議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 志摩市

平成17年第4回定例会(第6号12月22日)




平成17年第4回定例会(第6号12月22日)





 
         平成17年(2005年)第4回志摩市議会(定例会)会議録


                第  6  号


              平成17年12月22日(木曜日)





               会議に出欠席の議員氏名


 出席議員26名


      1番  小 田 幸 道 君     2番  ? 口 三代和 君


      3番  森 本 雅 太 君     4番  出 間 敏 和 君


      5番  西 ? 甚 吾 君     6番  廣 岡 安 吉 君


      7番  中 村 八 郎 君     8番  杉 本 三八一 君


      9番  小 森   仁 君     10番  野 名 澄 代 君


      11番  山 下   弘 君     12番  松 尾 忠 一 君


      13番  中 川 弘 幸 君     14番  森 本 紘 正 君


      15番  小 河 光 昭 君     16番  坂 口   洋 君


      17番  上 村 繁 子 君     18番  西 尾 種 生 君


      19番  三 橋 文 夫 君     20番  大 口 秀 和 君


      21番  森     昶 君     22番  山 際   優 君


      23番  畑   美津子 君     24番  杉 木 弘 明 君


      25番  谷 口   覚 君     26番  ? 岡 英 史 君





 欠席議員


      な し





            職務のため出席した事務局職員の職氏名


 議会事務局長   山 川 勘 一 君    議事課長   岡   英 雄 君


 議事係長     平 井   正 君    議事係    橋 本 勝 弘 君





              会議に出席した説明員の職氏名


 市長       竹 内 千 尋 君    助役     田 中   稔 君


 収入役      磯 和 光 春 君    総務部長   宮 本 源 光 君


 参事兼市長公室長 谷 崎   豊 君    企画部長   柴 原 時 男 君


 産業振興部長   中 村 達 久 君    建設部長   西 村   弘 君


 健康福祉部長   中 川 洋 司 君    生活環境部長 西 井 一 夫 君


 上下水道部長   水 口 良 之 君    病院事業部長 浜 口 和 本 君


 総務課長     稲 葉 和 美 君    教育委員長  大 東 弘 郎 君


 教育長      西 岡 松太夫 君    教育部長   小山崎 幸 夫 君


 代表監査委員   山 川 泰 規 君





                議事日程第6号


              平成17年12月22日(水曜日)


                 午前9時開議





[日程第1 討論・採決]


 日程第1 議案第・139号 志摩市総合計画基本構想について


[日程第2〜日程第29 各常任委員会委員長審査報告・質疑・討論・採決]


 日程第2 議案第・140号 損害賠償の額を定めることについて


 日程第3 議案第・141号 平成17年度志摩市一般会計予算(第5号)について


 日程第4 議案第・142号 平成17年度志摩市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)


              について


 日程第5 議案第・143号 平成17年度志摩市老人保健特別会計補正予算(第2号)につ


              いて


 日程第6 議案第・144号 平成17年度志摩市介護保険特別会計補正予算(第2号)につ


              いて


 日程第7 議案第・145号 平成17年度志摩市介護サービス事業特別会計補正予算(第1


              号)について


 日程第8 議案第・146号 平成17年度志摩市下水道事業特別会計補正予算(第1号)に


              ついて


 日程第9 議案第・147号 平成17年度志摩市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算


             (第1号)について


 日程第10 議案第・148号 平成17年度志摩市水道事業会計補正予算(第3号)について


 日程第11 議案第・149号 平成17年度志摩市下水道事業会計補正予算(第1号)につい


              て


 日程第12 議案第・150号 平成17年度志摩市立国民健康保険病院事業会計補正予(第1


              号)について


 日程第13 議案第・151号 指定管理者の指定について


 日程第14 議案第・152号 指定管理者の指定について


 日程第15 議案第・153号 指定管理者の指定について


 日程第16 議案第・154号 指定管理者の指定について


 日程第17 議案第・155号 指定管理者の指定について


 日程第18 議案第・156号 指定管理者の指定について


 日程第19 議案第・157号 指定管理者の指定について


 日程第20 議案第・158号 指定管理者の指定について


 日程第21 議案第・159号 指定管理者の指定について


 日程第22 議案第・160号 指定管理者の指定について


 日程第23 議案第・161号 指定管理者の指定について


 日程第24 議案第・162号 指定管理者の指定について


 日程第25 議案第・163号 三重県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数


              の減少について


 日程第26 議案第・164号 三重県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数


              の増加及び三重県市町村職員退職手当組合規約の変更について


 日程第27 議案第・165号 三重県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数


              の減少について


 日程第28 議案第・166号 三重県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数


              の増加及び三重県市町村職員退職手当組合規約の変更について


 日程第29 議案第・167号 伊勢地域農業共済組合規約の変更について


[日程第30〜日程第37 決算特別委員会委員長審査報告・質疑・討論・採決]


 日程第30 認定第・41号 平成16年度志摩市一般会計歳入歳出決算認定について


 日程第31 認定第・42号 平成16年度志摩市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


 日程第32 認定第・43号 平成16年度志摩市老人保健特別会計歳入歳出決算認定につい


             て


 日程第33 認定第・44号 平成16年度志摩市介護保険特別会計歳入歳出決算認定につい


             て


 日程第34 認定第・45号 平成16年度志摩市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


 日程第35 認定第・46号 平成16年度志摩市公共駐車場整備特別会計歳入歳出決算認定


             について


 日程第36 認定第・47号 平成16年度志摩市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出


             決算認定について


 日程第37 認定第・48号 平成16年度志摩市公共用地取得整備特別会計歳入歳出決算認


             定について


[日程第38〜日程第40 上程・説明・質疑・討論・採決]


 日程第38 請願第・4号 「公契約法」の制定など公共工事における建設労働者の適正


             な労働条件の確保に関する請願について


 日程第39 発議第・11号 道路整備の促進及び道路財源の確保に関する意見書の提出に


             ついて


 日程第40 発議第・12号 議会制度改革の早期実現に関する意見書の提出について





[第6号の追加1]


[上程・説明・質疑・討論・採決]


 追加日程第1 発議第13号 「公契約法」の制度など公共工事における建設労働者の適


               正な労働条件の確保に関する意見書の提出について





                 会議に付した事件


[日程第1 討論・採決]


 日程第1 議案第・139号 志摩市総合計画基本構想について


[日程第2〜日程第29 各常任委員会委員長審査報告・質疑・討論・採決]


 日程第2 議案第・140号 損害賠償の額を定めることについて


 日程第3 議案第・141号 平成17年度志摩市一般会計予算(第5号)について


 日程第4 議案第・142号 平成17年度志摩市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)


              について


 日程第5 議案第・143号 平成17年度志摩市老人保健特別会計補正予算(第2号)に


              ついて


 日程第6 議案第・144号 平成17年度志摩市介護保険特別会計補正予算(第2号)に


              ついて


 日程第7 議案第・145号 平成17年度志摩市介護サービス事業特別会計補正予算(第


              1号)について


 日程第8 議案第・146号 平成17年度志摩市下水道事業特別会計補正予算(第1号)


              について


 日程第9 議案第・147号 平成17年度志摩市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予


              算(第1号)について


 日程第10 議案第・148号 平成17年度志摩市水道事業会計補正予算(第3号)につい


              て


 日程第11 議案第・149号 平成17年度志摩市下水道事業会計補正予算(第1号)につ


              いて


 日程第12 議案第・150号 平成17年度志摩市立国民健康保険病院事業会計補正予(第


              1号)について


 日程第13 議案第・151号 指定管理者の指定について


 日程第14 議案第・152号 指定管理者の指定について


 日程第15 議案第・153号 指定管理者の指定について


 日程第16 議案第・154号 指定管理者の指定について


 日程第17 議案第・155号 指定管理者の指定について


 日程第18 議案第・156号 指定管理者の指定について


 日程第19 議案第・157号 指定管理者の指定について


 日程第20 議案第・158号 指定管理者の指定について


 日程第21 議案第・159号 指定管理者の指定について


 日程第22 議案第・160号 指定管理者の指定について


 日程第23 議案第・161号 指定管理者の指定について


 日程第24 議案第・162号 指定管理者の指定について


 日程第25 議案第・163号 三重県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の


              数の減少について


 日程第26 議案第・164号 三重県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の


              数の増加及び三重県市町村職員退職手当組合規約の変更について


 日程第27 議案第・165号 三重県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の


              数の減少について


 日程第28 議案第・166号 三重県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の


              数の増加及び三重県市町村職員退職手当組合規約の変更について


 日程第29 議案第・167号 伊勢地域農業共済組合規約の変更について


[日程第30〜日程第37 決算特別委員会委員長審査報告・質疑・討論・採決]


 日程第30 認定第・41号 平成16年度志摩市一般会計歳入歳出決算認定について


 日程第31 認定第・42号 平成16年度志摩市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定に


             ついて


 日程第32 認定第・43号 平成16年度志摩市老人保健特別会計歳入歳出決算認定につい


             て


 日程第33 認定第・44号 平成16年度志摩市介護保険特別会計歳入歳出決算認定につい


             て


 日程第34 認定第・45号 平成16年度志摩市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


 日程第35 認定第・46号 平成16年度志摩市公共駐車場整備特別会計歳入歳出決算認定


             について


 日程第36 認定第・47号 平成16年度志摩市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出


             決算認定について


 日程第37 認定第・48号 平成16年度志摩市公共用地取得整備特別会計歳入歳出決算認


             定について


[日程第38〜日程第40 上程・説明・質疑・討論・採決]


 日程第38 請願第・4号 「公契約法」の制定など公共工事における建設労働者の適正


             な労働条件の確保に関する請願について


 日程第39 発議第・11号 道路整備の促進及び道路財源の確保に関する意見書の提出に


             ついて


 日程第40 発議第・12号 議会制度改革の早期実現に関する意見書の提出について





[第6号の追加1]


[上程・説明・質疑・討論・採決]


 追加日程第1 発議第13号 「公契約法」の制度など公共工事における建設労働者の


              適正な労働条件の確保に関する意見書の提出について





               午前 9時 02分 開議


                  開 会・開 議





○議長(?岡英史君) おはようございます。ただいまの出席議員数は26名であります。


 地方自治法第113条の規定によりまして定足数に達しておりますので、直ちに本日会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配布のとおりであります。





              議案の上程(議案第139号)





○議長(?岡英史君) 日程第1 議案第139号 志摩市総合計画基本構想についてを議題といたします。





                  討    論





○議長(?岡英史君) これより討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。


 これで討論を終わります。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより議案第139号の採決をいたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (多数挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手多数であります。


 よって、議案第139号は、原案のとおり可決されました。








           議案の上程(議案第140号〜議案第167号)





○議長(?岡英史君) 日程第2 議案第140号 損害賠償の額を定めることについてから、日程第29 議案第167号 伊勢地域農業共済事務組合規約の変更についてまでの28件を一括議題といたします。


 以上28件について、各常任委員長から付託事項審査の報告を求めます。


 初めに総務財政常任委員長の報告を求めます。


 17番上村繁子君。


              (17番 上村繁子君 登壇)


○17番(上村繁子君) おはようございます。


 総務財政常任委員会付託事項審査の報告を行います。


 付託事項及び審査の経過につきましては、配布の報告書のとおりでございます。


 その結果、本委員会は全議案について原案のとおり可決すべきものと認めました。


 審査の過程において委員各位より多数の意見、要望が出されたので、主な事項について報告をいたします。


 議案第140号 損害賠償の額を定めることについてでありますが、「委員から当事者としての責任があると思うが、相手に対してどのような対応をしたのか、また監督する側として普段どのような指導をしているのか。」の問いに、「病院、自宅等には許す限り見舞いをし、保険制度があるのものの感情的なものというものは話し合いをすることが最も基本的なことだということで、事故発生からの対応については適切に、また相手側に理解をしていただくように指導している。」


  また「志摩市の例規職員事故処理規定第4条、事故審査会を置くとあるが、一連のこれらの作業は行われたのか。」の問いに、「事故の状況に応じて対応させていただいており、今回の場合、審査委員のなかで現場も確認しながら、最終的な判断をさせていただいた。」という答弁でありました。


 議案第141号 平成17年度志摩市一般会計補正予算(第5号)「歳入全般」についてでありますが、委員から「地方債の大幅な減額についての理由は。」の問いには、「国の予算関係事業額が決まったことにより、それぞれ起債、非起債部分の増減が生じたため。」との回答でありました。


 また「市税の個人の現年課税分6,500万円余り、たばこ税2,000万円余りを減額補正した理由は。」の問いには、「景気回復動向も考慮しながら当初予算に計上したが、個人所得は伸び悩んでいるということで、当初の調定額に対して減少したため、またたばこ税は前年の収入状況を加味しつつ、上半期9月までの収入状況を見込んだなかでの減額である。」との答弁でありました。


 さらに「合併特例債が減額されているが、10ヵ年の計画で市としてはどれぐらいの額を見込んでいるか。」の問いには、「合併特例債は平成17年度実質的な初年度となり、298億円程度残っているがこれも事業費が確定することにより、数字が変わってくる。」との答弁でありました。


 次に歳出でありますが、「第2款、総務費、第1項、総務管理費、第1目、一般管理費、第18節、備品購入費550万円の内訳。」との問いには、「市長の車の購入予定。」との答弁でありました。


 次に第9目からの「各支所の人件費の減額の理由は。」の問いにおいては、「予算計上時の4月の人事異動を反映した形の数値である。」との答弁でした。


 第15目の「防犯交通安全対策費のなかの需用費80万円について、市民が街灯の修繕をするための申請の方法は。」との問いには、「自治会を通じて支所に言っていただくように。」との答弁でありました。


 続きまして第8款消防団費でございますが、「資機材の計上がされているが具体的にどこの地区のものを購入するのか。」の問いに対しまして、「磯部桧山自治会で事業費に関してはヘルメット、懐中電灯等備品に関しては発電機、チェーンソー等の購入。」とのことでした。


 また防災については「予算措置がまだまだ不十分であるが、国や県の災害対策費補助金について期待できないか。」との問いには、「県の防災対策の補助金を平成18年度で終了予定になっているが、できるだけ要望していきたい。」との答弁でありました。


 議案第151号 指定管理者の指定に、「事業ごとや国や補助金ごとに区分していくのか、また附帯施設、附属施設の扱いはどうするのか。」の問いに、「それぞれの施設の構成が異なっているが、コミュニティ公園は一体のものである。」との答弁でありました。


 また「契約をした3年間の評価をどのような形でするのか。」「チェック体制は整っているのか。」の問いには、「総務部の担当部署において実績報告及び住民の意見を聞きながら判断する必要がある。また費用面、事業実施面についてもすべて明らかにし、そのなかで対応していくという考えである。」との答弁でありました。


 議案第163号・第164号・第165号・第166号についてでありますが、これについては特段の質疑もなく、審査を終了いたしました。


 以上で総務財政常任委員会の報告を終わります。





                  質    疑





○議長(?岡英史君) これから総務財政常任委員会委員長報告に対する質疑を行います。


 質疑はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 質疑なしと認めます。


 次に教育民生常任委員会委員長の報告を求めます。


 23番畑美津子君。


              (23番 畑美津子君 登壇)


○23番(畑美津子君) おはようございます。教育民生常任委員会付託事項審査の報告を行います。


 付託事項及び審査の経過につきましては、配布の報告書のとおりでございます。


 その結果、本委員会は全議案について、原案のとおり可決すべきものと認めました。


 審査の過程において委員各位より多数の意見、要望が出されましたので、主な事項について報告いたします。


 議案第141号 平成17年度志摩市一般会計補正予算(第5号)の歳出のうち、第2款、総務費のうち第3項、戸籍住民基本台帳費及び第3款、民生費について、質疑はありませんでした。


 次に第4款、衛生費について、1項、保健衛生費、1目、保健衛生総務費、13節、委託料について内容についての質問があり、「一次救急医療体制についてはこれまでは1市6町で医師会に委託してきたが、志摩医師会と志摩病院と市の三者で契約を結び、志摩病院の救急診療室で医師会の先生が輪番で年間70日診療をしている。また6月から月1回実施している小児救急の応急診療費用と事務費である。」との答弁でした。


 続いて同款、2項、清掃費、15節、工事請負費について、「焼却炉施設整備修繕工事については応急的なものなのか、これで修繕は終わるのか。」の問いに、「耐用年数がきており万全ではなく今後も必要である。」との答弁でした。


 次に第9款、教育費について、3項、中学校費、1目、学校管理費、7節、賃金の減額については、「生徒数の減なのか。」との質問があり、「当初介助員を2名で予算計上したが、障害児学級が設置されたことに伴い1名体制になった。」との答弁でした。


 さらに委員より、「教育予算を削らないようにと市長に強く要望する。」との意見がありました。


 続いて委員より、同款、2項、小学校費、3項、中学校費、2目、教育振興費、20節扶助費の内容についての説明が求められたことに対して、「準要保護児童就学援助費については生活に困っている方に対する援助費で対象児童の増であり、学用品、就学旅行費が大幅に増額。」との答弁でした。


 さらに委員より、2項、小学校費、3目、学校建設費、15節、工事請負費、御座小学校校舎改築工事費について減額の理由を質問したのに対し、「入札差額で追加工事も見込んでの減額である。」との答弁でした。


 また学校施設等に関連し、アスベスト対策を早期に実施するよう予備費の使徒について質疑がありました。


 次に議案第142号 平成17年度志摩市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について、議案第143号 平成17年度志摩市老人保健特別会計補正予算(第2号)について、及び議案第144号 平成17年度志摩市介護保険特別会計補正予算(第2号)については、特に質疑はありませんでした。


 続いて議案第145号 平成17年度志摩市介護サービス事業特別会計補正予算(第1号)について、第1款、施設整備費、1項、施設整備費、1目、介護老人保健施設整備費、17節、公有財産購入費について、「平米単価、鑑定価格、所有者、候補地決定までの経緯について。」質問したのに対し、「今回の事業は単年度事業が原則であり現在用地測量を進めているが、すべて処理してからの予算計上では対応できない事情を理解いただきたい」とのことでした。「したがって鑑定評価がまだ出ていない状況でのおおよそでの予算計上であり、評価がで次第、用地交渉を予定しており、所有者については4名。」との答弁でありました。


 また22節、補填補償及び賠償金について、「坪数、鑑定評価はどれぐらいなのか。」の問いに対し、「建物は50坪と67坪の2棟と動産等であり、3,000万円は限度額であり、今後評価が出た段階で該当者と協議し詰めていく、土地の選定についての経緯は前回の候補地を含めて2箇所で選定するということで、従来の用地を拡張しつつ対応するのがベターであるということで現在地となった。」との答弁でした。


 さらに委員から、「用地買収、建物補償費において市民に不信感を与えないようにお願いしたい。」との発言がありました。


 次に議案第152号 指定管理者の指定については質疑はありませんでした。


 議案第153号 指定管理者の指定について、委員より「指定管理料の設定基準について、また管理者となる社会福祉協議会や現場の使用者との協議は十分できているのか、さらに最近多くのことが社会福祉協議会に任されることが増えているが、その点でも社会福祉協議会は理解をしているのか。」との問いに対しまして、「管理料の選定については光熱水費と17年度上半期の実績を勘案し計上している。社会福祉協議会との協議は会長、理事に説明し、同意書もいただいているとの答弁でした。


 議案第154号 指定管理者の指定について、委員より「今回の施設は介護予防施設だが、指定管理者制度を導入した理由は何か、また今後このような施設は増えていくと思うが、社会福祉協議会への負担増が心配である。」との問いに対し、「導入した理由は現在社会福祉協議会が生きがい活動支援通所事業、介護予防事業等市の委託事業を実施している。また社会福祉協議会は高齢者との接点が多く、実態把握をしているという点で、この施設の有効利用は図られるとの判断であり、今後につきましては検討課題であるとの答弁でした。


 議案第147号 平成17年度志摩市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)について、議案第150号 平成17年度志摩市国民健康保険病院事業会計補正予算(第1号)について、議案第155号から議案第159号 指定管理者の指定については質疑はありませんでした。


 以上で教育民生常任委員会の報告を終わります。





                  質    疑





○議長(?岡英史君) これから教育民生常任委員会委員長報告に対する質疑を行います。


 質疑はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 質疑なしと認めます。


 次に産業建設常任委員会委員長の報告を求めます。


 19番三橋文夫君。


              (19番 三橋文夫君 登壇)


○19番(三橋文夫君) おはようございます。


 産業建設常任委員会付託事項審査の報告を行います。


 付託事項及び審査の経過につきましては、配布の報告書のとおりでございます。


 その結果、本委員会は全議案について、原案のとおり可決すべきものと認めました。


 審査の過程において委員各位より多数の意見、要望が出されたので、主な事項について報告いたします。


 まず議案第141号 平成17年度志摩市一般会計補正予算(第5号)の歳出のうち、「第5款


 農林水産業費」「第6款商工費」「第7款土木費」について審議を行ったなかで、第5款、農林水産業費については、アワビ放流効果実証事業負担金に関する問いがあり、それに対して執行部からは「鳥羽市と志摩市それぞれ7万5,000個、国の補助事業で実施した。」の答弁がありました。


 また「漁場環境調査委託料とはどのような調査でどこへ委託するのか。」との問いには、「英虞湾と的矢湾の漁場環境調査で、英虞湾は三重県環境事業団、的矢湾は芙蓉海洋開発に委託している。」とのことでありました。


 次に第6款、商工費については「第48回全国自然公園大会の負担金は、志摩市とほかにどこが負担するのか。」といった問いに対して、「ほかに三重県から3割程度の負担が出ている。」とのことでありました。


 同大会の組織に関する問いに関しては、「三重県知事を実行委員長とする実行委員会が11月6日に組織化されている。」とのことでした。


 第7款、土木費については「国県公共土木事業市町村負担金減の理由は。」との問いに対し、「12月をもって中間精査という形で県より事業負担金が示されましたが、今後3月にも1月の国会の補正予算が一部認められるという県からの指示があり、この負担金は再度変わる可能性がありますが、現時点での主たる減額は国補海岸事業の阿津里浜540万円、国補急傾斜対策的矢3地区の209万円等となっている。」旨答弁がありました。


 続きまして議案第146号 平成17年度志摩市下水道事業特別会計補正予算(第1号)についての質疑、意見はございませんでした。


 議案第148号 平成17年度志摩市水道事業会計補正予算(第3号)については、「16年度の未収金7,200万円は多額であり、さらに15年度の各旧町から持ち寄った滞納金が3億5,837万円あるなかで、このうち15年度と16年度の事業者分と一般家庭分の金額的な利率はどうなのか、また16年度の未収金がどの程度解消されたのか。」といった問いに対し、「1件当たりの金額が大きいのは、事業所で1社当たり数千万円という事業所が数件あり、一般家庭では2,000円〜3,000円から数10万円と幅が広く、旧町から引き継いだ未収金3億5,306万5,786円のうち、過年度分3,455万77円が収納され、17年度過年度分が3億1,851万5,709円となっている。」とのことでありました。


 ほかに「未収金回収に関する時効の成立の有無について」かなり詳細な質疑があり、「時効にかかる債権も法的には債権債務関係は消滅しないので、引き続き回収の努力を続ける。」との回答を得ています。


 議案第149号 平成17年度志摩市下水道事業会計補正予算(第1号)に対しましては、「旧町時代船越地区特環公共下水道の放流先の水質検査を3年ほどやってきたが、その後、放流を始めてからある程度経過した後、再度水質調査を行うことになっていたが、その引き継ぎを受け実施しているのかどうか。」という問いに対しては、「放流後も水質検査を行っていた。」とのことでした。


 議案第160号、第161号、第162号の指定管理者の指定にかかわる3件については、「それぞれ旧町時代の契約形態を維持し、金額も含めて旧来の方式を踏襲しており、特に問題となった事業計画書については、今回仮協定という形で基本的な手続きの同意書を交わすということで処理をしている」とのことでした。「県下の他の市町村の状況も県の対応も随意契約の場合については、そういう形を取っている」とのことでありました。


 以上で産業建設常任委員会の報告を終わります。





                  休   憩





○議長(?岡英史君) 暫時休憩します。





               午前 9時 29分 休憩


               午前 9時 29分 開議





                  開   議





○議長(?岡英史君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。


 19番三橋文夫君。


              (19番 三橋文夫君 登壇)


○19番(三橋文夫君) 失礼しました。数字割合の間違いがありましたので、全く恐れ入りますが、ご訂正をお願いしたいと思いますけども、第48回自然公園大会のところで、「市以外の負担金はどうか。」という質問に対しまして、「県の負担が3割」と答えたわけですけれども逆でございます。「県が7割で市の負担が3割」ということでございます。7対3で県が7、こういうふうに訂正していただきたいと思います。よろしくお願いいたします。





                  質    疑





○議長(?岡英史君) これから産業建設常任委員会委員長報告に対する質疑を行います。


 質疑はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 質疑なしと認めます。





                  討    論





○議長(?岡英史君) これより討論、採決を1件ごとに行います。


 議案第140号 損害賠償の額を定めることについて、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより議案第140号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (多数挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手多数であります。


 よって、議案第140号については、原案のとおり可決されました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 議案第141号 平成17年度志摩市一般会計補正予算(第5号)について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより議案第141号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (多数挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手多数であります。


 よって、議案第141号については原案のとおり可決されました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 議案第142号 平成17年度志摩市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより議案第142号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (全員挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第142号については、原案のとおり可決されました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 議案第143号 平成17年度志摩市老人保健特別会計補正予算(第2号)


について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより議案第143号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (全員挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第143号については、原案のとおり可決されました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 議案第144号 平成17年度志摩市介護保険特別会計補正予算(第2号)について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより議案第144号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (全員挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第144号については、原案のとおり可決されました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 議案第145号 平成17年度志摩市介護サービス事業特別会計補正予算(第1号)について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより議案第145号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (全員挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第145号については、原案のとおり可決されました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 議案第146号 平成17年度志摩市下水道事業特別会計補正予算(第1号)について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより議案第146号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (全員挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第146号については、原案のとおり可決されました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 議案第147号 平成17年度志摩市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより議案第147号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (多数挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手多数であります。


 よって、議案第147号については、原案のとおり可決されました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 議案第148号 平成17年度志摩市水道事業会計補正予算(第3号)について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより議案第148号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (全員挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第148号については、原案のとおり可決されました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 議案第149号 平成17年度志摩市下水道事業会計補正予算(第1号)について討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより議案第149号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (全員挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第149号については、原案のとおり可決されました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 議案第150号 平成17年度志摩市立国民健康保険病院事業会計補正予算(第1号)について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより議案第150号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (全員挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第150号については、原案のとおり可決されました。


              (「議  長」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 15番小河光昭君。


○15番(小河光昭君) 議案第151号以下指定管理者の指定に入る前に、どうしても議員の皆様にお諮りしたいことがありますので、ここで休憩を望みます。


              (「賛  成」と呼ぶ者あり)





                  休   憩





○議長(?岡英史君) 暫時休憩いたします。





               午前 9時 40分 休憩


               午前 9時 41分 開議





                  開   議





○議長(?岡英史君) 休憩を解いて、会議を再会します。


 先ほどの休憩の動議は成立しましたので、動議に対して採決をいたします。


 休憩の動議に賛成の皆さん、挙手を求めます。


              (少数挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手少数。


 皆さん、小河議員が休憩の動議を出されました。その休憩の動議という理由は指定管理者について皆さんにご相談をしたいという説明がありました。それに対して皆さんはご理解をしていただいているから採決をお願いしたいのでありまして、休憩の動議は否決されました。





                  休   憩





○議長(?岡英史君) 暫時休憩いたします。


 10時に再会いたします。





               午前 9時 43分 休憩


               午前 10時 00分 開議





                  開   議





○議長(?岡英史君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 議案第151号 指定管理者の指定について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより議案第151号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (全員挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第151号については、原案のとおり可決されました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 議案第152号 指定管理者の指定について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより議案第152号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (多数挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手多数であります。


 よって、議案第152号については、原案のとおり可決されました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 議案第153号 指定管理者の指定について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより議案第153号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (多数挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手多数であります。


 よって、議案第153号については、原案のとおり可決されました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 議案第154号 指定管理者の指定について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより議案第154号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (多数挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手多数であります。


 よって、議案第154号については、原案のとおり可決されました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 議案第155号 指定管理者の指定について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより議案第155号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (全員挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第155号については、原案のとおり可決されました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 議案第156号 指定管理者の指定について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより議案第156号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (全員挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第156号については、原案のとおり可決されました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 議案第157号 指定管理者の指定について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより議案第157号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (多数挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手多数であります。


 よって、議案第157号については、原案のとおり可決されました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 議案第158号 指定管理者の指定について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより議案第158号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (全員挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第158号については、原案のとおり可決されました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 議案第159号 指定管理者の指定について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより議案第159号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (全員挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第159号については、原案のとおり可決されました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 議案第160号 指定管理者の指定について、討論を行います。


 討論はありませんか。


 9番小森仁君。


○9番(小森 仁君) この議案第160号について反対する立場から討論いたします。


 この案の道の駅を指定管理者に移行するについては、指定管理者の選定方法について公募によらず随意契約によるものという方法を取っております。これは果たして公募を試みて応募者がなかったのかという点が1つ疑問があります。


 そして公募によらない理由というものに道の駅「伊勢志摩」が提供するサービスは収益性がなく、民間業者に委託しても雇用の拡大につながらないという理由を上げておりますが、果たしてこれもそうなんでしょうか。そうは思えないところがあります。


 それから指定管理者の指定期間ですね、これは3年間を定めておりますが、これももう少し指定管理者の指定方法についても検討することも含めて、初めから3年間というふうに固定するのはいかがかなものかという感じがいたします。


 以上の理由をもってこれをこのまま原案どおり可決を諮るということについては、反対でありますので、その旨表明いたします。


○議長(?岡英史君) 次に賛成者の発言はありませんか。


 22番山際優君。


○22番(山際 優君) 賛成の立場で討論をいたします。


 確かにこの道の駅につきましては、委員会におきましても議論、質疑が多かったとこでありますが、確かに不明確なところがあることも私も疑問に思っているわけですけども、委員会として閉会中の調査ということで、私も提案させていただいておりますので、そういうことからまだ少し私も理解できない部分がありますけども、今回は私は賛成の立場で討論といたします。


○議長(?岡英史君) ほかに討論はありませんか。


 15番小河光昭君。


○15番(小河光昭君) 本議案に対して反対の立場で討論させていただきます。


 本来であれば反対するよりも3年の契約を1年に修正したいという思いがありましたが、今回の議会の流れ等について理解できていませんので、出すタイミングを失ってしまいましたので、反対させていただきます。


 年間1,000万円を超える委託料を支払うということですから、まだまだ多々協議する部分があるということで、管理費の見直しを協議していくべきだと私は思います。年間の浄化槽の保守点検委託料が359万1,000円、年48回の点検を行うとういことですが、1回の点検料が7万5,000円ぐらいに約なります。志摩市の別の浄化槽144人槽で3次処理で1回7,000円の単価ですから、約10倍を超える金額となっております。高額の保守管理費が必要な要因として処理水の基準値なるものが上げられると思いますが、基準値は各町バラツキがあり、合併1年ではこの数値の見直しまでは協議されていないと思われ、今後志摩市としては統一できるものは統一していく必要があると思います。したがいましてそれが統一されることによって、保守管理費も安くなる可能性を十分秘めていると思います。


 また浄化槽の清掃料も約100万円かかっており、市の平成16年度の負担額は49万1,850円の決算額になっておりますが、なぜか平成17年度の予算額は半分も満たない19万9,000円であります。この金額は何の根拠ではじき出されたものかさっぱりわかりません。17年度の実績を踏まえて見直しする必要があるのではないかと思います。


 次にこの休憩所は道の駅と物産館と場外馬券場の3つの施設があります。浄化槽は850人槽の1つであり、トイレが道の駅と場外馬券場にあることから、浄化槽の管理費は志摩市と馬券場で半々の負担をしているということであります。物産館にはトイレはありませんが、飲食店、海産物等の水槽があり、汚水は浄化槽に流しているということが想定されます。


 したがいまして、物産館からも負担していただくことを協議していく必要があるのではないかと思います。旧町時の契約内容はわかりませんが、今は志摩市です。志摩市として協議できる点は協議して見直しをしていくべきだと考えます。


 また施設管理委託の360万円ですが、管理者は年中休みなしとすると交代要員は必ず必要になってこようかと思います。しかし、1日の業務内容で2人の勤務は必要ないと考えることから、1日の日当が約1万円程度になります。業務内容で考えると妥当な金額とは思えない気がいたします。


 それと指定管理者についても観光面を考えると、やはり観光協会等とも協議して進めていくべきではなかろうかと思いますので、以上の理由で本議案に反対いたします。


○議長(?岡英史君) 賛成討論はありませんか。


 23番畑美津子君。


○23番(畑美津子君) 今回の議案の内容につきましては、これまでの実績等踏まえまして、担当部、それから管理者と十分協議し制定された内容であり、市長がおっしゃる「訪れてよし」の精神を実践すべく志摩市の入り口で観光客を案内し、そしてもてなすための施設であり、観光振興を進めている当市にとって必要なものであるとの見解で、本議案に賛成する立場で賛成討論をいたします。


○議長(?岡英史君) ほかに討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより議案第160号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の諸君の挙手を求めます。しっかりと挙げてください。


              (多数挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手多数であります。


 よって、議案第160号については、原案のとおり可決されました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 議案第161号 指定管理者の指定について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより議案第161号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (全員挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第161号については、原案のとおり可決されました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 議案第162号 指定管理者の指定について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより議案第162号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (全員挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第162号については、原案のとおり可決されました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 議案第163号 三重県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより議案第163号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (全員挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第163号については、原案のとおり可決されました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 議案第164号 三重県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増加及び三重県市町村職員退職手当組合規約の変更について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより議案第164号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (全員挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第164号については、原案のとおり可決されました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 議案第165号 三重県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより議案第165号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (全員挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第165号については、原案のとおり可決されました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 議案第166号 三重県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増加及び三重県市町村職員退職手当組合規約の変更について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより議案第166号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (全員挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第166号については、原案のとおり可決されました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 議案第167号 伊勢地域農業共済事務組合規約の変更について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより議案第167号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (全員挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、議案第167号については、原案のとおり可決されました。





           議案の上程(議案第139号〜議案第167号)





○議長(?岡英史君) 日程第30 認定第41号 平成16年度志摩市一般会計歳入歳出決算認定についてから、日程第37 認定第48号 平成16年度志摩市公共用地取得整備特別会計歳入歳出決


 算認定についてまでの8件を一括議題といたします。


 決算特別委員会委員長の報告を求めます。


 25番谷口覚君。


              (25番 谷口 覚君 登壇)


○25番(谷口 覚君) それでは失礼します。


 決算特別委員会付託事項審査の報告を行います。


 付託事項及び審査の経過につきましては、配付の報告書のとおりでございます。


 その結果、本委員会は全議案について、原案のとおり認定すべきものと認めました。


 審査の過程において委員各位より多数の意見、要望が出されたので、決算についての主たる審議内容についてご報告申し上げます。


 認定第41号 平成16年度志摩市一般会計歳入歳出決算認定についてでありますが、まず歳入全般については主な質疑として、「一般廃棄物手数料、指定ごみ袋分の6,400万円について」「公営住宅使用料の不納欠損額261万4,000円について」また「県補助金である希少動物保全事業補助金10万1,000円について」のそれぞれ内容及び今後の対応について質疑がありました。


 次に歳出では、第1款、議会費については特に質疑はなく、第2款、総務費において「デマンド交通システム、エコマネー推進事業補助金及び財産に関する調書について。」の質疑がありました。


 第3款、民生費については質疑はありませんでした。


 第4款、衛生費では指定ごみ袋購入費についての関連質疑として、指定ごみ袋に対する意見等がありました。また浄化槽保守管理委託料全体について、浜島RDF定期点検工事費についての質疑がありました。


 第5款、農林水産業費では歳入と関連して「希少動物保全事業補助金について」「農業団体育成助成金について」「有害鳥獣駆除委託料について」の質疑がありました。


 続いて産業振興費における11節、需用費、12節、役務費の「不用額について。」質疑がなされました。また16節、原材料費の「底質改良剤購入費について。」質疑がありました。


 第6款、商工費では「道の駅における浄化槽の保守管理」また志摩自然学校運営についての13節「委託料について。」質疑がありました。


 第7款、土木費については「県道線費の運転手賃金等について。」の質疑がありました。


 第8款、消防費については特に質疑はありませんでした。


 次に第9款、教育費については「全般的な委託料の不用額について。」質疑がありました。


 続く第10款、災害復旧費、第11款、公債費、第12款、予備費については特に質疑はありませんでした。


 歳入歳出全般については「決算審査意見書の内容について。」質疑が行われました。


 認定第42号 平成16年度志摩市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定については、各施設勘定において診療所施設の医薬品等の使用及び保管状況の質疑がありました。


 次に認定第43号 平成16年度志摩市老人保健特別会計歳入歳出決算認定については、特段の質疑もなく、審査を終了いたしました。


 次に認定第44号 平成16年度志摩市介護保険特別会計歳入歳出決算認定については、保険給付費、事務費繰入金に関する質疑がありました。


 次に認定第45号 平成16年度志摩市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定については、特段の質疑もなく、審査を終了いたしました。


 次に認定第46号 平成16年度志摩市公共駐車場整備特別会計歳入歳出決算認定についても、特段の質疑もなく、審査を終了いたしました。


 次に認定第47号 平成16年度志摩市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定については償還の収入未済額について、また収入の雑入について質疑がありました。


 次に認定第48号 平成16年度志摩市公共用地取得整備特別会計歳入歳出決算認定についてでございますが、これについても特段の質疑もなく審査を終了いたしました。


 以上で決算特別委員会の報告を終わります。





                  質    疑





○議長(?岡英史君) これから決算特委員会委員長報告に対する質疑を行います。


 質疑はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 質疑なしと認めます。





                  討    論





○議長(?岡英史君) これより討論採決を1件ごとに行います。


 認定第41号 平成16年度志摩市一般会計歳入歳出決算認定について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより認定第41号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり認定することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (多数挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手多数であります。


 よって、認定第41号については原案のとおり認定することに決定いたしました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 認定第42号 平成16年度志摩市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより認定第42号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり認定することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (全員挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、認定第42号については、原案のとおり認定することに決定いたしました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 認定第43号 平成16年度志摩市老人保健特別会計歳入歳出決算認定について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより認定第43号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり認定することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (全員挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、認定第43号については、原案のとおり認定することに決定いたしました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 認定第44号 平成16年度志摩市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより認定第44号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり認定することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (多数挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手多数であります。


 よって、認定第44号については、原案のとおり認定することに決定いたしました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 認定第45号 平成16年度志摩市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより認定第45号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり認定することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (全員挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、認定第45号については、原案のとおり認定することに決定いたしました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 認定第46号 平成16年度志摩市公共駐車場整備特別会計歳入歳出決算認定について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより認定第46号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり認定することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (全員挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、認定第46号については、原案のとおり認定することに決定いたしました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 認定第47号 平成16年度志摩市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより認定第47号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり認定することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (多数挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手多数であります。


 よって、認定第47号については、原案のとおり認定することに決定いたしました。





                  討    論





○議長(?岡英史君) 認定第48号 平成16年度志摩市公共用地取得整備特別会計歳入歳出決算認定について、討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより認定第48号についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり認定することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (全員挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、認定第48号については、原案のとおり認定することに決定いたしました。





               議案の上程(請願第4号)





○議長(?岡英史君) 日程第38 請願第4号 「公契約法」の制定など公共工事における建設労働者の適正な労働条件の確保に関する請願についてを議題といたします。


 請願の写しは、お手元に配布したとおりであります。


 請願第4号については、会議規則第134条第1項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに異議はありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 異議なしと認めます。


 よって、請願第4号は、委員会の付託を省略することに決定いたしました。





                 請願の紹介説明





○議長(?岡英史君) 異議なしと認めます。


 紹介議員松尾忠一君の説明を求めます。


 12番松尾忠一君。


              (12番 松尾忠一君 登壇)


○12番(松尾忠一君) 請願第4号


 1.件名 「公契約法」の制定など公共工事における建設労働者の適正な労働条件の確保に関する請願書


 2.請願要旨


 建設業の就業者数は全国で630万人と、全産業の就業者数の約10%を占めており、我が国の基幹産業として経済活動と雇用機会の確保に大きく貢献しております。また三重県内においても、8万7千人が建設産業に従事しております。


 しかしながら、建設産業の特徴である元請と下請という重層的な関係の中で、建設労働者の貸金体系は常に不安定な状態にあり、加えて、不況下における受注額争の激化と近年の公共工事の減少が、施工単価や労務費の引き下げにつながり、現場で働く労働者の生活に深刻な影響を及ぼしております。


   このような状況に対して、国では平成12年11月に「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」が制定され、参議院で「建殻労働者の貸金、労働条件の確保が適切に行われるよう努めること」との附帯決議が付されました。また諸外国においては、公契約における適正な賃金の支払いを確保する法律、いわゆる「公契約法」の制定が進んでいるところであります。


 よって、建設労働者の適正な労働条件が確保され、かつ工事における安全や品質が適正に確保されるよう、公共工事における新たなルールづくりが必要であることから、下記事項を内容とする意見書を国に対して提出して下さるよう請願します。


                   記


 1.公共工事における建設労働者をはじめ、労働者の適正な労働条件の確保が出来るよう「公契約法」の制定を推進すること。


 2.「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」の附帯決議事項について、実効ある施策を実施すること。


 以上であります。


 以上よろしくお願い申し上げます。


○議長(?岡英史君) 以上で紹介議員の説明を終わります。





                  質     疑





○議長(?岡英史君) これより請願第4号の質疑を行います。


 質疑はありませんか。


 23番畑美津子君。


○23番(畑美津子君) 本請願の趣旨といたしましては、私も本当に賛同いたすものであり、しかしながら公共工事におきましても現在大変厳しい状況となっておるなかで下請、孫請というふうな建設業独特の構図ができているなかで、たとえ公共工事といえどもこの「公契約法」のなかではどういうふうなその賃金の確保の方法としてされようとしているのかという、この部分がよくわかりませんので、ご説明よろしくお願いします。


○議長(?岡英史君) 12番松尾忠一君。


○12番(松尾忠一君) その質問に関してですけども、一応法令のなかにありまして公共工事では、予算決議及び会計令によって工事の契約の予定価格は総額について定められなければならないと、第80条にあります。


 そして総額の単価は決まれど、個別労働者の賃金は決めることになっていない。この80条にちょっと問題があると思います。いわゆる総価方式であるということから、この改正をなさることが一番のこの要旨であると、いわゆる元請業者が仮に1万円とすると、往々にして2次下請けになりますと7,000円とか、8,000円とか日当がなっていくということのなかで、一応元請と同じような賃金体制にしていただきたいというような趣旨であります。以上です。


○議長(?岡英史君) ほかに質疑はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 以上で質疑を終わります。





                  討    論





○議長(?岡英史君) これより討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより請願第4号を採決いたします。


 請願第4号を採択することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


              (多数挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手多数であります。


 よって、請願第4号は、採択することに決定いたしました。





                  休   憩





○議長(?岡英史君) 暫時休憩いたします。





               午前 10時 42分 休憩


               午前 10時 45分 開議





                  開   議





○議長(?岡英史君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。





                日程の追加について





○議長(?岡英史君) 先刻請願第4号の採択により松尾忠一君ほか2名から発議第13号 「公契約法」の制定など、公共工事における建設労働者の適正な労働条件に関する意見書か提出され、それを受理し、お写しをお手元に配布いたしました。


 お諮りいたします。


 発議第13号 「公契約法」の制定など公共工事における建設労働者の適正な労働条件に関する意見書の提出についてを日程に追加し、追加日程第1として議題とすることに異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 異議なしと認めます。


 よって、発議第13号を追加日程第1として、議題とすることに決定いたしました。





               議案の上程(発議第13号)





○議長(?岡英史君) 追加日程第1 発議第13号 「公契約法の制定」など、公共工事における建設労働者の適正な労働条件に関する意見書の提出についてを議題といたします。





                 提出者説明





○議長(?岡英史君) 提出者の説明を求めます。


 12番松尾忠一君。


              (12番 松尾忠一君 登壇)


○12番(松尾忠一君) 「公契約法」の制定など公共工事における建設労働者の適正な労働条件の確保に関する意見書でありますけども、さきほど請願で述べましたとおりであります。


 お手元に配付しました意見書を読み上げてもよろしいですけども、これを上げるということでご了解願います。


 なお、要約しますとさきほど質問にありましたとおり、一応公共工事は予算決議及び会計令によって、工事の契約の予定価格は総額について定められなければならない。単価は決めれど、個別労働者の賃金は決めることになっていない。総価方式であるということ、ここに問題があると思いますので、このへんを改正したい意見書であります。ということでよろしくお願い申し上げます。


○議長(?岡英史君) 以上で提出者の説明を終わります。


 お諮りいたします。


 発議第13号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 異議なしと認めます。


 よって、発議第13号は、委員会付託を省略することに決定いたしました。





                  質     疑





○議長(?岡英史君) これより発議第13号 「公契約法」の制定など公共工事における建設労働者の適正な労働条件に関する意見書の提出についての質疑を行います。


 質疑はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 質疑なしと認めます。





                  討    論





○議長(?岡英史君) これより発議第13号 「公契約法」の制定など公共工事における建設労働者の適正な労働条件に関する意見書の提出について、討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより発議第13号 「公契約法」の制定など公共工事における建設労働者の適正な労働条件の確保に関する意見書の提出についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の職員の挙手を求めます。


              (全員挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手全員であります。


 よって、発議第13号は、原案のとおり可決されました。





                  休   憩





○議長(?岡英史君) 暫時休憩いたします。





               午前 10時 50分 休憩


               午前 10時 50分 開議





                  開   議





○議長(?岡英史君) 休憩を解いて会議を再会します。


 さきほどの採決の結果ですが、挙手多数ということで訂正させていただきます。





                  休   憩





○議長(?岡英史君) 暫時休憩いたします。





               午前 10時 51分 休憩


               午前 10時 52分 開議





                  開   議





○議長(?岡英史君) 休憩を解いて会議を再会します。





               議案の上程(発議第11号)





○議長(?岡英史君) 日程第39 発議第11号 道路整備の促進及び道路財源の確保に関する意見書の提出についてを議題といたします。





                 提出者説明





○議長(?岡英史君) 提出者の説明を求めます。


 12番松尾忠一君。


              (12番 松尾忠一君 登壇)


○12番(松尾忠一君) 道路整備の促進及び道路財源の確保に関する維新書であります。


 道路は、国民生活や経済・社会活動を支える最も根幹的な社会資本であり、その整備は全国民がひとしく熱望するところであります。


 平成15年度税制改革において、揮発油税等を道路特定財源とし、その暫定税率の適用が5年延長と認められ、その全額を道路整備に充当されることとなり、社会資本整備重点計画の計画的執行を行うこととされました。


 しかし、平成17年度予算では、公共事業費の削減がなされ、道路整備においても必要な事業が確実に行えない状況となっております。


 本市では、総合計画の中で、各種基盤の整備を重要な柱の一つとして掲げ、その中で交通基盤の整備を重点的に推進しているところであります。


 特に市民生活や経済・社会活動における自動車が担う役割の高い本市においても、道路の整備水準向上が喫緊の課題であります。市民の切なる願いでもあります。


 これにこたえるには、地域の産業基盤を支援する国道167号第二伊勢道路、国道260号をはじめとし、生活に密着した県道、市町村道の地方道に至るまで着実な整備が必要であります。


 よって、国におかれては、国民の期待する道路整備の着実な推進を図るため道賂特定財源制度の見直しに当たっては、受益者負担という制度の趣旨を踏まえ、必要な道路財源を確保し、遅れている地方の道路整備を推進されるよう強く要望いたします。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出いたします。


 なお、小さい数字でありますけども、道路特定財源は大半の税目で法定税率の1.2から2.5倍の暫定税率が課せられております。そして具体的には本則の税率まで戻せば、レギュラーガソリン価格は現在の全国平均が131円から106円に下がり、1.5tの自家用自動車の重量税も年1万4,000円の減税となります。


 また道路財源の約半分を占めるガソリン税の場合は、1リッター当たり24.3円ですけども、暫定税率の場合は48.6円と約2倍になっております。そして小泉首相は暫定税率を維持したまま使い道の自由な一般財源に繰り入れたい考えでありますけども、これは阻止しなければなりません。


 以上をもって私の道路財源の確保に関する意見書といたします。


 この意見書の内容にご同意賜りますようよろしくお願い申し上げます。


 以上です。


○議長(?岡英史君) 以上で提出者の説明を終わります。


 お諮りいたします。


 発議第11号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 異議なしと認めます。


 よって、発議第11号は、委員会付託を省略することに決定いたしました。





                  質     疑





○議長(?岡英史君) これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


 16番坂口洋君。


○16番(坂口 洋君) この種の意見書は旧町時代から各町の議会でも出されてきた、毎年出されてきたものでありますが、その都度私意見を申してまいりました。どの点かと言いますと、今までの意見書では道路特定財源、これの堅持という言葉が毎年入っておりました。これに対して私は今の時代特定財源ではなくて、一般財源とすべきであるという意見を持っておりました。今になりまして政府がこの見直しを言ってきております。そこで毎年出てくる文書の表現が非常に微妙な表現になっておりまして、見直しに当たっては受益者負担という制度の趣旨を踏まえ、必要な道路財源を確保し、云々かんのという表現に「堅持し」となっていたのが、変わってきております。


 そこでさきほどの説明のなかでもガソリンの問題等々いろいろ申しておりましたけども、今一度この道路特定財源制度に対する見解を明確にしていただきたいというふうに思うんですけれども、提出者の方いかがでしょうか。


○議長(?岡英史君) 12番松尾忠一君。


○12番(松尾忠一君) まず国と道路特定財源の配分率でありますけども、道路特定財源税収の配分は、国が62、地方が38だか、直轄負担金補助金等の配分を考慮しますと、国が46、地方が54となっております。私の考えは道路特定財源はありきという考えのもと、ただし暫定税率については引き下げて、そして一般財源化を求めるのであれば消費税を上げて受益者負担をなくすと、受益者負担は前の税率で受益者負担金である。そしてその暫定税率を引き上げたまま一般財源化するのには反対であります。一般財源に求めるのであれば消費税を上げるべきであると考えます。


 そして坂口議員の言われる、なぜ堅持しなければならないかということでありますけども、田中角栄から始まって私の考えといたしましては、いわゆるガソリン、車を使っていわゆる道路を使って生活する人々にとっては、やはりこの道路特定財源は受益者負担という意味合いのもとからも必要であり、地方道路を直すためにも、地方が道路を整備するためにもどうしても必要であると考えております。以上です。


 ちょっと趣旨から外れたかもわかりませんけども、またいつでも質問受けますので、よろしくお願いします。


○議長(?岡英史君) ほかに質疑はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) これをもって質疑を終わります。





                  討    論





○議長(?岡英史君) これより討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより発議第11号 道路整備の促進及び道路財源の確保に関する意見書の提出についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の職員の挙手を求めます。


              (多数挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手多数であります。


 よって、発議第11号 道路整備の促進及び道路財源の確保に関する意見書の提出については、原案のとおり可決されました。





               議案の上程(発議第12号)





○議長(?岡英史君) 日程第40 発議第12号 議会制度改革の早期実現に関する意見書のついてを議題といたします。





                 提出者説明





○議長(?岡英史君) 提出者の説明を求めます。


 9番小森仁君。


              (9番 小森 仁君 登壇)


○9番(小森 仁君) 議会制度改革の早期実現に関する意見書


 国においては、現在、第28次地方制度調査会において「議会のあり方」につい調査・審議を行っており、このような状況を踏まえた全国市議会議長会は、先に「地方議会の充実強化」に向けた自己改革への取り組み強化についての決意を同調査会に対し表明するとともに、必要な制度改正要望を提出したところであります。


 しかしながら、同調査会の審議動向を見ると、全国市議会議長会をはじめとした三議長会の要望が十分反映されていない状況にあります。


 本格的な地方分権時代を迎え、住民自治の根幹をなす議会がその期待される役割と責任を果たしていくためには、地方議会制度の改正が必要不可欠であります。


 よって、国においては、現在検討されている事項を含め、とりわけ下記の事項について、今次地方制度調査会において十分審議の上、抜本的な制度改正が行われるよう強く求めます。


                    記





 1 議会の招集権を議長に付与すること、


 2 地方自治法第96条2項の法定受託事務に係る制限を廃止するなど議決権を拡大すること


 3 専決処分要件を見直すとともに、不承認の場合の首長の対応措置を義務付けすること


 4 議会に附属機関の設置を可能とすること


 5 議会の内部機関の設置を自由化すること


 6 調査権・監視権を強化すること


 7 地方自治鋲第203条から「議会の議員」を除き、別途「公選職」という新たな分類項目に位置付けるとともに、職務遂行の対価についてもこれにふさわしい名称に改めること


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。


 どうかよろしくお願いいたします。


○議長(?岡英史君) 以上で提出者の説明を終わります。


 お諮りいたします。


 発議第12号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 異議なしと認めます。


 よって、発議第12号は、委員会付託を省略することに決定いたしました。





                  質     疑





○議長(?岡英史君) これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


 16番坂口洋君。


○16番(坂口 洋君) いくつか具体的に説明していただきたいところがございます。


 要求の2点目、96条2項云々かんのんというところですけども、制限を廃止する、いわゆるどういう制限が今あるのかという問題。


 それから4番目、5番目、6番目、可能とすること、自由化すること、強化することというふうになっております。これもどう法的に制限があるのかという点ですね。


 それから7番目、これも具体的に何を目的としているのか、もう少し説明をしていただきたいと思います。


○議長(?岡英史君) 9番小森仁君。


○9番(小森 仁君) では、ただいまのご質問にお答えいたします。


 要望の第2点目ですね。地方自治法第96条2項の法定受託事務に係る制限を廃止するなど、議決権を拡大することという項目でありますが、これは96条の第1項に係るもの、それから第2項に係るもの、それと第2条第4項関係などに議会のその議決に係る条件がいくつか定められております。このことを全国的に今、分権改革が進められておりまして、全国画一、あるいは一律の規制を排除して、自己決定、自己責任のもとに議会がそれぞれ地域の実績に沿った活動をすることが重要であるという考えから、議会の権能強化のうえからも第2項を積極的に活用し、各議会が地域の実情とか、住民の以降を鑑みして、条例で議決事件を拡大していくことが必要という考えであります。


 それから4番、5番、6番ですね。可能とすることということえのご質問ですけど、この附属機関の設置について、例えば参考人制度とか、広聴会の制度を十分に活用することは必要であるんですけど、住民意識の向上と行政需要の多様化を踏まえた場合は、学識経験者などによる政策提案機能の向上、あるいは住民などの参画により住民自治の合議体としての議会審議に、住民の意思の反映を図るため、附属機関を設置できるようにすべきじゃないかという考えのもとに、そういうふうにな制度を設置するに可能ならしめるようにすべきではないかという意味であります。


 それから5番目、議会の内部機関の設置を自由化すること、これについては例えば議会内部の機関として今設置できるもので法令で定められているものは常任委員会、議会運営委員会、それから特別委員会のみであります。それ以外の各代表者会議とか全員協議会、及び議会報の編集会議等は事実上の会議とされ、議会における正規の会議とは見なされていないわけですね。したがって、これらの会議のほか、議会の基本的な運営方針の協議のための機関や、あるいは自立的審査機関等を含めた議会の内部機関として、こういうものをもう少し幅広く設置できるようにしてはどうかということの意味であります。


 それから6番目、調査権、監視権を強化すること、これも議会のその権限として行政監視権能について一定の規定がまだないわけですね。例えばその検査権、監査請求権、約定調査権の規定はありますけど、これらは行政監視等のための手段についての規定でありまして、極めて例外的になされる場合の規定であるので、地方自治法に議会の監視権についての基本規定を設けて、明確化する必要があるのではないかというふうな趣旨のものであります。


 それから7番の地方自治法第203条から議会の議員という条項を除きということでありますが、これも例えば報酬なんかの定めについて、このなかにあるような文言を、一般的にもう少し執行部の長の名称も異なっているわけでありますので、このへんも同じ選挙で選ばれてきた者という意味合いからも少し見直してみるべきではないかということであります。


 議員の職務は住民を代表して、その意思を当該自治体の政策運営に反映させ、市長の事務執行を監視することであります。会議中や閉会中における議案や委員会の調査事項に監し、調査するための活動や執行部主催の市の行事への出席は、議員活動に関しては公務として解すべきではないかと、今はそれがなされていないわけですね。


 また議員は選挙民によって選挙されてその職に就任しているのであり、自治体の首長などの任命権者などによって任命される他の公務員と比べて、その職務遂行の時間や場所なども含めて、格段にその職務遂行上の自由が保障されているというふうに解すべきではないかというふうな意味合いからも、地方議会議員の職は専業化の傾向が増してきており、地方自治法や地方公務員法におけるような一般職と同様の常勤職とか、非常勤職といった分類項目ではその実態にふさわしい位置づけが必要になってくるのではないかということなどから考えて、その職務遂行を新しい位置づけを行うことによって、職務遂行の対価についても単なる役務の提供に対する対価という考え方を改めて、広範な職務遂行に対する対価というふうに考えるべきではないかというふうに考えておるわけです。


 ちなみにその国会議員なんかですと、職務遂行の対価の名称は歳費というふうになっているということなども参考にして、こういう意見書を提出したいということであります。


○議長(?岡英史君) ほかに質疑はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) これをもって質疑を終わります。





                  討    論





○議長(?岡英史君) これより討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「な  し」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 討論なしと認めます。





                  採    決





○議長(?岡英史君) これより発議第12号 議会制度改革の早期実現に関する意見書の提出についてを採決いたします。


 本案を、原案のとおり可決することに、賛成の職員の挙手を求めます。


              (多数挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手多数であります。


 よって、発議第12号 議会制度改革の早期実現に関する意見書の提出については、原案のとおり可決されました。


○議長(?岡英史君) お諮りします。


 不穏当発言及び志摩市議会会議規則第43条の規定にかかる事項につきましては、議長にて後刻調査のうえ、適当の措置をとることにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) ご異議なしと認めます。


 よって、不穏当発言及び志摩市議会会議規則第43条の規定にかかる事項につきましては、議長にて後刻調査のうえ、適当の措置をとることに決定いたしました。





                  閉   会





○議長(?岡英史君) これにて平成17年度第4回志摩市議会定例会を閉会します。


 ご苦労様でございました。


              午前 11時 18分 閉会








  地方自治法第123条第2項の規定により下記に署名する。











  志摩市議会議長                    平成17年  月  日











  志摩市議会議員                    平成17年  月  日











  志摩市議会議員                    平成17年  月  日