議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 志摩市

平成19年志摩市議会庁舎建設に関する特別委員会( 2月 5日)




平成19年志摩市議会庁舎建設に関する特別委員会( 2月 5日)





 
        平成19年第1回志摩市議会庁舎建設に関する特別委員会記録


1 会議年月日 平成19年2月5日(月)





2 会議の場所 志摩市議会委員会室





3 開会・閉会 午前 11時27分・午前 11時57分





4 出席委員  25名


        委員長  谷 口   覚     副委員長  ? 口 三代和


        委 員  小 田 幸 道           森 本 雅 太


             出 間 敏 和           西 ? 甚 吾


             廣 岡 安 吉           中 村 八 郎


             杉 本 三八一           小 森   仁


             野 名 澄 代           山 下   弘


             松 尾 忠 一           森 本 紘 正


             小 河 光 昭           坂 口   洋


             上 村 繁 子           西 尾 種 生


             三 橋 文 夫           大 口 秀 和


             森     昶           ? 岡 英 史


             山 際   優           畑   美津子


             中 川 弘 幸


        議 長  杉 木 弘 明





5 欠席委員   な    し





6 職務のため出席した者の職氏名


   議会事務局長    井 上   司     議事課長      岡   英 雄


   議事係長      平 井   正     議事係       水 谷   聖





7 説明のため出席した者の職氏名   な し





8 付議事件


 〇庁舎建設に関する特別委員会の経過報告と今後の対応について


 〇その他





9 審議の経過





○委員長(谷口 覚) 本日の出席委員は25人であります。


 志摩市議会委員会条例第16条の規定による定足数に達しておりますので、平成19年第1回志摩市議会庁舎建設に関する特別委員会を開会いたします。


 委員席につきましては、ただいまご着席のとおり指定します。


 本委員会は、お手元に配付した事項書により議事を進めます。


 本日の協議事項について、事務局から説明を受け、その後、質疑に移ります。





 事項1





○委員長(谷口 覚) これから、事項1、庁舎建設に関する特別委員会の経過報告と今後の対応についてを議題といたします。


 まず、お手元に配付しております特別委員会の審議経過報告について、事務局より説明いたさせます。


 議事課長。


○議事課長(岡 英雄) それでは、今までの委員会の審議の経過ということで、お手元に配付しております資料に基づいて説明をさせていただきます。


 第1回については、企画部より庁舎の今までの現在の建設にかかる検討経過を説明をさせていただいております。第2回の4月25日、18年の4月25日についても、庁舎建設予定地等について、基本計画並びに庁舎の指針ですね、それから設計のプロポーザルについての説明がなされております。次に、議会といたしましては、7月18日、岩倉市と大府市の方へ視察研修をしております。第3回には、8月18日でございますが、設計業者の決定までの経過についてと視察研修内容についてのうちの中間報告ということでさせてもらっております。その中で要望書の方も、事務局サイドの方で庁舎整備に対する要望ということで、議場及びその他の議会関係の施設についての要望ということで、事務局サイドの方で提出しております。


 それから第4回の18年10月23日でございますが、庁舎建設に関する基本設計ができ上がってきたということで、その件について、庁舎建設にかかるワークショップの概要説明とか、基本設計図面についての概要説明を受けております。その中で、いろいろこのところで、設計書ができ上がった時点で、皆さんからのたくさんの意見等出まして、その都度、回答をいただいておるというような、あとはできない部分は、検討もするということで伺っております。


 第5回の12月1日の議会部門の方では、配置及び設備について、6階部分についての議会部分の基本設計、それから、議会事務局からの要望シート、要望ですね、その部分の説明をして、皆さんに確認をしていただいております。その中では、議会関係の設備について、バリアフリー化ということと、議会議場と委員会室のマイクシステムの設置ということで、お示しをしております。


 あと6回については、12月25日、庁舎にかかる基本設計等について、あとはここに載っておりますように、地質調査結果報告、第4回提示の基本設計からの変更点確認ということで、基礎工法の概要説明等を受けて、今回、そういうふうな形で、それを踏まえてさせていただきましたのと、それとあとまた今回の説明には、皆さんに図面、議場の説明がなされております。あと配置について、この部分で、ちょっと説明をさせていただきたいと思います。


 この部分で、バリアフリー化ということでお願いしたところ、前の設計図は1列目、執行部と議会側の方が1列目が、ちょっと1段上がってスロープをつけておったわけなんですけど、今回ちょっと高さもあって、1列目は、今1段上がっているわけなんですが、フラットと言うことでさせていただいたと。あとは、前回もお示めししたと思うのですけど、議場の議会側の皆さんの議席何ですけど、3列になっておったのが2列と、二人で座っていただくということで、3列部分については、最後は一人が1席になっておりましたのを、3列3人掛けという形でさせていただいたという形でさせていただいたというのが、今回お示ししたような形で設計図ができてくると思っております。


 それからあと、皆さんのまたちょっとご協議いただきたいのが、モニターの関係も前後に設置ということを確認しておりますが、あと市章を各町で旧の志摩町以外は、議場には町章がなかったと思うのですよ。多分、議場できたときには、まだ町章というのがなかったようなときに皆さん建設された議場だと思いますので、旧志摩町の場合は、議長の後ろに町章がございます。それがありますので、現在は隠す意味で、今、市章をしているわけですが、今回、この新しい庁舎については、市章をどのような形に入れるのか、外すのか、その辺をちょっと伺いたいと思います。


 ちなみに、県議会の方では県旗と国旗が横に置いてあるような形になっておりますので、その辺をちょっと説明させていただきます。よろしくお願いいたします。





 質 疑





○委員長(谷口 覚) 以上、議場の部分とかモニターとかについての説明も含めて、何かご意見・質疑はございませんか。


 山際委員。


○委員(山際 優) モニターもつけてほしいし、市章と国旗は当然置くべきだと、飾るか置くか、それはいいのですけれども、どういう形にしろ議場には必要だと思います。


○委員長(谷口 覚) 野名委員。


○委員(野名澄代) 市章については勉強不足ですので、事務局がほかを見たその判断にお任せしたいと、私はそのように思います。それから、モニターがよくわからないのですけれども、そのモニターはどこをどうしてどうつけるのか、ちょっと説明してほしいと思います。


○委員長(谷口 覚) 議事課長。


○議事課長(岡 英雄) 県議会の方ではプロジェクターの方で、議長の後ろの横のところに大きなプロジェクターの設置がございます。ほかの議場、例えばこの前ちょっと冊子で見たんですけど、北海道の栗山町が載っていまして、議長側と執行部側の前後にモニターが設置してあるということで、ほかのところは、横辺についているのが多いのですけれど、横ですと、どうしても目が横にいってしまうもので、顔が向いてしまうので、その辺を考えて、前後というふうな形を事務局では考えておるということがございますが、もし市章の方が議長の後ろに設置、つけるようになれば、当然、ちょっと横の形に、後ろになるんかなと、そのような形になると思います。


 以上です。


○委員長(谷口 覚) 野名委員。


○委員(野名澄代) そのモニターの役割ですね、そのモニターの必要性ですね、モニターですから言わずとわかっていますけれども、その必要性とその費用ですね、それはどうなんでしょうか。


○委員長(谷口 覚) 議事課長。


○議事課長(岡 英雄) 今のところは、いま現在、市販で売買されておるので、価格も大体わかるかと思いますが、それから、モニターの内容なんですが、いま現在、皆さんがケーブルで放送していますようなもちろんその部分の関係では映りますけれども、あとはよければ資料等あれば、皆さんにもお知らせするときには、それで映して説明もできるかとそのようには思っております。例えば、資料について、こういう資料、パネルですか、それをちょっと見てもらうところがあるんですけど、そういうのがあらかじめあれば、説明する場合もできるんじゃないかと、このように考えておりますので、よろしくお願いします。


○委員長(谷口 覚) 野名委員。


○委員(野名澄代) 資料は手渡しのこの資料ではだめなわけですか、モニターなんでしょうか。それと、ただ、それだけなんでしょうか。議員の顔でしたら、傍聴席から議員の顔は見えなくても、臨場感というのはわかりますし、質問内容はわかると思うのですけども、それがどうなんか、それと費用もちょっとわかりましたら教えてほしいと思います。


○委員長(谷口 覚) 議事課長。


○議事課長(岡 英雄) 内容的には、そういったモニターですので、いろいろな場面を映して見れる、その効果でございますけど、どういうものかというのは、私もまだそこまでは詳しくは調べておりません。お値段については、大体今のところ大きい物については、インチ1万ぐらいかなと思うのです。今、30から40インチくらいについてはほとんど5,000円ぐらいになっていると思うのですが、まだちょっと大きいのは余り大量生産で今つくられていないかなということで、ちょっとは高くなっておりますけれども、これからアナログ廃止に向かって大量生産しておりますので、かなり安くなってくるんじゃないかと。だからインチ1万として、60インチで60万ぐらいかなと、インチ1万。定価ではそのように、私個人では思うのですけど、あと、家電の店で皆さんも見ていただくと大体わかると思うのですが、それぐらいになっているかと。もっと今安くなっている可能性もあります。そういうことですので、そんなには、今高くはないように思っております。


○委員長(谷口 覚) 野名委員。


○委員(野名澄代) お聞きいたしましたが、ほかの町は県議会でもほかの市でもあるかもしれませんが、私は必要でないと思いますので、そういう意見です。


○委員長(谷口 覚) 議事課長。


○議事課長(岡 英雄) 今、新しい庁舎を建てられるところはほとんどが設置しておるというのが現状でございます。


○委員長(谷口 覚) 松尾委員。


○委員(松尾忠一) その件ですけどもね、この議場にはバリアフリー化等、目の不自由な方も議場に来られます。そういった方々のためにでも、ぜひともつけていただきたい。これこそ金を投じるべきであると思います。非常に、この前もちょっと目の不自由な方々が来ていただいたけれども、我々は視力は1.0ぐらい普通に見える方々ばかりですけれども、そういう方々のことも考えて、ぜひともつけていただきたい。また、その資料等でも、全員協議会等でも、そこで使うかどうかわかりませんけれども、大きく映せ説明する部分も何回かあろうと思いますので、ぜひともつけていただきたいと思います。


 以上です。


○委員長(谷口 覚) 議事課長。


○議事課長(岡 英雄) 現在の設計の方では、皆さんに前からもお示ししてありますように、モニターの設置はつける方向でということで、確認はしております。


 以上でございます。


○委員長(谷口 覚) 以上のように、モニターを設置する方向であるということで、これでよろしいでしょうか。


 畑委員。


○委員(畑美津子) そうすると、質問している議員の顔を映すとかそういう目的じゃなく、それもやるんですか。それもあって、それから例えば、庁舎建設特別委員会だと議会へプロジェクターを持ち込んで、ポイントで説明したりするんですけど、そういうふうにも使える、何インチでしたけ。60インチ。


○委員長(谷口 覚) 坂口委員。


○委員(坂口 洋) 議長の後ろをどうするのかというのを、ほかの議会の議場を見てみますと、すごく立派に飾りつけてあったり、いろんなものをくっつけてあったりといろいろあるんですけど、その市章というのは、壁にあのマークを何かでつくってばちっとはめるという意味。そんなことせんでいいわな、旗をぶら下げておけばいいやん、お金かかるのに。そういう気はするんやけれども。


○委員長(谷口 覚) 議事課長。


○議事課長(岡 英雄) 余り費用としてはそんなにかからないけれども、つけるかつけないかということと、それと横へ、いま現在、議長室には、国旗と市旗置いてあるんですが、それをするか、それとも、県会は議場はそのようにしてあるんですが、横へ置いてあるんですけど、議長室から議会開催のときには、そこへ入れるかどうするかですね。それはとにかく市章をどうするのかだけちょっと皆さんにまた判断していただきたいと思います。


○委員長(谷口 覚) 暫時休憩します。





 休  憩 午前 11時46分


 再  開 午前 11時52分





○委員長(谷口 覚) 会議を再開いたします。


 国旗の方もそしたらつけることでよろしいでしょうか。


 市章はつけるということで、国旗の方はどのようにしたら。


○議会事務局長(井上 司) 新しい庁舎を今建設しているところで、業者の方ちょっと聞いたところでは、最近、市章の方は半分以上はつけているというふうなことを聞いております。国旗は余り聞いておりません。


○委員長(谷口 覚) じゃ、国旗の方はどうしましょう。


 採決でよろしいでしょうか。採決しましょうか。


 じゃ、国旗をつけることに対して、賛成の方、挙手をお願いします。


                  (挙手多数)


○委員長(谷口 覚) 挙手多数でございますので、国旗をつけるようにさせていただきます。ほかに質疑はありませんか。


○議会事務局長(井上 司) 市章の方ははめ込みというか、そこへつけるのと、それから前に国旗をするのか、どうするのか、はめ込みでよろしいのですかな。その辺をちょっと。市章と国旗で、旗にするのか、その辺です。市章の方ははめ込みで。そういうことでよろしいでしょうか、それも確認もしたいと思いますので。旗でしたら、ありますので。


 市章ははめ込みで、国旗は横へ置くということで、よろしくお願いします。


○委員長(谷口 覚) それでは、市章ははめ込むということで、了承願います。国旗の方はつけるということでいきます、種類は別にして。国旗を議場に置きます。


 ほかに質疑はございませんか。


 畑委員。


○委員(畑美津子) これ、ごめんなさい、側面図が出ているんですけど、この議員席へ車いす対応は、これで、両側とかはスロープになっているんですか。この側面図を見る限り階段になっていますが。


○委員長(谷口 覚) 議事課長。


○議事課長(岡 英雄) この1列目は、入退場するドアのところからフラットになっております。フラットになっております。1列目は全部フラットですので、1列目だけの端に車いす用のキャスター付のいすをしておりますので、2列3列目は、ちょっと階段に上がるようになっております。


○委員長(谷口 覚) 畑委員。


○委員(畑美津子) それでは、議員に車いすの議員がおられる場合は、2列目・3列目にはもう行かないで、議席決めるときに固定してしまうということですか。


○委員長(谷口 覚) 議事課長。


○議事課長(岡 英雄) そういうことでございます。ということは、普通は今のように固定してあるわけですもので、外したりとかそれがちょっとできませんので、要するに、端だけはこのように動くようなキャスターつきで、いすは全く同じものでございますけれども、動けるもので固定はしないような形を、そのかわりに議員さんにはこの図面のとおり、1列目の端の議席になる人は、ちょっとキャスター付になるということで、ご理解いただきたいと思います。


 現在、いすですね、議場のいすはちょっと固定のもので、前後するとなかなか前の方が空いているような感じですが、それを設計士の方に十分言ってあります。その辺の調整をということで、今、直すと、かなり費用がかかるということで、1個直すだけで。そうですので、その辺も踏まえて、ちょっと申し入れはしてあります。


 ということで、よろしくお願いいたします。


○委員長(谷口 覚) ほかに質疑はございませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○委員長(谷口 覚) これをもって質疑を終わります。





 事項2





○委員長(谷口 覚) 次に、(2) その他。事務局から何かありませんか。


 会議規則第102条の議決事件の字句及び数字等の整理及び同第103条の委員長報告書の作成、及び当委員会の今後の日程、協議事項については、委員長に一任していただきたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○委員長(谷口 覚) 異議なしと認めます。


 本日は、ご審議を賜り、ありがとうございました。


 以上で、平成19年第1回志摩市議会庁舎建設に関する特別委員会を閉会します。





 閉  会 午前 11時57分





 志摩市議会委員会条例第30条第1項の規定により、この記録を作成し、ここに署名する。





 平成19年2月5日








                 志摩市議会庁舎建設に関する特別委員会委員長  谷 口   覚