議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 志摩市

平成18年第1回定例会(第9号 3月22日)




平成18年第1回定例会(第9号 3月22日)





 
         平成18年(2006年)第1回志摩市議会(定例会)会議録


                   第 9 号


              平成18年3月22日(水曜日)





                会議に出欠席の議員氏名


 出席議員26名


    1番  小 田 幸 道 君       2番  ? 口 三代和 君


    3番  森 本 雅 太 君       4番  出 間 敏 和 君


    5番  西 ? 甚 吾 君       6番  廣 岡 安 吉 君


    7番  中 村 八 郎 君       8番  杉 本 三八一 君


    9番  小 森   仁 君      10番  野 名 澄 代 君


   11番  山 下   弘 君      12番  松 尾 忠 一 君


   13番  中 川 弘 幸 君      14番  森 本 紘 正 君


   15番  小 河 光 昭 君      16番  坂 口   洋 君


   17番  上 村 繁 子 君      18番  西 尾 種 生 君


   19番  三 橋 文 夫 君      20番  大 口 秀 和 君


   21番  森     昶 君      22番  山 際   優 君


   23番  畑   美津子 君      24番  杉 木 弘 明 君


   25番  谷 口   覚 君      26番  ? 岡 英 史 君





             職務のため出席した事務局職員の職氏名


 議会事務局長    山 川 勘 一 君   議事課長   岡   英 雄 君


 議事係長      平 井   正 君   議事係    橋 本 勝 弘 君





               会議に出席した説明員の職氏名


 市長        竹 内 千 尋 君   助役     田 中   稔 君


 収入役       磯 和 光 春 君   総務部長   宮 本 源 光 君


 参事兼市長公室長  谷 崎   豊 君   企画部長   柴 原 時 男 君


 産業振興部長    中 村 達 久 君   建設部長   西 村   弘 君


 健康福祉部長    中 川 洋 司 君   生活環境部長 西 井 一 夫 君


 上下水道部長    水 口 良 之 君   病院事業部長 浜 口 和 本 君


 総務課長      稲 葉 和 美 君   教育委員長  大 東 弘 郎 君


 教育長       西 岡 松太夫 君   教育部長   小山崎 幸 夫 君





                  議事日程第9号


              平成18年3月22日 (水曜日)


                午 前 9 時 開 議





 日程第  1 議案第    16号 志摩市国民保護協議会に関する条例の制定につ


                   いて


 日程第  2 議案第    17号 志摩市国民保護対策本部及び志摩市緊急対処事


                   態対策本部に関する条例の制定について


 日程第  3 議案第    18号 志摩市長期継続契約を締結することができる契


                   約に関する条例の制定について


 日程第  4 県知事提出議案第1号 志摩市浜島財産区議会設置条例の制定について


 日程第  5 県知事提出議案第2号 志摩市南張財産区議会設置条例の制定について


 日程第  6 県知事提出議案第3号 志摩市塩屋財産区議会設置条例の制定について


 日程第  7 県知事提出議案第4号 志摩市迫子財産区議会設置条例の制定について


 日程第  8 議案第    19号 志摩市要介護者等の虐待防止等に関する条例の


                   制定について


 日程第  9 議案第    20号 志摩市障害者介護給付費等の支給に関する審査


                   会の委員の定数等を定める条例の制定について


 日程第 10 議案第    21号 志摩市委員会の委員の報酬及び費用弁償に関す


                   る条例の一部改正について


 日程第 11 議案第    22号 志摩市長、助役及び収入役の給与及び旅費に関


                   する条例の一部改正について


 日程第 12 議案第    23号 志摩市教育委員会教育長の給与及び勤務時間等


                   に関する条例の一部改正について


 日程第 13 議案第    24号 志摩市情報公開条例の一部改正について


 日程第 14 議案第    25号 志摩市手数料徴収条例の一部改正について


 日程第 15 議案第    26号 志摩市立学校設置条例の一部改正について


 日程第 16 議案第    27号 志摩市放課後児童クラブ条例の一部改正につい


                   て


 日程第 17 議案第    28号 志摩市大王健康管理センターの設置及び管理に


                   関する条例の一部改正について


 日程第 18 議案第    29号 志摩市立国民健康保険病院事業の設置等に関す


                   る条例の一部改正について


 日程第 19 議案第    30号 鵜方駅前公共駐車場の設置及び管理に関する条


                   例の一部改正について


 日程第 20 議案第    31号 志摩市営住宅管理条例の一部改正について


 日程第 21 議案第    32号 志摩市下水道条例の一部改正について


 日程第 22 議案第    33号 平成18年度志摩市一般会計予算について


 日程第 23 議案第    34号 平成18年度志摩市国民健康保険特別会計予算


                   について


 日程第 24 議案第    35号 平成18年度志摩市老人保健特別会計予算につ


                   いて


 日程第 25 議案第    36号 平成18年度志摩市介護保険特別会計予算につ


                   いて


 日程第 26 議案第    37号 平成18年度志摩市介護サービス事業特別会計


                   予算について


 日程第 27 議案第    38号 平成18年度志摩市下水道事業特別会計予算に


                   ついて


 日程第 28 議案第    39号 平成18年度志摩市公共駐車場整備特別会計予


                   算について


 日程第 29 議案第    40号 平成18年度志摩市住宅新築資金等貸付事業特


                   別会計予算について


 日程第 30 議案第    41号 平成18年度志摩市公共用地取得整備特別会計


                   予算について


 日程第 31 議案第    42号 平成18年度志摩市水道事業会計予算について


 日程第 32 議案第    43号 平成18年度志摩市下水道事業会計予算につい


                   て


 日程第 33 議案第    44号 平成18年度志摩市立国民健康保険病院事業会


                   計予算について


 日程第 34 議案第    45号 指定管理者の指定について


 日程第 35 議案第    46号 指定管理者の指定について


 日程第 36 議案第    47号 三重県自治会館組合の規約の変更に関する協議


                   について


 日程第 37 議案第    48号 三重地方税管理回収機構の規約の変更に関する


                   協議について


 日程第 38 議案第    49号 鳥羽志勢広域連合の処理する事務の変更及び規


                   約の変更に関する協議について


 日程第 39 議案第    50号 志摩市介護保険条例の一部改正について


 日程第 40 議案第    51号 志摩市職員の給与に関する条例の一部改正につ


                   いて


 日程第 41 常任委員会の閉会中の所管事務調査について





                  会議に付した事件





 日程第  1 議案第    16号 志摩市国民保護協議会に関する条例の制定につ


                   いて


 日程第  2 議案第    17号 志摩市国民保護対策本部及び志摩市緊急対処事


                   態対策本部に関する条例の制定について


 日程第  3 議案第    18号 志摩市長期継続契約を締結することができる契


                   約に関する条例の制定について


 日程第  4 県知事提出議案第1号 志摩市浜島財産区議会設置条例の制定について


 日程第  5 県知事提出議案第2号 志摩市南張財産区議会設置条例の制定について


 日程第  6 県知事提出議案第3号 志摩市塩屋財産区議会設置条例の制定について


 日程第  7 県知事提出議案第4号 志摩市迫子財産区議会設置条例の制定について


 日程第  8 議案第    19号 志摩市要介護者等の虐待防止等に関する条例の


                   制定について


 日程第  9 議案第    20号 志摩市障害者介護給付費等の支給に関する審査


                   会の委員の定数等を定める条例の制定について


 日程第 10 議案第    21号 志摩市委員会の委員の報酬及び費用弁償に関す


                   る条例の一部改正について


 日程第 11 議案第    22号 志摩市長、助役及び収入役の給与及び旅費に関


                   する条例の一部改正について


 日程第 12 議案第    23号 志摩市教育委員会教育長の給与及び勤務時間等


                   に関する条例の一部改正について


 日程第 13 議案第    24号 志摩市情報公開条例の一部改正について


 日程第 14 議案第    25号 志摩市手数料徴収条例の一部改正について


 日程第 15 議案第    26号 志摩市立学校設置条例の一部改正について


 日程第 16 議案第    27号 志摩市放課後児童クラブ条例の一部改正につい


                   て


 日程第 17 議案第    28号 志摩市大王健康管理センターの設置及び管理に


                   関する条例の一部改正について


 日程第 18 議案第    29号 志摩市立国民健康保険病院事業の設置等に関す


                   る条例の一部改正について


 日程第 19 議案第    30号 鵜方駅前公共駐車場の設置及び管理に関する条


                   例の一部改正について


 日程第 20 議案第    31号 志摩市営住宅管理条例の一部改正について


 日程第 21 議案第    32号 志摩市下水道条例の一部改正について


 日程第 22 議案第    33号 平成18年度志摩市一般会計予算について


 日程第 23 議案第    34号 平成18年度志摩市国民健康保険特別会計予算


                   について


 日程第 24 議案第    35号 平成18年度志摩市老人保健特別会計予算につ


                   いて


 日程第 25 議案第    36号 平成18年度志摩市介護保険特別会計予算につ


                   いて


 日程第 26 議案第    37号 平成18年度志摩市介護サービス事業特別会計


                   予算について


 日程第 27 議案第    38号 平成18年度志摩市下水道事業特別会計予算に


                   ついて


 日程第 28 議案第    39号 平成18年度志摩市公共駐車場整備特別会計予


                   算について


 日程第 29 議案第    40号 平成18年度志摩市住宅新築資金等貸付事業特


                   別会計予算について


 日程第 30 議案第    41号 平成18年度志摩市公共用地取得整備特別会計


                   予算について


 日程第 31 議案第    42号 平成18年度志摩市水道事業会計予算について


 日程第 32 議案第    43号 平成18年度志摩市下水道事業会計予算につい


                   て


 日程第 33 議案第    44号 平成18年度志摩市立国民健康保険病院事業会


                   計予算について


 日程第 34 議案第    45号 指定管理者の指定について


 日程第 35 議案第    46号 指定管理者の指定について


 日程第 36 議案第    47号 三重県自治会館組合の規約の変更に関する協議


                   について


 日程第 37 議案第    48号 三重地方税管理回収機構の規約の変更に関する


                   協議について


 日程第 38 議案第    49号 鳥羽志勢広域連合の処理する事務の変更及び規


                   約の変更に関する協議について


 日程第 39 議案第    50号 志摩市介護保険条例の一部改正について


 日程第 40 議案第    51号 志摩市職員の給与に関する条例の一部改正につ


                   いて


 日程第 41 常任委員会の閉会中の所管事務調査について


 追加日程第1 議案第    52号 行政組織の変更に伴う関係条例の整備に関する


                   条例の制定について


 追加日程第2 議案第    53号 土地の取得について


 追加日程第3 議案第    54号 平成17年度志摩市介護サービス事業特別会計


                   補正予算(第3号)について


 追加日程第4 発議第     2号 国の責任を患者・地方自治体に転嫁する「医療


                   制度改革」反対の意見書の提出について


 追加日程第5 発議第     3号 志摩市議会庁舎建設に関する特別委員会設置に


                   関する決議について





                午前 9時00分 開議





                   開 会・開 議





○議長(?岡英史君) 皆さんおはようございます。


 ただいまの出席議員数は26名であります。


 地方自治法第113条の規定により、定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付のとおりであります。





           議案の上程(議案第16号から議案第51号)





○議長(?岡英史君) 日程第1 議案第16号 志摩市国民保護協議会に関する条例の制定についてから日程第40 議案第51号 志摩市職員の給与に関する条例の一部改正についてまでの40件を一括議題といたします。


 以上、40件について、各常任委員長から付託事項審査の報告を求めます。


 初めに、総務財政常任委員長の報告を求めます。


 上村繁子君。


              (17番 上村繁子君 登壇)


○17番(上村繁子君) 皆さんおはようございます。ただいまより総務財政常任委員会付託事項書の報告をさせていただきます。


 付託事項。議案第16号 志摩市国民保護協議会に関する条例の制定について、議案第17号 志摩市国民保護対策本部及び志摩市緊急対処事態対策本部に関する条例の制定について、議案第18号 志摩市長期継続契約を締結することができる契約に関する条例の制定について、県知事提出議案第1号 志摩市浜島財産区議会設置条例の制定について、県知事提出議案第2号 志摩市南張財産区議会設置条例の制定について、県知事提出議案第3号 志摩市塩屋財産区議会設置条例の制定について、県知事提出議案第4号 志摩市迫子財産区議会設置条例の制定について、議案第21号 志摩市委員会の委員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について、議案第22号 志摩市長、助役及び収入役の給与及び旅費に関する条例の一部改正について、議案第23号 志摩市教育委員会教育長の給与及び勤務時間等に関する条例の一部改正について、議案第24号 志摩市情報公開条例の一部改正について、議案第25号 志摩市手数料徴収条例の一部改正について、議案第33号 平成18年度志摩市一般会計予算の「歳入全般」及び歳出のうち「第1款議会費」、「第2款総務費のうち第3項戸籍住民基本台帳費を除く」、「第8款消防費」、「第10款災害復旧費」、「第11款公債費」、「第12款予備費」について、議案第41号 平成18年度志摩市公共用地取得整備特別会計予算について、議案第47号 三重県自治会館組合の規約の変更に関する協議について、議案第48号 三重地方税管理回収機構の規約の変更に関する協議について、議案第51号 志摩市職員の給与に関する条例の一部改正について。


 審査の経過。平成18年3月10日及び13日、志摩市議会本会議において前記の事項が本委員会に付託されたので、同月14日午前9時志摩市議会委員会を招集し、同日午前9時開会、付託事項につき随時慎重審査を行い、午後2時22分閉会をした。この間、助役、収入役、総務部長、企画部長、参事兼市長公室長、浜島支所長、総務部調整監兼防災交通課長、総務課長、財政課長、職員課長、課税課長、収税課長、企画部調整監兼情報政策課長、企画政策課長、市民参画課長の出席を求め、必要に応じ説明の聴取をし、慎重に審査を行いました。


 3、付託事項審査。審査に当たり、本会議の説明をもとに各委員の質疑及び意見があり、次のとおり承認をした。本委員会は付託事項について慎重審査の結果、全議案について原案のとおり可決すべきものと認めました。


 主なる意見といたしましては、全議案について原案のとおり可決すべきものと認めるが、当委員会において次の点について特に要望するということのご意見が出ましたので、要望事項を報告させていただきます。1つは、市たばこ税の歳入確保、2、統一した避難経路の案内板の整備、3、防災倉庫の備蓄品について食糧に偏ったものでなく、医薬品等の検討をお願いしますということです。


 では、ただいまより委員長の報告をさせていただきます。審査の過程において各委員の多数の意見や要望が出されたので、その事項について報告をいたします。


 議案第16号 志摩市国民保護協議会に関する条例の制定についてでありますが、有事の場合、消防、市の職員、公務員の方が救援に当たるとされていますが、安全確保の問題はどう考えているのかの問いに、それぞれの役職につく職員も含め、危険を伴うことなのでよく議論をし、具体的な保護計画を立てていきたい。


 また、第40条に掲げられている知識・経験を有する者とあるが、志摩市はその者をどのようにして選ぶのかの問いには、県等とも相談しながら取り組みたいと思いますとの答弁でありました。


 議案第17号 志摩市国民保護対策本部及び志摩市緊急対処事態対策本部に関する条例の制定についてでありますが、国民保護法を見ると、国の方で強制的に役職も本部役員も決まっているという法律の中で、どこまで想定して対策本部を設置するかの問いに、通常の災害対策本部を設置するような形の立ち上げになると思っているとの答弁でありました。


 また、国民保護協議会に関する条例の中で第2条に委員及び専門委員というのがあるが、これはどういう人を想定しているのか、またこの人たちの役割とはの問いには、法第39条、国民保護の設置に関する重要事項を審査し、重要事項に関し市町村長に意見を述べることと国民保護計画を策定していくことである。専門委員とは、法第40条の第7項で市町村協議会に専門事項を調査するために置くことができるということでありますが、三重県では現在は置いていないということでございます。


 議案第18号 志摩市長期継続契約を締結することができる契約に関する条例の制定についてでありますが、長期契約は5年以内という表現をされていますが、1会計年度というのが基本的な契約の仕方だと思いますがとの問いに、従来の長期契約については債務負担行為を設定し、契約をしてきました。一般的には5年というのが税法上規定されていることもあり、5年間を1つの単位として契約をしていきますとのご答弁でありました。


 議案第22号 志摩市長、助役及び収入役の給与及び旅費に関する条例の一部改正についてでありますが、平成18年3月31日までの期間を延長するということでありますが、附則の方で100分の5を減ずるとなっていますが、本来は本則で扱うべきものではないのかの問いに、市長がかわるということも含めて他の部分についてまで言及はできないということもあって、附則で対応させていただいたとの答弁でありました。


 議案第33号 平成18年度志摩市一般会計予算の「歳入全般」及び歳出のうち「第1款議会費」、「第2款総務費のうち第3項戸籍住民基本台帳費を除く」、「第8款消防費」、「第10款災害復旧費」、「第11款公債費」、「第12款予備費」についての歳入についてですが、市民において個人・法人の平成17年度に比べてふえると思われる根拠は何か、また市民税と固定資産税の滞納分はどれくらいなのかの問いに、増の要因は税条例の改正に伴う老年者控除の廃止、年金控除額、定率減税の縮小を勘案して見込んでいるのと、法人については景気がやや上向きが見込まれるということでございます。また、滞納分として、平成17年度の繰り越しも合わせて約2億9,000万円、固定資産税については16億ぐらいあるとのことであります。


 次に歳出でございますが、第2款総務費、第1項総務管理費の特殊手当はどのようなものがあるのか、また見直すつもりはあるのかの問いに、金額の多いものは税の関係、清掃業務が大半でありますが、国の方向の中で見直しということもありますので、見直すべきものは見直しをさせていただきますとの答弁でした。


 次に、同款同項で自治会助成金についてでありますが、平成18年は2億円のプラスになるが、平成17年度事業実績報告において助成しているのかの問いに、要綱に基づいて予算計上しておりますとの答弁でした。


 次に、同款同項で庁舎建設事業費で現段階の考え方、本年度のいつごろに設計図ができ上がるのかの問いに、懇談会を続け、方向性が決まり次第、説明・ご報告を申し上げ、ご意見を賜り、その後に具体的な手法にかかっていく予定でありますとのことでした。


 続きまして、第8款消防費でございますが、第4項災害対策費で備品購入関係、機材購入等はどのようなものなのか、それをどこに置くのかとの問いに、発電機、バール、投光器等などを和具自治会へ、また浄水機の整備事業は海水を真水に変えるものを15基購入予定である。また、緊急避難整備事業、防災倉庫整備事業は、年次計画を持ってこれからも続けていくべきであるが、そういう考えで行われているのかとの問いに、それぞれの地域の形に合った形で早い時期に整理をし、順次整備を進めていきたいとの答弁でありました。


 議案第41号 平成18年度志摩市公共用地取得整備特別会計予算についてでありますが、これについては特段の質疑もなく、審査が終了いたしました。


 以上で、総務財政常任委員会の報告を終わらせていただきます。





                   質  疑





○議長(?岡英史君) これから、総務財政常任委員会委員長報告に対する質疑を行います。


 質疑はありませんか。


 野名澄代君。


○10番(野名澄代君) 野名です。議案第18号についてですが、この志摩市長期継続契約、長期契約ですね、締結することについて傍聴もさせていただきましたが、言っている内容はわかりますが、例えば下水道処理場の委託業務ですね、そういったことは随契の中で合特法をどのように考えておられるのか。そしてまた、その透明性はどうなのか。


○議長(?岡英史君) 委員長。


○17番(上村繁子君) そういう説明もあったかもわかりませんけども、私ちょっと記憶にないものですから、後ほど委員長の報告書をまとめますので、それでまたご説明させていただきますので。よろしいですか、このお答えで。よろしくお願いいたします。


○議長(?岡英史君) 野名澄代君。


○10番(野名澄代君) 今採択でしょう、この後。後で聞いたらわからないじゃありませんか。今聞かないと。


○議長(?岡英史君) 委員長、ちょっと待ってくださいね。





                   休  憩





○議長(?岡英史君) 暫時休憩します。





                午前9時17分 休憩





                午前9時18分 再開





                   開  議





○議長(?岡英史君) それでは休憩前に引き続き、会議を再開します。


 委員長。


○17番(上村繁子君) 自治会の助成金についてでありますが、平成18年度は2億円と私は言いましたですけども、2,100万です。2,000万のプラスになるということですので、訂正をいたします。


○議長(?岡英史君) ほかに質疑ありませんか。


 20番大口秀和君。


○20番(大口秀和君) 議案第16号と17号の質疑のときに、憲法に絡めての質疑はありましたか。


○議長(?岡英史君) 委員長、どうぞ。


○17番(上村繁子君) そういう憲法を出して言われた方は、たしかいてなかったと思うんですけども、詳しいところは事務局の方でまた報告書をきちんと作成しますので、そのときにまたお答えさせていただきたいと思います。私の記憶ではなかったと思いますけども。


○議長(?岡英史君) ほかに質疑ありませんか。


 6番廣岡安吉君。


○6番(廣岡安吉君) 廣岡です。先ほど委員長報告の中にもありましたけれども、景気が上向きであるという言葉の中でですね、株式譲渡所得割交付金がふえていますね。それから、地方消費税もふえていますよね。それから、自動車の取得税交付金もふえているわけですよ。この景気がいいという判断の中で、ゴルフ場利用税交付金が昨年と同額ということなんですが、これに対する議論はなかったですか。


○議長(?岡英史君) 委員長。


○17番(上村繁子君) そういう議論はなかったと思います。先ほども大口議員にお答えしたんですけども、会議録がございますので、それできちんとご説明をしたいと思います。


○議長(?岡英史君) 質疑ありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) これをもって質疑を終わります。


 委員長、ご苦労さまでした。


 それでは次に、教育民生常任委員会委員長の報告を求めます。


 畑美津子君。


○11番(畑美津子君) おはようございます。教育民生常任委員会付託事項審査の報告を行います。


 付託事項及び審査の経過につきましては、配付の報告書のとおりでございます。


 その結果、本委員会は全議案について原案のとおり可決すべきものと認めました。


 審査の過程におきまして委員より多数の意見・要望等が出されましたので、主な事項について報告いたします。


 まず、議案第20号 志摩市障害者介護給付費等の支給に関する審議委員会の委員の定数を定める条例の制定について、社会福祉関係の委員はどのような方がなられるのかとの問いに対して、保健師、社会福祉士、精神保健福祉士、理学療法士、作業療法士等の中から選ぶとのことでした。


 議案第27号 志摩市放課後児童クラブ条例の一部改正について、今回、浜島へ設置されることになった理由及び今後全市に増設していくべきであり、また料金についても今よりも安くし、利用者をふやしていくというような考え方もあるのではないかとの質問に対し、アンケートの調査の結果により、市内で一番回答も人数も多かった浜島を選んでおります。今後の増設については、次世代育成支援行動計画では10カ所程度を予定しており、阿児町の3カ所、磯部町、そして18年度で浜島町、あと志摩と大王についても順次進めていきたいと考えておりますし、公共施設の空き施設を利活用すること等についても、総合的に勘案していかなければならないと思っているとの答弁でした。


 議案第28号 志摩市大王健康管理センターの設置及び管理に関する条例の一部改正について委員より発言があり、在宅介護支援センターを廃止し、地域包括支援センター1カ所にまとめてしまって、これで地域で積み上げてきたものにかわる組織・体制づくりができるのか、在宅介護の充実は図れるのかとの質問に対し、介護法の改正に伴い地域包括支援センターを設置し、これまでの在宅介護センターの部分として地区支援センターの窓口に保健師を配置する。訪問活動を重点的にやってきた保健師のあとの補充については、介護福祉士、社会福祉士等を配置、特定高齢者を重点的に訪問し、従前の訪問活動ができるだけ低下しないように連携をとっていくとの答弁でした。


 議案第33号 平成18年度志摩市一般会計予算歳出のうち第3款民生費について、民生費の総額は18年度59億6,090万6,000円、17年度予算に比して3億544万5,000円の増となっているが、依存財源が増額となってきている現状での国庫補助金、県交付金の部分の今後の見通しはどうなのか、また厳しい財政状況の中での自主財源の確保が課題であり、福祉・民生の低下を招かないように要望するとの意見に対し、民生費の増額は繰出金の関係で増となった。三位一体改革による補助金・交付金の削減が出てきており、市町村財源は厳しくなるばかりで好転するような見通しは立てられないとの答弁でした。


 また、地域包括支援センターの中の365日24時間相談窓口については、職員の過重労働にならないように十分考えていくべきであるとの意見に対して、職員の健康は大事であり、不安材料もあるが、もう少し精査しながらよりよい方向に行けるように検討を加えたいとの答えでした。


 2項児童福祉費、2目児童措置費について、ファミリーサポートセンターは大変よい制度であり、利用者の増大に対する周知方法はとの質問には、ケーブルテレビ、広報紙の活用、幼稚園等での直接説明をする等努力しているとの答弁でした。


 続きまして、第4款衛生費、1項保健衛生費については、全国自然公園大会ということもあり、環境保全は大切である。また、環境監視員報酬について、環境監視員の権限について、撤去等の権限はあるのか、また陸だけではなく海上の監視もやっていくべきとの問いに対し、現在陸だけで海上の部分は考えていない。不法投棄については、行政だけでは難しい。地域と密接に連携をとりながら、環境監視員を中心として検討をしていくとの答弁でした。


 第9款教育費について、2項小学校費及び3項中学校費では、準要保護児童就学援助費の負担及び数の変化についての質問があり、小学校371名、中学校190名で年々増加傾向である。負担については、17年度から国の制度が廃止されたが、17年度、18年度においても従来の国の基準に基づいて市の負担で支給しているとの答弁でした。


 また、住民の負担増、サービス低下につながる内容の予算であるとの意見がありました。


 議案第34号 平成18年度志摩市国民健康保険特別会計予算についてにおきまして、現年度の国民健康保険税は91%の収納率で算定していますが、90%を割り込むようなことはないのか、またその場合、調整交付金の減額のおそれもあり、収納率向上の具体策を持っているのかと説明を求められたことに対して、収納率向上のために市税を含めた総合的な税の確保ということを考えていかなければならないと思っておりますが、今後、課員を挙げて対応をしていくとの答弁でした。


 議案第50号 志摩市介護保険条例の一部改正につきまして、委員より、今回の介護保険の改定は市民にすさまじい負担を押しつけるものである。また介護保険料の値上げは痛手であるが、安定したサービス提供のため、やむを得ないとの意見がありました。


 以上で、教育民生常任委員会の報告を終わります。





                   質  疑





○議長(?岡英史君) これから、教育民生常任委員会委員長報告に対する質疑を行います。


 質疑はありませんか。


 9番小森 仁君。


○9番(小森 仁君) 1点伺います。議案第44号 平成18年度志摩市立国民健康保険病院事業会計予算について、これは総額20億にも上るような大きな事業会計でありますし、また病院の統合問題についてもですね、一般質問等でもたくさん指摘を受けているような問題を抱えている会計であります。この会計についてどのような質疑が行われたか、お伺いします。


○議長(?岡英史君) 委員長。


○11番(畑美津子君) 特段質疑はございませんでした。


 以上です。


○議長(?岡英史君) ほかに。


 15番小河光昭君。


○15番(小河光昭君) 議案第40号についてお伺いいたします。平成18年度志摩市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算についての報告が委員長からありませんでしたが、これについては質疑等がございませんでしたか。


○議長(?岡英史君) 委員長。


○11番(畑美津子君) 特段の質疑はないように思いましたが、後日会議録を作成し、報告いたしますので、それでご了承いただけますでしょうか。


○議長(?岡英史君) ほかに質疑ありますか。


 質疑ありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) それでは、これをもって質疑を終わります。


 委員長、ご苦労さまでした。


 次に、産業建設常任委員会委員長の報告を求めます。


 三橋文夫君。


○19番(三橋文夫君) おはようございます。産業建設常任委員会付託事項審査の報告を行います。


 付託事項及び審査の経過につきましては、配付の報告書のとおりでございます。


 その結果、本委員会は全議案について原案のとおり可決すべきものと認めました。


 審査の過程において委員各位より多数の意見・要望が出されたので、主な事項について報告いたします。


 まず、議案第30号 鵜方駅前公共駐車場の設置及び管理に関する条例の一部改正についてでありますが、タクシー、営業バス、それぞれの台数乗り入れは何台設定されているのか、また駅前広場の構想図作成委託料で補正が40万ほど出ていたが、その構想図はできたのかどうかとの問いに、タクシー、バス駐車場は、それぞれタクシーは16台、バスは3台、また乗り入れ台数として28台を想定しており、また構想図については、現在4枚程度制作中であるとの答弁でした。


 次に、議案第31号 志摩市営住宅管理条例の一部改正についてでありますが、これは心身、心の病について厚生労働省の改正に伴い住宅法が改正され、それに伴う改正でありますとの答弁でございました。


 次に、議案第45号 指定管理者の指定について、南張海浜公園振興会の会計処理について質疑があり、指定管理運営以外の要因での収益については、その部分がわかるように明示をしていただいて、市に報告をいただくような経理の仕方を今後考えておりますとの答弁でした。


 続きまして、議案第46号 指定管理者の指定についてでございますが、駐車料金及び使用料の納付の部分についても指定管理者が行うのかとの問いに対して、徴収も委託するとの答弁でした。


 また、歩道及び放置自転車の管理について質疑があり、構造物等の管理、放置自転車に対しては、市に管理責任があるとの答弁でございました。


 さらに、指定管理者制度の公募について質疑があって、従来管理をお願いしていた部分については、継続して新制度に移行して契約させていただくとなっており、図書館等の維持管理については、当然公募ということも含めて考えるべきであるとの答弁でした。


 議案第33号 平成18年度志摩市一般会計の歳出のうち第5款農林水産業費についてでございますが、農業振興費の中に阿児特産物開発センター、志摩特産物販売施設の直営となった費用が計上されているが、両施設の18年度の事業内容について質疑がありました。特に、志摩特産物販売施設につきましては、現在生産者組合の立ち上げ準備をしており、阿児特産物開発センターについては、1次産業の振興事業、農業振興調査研究事業、特化作物の研究を長沢農園等で実施し、本来の開発センターとしての事業を推進していきたいとの答弁でした。


 また、アワビの放流事業について総合基本計画では、5年後には4万個ふやしたいということが掲げてあるが、年次計画を立てていくのかという問いに、3年間種苗放流を実施して、志摩市だけで7万5,000個を放流、4年、5年目に捕獲個数として4万個とする計画で、県と調整しながら事業実施を考えている。また、県の新規事業である資源増大の開発事業も実施されており、放流効果を実証していきたいとの答弁でした。


 次に、第5款商工費については、観光未来プロジェクト推進協議会に補助金が支出されるが、どのような協議会なのかの問いに、現在国交省で500万円の補助を受けながら、志摩から始まる楽しい家族の旅文化ということで、この事業の運営に対する補助という答弁でございました。


 また、温泉振興補助金の使途の制限根拠について質疑があり、温泉の源泉保護、温泉施設の維持管理、集客交流事業等の事業と温泉振興全体に絡む補助に使途を制限するという答弁でした。


 次に、第7款土木費ですが、セットバック道路用地購入について市の考え方に対する質疑があり、申請時期に該当した土地に対しては、協力いただけるものであれば買わせていただこうという考え方で今現在進んでおりますとの答弁でした。


 次に、議案第38号 平成18年度志摩市下水道事業特別会計予算についてでありますが、現在のままで加入率を上げていくことは可能かとの問いに、大変困難な状況であるが、宅内工事費の補助金などを含めて加入促進策を検討し、再度仕切り直しをしてみたいと考えておりますという答弁でした。


 次に、議案第42号 平成18年度志摩市水道事業会計予算についてですが、水道基本計画策定業務委託料の入札方式について質疑があり、今後の志摩市の水道の行方を左右するもので、ある程度技術力を持った業者から技術提案をいただいて慎重に計画を策定するため、プロポーザル方式を採用したいとの答弁でした。


 以上をもって、産業建設常任委員会の報告を終わります。





                   質  疑





○議長(?岡英史君) これから、産業建設常任委員会委員長報告に対する質疑を行います。


 質疑はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 質疑なしと認めます。


 委員長、ご苦労さまでした。


 これより討論、採決を1件ごとに行います。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第16号 志摩市国民保護協議会に関する条例の制定について討論を行います。


 討論はありませんか。


 16番坂口 洋君。


○16番(坂口 洋君) 反対討論を行います。


 国民保護法は、日本有事の際に国民を保護する法ではありません。本当のねらいは、アメリカの行う戦争、グローバルな有事に日本の自衛隊、地方自治体、国民を動員するために、保護でなく統制をするための戦争法であります。今憲法9条を改悪し、アメリカの先制攻撃の戦争に参戦するために、自衛隊を戦争のできる軍隊にし、日本を戦争をする国につくりかえようとする動きが進んでいます。この国民保護法は、この危険な動きの一部であります。日米軍事同盟の体制は、日米安保条約の枠組みさえ超えた地球的規模の日米軍事同盟への侵略的変質を深めております。周辺事態法、テロ特措法、イラク特措法と3つの海外派兵法で決められた内容、そのどれもが日米安保条約の枠組み、つまり日本有事の際の日米共同行動、あるいは極東有事が日本に波及した際の日米共同行動という枠組みを超え、地球的規模での日米の軍事共同に道を開くものとなっています。


 アメリカ・ブッシュ政権が地球的規模で進めている米軍再編は、米軍を先制攻撃の戦争を戦うために、世界のどこでも迅速に展開できるように機動的軍隊につくりかえ、再配備するとともに、この戦争をともに戦う同盟国との本格的な軍事的協力体制をつくり上げることを目的としています。


 まともな主権国家とは言えない異常な従属性を持って、日米同盟の変革と再編の名で行われている地球規模での海外派兵体制づくりの際限のないエスカレーションの中で、地方自治体とその住民に押しつけられたこの戦争法に反対するものであります。


 総括質疑の中で、私は国民保護協議会委員への自衛隊関係者を入れる点について、県、国から要請があったかどうか問いました。部長は承知していないと答弁しましたが、しかし昨年11月に自衛隊員の任命要望を調査する文書が、県を通じて消防長国民保護運用室から届いていました。総務財政常任委員会の中で、部長はアンケートのようなものと答えましたが、志摩市が提出したその内容は、国民保護協議会の委員への自衛隊員の任命要望はあり、派遣を求める自衛隊の所属は、陸上自衛隊中部方面隊第10師団第33普通科連隊と丁寧に回答しています。しかし、私の調査では、三重県下の約半数の市町が自衛隊員は要らないと回答しております。ところが、最近になって、11月に要らないと回答した自治体に県が圧力をかけていることが今問題となっております。このように国民が知らないうちに押しつけられ、準備されるのが戦争法であります。その教訓を私たちは、戦前の治安維持法にまでつながった痛苦の歴史に持っております。


 大震災や大規模災害などのとき、政府や地方自治体は国民の保護に当たることは当然ですが、有事法制における国民保護計画は、災害救助における住民避難計画などとは根本的に違うものであり、例えば国が主催した国民保護ブロック会議で出された軍事行動が優先されるのか、避難や救援が優先されるのかの質問に、調整中などと事実上答えられないなど、県がつくる計画も明らかに米軍と自衛隊の軍事行動を優先するための計画にならざるを得ません。


 これまでの歴史を振り返ってみても、戦争における住民保護は軍隊の軍事行動を優先し、その円滑な実行を図るためのものでありました。太平洋戦争で国内で唯一、地上戦闘を経験した沖縄県では、日本の軍隊によって県民は邪魔者扱いされたり、スパイ容疑をかけられたりした上に、捕虜になることは許されないといって集団自決を強要されるなど、悲惨な経験を重ねました。また、上陸侵攻してきた米軍によっても、戦闘作戦の円滑化のために、土地を立ち退かされたり、強制的に収容されたりしました。沖縄の県議会では、担当部長は再三にわたって沖縄戦の経験をかんがみると、有事の事態に国民、県民を保護するというのはいかに困難であるか、沖縄県民は歴史的な体験をして知っており、語り継がれていると答弁しています。歴史の教訓は、戦争における国民保護は、軍事作戦を思いのままに行うための方便にすぎなかったことを示しているのであります。


 質疑の中、日本は有事法制整備が他国に比べおくれてきたとの説明がありましたが、おくれてきたのではありません。戦争放棄の憲法9条を持った国の国民が、有事法、戦争法を持つことを拒否し、平和を願ってきた結果であります。今それを打ち崩そうとする動きと、私は徹底的に戦うことを表明して反対討論といたします。


○議長(?岡英史君) 次に、賛成討論はありませんか。


 24番杉木弘明君。


○24番(杉木弘明君) 武力攻撃事態等において、市民の安全と被災住民の救援に対し、速やかに対処するため本協議会設置に賛成するものであります。


 以上です。


○議長(?岡英史君) ほかに討論はありませんか。


 12番松尾忠一君。


○12番(松尾忠一君) 反対討論を行います。


 議案第16号は、武力攻撃を仕掛けてくる具体的な相手国名さえも明確にされず、いたずらに仮想敵国をつくり上げての戦争シミュレーションは、日本隣国及び世界各国を刺激するだけでなく、不安を与えるだけであります。我が国は、過去の戦略戦争を通じて各国の人々に与えた苦痛を恥じるとともに、人の痛みを理解し、人の嫌がる具体的な行為を取り除いていくことが先決であります。その上で外交戦略を見直し、国の平和と独立並びに国及び国民が安全で安心な住みよい国づくりをするのが政治家の仕事であります。目立ちたがり屋症候群の小泉総理にも申し述べると同時に、我々も感化されることなく、戦争への道を阻止しなければなりません。友好国さえも刺激するだけの国民保護条例は、究極の選択ではありません。また、本市においても、核攻撃・危険物質等の防御施設も確立・保障されないままのこの議案は時期尚早であります。


 以上で、この議案に対する反対討論といたします。


○議長(?岡英史君) 賛成者の討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論ありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) これで討論を終わります。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第16号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手多数)


○議長(?岡英史君) 挙手多数であります。


 よって、議案第16号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第17号 志摩市国民保護対策本部及び志摩市緊急対処事態対策本部に関する条例の制定について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第17号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手多数)


○議長(?岡英史君) 挙手多数であります。


 よって、議案第17号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第18号 志摩市長期継続契約を締結することができる契約に関する条例の制定について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第18号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第18号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 県知事提出議案第1号 志摩市浜島財産区議会設置条例の制定について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより県知事提出議案第1号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、県知事提出議案第1号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 県知事提出議案第2号 志摩市南張財産区議会設置条例の制定について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより県知事提出議案第2号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、県知事提出議案第2号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 県知事提出議案第3号 志摩市塩屋財産区議会設置条例の制定について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより県知事提出議案第3号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、県知事提出議案第3号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 県知事提出議案第4号 志摩市迫子財産区議会設置条例の制定について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより県知事提出議案第4号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、県知事提出議案第4号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第19号 志摩市要介護者等の虐待防止等に関する条例の制定について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第19号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第19号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第20号 志摩市障害者介護給付費等の支給に関する審査会の委員の定数等を定める条例の制定について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第20号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第20号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第21号 志摩市委員会の委員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第21号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手多数)


○議長(?岡英史君) 挙手多数であります。


 よって、議案第21号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第22号 志摩市長、助役及び収入役の給与及び旅費に関する条例の一部改正について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第22号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第22号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第23号 志摩市教育委員会教育長の給与及び勤務時間等に関する条例の一部改正について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第23号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第23号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第24号 志摩市情報公開条例の一部改正について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第24号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第24号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第25号 志摩市手数料徴収条例の一部改正について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第25号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第25号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第26号 志摩市立学校設置条例の一部改正について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第26号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第26号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第27号 志摩市放課後児童クラブ条例の一部改正について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第27号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第27号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第28号 志摩市大王健康管理センターの設置及び管理に関する条例の一部改正について討論を行います。


 討論はありませんか。


 10番野名澄代君。


○10番(野名澄代君) 野名です。反対の立場で討論をいたします。


 私は、地域包括センターだけですべての福祉事業が解決できるとは到底考えられません。これまでに地域に根ざし積み上げてきた在宅介護支援センターを、総合相談支援事業と連携して初めて福祉の充実が図れることであって、地域から離れて住民の望む福祉の充実がどこに図れるのか疑問です。


 以上の観点から、私はこの議案に反対いたします。


○議長(?岡英史君) 次に、賛成者の討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論ありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) これで討論を終わります。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第28号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手多数)


○議長(?岡英史君) 挙手多数であります。


 よって、議案第28号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第29号 志摩市立国民健康保険病院事業の設置等に関する条例の一部改正について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第29号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第29号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第30号 鵜方駅前公共駐車場の設置及び管理に関する条例の一部改正について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第30号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第30号については…





                   休  憩





○議長(?岡英史君) 暫時休憩します。





               午前10時04分 休憩





               午前10時04分 再開





                   開  議





○議長(?岡英史君) 休憩前に引き続き、会議を再開します。


 先ほどの挙手の結果でありますけれども、挙手多数ということに訂正いたします。


 挙手多数であります。


 よって、議案第30号については原案のとおり可決されました。失礼しました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第31号 志摩市営住宅管理条例の一部改正について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第31号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第31号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第32号 志摩市下水道条例の一部改正について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第32号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第32号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第33号 平成18年度志摩市一般会計予算について討論を行います。


 討論はありませんか。


 16番坂口 洋君。


○16番(坂口 洋君) 16番坂口です。反対討論を行います。


 残念ながら、この残念ながらという言葉に深い意味があるんですけれども、今回の予算は小泉内閣の悪政の大波を受け、至るところに大幅な住民負担増、サービス低下がぎっしりと詰まった予算になっております。また、合併に伴う負担増、サービス低下を十分に克服できたものとはなっておらず、合併して本当によかったと言える志摩市にはまだまだ遠いものがあります。竹内市長には再々度、市民を悪政から守る大きな防波堤になって、住民負担軽減のためのさまざまな独自施策を講ずるように求めるものであります。


 反対する2つ目の理由、それは依然として三重県のゆがんだ部落問題を中心に置いた人権・同和教育行政に追従する予算が多く含まれていることであります。委員会審議の中で同僚議員も指摘されておりましたが、基幹産業である真珠養殖業関係の予算よりも、はるかに多い数千万円の予算が人権・同和教育行政に使われるのは異常であります。委員会審議の中で人権教育課長は、いまだに頻繁に差別は起こっており、差別がなくなるまで人権・同和教育行政は必要と発言していました。しかし、これこそ一部の特定の運動団体の論理そのものであります。私は30年近く部落解放の運動にかかわってきましたが、私たち多くが今確信していることは、多くの方々の血のにじむ努力のもとで部落差別そのものは消滅する最終段階に来ていること、にもかかわらずその大きな障害になっているのは、行政が同和という名をいまだに使い、特別な行政と教育を多額の税金を使って行っていることにあることであります。今本当に差別をなくそうと思うなら、志摩市は人権教育課、人権啓発推進課をなくし、1つの係にすべきです。農林課と水産課を統合する前にこれをやれと、私は言いたい。また、同和という名を冠した教育研究団体への補助はやめるべきであります。


 以上が反対の理由です。私は、市民の皆さんの生活を守るため、全力を挙げることを表明して反対討論とします。


○議長(?岡英史君) 賛成討論はありませんか。


 24番杉木弘明君。


○24番(杉木弘明君) 18年度予算におきましては、合併後1年半、まだまだ当局においても旧町当時から本議会の中で持ち込まれました多くの事業を精査する段階の中で、まだまだ各地域十分な予算措置は不可能であろうと思いますし、とりわけ厳しい財政の中で継続事業はなおかつ地域住民のために、基盤整備のために、さらに続行していただき、また新たに老人保健施設等新事業も18年度表面化するわけです。ぜひとも市民の生活を守るためにも、また今後の新市の先行投資的な意味合いにおいても、本予算に対しまして十分な配慮はまだいまいちのところはございますけども、本予算において行政を滞りなく遂行していただくためにも、私は本予算に賛成をいたします。


○議長(?岡英史君) ほかに討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) これで討論を終わります。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第33号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手多数)


○議長(?岡英史君) 挙手多数であります。


 よって、議案第33号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第34号 平成18年度志摩市国民健康保険特別会計予算について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第34号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第34号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第35号 平成18年度志摩市老人保健特別会計予算について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第35号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第35号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第36号 平成18年度志摩市介護保険特別会計予算について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第36号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手多数)


○議長(?岡英史君) 挙手多数であります。


 よって、議案第36号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第37号 平成18年度志摩市介護サービス事業特別会計予算について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第37号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第37号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第38号 平成18年度志摩市下水道事業特別会計予算について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第38号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第38号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第39号 平成18年度志摩市公共駐車場整備特別会計予算について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第39号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第39号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第40号 平成18年度志摩市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第40号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手多数)


○議長(?岡英史君) 挙手多数であります。


 よって、議案第40号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第41号 平成18年度志摩市公共用地取得整備特別会計予算について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第41号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第41号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第42号 平成18年度志摩市水道事業会計予算について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第42号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第42号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第43号 平成18年度志摩市下水道事業会計予算について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第43号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第43号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第44号 平成18年度志摩市立国民健康保険病院事業会計予算について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第44号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第44号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第45号 指定管理者の指定について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第45号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第45号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第46号 指定管理者の指定について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第46号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第46号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第47号 三重県自治会館組合の規約の変更に関する協議について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第47号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第47号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第48号 三重地方税管理回収機構の規約の変更に関する協議について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第48号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第48号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第49号 鳥羽志勢広域連合の処理する事務の変更及び規約の変更に関する協議について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第49号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第49号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第50号 志摩市介護保険条例の一部改正について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第50号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手多数)


○議長(?岡英史君) 挙手多数であります。


 よって、議案第50号については原案のとおり可決されました。





                   討  論





○議長(?岡英史君) 議案第51号 志摩市職員の給与に関する条例の一部改正について討論を行います。


 討論はありませんか。


 16番坂口 洋君。


○16番(坂口 洋君) 反対討論を行います。


 この間、大きな規模で公務員攻撃が繰り返されております。公務員の既得権益打破のかけ声で進められているこの公務員攻撃のねらいは、住民サービスの切り捨てとともに民間労働者との賃下げ競争を加速させること、さらに大増税への地ならしにあります。今回、この条例改悪もその一部であり、私は反対するものであります。


 一般質問の中でも指摘しましたが、政府・財界が構造改革として国民に苦難を無理やり押しつけるために、さまざまな誤った考え方、官から民へ、小さな政府、公務員の既得権益打破などが広く流されております。構造改革の考え方に共通するのは、国民の中に対立をつくり、分断を図ることであります。公務員労働者と民間労働者、現役世代と高齢者、労働者と自営業者、働く女性と専業主婦など意図的に対立をつくり、暮らしを壊す政治に反対する勢力や運動を既得権益を守るための利己的行動と描いて攻撃する、これが常套手段であります。


 このやり方が、最近はさらに進んでいます。例えば、施設介護の高齢者が介護保険で居住費・食費を見るのは、在宅介護者に比べて不平等だとして、施設介護者と在宅介護者の間に対立を意図的につくり出し、劣悪な在宅介護をそのままにして、施設介護のサービス切り捨てを昨年10月に行いました。同じように今回の職員給与の改悪は、民間労働者と対立させ、さらには地域手当を導入して、公務員同士をも分断させていくやり方で、給与水準全体を大きく引き下げていくことにねらいがあります。


 私は、職員給与が引き下げられるたびに、分断の策動に乗らず、職員の職務にふさわしい給与を確立しようと呼びかけ、反対してまいりました。今回も暮らし破壊の政治に多くの社会的な連帯を持って反撃しようではないかと呼びかけ、反対の討論とするものであります。


○議長(?岡英史君) 賛成の討論はありませんか。


 10番野名澄代君。


○10番(野名澄代君) 賛成の立場で討論をいたします。


 私は、この議案は官民格差を縮めるために出された人事院の勧告をもとに出されたもので、日本の経済状況、本市の財政状況からかんがみ、やむを得ないと考えております。


 ただ、第43項の勤務成績の評価方法については公正を期するための体制づくりを、また旧町間から引き継いだ給与の差異については、市長が5年間で統一すると明言されましたので遵守していただくことと、職員の残業については過重にならないように仕事量の見直しと、適正な人員配置を検討していただきたい、この4点を指摘いたしまして賛成といたします。


○議長(?岡英史君) ほかに討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) これで討論を終わります。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第51号についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手多数)


○議長(?岡英史君) 挙手多数であります。


 よって、議案第51号については原案のとおり可決されました。





                   休  憩





○議長(?岡英史君) 暫時休憩いたしますが、休憩に入りましたら議会運営委員会の委員の皆さん、委員会室にお集まりください。


 再開は、午前11時から再開いたします。





               午前10時27分 休憩





               午前11時13分 再開





                   開  議





○議長(?岡英史君) それでは休憩前に引き続き、会議を再開します。


 お諮りします。


 ただいまお手元に配付いたしました事項につきまして日程に追加し、日程の順序を変更し、審議したいと思います。これにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 異議なしと認めます。


 よって、日程に追加し、日程の順序を変更し、審議することに決定いたしました。





               議案の上程(議案第52号)





○議長(?岡英史君) 追加日程第1 議案第52号 行政組織の変更に伴う関係条例の整備に関する条例の制定についてを議題といたします。





                 提 案 説 明





○議長(?岡英史君) 提出者の説明を求めます。


 市長。


              (市長 竹内千尋君 登壇)


○市長(竹内千尋君) 議案第52号 行政組織の変更に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について提案理由の説明をさせていただきます。


 今年度の状況を踏まえつつ、限られた人員の中で効率よく人的配置ができるよう、また効果的・効率的に行政運営ができるよう、一部組織機構の見直しを行いました。このことにより生じた関係条例の一部改正を行うため、本条例を提案させていただきものであります。


 詳細につきましては総務部長より説明をさせますので、ご審議の上、ご承認賜りますようお願いを申し上げます。





                 補 足 説 明





○議長(?岡英史君) 補足説明を許します。


 総務部長。


○総務部長(宮本源光君) では、議案第52号 行政組織の変更に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について補足説明を申し上げます。


 先ほど市長の方から申し上げましたように、市の組織の改編というふうなことでございまして、これに伴います関係条例の一部改正が必要ということでございます。


 それでは、条文に従いましてご説明を申し上げたいと思います。


 第1条から第4条まで、いずれも組織機構の見直しによります庶務担当部署であります課の名称を改めるものでございます。


 第1条につきましては、志摩市特別職の報酬等審議会条例の一部改正というふうなことでございまして、同条の6条中に職員課というふうなことがございますが、総務課に、第2条の志摩市男女共同参画推進プラン策定審議会設置条例の一部改正では、同条第7条中の市民参画課を企画政策課に、第3条の志摩市障害者施策の推進協議会条例の一部改正につきましては、同条第6条中の障害福祉課を地域福祉課に、第4条の志摩市水道事業評価審査委員会設置条例の一部改正では、同条7条中に水道工務課とございますが、水道課に改めようとするものでございます。


 附則といたしまして、この条例は平成18年4月1日から施行することとしてございます。


 以上で、補足説明を終わります。よろしくお願いを申し上げます。


 済みません、附則の中に、この条例は平成17年4月1日からというふうになっておりますが、平成18年4月1日から施行するでございます。訂正させていただきまして、おわびを申し上げます。


○議長(?岡英史君) 以上で、提出者の説明を終わります。


 お諮りいたします。


 議案第52号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第52号は委員会付託を省略することに決定いたしました。





                   質  疑





○議長(?岡英史君) これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


 1番小田幸道君。


○1番(小田幸道君) この前、全員協議会で組織改編の中で課が改められる案が出たんですけども、これを見ておりますと、ごく一部の改正ということになるんだろうと思います。これ以外の説明があった分につきましてはどういうふうになったのか、そこら辺をちょっとご説明いただきたいと思います。


○議長(?岡英史君) 総務部長。


○総務部長(宮本源光君) 今回ご提案、また説明をさせていただいた分につきましては、条例の中に関連するというふうなことで、このような形でご説明を申し上げておりますので、よろしくお願いいたします。


○議長(?岡英史君) よろしいですか。


 ほかに質疑ありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) これで質疑を終わります。





                   討  論





○議長(?岡英史君) これより討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第52号を採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手全員)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第52号は原案のとおり可決されました。





               議案の上程(議案第53号)





○議長(?岡英史君) 追加日程第2 議案第53号 土地の取得についてを議題といたします。





                 提 案 説 明





○議長(?岡英史君) 提出者の説明を求めます。


 市長。


              (市長 竹内千尋君 登壇)


○市長(竹内千尋君) 議案第53号 土地の取得について提案理由の説明をさせていただきます。


 本案につきましては、志摩町片田地内に建設を進めております介護老人保健施設の建設用地に係る土地の取得でございまして、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条及び地方自治法第96条第1項第8号の規定に基づき、議会の議決を求めるものでございます。


 詳細につきましては健康福祉部長より説明をさせますので、ご審議の上、ご承認賜りますようお願いをいたします。





                 補 足 説 明





○議長(?岡英史君) 補足説明を許します。


 健康福祉部長。


○健康福祉部長(中川洋司君) それでは、議案第53号 土地の取得について補足説明を申し上げます。


 本案につきましては、ただいま市長が申し上げたとおり、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例の第3条及び地方自治法第96条第1項第8号の規定に基づきまして、現在、志摩町片田地内へ建設を進めております介護老人保健施設の建設用地として土地を取得することについて、議会の議決を求めるものでございます。


 この用地につきましては、昨年来より地権者との交渉を重ねてまいりましたところ、仮契約が整いましたので、本日ここに追加議案として上程させていただくものでございます。


 議案の内容といたしましては、1つ、取得の目的が志摩市介護老人保健施設整備事業、2つ目として取得価格が7,908万7,878円、3つ目としまして、土地の表示として三重県志摩市志摩町片田字大蔵4807番の1ほか13筆、5,678.31?でございます。4つ目として契約の相手方は、三重県志摩市阿児町甲賀1457番地35 株式会社出馬興産ほか2名でございます。詳しい明細につきましては、条例に添付した資料のとおりでございます。


 以上で、補足説明を終わります。よろしくご審議の上、ご承認を賜りますようお願い申し上げます。


○議長(?岡英史君) 以上で、提出者の説明を終わります。


 お諮りいたします。


 議案第53号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第53号は委員会付託を省略することに決定いたしました。





                   質  疑





○議長(?岡英史君) これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


 20番大口秀和君。


○20番(大口秀和君) まず、この用地取得後のことについて関連しますのでちょっとお聞きしますけども、公設民営ということで、民営業者についてはどのような募集の形をされるのか、それだけちょっと確認させてください。


○議長(?岡英史君) 健康福祉部長。


○健康福祉部長(中川洋司君) 運営等につきましては、公設民営ということで現在進めておりまして、原則は公募をさせていただくということで準備を進めてまいりたいと、このように思います。


○議長(?岡英史君) 大口秀和君。


○20番(大口秀和君) その公募というのはどの範囲まで広げる範囲か、その公募の範囲をちょっとお聞かせください。


○議長(?岡英史君) 健康福祉部長。


○健康福祉部長(中川洋司君) その公募の範囲につきましては、現在検討を加えつつありまして、具体的にここで申し上げる段階に至っておりません。したがいまして、それらの方向性が具体化しましたら、またご報告申し上げたいと、かように考えます。


○議長(?岡英史君) 大口秀和君。


○20番(大口秀和君) 今の段階では、公募の内容も検討の上まだわかってないということですね。ただ、公募をするということだけでよろしいですか。


○議長(?岡英史君) ほかに質疑ありませんか。


 10番野名澄代君。


○10番(野名澄代君) 全協で説明をお聞かせいただきましたが、この鑑定結果ですね、鑑定結果を聞き漏らしましたので、そこらあたりをお願いいたします。


○議長(?岡英史君) 健康福祉部長。


○健康福祉部長(中川洋司君) 鑑定につきましては、民間業者に委託をしまして実施をいたしました。それに基づいて今回提案させていただきましたが、いわゆる雑種地で平方メートル当たり1万4,700円、畑地で8,500円ということでございます。


○議長(?岡英史君) 野名澄代君。


○10番(野名澄代君) じゃあ鑑定結果の丸々ということなんですね、そのままの額と。それはわかりました。


 では、その鑑定結果の中で、その用地というのは広くなると大体は単価は下がるものだと私は思うんですけども、この広大な用地が平米1万4,700円、今のこの現状のね、それではちょっと私はどう思っても高いなという思いがいたしております。


 それと、その建物の移転ですね、倉庫。その鑑定結果も今ちょっと聞き漏らしましたが、そこらあたりも非常に住民の、住民というんですか、一市民感覚としては高いような思いをいたしておりますので、そこらあたりはいかがですか。


○議長(?岡英史君) 健康福祉部長。


○健康福祉部長(中川洋司君) 鑑定結果の結果を踏まえまして検討をさせていただきましたが、近々における近傍類似価格等々を含めて勘案しましても、決して高いとは思っておりません。したがいまして、それはおっしゃられるように、大きくなれば一部分的にはそういう鑑定のやり方というものはございますけれども、総合的に見て、近々の売買実例等も含めてですね、決して高いということじゃないと我々は判断をいたしております。


 それから、建物の補償でございますけれども、2棟合わせて2,604万2,245円ということですが、内訳としましては、株式会社出馬興産の所有物であります鉄骨造の平家建て倉庫213.71?が1,324万1,230円、それから有限会社真産業の所有物の平家建ての鉄骨造倉庫が165.62?、1,280万1,015円と、このような内容となっております。


○議長(?岡英史君) 野名澄代君。


○10番(野名澄代君) その近々の売買の実例ですね、何年度に幾らで売ったのか、お聞かせいただきたいと思います。





                   休  憩





○議長(?岡英史君) 暫時休憩します。再開は午後1時とします。





               午前11時27分 休憩





                午後1時00分 再開





                   開  議





○議長(?岡英史君) 午前に引き続いて、会議を再開します。


 健康福祉部長。


○健康福祉部長(中川洋司君) 午前中は大変恐縮しました。不動産の鑑定の結果でございますけれども、それによりますと、この国道沿いを含めて7カ所の取引事例を参考にしながら、この2筆の価格を算出をしていただいております。その中で具体的な地番等は、いわゆる取引事例の個々の問題にも発展しますので、そういった明示はございませんので、それだけ鑑定評価の中では明記してございません。したがいまして、私の段階から具体的には申し上げられませんが、いずれにしましても7カ所の地点の取引事例を参考に、今の提案をさせていただいております価格を鑑定の方にお願いして算定をしていただいておると、こういうことですのでご理解を賜りたいと思います。


○議長(?岡英史君) ほかに質疑はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) これをもって質疑を終わります。





                   討  論





○議長(?岡英史君) これより討論を行います。


 討論はありませんか。


 10番野名澄代君。


○10番(野名澄代君) 反対の立場で討論いたします。


 志摩市にとって、この老健施設は必要不可欠と認識いたしており、その方向性についての予算は12月議会において認めました。しかし、各論部分での土地取得価格が、雑種地平米単価1万4,700円、畑が8,500円、建物移転費用2,600万円については、私は自分の感覚として実勢価格よりほど遠い思いがいたしております。この単価については、国土による鑑定結果を根拠としたとの説明がありましたが、広大な土地を取得する場合の検討がなされたかが疑問です。


 老健施設を早期に完成されるためには、用地確保が大前提とは認識いたしておりますが、この土地単価を比較するべき近々の土地売買実例の説明も納得いくものではありませんでした。この土地取得と建物移転補償費については、市の財政状況を踏まえて執行部側がもう少し価格交渉で踏ん張っていただきたい、努力していただきたい、そういう思いを込めて私はこの議案に反対いたします。


○議長(?岡英史君) 賛成討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) これで討論を終わります。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第53号を採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手多数)


○議長(?岡英史君) 挙手多数であります。


 よって、議案第53号は原案のとおり可決されました。





               議案の上程(議案第54号)





○議長(?岡英史君) 追加日程第3 議案第54号 平成17年度志摩市介護サービス事業特別会計補正予算(第3号)についてを議題といたします。





                 提 案 説 明





○議長(?岡英史君) 提出者の説明を求めます。


 市長。


              (市長 竹内千尋君 登壇)


○市長(竹内千尋君) 議案第54号 平成17年度志摩市介護サービス事業特別会計補正予算(第3号)について提案理由の説明をさせていただきます。


 今回の補正につきましては、介護老人保健施設用地の取得額の確定及び造成設計業務委託料の減額並びにこれに伴う起債限度額の変更と用地取得に係る繰越明許費の計上によるものでございます。


 詳細につきましては健康福祉部長より説明をさせますので、ご審議の上、ご承認を賜りますようお願いをいたします。





                 補 足 説 明





○議長(?岡英史君) 補足説明を許します。


 健康福祉部長。


○健康福祉部長(中川洋司君) それでは、議案第54号 志摩市介護サービス事業特別会計補正予算(第3号)について補足説明を申し上げます。


 今回の補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ620万円を減額いたしまして、歳入歳出の予算の総額を歳入歳出それぞれ1億5,734万6,000円とするものでございます。


 それでは、4ページをお開きいただきたいと思います。


 まず、第2表の繰越明許費でございますが、用地の取得に伴う所有権移転登記後における建物の移転完了が18年度になる関係上、共有に係る土地及び補償費の契約額の3割に相当する2,974万円を繰り越しをお願いすると、こういうものでございます。


 それから、次の5ページの第3表、地方債でございますが、これにつきましては造成設計業務委託料の減額及び用地取得費の確定による事業費の減額に伴いまして、起債が過充当となるため、介護老人保健施設整備事業債の限度額を現行の1億2,500万円から620万円減額をさせていただきまして、補正後を1億1,880万円とさせていただくものでございます。


 次に、予算書の8ページをお開きいただきたいと思います。


 まず歳入でございますが、3款の市債の1項市債、1目介護サービス施設整備事業債におきまして620万円の減額でございます。


 次の9ページでございますが、歳出で1款の施設整備費、1項の施設整備費、1目の介護老人保健施設整備費におきまして620万円の減額でございます。


 内訳といたしましては、委託料で造成設計・積算業務といたしまして370万円の減額、それと公有財産購入費におきまして用地取得費の確定に伴います250万円を減額するものでございます。


 以上、簡単でございますが、補足説明を終わらせていただきます。ご審議の上、ご承認を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


○議長(?岡英史君) 以上で、提出者の説明を終わります。


 お諮りします。


 議案第54号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第54号は委員会付託を省略することに決定いたしました。





                   質  疑





○議長(?岡英史君) これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


 23番畑美津子君。


○23番(畑美津子君) 23番畑です。何点か造成設計・積算業務委託料の方で聞かせていただきたいと思います。これの予算額、それから入札予定額、それから指名業者数、落札業者名と金額、それから何社あったのかお答えいただいた中で落札業者名、落札金額、各、それから落札業者の技術要件内容、お願いします。


○議長(?岡英史君) 健康福祉部長。


○健康福祉部長(中川洋司君) 造成設計業務につきましては、これは従来からの状況を見計らいながら、三重県建設技術センターとの随意契約をしておりまして、当初は1,680万円でございましたのを、変更後1,280万円に変更をいたしております。これにつきましては、今の指名競争入札ではございませんので、業者は1社と、こういうことでございます。


 したがいまして、技術要件とかその他もろもろにつきましても、今の随意契約ということですので、三重県建設技術センターにおける技術者を動員していただいて、造成設計を行っていただくということ。それと、従来からのあのあたりの造成設計についてもですね、過去からやっていただいておったという関連も含めて、そちらの方へお願いをしたと、こういうことでございます。


○議長(?岡英史君) よろしいか。


 ほかに質疑ありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) それでは、これをもって質疑を終わります。





                   討  論





○議長(?岡英史君) これより討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第54号を採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手多数)


○議長(?岡英史君) 挙手多数であります。


 よって、議案第54号は原案のとおり可決されました。





               議案の上程(発議第2号)





○議長(?岡英史君) 追加日程第4 発議第2号 国の責任を患者・地方自治体に転嫁する「医療制度改革」反対の意見書の提出についてを議題といたします。





                 提 案 説 明





○議長(?岡英史君) 提出者の説明を求めます。


 16番坂口 洋君。


              (16番 坂口 洋君 登壇)


○16番(坂口 洋君) それでは、提案理由の説明をさせていただきます。


 本意見書の提出につきましては、さきに三重県社会保障推進協議会より陳情が届いておりましたけれども、それを受け、野名議員、大口議員、三橋議員、中村議員、そして私で共同で提案するものでございます。僭越ながら私が提案理由の説明をさせていただきます。


 まず、意見書の案文を読み上げます。


 国の責任を患者・地方自治体に転嫁する「医療制度改革」反対の意見書案。


 政府は、高齢者の医療費負担など患者・国民に負担を強いる医療制度改革法案を国会に上程しました。この医療制度改革法案は、1、所得の高い高齢者の窓口負担を2割から3割に引き上げる、2、長期療養入院する高齢者の食費・居住費を全額患者負担にする、3、高額療養費給付限度額を10%以上引き上げる、4、すべての高齢者に新たな保険料負担を押しつける新高齢者医療制度を創設する、5、入院日数の短縮など都道府県ごとに適正化計画を策定させて医療費抑制の競争をさせる、6、療養病床38万床を15万床に削減する、など国民全体に大きな負担を押しつける内容であります。特に高齢者医療制度の創設では、財源を1割が高齢者の保険料、5割が国庫負担ですが、残り4割は現役世代の支援保険料として保険料負担をもたらす内容であり、高齢者とともに現役世代にも大きな負担を押しつけ、団塊の世代が高齢化していく時期に合わせて、国民負担をさらにふやすものであります。また、都道府県ごとに医療費適正化計画を策定し、医療費抑制を競わせて、都道府県ごとの保険料を設定することは、全国民に等しく安心・安全の医療を保障する公的医療保険の役割からして、認められるものではありません。


 小泉内閣になってのこれまでの医療改革によって、我が国の医療保障制度は国際的にも患者の実効負担率は際立って高いものとなり、国民所得に占める国民医療費は先進国中で最下位となりました。既に必要な医療が受けられない人々は増加しており、また医療機関経営の困難による医療機能・地域医療の弱体化が進行しました。


 もし、また06年に医療改革が強行されれば、一層国の責任が患者・地方自治体に転嫁され、地域医療の混乱は明白であります。医療制度構造改革案を成立させないよう、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。


 衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、経済財政政策担当大臣、財務大臣、総務大臣、厚生労働大臣様という内容でございます。


 少し補足をしておきますと、陳情のありました三重県社会保障推進協議会という団体ですけれども、どのような団体かということを調べましたら、労働組合や助成団体など幾つかのかなりの団体が参加している協議会でありますけれども、中心になっておりますのは保険医団体、全国的には全国保険医団体連合会という組織でありまして、開業医のお医者さんの団体でございます。志摩市内の開業医の方々も相当加入されている団体でありまして、私の息子が行きつけのお医者さんも入っておられる団体であります。開業医の方だけでなく、医師会全体も大きな反対の声を上げておるのが今回の特徴であります。医師会といいますと、今まで、今もそうだと思うんですけども、自民党の一番有力な支持団体であったわけですけれども、今回のこの医療制度改革に対しましては、やはり党派を超えて意見を言わざるを得ないという状況になってきているのが特徴であります。


 もう一つつけ加えさせていただきますと、私、一般質問でも言いましたけれども、介護保険は別にいたしまして、医療だとか年金、これはすべて国のところで大方が決まってしまう、地方自治体のところではなかなか手の打ちようがないという性格のものでございます。ですから、我々市民の代表といたしましては、こういう意見を申す意見書を提出する、これが重要かと思っております。


 以上、提案理由の説明とさせていただきます。


○議長(?岡英史君) 以上で、提出者の説明を終わります。


 お諮りします。


 発議第2号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 異議なしと認めます。


 よって、発議第2号は委員会付託を省略することに決定いたしました。





                   質  疑





○議長(?岡英史君) これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 質疑なしと認めます。





                   討  論





○議長(?岡英史君) これより討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより発議第2号を採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手多数)


○議長(?岡英史君) 挙手多数であります。


 よって、発議第2号は原案のとおり可決されました。





               議案の上程(発議第3号)





○議長(?岡英史君) 追加日程第5 発議第3号 志摩市議会庁舎建設に関する特別委員会設置に関する決議についてを議題といたします。





                 提 案 説 明





○議長(?岡英史君) 提出者の説明を求めます。


 17番上村繁子君。


              (17番 上村繁子君 登壇)


○17番(上村繁子君) 先ほどの総務財政委員長報告にもありましたように、庁舎建設に関する特別委員会設置をする提案でございますけども、平成18年度の庁舎建設の予算において大きなウエートを占める部分ですので、議長・副議長が懇談会に出ておりますけども、私ども議会としては事後承諾じゃなくて、助役が説明をしていただきましたけども、事後承諾じゃなくて、積極的に調査・審査をしたいという委員の発言がありまして、志摩市議会として特別委員会を設置するものという決議を出させていただきました。


 名称は、志摩市議会庁舎建設に関する特別委員会。設置の目的として、根拠として地方自治法第110条及び委員会条例第6条におきまして、議員25名、定数25名において調査・研究を行うということでございます。


 以上です。


○議長(?岡英史君) 以上で、提出者の説明を終わります。


 お諮りいたします。


 発議第3号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 異議なしと認めます。


 よって、発議第3号は委員会付託を省略することに決定いたしました。





                   質  疑





○議長(?岡英史君) これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


 22番山際 優君。


○22番(山際 優君) 22番です。今総務財政常任委員長から説明がございましたけども、委員の定数には、これ、いただいた資料にあるんですけども、その旨がなかったんですが、そのことでですね、いまいちどのような調査をされるのかということが具体的にちょっと見えてこない部分がありますので、例えば提言まで持っていくのか、提言するについてはどの程度の提言になるのか、今の懇談会ですね、懇談会程度の審査といいますか、提言になるのか、その辺のところを詳しくご説明をお願いいたしたいと思います。


○議長(?岡英史君) 上村繁子君。


○17番(上村繁子君) 委員会の中では、設計図面ができ上がり次第に報告をさせていただきますというご答弁をいただきましたんですけども、庁舎の構造の問題とか、それからバリアフリーの問題、それから場所の問題もはっきりまだしてないような状況ですので、議会の議員として懇談会と同等のような形で調査をしていきたいと思っております。いろいろなところへいろいろな庁舎も、庁舎建設をしている同等の同じようなところの庁舎を見学に行ったりとか、それからどれぐらいの設計の内容なのかを皆さんいろいろと討論していただくような、そういうような調査をしていきたいと思いますので、ご理解していただきたいと思います。


○議長(?岡英史君) 山際 優君。


○22番(山際 優君) 懇談会程度と言われるとですね、かなり抽象的な提言になろうかと思うんですけども、その程度の提言であればですね、要望に近いのかなという気がするんですが、そうであればあえて特別委員会というような形をとらなくてもできるのではないか。例えば総務財政常任委員会での調査事項でもできると思いますし、協議会を申し出てですね、その都度説明をいただいてやっていってもいいのではないかな。


 私の頭の中にあったのは、もっと具体的な提言をされるのかな、特別委員会という名称ですので、かなり突っ込んだところまでの勉強をして提言されるのかなと。例えばバリアフリーの話がありましたけども、バリアフリーにしろという程度であればですね、あえて議会から言うこともないし、専門家も懇談会の中には入っておられますし、だからここのところはこういうような形のバリアフリーにしなさいとか、庁舎の例えば記者クラブですね、そういうものを設置してくださいとか、その程度であればですね、どうも特別委員会という名称でするほどのことでもないのではないか。だから、私はもっと込み入ったというか、勉強をして、しっかり設計業務、設計の中でも具体的な提言をされるのかなという思いを持っておったんですけども、今の説明では懇談会程度ということでありますので、私は全員が入る特別委員会ということについてはちょっと疑問を覚えるんですけども、その辺はどのように考えておられますか。


○議長(?岡英史君) 上村繁子君。


○17番(上村繁子君) 当総務常任委員会の中では、内容までもお話しにはまだなってないんですけども、今のままでしたら懇談会の状況を聞くという立場だけに議会が終わってしまいますので、できたら議会もそのことに関して懇談会と同時に進行しながら、いろいろなご意見を賜りまして提言をしていきたいというのが、当総務常任委員会のご意見でございました。


 後々になってしまうんじゃなくて、特別委員会を設けたということによって、議会のやはり考え方ということに対して正式に提案ができるということで、特別委員会を設けていただきたいということが委員の方々のご意見だと私は思いました。


○議長(?岡英史君) 山際 優君。


○22番(山際 優君) 個々の考え方もあって、特別委員会でやりたいという方があることに対して、別に私はそのことに対して異議を申しているわけではありませんけども、まだ具体的な内容というか、これがもし設立が決まれば議論されることではありますけども、今の程度の提案説明であれば、例えば議長・副議長が出ているわけですから、議長・副議長に発言を求めてですね、議会の思いを代弁してもらうということも可能でありますし、この懇談会は公開されているわけですので、その中へ傍聴に行って、いろんな話をまた議長・副議長に伝えるということも私は可能ではないのかなという気がしますので。


 それと、この25名という定数を提案されなかったということは、これはまだその後の、もし設置するということになれば、その定数については議論をするということと考えてよろしいんでしょうか。


○議長(?岡英史君) ほかに質疑はありませんか。


 10番野名澄代君。


○10番(野名澄代君) 委員長にお伺いいたします。


 この特別委員会の設置につきましては、総務常任委員会で杉木議員さんが発言されたものと認識いたしております。そして、今委員長が懇談会的なものというのは言葉のあやであって、やはり要望というのは、いや、私は受けとめて、そこのところを言葉のあやかどうかいう部分でちょっと確認ということなんですけども、やはり議会として特別委員会を設置して、そして提言していく、その具体的なものについては今からやっていくと、そういう認識でよろしいんでしょうか。今の山際議員さんのご発言を聞いておりますと、必要ないといったような言い回しで、要望だったらほかでもできる、議長も副議長も入っているということですけども、それでは議会としての機能という部分についてちょっと疑問が残るということで、これを提案されたものと私は認識いたしております。そこらあたりの議会としてきちっとチェックしながら提言していく、そういうような思いのもとの特別委員会であると、そのように認識いたしてよろしいのでしょうか、お伺いいたします。


○議長(?岡英史君) 上村繁子君。


○17番(上村繁子君) そうでございます。今野名議員がおっしゃいましたように、積極的に議会として調査をし、提言していく特別委員会でございますので、ご理解をしていただきたいと思います。


○議長(?岡英史君) 野名澄代君。


○10番(野名澄代君) わかりました。行政は行政として、チェック機能を議会としてきちっと果たすと。消極的で後ろ向きではないということを市民の皆さんにもわかっていただく、そして市のための発展のためにも議会は動くと、そういう認識でよろしいんですね。


○議長(?岡英史君) 上村繁子君。


○17番(上村繁子君) そういうことでございますので。


○議長(?岡英史君) ほかに質疑ありませんか。


 11番山下 弘君。


○11番(山下 弘君) 山下です。議長にお伺いしたいんですけども、例えば特別委員会、今回これが設立されますとですね。


○議長(?岡英史君) 答弁できないよ。


○11番(山下 弘君) そうか、済みません。


 じゃあ上村議員にお伺いいたします。


 今回ですね、きょうの議決で特別委員会が設立されますと、例えば庁舎建設に関しましては、もう全協は離れてですね、すべての件で特別委員会の方で執行部の方との話し合いも行っていくという、そのような形になるんでしょうか、どのようにお考えでしょうか。その1点だけ、済みません。


○議長(?岡英史君) 上村繁子君。


○17番(上村繁子君) そういうふうになると思いますけども、物によっては全協も開かせていただくかもわかりませんので、いろいろ調査・審議においては特別委員会という形でさせていただきたいと思います。


○議長(?岡英史君) ほかに質疑ありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) これをもって質疑を終わります。





                   討  論





○議長(?岡英史君) これより討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                   採  決





○議長(?岡英史君) これより発議第3号を採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


                  (挙手多数)


○議長(?岡英史君) 挙手多数であります。


 よって、発議第3号は原案のとおり可決されました。





                   休  憩





○議長(?岡英史君) 暫時休憩いたします。


 議員の皆さんは、議員控室の方へご参集いただきたいです。お願いいたします。





                午後1時32分 休憩





                午後1時55分 再開





                   開  議





○議長(?岡英史君) 休憩前に引き続き、会議を再開します。


 お諮りします。


 ただいま設置されました志摩市議会庁舎建設に関する特別委員会の委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、小田幸道君、?口三代和君、森本雅太君、出間敏和君、西?甚吾君、廣岡安吉君、中村八郎君、杉本三八一君、小森 仁君、野名澄代君、山下 弘君、松尾忠一君、中川弘幸君、森本紘正君、小河光昭君、坂口 洋君、上村繁子君、西尾種生君、三橋文夫君、大口秀和君、森 昶君、山際 優君、畑美津子君、杉木弘明君、谷口 覚君、以上25人を指名したいと思います。これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名しました25人の諸君を、志摩市議会庁舎建設に関する特別委員に選任することに決定いたしました。





                   休  憩





○議長(?岡英史君) 暫時休憩いたします。そのままお待ちください。





                午後1時56分 休憩





                午後1時57分 再開





                   開  議





○議長(?岡英史君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。


 報告いたします。


 志摩市議会庁舎建設に関する特別委員会における委員長及び副委員長の互選の結果について、次のとおり報告がありました。委員長、杉木弘明君、副委員長、松尾忠一君。


 以上であります。





           常任委員会の閉会中の所管事務調査について





○議長(?岡英史君) 日程第41 常任委員会の閉会中の所管事務調査についてを議題といたします。


 総務財政・教育民生・産業建設常任委員長から、志摩市議会会議規則第104条の規定により、お手元に配付しました申出書のとおり継続調査の申し出がありました。


 お諮りいたします。


 委員長の申し出のとおり、閉会中の継続調査することにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 異議なしと認めます。


 よって、委員長の申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。





                   閉  会





○議長(?岡英史君) お諮りいたします。


 不穏当発言及び志摩市議会会議規則第43条の規定に係る事項につきましては、議長にて後刻調査の上、適当の措置をとることにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) ご異議なしと認めます。


 よって、不穏当発言及び志摩市議会会議規則第43条の規定に係る事項につきましては、議長にて後刻調査の上、適当の措置をとることに決定いたしました。


 総務部長より発言を求められておりますので、これを許します。


 総務部長。


○総務部長(宮本源光君) 済みません、大変貴重な時間を申しわけございません。


 先日の去る3月7日の松尾議員から一般質問をいただいた件につきまして、その経過等がわかりづらいというふうなことでご意見もいただいておりますので、先日の答弁と重なる点等もあろうかと思いますが、改めて経過につきましてご報告申し上げたいと思います。


 ご質問いただいた本件につきましては、平成18年度の志摩市の各支所、宿直代行業務の委託事業に係るものでございます。この件につきましては、債務負担行為によりまして平成18年1月18日に、志摩市に指名登録申請をされている伊勢市以南のすべての警備会社4社を指名いたしまして、入札を執行いたしております。入札は、そのうち辞退をされた1社を除く3社の参加がございまして、第1回の入札で地方自治法施行令第167条の10の2に基づきまして、最低価格入札者を落札業者として決定し、契約を締結したというものでございます。


 今回の入札の結果、平成17年度の宿直業務を受託されている業者とは異なる別の業者が、平成18年度の業務を受託するというようなことになりました。このため、担当職員といたしましては、旧町時代に宿直代行業務を行っていた方々が、現在の委託業者におきまして継続的に雇用されているという現状もございまして、現在の委託業者の担当者に対しまして、今代行している方の中で来年度も市の宿直業務をこのまま続けていきたいという方がもし見えたら、紹介をしていただきたいという旨を相談させていただきました。宿直代行員の意思を確認し、尊重する形ではございますが、市の職員がこのように言及したことにつきましては軽率な行為であります。結果といたしまして、平成18年度の委託業者に対して、市の職員が便宜を図ったのではないかという誤解を招いたということにつきましては、深くおわびを申し上げます。


 事実関係の確認につきましては、総務課職員2名及び各支所の担当者延べ7名に聞き取りを行いました。その結果、松尾議員からご懸念をいただいておりますような事実はないとの判断をしておりますが、不信を招いたことにつきましては、職員の信用失墜行為といたしまして、志摩市職員の懲戒の手続及び効果に関する規則第7条の規定によりまして、志摩市職員懲戒審査委員会委員長あてに規律違反について審査を要求してございます。今後、その答申に基づきまして処分を科すというふうなことになります。


 また、この種の業務のあり方につきましては、先進事例や、また法的な解釈も含めまして調査検討を行い、再考すべき点がございましたら対応を行ってまいりたいというふうに思っております。


 合併間もないことでもございまして、職員の業務に対する意識の不統一もございました。全職員に対して、改めて誤解を招くような行動をとることのないよう指導をしてまいりたいというふうに思っております。どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(?岡英史君) これにて、平成18年第1回志摩市議会定例会を閉会いたします。


 長い間ご苦労さまでした。


               午後 2時03分 閉会





 地方自治法第123条第2項により、ここに署名する。





     議 会 議 長    ? 岡 英 史








     署 名 議 員








     署 名 議 員