾整備事業債で400万円の減額、海岸整備事業債で1,170万円の増額となっております。


 6目合併特例事業債につきましては、庁舎建設事業や市単道路新設改良事業などの合併特例債充当残への地域再生事業債の充当によりまして、1億1,740万円を増額をいたしております。


 7目臨時財政対策債につきましては、普通交付税の算定に伴います借入限度額は確定をいたしましたので、2,710万円を減額いたしております。


 以上が歳入の主な内容でございます。


 14ページ、15ページをお願いいたします。続きまして、歳出の主なものにつきましてご説明を申し上げます。


 第1款議会費、1目議会費でありますが、全国市議会議長会が始めて発刊をいたしました地方議会議員ハンドブックの購入経費といたしまして、消耗品費を5万4,000円増額いたしております。また会議録の反訳事務を効率的に行うために、再生フットスイッチを購入する経費といたしまして、備品購入費を4万2,000円増額をいたしております。


 16ページ、17ページをお願いをいたします。


 第2款総務費、1項総務管理費、6目基金管理費につきましては、地方財政法に基づく実質剰余金の基金への積み立てでありまして、剰余金の確定に伴いまして、積立金が預貯金の2分の1以上となるように、5,600万円を財政調整基金へ積立金として増額をいたしております。


 8目市民交流推進費の「志摩びとの会」運営事業費につきましては、全体では予算の増減はありませんが、10月28日の日曜日に東京におきまして開催予定の志摩フォーラムの経費のうち、パネラーの人数増によりまして講師謝礼の増額で10万円、会場の変更によりまして借上料29万円、それぞれ増額をいたしまして、費用弁償・普通旅費・印刷製本費や運営スタッフの削減などによりまして減額をいたしております。(2)男女共同参画推進費でございますが、男女共同参画の視点で進めるまちづくり支援事業の助成金を受けることができまして、女性や子育てをする方の目から見た災害対策や復興に関する関連事業を実施するための経費といたしまして、講師謝礼10万円、費用弁償5万円など合わせて20万円を計上いたしております。


 10目大王地域振興費につきましても、大王支所及び連絡所費でございますけれども、船越自治会からの交付申請に基づく防災備品の購入や船越太鼓指導費などの経費といたしまして、船越地区補償金を270万円計上いたしました。なお、この補償金の財源につきましては、歳入でもご説明いたしましたとおり、船越地区振興基金を全額繰入充当いたしております。


 18目庁舎建設事業費につきましては、歳入でもご説明をいたしましたが、地域再生事業債の充当によります財源の組みかえでございます。


 18ページ、19ページをお願いします。


 2項徴税費、2目賦課徴収費でございますが、固定資産税の土地の評価にかかります時点修正業務委託料につきまして、契約の締結によりまして不用となりました113万1,000円を減額するものでございます。


 20ページ、21ページをお願いいたします。


 4項選挙費、5目参議院議員選挙費につきましては、選挙執行によります実績額の精査によりまして、時間外勤務手当を296万2,000円の減額、ポスター掲示板借上料を72万5,000円の減額、合わせて327万5,000円を減額するものでございます。


 22ページ、23ページをお願いをいたします。


 第3款民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費でございますけれども、前年度に策定をいたしました地域福祉計画に基づきまして、その計画の推進と進行管理を行う機関といたしまして、協議会を設置をするために、地域福祉計画推進協議会委員報償費を16万5,000円計上いたしております。また、行旅病人及び行旅死亡人取扱法によります葬祭費といたしまして34万9,000円を計上いたしております。


 2目社会福祉施設費、(1)阿児健康福祉センター施設費につきましては、トレーニングセンターのエアコン修繕及び喫茶ラウンジ天井修繕のための経費といたしまして、施設修繕料を48万9,000円の増額、またその施設修繕にかかります設計業務委託料といたしまして、33万6,000円を増額をいたしております。また、阿児健康福祉センターと磯部健康福祉センターへAEDを設置するためのリース料といたしまして、それぞれ3万7,000円を計上いたしております。


 4目障害者福祉費の(2)障害者自立支援費でございますけれども、歳入でもご説明をいたしましたが、障害者自立支援法の施行に伴いまして、事業所のより一層安定的な運営を確保するための緊急的な激変緩和措置といたしまして、事業円滑化事業を1,261万2,000円、通所サービス利用促進事業1,078万3,000円計上いたしております。


 5目老人福祉費の(1)老人福祉費につきましては、3月に補助協議申請をいたしておりました老人保健事業の内示を受けまして、高齢者等虐待防止に関します調査研究事業を実施するに当たりまして、高齢者等虐待防止権利擁護検討委員会報償費を80万2,000円、アンケートの抽出・集計・分析等の業務を委託するために、高齢者調査業務委託料を375万9,000円、アンケートの送付・回収費用といたしまして、通信運搬費を275万8,000円計上いたしております。(2)老人保健施設整備事業費では、介護老人保健施設にかかります9月から翌年3月までの電気・水道などの維持管理経費といたしまして、介護サービス事業特別会計繰出金を253万円増額いたしております。


 24ページ、25ページをお願いいたします。


 6目介護保険費でございますが、歳入でもご説明をいたしましたが、民間事業者の算入を促進し公的介護施設等の基盤整備を推進するために、国から受けた地域介護福祉空間整備等交付金を希望する1事業者の4施設に対し、それぞれ上限の1,500万円を補助金として交付するために、公的介護施設等整備補助金を6,000万円計上いたしております。また、地域支援事業繰出金分の確定によりまして、介護保険特別会計繰出金を42万6,000円減額いたしております。


 26ページ、27ページをお願いいたします。


 2項児童福祉費、2目児童措置費につきましては、子育て短期支援事業の2才以上利用人数の増加を見込みまして、子育て短期支援事業委託料を34万5,000円増額をいたしております。


 28ページ、29ページをお願いいたします。


 第4款衛生費、1項衛生費、1目保健衛生費につきましては、歳入でもご説明申し上げましたが、地方独自のプロジェクトをみずから考え前向きに取り組む地方公共団体に対し、今年度から3年間で単年度3,000万円を特別交付税で措置を講じる新しい制度であります「頑張る地方応援プログラム」へ申請をいたしました「健やか安心子育てプロジェクト」のうち、新規事業といたしまして、健康づくりセミナー講座関係消耗品費30万円、健康づくりセミナー委託料150万円などを計上いたしております。


 3目保健施設費の(1)浜島保健センター施設につきましては、AEDの設置に伴いますリース料といたしまして3万7,000円を計上いたしております。


 6目環境衛生費の(1)環境保全費につきましては、補助金交付の採択団体の確定によりまして、志摩市活性化プロジェクト事業環境保全補助金を30万円減額いたしております。


 30ページ、31ページをお願いいたします。


 第5款農林水産業費、1項農業費、3目農業振興費の(1)農業者施設費につきましては、志摩特産物販売施設直売所の浄化槽修繕の経費といたしまして、施設修繕料を8万7,000円増額、また農業就業改善センターエアコン取替え工事といたしまして54万4,000円を計上いたしております。


 4目農地費につきましては、阿児川排水機場水門用電気配線の維持修繕経費といたしまして、施設修繕料102万4,000円の増額が主なものでございます。


 32ページ、33ページをお願いいたします。


 3項水産業費、1目水産業振興費の(1)水産業振興費につきましては、船越真珠養殖漁業協同組合が実施をいたします船台購入経費の助成といたしまして、大王地区真珠養殖漁業振興助成金を33万1,000円計上いたしております。(2)真円真珠100周年記念事業につきましては、全体では予算の増減はありませんが、真珠デザインコンテストの審査会及び表彰式の出張旅費といたしまして普通旅費を14万円増額をいたしまして、真珠デザインコンテスト負担金を14万円減額をいたしております。


 3目漁港建設費の(1)漁港建設費の和具漁港、県単漁港改良事業負担金の180万円の減額につきましては、本年度事業を中止して来年度へ延期することになったための負担金の減額ということでございます。(2)安乗漁港関連道整備事業費でございますけれども、安全対策面の工事内容の変更によりまして安乗漁港関連道整備事業負担金を133万3,000円の増額、安乗漁港関連道整備事業、県単改良事業負担金を80万円計上いたしてございます。


 34ページ、35ページをお願いいたします。


 第6款商工費、1目商工振興費につきましては、補助金交付の採択団体確定によりまして、志摩市活性化プロジェクト事業産業振興補助金を30万円減額をいたしております。


 36ページ、37ページをお願いいたします。


 第7款土木費、1目土木総務費につきましては、当初骨格予算でスタートいたしました三重県予算でありますけれども、肉づけ予算の編成によりまして、国補海岸局部改良事業や港湾改修事業などの各事業の配当額が確定をされたために、国・県公共土木事業市町村負担金を829万円増額するものでございます。


 38、39ページをお願いいたします。


 2項道路橋りょう費、3目道路新設改良費につきましては、市単道路新設改良事業及び堂岡岩出線道路改良事業の合併特例債充当残への地域再生事業債を充当したことによります財源の組みかえでございます。


 40ページ、41ページをお願いいたします。


 5項都市計画費、1目都市計画総務費、(1)建築総務費でありますけれども、歳入でもご説明を申し上げました7月に発生をいたしました新潟中越沖地震などの報道によりまして、市民の防災意識が高まる中で、耐震診断希望件数の増加を見込みまして木造住宅耐震診断支援事業委託料を当初の50棟に20棟を追加をいたしまして、90万円の増額をいたしております。また、木造住宅耐震補強補助事業補助金を当初の3棟に2棟を追加をいたしまして、122万円の増額といたしております。


 42、43ページをお願いをいたします。


 第9款教育費、2項小学校費、1目学校管理費の(1)学校管理費でございますけれども、本年度から行動障害が特に顕著となりました知的及び情緒障害を持つ児童への対応のために介助員1名分の養護介助賃金を80万2,000円増額いたしております。(2)教育総務管理費につきましては、神明小学校及び立神小学校の給食用リフト修繕や、浜島小学校外部汚水管修繕などの経費といたしまして、施設修繕料を440万5,000円増額をいたしております。


 2目教育振興費の(1)教育備品購入事業費につきましては、国府小学校のサッカーゴール購入経費といたしまして備品購入費を43万円増額いたしております。


 44、45ページをお願いをいたします。


 3項中学校費、1目学校管理費の(1)学校管理費につきましては、各中学校におきまして中体連主催大会、協会主催大会の上位大会へ出場することとなったために、選手派遣費等補助金を310万3,000円増額いたしております。(2)教育総務管理費でございますけれども、越賀中学校給食用リフト修繕などの経費といたしまして、施設修繕料を48万6,000円増額いたしております。


 46、47ページをお願いいたします。


 5項社会教育費、1項社会教育総務費の(1)社会教育総務費でございますけれども、補助金要望団体数の増加によりまして、志摩市活性化プロジェクト事業教育文化振興補助金を60万円増額しております。(2)奉仕活動・体験活動推進事業費の普通旅費8万3,000円の減額につきましては、社会教育主事の派遣につきまして、社会体育分野での派遣となったため、6項保健教育費、1目保健総務費で予算を組み替えたための減額でございます。


 2目文化振興事業費の(1)文化財保存費につきましては、埋蔵文化財包蔵地の殿畑遺跡におきまして、無線基地局建設事業を実施すること当たりまして、発掘調査報告書を作成するための経費といたしまして、消耗品費を10万3,000円の増額、印刷製本費を20万9,000円の計上など、全体で47万9,000円を増額をいたしております。なお、この経費につきましては、全額事業を行いますNTTドコモ東海から原因者負担金として受けることとなっております。


 3目志摩文化会館施設費でございますけれども、受水槽消毒薬液注入装置の修繕経費といたしまして、施設修繕料を28万9,000円増額いたしております。


 6目公民館費につきましては、布施田公民館天井改修工事費で108万1,000円、立神公民館のり面復旧工事費で173万9,000円を計上いたしております。


 7目図書館資料館費でございますけれども、ロープ式エレベーターのメインロープ取りかえの経費といたしまして、施設修繕料を33万2,000円計上いたしております。


 48、49ページをお願いいたします。


 6項保健体育費、1目保健体育総務費につきましては、先ほどご説明いたしました社会教育主事にかかります普通旅費の支出科目の組みかえによります8万3,000円の増額でございます。


 2目体育施設費の磯部ふれあい公園管理費の施設修繕料71万6,000円につきましては、公園内遊具の修繕経費及び総合体育館の自動ドアの修繕を行うものであります。また総合体育館南面外壁シーリング打替え工事費といたしまして、154万2,000円を計上いたしております。


 3目学校給食費の(1)大王給食センター費につきましては、職員の育児休暇及び給食特区認定に伴います保育所給食業務への対応のために臨時職員賃金を197万2,000円増額いたしております。また処理施設ろ過用中空糸膜取替え及びボイラー給水ポンプ取替え等修繕に係る経費といたしまして、施設修繕料を278万3,000円増額いたしております。(2)阿児給食センターの消耗品費79万4,000円につきましては、傷みの激しい食器につきまして、買替えを行う経費でございます。また、蒸気漏れ配管修繕などの経費といたしまして、施設修繕料を56万円増額をいたしております。(3)磯部給食センター費につきましては、陶器製食器の破損分の補充及び磯部中学校の「学校給食における学校・地域・家庭の連携推進事業」の実施に伴います保護者などの外部関係者の参加用食器の購入経費といたしまして、42万6,000円を増額いたしております。また、保存食用冷凍庫の修繕経費といたしまして、備品修繕料を29万3,000円増額いたしております。


 50ページ、51ページをお願いいたします。


 第10款災害復旧費、1項農林水産業施設災害復旧費、1目農地災害復旧費の(1)国補農地災害復旧費でございますが、7月に発生をいたしました台風4号によりまして、鵜方地区の田の畦畔、波切地区の畑の畦畔など合わせて5カ所に災害が発生したために、消耗品費を8万円、燃料費を1万円、復旧工事費を400万円計上いたしております。(2)市単農地災害復旧費につきましては、志島地区の畑の畦畔及び迫子地区の田の畦畔の災害復旧工事費としまして、49万円を増額をいたしております。


 2目農業用施設災害復旧費の(1)国補農業用施設災害復旧費でありますけれども、穴川地区の頭首工、下之郷地区の道路など、合わせて3カ所に災害が発生したために、消耗品費を29万9,000円、燃料費を5万円、施設災害復旧工事費を1,299万円計上いたしております。(2)市単用農業用施設災害復旧費につきましては、鵜方の水路、畦名の排水機場など、合わせて4カ所の施設災害復旧工事費といたしまして200万円、また原材料費で10万円を計上いたしております。


 52、53ページをお願いいたします。


 第12款予備費につきましては、歳入歳出予算の差額を調整するために128万6,000円を減額をいたしております。


 54ページでございますけれども、地方債の調書ということでございます。


 以上で、補足説明を終わります。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。


○議長(杉木弘明) 以上で、提出者の説明を終わります。





                  議案第88号





○議長(杉木弘明) 日程第8 議案第88号 平成19年度志摩市老人保健特別会計補正予算(第2号)についてを議題とします。





                 提 案 説 明





○議長(杉木弘明) 本案について、提案理由の説明を求めます。


 市長。


               (市長 竹内千尋 登壇)


○市長(竹内千尋) 議案第88号 平成19年度志摩市老人保健特別会計補正予算(第2号)について、提案理由の説明を申し上げます。


 本案は前年度決算に伴う補正であります。既定の歳入歳出の予算の総額から、歳入歳出それぞれ4,588万6,000円を減額をし、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ57億4,000万9,000円とするものでございます。


 詳細につきましては、健康福祉部長から説明をさせますので、ご審議の上、ご承認賜りますようお願いを申し上げます。





                 補 足 説 明





○議長(杉木弘明) 補足説明を許します。


 健康福祉部長。


○健康福祉部長(宮本源光) それでは、議案第88号 平成19年度志摩市老人保健特別会計補正予算(第2号)につきまして、補足説明を申し上げます。


 本案につきましては、平成18年度決算に伴いまして、医療費並びに事務費等の確定精算がされております。これに基づきまして歳入歳出の補正を行うというものでございます。予算書の2ページをごらんいただきたいと思います。


 歳入におきましては、5款の繰越金のみの補正となります。4,588万6,000円の減額をし、歳入合計を57億4,000万9,000円とするものでございます。


 3ページをごらんいただきたいと思います。


 歳出におきましては、3款の諸支出金で1,655万円、5款の予備費で2,933万6,000円をそれぞれ減額し、歳出補正額を4,588万6,000円減額いたしまして、歳出合計を57億4,000万9,000円とするものでございます。


 8ページをごらんいただきたいと思います。


 5款の繰越金、1項繰越金、1目繰越金では、前年度繰越金の確定に伴いまして4,588万6,000円を減額しております。


 10ページをごらんいただきたいと思います。


 歳出でございます。3款の諸支出金、2項の繰出金、1目の一般会計繰出金では平成18年度分の一般会計繰入金の精算といたしまして、1,655万円を計上いたしました。


 12ページの5款の予備費でございます。今回の補正による取り崩しとして2,933万6,000円を減額するというものでございます。


 以上で、補足説明を終わります。ご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。


○議長(杉木弘明) 以上で、提出者の説明を終わります。





                  議案第89号





○議長(杉木弘明) 日程第9 議案第89号 平成19年度志摩市介護保険特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。





                 提 案 説 明





○議長(杉木弘明) 本案について、提案理由の説明を求めます。


 市長。


               (市長 竹内千尋 登壇)


○市長(竹内千尋) 議案第89号 平成19年度志摩市介護保険特別会計補正予算(第1号)について、提案理由の説明を申し上げます。


 本案は、前年度決算に伴う補正であります。既定の歳入歳出予算総額に、歳入歳出それぞれ2億3,168万2,000円を追加をし、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ40億5,427万円とするものでございます。


 詳細につきましては、健康福祉部長から説明をさせますので、ご審議の上、ご承認賜りますようお願いを申し上げます。





                 補 足 説 明





○議長(杉木弘明) 補足説明を許します。


 健康福祉部長。


○健康福祉部長(宮本源光) 議案第89号 平成19年度志摩市介護保険特別会計補正予算(第1号)について、補足説明を申し上げます。


 本案につきましても平成18年度の決算に伴いますそれぞれの精査をさせていただくものでございます。予算書の2ページをごらんいただきたいと思います。


 第1表の歳入歳出予算補正の歳入でございますが、3款の国庫支出金では、2項国庫補助金で85万2,000円の減額、4款の支払基金交付金で488万6,000円の増額、5款の県支出金では、2項の県補助金で、42万6,000円の減額、7款の繰入金で42万6,000円の減額、8款の繰越金で2億2,850万円の増額というふうなことにしております。歳入合計といたしましては、2億3,168万2,000円の増額でございます。


 3ページの歳出をごらんいただきたいと思います。


 4款の地域支援事業費では、1項の介護予防事業費で340万7,000円の減額としております。


 5款の基金積立金では、1億円の増額とさせていただいております。


 7款の諸支出金では、1項の償還金及び還付加算金で7,589万4,000円、2項の繰出金で2,247万9,000円をそれぞれ増額させていただいております。合計9,837万3,000円の増額ということになります。


 8款の予備費では、3,671万6,000円の増額としまして、歳出合計といたしましては、歳入合計と同額の2億3,168万2,000円の増額の補正でございます。


 歳入歳出の主な内訳につきましては、まず8ページをごらんいただきたいと思います。


 歳入でございます。18年度の保険給付額の確定によりまして精算、それから地域支援事業費における歳出の減額に伴う補正を行っております。


 3款の国庫支出金、2項の国庫補助金、2目の地域支援事業交付金、これは介護予防事業でございますが、85万2,000円の減額。


 4款の支払基金交付金、1項の支払基金交付金、1目の介護費給付費交付金で594万3,000円の増額と、2目の地域支援事業の支援交付金で105万7,000円の減額としております。


 5款の県支出金、2項の県補助金、1目の地域支援事業交付金、これは介護予防事業でございますが、42万6,000円。


 それから7款の繰入金、1項の一般会計繰入金、2目の地域支援事業繰入金、これも介護予防事業でございますが、42万6,000円をそれぞれ減額しております。


 8款の繰越金、1項の繰越金、1目の繰越金では、2億2,850万円の増額をしております。


 次に、10ページをごらんいただきたいと思います。


 4款の地域支援事業費、1項の介護予防事業費では340万7,000円の減額としております。内訳といたしましては、1目の介護予防特定高齢者施策事業費で保健師等によります特定高齢者を対象とした訪問型の介護予防事業を展開していくための訪問車1台の備品購入費に103万5,000円の増額、2目の介護予防一般高齢者施策事業費では市内の高齢者を対象としたアンケート形式によります高齢者生活実態調査を当初予算の地域支援事業費に計上しておりました。またこれにより各種の事業費の計上をさせていただいておりましたが、国の10分の10、100%の補助事業でございます、未来志向プロジェクト事業に事業採択されたというふうなことで、国からの事業費を一般会計の補正予算で計上させていただいて、介護保険特別会計分の事業費444万2,000円を減額させていただいております。


 12ページをごらんいただきたいと思います。


 5款の基金積立金、1項の基金積立金では介護給付費準備基金積立金といたしまして1億円を計上してございます。介護保険料につきましては、3年分を前もって決定するというふうなことで、介護給付費の増加に対応することが困難なことが考えられます。18年度が初年度でございましたので、今後の推移等も考えながら基金に積み立てさせていただいております。


 14ページをごらんいただきたいと思います。


 7款の諸支出金でございます。1項の償還金及び還付加算金、1目の償還金では介護給付費負担金返還金といたしまして、7,589万4,000円を計上させていただいております。返還金の内訳でございますが、介護給付費国庫負担金5,848万円、地域支援事業交付金、これも国費でございますが94万9,000円、支払基金の地域支援事業支援交付金110万6,000円、介護給付費県負担金1,488万4,000円、地域支援事業交付金、これも県分でございますが、47万5,000円、合計の7,589万4,000円となっております。


 16ページをごらんいただきたいと思います。


 諸支出金の2項繰出金、1目の一般会計繰出金では、18年度一般会計繰入金の精算といたしまして、2,247万9,000円を計上しております。


 18ページをごらんいただきたいと思います。


 8款の予備費、1項の予備費、1目の予備費でございます。今回の補正予算による調整といたしまして、3,671万6,000円を計上させていただいております。


 以上で、補足説明を終わります。ご審議の上、ご承認賜りますようお願いいたします。


○議長(杉木弘明) 以上で、提出者の説明を終わります。





                  議案第90号





○議長(杉木弘明) 日程第10 議案第90号 平成19年度志摩市介護サービス事業特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。





                 提 案 説 明





○議長(杉木弘明) 本案について、提案理由の説明を求めます。


 市長。


               (市長 竹内千尋 登壇)


○市長(竹内千尋) 議案第90号 平成19年度志摩市介護サービス事業特別会計補正予算(第1号)について、提案理由の説明を申し上げます。


 本案は平成17年度より着手をし事業を進めてまいりました老人保健施設が予定どおり完成したことに伴い、指定管理者制度に移行するまでの間、維持管理費用についての補正をお願いするものであります。既定の歳入歳出予算総額に、歳入歳出それぞれ268万3,000円追加をし、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4,226万5,000円とするものであります。


 詳細につきましては、健康福祉部長から説明をさせますので、ご審議の上ご承認賜りますようお願いを申し上げます。





                 補 足 説 明





○議長(杉木弘明) 補足説明を許します。


 健康福祉部長。


○健康福祉部長(宮本源光) では、議案第90号 平成19年度志摩市介護サービス事業特別会計補正予算(第1号)について、補足説明を申し上げます。


 予算書の2ページをごらんいただきたいと思います。


 第1表の歳入歳出予算補正の歳入でございますが、2款の一般会計繰入金で253万円の増額と3款の繰越金で15万3,000円の増額、合わせまして歳入合計といたしましては、268万3,000円の計上でございます。


 3ページの歳出をごらんいただきたいと思います。


 2款の施設整備費では268万3,000円の増額で、歳出合計といたしましては、歳入と同額の計上をさせていただいております。


 それでは歳入歳出予算の主な内訳ということで、8ページをごらんいただきたいと思います。


 まず歳入でございますが、3款の繰入金、1項一般会計の繰入金、1目一般会計繰入金で253万円を増額し、3款の繰越金、1項の繰越金、1目の繰越金で15万3,000円を計上しております。


 次に、10ページをごらんいただきたいと思います。


 歳出でございます。老健施設整備事業につきましても、備品購入等残しまして予定どおり事業の進捗がきております。指定管理者に移行するまでの20年3月末までの維持管理費用につきまして、今回補正をお願いするものでございます。


 2款の施設整備費、1項の施設整備費、1目の介護老人保健施設整備費では、需用費におきまして9月から翌年3月までの光熱水費259万7,000円、内訳といたしましては、電気代233万8,000円と、水道代の25万9,000円でございます。また役務費の通信運搬費では8万6,000円を計上しております。これは火災通報等に必要な電話回線の使用料でございます。委託料につきましては、節内での財源振替を行っております。水質検査業務は工事完成後も引き続いて行うというふうな予定でございました。浄化槽の稼働時期を本年12月以降に予定をしておりますので、水質検査業務の費用を112万7,000円減額しております。また増額分につきましては、浄化槽保守管理委託料42万円、電気工作物の保安管理委託料で26万6,000円、施設警備保障システム委託料で44万1,000円とし、増額分の合計で水質検査業務での減額分と同額の112万7,000円としております。


 以上で補足説明を終わります。ご審議の上、ご承認賜りますようよろしくお願いいたします。


○議長(杉木弘明) 以上で、提出者の説明を終わります。





                  議案第91号





○議長(杉木弘明) 日程第11 議案第91号 平成19年度志摩市水道事業会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。





                 提 案 説 明





○議長(杉木弘明) 本案について、提案理由の説明を求めます。


 市長。


               (市長 竹内千尋 登壇)


○市長(竹内千尋) 議案第91号 平成19年度志摩市水道事業会計補正予算(第1号)についての提案理由の説明を申し上げます。


 今回の補正につきましては、収益的収入を1,992万8,000円増額をし、合計で19億1,585万1,000円に、収益的支出を156万3,000円増額をし、合計で18億9,390万7,000円と、また資本的収入では157万5,000円を増額し合計で4,965万円に、資本的支出では1,914万7,000円増額をし、合計を3億9,783万5,000円にさせていただいたというものであります。


 詳細につきましては、上下水道部長より説明をさせますので、ご審議の上、ご承認賜りますようお願いを申し上げます。





                 補 足 説 明





○議長(杉木弘明) 補足説明を許します。


 上下水道部長。


○上下水道部長(山?哲也) それでは、議案第91号 平成19年度志摩市水道事業会計補正予算(第1号)についての補足説明を申し上げます。


 予算書に沿ってご説明を申し上げます。1ページをお開き願います。


 収益的収入でございますが、第1款水道事業収益で既決予定額18億9,592万3,000円に対しまして、第1項営業収益におきまして、1,842万8,000円増額、第3項特別利益で150万円を増額し、合計で19億1,585万1,000円としております。収益的支出につきましては、第1款水道事業費用で既決予定額18億9,234万4,000円に対しまして、第1項営業費用におきまして、156万3,000円を増額し、合計で18億9,390万7,000円としております。


 次に、第1款資本的収入でございますが、既決予定額4,807万5,000円に対しまして、第2項補助金157万5,000円を増額し、合計で4,965万円でございます。次に、第1款資本的支出でございますが、既決予定額3億7,868万8,000円に対しまして、第1項建設改良費で1,914万7,000円の増額で合計3億9,783万5,000円としております。なお、本文括弧中でございますが、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額3億3,061万3,000円を7億1,872万8,000円に、当年度消費税及び地方消費税、資本的収支調整額556万6,000円を2,301万5,000円に、過年度分損益勘定留保資金3億2,504万7,000円を5億6,627万8,000円に改めるものでございます。


 それでは詳細につきましてご説明申し上げます。8、9ページをお願いいたします。


 収益的収入の第1款水道事業収益、第1項営業収益では、その他営業収益、補償金といたしまして1,842万8,000円の増額でございます。また第3項特別利益では固定資産売却益といたしまして150万円の増額となっております。これらにつきましては水道課の議会資料もございますので、ごらんください。


 阿児町国府にございます水道資材格納庫でございますけれども、県道安乗港線道路改良工事計画に伴いまして用地買収面積が75平方メートル、買収価格が150万円、平米当たり単価2万円でございます。これの買収予定とそれに付随する建物補償金としての1,842万8,000円を増額補正するものでございます。


 次に、収益的支出でございますが、第1款水道事業費用、第1項営業費用では、第1目配水及び給水費で委託料の121万円増額でございまして、これにつきましては、量水器、水道のメーターでございますけれども、これの取替えの委託費でございます。当初より273個の取替えの増がございまして、その委託料の増額分43万3,000円と、志摩町の水道施設保守点検の中で、インバーター及び高力率コンバーターの精密点検、2台ございますけれども、これの追加委託料77万7,000円でございます。第3目総係費の賃借料35万3,000円の増額補正につきましては、9月から検針・集金等業務委託が開始されましたが、それに伴う水道料金システムの増設リース料金の追加分でございます。


 10、11ページをお願いします。


 第1款資本的収入、第2項補助金の国庫補助金157万5,000円の増額につきましては、簡易水道間崎地区の石綿管更新事業の追加分でございまして、2カ年事業計画で本年度が最終年度に当たるわけでございますけれども、当初計画以外の場所にも石綿管が約75メートルあることが判明いたしまして、本年度事業に追加するものでございます。


 次に、第1款資本的支出、第1項建設改良費、第2目配水施設改良費の1,914万7,000円の増額につきましては、委託料では先ほどの間崎地区石綿管更新事業の測量実施設計業務委託料、これが50万4,000円、それとこれも先ほど申し上げました県道安乗港線道路改良に伴います水道倉庫の改修工事の実施設計委託料150万円、合わせまして200万4,000円。工事請負費に関しましては間崎地区石綿管更新事業追加分の367万5,000円、国道167号線鵜方磯部バイパス道路改良工事に伴います市道浅野線配水管布設替工事の県企業庁への工事委託事業の確定に対します496万円の減額、それとこれも先ほどの県道安乗港線道路改良工事に伴う建物補償金を使っての建物改修工事費用といたしまして1,842万8,000円、合わせまして1,714万3,000円の増額補正でございます。


 なお、資金計画につきましては4ページ、予定貸借対照表につきましては5ページから7ページに掲載させていただいておりますので、ご一読ください。


 以上で、補足説明とさせていただきます。ご審議の上、ご承認を賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(杉木弘明) 以上で、提出者の説明を終わります。





                   休  憩





○議長(杉木弘明) 休憩します。





               午前10時18分 休憩





               午前10時35分 再開





                   開  議





○議長(杉木弘明) 休憩前に引き続き、会議を開きます。





                  認定第1号





○議長(杉木弘明) 日程第12 認定第1号 平成18年度志摩市一般会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。





                 提 案 説 明





○議長(杉木弘明) 本案について、提案理由の説明を求めます。


 市長。


               (市長 竹内千尋 登壇)


○市長(竹内千尋) 認定第1号 平成18年度志摩市一般会計歳入歳出決算認定について、提案理由の説明を行います。


 一般会計ほか各特別会計の決算認定につきましては、地方自治法第233条第3項の規定により、監査委員の審査に付した決算を監査委員の意見をつけて議会の認定に付さなければならないこととなっております。認定第1号から認定第9号につきましては、同様の扱いで提案をさせていただくものであります。


 それでは、認定第1号 平成18年度志摩市一般会計歳入歳出決算認定について、説明を申し上げます。


 平成18年度の決算額は、歳入総額231億3,910万562円、歳出総額226億4,771万317円、翌年度へ繰り越すべく繰越明許費繰越額が2,972万5,000円でございますので、差し引きをして実質収支額は4億6,166万5,245円となりました。なお、去る7月24日監査委員によりまして、審査をしていただいております。


 補足説明につきましては、会計管理者から申し上げますので、よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願いを申し上げます。





                 補 足 説 明





○議長(杉木弘明) 補足説明を許します。


 会計管理者。


○会計管理者(松野壽範) 認定第1号 平成18年度志摩市一般会計歳入歳出決算認定について補足説明を申し上げます。


 地方自治法第233条第5項に基づく主要な施策の成果を説明する書類につきましては、別冊つづりとなっています。また、資料としまして決算概要説明書を配付しておりますのでご参照ください。なお、これから説明申し上げますページ数につきましては、見開きで左側のページのみ読み上げますので、ご理解をお願いします。


 それでは決算書の10ページをお開きください。歳入合計欄をごらんください。


 歳入総額は231億3,910万562円であり、予算額230億9,640万8,000円に対しまして、4,269万2,562円の増額となりました。予算額を下回った科目は21科目中、国庫支出金、繰入金、市債の3科目で、そのほかは予算額と同額かまたは上回って収入され、予算に対する収入率は100.2%となりました。不納欠損額につきましては、一般会計全体で2億1,640万7,586円であり、そのうち市税で2億1,455万1,946円、分担金及び負担金で185万5,640円であり、一般会計の収入未済額は19億9,419万2,616円となりました。


 14ページをお開きください。


 歳出総額は226億4,771万317円で、予算に対しましては98.1%の執行率であります。翌年度繰越額は1億650万円で民生費の後期高齢者医療制度電算委託事業3,335万1,000円と土木費のまちづくり交付金事業志摩地区分2,534万7,000円と教育費の的矢中学校校舎等耐震補強事業4,780万2,000円であります。不用額は3億4,219万7,683円となりました。


 歳入歳出差引額は4億9,139万245円で、14ページ記載のとおりであります。


 それでは16ページをお開きください。事項別明細書で主なものにつきましてご説明を申し上げます。


 1款市税は予算額55億5,430万4,000円に対し、調定額77億8,490万1,116円、決算額は56億2,774万2,870円で、歳入全体の24.3%であります。収入未済額は市税全体で19億4,260万6,300円でありました。参考ではありますが、前年度に比べ収入未済額は1億1,128万3,135円の減少となっておりますが、不納欠損額を差し引きますと、収入未済額は2億326万8,811円の増額となりました。次に、1項市民税の決算額は17億9,232万4,481円、2項固定資産税は32億2,573万9,174円、3項軽自動車税は1億2,779万2,136円、4項市たばこ税は3億9,932万8,579円でありました。5項特別土地保有税は20万円で、滞納繰越分であります。6項入湯税は8,235万8,500円でございます。


 次に、18ページ、2款地方譲与税は予算額6億1,972万5,000円に対し、決算額6億1,973万2,910円であります。そのうち1項所得譲与税は4億298万9,910円、2項自動車重量譲与税は1億6,125万2,000円、3項地方道路譲与税は5,549万1,000円であります。


 3款利子割交付金は、予算額1,850万円、決算額は2,010万2,000円。


 4款配当割交付金は、予算額、決算額ともに2,235万3,000円であります。


 5款株式等譲渡所得割交付金については、予算額1,770万円に対し、決算額2,173万9,000円であります。


 6款地方消費税交付金は、予算額、決算額ともに5億3,941万円であります。


 7款ゴルフ税利用税交付金は、予算額6,950万円に対しまして、決算額7,590万6,703円であります。


 20ページ、8款自動車取得税交付金は、予算額、決算額ともに1億5,746万4,000円。


 9款地方特例交付金も予算額、決算額ともに1億809万8,000円であります。


 次に、10款地方交付税につきましては、予算額、決算額ともに78億3,223万9,000円で、歳入全体の33.8%、内訳は普通交付税が71億1,016万7,000円、特別交付税が7億2,207万2,000円となっております。


 11款交通安全対策特別交付金は、予算額460万円に対し、決算額542万円。


 12款分担金及び負担金については、予算額2億3,007万4,000円、調定額2億3,589万6,222円、決算額2億3,153万2,382円で、収入未済額250万8,200円となりましたが、不納欠損額185万5,640円を加えると、実質の収入未済額は436万3,840円となります。主な収入は22ページの老人ホーム入所負担金や保育所保護者負担金でありますが、収入未済額はすべて保育所保護者負担金となっております。


 13款使用料及び手数料は、予算額3億8,810万8,000円、調定額4億2,733万7,127円、決算額4億3万6,964円でありますが、収入未済額は住宅使用料等で2,730万163円となっております。収入の主なものは、24ページの火葬場使用料、ともやま公園施設使用料、公営住宅使用料、26ページの幼稚園保育料、幼稚園預かり保育料、28ページの一般廃棄物処理手数料等でございます。


 30ページをお願いします。


 14款国庫支出金は、予算額15億7,297万9,000円、決算額15億4,856万6,104円で、歳入全体に占める割合は6.7%、そのうち1項国庫負担金は障害者福祉費負担金、生活保護費等民生費に係る負担金が主なもので10億7,780万1,234円であります。


 32ページ、2項国庫補助金は4億5,168万1,942円で、市町村合併補助金1億6,000万円や、地域イントラネット基盤施設整備事業補助金3,902万1,000円等が主なものであります。


 また、34ページ、3項国庫委託金は、決算額1,908万2,928円で、36ページの国民年金事務委託金等でございます。


 同じく36ページの15款県支出金は、予算額10億5,824万1,000円、決算額は10億6,204万4,866円で、そのうち1項県負担金は、民生費の保険基盤安定負担金等で4億2,564万6,226円、2項県補助金は5億3,423万728円で、そのうち38ページの市町村合併支援交付金は1億円で、42ページの漁業経営構造改善事業補助金1億3,191万9,000円が主なものであります。


 44ページの3項県委託金は県民税徴収委託金、三重県知事及び46ページの三重県議会議員選挙委託金等で1億216万7,912円であります。


 次に、48ページ、16款財産収入は、予算額1億9,414万8,000円、調定額1億9,488万784円、決算額1億9,474万2,084円、財産の貸付や売り払いによる収入で、横山園地に係る土地の売却などが主なものでありますが、土地建物貸付収入で、13万8,700円の収入未済額があります。


 17款 寄附金は予算額2,570万9,000円、決算額2,580万1,731円で、主なものは50ページの4目土木費寄附金等でございます。


 18款繰入金は予算額11億4,737万9,000円、決算額11億4,737万8,500円で、各種基金からの繰入金は、9億8,085万8,070円で財政調整基金からの繰り入れが主なものであります。また、52ページの2項特別会計繰入金は、それぞれの会計別の精算による繰入等で1億6,652万430円となっております。


 19款繰越金は、予算額4億8,624万3,000円、決算額4億8,624万3,270円で、前年度繰越金であります。


 20款諸収入につきましては、予算額5億4,763万4,000円に対し、調定額5億8,048万6,431円、決算額5億5,884万7,178円、収入未済額2,163万9,253円で、収入未済額の主なものは54ページ備考欄の一番上の奨学金償還金等であります。


 1枚戻っていただきまして、52ページの20款諸収入のうち1項延滞金加算金及び過料の決算額は、1,483万6,625円。2項市預金利子は225万2,199円、3項貸付金元利収入は、奨学金の償還等で1,209万7,180円。54ページの4項雑入では5億2,966万1,174円でありますが、この中には、学校給食等に係る徴収金や、鳥羽志勢広域連合等への職員の派遣負担金、また56ページ右側の25番、児童館等使用負担金等が含まれております。


 次に、62ページ、21款市債については、予算額25億200万円、決算額24億5,370万円で歳入に占める割合は10.6%であります。64ページの事業債のうち、農道整備事業債と漁港整備事業債で1億3,380万円、土木債全部で1億4,050万円、合併特例事業債は10億1,800万円が主なものでありますが、交付税補てんのための臨時財政対策債は8億7,830万円となっております。


 引き続きまして、歳出でございますが、68ページをお開きください。


 1款の議会費ですが、予算額2億5,154万1,000円に対しまして、決算額は2億4,868万6,071円、不用額285万4,929円でありまして、主な支出は人件費であります。


 70ページ、2款総務費は予算額40億8,415万8,000円、決算額40億4,139万1,633円、不用額4,276万6,367円で、支出総額に占める割合は17.8%、そのうち1項総務管理費では36億4,758万7,381円、主なものは78ページ、5目財産管理費の28節公共用地取得整備特別会計への繰出金7,345万4,312円。6目基金管理費では8億1,090万8,384円を各種基金に積み立てをいたしました。7目企画費では、80ページ、23節償還金利子及び割引料で、国立公園施設建設譲渡事業償還金9,910万7,200円の償還。82ページ、9目浜島地域振興費から96ページ、13目磯部地域振興費までは五つの支所における人件費、管理費、事業費等全体で10億7,347万1,122円となっております。100ページ、14目情報推進費は、3億8,627万8,296円で、主なものは、102ページの地域イントラネット基盤施設整備事業委託料1億5,875万9,926円、志摩地域電算システム統合事業委託料1億1,355万6,240円となりました。


 106ページ、19目庁舎建設事業費は測量試験及び建築設計業務委託料等で9.889万1,292円であります。2項徴税費は2億5,915万188円。110ページ、3項戸籍住民基本台帳費は7,305万8,743円。112ページ、4項選挙費は、三重県知事選挙、三重県議会議員選挙で3,006万136円、114ページ、5項統計調査費は、各種統計調査費等で353万573円。116ページ、6項監査委員費は2,800万4,612円であります。


 次に118ページ、3款民生費は、予算額62億7,393万4,000円、決算額60億9,721万2,630円、繰越明許費3,335万1,000円、不用額1億4,337万370円で、支出総額に占める割合は26.9%であります。1項の社会福祉費は31億10万7,492円で、そのうち1目の社会福祉総務費では、120ページ、社会福祉協議会補助金6,755万円、国保特別会計への繰出金5億7,854万8,974円。122ページ、3目福祉医療費で2億2,316万6,230円。124ページ、4目障害者福祉費は、身体障害者福祉センター、志摩療育センターへの運営補助のほか、障害者への扶助費で5億2,654万8,858円。128ページ、5目老人福祉費では、130ページ、志摩広域行政組合への負担金やシルバー人材センターへの運営補助金、扶助費で老人ホーム入所措置費を、また28節繰出金で老人保健特別会計へ5億4,954万1,000円。介護サービス事業特別会計へ5,687万5,000円を繰り出しております。また、1枚戻っていただきまして、13節委託料の繰越明許費として、後期高齢者医療制度電算委託料3,335万1,000円を翌年度へ繰り越しております。次に、130ページ、6目介護保険費では、28節で介護保険特別会計への繰出金が5億7,458万3,000円となっております。


 次に、134ページ、2項児童福祉費は、決算額22億1,360万7,616円、主なものは138ページ、2目児童措置費の20節児童手当等扶助費で6億2,523万9,932円。140ページ、4目児童福祉施設費は、19カ所の保育所と阿児地区児童館、迫間児童館及び放課後児童クラブに係る費用で14億7,726万8,301円であります。146ページ、3項生活保護費は、事務費と扶助費合わせて7億6,916万8,930円で、18年度末では343世帯、529名を援護しています。


 148ページ、4款衛生費は、予算額28億4,151万3,500円、決算額28億1,049万7,765円、不用額3,101万5,735円で、支出総額に占める割合は12.4%であります。そのうち、1項保健衛生費は、13億3,411万941円、主なものは150ページ、1目保健衛生総務費で水道事業会計出資金1億5,760万円。152ページ、2目予防費の各種予防接種等委託料が6,291万4,694円。154ページ、4目老人保健事業費では、基本健康診査等委託料等で1億56万1,045円。158ページ、6目環境保全費では、158ページ備考欄の一番下から次のページにかけての合併処理浄化槽設置整備事業補助金、211基分で8,259万6,000円、7目病院費では病院事業会計への負担金6億円であります。2項清掃費は14億7,638万6,824円、ここでは162ページ、2目の塵芥処理費8億6,926万1,535円で、5カ所の施設センターに係る経費であります。また172ページ、3目し尿処理費では、鳥羽志勢広域連合への分担金5億6,152万7,000円が主なものであります。


 次に、5款農林水産業費は、予算額6億6,569万9,000円、決算額6億5,587万5,785円、不用額は982万3,215円で、支出総額に占める割合は2.9%であります。1項農業費は2億5,217万6,689円で、ここでは178ページ、4目農地費の19節負担金補助及び交付金で、県営磯部・浜島地区農免道路整備事業・県営ふるさと農道整備事業・中山間地域総合整備事業負担金等で、1億2,423万7,139円であります。


 182ページ、3項水産業費は3億8,738万3,517円、主なものとしては、1目水産振興費で、19節負担金補助及び交付金で186ページの一番下の沿岸漁業構造改善事業補助金等1億7,573万1,000円。188ページ、3目漁港建設費では190ページ、19節の安乗漁港関連道整備事業や広域漁港整備事業負担金等で5,813万6,209円、また4目の磯体験施設費は経常経費等3,816万6,553円の決算でございます。


 次に、192ページ、6款商工費ですが、予算額3億9,052万5,000円、決算額は3億8,333万4,627円、不用額は719万373円で、支出総額に占める割合は1.7%であります。主なものでは1目商工振興費の19節負担金補助及び交付金で、商工会運営補助金等が3,644万8,562円。194ページ、2目観光費の13節委託料で、プレイベント実行委員会委託料が1,290万円、19節負担金補助及び交付金では、196ページの自然公園大会負担金や観光協会運営補助や温泉振興補助金等で1億402万8,368円。200ページ、5目ともやま公園管理費は6,259万7,224円、202ページ、6目パークゴルフ場施設費は1,486万4,275円で、206ページ、9目道の駅施設費では13節委託料1,074万2,000円で、道の駅施設費指定管理料であります。


 次に、同じく206ページ、7款の土木費においては、予算額17億5,861万7,000円、決算額は17億1,829万9,692円、繰越明許費2,534万7,000円、不用額1,497万308円で、支出総額に占める割合は7.6%となっております。1項土木管理費は1億7,620万8,574円であります。208ページ、2項道路橋りょう費は5億6,685万6,489円で、そのうち210ページ、2目道路維持費では道路の維持補修等で4,261万1,226円、3目道路新設改良費では、15節工事請負費で市道の新設改良工事費等で2億9,529万7,800円。17節公有財産購入費で市道用地の購入費1億6,091万760円であります。


 212ページ、3項河川費は、河川管理費で2,412万8,816円。214ページ、4項港湾費は135万773円、5項都市計画費は9億952万214円。主なものでは1目都市計画総務費で、13節委託料が都市計画マスタープラン策定委託料等で1,234万7,479円。216ページ、2目地籍調査費の主なものは13節委託料2,510万2,875円で、阿児町・浜島町での地籍調査業務委託料であります。218ページ、3目公園費は都市公園管理費で1,796万5,521円、4目都市再生整備費1億9,823万8,282円、ここでは、まちづくり交付金事業で浜島地区、志摩町和具地区での整備を進めていますが、翌年度繰越額で2,534万7,000円を繰越明許としております。220ページ、5目下水道費では、下水道事業会計への負担金1億3,582万9,000円と、下水道事業特別会計への繰出金3億5,643万9,000円となっています。222ページ、6項住宅費は、4,023万4,076円で市営住宅の管理費であります。


 224ページ、8款消防費、予算額12億7,324万7,000円、決算額12億5,404万6,512円、不用額1,920万488円、支出総額に占める割合は5.5%、内訳は1目常備消防費で、志摩広域消防組合への分賦金10億1,756万円であります。2目非常備消防費では、消防団維持運営が主なもので1億3,820万1,845円であります。228ページ、4目災害対策費では、13節委託料で防災行政無線の保守点検委託料等1,901万9,260円、また、15節工事請負費で230ページ備考欄の2、避難路等設置事業費及び3番の防災倉庫整備事業費で3,268万3,350円であります。


 次に、同じく230ページ、9款教育費ですが、予算額27億3,141万3,000円、決算額26億4,145万2,639円、繰越明許費4,780万2,000円、不用額は4,215万8,361円で、支出総額に占める割合は11.7%であります。1項教育総務費は3億4,631万4,827円、ここでは2目事務局費で、232ページ、19節負担金補助及び交付金で備考欄の下から三つ目の奨学金の支給1,116万円、21節貸付金で234ページ備考欄の一番上、奨学金の貸与1,859万円を行っております。236ページ、2項小学校費3億9,876万6,767円の中では、1目学校管理費で、15節工事請負費が240ページの安乗小学校屋内運動場耐震化等改修工事で5,047万3,500円となっております。242ページ、3目学校建設費では15節工事請負費で、浜島町小学校の用地造成工事等で、5,405万2,000円であります。3項中学校費、2億3,020万7,374円では、1目学校管理費で15節工事請負費、市内中学校の修繕工事費等で898万9,680円。また19節負担金補助及び交付金では、備考欄下から2行目の選手派遣費等補助1,654万2,591円が主なものです。また、繰越明許費で的矢中学校校舎等耐震補強工事関係4,780万2,000円を翌年度へ繰り越しております。


 次に、246ページ、4項幼稚園費4億1,324万9,693円は主に経常的な経費のほかは、248ページ、15節の工事請負費で250ページの備考欄の幼稚園空調機設置工事費203万1,750円が主なものとなっております。5項社会教育費4億6,508万9,124円で、関係施設の管理費や活動費が主なものであります。252ページの2目文化振興事業費で254ページ、15節工事請負費で備考欄の一番下磯部御神田周辺整備工事費5,154万4,500円であります。次に、256ページの4目阿児アリーナ施設費では、258ページ、15節工事請負費で6,126万7,500円は阿児アリーナの施設内装等工事と空調設備改修工事及び音響機器等改修工事であります。260ページ、6目公民館費は8,101万7,281円で主に経常的な経費であります。264ページ、7目図書館費・資料館費は、全体で8,839万6,161円であります。


 次に、268ページの6項保健体育費7億8,782万4,854円で、272ページ、2目体育施設費で4,305万8,195円、278ページ、3目学校給食費は6億901万5,169円、これは給食に係る費用ですが、主な支出は全センターの賄材料費を合計すると2億5,561万4,132円、給食配送業務委託料は880万円となっています。284ページ、4目海洋センター施設費8,004万7,419円は浜島町・志摩町の二つの施設に係る経費であります。


 288ページの10款災害復旧費は、予算額4万2,000円で支出は0であります。


 11款公債費は、予算額28億211万7,000円、決算額27億9,691万2,963円、不用額は520万4,037円で、支出総額に占める割合は12.3%であります。290ページ、1項公債費のうち、元金は22億8,599万1,176円、利子は5億1,092万1,787円であります。


 次に、12款の予備費は、予算額2,360万1,500円で、不用額も同額となっておりますが、ここでは予算編成時予測できなかった経費として、2款総務費、2項徴税費へ200万円、4款衛生費、2項清掃費へ1,026万500円を充用しております。


 292ページ、実質収支に関する調べでは、歳入歳出差引額4億9,139万245円、翌年度へ繰り越すべき財源として繰越明許費繰越額が2,972万5,000円、実質収支額は4億6,166万5,245円となりました。


 なお、財産に関する調書につきましては、293ページから299ページに記載のとおりであります。また、地方自治法第241条第5項の規定にございます特定目的のための定額運用基金については、300ページから303ページに記載のとおりであります。


 以上で、補足説明を終わります。ご審議の上、お認めいただきますようお願い申し上げます。


○議長(杉木弘明) 以上で、提出者の説明を終わります。





               認定第2号〜認定第9号





○議長(杉木弘明) 日程第13 認定第2号 平成18年度志摩市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定についてから、日程第20 認定第9号 平成18年度志摩市介護サービス事業特別会計歳入歳出決算認定についてまでの8件を一括議題といたします。





                 提 案 説 明





○議長(杉木弘明) 本案について提案理由の説明を求めます。


 市長。


               (市長 竹内千尋 登壇)


○市長(竹内千尋) 認定第2号から認定第9号までの特別会計について、8件の認定案件について、一括して提案をさせていただきます。


 まず認定第2号 平成18年度志摩市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について説明を申し上げます。


 平成18年度の決算額は、歳入総額74億2,419万8,767円、歳出総額69億1,679万5,869円、翌年度へ繰り越すべき繰越明許費繰越額が2,033万6,000円でございますので、差し引きをして実質収支額は、4億8,706万6,898円となりました。


 続きまして、認定第3号 平成18年度志摩市老人保健特別会計歳入歳出決算認定について説明を申し上げます。


 平成18年度の決算額は、歳入総額57億9,776万5,540円、歳出総額57億6,365万928円、差し引きをして実質収支額は、3,411万4,612円となりました。


 次に、認定第4号 平成18年度志摩市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について説明を申し上げます。


 平成18年度の決算額は、歳入総額37億1,715万9,150円、歳出総額34億3,656万274円、翌年度へ繰り越すべき繰越明許費繰越額が209万8,000円でございますので、差し引きをして実質収支額は、2億7,850万876円となりました。


 次に、認定第5号 平成18年度志摩市下水道事業別会計歳入歳出決算認定について説明を申し上げます。


 平成18年度の決算額は、歳入総額4億6,036万1,326円、歳出総額4億4,223万8,636円、差し引きをして実質収支額は1,812万2,690円となりました。


 次に、認定第6号 平成18年度志摩市公共駐車場整備特別会計歳入歳出決算認定について説明を申し上げます。


 平成18年度の決算額は、歳入総額262万7,618円、歳出総額133万884円、差し引きをして実質収支額は、129万6,734円となりました。


 次に、認定第7号 平成18年度志摩市公共用地取得整備特別会計歳入歳出決算認定について説明を申し上げます。


 平成18年度の決算額は、歳入・歳出とも総額7,345万4,312円であり、差し引きをして実質収支額は、0円となりました。


 次に、認定第8号 平成18年度志摩市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について説明を申し上げます。


 平成18年度の決算額は、歳入総額5,653万7,648円、歳出総額5,621万1,131円、差し引きをして実質収支額は、32万6,517円となりました。


 最後に、認定第9号 平成18年度志摩市介護サービス事業特別会計歳入歳出決算認定について説明を申し上げます。


 平成18年度の決算額は歳入総額5億4,291万1,716円、歳出総額4億7,302万6,307円、翌年度へ繰り越すべき繰越明許費繰越額は6,861万4,000円でございますので、差し引きをして実質収支額は127万1,409円となりました。


 なお、各会計とも去る7月18日、監査委員によりまして、審査をいただいております。補足説明につきましては、会計管理者から申し上げますので、よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願いを申し上げます。





                 補 足 説 明





○議長(杉木弘明) 補足説明を許します。


 会計管理者。


○会計管理者(松野壽範) それでは、認定第2号から認定第9号まで、八つの特別会計につきまして、一括して補足説明をいたします。


 認定第2号 平成18年度志摩市国民健康保険特別会計歳入歳出決算について補足説明を申し上げます。


 306ページをお開きください。


 まず歳入総額は74億2,419万8,767円であり、予算額は72億2,246万円に対して2億173万8,767円の増額となっています。国民健康保険税は予算額を622万6,709万円下回りましたが、その他の科目で予算額を上回って収入され予算に対する収入率は102.8%となりました。不納欠損額につきましては、国民健康保険税全体で3億914万2,212円であり、国保会計への収入未済額は5億3,491万1,582円となりました。


 308ページをお開きください。


 歳出総額は、69億1,679万5,869円で、予算に対しまして95.8%の執行率であります。また翌年度繰越額は2,333万6,000円で、不用額は2億8,232万8,131円となりました。歳入歳出差引額は310ページの5億740万2,898円であります。


 それでは、312ページをお開きください。事項別明細書で主なものにつきましてご説明申し上げます。


 1款国民健康保険税は、予算額22億3,163万6,000円、調定額30億6,946万3,085円、決算額22億2,540万9,291円で、歳入に占める割合は30.0%、収入未済額は5億3,491万1,582円、収納率は72.5%でありますが、現年課税分は92.3%、滞納繰越分では9.0%となりました。


 2款使用料及び手数料は、予算額30万1,000円、決算額66万7,250円で、これはすべて督促手数料であります。


 3款国庫支出金は、予算額22億5,756万3,000円、決算額23億8,549万8,185円で歳入に占める割合は32.1%であります。1項国庫負担金は16億8,655万3,185円で、療養給付費等に係る国の負担金や老人保健医療費に係る拠出金の負担金及び介護納付金の負担金であります。314ページ、2項国庫補助金は6億9,894万5,000円で、財政調整交付金の受け入れ、普通調整交付金6億3,770万1,000円、特別調整交付金6,717万4,000円であります。


 4款療養給付費等交付金は、予算額9億4,890万円、決算額10億2,729万1,000円で、退職者医療療養給付費等に係るもので支払い基金からの交付金であります。


 5款県支出金は、予算額3億6,141万3,000円、決算額3億6,141万3,739円、これは高額医療費共同事業負担金と、財政調整交付金の受け入れであります。


 6款共同事業交付金は、予算額4億8,691万8,000円、決算額4億8,691万8,776円で、高額医療に係る国保団体連合会からの交付金であります。


 316ページの7款財産収入は、予算額32万円、決算額32万76円、これは基金積立金の利子であります。


 8款寄附金については、収入額はありません。


 9款繰入金は、予算額5億7,854万8,000円、決算額5億7,854万8,974円で、これはすべて一般会計からの繰入金であります。内訳は備考欄に記載のとおりです。


 10款繰越金は、予算額3億3,771万5,000円、決算額3億3,771万5,076円で前年度繰越金であります。


 11款諸収入は、予算額1,914万5,000円、決算額2,041万6,400円で、318ページ、1項延滞金加算金及び過料は一般被保険者の延滞金で283万3,132円。2項の預金利子では歳計現金の利子1,000円。3項雑入は、1,758万2,268円であります。


 続きまして、320ページ、歳出でございますが、1款総務費は、予算額1億2,352万9,000円、決算額9,837万8,288円、繰越明許費2,333万6,000円、不用額が181万4,712円でした。そのうち1項総務管理費は7,180万6,480円、繰越明許費として後期高齢者医療制度創設に伴う国保保険者システム改修委託事業2,333万6,000円を翌年度へ繰り越しております。2項徴税費2,593万6,690円。322ページの3項運営協議会費30万5,118円、また4項趣旨普及費は33万円であります。


 2款保険給付費は、予算額48億3,734万3,000円、決算額46億3,300万4,589円、不用額2億433万8,411円で、歳出総額に占める割合67%、執行率は95.8%となりました。そのうち1項療養諸費は、42億74万2,473円で、一般及び退職被保険者の療養給付費等であります。324ページ、2項高額療養費は3億8,413万2,116円、4項出産育児諸費は2,815万円で、87件分。326ページ、5項葬祭諸費1,998万円で、524件分であります。


 3款老人保健拠出金は、予算額10億5,615万1,000円、決算額は10億5,614万9,108円、不用額1,892円で、歳出総額に占める割合は15.3%となっています。


 4款介護納付金は、予算額5億131万1,000円で、決算額5億131万896円、不用額104円で歳出総額に占める割合は7.2%であります。


 5款共同事業拠出金は、予算額5億1,218万7,000円、決算額5億679万3,638円、不用額539万3,362円で高額医療に係る医療費の拠出が主なものであります。


 328ページ、6款保健事業費は、予算額3,570万円、決算額3,324万7,590円、不用額が245万2,410円で、うち1項の保健事業費、1,337万4,653円。330ページ、2項健康管理センター事業費1,987万2,937円となりました。


 332ページ、7款基金積立金は、予算額6,381万7,000円、決算額6,381万6,000円、不用額1,000円となっています。


 8款公債費は予算額50万円に対し、支出はありません。


 9款諸支出金は、予算額2,486万7,000円、決算額2,409万5,760円で、不用額77万1,240円となっています。1項償還金及び還付加算金は、1,511万859円。334ページ、2項繰出金は898万4,901円で、直営診療施設勘定繰出金及び一般会計への繰出金となっています。


 10款予備費は予算額6,705万5,000円で、支出はございません。


 以上の結果、338ページの実質収支では、歳入歳出差引額5億740万2,898円、翌年度へ繰越できる財源として繰越明許費の繰越額が2,033万6,000円、実質収支額は4億8,706万6,898円となりました。なお、財産に関する調書は339ページに記載のとおりであります。


 次に、認定第3号 平成18年度志摩市老人保健特別会計歳入歳出決算について補足説明を申し上げます。


 342ページをお開きください。


 歳入総額は、57億9,776万5,540円であり、予算額は59億2,439万4,000円に対して、1億2,662万8,460円の減収となっています。


 344ページをお開きください。


 歳出総額は、57億6,365万928円で、予算に対しましては97.3%の執行率であります。また、不用額は1億6,074万3,072円となりました。歳入歳出差引額は3,411万4,612円であります。


 346ページをお開きください。


 まず歳入でございますが、1款支払基金交付金は、予算額31億2,240万4,000円、決算額が29億9,571万9,000円で、歳入に占める割合は51.7%であります。これは医療費に係る交付金と審査に係る分の交付金であります。


 2款国庫支出金は、予算額17億3,164万4,000円、決算額17億3,164万4,754円で、歳入に占める割合は29.9%、うち1項国庫負担金では、医療費の負担金現年度分・過年度分合わせて17億3,044万8,754円、2項国庫補助金は、老人医療費適正化推進費補助金として119万6,000円であります。


 3款県支出金は、予算額4億2,951万6,000円、決算額は、医療費の県負担金として4億2,951万6,947円で、これが歳入に占める割合は7.4%であります。


 4款繰入金の予算額は5億4,954万1,000円で決算額も同額です。これは一般会計からの医療費繰入と事務費繰入分であります。


 5款繰越金は予算額は8,473万9,000円、決算額8,473万9,443円で、これは前年度繰越金であります。


 348ページ、6款諸収入は予算額は655万円、決算額660万4,396円で、主には3項雑入の第三者納付金612万376円であります。


 次に、350ページの歳出では、1款総務費は、予算額3,917万7,000円、決算額は3,810万9,399円、不用額は106万7,601円で、主に人件費、事務経費等でございます。


 2款医療諸費は、予算額57億2,436万4,000円、決算額55億6,536万9,347円、不用額1億5,899万4,653円で老人医療に係る医療給付費が主なもので、支出総額の96.6%となっております。


 352ページ、3款諸支出金は予算額1億6,017万4,000円、決算額が1億6,017万2,182円、不用額1,818円で、1項償還金が813万8,182円。2項繰出金が一般会計への繰出で1億5,203万4,000円であります。


 4款公債費は、予算額67万9,000円ですが、支出はございません。


 以上の結果、354ページの歳入歳出差引額は3,411万4,612円で実質収支額も同額でございます。


 次に、認定第4号 平成18年度志摩市介護保険特別会計歳入歳出決算について、補足説明を申し上げます。


 356ページをお開きください。


 歳入総額は、37億1,715万9,150円であり、予算額は36億6,617万4,000円に対し、5,098万5,150円の増額となっています。予算に対する収入率は101.4%、不納欠損額につきましては、介護保険料滞納分466万6,180円であり、収入未済額は1,659万9,349円となりました。


 358ページをお開きください。歳出総額は34億3,656万274円で、予算に対しましては、93.7%の執行率であります。また不用額は2億2,646万3,726円となりました。歳入歳出差引額は2億8,059万8,876円であります。


 360ページをお開きください。


 まず歳入ですが、1款介護保険料は、予算額6億2,064万1,000円、調定額6億9,298万201円、決算額6億7,171万円4,672円で、歳入全体に占める割合は18.1%で、収納率は96.9%であります。


 2款使用料及び手数料は、予算額8万1,000円に対し、決算額10万310円で、すべて督促手数料でございます。


 3款国庫支出金は、予算額8億7,436万4,000円、決算額8億7,331万915円で、歳入全体の23.5%であります。内訳は1項国庫負担金6億2,941万5,000円で、介護給付費の負担金と2項国庫補助金2億4,389万5,915円で、これは調整交付金の受け入れが主なものであります。


 次に362ページ、4款支払基金交付金、予算額9億8,306万9,000円、決算額9億8,397万3,000円で、歳入全体の26.5%、これは支払基金からの介護給付費交付金であります。


 5款県支出金は、予算額4億8,658万4,000円、決算額4億8,658万2,957円、これは歳入全体の13.1%で、介護給付費の県負担分であります。


 6款財産収入、予算額5万6,000円、決算額5万6,616円で基金利子。


 364ページ、7款繰入金は予算額5億7,458万4,000円、決算額は5億7,458万3,000円で、歳入全体の15.5%、これは一般会計からの繰入で介護給付費の繰入と給与等事務費繰入分であります。


 8款繰越金は予算額1億2,661万8,000円、決算額は1億2,661万8,660円で前年度繰越金です。


 9款諸収入は予算額17万7,000円、決算額21万9,020円で、主なものは延滞金等でございます。


 続きまして、368ページの歳出ですが、1款の総務費は、予算額1億3,183万4,000円、決算額1億2,786万3,166円、繰越明許費315万円、不用額は82万834円、そのうち1項総務管理費では決算額1億2,262万8,849円で、主なものは人件費のほか電算業務の委託料、広域連合への負担金等であります。また13節委託料で介護保険システム改修事業費315万円は翌年度へ繰り越しております。2項徴収費は決算額523万4,317円であります。


 370ページ、2款保険給付費は予算額33億4,453万6,000円、決算額31億6,945万6,422円、支出総額に占める割合は92.2%、不用額は1億7,507万9,578円であります。内訳では、1項介護サービス等諸費29億3,576万8,445円で居宅や施設等に係る介護サービス給付費であります。372ページ、2項介護サービス等諸費4,788万790円で各種居宅支援サービスに係る給付であります。374ページ、3項その他諸費は、審査支払手数料で513万6,935円、376ページ、4項高額介護サービス等費は5,212万8,052円となっています。5項特定入所者介護サービス等費は1億2,854万2,200円となっています。


 378ページ、3款財政安定化基金拠出金は予算額396万4,000円、決算額396万3,247円、不用額は753円、これは財政安定化基金への拠出金であります。


 4款地域支援事業費は予算額8,404万7,000円、決算額8,144万6,501円、不用額260万499円で、内訳は1項介護予防事業費で3,234万5,146円。380ページ、2項包括的支援事業任意事業費4,910万1,355円となっています。


 384ページ、5款基金積立金では予算額は2,005万7,000円と同額を積み立てるものであります。


 6款公債費は予算額1,000円ですが、支出はありません。


 7款諸支出金は予算額3,421万5,000円、決算額3,377万3,938円、不用額44万1,062円、これは還付金や返還金であります。


 386ページ、8款の予備費については、予算額4,752万円ですが、支出はありません。


 388ページの実質収支では歳入歳出予算差引額2億8,059万8,876円、翌年度へ繰り越すべき財源として繰越明許費繰越額が209万8,000円、実質収支額は2億7,850万876円となりました。なお、財産に関する調書は389ページのとおりであります。


 次に、認定第5号 平成18年度志摩市下水道事業別会計歳入歳出決算について、補足説明を申し上げます。


 決算書の392ページをお開きください。


 歳入総額は、4億6,036万1,326円で、予算額は4億5,083万3,000円に対して952万8,326円の増額となっています。予算に対する収入率は102.1%、不納欠損額は1万1,970円で収入未済額は1,389万6,089円となりました。


 394ページをお開きください。


 歳出総額は、4億4,223万8,636円で、予算に対しましては98.1%の執行率であります。また、不用額は859万4,364円となりました。歳入歳出差引額は1,812万2,690円であります。


 396ページをお開きください。


 まず歳入で1款分担金及び負担金は、予算額760万9,000円、調定額2,452万9,250円、決算額1,240万3,850円で収納率50.6%、収入未済額1,212万5,400円であります。うち、1項分担金は漁業集落に係る受益者分担金及び工事分担金等で113万6,850円。2項負担金は、公共下水道に係る受益者負担金及び新規加入負担金等で1,126万7,000円となっております。


 2款使用料及び手数料は予算額6,158万2,000円、調定額6,804万929円、決算額6,625万8,270円、不納欠損額は1万1,970円、収入未済額は177万689円で、主には下水道の使用料であります。


 4款県支出金は予算額、決算額ともに同額の1,053万2,000円、これは下水道普及率ジャンプアップ事業補助金が主なものであります。


 398ページ、5款繰入金も予算額、決算額ともに同額の3億5,643万9,000円で、一般会計からの繰入金であります。


 6款繰越金については、予算額1,466万9,000円、決算額1,466万9,236円で、前年度繰越金でございます。


 7款諸収入、予算額2,000円、決算額5万8,970円で預金利子とその他雑入であります。


 次に400ページ、歳出ですが、1款総務費は予算額3,080万円、決算額3,023万70円、不用額56万9,930円で、一般管理費でございます。


 402ページ、2款下水道事業費は予算額1億1,132万1,000円、決算額1億557万3,603円、不用額574万7,397円で、これは特定環境保全公共下水道に係る経費及び事業費であります。


 404ページ、3款集落排水費は予算額2,589万5,000円、決算額2,386万8,826円、不用額202万6,174円で、漁業集落事業に係る管理費であります。


 次に、4款公債費は予算額2億8,271万7,000円、決算額2億8,256万6,137円、不用額25万863円で元利償還金であります。


 408ページをお願いします。


 歳入歳出差引額及び実質収支額は1,812万2,690円となりました。なお、財産に関する調書は409ページのとおりであります。





                   休  憩





○議長(杉木弘明) 会計管理者の発言中でございますが、午さん休憩します。





               午前11時47分 休憩





               午後 1時00分 再開





                   開  議





○議長(杉木弘明) 午前に引き続き、会議を開きます。


 会計管理者。


○会計管理者(松野壽範) それでは、認定第6号 平成18年度志摩市公共駐車場整備特別会計歳入歳出決算について、補足説明を申し上げます。


 この会計は鵜方駅前公共駐車場の管理運営を行っている特別会計でございます。


 412ページをお開きください。


 歳入総額は262万7,618円で、予算額は254万3,000円に対して8万4,618円の増額となっています。予算に対する収入率は103.3%、収入未済額はありません。


 414ページをお開きください。


 歳出総額は133万884円で予算に対しましては、52.3%の執行率であります。また、不用額は121万2,146円となりました。歳入歳出差引額は129万6,734円であります。


 416ページをお開きください。


 まず、歳入でございますが、1款使用料及び手数料は、予算額171万1,000円、決算額179万3,900円で、鵜方駅前公共駐車場使用料であります。


 2款財産収入は、予算額1万7,000円、決算額1万7,444円、これは基金利子。


 3款繰越金は、予算額79万1,000円、決算額79万1,939円、これは前年度繰越金であります。


 4款諸収入は、予算額2万4,000円、決算額2万4,335円で、パークロックによる賠償責任保険金です。


 次の418ページ、歳出ですが、1款事業費は予算額182万6,000円、決算額133万884円、不用額49万5,116円で、鵜方駅前指定管理料、パークロックの保守点検等経常経費と駅前のイルミネーション等商店街活性化支援事業補助及び車両損害賠償費が主なものであります。


 2款予備費は予算額71万7,000円で、支出はありません。


 420ページ、実質収支額については、歳入歳出差引額と同額の129万6,730円となりました。なお財産に関する調書は421ページのとおりであります。


 次に、認定第7号 平成18年度志摩市公共用地取得整備特別会計歳入歳出決算について、補足説明を申し上げます。この会計は阿児町小向井地区及び丸山公園の公共用地の先行取得に係る特別会計でございます。


 424ページをお開きください。


 歳入は一般会計からの繰入金がすべてで、7,345万4,312円。426ページで歳出は、公債費の元利償還金のみで、7,345万4,312円であり、432ページ、この会計の決算は、歳入歳出同額で歳入歳出差引額、実質収支額ともに0であります。


 次に認定第8号 平成18年度志摩市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算について、補足説明を申し上げます。この会計は、地域改善対策特定事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律に基づき、地域の環境の改善を図るため、住宅の新築または改築もしくは住宅の用に供する土地の取得等に資金の貸付を行った特別会計でございます。


 434ページをお開きください。


 歳入総額は、5,653万7,648円で、予算額5,630万5,000円に対して、23万2,648円の増額となっています。予算に対する収入率は100.4%、収入未済額は2億5,302万5,152円であります。


 436ページをお開きください。


 歳出総額は、5,621万1,131円で予算に対しましては、99.8%の執行率であります。また不用額は9万3,869円となりました。歳入歳出差引額は32万6,517円であります。


 438ページをお開きください。


 まず歳入でございますが、1款県支出金は、予算額859万8,000円、決算額も同額で貸付助成事業費に係る県からの補助金が主なものです。


 2款繰入金は、予算額1,086万円、決算額も同額で一般会計からの繰入金であります。


 3款貸付金償還金収入は、予算額3,089万1,000円、調定額2億8,414万7,848円、決算額は3,112万2,696円で、元利償還収入であります。また収入未済額は現年度分、滞納繰越分を合わせて2億5,302万5,152円となっています。


 4款諸収入は、予算額1,000円、決算額1,000円で預金利子であります。


 5款繰越金は、予算額595万5,000円、決算額595万5,952円で、前年度繰越金であります。


 440ページ、歳出ですが、1款総務費は予算額33万8,000円、決算額32万3,542円で、一般管理費であります。


 2款公債費は、予算額5,596万7,000円、決算額5,588万7,589円で、元利償還金であります。


 以上の結果、442ページを開きください。歳入歳出差引額及び実質収支額は32万6,517円でございます。


 次に、認定第9号 平成18年度志摩市介護サービス事業特別会計歳入歳出決算について補足説明を申し上げます。この会計は介護老人保健施設整備事業等を行うため、平成17年9月に新設された特別会計でございます。


 444ページをお開きください。


 歳入総額は5億4,291万1,716円で、予算額15億7,228万9,000円に対して10億2,937万7,284円の減額となっています。予算に対する収入率は34.5%であります。


 446ページをお開きください。


 歳出総額は4億7,302万6,307万円で、予算に対しましては、30.1%の執行率であります。翌年度繰越額は10億9,801万4,000円、また不用額は124万8,693円となりました。歳入歳出差引額は6,988万5,409円であります。


 448ページをお開きください。


 歳入でございますが、1款サービス収入は、予算額550万1,000円、決算額552万3,000円で、居宅介護サービス計画費に係る収入であります。


 2款県支出金は、予算額2,500万円、決算額1,250万円で、介護老人保健施設整備事業補助金であります。


 3款繰入金は、予算額5,687万5,000円、決算額も同額で一般会計からの繰入金であります。


 4款市債は、予算額14億6,420万円、決算額は4億4,730万円で、介護老人保健施設整備事業に係る市債であります。


 5款繰越金は、予算額2,071万2,000円、決算額2,071万2,366円で、前年度繰越金であります。


 6款財産収入は、予算額1,000円、決算額1,350円で、財産貸付収入の賃貸料であります。


 次に、450ページ、歳出ですが、1款事業費は、予算額550万1,000円、決算額440万7,940円、不用額109万3,060円で居宅サービス事業費が主なものであります。


 2款施設整備費は、予算額15億6,678万8,000円、決算額4億6,861万8,367円で、繰越明許費10億9,801万4,000円で、不用額は15万5,633円であり、介護老人保健施設整備費に係る費用であります。事業の内容は建築実施設計業務委託料、建築工事管理業務委託料、造成工事費、建築工事費、用地購入費、建物補償費等であります。また、翌年度繰越額として、繰越明許費は10億9,801万4,000円であります。


 454ページの実質収支に関する調べでありますが、歳入歳出差引額は6,988万5,409円で、翌年度へ繰越すべき財源、繰越明許費繰越額は6,861万4,000円で実質収支額は127万1,409円となりました。なお、財産に関する調書は455ページのとおりであります。


 以上で、特別会計すべての補正説明を終わります。ご審議の上、お認めいただきますようお願い申し上げます。


○議長(杉木弘明) 以上で、提出者の説明を終わります。





                  認定第10号





○議長(杉木弘明) 日程第21 認定第10号 平成18年度志摩市水道事業会計決算認定についてを議題といたします。





                 提 案 説 明





○議長(杉木弘明) 本案について、提案理由の説明を求めます。


 市長。


               (市長 竹内千尋 登壇)


○市長(竹内千尋) 認定第10号 平成18年度志摩市水道事業会計決算認定について説明を申し上げます。


 収益的収入及び収益的支出の決算額といたしまして、収益的収入は18億7,919万2,068円、収益的支出は18億5,201万194円、また資本的収入及び資本的支出の決算額といたしまして、資本的収入は2億9,250万1,180円、資本的支出は5億4,464万7,684円、損益計算におきまして当年度純利益が1,778万4,697円となり、当年度未処理欠損金は4億2,369万8,410円となりました。去る6月25日監査をしていただいております。


 詳細につきましては、上下水道部長より説明をさせますので、ご審議の上、お認めいただきますようお願いを申し上げます。





                 補 足 説 明





○議長(杉木弘明) 補足説明を許します。


 上下水道部長。


○上下水道部長(山?哲也) それでは、認定第10号 平成18年度志摩市水道事業会計決算認定について、補足説明を申し上げます。


 決算書に沿ってご説明申し上げます。それでは、決算書の1、2ページをお開きください。


 1ページ及び2ページの決算報告書につきましては、消費税込みとなっております。


 まず収益的収入及び支出の収入ですが、第1款水道事業収益におきまして、予算額18億8,048万8,000円に対しまして、決算額が18億7,919万2,068円で予算額に対しまして、129万5,932円の減となっております。


 内訳といたしまして、第1項営業収益は予算額18億7,991万4,000円に対しまして、決算額が18億7,857万1,850円で、予算に対しまして134万2,150円の減となっております。


 第2項営業外収益は、予算額57万2,000円に対しまして、決算額が59万2,188円で、予算に対し2万188円の増となっております。


 第3項特別利益で、予算額2,000円に対して、決算額は2万8,030円と、2万6,030円の増額でございます。


 次に、支出でございますが、第1款水道事業費用におきまして、予算額18億8,550万4,000円に対しまして、決算額が18億5,201万194円、不用額が3,349万3,806円となっております。


 内訳といたしまして、第1項営業費用で、予算額16億8,043万7,000円に対しまして、決算額が16億4,700万3,178円、不用額が3,343万3,822円となっております。


 第2項営業外費用で、予算額1億9,151万7,000円に対しまして、決算額が1億9,150万4,931円で、不用額が1万2,069円となっております。


 第3項特別損失で、予算額1,355万円に対して、決算額が1,350万2,085円となっております。不用額は4万7,915円でございます。


 第4項予備費は予算額、決算額とも0でございます。したがいまして、収入の消費税抜き決算額17億9,017万8,251円に対し、消費税の納税差額1,104円を加えた額17億9,017万9,355円に対し、支出額は消費税抜き決算額17億7,258万9,404円から特別損失に係る消費税納税額控除分59万5,241円を差し引き、消費税の税抜き計算による生ずる予算に関係せず決算報告書には反映されない雑支出40万495円、これを加えた額17億7,239万4,658円となりまして、5ページの損益計算書の下から3行目に記載してありますように、税抜き後の当年度純利益は1,778万4,697円となりました。


 続きまして3、4ページをお願いいたします。


 資本的収入及び支出の収入ですが、第1款資本的収入で地方公営企業法第26条の規定による繰越額に係る財源充当額945万円を含む予算、4億2,320万8,000円に対しまして、決算額が2億9,250万1,180円で、予算に比べまして1億3,070万6,820円の減となっております。内訳といたしまして、第1項企業債は予算額・決算額とも同額の2,690万円でございます。


 第2項補助金では、地方公営企業法の規定による財源充当額945万円を含む予算額2億1,097万1,000円に対しまして、決算額が8,444万4,000円で、予算に比べまして1億2,652万7,000円の減となっております。その財源充当額の945万円につきましては、17年度国庫補助事業の工事繰り越しに伴う補助申請受領額の繰越分でございます。


 第3項負担金でございますが、予算額765万円、決算額が363万8,680円で、予算額に比べまして401万1,320円の減でございます。


 第4項分担金で、予算額2,008万7,000円に対しまして、決算額が1,991万8,500円で、予算に比し16万8,500円の減となっております。第5項寄附金につきましては、予算額・決算額とも0でございます。


 第6項出資金では、予算額・決算額とも同額の1億5,760万円となっております。


 次に、支出でございますが、第1款資本的支出におきまして、地方公営企業法第26条第2項の規定による支出額4,744万円を含む予算額11億453万2,000円に対しまして、決算額が5億4,464万7,684円、翌年度繰越額が5億5万2,000円で、不用額が5,983万2,316円となっております。


 内訳といたしまして、第1項建設改良費で地方公営企業法の規定による支出額4,744万円を含む予算額8億6,006万円に対しまして、決算額が3億17万6,632円、翌年度繰越額が5億5万2,000円で、不用額が5,983万1,368円となっております。


 第2項企業債償還金で予算額2億4,326万5,000円に対しまして、決算額が2億4,326万4,457円で、不用額は543円でございます。


 第3項負担金では、予算額・決算額とも0です。


 第4項返還金で、予算額120万7,000円、決算額120万6,595円で、不用額は405円となっております。


 資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額3億8,158万2,504円、これにつきましては本年度消費税資本的収支調整額910万9,346円及び過年度損益勘定留保資金3億7,247万3,158円で補てんいたしております。


 続きまして5ページをお願いいたします。


 損益計算書におきましては、経常利益が3,066万3,511円で特別損失が過年度損益修正損として1,287万8,814円で、当年度純利益が1,778万4,697円となり、前年度繰越欠損金4億4,148万3,107円と合わせますと、当年度未処理欠損金といたしましては4億2,369万8,410円となりました。


 6ページから8ページにつきましては、剰余金計算書・決算金処理計算書、9ページから11ページは貸借対照表となっております。


 10ページをお願いいたします。


 流動資産の(2)未収金につきましては、5億761万2,018円で、そのうち給水収益、これにかかります未収金は4億9,843万4,630円で、内訳といたしましては、過年度分が3億8,477万4,943円、現年度分が1億1,365万9,687円となっております。流動負債の(1)の未払金9,238万5,694円につきましては、3月分の受水費ほかでございます。決算付属書類といたしまして、12ページから13ページには、(1)概況といたしまして、事業報告書の総括事項、議会議決事項が6件、行政官庁認可事項といたしまして道路占用申請が1件、職員に関する事項といたしまして、職員数17人を記載しております。


 また、14ページから18ページでございますけれども、料金その他供給条件の設定変更に関する事項を各町別に、19ページのその他では特定収入に充当いたしました負担金、工事負担金、国庫補助金及び出資金の額と使途について記載しております。


 20ページから21ページにおきましては、2.工事として建設工事の概況を記載しております。


 22ページから23ページには、3.業務として業務量、事業収入に関する事項、これは税抜きでございますが、事業費に関する事項を記載しております。


 24、25ページの4.会計では重要契約の要旨として300万円以上の契約を21件、企業債の概況として前年度末残高、本年度借入金、本年度償還金、本年度末残高を記載し、本年度末残高は36億5,125万1,342円、前年度に比べまして、2億1,636万4,457円の減となっております。


 26ページから29ページにおきましては、収益費用明細書でございまして、節単位の税抜き明細でございます。


 30ページから31ページは資本的収支明細書を、32、33ページは固定資産明細書を、34ページから43ページまでは、各町別の企業債明細書を記載いたしました。


 以上で、補足説明を終わります。ご審議の上、ご承認を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


○議長(杉木弘明) 以上で、提出者の説明を終わります。





                  認定第11号





○議長(杉木弘明) 日程第22 認定第11号 平成18年度志摩市下水道事業会計決算認定についてを議題といたします。





                 提 案 説 明





○議長(杉木弘明) 本案について、提案理由の説明を求めます。


 市長。


               (市長 竹内千尋 登壇)


○市長(竹内千尋) 認定第11号 平成18年度志摩市下水道事業会計決算認定について、説明を申し上げます。


 収益的収入及び支出の決算額といたしまして、第1款特定環境保全公共下水道事業の収益的収入は4,987万4,852円、第2款農業集落排水事業の収益的収入は4,633万5,999円。


 収益的支出の決算額といたしまして、第1款特定環境保全公共下水道事業の収益的支出は8,712万7,513円、第2款農業集落排水事業の収益的支出は7,273万4,333円。


 また資本的収入の決算額といたしまして、第1款特定環境保全公共下水道事業の資本的収入は4,342万3,200円、第2款農業集落排水事業の資本的収入は2,885万2,000円。


 資本的支出の決算額といたしまして、第1款特定環境保全公共下水道事業の資本的支出は4,361万128円、第2款農業集落排水事業の資本的支出は2,885万2,828円。


 損益計算におきまして、当年度純損失は、6,183万3,467円となり、当年度未処理欠損金は3億2,977万1,440円となりました。


 詳細につきましては、上下水道部長より説明をさせますので、ご審議の上、ご承認賜りますようお願いを申し上げます。





                 補 足 説 明





○議長(杉木弘明) 補足説明を許します。


 上下水道部長。


○上下水道部長(山?哲也) それでは、認定第11号 平成18年度志摩市下水道事業会計決算認定につきまして、補足説明を申し上げます。


 決算書に沿ってご説明申し上げます。


 下水道の接続件数につきましては、企業会計部分でございますが、昨年に対しまして船越処理区で20件、立神処理区で4件の増で、計24件増加し415件となり、接続率は船越地区で19.0%、これにつきましては20件の増とはなっておりますが、平成18年4月1日に供用を開始され、区域設定の6ヘクタールの面積増の変更がございましたので、結果、接続率が落ちているという格好になっております。立神地区につきましては56%でございます。


 それでは、決算書の4ページをお開きください。


 報告書により説明をさせていただきます。4ページから7ページの決算報告書につきましては、消費税込みとなっております。


 まず収益的収入及び支出の収入でございますが、第1款特定環境保全公共下水道事業収益船越処理区におきまして、予算額4,935万1,000円に対しまして決算額が4,987万4,852円で、予算額に比べ52万3,852円の増となっております。


 内訳といたしましては、第1項営業収益につきまして、予算額641万4,000円に対しまして、決算額が693万9,847円で、予算に比べ52万5,847円の増となっております。これは下水道使用料が主なものでございます。


 第2項営業外収益は予算額4,293万7,000円に対しまして、決算額が4,293万5,005円で、予算額に比べ1,995円の減となっております。主たるものは、県補助金が919万6,000円、一般会計からの補助金が3,373万9,000円でございます。


 次に、第2款農業集落排水事業収益立神処理区でございますが、予算額4,585万7,000円に対しまして、決算額が4,633万5,999円で、予算額に比べ47万8,999円の増となっております。内訳といたしまして、第1項営業収益は予算額1,234万2,000円に対しまして、決算額は1,282万1,998円で、予算額に比べて47万9,998円の増となっております。これは下水道使用料でございます。


 第2項営業外収益につきましては、予算額3,351万5,000円に対しまして、決算額が3,351万4,001円で、予算額に比べまして999円の減となりました。これは一般会計からの補助金が主なものでございます。


 続きまして支出でございますが、第1款特定環境保全公共下水道事業費用いたしまして、予算額9,039万2,000円に対し、決算額が8,712万7,513円で、不用額は326万4,487円となっております。


 第1項の営業費用につきましては、予算額6,564万5,000円に対しまして、決算額が6,347万8,933円で、不用額は216万6,067円となっております。内訳といたしましては、処理場の維持管理費用、人件費等が主なものでございます。


 第2項の営業外費用におきましては、予算額2,474万7,000円に対しまして、決算額が2,364万8,580円で、不用額109万8,420円となっております。これは企業債の支払い利息及び納付税額が主なものでございます。


 次に、第2款農業集落排水事業費用ですが、予算額7,608万3,000円に対しまして、決算額が7,273万4,333円で、不用額は334万8,667円となっております。


 内訳でございますが、第1項営業費用が予算額6,005万6,000円に対しまして、決算額5,763万468円で、不用額は242万5,532円であります。これも施設の維持管理費及び人件費でございます。


 第2項営業外費用は、予算額1,602万7,000円に対しまして、決算額が1,510万3,865円で、不用額は92万3,135円となっております。主たるものは企業債の支払い利息でございます。


 続きまして、6、7ページでございます。


 資本的収入及び支出でございますが、収入の第1款特定環境保全公共下水道事業資本的収入といたしまして、予算額4,260万4,000円に対し、決算額が4,342万3,200円で、予算額に比べまして81万9,200円の増であります。


 内訳といたしまして、第3項他会計補助金が予算額3,972万4,000円に対しまして、決算額は3,972万4,000円で、予算額と同額でございます。


 第4項分担金につきましては、予算額288万円に対しまして、決算額は369万9,200円で、予算額に比べまして81万9,200円の増額でございます。


 次に、第2款農業集落排水事業資本的収入といたしまして、予算額2,885万3,000円に対しまして、決算額が2,885万2,000円、予算額に比べて1,000円の減となりました。内訳といたしまして、第4項の分担金で予算額1,000円に対し、決算額0でございます。


 第5項出資金は予算額2,885万2,000円に対しまして、決算額も同額であります。これは一般会計からの出資金でございます。


 続きまして、支出でございますが、第1款特定環境保全公共下水道事業資本的支出といたしまして、予算額4,390万8,000円に対しまして、決算額が4,361万128円で、予算に比べまして29万7,872円の不用額となっております。


 内訳といたしまして、第1項建設改良費では、予算額155万7,000円に対しまして、決算額126万円で、不用額は29万7,000円、第2項企業債償還金は予算額4,235万1,000円に対しまして決算額は4,235万128円、不用額872円であります。


 次に、第2款農業集落排水事業資本的支出といたしまして、予算額2,899万7,000円に対し、決算額が2,885万1,828円で、不用額が14万5,172円でございます。


 内訳でございますが、第1項建設改良費が予算額14万5,000円、決算額0円で全額不用額となっております。


 第2項企業債償還金につきましては、予算額2,885万2,000円に対し、決算額が2,885万1,828円、不用額が172円となっております。


 続きまして、8ページの損益計算書でございますが、これ以後の額につきましては、消費税抜きということになっております。経常損失及び当年度純損失が6,183万3,467円となり、前年度繰越欠損金2億6,793万7,973円と合わせ、当年度未処理欠損金は3億2,977万1,440円となります。


 8ページの下の方から9ページでございますが、これにつきましては剰余金計算書、欠損金処理計算書となっております。


 10ページから11ページの貸借対照表ですが、資産合計は45億5,103万9,742円となっております。


 11ぺージの負債の部の流動負債につきましては、1,010万6,759円、資本の部の資本合計45億4,093万2,983円となっております。


 12ページから14ページには収益費用及び資本的収入支出の明細を記載しておりますので、ご参照くださるようお願い申し上げます。


 15ページから16ページは固定資産明細書、17ページから20ページは企業債明細書となっております。


 1ページから3ページの事業報告書では、1ページに議会議決事項3件と職員に関する事項、2ページには業務の内容と会計における重要契約の要旨、100万円以上の契約について4件、3ページの企業債及び一時借入金の概要につきましては、特定環境保全公共水道事業で前年度末残高12億4,764万7,151円、本年度借入金は0円でございます。本年度償還金4,235万128円、本年度末残高といたしまして12億529万7,023円。


 また農業集落排水事業につきましては、前年度末残高4億9,836万8,012円、本年度借入金は0でございます。本年度償還金2,885万1,828円で、本年度末残高は4億6,951万6,184円となっています。その他、会計経理に関する事項では他会計補助金等の使途について記載をしております。


 以上で補足説明を終わります。ご審議の上、ご承認を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


○議長(杉木弘明) 以上で、提出者の説明を終わります。





                  認定第12号





○議長(杉木弘明) 日程第23 認定第12号 平成18年度志摩市立国民健康保険病院事業会計決算認定についてを議題といたします。





                 提 案 説 明





○議長(杉木弘明) 本案について、提案理由の説明を求めます。


 市長。


               (市長 竹内千尋 登壇)


○市長(竹内千尋) 認定第12号 平成18年度志摩市立国民健康保険病院事業会計決算について、説明を申し上げます。


 収益的収入及び収益的支出の決算額といたしまして、収益的収入は18億8,170万8,992円、収益的支出は19億8,615万1,300円、また資本的収入及び資本的支出の決算額といたしまして、資本的収入は9,009万5,000円、資本的支出は6,061万1,916円、損益計算におきまして当年度純損失が1億484万8,983円となり、当年度未処理欠損金は16億5,674万2,842円となりました。以上、本決算につきましては、去る6月26日監査委員による監査を終えております。


 詳細につきましては、病院事業部長より説明をさせますので、ご審議の上、お認めいただきますようお願いを申し上げます。





                 補 足 説 明





○議長(杉木弘明) 補足説明を許します。


 病院事業部長。


○病院事業部長(中村和三) 認定第12号 平成18年度志摩市立国民健康保険病院事業会計決算について、補足説明を申し上げます。


 決算書に沿ってご説明申し上げます。決算書の1ページをお開きください。


 決算報告書につきましては、消費税込みとなっております。


 まず収益的収入及び支出の収入ですが、第1款病院事業収益、予算額合計18億9,540万円、決算額18億8,170万8,992円で、予算額に比べ1,369万1,008円の減となっております。


 内訳といたしまして、第1項医業収益予算額合計13億7,141万5,000円、決算額13億5,506万8,257円で、予算額に比べ1,634万6,743円の減となっております。


 第2項医業外収益予算額合計5億2,398万4,000円、決算額5億2,664万735円で、予算額に比べ265万6,735円の増となっております。


 第3項特別利益予算額合計1,000円に対し、決算額0円となっております。


 次に、支出ですが、第1款病院事業費用予算額合計20億5,201万4,000円、決算額19億8,615万1,300円で、不用額が6,586万2,700円となっております。


 内訳といたしまして、第1項医業費用予算額合計20億1,453万8,000円、決算額19億5,173万2,696円で、不用額が6,280万5,304円となっております。


 第2項医業外費用予算額合計3,747万円、決算額3,441万8,604円で、不用額が305万396円となっております。


 第3項特別損失予算額合計6,000円、決算額0円となっております。


 したがいまして、消費税込みでの収支の差し引きは1億444万2,308円の損失となりました。


 次に、3ページをお開きください。


 資本的収入及び支出の収入ですが、第1款資本的収入予算額合計9,009万3,000円、決算額9,009万5,000円で、予算額に比べ2,000円の増となっております。


 内訳といたしまして、第1項負担金及び交付金は予算額合計、決算額とも同額の8,742万1,000円となっております。


 第2項他会計補助金予算額合計267万2,000円、決算額267万4,000円で、予算額に比べ2,000円の増となっております。


 次に、支出ですが、第1款資本的支出予算額合計9,009万3,000円に対し、決算額6,061万1,916円、翌年度繰越金が2,079万7,000円で、不用額が868万4,084円となっております。


 内訳といたしまして、第1項建設改良費予算額合計3,848万5,000円に対し、決算額900万5,220円、地方公営企業法26条の規定による繰越額2,079万7,000円で、不用額が868万2,780円となっております。


 第2項企業債償還金、予算額合計5億1,060万8,000円に対し、決算額5,160万6,696円で、不用額1,304円となりました。


 次に、5ページをお願いいたします。


 損益計算書でございます。1.医業収益合計13億5,284万6,865円、2.医業費用合計19億4,942万4,674円で、差し引き5億9,657万7,809円の医業損失となりました。次に、3.医業外収益合計5億2,604万4,557円、4.医業外費用合計3,431万5,731円で、差し引き4億9,172万8,826円の医業外利益となりましたが、経常損失は1億484万8,983円となっております。これによりまして、当年度純損失は1億484万8,983円、前年度繰越決算金が15億5,189万3,859円となっており、当年度未処理欠損金は16億5,674万2,842円となっております。


 次に、6ページは剰余金計算書、7ページは欠損金処理計算書となっております。


 8、9ページをお願いします。平成18年度末の貸借対照表でございます。まず資産の部ですが、1.固定資産(1)有形固定資産合計17億266万7,584円、(2)無形固定資産合計18億2,253万7,000円で固定資産合計は17億449万121円、2.流動資産合計は3億7,138万8,877円となり、資産合計は20億7,587万8,998円となっております。次に、負債の部ですけれども、負債の部は流動負債のみで2億5,920万5,484円となっております。続いて資本の部、4.資本金合計10億4,483万7,615円、5.剰余金合計7億7,183万5,899円で、資本合計18億1,667万3,510円となり、負債資本合計は20億7,587万8,998円となりました。


 10ページから17ページにつきましては、決算附属書類となっております。


 10ページをお願いいたします。


 平成18年度志摩市立国民健康保険病院事業報告書ですけれども、10ページから12ページに事業の概況として、総括事項、議会議決事項、職員に関する事項等を記載しております。13ページから15ページにつきましては、業務量等でございます。16ページは重要契約の要旨、企業債及び一時借入金の状況でございます。17ページから20ページまでには収益費用明細書及び資本的収支明細書です。21、22ページにつきましては、固定資産明細書、23、24ページは企業債明細書を記載いたしました。


 以上で、補足説明を終わります。


 すみません、三つほどけたを読み間違えたみたいですので、訂正させていただきます。申しわけありません。


 第1項の建設改良予算額ですけれども、決算額900万5,220円でございます。その下の企業債の償還予算額合計ですけれども、5,160万8,000円が正解でございます。続きまして無形固定資産の合計ですけれども、182万2,537円が正解でございますので、訂正させておわびさせていただきます。


 以上で補足説明を終わらせていただきます。ご審議の上お認めいただきますようよろしくお願いいたします。どうもすみません。


○議長(杉木弘明) 以上で、提出者の説明を終わります。





                 監 査 報 告





○議長(杉木弘明) 次に、監査委員の審査報告を許します。


 山川代表監査委員。


             (代表監査委員 山川泰規 登壇)


○代表監査委員(山川泰規) それでは、ただいまより一般会計・特別会計それから公営企業会計、これの決算に対する監査意見を述べさせていただきたいと思います。


 まず初めに一般会計と特別会計についての監査意見を述べさせていただきますので、お手元の方にいっております平成18年度志摩市一般会計及び特別会計歳入歳出決算審査意見書をごらんいただきたいと思います。


 3枚ほどめくっていただきまして、1ページをお開きをいただきたいと思います。


 今回の審査の対象ですが、平成18年度の志摩市一般会計歳入歳出決算、それからその他八つの特別会計の決算、それに各基金の運用状況についても審査をさせていただきました。さらにそれらの書類の附属書類になりますが、平成18年度志摩市各会計歳入歳出決算事項別の明細書、それから実質収支に関する調書、財産に関する調書、こういったものを審査の対象といたしました。


 それから審査の期間ですが、平成19年7月18日から平成19年8月27日までということでございます。


 第3といたしまして、審査の場所ですけれども、阿児分庁舎監査委員事務局において審査を行いました。


 第4番目、審査の手続でありますけれども、各種の決算書類、こういったものが関係法令に準拠して作成されているかどうか、これを確認をしながら、これらの計数の正確性を検証するため、関係諸帳簿その他証書類との照合等を行いまして、通常実施すべき審査手続、これを実施したほか、必要と認めたその他の審査手続を実施をいたしました。


 次のページになりますが、第5番目、審査の結果でございます。これら審査に付された各会計の歳入歳出決算書、同事項別明細書、実質収支に関する調書及び財産に関する調書が関係法令に準拠して作成されており、その計数は関係諸帳簿、その他証書類と照合した結果、誤りのないものと認められました。また、予算の執行及び関連する事務の処理は適正に行われているものと認められましたので、報告をさせていただきます。


 審査の概要ですが、これについては、こちらの方の意見書の方をお読みをいただきたいと思います。ここでは、一応少しこの意見書からは離れますけれども、ただ、内容・趣旨については、この意見書から離れるということはございません。ただ、文章そのものを読み上げるということはいたしませんので、違う観点から少し整理をしてお話をさせていただきたいと思っております。


 平成18年度の決算から見た一般会計の問題点ということで、少し整理をさせていただきました。まず問題点といたしまして、5点ほど上げさせていただきました。


 まず1点目ですが、これは実質単年度収支、これが5億4,599万8,000円の赤字になっているということが1点であります。それから2番目といたしまして、企業会計への繰り出しが16・17・18と見た場合、ふえているということですね。それから3番目ですが、これは財政調整基金残高の減少ということでございます。それから4番目、これは歳入にかかわるものですが、以前から指摘をしております地方税の徴収率が低いということでございます。それから5番目ですが、歳出の方で一応経年比較、年度ごとの比較をしてみますと、補助費と公債費、これが増加傾向にありますので、その辺注意が必要ではないかというふうに思っております。各この5点についてもう少しそれぞれ詳しく説明をさせていただきたいと思います。


 実質収支につきましては、先ほどからも報告されておりますように、4億6,166万5,000円の黒字ということになっております。しかし、実質単年度収支ということで見てみますと、反対に5億4,599万8,000円の赤字ということになります。これはいわば、家計で言えば、生活費が足りないので貯金の方を崩して生活費に当てたということになりますので、これをずっと続けていくと貯金がなくなってしまって最後に困るということにもなりかねません。したがって、そういったところも十分注意をしながら、今後予算等において、この辺の注意をいただく必要があるのではないかなというふうに思っております。


 それから2番目の企業会計への繰り出しが多いのではないかということですが、この辺は一応数字を上げてみますと、17年・18年、病院への繰り出しですけれども、17年度が4億7,000万円、およそですが、4億7,000万円、18年度で6億円ということになっております。それから下水道への繰り出しですが、これは特別会計への繰り出しも含めてですけれども、17年度で4億6,000万円、18年度で4億9,000万円、わずかながらふえております。それから上水道への繰り出し、これは17年度が3,700万円、18年度が1億6,000万円、これぐらいの数字になっております。一応、この辺は若干ふえつつあるので、今後繰り出しについても注意というか気をつけていただきたいというところでございます。


 それから1に関連するわけですが、財政調整基金残高の減少ということでございます。これは財政調整基金が平成16年・17年、これは20億円の残高がございました。平成18年度は15億円ということになっております。5億円減少をしております。さらに財政見通しによりますと、数年後にはこの金額が5億円程度になるということでございますので、この財政調整基金に頼った予算編成というのは、危険性もありますので、この辺は今後とも十分ご注意をいただきたいというふうに思っております。


 それから歳入の方ですが、地方税の徴収率が低いということを申し上げました。一応主な歳入の、どういったものがあるかというと、一般的に歳入の4大財源と言われる財源がございます。これは地方交付税、それから地方税、地方債、国庫支出金ですね、この四つが一般的に4大財源というふうに言われているようであります。地方税の歳入の具体的な金額ですが、平成16年度が57億円で17年度が59億円ふえております。18年度が56億円ということで、若干減っております。この4大財源のうち、自主財源に当たるものは地方税のみであるというふうに言えると思います。したがいまして、自力で自分の力でもって増収が図れるのはこの地方税のみではないかというふうに思います。


 そこで、この志摩市の平成18年度の地方税の徴収率を見てみました。これが現年度分、それから滞納分を含めての数字ですが、72.3%でございます。現年度分については94.4%、それと三重県内市町村の平均値、これをちょっと見てみました。その平均値は89.8%でございます。平成17年度ですけれども、この数字は。そのうち現年度は97.3%、これぐらいの徴収率になっております。それで、この徴収率を仮に県レベルまで引き上げれば、地方税の増収にもつながるのではないか、計算上ではそういうことが言えるわけですけれども、これはやはり非常に難しいところもございます。だから単純にすっと徴収率が上がるものでもないというふうなことは十分認識をしておりますが、ただ、今までも指摘をさせていただきまして収税課の方についても、今、未収金対策検討委員会等もつくっていただいて、積極的に取り組んでいただいております。それで、大体、今ある数字、不納欠損の未処理がそれほど進んでいないとか、その辺をちょっと抜きにして、今ある数字だけで、単純に徴収率が県レベルの平均まで上がったらどんな数字が出てくるのだろう、つまり調定額に対して、増収のポイント数ですね、これをかけて計算をしますと、13億円から14億円という、単純に言えばそういう数字が出てまいります。これぐらいの増収が見込まれるということになるわけですが、ただ、今、申しましたように、調定額の中にはもう既に時効等にかかってしまって実際には取れない分というのもございますから、単純にこの数字になるというわけではございません。もっともっと低くなるし、そん辺の処分終わっておれば徴収率自体も上がると、つまり分母が減るわけですから、そういうことでございます。


 それから歳出の方ですが、この中で、先ほど補助費と公債費が増加傾向にあるということを申し上げました。これは若干増加傾向にあるということでございます。この中で、その補助費については、特に各種団体に対する補助費ということがあるわけですけれども、今現在努力をして削減を進めていただいております。さらに地方自治法の232条の2に公益上必要がある場合に当たるかどうかを一つの判断基準として補助金を出すかどうかを決めていくと、そういう判断基準が示されておりますので、その辺の精査を今後ともお願いをしたいということがございます。


 それから、普通建設事業費なのですが、これは平成16年と今年度比べてみますと、平成16年は合併という特殊な事情がございますが、この16年度の普通建設事業費というのは、51億円という数字が出ております。今年度が24億円、ですから、普通建設事業費については、16年と本年度を比べて半減しているということです。ただ、今後数年の間には大幅に増加をしていくだろう、財政見通しから見ても、一応大幅に増加していく可能性が十分考えられると。普通建設事業の増加ということは、これは数年後に公債費の増加ということで、はね返ってまいります。ですから、今後、財政の運営については、この普通建設事業費と公債費の今後の動向といいますか、こういったところにも注意が必要であろうというふうに考えております。


 ちなみに、最近ストック指標とか言いまして、実質公債費比率というのが話題になっております。平成18年度の当市の実質公債比率は10.9%でございます。これは現時点において、健全な数字であるというふうに言っていいかと思います。この数字は18%を超えると県の許可が必要になるという数字でございます。志摩市の場合、平成18年度10.9%、17年度は10.7%でした、こういう数字であります。17年度は全国市町村が1,844あるわけですけれども、この中で、悪い方からじゃなくて、いい方から数えて志摩市は293番目ということです。この実質公債費比率についても、非常にいい数値を示しております。ですから、これもいろんな数値がございますが、これもひとつ事実であるということを踏まえて、ほかの財政指標等も参考にしながら、志摩市全体の財政状況というものを判断していただいたらいかがかなというふうに考えております。


 それから財政健全化のために必要なことということで、これは当然のことでございますが、歳入増を図るということと、歳出構造の見直しを行っていくということだろうというふうに思います。それで当面の対応策ということでございますが、収入増対策といたしまして、2点ほどあるんではないかというふうに考えております。一つは先ほど申しました徴収率の向上ですね。これは先ほども申しましたけれども、志摩市未収金対策検討委員会というこういういわばプロジェクト的な委員会を立ち上げていただきまして、積極的に取り組んでいただいております。これから恐らく具体的な成果が出てくるのではないかというふうに考えております。さらに、その際に、できれば各年度の目標値を設定をしていただいて取り組んでいただければなおより一層効果的ではないかというふうに思っております。


 それから増収策の二つ目といたしましては、景気対策、地域経済の活性化で自然増収を図るということであろうと、これはいろんな施策があろうかと思いますので、皆さんで知恵を出して考えていただければなというふうに思います。


 それから歳出構造を見直すための具体策ですが、これについては正に行財政改革ということで、例えば人件費・物件費・補助費の削減あるいは施設の統廃合、こういったことを実践をしていくことが必要ではないかというふうに考えております。これを実践していく際に最も大事なことは何かということを考えたときに、やっぱり改革意識といいますか、これを全職員に浸透させていくことが必要ではないかと。それで、この志摩市では18年の3月に行政改革大綱というものをつくって行政改革大綱、行政改革実施計画、集中改革プランですか、そういったものがございます。できれば、職員の間でこういったものをもとにして、各課で議論をしていただく、そういったような機会が取れれば、職員の間にも改革意識あるいは具体的にどうしていったらいいのかということが浸透するのではないかということで、ひとつそういうことも考えてみました。


 一応そういうことで、ちょっと余分なことも申しましたけれども、一応監査委員としては今回の決算から見て、こういうふうに考えましたので、一つの意見として申し上げさせていただきたいと思います。


 それから続きまして、公営企業会計の決算審査、これについての意見を申し上げます。


 これは2枚ほどめくっていただきまして、ここに志摩市公営企業会計決算審査意見書というタイトルがあると思いますが、第1といたしまして、審査の対象でございます。平成18年度の志摩市水道事業会計決算、平成18年度志摩市下水道事業会計決算、平成18年度志摩市国民健康保険病院事業会計決算、これらの三つの会計を対象といたしまして決算を行いました。


 第2で、審査の期間ですが、平成19年6月2日から平成19年8月27日の間に行いました。審査の場所ですが、阿児分庁舎監査委員事務局でございます。審査の手続ですけれども、これら三つの事業が地方公営企業法に定める基本原則、これは二つございまして、経済性の発揮ということと公共の福祉の増進ということでございますが、これに基づいて運営されているか否かというところに重点を置きまして、決算書、それから決算附属書類、こういったものが関係法令に準拠して作成されているか、これを確かめるとともに、決算書を基礎として関係諸帳簿、証書類を照合・審査をして確認を行いまして、合わせて関係職員から説明を徴収いたしまして実施をいたしました。


 その結果ですが、関係書類については、諸規定に準拠して作成されておりました。計数につきましては、一応水道事業会計の方で、棚卸しの数値の結果と、それから貸借対照表の流動資産の貯蔵品の数値、これが約36万円ぐらいなんですが、不一致が認められました。それ以外は正確に処理がされておりまして、当年度の経営成績、あるいは財政状態を適正に表示しているものと認めさせていただきました。審査の結果はこのあとに会計別に書いてございますので、これを参考にしていただきたいと思います。


 それで、ここではそれぞれの会計について、ポイントのみ申し上げたいと思います。一応、記載があるということで、10ページ、水道会計についての結びの部分ですけれども、ここを開けてください。


 収支の差し引きが1,778万4,697円という純利益を出しております。利益については、昨年度に比べると減少はしておるわけですが、その減少の理由というのは、特別損失が前年より1,000万円ほど増加したと、このことが原因です。特別損失というのは何かということなんですが、これは不納欠損分ということ、その分、不納欠損を行いましたので、その分利益が減少したということでございます。それから水道事業会計の特色なんですが、これは流動資産が約18億円ございまして、非常に多いということですね。これも以前から指摘をさせていただいていると思うのですが、この流動資産を有効活用していくということが大切ではないかということでございます。今年度、19年、ことしですけれども、志摩市水道事業の基本計画というものが策定をされたというふうに聞いております。それで、この基本計画に沿って流動資産を計画的かつ有効に活用されるということでございますので、このことを監査委員としても期待をするものでございます。


 それから未収金の回収、これも大きな課題でありましたけれども、この9月から株式会社タカダに検針・集金等の委託が開始をされました。当面、これによる成果を期待をしながら見守りたいというように思っております。


 それから下水道事業会計ですが、これは22ページになります。結びのところです。この下水道会計については、平成18年度は約6,000万円の純損失が生じておりまして、引き続き赤字でございます。この赤字を解消するためには、その接続率の向上が不可欠であるということが考えられるわけですが、しかし、現在のエリアの中で、接続率の向上と言いましてもなかなか現実問題としては非常に難しいのかなということが考えられます。そこで、下水道処理区域の拡大等こういった抜本的な対策も視野に入れて考えていく必要があるのではないかというふうに考えております。今後の会計方式の統一と合わせまして、この点についても十分検討されるよう望むものでございます。


 それから、最後になりますけれども、病院事業会計であります。これは37ページになります。病院事業会計の方は18年度につきましても、およそ1億円の純損失が生じました。やはり根本的な原因は医師不足にあるんではないかというふうに考えております。しかし、これは志摩市に限った話ではなくて、全国的な問題でもあります。ですから、そう簡単に解決できることではないだろうというように思うわけですが、志摩市においては、もう一つの課題であります病院の統合ということが決定をいたしまして、それに向けて動き出しておりますので、それと同時に、財政健全化という観点からもその方向に期待をしながら、これについても今後の推移を慎重に見守っていきたいとこのように考えております。


 以上で、監査意見の報告とさせていただきます。どうもありがとうございました。


○議長(杉木弘明) 以上で、監査委員の審査報告を終わります。


 議案第83号から認定第12号に対する総括的な質疑は一般質問終了後の日程で行います。


 お諮りいたします。


 志摩市議会会議規則第10条第2項の規定により9月14日は休会といたしたいと思います。


 ご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(杉木弘明) 異議なしと認めます。


 よって9月14日は休会とすることに決定しました。





                   散  会





○議長(杉木弘明) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。


 本日は、これにて散会いたします。


 ご苦労さまでした。





                午後2時21分 散会